アンテナ・まとめ RSS

2017年12月15日

なでしこ、北朝鮮に0-2で完封負け E-1選手権優勝は成らず(関連まとめ)

なでしこ、E-1選手権優勝ならず…攻撃陣不発で北朝鮮に完封負け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00684990-soccerk-socc
岩渕2017E1選手権北朝鮮戦ドリブル.jpg

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会が8日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)と朝鮮民主主義人民共和国女子代表が対戦した。

 両国ともにここまで2戦2勝の勝ち点6。北朝鮮が得失点差で上回っているため、なでしこは勝利を収めればE-1選手権優勝となる。なでしこのGKは池田咲紀子。最終ラインは右から高木ひかり、三宅史織、鮫島彩、宇津木瑠美の並び。ボランチに阪口夢穂と隅田凜が入り、右に櫨まどか、左に籾木結花。岩渕真奈と田中美南が2トップを務める。

 前半のチャンスは22分、田中が遠目から左足で狙ったが、惜しくも枠を外れた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入り65分、エリア手前でボールを持ったキム・ユンミの強烈なシュートが突き刺さり、北朝鮮に先制を許してしまう。続く82分、左サイドからのクロスが流れると、最後はリ・ヒャンシムに決められた。

 試合は0−2で終了。この結果、北朝鮮がE-1選手権優勝を果たし、なでしこは2位で大会を終えた。

【スコア】
なでしこジャパン 0−2 北朝鮮女子代表

【得点者】
0−1 65分 キム・ユンミ(北朝鮮)
0−2 82分 リ・ヒャンシム(北朝鮮)
【サッカー/女子】<日本0−2北朝鮮>なでしこジャパンが北朝鮮に敗れる!、東アジアE-1サッカー選手権 優勝決定戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513338367/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:35 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

なでしこ、田中美南決勝ゴールで中国に1-0勝利!優勝をかけ北朝鮮と対決へ!E-1選手権第2戦

なでしこ、田中の2試合連続弾が決勝ゴール! 優勝を懸けて北朝鮮との決戦へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00682797-soccerk-socc
田中美南2017E1選手権ゴール.jpg

 EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会が8日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)と中国女子代表が対戦した。

 なでしこのGKは池田咲紀子。4バックは右から大矢歩、鮫島彩、三宅史織、万屋美穂の並び。阪口夢穂と隅田凜がボランチに入り、中盤の右に中里優、左にキャプテンマークを巻いた中島依美、中央には猶本光が入った。最前線は田中美南が務める。

 試合は11分に動く。中島が中央で前を向いてボールを受け、ゴール前にドリブルで運ぶ。シュートを狙える位置ではあったが、裏に走り込んだ田中に丁寧にラストパスを送ると、田中がきっちり左足で流し込んだ。田中の2試合連続ゴールでなでしこが先制する。

 後半に入るとなでしこは猶本に代えて岩渕真奈を投入。その後は中里に代えて籾木結花、足をつった万屋美穂に代えて宇津木瑠美を入れて活性化をはかる。岩渕のヘディングや抜け出してのシュートなどを作るが、追加点は奪えない。粘り強く中国の反撃をしのぎ、このまま試合終了のホイッスル。日本は2連勝を達成し、同じく2連勝した北朝鮮と勝ち点で並んだ。

 優勝を懸けて戦う最終節・北朝鮮戦は15日に行われる。

【スコア】
なでしこジャパン 1−0 中国女子代表

【得点者】
1−0 11分 田中美南(なでしこ)

【サッカー/女子】<日本代表1−0中国>なでしこジャパンが中国に勝利!、東アジアE-1サッカー選手権 女子
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512992717/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:27 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこ、豪州・韓国・ベトナムのB組に決定!2019年女子W杯予選

【サッカー】<2019年女子W杯予選>日本は豪州、韓国、ベトナムのB組に決定!(来年4月・ヨルダン)
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512912371/
なでしこ2017E1選手権.jpg

1: Egg ★ 2017/12/10(日) 22:26:11.78 ID:CAP_USER9.net

◇フランス大会予選兼ねるアジア杯の組み合わせ決まる

サッカーの2019年女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の予選を兼ねる女子アジア・カップ(来年4月・ヨルダン)の組み合わせが決まった。

前回大会優勝の日本は、オーストラリア、韓国、ベトナムとのB組。実力が拮抗(きっこう)した難しい組となったが、高倉麻子監督は「厳しいところとやって強くなっていく。一丸となって戦えれば」と語った。

大会は8チームが2組に分かれて1次リーグを戦う。W杯には、各組上位2チームと、3位同士による5、6位決定戦で勝利した計5チームが出場する。【丹下友紀子】

組み合わせは以下の通り。

【A組】ヨルダン(国際サッカー連盟ランキング50位)、中国(13位)、タイ(29位)、フィリピン(70位)

【B組】日本(8位)、オーストラリア(6位)、韓国(15位)、ベトナム(31位)

12/10(日) 22:08配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000054-mai-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

なでしこ、韓国に3-2勝利!岩渕決勝ゴールでE-1選手権初戦を白星で飾る(関連まとめ)

女子日韓戦はなでしこが制す! 二度追いつかれるも岩渕真奈が執念の勝ち越し弾!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00033494-sdigestw-socc
岩渕2017E1韓国戦ゴール.jpg

東アジアE-1選手権は12月8日、女子の日本対韓国がフクダ電子アリーナで行なわれ、日本が3-2で初戦を勝ち切った。

 日本のスタメンは、GK池田咲紀子、DFは左から万屋美穂、鮫島彩、三宅史織、大矢歩。中盤はボランチにキャプテンの宇津木瑠美と阪口夢穂が入り、2列目には左に長谷川唯、右に櫨まどかを起用。2トップは岩渕真奈と田中美南のコンビとなった。

 日本は立ち上がりの7分、長谷川を起点に左サイドの万屋に展開。万屋からのクロスを田中が頭で押し込んで、幸先よく先制した。

 しかしリードも束の間、14分にペナルティエリア内に進入を許すと、相手のクロスがDFの手に当たりPKを献上。これをチョ・ソヒョンに決められ、同点となった。

 試合はその後、ともにチャンスを作るものの決め手に欠き、1-1で前半を終了した。

 ホームで勝利を目指す日本は立ち上がりから韓国ゴールに迫る。そして70分、日本はCKから三宅がヘディングで競り合ったこぼれ球を、途中出場の中島依美が蹴り込み勝ち越しに成功する。

 しかし、日本は80分、クリアミスを拾われピンチを迎えると、ファーサイドへのクロスボールをハン・チェリンにボレーシュートで叩き込まれ、同点とされる。

 二度先行しながら、二度追いつかれた日本だったが、83分にすかさず韓国を突き放す。中島のシュートはポストに弾かれたが、これに詰めた岩渕がしっかりと押し込み、再び勝ち越しに成功した。

 日本はその後の韓国の反撃を断ち切り、3-2で勝利。E-1選手権の初戦を勝利で飾った。

 日本は12月11日に、同じフクダ電子アリーナで中国と対戦する。

【サッカー女子/日韓戦】<日本 3−2 韓国>日本が韓国に勝利!、東アジアE-1サッカー選手権 女子
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512733634/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:39 | 大阪 ☔ | Comment(14) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

センターサークルから直接ゴール!イングランド女子の45メートル直接キックオフ弾が話題に

【女子サッカー】イングランド女子「3秒の衝撃」― 男子も真っ青の“45メートル直接キックオフ弾”に騒然
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510051605/
ファラ ウィリアムス.jpg

1: 首しめ坂 ★ 2017/11/07(火) 19:46:45.91 ID:CAP_USER9.net

「3秒の衝撃」― 男子も真っ青の“直接キックオフ弾”に騒然「衝撃的な50yループ」
11/7(火) 19:02配信
THE ANSWER

【動画】女子が世界最速樹立!? これが「3秒の衝撃」…ガーディアンが紹介したウィリアムズの“直接キックオフ弾”の瞬間
  



ファラ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171107-00010006-theanswer-000-1-view.jpg

イングランド女子選手がキックオフから直接ゴール…英メディア「なんて命中なんだ」

海外女子サッカーで、キックオフから直接ゴールを決める珍事が発生した。 昨年のルール改正から生まれた目にも止まらぬ“3秒弾”を英紙「ガーディアン」が公式Youtubeチャンネルに動画付きで紹介し、「センセーショナルなキックオフゴール」「衝撃的な50ヤード超ループ弾」と絶賛。騒然となっている。

男子も真っ青の“超速弾”を決めたのは、イングランド女子のレディングMFファラ・ウィリアムズだ。

スーパーリーグ杯のアーセナル戦の後半開始目前。11人が互いのピッチに散り、主審の笛を舞っていた。センターサークルに一人立っていたのがウィリアムズだった。しかし、その場所はなぜかボールのもとではなく、5メートルほど後方。そして、主審の笛が鳴ると同時に勢い良く駆け出すと、いきなり右足を振り抜いた。

放たれたボールは弧を描いてグングン加速。狙っていたのは、ゴールマウスだった。 相手GKがペナルティエリア内でゴールから離れて位置していたのを見逃さなかったのだ。 真っ直ぐ飛んできたボールに対し、GKは慌てて後方へ。しかし、到底ジャンプしても届かない正確な軌道を見上げるだけ。そのままゴールに吸い込まれ、ダイレクトでネットを揺らしてしまった。

一斉に沸き立つレディングの選手。対照的にアーセナルのフィールドプレーヤーは呆然と自軍ゴールを見つめるばかりだった。一連のシーンを英紙「ガーディアン」は公式Youtubeチャンネルで紹介。映像を見ると、ウィリアムズが走り出した直後、アーセナルの前線の選手が異変を察知し、手を挙げてGKに合図を出していたが、笛からわずか3秒後にゴールネットへ吸い込まれていた。昨年からルール変更…監督も絶賛「あのゴールはファラの力量を物語っている」

ガーディアン紙は「センセーショナルなキックオフゴール」と称賛。 「まさかシュートを打たれるとは思ってもいない準備前の相手GKに対し、ウィリアムズが衝撃的な50ヤード(約45メートル)超えのループ弾を決めてみせた」とつづった。

直近6戦5発の絶好調MFに対し、レディング指揮官は「あのゴールはファラというプレーヤーの力量を物語っている」と絶賛したという。また、英公共放送BBCも公式ツイッターで「なんて命中なんだ! 勝利に導く得点は必見、キックオフからのダイレクトゴール」と報じている。

昨年、サッカー界はルール改定により、キックオフの際に一度、ボールを動かす必要がなくなり、このように1人でセンターサークルに入り、ワンタッチで不意を突く形のシュートが打つことが可能になっていた。今回は後半開始の笛だったが、キックオフからのゴールとしては世界でもトップクラスだったのは間違いない。

Jリーグでも、J2の2014年の松本山雅FC―カマタマーレ讃岐で「7秒」という記録も残っているが、日本代表はおろか、男子もビックリのゴールとなった。試合は2-1でレディングが勝利。ウィリアムズの“3秒弾”は世界に衝撃が広がっている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171107-00010006-theanswer-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:28 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

ヤングなでしこ、植木決勝ゴラッソで北朝鮮下しU19アジア選手権連覇!2018年U20女子W杯に弾み(関連まとめ)

【サッカー】<U19アジア女子選手権>ヤングなでしこがアジア連覇!植木V弾!▽決勝 日本1―0北朝鮮
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509198991/
植木U19決勝ゴール.jpg
1: Egg ★ 2017/10/28(土) 22:56:31.81 ID:CAP_USER9.net

◆U19アジア女子選手権▽決勝 日本1―0北朝鮮(28日、中国・南京)

得点者 50分 植木 理子

http://www.jfa.jp/national_team/u19w_2017/afc_u19w_championship_2017/final/match_page/m4.html

U19女子日本代表「ヤングなでしこ」が決勝で北朝鮮を1―0で下し、2大会連続5回目の優勝を飾った。

15年の前回大会と同じ顔合わせの決勝戦。後半5分、左サイドでボールを持ったFW植木理子(18)=日テレ=が相手DFを右に交わしてシュート。サイドネットに突き刺さる先制点を奪い、これが決勝点となった。

日本の優勝は全9大会で5度目。18年U―20女子W杯フランス大会にアジア女王として臨む。

10/28(土) 22:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000216-sph-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

U19日本女子代表、宮澤2ゴールで中国に5-0大勝!U20女子W杯出場権を獲得!北朝鮮との決勝へ

【サッカー】<U-19日本女子代表>U-20女子W杯の出場権獲得!中国に5-0大勝で北朝鮮との決勝へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509054649/
U-19女子2017中国戦.jpg
1: Egg ★ 2017/10/27(金) 06:50:49.45 ID:CAP_USER9.net

 U-19日本女子代表は25日、中国で行われているAFC U-19女子選手権の準決勝でU-19中国女子代表と対戦し、5-0で勝利した。
この結果、日本は来年8月にフランスで開催されるU-20女子W杯の出場権を獲得。なお、決勝は28日19時(現地時間)に行われ、U-19北朝鮮代表と対戦する。

 前半をスコアレスで折り返した日本は後半に攻撃が爆発。後半2分、FW宝田沙織のスルーパスからMF宮澤ひなたが相手GKとの1対1を迎え、冷静にゴール右へ流し込んで先制する。直後の同3分には再び宮澤がネットを揺らし、追加点を挙げた。

 勢いが止まらない日本。後半16分に左サイドを突破したFW植木理子が低いクロスを送ると、相手のオウンゴールを誘発して3-0とする。さらに同19分にFW植木選手、同40分に途中出場のFW目原莉奈が加点し、5-0の大勝を飾った。

 池田太監督は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「前半に大きな展開やリスタートなどで押し込まれる場面もありましたが、落ち着いて後半を迎え勝利し、W杯の出場権を獲得することができました。
選手たちは、この大会中に多くのことを学び成長しています。決勝でもアグレッシブに戦えるようび準備していきます」とコメントしている。

以下、試合結果

U-19日本女子代表 5-0(前半0-0) U-19中国女子代表

▽得点
47分:宮澤ひなた(U-19日本女子代表)
48分:宮澤ひなた(U-19日本女子代表)
61分:オウンゴール(U-19日本女子代表)
64分:植木理子(U-19日本女子代表)
85分:目原莉奈(U-19日本女子代表)

▽スターティングメンバー
GK:スタンボー華
DF:小野奈菜、南萌華、牛島理子、宝田沙織、宮川麻都、北村菜々美
MF:林穂之香、宮澤ひなた、長野風花
FW:植木理子

▽サブメンバー
GK:福田まい
DF:高平美憂、高橋はな、長嶋玲奈
MF:福田ゆい、菅野奏音、佐藤瑞夏
FW:村岡真実、目原莉奈、児野楓香、遠藤純

▽交代
66分:宝田沙織→村岡真実
67分:植木理子→目原莉奈
83分:スタンボー華→福田まい

10/26(木) 23:15配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-01645564-gekisaka-socc

日本サッカー協会 U-19日本女子代表 U-19中国女子代表に5-0で勝利し、決勝進出を決める 〜AFC U-19女子選手権〜
http://www.jfa.jp/national_team/u19w_2017/news/00015393/



※やや遅い記事ですがご容赦ください
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

なでしこ、中島先制弾・田中美南の絶妙ゴールでスイスに2-0完勝!豪雨での一戦を制す

【サッカー】<なでしこジャパン>スイス相手に完封勝利!激しい雨の中、中島依美と田中美南のゴール守りきる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508664242/
中島スイス戦ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2017/10/22(日) 18:24:02.09 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
日本 2−0 スイス

【得点者】
1−0 70分 中島依美(日本)
2−0 90+2分 田中美南(日本)

http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/20171022/match_page.html#pankz

「MS&ADカップ2017」が22日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とスイス女子代表が対戦した。

 嵐の影響で、雨が降りしきる中行われた試合は、なでしこジャパンが平均身長10センチ以上の差があるスイス相手に互角以上の戦いを披露する。

 先にチャンスを作ったのはなでしこジャパンだった。18分、敵陣ペナルティエリアのすぐ外でボールを受けた櫨まどかが、ダイレクトで左足を振り抜く。敵に当たったシュートがGKの逆をついたが、寸前のところで防がれてしまう。

 35分、なでしこジャパンにピンチが訪れる。カウンターから右サイドに展開されると、DF陣がボールに引きつけられてしまう。左サイドが空いてしまいフリーのスペースを使われるが、シュートは枠を大きく外れた。

 どちらにもゴールが生まれず、ボールを支配する日本とカウンターを狙うスイスという構図のまま前半を折り返す。

 49分、相手からボールを奪った日本にチャンスが訪れる。敵陣左寄りの中央、フリーでボールを受けた横山久美がそのままドリブルで前へ運んだ。相手DFがカバーに入るも、ペナルティエリアすぐ外からワンステップで右足を振り抜く。しかし、シュートはわずかにゴールの上へ飛んでしまった。

 55分、スイスに攻め込まれる。左サイドから高いボールをゴール前に入れられると、走りこんできた相手にフリーでシュートを打たれた。うまくミートせず枠を外れ、最大のピンチをしのいでいる。

 59分に日本のベンチが動く。2年連続日本女子サッカーリーグ得点王の田中美南が横山に代わり投入された。

 70分にスコアボードが動く。櫨が敵陣ペナルティエリアすぐ外でボールを持つ。右サイドを駆け上がってきた中島依美にタイミングよくパスが送られ、フリーでペナルティエリアに侵入。GKとの1対1を外してしまうが、目の前に転がってきたボールを中島が押し込み先制点を奪った。

 さらに後半アディショナルタイム2分、相手のミスからボールを奪った田中がそのままペナルティエリア内に突き進む。自らシュートを放ち、追加点を決めた

 その後も攻め立てたが試合はこのまま終了。なでしこジャパンは12月に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に向けて弾みをつけた。

サッカーキング 10/22(日) 18:21配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00659072-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171022-00659072-soccerk-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

なでしこ、田中美南・籾木結花ゴールも豪州に2-4で敗れる 4ヶ国対抗戦

【サッカー】なでしこジャパン 4か国対抗戦で豪州に敗れる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501466451/
なでしこ2017豪州戦.jpg

1: 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/07/31(月) 11:00:51.47 ID:CAP_USER9.net

アメリカに遠征し4か国対抗戦に臨んでいるサッカー女子の日本代表、なでしこジャパンは30日、サンディエゴでオーストラリアと対戦し、2対4で敗れました。世界ランキング6位の日本は、引き分けに終わった初戦のブラジル戦から先発メンバーを7人入れ替えて、ランキング7位のオーストラリアとの試合に臨みました。

日本は前半6分のコーナーキックのチャンスから、最後はフォワードの田中美南選手が体で押し込んで先制点を挙げました。しかし、11分、オーストラリアの素早い攻撃を止められず、フォワード、サム・カー選手にゴールを決められ同点とされました。日本は、このあと再びカー選手に勝ち越しのゴールを許し、前半終了間際にもカー選手に決められ突き放されました。後半17分にも失点し、3点差をつけられた日本は、試合終了間際のアディショナルタイムに、途中出場のフォワード、籾木結花選手のゴールで1点を返すのがやっとで2対4で敗れました。

日本の4失点は、去年、高倉麻子監督が就任後最も多い失点です。日本は、3日に行われる4か国対抗戦、最後の第3戦でランキング1位のアメリカと対戦します。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170731/k10011081281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:10 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

なでしこ、籾木先制ゴールも終盤追い付かれブラジルと1-1ドロー!トーナメント・オブ・ネーションズ2017

【サッカー】<なでしこジャパン>終盤被弾でブラジルとドロー…次戦は豪州戦《トーナメント・オブ・ネーションズ2017》
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501207471/
籾木2017ブラジル戦ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 11:04:31.93 ID:CAP_USER9.net

■ブラジル女子代表 1-1 なでしこジャパン

【な】籾木結花(後半18分)
【ブ】カミラ(後半42分)

ESPN
http://www.espnfc.com/match?gameId=491296

▽なでしこジャパンは日本時間28日、アメリカで『トーナメント・オブ・ネーションズ2017』の初戦に臨み、ブラジル女子代表と1-1のドローに終わった。

▽『トーナメント・オブ・ネーションズ2017』は4カ国対抗の国際大会。なでしこ(FIFAランキング6位)、アメリカ女子代表(同1位)、ブラジル(同8位)、オーストラリア女子代表(同7位)の4カ国総当たり戦で優勝を争われる。

▽なでしこは、[4-4-2]のフォーメーションを用い、最終ラインに右から大矢、市瀬、鮫島、そして初招集の万屋。そのほか、アメリカでプレーする宇津木や、阪口ら主力も先発に名を連ねた。

▽なでしこは、立ち上がりから相手のシュートレンジの広さに苦戦を強いられた。その中、42分には田中が完璧な抜け出しからGKとの一対一を迎えるが不発。その流れで得た右CKから宇津木がゴールに迫るが、これも決めきれない。

▽迎えた後半も一進一退の展開に。しかし、高倉監督が後半頭に講じた交代策が的中する。63分に、左サイドからの中島のクロスにファーサイドの籾木がヘディング。これがゴール左に決まり、なでしこが均衡を破る。

▽しかし、守勢に回り始めたなでしこは、6人の交代枠を使い切った中、87分にカミラの強烈なミドルシュートを浴びて同点。そのまま初戦を終えたなでしこは、31日に行われる第2戦でオーストラリア女子代表と対峙する。

超ワールドサッカー2017年7月28日10時20分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_283713/

日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/2017_tournament_of_nations/schedule_result/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:31 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

熊谷紗希、リヨンが女子CL優勝し連覇達成!120分フル出場しPK戦でも5人目で成功

【サッカー】<熊谷紗希>リヨンが女子チャンピオンズリーグ連覇! 120分フル出場、PK戦も5人目で成功
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496392368/
熊谷2017CL連覇04.jpg

1: @Egg ★@\(^o^)/(★) 2017/06/02(金) 17:32:48.04 ID:CAP_USER9.net

女子チャンピオンズリーグ(CL)決勝が1日に開催され、なでしこジャパンDF熊谷紗希が所属するリヨンとパリ・サンジェルマンが対戦した。

熊谷もリヨンの先発メンバーに名を連ねたこの試合は、両チームともに決定機をものにすることができず90分を終了。15分ハーフの延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入した。

パリ・サンジェルマンのGKカタジナ・キエドジネク、リヨンのGKサラ・ブアディともにPKを1本ずつストップし、PK戦はサドンデスへ。6−6で迎えた8人目、先攻のパリ・サンジェルマンはGKキエドジネクがPKを失敗。後攻のリヨンもGKブアディがキッカーを務めると、 これを見事に沈めて優勝を決めた。熊谷もリヨンの5人目で登場し、見事成功している。

試合後、熊谷は自身の公式インスタグラムを更新。「チャンピオンズリーグ優勝しましたー 難しい試合でしたが、結果を出せて本当に良かったです今シーズン最後に大好きなみんなと笑えました?? 本当に頼もしい仲間たちを誇りに思います」と喜びを表した。

リヨンはこれで女子CL2連覇を達成。通算でも史上最多タイとなる4度目の欧州制覇を飾っている。

【スコア】
リヨン 0−0(PK:7−6) パリ・サンジェルマン

6/2(金) 11:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00595550-soccerk-socc

動画
  


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

なでしこ、欧州遠征に向け23名発表!横山久美、長谷川唯らが選出

【サッカー】<なでしこジャパン>欧州遠征/ベルギー・オランダ戦のメンバー発表!横山久美、長谷部唯ら23名招集。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496035177/
なでしこアルガルベ杯.jpg

1: @Egg ★@\(^o^)/(ニククエ) 2017/05/29(月) 14:19:37.84 ID:CAP_USER9NIKU.net

日本サッカー協会(JFA)は29日、オランダ・ベルギー遠征に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。
なでしこジャパンは現地時間6月9日に女子オランダ代表と、同13日に女子ベルギー代表と対戦する。
FIFAランキングではオランダは12位、ベルギーは23位。なでしこジャパンは5位に位置している。

高倉麻子監督は23名を招集。7月からドイツの強豪フランクフルトに移籍する横山久美やなでしこリーグ得点ランキングで首位に経つ菅澤優衣香らが選出された。
また、4月9日に熊本で行われた女子コスタリカ代表との親善試合で代表デビューを果たした隅田凜、大矢歩、上野真実らも引き続き招集された。

招集されたメンバーは以下の通り。

▼GK
1.山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
18.池田咲紀子(浦和レッズレディース)
21.山下杏也加(日テレ・ベレーザ)

▼DF
3.鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
4.熊谷紗希(リヨン/フランス)
5.中村楓(アルビレックス新潟レディース)
8.佐々木繭(ベガルタ仙台レディース)
2.高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)
20.大矢歩(愛媛FCレディース)
23.市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)

▼MF
10.阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
6.宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)
7.中島依美(INAC神戸レオネッサ)
22.杉田亜未(伊賀フットボールクラブくノ一)
12.猶本光(浦和レッズレディース)
14.中里優(日テレ・ベレーザ)
16.隅田凜(日テレ・ベレーザ)
17.長谷部唯(日テレ・ベレーザ)

▼FW
13.菅原優衣香(浦和レッズレディース)
9.横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)
11.田中美南(日テレ・ベレーザ)
15.籾木結花(日テレ・ベレーザ)
19.上野真実(愛媛FCレディース)

フットボールチャンネル 5/29(月) 14:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170529-00010025-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170529-00010025-footballc-000-view.jpg

なでしこJAPAN公式
http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(1) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング