アンテナ・まとめ RSS

海外の日本人選手

鎌田大地、2戦連発でブンデス公式MOMに選出!今季目標の公式戦での2桁得点達成

鎌田大地、2戦連発で「目標達成」今季公式戦10点目…MOMに選出
https://news.yahoo.co.jp/articles/174bd59e46a9480b84a0850585e4dcd32dab9e36
鎌田2020第29節ゴール02.jpg


◆ブンデスリーガ第29節 ウォルフスブルク1―2フランクフルト(30日、ウォルフスブルク)

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地(23)が敵地のウォルフスブルク戦に先発し、後半40分に2試合連続ゴールとなる決勝点を挙げた。リーグは2点目だが、カップ戦を含めて公式戦2ケタ得点を達成。リーグ公式サイトはマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出した。MF長谷部誠(36)も3バックの中央でフル出場し、7試合ぶりの勝利に貢献。残留争いから一歩抜け出した。

 目標としていた数字にたどり着いた。1―1の後半40分、後ろからペナルティーエリアに走り込んだ鎌田は、折り返しを左足で流し込んだ。リーグ初得点を挙げた5月26日のフライブルク戦に続く連続弾。カップ戦を含め今季公式戦10点目となり、チームに7試合ぶりの白星をもたらした。試合後、自身のツイッターで「大事な勝ち点3。とりあえず今シーズン目標にしていた2ケタ得点も達成」と喜んだ。

 ブンデス公式サイトはMOMに選出。「ヒュッター監督が率いるチームに7試合ぶりの勝利を与えた」と評した。また、大衆紙「ビルト」もチームトップタイとなる2点(最高が1、最低が6)をつけるなど、現地メディアも高く評価した。

 特異な形でのシーズン2ケタ得点だ。リーグ戦こそ2得点だが、国内カップ戦で2得点、欧州リーグに至っては6得点をマークしている。しかも、昨年11月28日には強豪アーセナル(イングランド)相手に2得点、2月20日の決勝トーナメント1回戦ではザルツブルク(オーストリア)相手にハットトリックを達成。チームでの評価は高かったが、ブンデスでは不思議と得点できていなかった。「僕は中学の時に(G大阪)ユースに上がれなかったり、小さい時からエリートではない。我慢できる力というのは人より強いと思っている」と辛抱強くやり続けたことで結果が伴ってきた。

 ベルギー1部シントトロイデンにいた昨季も公式戦13得点を挙げており、2年連続での公式戦2ケタ。「1点取れれば、さらにゴールを奪えると確信していた。フライブルク戦のゴールが多くの自信を与えてくれた」と自信を深めており、まだ勢いは止まらなそうだ。

 ◆欧州での日本人選手の主な同一シーズンの公式戦2ケタ得点

 ▼ドイツ フランクフルトのFW高原直泰が、06―07年シーズンにリーグ戦11得点を含む公式戦17得点をマーク。ドルトムントではMF香川真司が10―11、11―12、15―16年と3度の公式戦2ケタを記録。FW岡崎慎司もマインツで13―14、14―15年にリーグ戦で2年連続2ケタを挙げている。

 ▼イタリア 98―99年シーズンにペルージャ1年目のMF中田英寿が、欧州主要リーグでは日本人初となる10得点をマーク。

 ▼オランダ ハーフナー・マイクが、フィテッセとデンハーグで2度ずつ記録。15―16年のリーグ16得点は、欧州主要リーグでは日本人トップ。MF堂安律もフローニンゲン時代の17―18年に、国内カップ戦を含め公式戦10得点を挙げている。

 ▼ポルトガル ポルティモネンセのMF中島翔哉が、17―18年シーズンにリーグ10得点&12アシストを記録。

Eintracht Frankfurt  鎌田大地 Part6
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1588983856/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:18 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、絶妙パスで今季2アシスト目!ハノーファーは1-3敗戦し再開後初黒星

好調の原口、今季2アシスト目マークも…ハノーバーは黒星
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d25e5945d29c8c1164a69cb149121e5ee42377b
原口2020第29節ドリブル.jpg


◇ドイツ2部リーグ・第29節 ザントハウゼン3―1ハノーバー(2020年5月30日 ザントハウゼン)

 ドイツ2部ハノーバーの日本代表MF原口元気(29)が今季2アシスト目をマークした。

 30日、アウェーのザントハウゼン戦にトップ下で先発し、2試合連続のフル出場。0―2の後半13分、味方の得点をアシストした。アシストは昨年12月21日のシュツットガルト戦以来、今季2つ目。再開後3試合で1得点1アシストをマークしている。チームは1―3で敗れた。

 FW宮市亮(27)が所属するザンクトパウリはアウェーでカールスルーエと1―1で引き分け。練習で膝を負傷したと報じられていた宮市はベンチ外だった。


過密日程も好調…原口元気が追撃弾アシスト! ハノーファーは再開後初黒星
https://news.yahoo.co.jp/articles/76c0da64160716b81400ab5608dd0c318deb9e6f

[5.30 ブンデスリーガ2部第29節 ザントハウゼン3-1ハノーファー]

 ブンデスリーガ2部は30日、第29節を行い、MF原口元気が所属するハノーファーはザントハウゼンに1-3で敗れた。原口は4試合連続で先発し、フル出場を果たしている。

 1週間で3試合目という過密日程の中、原口は連続先発で好調をキープし、前半からチャンスに顔を出す。ハノーファーは0-0で折り返した後半立ち上がりに連続失点を喫したが、原口が得点に絡んだ。後半13分、左サイドからのスローインを受けた原口はグラウンダーのスルーパスを通し、FWヨン・グイデッティのゴールを演出した。

 追撃弾から次の1点を目指したが、前がかりになったスペースを使われ、後半37分にMDフィリップ・ティルピッツにダメ押し弾を許し、万事休す。ハノーファーは1-3で敗れ、再開後初黒星を喫した。

※レスの数は少なめですが、ご容赦ください

ネットでサッカー観戦◇2020-07
http://hayabusa5.2ch.sc//test/read.cgi/livefoot/1590240704/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅野拓磨、絶妙ヒールパスなど1ゴール1アシストでパルチザンの再開初戦の勝利に貢献!(関連まとめ)

【サッカー】パルチザン浅野拓磨が1G1Aの活躍で再開初戦の勝利に貢献!《セルビア・スーペルリーガ》 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590887070/
浅野拓磨2020再開初戦ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/05/31(日) 10:04:30.87 ID:CcukH8Aw9.net

パルチザン・ベオグラードに所属する日本代表FW浅野拓磨がゴールをマークした。

新型コロナウイルスのパンデミックが収まりつつある中、セルビアでも29日に無観客でリーグが再開。セルビアリーグでは16チームがホーム&アウェイの計30試合を戦った後、上位8チームと下位8チームに分けてプレーオフ・ラウンドを行う方式を取っているが、今回の事態を受けて、セルビアサッカー連盟(SFF)はリーグ戦のみの結果で優勝や降格を決めることを発表していた。

パルチザンは30日、セルビア・スーペルリーガ第27節でムラドストとホームで対戦。浅野は前半のみプレーした。

試合が動いたのは12分、味方の縦パスでボックス中央から侵入した浅野が相手DFを引きつけると、ヒールで絶妙なラストパスを供給。これを左から走り込んだマルコビッチが流し込んだ。

先制点で勢いづくパルチザンは、19分にもナトホのパスをボックス内で受けた浅野が飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らした。その後、23分にムラドストに1点を返されたが、パルチザンがリードを保ち前半を終えた。

迎えた後半、パルチザンは浅野を下げてステファノビッチを投入。後半も主導権を握るパルチザンは、62分にサディクがPKを決めて3点目を奪うと、70分にもペナルティーアーク内まで切り込んだステファノビッチがゴールネットを揺らした。結局、試合は4-1で終了。浅野の1ゴール1アシストなどでパルチザンが再開初戦を勝利で飾った。

なお、首位のツルヴェナ・ズヴェズダが前日の試合で勝利したことにより、3試合を残して同クラブのリーグ3連覇が決定。2位のパルチザンは今後、3位以内に与えられる来季のヨーロッパリーグ予選出場権の確保が目標となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b40a56f39ace2bf873cff3dfeefac8671e50085




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、途中出場も決定機でパス選択し途中交代…ブレーメンはシャルケに勝利

【サッカー】大迫勇也が屈辱の途中出場・途中交代…ブレーメンは10番の美弾でシャルケを下す [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590897050/
大迫勇也2020第29節.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2020/05/31(日) 12:50:50.49 ID:b6MNlu829.net

現地時間5月30日にブンデスリーガ第29節が行なわれ、大迫勇也が所属する17位のブレーメンは9位のシャルケとアウェーで対戦した。

 前節のボルシアMG戦で4試合ぶりに先発に名を連ね、記念すべきブンデスリーガ150試合出場を達成した大迫は、ベンチスタートとなった。

 序盤からペースを握ったブレーメンは32分、素早いカウンターを仕掛け、最後は右サイドから切れ込んだ10番のビッテンコートが左足を一閃。鮮やかなシュートを突き刺し、先制点を挙げる。

 そのまま1点リードで折り返したアウェーチームは、後半頭からゴールを決めたビテンコートに代えて、大迫を投入。トップ下に入った日本代表FWは、
51分に敵MFマッケニーに激しいショルダーチャージを受け、顔をしかめてピッチに倒れ込む。状態が心配されたが、その後も問題なくプレーした。

後半のとりわけ最初の25分はシャルケに押し込まれる展開となるも、拙攻にも助けられ、ブレーメンが虎の子の1点を死守。1-0で逃げ切り、2試合ぶりの白星をあげた。

 再開後の3試合を2勝1分けとしたブレーメンは勝点を25に伸ばし、このゲームの直後に王者バイエルンとの一戦が控える16位デュッセルドルフとの差を2ポイントに縮めた。

 大迫は88分にGKと1対1になるビッグチャンスを迎えたものの、パスを選択。タイミングが合わず決定機を逃した。
そして、この直後にまさかの途中交代。前線からのアグレッシブな守備では貢献したものの、悔しいゲームとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200531-00074040-sdigestw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鎌田絶好調!】鎌田大地、値千金の決勝ゴールで2戦連続ゴール!フランクフルトは2-1勝利し7戦ぶり白星!長谷部誠もフル出場(関連まとめ)

【サッカー】フランクフルトの鎌田大地が2試合連続ゴールでヒーローに! 値千金の決勝弾で7試合ぶり勝利もたらす [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590852447/
鎌田2020第29節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/05/31(日) 00:27:27.81 ID:CcukH8Aw9.net

フランクフルトは30日、ブンデスリーガ第29節でヴォルフスブルクとのアウェー戦に臨んだ。

ブンデス再開後、1分け2敗と勝利がない14位フランクフルト。3-3で引き分けたフライブルク戦から中3日で迎えた6位ヴォルフスブルクとの一戦、鎌田大地と長谷部誠は引き続き先発に名を連ねた。長谷部は3バックの中央リベロ、鎌田は2列目にポジションに入った。

一進一退の序盤を経て、最初の決定機を得たのはヴォルフスブルク。ゴール前正面のブレカロが左からの折り返しをフリーで受けてシュートを放つ。しかし、これはGKトラップのファインセーブに阻まれた。

すると、先制したのはフランクフルトだった。27分、アンドレ・シウバが倒されてPKを得ると、これを自ら冷静に沈めてリードをもたらした。

フランクフルトの1点リードで迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。そんな中、58分にネットを揺らしたのはホームチーム。右サイドからマキシミリアン・アーノルドが入れたFKにゴール前で合わせたムバブがヘディングシュートを突き刺し、ヴォルフスブルクが追いつく。

終盤にかけてはフランクフルトが押し気味に試合を進めたが、粘り強い対応を続けるヴォルフスブルクの守備をなかなか崩せない。それでも、85分に鎌田が魅せる。前線へのフィードをドストが頭で落とすと、走り込んだの鎌田。冷静にシュートを流し込み、前節のブンデスリーガ初ゴールから2試合連続弾を挙げた。

結局、これが決勝弾となり、フランクフルトが勝利。フランクフルトは鎌田の活躍もあり、再開後の初勝利とともにリーグ7試合ぶりの白星となった。鎌田は89分にお役御免となり、長谷部はフル出場している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1e67a1a7341663c3549b004502f9c61a4322f0





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:04 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、英プレミアのサウサンプトンやウエストハムも獲得を希望!ローマと争奪戦に

Bologna, non solo Roma: anche in Premier vogliono Tomiyasu
https://www.calciomercato.com/news/bologna-non-solo-roma-anche-in-premier-vogliono-tomiyasu-89311
冨安2019開幕戦.jpg

※誤訳御免でお願いします

ボローニャの冨安、ローマだけでなくプレミアも獲得を希望

冨安健洋の進路はローマだけではない。2024年までボローニャと契約を結んでいる日本人DFには、サウサンプトンやウエストハムも獲得の興味を持っている。

Bologna FC 冨安健洋 Part11
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1590716679/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:28 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮市亮、膝を負傷し次節欠場へ…ルフカイ監督「激しいデュエルを強いられた」

【サッカー】宮市亮が膝負傷、次節欠場へ ザンクト・パウリ監督が示唆「激しいデュエルを強いられた」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590813489/
宮市亮2020第28節.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/05/30(土) 13:38:09.22 ID:D+SMqP4f9.net

今季ここまで全試合出場も27日のハイデンハイム戦で膝を負傷か
 ドイツ2部ザンクト・パウリの元日本代表FW宮市亮は今季フィールドプレーヤーではチームで唯一全試合出場を続けていたが、膝の負傷により次節は今季初の欠場となる可能性が浮上した。ドイツ地元紙「ハンブルガー・モルゲンポスト」が報じている。

 右膝前十字靭帯の断裂など度重なる怪我に悩まされていた宮市だが、今季は開幕からコンディションを維持してザンクト・パウリの中心選手として活躍。チームのフィールドプレーヤーでは唯一リーグ戦28試合とDFBポカール1試合の計29試合すべてに出場し、1得点7アシストを記録している。

 復活を印象づけている宮市だが、現地時間27日に行われた前節ハイデンハイム戦(0-0)で膝を負傷したようだ。ヨス・ルフカイ監督は30日の敵地カールスルーエ戦を欠場する可能性があることを認めた。

 指揮官によれば、宮市は前節の中で「(ハイデンハイムDFの)ニクラス・ドーシュとの激しいデュエルを強いられた」とのことで、その際に膝に問題を抱えていたという。試合中は無傷だった様子だが、木曜日の時点では膝に水が溜まってる状態で次節の出場は厳しい状況だという。

 新型コロナウイルスのパンデミックによる中断期間を経て再開したドイツ2部リーグ。シーズン完了に向けては中3日、中2日ペースでの試合が続いており、選手の負傷リスクが高まる懸念もある。今季フル稼働中の宮市だったが、連続出場がストップする可能性が高そうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e5b9cb6bc2351cfd6c928ee09fa9293abe1aa3f




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、久保建英にレンタル移籍のオファーか?来季ラングニック氏の監督就任が濃厚(関連まとめ)

【サッカー】久保建英が本田圭佑に続く可能性。イタリア名門ミランが獲得に乗り出す? [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590782950/
久保マジョルカ振り向く.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/30(土) 05:09:10.75 ID:HqDDFLiT9.net

イタリアの名門ミランが、日本代表MF久保建英の獲得に興味を持っているという。現地時間29日、イタリア『トゥットメルカートウェブ』が『TF20』の報道をもとに伝えている。

レアル・マドリードからマジョルカにレンタルで加入している久保は、来季の所属クラブが不透明な状況。レアル・マドリードから再びレンタルに出される可能性も伝えられている。

そこで、ミランが日本の若き才能に注目しているのかもしれない。レアル・マドリードにレンタルでの獲得を打診したとされている。

ミランは現在、ラルフ・ラングニック氏の監督就任が濃厚で、新体制でチームの若返りを目指すと言われている。そのため、多くの若手有望株が補強リストに挙がっているのではないかと噂されているところだ。

ミランは昨年夏にレアル・マドリードから獲得したDFテオ・エルナンデスが大当たりだったこともあり、“白い巨人”からの補強に良いイメージを持っているかもしれない。

2014年から17年にかけて本田圭佑が所属したミラン。再び日本のスターを迎えることになるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c405ccf4792c72818c351fd73923afd3b1b13901
5/30(土) 4:51配信


名門ミラン、日本代表MF久保建英にレンタル移籍をオファーとスペインメディア報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/b1b322dcc227ef620a05429a27de5f6efd869b2e

移籍専門サイト「Transfer20」のマルコス記者がミランからのオファー指摘

 マジョルカの日本代表MF久保建英に、新たな移籍先候補が浮上した。かつて元日本代表MF本田圭佑が所属したイタリアの名門ACミランが、保有権を持つレアル・マドリードに対して久保の移籍をリクエストしたという。

 スペイン移籍専門サイト「Transfer20」のジェイミー・マルコス記者が報じたところによれば、ミランはレアルとセルビア代表FWルカ・ヨビッチについて話し合いの場を持ち、そのなかで「クボの名前が挙がった」という。

 2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードに完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチスタートに降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点をマークしている。

 記事では、「多くのスペインのチームが彼について尋ねてきている。ラ・リーガ以外からもレンタルのリクエストがあった。海外から、しかもマイナーチームではない。ミランが日本人プレーヤーの移籍をリクエストした」と触れられている。

 イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」も、「Transfer20」の内容を引用する形で、「ロッソネリ(ミランの愛称)はエル・ブランコ(レアルの愛称)に日本スターのタケフサ・クボのローンを求めた」と言及。すでに久保に対しては、ベティスやレアル・ソシエダがレンタルをオファーしているとも報じられているが、果たして今後どのような進展があるのだろうか。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:38 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村敬斗、トゥエンテ退団の可能性…2年のレンタル終了待たずG大阪に早期復帰へ(関連まとめ)

中村敬斗にトゥエンテ退団の可能性。ガンバ大阪復帰へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/82e19423f22f396f9e7d4e05128ab8c8be448726
中村敬斗トゥエンテゴール.jpg

 トゥエンテに所属する19歳のFW中村敬斗が、同クラブを退団することになるかもしれない。オランダ『Tubantia』が現地時間29日に報じた。

 現在19歳の中村は昨年7月にガンバ大阪からレンタル移籍でオランダ1部のトゥエンテに移籍。デビュー戦となった開幕戦のPSV戦でいきなりゴールを挙げ、続くフローニンゲン戦でもゴール。2試合連続ゴールと調子を維持していたが、昨年9月15日のシッタート戦で1ゴール1アシストを記録するも、前半終了間際に一発レッドで退場。その後、徐々に出場機会を失った。

 同メディアは「19歳の日本人アタッカーはガンバ大阪から2年間の契約で加入した。彼はウィンターブレイクの後、懸命にアクションを起こした。トゥエンテは最近、彼のレンタル契約をどのように終わらせるか模索している」としている。中村は2年間のレンタル契約満了を待たずして、G大阪復帰の可能性が出てきた。

 果たして、中村はこのままトゥエンテ退団となり、G大阪に復帰することになるのだろうか。

「オランダにはもう戻らない」トゥエンテ中村敬斗、契約打ち切りの可能性
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc6b566b23d0209109a75c92b549e4cf4cdd5f33

トゥエンテが、ガンバ大阪からレンタル移籍で加入しているFW中村敬斗の契約打ち切りを検討していることが分かった。『Football Oranji』などオランダメディアが報じている。

 中村は昨年7月、G大阪から2年間の期限付き移籍でトゥエンテに加入した。今シーズンはエールディビジ開幕節でPSV戦からゴールを奪い、鮮烈デビュー。2試合連続ゴールを挙げるなど最高の滑り出しを切ったが、徐々に出番が減少していた。

 新型コロナウイルスの影響でリーグ戦は打ち切られ、17試合4得点だった。トゥウェンテと中村は現在交渉中で、「ローン契約の打ち切りが見込まれている」と報道。また、『RTV Oost』は「ナカムラは日本に帰国しているが、オランダにはもう戻らない」と伝えている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12986
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1590675983/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:05 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠藤航、絶妙ヘッド弾でドイツ初ゴール!昇格争い直接対決の大一番で大逆転勝利に貢献!シュツットガルトは2位浮上(関連まとめ)

【サッカー】遠藤航が大一番でブンデス初ゴール!! 昇格争い直接対決制し2位浮上 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590715603/
遠藤航2020第28節ヘッド.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/05/29(金) 10:26:43.53 ID:X44a5Zxm9.net

[5.28 ブンデスリーガ2部第28節 シュツットガルト3-2ハンブルガーSV]

 ブンデスリーガ2部は28日、第28節を行い、日本代表MF遠藤航が所属する3位シュツットガルトはホームで2位ハンブルガーSVと対戦し、3-2で勝利した。遠藤は15試合連続でフル出場し、今季初ゴールを記録した。

 昇格を争う上位直接対決はアウェーのHSVが先手を取った。前半16分、フィンランド代表FWヨエル・ポーヤンパロのヘディングシュートで先制点。さらに前半アディショナルタイムにもMFアーロン・ハントが左足でネットを揺らした。

 2点ビハインドで前半を折り返したシュツットガルトだったが、後半立ち上がりに遠藤が反撃の狼煙をあげた。後半2分、DFパスカル・シュテンツェルのフリーキックからヘディングシュートを沈めた。前節移籍後初アシストを記録した遠藤は、これが記念すべきブンデス初ゴールとなった。

 その後2点を追加し、3-2で劇的な逆転勝利を飾ったシュツットガルト。再開後は連敗を喫していたが、5試合ぶりとなる白星をつかんだ。HSVとの昇格争い直接対決を制して勝ち点を48に伸ばし、2ポイント差をつけて3位から自動昇格圏の2位に浮上している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5704e0da8a80aeb231f1774a48841dd488041406




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:15 | 大阪 | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、リーグ初得点でブンデス公式MOMに選出!「彼のゴールで息を吹き返した」

「彼のゴールで息を吹き返した」リーグ初得点のフランクフルト鎌田大地、ブンデス公式のMOMに選出!
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b7c8524dac015cfcc567866d81463b572abfac9
鎌田大地2020第28節ゴール.jpg

 現地時間5月26日、ブンデスリーガの第28節が行なわれた。5連敗中のフランクフルトはホームにフライブルクを迎えた一戦で3-3のドローに終わっている。

 この試合では同クラブに所属する長谷部誠、鎌田大地が揃って先発。アウェーチームに先制を許した後に追いつき、さらに2失点した後に追いつくという怒涛の展開だった。このうち、79分にフランクフルトの2点目を刻んだのが鎌田だ。

 ブンデスリーガ初ゴールを決めた鎌田を、リーグ公式ではこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出している。

「カマダはシュート35本のうち10本に絡んだ。疲れ知らずの働き者である日本人プレーヤーは、最多枠内シュート7本、最多走行距離(12.1km)、最多スプリント(43回)を記録し、最後にはブンデスリーガ初ゴールで自分にご褒美を与えることになった」

 また、フランクフルトを率いるアディ・ヒュッター監督は、試合後のインタビューでこのように語っている。

「3失点は好きではない。だが、90分以上にわたって健闘していたフライブルクを相手に、うれしい引き分けだ。2つの簡単なゴールを許してしまったが、我々は走ることをやめず、戦う姿勢を失わなかった。

 後半にダイチが決めたゴールでチームは息を吹き返した。彼が決めてから10分間で2度の決定的なチャンスがあったことはとてもよかった。とにかく連敗を止めたかったので、チームはまだ生きているということを証明できたと思う」

 連敗をストップしたフランクフルトだが、順位は14位に後退している。12位アウクスブルク、13位ウニオン・ベルリンとは勝点1ポイント差だが、サポーターからは懸念の声も上がっているようだ。

 次節はアウェーでヴォルフスブルクと対戦する。ブンデスリーガ初ゴールも勝利にはつながらなかっただけに、鎌田としても次こそはゴールを勝利に結び付けたいところだろう。

Eintracht Frankfurt  鎌田大地 Part6
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1588983856/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:30 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、クロップ監督の「最高の契約ベスト13」にスター選手と共に堂々選出!英紙が特集

【サッカー】香川真司、スター選手らと堂々選出! 名将クロップ「最高の契約ベスト13」を英メディアが特集 [ニーニーφ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590503141/
クロップ監督最高の契約13人.jpg
1: ニーニーφ ★ 2020/05/26(火) 23:25:41.41 ID:QqIMJYal9.net

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督の下で輝きを放った選手は数多い。 英メディア「GIVE ME SPORT」は「ドルトムントとリバプール時代のユルゲン・クロップの最高の契約ベスト13をランキング化」と特集。 世界屈指の名手が並ぶなか、MF香川真司(現サラゴサ)が堂々10位に選出されている。

 記事では「クロップは過去最悪の時期にリバプールを引き継ぎ、わずか4年でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の勝者に変貌させた。彼はまた、リバプールをプレミアリーグ初優勝へと導こうとしている」と紹介。昨季、CLを制覇し、今季も初のリーグ制覇まであと2勝に迫っている。

 クロップ監督は、2008年から2015年までドイツのドルトムントを率いて一時代を築くと、2015年からリバプールで手腕を発揮。 そんな指揮官について、「クロップの監督としての成功は、移籍市場での優れた手腕にも起因する」と指摘している。さらに「クロップは掘り出し物を手に入れるコツを心得ており、多額の資金を投じても、大抵の場合は実を結んでいる」と記し、クロップ監督の“鑑識眼”を称賛した。

 クロップ監督がドルトムントとリバプールで契約を結んだ選手の中から、英メディアが「最高の契約ベスト13」をランキング化。そのなかで10位に食い込んだのが香川だ。

 現在31歳の香川は2010年、セレッソ大阪からドルトムントへ移籍。移籍金はなく、育成補償金として35万ユーロ(当時約4000万円)がC大阪に支払われた。1年目からスタメンに定着した香川は、クロップ監督の下で存在感を発揮。リーグ戦18試合8ゴールの活躍で優勝に貢献すると、翌シーズンも31試合13ゴールの結果を残し、2年目にはクロップ監督とともにリーグ連覇とDFBポカールの2冠を達成した。

 記事では「クロップは実際には香川と2回契約を結んでいる。今回の選出は、香川が最初に契約した時のものだ」と指摘。ドルトムントで活躍後、2012-13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川は、2014-15シーズンにドルトムントへ帰還。その後2018年夏まで在籍し、古巣復帰後はクロップ監督と1年間のみ共闘している。

 クロップ監督の下でドルトムントがリーグ連覇を成し遂げたインパクトは大きく、「香川は、ドルトムントが2010年と2011年にブンデスリーガで連覇した時、重要な役割を果たした。彼は(2シーズン)公式戦71試合で29ゴールを挙げ、2012年にマン・ユナイテッドへ移籍した」と言及。センセーションを巻き起こした香川の存在も高く評価されている。

 その一方、ランキングで上位に食い込んだのは、3位元ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(ドルトムント)、2位ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)、1位オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)。いずれも世界屈指の存在へと成長を遂げた選手ばかりだ。 なかでもファン・ダイクに関しては、「現在、世界最高のディフェンダーとしての地位を確立」と称賛している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200526-00263811-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)