アンテナ・まとめ RSS

2017年09月12日

ミランMFチャルハノール、言葉の問題に苦しむ「僕には通訳がいない。時々チームメイトが助けてくれるくらい」

【サッカー】<ミラン新10番・チャルハノール>言葉の問題で苦しむ現状を告白!「時々チームメイトが助けてくれるくらいなんだ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505146030/
チャルハノールミラン.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 01:07:10.93 ID:CAP_USER9.net

イタリア語を話せないチャルハノール 通訳不在のなかパフォーマンスにも影響か

今夏の移籍市場でACミランに加入し、日本代表MF本田圭佑が退団した後の「10番」を背負っているトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、言葉の問題で苦しんでいることを明らかにしている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 チャルハノールは、昨季までドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンでプレー。正確かつスピードと回転の鋭さを持つFKによって、ブンデスリーガでトップクラスのキッカーとして名をはせてきた。そして、今季からミランに加入して開幕3試合を終えたが、現地時間10日のラツィオ戦に1-4と大敗した試合後、ミランでの順応に苦しんでいる状況を語った。

「このような結果になってしまうと、試合のことをよく覚えていない感じになってしまうものだ。だが、少なくとも僕が言葉の問題で苦しんでいるのは事実だ。僕には通訳がいない。時々、チームメイトが助けてくれるくらいなんだ」

 母国のトルコ語とドイツ語を話すチャルハノールだが、イタリア語への順応には苦しんでいるようだ。ミランのメンバーリストを見渡しても、トルコだけでなくドイツ人やブンデスリーガでのプレー経験が豊富な選手も見当たらない。「10番」の前任者である本田もイタリア語を話さず、英語を話せるメンバーとしかコミュニケーションを取っていなかったと明かしたことがあるが、期待を寄せて獲得したチャルハノールもまた同様の状況に陥っているようだ。

 チャルハノールは、開幕戦こそフル出場したが、第2節はスタメン出場も途中交代。第3節は途中出場と徐々に立場が厳しくなってきている。チームにも本人にも不利益な状況を生んでいる通訳問題を、ミランは早急に解決するべきだろう。

9/11(月) 20:31配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00010018-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170911-00010018-soccermzw-000-4-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(26) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

クリスタルパレス、デ・ブール監督の解任発表!プレミア史上初の無得点で解任の監督に

クリスタル・パレスがF・デ・ブール解任…プレミア史上初めて無得点でチームを去る監督に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000028-goal-socc
デブール監督パレス.jpg

クリスタル・パレスは11日、オランダ人のフランク・デ・ブール監督(47)の解任を発表した。

昨季途中までインテルを率いたF・デ・ブール監督は、今夏にクリスタル・パレス監督に就任してプレミアリーグでの初の挑戦に臨んでいた。が、ここまでの4試合で全敗し、任を解かれることとなった。

クリスタル・パレスはその4試合を無得点で落としており、F・デ・ブール監督は1992年に創設されたプレミアリーグ史上初めてゴールを記録しないまま解任された指揮官となった。

クリスタル・パレスは「フランクの専心と厳しい仕事ぶりに感謝します。新監督は然るべきときに発表し、フランクに対しては将来の幸運を祈ります」との声明を伝えている。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 14
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1494148157/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:56 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【セリエAまとめ】ユベントス、ディバラ弾など3-0完勝!ナポリもカジェホン先制弾で3-0完勝!フィオレンティナはヴェローナを5-0粉砕!インテルもペリシッチのボレー弾でSPALに2-0完勝!長友は出場せず(関連まとめ)

インテル&ナポリが開幕3連勝、ミランは4失点大敗/セリエ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000010-ism-socc
セリエA2017第3節.jpg


イタリア・セリエAは現地時間10日、第3節の8試合が行なわれ、長友佑都所属のインテルは、ホームでスパルに2対0と勝利した。長友はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

 インテルは27分、ビデオ判定で得たPKを主将のイカルディが決めて先制。終了間際の87分には、ダンブロージオのクロスをペリシッチがボレーで叩き込んで勝利を決定づけた。昇格組スパルを退けたインテルは、開幕3連勝を飾っている。

 また、ナポリも開幕3連勝。66分にインシーニェのクロスからカジェホンが先制すると、83分にメルテンス、88分にジエリンスキーが追加点を奪い、敵地でボローニャを3対0と沈めた。

 一方、ミランは敵地でラツィオに1対4と大敗した。38分のPKを皮切りに、42分、48分と立て続けのゴールでインモービレにハットトリックを許すと、49分にもルイス・アルベルトにダメ押しとなる4点目を献上。モントリーヴォが1点を返したが、開幕からの連勝が2で止まり、初黒星を喫した。

 そのほかの試合では、フィオレンティーナが敵地でヴェローナに5対0と圧勝。トリノは敵地でベネヴェントを、ウディネーゼはホームでジェノアを、カリアリは新スタジアムのこけら落としでクロトーネを、それぞれ1対0で下している。アタランタはホームでサッスオーロに2対1と競り勝った。(STATS-AP)

ユーヴェとナポリ、インテルが3連勝…ミランは初黒星/セリエA第3節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00640731-soccerk-socc

■セリエA第3節結果

ユヴェントス 3−0 キエーヴォ
インテル 2−0 SPAL
アタランタ 2−1 サッスオーロ
カリアリ 1−0 クロトーネ
ヴェローナ 0−5 フィオレンティーナ
ウディネーゼ 1−0 ジェノア
ラツィオ 4−1 ミラン
ベネヴェント 0−1 トリノ
ボローニャ 0−3 ナポリ
サンプドリア vs ローマ(延期)

■セリエA第3節順位

1位 ユヴェントス(勝ち点9)
2位 ナポリ(勝ち点9)
3位 インテル(勝ち点9)
===========CL===========
4位 ラツィオ(勝ち点7)
5位 トリノ(勝ち点7)
===========EL===========
6位 サンプドリア(勝ち点6)※1試合未消化
7位 ミラン(勝ち点6)
8位 SPAL(勝ち点4)
9位 ボローニャ(勝ち点4)
10位 ローマ(勝ち点3)※1試合未消化
11位 フィオレンティーナ(勝ち点3)
12位 ウディネーゼ(勝ち点3)
13位 アタランタ(勝ち点3)
14位 キエーヴォ(勝ち点3)
15位 カリアリ(勝ち点3)
16位 ジェノア(勝ち点1)
17位 サッスオーロ(勝ち点1)
===========降格==========
18位 クロトーネ(勝ち点1)
19位 ヴェローナ(勝ち点1)
20位 ベネヴェント(勝ち点0)

セリエAをみるぞ!No.153
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504195727/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラツィオ、ミランに4-1大勝!インモービレがハットトリック達成(関連まとめ)

4失点のミラン、開幕3連勝ならず…インモービレ3発のラツィオが快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00640723-soccerk-socc
インモービレ2017第3節ハット.jpg

セリエA第3節が10日に行われ、ラツィオとミランが対戦した。

 大型補強を敢行し、開幕2連勝と好スタートを切ったミラン。敵地で臨む第3節では、GKジャンルイジ・ドンナルンマやレオナルド・ボヌッチ、リッカルド・モントリーヴォ、スソらが先発メンバーに名を連ねた。

 均衡を破ったのはラツィオだった。38分、左サイドからドリブルで仕掛けたルイス・アルベルトがペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。チーロ・インモービレが豪快に決めて先制に成功した。

 さらにラツィオは42分、右サイドからセナド・ルリッチがクロスを上げると、ファーサイドで待っていたインモービレが右足ボレーを突き刺して2点目。2−0とリードしてハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がり、ラツィオは2ゴールをたたみかけて勝利を決定付ける。48分、ペナルティーエリア内で細かいパスをつなぎ、最後はインモービレが左足シュートを決めてハットトリックを達成。さらに1分後にはカウンターからインモービレが抜け出し、ペナルティーエリア左側へ入ってから中央へラストパスを送る。走り込んでいたL・アルベルトが押し込んで4−0とリードを広げた。

 苦しい展開となったミランは56分、ペナルティーエリア手前からのFKを壁に阻まれたこぼれ球をハカン・チャルハノールが左足シュート。エリア内で待っていたモントリーヴォがトラップしてボールを収め、シュートを決めて1点を返した。

 しかし、反撃は1点止まり。試合は4−1で終了し、ラツィオが快勝した。ミランは大量失点で今シーズン初黒星を喫している。ラツィオは次戦、14日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でフィテッセと対戦。セリエAの次節は17日、ジェノアとのアウェイゲームを控えている。

 ミランは14日、ELグループステージ第1節でオーストリア・ウィーンと敵地で対戦。17日にはセリエA第4節でウディネーゼをホームに迎える。

【スコア】
ラツィオ 4−1 ミラン

【得点者】
1−0 38分 チーロ・インモービレ(PK)(ラツィオ)
2−0 42分 チーロ・インモービレ(ラツィオ)
3−0 48分 チーロ・インモービレ(ラツィオ)
4−0 49分 ルイス・アルベルト(ラツィオ)
4−1 56分 リッカルド・モントリーヴォ(ミラン)

◇SS.Lazio-Bianco・Celeste〜ラツィオスレ62
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503919859/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独紙、宇佐美貴史の鮮烈デビューに興奮!「華々しいデビュー」「監督の期待にいきなり応えた」「ウチダに打ち勝つ」(関連まとめ)

【サッカー】<宇佐美貴史の鮮烈デビューに地元紙が興奮!>「華々しいスタート」「ウチダに打ち勝つ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505085906/
宇佐美2017第5節シュート.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/11(月) 08:25:06.42 ID:CAP_USER9.net

大挙して駆け付けた日本人サポーターの熱狂ぶりも。

壮絶な幕切れとなったドイツ・ブンデスリーガ2部、フォルトゥナ・デュッセルドルフ対ウニオン・ベルリンの一戦。前者の宇佐美貴史、後者の内田篤人がそれぞれ74分、75分にピッチに投入され、いきなり日本人対決も実現した。試合は終了間際に逆転ゴールを挙げたデュッセルドルフが3−2でモノにし、首位を堅持している。
 
 右サイドの上がり目に配置された内田が1得点に絡んだ一方、84分に2−2とする同点ゴールを挙げたのが宇佐美。左サイドからのロングスローがファーサイドに流れ、鋭く呼応した日本代表MFが右足アウトサイドで蹴り込んだのだ。
 
 鮮烈のホームデビューに対し、賛辞が後を絶たない。
 
 デュッセルドルフの公式ツイッターでは、「ゴールは嬉しかったが、チームが勝ったことが重要。もっともっと良くしていきたい」という試合後の本人のコメントを紹介しつつ、宇佐美のフォトギャラリーを掲載。さらにクラブ公式サイトは「ウサミが綺麗にインパクト。見せ場を逃さなかった」と背番号33を称えた。
 
 ドイツ老舗サッカー専門誌『Kicker』の電子版は、「なんら違和感なく試合に溶け込み、仕事をやってのけた。華々しいデビューだ」と速報。かたや大手スポーツ紙『Bild』は「ウサミは冷静にボール(の行方)を見極め、難なく同点弾を決めた。フンケル(監督)の期待にいきなり応えてみせたのだ」と記している。
 
 さらに欧州スポーツサイト『Vavel』では、日本人対決に言及。「ウチダとウサミは同時にピッチに投入され、日本人同士のバトルが始まった。ウチダはまずまずの出来だったが、より衝撃を与えたのはウサミだろう。見事に打ち勝ったのだ」と描写している。
 
 最後に地元紙の『Express』は、会場に駆け付け大勢の日本人サポーターの熱狂ぶりを伝えた。「試合開始の何時間も前から並び、待ちわびたウサミがボレーでゴールまで決めたのだ。日本人ファンは歓喜に沸き、ウサミも感無量の表情だった」とし、「1−2になった時、自分の出番だと思った」という宇佐美のコメントも掲載している。

9/11(月) 5:40配信  サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00029860-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170911-00029860-sdigestw-000-6-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

デンベレ、バルサデビュー戦でアシスト!メッシは運も味方しハットトリック達成!エスパニョールを5-0粉砕

【サッカー】リーガ第3節 メッシ、運も味方にハットトリック達成。期待の新戦力はデビュー戦でアシスト記録
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504991609/
デンベレとメッシ2017第3節ハイタッチ.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/10(日) 06:13:29.21 ID:CAP_USER9.net

【バルセロナ 5-0 エスパニョール リーガエスパニョーラ第3節】

現地時間9日に行われたリーガエスパニョーラ第3節でバルセロナはエスパニョールをホームに迎えてダービーマッチを戦い、5-0の大勝を飾った。

注目の新戦力であるデンベレをベンチスタートとしたバルセロナは、大方の予想どおり試合の主導権を握る。

先制は26分。ラキティッチの強いパスをペナルティエリアで受けたメッシが戻ってくるDFをかわしてゴールネットを揺らした。メッシは副審が旗をあげていないことを確認してから先制点を喜んでいる。ただし、映像ではメッシの位置はオフサイドポジションで、バルセロナにとっては幸運な1点となった。

35分にもバルセロナに幸運が舞い込む。メッシのドリブル突破がペナルティエリア手前で阻まれると、エスパニョール守備陣に当たってはね返ったボールがペナルティエリア左へ。 スペースに駆け上がっていたジョルディ・アルバがこのボールを拾って折り返し、メッシが冷静にゴール。2-0として前半を終えた。

67分には勝負を決める3点目が入った。メッシとのワンツーでペナルティエリア内に入ったルイス・スアレスがタメをつくり、こぼれたボールをサイドからジョルディ・アルバがクロス。ここに再びメッシが現れ、ハットトリックを達成した。

デンベレは偉大なエースのハットトリックに迎えられ、68分からピッチに立った。バルセロナは87分にCKからピケのヘディングシュートが決まり4-0。90分の速攻ではデンベレのアシストでルイス・スアレスがゴールを奪い、5-0の大勝となっている。

エスパニョールとのダービーマッチを制したバルセロナは、無傷の開幕3連勝。
すでに2度引き分けているレアル・マドリーとの勝ち点差は4となっている。

【得点者】
26分 1-0 メッシ(バルセロナ)
35分 2-0 メッシ(バルセロナ)
67分 3-0 メッシ(バルセロナ)
87分 4-0 ピケ(バルセロナ)
90分 5-0 ルイス・スアレス(バルセロナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170910-00230701-footballc-socc
9/10(日) 5:40配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/esp/esp-11049721.html
試合スコア


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:47 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AFC、サウジアラビアを規定違反で調査へ!カタール放送局の中継妨害の疑い

【サッカー】アジア最終予選で規定違反 AFCがサウジアラビアを調査へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505035609/
サウジアラビア日本戦勝利.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/09/10(日) 18:26:49.44 ID:CAP_USER9.net

2017-09-10 13:50

アジアサッカー連盟(AFC)が刃を向けた対象は、イランではなくサウジアラビアであった。

英国のサッカー専門メディア「インサイド・ワールド・フットボール」は10日、カタールの放送局ビーインスポーツの内部消息筋を引用し、6日に行われたロシアワールドカップアジア最終予選B組第10戦のサウジアラビア対日本戦で中継が妨害された疑いでAFCが調査に着手したと報道した。

AFCは最終予選が終わった直後の6日、最終予選最終節に中東の試合で重大な違反があったという報告があり、調査を開始したとの声明を発表した。

当初この声明は、政治的に密接なイランとシリアがA組最終予選第10戦で2-2で引き分けた試合を指すのではないかという観測が出たが、実際には別の問題であったことが明らかになった。

サウジアラビアは日本との最終戦を控え、ロシアワールドカップ最終予選の中継権を持っているビーインスポーツの取材陣の競技場への入場を防いだ。サウジアラビアが6月からアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、イエメンなどの中東諸国と一緒にカタールとの国交を断絶したためである。

サウジアラビアサッカー協会は「日本との最終戦で競技場に入れなかったメディアはない」と発表したが、ビーインスポーツ側は「少なくとも1人以上の記者が競技場に入れなかった」と反論した。

AFCは、今回の事態が政治的中立性を強調する国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反したかどうかをチェックしている。かろうじてワールドカップ本大会出場チケットを獲得したサウジアラビアが退出される可能性もある。FIFAは2015年10月、クウェート政府がサッカー協会などの体育団体に行政介入ができるように法律を改正したため資格停止処分を下し、FIFAが主催するすべての大会でクウェート代表の出場を停止した前例がある。

http://sports.khan.co.kr/sports/sk_index.html?art_id=201709101348003&sec_id=520401

Rights and wrongs: AFC steps in to investigate row at World Cup qualifier
http://www.insideworldfootball.com/2017/09/08/rights-wrongs-afc-steps-investigate-row-world-cup-qualifier/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシー、モラタ・カンテ弾でレスターに2-1勝利し3連勝!岡崎慎司は「代表戦の疲労のため」出場せず(関連まとめ)

【サッカー】<カンテが古巣にキツイ一撃!>チェルシーがレスターに競り勝ち3連勝!岡崎は「代表戦の疲労」でベンチ外
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504973795/
カンテとモラタ2017第5節ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ c2ch.net 2017/09/10(日) 01:16:35.07 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
レスター 1−2 チェルシー

【得点者】
0−1 41分 アルバロ・モラタ(チェルシー)
0−2 50分 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
1−2 60分 ジェイミー・ヴァーディ(PK)(レスター)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11042850



 プレミアリーグは9日、第4節を行った。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームに王者チェルシーを迎え、1-2で敗れた。なお、岡崎は「怪我ではなく、代表戦の疲労のため」(シェイクスピア監督)今季初のベンチ外となっている。

 レスターは、26日のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-2)から岡崎に代えてFWイスラム・スリマニを起用。対するチェルシーも27日のエバートン戦(2-0)戦から1人を変更し、MFウィリアンに代えてMFティエムエ・バカヨコがスタメンに入った。また、今夏レスターから加入したMFダニー・ドリンクウォーター、負傷から復帰したMFエデン・アザールがベンチ入りしている。

 立ち上がりからチェルシーが主導権を握る。前半2分、バカヨコのパスをPA手前で受けたFWアルバロ・モラタが右足を振り抜くが、GKカスパー・シュマイケルがキャッチ。34分には、MFエンゴロ・カンテのパスをPA左でモラタが受け、右足シュートを放ったが、DFウェズ・モーガンのブロックに阻まれた。

 対するレスターは持前のカウンターで応戦。前半40分、自陣セットプレーからスリマニがボールを奪い、MFリヤド・マフレズが一気に攻め上がる。左にFWジェイミー・バーディが並走していたが、マフレズは後方から上がってきたスリマニを選択。PA右からスリマニが右足で狙うが、GKティボー・クルトワの好セーブに阻まれ、絶好のチャンスを逃した。

 すると、直後に試合が動いた。チェルシーは前半41分、カンテのパスを右サイドの浅い位置で受けたDFセサル・アスピリクエタがゴール前にクロス。精度の高いボールをモラタが頭で合わせ、前半を1-0で折り返した。

 レスターは後半開始から手を打ち、スリマニとMFマーク・オルブライトンを下げ、MFアンディ・キングとMFデマライ・グレイを投入する。しかし、レスターは手痛い失点を喫する。後半5分、DFアントニオ・リュディガーのパスを受けた古巣対決のカンテがPA手前から右足一閃。低い弾道のミドルがゴール左隅に吸い込まれ、チェルシーが2-0とリードを広げた。

 だが、2015-16シーズンの王者は諦めない。後半16分、バーディがPA内でGKクルトワに倒され、PKを獲得。キッカーのバーディが真正面に蹴り込み、GKクルトワの左手を弾いてゴールネットを揺らす。チェルシーは18分にウィリアン、33分にアザールを入れ、ダメ押しゴールを狙いに行った。

 終盤に向けてオープンな展開となったが、最後のところで互いに精度を欠き、試合は2-1のままタイムアップ。チェルシーが逃げ切り、3連勝とした。一方のレスターは2連敗を喫し、今季3敗目となった。

9/10(日) 0:59配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-01643908-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ラッシュフォードとルカク弾もストークと2-2ドロー!チュポモティング2発で追い付かれる

ラッシュフォードとルカクが得点も…マンU、4連勝ならず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00640405-soccerk-socc
ルカク2017第4節ドリブル.jpg

 9日にプレミアリーグ第4節が行われ、ストークとマンチェスター・Uが対戦した。

 3連勝で首位に立つマンチェスター・Uは、絶好調のポール・ポグバを筆頭にヘンリク・ムヒタリアン、マーカス・ラッシュフォードがスタメンに名を連ねた。

 なかなかゴールが奪えなかった両チームだったが、前半終了直前に試合が動く。43分、右サイドでボールを受けたマメ・ビラフ・ディウフがGKとDFの間にクロスを入れる。これに反応したエリック・マキシム・チュポ・モティングが右足でシュートを決め。ホームのストークが先制した。しかしアディショナルタイム1分、左CKに反応したネマニャ・マティッチがヘッドで後ろに反らすとポグバがヘッド。ラッシュフォードにあたり、ゴールへ吸い込まれた。

 前半は1−1で折り返す。

 後半、先にチャンスを奪ったのはアウェイのマンチェスター・Uだった。57分、敵陣中央でボールを持ったムヒタリアンがフリーになったロメル・ルカクを見逃さずスルーパスを送る。ルカクのシュートは一度GKに弾かれてしまうも、自分で押し込み逆転に成功した。

 しかし63分、右CKに再びチュポ・モティングがヘッドで合わせた。絶好調のマンチェスター・U相手に同点弾を決める。

 試合はこのまま終了。マンチェスター・Uの連勝がストップし、今シーズン初ドローとなった。マンチェスター・Cがリヴァプールに5−0と勝利したことで、マンチェスター・Uはライバルチームと勝ち点10で並んでいる。

【スコア】
ストーク 2−2 マンチェスター・U

【得点者】
1−0 16分 エリック・マキシム・チュポ・モティング(ストーク)
1−1 31分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
1−2 36分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)
2−2 73分 エリック・マキシム・チュポ・モティング(ストーク)

† Red Devils Manchester United 1245 †.
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504523045/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:20 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ウェルベック2G1Aでボーンマスに3-0完勝!連敗ストップ(関連まとめ)

アーセナル連敗ストップ。ウェルベックの2G1Aでボーンマスに快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170910-00230671-footballc-socc
ウェルベック2017第5節ゴール.jpg

【アーセナル 3-0 ボーンマス プレミアリーグ第4節】

 イングランド・プレミアリーグ第4節の試合が現地時間の9日に行われ、アーセナルはホームでボーンマスと対戦した。

 開幕戦ではレスター・シティに勝利を収めたアーセナルだが、その後はアウェイで2連敗。しかも前節リバプールには0-4の大敗を喫し、苦境に追い込まれた状態で中断明けの試合を迎えた。

 だが開始6分、早々と悪いムードを吹き飛ばす先制点を奪うことに成功する。左サイドでパスを受けたコラシナツが縦に抜け出してクロスを上げ、中央で合わせたウェルベックがGKの逆を突くヘディングを押し込んだ。

 その後も試合を優位に進めるアーセナルは、27分に追加点。GKを起点として一気に速い攻撃を仕掛け、最後はウェルベックとのパス交換からラカゼットが豪快なシュートを叩き込んだ。

 2-0のリードで前半を折り返し、後半立ち上がりにはさらにリードを広げる。相手陣内の高い位置でボールを奪い、ラムジーからのパスを受けて抜け出したウェルベックが左足でゴール右隅へ。自身2得点目でスコアを3-0とした。

 終盤にはジルーやサンチェスも投入し、アーセナルはさらにゴールを狙いにいく。交代出場のコクランが負傷して数的不利となるアクシデントもあり、4点目のゴールはならなかったが、連敗をストップする快勝を挙げる結果となった。

【得点者】
6分 1-0 ウェルベック(アーセナル)
27分 2-0 ラカゼット(アーセナル)
50分 3-0 ウェルベック(アーセナル)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1178】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504965541/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、10人のフライブルクを崩せずスコアレスドロー!香川真司は出場せず

攻め続けたドルトムント、最後まで10人の相手を崩せず…香川は出番なし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00640194-soccerk-socc
ゲッツェ2017第3節.jpg


ブンデスリーガ第3節が9日に行われ、フライブルクとドルトムントが対戦した。

 ドルトムントはピエール・エメリク・オーバメヤンやマリオ・ゲッツェらがスタメン。日本代表を途中離脱した香川真司はベンチスタートとなった。

 序盤から主導権を握るドルトムントだったが、18分にアクシデント発生。マルク・バルトラが負傷し、エムレ・トプラクとの交代を余儀なくされた。28分、フライブルクはヨリッチ・ラヴェがマルセル・シュメルツァーの足首を踏んでしまう。主審はイエローカードを提示したが、ビデオ判定の結果レッドカードで一発退場に。シュメルツァーもプレー続行不可能となり、ダン・アクセル・ザガドゥがピッチに立った。その後もドルトムントがボールポゼッションで優位に立つも、堅い守りを崩すことができずスコアレスで前半を折り返す。

 後半に入り63分、マキシミリアン・フィリップのシュートは枠のわずかに上。その後もドルトムントが攻め続けるが、なかなかゴールネットを揺らすことができない。78分にはゲッツェを下げて、今夏獲得したアンドリー・ヤルモレンコを投入する。しかし、最後まで得点を挙げることができずタイムアップ。

 試合は0−0で終了。ドルトムントは開幕からの連勝が2でストップした。
 
 次節、フライブルクはアウェイでレヴァークーゼンと、ドルトムントはホームで大迫勇也が所属するケルンと対戦する。

【スコア】
フライブルク 0−0 ドルトムント

【BVB09】Borussia Dortmund 739【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504961383/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

マンC、リバプールを5-0粉砕!マネがGKエデルソンの顔面に飛び蹴りし一発退場(関連まとめ)

【サッカー】マンCがリバプールに5-0で圧勝 マネがGKの顔面に飛び蹴りし退場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504963922/
ジェズス2017第4節ゴール.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 22:32:02.30 ID:CAP_USER9.net

9/9(土) 22:29配信
ゲキサカ

サディオ・マネの飛び蹴りがGKエデルソンの顔面を捉え、マネが退場に(Getty Images)

[9.9 プレミアリーグ第4節 マンチェスター・C 5-0 リバプール]

 プレミアリーグは9日、第4節を行った。開幕から2勝1分で無敗同士のマンチェスター・シティとリバプールの一戦は、5-0でシティが快勝。リバプールは今季初黒星を喫した。

 シティは前節ボーンマス戦(2-1)から3人を変更。出場停止明けのDFカイル・ウォーカー、DFジョン・ストーンズ、FWセルヒオ・アグエロがスタメンに名を連ね、負傷離脱していたMFイルカイ・ギュンドガンがベンチ入りを果たした。

 対するリバプールは、アーセナル戦(4-0)から3人を入れ替え、GKシモン・ミニョレとDFラグナル・クラバン、DFトレント・アレクサンダー・アーノルドが先発。ユルゲン・クロップ監督が語った通り、バルセロナへの移籍が噂されたMFコウチーニョは欠場し、アーセナルから獲得したMFアレックス・オクスレード・チェンバレンがベンチ入りした。

 国際Aマッチウィーク明けの注目のビッグゲームは、静かな立ち上がりとなった。それでも前半25分に試合が動いた。シティはルーズボールをセンターサークル内で収めたMFケビン・デ・ブルイネがスルーパスを出し、センターバック2人の間を抜けたアグエロがGKミニョレをかわして先制点。ホームチームが波乱の一戦の幕を開けた。

 追う展開となったリバプールは前半31分、開幕から3戦連発中のFWサディオ・マネのスルーパスに反応したFWモハメド・サラーが抜け出し、PA右から左足を振り抜くがGKエデルソンのセーブに阻まれる。35分には、シティの右CKからストーンズにシュートを打たれたが、GKミニョレが左足で止め、追加点を許さなかった。

 リバプールは前半37分、最終ラインのDFジョエル・マティプが前線にロングフィード。これにマネが反応したが、トラップしようとした際に飛び出したGKエデルソンの顔面に飛び蹴りを食らわせる形になってしまい、一発レッドで退場。GKエデルソンは続行不可能となり、約8分間の治療を経て担架でピッチを後にした。代わってGKクラウディオ・ブラーボがピッチに入った。

 アディショナルタイムは8分。数的優位に立ったシティは3分、右サイドからデ・ブルイネが上げたクロスをFWガブリエル・ジェズスが頭で合わせるも、オフサイドの判定。それでも6分、左サイドに流れてパスを受けたデ・ブルイネが相手をかわしてクロスを供給し、ジェズスがヘディングシュートを突き刺して、前半を2-0で折り返した。

 10人で2点差と厳しい状況となったリバプールは、後半開始からチェンバレンを投入する。しかし、シティの容赦ない攻撃がリバプールに襲い掛かる。8分、左サイドからDFバンジャマン・メンディが鋭いクロスを入れ、裏へ飛び出したアグエロが合わせたがオフサイド。だが、直後にMFフェルナンジーニョのスルーパスにアグエロがオフサイドなしで抜け出し、横パスをジェズスが左足できっちり決め、3-0とリードを広げた。

 今後の連戦に向けてシティは後半12分、ジェズスを下げてMFリロイ・サネを投入。リバプールは13分、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えて古巣対決のMFジェームス・ミルナー、22分にはFWロベルト・フィルミーノに代えて19歳FWドミニク・ソランケを送り出した。

 だが、リバプールはなかなかシュートまで持ち込めず、逆にシティがとどめの一発を決める。後半32分、デ・ブルイネの縦パスを受けたサネが左サイドに叩き、ゴール前に走り込む。メンディの低いクロスをサネが左足で合わせ4-0。さらにアディショナルタイム1分、サネがPA手前から左足シュートをゴール左隅に突き刺し、勝負あり。シティがリバプールとの強豪対決を5-0で制し、開幕からの無敗をキープした。

 なお、地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』の記者であるスチュアート・ブレナン氏によると、GKエデルソンは骨折の有無をチェックするため、スタジアム近くの病院へ搬送されたという。脳震盪ではないようだが、彼の無事を祈るばかりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-01643900-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:24 | 大阪 ☁ | Comment(23) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング