アンテナ・まとめ RSS

海外の日本人選手

橋岡大樹、途中出場でプレミアデビュー!ルートンはアストンビラに2-3惜敗 リーグ4連敗

【サッカー】橋岡大樹がプレミアデビューのルートン、2点差を追いつくもアストン・ビラに2−3で惜敗。リーグ戦4連敗 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1709428304/
橋岡23-24第27節.jpg
1: 久太郎 ★ 2024/03/03(日) 10:11:44.61 ID:zcU8/gxJ9.net

 橋岡大樹が所属するルートンは現地時間3月2日、プレミアリーグ第27節でアストン・ビラとホームで対戦した。

2月27日に行なわれたFAカップ5回戦のマンチェスター・シティ戦(2−6)で途中出場し、新天地デビューを果たした橋岡はベンチスタートとなった。

 ルートンは14分、敵陣でボールを奪ったバークリーが右サイドに展開。パスをもらったタウンゼントがクロスを上げるも、GKマルティネスにキャッチされた。

 その直後には、マギンに中央を突破されて、最後はラムジーにシュートを浴びたが、GKカミンスキの好守で凌ぐ。それでも24分、ベイリーの左CKに反応したワトキンスにヘディングシュートを叩き込まれて先制を許した。

 その後も劣勢のルートンは38分にも、ディフェンスラインの背後に抜け出したワトキンスにネットを揺らされて追加点を奪われた。このまま前半を2点ビハインドで終える。

 後半に入り53分、ルートンはタウンゼントに代えて橋岡を投入。これがプレミアデビューとなった。

 ホームチームは57分、敵陣左サイドでFKを得ると、ダウティのキックにモリスが頭で合わせるも、枠を捉えられない。しかし66分、右CKの流れから最後はチョン押し込んで1点差に詰め寄る。

 さらにその6分後にも、ダウティの正確なFKをモリスがダイレクトボレーで叩き込んで同点弾を奪った。

 しかし、89分に右からのディアビのクロスからディーニュにヘッドで決められて、勝ち越しゴールを献上。そのまま2−3で敗れ、リーグ戦4連敗となった。

 ルートンは次節、9日に敵地でクリスタル・パレスと相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/5fe0d6fb02a473a42e6c24c51f4b192f82270552



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠藤航、劇的決勝ゴールの起点に!リバプールはヌニェス決勝弾でN・フォレストに苦しみながらも1-0勝利!リーグ戦4連勝で首位キープ

【サッカー】遠藤が決勝弾の起点に! リバプール、敵地で後半ATに劇的勝利…リーグ戦4連勝で首位キープ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1709399000/
ヌニェス23-24第27節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2024/03/03(日) 02:03:20.72 ID:zcU8/gxJ9.net

イングランド1部リバプールは現地時間3月2日、プレミアリーグ第27節でノッティンガム・フォレストとアウェーで対戦し1-0で勝利を挙げた。日本代表MF遠藤航は後半15分から途中出場し、後半アディショナルタイムのゴールへつながる好守備を見せている。

 2月25日に行われたリーグカップ決勝のチェルシー戦で足を打撲し、松葉杖を使用して会場をあとにする場面も目撃された遠藤。現地時間2月28日に行われたサウサンプトンとのFAカップ5回戦を欠場したなか今節ベンチに戻ってきた。先発の中盤ポジションにはジョー・ゴメス、ボビー・クラーク、アレクシス・マック・アリスターが入っている。

 前半15分には古巣対戦となったノッティンガムFWディボック・オリギが強烈なシュートでリバプールゴールを脅かす。対するリバプールは前半19分、DFアンドリュー・ロバートソンが左から惜しいクロスを送るなどチャンスを演出していく。

 前半23分、リバプールの攻撃の場面から奪ったホームチームがカウンターを仕掛ける。ラストパスに抜け出したFWアントニー・エランガが決定機を迎えるもGKクィービーン・ケレハーが左足一本を残しビッグセーブを見せた。

 一方でリバプールは前半27分に右サイドを崩しクラークがシュート。相手DFがブロックしたこぼれ球にFWルイス・ディアスが反応するも、ネットを揺らすことができない。その後もマック・アリスターとのワンツーで抜け出したディアスが絶妙なクロスを中へ送る場面もあったが、ここには味方がおらず得点に結びつかなかった。

 決定機を迎えられないまま0-0で折り返すと、後半5分にはペナルティーエリア内でロバートソンが左足で強烈なシュートを放つも決まらず。この攻撃で得たコーナーキックの流れからマック・アリスターが振り抜いた一撃は、GKマッツ・セルスが弾いている。

 後半15分、ユルゲン・クロップ監督はロバートソンとクラークを下げて遠藤とダルウィン・ヌニェスを投入。早速ヌニェスがペナルティーエリア内へ侵入するシーンも。遠藤はアンカーの位置に入り前線でこぼれ球を上手く回収。攻撃に厚みを加える。

 後半19分には遠藤の左サイドへの捌きのパスからチャンスが生まれたが、ヌニェスのシュートはサイドネットだった。その2分後にはノッティンガムが右サイドの崩しからFWエランガが決定機。ただこれは枠を捉え切れず、両チームにチャンスが生まれるダイナミックな展開に変わっていく。

 同25分にはマック・アリスターのボール奪取からリバプールがショートカウンターを開始する。ヌニェスから右のFWコーディ・ガクポへ展開。右足のシュートはまたもサイドネットだった。

 後半31分にはMFハーヴェイ・エリオットに代えてMFドミニク・ソボスライが投入され、中盤で今季新加入の遠藤、マック・アリスター、ソボスライの3人がそろうことになっている。

 終盤には自陣でこぼれ球を拾った遠藤がボールを奪われピンチになりかける場面もあったが、後半アディショナルタイム9分だった。コーナーキックのチャンスからこぼれたボールに遠藤が積極的なプレス。奪ったボールをマック・アリスターが浮き球で送ると、ヌニェスが劇的ゴールを叩き込み1-0の勝利を挙げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f08d8fe9c79a3edfc214f73d8cf3ddf88cce00a1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:34 | 大阪 ☀ | Comment(30) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、独1部ボルシアMGが獲得に興味 日本代表DF板倉滉が所属

ボルシアMGが鎌田に関心か ドイツの複数メディアが報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/7af135cc25c680a7658f759133f6d017c6e736e9
鎌田ラツィオ03.jpg


 サッカーのイタリア・セリエAでラツィオに所属するMF鎌田大地(27)に関し、ドイツ1部ボルシアMGが獲得に関心を示していると複数のドイツ地元メディアが1日に報じた。

 ビルト紙によれば、ボルシアMGは新規スポンサーからの資金投入を受けて改革に乗り出し、これまでにも補強の候補として名前が挙がっているドイツ2部デュッセルドルフのMF田中碧(25)に加え、鎌田にもアプローチしているという。同紙はラツィオとの1年契約が今夏で満了する鎌田がチームに加わった場合は「技術、スピード、得点力の完璧な組み合わせを持ち込むことになるだろう」と伝えている。


SS Lazio 鎌田大地 part69
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1707215163/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、PSG戦で再三決定機を演出も…モナコはPSGとの上位対決を0-0ドロー

モナコとPSGの一戦は互いにチャンスを生かせず痛み分け…南野は再三にわたって決定機を演出
https://news.yahoo.co.jp/articles/b57a99c0b75879a323bd8e358816d0433418afb6
南野23-24第24節ドリブル.jpg


リーグ・アン第24節が1日に行われ、モナコとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

 ここまで23試合を消化したリーグ・アンで12勝5分6敗を記録し、勝ち点「41」の3位につけているモナコ。今節も先発に起用された日本代表FW南野拓実は、25日に行われた前節RCランス戦で値千金の決勝点をマークしており、2月のクラブ月間MVPに選出されるなど好調を維持している。公式戦19試合無敗と圧倒的な強さを見せつけるフランスの“絶対王者”に対し、チームを勝利に導くことができるだろうか。

 試合は、5分にモナコが決定機を作り出す。中盤でマグネス・アクリウシェがボールを奪って素早く前線に繋ぐと、右サイドでパスを受けたウィサム・ベン・イェデルがダイレクトでDFラインの背後にボールを流す。抜け出したフォラリン・バログンが右足で強烈なシュートを放ったものの、GKジャンルイジ・ドンナルンマに防がれてしまった。

 16分には南野が魅せる。モナコが左サイドでコーナーキックを獲得すると、ショートパスでのリスタートを選択。アクリウシェがボックス手前で待ち受ける南野にパスを送り、トラップから右足でゴールを狙う。丁寧に放ったシュートは枠の右上を捉えたが、GKドンナルンマが右手一本でビッグセーブ。守護神の好セーブによって南野の得点とはならなかった。

 勢いに乗るモナコは、25分にハーフライン左でボールを受けたカッソム・ワタラが、前線に大きなロングパスを供給。バログンが体を張って収めると、相手とのコンタクトでこぼれたセカンドボールをベン・イェデルが拾い、冷静にGKをかわしてゴールに流し込む。しかし、オフサイドの判定が下され得点は取り消された。

 さらに、前半アディショナルタイムにも、左サイドで南野からパスを受けたワタラがシザースから鋭く縦に突破し、グランダーのクロスを供給。マイナスの位置でフリーとなっていたアクリウシェがダイレクトでシュートを放つが、またもGKドンナルンマに弾かれた。

 なんとか先制点を奪いたいモナコは、58分に左サイドでコーナーキックを獲得。ショートコーナーからボックス手前の南野に繋ぐと、滞空時間の長いボールをファーサイドに蹴り入れる。フリーとなっていたベン・イェデルが放った強烈なダイレクトボレーはクロスバーに直撃。オフサイドではあったものの、南野がモナコの決定機創出に貢献した。

 大きなチャンスを作れないPSGだったが、以降は再三に渡りモナコのゴールを脅かす。67分に中盤でボールを拾ったヴィティーニャが、ブラッドリー・バルコラとのワンツーで左サイドを突破。相手陣内深くまで運び、ペナルティエリア内に駆け上がってきたバルコラにリターンを送る。そのまま左足でシュートを放つが、モナコのGKラドスワフ・マイェツキに顔面でブロックされた。

 75分には、途中投入されたウスマン・デンベレがドリブルで中央を駆け上がり、DF3枚を振り切ってバイタルエリアに侵入。ボックス左角のバルコラに繋ぐと、背後からオーバーラップしてきたヴィティーニャへとパスを送り、右足でコントロールショットを放つ。しかし、GKマイェツキが再びビッグセーブを披露。PSGが大きなチャンスを逃してしまった。

 その後も、攻勢を強めたPSGだったが、最後まで得点は生まれず試合は終了。0−0のスコアレスドローで勝ち点「1」ずつを分け合う結果となった。次節、モナコは10日にホームでストラスブールと対戦。PSGはチャンピオンズリーグ(CL)を挟んで同じく10日にホームでスタッド・ランスと対戦する。

【スコア】
モナコ 0−0 PSG

【左再来タキ】AS Monaco 南野拓実 part1126
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1709328387/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:33 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、2月のクラブ月間MVPに輝く!得票率80%超で今季2度目の選出(関連まとめ)

【サッカー】南野拓実、2月のクラブ月間MVPに輝く!…得票率80%超で今季2度目の選出 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1709179802/
南野23-24第24節02.jpg
1: 久太郎 ★ 2024/02/29(木) 13:10:02.89 ID:/m/RY48k9.net

 モナコは28日、日本代表FW南野拓実が2月のクラブ月間MVP(最優秀選手)に選出されたことを発表した。

【動画】南野拓実がRCランス戦で見せた圧巻のパフォーマンス

 AFCアジアカップカタール2023から復帰した南野は、2月に行われた公式戦5試合に出場。同大会の準々決勝イラン戦の翌日に行われたリーグ・アン第20節ル・アーヴル戦で19分間ピッチに立つと、現地時間8日に行われたクープ・ドゥ・フランス・ラウンド16のFCルーアンでは先発出場を果たす。そして3日後のリーグ・アン第21節ニース戦では絶妙なクロスでアシストを記録し、チームの3−2の勝利に大きく貢献した。

 第22節トゥールーズ戦でもフル出場を飾った南野は、現地時間25日の第23節RCランス戦で躍動する。右サイドの攻撃的ポジションで先発に名を連ねると、30分にゴール前のこぼれ球にいち早く反応し、相手GKのオウンゴールを誘発。2−2で迎えた90+2分にはカットインから左足の強烈なシュートをゴール左隅に突き刺し、値千金の決勝点をマークした。また、得点には繋がらなかったものの、78分にはゴール前のルーズボールに素早く反応しPKを獲得。大車輪の活躍を見せ、試合後にはファン投票による同試合のMVPに選出された。

 過密日程のなかで印象的な活躍を披露した南野は、ファン投票による2月のクラブ月間MVPを受賞。得票率は実に80パーセント以上にまで上ったようだ。なお、同選手がクラブ月間MVPを受賞するのは昨年8月に続いて今シーズン2度目となっている。クラブは南野のパフォーマンスを称賛しつつ、「彼が80パーセント以上の得票率で月間MVPを受賞したのも驚きではない」と伝えている。

 モナコは現地時間3月1日に控えるリーグ・アン第24節で現在首位を快走中のパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦する。果たして“王者”相手に南野はどのようなプレーを見せるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9efb40887b8b401104f6c38793a7dfe1c828442



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小川航基、同点ハーフボレー弾で今季公式戦11点目!佐野航大は劇的逆転弾で加入後初得点!NECの逆転勝利と決勝進出に貢献(関連まとめ)

【サッカー】小川航基が今季11点目! 佐野航大は加入後初ゴール…逆転勝利のNECがカップ戦決勝進出 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1709087346/
小川23-24オランダ杯準決勝.jpg

1: 久太郎 ★ 2024/02/28(水) 11:29:06.55 ID:G/ACxnlD9.net

KNVBカップ準決勝が現地時間27日に行われ、FW小川航基とMF佐野航大が所属するNECはカンビュール(2部)と対戦した。

 エールディヴィジでは7位に留まっているNECだが、KNVBカップではローダやGVVV、ゴーアヘッド、ADOデン・ハーグを撃破しベスト4に進出。初優勝に向けて邁進している。決勝進出をかけて激突するのはカンビュール。現在は2部在籍ながら準々決勝では1部のフィテッセを撃破し準決勝に駒を進めた。小川は1トップ、佐野はダブルボランチの一角として共にスタメン入りを果たしている。

 序盤に主導権を握ったNECだったが、24分に右サイドからのクロスを起点にロベルツ・ウルドリキスにヘディングシュートを叩き込まれ1点ビハインドに。それでも60分、右からのコーナーキックにフリーで走り込んだ小川が右足のハーフボレーで合わせ、試合を振り出しに戻す。なお、小川にとってはKNVBカップ4試合連続ゴール、エールディヴィジを含めた全公式戦を通じて今シーズン11ゴール目となった。

 その後はスコアが動かず試合は1−1のまま延長戦へ突入。99分、右サイドを独力で突破したイヴァンドロ・ボルジェス・サンチェスがゴール前へグラウンダーのクロスを送ると、これに走り込んだのは佐野。ボックス中央から右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込み、NECが逆転に成功した。佐野にとっては嬉しい加入後初ゴールとなっている。

 試合はこのまま1−2で終了。逆転勝利を収めたNECが1999−2000シーズン以来となる決勝進出を果たし、初優勝に王手をかけた。NECは4月に行われる決勝戦でフェイエノールトvsフローニンゲンの勝者と対戦する。

【スコア】
カンビュール 1−2 NEC

【得点者】
1−0 24分 ロベルツ・ウルドリキス(カンビュール)
1−1 60分 小川航基(NEC)
1−2 99分 佐野航大(NEC)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1385f006266ff78a38848b1fe306be93c95dbbb




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:17 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋岡大樹デビューのルートン、マンCに2-6敗戦しFA杯敗退…ハーランドが圧巻5得点(関連まとめ)

ハーランド、マンCを勝利に導く衝撃5発! 橋岡大樹デビューのルートンを下してFAカップ準々決勝進出
https://news.yahoo.co.jp/articles/2bdd51472bc294161343a920cca219cf31cc7b16
橋岡23-24FA杯デビュー.jpg

 FAカップ5回戦が27日に行われ、ルートン・タウンとマンチェスター・シティが対戦した。

 現在プレミアリーグで18勝5分3敗という成績を収め、2位につけているマンチェスター・シティ。連覇を狙うFAカップでは、先月26日に開催された4回戦でトッテナムを1−0で下し5回戦進出を決めた。対するルートン・タウンは、リーグ戦で18位と降格圏に沈み苦しいシーズンを過ごしているものの、今大会では4回戦でエヴァートンを2−1で撃破しており、2021−2022シーズンぶりに5回戦へと駒を進めた。前回大会王者との一戦に、今冬から同クラブに加入した日本代表DF橋岡大樹は、移籍後初となるメンバー入りを果たしている。

 試合は、開始早々にマンチェスター・シティがスコアを動かす。3分に自陣深くでボールを持ったマヌエル・アカンジがドリブルで運びながらスルーパスを供給。左サイドを抜け出したマテウス・ヌネスから、内側のスペースを駆け上がってきたケヴィン・デ・ブライネに繋ぐと、ポケットからグランダーの折り返しを送り込む。ゴール前で待ち受けていたアーリング・ハーランドが、素早い動き出しでマーカーの前に飛び出し、左足でネットを揺らして先制点をマークした。

 勢いに乗るマンチェスター・シティは、18分にGKシュテファン・オルテガが前線にロングボールを蹴り入れると、ハーランドがハーフライン付近でDFをブロックしながらワンタッチでデ・ブライネに落とす。そのまま猛烈なスプリントで背後のスペースに走り込み、デ・ブライネのスルーパスから、GKの股下を通す強烈な一撃を叩き込んで追加点を奪取した。

 そんななか、マンチェスター・シティにアクシデントが発生する。38分にジャック・グリーリッシュが負傷したためプレー続行が困難に。チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・ファーストレグのコペンハーゲン戦で負傷交代したグリーリッシュだが、この試合でも悔しい形でピッチを去ることとなってしまった。すると、直後の40分にハーフライン手前でパスカットに成功したデ・ブライネが、ターンから前を向いて右足でスルーパスを送る。反応したハーランドがDFラインの裏へと抜け出し、GKを嘲笑うかのようなチップキックをゴールに流し込んで3点目を獲得した。

 一方のルートン・タウンも、前半終了間際の45分に中盤でインターセプトしたジョーダン・クラークが、ドリブルで前進して縦パスを差し込む。ロス・バークリーがキープしながら再びクラークに繋ぐと、ボールを持ち替えてボックス外から右足を振り抜く。シュートは鮮やかにゴールへと吸い込まれ、ルートン・タウンが1点を返した。さらに、52分にはマンチェスター・シティのGKオルテガのキックミスをバークリーが回収。混戦から浮き球のパスを送り、ペナルティエリア内に走ったクラークが豪快に沈めて1点差に迫る。

 しかし55分、カイル・ウォーカーのスルーパスに反応したデ・ブライネがGKと1vs1の局面を迎えると、冷静に横パスを選択してハーランドが4点目を記録。直後の58分にも、バイタルエリアで前を向いたベルナルド・シウバからパスを受けたハーランドが、ボックス左で強烈なシュートをお見舞い。GKの股下を抜いて、再びリードを3点差に広げた。

 62分からは、満を持して橋岡がピッチに投入される。サポーターの大歓声を受けながら、右ウイングバックのポジションについた。マッチアップしたジェレミー・ドクとバトルを繰り広げた橋岡だったが、72分にもマンチェスター・シティのマテオ・コヴァチッチから得点を奪われ、6−2で試合は終了。準々決勝進出を決めたマンチェスター・シティだが、ハーランドの挙げた5得点のうち、4得点のアシストはいずれもデ・ブライネがマーク。マンチェスター・シティの武器である“ホットライン”がクラブを勝利に導いた。

【スコア】
ルートン・タウン 2−6 マンチェスター・シティ

【得点者】
0−1 4分 アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)
0−2 18分 アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)
0−3 40分 アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)
1−3 45分 ジョーダン・クラーク(ルートン・タウン)
2−3 52分 ジョーダン・クラーク(ルートン・タウン)
2−4 55分 アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)
2−5 58分 アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)
2−6 72分 マテオ・コヴァチッチ(マンチェスター・シティ)

【サッカー】橋岡大樹がデビューのルートン、FA杯でマンCに2−6で敗戦。ハーランドに5ゴールを奪われる [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1709076644/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、108分まで出場し奮闘も…ソシエダはPK戦の末にマジョルカに敗れ国王杯は準決勝で敗退

久保建英、国王杯優勝の夢破れる。レアル・ソシエダがPK戦の末にマジョルカに敗戦…惜しくも決勝進出ならず
https://news.yahoo.co.jp/articles/94c1d4992eaf75328af72842a4c134689a92ec45
久保23-24国王杯準決勝第2戦ドリブル.jpg


27日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグ、レアル・ソシエダ対マジョルカは120分間を1-1で終えて、PK戦5-4でマジョルカが決勝進出を果たした。古巣との対戦となったソシエダMF久保建英は先発出場を果たし、延長戦前半の途中までプレーしている。

マジョルカ本拠地ソン・モッシュでのファーストレグを0-0で終えていたこの対戦。ソシエダ本拠地レアレ・アレナで行われたセカンドレグもファーストレグに続き、ソシエダがボールを保持してゴールを狙い、マジョルカが堅守速攻で応戦する展開となる。

いつものように右ウィングとしてプレーする久保はというと、コペテやライージョの徹底マークに遭って、やはり自由にプレーすることを許されなかった。久保の自由を奪い、ソシエダの攻撃の勢いを削いだアギーレ監督のマジョルカは、40分の速攻からこの試合の初の決定機を手に。しかしアブドンが放ったシュートはわずかに枠を外れる。

対するソシエダも、44分に千載一遇のチャンスを迎えた。久保のスルーパスからペナルティーエリア内右に侵入したスビメンディがクロスを送ると、ライージョのハンドを誘発してPK判定に。しかしながらキッカーのブライス・メンデスが放ったシュートは、GKグライフのセーブに遭った。前半は0-0のまま終了する。

後半、ファーストレグ合わせて140分近く動かなかったスコアがついに動いた。動かしたのは、マジョルカ。50分、左サイドを突破したジャウメ・コスタのクロスから、ジョバンニ・ゴンサレスがヘディングシュートでネットを揺らしている。

ビハインドを負ったソシエダは、久保がこれまで以上の気負いを見せてドリブル&クロスでチャンスを供給。だが最後のところで連係と精度を欠いて、ゴールの可能性を感じさせるまでには至らない。また64分にはマジョルカに速攻を仕掛けられ、ラリンがGKレミーロと1対1となる決定機を許したものの、ボールはわずかに枠を外れている。

0-2にされることなく何とか一命を取りとめたソシエダは、71分に1-1とすることに成功。ゴールを決めたのは、63分にザハリャンとの交代でピッチに立っていた負傷明けのエース、オヤルサバルだった。背番号10はB・メンデスのスルーパスからペナルティーエリア内に入り込み、右足のシュートでグライフを破っている。

ついに同点に追いついたソシエダはその後、久保のクロス、プレースキックから逆転ゴールを目指すもシュートを決められず。マジョルカも速攻からのチャンスを逸し、試合は1-1のまま90分間を終えて延長戦に突入している。

延長戦前半、ソシエダは久保が決定機を導く。ペナルティーエリア内右でボールを保持した久保がファーに向けてふわりとしたボールを送り、ミケル・メリーノがシュート。グライフがこれを弾くと、そこからエリア内が混戦に。そしてティアニーが放ったシュートをサムエル・コスタがクリアした際、すでにボールがゴールラインを割っていた可能性があったが、VARと相談したヒル・マンサーノ主審はノーゴールと結論付けている。

イマノル監督は104分、PK戦に入る前に決着をつける考えかM・メリーノと久保を下げてサディクとオラサガスティをピッチに立たせた。だが延長戦前半も延長戦後半も、ソシエダもマジョルカも決勝点を決めることはできず。結局120分間は1-1で終了し、勝負はPK戦に委ねられている。

PK戦1本目、先攻のソシエダはPKの名手オヤルサバルがまさかの失敗……。枠の右を狙ったシュートはグライフの横っ飛びに阻まれる。対して後攻のマジョルカはムリキが危うげなく決め切った。その後ソシエダはトゥリエンテス、オラサガスティ、スビメンディが連続でシュートを決めるもののの、マジョルカもモルラネス、マスカレル、ラドニッチがネットを揺らす。そして5本目、ソシエダはベッカーもグライフを破ったが、マジョルカもダルデルがレミーロからゴールを奪って、結局アギーレ監督のチームが5-4で決勝進出を果たしている。

マジョルカは決勝でアスレティック・ビルバオ対アトレティコ・マドリーの勝者と対戦。2002-03シーズン以来となるクラブ通算2回目の優勝を目指すことになる。一方ソシエダは、久保が日本代表としてアジアカップ優勝を果たせなかった代わりに、クラブでタイトルを獲得したいと息巻いていたが、コパで夢を叶えることはかなわなかった。


【Real】久保建英応援スレ part1223【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1709073204/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、腰を痛め今季絶望へ…デゼルビ監督「2〜3か月かかると思う」(関連まとめ)

【サッカー】三笘薫、腰の故障で今季絶望… 日本代表にも大打撃 デゼルビ監督「2〜3か月かかると思う」 [冬月記者★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1709052132/
三笘23-24-03.jpg

1: 冬月記者 ★ 2024/02/28(水) 01:42:12.46 ID:J+0MoR9k9.net

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f48971acee9f02ca105d1212c0b51404c4f6dae

三笘薫 腰痛で今季絶望…日本代表にも大打撃 デゼルビ監督「2〜3か月かかると思う」


 イングランド・プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫(26)は、今季中に復帰することが絶望的となった。ロベルト・デゼルビ監督が27日に明らかにした。

 クラブの公式ホームぺージによると、指揮官は28日のFА杯5回戦・ウルバーハンプトン戦に向けた前日会見で三笘について言及。

 「腰の故障だ。重要な問題だ。2〜3か月かかると思う」と語り、今季の残りを棒に振ることになるだろうと厳しい見通しを示した。

 三笘は18日のシェフィールド・ユナイテッド戦で、腰の痛みで後半途中に交代。1―1の引き分けだった24日のホーム・エバートン戦ではベンチ外で、デゼルビ監督は「三笘がいないのは問題だ。水曜(28日)に三笘がプレーできるかどうかは、わからない」と話し、復帰の見通しが立っていないことを示唆していた。

 これにより、3月21日(国立)と同26日(平壌)に予定される日本代表の2026年北中米W杯アジア2次予選・北朝鮮戦への参加も絶望的に。森保ジャパンにとってもエースの離脱は大きな痛手となりそうだ。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:01 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守田英正、絶妙クロスで同点弾アシスト!スポルティングは3-3ドローで連勝は8でストップ

【サッカー】MF守田英正が貴重な同点弾をアシスト…スポルティング、ドローに持ち込むも連勝は8でストップ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708942375/
守田23-24第23節.jpg
1: 久太郎 ★ 2024/02/26(月) 19:12:55.60 ID:dAj/wtpo9.net

[2.25 ポルトガル・リーグ第23節 リオ・アベ 3-3 スポルティング]

 スポルティングの日本代表MF守田英正が25日に開催されたポルトガル・リーグ第23節リオ・アベ戦で今季4アシスト目を記録した。

 前節モレイレンセ戦(○2-0)で今季2点目を記録した守田は2試合連続でスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は前半3分にリオ・アベに先制を許しながらも、9分に守田のクロスのこぼれ球をMFモルテン・ヒュルマンドが蹴り込んで追い付く。さらに44分には相手のミスを見逃さなかったFWビクトル・ギェケレシュがネットを揺らし、スポルティングが逆転に成功した。

 前半アディショナルタイムと後半22分にPKを決められ、再びリオ・アベにリードを奪われるが、28分に守田が貴重な仕事をやってのける。

 スポルティングのスローインになった瞬間、いち早くPA内左に駆け込み、フリーでボールを呼び込むと、振り向きざまにダイレクトでクロスを供給。反応したDFセバスティアン・コアテスが打点の打開ヘディングで叩き込んだ。

 守田の今季4アシスト目で同点に追い付いたスポルティングは3-3のドローに持ち込んだものの、リーグ戦の連勝は8でストップしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/727dcbd12776e3e961c4b5562012d7ad6ac180e7




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、ミランが獲得を狙う?FWレオン放出なら後釜候補に

【サッカー】「最高の後継者のひとり」ミラン、エース放出なら三笘薫が後釜候補と伊メディア報道!「魅力的な賭け」 [フォーエバー★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1708991584/
三笘23-24ガッツポーズ.jpg

1: フォーエバー ★ 2024/02/27(火) 08:53:04.18 ID:ak2qSr699.net

2/26(月) 19:16配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240226-00148630-sdigestw-000-5-view.jpg?pri=l
SOCCER DIGEST Web
首位インテルに13ポイント差の3位
三笘の評価額は下がっているとイタリアメディアは指摘した。(C)Getty Images

 プレミアリーグ有数のドリブラーとして活躍しているだけに、多くのクラブの関心を引きつけるのは当然だろう。ただ、移籍に向けて実際に動きがあるかどうかは分からない。

【動画】「ここ数年で最悪」元イングランド代表が猛批判した三笘への危険すぎるタックル

 イタリアのメディア『calciomercato.it』は2月25日、ブライトンの三笘薫がミランの補強ターゲットになるかもしれないと報じた。ラファエウ・レオンの後継者候補と見られている。

 2シーズン前にセリエAを制したミランだが、今季はチャンピオンズ・リーグでグループステージ敗退。リーグ戦でも消化が1試合少ない首位インテルに13ポイント差の3位と、覇権奪還への道は険しい。

 ヨーロッパリーグでタイトルを目指すミランだが、ステーファノ・ピオーリ監督の進退を巡る噂は後を絶たない。ピオーリ政権のサイクルは終わったとの声もあり、今季終了後の動きが注目される。そこには、チームの顔であるレオンの去就も含まれるようだ。


 大金と引き換えにエースを手放すとなれば、ミランは代わりとなるアタッカーが必要となる。calciomercato.itは、その候補のひとりが三笘だと報じている。

「今季は数字が少し普通となり、プレミアリーグ出場19試合で3得点、5アシストにとどまっている。スタメン出場も頻繁ではないことも言っておかなければいけない。だが、彼の力はレオンの最高の後継者のひとりとなる」

「数か月前なら評価額は5000万ユーロ(約77億5000万円)にもなったが、今はおそらくもっと低く、3000万ユーロ(約46億5000万円)+ボーナスほどかもしれない。ミランにとって魅力的な賭けであることは間違いないだろう」

 周知のとおり、三笘の移籍を巡っては、プレミアリーグの強豪たちやバルセロナといったクラブからの関心報道がある。ブライトンからのさらなるステップアップを図るうえで、イタリア移籍の可能性はあまり高くないと思われるが、今後進展があるのか注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cab9ab3c50de39611b4a0d15f1f9ac271d041b3c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:52 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、2ゴールで今節の仏紙ベスト11に選出!「素晴らしい左足シュート」(関連まとめ)

2発の南野拓実、第22節ベストイレブン選出 今季4度目「素晴らしい左足シュート」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7827b4b40a4d64e16a4f4291fbeb5af4523ba5bc
南野23-24第24節goal2.jpg


 25日に行われたリーグ・アン、RCランス−モナコ戦(2−3、ランス)で2ゴールを決めた日本代表MF南野拓実(29)が、同僚のシンゴ、マルセイユのオバメヤンらと共に26日フランス紙レキップの同リーグ第22節ベストイレブンに選出された。今季4度目のベストイレブン入りとなった。

 同紙は「試合は、偉大なタクミ・ミナミノの素晴らしい左足シュートでショーは締めくくられた」と称えた。また「相手GKが南野に接触してペナルティーが与えられた(78分)」が、その後バロガンのPKが止められたと伝えた。

 25日レキップ紙電子版は、南野に対して、モナコ右サイドバックのシンゴの8点に次ぐ、チームで2番目の評価を与えた。

 南野(7/10点)右サイドで非常に規律正しく、後楯としてバックアップを滞りなく遂行したこの日本人は、オフェンスでも2度決定力を発揮した。モナコの2点目の際、彼のシュートは、サンバ(相手GK)を手のミスへと追い込み(30分)、ステップオーバーでメディナを踊らせた後、左足の明快なシュートでダブルゴールに成功した(90+2分)。(松本愛香通信員)

【7G5Aタキ】AS Monaco 南野拓実 part1119
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1708880820/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)