アンテナ・まとめ RSS

2019年06月18日

久保建英、スペイン各紙がチリ戦絶賛「偉大な選手の特徴」「全ての面でハイレベル」「(股抜きは)前半最高のプレー」(関連まとめ)

【サッカー】スペイン各紙がチリ戦の久保建英を絶賛!「全ての面でハイレベルを証明」「(股抜きシーンは)前半最高のプレー」南米選手権
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560855511/
久保建英2019コパアメリカ第1節ドリブル02.jpg

1: ラッコ ★ 2019/06/18(火) 19:58:31.65 ID:CVBgPShs9.net

スペイン各紙が久保建英を絶賛「ハイレベルを証明」

<南米選手権(コパ・アメリカ):日本0−4チリ>◇17日(日本時間18日)◇1次リーグC組◇ブラジル・サンパウロ

 MF久保建英(18=レアル・マドリード)の日本代表先発デビュー戦をスペイン紙が絶賛した。

 マルカは「日本代表として初めての先発。輝かしい1週間になった」と、13日に移籍したことを絡めて伝えた。
前半に股抜きで相手を華麗にかわしたシーンでは「前半最高のプレー」として「日本の『21』番を知らないチリ人を含めた2万人が押しかけたスタジアム全体をわかせた」と、名前を知らしめた芸術的なプレーだったと報じた。

 また、アス紙でも「すべての面でハイレベルであることを証明した。敗戦にも攻撃の中心で質の高いプレーを見せてゴールに迫った」と、18歳とは思えないプレーを見せたと伝えた。さらに「(点差がついても)彼は動きを止めず、ゴールを狙い続けた。(敗戦濃厚の)状況は関係なかった。常に顔を上げて自分のスタイルを貫いた」と諦めないプレーを称賛。「これは偉大な選手の特徴」とスターに必要な要素を兼ね備えていると報じた。

日刊スポーツ 2019年6月18日18時49分
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201906180000685.html



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:30 | 大阪 ☀ | Comment(29) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、南米選手権初戦でチリに0-4敗戦 DF冨安健洋「精神的にも痛い敗戦だけど…」まとめその4(関連まとめ)

先発フル出場も屈辱の4失点…冨安健洋「精神的にも痛い敗戦だけど…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00949228-soccerk-socc
冨安2019コパアメリカ第1節.jpg

 コパ・アメリカ グループステージ第1節が18日に行われ、グループCの日本代表とチリ代表が対戦。日本は0−4で敗れ、黒星スタートとなった。

 4バックの左センターバックとして先発フル出場を果たした冨安健洋は、「チャンスがゼロだったわけではない」と試合を振り返った。

 前半は何とか1失点で凌いだものの、後半になって守備が一気に崩れた。セカンドボールを何度も拾われ、次第に攻撃に出る回数も減っていった。主力選手の高齢化が囁かれていたチリだったが、やはりディフェンディングチャンピオンの牙城は高かった。

 次戦は、中2日でウルグアイ代表と対戦する。冨安は「まずは(チリ戦の)映像を見て、お互いすり合わせるところをすり合わせていきたいですね。今日の試合は精神的にも痛い敗戦ですけれども、中2日あるので切り替えなければいけない」と話し、次なる戦いに目を向けた。


Sint-Truidense VV 冨安健洋 Part2
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1560087049/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(13) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、チリに0-4敗戦 柴崎岳、予想外の大差に「客観的に分析する必要がある」まとめその3(関連まとめ)

柴崎、予想外大差に「客観的に分析し次に生かしたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-06180230-nksports-socc
柴崎2019コパアメリカ第1節.jpg

<南米選手権(コパ・アメリカ):日本0−4チリ>◇1次リーグC組◇17日◇サンパウロ

森保ジャパン17戦目でワーストとなる4失点で完敗を喫した。

大会3連覇を目指す強豪チリに序盤からボールを支配されると、前半41分にCKをMFプルガルに頭で会わされて先制点を献上。後半も主導権を握られ、同9分にはFWバルガスに追加点となるゴールを決められると、その後も失点を重ねて突き放された。

MF柴崎岳は「予想以上の大差の敗戦になりましたけど、客観的に分析する必要があると思いますし、良かった部分と失点の部分、何が原因だったのかをしっかり分析する必要があると思います。次のウルグアイもチリと同様に非常に強豪なので、しっかりこの2日間リカバリーをして、何が悪かったのかを次の試合に生かせるようにやっていきたい」と話した。

柴崎岳 part19
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1553887369/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:10 | 大阪 | Comment(22) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、チリに0-4敗戦 中島翔哉、ウルグアイ戦に向け切替「みんなでまとまって勝ちに行きたい」南米選手権第1節 まとめその2(関連まとめ)

中2日で迎えるウルグアイ戦も…中島翔哉「楽しんで良いサッカーを」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00949226-soccerk-socc
中島2019コパアメリカ第1節ドリブル.jpg

 コパ・アメリカ グループステージ第1節が18日に行われ、グループCの日本代表とチリ代表が対戦。日本は0−4で敗れ、完敗スタートとなった。

 試合後、中島翔哉は「流れとかもあるけど、その中でチャンスを作ったり、ボールを奪ったり、試合からいなくなる時間をもっと減らさないといけないと思います」と試合を振り返った。

 左サイドで先発した中島は、得意のドリブルやコーナーキックからチャンスを演出するも、日本は無失点で敗戦。グループステージ突破へ痛すぎる黒星を喫した。

 次戦は中2日でウルグアイ代表と対戦する。短期間で再び訪れる強豪との戦いとなるが、中島らしく「またウルグアイという良い相手なので、楽しんで良いサッカーをして、みんなでまとまって勝ちに行きたい」と意気込んだ。

鹿島アントラーズPart2614
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1560778352/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:48 | 大阪 | Comment(66) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、チリに0-4敗戦 久保建英ら攻撃陣は再三決定機作るも得点ならず 南米選手権第1節 まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】日本代表、決定機演出も得点奪えず ビダル擁するチリ代表に4失点完敗
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560819298/
久保建英2019コパアメリカ第1節ドリブル.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/06/18(火) 09:54:58.54 ID:nWqJUndl9.net

6/18(火) 9:53配信
日本代表、決定機演出も得点奪えず ビダル擁するチリ代表に4失点完敗

6月18日(火)コパ・アメリカ2019、チリ代表vs日本代表の一戦が行われ、4−0でチリ代表が勝利を収めている。

日本時間8時にキックオフを迎えた一戦、日本代表のスターティングイレブンには、レアル・マドリー移籍が決まった久保建英、ヘタフェでプレーする柴崎岳、そして現在の日本代表を牽引する中島翔哉が名を連ねた。

対するチリ代表は、FCバルセロナでプレーするアルトゥーロ・ビダルが中盤の真ん中に構えた。

前半5分、背後を取った上田が倒され、PA右でFKを獲得。久保が左足でファーサイドを狙ったシュートは枠上へと外れた。

前半11分、左サイドを久保がドリブルで1人かわし上田へラストパス。これはチリ代表DFがスライディングでクリアした。
日本代表は久保、中島を中心に個での突破をみせる。
対するチリ代表もビダルにボールを集め、サイドに揺さぶりPAへ侵入するもシュートへ持ち込むも決定的なシーンを作ることが出来ない。

前半34分、サンチェスがみせる。
左サイド45度の位置でボールを持ったサンチェスは原をかわしファーサイドを狙ったシューを放つがゴールわずか上へと外れた。

前半40分、先制ゴールはチリ代表。
アランギスのコーナーキックにブルガルが頭で合わせてゴールネットを揺らした。(1-0)

後半54分、チリが追加点を奪う。
右サイドのイスラからバルガスへラストパス。バルガスが放ったシュートは冨安の足に当たりコースが変わったボールはゴールへと吸い込まれた。

後半56分、日本も決定的なシーンを作る。ビダルからボールを奪った柴崎は右サイドから、上田へクロス。スライディングしながらの上田のシュートは枠を捉えることが出来なかった。

後半64分、久保が左サイドを崩し、ビダルを含め2人をかわしPAへ侵入。
左足でシュートを放ったが、芯を捉えることが出来ず枠を外れた。
日本代表ペースの時間が続く。
左サイドで久保が相手を引きつけ、杉岡へ展開。左サイドから低めのクロスに上田が反応するが届かず。

日本代表は後半78分、上田に代わって岡崎を投入。

後半82分、右サイドで1vs1を制したアランギスがクロスボール。頭でサンチェスが合わせてチリ代表が3点目をマーク。
1分後、バルガスがこの試合2ゴール目を奪う。柴崎がヘディングで流したセカンドボールをサンチェスが拾いバルガスへラストパス。受けたバルガスはGKが前に出てきたのをみて、ループシュートでゴールネットを揺らした。(4-0)

前半入りはよく決定機も演出した日本代表だが、前半終わりからチリ代表にペースを掴まれ4失点と世界の壁を見せつけられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00010003-sportes-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190618-00010003-sportes-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 | Comment(77) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、南米選手権チリ戦スタメン発表!久保建英が初先発!0キャップ6人が先発デビューへ(関連まとめ)

【サッカー】MF久保建英がA代表初先発!! コパ・アメリカ初戦チリ戦で0キャップ6人が先発デビューへ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560809389/
久保2019日本代表デビュー戦.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/06/18(火) 07:09:49.66 ID:nWqJUndl9.net

6/18(火) 7:08配信
MF久保建英がA代表初先発!! コパ・アメリカ初戦チリ戦で0キャップ6人が先発デビューへ

 コパ・アメリカに出場している日本代表は17日、グループリーグ第1節でチリ代表と対戦する。現地時間20時のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、A代表初先発となるMF久保建英(FC東京→レアル・マドリー)らが名を連ねた。

 東京五輪世代が中心となった日本代表はGK大迫敬介(広島)、DF杉岡大暉(湘南)、DF原輝綺(鳥栖)、MF中山雄太(ズウォレ)、FW前田大然(松本)、FW上田綺世(法政大)の6選手が先発でA代表デビューへ。“オーバーエイジ”となるDF植田直通(セルクル・ブルージュ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF中島翔哉(アルドゥハイル)の3選手が先発起用されることになった。

 FIFAランキング28位の日本に対し、チリは16位。FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・U)、MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)らを擁し、コパ・アメリカ3連覇を狙うチリに対して東京五輪世代が中心となる若き日本代表が挑む形となる。


[日本代表]
先発
GK 23 大迫敬介 

DF 2 杉岡大暉
DF 5 植田直通
DF 14 原輝綺
DF 16 冨安健洋 

MF 3 中山雄太
MF 7 柴崎岳
MF 10 中島翔哉
MF 21 久保建英 

FW 9 前田大然
FW 13 上田綺世 

控え
GK 1 川島永嗣
GK 12 小島亨介
DF 4 板倉滉
DF 15 菅大輝
DF 19 岩田智輝
DF 22 立田悠悟
MF 6 渡辺皓太
MF 8 伊藤達哉
MF 11 三好康児
MF 17 松本泰志
MF 20 安部裕葵
FW 18 岡崎慎司
監督
森保一

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-43468332-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:28 | 大阪 | Comment(12) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

日本代表、チリ戦は久保建英・中島翔哉の2シャドー濃厚!1トップは前田大然か

【サッカー】<日本代表>チリ戦で「久保建英」を先発抜擢か?「中島翔哉」と2シャドー濃厚!1トップは前田大然か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560727142/
中島と久保2019南米選手権前ジョギング.jpg
1: Egg ★ 2019/06/17(月) 08:19:02.07 ID:WwsSZCQ19.net

 コパ・アメリカ2019に参戦中の日本代表は現地時間16日、ブラジル・サンパウロ市内にあるモルンビー・スタジアムにおいてトレーニングを行った。

 翌17日に初戦・チリ戦を控える日本代表。この日の練習ではランニング、ジョギング、ストレッチなどを行った。選手たちは真剣な表情ながらも時折笑みがこぼれ、程よい緊張感のようだ。練習は15分のみ公開で、非公開時にチリ戦に向けた戦術練習を行っていると思われる。

 この日の会見で森保一監督は「このチームは3バックがベースになる」と断言。これまでA代表では4バックが基本フォーメーションで、先のキリンカップではオプションとして3バックを試していた。東京五輪世代が多い今回のコパ・アメリカでは3バックがまずは基準となる。

 そうなると、フォーメーションは3-4-2-1になることが濃厚。DFは冨安健洋、植田直通、板倉滉。MFはボランチに柴崎岳と中山雄太、ウイングバックに杉岡大暉(左)と原輝綺(右)。2シャドーに中島翔哉と久保建英。1トップは前田大然というラインナップになるのではないか。

 2シャドーは三好康児の可能性もあるが、キリンカップで及第点以上のパフォーマンスを発揮した久保を抜擢すると思われる。

 フレッシュなメンバー構成となった森保ジャパン。A代表というよりは、五輪代表にオーバーエージを加えたととらえた方がわかりやすい。果たして明日はどのようなサッカーを見せてくれるのか。チリ戦は現地時間17日20時(日本時間18日8時)キックオフ。

6/17(月) 7:11配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00326482-footballc-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190617-00326482-footballc-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:29 | 大阪 ☁ | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

最新FIFAランク発表!日本は28位でアジア2番手キープ!1番手のイランは20位

【サッカー】FIFA最新ランク、日本は28位でアジア2番手をキープ! イランが10位台目前まで到達
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560501334/
日本代表トリニダード・トバゴ戦.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/06/14(金) 17:35:34.32 ID:d0HR2d7U9.net

6/14(金) 17:12配信
FIFA最新ランク、日本は28位でアジア2番手をキープ! イランが10位台目前まで到達
欧州ネーションズリーグ初代王者のポルトガルが5位にランクアップ

 FIFA(国際サッカー連盟)は6月14日、最新の世界ランキング(男子)を発表。前回26位の日本は、28位となり、順位を2つ下げた。
 
 アジア勢の上位陣トップ3はイラン、日本、韓国で変わらず。イランが1つ順位を上げて20位となり、10位台に肉薄。韓国は前回37位から変わらず。それに次ぐオーストラリアは前回41位から43位へと2つ順位を下げた。
 

 総合首位は前回と同じくベルギーで、28ポイント差の2位にフランス、3位はブラジル。4位にイングランド、5位には欧州ネーションズリーグ(NL)初代王者のポルトガルが前回7位からランクアップ。6位にクロアチア、7位にスペインと続いた。また、NL準優勝のオランダは前回16位から14位に順位を上げている。
 
 最新FIFAランキングの上位30傑は以下の通り。
 
 
1 ベルギー
2 フランス
3 ブラジル
4 イングランド
5 ポルトガル
6 クロアチア
7 スペイン
8 ウルグアイ
9 スイス
10 デンマーク
11 ドイツ
  アルゼンチン
13 コロンビア
14 イタリア
  オランダ
16 チリ
17 スウェーデン
18 メキシコ
19 ポーランド
20 イラン
21 ペルー
22 セネガル
23 ウェールズ
24 ウクライナ
25 チュニジア
26 オーストリア
27 ルーマニア
28 北アイルランド
  日本
30 USA

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00060022-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

ブラジル人記者「日本はコパ・アメリカを軽んじていないか」(関連まとめ)

【サッカー】<ブラジル人記者が本音で嘆き >「日本はコパ・アメリカを軽んじてないか」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560244043/
コパ・アメリカ2019.jpg
1: Egg ★ 2019/06/11(火) 18:07:23.77 ID:B+E17ii49.net

日本代表メンバーについて、半年前から噂されていたことが現実となった。日本は予想されていたとおりのチーム編成でコパ・アメリカに臨むこととなった。若手中心のチーム。それも、これまで一度もA代表のユニホームに袖を通したことのない選手が大半を占めるチームであり、実際のところ"日本"を"代表"するチームではない

 南米の多くのメディアは、今回のチームは日本代表のBチームだと言っているが、私はそうは思わない。このチームはB代表でさえない。よくて日本のC代表といったところではないだろうか。はっきり言って、研修生のチームではないかと私は思う。

 つまり、世界ナンバー1のリオネル・メッシ(アルゼンチン)をはじめ、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニ(いずれもウルグアイ)、セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)、フィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ(いずれもブラジル)などのトップレベルのスターがしのぎを削るこの由緒ある大会に、日本は代表経験もないような選手で参加しようというわけだ。

 もちろん、日本が2020年の東京オリンピックを見据えて、U‐23のチームを強化しようという意図を持っているのは理解できる。また、コパ・アメリカに関しては、日本サッカー協会の選手招集に拘束力がないこともわかっている。

 ただ、コパ・アメリカは世界的に見ても大きな大会であり、すべての参加国はその国の最高の選手をそろえ、勝利を目指してくる。それは日本と同じ招待枠のカタールも同様だ。彼らは自国開催の2022年W杯を控えており、この2年半でどれだけイメージアップできるかが勝負だ。

 このニュースに触れた世界のサッカーファンは、まずこんな疑問を持つことだろう。ウルグアイやチリ(ともにグループステージで対戦)と渡り合うのに、日本が若手中心で対峙するのは間違っていないのか? オリンピックに向けて準備するという意味においては正しいのか?

 また、サッカーのエキスパートや指導者、メディアは、世界に対して日本のサッカーをアピールする大きなチャンスをみすみす逃すのは、実にもったいないという意見で一致するだろう。強豪国がひしめき合う南米最大の大会は世界中から注目されている。世界120カ国以上に生中継され、そこにはもちろん日本も含まれる。

6/11(火) 16:17配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00862360-sportiva-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190611-00862360-sportiva-000-1-view.jpg


3: Egg ★ 2019/06/11(火) 18:08:09.88 ID:B+E17ii49.net

オリンピックに向けて準備すると言うなら、日本サッカーのよさをより広く知らしめることも大事なのではないか。昨年のロシアW杯では、せっかく日本はそのすばらしさを世界にアピールできたというのに......。

 だいたい、東京オリンピックで金メダルを取るためにこのチームを編成したと言うのなら、なぜ初招集の選手がこれほど多いのか。チーム作りは365日などではできはしない。それなのにコパ・アメリカでプレーする日本の選手たちは、これまで一緒にボールを蹴ったことがないメンバーも含まれ、もしかしたら、彼らは顔を合わせたことさえないかもしれないのだ。「オリンピック対策」という理由は、南米の人間にとっては詭弁にしか思えない。

 まして日本人は、何事においても緻密に計画を立て、準備万端にして物事に臨むことで有名な国民ではないか。アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、そしてブラジルサッカーの粋を集めたチームを相手に、サッカー王国ブラジルを舞台に戦うのに、日本がその場しのぎのチームで臨むのは本当に残念としか言いようがない。これが率直なブラジル人の感想だ。

 もうひとつ腑に落ちないことがある。コパ・アメリカが始まる前に、日本は2つの親善試合を戦った。相手はトリニダード・トバゴとエルサルバドル。どちらもコパ・アメリカ本戦には出られもしないチームだ。大陸が異なるからということではない。とても出場するに足る実力を兼ね備えていないという意味だ。

 しかもその2試合を、日本はコパ・アメリカ組よりも多くの経験豊かな選手を使って戦ったというではないか。ここまでくると、多くの南米の人間は、日本が何を考えているのかわからなくなってしまう。メッシやガブリエル・ジェズス(ブラジル)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)に対峙するのにあたって経験のない若手を使うというのに、トリニダード・トバゴ(FIFAランキングは93位だ!)には大迫勇也や長友佑都で戦ったのだ。

ブラジルはコパ・アメリカを待ちわびている。ブラジルW杯、リオ・オリンピックに続く、最後の大きな大会だ。日本とブラジルは昔から友好関係にあり、とくにサッカーでは深いつながりがある。多くのブラジル人が日本のサッカーを見るのを楽しみにしている。

 チーム編成はもう変えようがない。あとは森保一監督が、この新人チームを見事に変身させて、コパ・アメリカの本当の奇跡となってくれるのを期待するだけだ。それができれば日本は、本当に世界で名を上げることになるだろう。

リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon 



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:18 | 大阪 ☀ | Comment(36) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

【小ネタ】久保建英と永井謙佑のやり取りが面白い!永井「タケ、何で俺がゴールした時にいつもデビューするんだよ!」久保「バーターっす」他、SNSで久保フィーバー「次元が違う」(関連まとめ)

【サッカー】久保フィーバー…「次元が違う」「感動した」“久保くん”がトレンド1位 18歳MF久保建英、待望のデビューにファン興奮
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560117176/
永井久保室屋.jpg

1: れいおφ ★ 2019/06/10(月) 06:52:56.09 ID:+iU9fb5a9

華麗な2人抜きから初シュートを放つなど存在感を放ち、SNS上では「次元が違うよ!」「感動した」と“久保フィーバー”が巻き起こっている。

 森保一監督はトリニダード・トバゴ戦(0-0)に続き3-4-2-1システムを採用。1トップに俊足FW永井謙佑(FC東京)を配置し、2シャドーにMF南野拓実(ザルツブルク)とMF堂安律(フローニンゲン)、ウイングバックは左にMF原口元気(ハノーファー)、右に伊東純也(ヘンク)を起用。攻撃力を前面に押し出したなか、前半19分に永井が代表初ゴールをマーク。続く同41分にも永井が決めてリードを広げた。

後半11分、永井が右肩を負傷するアクシデントに見舞われてそのままピッチから退場。 同14分、永井に代えてFW大迫勇也(ブレーメン)、伊東に代えてDF室屋成(FC東京)、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)に代えてDF山中亮輔(浦和レッズ)の3人が同時投入され、システムも4-2-3-1へと変更。後半22分、原口に代えてMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が入った一方、 南野に代えて久保が投入され、史上2番目の若さとなる18歳5日での代表デビューを果たした。

その直後の同28分、大迫の縦パスを受けた久保が魅せた。相手ペナルティーエリア右付近で抜け出した久保は、2人に囲まれながらも細かいタッチでドリブルを開始すると、絶妙なタッチで2人の間を突破。そのまま左足を振り抜き、代表初シュートで相手ゴールを強襲した。これはGKの好セーブに阻まれたが、18歳のプレーに会場は騒然となった。

その後、ゴールは生まれず2-0のまま試合終了となったが、日本が誇る至宝のプレーに日本のファンも反応。試合経過を速報した日本代表の公式ツイッターには称賛の声が相次いだ。

「久保君、次元が違うよ!」
「感動した」
「久保やばすぎます」
「久保建英さんのプレー流石だった」
「最後のFK久保くんに蹴らすべきだったかな」

 さらに、「久保くん」がツイッターのトレンドで日本1位に入るなど、待望の日本代表デビューが実現して“久保フィーバー”となっている。

https://www.football-zone.net/archives/194890


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(33) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルサルバドル代表監督、日本代表を賞賛「北中米よりアジアの方がレベルが高い」

【サッカー】<敗戦のエルサルバドル代表のデロスコボス監督>日本代表を称賛!「北中米よりアジアの方がレベルが高い」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560090985/
デロスコボス監督.jpg
1: Egg ★ 2019/06/09(日) 23:36:25.16 ID:uV/tvz3k9.net

日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2019でエルサルバドルに2-0で勝利した。敗れたエルサルバドル代表のカルロス・デロスコボス監督は、アジアサッカーの進歩を痛感したようだ。

0-0で引き分けたトリニダード・トバゴ代表戦から6選手を変更して試合に臨んだ日本。19分に、4年ぶりの代表戦出場となった永井謙佑が日本代表初ゴールを記録して森保ジャパンが先制する。さらに、41分にも永井が追加点を奪うと、後半には18歳の久保建英が代表デビュー。久保も随所でポテンシャルの高さを見せた日本は、そのまま完封で勝利した。

試合後の会見に出席したデロスコボス監督は、スタジアムの雰囲気に触れつつ、日本のパフォーマンスを称賛。そして、普段戦っている北中米カリブ海地域よりも、アジアの方がレベルが高いと語っている。

「日本代表のファンが大勢詰めかけたスタジアム。素晴らしい印象、いい雰囲気だった。試合は難しかった。日本は高いレベルであることはわかっていた。選手も監督も優秀。ホームで戦うとなるとなおさらだ。エルサルバドルにとって学ぶことが多かった。北中米地域で戦っているが、アジアよりも低くなっていると言える。難しい試合だったが、選手は頑張ってくれたし、経験は今後に生きると思うので、内容には満足している」

「日本が力のあるチームであることは、試合前からわかっていた。今日の試合は選手に多くのことを学んでほしかった。守備の秩序に重点をおいて、日本にスペースを与えない。インテンシティも高いので、そういう部分を気をつけた。相手にスキを与えないように。日本は、今日のような濡れたピッチで戦うことを好んでいる。そういった点では、我々は試合運びが難しかった。できるだけ対等に試合をすることが目的だった。だが、内容には満足している」

また、この日フル代表デビューを飾った18歳の久保建英について問われると、「非常に興味深いと思う。それほど若くして代表デビューしたのなら、良い選手だと思う。日本はどの選手もスピードもあり、インテンシティが高いという印象がある。A代表でデビューできたということは、非常に成熟した選手だと思う」と印象を述べた。

敗れたエルサルバドルだが、この後はゴールドカップ2019に向かうことになる。

【日本代表戦結果・日程】
キリンチャレンジカップ:6月5日(水)日本 0-0 トリニダード・トバゴ
キリンチャレンジカップ:6月9日(日)19:00〜 vsエルサルバドル

【コパ・アメリカ 日本代表戦の日程(日本時間)】※DAZN独占配信
グループC第1節:6月18日(火)8:00〜 vsチリ
グループC第2節:6月21日(金)8:00〜 vsウルグアイ
グループC第3節:6月25日(火)8:00〜 vsエクアドル

6/9(日) 21:20配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00010028-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190609-00010028-goal-000-5-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:04 | 大阪 ☔ | Comment(19) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、久保建英らFC東京チルドレン7ショットをSNS投稿!「建英代表デビューおめでとう!翔け!」(関連まとめ)

長友、18歳久保ら“FC東京チルドレン”7ショット投稿 デビューの後輩にエール「翔け!」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190609-00194951-soccermzw-socc
FC東京7ショット.jpg

エルサルバドル戦でA代表デビューの久保をはじめ、FC東京所属歴のある海外組も集結
 森保一監督率いる日本代表は、9日に行われた国際親善試合エルサルバドル戦で2-0と勝利した。18歳のMF久保建英(FC東京)がA代表デビューを飾るなか、この日出番はなかったDF長友佑都(ガラタサライ)が自身のツイッターを更新。FC東京にゆかりのある選手が揃った集合写真とともに、久保に「翔け!」とメッセージを送った。

 5日のトリニダード・トバゴ戦(0-0)に続き3-4-2-1システムでスタートした日本は、前半19分に4年ぶりに代表復帰したFW永井謙佑(FC東京)が自身代表初ゴールで先制。同41分にもMF原口元気(ハノーファー)の折り返しを永井が仕留め、前半だけで2点のリードを奪った。

 後半11分、永井が右肩を負傷するアクシデントに見舞われてそのままピッチから退場。同14分、永井に代えてFW大迫勇也(ブレーメン)、伊東に代えてDF室屋成(FC東京)、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)に代えてDF山中亮輔(浦和レッズ)の3人が同時投入され、システムも4-2-3-1へと変更。後半22分、原口に代えてMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が入った一方、南野に代えて久保が投入され、史上2番目の若さとなる18歳5日での代表デビューを果たした。

 その直後の同28分、大迫の縦パスを受けた久保が魅せた。相手ペナルティーエリア右付近で抜け出した久保は、2人に囲まれながらも細かいタッチでドリブルを開始すると、絶妙なタッチで2人の間を突破。そのまま左足を振り抜き、代表初シュートで相手ゴールを強襲した。これはGKの好セーブに阻まれたが、18歳のプレーに会場は騒然となった。

 トリニダード・トバゴ戦に先発出場した長友はこの日出番がなかったが、試合後にツイッターを更新。「代表戦応援ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べるとともに2枚の写真をアップした。

「FC東京の皆さんお待たせしました! FC東京チルドレンです」

 写真では、2ゴールを挙げた永井、デビューを飾った久保、MF橋本拳人、DF室屋成と現在のFC東京メンバーのほか、長友、中島、GK権田修一(ポルティモネンセ)とFC東京所属歴を持つ海外組も加わった顔ぶれとなっている。

 そして、大きな期待を背負う久保に対しても「建英代表デビューおめでとう!」と祝福し、「翔け!」とエールを送っていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11906
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1560081992/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(16) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング