アンテナ・まとめ RSS

2018年11月20日

【中島キレキレ】日本、キルギスにゴールラッシュで4-0大勝!山中代表初ゴール!原口FK弾、大迫・中島が絶妙ゴール!まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】≪日本vsキルギス≫は4−0で日本が勝利  山中が代表初ゴール!原口・大迫・中島もゴーーール!!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542716034/
中島2018キルギス戦ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/11/20(火) 21:13:54.54 ID:CAP_USER9.net

2018/11/20(火)19:20
豊田スタジアム
国際親善試合


【日本 4−0 キルギス】

1-0 山中 亮輔 前半2分
2-0 原口 元気 前半19分
3-0 大迫 勇也 後半27分
4-0 中島 翔哉 後半28分



https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2018112001


95: 豆次郎 ★ 2018/11/20(火) 21:15:52.80 ID:CAP_USER9.net

>>1
11/20(火) 21:14配信
山中“デビュー史上最速弾”から4得点! キルギス撃破の森保J、通算4勝1分でアジア杯へ

[11.20 キリンチャレンジ杯 日本4-0キルギス 豊田ス]

 日本代表は20日、キリンチャレンジカップでキルギス代表と対戦し、4-0で勝利した。初出場のDF山中亮輔(横浜FM)がA代表デビュー戦では史上最速となる前半2分にゴールを決めると、そこからチーム発足後最多タイの4得点。来年1月に始まるアジアカップに向け、9月からのキリンチャレンジ杯を4勝1分という好成績で終えた。

 森保一監督にとって就任5試合目の公式戦。16日のベネズエラ戦(△1-1)から先発11人全員を入れ替え、初選出の山中が左SBでA代表デビューを迎えた。FW北川航也(清水)、追加招集のMF守田英正(川崎F)とFW杉本健勇が森保ジャパン初先発。DF槙野智章(浦和)がキャプテンを務め、欧州組はMF原口元気(ハノーファー)だけが先発した。

 試合はさっそく動いた。前半2分、トップ下の北川が相手に競り勝って前を向くと、ドリブルで運んで縦パスを配球。抜け出そうとした杉本のトラップは乱れたが、相手より先に拾って左サイドに展開する。ここに走り込んだのは山中。初出場のDFはPA左から鋭いシュートをファーポスト際に叩き込み、史上31人目のデビュー戦ゴールとなった。

 さらに日本が得点を重ねる。守田とMF三竿健斗(鹿島)のダブルボランチが適度な距離感でビルドアップし、5-4-1で引いた相手をゴール前に釘付けにすると、前半18分には原口が左サイドでしかけてFKを獲得。キッカーは原口。壁の右脇に低いボールを蹴りこむと、キャッチしようとした相手GKがこぼしてゴールマウスに転がった。

 日本は前半25分、北川のサイドチェンジに杉本が左サイドを抜け出し、マイナス方向へのクロスを送ったが、華麗なターンでおさめたFW伊東純也(柏)のシュートは惜しくも枠外。同29分、三竿のボール奪取から左サイドを崩し、原口のマイナス方向へのクロスが再び伊東に渡るも、ダイレクトの左足シュートはまたもゴールマウスを捉えられなかった。

 キルギスは前半35分、早くも最初の交代カードを使用。だが、左サイドのクロスからPA内に攻め込む場面もあったが、なかなかシュートまで至らない。日本は同43分、サイドを広く使った展開から三竿が倒され、ゴールから約35mの位置でFKを獲得。長い助走をとった山中が力強く左足で狙ったが、ボールは大きく枠を外れ、前半を2点リードで終えた。

 日本は後半4分、山中の左CKにDF三浦弦太(G大阪)が頭で合わせたが、シュートはGKの正面。同11分には山中が左サイドを切り裂き、鋭いクロスに杉本が反応するも、またしてもGKに阻まれた。同14分には森保監督が初めて動き、杉本、伊東、三竿の3人を一挙に下げ、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンゲン)、MF柴崎岳(ヘタフェ)を送り込んだ。

 そのタイミングで日本にアクシデント。ハイボールに反応した槙野がGK権田修一(鳥栖)と相手に挟まれる形で空中戦を競り合い、着地時に頭部を打って担架でピッチ外へ。後半16分、代わりにDF吉田麻也(サウサンプトン)が投入された。その後はしばらく自陣に攻め込まれる時間帯が続いたが、後半27分に待望の追加点が入った。

 左サイドとのパス交換で前を向いた守田が鋭い縦パスを入れると、北川がトラップすると見せかけ左足ヒールでPA内にラストパス。これを大迫がダイレクトで流し込んだ。直後に北川、原口を下げてMF南野拓実(ザルツブルク)とMF中島翔哉(ポルティモネンセ)を投入。すると同28分、南野のパスを堂安がつなぐと、PA左に走り込んだ中島が落ち着いて決め、リードが4点に広がった。

 後半45分、中島の左CKに三浦が頭で合わせたが、右ポストに当たったボールはGKがキャッチ。同アディショナルタイムには、南野がフリーでPA内に抜け出したが決め切れず、そのままタイムアップを迎えた。10月のウルグアイ代表戦(○4-3)と並ぶ最多タイの4得点で、9月から続いていたキリンチャレンジ杯5試合を15得点4失点という結果で終了。チーム立ち上げから無敗(4勝1分)を保ったまま、来年1月5日に開幕するアジア杯に臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-05925623-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181120-05925623-gekisaka-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:57 | 大阪 ☁ | Comment(36) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、日本代表を離脱…ベネズエラ戦で右ひざ打撲(関連まとめ)

【サッカー】DF冨安健洋が森保ジャパンから離脱…16日のベネズエラ戦で右ひざ打撲
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542684202/
冨安2018ベネズエラ戦.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/11/20(火) 12:23:22.22 ID:CAP_USER9.net

DF冨安健洋(20)=シントトロイデン=が20日、愛知県内で合宿中の日本代表から離脱したと日本サッカー協会が発表した。冨安は16日の親善試合、ベネズエラ戦(大銀ド)にフル出場。試合中に右ひざを打撲し、その後は全体練習に姿を現さず、別調整が続いていた。当初は20日のキルギス戦(豊田ス)も帯同する予定だった。

 「再びこの場所に戻ってこられるように、まずはしっかりと怪我を治し、またベルギーで成長できるように頑張ります」と日本協会を通じてコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000059-sph-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:29 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

J2福岡・井原正巳監督、日本代表に入閣へ!日本サッカー協会コーチングスタッフに就任濃厚(関連まとめ)

【サッカー】<アジアの壁>井原正巳氏が森保ジャパンに入閣!日本サッカー協会のコーチングスタッフに就任することが濃厚
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542582125/
井原監督指揮福岡.jpg

1: Egg ★ 2018/11/19(月) 08:02:05.39 ID:CAP_USER9.net

J2福岡の指揮官を退任する井原正巳氏(51)が日本サッカー協会のコーチングスタッフに就任することが濃厚になったことが18日、分かった。森保一監督(50)が指揮する日本代表、東京五輪代表のコーチを務める可能性もある。この日、日本代表は愛知県内で国際親善試合のキルギス戦(20日、豊田)に向けた練習を冒頭だけ公開して行った。

 国際経験豊富な井原氏が日本協会のコーチングスタッフに入る可能性が高まった。複数の関係者によると、日本協会サイドは、同氏の指導力、経験値を高く評価し、リストアップしていた。17日のJ2最終戦後、J1昇格を逃した責任を取って福岡の監督退任を表明したことで交渉に入るという。

 井原氏は選手時代、DFとして横浜Mなどで活躍し、「アジアの壁」との異名を取った。国際Aマッチ出場はMF遠藤保仁の152試合に続く歴代2位を誇る。02年の引退後は解説者などでサッカーを外から分析する立場を経て、08年北京五輪代表のコーチなどを歴任し、15年に当時J2の福岡の監督に就任した。

 福岡では1年目で5年ぶりのJ1昇格に導いた。選手時代の実績だけでなく、日本代表で主将を長く務めるなど求心力もあり、選手に尊敬されている。戦術では、3バック、4バック布陣を使い分けるなど柔軟な対応力があり、守備力向上に定評がある。

 日本協会のコーチングスタッフは、森保監督が率いる日本代表、兼任する東京五輪代表をはじめ年代別代表などのコーチを務める。井原氏がどの世代のコーチになるかは未定だが、11月の日本代表活動にU―16代表の斉藤俊秀コーチ、U―19代表の秋葉忠宏コーチが加わり、指導者も各年代の融合が図られており、森保ジャパン入閣もあり得る。

 来年1月には森保体制で初の公式戦となるアジア杯が控える。井原氏の経験が生かされる舞台でもある。

 ◆井原 正巳(いはら・まさみ)1967年9月18日、滋賀・甲賀市生まれ。51歳。守山高から筑波大を経て、90年に日産自動車入社。大学2年の88年に日本代表入りし、国際Aマッチ通算122試合5得点。98年フランスW杯出場。Jリーグでは横浜M、磐田、浦和でプレーし、2002年に現役引退。指導者としては06〜08年に北京五輪代表アシスタントコーチ、09〜14年は柏のヘッドコーチを務め、15年から福岡監督に就任。182センチ、74キロ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000238-sph-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:53 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

日本サッカー協会、大分・片野坂監督への代表入閣オファー取り下げの方針!片野坂監督「J1で挑戦を」(関連まとめ)

大分片野坂監督続投、代表入閣より「J1で挑戦を」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00395525-nksports-socc
片野坂監督2018最終節挨拶.jpg
<明治安田生命J2:山形1−1大分>◇最終節◇17日◇NDスタ

大分トリニータをJ1に導いた片野坂知宏監督(47)の来季続投が17日、確実となった。モンテディオ山形戦後の会見で「話はまだ」と前置きした上で「大分のサッカーがJ1で通用するか挑戦したい」と契約更新に意欲。榎社長から近く正式要請を受ける。


関係者によると、広島コーチ時代に師事した森保一監督(50)率いる日本代表へのコーチでの入閣も、水面下で日本協会から打診されていた。しかし、J1復帰を受けて協会が片野坂監督の意思を尊重。オファーを取り下げる方針を固めた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11189
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1542456173/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:43 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、キルギス代表との練習試合に控え主体で2-0完勝(関連まとめ)

【サッカー】<キルギス>鹿島アントラーズ控え組に完敗…組織的な攻めなく実力に疑問符 所属クラブなしが3人、GKはキックミス連発…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542511601/
キルギス代表鹿島練習試合.jpg
1: Egg ★ 2018/11/18(日) 12:26:41.10 ID:CAP_USER9.net

◆練習試合 鹿島2―0キルギス代表(17日・カシマ)

 国際親善試合で日本代表と対戦(20日・豊田)するキルギス代表は17日、控え組中心の鹿島と練習試合を行い、0―2で敗れた。

 立ち上がりからACL決勝・ペルセポリス戦(11月3、10日)に先発出場したメンバーを全員ベンチ外とした鹿島に苦戦し、ボールをはね返すことで精いっぱい。前半だけで13本のシュートを浴び、セットプレーから失点した。後半もユース所属の高校生5人が並んだ実質“2・5軍”の鹿島から得点を奪えず、追加点を許した。

 組織的な攻めを展開する場面はなく、キルギスの実力には疑問符がついた。

11/18(日) 6:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000265-sph-socc

・所属クラブなしが3人、GKはキックミス連発…キルギス代表は控え組鹿島に0―2敗戦

 日本代表は15年アジア杯準々決勝(オーストラリア)で守りを固めたUAEにPK戦の末に敗戦。格下との対戦が多くなる来年1月のアジア杯を見据えたマッチメイクであることは明白だ。鹿島も先制点までにシュート11本を要し、5バック+2ボランチがゴール前に張り付く守備陣に手を焼いた。個の能力に秀でた2列目を長所とする日本代表も、ボランチやDF陣の攻撃参加がなければゴールをこじ開けることは容易ではないはずだ。

 しかしキルギスの来日メンバーには所属クラブなしが3人。GKは出場した3人全員がキックミスを連発した。アジア王者の鹿島は、同じく控え組中心で挑んだJ1C大阪戦(10月31日)、柏戦(11月6日)で連勝を飾るなどJ屈指の選手層を誇るが、後半開始からはユース所属の高校生5人が出場。それでも最後までキルギスに得点の匂いは感じられず、終了間際に追加点を許した。

11/18(日) 9:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000076-sph-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、NMD(中島・南野・堂安)との連携の注目に疑問「メディアの皆さんはそこだけ拘ってますけど…」

【サッカー/NMD】日本代表FW大迫勇也、過熱する"新BIG3(中島・南野・堂安)"報道に苦言「メディアの皆さんは…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542436196/
大迫2018ベネズエラ戦ドリブル.jpg
1: れいおφ ★ 2018/11/17(土) 15:29:56.12 ID:CAP_USER9.net

2トップの一角でスタメン出場した大迫勇也はベネズエラ戦をこう振り返った。

「チームとしてうまく機能してたのは事実で、相手が良いチームなのも事実。
そのなかで2点目が取れなかったことがいちばんの課題ですかね。
そんなに悲観する内容ではないと思います」
 
また、中島翔哉、南野拓実、堂安律の3選手との関係について聞かれると
「メディアのみなさんはそこにこだわってますけど、その3人とだけ絡んでも仕方ない。
(柴崎)岳にしろ(遠藤)航にしろ良い縦パス出してくれる選手はいるので」と注目が偏っていることへの疑問を口にした。

それでも試合をこなしていくうえで前線の大迫、中島、南野、堂安の連係は向上している印象だ。
大迫は最後に「ほんとに2点目ですね。2点目取れれば良い試合になったと思いますけど、たらればなんで。
次に切り替えて、結果を残せるように良い準備をするだけです」と悔しさを滲ませつつも、
次の20日のキルギス戦に目を向けた。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50358

関連記事
「メディアの方はそこにこだわるけど…」大迫が口にした違和感
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259364-259364-fl
「メディアの皆さんは…」 大迫が“2列目トリオ”との連係以上に「重要」と語るのは?
https://www.football-zone.net/archives/148287




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:07 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

吉田麻也、冨安・シュミットとの平均191cm高身長ユニットを形成「今までがあまりに低かった」

【サッカー】<DF吉田麻也>GKシュミットDF冨安健洋と平均身長191.3cmと迫力満点の守備ユニットを形成!「今までがあまりに低かった」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542427736/
吉田冨安酒井宏樹2018ベネズエラ戦.jpg

1: Egg ★ 2018/11/17(土) 13:08:56.03 ID:CAP_USER9.net

日本代表を率いる森保一監督は、16日の国際親善試合ベネズエラ戦(1-1)で守護神にA代表デビューのGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)、CBの一角にDF冨安健洋(シント=トロイデン)を起用。DF吉田麻也(サウサンプトン)を含めて平均身長191.3センチと迫力満点の守備ユニットを形成した。

キャプテンの吉田は「今までがあまりに低かった」と世界における日本の課題を口にし、コンビを組んだ二人を称賛した。

「ウルグアイ戦のメンバーがベース」

 ベネズエラ戦の前日会見でこう明言した森保監督は、ウルグアイ戦から3人の選手を入れ替え、佐々木翔(サンフレッチェ広島)、冨安、シュミットの起用を決断。いずれも守備の選手だが、とりわけ目を引いたのが冨安とシュミットだった。

 5日に20歳になったばかりの冨安は、10月のパナマ戦(3-0)で1993年以降ではわずか二人しかいなかった10代のDFとしてA代表デビュー。初めて吉田とコンビを組んだベネズエラ戦でも、身長188センチの恵まれた体格と駆け引きを駆使して相手の攻撃を封じ込め、前半11分には失点の危機をライン上ギリギリで防ぐスーパークリアも披露した。

 一方、シュミットは新体制4試合目で初起用され、待望のA代表デビュー。初めての公式戦、さらに渋滞に巻き込まれて会場入りが遅れるアクシデントに見舞われたなか、身長197センチと森保ジャパン最長身のサイズを生かしたダイナミックかつ冷静なプレーで、PKの1失点だけにとどめた。ベネズエラのハイクロスをキャッチで防ぐシーンも何度か見受けられ、本人も「1本目のCKで飛び出せて、相手も嫌がっていた。そこで自分の特長を出せたのは良かった」と手応えを口にしている。

「世界では突出しているわけではない。今までがあまりに低かった」

 1-1の引き分けに終わったとはいえ、シュミットと冨安に、身長189センチの吉田を加えたトライアングルはインパクトを残した。世界屈指と言われるイングランドのプレミアリーグで日々熾烈な争いに身を投じている吉田は、形成した“トリプルタワー”について問われると、「やっと普通くらいになった」と率直な感想を述べた。

「(今日の3人の高さは)世界では突出しているわけではない。今までがあまりに低かったというわけであって、まだまだセットプレーで低さは感じる。もっと大きくて体が動ける選手が出てこないと。高さは育てられない」

 例えば、ロシア・ワールドカップ(W杯)を制したフランスは、GKウーゴ・ロリス(トットナム/188センチ)、DFがサミュエル・ウムティティ(バルセロナ/182センチ)とラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/191センチ)で3人の平均身長は187センチ。準優勝国のクロアチアはGKダニエル・スバシッチ(ASモナコ/191センチ)、DFがデヤン・ロブレン(リバプール/188センチ)とドマゴイ・ヴィダ(ベジクタシュ/184センチ)で平均身長187.7センチ。日本を破ったベルギーに至っては、GKティボー・クルトワ(レアル/199センチ)、3バックがヤン・フェルトンゲン(トットナム/189センチ)、ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/193センチ)、トビー・アルデルヴァイレルト(トットナム/187センチ)で平均身長192センチと日本を上回る高い数値となっている。

 吉田はキャプテン、そしてディフェンスリーダーらしく、シュミットと冨安の評価と可能性についてもそれぞれ言及している。

「ダン(シュミットの愛称)は高さに自信を持っていて、ハイボールも出てきてくれる。国歌斉唱で肩を組む時に相当デカいなと(笑)。足もと(の技術)もあるので(森保)監督のサッカーに合うんじゃないかと思う。CBで言えば僕の高さ(189センチ)が最低限。ここから5年、10年と経てば(世界的にも)もっと高さを求められるようになる。そういう意味では、トミ(冨安)は次世代として可能性のある選手。生まれもった能力的にも恵まれている」

 これまでは吉田の高さ頼みの面もあったなか、来年1月のアジアカップ、そして2022年のカタールW杯に向けて、“トリプルタワー”が定着していくのか。森保ジャパンの見どころの一つになりそうだ。

11/17(土) 11:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181117-00148305-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、ベネズエラと1-1ドロー!吉田麻也が初コンビの冨安健洋を称賛「すべての質が高い」まとめその4(関連まとめ)

吉田麻也、初コンビ冨安を称賛「すべての質が高い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00394429-nksports-socc
冨安2018ベネズエラ戦.jpg

<サッカー国際親善試合:日本1−1ベネズエラ>◇16日◇大銀ド

東京五輪世代から選出されているDF冨安健洋(20=シントトロイデン)が、DF吉田麻也主将(30=サウサンプトン)と実戦で初めてコンビを組み、PKによる1失点に抑えた。

10月に代表デビューを果たした冨安はこの日が2試合目。1月のアジア杯(UAE)を前にした最後の実戦の場になる今回の活動で、指揮官から主将とのタッグをテストされた。「ラインコントロールとか、麻也さんとコミュニケーションをとることを意識した」と、落ち着いたプレーでベネズエラの攻撃をはね返した。「バックパスや単純な横パスが多すぎて狙われることもあった。もっと縦に攻撃を仕掛けられればよかった」と振り返った。

隣に立った主将から吸収することは多い。188センチながら78キロと吉田主将より体重が9キロ軽い20歳は、フィジカル強化を課題の1つに挙げている。「バチバチやっていた。自分は正面からぶつかっても勝てないから、相手より先に前に入ったり、いろんな駆け引きをしている。麻也さんはポジション争いで先に体を当てたり、強さがあるなと」と、先輩のプレーを間近で見て、自身が改善できる点をあらためて実感した。

ともに守備陣を統率した吉田主将は冨安に大きな期待を持つ。自身が20歳だったころとの比較を求められると「断然いいでしょう、安定している」と笑った。筋力トレーニングを勧めるなどアドバイスも送る主将は「対人の対応、ライン統制、すべての要素が(質が)高い。まだ親善試合で本当の難しさには対面してないけれど、それでもいいパフォーマンスだと思う」と称賛した。

CBにはDF槙野智章、三浦弦太がおり、壁は決して低くない。冨安は「チャレンジャーの立場なので、これからも積極的にプレーしたい」と謙虚に語った。

Sint-Truidense VV 冨安健洋 Part1
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533711365/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:07 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、中島翔哉が2戦連続アシストもベネズエラと1-1ドロー!まとめその3(関連まとめ)

中島サッカー“楽しむ”姿勢貫き2試合連続アシスト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00394298-nksports-socc
中島2018ベネズエラ戦FK.jpg

<サッカー国際親善試合:日本−ベネズエラ>◇16日◇大銀ド

日本代表MF中島翔哉(24)が前半39分に、正確な右足のFKで、DF酒井宏樹のゴールをアシストした。10番は、これで10月のウルグアイ戦(埼玉)に続く、2試合連続アシスト。しっかり結果を出した。

中盤で攻撃の核となり、鋭いドリブルとターンで、これまで通りの存在感を示す。連係も磨かれつつある。

同じ中盤のMF南野拓実や堂安律ら2列目の選手との連係について「ピッチ内でもコミュニケーションが取れていますし、回数を重ねるごとによくなっている感じはあります」と手応えを口にしていた。

ウルグアイ戦では得意のドリブルで何度も相手DFを翻弄(ほんろう)し、同じ左サイドでコンビを組んだDF長友佑都から“ドリブルおばけ”と称された。

それでも向上心は尽きない。中島はウルグアイ戦について報道陣に聞かれ「チームとしてはすごくいい戦いができた」と振り返る一方「個人的にはそこまでいいプレーができたとは思っていない。もっといいプレーができたし、細かいところまでそう思っている」と反省も口にしていた。

167センチの小さな体でトリッキーにボールを扱う姿で大分に集まったサポーターにもアピール。

「サッカーはスポーツなので楽しむものだと思う。そこを大事にしていきたい」。いつも口にするのはサッカーを“楽しむ”こと。その延長線上で結果を求めてピッチで躍動した。

Portimonense S.C. 中島翔哉 PART6
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541772349/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:03 | 大阪 ☁ | Comment(23) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

日本代表、ベネズエラと1-1ドロー!大迫勇也がチャンスメイクで光る まとめその2(関連まとめ)

【日本代表】期待感を提供する前線の“ファンタスティック4”。とりわけ光ったのが…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00050299-sdigestw-socc
大迫2018ベネズエラ戦ドリブル.jpg

最前線で身体を張る大迫の計り知れない貢献は見逃せない
2018年11月16日、日本代表が大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と対戦。立ち上がりから相手のプレスに苦しんで押し込まれる時間帯もあったが、巧みな個人技を生かして好機を作る場面ももちろんあった。
 
 1分には堂安律のドリブルから中島翔哉がシュートを狙えば、26分には大迫勇也の横パスから堂安が絶好機を迎える。チップキック気味のシュートは惜しくも外れたものの、31分には南野拓実がゴール前でチャンスを作りかけ、35分には大迫のスルーパスから中島がGKと1対1になるシーンもあった。
 
 続く39分に中島がFKから酒井宏樹の先制弾を演出すると、54分に大迫らとのコンビネーションから堂安が相手GKを強襲するなど、攻撃の中心には大迫、中島、南野、堂安の“ファンタスティック4”がいた。
 
 前半、とりわけ光っていたのが大迫のチャンスメイクだ。堂安、中島、南野の3人がゴール前で比較的フリーになれたのも、この大迫が上手く相手を引き付けていたからだろう。少なくとも、中島、南野、堂安の新ビッグ3候補がここまで伸び伸びとプレーできる背景に最前線で身体を張る大迫の計り知れない貢献がある。

 後半途中からやや膠着状態となり、前線4人の見せ場は減った。大迫、堂安、南野はノーゴールで、目に見える結果を残したのは1アシストの中島のみだが、それでも……。
 
 9月、10月に比べて、前線4人の連係は明らかに良くなっている印象だ(強豪相手に通用するかはさて置き)。チームが苦しい局面でもそれぞれがひとつのプレーで局面できる大迫、南野、中島、堂安の4人はワクワク感を提供してくれるという意味でも“ファンタスティック”である。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

大迫勇也 78
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1538195255/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:40 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、酒井宏樹の絶妙ダイレクトボレーで先制も…ベネズエラにPK弾許し1-1ドロー!まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】≪日本vsベネズエラ≫は日本が1−1の引き分け!!酒井宏樹がゴール! 史上初 初陣からの4連勝ならず
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542371117/
酒井宏樹2018ベネズエラ戦代表初ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/11/16(金) 21:25:17.75 ID:CAP_USER9.net

国際親善試合
2018/11/16(金)19:30
大分スポーツ公園総合競技場

日本 1−1 ベネズエラ

1-0 酒井 宏樹(前半39分)
1-1 トマス リンコン(後半39分)


https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2018111601


149: 豆次郎 ★ 2018/11/16(金) 21:27:33.64 ID:CAP_USER9.net

>>1
森保ジャパン、引き分けで史上初の初陣4連勝逃す 酒井宏代表初ゴールも

11/16(金) 21:26配信
 ◇国際親善試合 日本1―1ベネズエラ(2018年11月16日 大銀ド)

 森保一監督(50)率いるFIFAランク50位のサッカー日本代表は16日、大分銀行ドームで行われた国際親善試合で同29位のベネズエラ代表と対戦。DF酒井宏樹(28=マルセイユ)の代表49試合目での初得点で先制したが追いつかれて1―1で引き分け、日本代表史上初となる新体制初戦から4連勝を逃した。

 交通渋滞のため試合開始約40分前にようやく会場入りした日本代表。だが、バスに長時間”缶詰め”にされ、ウォーミングアップもそこそこに始まった試合でも動揺は見えなかった。前半11分、ゴールを割られる寸前でとっさにカバーに入ったDF冨安健洋(20=シントトロイデン)がスーパークリア。惜しくも得点にはならなかったが、MF堂安律(20=フローニンゲン)やMF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)ら16強入りした今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会後に主力となった若手が果敢にシュートを放った。

 そして迎えた前半39分だった。中島がキッカーを務めた右FKのファーサイドへ走りこんだ酒井が右足を合わせてボレーシュート。これが相手GKの手を弾いてネットに突き刺さり、日本代表が待望の先制点を奪った。

 しかし、後半36分、その酒井宏が与えたPKをMFリンコン(30=トリノ)に決められて同点。そのまま終了した。

 森保体制唯一の4試合連続先発となったMF南野拓実(23=ザルツブルク)は後半32分に無得点のまま交代。1976年の釜本邦茂以来42年ぶり史上2人目(3度目)となる新体制初戦から4試合連続ゴール達成はならなかった。

 史上初の初陣4連勝を逃した森保ジャパン。20日のキルギス戦(豊田ス)で年内ラストマッチに臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000157-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:53 | 大阪 ☁ | Comment(28) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、ベネズエラ戦スタメン発表!仙台GKシュミット・ダニエルが先発デビュー(関連まとめ)

【サッカー】≪スタメン発表≫ 中島、南野、堂安ら先発!!ウルグアイ戦から守備陣3人変更でシュミット先発デビューへ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542362859/
シュミット・ダニエル仙台.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/11/16(金) 19:07:39.04 ID:CAP_USER9.net

11/16(金) 19:06配信
中島、南野、堂安ら先発!!ウルグアイ戦から守備陣3人変更でシュミット先発デビューへ
 日本代表は16日、キリンチャレンジカップでベネズエラ代表と対戦する。午後7時30分のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、MF中島翔哉、MF南野拓実、MF堂安律らが名を連ねた。

 10月16日のウルグアイ戦(○4-3)からは先発3人を変更した。中盤から前は変わらなかったが、最終ラインでは肺気胸のため離脱中のDF長友佑都に代わり、DF佐々木翔が左サイドバックに入る見通し。センターバックでは国際Aマッチ2試合目の出場となる東京五輪世代のDF冨安健洋がスタメン入りした。さらにGK東口順昭もベンチスタートとなり、GKシュミット・ダニエルがA代表デビューでゴールを守る。

 ベネズエラはロシアW杯の南米予選で敗退したが、昨年のU-20W杯では準優勝。U-20日本代表も決勝トーナメント1回戦で敗れた。同大会で指揮を執ったラファエル・ドゥダメル監督は日本の森保一監督と同じようにU-21代表とA代表を兼任しており、ユース年代から一貫した強化を進めている。最新のFIFAランキングでは日本の50位に対し、ベネズエラは29位。過去の対戦成績は日本の1勝2分で、直近では14年9月のキリンチャレンジカップで対戦し、2-2の引き分けに終わったが、後日、ベネズエラが出場停止の選手を起用していたことが判明し、FIFAの裁定により3-0で日本の勝利扱いとなっている。


[日本代表]
先発
GK 23 シュミット・ダニエル
DF 22 吉田麻也(Cap)
DF 4 佐々木翔
DF 19 酒井宏樹
DF 16 冨安健洋
MF 7 柴崎岳
MF 6 遠藤航
MF 10 中島翔哉
MF 9 南野拓実
MF 21 堂安律
FW 15 大迫勇也
控え
GK 1 東口順昭
GK 12 権田修一
DF 20 槙野智章
DF 5 山中亮輔
DF 3 室屋成
DF 2 三浦弦太
MF 8 原口元気
MF 14 伊東純也
MF 17 守田英正
MF 18 三竿健斗
FW 11 杉本健勇
FW 13 北川航也
監督
森保一

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-05477028-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:32 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング