アンテナ・まとめ RSS

2019年03月14日

元日本代表MF小野伸二、トルシエ監督は「僕にとっては、歴代代表監督の中でトップ」

【サッカー】<小野伸二>トルシエ監督は「僕にとっては、歴代代表監督の中ではトップですね」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552489001/
小野とトルシエ.jpg
1: Egg ★ 2019/03/13(水) 23:56:41.47 ID:GVF2QiYx9.net

トルシエ監督は、今の時代であれば、パワハラで訴えられてもおかしくないほどの、高圧的で、威圧的な言動を繰り返していた。ファイトする姿勢が表立って見えない選手に対しては、胸ぐらをつかみ、罵声を浴びせた。ゆえに、最初は露骨に嫌な表情を見せ、文句を言う選手も絶えなかった。

 ただ、時間が経過するにつれて、選手たちもトルシエ監督の対応に慣れ、その対処法をつかんでいった。そのうち、選手と監督との間にも、徐々に”あうんの呼吸”のようなものが出来つつあった。

 そんなトルシエ監督から、小野は大きな影響を受けたという。

「トルシエ監督は(試合に向けての)ムード作りがすごくうまかった。練習ではいつもピリピリとした空気のなかでやれていたし、試合直前のスタメン発表まで誰が試合に出るのかわからない雰囲気を作ってくれたので、レギュラー選手でさえも『もしかしたら外されるんじゃないか』という緊張感を、常に保つことができました。

 たしかに最初はみんな、トルシエ監督のやり方に対してブーブー言っていましたね(笑)。日本人って、怒られるのが嫌いじゃないですか。でも、トルシエ監督はその怒り方もすごくうまいんですよ。それで、選手がピリッとするし、『何くそ!』って思って、選手みんなが団結していくんですよね。

 まあ、トルシエ監督の性格を知れば、愛情を持って自分たちに厳しいことを言ってくれたんだ、というのはわかりますからね。僕は、トルシエ監督があのときの若い自分たちにすごく合っていたと思います。いろいろな監督のもとでやってきましたが、僕にとっては、歴代代表監督の中ではトップですね」

 トルシエ監督が、当時の日本の若きタレントたちに示したのは、サッカーだけではない。大会期間中、わざわざ現地の孤児院まで行って、その国の現実などを目の当たりにさせ、選手たちに自らがいる立場や現状について考えさせた。

「トルシエ監督は”世界を知る”という意味で、孤児院にも連れていってくれた。ただサッカーをやるだけじゃない。自分たちがどれほど裕福な環境でサッカーをやっているのか、ということを教えてくれた」

 孤児院に到着し、小野ら選手たちは、最初はやや戸惑いを隠せずにいたが、しばらくして慣れてくると、笑顔で子どもたちを抱き上げて、ふれあいの時間を過ごした。そして、選手間で集めたお金を孤児院への支援として寄付した。

 選手たちを孤児院に連れていくことで、トルシエ監督は「プロのアスリートは、積極的に社会貢献活動をする模範となるべきだ」という姿勢を示したのだ。

1部抜粋

3/9(土) 6:42配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190309-00010001-sportiva-socc&p=1




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:27 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

セネガル代表マネ、ロシアW杯日本戦を回想「勝てると思っていたから驚いた」

【サッカー】セネガル代表FWマネ、W杯の日本戦を回想「勝てると思っていたから驚いた」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550009133/
マネ2018ロシアW杯日本戦.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/13(水) 07:05:33.65 ID:6Jy9auYJ9.net

セネガル代表FWサディオ・マネ(リヴァプール)が1月17日、自身愛用のニューバランス『FURON(フューロン) V5 PRO』の発表会に出席し、インタビューでロシア・ワールドカップの日本代表戦を振り返った。

セネガル代表と日本代表はロシア・ワールドカップのグループステージ第2戦で対戦した。
セネガルは11分にマネの得点で先制したものの、34分にMF乾貴士のゴールで振り出しに戻され、71分にDFムサ・ワゲが勝ち越しゴールを決めたが、
78分にFW本田圭佑の同点弾で追いつかれ、2−2の引き分けで終わった。

あの夏の激闘から約8カ月。マネは「簡単ではないにしろ、勝てると思っていたから驚いたよ」と正直に振り返り、日本代表について「とても前向きで諦めない素晴らしいチームだ」と印象を語った。

「スキルのあるとてもいい選手が揃っている。日本のチームスピリットが好きだね。日本は0−1から1−1、1−2から2−2と追い付いてきた。決して諦めることないポジティブなチームという印象だ。
ベルギーに勝てなかったのは残念だった。でも次はいい結果になることを願っているよ」

また、試合で印象に残った選手については、「ヨシダとは2年間一緒にサッカーをしたからね」と、
サウサンプトン時代にチームメイトだったDF吉田麻也の名前を挙げ、「今でも連絡を取り合っているよ。思いやりのあるとてもいい人だ」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00906323-soccerk-socc
2/13(水) 7:00配信




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

カズ、W杯落選時の真相激白「岡田さんの顔見た時に自分だと思った」

【サッカー】<カズ>失意のW杯メンバー落選…21年前の真相を激白「岡田さんの顔見た時に自分だと思った」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549893760/
カズと北澤代表落選.jpg
1: Egg ★ 2019/02/11(月) 23:02:40.14 ID:wwZHQ6Y19.net

日本中に衝撃が走ったあの時からはや21年。グアムで自主トレーニング中だったカズを30年来の付き合いになる盟友・北沢さんが訪ねての対談形式で“あの時”について初めてじっくり話し合った。

盟友とはいえ、2学年上のカズに対して緊張感もにじませる北沢さんに対し、カズはいつもの柔和な笑みを浮かべながら対談がスタート。
平成で一番高い買い物は何だったか問われたカズが「マンション。2億7000万円。あの年でよく買ったよね…。25歳(の時)」とサラリと答えるなどなごやかに話は進んだ。

だが、話は徐々に“核心”へ。北沢さんが「僕は岡田監督から(外す)ポジションがないって理由として言われたんですよ」と落選の瞬間を明かすと、カズは「それは同じです。使うところがないって」と打ち明けた。
北沢さん「今だから言いますけど、W杯のメンバーから外れたところで、カズさん、パッと何が浮かんでくるんですか?」

カズ「何が浮かんだかね…」
北沢さん「僕は家族…。親孝行としては親を(W杯に)連れて来るっていうことが…。冷静にいられました?話を聞いた時に」

カズ「もう岡田さんの顔見た時に自分だと思った」
北沢さん「ああ、確かに」

カズ「部屋開けた瞬間ね。その時、どう思ったかなあ…。やっぱり“ドーハの悲劇”のこと、あそこでW杯に行けなかった。W杯(初出場を)決めた。また直前で行けない。ああ〜W杯と縁がねえなって。
いろいろ思い出すとね、やっぱりきついよね、あの状況は」

北沢さん「そうですね」

自身の落選を伝えられた北沢さんはその足でカズの部屋を訪ね、そこでカズもメンバーから漏れたことを初めて知った。カズの部屋には、主将を務めていたDF井原正巳(51=現J2柏ヘッドコーチ)とFW中山雅史(51=現J3沼津)の姿が。
2人は言葉を発することもできず、井原は泣いていたという。「(2人は)言葉が出なかっただろうね…。悔しいじゃないですか。今の人にあの頃の外れた理由みたいなの言ってもピンとこない部分てあると思うんですよ。
ただ、外れたんでしょ?って。調子悪かったんでしょ?って。そういう理解じゃないですか、今。調子いい悪い関係なく。W杯たどりつくためにね、(初招集された)90年から7年間、自分たちが中心であの日本代表は来たって思いがあるじゃない?
代表への思い入れ、W杯への思い入れが人より強いと思ってやってきましたから」

代表落選後、2人は極秘でイタリアのミラノに直行。そこで1泊20万円の高級ホテルに宿泊し、カズはW杯への思いを吹っ切るかのように髪を金色に染めてから日本に帰国した。
金髪にした理由について「あんまり意味はない。遊び心的な」と笑うカズ。「ミラノ、雰囲気良かったでしょ?一番高い部屋に2人で泊まっちゃってさ」1泊20万円のホテル代は「サッカー協会に後から請求したら払ってくれたね」と再び笑った。

「魂は置いてきた」の名言は準備してきたのか?という北沢さんの疑問には「瞬発力だよ、あんなの。ホントだよ」と大笑いしながらキッパリ。
「オレ、会見中2度見しましたよ、カズさんのこと」という北沢さんに「絶対人のことは言っちゃいけない。自分のことだけ。今まで一緒にやって来た仲間がね、行くわけだから」と言い切った。

「自分1人だったら、あの時どうなっていたか」と自身を振り返る北沢さんに「行くしかないもんね。先に進むしか」とカズ。北沢さんの「平成でやり残したことは?」という質問には「ないね!特別」と即答するキングカズだった。

2/11(月) 22:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000154-spnannex-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

日本代表FW武藤嘉紀「負けた者が何を言っても響かない。勝者にならないと」(関連まとめ)

「負けた者がなにを言っても…」武藤は全てを受け入れて次の戦いへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-24858794-gekisaka-socc
武藤嘉紀アジア杯腕組み.jpg

 ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀が3日に自身のツイッター(@yoshimuto18)を更新し、次なる戦いに向けて決意を新たにしている。

 日本はアジアカップ決勝でカタールに1-3で敗れ、2大会ぶりの優勝を逃した。武藤は今大会で7試合中4試合に出場。グループリーグ最終節のウズベキスタン戦(2-1)では失点直後にヘディングで同点弾を決め、逆転勝利に貢献した。

 準優勝に終わったチームに対し、厳しい意見も含めて様々な声が寄せられる中、武藤はツイッターで「なにを言われても、書かれても仕方ない。負けた者がなにを言っても響かないし、勝てなかった僕たちに全ての責任がある。だからこそ、強くならないと。勝者にならないと。どんな努力も惜しまない」と、ここから這い上がる決意を語っている。

 そしてファンやサポーターに向けて「がっかりしてしまった方もたくさんいらっしゃると思いますが、もう一度僕たちを支えてください」と呼びかけた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11579

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1549177708/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:26 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

乾貴士、森保監督に助言できなかった事を後悔「2トップで相手の3バックを見ていたんで、それだと絶対にハマらない。2失点目が入る前に言っておけばよかった」

【サッカー】乾貴士「2トップで相手の3バックを見ていたんで、それだと絶対にハマらない。2失点目が入る前に言っておけばよかった」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549095480/
乾2019アジア杯決勝森保監督相談.jpg

1: pathos ★ 2019/02/02(土) 17:18:00.61 ID:0PDw+DmO9.net

「ああなってしまうと厳しい」

 ベンチスタートとなった乾貴士は前半、相手のカウンターの起点となっていたDFラインへのプレッシャーのかけ方に問題があると気づいていた。

「2トップで相手の3バックを見ちゃっていたんで、それだと絶対にハマらない。(原口)元気と(堂安)律がサイドのウイングにつくんじゃなく、センターバックを牽制するような動きでフォワードを助ける必要があった」

 最終ラインから中盤、あるいは前線に長い縦パスを通され、カウンターから前半だけであっさり2点を許した日本。どちらもボールの出どころをきっちり抑えていれば、防げたかもしれない失点だった。だからこそ、それが分かっていながら伝えられなかったことを、乾は悔やんでいた。

「見ていて分かっていたんですけど…。なかなか外から指示も出せなかったので…。まあ、でもやっぱり言うべきでした。2失点目が入る前に言っておけばよかったという後悔はありますし、ベンチメンバー含め、そういうところが甘かったかなと」
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=53748


表彰式の最中、指揮官とかわした乾の言葉「自分たちのせい」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?265411-265411-fl

[2.1 アジア杯決勝 日本1-3カタール アブダビ]

 アジアカップ決勝の試合後、喜びに沸くカタール代表の表彰式が行われている脇で、日本代表MF乾貴士(アラベス)と森保一監督が身振り手振りを交えながら話し込む姿があった。ベンチから戦況を見守っていた2人はそろって「自分のせい」と敗責を背負い合っていたという。

「2トップで3バックを見ちゃっていたので、それだと絶対にハマらない」。ベンチに座る背番号10の目からも、序盤のミスマッチは明白だった。3枚でポゼッションするカタールに対し、日本はFW大迫勇也とMF南野拓実の2枚で対応。空いた場所からアンカーにパスを通され、自由に攻撃を展開された。

 一方、乾の頭の中には解決策もあった。「(原口)元気と(堂安)律がウイングバックにつくんじゃなくて、センターバックを警戒して、FWを助けてあげないと」。それは両サイドハーフの原口と堂安が3バックの両脇をケアするという案。そうすることにより、南野がアンカーへのパスを制限できるという考え方だ。

 ところがそんなプランとは裏腹に、日本は前半27分までに2失点。ピッチ内の修正はその後ようやく行われた。「なかなか外から指示も出せなかった。でも、もっと言うべきやったかなというか、2失点目が入る前に言うべきやった。ベンチメンバーも甘かった」(乾)。2点のビハインドは最後まで重くのしかかった。

 大会期間中、指揮官と対話する姿が目立った乾。「スペインに行って監督との距離を縮めていいと感じたし、森保さんもウェルカムな人。コミュニケーションが取りやすかったし、自分だけのためじゃなくチームのための話をした」。表彰式の最中にも、普段どおりに思いをぶつけていたという。

「プレッシャーのかけ方ですね。前半のああいうところで、ベンチメンバーが俺も含めて『あのプレッシャーのかけ方じゃダメ』ってことを気付いていたのに言わなかったのは自分たちのせいって言いましたし、監督は逆に同じことを『自分のせいだ』と言っていました」。

 そうした反省を踏まえた乾は、この教訓を受け継いでいく構えだ。「今後同じことがあればどっちもできることなので、こういった経験ができたのはお互いにとって良かったんじゃないかなと思うし、こういうふうにして成長していけるんじゃないかと思う」。悔しさは押し殺しつつ、あくまでも前向きに語った。

 今大会では決勝を含めてわずか3試合出場。「自分自身は全く貢献できなかった。追加招集で呼んでもらって、10番をつけさせてもらって、不甲斐ない結果で大会を終えてしまった。優勝すれば問題なかったけど、優勝できなかったのですごく責任を感じている」。選手としての不甲斐なさを率直に語る。

 その立場には葛藤もあった。「悔しい思いはあったし、なんで自分やないんやろという思いも何度かした。交代も早く出せよという思いはあった。批判とかじゃなくて、前の選手は当たり前だと思うし、それは森保さんにも話していた」。そんな複雑な心境は今後の糧にしていくつもりだ。

「これからスペインに帰って新しいチーム(アラベス)に行くけど、もっとレベルアップしてポジション争いできるように、ここに戻ってこられるように頑張っていこうと思う」。追加招集でチャンスを勝ち取り、プロ入り初のタイトルを目前で逃した30歳は、再び次の日の丸を目指す。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:10 | 大阪 ☀ | Comment(75) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、コパ・アメリカでは鎌田大地ら欧州若手を招集か?中島翔哉や昌子源ら不参加組でどう変わる?

【サッカー】<森保ジャパン>コパ・アメリカで鎌田大地ら若手欧州組呼ぶ!中島翔哉、昌子源…アジアカップ不参加組でどう変わるか?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549062049/
鎌田大地シント・トロイデン.jpg

1: Egg ★ 2019/02/02(土) 08:00:49.85 ID:VDZ0CuEi9.net

■日本代表今後の予定

日本代表2019日程.jpg

日本代表が招待国として参加する6月の南米選手権(ブラジル)にMF鎌田大地(22)=シントトロイデン=、FW伊藤達哉(21)=ハンブルガーSV=ら欧州組の若手を招集する方針であることが28日、関係者への取材で分かった。

 「海外でも鎌田ら見たい選手はいるし、20歳以下の選手にも経験させたい。それで東京五輪に臨めれば」と日本協会幹部が明かした。

 鎌田は今季ベルギー1部で17試合に出場し、リーグ5位の10得点。森保監督は昨年11月に鎌田を直接視察し「(招集は)あると思う。結果も出ている」と話していた。1997年1月1日以降に生まれた東京五輪世代では、昨年9月にA代表に初招集した伊藤が筆頭候補。2−3月に森保監督が欧州に足を運び、候補者をチェックする。

1/29(火) 9:56配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000509-sanspo-socc

大会を通して見ればチームは成長している。グループリーグから苦戦が続く中、森保ジャパンは試合を重ねるごとに逞しくなった。

 DF吉田麻也、DF長友佑都、FW大迫勇也らロシアワールドカップ組が実力を示せば、東京五輪世代のMF堂安律、DF冨安健洋も主力として稼動。中堅選手たちも自身の仕事を果たしており、森保一監督の掲げる『世代間の融合』も前進したと言えるだろう。

 アジアカップに不参加だった選手も加われば、戦力も増強するはず。特にMF中島翔哉は大会前に負傷離脱となったが、本来は森保ジャパンのエースとして期待されていた存在。切れ味鋭いドリブル、敵陣でのアイディアと実行力はすでに証明済み。今大会ではMF原口元気の貢献度も高かったが、中島・南野拓実・堂安の“NMD”トリオがどれだけ違いを生み出すかも見たいところだった。

 ロシア組のDF昌子源、DF植田直通も今後メンバーに入ってくるだろう。所属クラブで安定して活躍すれば森保ジャパンにとってもプラスで、センターバックを巡る競争も激化する。3バックというオプションも作れるかもしれない。また、アジアカップ初戦での『ボランチ・冨安』という起用法に再びトライする可能性も出てくる。冨安はセンターバックとしてポテンシャルの高さを示したが、中盤でもプレーできれば面白い。

 これらを実行するかどうかはともかく、実力者が加われば森保監督の選択肢もそれだけ多くなるということだ。

 FW浅野拓磨も怪我により不参加だったが、当初は大会メンバーに入っていた。彼もクラブで結果を残し続ければ代表復帰が見えてくる。さらに、ベルギーで10得点を挙げるなど得点能力を開放しているMF鎌田大地も興味深い存在だろう。現状は南野がファーストチョイスのトップ下だが、鎌田が入る余地もあるはずだ。

 国内組ではGK中村航輔の存在が注目される。昨年はロシアワールドカップに出場したものの、シーズン中に脳震とうを2回経験している。また、所属する柏レイソルがJ2降格の憂き目にあうなど悔しい1年だった。

 中村の実力に疑いの余地はない。シュートストップに長け、最後尾から味方を鼓舞し、ゴール前に立つだけで相手に威圧感を与えることができる。存在感抜群の彼も、日本代表の守護神争いにも必ず加わってくるだろう。

 アジアカップの7試合で収穫を得たが、チームが完成したわけではない。今後も一人ひとりが成長し、より強固な集団となることが求められる。

 今年6月には、ブラジルで開催されるコパ・アメリカに参加する。南米の曲者との対戦は自分たちの現在地を確かめる絶好の機会であり、強化の場。森保ジャパンがさらなる進化を遂げるためにも重要な大会だ。その時の最大限の力を発揮し爪痕を残したい。

 グループリーグではチリ、ウルグアイ、エクアドルと同居。昨年の親善試合で主力が居並ぶウルグアイに勝利しているものの、真剣勝負では気迫もクオリティも別次元だろう。本気の南米勢との対戦は、森保ジャパンに何をもたらすだろうか。

2/2(土) 6:56配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00307856-footballc-socc

写真https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/02/190202_daihyo_getty.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(26) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠藤航の不在痛かった…アジア杯で遠藤出場時、日本の失点ゼロ「焦らずじっくり直したい」

【サッカー】<日本代表MF遠藤航>痛かった不在!ピッチに立っていた計335分間、日本の失点はゼロ!「焦らずじっくり治したい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549060571/
遠藤航2019アジア杯決勝森保監督相談.jpg

1: Egg ★ 2019/02/02(土) 07:36:11.78 ID:VDZ0CuEi9.net

[2.1 アジア杯決勝 日本1-3カタール アブダビ]

 皮肉にもその存在がクローズアップされる結果になった。準決勝のイラン戦(○3-0)で左太腿裏を痛めた日本代表MF遠藤航(シントトロイデン)はベンチ入りしたもののウォーミングアップなどには参加せず、ベンチに座ったままタイムアップを迎えた。今大会で遠藤がピッチに立っていた計335分間、日本の失点はゼロ。攻守に存在感を示していたボランチの不在は大きかった。

 試合後、報道陣の取材に応じた遠藤は「大会を通してはすごく充実していて、チームとしても粘り強く、我慢強く戦えていた」とここまでの戦いを振り返りつつ、準優勝という結果には「チームとしてまだまだだと思い知らされた大会」と、決勝での敗戦を重く受け止めた。

「すべてはうまくいかないということが良かったと、あとあと思えるようにすることが大事。チームとしてまだまだ成長できる」。この経験を糧にしていきたい25歳のMFは「コンディションは良かったけど、ケガをしたのは自分に問題があったからだと思う」と、最後の最後にチームの力になれなかったことに後悔もにじませた。

「この経験を忘れずに、これからもやっていかないといけない。(ロシア)W杯でも悔しい思いがあった中で、(移籍で)環境を変えて、少しずつ成長できている。続けてやっていきたい」。左太腿の状態に関してはクラブに戻って再検査を受ける予定になっている。「筋肉系なので、焦らずじっくり治したい」と慎重な姿勢を見せ、「ケガを治して、また戻ってこれたら」と前を向いた。

2/2(土) 5:34配信ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-24322197-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(27) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元バルサMFシャビ、予想的中!カタールのアジア杯初優勝を開催前に予想

【サッカー】<シャビ>予想が的中!アジア杯開催前にカタールの初優勝を予想
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549037004/
シャビアジア杯予想02.jpg
1: Egg ★ 2019/02/02(土) 01:03:24.41 ID:VDZ0CuEi9.net

カタールのアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビの予想が的中した。
シャビは大会開幕前に同国メディア『AL KASS』の番組内で大会の結果予想を実施し、まず決勝トーナメントに進む16チームを選んだ。

1回戦では「シリア vs バーレーン」「日本 vs サウジアラビア」「タイ vs 中国」「イラン vs レバノン」「オーストラリア vs ウズベキスタン」「UAE vs イエメン」「韓国 vs オマーン」「カタール vs イラク」という対戦カードを予想。 イエメン、シリア、レバノンがグループステージ敗退を喫したため完全一致とはならなかったが、それでも16カ国中13カ国を当ててみせた。

そして、シャビは上記の対戦カードを踏まえてシリア、日本、中国、イラン、オーストラリア、UAE、韓国、カタールがベスト8に進出すると予想。 実現した対戦カードは「ベトナム vs 日本」「中国 vs イラン」「オーストラリア vs UAE」「韓国 vs カタール」の4試合と、ベトナムを除く7チームを的中させてみせた。

さらに、準決勝は「日本 vs イラン」「オーストラリア vs カタール」という組み合わせになると予想し、3チームを的中。ここから日本とカタールが決勝に進むという予想も現実となった。そして決勝ではカタールが勝利を収めて初優勝を飾ると予想。そのとおりに、カタールが3−1で日本を下した。

2/2(土) 0:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00901211-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(30) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、カタールに1-3敗戦 主将・吉田麻也は3失点悔やむ「まだまだ足りない事だらけ」まとめその4(関連まとめ)

主将の吉田、3失点悔やむ「まだまだ足りないことだらけ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000037-sph-socc
吉田2019アジア杯決勝失点.jpg

 ◆アジア杯▽決勝 日本1―3カタール(1日、UAE・アブダビ)

 2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本は、カタールに1―3で敗れ準優勝に終わった。

 決勝トーナメントに進出してからの3試合はすべて無失点に抑えていたが、アジア王者がかかった大一番でまさかの3失点。主将のDF吉田は「相手は僕ら以上にアグレッシブに戦ってきて、前半2失点してしまったことが勝敗を大きく分けてしまった。前半に受け身になってしまったことが尾を引いてしまった」と、2点を許した前半を悔やんだ。

 今大会を振り返った主将は「まだまだ足りないことだらけ。自分自身もそうですし、チームとしても一瞬の隙をつかれてしまったのは、まだまだ学ばなければいけないことがたくさんある」と厳しい表情。「この負けから学んで、次のW杯につなげないといけない」とチームに呼びかけた。

Southampton FC 吉田麻也 part836
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1538736460/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:21 | 大阪 ☀ | Comment(37) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、カタールにアジア杯決勝で1-3敗戦…森保監督、選手らを気遣う「誇りに思ってもらえたら」まとめその3(関連まとめ)

森保監督 無念の準優勝も選手&スタッフ気遣う「誇りに思ってもらえたら」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000176-spnannex-socc
森保監督2019アジア杯決勝敗戦.jpg

◇アジア杯決勝 日本1―3カタール(2019年2月1日 UAE・アブダビ)

 アジア杯UAE大会に出場しているサッカー日本代表は1日、カタール代表との決勝戦に臨み、1―3で敗れた。史上初の選手&指揮官としての戴冠を狙った森保監督だったが、2大会ぶりのアジア制覇とはならなかった。

 試合後、森保監督は「アジア杯優勝を目標にやってきましたし、我々を応援してくださった方々も優勝を期待してくださったと思うので、結果それが出来なかったというのは非常に残念に思います」とコメント。それでも「選手たちがこれまで準備のところからチームのために成長を掲げながらやってきてくれて、そこをスタッフが支えてというところチームでやってこれたことは誇りに思ってもらえたら」と今大会をともに戦った選手やスタッフらを気遣った。

 森保ジャパン発足後、12試合目の黒星に「負けたということは、相手の方が強かったということだと思いますし、しっかりこの試合&大会を分析して、我々のチームを分析して次ステップアップできるようにしていければと思います」と次なる戦いを見据えていた。

鹿島アントラーズPart2576
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1549002057/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:32 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、カタールに1-3敗戦 大迫勇也は反撃弾アシストも「悔しいです。本当に悔いが残ります」アジア杯を準優勝で終える まとめその2(関連まとめ)

不動の1トップ大迫、決勝は無得点…「本当に悔いが残ります」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000177-spnannex-socc
大迫勇也2019アジア杯決勝競り合い.jpg


◇アジア杯決勝 日本1―3カタール(2019年2月1日 UAE・アブダビ)

 アジア杯UAE大会に出場しているサッカー日本代表は1日、カタール代表との決勝戦に臨み、1―3で敗れた。今大会得点王となったFWアルモエズ・アリに見事なオーバーヘッドから先制を揺すると、その後も追加点を奪われ準決勝に終わった。

 日本の不動の1トップとして先発した大迫は試合後、開口一番「悔しいです」とコメントした。

 決勝で勝利するために何が足りなかったか聞かれると「僕らは、もっと前半いいプレーをするべきでした。そしてチーム全体がうまくいかなかった前半でした」と振り返り、続けて「本当に悔いが残りますし、サポーターの皆さんには申し訳ない気持ちが凄くあります」と悔しさをにじませながら話した。

 2点ビハインドで迎えた後半は「(2点を)取り返そうという気持ちを持って戦いましたけど、1―2になってから3点目を取られて、なかなか厳しいゲーム展開にしてしまったのが、反省点です」と話した上で、「ただこの悔しさを次に生かせるようにしないといけないと思います」と語った。

 これからの日本代表については「W杯とアジア杯で悔しい思いしかしていないですし、借りを返すのはまたW杯だと思います。なので、W杯予選から圧倒的な力で勝てるように個々がレベルアップするべきだと思います。各々が頑張るしかないと思います」と今後に向けてコメントを残した。

大迫勇也 80
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1548856458/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:11 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、南野反撃ゴールもカタールの絶妙弾2発とPK弾許し1-3敗戦…アジア杯を準優勝で終える まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】日本代表、アジア王者奪還ならず!! カタールが同国史上初のアジアカップ優勝!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549036323/
南野2019アジア杯決勝ダッシュ.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/02(土) 00:52:03.96 ID:qdhJgDLN9.net

日本代表、準優勝!

2019/2/1(金)23:00
ザイード スポーツ シティ スタジアム
アジアカップ 決勝

日本 1−3 カタール
https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019020101


464: 豆次郎 ★ 2019/02/02(土) 00:53:41.11 ID:qdhJgDLN9.net

>>1
2/2(土) 0:52配信
日本、悲願のアジア王者奪還ならず…カタールが歴史的なアジアカップ初優勝

日本代表は1日、アジアカップ2019決勝でカタール代表に1−3で敗れ、優勝を逃した。


準決勝で強敵イランを3−0で破った日本代表と、ここまで16得点無失点という圧巻のパフォーマンスでファイナルに勝ち進んだカタールが、アジア王者の座を懸けて激突。森保一監督は、イラン戦から負傷の遠藤航に代えて塩谷司を起用する先発1点を変更した。

2大会ぶり最多5度目の優勝を期する日本と、初優勝を狙うカタールの一戦。試合は開始序盤に日本が失点を喫する。12分、右サイドからクロスを入れられると、正面のアルモエズ・アリにトラップからバイシクルシュートを放たれる。これがゴール右に吸い込まれ、アジアカップ記録となる今大会9ゴール目を決めたアリのスーパーゴールで日本が先手を取られる。

リードを許した日本は焦らずボールをつないで反撃に出ようとするが、統制のとれたカタールの守備を崩せない。すると27分、厳しい2失点目を喫する。バイタルエリアでアブデルアジズ・ハティムに時間を与えてしまうと、カットインから左足でシュートを放たれる。これがゴール左に突き刺さり、日本が2点のビハインドを背負った。

そのままリズムを掴めず、0−2で前半を終えた日本は迎えた後半、立ち上がりから積極的に前へ出る。しかし、やや重心を下げたカタールの守備を前に決定機を創出できず、逆に縦に早いカウンターから脅威を与えられる。

流れを変えたい森保監督は、62分に原口元気を下げて武藤嘉紀を投入する。すると、この交代から、カタールの疲れも見え始めて流れが一変。66分には左CKにニアサイドの武藤がヘディング。しかし、これは枠に飛ばない。それでも69分、塩谷の縦パスを正面で受けた南野拓実が素早いターンから、飛び出してきたGKをいなすチップキックでゴール。南野の今大会初得点で日本が1点差に詰め寄る。

しかし、逆に82分には日本が3失点目。アブデルカリム・ハサンのヘディングシュートが吉田麻也の手に当たると、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での検証の結果、カタールのPKに。これをアクラム・アフィフに決められ、再び2点差とされる。

その後、日本は塩谷に代えて伊東純也を投入し、リスクを冒して攻めるも、そのまま敗戦。過去最高記録がベスト8だったカタールが、今大会19得点1失点という圧巻の内容で初戴冠を果たした一方、日本は惜しくもアジア王者奪還に失敗した。

■試合結果
日本代表 1-3 カタール代表

■得点者
日本:南野拓実(69分)
カタール:アルモエズ・アリ(12分)、アブデルアジズ・ハティム(27分)、アクラム・アフィフ(83分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00010002-goal-socc





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:23 | 大阪 ☀ | Comment(70) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング