アンテナ・まとめ RSS

2019年10月05日

広島、森島2G2A・稲垣2ゴールなど神戸に6-2大勝!神戸はDF大崎が一発退場し守備陣崩壊 J1第28節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第28節夕 広島×神戸 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570265888/
稲垣2019第28節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/10/05(土) 17:58:08.77 ID:2p/dLuy69.net

広島 6−2 神戸
[得点者]
05'稲垣 祥        (広島)
19'古橋 亨梧       (神戸)
39'稲垣 祥        (広島)
66'森島 司        (広島)
77'田中 順也       (神戸)
84'川辺 駿        (広島)
90+1'ドウグラス ヴィエイラ(広島)
90+2'森島 司       (広島)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:29,666人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100512/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


17: 久太郎 ★ 2019/10/05(土) 17:59:33.10 ID:2p/dLuy69.net

>>1
大崎玲央が一発退場の神戸、守備崩壊で6失点大敗…攻撃陣躍動の広島が今季最多得点で粉砕

神戸の守備が崩壊
明治安田生命J1リーグ第28節のサンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸が5日にエディオンスタジアム広島で開催された。

ここまで12勝8分け7敗で6位の広島と、同10勝5分け12敗で9位に位置する神戸が相まみえた。2戦未勝利の広島は、1-1で引き分けた前節の名古屋グランパス戦から渡大生に代えてドウグラス・ヴィエイラを起用する1点を変更。一方、リーグ2連勝中の神戸は、2-1で勝利した川崎フロンターレ戦と同様のイレブンで試合に臨んだ。

試合は立ち上がり、広島が早々にチャンスを形成。鋭い仕掛けでボックス左奥に侵入した森島司が折り返したボールに正面の川辺駿が合わせる。しかし、フリーの川辺はこのシュートをゴール左にはずしてしまう。それでも、5分には似た形から今度は決める。再びボックス左奥から森島がマイナスボールを入れると、稲垣祥がダイレクトシュート。GK飯倉の手を弾いてニアサイドに決まり、広島が先手を取る。

しかし、神戸もキレのある動きを見せるビジャを中心にここから反撃。すると、19分に追いつく。ビジャが出した絶妙な浮き球スルーパスで最終ライン裏をとった古橋亨梧が右足トラップから冷静に左足でゴール左にシュートを流し込む。古橋の今季9得点目で神戸が試合を振り出しに戻す。

それでも、39分には再び広島が前に出る。野上結貴のスルーパスでボックス右に抜け出したハイネルが折り返し。正面で合わせた稲垣が再びゴールを陥れて、広島がリードする。さらに広島は直後、青山敏弘のミドルシュートが、ブロックに入ったフェルマーレンのハンドを誘ってPKを獲得。しかし、ドウグラス・ヴィエイラのPKはGK飯倉のセーブに遭い、3点目のチャンスを逃してハーフタイムを迎えた。

迎えた後半も前半と同様にオープンな展開で推移する。そんな中、65分には試合の行方を左右する判定。フィードから最終ライン裏を取ったドウグラス・ヴィエイラが、ペナルティアーク付近で後方の大崎玲央に押し倒される。これが決定機阻止とみなされ、大崎に一発レッドカード。神戸が数的不利を強いられる。

そして広島は、このファウルで得たFKを得点に結びつける。キッカーの森島が壁を越すインスウィングに巻いた見事なコントロールシュートをゴール左に決め、数的有利の広島がリードを2点に広げた。

その後、一人少ない神戸は77分にボックス左でイニエスタの縦パスを受けた途中出場の田中順也がゴール左にシュートを沈めて1点差に迫るも、84分には川辺に決められて4失点目。試合終了間際にはドウグラス・ヴィエイラが5得点目。さらに飯倉のミスを突いた森島も2得点目を決めて6-2で快勝した広島が今季最多得点でリーグ3試合ぶりの白星を手にした一方、神戸はリーグ3試合ぶりの黒星を喫した。

■試合結果
サンフレッチェ広島 6-2 ヴィッセル神戸

■得点者
広島:稲垣祥(5分、39分)、森島司(66分、90分+2分)、川辺駿(84分)、ドウグラス・ヴィエイラ(90分+1分)
神戸:古橋亨梧(19分)田中順也(77分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00010023-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟、レオナルド4ゴールなど鹿児島を6-0粉砕!白血病から復帰の早川史哉が先発フル出場!岡山は上田決勝弾で東京Vに逆転勝利 J2第35節昼(関連まとめ)

【サッカー】J2第35節昼 東京V×岡山、新潟×鹿児島 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570259358/
レオナルド新潟ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/10/05(土) 16:09:18.57 ID:2p/dLuy69.net

東京V 1−2 岡山
[得点者]
04'李 栄直 (東京V)
50'仲間 隼斗(岡山)
83'上田 康太(岡山)

スタジアム:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
入場者数:6,512人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/100501/live/#live


新潟 6−0 鹿児島
[得点者]
18'レオナルド (新潟)
20'渡邉 新太 (新潟)
36'レオナルド (新潟)
64'レオナルド (新潟)
73'レオナルド (新潟)
81'オウンゴール(新潟)

スタジアム:デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:12,583人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/100502/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


4: 久太郎 ★ 2019/10/05(土) 16:10:31.14 ID:2p/dLuy69.net

>>1
急性白血病から復帰のDF早川史哉が終盤にアクシデントも…新潟が今季最多6発で鹿児島を粉砕!

[10.5 J2第35節 新潟6-0鹿児島 デンカS]

 J2第35節が5日に行われ、アルビレックス新潟はホームで鹿児島ユナイテッドFCに6-0で勝利した。今季最多6得点で2連勝を飾り、6戦無敗(3勝3分)。また、急性白血病を乗り越え、1287日ぶりに公式戦のピッチに立ったDF早川史哉は右サイドバックとして先発フル出場を果たしている。

 早川の復帰を祝うように開始から新潟の攻撃が爆発した。前半18分、右CKからのこぼれ球をFWレオナルドが押し込むと、同20分には左サイドのDF堀米悠斗のクロスからMF渡邉新太が左足のボレーシュートを叩き込む。続けて同36分、PA内右の渡邉新太が折り返し、レオナルドがネットを揺らして3-0とした。

 ハーフタイムが明けても新潟の猛攻は続き、後半19分にMF戸嶋祥郎のパスを受けたレオナルドが粘り強く決めてハットトリックを達成。同28分には相手のパスミスを逃さなかったレオナルドがボールを奪い、GKアン・ジュンスをかわして決定的なチーム5点目を挙げた。

 レオナルドは得点ランク首位を独走する今季24ゴール目。後半36分には左サイドのMFフランシスが送ったクロスがDF赤尾公のオウンゴールを誘い、6-0とした。

 右サイドバックでスタメン出場した早川は冷静な守備のほか、ビルドアップやクロスなど攻撃でも貢献。復帰戦で上々のプレーを見せていたが、チームが交代枠を使い切ったあとの後半45分に相手との接触プレーで右足首付近を痛め、担架で運び出される。それでも大事には至らず、すぐに戦列復帰。新潟はそのまま6-0で完封勝利を飾った。

 一方の鹿児島は今季最多タイの6失点。連敗は5に伸びてしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-43472415-gekisaka-socc


早川2019新潟.jpg
※新潟DF早川史哉選手
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:56 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖、豊田「神の手」アシスト弾で首位FC東京に劇的逆転勝利!マリノスは仲川ゴールなど2-0勝利も遠藤が負傷 松本はセルジーニョ決勝弾で仙台に勝利!名古屋は赤崎劇的同点弾で大分と1-1ドロー J1第28節昼(関連まとめ)

【サッカー】J1第28節昼 仙台×松本、磐田×横浜FM、名古屋×大分、鳥栖×FC東京 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570258953/
豊田2019鳥栖.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/10/05(土) 16:02:33.75 ID:2p/dLuy69.net

仙台 0−1 松本
[得点者]
02'セルジーニョ(松本)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:15,285人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100508/live/#live

磐田 0−2 横浜FM
[得点者]
30'オウンゴール(横浜FM)
87'仲川 輝人 (横浜FM)

スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数:12,464人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100509/live/#live


名古屋 1−1 大分
[得点者]
52'三平 和司(大分)
90+1'赤ア 秀平(名古屋)

スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム
入場者数:17,648人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100510/live/#live


鳥栖 2−1 FC東京
[得点者]
49'三田 啓貴 (FC東京)
86'豊田 陽平 (鳥栖)
90+5'豊田 陽平(鳥栖)
※鳥栖の2点目は金井 貢史に変更


スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:11,616人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100511/live/#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


27: 久太郎 ★ 2019/10/05(土) 16:04:58.21 ID:2p/dLuy69.net

>>1
FC東京が首位陥落危機…猛攻見せた鳥栖、後半ATに“神の手”逆転弾

[10.5 J1第28節 鳥栖2-1FC東京 駅スタ]

 J1リーグは5日、第28節を各地で行い、J1首位を走るFC東京が敵地でサガン鳥栖と1-1で引き分けた。今夏、神戸から4年ぶりに加入したMF三田啓貴がCKを直接沈めたが、FW豊田陽平のゴールで追いついた鳥栖がラストプレーで逆転。FC東京は2試合続けて下位に勝ち点を取りこぼした。

 2試合連続ホームの鳥栖は壮絶な試合を演じた前節の浦和戦(△3-3)から4人を変更。DFパク・ジョンス、MF三丸拡、MF福田晃斗、豊田が新たに入った。J1首位を走るFC東京は前節で降格圏の松本とドロー。再度の取りこぼしが許されない一戦に向けて前節と同じスターティングイレブンを並べた。

 J1残留を争う鳥栖に対し、J1制覇を狙うFC東京。互いに勝ち点を落とせない一戦に向け、立ち上がりは一進一退の攻防となった。鳥栖はMF原川力のセットプレーや豊田とFW金崎夢生を有効に使った空中戦で勝負。FC東京はFW永井謙佑のスピードを活かすも、最後の局面での精度を欠いた。

 しかし、徐々にFC東京が主導権を握った前半33分、ようやく永井が決定的なシュートを放ったが、これは守備に戻っていた豊田が顔面でブロック。さらに41分、FWディエゴ・オリヴェイラのポストからMF高萩洋次郎が縦パスを入れ、三田が永井とのワンツーからシュートを狙ったが、これはGK高丘陽平に阻まれた。

 ハーフタイムのスコアは0-0。しかし、FC東京が開始早々に試合を動かした。大きく相手を押し込んだ後半4分、右からのCKをキッカーの三田が蹴り出すと、インスイングのボールがそのままゴールマウスに吸い込まれ、今夏4年ぶりに復帰して以来初ゴールで大きな先制点を導いた。

 鳥栖は後半20分、右からのクロスを受けた金崎がワントラップから右足を振り抜くも、U-22日本代表に初招集されたDF渡辺剛がコースに入って対応。23分には三丸のクロスに豊田が反応するも、今度はDF森重真人が競り負けずに処理した。35分、敵陣深くでこぼれ球を拾ったFW金森健志がシュートを放ったが、相手DFにブロックされた。

 それでも後半41分、鳥栖は右サイドからのクロスに合わせた金崎のヘディングシュートは渡辺がブロックしたが、セカンドボールに合わせた豊田がボレーシュートを決めて同点。さらにアディショナルタイム5分、セットプレーからDF高橋秀人が落としたボールを豊田が軌道を変え、DF金井貢史が押し込み逆転に成功した。

 FC東京の選手たちは豊田にハンドがあったとして審判団に詰め寄り、2019-20年仕様の新ルールでは得点につながった場合は手に当たった場合は無条件でハンドになるため正しい抗議のように思われたが、判定は変わらず。土壇場で勝ち越した鳥栖が勝ち点3をもぎ取り、FC東京は勝ち点1差の鹿島に首位を奪われる可能性が出てきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-43472416-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:53 | 大阪 ☀ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンゲル氏、今後の去就は?アーセナルOB「おそらくPSGか日本復帰になる」(関連まとめ)

【サッカー】<名将ベンゲル>世界注目の進路は?アーセナルOBが明言!「おそらくPSGか日本復帰になると思う」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570200027/
ベンゲル2019記者会見.jpg
1: Egg ★ 2019/10/04(金) 23:40:27.74 ID:6BfOLtI/9.net

アーセナルのレジェンドである元イングランド代表DFレイ・パーラー氏は、昨夏に22年にわたる長期政権を終えて同クラブの指揮官を退任したアーセン・ベンゲル氏について、フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)か日本で監督業に復帰するとの見解を示している。英紙「メトロ」が伝えた。

 1995年、96年と日本の名古屋グランパスエイトを率いたベンゲル氏は、96年10月にアーセナルの指揮官に就任。それから2003-04シーズンにプレミアリーグで無敗優勝を達成するなど、リーグ制覇3回、FAカップ制覇7回という数々のタイトルをアーセナルにもたらした。

 多くの栄光に導いた稀代の指揮官は、昨夏に近年の成績低下の影響もあって22年間率いたチームを退任。次なる指導の場がどこになるのかが大きな注目を集めているなか、パーラー氏はロンドンで行われたイベントの質疑応答で、プレミアリーグでの監督復帰は想像できないと語り、このような見解を示している。

「もし、アーセンがプレミアリーグに復帰したらびっくりする。ずっと彼は日本に戻るかもしれないと思っていた。Jリーグは常に向上し続けているし、アーセナルに来る前、あそこで非常に良い時間を過ごしたからだ」

 その一方で、「私が思うに、彼にとってベストなのはPSG。完璧にフィットするだろうね」とコメント。「彼は絶対にマンチェスター・ユナイテッドには行かない。フランク・ランパードはチェルシーで良い仕事をしているし、ペップ・グアルディオラとユルゲン・クロップの退任はない」と述べ、プレミアリーグでベンゲル氏が他に行きたいと思うクラブはないとし、「おそらくPSGか日本復帰になると思う」と話した。

 自分の未来を決断するに至っていないベンゲル氏だが、果たして再びJリーグのピッチでその姿を見られる日は来るのだろうか。プロフェッサーと呼ばれた指揮官が、次なる道としてどんな選択をするのか注目したい。

10/4(金) 21:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00221531-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191004-00221531-soccermzw-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

G大阪、札幌に5-0大勝!アデミウソン1G2A・宇佐美絶妙ゴールなどゴールラッシュで残留に向け前進 J1第28節金曜(関連まとめ)

【サッカー】J1第28節金曜 G大阪×札幌 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570190294/
宇佐美2019第28節.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/10/04(金) 20:58:14.43 ID:iXZACxKo9.net

G大阪 5−0 札幌
[得点者]
57'倉田 秋  (G大阪)
61'宇佐美 貴史(G大阪)
70'アデミウソン(G大阪)
88'藤春 廣輝 (G大阪)
90+3'渡邉 千真(G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:20,554人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100401/livetxt/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


10: 久太郎 ★ 2019/10/04(金) 20:59:13.36 ID:iXZACxKo9.net

>>1
G大阪がダービーの鬱憤を晴らすゴールショー!後半一挙5発で札幌粉砕…残留へ大きな白星

 明治安田生命J1リーグ第28節が4日に行われ、ガンバ大阪と北海道コンサドーレ札幌がパナソニックスタジアム吹田で対戦した。

 前節、セレッソ大阪とのダービーを1-3で落とし、14位に後退したG大阪。J1参入プレーオフとなる16位まで勝ち点3差と、予断を許さない状況にある。今節唯一の金曜開催となる札幌戦では、前節から4人を変更。アデミウソン、小野瀬康介らが先発に復帰し、代わってマルケル・スサエタはベンチスタートとなった。

 対する札幌は前節、2位の鹿島アントラーズと1-1で引き分けた。直近は勝ち負けを繰り返す安定しない戦いが続いており、上位生き残りのためにもここで勝っておきたいところ。先発メンバーにチャナティップが入っていたものの、試合直前で荒野拓馬に変更。チャナティップはベンチ外となった。

 このあと9日と13日に行われるJリーグYBCルヴァンカップ準決勝でも戦う両者。試合は序盤からホームのG大阪がチャンスを作る。まず4分、高尾瑠が送ったロングボールに抜け出したアデミウソンがGKとの1対1を迎えてループシュートを放つ。しかし、これはGKク・ソンユンが戻ってゴールライン間際で掻き出し、ゴールには至らなかった。

 さらに7分、今度は宇佐美貴史のスルーパスに反応したアデミウソンがエリア内で宮澤裕樹に倒され、PKを獲得。このPKをアデミウソン自身が蹴ったが、シュートは枠の左に。G大阪は序盤、立て続けにチャンスを作ったものの、先制の好機を逃してしまった。

 一方の札幌は右サイドの白井康介が単独突破を図り、果敢に攻め上がるものの、前線のジェイや鈴木武蔵にはつながらず。前半はこれといってビッグチャンスはなく、45分を折り返した。

 札幌は後半から宮澤を下げてアンデルソン・ロペスを投入。ジェイ、鈴木、A・ロペスの3トップを形成する。52分には福森晃斗の右CKに進藤亮佑が頭で合わせるも、GK東口順昭がファインセーブでストップ。得点には至らない。

 するとスコアレスで迎えた57分、ついに均衡が破れる。アデミウソンがスルーパスに反応して抜け出すと、右からクロスを供給する。ファーサイドへ走り込んでいた倉田秋が強烈な左足シュートを打ち抜き、ホームのG大阪が先制点を獲得した。

 さらにG大阪はその4分後、左サイドでボールを持った倉田の横パスを受けたアデミウソンがヒールパスで宇佐美へ。受けた宇佐美はPAに進入。右足シュートを決めてG大阪が追加点を獲得した。

 2点のリードを奪ったG大阪は70分、小野瀬のクロスにアデミウソンが頭で合わせて3点目を奪取。終了間際には途中出場の藤春廣輝が4点目を決めると、後半アディショナルタイムには渡邉千真のコントロールシュートが炸裂。後半に攻撃陣が爆発したG大阪が、ダービーの鬱憤を晴らす5発で残留へ大きな白星を手にした。

 一方の札幌は後半に守備が崩壊。3試合未勝利が続いている。

■試合結果
ガンバ大阪 5-0 北海道コンサドーレ札幌

■得点者
G大阪:倉田秋(57分)宇佐美貴史(61分)アデミウソン(70分)藤春廣輝(88分)渡邉千真(90+3分)
札幌:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00010034-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:31 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌チャナティップ、緊急欠場…G大阪戦直前の練習中に右足負傷(関連まとめ)

札幌チャナティップ緊急欠場、試合前の練習中に負傷
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-10040831-nksports-socc
チャナ練習.jpg

<明治安田生命J1:G大阪−札幌>◇第28節◇4日◇パナスタ

北海道コンサドーレ札幌をアクシデントが襲った。MFチャナティップ(25)が試合前の練習中に負傷し、急きょベンチから外れた。右足を痛めたとみられる。先発として発表されていたが、ウオーミングアップ中の試合開始30分前にトレーナーとともにグラウンドから姿を消し、直後に先発メンバーが変更された。

代わりに控え予定だったMF荒野拓馬(26)が入った。

チャナティップは今月のW杯アジア2次予選に臨むタイ代表に選出されており、7日から母国でスタートする代表合宿への参加を予定している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12299
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1570179806/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:08 | 大阪 ☀ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本MF町田也真人「実は2、3歳の頃から右耳が聴こえてません」(関連まとめ)

【サッカー】<MF町田也真人(松本山雅)>告白!「実は右耳が聞こえません」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570110947/
町田やまと2019松本.jpg
1: Egg ★ 2019/10/03(木) 22:55:47.78 ID:ZS4q4UlE9.net

松本山雅FCのMF町田也真人(29)が3日に自身のツイッター(@yamato_m10)を更新し、自身の体に関する告白を行った。

 埼玉栄高出身の町田は、専修大を経て2012年にJ2の千葉へ入団。2017年からは背番号10を託され、2018年までの7シーズンでJ2リーグ戦153試合に出場して22得点を記録した。今季から活躍の場をJ1の松本に移し、ここまでJ1リーグ戦9試合に出場している。

 町田が打ち明けたのは、自身の耳に関することだった。

「実はというか、2、3歳の頃、自分で耳かき棒をさしてしまいそれから右耳が聞こえません」

 当時「手術すれば半々の確率だと小学校1年時に検査で言われました」というが、「これで育ってきたので不便さは感じていません」と、自身にとって問題はないことを強調している。

 続けて「話しかけて僕が気付かなかったらそれはしかとではありません。なので気付くまで話しかけて下さいね笑」とファンに説明した。

 デリケートな話題を明るく綴った町田。「1番大変だった」こととして「学校で後ろからトントンされてヒソヒソ話をされた時。めんどいときは、全く聴こえてないけど、『そうなんだー』で乗り切ってました笑 乗り切れてない時いっぱいあったけど」と、泣き笑いの絵文字付きで振り返っている。

 そして「さて」と話を切り替えた町田は「次の試合こそ勝ち点3を!!!!!」と決意表明した。所属する松本は現在、自動降格圏内の17位。5日にアウェーで行われる第28節の仙台戦に向け、「最高の応援を今回も宜しくお願いします」とファンに呼びかけた。

10/3(木) 21:02配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-43472347-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191003-43472347-gekisaka-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南・゙貴裁監督、パワハラ認定で5試合出場停止…脳震盪から復帰で体調不良の選手に練習強要、足に違和感訴えた選手に練習強要で全治8か月、スタッフに暴力も(関連まとめ)

パワハラ認定曹監督に5試合出場停止も自粛分で相殺
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-10040411-nksports-socc
゙貴裁監督.jpg

Jリーグは4日、湘南ベルマーレの曹貴裁監督による選手らへのパワハラ疑惑に関する会見を都内で行い、パワハラの事実があったとの調査結果を発表した。

曹監督は8月13日から活動を自粛しており、それ以降はチームの指揮を高橋コーチが執っていた。

また、Jリーグは曹監督に「けん責(始末書をとり、将来を戒める)」「公式戦5試合の出場資格停止(すでに自粛している5試合をもって本制裁を科したものとする)」、湘南には「けん責」「制裁金200万円」の制裁を発表した。

湘南・曹監督、違和感訴えた選手にプレー強要で全治8か月…顔を床に押しつける行為も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000090-sph-socc

Jリーグの村井満チェアマンが4日、都内のJFAハウスで会見を行い、所属選手・スタッフへのパワハラ疑惑が浮上していた湘南の曹貴裁監督に対し、パワハラ行為を認定した。裁定結果は後ほど発表される見通し。

 調査チームによる調査報告書の抜粋は以下の通り。

 *  *  *

 2016年の夏頃、ウォーミングアップ担当コーチのやり方に不満を抱いていた曹氏は、スタッフルームにおいて同コーチに皆の前でアップの実演をさせ、その際に「そんなんで選手が動くのか!」などと言って同コーチに代わって自らコーチ役となり、同コーチに選手役をさせた上で、こうやるんだというように同コーチの胸ぐらを掴んで壁に勢いよく押しつけ、「なんで(アップを)やらないんだ」などと怒鳴りながら同コーチの顔に手を当てて床に押し当てた。このやりとりを近くで見ていた関係者らが、曹氏が当該コーチを「何発か殴った」「ビンタした」などと述べていることより、曹氏の当該行為は相当程度力のこもった激しいものだったと認められる。

 この点、曹氏はそのシチュエーションがあったことは認めながらも、少なくとも胸ぐらをつかんで壁に勢いよく押しつけたり、顔に手を当てて床に押し倒したりはしていないなどと主張。しかしながら当調査チームは、関係者の供述に基づき判断すれば、前記事項を認定できると考える。

 *  *  *

 2015年または2016年頃、ある選手が練習試合中、他の選手と頭同士で激突して脳しんとうになり、病院で診察を受けた。4、5日休養した後、落ち着いてきたため当該選手が練習を再開したところ、曹氏は当該選手に対して練習試合に出るように指示した。これに対して当該選手は「頭がくらくらする」「ぼーっとする」などと述べ、メディカルスタッフも当該選手の状況を伝えたが、同氏は指を折って日にちを数えながら「いや、もう大丈夫なはずだろ」「いいからとりあえずやれ」などと発言した。当該選手は納得できなかったものの曹氏の指示を断ることができず、指示通り練習試合でプレーした。プレー復帰による症状悪化という結果は生じなかった模様であるが、同様に選手およびスタッフが時期尚早と考えている状況でプレー復帰したところ、当該選手が状態を悪化させたり、けがを再発させたりすることが少なからずあった。そしてそのような場合において、曹氏は復帰を認めたメディカルスタッフにその責任を押しつけることがあった。

 *  *  *

 2019年7月の福島キャンプでの練習中に、曹氏が足に違和感を覚えた様子の選手に近寄ろうとしたメディカルスタッフに対し、「ほっとけ」「自分で考えさせろ」などと叫んだため、同スタッフは当該選手の状態を確認できず、同選手がその後も練習を継続したところ、直後に全治8か月の怪我をした。

※当記事が二重に投稿されてしまったために、一方の記事を削除いたしました。
削除した記事側でコメントして下さったユーザーの皆様には謹んでお詫び申し上げます。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12297
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1570142904/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:31 | 大阪 ☀ | Comment(50) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

「超超地獄!中国勢は埼玉では勝てないのか!」「埼玉は悪魔のスタジアム」広州恒大に先勝の浦和レッズを中国メディアが称える(関連まとめ)

【サッカー】「超超地獄だ!」「埼玉は“悪魔”のスタジアム」広州恒大に先勝の浦和レッズを中国メディアが称える
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570055068/
ファブリシオ2019ACL準決勝第1戦ゴール.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/03(木) 07:24:28.20 ID:ohyxRIGc9.net

「10戦勝ちなしなのにACLではなぜこうも…」

埼玉スタジアムで、まさにしてやったりの快勝劇だ。

水曜日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ準決勝、浦和レッズ対広州恒大(中国)の第1レグは、ホームの前者が2−0で先勝。19分にファブリシオが均衡を破ると、エウケソン、パウリーニョ、タリスカを擁する敵の強力アタッカー陣を巧みに封じ込め、アウェーゴールの気配さえ漂わせない。 後半も手堅い試合運びでリードを保ち、76分に関根貴大の狙い澄ましたミドルでリードを広げた。 理想的な試合運びだったと言えるだろう。

この第1レグを大々的に報じたのが、中国の全国スポーツ紙『新浪体育』だ。
「超超地獄! 中国勢は埼玉では勝てないのか!」と悲痛な見出しを掲げ、次のようにレポートした。

「もはや浦和レッズ、そしてアジア屈指の悪魔のスタジアムである埼玉は、中国サッカーにとっての天敵だ。 これまで広州恒大、上海申花、上海上港などがこの牙城に挑んだが、2分け7敗と惨憺たる結果に終わっている。今回のセミファイナル第1戦でも圧倒的なホームサポーターの重圧にさらされ、広州恒大の選手たちは本来の力を発揮できなかった。 不甲斐なくも完封に抑え込まれ、ひとつは挙げておきたかったアウェーゴールを逃がしたのである。完敗と認めざるを得ないだろう」

広州恒大は直近の公式戦6試合で勝ち星なし(3分け3敗)と極度の不振に陥っていた。 同紙はそれをファビオ・カンナバーロ監督の力量不足と糾弾し、浦和戦でもブラジル人トリオをすべて攻撃的な位置に配した采配を疑問視。 とはいえ、浦和は「もっと酷い状況にあったはずなのに……」と記し、こう続けている。

「浦和はなぜかくもACLでは強いのか。彼らは広州恒大の比ではなく、公式戦10試合で勝利がなかったのだから(5分け5敗)。 J1リーグでは13位ながら降格の危機に瀕しており、天皇杯ではアマチュアのホンダFCに敗れた。にもかかわらず、ACLでは無類の勝負強さを誇るのだから不思議だ。 (準々決勝では)上海上港もまた、彼らの驚異的な底力の前に屈したのである」

とはいえ、広州恒大にしても“日本キラー”の極みだ。過去のACLノックアウトラウンドで日本勢の後塵を拝したことはなく、FC東京、柏レイソル(2回)、 セレッソ大阪、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ(2回)と7回の対戦機会のすべてをモノにしている。

このビッグデータを紹介しつつ、『新浪体育』紙は「手強い浦和ながら、ジンクスの勝負となれば最後に笑うのは広州恒大だ。 日本サッカー界にとっては彼らもまた悪魔なのだ」と綴り、「第2レグは延長戦、そしてPK戦までもつれ込むかもしれない。そして、広州恒大が勝つ!」と期待を寄せた。

運命の準決勝第2レグは3週間後、10月23日に広州で開催される予定だ。浦和は勝つか引き分ければ、2年ぶりのファイナル進出が決まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00010000-sdigestw-socc
10/3(木) 5:16配信

https://www.youtube.com/watch?v=W6mTptmGF1k


This is URAWA♪ 浦和レッズ vs 広州恒大 2019年10月2日 ACL準決勝



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:16 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最下位・磐田に痛手…FW川又堅碁が3週間、MF山田大記が4〜5週間の離脱(関連まとめ)

降格危機の磐田に無慈悲な逆風…FW川又堅碁が3週間、MF山田大記が4〜5週間の離脱
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00010033-goal-socc
川又と山田2019磐田.jpg

主力2人が負傷離脱
ジュビロ磐田は3日、MF山田大記が左腓腹筋肉離れの再発でトレーニング合流まで4〜5週間程度、FW川又堅碁が左大腿二頭筋肉離れで3週間程度と診断されていることを発表した。

クラブの発表によれば、山田は8月31日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節サンフレッチェ広島戦のウォームアップ時に受傷。その後、別メニューでのトレーニング中に患部の張りを自覚したことで再検査を受け、再び離脱することになった。

川又は10月1日の練習中に負傷。浜松市内の医療機関にて検査の結果、今回の診断が下されている。川又は今シーズン序盤にも重傷を負っており、9月28日の第27節大分トリニータ戦で先発復帰したばかりだったが、またしても治療に努めることとなった。

第27節終了時点で磐田は、17位・松本山雅FCと勝ち点差4、J1参入プレーオフ出場圏の16位・サガン鳥栖と勝ち点差7の最下位と苦しい状況。残留ラインになっている15位・湘南ベルマーレまでは勝ち点10の差が開いている中で、前線と中盤の主力を欠くこととなった。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12295
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1570053833/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

【関根最高や!】浦和、ファブリシオ&関根スーパーゴールで広州恒大に2-0完封勝利!AG許さずACL制覇に向け前進 ACL準決勝第1戦(関連まとめ)

【サッカー】<ACL準決勝第1戦>浦和レッズ 2-0 広州恒大(中国) 「得点者」ファブリシオ(19分)、関根貴大(75分)アウェイゴール与えず!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570018777/
関根2019ACL準決勝第1戦ゴール.jpg

1: Egg ★ 2019/10/02(水) 21:19:37.95 ID:ZMHQfbeQ9.net

浦和レッズ 2-0 広州恒大

19'ファブリシオ(浦)
75'関根 貴大(浦)

埼玉スタジアム2002

試合経過 Jリーグ公式
https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2019/100201/livetxt/

第2戦

10月23日
広州恒大 21:00 浦和 [広州]

https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?260307-260307-fl#2


99: Egg ★ 2019/10/02(水) 21:23:12.40 ID:ZMHQfbeQ9.net

浦和、2年ぶりのACL決勝進出へ王手!ファブリシオ&関根貴大の鮮烈弾で広州恒大に2-0快勝!!


アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は10月2日、浦和レッズ対広州恒大の準決勝第1戦が、埼玉スタジアム2002で行なわれ、2−0で浦和が勝利を収めた。

 ついに東地区の戦いは日本と中国の2クラブにまで絞られた。浦和は広州恒大とは、2016年のACLグループステージ以来、3年ぶりの顔合わせ。負傷が重なり、リーグ戦でベンチ外となっていたFW興梠慎三が先発に復帰するなど、浦和はここ最近のフルメンバーで挑んだ。

 試合は、立ち上がりから浦和がボールを落ち着いて回し、主導権を握る。そして19分、左サイドを持ち上がった関根が、ペナルティエリア手前左のファブリシオにボールを預ける。この位置からファブリシオが迷いなく右足を振り抜くと、GKから逃げていくような軌道のボールが右サイドネットに突き刺さり、貴重な先制ゴールを挙げる。

 その後も巧みな崩しから、決定機を創出した浦和が広州恒大を圧倒。追加点には至らなかったが、1点リードで前半を折り返した。
 
 浦和は、後半も激しいプレッシャーで相手のパウリーニョ、エウケソン、アンデルソン・タリスカらキープレーヤーに自由を与えず、中盤でのボール奪取から、縦に速い攻撃で攻め立てる。

 67分からは、先制点のファブリシオに代えて武藤雄樹を投入し、追加点を狙う。すると、75分に、CKのクリアボールを拾った関根が、鋭いグラウンダーのシュートでゴール右に突き刺し、追加点を決める。

 徐々に攻勢に出る広州恒大が、カウンターからゴールに迫るが、CBの槙野智章と鈴木大輔が落ち着いて対応。最後まで無失点で守り抜き、2−0でファーストレグを制した。

 浦和は第2戦は23日、ファイナル進出を懸けて広州恒大のホームに乗り込む。浦和が2年ぶりの決勝進出へ大きな1勝を手にした。

10/2(水) 21:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00064822-sdigestw-socc


※一時表示に異常がございましたが、現在は修正いたしました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:19 | 大阪 ☔ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、大阪ダービーでのフェアプレー宣言中のブーイングに謝罪声明(関連まとめ)

【サッカー】<ガンバ大阪>フェアプレー宣言中のブーイング…“大阪ダービー”での愚行に謝罪声明!「誠に申し訳ございません」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570012333/
G大阪大阪ダービー.jpg

1: Egg ★ 2019/10/02(水) 19:32:13.35 ID:ZMHQfbeQ9.net

ガンバ大阪は2日、9月28日(土)に行われたセレッソ大阪との試合でのサポーターの行為に関して、声明を発表した。

“大阪ダービー”として、C大阪の本拠地であるヤンマースタジアム長居で行われた一戦。試合前から両チームサポーターが熱気を帯びる中、試合前にフェアプレー宣言が両チームの代表選手によって行われた。

G大阪のDF三浦弦太が先にフェアプレー宣言を行い、滞りなく終了。続いてC大阪のFW柿谷曜一朗がフェアプレー宣言を行おうとした際、ブーイングが。フェアプレー宣言中の愚行に、インターネット上でも多くの意見が寄せられていた。

G大阪はクラブ公式サイトを通じて声明を発表。一部サポーターの行為を謝罪した。

「いつもガンバ大阪をご声援頂き有難うございます。先日9/28(土)行われました大阪ダービーの試合において、キックオフ直前のフェアプレー宣言でビジターゴール裏からブーイングが発生しました」

「一部のサポーターによるブーイングは、一選手に向けたものが発端ではありましたが、フェアプレー宣言中に行なわれてしまうこととなり、クラブとしても非常に遺憾に思っております」

「ガンバ大阪を応援して頂いているサポーター・ファンの皆様、スポーツを愛する多くの皆様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」

「応援を統率するサポーターともこの件について話をしており、今後、このような行為が行われないよう、サポーター・クラブが一体となり努めて参ります。引き続きご声援よろしくお願いいたします」

10/2(水) 18:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00362381-usoccer-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:24 | 大阪 ☔ | Comment(16) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング