アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

レアル、セルヒオ・ラモス&カルバハルDF2人のゴールでアラベスに2-1勝利!リーガ3連勝

レアル・マドリーがリーガ3連勝!S・ラモス&カルバハルとDF陣のゴールでアラベスに競り勝つ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00010034-goal-socc
セルヒオ・ラモス2019第15節ゴール.jpg

30日のリーガ・エスパニョーラ第15節、レアル・マドリーは敵地メンディソロサでのアラベス戦に2-1で勝利した。

先のミッドウィークのパリ・サンジェルマン戦(2-2)で、引き分けはしたものの、今季最高のパフォーマンスを披露したレアル・マドリー。ジダン監督はこのアラベスとの一戦で、負傷したアザールとヴァランのほか、クルトワ、バルベルデもベンチスタートとして、GKアレオラ、DFマルセロ、セルヒオ・ラモス、ミリトン、カルバハル、MFモドリッチ、カセミロ、クロース、FWベイル、ベンゼマ、イスコを先発出場させている。

試合は予想通りにレアル・マドリーがボールを保持しながら進んでいくが、アザール不在の影響もありアタッキングサードでの崩しで精度を欠いて、決定機を生むまでには至らない。前半にあった惜しいチャンスは、37分にカセミロが放ったミドルシュートにとどまり、これはGKパチェコの横っ飛びに阻まれた。

PSG戦のように容易くチャンスをつくり出せないレアル・マドリーだったが51分、セットプレーからスコアを生み出すことに成功。ゴール正面、少し離れた位置からのFKでクロースが精度の高いボールをペナルティーエリア内に送ると、その落下位置に素早く走り込み跳び上がったS・ラモスがヘディングシュートでネットを揺らした。

リードを得たレアル・マドリーだったが64分、S・ラモスが今度は悪い意味でも主役に……。自陣ペナルティーエリア内でルーカス・ペレスの顔に肘打ちを食らわせてPKを献上してしまい、このPKをキッカーのルーカス・ペレスに決められてスコアはタイに戻った。

ジダン監督はこの失点の直後に最初の交代カードを切り、ベイルを下げてロドリゴを投入r。そして69分、すぐに勝ち越しゴールが決まった。右サイドでロドリゴとモドリッチが連係プレーを見せてモドリッチがファーサイドにクロスを送ると、イスコがヘディングシュート。GKパチェコと左ポストに当たり跳ね返ったボールを、詰めていたカルバハルが押し込んだ。再びリードを得たジダン監督は、80分にイエローカードを受けていたモドリッチに代えてバルベルデをピッチに立たせる。

レアル・マドリーはその後、システムを4-3-3から4-1-4-1に変更してアラベスの反撃を跳ね返し続け、1点リードを維持したまま試合終了のホイッスルをむかえた。リーガ3連勝で勝ち点を31としたレアル・マドリーは、翌日にアトレティコ・マドリーとのアウェー戦に臨むバルセロナに勝ち点3差をつけて、単独首位に立っている。

◆◇El Blanco Real Madrid 1041◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1574544853/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーノルド→ファンダイクで2ゴール!リバプールはGKアリソンが退場もブライトン下し5連勝!

A・アーノルド→ファン・ダイクで2発!GK退場のリバプールが5連勝、マンCと勝ち点11差に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-43474614-gekisaka-socc
ダイク2019第14節ゴール.jpg

[11.30 プレミア第14節 リバプール2-1ブライトン]

 プレミアリーグは30日、第14節1日目を行った。リバプールは本拠地アンフィールドでブライトンと対戦し、2-1で逃げ切った。

 未だ開幕から12勝1分と無敗のリバプールは、27日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)ナポリ戦から3人を変更。負傷交代したMFファビーニョ、DFジョー・ゴメスとMFジェームス・ミルナーに代え、DFトレント・アレクサンダー・アーノルドとMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、MFアレックス・オクスレード・チェンバレンを起用した。

 リバプールは前半15分、PA右手前でFKを獲得。FWモハメド・サラーが跨いでA・アーノルドが上げたクロスをDFフィルヒル・ファン・ダイクが頭で合わせ、先制に成功する。さらに20分にFWロベルト・フィルミーノ、21分にFWサディオ・マネに決定機が訪れ、GKマシュー・ライアンの好セーブに阻まれたが、24分にはA・アーノルドの左CKからファン・ダイクがヘディングシュートを決め、2-0とリードを広げた。

 シュート0本に抑え込まれていたブライトンは、前半31分にDFアダム・ウェブスターがファーストシュートを放つと、前に出てリバプールを押し込み始める。前半のポゼッションは50.3%とわずかにリバプールを上回ったが、決定的なシーンを作り出せず、2点ビハインドで前半を終えた。

 ダメ押しの3点目が欲しいリバプール。後半20分、DFアンドリュー・ロバートソンが左サイドの高い位置からプレスをかけ、ボールを奪い切って中央へ折り返す。ニアのサラーには合わなかったが、PA中央まで流れたボールをチェンバレンが左足で狙ったが、相手のブロックに阻まれ、追加点とはならず。24分にはサラーを下げて、MFアダム・ララナをピッチに送り込んだ。

 さらに後半31分にFWディボック・オリギを投入したリバプールは、直後にロングパスからPA外まで飛び出したGKアリソン・ベッカーがMFレアンドロ・トロサールのシュートを右手で止めてしまい、一発レッドカード。チェンバレンに代えてGKアドリアンを入れる。しかし、このFKからDFルイス・ダンクに意表を突いた右足シュートをゴール左隅に流し込まれ、ブライトンに1点を返された。

 1人少ないリバプールだが、MFアーロン・ムーイのミドルシュートをGKアドリアンが横っ飛びセーブで止めるなど、最後までリードを守り抜いて2-1で逃げ切り勝利。5連勝としたリバプールは、2位マンチェスター・シティと勝ち点11差とした。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1156 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575130981/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ニューカッスルと痛恨2-2ドロー!デブライネがスーパーゴールもシェルビーのゴラッソ弾で追い付かれる

シティ、デ・ブライネのスーパーゴールも空しく土壇場被弾でマグパイズと痛恨ドロー《プレミアリーグ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00365311-usoccer-socc
シェルビー2019第15節ゴール.jpg

マンチェスター・シティは30日、プレミアリーグ第14節でニューカッスルと対戦し、2-2の引き分けに終わった。武藤嘉紀はベンチ入りしなかった。

リバプール、チェルシーとのビッグマッチが続いたシティ。2試合ともどこか停滞感が漂っていたチームはリバプールに完敗、チェルシー戦も序盤は押し込まれたが、逆転で何とか王者の体裁を保った。

チャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦を挟んで迎える今節のスタメンは、1-1の引き分けに終わったその一戦から4人変更。アンヘリーニョ、カンセロ、オタメンディ、ロドリに代えて、メンディ、ウォーカー、ストーンズ、シルバが起用された。

予想通りシティがボールを支配する中、ニューカッスルは7分にカウンターからサン=マクシマンがゴールに迫る。左からカットインしシュートに繋げたが、威力がなくGKエデルソンに簡単に止められた。

一方、5バックでゴール前を固めるニューカッスルに対し、シティは上下左右に振って打開を試みる。すると17分、スターリングとのパス交換でボックス左に侵入したシルバが、相手ともつれながらもヒールパスでスペースに送ると、最後はスターリングが丁寧に流し込んで先制に成功した。

しかしニューカッスルもすぐさま反撃。25分、数少ない押し込む展開の中で、ボックス手前左でパスを受けたヴィレムスがアルミロンとのワンツーでボックス中央に侵入。そこから利き足とは逆の右足でシュートを突き刺した。

以降は最近のシティに見られていた停滞感が浮き彫りになる。バイタルエリアで何本もパスを回すものの、球際で激しく体をぶつけるニューカッスルの守備に手を焼いてしまう。そんな中68分にボックス手前のシルバから縦パスが入りジェズスにビッグチャンス。ボックス左でフリーとなったが、シュートはGKドゥブラフカに止められ、こぼれ球をデ・ブライネが押し込みにかかったが、こちらはDFにブロックされた。

その直後にシティはシルバとマフレズを下げてフォーデンとベルナルド・シウバを投入。前線にテコを入れてギアを入れ直す。

8割近いポゼッションで相手を押し込んでいくシティ。するとあの男のスーパーゴールが炸裂する。82分、左から上がったクロスのセカンドボールを胸トラップで収めたデ・ブライネがボックス手前からボレーで右足一閃。強烈なシュートがクロスバーを叩いてゴールイン。シティが勝ち越しに成功した。

その後、シティはジェズスを下げてロドリを入れて試合を締めにかかる。しかし88分、ボックス右外でFKを獲得したニューカッスルは、途中出場のアツがクロスではなくボックス手前へのパスを選択。これをシェルヴェイがダイレクトで合わせると、シュートはゴール左に突き刺さり、ホームのニューカッスルが土壇場で同点に追いついた。

首位のリバプールにこれ以上離されるわけにはいかないシティは、後半アディショナルタイムに猛攻に出る。92分に味方のクロスをスターリングが合わせたが、シュートはGKドゥブラフカに止められ万事休す。結局試合は2-2の引き分けに終わった。

BLUEMOON マンチェスターシティ 354cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1574537326/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:40 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ポチェッティーノ・トッテナム前監督を新監督に検討か?

アーセナルはポチェッティーノをエメリの後任の選択肢だとみている
https://theathletic.co.uk/1419640/2019/11/29/arsenal-emery-pochettino-spurs/
エメリとポチェッティーノ.jpg

※概要:誤訳御免でお願いします。

・アーセナルは元トッテナム監督のポチェッティーノをエメリ監督解任後、次の正式な監督となりうる選択肢だとみている

・47歳のポチェッティーノ監督は先週トッテナムの監督を退任し、クラブ間で激しいライバル関係にあるにもかかわらず、アーセナルのフロントは次期監督候補として検討している。

・ポチェティーノは現在休暇を取っており、アーセナルからの水面下でのアプローチをどのように考えているか不明である。しかし、アーセナル監督就任は可能性の低い事と思われるし、トッテナムファンと築いた関係を台無しにするだろう。

・ポチェッティーノや彼のスタッフはロンドンに住んでおり、アーセナルの監督の仕事をするのに便利であることは事実である。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1441】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1574976295/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:59 | 大阪 | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールに痛手…ファビーニョが足首靭帯負傷し年明けまでの離脱が決定 CLナポリ戦で負傷交代

ナポリ戦で負傷交代を強いられたファビーニョ、年明けまでの離脱が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-01003780-soccerk-socc
ファビーニョ負傷交代.jpg

 リヴァプールに所属するブラジル代表MFファビーニョは左足首のじん帯損傷で離脱を強いられるようだ。29日にクラブ公式HPより発表された。

 ファビーニョは27日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のナポリ戦でメキシコ代表FWイルビング・ロサノと交錯。18分に途中交代を強いられた同選手は検査の結果、負傷が発覚した。

 同クラブの発表によると、ファビーニョは左足首のじん帯損傷のため、年内の復帰は絶望的だという。リヴァプールの原動力として活躍している同選手の離脱は、クラブにとって痛手となってしまうに違いない。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1154 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1574786970/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足の親指をテーブルにぶつけて試合欠場…吉田同僚ブファルの負傷離脱に地元紙「キッチンを何故駆け回ったのか」

【サッカー】吉田麻也の同僚MFブファル、テーブルに足の親指をぶつけて離脱! 地元紙も嘆く「なぜキッチンを駆け回っていたのか…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575033408/
ブファルサウサンプトン.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/11/29(金) 22:16:48.27 ID:6p8crxJ39.net

残留争いの渦中にあるサウサンプトンに痛手
 プレミアリーグで降格圏に沈むサウサンプトンは、予期せぬ形で貴重な戦力を失った。

 今シーズン、開幕から低調なパフォーマンスに終始し、プレミアリーグで残留圏内の17位ウェストハムとは勝点4差の19位と低迷しているサウサンプトン。リーグ戦では8戦未勝利と暗雲が立ち込めている。

何としてでも不振から脱却を図りたいサウサンプトンだったが、良くない知らせが舞い込んでいる。スキルフルなドリブルを武器に、攻撃の一翼を担っていたモロッコ代表MFソフィアンヌ・ブファルが故障離脱を余儀なくされたのだ。

 気になるのは、その理由だ。英公共放送『BBC』によれば、なんと自宅のテーブルに足の親指をぶつけてしまったために離脱したという。

 同メディアの取材に応じたサウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、次のようにコメントしている。

「彼はここ3日間まともにトレーニングができておらず、まだ腫れもある。理由? 家にあるテーブルに足をぶつけたみたいだ。台所で走っていて、テーブルとぶつかったと言っていた。今週末の試合に出るのは難しいだろうし、2週間は試合に出られないかもしれない」

 自身の不注意が招いた怪我によって、チームを離れることになったブファルには、メディアから厳しいコメントも寄せられている。地元紙『Daily Echo』は、「異常な怪我だ」を綴り、さらにこう続けた。

「キッチンをなぜか駆け回っていたというプレーメーカーは親指をテーブルにぶつけて、異常な怪我を負った。これで指を腫らしたブファルは土曜日の試合を欠場する」

 攻撃のトリガーになりうるブファルを失ったサウサンプトンは、現地時間11月30日にワトフォード(プレミアリーグ第14節)と対戦するが、この一戦も苦戦を強いられそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00067246-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田所属フィテッセ、スルツキ監督が電撃辞任!キャリア初のリーグ5連敗で辞意表明

【サッカー】本田圭佑への影響は? リーグ戦5連敗でフィテッセ監督が電撃辞任
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575065134/
スルツキ監督フィテッセ.jpg

1: ぜかきゆ ★ 2019/11/30(土) 07:05:34.07 ID:Ja9sJ4OW9.net

 本田圭佑が所属するオランダ1部リーグのフィテッセを率いるレオニド・スルツキ監督が辞任を表明した。現地時間29日、オランダメディアが伝えている。

 フィテッセはこの日、ヘーレンフェーンと対戦した。リーグ戦4連敗中のフィテッセは2点をリードして連敗ストップに向かっていたが、その後の3失点で逆転負け。リーグ戦5連敗となっている。

 この試合を終えたあと、スルツキ監督は『FOXスポーツ』で「私のキャリアで5連敗は初めてだ。私はベストを尽くしたが、クラブやファンのことも考えなければいけない。状況を変えることができないのであれば、ほかの誰かが軌道を修正できるかもしれない」と語り、監督の座から退くことを発表した。

 さらに同指揮官は、「1ヶ月前まではヒーローだったが、サッカーの世界において、ヒーローから地に落ちるまでの距離は短い。それは選手にも言ったことだ。オランダもファンも素晴らしい。私はオランダが大好きで、ここで素晴らしい時間を過ごした。素晴らしい経験をさせてもらった」と別れを惜しんでいる。

 ロシア人のスルツキ監督は、本田をフィテッセに連れてきた指揮官だ。2009年から2016年にかけてCSKAモスクワを指揮した際、本田を指導した経験がある。その後、ロシア代表、ハル・シティ(イングランド)を率い、2018年からフィテッセを指揮していた。

 しばらくフリーとなっていた本田との再会を望み、フィテッセに迎え入れたスルツキ監督。2試合続けて先発で起用した指揮官はクラブを去ることになったが、本田にはどのような影響があるだろうか。

フットボールチャンネル編集部 11/30(土) 7:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00350582-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:23 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、アッレグリ氏に新監督を打診も断られる ウルブスのヌーノ監督が本命か?(関連まとめ)

エメリ監督解任のアーセナル、後任候補のアッレグリに断られる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00365253-usoccer-socc
アッレグリ.jpg

ウナイ・エメリ監督を解任したアーセナル。後任人事が気になるところだが、候補の1人として見られていたマッシミリアーノ・アッレグリ氏は、断ったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

アーセナルは、2018-19シーズンに就任したエメリ監督を解任。チームは28日に行われたヨーロッパリーグ第5節のフランクフルト戦で逆転負けを喫していたが、翌日に解任が発表された。

1カ月間、公式戦7試合勝ちがなかったアーセナルだが、当面はアシスタントコーチを務めていたクラブOBのフレドリック・ユングベリ氏が指揮を執る。しかし、早急に後任を探す必要がある状況だ。

候補には、ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督や、ボーンマスのエディ・ハウ監督、そしてクラブOBであり、現在はマンチェスター・シティでジョゼップ・グアルディオラ監督の右腕として働いているミケル・アルテタ氏が挙がっている中、昨シーズン限りでユベントスの監督を退任したアッレグリ氏も挙がっていた。

アーセナルは、非公式にアッレグリ氏に接触したようだが、断られたとのこと。その理由は、今シーズンは休養を取り、来シーズンから現場に復帰したいと考えているためのようだ。

アッレグリ氏には、マンチェスター・ユナイテッドが関心を示していたが招へいできず。また、ニコ・コバチ監督を解任したバイエルンや、マウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任したトッテナムも指揮官就任の噂も挙がっていたが、いずれも断っていた。

アーセナル 注目の新監督候補は…英BBCはウルブズ指揮官を“本命”と報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000234-spnannex-socc
ヌーノ監督.jpg

 アーセナルはエメリ監督(48)の退任を発表。今後はアシスタントコーチを務めていたユングベリ氏(42)が暫定的に指揮を執ることになるが、同時に後任人事も進めていくもようで英BBC放送(電子版)は現ウルバーハンプトンの指揮官であるヌーノ・エスピリト・サント氏(45)を“本命”に挙げた。

 バレンシアやポルトの指揮官を歴任にしたヌーノ監督は、2017年5月31日から当時2部だったウルバーハンプトンを率いてプレミアリーグ昇格に導く。昨季は昇格1年目ながら7位と躍進。今季も13試合を消化し4勝7分け2敗の勝ち点19で5位と好成績を残している。

 さらに同メディアによると、その他の候補として元トットナム監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏(47)、マンチェスター・シティーのアシスタント・コーチを務めるミケル・アルテタ氏(37)、元ユベントス監督のマッシミリアーノ・アレグリ氏(52)、ボーンマスのエディ・ハウ監督(41)の名が挙がっていると報道。現在フリーなのはポチェッティーノ氏とアレグリ氏ということになるが、今後の交渉の行方に注目だ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1441】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1574976295/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】アーセナル、エメリ監督を解任!鎌田大地の2ゴールが決定打に 元清水ユングベリ氏が暫定監督(関連まとめ)

アーセナルがウナイ・エメリ監督を解任! 暫定指揮官は元清水でOBのユングベリ氏!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00365246-usoccer-socc
エメリ監督遠い目.jpg

アーセナルは29日、ウナイ・エメリ監督(48)の解任を発表した。なお、アシスタントコーチを務める元スウェーデン代表MFのフレドリック・ユングベリ氏(42)が暫定指揮官を務める。

また、現在クラブは新監督招へいに向けて動いており、すべてのプロセスが完了次第、発表を行う予定だという。

今回のクラブの決断に際して、オーナーを務めるジョシュ・クロエンケ氏は以下のようなコメントを発表している。

「我々が期待し要求するレベルのコンペティションにクラブを戻すためウナイとその同僚が払ってきたすべての努力に対して感謝を伝えたい」

「同時にウナイと彼のチームの今後の成功を心から祈っている」

「しかし、今回の決定に関しては結果とパフォーマンスがクラブの要求に達していないとの判断で下された」

これまでバレンシアやセビージャ、パリ・サンジェルマン(PSG)の指揮官を歴任し、昨シーズンからアーセン・ヴェンゲル前監督の後任としてアーセナルの新指揮官に就任したエメリ監督。クラブが過渡期を迎える中、就任1年目はプレミアリーグで5位、ヨーロッパリーグ(EL)で準優勝という戦績を残した。

迎えた今シーズンは、コートジボワール代表FWニコラ・ペペをクラブ史上最高額の7200万ポンド(約101億円)で獲得したほか、スコットランド代表DFキーラン・ティアニー、元ブラジル代表DFダビド・ルイス、スペイン代表MFダニ・セバージョスらを開幕前に獲得。緊縮財政が叫ばれた中、クラブから十分なバックアップを受けた。

しかし、ここまでのプレミアリーグでは4勝6分け3敗の8位に低迷。さらに、28日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦の敗戦によって、公式戦7戦未勝利(4分け3敗)の泥沼に陥っている。

また、選手間の投票によってキャプテンに指名したスイス代表MFグラニト・ジャカのキャプテンはく奪問題など、チームマネジメントにも問題を抱えており、一部主力は現体制が続く場合、契約延長にサインしない意向を表明しているとの報道も出ていた。

その一方、アーセナル首脳陣は2年契約を結んでいるエメリ監督を今季中に解任する際、必要となる400万ポンド(約5億6000万円)の違約金の支払いを渋る様子を見せており、ペンディングの状態が続いていた。

しかし、1992年2月以降、クラブ史上ワーストとなる公式戦7戦未勝利という現状を受けて、クラブは29日にエメリ監督の更迭を決断した。

なお、後任人事に関してはクラブのレジェンドで今はマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督のアシスタントを務めるミケル・アルテタ氏や、ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督が有力な候補として挙げられている。

【サッカー】<鎌田大地の逆転2発が決定打に…>アーセナルのエメリ監督が退任!ユングベリコーチが暫定指揮へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575025744/

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 20:09:04.57 ID:ohbXvNe89.net

アーセナルは29日、ウナイ・エメリ監督(48)の退任を発表した。

 アーセナルは22年続いたアーセン・ベンゲル前監督の体制から2018シーズンにエメリ監督体制をスタート。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で決勝まで勝ち進み、1-4で敗れたものの、準優勝となっていた。

 しかし今シーズンはリーグ戦も4勝6分3敗で8位と低迷。さらに28日のEL第5節ではフランクフルトと対戦するも、FW鎌田大地の2得点で1-2と逆転負け。公式戦7試合未勝利となり、1992年2月以来27年ぶりの不名誉記録をつくってしまった。

 クラブ幹部のジョシュ・クロエンケ氏はクラブ公式サイトで、「エメリ監督とそのチームは私たちの要求に応えるために努力を惜しまなかった。そのことに感謝し、彼らの今後の成功を祈っている」とコメント。現在新たな指揮官は決まっておらず、元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリコーチが暫定的に指揮を執るという。

11/29(金) 19:41配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-43474543-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191129-43474543-gekisaka-000-2-view.jpg



※一部追記編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:43 | 大阪 ☀ | Comment(26) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝くじ290億円当選のサッカーファン(71)、御贔屓のサッカークラブを買収 スコットランド2部

【サッカー】宝くじ290億円当選ファンが好きすぎるサッカーチームを買収、スコットランド2部でファンらが経営へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574948781/
コリンオーナー.jpg
1: 伝説の田中c ★ 2019/11/28(木) 22:46:21.27 ID:hkorvdg49.net

 宝くじで高額当選したコリン・ウェイアーさん(71)が21日、サッカーのごひいきチーム、パーティック・シッスル(スコットランド・チャンピオンシップ=2部相当)の買収に成功した。同クラブの公式発表、地元紙ヘラルド・スコットランド(電子版)などによると、ウェイアーさんは地元の実業家たち計6人で暫定的な役員会を編成するが、来年3月末までにファンのグループに所有する全株式(全体の55%にあたる)を譲渡し、経営を任せる方針だという。

 ウェイアーさんは2011年に欧州の宝くじ「ユーロミリオンズ」で1億6100万ポンド(当時約290億円)に当選。これまでも同クラブのトレーニング場の改築に資金提供するなど練習環境の向上に尽力してきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00010008-chuspo-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、古巣マルメ過激サポに銅像と自宅を放火される…ライバルクラブの共同オーナー就任に反発

【サッカー】<イブラヒモビッチ>銅像とスウェーデンにある自宅が放火される!「死ね、ジプシー」などの言葉が落書き...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574988442/
イブラ銅像放火.jpg

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 09:47:22.03 ID:FRY04Oml9.net

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの銅像と自宅の一つが放火された。

犯人はマルメFFの過激派サポーターであり、イブラヒモビッチがライバルクラブのハンマルビーIFの共同所有者になったことが原因とみられる。


ズラタンの約3メートルのブロンズ像は、マルメのスタジアムと、先月こけら落としとなった新スタジアムとの中間地に建てられている。

現地時間27日夜、この銅像に白いスプレーで「死ね、ジプシー」などの言葉が落書きされ、その後放火されたと現地メディアが伝えている。

ボスニアとクロアチアにルーツを持つイブラは、マルメで生を受け、この街で育った。
在住するアメリカ合衆国から約1ヶ月前にマルメに戻り、スウェーデンサッカー協会が寄贈したこの銅像のお披露目セレモニーに出席したばかりだった。

放火事件以降、24時間態勢でイブラ像を監視していると現地メディア『Aftonbladet』は報じている。

またイブラがストックホルムの中心地に所有する自宅の一つも火災の被害に遭った。
メインエントランスには腐ったニシンが投げ込まれ、スプレーで「ユダ」という文字が描かれていたという。

マルメのサポーターたちは27日、イブラのハンマルビーIFの共同所有者就任のニュースが発表された後、SNSなどを通じて批判の声を上げていた。

生まれ故郷のマルメへの愛を隠すことなく表すイブラだが、スウェーデンのクラブに復帰するかとの質問には何度も「NO」と答えている。

アヤックス、ACミラン、インテル、ユヴェントス、PSG、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブで輝かしいキャリアを築いた同選手は、数週間前にロサンゼルス・ギャラクシー退団を発表した。

11/29(金) 8:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010004-sportes-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191129-00010004-sportes-000-2-view.jpg



イブラ銅像02.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、アスタナに1-2逆転負け…主力温存で今季EL初黒星 EL第5節(関連まとめ)

マンU、今季EL初黒星。主力大量温存でアスタナに逆転負け
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00350404-footballc-socc
マンUアスタナ2019EL第5節.jpg


【アスタナ 2-1 マンチェスター・ユナイテッド ヨーロッパリーグL組第5節】
 
 チャンピオンズリーグL組第5節のアスタナ対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間28日に行われた。試合はアウェイのユナイテッドが1-2で敗れた。

 既に前節でグループリーグ突破を決めているユナイテッドはデ・ヘアやマグワイア、ラッシュフォードなど主力選手を温存してアスタナ戦に臨んだ。

 試合は開始10分、ショーのパスを受けたリンガードがペナルティーエリアの外側から右足を振りぬくとボールはゴール右下に決まりユナイテッドが幸先よく先制する。

 リードしたユナイテッドはその後もアスタナ陣内でボールを支配するも追加点を奪う事は出来ず、1点リードで折り返す。

 後半に入り最初のチャンスはユナイテッド、54分にペナルティーボックスでパスをつなぎチョンがフリーで無人のゴールにシュートを打つもボールはバーを越え決定的なチャンスを外してしまう。すると55分、右サイドを崩されショムコに得点を奪われると、62分には19歳のDFベルナルドが痛恨のオウンゴール、7分間で逆転を許してしまう。

 その後ユナイテッドは77分と78分にシュートチャンスを迎えるもアスタナGKのファインセーブの前に同点とはならず。

 結局このまま試合は終了、ユナイテッドは今季EL初黒星となった。

【得点者】
10分 0-1 リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
55分 1-1 ショムコ(アスタナ)
62分 2-1 オウンゴール(アスタナ)

† Red Devils Manchester United 1407 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1574619850/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:17 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)