アンテナ・まとめ RSS

2018年12月12日

森保日本代表監督、浅野拓磨の代表復帰に「相手のDFを突破するスピードが必要」

【サッカー】浅野拓磨が代表復帰…森保監督「相手のDFを突破するスピードが必要」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544611419/
浅野日本代表.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/12(水) 19:43:39.20 ID:CAP_USER9.net

AFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表のメンバーが12日に発表された。そこにはハノーファーFW浅野拓磨の名前があった。

浅野は10月以来の選出となったが、その時も結局はケガで辞退することとなったため、久々の代表となる。森保監督は浅野を招集するに至った経緯をこのように説明している。

「ケガでなかなかプレーすることができないなかで、9月のキリンチャレンジカップから代表の招集はしていなかったですが、ここ最近のパフォーマンスは見ていました。
練習には復帰してトレーニングはしっかり積んでいて、試合メンバーにも入っていた。私がヨーロッパ視察したときは試合に出ていませんでしたが、コンディションの良さがありました。ここ直近はスタメンにも入っています」

さらに、「相手のDFを突破するスピードが今の代表に必要だなと思いました」と改めて特徴にも言及。
大迫勇也の控えか、もしくはサイド起用か、様々な選択肢となりうるが、日本代表にとって貴重なオプションとなることができるのか、注目が集まるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010004-goal-socc
12/12(水) 13:51配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:08 | 大阪 ☀ | Comment(32) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

日本代表、コパ・アメリカ参戦を公式発表!日本サッカー協会が2019年の日程を発表(関連まとめ)

【サッカー】<日本サッカー協会>2019年の日程を発表!日本代表のコパ・アメリカ参戦決定!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544518610/
日本代表ベネズエラ戦.jpg

1: Egg ★ 2018/12/11(火) 17:56:50.70 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)が11日、日本代表に関する2019年の日程を発表した。

 まず、1月5日から2月1日まではAFCアジアカップUAE2019が開催される。グループステージでは1月9日にトルクメニスタン代表と、1月13日にオマーン代表と、1月17日にウズベキスタン代表とそれぞれ対戦する予定だ。

 3月22日には日産スタジアム、3月26日にはノエビアスタジアム神戸、6月5日には豊田スタジアム、6月9日にはひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップが開催される。6月14日から7月7日までブラジルで開催されるコパ・アメリカには日本代表も参戦する。

 9月2日から9月10日、10月7日から10月15日、11月11日から11月19日まではFIFAインターナショナルウィンドウの期間となり、12月10日から12月18日までは韓国で開催されるEAFF E-1 サッカー選手権大会に参加することになる。

2018.12.11フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00300736-footballc-socc

写真
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/11/181120_japan_tnk.jpg


2: Egg ★ 2018/12/11(火) 17:57:17.19 ID:CAP_USER9.net

【日本代表】

 ▼1月5日〜2月1日 アジア杯(UAE)

 ▼3月22日 キリンチャレンジ杯(日産ス)

 ▼3月26日 キリンチャレンジ杯(ノエスタ)

 ▼6月5日 キリンチャレンジ杯(豊田ス)

 ▼6月9日 キリンチャレンジ杯(宮城)

 ▼6月14日〜7月7日 南米選手権(ブラジル)

 ▼9月2〜10日 インターナショナルウィンドー

 ▼10月7〜15日 インターナショナルウィンドー

 ▼11月11〜19日 インターナショナルウィンドー

 ▼12月10〜18日 東アジアE―1選手権(韓国)

※9、10、11月はカタールW杯アジア予選が開催予定

 【U―22日本代表】

 ▼3月22〜26日 U―23アジア選手権予選(ミャンマー)

 ▼5月29日〜6月16日 海外遠征(フランス)

 ▼9月2〜11日 海外遠征(未定)

 ▼10月7〜16日 海外遠征(未定)

 ▼11月17日 国際親善試合(Eスタ)

 ▼12月28日 国際親善試合(トラスタ)

 【U―20日本代表】

 ▼1月下旬 合宿(未定)

 ▼3月17〜26日 海外遠征(未定)

 ▼4月14〜16日 合宿(未定)

 ▼5月25〜6月16日 U―20W杯(ポーランド)

 【U―18日本代表】

 ▼2月2〜10日 海外遠征(スペイン)

 ▼3月17〜26日 海外遠征(UAE)

 ▼5月中旬 合宿(未定)

 ▼6月5〜14日 海外遠征(ポルトガル)

 8月8〜11日 SBS杯(静岡)

 ▼9月2〜10日 海外遠征(未定)

 ▼9月28日〜10月7日 U―19アジア選手権予選(未定)

 ▼12月中旬 海外遠征(未定)

 【U―17日本代表】

 ▼2月17〜26日 スポーツフォートゥモロー南米大会(チリ)

 ▼3月17〜21日 合宿(未定)

 ▼5月6〜14日 海外遠征(未定)

 ▼6月3〜5日 合宿(未定)

 ▼7月13〜15日 国際ユースサッカー(新潟)

 ▼9月2〜10日 海外遠征(未定)

 ▼10月5〜28日 U―17W杯(ペルー)

 【U―16日本代表】

 ▼4月13〜23日 海外遠征(未定)

 ▼6月12〜16日 U―16インターナショナルドリームカップ(ユアスタ)

 ▼12月中旬 海外遠征(未定)

 【U―15日本代表】

 ▼2月11〜15日 合宿(未定)

 ▼4月23日〜5月6日 デッレナツィオーニトーナメント(イタリア)

 ▼5月27〜29日 合宿(未定)

 ▼6月30日〜7月8日 海外遠征(未定)

 ▼8月4〜7日 合宿(未定)

 ▼9月14〜23日 U―16アジア選手権予選(未定)

 ▼10月28日〜11月5日 海外遠征(未定)

 ▼12月8〜11日 合宿(未定)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000120-sph-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:54 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

NHK、日本×ベルギー戦ラスト「14秒のプレー」をオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し検証 12/8の21時放送

【サッカー】<日本代表の夢を打ち砕いたベルギー戦>「14秒のプレー」NHKがオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し徹底検証!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544188298/
ベルギー戦3失点目.jpg
1: Egg ★ 2018/12/07(金) 22:11:38.08 ID:CAP_USER9.net

ロシア「ロストフアリーナ」でおこなわれた、サッカー・ロシアW杯決勝トーナメント1回戦の日本代表対ベルギー代表戦(7月2日)。 日本サッカー史上初のベスト8進出の夢を打ち砕いた14秒のプレーについて、『NHKスペシャル』が追った。

W杯開幕前のFIFAランキングでは、日本代表の61位に対して、ベルギーは3位。MFエデン・アザール、MFケヴィン・デ・ブライネ、FWロメルー・ルカク、GKティボ・クルトゥワら、 黄金世代が全盛期で、欧州予選を9勝1分という圧倒的な強さで勝ち抜き、優勝候補に。本大会でも予選グループGを3戦全勝と首位通過し、前評判通りの強さを見せつけた。

しかし、いざ試合が始まると、日本代表は大善戦。序盤から高い位置から積極的にプレスを仕掛け、後半に入ると原口元気と乾貴士が立て続けにゴール(48分、52分)を決め、 一時は2−0とベルギー代表をリード。慌ててベルギーは選手を交代、猛攻を仕掛けることとなる。瞬く間にスコアをタイに戻された日本代表。 そして、終了間際のアディショナルタイムに、あの14秒のプレーに襲われることとなる。

そのプレーの発端は、ベルギー陣内でおこなわれた日本代表によるコーナーキック。蹴るのは途中出場の本田圭佑。 W杯というガチンコの大会で、強国をあと一歩まで追い詰め、あと1点とれば夢のベスト8という場面。

しかし、空中を舞ったボールは、GKクルトワの手に収められ、すぐさまMFデ・ブライネへ。約50メートルのドリブル後、DFトーマス・ムニエへパス。 そして、ムニエのクロスに、ルカクはシュートせずにスルー。最後に走り込んだFWナセル・シャドリがゴールにボールを叩き込んだ。

番組では、長谷部誠、長友佑都、ルカク、クルトワら両チームの選手のほか、かつての日本代表を率いたオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し、 この「14秒のプレー」がどう生まれたのかを検証。浮かび上がってきたのは、一瞬のうちに交錯した判断と世界最高峰の技術、そして、この瞬間に至るまでの巧妙な罠(わな)と意外な伏線・・・。

この一戦に人生を賭けた男たちが、全力を尽くしたからこそ生まれた14秒のドラマだった。この模様は12月8日・夜9時から放送される。

12/7(金) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00053551-lmaga-ent



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:45 | 大阪 ☁ | Comment(41) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表主将の長谷部誠、紅白歌合戦の審査員に内定(関連まとめ)

【紅白】長谷部誠、NHK紅白歌合戦審査員内定…サッカー界からは2012年澤穂希さん以来
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544127401/
長谷部誠2018W杯.jpg
1: 湛然 ★ 2018/12/07(金) 05:16:41.71 ID:CAP_USER9.net

12/7(金) 5:02 スポーツ報知
長谷部誠、NHK紅白歌合戦審査員内定…サッカー界からは2012年澤穂希さん以来

 サッカー日本代表の主将としてロシアW杯で16強進出に貢献したMF長谷部誠(34)=フランクフルト=が、大みそかのNHK「紅白歌合戦」の審査員に内定したことが6日、分かった。2011年にゲスト出演しているが、審査員としての出演は初めて。サッカー選手の選出は12年の澤穂希さん、男子としては02年の宮本恒靖氏(現G大阪監督)以来となる。

 紅白では、その年に活躍した著名人を中心に審査員を人選している。長谷部は10年南アフリカW杯で主将に就任すると、14年ブラジル、18年ロシアとW杯3大会連続にわたって大役を務めてきた。今年4月、ハリルホジッチ監督から西野朗監督への交代劇があった中で、監督と選手のパイプ役となり、まとめ上げた。2大会ぶりにベスト16入りしたロシアW杯後に代表からの引退を表明した。

 出演が深夜帯まで続くため、サッカー選手は出演のオファーを断ることが少なくなかった。海外組は年明け早々に離日し、国内組も元日に天皇杯決勝戦が行われるなど、日程面での調整が難しいことが理由だった。日本代表は来年1月のアジア杯(UAE)に出場するが、代表から退いた長谷部の参加はなく、日程面の余裕が生まれたことで、審査員のオファーを受けたようだ。

 長谷部は4人組バンド「Mr.Children」をこよなく愛するなど、音楽好きとしても知られる。審査員には競泳の池江璃花子(18)=ルネサンス=も内定。スポーツ界を代表する今年の「顔」が、国民的番組に花を添える。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


ロシア杯で主将としてチームをけん引した長谷部(左)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181206-00000251-sph-000-4-view.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000251-sph-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表GK川口能活、日本代表GKコーチに就任へ!

【サッカー】<川口能活>日本代表GKコーチ就任へ!今季限りで現役引退...引退即の仰天人事
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544130489/
川口相模原引退.jpg
1: Egg ★ 2018/12/07(金) 06:08:09.79 ID:CAP_USER9.net

今季限りで現役引退したサッカー元日本代表GK川口能活(43)が、前代未聞の指導者転身を果たす。来年から、森保一監督(50)が兼任で率いるA代表とU−22代表のGKコーチに就任することが6日、分かった。96年アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を起こし、98年から4大会連続のW杯出場を誇る日本最高峰GKが、来年1月開幕のアジア杯UAE大会を皮切りに、20年東京五輪、22年W杯カタール大会を目指す。

   ◇   ◇   ◇

今月2日に現役ラストマッチを終えたばかりの川口が、引退、即、日本最高カテゴリーの代表コーチに転じる仰天人事が判明した。複数の関係者によると、引退発表を受けて日本協会の関塚技術委員長が極秘裏に接触。A代表とU−22(東京五輪)代表のGKコーチ就任を要請し、内諾を得たという。J3相模原で25年のプロ生活に幕を閉じた直後。現役時代同様、華麗に第2の人生も幕を開ける。

聞いたことがない。一般的にはクラブの下部組織、代表でも世代別など育成年代から指導を始めるところだが、コーチ歴なしでピラミッドの頂点A代表のスタッフ入り。日本人初の兼任指揮官になった森保監督でさえ、引退翌年は小学生の普及現場から。専門職のGKだからこそ実現したであろう、前例のない起用だ。

とはいえ、川口以上に影響力ある男はいない。日本代表GK歴代最多の国際Aマッチ出場116試合を誇り、アトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」の主役に。W杯は初出場の98年から4大会連続でメンバーに選ばれ、日本人GKとして初めて欧州に渡った先駆者にもなった。

一方で苦労も知る。右すね骨折、右アキレス腱(けん)断裂。全治半年以上の大けがから、よみがえってきた。10年W杯南アフリカ大会には基本的に出番がない第3GKで招集され、チーム主将として岡田監督と選手の橋渡し役に徹した。J2、J3も経験。あらゆる相談に対応できる経験を積み、代表では潤滑油になる役割が期待されそうだ。

先月の引退会見では「W杯ロシア大会を見て、日本は世界で戦えると感じた。違う形で貢献し、若い世代に還元したい」と引退理由を語っていた。いつか代表に−。そのタイミングは未来ではなく来年だった。抜てきには、世界的コーチへの英才教育の側面もある。

初仕事はアジア杯。04年中国大会では準々決勝ヨルダン戦でPK2本を止めて勝つなど奇跡の優勝に導いた。その説得力は計り知れない。森保ジャパンでは下田GKコーチと2人体制になり、A代表と五輪代表の活動が重なる場合は下田コーチがA、川口が五輪を分担する方針という。炎の守護神が、炎の日の丸コーチへ。東京五輪、W杯カタール大会へ。胸が高鳴る人事が発表の日を待っている。

◆川口能活(かわぐち・よしかつ)1975年(昭50)8月15日、静岡県富士市生まれ。富士市立天間小3年でサッカーを始め、同4年からGK。東海大一中2年で全日本ジュニアユース優勝。清水商(現清水桜が丘)では1年から正GKとなり、主将の3年時に高校選手権優勝。94年に横浜入り。01年からポーツマス(イングランド)などの海外クラブでプレーし、05年に磐田でJ復帰。J2岐阜、J3相模原と渡り歩き、今季限りで現役を引退した。日本代表で国際Aマッチ通算116試合出場は歴代3位タイで、GKでは最多。180センチ、78キロ。血液型A。

12/7(金) 4:37 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00412496-nksports-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

ハリル監督、日本や日本代表を語る「私は協会会長を絶対に許さない」

【サッカー】<ハリルが独占告白!>いまだから明かす「日本文化」「ベルギー戦」「協会」への本音「私は協会会長を絶対に許さない」 
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543006320/
ハリルホジッチ2018ナント監督.jpg
1: Egg ★ 2018/11/24(土) 05:52:00.52 ID:CAP_USER9

フランス専門誌の編集長だけに語ったその想い

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181124-00010000-sdigestw-000-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181124-00010000-sdigestw-001-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181124-00010000-sdigestw-002-view.jpg


10月初旬に招聘された際の順位は19位。ところがナントはいくつかのスペクタクルな勝利を収めながら、一気にリーグアン10位にまで上昇したのである。サポーターの動員もグッと増え、スタジアムには興奮と熱狂が蘇った。
1日に12〜15時間も働くヴァイッドは新たなチャレンジに没頭するため、気が散らないように当初はすべての取材要請を拒否。そして11月中旬になってようやく『France Football』誌の要望に応え、初めてインタビューを受諾した。

こうして私は国際代表マッチウィークに、彼とパリで再会できた。ヴァイッドは自分の選手たちに2日間の休暇を与えていたからだ。再会の舞台はパリ8区にあるイタリアン・レストラン。彼の馴染みの店である。
そこでヴァイッドは、仕事に就いているときはいつもそうなのだが、すっきりした気分で、1時間半に渡って誠実に胸中を打ち明けてくれた。

私が「ナントでなにを変えたかったのか」と訊いたときも、彼は笑ってこう答えた。「クラブを日本化したかったのだよ」と――。
「日本化する」という動詞は、ナントでの監督就任会見でも使っていた言葉だ。明らかに、大好きだった日本での3年間は、この男に大きな痕跡を残したのだ。

「本当なんだよ。日本社会の価値観をもたらしたかった。日本社会は、私にとってはほとんど理想の社会だね。努力、リスペクト、時間の正確さ、やる気、組織力。
これらの価値観をすべてフットボールに適用したら、成功するチャンスはぐんと高まる。たとえ悪い終わり方になってしまったとしても、私はあの国に滞在した間の良い思い出をたくさん胸に抱いているよ」

ヴァイッド・ハリルホジッチは私に、「トーキョー(日本を意味する代名詞)ではすごく気分が良かった」と何度も繰り返すのだった。しかも彼の願望はただひとつ。
もう一度サムライブルーを率いて、2014年ワールドカップでアルジェリア代表と実現したような快挙を成し遂げることなのである。

「私には真実が分かっている。本当に汚らわしい!」

「日本の民衆に、私はそういう贈り物をしてあげたかった。日本人がどれほど代表を愛しているかは分かっている。ワールドカップの準備も、どんなディテールもおろそかにせず、最大限の細やかさで入念に取り組んでいた。
ところが最後まで行くのを妨害されてしまった。私が勝ち取って積み上げてきたものを、私から奪い取ってしまったのだ。ビジネスをスポーツの上に置いてしまったのだよ。いくつかのスポンサーが圧力をかけてね。
私には真実が分かっている。彼らにあんなことをする権利はなかったのだ。本当に汚らわしい!」

4月のあの解雇を受け入れられなかったのは、どう見ても明らかだ。
「私はものすごく、ものすごく、悪い体験をした。私は協会会長を絶対に許さないつもりだ」 

つづく

11/24(土) 5:41配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00010000-sdigestw-socc


2: Egg ★ 2018/11/24(土) 05:52:11.44 ID:CAP_USER9

フランスでは彼を「コーチ・ヴァイッド」と呼びならわしている(訳者・注/テレビ局『Canal+』の人気風刺番組が命名した呼称。厳格で滑稽な風刺イメージを醸し出すが、愛着も込められている)。
コーチ・ヴァイッドは日本のメディアが報じたいくつかの記事も消化できなかった。

「選手のロッカールームに会長が入るのを禁止した、などと書き立てたんだよ。完全な虚偽報道だ! 情けない! だが、その手のでっち上げにいちいち反応して、自己防衛に躍起になるわけにはいかないからね」
応援や励ましのメッセージをたくさんもらったとはいえ、春と夏はやはりつらかった。

「多くの選手たちが電話をくれた。彼らも理解できなかったんだ」次いで、苦痛が少し和らいだ時期もあった。ロシア・ワールドカップだ。
「ほとんど試合を観なかったんだ。つらすぎてね。2010年にも、すでにコートジボワールで同じようなひどい目に遭わされた。なんと言うのかな、同じ不正義、とでも言おうか。分かるかい、2回もワールドカップを奪われたんだよ。
3つの異なる国の代表を率いて、3回とも予選突破にこぎつけて、3回連続で本大会出場に導いたのに、うち2回を奪われたのだよ」

「2点リードしながら負けるなんてことは一度もない」

とはいえ、ワールドカップで日本が描いた軌道については、ひとつ確信していることがある。もし彼がベンチで采配を振るっていたなら、出口は異なっていたに違いない、という点だ。
「2−0でリードした後にベルギーに敗北するなんて、あり得なかったと思うね。不可能だ! あの試合に負けるなんて、あり得ない! 私の監督キャリアでも、2点リードしながら負けるなんてことは、一度も起きていない」

なにがそう言わせるのだろうか?
「タクティックだよ。戦術は私のストロングポイントだからね。あまり話題にはならないが、私は戦術的な選択によって多くの試合で勝利を掴んできたのだ」

何週間もヴァイッド・ハリルホジッチは、監督キャリアに終止符を打とうかと想いを巡らせていた。
「クラブや代表チームからの誘いがかなりあったが、断った。再出発する気持ちになれなかったし、自分自身の心を偽りたくなかったんだ」

だがFCナントからのオファーに対しては、ついに「ウィ」と答えることになった。1980年代初頭に、彼がフランスでの冒険をスタートさせたクラブだ。
「私は必ずしも恵まれた人生をもらったわけじゃない。だが、いつだってつらい試練を乗り越えて、勝利してきたと思うんだ。ナントには恩があった。だからこうつぶやいたんだ。『おい、ヴァイッド、お前ならやれる!』ってね」

取材・文●レミー・ラコンブ(France Football誌編集長)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(76) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

日本代表、来夏コパアメリカはフル代表での出場で調整!森保監督の希望もあり見直し

【サッカー】<日本代表>来夏の南米選手権(ブラジル開催)、フル代表派遣で調整!森保監督の希望もあり見直し
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542887465/
森保監督2018代表会見.jpg
1: Egg ★ 2018/11/22(木) 20:51:05.48 ID:CAP_USER9.net

来年6月から7月にブラジルで開催されるサッカーの南米選手権に、日本協会が年齢制限のないフル代表を派遣する方向で調整していることが22日、分かった。
東京都内で開かれた強化担当者会議でJリーグのクラブに方針を説明した。

当初は原則23歳以下で争う東京五輪年代のチームの派遣を検討していたが、フル代表と五輪代表を兼務する森保監督の希望もあって見直している。
海外組中心の編成が有力ながら、大会期間中にJリーグの試合がある国内クラブに対しても選手の招集で協力を仰ぐ可能性があると伝えた。

日本は南米連盟から招待されての参加。アジア連盟の公式大会ではなく、クラブに招集を強制できない可能性がある。

2018.11.22 20:04 サンスポ
https://www.sanspo.com/soccer/news/20181122/jpn18112220040007-n1.html




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:51 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

キルギス地元ファン、日本に惨敗で悲鳴「大惨事」「7-0の試合だった」「手も足も出なかった」

【サッカー】<日本に惨敗のキルギス、地元ファンが悲痛な声>「7-0の試合」「手も足も出ない」 
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542724947/
キルギス代表2018日本戦.jpg

1: Egg ★ 2018/11/20(火) 23:42:27.43 ID:CAP_USER9.net

森保一監督率いる日本代表は20日、国際親善試合でキルギス代表と対戦し、4-0と勝利を収めた。来年1月のアジアカップに向けた“最終テスト”で快勝した日本だが、キルギス公式インスタグラムの試合速報には地元ファンから悲鳴が寄せられている

 日本が16日のベネズエラ戦(1-1)から先発11人全員を入れ替えて臨んだ一戦は、開始2分にDF山中亮輔(横浜F・マリノス)が左足のダイレクトシュートで日本代表史上最速となるA代表デビュー弾を記録すると、前半19分にMF原口元気(ハノーファー)はボックス前で直接FKを決める。後半は27分にFW大迫勇也(ブレーメン)、28分にMF中島翔哉(ポルティモネンセ)と途中出場コンビが立て続けにゴールを奪い、4-0と圧勝した。

 キルギスサッカー連盟の公式インスタグラムは試合結果を速報。「我々はアジア大陸で最も勝利を勝ち取ってきた日本に敗れた」との一文を添えると、コメント欄には「スピードについていけなかった」「彼らは世界のスターたちを驚かせた選手たちだ」「GKが悲惨な目に遭っていた」「大惨事な試合だった」「スコア通りではない。7-0の試合だった」「手も足も出なかった」と、ファンが失意の言葉を寄せていた。

 森保ジャパンはこれで発足から4勝1分と無敗で2018年を駆け抜け、勢いを持って来年1月のアジアカップを迎えることになった。

11/20(火) 23:34 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00149125-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリルホジッチ元代表監督の訴訟、裁判所が和解推奨

【サッカー】<ハリルホジッチ元監督の1円訴訟>裁判所が和解推奨!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542748778/
ハリル解任後記者会見.jpg

1: Egg ★ 2018/11/21(水) 06:19:38.99 ID:CAP_USER9.net

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督(66)が、解任後に田嶋幸三会長の会見で名誉を傷つけられたとして日本サッカー協会を提訴した訴訟について20日、非公開での話し合いが東京地裁で行われ、裁判所側は和解を推奨した。

 ハリル氏は協会に慰謝料1円と新聞などへの謝罪広告を求めたが会見は名誉毀損(きそん)に該当しないとし、双方がそれぞれ和解を検討するように提案。代理人の金塚彩乃弁護士は「和解することになった場合、和解条項は公表前提で進める」と話した。

11/21(水) 6:07配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000035-sph-socc



ハリル元監督vs協会、東京地裁が和解を提案
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00397679-nksports-socc

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督(66)が、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)と協会に慰謝料1円と新聞やホームページでの謝罪広告を求めた訴訟の弁論準備手続きが20日、東京地裁で非公開で行われた。

この日、双方の代理人弁護士が出席し、協会側からは(1)訴えの管轄権は契約上、国際サッカー連盟などにあり東京地裁にはない(2)田嶋会長の解任会見での発言は名誉毀損(きそん)に当たらないという従来の主張が改めてなされ、ハリルホジッチ氏側も改めて反論したという。

その中、地裁側から、判決より和解で解決する方が望ましいとの提案がなされたという。そこで、年末に行われる次回の弁論準備手続きまでに、双方が前向きに検討できるかなどを裁判所に伝える流れになるという。

ハリルホジッチ元監督の代理人弁護士は、ニッカンスポーツコムの取材に「この日(次回の弁論準備手続き)で決着することはないと思いますが、その(和解の)場合、どういった内容が良いのかを裁判所に伝えることになると思います」と説明した。

その上で「内容として、双方がのめないようであれば当然、和解しないで反論に戻る形になりますが、21日にどうなるか? というところです。この後、報告して、ですね」と、フランス1部ナントの監督を務めるハリルホジッチ氏に報告し、検討する考えを示した。【村上幸将】

※一部追記編集いたしました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:59 | 大阪 ☁ | Comment(42) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジア連盟、UEFAネーションズリーグのアジア版を検討

【サッカー】<新大会「欧州ネーションズリーグ」メリットとデメリット> アジア版も検討!将来的に日本代表の活動、強化にも影響...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542695910/
AFCロゴ.jpg

1: Egg ★ 2018/11/20(火) 15:38:30.10 ID:CAP_USER9.net

 欧州サッカー連盟(UEFA)加盟の代表55チームが参加し、2年ごとに開催される新大会「欧州ネーションズリーグ」は18日に7試合が行われ、最上位のリーグAで2組のスイスと4組のイングランドが来年6月に行われる準決勝への進出を決めた。

これまでの国際親善試合に代わって9月から始まった新設大会には批判の声も上がっているが、真剣勝負の増加や弱小国救済などのメリットも。将来的にはアジアなど他の大陸連盟にも導入される可能性がある。

 先月、欧州ネーションズリーグに対する批判が大きな話題となった。イングランド・プレミアリーグの強豪リバプールのクロップ監督の「世界で最も意味のない大会」という発言だ。

 ただ同監督は一方で「大会自体はいいアイデア」と言うようにメリットは多い。14年のUEFA総会で満場一致で開催が決定した今大会は、いわば代表の公式リーグ戦。W杯と欧州選手権予選のない2年ごとに行われる。

当時のプラティニ会長が「誰も興味がない親善試合に取って代わる」と説明したように、親善試合が公式戦に“昇格”することで選手の負担は増えるが、真剣度も高まることで代表の強化、ファン、スポンサーの注目度アップにつながる。

ランクごとに4つのリーグに分けられ、ドイツ代表レーウ監督は「強いチームとリーグ戦で戦える」と拮抗(きっこう)した相手との公式戦を歓迎していた。リーグには昇格、降格があり、ドイツはリーグA・1組で最下位となったため次大会はリーグBで戦うことになる。

 また“弱小国救済”という意味合いもある。各リーグごとの各組1位(4チーム)は、20年欧州選手権予選のプレーオフ出場権を獲得。プレーオフは各リーグごとにトーナメント戦で行われ、勝者が本大会出場権を得る。つまり、一番レベルの低いリーグDからも1チームは欧州選手権本大会出場が可能。

これまでの予選方式では突破がほぼ不可能だったジョージアとベラルーシがリーグDでプレーオフ出場権を獲得しており、ともに初の主要国際大会出場へ夢をつないでいる。

 FIFAは、このネーションズリーグを他大陸でも行い、その勝者による世界大会の開催を計画。アジア連盟でもアジア版ネーションズリーグ開催が検討されており、将来的に日本代表の活動、強化にも影響を与えることになりそうだ。

11/20(火) 9:30配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000083-spnannex-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(29) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、キルギスに4-0大勝!槙野が脳震盪で途中交代…SNSで無事報告も「何一つ覚えてない」まとめその4(関連まとめ)

“キャプテン”槙野、脳震とうで「無念の交代」 SNSで無事報告も「何一つ覚えてない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00149138-soccermzw-socc
槙野2018キルギス戦パス.jpg
後半12分に相手選手と権田に挟まれ転倒、脳震とうと診断される
 日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)は、20日の国際親善試合キルギス戦でキャプテンマークを巻いてスタメン出場したが、後半12分に相手選手と味方GK権田修一に挟まれるようにして接触。無念の負傷交代となった。試合後に自身の公式ツイッターを更新した槙野は「残念な事に何一つ覚えてない」と、脳震とうの影響を感じさせる言葉を投稿した。

 この試合ではDF吉田麻也がベンチスタートとなり、槙野がキャプテンマークを巻いてピッチに立った。守備的に構えるキルギスが相手だっただけにプレーに関与する機会は多くなかったが、味方のゴールを喜ぶ姿などはいつもどおりの槙野だった。

 しかし、後半12分に日本ゴール前にハイボールが上がると、対応していた槙野は相手選手と権田に挟まれるようにして転倒。チームドクターもピッチに入り、同16分に吉田と交代になった。試合後、日本サッカー協会の広報は脳震とうと診断されたことを明かしている。

 槙野は公式ツイッターに「一生懸命戦ったと思う。だが、残念な事に何一つ覚えてない。チームがしっかり勝てた事。それが何より一番大事な事。ロッカーに皆が帰ってきて笑顔だったからそれに救われました。キャプテン…無念の交代。笑」と投稿。試合中の記憶が欠落していることをほのめかす投稿を行った。

 一歩間違えれば大きな事故になりかねなかっただけに、現時点で意識がハッキリしていることは安心材料となった。

◆ レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1542497545/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:58 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、キルギスに大勝!代表初先発の守田英正が絶妙パスで追加点演出「いいチャレンジだった」まとめその3(関連まとめ)

代表初先発の守田英正、追加点演出の縦パスは「いいチャレンジだった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-05940884-gekisaka-socc
守田2018キルギス戦ドリブル.jpg


[11.20 キリンチャレンジ杯 日本4-0キルギス 豊田ス]

 本職で初出場、初先発、そして初のフル出場となった。日本代表MF守田英正(川崎F)はMF三竿健斗とダブルボランチを組んで代表初先発。後半14分からはMF柴崎岳とのコンビでフル出場した。

「前半は自分のリズムでできたけど、後半は選手が代わったのもあって、自分のミスが続いて、試合の流れが変わってしまった。最後の10分は状況を把握できず、失い方も悪かった」。反省の言葉が続いたが、持ち味も出した。2-0の後半27分にはこぼれ球に反応し、ワンタッチで縦パス。これをFW北川航也が落とし、FW大迫勇也の追加点につながった。

「パスコースは狭かったけど、うまく点につながって、いいチャレンジだった」。引いて守る相手をどうやって崩すか。ボランチの位置からの縦パスは一つのポイントだった。「自チームでも相手が5バックで、2列で守備をしてきたときのパスにこだわってきていた。そこを代表でも出せた」と手応えも口にした。

 後半37分から途中出場し、代表デビューを果たした9月11日のコスタリカ戦(○3-0)は右サイドバックでの出場した。10月の代表合宿には招集されず、今回もMF青山敏弘の負傷辞退による追加招集。それでも国際Aマッチ2試合目の出場で初先発を果たし、懸命にアピールした。「代表に呼ばれたい気持ちは以前より強くなった」。J1王者から唯一選ばれた大卒ルーキーは代表定着への思いも吐露した。


☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1272〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1542622734/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:44 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング