アンテナ・まとめ RSS

2019年01月04日

中島翔哉、ベンフィカ戦で追加点演出し勝利に貢献!マンUなど欧州クラブが視察

【サッカー】<中島翔哉>追加点演出で強豪ベンフィカ撃破に貢献!マンUも興味? 欧州各地から多数スカウトが視察
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546520107/
中島翔哉2019ベンフィカ戦.jpg
1: Egg ★ 2019/01/03(木) 21:55:07.00 ID:CAP_USER9.net

◆マンUも中島翔哉に興味? 欧州各地から多数スカウトが視察に訪れる日本代表MF中島翔哉を視察するため、

マンチェスター・ユナイテッドを含む複数のクラブがポルティモネンセのゲームを見守っていたようだ。ポルトガル『オ・ジョゴ』が伝えている。

ポルティモネンセは現地時間2日にベンフィカと対戦し、2-0の勝利を収めた。
このゲームを終えたあとでアジアカップに出場する日本代表に合流する中島は、これがポルティモネンセでのラストゲームとなる可能性も噂されている。

そのベンフィカ戦には、マンチェスター・ユナイテッド、サウサンプトン(イングランド)、アラベス、マジョルカ(スペイン)、フライブルク(ドイツ)、フェイエノールト(オランダ)のスカウトが訪れていたそうだ。
ベンフィカのMFジェイソン・フェルナンデスとDFルベン・ディアスも視察の対象だったが、メインの目的は中島だったという。

多くのクラブの関心を集める中島は、移籍金の高さがネックになっているとも伝えられている。
国内リーグやアジアカップでの活躍で、高額移籍金を払ってでも獲得したいと考えるクラブは出てくるだろうか。

1/3(木) 21:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190103-00303441-footballc-socc

◆中島翔哉、追加点演出で強豪ベンフィカ撃破に貢献も… 現地紙は「別れ」の可能性指摘

好パスでオウンゴール誘発し2-0勝利 ポルティモネンセでのラストゲームに?

ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が現地時間2日に行われたポルトガルリーグ第15節のベンフィカ戦に先発出場し、チーム2点目となるオウンゴールにつながるシュートを演出。
2-0での強豪撃破に貢献した。しかし、これからアジアカップ出場のために日本代表に合流する中島について、ポルトガル紙「レコルド」はこれがポルティモネンセでのラストゲームになる可能性について報じている。

【動画】中島のパスがオウンゴールを誘発… 「ポルティモネンセ×ベンフィカ」(2-0)ハイライト

2018年最終戦だった前節の敵地フェイレンセ戦(1-0)を欠場した中島。新年最初の試合となるベンフィカ戦もスタメンでピッチに立つと、
1-0で迎えた前半38分には前線への浮き球パスでFWジャクソン・マルティネスのシュートチャンスを演出。結果的にはオウンゴールという形になったが、中島のパスが貴重な追加点を導いた。ポルティモネンセは2本のオウンゴールで、2-0の勝利を収めている。

強豪ベンフィカ撃破に貢献した中島だが、このところは移籍報道が過熱。イングランドのウォルバーハンプトン、サウサンプトン、レスター・シティなど複数クラブが関心を持っているとされている。「レコルド」紙電子版は、現地時間2日に「中島の別れ」という見出しで報じており、「(中島は)ベンフィカ戦の後にアジアカップに向かう。問題は(ポルティモネンセに)戻ってくるのかどうかだ」と記し、
この冬のマーケットで移籍を決め、ポルティモネンセに戻ってこない可能性があるのでは、と指摘した。

中島に関しては、ポルティモネンセが契約解除金4000万ユーロ(約49億円)を要求しているとされ、これが移籍をするうえで大きなネックになっているとも言われている。
アジアカップ参戦によりポルトガルを離れる中島。ベンフィカ戦がポルティモネンセの一員としてのラストゲームになるのか。その去就には引き続き注目が集まる。

1/3(木) 12:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190103-00158892-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190103-00158892-soccermzw-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

吉田麻也、チェルシー戦のMOMに選出!英メディア「圧巻のパフォーマンス」インターセプトとクリア数は最多記録し無失点に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<DF吉田麻也(サウサンプトン)>英メディア「スカイスポーツ」のチェルシー戦MVPに!インターセプトとクリア数は最多記録
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546474773/
吉田とカンテ2019第21節.jpg
1: Egg ★ 2019/01/03(木) 09:19:33.65 ID:CAP_USER9.net

サウサンプトンは2日、プレミアリーグ第21節でチェルシーと0-0で引き分けた。この試合にフル出場したDF吉田麻也は、ディフェンス面で見事なスタッツを残している。


敵地スタンフォード・ブリッジに乗り込んだサウサンプトン。これまで4試合連続で失点していたチームだったが、チェルシーの攻撃を防ぎ続け、スコアレスドローで試合を終えた。4位相手に、敵地で勝ち点1ポイントを持ち帰っている。

この試合で3バックの真ん中でフル出場果たした吉田は、87分にはボックス内に侵入したカンテを吉田がタックルで防ぎ、さらに後半アディショナルタイムにもボックス内でアザールのドリブルを止めるなど存在感を放った。

『Opta』データによると、クリア「11回」、インターセプト「8回」は両チーム最多に。ブロック「2回」も両チーム最多タイと、ディフェンス面で見事なスタッツを記録。上位相手の無失点に大きく貢献している。

そんな吉田は、英『スカイスポーツ』では最多タイの「8」と採点され、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

1/3(木) 7:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000023-goal-socc



チェルシー戦のMOMは吉田麻也! 英国メディア「圧巻のパフォーマンス」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00885737-soccerk-socc

 サウサンプトンのDF吉田麻也が、イギリスメディア『スカイスポーツ』選出のプレミアリーグ第21節チェルシー戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。

 2日、4位チェルシーと17位サウサンプトンが対戦。チェルシーはベルギー代表MFエデン・アザールやフランス代表MFエンゴロ・カンテを中心に怒涛の攻撃を見せたが、試合はスコアレスドローに終わった。

 この試合で5バックの中央を担当し、フル出場でDFラインを統率した吉田は見事なパフォーマンスを披露。チェルシーの強力な攻撃陣をシャットアウトした。

 そして、カンテやアザールへのタックルで決定的なシュートを未然に防いだ吉田は今回『スカイスポーツ』の採点で最多タイの「8」をマーク。この試合のMOMに選出された。

『スカイスポーツ』は次のように吉田を評価している。

「経験豊富なサウサンプトンのディフェンダーはチェルシーのチャンスを潰し、プレミアリーグデビュー戦で忙しい夜を過ごすGKガンをも守る圧巻のパフォーマンスを披露した。また、試合終盤にはカンテのゴールを防ぐ素晴らしいタックルを炸裂。敵地でサウサンプトンが勝ち点を持ち帰るための重大な取り組みをした」

 なお、吉田の活躍もあり、サウサンプトンは10月以来のクリーンシートを達成している。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:48 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

中島翔哉、今冬移籍は契約解除金50億円が支払われた場合のみ移籍可能に!ポルティモネンセが満額支払を要求(関連まとめ)

【サッカー】<中島翔哉(ポルティモネンセ)>契約解除金満額の50億円が支払われた場合のみ移籍!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546396231/
中島2018ポルト戦.jpg
1: Egg ★ 2019/01/02(水) 11:30:31.60 ID:CAP_USER9.net

ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の高額な移籍金に注目が集まっている。

昨シーズンからポルトガルリーグのポルティモネンセでプレーする中島。今シーズンからは10番を背負い、ここまでリーグ戦で5ゴール5アシストを記録するなどエース級の活躍を見せる。

プレミアリーグのウォルヴァーハンプトン移籍の可能性が高いと伝えられてきたが、ここに来て契約解除金である4000万ユーロ(約50億円)をウルブスは払う意思がないとされる。

さらに、ポルトガル『A Bola』によると、レスター・シティも中島の獲得を狙っているが、やはり4000万ユーロを支払えた場合のみ、移籍が成立するようだ。

経済的に豊かではないポルティモネンセはあくまでも契約解除金満額を要求する模様で、その条件を満たせるかが今冬の移籍のカギとなるようだ。

ポルト、ベンフィカ、セビージャといったクラブも興味を寄せる中島。どのクラブが50億円を支払うことになるのだろうか。

1/2(水) 11:20配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000001-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190102-00000001-goal-000-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

長谷部誠、独キッカー誌で前半戦ベスト11に選出!採点平均でDF部門の最高点に

【サッカー】長谷部誠はブンデス今季前半戦のベストDF!独誌で単独トップの平均点&ベスト11に選出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546312141/
長谷部誠2018フランクフルト指示.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/01/01(火) 12:09:01.52 ID:CAP_USER9.net

圧巻の前半戦に
フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は、ドイツ誌『キッカー』が選んだブンデスリーガ2018−19シーズン前半戦のベストイレブンに名を連ねた。

昨年のロシア・ワールドカップ後に代表からの引退を表明した長谷部だが、フランクフルトでは9月20日のヨーロッパリーグ・マルセイユ戦以降は16試合に連続でフル出場。バイエルン・ミュンヘンへと去ったニコ・コバチ監督の後任にアディ・ヒュッター監督を迎えてからもリベロとして群を抜く存在感を発揮し、秋には公式戦11試合負けなし(10勝1分け)に貢献。6位で折り返したチームの躍進において欠かせない存在となった。

そんな長谷部は、先日の高級紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』に続き、『キッカー』のベスト11にも選出されることに。今シーズン前半戦にブンデスリーガで評価対象となった全フィールドプレーヤーの中で「2.73」と7位の平均点を叩き出し、DFとしては単独トップの成績に。同僚のリーグ得点ランキング1位タイのFWルカ・ヨヴィッチと5位セバスティアン・アレルらとともにベスト11に選ばれた。

なお『キッカー』が選んだ前半戦のベスト11は以下の通り。

GK
ロマン・ビュルキ(ボルシア・ドルトムント、『キッカー』平均点2.53)

DF
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ、2.83)
長谷部誠(フランクフルト、2.73)
ダン=アクセル・ザガドゥ(ボルシア・ドルトムント、2.94)

MF
ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント、2.65)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン・ミュンヘン、2.64)
ケレム・デミルバイ(ホッフェンハイム、2.45)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント、2.68)

FW
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト、2.58)
セバスティアン・アレル(フランクフルト、2.77)
パコ・アルカセル(ボルシア・ドルトムント、2.61)

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010000-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:27 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、大晦日に突然愛を叫ぶ「お前ら全員愛してるぞ!w」

【サッカー】<本田圭佑>「お前ら全員愛してるぞ」ホロ酔いツイート
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546256633/
本田メルボルン入団式.jpg
1: Egg ★ 2018/12/31(月) 20:43:53.48 ID:CAP_USER9.net

オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑(32)が大みそかに、突如、愛を叫んだ。

12月31日、ツイッターで突然「日本人の皆さん、今年もありがとうございました。ちょっとホロ酔いの勢いで言うけど、お前ら全員愛してるぞ!w」とつぶやいた。

18年は集大成と位置付けたワールドカップ(W杯)ロシア大会など、大舞台があった。日本より2時間進んでいるメルボルンからの、締めのあいさつだった。

12/31(月) 20:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00433631-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181231-00433631-nksports-000-view.jpg





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

日本サッカー更なる高みへ!2018年総まとめ!海外の日本人選手の活躍&ロシアW杯の日本代表(関連まとめ)

日本サッカー更なる高みへ!2018年総まとめ!日本人選手の活躍
乾ベルギー戦ゴール.jpg

管理人:2018年に日本代表や海外クラブに所属する日本人選手の記事で印象に残ったものを載せてあります。
一記事あたりのレスは少なめですが、いくつか載せてあります。

お蔭様で今年も1年間ブログ更新を
続けることができました。
これも一重に皆様のおかげです。
皆様の叱咤激励のお言葉は
まだまだ至らぬ管理人にとって
本当に励みになりました。
心より御礼申し上げます。

今年の更新は一先ず終了とさせていただきます。
また来年お会いしましょう。
それでは皆様良いお年を。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:25 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

長谷部誠、今季前半の独高級紙ベスト11に選出!「リベロという言葉がぴったり」

【サッカー】長谷部がドイツの高級紙による前半戦ベストイレブンに選出「“リベロ”という言葉がぴったり」 元ドイツ代表DFも称賛
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545895387/
長谷部2018拍手.jpg
1: pathos ★ 2018/12/27(木) 16:23:07.72 ID:CAP_USER9.net

元日本代表MFの長谷部誠はドイツの高級紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング(SZ)』が選んだ今シーズン前半戦のチームに名を連ねた。

今夏のワールドカップ後に代表からの引退を表明した長谷部は今シーズン、フランクフルトで9月20日のヨーロッパリーグ・マルセイユ戦以降、16試合連続でフル出場している。バイエルンへと去ったニコ・コバチ監督の後任、アディ・ヒュッター体制ではリベロとして君臨。9月30日〜11月29日までの公式戦11試合負けなし(10勝1分け)に貢献し、チームの躍進において欠かせない存在となっていた。

そして、『SZ』もそんなベテランのパフォーマンスを高く評価し、今シーズン前半戦の「ベスト11」(実際には12人)に選出。首位を走るドルトムントからは4人、2位ボルシア・メンヒェングラットバッハ、6位フランクフルトからはそれぞれ2人が含められたこのリストだが、長谷部については次のようなコメントが記された。

「“最後のリベロ”と呼ばれてきた選手は少なくない。クラウス・アウゲンターラー、ローター・マテウス、イェンス・ノヴォトニーもその対象とされていたが、ここにきてこの肩書きの候補として違ったタイプの選手が現れている。もちろんマコト・ハセベは過去のアウゲンターラーやマテウス、ノヴォトニーとは一味異なるプレーを見せている。だが、フランクフルトの3バックの中央でプレーするこの日本人を目にすれば、その落ち着きぶりや技術、視野の広さを受け、“リベロ”がまさに彼がやっていることを的確に表現する言葉であることに気が付くかもしれない」

「前半戦において、彼はフランクフルトのサプライズシーズンに大きな要因となるほど、その役を上手くこなした。そして、今後ももう少しばかりかこの調子で続けることが考えられる。契約は延長となったハセベは現在34歳で、過去の多くの選手にとって、リベロとしての最高な時期が始まった年齢となっている」

なお『SZ』が選んだ前半戦のベストチームは以下の通り。

GK
ペテル・グラーチ(RBライプツィヒ)

DF
アクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント)
長谷部誠(フランクフルト)
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)

MF
アクセル・ヴィツェル(ボルシア・ドルトムント)
マルコ・グルイッチ(ヘルタ・ベルリン)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)
ヨーナス・ホフマン(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)

FW
ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
パコ・アルカセル(ボルシア・ドルトムント)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010008-goal-socc
今季前半戦の長谷部誠に「脱帽する!」…フランクフルトOBの元ドイツ代表DFが称賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010012-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

アーセナル、開始早々オバメヤン先制ゴールもブライトンに追い付かれ1-1ドロー

開始早々にオーバメヤン弾も…アーセナル、ブライトンに追いつかれて痛恨ドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-12631048-gekisaka-socc
オバメヤン2018第19節ドリブル.jpg

[12.26 プレミアリーグ第19節 ブライトン1-1アーセナル]

 アーセナルは26日、プレミアリーグ第19節でブライトンのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。

 前節バーンリーを3-1で下し、連敗を免れたアーセナルは、先発を3人変更。DFナチョ・モンレアルとMFエインズリー・メイトランド・ナイルズ、MFモハメド・エルネニーに代え、DFローラン・コシールニーとDFステファン・リヒトシュタイナー、MFルーカス・トレイラを起用した。

 アーセナルは前半7分、PA内でボールを奪ったFWアレクサンドル・ラカゼットが相手に囲まれながらもボールをキープ。左に流したボールをFWピエール・エメリク・オーバメヤンが冷静に右足シュートを決め、幸先よく先制に成功した。

 しかし、前半35分に左CKからカウンターを浴び、ロングボールをリヒトシュタイナーが後方にそらしてしまうと、飛び出したGKベルント・レノもかわされてFWユルゲン・ロカディアに無人のゴールに決められ、同点に追いつかれてしまった。

 アーセナルは後半開始からMFメスト・エジルに代えてFWアレックス・イウォビを投入。17分にMFアーロン・ラムジー、25分にはメイトランド・ナイルズを入れたが、勝ち越しゴールを決めることができず、1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

 なお、アーセナルはシーズン前半を11勝5分3敗で終えた。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1321】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1545850329/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:35 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、ペレイラ豪快ミドルでマンCに逆転勝利!マンCはまさかの連敗で3位転落 岡崎慎司は後半途中出場(関連まとめ)

【サッカー】王者マンチェスター・Cがまさかの連敗で3位転落…レスターがペレイラの豪快弾で逆転勝利!岡崎慎司は88分から途中出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545864727/
ペレイラ2018第19節ゴール.jpg

1: pathos ★ 2018/12/27(木) 07:52:07.29 ID:CAP_USER9.net

14分にB・シルバのゴールで先制したマンCだったが、その5分後にオルブライトンに同点弾を奪われ、前半は1-1で折り返す。後半もボールを保持して試合を進めるが、固い守備を見せるレスターを崩しきれない。

すると81分、耐え続けていたレスターが逆転に成功。CKのこぼれ球から、ペレイラがボックス外から豪快なミドルシュートを叩き込んだ。

苦しい展開となったマンCは、89分にデルフが危険なタックルで一発退場に。更に厳しい状況に追い込まれる。

試合はこのまま終了。マンCは前節のクリスタル・パレス戦(2-3)に続き、連敗となった。なお、岡崎慎司は88分から途中出場を果たしている。

マンCは前節に続き連敗を喫し、同日に勝利したトッテナムにかわされ3位に転落。首位リヴァプールとの差は「7」に広がった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000025-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ロブレン先制弾などゴールラッシュで武藤先発のニューカッスルに4-0完勝!開幕無敗で首位キープ(関連まとめ)

首位リヴァプールが4発快勝で無敗継続!武藤8試合ぶり先発のニューカッスルを圧倒/プレミアリーグ第19節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000024-goal-socc
クロップ2018第19節勝利.jpg

プレミアリーグは26日に第19節が行われ、リヴァプールとニューカッスルが対戦した。

毎年クリスマスの翌日、26日の“ボクシング・デー”に試合が行われるプレミアリーグ。他リーグはウィンターブレイクに入る中、イングランドではクリスマス翌日〜年始にかけて中1〜2日で連戦が続くなど、シーズンで最も過密な日程が続くことになる。

そんな伝統の“ボクシング・デー”で、今季未だ無敗で首位を走るリヴァプールは、本拠地アンフィールドにニューカッスルを迎えた。リヴァプール時代にチャンピオンズリーグ制覇を達成したベニテス監督にとっては、かつてのホーム凱旋試合となっている。

リヴァプールはサラー、マネ、フィルミーノ、シャキリを同時起用。ニューカッスルでは、武藤嘉紀が第11節以来8試合ぶりに先発出場を果たした。

試合序盤は武藤がドリブルで持ち運ぶシーンが何度かあったが、やはり主導権はリヴァプール。11分には、CKのこぼれ球をロブレンが叩き込み、先制点を手にする。前半はリヴァプールが圧倒し、1-0で折り返す。

後半開始早々、リヴァプールは追加点を奪うことに成功。ドリブルで仕掛けたサラーが倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務めて2点目を奪った。サラーは2試合連続、得点ランク首位に並ぶ12ゴール目となった。

その後も圧倒するリヴァプールは、ほとんどの時間相手陣内でプレーする。79分にはシャチリが3ゴール目。さらにファビーニョが追加点を奪い、相手に反撃を許さず4-0で快勝を収めた。

開幕から無敗を継続するリヴァプールは、19節終了時点で勝ち点「51」に到達。首位をキープしている。

■試合結果
リヴァプール 4-0 ニューカッスル

■得点者
リヴァプール:ロブレン(11分)、サラー(48分)、シャチリ(79分)、ファビーニョ(85分)
ニューカッスル:なし


〓〓 Liverpool FC 〓 1028 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1545838438/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

中島翔哉、ウォルバーハンプトン等が獲得断念か?代表招集による長期離脱を懸念(関連まとめ)

【サッカー】<中島翔哉の獲得を断念? >ウォルバーハンプトン(愛称:ウルブス)などが、代表招集による長期離脱を懸念
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545710944/
中島翔哉2018ポルティモネンセトラップ.jpg

1: Egg ★ 2018/12/25(火) 13:09:04.62 ID:CAP_USER9.net

ポルトガル1部のポルティモネンセに所属する24歳の日本代表MF中島翔哉を狙っていたプレミアリーグのウォルバーハンプトン(愛称:ウルブス)などが、ここにきて補強ターゲットを別の選手にかえたようだ。24日に英メディア『スポーツ・ウィットネス』が報じている。

 先日、ポルティモネンセのロドネイ・サンパイオ会長が「まだ100%完了はしていないが、1月にも可能性はある。論点は契約解除金の全額を支払うかどうかだ。まだ完了はしていないが、中島は80%ウォルバーハンプトンの選手だ」と語った事で、ウォルバーハンプトンへの移籍が近づいたと考えられていた。

 だが、ウォルバーハンプトンやサウサンプトンが、補強ターゲットを別の選手にかえるかもしれない。同メディアによると、両クラブは中島の日本代表招集による長期の離脱を懸念しているという。

 アジアカップは1月5日に開幕するが、決勝戦まで進めば2月1日までクラブの活動に戻ることは出来ない。即戦力を求めている両クラブにとって、それは痛いようだ。ウォルバーハンプトンはライプツィヒ所属のブルーマに興味を示しているとのこと。

12/25(火) 13:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-00302453-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:11 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井宏樹、仏紙で2018年ベスト11候補にノミネート!「決して努力を怠らない」

【サッカー】マルセイユDF酒井宏樹が仏紙の2018年ベストイレブン候補に!「決して努力を怠らない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545707507/
酒井宏樹2018マルセイユ正面.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/12/25(火) 12:11:47.21 ID:CAP_USER9.net

マルセイユDF酒井宏樹が、フランス紙『レキップ』の2018年ベストイレブン候補にノミネートされた。

2016年にマルセイユへ加入した酒井。加入直後からレギュラーの座をつかむと、2017-18シーズンには公式戦通算50試合に出場した。リュディ・ガルシア監督の信頼を完全に掴み、本職の右サイドバックだけでなく、左サイドバックやセンターバックとしてもプレー。クラブのヨーロッパリーグ決勝進出やリーグ戦4位フィニッシュに大きく貢献した。

今季もここまで公式戦17試合に出場する酒井だが、その活躍から『レキップ』の選ぶ2018年ベストイレブンの右サイドバック部門でノミネートされている。

寸評では「決して努力を怠らない。この日本人はマルセイユのピッチ上で少なくとも良いプレーを見せている。右サイドと同様、左サイドでも機能する」としている。

なお、その他トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)やラファエル(リヨン)、酒井と同僚のブナ・サールなど10選手がノミネート。読者による投票は、フランス時間28日の20時まで行われている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00010006-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング