アンテナ・まとめ RSS

2019年03月12日

本田圭佑「まだまだ伸びしろはある」じゅんいちダビッドソンも広島戦を観戦(関連まとめ)

【サッカー】<本田圭佑>同点弾も空砲!「まだまだ伸びしろはあると思っているんで、向上心を持って日々のトレーニングに励みたい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552392879/
本田2019ACL第2節試合後.jpg

1: Egg ★ 2019/03/12(火) 21:14:39.91 ID:UG4s7+Aa9.net

<ACL:広島2−1メルボルン・ビクトリー>◇1次リーグF組◇12日◇Eスタ

本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)はサンフレッチェ広島に1−2で敗れた。

キャプテンマークを巻いて先発出場した本田は1点を追う後半26分に同点ゴールを決めた。

▽メルボルンV本田圭佑の話 勝ちに来たんでそれが実現できずなかったことは言い訳できないですし、もう少しいいプレーをしたかった。(個人として)見に来てくれたファンのために少しでもいいプレーをできたらいいなという風に思ってプレーしていたので、それが結果が生まれないと意味がないと思っていたので非常に残念ですけど、少しでも見に来てくれてたファンが楽しかったならうれしい。まだまだ伸びしろはあると思っているんで、向上心を持って日々のトレーニングに励みたいと思います。

3/12(火) 21:09配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-03121369-nksports-socc

【サッカー】<ACL>本田が凱旋ゴールで存在感見せるも、サンフレッチェ広島が接戦制しACL初勝利!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552391456/





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、フェイスガード着用も開始5分で脱ぎ捨てる!フランクフルトはデュッセルドルフに敵地で3-0完勝(関連まとめ)

【サッカー】長谷部誠、フェイスガード付け出場も開始5分で脱ぎ捨てる!フランクフルトは敵地で3-0完勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552353802/
長谷部フェイスガード.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/12(火) 10:23:22.57 ID:0ISm4Yx09.net

試合開始5分でフェイスガードを脱ぎ捨てる!
 現地時間3月11日にブンデスリーガ第25節が行なわれ、フランクフルトはアウェーでデュッセルドルフと対戦し、3-0で勝利した。

 3月8日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)ラウンドオブ・16の第1レグ、ホームでのインテル戦、接触で鼻骨を骨折したと報じられたフランクフルトの長谷部誠はリベロで先発出場。鼻周りを保護するフェイスガードを装着してのプレーとなった。対するデュッセルドルフに所属する宇佐美貴史は、ベンチ外のため、出場しなかった。

 試合は開始早々、2連勝中のデュッセルドルフが勢いよく攻め込む展開に。2分、ホームチームのダビド・コフナツキがDFの裏に抜け出し、抑えたシュートでゴールネットを揺らす。だが、これはオフサイドと判定されノーゴールに。フランクフルトとしてはヒヤリとさせられる場面からスタートした。

 そんななか長谷部は、試合開始5分でフェイスガードを自ら脱ぎ捨て、保護のない状態で相手チームと対峙することを選ぶ。その後も試合終了までフェイスガード無しでプレーを続行した。

 その後、試合はフランクフルトが主導権を握る。守りを固めるデュッセルドルフに対し、アウェーチームは細かいパスを繋いで揺さぶりをかける。しかし、ボールを保持しながらも攻めあぐね、前線にロングボールを入れてロストし、素早いカウンターを食らうシーンもみられた。

 前線ではルカ・ヨビッチが奮闘し、32分、38分とCKから決定機を迎えるも、ゴールラインを割ることができなかった。

 スコアレスドローで折り返した後半、48分にフランクフルトは右サイドを駆け上がったダニー・ダ・コスタのクロスに、2トップの一角で先発したゴンサロ・バシレンシアが頭で合わせ、先制に成功する。

 1点を争い激しさを増していた61分、ピンチを迎える。ペナルティ・エリア内で、シュートコースに入ったDFマルティン・ヒンターエッガーのブロックがハンドとされ、主審はPKの判定を下す。しかし、これはVARによってハンドではないと判定された。

 終盤までデュッセルドルフのサイド攻勢に苦しむ時間帯が続いたが、フランクフルトは長谷部のほか、ヒンターエッガー、GKケビン・トラップら守備陣の好守が光り、失点を許さなかった。

 耐えたアウェーチームは、後半アディショナルタイム、72分にヨビッチと交代したセバスティアン・アレがDFの裏をとり、GK、DFをかわして冷静に蹴り込んだゴールで2-0に。その1分後には左サイドを駆け上がったフィリップ・コスティッチのクロスに再びアレが右足で合わせて3-0とし、試合を決めた。この2ゴールでアレは、今シーズンの得点記録を14ゴールに伸ばしている。

 負傷者を抱えたフランクフルトがアウェーでの勝利をもぎ取り、リーグ戦3連勝。いい流れでEL第2レグ、アウェーのインテル戦に向かうことになる。

 長谷部の負傷は気にかかるところだが、この試合でも気合いの入ったプレーでチームを鼓舞し、改めて欠かせない存在であることを証明している。果たして、背番号20がサン・シーロに立つ姿を見られるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00055375-sdigestw-socc

【得点者】
48分 0-1 パシエンシア(フランクフルト)
90分+1分 0-2 ハラー(フランクフルト)
90分+3分 0-3 ハラー(フランクフルト)

参考画像
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/55375_ext_04_0.jpg?v=1552339723



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

乾貴士、古巣エイバル監督と良い関係 メンディリバル監督「あいつは本当にくそったれだ(笑)」と祝福(関連まとめ)

乾貴士、ホーム初得点。古巣監督も 「あいつはくそったれだ」と祝福
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00010002-sportiva-socc
乾とメンディリバル握手.jpg



「あいつは本当にくそったれだ(笑)。ゴールを決めた後に謝りに来たんだよ。だったら決めんなって話だよ(笑)。我々のところ(エイバル)でプレーしていた時よりも、アラベスで多くの得点を決めている。ゴールの仕方はベティスで学んだんだろう。いや、ベティスでは試合に出てなかったから、エイバルで学んだのかな(笑)」

 バスク地方のダービーであるアラベス対エイバル戦。試合後の記者会見でエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が笑顔で話をすると、会見場に集まった記者からも笑い声が溢れた。

 この試合、乾貴士は主役となる活躍を見せた。

 58分、エイバルの右CKのこぼれ球は、乾からジョニーにつながり、アラベスのカウンターが発動する。ジョニーがボールを運んでいくのを乾が追いかけ、ジョニーはペナルティエリア付近まで進むと、エリア内に侵入した乾にパスをつなぐ。すると乾はエイバルのDFホセ・アンヘルを引き連れながらドリブルし、中央のボルハ・バストンを確認。そんな乾の動きにGKマルコ・ドミトロビッチが反応したが、乾はワンフェイトを入れて元チームメートを地面に転がし、無人となったゴールへと流し込んだ。アラベスの貴重な先制点だった。

 試合はその後、エイバルが同点ゴールを決めて1−1の引き分けに。前節ビジャレアル戦に続く2試合連続決勝ゴールとはならなかったが、ミックスゾーンでメディアに応対した乾には笑顔が浮かんでいた。古巣エイバルの選手たちやメンディリバルにチャチャを入れられると、乾はスペイン語で話をしていた。

「エイバルとの試合がイプルア(エイバルのホームスタジアム)でできないのは残念。イプルアに帰りたかった。ベティスはシーズンの終わりに(イプルアでエイバルと)対戦があるけど、アラベスは(エイバルと)もうホームでしか戦えなかったからね」

 この日のエイバル戦は、乾にとって特別な試合だった。古巣であり3年間を過ごした思い出の地というだけではない。乾がベティス移籍を決断した理由のひとつは、メンディリバルに出会い、その新たなサッカー観に触れたことにあった。声をかけられたベティスでも新たな経験ができると期待して、大好きなクラブを離れたのだ。

「勝ち点1だったけど悪くはないと思うし、いい試合はできたと思う。欲を言えば勝ちたかったけど、個人的な感想で言えば、引き分けでよかったかな」

 そんな愛するクラブとの対戦だったからこそ、いつもはチームの勝利を一番に望んでいる乾が、引き分けに満足感を抱いていた。

 欧州では、古巣との対戦で、たとえゴールを挙げても祝福せずにそっけない態度をとる選手も多い。だが、冒頭のメンディリバルの話のように、乾は自らのゴールを祝福した。その理由について乾は次のように語った。

「ホームなので。イプルアなら祝福はやらなかったけど、メンディソロサでの初ゴールだったので、そこは祝っておきたいと思いました」

 ゴールアナウンスが「Inuiiii(イヌイィィィー)」と声をかけると、スタンドからは「takashiii(タカシィィィー)」の声が。そんな掛け合いが何度も何度も繰り返された。すでに乾がアラベスサポーターの信頼と愛情を手にしていることがわかった。それだけでなく、乾がメンディリバルをはじめとした古巣エイバルの元同僚たちと、変わらぬ友情を保っていることを感じさせてくれた試合だった。

山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi

【サッカー】乾貴士、スペインのSNSで「Inui」がトレンドワードに!「メッシ級ゴール」「まさに魔法」など称賛続出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552182933/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司チャント、トルコでこだまする!劇的AT弾に現地サポ大興奮「キングありがとう」他、サンチョら元同僚が祝福

こだまする『シンジ・カガワ』のチャント。香川真司の“再生”は始まった。心も信頼も掴むAT劇的弾
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00010001-footballc-socc
香川2019第25節ゴール02.jpg

トルコ・スュペルリグ第25節、ベシクタシュはMF香川真司がアディショナルタイムに決勝ゴールを決めてコンヤスポルに3-2で勝利した。負傷の影響で75分からの途中出場となった香川だが、短い時間の中で結果を出した。チーム加入以降、これで3ゴール1アシスト。ファンの心もチームの信頼も確実なものとした。(取材・文:本田千尋)
●「100パーセントの状態ではなかった」ものの

 “再生”が始まっている。3月10日、淡いピンク色の夕暮れが優しく包むボルポラス海峡、そのほとりに佇むボーダフォン・アリーナーー。 

 辺りはすっかり漆黒の闇に覆われた、後半のアディショナルタイムのことだった。左サイドの高い位置で、アドリアーノとの連動でボールを奪った香川真司。

「良い形でアドリ(アドリアーノ)がボールを奪って、前を見た瞬間、最初、中にもね、ブラク(イルマズ)がいたのでパスも考えましたけど、ドリブルした瞬間に、いい視野に入れた」

 視界が開けた。ペナルティエリア内に突き進むと、ためらわず左足を振り抜く。ボールは敵のGKセルカン・キリンティリの股の下を射抜いて、サイドネットを揺らした。諦めかけた歓喜が爆発するアリーナ。湧き踊るアドレナリン。背番号23は、悠然とコーナーフラッグに向かって走った。 

 スュペル・リグ第25節、対コンヤスポル戦。香川真司に出場機会が巡ってきたのは75分のことだ。先制点を決めたアデム・リャイッチに代わり、トップ下で出場。背番号23は「100パーセントの状態ではなかった」という。

「正直、怪我をしていたので、ちょっとやはり100パーセントの状態ではなかった。なので、ちょうどこのぐらいの時間かなあっていうのは予測していました」

●「チームに与える影響も含めて大きい」

 すると直後、中盤からのロングボール一発で、モリケ・フォファナに右サイドを抜け出され、ベシクタシュは失点してしまう。ここ数試合の不安定な守備は相変わらず。手にしたはずの勝利が逃げて行こうとする、嫌な流れを目の当たりにした。だが、香川は、「チャンス」が来ると信じ続けた。自分の役割は「チームを勝たせること」。そう考えている。このまま試合をドローで終わらせていいわけがなかった。

「(香川投入時のスコアは)2-1だったので、入ってすぐに追い付かれたっていうのは、非常に難しいシチュエーションでしたけど、15分あったので、必ずチャンスはあるだろうな、と。それが最後に来ましたけど、それを信じ切れたことは非常に良かったと思います」

 信じた末に、最後の最後に訪れた「チャンス」。確実にモノにした香川は、「1つ非常に大きな自信に繋がる」と言う。

「(個で打開しようとしてゴールを)取り切るか取り切らないかっていうのは非常に大きくて、それを取り切ったっていうことは非常に、結果としても形としても、チームに与える影響も含めて、大きいのかなあと思います」

 ベシクタシュに期限付き移籍で加入して以来、定位置を確保し切れていない香川にとって、このコンヤスポル戦での“AT劇的弾”は、シェノル・ギネシュ監督、チームメイトたちから確固たる信頼を掴むために、大きなインパクトを残したに違いない。

●「代表戦まであと1試合しっかりとやり切って」

 そして何より、今季のボルシア・ドルトムントで出場機会を失った背番号23が輝きを取り戻すためには、毎試合のように結果を残していく必要はあるだろう。そういった意味では、フェネルバフチェとのダービーを除けば途中出場が続く中、5試合で3ゴール1アシストの結果を残してきたことで、“再生”は始まっていると言えるのではないか。

 香川によれば、コンディションは「さらに上がっていく」という。

「後半戦、1月下旬に加入して、チームが固まっている部分もあるので、多少なりの時間は必要ですし、ただそれにしっかりと結果が付いてきているっていうのは非常に大きいので、それは別に焦る必要はないですし。最終的に4月、5月が、僕自身の今の感じではピークに持っていくことができる感じはするので。3月、代表戦まであと1試合しっかりとやり切って、そこからさらに上がっていくんじゃないかな、と思います」

 試合が終わると香川は、ピッチを後にしながら、ゴール裏に向かって手を叩いた。

 『シンジ・カガワ』のチャントが広がり、漆黒の闇の中で光り輝くアリーナにこだまする。 

 コンヤスポル戦での“AT劇的弾”は、改めてファンの心も掴んだようだ。

(取材・文:本田千尋)


ベジクタシュ香川真司、“劇的決勝弾”にファン興奮 「サムライが救った」「偉大すぎる」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00175364-soccermzw-socc


負傷明けの香川が途中出場、決勝ゴールにファンも賛辞 「キング」「ありがとう」
 MF香川真司が所属するベジクタシュは現地時間10日、リーグ第25節でコンヤスポルと対戦し、3-2と勝利した。鼠径部を負傷して前節欠場の香川は後半30分から途中出場したなか、後半アディショナルタイムに決勝ゴールを叩き込んだ。クラブ公式ツイッターがゴールを速報すると、返信欄にはファンからの興奮コメントが相次いでいる。

 試合は前半14分、FWアデム・リャイッチのゴールでベジクタシュが先制。同19分、FWオメル・アリ・シャヒネルに被弾して追いつかれるも、同33分に相手ペナルティーエリア前で獲得したFKをFWブラク・ユルマズが沈め、ベジクタシュが2-1とリードした。 香川は後半30分から途中出場したなか、直後に相手FWモリケ・フォファナに同点ゴールを奪われ、2-2と振り出しに戻る。

 しかし後半アディショナルタイムに日本人MFが魅せた。敵陣でDFアドリアーノがボールをカットすると、こぼれ球を拾った香川がドリブルでペナルティーエリアに侵入。小刻みなタッチをしながら左足を振り抜き、強烈な一撃をゴール右隅に突き刺す。香川が決勝ゴールを挙げ、ベジクタシュが本拠地で3-2と勝利した。

 クラブ公式ツイッターは「GOOOOOOOOOOOOOOOOOL SHINJI KAGAWA」と記して、香川の写真とともに決勝ゴールを速報。すると返信欄には海外ファンから300近いコメントが殺到した。

「神が祝福」
「ARIGATO」
「俺たちのヒーロー」
「キャプテン翼」
「君は偉大すぎる」
「キング、ありがとう」
「サムライが救った」
「イェェェース」
「カガワ、来季移籍しないで」
「カガワがいなければ勝てなかった」

 チームに勝利をもたらした日本人アタッカーの働きをファンも称え、賛辞が増え続けている。怪我からの復帰戦で1ゴール、それも本拠地での決勝弾という最高の形で結果を残し、ファンに大きなインパクトを与えたようだ。

【ベシクタシュJK】香川真司part14 【黒い鷲】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1552234218/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都の1歳長男が可愛い過ぎると話題に!「U.S.A.」に合わせてダンス!120万再生突破

【サッカー】天使すぎる!長友が1歳長男の「U.S.A.」ダンス公開 再生回数115万越え
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552223652/
長友夫妻トルコ.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/03/10(日) 22:14:12.26 ID:rHD1D2xC9.net

3/10(日) 21:16配信
 サッカー日本代表DF長友佑都(32=ガラタサライ)が昨年大ヒットした「DA PUMP」の「U.S.A.」に合わせて踊る1歳長男の動画を自身のツイッターにアップ。10日午後9時現在で再生回数が115万回を越え、8万以上の「いいね」がつくなど大きな話題を呼んでいる。


 長友は日本時間9日夜、ツイッターに長男の動画をアップして「息子の大好きな曲。機嫌が悪くてもこの曲を聴くと治る」とツイート。「DA PUMPさん偉大だ」と両手を合わせる絵文字を添えた。

 動画は42秒間。自宅リビングと見られる室内に置かれたテレビ画面の中で「DA PUMP」の7人が「U.S.A.」ダンスを披露し、ボーカルを務めるISSA(40)の歌声が響く中、今年2月に1歳の誕生日を迎えた“バンビーノ”が一生懸命にひざでリズムを取り手を振る可愛い姿が映し出されている。動画のラストには長友の妻であるタレント平愛梨(34)のものと思われる「パチパチパチパチ〜…終わっちゃった!」という声も。

 この天使すぎる姿にフォロワーも「かわいい」「ちゃんと踊ってる」と大興奮。「うちもそう!子育てに欠かせない!」という同じ子育て世代からの声や「体幹がしっかりしてますね」とパパ譲りの体幹をほめる声なども届いた。

 そして、「DA PUMP」のDAICHI(30)からも「とってもごきげんですね」とコメントが。これには長友も「お世話になってます」と再度手を合わせる絵文字を添えて感謝のメッセージを返していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000181-spnannex-socc





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【救世主・香川】香川真司、チームを救う絶妙決勝ゴール!ベシクタシュはシーソーゲームを3-2勝利(関連まとめ)

【サッカー】香川真司、途中出場で決勝弾!ベシクタシュがシーソーゲームを制す/シュペルリグ第25節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552240843/
香川2019第25節ゴール雄たけび.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/11(月) 03:00:43.01 ID:BAHnwECa9.net

途中出場の香川真司が決勝弾!ベシクタシュがシーソーゲームを制す/シュペルリグ第25節

現地時間10日、トルコ・シュペルリグ第25節が行われ、香川真司の所属するベシクタシュはホームにコンヤスポルを迎えた。

前節、フェネルバフチェとのダービーでアシストを記録しながらも、守備面での物足りなさを指揮官より指摘された香川はベンチスタート。エースのブラク・ユルマズ、リカルド・クアレスマらが先発した。

立ち上がりから地力で上回るベシクタシュがペースを握り、14分には中盤でボールを奪うと、ユルマズからのスルーパスに抜け出したアデム・リャイッチがGKを嘲笑うかのようなチップキックで華麗に先制点を奪う。

あっさりリードを奪ったベシクタシュだが、3-0から追いつかれた前節のように、失点が多いのもベシクタシュの特徴の一つ。19分、ユルマズが中盤でボールを奪われ、デニ・ミロセヴィッチのスルーパスに抜け出したオメル・アリ・シャヒネルがシュート。コースは甘かったがGKロリス・カリウスは防ぎきれず、コンヤスポルが同点に追いつく。

33分、ゴール正面、約20メートルからのFK。ユルマズのキックは壁の上ギリギリを抜けてゴール右へと決まり、ベシクタシュが勝ち越しに成功する。

2-1のまま迎えた後半、58分にベシクタシュがリードを広げる絶好機を得る。高い位置でインターセプトしたアドリアーノがそのままゴール前へ突進。ユルマズが中で待っている状況の中、シュートを選択するが、これはGKにセーブされてしまう。

迎えた75分、リャイッチに代わって香川がピッチに登場する。試合を決める3点目が欲しいベシクタシュだが、香川の交代直後、ロングパスに抜け出したモリケ・フォファナが鮮やかなループシュートを沈め、再び試合を振り出しに戻した。

勝ち越したいベシクタシュはここから猛攻を仕掛けるが、77分にエリア内に侵入した香川のシュートはブロックしたDFに当たってコースが変わり、GKがかろうじてCKへと逃れる。82分には、左サイドを抜けた香川がファーサイドでフリーとなっていたクアレスマへとクロスを送るが、決定的なボレーは枠に飛ばない。

香川はその後も頻繁にゴール前に顔を出し、フィニッシュに絡む仕事をしようとするが、コンヤスポルも人数をかけて守る。このままドローかと思われた終了間際、高い位置でボールを奪うと、エリア内左にドリブルで侵入した香川が左足でシュート。これが逆サイドネットへと決まり、香川が劇的な勝ち越しゴールを奪う。結果、これが決勝ゴールとなり、香川のゴールでベシクタシュが勝ち点3を手にした。

■試合結果
ベシクタシュ 3-2 コンヤスポル

■得点者
ベシクタシュ:リャイッチ(14分)、ユルマズ(33分)、香川(90+3分)
コンヤスポル:シャヒネル(19分)、フォファナ(75分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010005-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:27 | 大阪 ☔ | Comment(30) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

吉田麻也、英国の永住権を取得「25%は英国人だと感じる」

【サッカー】<DF吉田麻也(サウサンプトン)>英国の永住権取得!「イングランド人だ」 すでに英語もマスター
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552190334/
吉田麻也サウサンプトン指示.jpg

1: Egg ★ 2019/03/10(日) 12:58:54.30 ID:tfEgfKoC9.net

サウサンプトンDF吉田麻也(30)が、英国での永住権を取得したと9日付英紙サン(電子版)が報じた。

吉田は12年からサウサンプトンに在籍している、アジア杯から戻った直後に永住権を取得。「これで公式にイングランド人だ。永住権を取得したからね。6年間待つことになったけど、試験にも受かった。 スピーキングやリスニングを含む『ライフインザUK』は、僕が過去に受けたテストの中で最悪だったよ。25%は英国人だと感じる」とインタビューに答えた。

また、サウサンプトンでのポジション争いに関しては「いつもタフな競争があった。これまでポジション争いをしてきたチームメイトを見ると、トットナムのトビー(アルデルワイレルト)、リバプールのロブレン、ファンダイクに関しては説明もいらないだろう。ジョゼ・フォンテは、欧州選手権優勝チームのメンバーだ。 環境が僕を強くしてくれたし、試合のプレーも向上させた。でも何試合かを戦い、何試合かをベンチと安定しない状態は難しい。それに代表戦に行って戻ってくるとポジションが奪われている。マジかよ、また一からやり直しかよ、って思うこともある」と続けた。

吉田は日本人選手としてプレミアリーグで最多出場記録を誇るほか、すでに英語もマスターしており、ピッチ上でも自信を持っている。(A・アウグスティニャク通信員)
  
3/10(日) 12:51配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-03100255-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190310-03100255-nksports-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、スペインで絶賛!「Inui」がスペインSNSでトレンドワード!「メッシ級のゴール」「あのフェイントはまさに魔法」

【サッカー】乾貴士、スペインのSNSで「Inui」がトレンドワードに!「メッシ級ゴール」「まさに魔法」など称賛続出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552182933/
乾拍手アラベス.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/03/10(日) 10:55:33.02 ID:k7FHbrjW9.net

乾貴士、スペインに旋風巻き起こす!「Inui」がSNSのトレンドとなり「メッシ級ゴール」「まさに魔法」など称賛続出

アラベスに所属する日本代表MF乾貴士が、スペインで時の人となっている。

乾は9日のリーガ・エスパニョーラ第27節、ホームに古巣エイバルを迎えた一戦で、チームの先制点を記録した。58分、速攻からMFジョニーが右サイドを突破し、ペナルティーエリア内右に走り込む乾にパス。ボールを受けた乾は一度フェイントを入れ、引っかかったGKディミトロビッチに尻餅をつかせると、ディミトロビッチとゴールポストの間にボールを通して見事ネットを揺らしている。前節ビジャレアル戦(2−1)で決勝点を記録した乾にとっては、これが今季2ゴール目となった。

その後アラベスはエイバルの同点弾を許してしまい、結局1−1で試合を終えることになったが、乾のゴールはスペイン国内に衝撃を与えている。

乾のゴール直後、スペインでリーガの試合を放送する『Beinスポーツ』の実況や解説は「センセーショナルなゴール」「見事なフェイント」など乾のフィニッシュを絶賛。それはSNSでも同じで、スペインの『ツイッター』では「Inui」がトレンドワードとなり「乾の今日のゴールはメッシ印」「あのフェイントはまさに魔法」「今節のベストゴールだろう」など称賛の言葉があふれた。

その一方で、乾が今季前半戦に在籍したベティスのサポーターらしき『ツイッター』ユーザーは、「なぜベティスは乾を生かせなかったのだろうか」「欧州カップ出場を争うライバルに何て贈り物をしてくれたんだ……」と、乾を生かすことができなかった自クラブに対して批判の矛先を向けていた。

またスペインのスポーツ紙『マルカ』の採点で、乾はジョニー、エイバルFWマルク・カルドーナと並び、最高点となる3点をつけられている。同紙は日本人MFのフィニッシュが「天才的」なものであったことを強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010009-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSKA西村拓真、移籍後初ゴール!ルビンカザン戦で先制弾で3-0完勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552145574/
西村2019CSKA初ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/03/10(日) 00:32:54.26 ID:k7FHbrjW9.net

「さすがサムライ!」「素晴らしいゴール」西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!!

現地時間3月8日にロシア・リーグ第19節が行なわれ、CSKAモスクワはルピンカザンをホームに迎えた。試合は3-0で勝利。先制点は、昨夏J1ベガルタ仙台から加入した西村拓真が決めた。西村にとっては、ロシアでの公式戦初ゴールとなる。

 長いウインターブレークから開けた前節、CSKAモスクワはアルセナル・トゥラに0-2で完敗。攻撃陣が度重なる決定機を逃し、1点も奪うことができなかった。

 攻撃陣の不振が嘆かれるなか、指揮官のヴィクトル・ゴンチャレンコは翌週のホームでの一戦に、西村を3トップ左に起用。これがピタリとハマった。

 西村はリーグ中断期間中のスペイン合宿で行なわれたテストマッチで、ゴールやアシストを記録するなど、好調を維持していた。この試合ではDFの裏を狙う動き出しと豊富な運動量で前線を活性化。試合開始早々から積極的な攻め上がりを見せ、得点の気配を漂わせた。

 16分、右ウイングバック・マリオ・フェルナンデスからのスルーパスを中央で受けた西村は、DFを引きはがしフリーでシュート。しかしこれはゴール右に切れる。3分後の19分にはFWヒョードル・チャロフのシュートをGKが弾いたボールを右で蹴り込むが、これはゴール左に外れてしまった。

 三度目の正直は24分、左サイド・ゲオルギ・シェンニコフのクロスをフェルナンデスが頭で折り返したボールを、中央のチャロフがスルー。空いたスペースに転がったボールを、走り込んだ西村が冷静に蹴り込み、ゴールネット右隅に突き刺した。

 ロシアに渡ってから、公式戦では初となるゴールを決めた西村は喜びを爆発。仲間からの手荒な祝福を受けた後はベンチのスタッフとハイタッチ。スタジアムには大勢のサポーターの叫ぶ「タクマ!」「ニシムラ!」の声が響き渡った。

 西村のゴールで完全に勢いづいたCSKAは、その後も攻め手を緩めないものの、決定機をものにすることができず、1点リードで折り返した。

 後半もホームチームの攻勢が続く。西村はゴール前で惜しいシュートを放つシーンもあったが、追加点を奪うことはできずに、66分でベンチにさがった。

 CSKAは83分にチャロフ、後半アディショナルタイムにヤカ・ビョルが追加点を決めて3-0とし、ウインターブレイク明け初の勝利をホームで記録した。

 試合後、日本人選手の初ゴールを報告する公式SNSアカウントには、完勝を喜ぶ現地サポーターから「さすがサムライ!賢い!」「タクマ!素晴らしい!」といった称賛の声が多数寄せられた。

 ロシアに渡って半年余り、ようやく待望の初ゴールを記録した西村。CSKAモスクワでの定位置確保へ、大きな一歩を踏み出したと言えるだろう。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=55269



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

【セクシー乾】乾貴士、絶妙フェイントでセクシーゴール!2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了!アラベスはエイバルと1-1ドロー(関連まとめ)

【サッカー】乾貴士が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了!アラベスとエイバルは1-1ドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552139632/
乾アラベス笑顔.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/09(土) 22:53:52.46 ID:AqT+aRAv9.net

乾が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了

ラ・リーガ・サンタンデール第27節アラべス対エイバルの一戦が現地時間9日(土)13:00(日本時間21:00)からエスタディオ・デ・メンディソローサで開催され、1-1で引き分けた。

元日本代表MFの乾貴士が2試合連続ゴールを決め、メンディソローサのファンを魅了した。

前節のビジャレアル戦で今季初ゴールとなる決勝点を記録した乾は、この試合でも右サイドハーフで先発起用され、フル出場を果たした。また、この試合は乾にとって昨シーズンまで所属したエイバルとの古巣対戦となった。

注目の乾の最初の見せ場は26分、ペナルティボックス内でパスを受け、得意な角度からシュートを放ったが相手DFにブロックされた。

38分には、乾同様古巣対戦のアラべスFWボルハ・バストンがボックス内で強烈なシュートを放つがGKがセーブした。

前半をスコアレスで折り返した両チームは、乾が49分に見せ場を作る。コーナーキックのサインプレーでボールを受けた乾は、右足を振り抜くがボールはわずかに枠を外れた。

そして乾がホームスタジアムのファンの前で輝きを放つ。58分、相手CKからのロングカウンターからジョニーのスルーパスを受けた乾が、巧みなキックフェイントでキーパーを欺き先制点をもたらした。(1-0)乾の2試合連続ゴールはメンディソローサでの初ゴールとなった。

失点を喫したエイバルは、バルセロナからローン移籍中のマルク・ククレジャを投入し攻勢を強める。リーガ4位のボール保持率を誇るエイバルは、71分にオレジャーナの折り返し途中出場のマルク・カルドナが決めて同点に追いついた。(1-1)
エイバル監督のホセ・ルイス・メンディリバルの采配が的中した。

試合はこのまま1-1で終了し、今季ホームのメンディソローサでは6勝5分1敗と無類の強さを見せるアラべスだがCLの出場権獲得に向け足踏みとなった。

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010016-sportes-socc



アラベス乾貴士2戦連発 古巣にセクシー先制弾 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-03091275-nksports-socc

<スペインリーグ:アラベス1−1エイバル>◇9日◇ヴィトリア

MF乾貴士が所属するアラベスはホームでエイバルに1−1で引き分けた。

乾はフル出場。後半13分にカウンターからペナルティーエリアの中でパスを受けて相手を1人かわした。その後にキックフェイントでGKの体勢を崩し、右足で流し込んだ。乾にとっては古巣相手のゴールで、前節から2戦連発。

だが、0−1の後半26分、エイバルのFWカルドナに同点ゴールを決められ追いつかれた。

アラベスは11勝8分け8敗、エイバルは8勝11分け8敗となった。

▽得点経過 後半13分【アラベス】乾、後半26分【エイバル】カルドナ
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:21 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

長谷部誠、独紙でELインテル戦チーム最高評価2.0「力強く、ハイレベルな守備を披露」フランクフルトとインテルは0-0ドロー

【サッカー】長谷部誠、ELインテル戦で独メディア最高評価!「力強く、ハイレベルな守備を披露」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552013438/
長谷部2019ELインテル戦ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/08(金) 11:50:38.26 ID:Bczl4r8I9.net

フランクフルトは7日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16ファーストレグでインテルと0-0で引き分けた。ドイツ紙『DIE WELT』は、試合内容を分析しつつ、長谷部誠の働きを称賛した。

ホームにインテルを迎えたフランクフルト。22分にPKを献上したものの、守護神トラップがセーブ。その後一進一退の攻防が続いたが、第1戦はスコアレスドローに終わった。

『DIE WELT』は、「強い雨と風が吹くブンデスリーガ5位とイタリア4位チームの対戦は、それぞれが相手にうまく適応した。前半はインテルのものだったが、後半はフランクフルトが明確にコントロールした」と分析している。

また、「インテルに与えられたPKを同じような場面がフランクフルトにあったが、笛は吹かれなかった」とし、「彼らの献身的な努力が報われなかったのは、サミール・ハンダノヴィッチの存在による」と、インテル主将のプレーを評価している。

そして、無失点は長谷部の奮闘も大きいと指摘している。

「インテルはフランクフルトの最大の強みを消すことに成功。3センターMFで中盤を支配し、ロングパスをほぼ収め、素早い攻撃を防いだ。そしてスイッチを入れる、またはポゼッションで安定させようと試みていた」

「フランクフルトは守備的ではあったが、長い時間安定した守備を見せた。特にマコト・ハセベとマルティン・ヒンターエッガーは力強く、高いレベルで守りきった」

「後半は状況が変わり、フランクフルトが攻勢。インテルは後半相手ボックス内に侵入することはほぼなかったが、守護神がチームを救った」

また、『spox』はトラップと並び最高タイの「2.0」と採点(ドイツの評価は1が最高、5が最低)。「力強いゲームだった。素晴らしいボディランゲージとコミュニケーション。リーダーシップを発揮した」と絶賛している。

第2戦は14日、インテルの本拠地ジュゼッペ・メアッツァで行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00010005-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

南野拓実、独1部レバークーゼンが獲得興味?ボルシアMGに続きブンデスクラブが熱視線

【サッカー】<南野拓実>ドイツの名門レバークーゼンが興味? 海外の移籍情報メディアが報じる...ボルシアMGに続いてブンデス勢が熱視線
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551948411/
南野拓実2019EL拍手.jpg

1: Egg ★ 2019/03/07(木) 17:46:51.95 ID:cV1uRUVV9.net

オーストリア1部のレッドブル・ザルツブルクに所属する南野拓実に、ブンデスリーガの古豪、レバークーゼンが興味を持っているようだ。イタリアの移籍専門情報サイト『CALCIOMERCATO』が報じた。

 南野はザルツブルクで5年目を迎えており、同クラブとの契約は2021年6月末となっている。

 クラブでは絶対的なレギュラーにはなりきれていないとはいえ、18年9月以降、森保ジャパンでは主力として小さくないプレゼンスを発揮し、移籍市場における評価は高まっている。

 つい先日も、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』が「ブンデスリーガのボルシアMGの獲得リストに南野拓実の名前がある」と伝えている。南野に興味を示していると報じられたドイツのクラブは、少なくともこれで2つめとなる。

 ザルツブルクは現在、オーストリア・リーグで首位を独走しているほか、ヨーロッパリーグ(EL)に参加中だ。ラウンド・オブ32ではベルギーのクラブ・ブルージュと対戦し、第1レグを1-2で落としたものの、第2レグでは4-0で快勝し、次ステージへの進出を決めた。現地時間3月7日にはラウンド・オブ16の第1レグ、イタリアの強豪ナポリと戦う。

 国内の強豪であり、ヨーロッパの舞台でも戦えるザルツブルクでプレーを続けるのも悪い選択肢ではないとはいえ、ステップアップを決断しても不思議はない。

 はたして、南野は来夏にブンデス挑戦を選択するのだろうか。

3/7(木) 17:39配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190307-00055121-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング