アンテナ・まとめ RSS

Jリーグ

クロアチア代表MFモドリッチ、近い将来のJリーグ入りを熱望か?既に複数クラブと接触(関連まとめ)

【サッカー】モドリッチ、近い将来のJリーグ入りを熱望か、既に複数クラブと接触 [ニーニーφ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669925279/
モドリッチ2022クロアチア代表.jpg
1: ニーニーφ ★ 2022/12/02(金) 05:07:59.58 ID:KqcBckGg9.net

 スペイン1部の名門レアル・マドリードに所属する現役クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(37)が、近い将来のJリーグ入りを熱望していることが1日までに分かった。
複数の関係者によれば、自身のエージェントらを通じて既に複数のJクラブと接触。早ければ来夏にも日本のピッチに立つ可能性があるという。契約が成立すれば、バロンドール(世界最優秀選手)受賞者として2人目のJリーグ入りとなる。

 新たなレジェンドのJリーグ入りの可能性が浮上した。複数の関係者によれば、前回18年W杯で母国を準優勝へと導き、大会MVPに輝いたクロアチア代表MFモドリッチが、今後のキャリアの選択肢として、日本を高い順位に設定。
自身の代理人らを通じて複数のJクラブに売り込んでいるという。関係者は「モドリッチは親日家で、将来、日本または米国でのプレーを望んでいる」と証言した。

 モドリッチは18年にバロンドールに輝いた、世界的な攻撃的MF。12年8月に入団したRマドリードでは、高い戦術眼と卓越した技術で5度の欧州CL制覇に貢献するなど、数々のタイトルを獲得してきた。06年3月に20歳でデビューした代表では16年から主将を務めるなどチームをけん引。W杯は今大会も「10」を背負い、4度の出場を果たしている。

 今季もRマドリードで、リーグ戦は1試合を除く13試合に出場。不動の司令塔として君臨し続けている。ただ、そんなモドリッチも37歳。Rマドリードとの契約は来年6月末に満了するとされており、今季限りで退団する可能性があるという。そんな中で浮上したのが、Jリーグ入りだ。関係者によれば、獲得には年俸面など好条件の提示が必須条件。それだけに、可能性のあるクラブは資金力のある神戸やFC東京など一部に絞られそうだ。

 Jリーグでは神戸でプレーする元スペイン代表MFイニエスタを筆頭に、数々のスターがプレーしてきた。だがバロンドール受賞者となれば、かつて柏でプレーした元ブルガリア代表FWストイチコフだけ。08年から昨年までC・ロナウドとメッシの2人が独占してきた最高の栄誉に唯一割って入った男のJリーグ入りは、国内のサッカーファンにとって最高のプレゼント。今後の動向に注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dae2c427a9c17db7284d1457393f20532bcc6106
スポニチアネックス



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:10 | 大阪 ☀ | Comment(22) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表DF谷口彰悟、カタール1部アルラヤン電撃移籍へ…川崎守備の要が初の海外挑戦決断(関連まとめ)

日本代表DF谷口彰悟がカタール1部アルラヤン電撃移籍へ…川崎守備の要が初の海外挑戦決断
https://news.yahoo.co.jp/articles/0eab0535544a788d1ac03f33c850c69e3dde204b
谷口日本代表2022.jpg

 カタールW杯の日本代表DF谷口彰悟(31)=川崎=が、カタール1部・アルラヤンに電撃移籍することが1日、決定的となった。

 国内屈指のセンターバック(CB)が、初の海外移籍を決断した。谷口は筑波大から2014年に川崎でプロ入り後、クラブ一筋9年。対人守備の強さやビルドアップの技術、抜群のリーダーシップを武器に17、18、20、21年と4度のJ1優勝を飾ったチームを守備面で支えてきた。主将3年目の今季は惜しくも2位に終わったが、チーム最多の33試合(計2903分)に出場、3得点。4度目のJリーグベストイレブンに輝いた。

 日本代表では、主力CBの吉田麻也、冨安健洋が負傷で不在だった昨冬のW杯アジア最終予選で中国戦、サウジアラビア戦に先発出場。CBでコンビを組んだ板倉滉と安定感抜群の守備で2戦連続の完封勝利を飾り、本大会出場に大きく貢献した。かねて海外でのプレーを志向していた谷口。川崎では、昨年から守田英正、三笘薫、田中碧、旗手怜央らが続々と欧州へ移籍する中、31歳で新天地に決めたのはカタール1部で8度制覇のアルラヤンだった。

現在は最下位 同クラブは70〜80年代に優勝を重ねた古豪。今季からチリ人のニコラス・コルドバ監督(43)が率いているが、現在リーグ戦1分け6敗で12チーム中の最下位に沈む。一方、22―23年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)西地区で16強に進出。勝ち進めば、来年2月の決勝でJ1浦和と対戦する可能性もある。

 アルラヤンの本拠地は、日本代表がW杯でコスタリカと対戦したアハマド・ビン・アリ競技場。まさかの黒星をベンチで見届けた谷口が、カタールのピッチで激しいバトルに挑む。

 ◆アルラヤン 1967年創立。本拠地はアハマド・ビン・アリ競技場(収容約4万5000人)。15―16年など8度のリーグ優勝を誇る。21―22年はチリ人のニコラス・コルドバ監督が率いて8位。過去には元コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスや、FWレアンドロ(元G大阪、神戸など)らが所属。カタール1部リーグは12クラブで構成されている。

 ◆谷口 彰悟(たにぐち・しょうご)1991年7月15日、熊本市生まれ。31歳。大津高から筑波大へ進学し、2014年に川崎加入。17、18、20、21年にリーグ優勝。20年から主将を務める。今季は自身4度目のJリーグベストイレブン受賞。J1通算289試合20得点。15年6月の親善試合・イラク戦でA代表デビュー。国際Aマッチ14試合無得点。183センチ、75キロ。右利き。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15216
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669902471/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☁ | Comment(27) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、小川佳純氏のトップコーチ就任を発表!ティアモ枚方を率いJFL昇格に導く

J1鳥栖、来季より小川佳純氏がトップチームコーチに就任決定 「選手時代と立場は違いますが、全てを注ぎたいという思いはあの頃と変わりません」
https://news.yahoo.co.jp/articles/d656aa9979ad455424372a89aecf96744f157d27
小川佳純ティアモ枚方監督.jpg

FCティアモ枚方を率いてJFL昇格へと導く
 J1サガン鳥栖は12月1日、2023シーズンよりトップチームコーチとして小川佳純氏の就任が決定したと発表した。同氏は「選手時代と立場は違いますが、このクラブが勝利する為に、全てを注ぎたいという思いはあの頃と変わりません」とコメントしている。

 小川氏は選手として、現役時代に名古屋グランパスで長年活躍。2017年に鳥栖に完全移籍するが、出場機会に恵まれず、アルビレックス新潟へレンタル移籍し、翌年には同チームに完全移籍となった。

 20年に現役引退後はFCティアモ枚方で監督業をスタートさせ、就任1年目ながらチームを関西サッカーリーグ初優勝に導く。さらに全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2020でも優勝を飾り、JFL昇格へと導いた。

 小川氏のコメント全文は以下のとおり。

「来シーズン、トップチームのコーチに就任することになりました小川佳純です。2017年にサガン鳥栖に加入、半年間という短い時間でしたが選手としてプレーしたこのクラブに、約5年半の歳月を経て帰ってくる事ができ、大変嬉しく思います。選手時代と立場は違いますが、このクラブが勝利する為に、全てを注ぎたいという思いはあの頃と変わりません。サガン鳥栖に関わる皆さんと、勝利の瞬間を共有できるのを楽しみにしています。また共に戦いましょう!よろしくお願いします!」

☆道Dream Road☆サガントス第839幕☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1668843989/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、柏DF北爪健吾の完全移籍での獲得を発表「このチームのために自分の持っている全てを懸けたいと…」(関連まとめ)

J2降格の清水、柏DF北爪健吾の完全移籍での獲得を発表 「このチームのために自分の持っている全てを懸けたいと…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdaae52ddad4bcbe402cdad4801886e2c6b667d1
北爪2022柏.jpg

清水が公式発表
 来季をJ2で戦う清水エスパルスは12月1日、柏レイソルDF北爪健吾の完全移籍加入の決定を発表した。同氏は「このチームのために自分の持っている全てを懸けたいと思い決断しました」と決意を語っている。

 現在30歳の北爪は前橋育英高、専修大を経て2015年にジェフユナイテッド千葉に加入。17年冬に横浜FCへ完全移籍、19年12月に柏へと籍を移した。2022シーズンはJ1リーグ8試合、カップ戦で5試合の出場を果たしていた。

 北爪のコメント全文は以下のとおり。

「はじめまして北爪健吾です。学生の時に続き、2回目のオファーをいただいたことは選手としてこれ以上ない喜びです。同時にこのチームのために自分の持っている全てを懸けたいと思い決断しました。チームのJ2優勝、J1昇格をエスパルスに関わる皆様と達成することがとても楽しみです。これからよろしくお願いいたします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15214
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669841314/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪DF昌子源、古巣・鹿島に移籍が決定的!移籍金含めクラブ間交渉で大筋合意(関連まとめ)

G大阪・昌子源、5年ぶり古巣・鹿島復帰が決定的 移籍金含めクラブ間交渉で大筋合意
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c0b0fe848e13217cd314b808154809293f0b8fd
昌子2022G大阪.jpg

 鹿島がG大阪DF昌子源(29)を獲得することが30日、決定的になった。2018年以来、5年ぶりの古巣復帰となる。

 6シーズン連続国内無冠となった鹿島はセンターバックを補強ポイントとし、獲得オファーを提示した。昌子はG大阪との間で契約を残すため、獲得には移籍金がかかる。関係者によると、クラブ間交渉で大筋合意に至ったという。この日獲得が発表されたニームDF植田直通(28)とともに復権を託された。

 昌子は19年、鹿島からフランス1部(当時)トゥールーズに完全移籍。20年からは下部組織時代を過ごしたG大阪でプレーした。恩義を感じているG大阪残留と最後まで悩んだが、最終的には鹿島の熱意を受け入れた。18年ロシアW杯で3試合に出場し、16強入りに貢献したセンターバックが、来季から鹿島の最終ラインを支える。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15212
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669816619/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、元日本代表DF植田直通の4年半ぶり復帰を発表!仏2部ニームから完全移籍「日本へ帰るならアントラーズしか考えていませんでした」

鹿島、植田直通の4年半ぶり復帰を発表!「日本へ帰るならアントラーズしか考えていませんでした」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e4af71f052786943dcacb582bcc394bf9fb7ea3c
植田ニーム.jpg

鹿島アントラーズは30日、ニーム・オリンピックよりDF植田直通が完全移籍で加入することを発表した。

大津高校卒業後の2013年に鹿島へ加入した植田。同クラブでJ1リーグ96試合に出場し、2016年にはリーグ優勝と天皇杯制覇を経験。2018年にベルギーのセルクル・ブルッヘに加入して海外挑戦をスタートさせると、2021年1月からはニームでプレーを続けていた。しかしチームは同年夏に2部へ降格。昨季はレギュラーとしてリーグ・ドゥで28試合に出場していた植田だったが、今季は未だ1試合の出場にとどまっていた。

そして30日、植田の鹿島への完全移籍が正式に決定。2018年7月の移籍以来、およそ4年ぶりに古巣へと復帰することになる。クラブ公式HPでは、以下のように意気込みを語った。

「移籍してからもアントラーズの試合は毎試合チェックしていて、自分が力になれるうちに帰りたいという思いはずっとありました。僕の中にはいつもアントラーズというチームがあり、日本へ帰るならアントラーズしか考えていませんでした。またアントラーズのユニフォームを着て皆さんの前で戦えることを光栄に思いますし、タイトルから遠ざかっているチームの力になれるよう、そして、皆さんと一緒にタイトルが獲れるよう、精一杯頑張ります」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15209
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669755361/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏レイソル、清水DF立田悠悟とDF片山瑛一を完全移籍で獲得発表(関連まとめ)

柏が清水から2選手を獲得! 一挙にDFをふたり補強して最終ラインを強化
https://news.yahoo.co.jp/articles/8995adcd505a38305b04cb1e726702fbdc2aac6c
立田と片山清水.jpg

  J1の柏レイソルは11月30日、清水エスパルスから立田悠悟と片山瑛一をともに完全移籍で獲得したことを発表した。

 主戦場は立田がCBで片山が左SB。ふたりのDFを一挙に補強し、柏は最終ラインの強化に成功した。

 移籍に際して、立田と片山は柏のホームページで次のようにコメントした。
 
立田悠悟
「柏レイソルに移籍することになりました立田悠悟です。いち早く、顔と名前を覚えてもらって、皆さんから応援してもらえるように、覚悟を持ってレイソルのために戦います。応援よろしくお願いします」

片山瑛一
「柏レイソルに加入することになりました、片山瑛一です。自分の持っている力のすべてを柏レイソルのために尽くします。そして、選手としても人としてもさらに成長していけるように日々精進していきます」

 なお柏は同日、サガン鳥栖からレンタル移籍中の守田達弥が完全移籍で加入することも発表している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15209
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669755361/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2甲府、清水コーチ篠田善之氏が新監督に就任!地元・山梨県出身(関連まとめ)

天皇杯優勝・J2甲府の監督にJ1清水コーチ・篠田善之氏が就任…地元山梨出身
https://news.yahoo.co.jp/articles/f850e641e96250336de0ce04d4ec004b38ac8d87
sinoda-puma.jpg

 J2ヴァンフォーレ甲府は30日、来季の監督に今季J1清水でコーチを務めた篠田善之氏(51)が就任すると発表した。

 篠田氏は甲府市出身で地元・山梨県出身の監督就任は2000年の塚田雄二氏以来23年ぶり。機山工高(現・甲府城西高)時代に全国高校選手権に出場。ヴァンフォーレの前身、甲府クラブ、中京大を経て95年から2004年までアビスパ福岡でプレー。06年から福岡のU―18、トップチームの指導者を務め、10年には監督としてJ1昇格に導いた。その後FC東京を経て、18年から清水でヘッドコーチ、監督などを務めていた。

 甲府の佐久間悟社長は「Jリーグで活躍された実績のある多くの外国人監督のもとでコーチとしても学ばれた経験は評価に値する。山梨県のご出身であり、郷土とクラブへの愛着は、クラブにとって大きな活力になる」と期待を寄せている。

 篠田氏は「生まれ故郷である山梨県に戻り、歴史あるヴァンフォーレ甲府の監督として指揮をとれることを大変嬉しく光栄に思います。攻守においてスピーディーでアグレッシブな姿勢を貫き、選手とボールが動く躍動感のあるサッカーを目指していきたい」とコメントした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15209
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669755356/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1川崎、湘南FW瀬川祐輔を完全移籍で獲得「タイトルを獲りに来ました。持っている力をすべて出します」(関連まとめ)

川崎が湘南から瀬川祐輔を完全移籍で獲得!「タイトルを獲りに来ました。持っている力をすべて出します」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6289293af04494398a49c45fa0309ae68aa184f4
瀬川2022湘南.jpg

J1の川崎フロンターレは11月29日、湘南ベルマーレから瀬川祐輔を完全移籍で獲得したことを発表した。

 瀬川は移籍に際して、川崎のホームページで次のようにコメントした。

「湘南から加入することになりました瀬川祐輔です。小学生の頃から身近に感じていたクラブでプレーできることに喜びを感じています。タイトルを獲りに来ました。フロンターレがもっともっと強くなるように、自分の持っている力をすべて出します。よろしくお願いします!」
 
 複数のポジションをこなすサッカーIQが魅力の瀬川。献身性と絶妙なポジショニングを武器に、新天地でスタメンを奪えるか注目だ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15205
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669698963/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖、仙台FW富樫敬真を完全移籍で獲得!今季J2で11得点(関連まとめ)

鳥栖、今季仙台で2桁ゴールのFW富樫敬真を完全移籍で獲得!「サガン鳥栖で新たな歴史を作れるように」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ff7f3ebaae25b78222a38b9c57277a2db35c1559
富樫2022仙台.jpg


サガン鳥栖は29日、ベガルタ仙台からFW富樫敬真(29)の完全移籍加入を発表した。

横浜F・マリノスの下部組織で育った富樫は、関東学院大学を経て2016年に同クラブでプロデビュー。その後はFC東京、FC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎とわたり歩き、2021年8月に仙台へ移籍すると、昨季は主力として明治安田生命J1リーグで12試合出場3ゴール2アシストの成績を残したが、チームはJ2降格が決定した。

今シーズンも仙台に残留すると、明治安田生命J2リーグで37試合に出場して11ゴールを記録。目標としていたJ1復帰を逃したチームを、得点源の一人として支えた。

そんな仙台を離れ、1年半過ぶりにJ1へ戻ることになる富樫。両クラブを通じてコメントしている。

◆サガン鳥栖
「この度、ベガルタ仙台から移籍し加入することとなりました富樫敬真です。サガン鳥栖という素晴らしいクラブに加入できること、とても嬉しい気持ちと同時に身が引き締まる思いです」

「すでに開幕が待ち遠しいですが、シーズンインまで心構えを今一度しっかり整えます。2023シーズン、サガン鳥栖で新たな歴史を作れるよう自分の全てを尽くします。よろしくお願い致します」

◆ベガルタ仙台
「昨年の夏に加入後、いかなる時も支えてくれたファン、サポーター、選手、スタッフ、家族、友人、ベガルタ仙台に関わるすべての人へ心からの感謝を伝えさせてください。本当にありがとうございました。注いでいただいた愛と熱、エネルギーを、ピッチで返しきれてないかなという思いはあります。返しきれてないままではありますが、細胞に巡るみなさまから注がれたものを大切に、僕は新しいチャレンジを決めました。感謝の気持ちを込めて新天地でプレーします」

「コロナ禍後、初の声出しの日に目の前で浴びた「魂こがして」が忘れられません。僕の宝物です。個人チャントも本当にありがとうございました。チームの仲間にも恵まれました。気がきかない僕にも優しくしてくれる先輩、最初は様子伺いながらも最終的には全力でいじってくれる後輩、なんでも話をしてくれる93年組、家族ぐるみで仲良くしてくれるみんな、必要な時に必要な声をかけてくれるコーチングスタッフ、トレーナー、マネージャー、通訳、広報のみなさま。そして手倉森監督、原崎監督、伊藤監督。ありがとうございました」

「いまだに1年半だけの在籍だったとは感じられません。それだけ濃い時を過ごし、エネルギーをいただきました。またお会いできる日を楽しみに日々鍛錬していきます。魂こがして」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15205
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669698963/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本、元U23日本代表でFC東京DF岡崎慎を完全移籍で獲得「自分を信じてオファーをしてくださった」(関連まとめ)

FC東京DF岡崎慎が熊本に完全移籍「自分を信じてオファーをしてくださった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d442c5e69f0d9997f11fc6ff925331610064e78
岡崎慎.jpg

 ロアッソ熊本は29日、FC東京のDF岡崎慎(24)が完全移籍加入することが決定したと発表した。

 岡崎はFC東京U-18から2017年にトップチーム昇格を果たし、2020年には清水エスパルスへの期限付き移籍を経験。今季はFC東京でJ1リーグ戦5試合、ルヴァン杯3試合に出場した。

 熊本のクラブ公式サイトを通じ、「自分を信じてオファーをしてくださったロアッソ熊本で成長し、J1昇格にむけて結果で恩返しをできるような活躍をします!」と誓っている。

 また、FC東京のクラブ公式サイト上では「U-15深川から約12年間良いことも悪いこともサッカー人生のほとんどを過ごしたクラブを離れる決断は簡単ではありませんでした。プロサッカー選手に成長させてくれたチーム、ファン・サポーター、スタッフに結果で恩返しができずに去ることが悔しいですが、FC東京で培ったものを全力で出して活躍している姿を届けられるように頑張ります。本当にありがとうございました」と感謝などを語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF岡崎慎
(おかざき・まこと)
■生年月日
1998年10月10日(24歳)
■出身地
東京都
■身長/体重
181cm/77kg
■経歴
コアラSC-FC東京U-15深川-FC東京U-18-FC東京-清水-FC東京
■代表歴
2018年:U-21日本代表
2019年:U-22日本代表
2020年:U-23日本代表
■出場歴
J1リーグ:35試合1得点
J2リーグ:71試合3得点
カップ戦:24試合
天皇杯:4試合
移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15204
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669679071/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏レイソル、清水DF立田悠悟&DF片山瑛一を獲得へ(関連まとめ)

柏 清水のDF立田悠悟&片山瑛一 ダブル獲りへ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9dccfae7cb64db31afc7d8a493e8e02da0877ea
立田清水.jpg

 柏が清水のDF立田悠悟(24)とDF片山瑛一(30)を獲得することが27日、分かった。

 立田は清水の下部組織出身で、日本代表経験もある。片山は早大から岡山入り、C大阪を経て清水でプレー。今季は31試合に出場し、2得点を挙げていた。

 柏は来季上位を狙うために選手補強に動いていた。一方で、柏のDF上島拓巳(25)の清水への移籍も濃厚になった。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15189
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1669567498/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)