アンテナ・まとめ RSS

2018年11月30日

若手主体のアーセナル、スミス・ロウ先制ゴールなどポルタバに3-0完勝!ELグループ首位通過決定!

主力温存のアーセナル、10代選手の活躍で首位通過が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-07127609-gekisaka-socc
スミスロウ2018EL第5節ゴール.jpg


[11.29 ELグループリーグ第5節 ボルスクラ・ポルタバ0-3アーセナル]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は29日、グループリーグ第5節を欧州各地で行った。E組のアーセナル(イングランド)は敵地でボルスクラ・ポルタバ(ウクライナ)と対戦し、3-0で勝利。首位通過を決めた。

 すでに決勝トーナメント進出が決まっているアーセナルは、12月2日にトッテナム戦を控えているため、主力を温存。25日のボーンマス戦からDFロブ・ホールディングを除く10人を変更し、MFジョセフ・ウィロック(19)やFWエミール・スミス・ロウ(18)、FWエドワード・エンケティア(19)といった若手を多く起用した。

 試合は前半10分にアーセナルが先制。MFアーロン・ラムジーとのワンツーでPA内に進入したエンケティアはシュートを打てなかったが、こぼれ球をスミス・ロウが右足で流し込み、1-0とした。さらに26分、ラムジーがPA内で倒されてPKを獲得。これをラムジー自らが決めて、2-0とリードを広げた。

 アーセナルは前半41分、自陣でMFモハメド・エルネニーがインターセプトすると、素早く前線に送る。これを受けたウィロックがドリブルで駆け上がり、PA手前から右足でゴール右に流し込み、3-0。後半は得点こそなかったが、GKペトル・チェフを中心に無失点で逃げ切り、完封勝利をおさめた。

 これで勝ち点13としたアーセナル。2位のスポルティング・リスボン(ポルトガル)も勝ち点10に伸ばし、最終節で並ばれる可能性もあるが、当該チーム同士の勝ち点でアーセナルが上回っているため、グループリーグ首位突破が決まった。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1311】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1543481243/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、抜群の安定感でマルセイユ戦4-0大勝に貢献!フランクフルトはEL5連勝で首位通過!酒井宏樹は温存(関連まとめ)

【サッカー】フランクフルトがEL5連勝で首位通過決定! “熟達のリベロ”長谷部誠は攻守で抜群の安定感
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543530360/
長谷部誠2018EL第5節ドリブル.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/11/30(金) 07:26:00.93 ID:CAP_USER9.net

11/30(金) 6:50配信
フランクフルトがEL5連勝で首位通過決定! “熟達のリベロ”長谷部誠は攻守で抜群の安定感

[11.29 ELグループリーグ第5節 フランクフルト4-0マルセイユ]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は29日、グループリーグ第5節を行い、MF長谷部誠所属のフランクフルト(ドイツ)は日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユに4ー0で勝利した。長谷部は公式戦14試合連続のフル出場。酒井はメンバー外となっている。

 4連勝中のフランクフルトはすでに決勝トーナメントが決定。24日のリーグ戦第12節・アウグスブルク戦(3-1)から先発を5人変更し、3-5-2の布陣を敷く。長谷部は3バックのセンターを務めた。

 一方、昨季ELでは準優勝に輝いたマルセイユだが、2試合を残してグループリーグ敗退が決まっている。25日のリーグ戦第14節・アミアン戦(3-1)から先発9人を変更し、その試合でハットトリックを決めたMFフロリアン・トバンやMFディミトリ・パイェ、そして酒井といった主力はメンバー外となった。

 明暗分かれた両チームは序盤からその色合いを強めていく。フランクフルトは前半1分、ショートコーナーからMFミヤト・ガチノビッチがPA右に進入してシュート。GKヨアン・プレがはじいたところをFWルカ・ヨビッチが押し込んだ。

 フランクフルトは前半17分、マルセイユの名手MFルイス・グスタボにプレスをかけてバックパスをさせると、GKプレはゴール外にポジションをとっており、ボールはそのまま無人のゴールへ。オウンゴールで2-0と点差を広げた。

 リベロの長谷部は安定感ある守備だけでなく、後方からの攻撃の起点にもなる。前半29分、長谷部の高精度ロングフィードからDFタルブ・タッタがPA左に入り込んで折り返すと、ガチノビッチがPA中央で合わせるもGKプレのセーブに遭った。

 前半を2-0で折り返したフランクフルトは後半17分、DFダニー・ダ・コスタがPA右からグラウンダーのクロスを挙げ、DFブナ・サールのオウンゴールを誘発。3点差にすると、同22分には長谷部が中盤からFKを蹴り、FWセバスティアン・ハラーを経由してヨビッチがワンタッチでゴールに流し込み、ダメ押しの4点目を決めた。

 試合はそのまま終了し、4-0でフランクフルトが大勝。同時刻に行われていた試合で2位ラツィオが4位アポロンに敗れたため、フランクフルトのH組首位通過が決定した。フランクフルトは今大会無敗の5連勝で、12月13日の最終節に敵地でラツィオと対戦。一方、1分4敗で未勝利のマルセイユは同日にホームでアポロンと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-07127895-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181130-07127895-gekisaka-000-3-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

バス襲撃事件の南米王者決定戦、アジアで開催か?カタール・ドーハの見通し

【サッカー】<“南米頂上決戦”>コパ・リベルタドーレス決勝をアジアで開催か!?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543449407/
リーベルサポ2018.jpg

1: Egg ★ 2018/11/29(木) 08:56:47.10 ID:CAP_USER9.net

現地時間25日に開催が予定されていたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグのリーベル・プレート対ボカ・ジュニオルスの試合。開催場所がカタールの首都・ドーハになる見通しであると、28日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 事の発端は決勝2ndレグの試合前、“アルゼンチンサッカーのマフィア”とも呼ばれるバーラ・ブラバがチームバスを襲撃。割れたガラスで負傷する選手が出るなどの異常事態が発生し、試合の延期が決まっている。バーラ・ブラバというのは、欧州で言うところのフーリガンで、たびたび犯罪行為や選手や監督に対する脅迫行為を行なっており問題視されていた。

 今回、バーラ・ブラバは約300枚のチケットを買い占めており、並外れた価格で取引するなど悪影響をもたらしている。決勝2ndレグの1日前にバーラ・ブラバのリーダーの自宅に警察が家宅捜索に入り、20万7285ポンド(約3000万円)と約300枚のチケットが没収された。その復讐のため、チームバス襲撃事件を引き起こしたとされている。

 そして先日、延期試合をアルゼンチン外で開催するとの報道があった。同紙によると、延期試合は12月8日にドーハで開催される可能性が高いとのこと。距離にすると、当初開催が予定されていたアルゼンチンの首都・ブエノスアイレスからドーハまで8268マイル(約1万3306キロメートル)離れている。ドーハでの開催が難しい場合、12月9日にパラグアイで開催するオプションもあるようだ。

11/29(木) 8:20 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00299170-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:48 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナポリ、メルテンス2発などレッドスターに3-1快勝!長友佑都復帰のガラタサライはロコモティフに敗れCL敗退 ドルトムントはクラブ・ブルージュとドローでGL突破決定も2位転落 CL第5節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第5節2日目 PSG×リバプール、PSV×バルセロナ、アトレティコ×モナコ、トッテナム×インテル等結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543442398/
長友2018CL第5節競り合い.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/11/29(木) 06:59:58.91 ID:CAP_USER9.net

CL グループAの日程・結果

アトレティコ・マドリード 2−0 ASモナコ
[得点者]
コケ(前半2分) (アトレティコ)
グリーズマン(前半24分)(アトレティコ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217523

ドルトムント 0−0 クラブ・ブルージュ
[得点者]
なし
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217524
※香川真司はベンチ入りせず

CL グループDの日程・結果

ロコモティフ・モスクワ 2−0 ガラタサライ
[得点者]
オウンゴール(前半43分)     (ロコモティフ)
ヴラディスラフ・イグナチェフ(後半9分) (ロコモティフ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217529
※長友佑都はフル出場

ポルト 3−1 シャルケ
[得点者]
エデル・ミリトン(後半7分)  (ポルト)
ヘスース・コロナ(後半10分) (ポルト)
ナビル・ベンタレブ(後半44分)(シャルケ)PK
モウサ・マレガ(後半49分)  (ポルト)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217530

CL グループBの日程・結果

PSV 1−2 バルセロナ
[得点者]
メッシ      (後半16分) (バルセロナ)
ピケ       (後半25分) (バルセロナ)
ルーク・デ・ヨング(後半37分) (PSV)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217525

トッテナム 1−0 インテル
[得点者]
エリクセン(後半35分)(トッテナム)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217526


CL グループCの日程・結果

PSG 2−1 リバプール
[得点者]
フアン・ベルナト(前半13分)(PSG)
ネイマール   (前半37分)(PSG)
ミルナー    (前半46分)(リバプール)PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217527

ナポリ 3−1 レッドスター・ベオグラード
[得点者]
ハムシク (前半11分)(ナポリ)
メルテンス(前半33分)(ナポリ)
メルテンス(後半7分) (ナポリ) 
ナブハン (後半12分)(レッドスター)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217528


UEFAチャンピオンズリーグ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/41




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:07 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、スーパーゴール含む1G1A!バルセロナはPSVに敵地で2-1勝利!CLグループ首位通過決定 CL第5節(関連まとめ)

メッシが1ゴール1アシスト! バルセロナ、PSVに勝利…GS首位通過決める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00869770-soccerk-socc
メッシ2018CL第5節ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が28日に行われ、バルセロナはアウェイでPSVに2−1で勝利した。

 序盤はホームのPSVがチャンスを多くつくる展開に。しかし、バルセロナの守護神マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが好セーブを連発し、先制点を阻んだ。

 PSVがゴールを決められずにいると、バルセロナがポゼッションは徐々に強め、前半が終わる頃には、バルセロナのボール支配率が70%以上となった。しかし、それでもゴールは生まれず、スコアレスで前半は終了。

 そして61分、ついに試合が動いた。ジェラール・ピケからの縦パスを受けたリオネル・メッシがウスマン・デンベレとのパス交換でペナルティエリア内に侵入すると、左足一閃。PSVのGKは一歩も動けず、ボールはネットに突き刺さった。さらにその9分後にはメッシのフリーキックにピケが右足で合わせ、バルセロナが追加点を奪った。

 PSVは81分に一点を返したが、反撃はそこまで。バルセロナが敵地で白星を挙げ、グループステージ首位通過を決めた。

 最終節は12月11日に行われ、PSVはアウェイでインテルと、バルセロナはホームでトッテナムと対戦する。

【スコア】
PSV 1−2 バルセロナ

【得点者】
0−1 61分 メッシ(バルセロナ)
0−2 70分 デンベレ(バルセロナ)
1−2 81分 デ・ヨング(PSV)

【スターティングメンバー】
PSV(4−3−3)
ズート;ダンフリース、シュヴァーブ、フィールへーフェル、アンヘリーノ;ロサリオ、ペレイロ(71分 マレン)、ヘンドリクス(71分 グティエレス);ロサノ、デ・ヨング、ベルフワイン(79分 ロメロ)

バルセロナ(4−3−3)
テア・シュテーゲン;S・ロベルト、ピケ、ラングレ、J・アルバ;ラキティッチ、ブスケツ、ビダル;デンベレ(80分 D・スアレス)、メッシ、コウチーニョ(69分 マルコム)

【サッカー】UEFA-CL第5節2日目 PSG×リバプール、PSV×バルセロナ、アトレティコ×モナコ、トッテナム×インテル等結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543442398/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSG、ネイマール高速カウンター弾などリバプールに2-1勝利!CLグループ2位浮上!CL第5節(関連まとめ)

鮮やかカウンターからネイマール弾!パリSGが気迫の守備でリバプールに競り勝ち2位浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-06991985-gekisaka-socc
ネイマール2018CL第5節ゴールパフォ.jpg

[11.28 欧州CLグループリーグ第5節 パリSG 2-1 リバプール]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は28日、グループリーグ第5節2日目を行った。パルク・デ・プランスではC組のパリSG(フランス)とリバプール(イングランド)と対戦。2-1でパリSGが勝利した。

 リーグ・アンで開幕14連勝中のパリSGは、24日のトゥールズ戦(1-0)から4人を変更。代表戦での負傷で出場が危ぶまれたFWネイマールとFWキリアン・ムバッペが復帰、DFファン・ベルナトとDFティロ・ケーラーも先発に名を連ねた。対するリバプールは、24日のワトフォード戦(3-0)から2人を入れ替え、MFトレント・アレクサンダー・アーノルドとMFシェルダン・シャキリに代えてDFジョー・ゴメスとMFジェームス・ミルナーを起用した。

 残り2節でC組は、リバプールとナポリ(イタリア)が勝ち点6、パリSGが同5、レッドスター(セルビア)が同4と混戦。ともにリーグ戦で無敗と好調の強豪対決は、立ち上がりから互いに縦に早い、目の離せない展開となった。そんな中、負ければ敗退の可能性もあるパリSGが、MFアンヘル・ディ・マリアが左足ボレーを放つなど、積極的にゴールに迫ると、早い時間帯に先制に成功した。

 パリSGは前半13分、ワンツーでMFマルコ・ベッラッティが中央を突破すると、PA左へパスを送り、ムバッペが中央に折り返す。これはFWエジソン・カバーニにつながらなかったが、こぼれ球を拾ったベルナトが右足シュートをゴール左隅に流し込み、1-0。スタジアムが大きな歓声に包まれた。

 勢いに乗るパリSGは、前線の3人が魅せる。前半37分、自陣左サイドからネイマールとムバッペのコンビで一気にゴール前まで運ぶと、PA左からムバッペが右足アウトで折り返したボールをカバーニが左足で合わせる。これはGKアリソン・ベッカーに止められたが、ゴール前に走り込んだネイマールが左足でゴール右隅に流し込み、2-0。リードを広げた。

 まさかの2失点を喫したリバプールは、DFチアゴ・シウバを中心としたパリSGの守りに苦しめられ、なかなか決定的なシーンを作り出すことができない。それでも前半45分、中盤でボールを奪ったFWサディオ・マネがスピードに乗ったドリブルで仕掛け、PA左角あたりでディ・マリアのスライディングで倒されてPKを獲得。これをミルナーが落ち着いてゴール左隅に沈め、前半を1-2で折り返した。

 1点を返されたパリSG。後半2分、敵陣中央の左サイドでFKを獲得すると、ディ・マリアが左足でGKとDFの間に蹴り込み、DFマルキーニョスが合わせてゴールネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定で得点は認められなかった。一方、リバプールは前線からプレスをかけ、徐々にFWモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミーノ、マネにボールが入るようになるが、パリSGの組織された守備を崩すことができない。

 パリSGは後半20分に2枚替え。カバーニとディ・マリアを下げ、FWエリック・マキシム・シュポ・モティングとDFダニエウ・アウベスを投入。直後にリバプールもMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えてMFナビ・ケイタをピッチに送り込んだ。25分、パリSGは右CKからネイマールが右足でゴール前に蹴り込み、マルキーニョスがヘディングシュート。しっかり枠を捉えていたが、GKアリソンに阻まれた。

 このままではパリSGに勝ち点で上回れ、一気に敗退の危機に陥るリバプール。後半26分にフィルミーノに代えてFWダニエル・スターリッジ、32分にはミルナーを下げてシャキリを入れ、ユルゲン・クロップ監督は勝負をかけた。終盤になるにつれ、激しさを増していく負けられない戦い。だが、パリSGが気迫の守備で流れから得点を許さず、前半のスコアのままタイムアップ。パリSGが2-1で勝った。

 他会場ではナポリがレッドスターに勝利。この結果、勝ち点9のナポリが首位、同8でパリSGが2位に浮上し、リバプールは3位に順位を下げた。なお、最終節は12月11日に行われ、パリSGは敵地でレッドスター、リバプールはホームでナポリと戦う。

PSG 2−1 リバプール
[得点者]
フアン・ベルナト(前半13分)(PSG)
ネイマール   (前半37分)(PSG)
ミルナー    (前半46分)(リバプール)PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217527

【サッカー】UEFA-CL第5節2日目 PSG×リバプール、PSV×バルセロナ、アトレティコ×モナコ、トッテナム×インテル等結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543442398/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:44 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

香川真司、再びセビージャが興味 ドルトムントSDは移籍容認を示唆「話し合うことになる」

去就注目の香川、クラブは移籍を容認か…ドルトムントSD「話し合うことになる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00869317-soccerk-socc
香川ドル練習.jpg

リーガ・エスパニョーラへの移籍を希望していると報じられたドルトムント所属のMF香川真司に関する話題が、ドイツ国内で大きな注目を集めている。ドイツ紙『ルール・ナッハリヒテン』が27日に、香川の移籍希望の話を確認するためにドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏を取材した。

 ツォルクSDは香川の去就について「彼は(クラブからしっかりとした対応を受けるのに)値する選手だ。彼が今の状況に満足できていないのは理解できる。もし要望があれば、シーズン前半戦の終わりに話し合うことになるだろう」とコメント。移籍について話し合う用意が出来ていることを明かした。

 同紙によると、今夏にもスペインから香川の獲得に関する問い合わせがあったものの、ドルトムントは移籍をさせる意志がないことを伝えていたという。また、同紙はEU圏外の選手枠の問題から、この冬に香川のスペイン移籍が実現する可能性は低いと見ているようだ。

 26日付のドイツ紙『キッカー』は、シュトゥットガルトが香川の獲得を検討していると報じていた。だが、ドイツ紙『ビルト』は同日に、シュトゥットガルトにとって500万ユーロ(約6億4500万円)の給与がネックになっているとも伝えている。

 しかし、功労者の1人である元トルコ代表MFヌリ・シャヒンが今夏にブレーメンへ移籍した際には、ドルトムントが給与の一部を肩代わりしている。ドイツ国内の移籍であれば、功労者の1人である香川にも同じような対応をすることも考えられるだろう。今年の年末年始は、香川の去就がドイツ国内でも注目を集めそうだ。

【BVB09】Borussia Dortmund&香川真司 Part.20
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1540354833/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:47 | 大阪 ☔ | Comment(36) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ロッベン無双】バイエルン、ロッベン圧巻ゴラッソ2発など5-1大勝!ユベントスはC・ロナウド絶妙アシストをマンジュキッチ決勝ゴールでバレンシアに勝利!共にGL突破 CL第5節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
ロッベン2018CL第5節.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/11/28(水) 06:57:44.89 ID:CAP_USER9.net

CL グループEの日程・結果

AKEアテネ 0−2 アヤックス
[得点者]
デュサン・タディッチ(後半23分)(アヤックス)
デュサン・タディッチ(後半27分)(アヤックス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217531

バイエルン・ミュンヘン 5−1 ベンフィカ
[得点者]
アリエン・ロッベン(前半13分)     (バイエルン)
アリエン・ロッベン(前半30分)     (バイエルン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(前半36分) (バイエルン)
フランコ・セルビ(後半1分)       (ベンフィカ)
ロベルト・レヴァンドフスキ(後半6分)  (バイエルン)
フランク・リベリー(後半31分)     (バイエルン) 
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217532


CL グループGの日程・結果

CSKAモスクワ 1−2 ビクトリア・プルゼニ
[得点者]
ニコラ・ブラシッチ(前半10分) (CSKA)
ロマン・プロチャズカ(後半11分)(プルゼニ)
ルカス・ヘイダ(後半36分)   (プルゼニ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217535
※西村拓真はベンチ入りも出場せず


ASローマ 0−2 レアル・マドリード
[得点者]
ガレス・ベイル(後半2分)   (レアル・マドリード)
ルーカス・バスケス(後半14分)(レアル・マドリード)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217536


CL グループFの日程・結果

ホッフェンハイム 2−3 シャフタール・ドネツク
[得点者]
イスマイリー(前半14分)        (シャフタール)
タイソン・バルセロス・フレダ(前半15分)(シャフタール)
アンドレイ・クラマリッチ(前半17分) (ホッフェンハイム)
シュテファン・ツベル(前半40分)    (ホッフェンハイム)
タイソン・バルセロス・フレダ(後半47分)(シャフタール)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217533


オリンピック・リヨン 2−2 マンチェスター・シティ
[得点者]
マックスウェル・コルネ(後半10分)(リヨン)
アイメリック・ラポルテ(後半18分)(マンC)
マックスウェル・コルネ(後半36分)(リヨン)
セルヒオ・アグエロ(後半38分)  (マンC)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217534


CL グループHの日程・結果

マンチェスター・ユナイテッド 1−0 ヤングボーイズ
[得点者]
マルアン・フェライニ(後半46分)(マンU)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217537

ユベントス 1−0 バレンシアCF
[得点者]
マリオ・マンジュキッチ(後半14分)(ユベントス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217538

UEFAチャンピオンズリーグ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/41


バイエルンがGL突破!!ロッベン&レワンドフスキ2発にリベリがとどめの5点目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-06858034-gekisaka-socc


[11.27 欧州CL第5節 バイエルン5-1ベンフィカ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第5節を行い、バイエルン(ドイツ)はホームでベンフィカ(ポルトガル)と対戦し、5-1で勝利した。E組首位のバイエルンは無敗(4勝1分)を守り、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 ブンデスリーガで不振のシーズンを送るバイエルンは、24日の第12節で昇格組デュッセルドルフを相手にミスから2点差を追いつかれる不覚(△3-3)。ホームでリーグ4試合未勝利と危機的な状況が続いているが、CLはホームで勝利を挙げ、無事にグループリーグを突破した。

 前半13分、後方中央でMFアリエン・ロッベンが縦パスを入れると、右サイドでFWロベルト・レワンドフスキからリターンを受けたロッベンが細かいタッチで巧みにカットイン。DF3人を振り切り、PA内右角度のない位置から左足シュートを突き刺した。

 先制に成功したバイエルンは多彩な攻撃でベンフィカを押し込む。MFフランク・リベリも個人技でゴールに迫り、前半19分、左サイドを縦に仕掛けると、中に切れ込んでDF2人を置き去りにし、右足シュート。FWトーマス・ミュラーのヘディングシュートもGKオディセアス・ヴラコディモスの好セーブに阻まれたが、再びロッベンがゴールを陥れた。

 前半30分、レワンドフスキのスルーパスを受けたロッベンが細かいステップで右サイドからカットイン。シュートフェイントを入れてGKヴラコディモスとの駆け引きに勝ち、ニアサイドを破った。

 先制点と同じ形でゴールを陥れたロッベンはドッペルパック(1試合2得点)を達成。バイエルンの勢いは止まらず、前半36分、右CKでショートコーナーを選択すると、DFヨシュア・キミッヒが浮き球のクロス。レワンドフスキがヘッドで叩き込み、3-0で前半を折り返した。

 防戦一方だったベンフィカは後半開始と同時に交代カードを切り、MFピッツィに代えてユース育ちの19歳MFジェドソン・フェルナンデスを投入。この交代策が的中し、後半1分、J・フェルナンデスがワンツーの形で中央を突破。バイエルンDF陣の裏を取ると、GKの頭上を抜く右足ループを突き刺した。

 1点を返されたバイエルンだったが、嫌な流れを断ち切るようにすぐさまエースがゴールネットを揺らした。後半6分、キミッヒが右足で左CKを入れると、ニアサイドのレワンドフスキが高い打点からヘッドで叩き込み、同じ形から連続ゴール。ロッベンと揃い踏みでドッペルパックを達成した。

 再び3点差に突き放したバイエルンは危なげなく試合を運ぶ。後半31分、リベリとのパス交換で左サイドを突破したDFダヴィド・アラバがPA内左ゴールライン際からマイナスに戻す。前でミュラーが潰れると、左からカットインしたリベリがダメ押しの5点目。バイエルンは5-1で勝利し、予選突破を決めた。最終節は12月12日に行われ、バイエルンはアヤックス(オランダ)、ベンフィカはAEKアテネ(ギリシャ)と対戦する。


ユーベがCL4勝目で決勝T進出決定!C・ロナウド→マンジュキッチ弾でバレンシア撃破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-06857846-gekisaka-socc
マンジュキッチとCロナウド2018CL第5節.jpg

[11.27 欧州CLグループリーグ第5節 ユベントス1-0バレンシア]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第5節1日目を行った。ユベントス・スタジアムではH組のユベントス(イタリア)とバレンシア(スペイン)が対戦。ユベントスが1-0で勝利し、グループリーグ突破を決めている。

 前節はマンチェスター・U相手に敗れ、今大会初黒星を喫したユベントス。24日のセリエA第13節から先発を5人変更し、GKボイチェフ・シュチェスニ、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFジョアン・カンセロ、MFブレズ・マトゥイディ、FWパウロ・ディバラが復帰した。4-3-3の布陣で前線にはFWクリスティアーノ・ロナウド、FWマリオ・マンジュキッチが並んだ。

 開始早々からC・ロナウドがシュートを放つなど攻勢に出るユベントスだが、ゴールは割れず。逆に前半終了間際、バレンシアの右CKからDFムクタル・ディアカビにヘディングシュートを打たれるが、シュチェスニがスーパーセーブでゴールを守り切り、0-0で前半を折り返す。

 ユベントスは後半2分にC・ロナウドがFKを放つも、低い弾道は相手GKに阻まれる。相手の固い牙城を破れないユベントスだが、同14分にC・ロナウドが絶妙なアシストで先制をお膳立て。PA左から高速タッチで相手DFのマークを外し、鋭い折り返しをファーサイドのマンジュキッチが冷静に流し込んだ。

 マンジュキッチの今大会初ゴールで先制したユベントスが試合をコントロール。老練な試合運びをみせ、バレンシアの枠内シュートは1本に抑えた。

 ディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドの攻撃で追加点は奪えなかったものの、そのまま1-0で試合を終え、今大会4勝目を挙げたユベントスはH組首位をキープ。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルサMFブスケツ、将来の日本移籍を示唆「状態が良ければ、米国、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦したい」(関連まとめ)

【サッカー】<ブスケツ(バルセロナ)>将来の日本行きを示唆!「アメリカ、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦してみたいね」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543387476/
ブスケツ2018バルサ.jpg
1: Egg ★ 2018/11/28(水) 15:44:36.39 ID:CAP_USER9.net

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが将来の日本行きを示唆している。スペイン『マルカ』が伝えた。

 ブスケツは24日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリー戦(1-1)で、クラブ通算500試合の出場を達成。歴代1位はアルサッドMFシャビ・エルナンデス(769試合)、2位は神戸MFアンドレス・イニエスタ(674試合)など、その先には偉大な先輩たちが控えている。ブスケツは「そこに到達したいとは思うが、それは不可能だ」と語ると、今後のキャリアについて次のように話した。

「バルセロナでのキャリアの終わりがいつになるかは分からない。もし状態が良ければ、アメリカ、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦してみたいね。それが終わったら、家族との時間を楽しみたい。今まで4日連続のオフもなかったんだ。それから監督になるための勉強をしたいね」

 自身のコンディション次第という条件付きながら、移籍先の候補に日本も挙げたブスケツ。Jリーグでは今夏加入したイニエスタ、鳥栖FWフェルナンド・トーレスの元スペイン代表選手が活躍している。2010年W杯優勝メンバーからの3人目の日本上陸は実現するだろうか。

18/11/28 10:54 ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260234-260234-fl



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、ベイル先制ゴールなどローマに2-0快勝!グループ首位通過が決定 CL第5節(関連まとめ)

敵地でローマをねじ伏せたマドリーの首位通過が決定! ソラーリ監督は正式就任後の初勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181128-00050812-sdigestw-socc
ベイル2018CL第5節ゴール.jpg

キックオフ前に両チームの16強入りが決定。
現地時間11月27日に実施されたチャンピオンズ・リーグ第5節、ローマ対レアル・マドリーの一戦は、2−0でアウェーのマドリーが勝利した。

 およそ2時間前にスタートしたグループGのもうひとつのカードで、4位プルゼニが3位のCSKAモスクワを下し、両チームの勝点が5ポイントで並んだため、4節終了時点ですでに9ポイントを稼いでいたローマとマドリーは、戦わずしてベスト16進出が決定。その影響からか、試合は序盤、ともにあまり無理をしないゆっくりとした展開でスタートを切った。

 互いにモチベーションの維持が難しい試合だったが、それでも前回の対戦を3−0の大差で制し、「勝てば首位通過が決まる」という明確な目標を持てた分だけ、マドリーのほうが有利だったのかもしれない。
 
 その差は、後半開始直後に表われた。47分、ローマの守護神ロビン・オルセンのクリアが中途半端に浮いてしまい、CBフェデリコ・ファシオが頭で戻そうとしたところを、ガレス・ベイルに拾われ、アウェーのマドリーが先制に成功した。

 さらにマドリーは59分、勝利を決定づけるダメ押しの1点をもぎ取る。ベイルのクロスをカリム・ベンゼマが丁寧にヘッドで落とすと、これをルーカス・バスケスが冷静にボレーで流し込んだ。

 絶対的なエース、エディン・ゼコを怪我で欠いたローマは、その代役を担ったパトリック・シックになかなかボールが収まらず、前半終了間際に訪れた超がつくほどのビッグチャンスも、ジェンギズ・ウンデルの信じがたいシュートミスで逸してしまう。

 結局試合は、マドリーが2−0でモノにし、サンティアゴ・ソラーリ監督は正式就任後2試合目にして初勝利。内容的には決して満足できるものではなかったものの、手堅く首位通過を決めている。

ASローマ 0−2 レアル・マドリード
[得点者]
ガレス・ベイル(後半2分)   (レアル・マドリード)
ルーカス・バスケス(後半14分)(レアル・マドリード)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217536

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:59 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、リヨンに苦戦し2-2ドロー!アグエロ同点ヘッドで追い付きCL決勝T進出が決定!CL第5節(関連まとめ)

マンC、敵地でリヨンと価値あるドロー…6季連続の決勝T進出が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00869340-soccerk-socc
ラポルテ2018CL第5節ゴール.jpg

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が27日に行われ、マンチェスター・Cとリヨンが対戦した。前半は両チームともにゴールを奪うことができず、スコアレスで折り返す。後半に入ると55分、ペナルティエリア手前でボールを持ったマクスウェル・コルネが左足で強烈な一撃を突き刺し、リヨンが先手を取る。しかし、マンチェスター・Cもすぐさま反撃に転じる。63分、アイメリク・ラポルテがヘディングシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻す。

 試合も終盤に差し掛かった81分、メンフィス・デパイのスルーパスに抜け出したコルネが落ち着いて流し込み、リヨンが勝ち越しに成功。しかし、負けられないマンチェスター・Cも83分、セルヒオ・アグエロのヘディングシュートですぐに同点に追い付く。

 試合はこのまま2−2でタイムアップ。マンチェスター・Cが貴重な勝ち点「1」を獲得し、6シーズン連続となる決勝トーナメント進出を決めた。

【スコア】
リヨン 2−2 マンチェスター・C

【得点者】
1−0 55分 マクスウェル・コルネ(リヨン)
1−1 63分 アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・C)
2−1 81分 マクスウェル・コルネ(リヨン)
2−2 83分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

【スターティングメンバー】
リヨン(3−4−3)
A・ロペス;デナイヤー、マルセロ、マルサウ;ラファエウ(74分 テイテイ)、エンドンベレ、オーアル、メンディ;コルネ(89分 テリア)、デパイ、フェキル(84分 トラオレ)

マンチェスター・C(4−3−3)
エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、ジンチェンコ;マフレズ、フェルナンジーニョ、シルバ;スターリング、アグエロ(90+1分 フォーデン)、サネ(71分 デルフ)

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【モウリーニョ暴れる】マンU、フェライニ劇的決勝ゴール!ヤングボーイズに大苦戦も1-0勝利しCLグループ突破 CL第5節(関連まとめ)

フェライニが劇的V弾!ヤングボーイズに大苦戦のマンU、1戦残してGL突破が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-06858128-gekisaka-socc
フェライニ2018CL第5節ゴール.jpg

[11.27 欧州CLグループリーグ第5節 マンチェスター・U 1-0 ヤングボーイズ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第5節1日目を行った。H組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は本拠地オールド・トラッフォードでヤングボーイズ(スイス)と対戦し、1-0で勝利。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 残り2節となった欧州CLグループリーグ。今節で2位ユナイテッドが勝ち、他会場の首位ユベントス(イタリア)が引き分け以上でユナイテッドの突破が決まる状況。24日のクリスタル・パレス戦から6人を変更し、DFフィル・ジョーンズやMFフレッジ、FWマーカス・ラッシュフォードらが先発し、MFポール・ポグバとFWロメル・ルカクはベンチスタートとなった。さらにFWアレクシス・サンチェスはベンチメンバーから外れた。

 試合はホームのユナイテッドが優勢に進めた。前半5分、自陣中央でDFルーク・ショーがインターセプトし、前線に送ると、リンガードが触ったボールが相手DFの背後に抜ける。これに反応したラッシュガードがGKと1対1の状況から右足を振り抜いたがクロスバーの上。ジョゼ・モウリーニョ監督はベンチで両手を広げて首を振り、不満を露わにした。

 前半26分、ユナイテッドはリンガードの落としからラッシュフォードが右足ミドル。これはわずかにゴール左に外れたが、前線中央に入ったラッシュフォードが積極的にボールを呼び込み、シュートシーンに絡んでいった。しかし、ヤングボーイズの前線からの守備、切り替えの早さに苦しみ、前半のうちに得点することができなかった。

 ヤングボーイズは前半終盤に右足首あたりを痛め、一度治療を受けたDFスティーブ・フォン・ベルゲンを下げ、後半開始からDFウリセス・ガルシアを投入。だが、後半もユナイテッドが押し込む展開に。後半11分、FWアントニー・マルシャルがPA内へ送ったパスが相手に当たって上空に舞い上がり、GKがクリアしきれなかったボールをMFマルアン・フェライニが右足ボレー。決定的なシーンだったが、枠を外してチャンスを逃した。

 攻めあぐねるユナイテッドは後半19分、フレッジとリンガードを下げ、ポグバとルカクをピッチに送り込む。21分、そのポグバの鮮やかなボールコントロールからペナルティーアーク内でパスを受けたラッシュフォードが左足を振り抜く。これが枠を外れると、MFフアン・マタを送り出した直後にピンチが訪れる。

 ヤングボーイズは後半24分、左CKのクリアボールをFWクリスティアン・ファスナハトが左足シュート。相手に当たってコースが変わり、ゴール左に飛んだがGKダビド・デ・ヘアにライン上で止められ、先制点とはならず。それでも徐々に相手陣内でボールを回す時間を増やしていった。

 試合はこのままスコアレスで終わるかと思われた。しかし、ユナイテッドは後半アディショナルタイム1分、ハーフェーライン付近の左サイドからショーが高い弾道のクロスをゴール前に送り込み、ルカクが後方にそらしたボールをPA中央でおさめたフェライニが相手を背負いながら反転して右足シュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、1-0で勝った。

 H組2位のユナイテッドはこれは勝ち点10。首位ユベントス(勝ち点12)が3位バレンシア(勝ち点5)に勝ったため、最終節を前にユナイテッドのグループリーグ突破が決まった。

マンチェスター・ユナイテッド 1−0 ヤングボーイズ
[得点者]
マルアン・フェライニ(後半46分)(マンU)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217537

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:41 | 大阪 | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング