アンテナ・まとめ RSS

2019年04月13日

レアル、ポグバ獲得のトレード要員にベイル放出を検討か?移籍金は164億円に設定(関連まとめ)

【サッカー】レアル、ベイルの放出を前向きに検討か…移籍金は約164億円に マンUのポグバのトレード要員か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555102692/
ポグバとベイル.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/13(土) 05:58:12.51 ID:bmYpBF4i9.net

4/12(金) 22:46配信
レアル、ベイルの放出を前向きに検討か…移籍金は約164億円に

 レアル・マドリードはウェールズ代表FWギャレス・ベイルの放出に前向きな姿勢を見せているようだ。スペイン紙『アス』が11日に伝えている。

 ベイルは2013年夏に1億100万ユーロ(約126億7000万円)というレアル・マドリード史上最高額の移籍金でトッテナムから加入した。しかし、度重なる負傷などの影響もあり、クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れていると報じられていた。

 同紙によると、レアル・マドリードはベイルを放出する意向を持っているという。移籍金は1億3000万ユーロ(約164億7000万円)に設定されている模様。レアル・マドリードはプレミアリーグのクラブが同選手の獲得に名乗りを上げることを確信しているようだ。

 また、レアル・マドリードはマンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバを獲得するために、ベイルをトレード要員として差し出すことも検討しているようだ。ポグバの他、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンもリストアップしているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00927426-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190412-00927426-soccerk-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:05 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

英紙「なぜ、ラムジーを出て行かせるんだ?」アーセナルMFラムジーをMOMに選出し疑問呈す エメリ監督「彼との時間を楽しみたい」

アーセナルMFラムジー、“MOM授与”の英紙が疑問 「なぜ彼を出て行かせるんだ?」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00182475-soccermzw-socc
ラムジーとエメリ監督.jpg

ELナポリ戦で先制点を記録 今季限りでアーセナルを契約満了となり、ユベントス移籍
 アーセナルはUEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でセリエA強豪ナポリと激突し、現地時間11日の本拠地第1戦はウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの先制ゴールなどで2-0と快勝した。ラムジーは現地メディアの採点でも、チームトップ評価のマン・オブ・ザ・マッチを獲得。寸評では「なぜ彼を出て行かせるんだ?」とハイパフォーマンスにもかかわらず、来夏のユベントス加入が決まっている選手への疑問が提示されている。

前半14分、アーセナルはフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとイングランド人MFエインズリー・メイトランド=ナイルズのパス交換で右サイドから相手守備網を破ると、ラストパスに走り込んだラムジーが右足で押し込んで試合の均衡を破った。

 さらに同25分には素早いプレスでボールを奪ったウルグアイ代表MFルーカス・トレイラがドリブルで持ち込み、キックフェイントでDFを交わしてから左足でシュート。ボールはナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリに当たってコースが変わり、ゴールネットに吸い込まれた。記録はオウンゴールで、アーセナルに貴重な追加点が生まれた。

 ホームで先勝したアーセナル。英紙「デイリー・ミラー」の選手採点(10点満点)ではボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツの「6点」が最低点で、それ以外は全員が「7点」以上とチーム全体的に高い評価を受けた。そのなかでも際立っていたのが先制点を決めたラムジーで、単独トップの「9点」を獲得。そして、次のような寸評が付けられた

「マン・オブ・ザ・マッチ。すべてゴールとビッグパフォーマンスで疑問が湧いてくる。なぜ彼を出て行かせるんだ?」

 ラムジーはこの2018-19シーズンをもってアーセナルと契約満了となる。以前から契約延長交渉が続けられていたが、今夏にフリーでイタリア王者ユベントスへ渡ることが決定した。公式戦38試合に出場し、6得点8アシストを記録するなど今季のチームベストプレーヤーの1人を手放す決断について疑問符が付けられている。このナポリ戦のパフォーマンスがその疑念をさらに強める材料となったようだ。

アーセナル指揮官、今夏退団のラムジーに言及「彼との時間を楽しみたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00927421-soccerk-socc

アーセナルのウナイ・エメリ監督が、今夏にユヴェントスへの加入が決まっているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーについて語った。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が11日に伝えている。

 アーセナルは、11日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでナポリと対戦した。ラムジーが先制点を記録し、2−0で勝利した。

 エメリ監督はラムジーのパフォーマンスを称賛し、残された時間を楽しみたいとコメントした。

「ラムジーのパフォーマンスは、彼が我々と何か大きなことを成し遂げたいと思っていることを示している。彼はアーセナルというクラブに多くのことを感じている」

「私は、彼との時間を楽しみたいと思っている。彼と一緒に大きなことを成し遂げたい。彼はアーセナルのことだけを考えているよ」

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1353】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1555013892/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独代表クロース、レアル・マドリード退団を検討か…エリクセンとポグバが後釜候補に

【サッカー】クロース、今夏のレアル・マドリード退団を検討か…移籍なら後釜候補に大物2選手の名
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555064526/
クロース2019レアル.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/04/12(金) 19:22:06.05 ID:vrKEfRpF9.net

クロース、今夏のレアル・マドリー退団を考慮か…移籍なら後釜候補に大物2選手の名

レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、今夏にクラブを退団することを検討しているという。スペイン『アス』が報じた。

2014年の夏にバイエルン・ミュンヘンからレアル・マドリー入りしたクロースは、これまでに同クラブで公式戦228試合に出場。チャンピオンズリーグ3連覇や2016−17シーズンのリーガ・エスパニョーラ優勝など数々のタイトル獲得に貢献してきた。

しかし、今年29歳となったクロースは、レアル・マドリーでの自身のサイクルは終了したと考えており、今夏に環境を変えることを見据えているという。2022年までレアル・マドリーとの契約を残すクロースだが、クラブが放出を認めれば、新天地にわたることを考慮するとのことだ。

また、クロースに関しては昨年にマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していたことが伝えられている。仮にクロースが移籍するとなれば、レアル・マドリーは多額の移籍金を手にすることになる。

なお、クロースの後釜としては、トッテナムのプレーメーカーであるクリスティアン・エリクセン、そしてマンチェスター・Uのポール・ポグバという、ジネディーヌ・ジダン監督のお気に入りとされる2選手の名前が候補に挙げられている。今夏の去就の行方が注目されるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010020-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、コマンとレバンドフスキが殴り合いの大喧嘩

バイエルンに激震! レバンドフスキとコマンが殴り合いの大喧嘩。「紛れもないスキャンダル」はなぜ起きた?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00057086-sdigestw-socc
コマンとレヴァンドフスキ.jpg

ドルトムントとの天王山を制して首位に立ったが…。
 ドイツの絶対王者にまさかの騒動が起きた。

 現地時間4月11日、バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとキングスレー・コマンが、チームの練習中に殴り合いの衝突を起こしたと、ドイツ紙『Bild』をはじめとする複数のメディアが報じて波紋を広げている。

 同紙によれば、11日に行なわれた非公開のチーム練習中において、レバンドフスキが、同じようなミスを繰り返したコマンに対して、「お前は集中力を欠いている」と叱責したことがきっかけで口論に発展。その言い争いは次第にエスカレートして、互いの顔面を殴り合う騒動となったという

 ジェローム・ボアテングやニクラス・ジューレをはじめとした複数の選手が仲裁に入って、騒動は何とか事なきを得た。同紙によれば、ニコ・コバチ監督は二人をそのまま練習に参加させ、フルメニューを消化させたようだ。
 
 バイエルンは、今月6日に行なわれたドルトムントとのブンデスリーガ天王山を5-0で制して首位浮上したものの、その勝点差はわずかに「1」。リーグ7連覇に向けて熾烈なマッチレースが続いている。ゆえにピリピリとした雰囲気が漂い、今回のような騒動が起きてしまったのかもしれない。

 いまだバイエルンはこの件に関して声明を発表していないものの、ドイツ・メディア『Sport』は、「二人は恐らく多額の罰金を科せられるだろう。この騒動は、いかに今のバイエルンが追い込まれているかの証明であり、明らかなスキャンダルだからだ」と綴り、この問題がドイツ王者の苦境を表わすものだとした。

 すでに和解したというレバンドフスキとコマンだが、14日に敵地で行なわれるデュッセルドルフ(ブンデスリーガ第29節)との一戦に揃ってピッチに立つことはあるのだろうか。コバチ監督の起用法が注目される。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 275
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1553749985/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部同僚FWヨビッチの父、息子のバルセロナ移籍を否定「彼は移籍に興味が無い」「『お金じゃない、プレーがしたい』と言ったよ」(関連まとめ)

【サッカー】長谷部の同僚FWヨビッチ、バルサ行き拒否か 父親が明言「彼は移籍に興味がない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555054900/
ヨビッチ.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/12(金) 16:41:40.46 ID:vrKEfRpF9.net

バルサなどビッグクラブが関心も、出場機会が保証されない場所への移籍には否定的
 今季ブンデスリーガでブレーク中のフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチは、バルセロナなどのビッグクラブが獲得を狙っていると言われるが、出場機会の保証されないクラブへの移籍は望んでいないと父親のミラン氏が明かした。ドイツ紙「ビルト」が報じている。

ヨビッチは今季ブンデスリーガで26試合17得点をマーク。昨季(8得点)の2倍以上のゴールを重ね、キャリアハイも更新中だ。バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(27試合21得点)に次いで、得点ランキング2位につけている。

 売出し中の21歳にはビッグクラブからの注目が集まり、バルセロナが5000万ユーロ(約63億円)の高額オファーを準備して狙っているとも報じられた。だが、ミラン氏は「オファーがあるのは確か。バルセロナも含まれる」と認めたものの、「彼は(移籍に)興味がない。プレーできるか分からない」と出場機会の保証されないクラブへ行く可能性は低いと語った。

「彼は私に、『お金じゃない。プレーしたい』と言ったよ。彼はアイントラハト・フランクフルトでプレーを続け、チャンピオンズリーグ(CL)に出たいと言っていた」

 元日本代表MF長谷部誠も所属するフランクフルトは、ここまでリーグ戦で勝ち点52を獲得し、来季のCL出場圏内(4位以内)につけている。UEFAヨーロッパリーグでもベスト8に駒を進めるなど快進撃を続けており、ヨビッチはフランクフルトでさらなる成長を期しているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00182522-soccermzw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンフィカFWジョアン・フェリックス(19)、EL最年少ハットトリック達成!マンUやマンC、リバプールなどビッグクラブが関心

【サッカー】<ネクストロナウド>衝撃のハットトリック!19歳5ヶ月1日で達成はEL史上最年少...ベンフィカのFWジョアン・フェリックス
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555028209/
ジョアン・フェリックスEL2019準々決勝第1戦ハット.jpg
1: Egg ★ 2019/04/12(金) 09:16:49.88 ID:s9x77yd19.net

現地時間11日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント準々決勝1stレグが行われ、ベンフィカはフランクフルトと対戦した。試合はホームのベンフィカが4-2で勝利した。

 ベンフィカの19歳FWジョアン・フェリックスが大仕事をやってのけた。21分にPKを決めチームに先制点をもたらすと、同点に追いつかれた43分にはゴール前から強烈なミドルシュートを決める。仕上げは54分、左サイドからの折り返しのボールを右足で合わせ見事ハットトリックを達成した。

 なお19歳5ヶ月1日のフェリックスは、2014年当時ディナモ・ザグレブに所属していたマルコ・ピアツァが記録した19歳7ヶ月5日を上回るEL史上最年少ハットトリック記録を打ち立てた。

 フェリックスは19歳ながら今季のリーグ戦で20試合に出場し、10得点5アシストを記録している。また飛び級でU-21のポルトガル代表に選出されるなど活躍が期待されており、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの後継者と言われる逸材だ。

 そんなフィリックスにはマンチェスター・シティやリバプールといったビッグクラブが興味を示しているが、この日のハットトリックで今後関心を持つクラブはさらに多くなるかもしれない。

4/12(金) 7:20 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00317420-footballc-socc

写真
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/04/20190412_Joao-Felix_getty.jpg



長谷部の目の前で躍動 ベンフィカ19歳FW、EL最年少ハットトリック達成でアピール
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00182554-soccermzw-socc

 英公共放送「BBC」によると、ジョアン・フェリックスは19歳152日でハットトリックを達成。クロアチア代表MFマルコ・ピアツァ(現フィオレンティーナ)がディナモ・ザグレブ時代に記録した19歳219日を更新し、EL史上最年少ハットトリック記録になるという。

 マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティをはじめ、ビッグクラブの注目を集めるジョアン・フェリックスは、欧州の大舞台で自身の価値をしっかりと示した。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシア、後半ATに劇的2ゴールで3-1先勝!ビジャレアルとのスペイン勢対決を制す EL準々決勝第1戦

【EL結果まとめ】バレンシアは終了間際に勝ち越し弾! “スペイン勢対決”を制す
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00317297-footballc-socc
ゲデス2019EL準々決勝第1戦ゴール.jpg

現地時間11日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグの4試合が各地で開催された。

 ビジャレアルとバレンシアによるスペイン勢同士の一戦は、終了間際に決着がつくことになる。試合開始して6分、ペナルティーエリア内でバレンシアのゴンサロ・グエデスがビジャレアルのサンティアゴ・カセレスに倒され、バレンシアにPKのチャンスが与えられた。ダニエル・パレホのPKはビジャレアルのGKアンドレス・フェルナンデスに止められるが、跳ね返ったボールをグエデスが押し込んでバレンシアが先制。

 それでも36分、今度はビジャレアルにPKのチャンスが与えられると、サンティ・カソルラがPKを決めてビジャレアルが同点に追いつく。その後の追加点はなく、1-1のまま後半アディショナルタイムに突入。すると終了間際にバレンシアのダニエル・ヴァスが勝ち越し弾。さらにグエデスも得点し、敵地でバレンシアが3-1の勝利をおさめている。

 他会場で行われた試合では、アーセナルがナポリを下して2-0の勝利。ベンフィカはフランクフルトに4-2の勝利。そして、チェルシーはスラビア・プラハに1-0の勝利をおさめている。今回行われた4試合の結果は以下の通り。

アーセナル 2-0 ナポリ
ビジャレアル 1-3 バレンシア
ベンフィカ 4-2 フランクフルト
スラビア・プラハ 0-1 チェルシー

☆☆☆VALENCIA C.F.part154☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1542661949/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ベイル・マルセロ・イスコを放出か?3名売却で313億円の補強資金捻出?

【サッカー】<やはり埋まらなかった溝>レアルの重鎮3選手(ベイル、マルセロ、イスコ)が退団へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555027704/
ベイルマルセロイスコ.jpg
1: Egg ★ 2019/04/12(金) 09:08:24.52 ID:s9x77yd19.net

レアル・マドリーの選手たちの中でも在籍期間が長い3名が今夏の移籍シーズンに退団する可能性が高い。その3名とはマルセロ(13シーズン在籍)、ベイル、イスコ(共に6シーズン)である。これらの選手らは来シーズンに向けたレアル・マドリーの大改革の影響を受けるだろう。

ウェールズ代表のガレス・ベイルは、前シーズンにすでにクリスティアーノ・ロナウドや監督ジダンとの関係悪化により退団寸前だったが、会長フロレンティーノ・ペレスの決断により移籍を免れた経緯がある。
しかしロナウドの退団後もベイルのパフォーマンスには多くの問題が存在する。

マルセロに関しては、マドリーはすでに完全にこの選手への信頼を失ってしまった。ロナウドのいるユヴェントスへの移籍を望むマルセロだが、マドリーは第2キャプテンとしての自覚の無さを責めている。マルセロのやる気のなさは、一刻も早くユヴェントスへ移籍する為の策なのではないかと見られている。

一方で27歳のMFイスコは、前監督サンティアゴ・ソラーリとの衝突でクラブとの関係まで悪化させた。

マドリーはこれら3名の大型選手の売却により最低でも2億5,000万ユーロ(約313億円)の移籍金を手にし、新たな補強の資金に充てようと計画している。

4/12(金) 8:47配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010002-sportes-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部出場のフランクフルト、前半10人となりベンフィカに敵地で2-4敗戦…ジョアン・フェリックスにハット許す EL準々決勝第1戦(関連まとめ)

【サッカー】長谷部誠所属のフランクフルト、敵地でベンフィカに2-4敗戦。EL準々決勝1stレグ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555016394/
ヌディカ2019EL準々決勝第1戦レッド.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/04/12(金) 05:59:54.10 ID:qj61BXq99.net

4/12(金) 5:54配信
長谷部誠所属のフランクフルト、敵地でベンフィカに2-4敗戦。EL準々決勝1stレグ

【ベンフィカ 4-2 フランクフルト EL決勝トーナメント準々決勝1stレグ】
 
 現地時間11日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント準々決勝1stレグが行われ、フランクフルトはベンフィカと対戦した。試合はアウェイのフランクフルトが2-4で敗れた。フランクフルトの長谷部誠はフル出場を果たした。

 試合は両チームとも大きなチャンスを作れず迎えた21分、フランクフルトDFヌディカがフェルナンデスをペナルティーエリア内で倒しレッドカード、続くPKをフェリックスに決められフランクフルトがリードを許す。

 一人少ないフランクフルトだが40分に同点に追いつく。ロデが相手陣地でボールを奪うとそこから素早いカウンターからレビッチがペナルティーエリア内でフリーのヨビッチにパスを送りそのままダイレクトで合わせゴールを決める。

 同点に追いついたフランクフルトだったが、2分後に再びベンフィカのフェリックスにこの日2得目となるミドルシュートを決められてしまいがリードを許しハーフタイムへ。

 後半に入り最初のチャンスはベンフィカ、50分に右CKからのこぼれ球をジアスが頭で押し込みリードを広げる。これで勢いに乗ったベンフィカ4分後にフィリックスがハットトリックとなるゴールを右足で決め試合を決定づける。しかしフランクフルトも72分にパシエンシアがヘディングでゴールを決め2ndレグに向け貴重な2点目を挙げる。

 このまま試合は終了、2-4で敗れたフランクフルトは18日に行われるホームゲームで逆転での勝ち抜けを目指す事になる。

【得点者】
21分 1-0 フェリックス(ベンフィカ)
40分 1-1 ヨビッチ(フランクフルト)
43分 2-1 フェリックス(ベンフィカ)
50分 3-1 ジアス(ベンフィカ)
54分 4-1 フェリックス(ベンフィカ)
72分 4-2 パシエンシア(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00317400-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190412-00317400-footballc-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ラムジー先制ゴールなどナポリに2-0先勝!ELベスト4に向け前進!EL準々決勝第1戦(関連まとめ)

【サッカー】アーセナルが優勝候補ナポリに先勝!“要塞”エミレーツで今季19勝目/EL準決勝第1戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555016278/
ラムジー2019EL準々決勝第1戦ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/12(金) 05:57:58.98 ID:qj61BXq99.net

4/12(金) 5:52配信
ヨーロッパリーグ(EL)は11日に準々決勝ファーストレグが行われ、アーセナルとナポリが対戦した。

エメリ監督新体制の下、順調に結果を残すアーセナル。残された唯一のタイトル獲得へ向け、本拠地エミレーツ・スタジアムにセリエAの強豪ナポリを迎えた。3バックシステムを採用し、最前線はエジル、ラカゼット、オーバメヤンが形成している。

対するナポリは、ブックメーカーのオッズでもチェルシーに次いで2位につける優勝候補。セリエAのタイトル獲得が絶望的となった中、アーセナルとの大一番ではベストメンバーを送り込んだ。主将インシーニェが5試合ぶりに先発に復帰し、メルテンスと2トップを組んでいる。

EL屈指の好カードは、立ち上がりはエミレーツの大歓声を受けるアーセナルが主導権を握る。完全に相手を押し込み、7分にはラムジーがボックス内でフリーでシュートを放った。

すると14分、アーセナルが先制に成功。相手ボールを中盤でカットしてショートカウンターを発動すると、縦にパスをテンポよくつなぎながら、最後はボックス内に侵入したラムジーがネットを揺らした。良い時間帯にホームチームがリードを奪う。

攻撃の手を緩めないアーセナルは、25分に追加点。高い位置でプレスをかけたトレイラがボールを奪うと、そのままドリブルで持ち運ぶ。最後は切り替えして相手を剥がし、ボックス外からミドルシュート。これがクリバリに当ってコースが変わり、枠に収まった。勢いに乗るホームチームが、リードを2点に広げる。前半は終始アーセナルが主導権を握り、このまま折り返した。

後半序盤は、ゴールが欲しいナポリが攻勢。インシーニェらが積極的にDFラインの背後へ飛び出すがオフサイドに引っかかり、決定機を作るには至らない。リードを保つアーセナルは、58分にセットプレーから立て続けにチャンスを作る。

ナポリは72分にインシーニェの飛び出しから最後はジエリンスキがクロスに合わせたが、ビッグチャンスを逃す。その後攻撃陣を入れ替えながら攻めに行くが、集中するアーセナルディフェンスを崩すには至らない。結局試合はこのまま終了。2-0でアーセナルが先勝した。

この結果、アーセナルが準決勝進出に一歩前進。“要塞”エミレーツ・スタジアムで今季公式戦19勝目(3分1敗)を挙げた。

セカンドレグは18日、ナポリの本拠地スタディオ・サン・パオロで行われる。

■試合結果
アーセナル 2-0 ナポリ

■得点者
アーセナル:ラムジー(14分)、オウンゴール(25分)
ナポリ:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010000-goal-socc



※一部、表示に異常がございましたので先ほど修正いたしました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:31 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

ハノーファー、原口元気ら主力を今夏放出へ…2部降格濃厚で複数選手放出し資金捻出(関連まとめ)

【サッカー】原口元気も今夏の放出候補に…2部降格濃厚のハノーファーは複数の主力選手を売却へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554880649/
原口2019ハノーファー.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/10(水) 16:17:29.07 ID:KY3piXwo9.net

ドル監督も更迭濃厚
2部降格が現実味を帯びるハノーファーは、来シーズンに向けて複数の主力選手を売却を考えているようだ。 ドイツ『シュポルトバザー』によれば、日本代表MF原口元気も放出候補の1人に含まれているという。

第28節消化時点で最下位に沈むハノーファーは直近のリーグ戦7試合は全敗。勝ち点14と入れ替えプレーオフに回れる現在シュトゥットガルトがつける16位との差は7ポイント、アウクスブルクが位置する15位との差は11ポイントに広まっている。来シーズンは2部で迎える可能性が濃厚になってきた。

そして、クラブも来シーズンに向けた組織再編を開始。 アーセナルからレンタルで加わっているFW浅野拓磨の買い取り義務発生を回避するため、トーマス・ドル監督に「起用禁止令」を通達したことで話題を呼んだマルティン・キンド会長は、9日にホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)を解任したことが明らかになった。また『シュポルトバザー』によると、ドル監督のシーズン後の更迭はすでに決定しているという。

また、降格時には長期離脱中のエースストライカー、FWニクラス・フュルクルーグは800万ユーロ(約10億円)で、すでにオファーが届いていると見られるブレーメンへの放出が濃厚に。さらにそれぞれの契約に2部降格時に行使可能となる契約解除条項が盛り込まれている原口やMFワラシ、DFマティアス・オストルツォレクやFWイーラス・ベブーらの売却で、合計移籍金3000〜4000万ユーロ(約38〜50億円)を得る考えだと伝えられている。

つまりクラブ側は主力選手の残留に期待せず、その売却で得た資金で新しいチームを作ることに専念。降格が決定となれば、原口ら複数の選手たちの退団も決定するとも言えるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00010014-goal-socc
4/10(水) 12:13配信




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、強烈先制ヘッドも…ユベントスはアヤックスに追い付かれ敵地で1-1ドロー CL準々決勝第1戦(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL準々決勝第1戦 アヤックス×ユベントス、マンU×バルセロナ 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554929758/
Cロナ2019CL準々決勝第1戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/11(木) 05:55:58.51 ID:AHp7nbWq9.net

アヤックス 1−1 ユベントス
[得点者]
クリスティアーノ・ロナウド(前半45分)(ユベントス)
ダヴィド・ネレス     (後半1分  (アヤックス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11439067


マンチェスター・U 0−1 バルセロナ
[得点者]
オウンゴール(前半12分)(バルセロナ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11439070

UEFA-CL
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


5: 久太郎 ★ 2019/04/11(木) 05:57:13.61 ID:AHp7nbWq9.net

>>1
C・ロナウドが復帰戦でヘッド弾も…伊王者ユーベと“ヤングスター軍団”アヤックスのCL第1戦はドロー

[4.10 欧州CL準々決勝 アヤックス1-1ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は10日、準々決勝第1戦を行った。ヨハン・クライフ・アレナではアヤックス(オランダ)とユベントス(イタリア)が対戦。負傷から復帰したFWクリスティアーノ・ロナウドがダイビングヘッドで先制点を決めるが、第1戦は1-1のドローに終わった。第2戦は16日、ユベントスのホームで行われる。

 3連覇王者のレアル・マドリーを破り、2002-03シーズン以来の準々決勝進出を果たしたアヤックス。4-2-3-1の布陣を敷き、19歳のオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが最終ラインに立ちはだかる。中盤の底にはバルセロナへの来季加入が内定している21歳のオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、トップ下には21歳のオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークとオランダの未来を担う逸材たちが揃う。最前線には得点頭のセルビア代表FWドゥシャン・タディッチが配置された。

 ユベントスはアトレティコ・マドリー戦での大逆転勝利から準々決勝へ。その功労者であるC・ロナウドはポルトガル代表戦での負傷で今試合に間に合うか不透明だったが、見事復帰を果たしてスタメンに名を連ねた。しかし今度は主将であるDFジョルジョ・キエッリーニが負傷で欠場に。不安要素も残る中、4-3-3の布陣でアウェー戦に挑んだ。

 序盤からアヤックスは巧みなパスワークで敵陣に進入。前半19分、PA付近でデ・ヨングの落としからMFハキム・ツィエクが左足シュートを放つと、ボールは緩やかな放物線を描きゴール枠内へ。しかしGKボイチェフ・シュチェスニによって弾かれた。守備面でもしっかりと相手エースに仕事をさせない。同30分にはユベントスの右CKからC・ロナウドに右足ボレーを打たれるが、デ・リフトがしっかりとシュートコースを打ち消し、大きなピンチを作らせない。

 アヤックスは前半41分、DFニコラス・タグリアフィコがDFジョアン・カンセロにファウルをしてイエローカード。累積警告により第2戦の出場停止が決まった。すると試合を支配しつつも得点ができないアヤックスに対し、ユベントスが一瞬の隙を突く。

 ユベントスは前半45分、中盤でMFロドリゴ・ベンタンクールがボールを運び、C・ロナウドへ。そこからカンセロにパスが渡ると、PA内に緩やかな浮き球パスを放つ。敵陣ではベンタンクールがニアに走り込んでアヤックス守備陣を引き付けると、PA中央にぽっかり空いたスペースにC・ロナウドが走り込み、鮮やかなダイビングヘッドでゴールにボールを叩き込んだ。

 前半を最高の形で折り返したユベントスだが、アヤックスも後半開始早々に意地の同点弾を叩き込む。後半1分、ブラジル代表デビューを飾ったばかりの22歳FWダビド・ネレスが左サイドでカンセロからボールを奪取。そのままPA左に入り込み、再びマークについたカンセロをかわすと、右足シュートをゴール右に流し込んだ。

 再びイーブンな展開に持ち込んだアヤックスは勢いを味方に。後半6分にはデ・ヨングがボールを奪ってカウンターを仕掛け、タディッチのパスを受けたネレスがゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。

 流れを変えたいユベントスは後半15分に最初の交代カードを切る。FWマリオ・マンジュキッチに代えて、負傷から約2か月ぶりの復帰となるMFダグラス・コスタを投入。右サイドからの局面打開を狙い、C・ロナウドは左から中央に、FWフェデリコ・ベルナルデスキは右から左サイドに移った。さらに同30分にはMFブレズ・マトゥイディが足を痛め、FWパウロ・ディバラが投入された。

 アヤックスも後半30分にMFラセ・シェーネに代え、欧州CLデビュー戦となる19歳のMFユルヘン・エケレンカンプを入れる。終始ボールを持ち続けて試合を支配する一方、ユベントスもしっかり守ってワンチャンスを狙った。

 試合はそのまま1-1で終了。アヤックスは勢いに乗ったものの勝利を勝ち取れず。先制したユベントスは同点に追いつかれたが、アウェーゴールという布石を打って16日の第2戦に向かう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-43465796-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング