アンテナ・まとめ RSS

海外の日本人選手

アーセナル、日本代表DF冨安健洋と契約延長の可能性

アーセナルが冨安健洋と契約延長?「不満抱いている」と退団報道も…
https://football-tribe.com/japan/2022/10/19/254144/
冨安正面02.jpg



 アーセナル所属の日本代表DF冨安健洋(23)は今月9日のプレミアリーグ第10節・リバプール戦でエジプト代表FWモハメド・サラー(30)とのマッチアップを制すると、リーグ戦2試合つづけてフル出場。冨安健洋本人のコメントをもとに一時現地でアーセナル退団が噂されていたが、一転して契約延長に向かう可能性があるようだ。18日、米メディア『ジ・アスレチック』が報じている。

 冨安健洋は開幕当初、右サイドバックでイングランド代表DFベン・ホワイト(24)のバックアッパーという立ち位置だった。しかし今月7日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節・FKボデ/グリムト戦でフル出場すると、リバプール戦では左サイドバックでフル出場。サラーに仕事をさせず、デュエル勝利回数など4つのデータでチーム内トップの数字を残していた。

 さらに16日の第11節・リーズ・ユナイテッド戦でもフル出場。左サイドバックのレギュラーだったスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(25)をベンチに追いやる格好となったが、この試合ではボールロストなど不安定なパフォーマンスを露呈。現地メディアからの厳しい評価が与えられている。

 そんな冨安健洋は先月下旬、英紙『デイリーエクスプレス』の取材に対して「このリーグで求められるものは非常に高いので、現状には満足していません」

 「プレミアリーグでスタメンに選ばれている選手を見れば、そこで何が求められているかが分かると思います。自分のポジションを取り戻せるように頑張ります」とコメント。現地ではこのコメントが「アーセナルに不満を抱いている」と受け止められ、今季終了後までの退団の可能性が報じられていた。

 しかし『ジ・アスレチック』はイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(24)に契約延長の可能性があると報じた上で「アーセナルは非常に若いチームであり、今後数年でさらなる進化を遂げるためにはベストプレーヤーを失わないことが重要だ」と主張している。

 またラムズデールの次なる契約延長候補選手に冨安健洋とMFチャーリー・パティーノ(19)を挙げた上で「冨安健洋は比較的安い年俸で契約している。レギュラーを再び奪還すれば、年俸の引き上げを望だろう」と綴っている。

 一方で『ジ・アスレチック』は、ラムズデールと契約延長合意の場合に発生する問題として「ひとつの契約を与えると同時に、他の選手や代理人がノックをするのは必至だ」と説明。

 契約期間が2024年6月までであるブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)やフランス代表DFウィリアム・サリバ(21)、イングランド代表FWブカヨ・サカ(21)との契約延長も必要との見解を示した。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part2174】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1693818608/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、プレミア公式の月間MVP&月間最優秀ゴール候補にノミネート

ブライトン三笘 プレミアリーグ公式の月間MVP&月間最優秀ゴールの候補に
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ad78d4cc011b90a915b0efcac4d743b229e4554
三笘ゴール04.jpg

 ブライトンの日本代表MF三笘薫(26)が、7日に発表されたイングランド・プレミアリーグ公式の8月の月間最優秀選手と月間最優秀ゴールの候補に選ばれた。

 ブライトンで2季目を迎えた三笘は、8月の開幕3試合で1得点2アシストと活躍。第2節(19日)のウルバーハンプトン戦で鮮やかなドリブル突破から決めた決めた今季初得点は月間最優秀ゴールの候補にも選出された。プレミアリーグ公式サイトは「8月の2アシストはリーグ最多で、ウルバーハンプトン戦ではセンセーショナルな個人技のゴールを決めた。計11回のチャンスを演出しており、これを上回った選手は2人しかいない」と選出理由を説明した。

 月間MVP候補は6人で三笘のほか、トットナムのMFマディソン、マンチェスターCのMFロドリ、ノッティンガムMのFWアウォニイ、ウェストハムのFWボーウェン、ブレントフォードのFWムベウモ。月間最優秀ゴール候補は8人で、各部門の受賞者はファンと専門家の投票で決まり、来週に発表される。


【ワッチョイ】⌒Brighton&HoveAlbionFC⌒三笘薫part229
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1693913462/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旗手怜央、延長交渉を再開か?現地記者「最初のオファーを断ったものの交渉には応じている」

セルティックからの延長オファー拒否報道の旗手怜央。現地記者「近いうちに再開されるはず」
https://news.yahoo.co.jp/articles/07a870b3b566adf911027c6e473be7aba8122980
旗手23−24横顔.jpg

セルティックのMF旗手怜央の状況について、現地記者が自身の見解を明かしている。

旗手は今夏にセルティックからのステップアップの可能性が浮上。最終的に移籍は成立しなかったものの、クラブからの契約延長オファーを拒否したことが伝えられていた。しかし、『スカイスポーツ』のアンソニー・ジョセフ記者によれば、契約交渉は再開される予定で、旗手はクラブに残ることに前向きだという。

「旗手は移籍市場が閉まるのを待ってから、話し合いを再開できないかと尋ねたようだ。最初のオファーを断り、セルティックは彼に最初の条件改善と現在の契約の延長を提示した」

「彼とリエル・アバダの契約はあと3年残っているが、セルティックは彼らが重要な選手であるため、稼ぎ頭に近づけたいだけであり、また将来の入札から守るために契約を延長したいのだ。旗手は最初のオファーを断ったものの、交渉には応じている。セルティックと彼の代理人は、交渉のためにかなり近いうちに一緒に座ることになると思う」

なお、今季ブレンダン・ロジャーズ監督の下で旗手は序列を下げており、先発での出場機会はまだ一度もない。

Celtic F.C. part29【古橋 前田 旗手 小林 岩田】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1692580055/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、来季レアル・マドリード復帰の可能性をスペイン紙報じる

久保躍動で「レアルは監視している」 “株上昇後”の動向にスペイン紙見解「ベルナベウに戻る可能性」
https://news.yahoo.co.jp/articles/d19cf89e1cc8239841ce95fc498e069a01c40b43
久保笑顔.jpg

3ゴール1アシストと爆発的な活躍を披露、保有権50%保持のレアル動向に現地見解
 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、ラ・リーガ4試合を終えて3ゴール1アシストと、突出したパフォーマンスを披露している。4試合連続でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されるなど評価が上昇するなか、現地メディアは久保の保有権を50%保持しているレアル・マドリード復帰の可能性に見解を綴っている。

 ソシエダで2シーズン目を迎えた久保は、ジローナとの開幕戦で1ゴール、続くセルタ戦では1アシストをマークと上々のスタートに。第3節のラス・パルマス戦でこそ見せ場を作れなかったものの、グラナダとの一戦では前半9分に相手最終ラインの裏へ抜け出し、チームの先制点を決めると、同点に追い付かれて迎えた同44分には、右サイドからカットインして左足を振り抜き2点目をマークした。

 右大腿四頭筋の違和感でトレーニングを欠席し、欠場の可能性も報じられていた久保だったが、終わってみれば2得点に加え、4-1で迎えた後半31分には相手のオウンゴール誘発するチーム5点目にも関与と躍動。シーズン開幕からの好調ぶりは健在で、リーグ4試合を終えて3ゴール1アシストと、突出したパフォーマンスを示している。

 そんななか、スペイン紙「スポルト」は「久保建英がレアル・マドリードに移籍か?」と見出しを打ち、久保の活躍ぶりを基に、保有権を50%保持しているレアル復帰の可能性に言及。記事では、今季リーガで3得点を挙げているFWアルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリード)、FWウィリアン・ジョゼ(ベティス)と比較され「最も目立っている」と高評価が下されている。

 そのうえで「彼は成長し、ますます重要な存在となった。欠点を克服し、長所に磨きをかけている。彼のパフォーマンスは輝きを放ち始めており、成熟し、ゴールで利益を得るようになった選手を見ている一流チームの注目を集めている」と指摘。なかでも、レアルが熱視線を送っている可能性を伝え、この勢いが続くようであれば“白い巨人”が久保再獲得へ本腰を入れかねないとしている。

「レアルは、昨夏にソシエダへ600万ユーロ(約9億4800万円)で売却し、50%の保有権利を得て以来、彼を監視している。22歳という若さには、まだまだ成長の余地があり、復帰の可能性も含めて、彼の成長を見守る価値がある。バスクのクラブは彼に6000万ユーロ(約94億円)の放出条項を課しており、レアルは彼を復帰させるために半分の3000万ユーロ(約47億円)を支払う必要がある。この日本人選手が上昇気流を維持するのであれば、この選択肢も否定はできない」

 久保はソシエダ加入1年目の昨季、リーグ戦9ゴール4アシストと活躍。その勢いをさらに加速させるかのように、今季は開幕から3ゴール1アシストと爆発的な活躍を見せ、脚光を浴びている。「スポルト」紙は「今、レアル・マドリードが、レアル・ソシエダでの彼の活躍から恩恵を受け、(マルティン・)ウーデゴールの足跡を辿り(サンティアゴ・)ベルナベウに戻る可能性がある」とも綴るなど、レアル復帰実現の可能性に焦点を当てていた。

【Real】久保建英応援スレ part1109【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1693722255/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:03 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、8月の最優秀ベストゴールに選出!ハーランドやサカを抑え、33%獲得 英BBCが発表

英公共放送『BBC』の8月最優秀ゴールは三笘薫の衝撃独走弾!ハーランドやサカを抑え、33%獲得
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2dc89e129a9e675b97fbd884748ff5d6efdcda5
三笘ゴール04.jpg

 英公共放送『BBC』は9月3日、ファン投票で決まる8月のプレミアリーグベストゴールに三笘薫(ブライトン)が叩き込んだ一発が選ばれたと発表した。

 長く記憶に残るゴールが生まれたのは、8月19日のウォルバーハンプトン戦だ。日本代表MFは敵陣の左サイドでボールを受けると、スピードに乗ったドリブルで必死に止めに入るディフェンスを次々にかわし、あっという間にペナルティエリア内に侵入。最後はGKの位置を冷静に見極め、鮮やかにネットを揺らしてみせた。

 絶賛の嵐が吹き荒れたこのゴラッソは、9つの候補があるなかで実に33%の投票率を獲得。アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)やブカヨ・サカ(アーセナル)といった各クラブのスーパーエースを抑え、三笘が勲章を手にした。

『BBC』における、8月のプレミアリーグベストゴールの得票率一覧は以下の通り。

アーリング・ハーランド(4%/バーンリー戦での2点目)
ブカヨ・サカ(27%/ノッティンガム・フォレスト戦)
ジャロッド・ボーウェン(2%/ボーンマス戦)
グスタボ・ハメル(8%/ノッティンガム・フォレスト戦)
三笘薫(33%/ウォルバーハンプトン戦)
ミカイル・アントニオ(2%/チェルシー戦)
ラヒーム・スターリング(4%/ルートン戦の1点目)
ケビン・シャーデ(5%/クリスタル・パレス戦)
ジャロッド・ボーウェン(15%/ブライトン戦)

【ワッチョイ】⌒Brighton&HoveAlbionFC⌒三笘薫part228
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1693745137/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板倉滉、バイエルン戦で絶妙先制ヘッド弾も…BMGはバイエルンに逆転負け

【サッカー】板倉滉の今季2点目で先制も…。バイエルンが逆転勝利でボルシアMGから勝ち点3を獲得 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693679940/
板倉23-24第3節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/03(日) 03:39:00.22 ID:YudsZRMT9.net

ブンデスリーガ第3節が2日に行われ、ボルシア・メンヒェングラットバッハとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。

開幕2連敗のボルシアMGが開幕2連勝のバイエルンを迎えた一戦。ボルシアMGの板倉滉は3試合連続で先発出場を飾り、バイエルンは新加入のハリー・ケインが先発に名を連ねた。

試合は立ち上がりからバイエルンが主導権を握りながらサイドを使って攻撃を展開。ボルシアMGは守備を固めながら、奪ってからのショートカウンターを狙う構図となった。

粘り強い守備を続けてバイエルンの攻撃を跳ね返し続けたボルシアMGは、徐々にセットプレーからチャンスを構築していく。26分には右サイドのFKをマルヴィン・フリードリヒがヘディングシュート。これはバーに阻まれた。

迎えた30分、ついに試合が動く。右サイドのCKを得たボルシアMGは、アラサーヌ・プレアがニアサイドにキック。これをトーマス・クヴァンカラがフリックすると、ファーサイドに流れたボールを板倉が見事なヘディングでゴールに沈め、ボルシアMGが先手を奪った。

後半はビハインドを追うバイエルンが反撃を開始。序盤から厚みのある攻撃を仕掛けていくと、58分にはヨシュア・キミッヒの浮き球のパスに抜け出したリロイ・ザネが巧みな胸トラップから左足のシュートを流し込み、バイエルンが早い時間帯に試合を振り出しに戻した。

追いついたバイエルンは、そこからさらに攻勢を強めていく。70分にはコンラート・ライマーのクロスを途中出場のセルジュ・ニャブリがフリーでヘディングシュート。これはGKに防がれてゴールとはならなかった。

それでも攻め続けたバイエルンは87分、右サイドのCKを途中出場のマティス・テルがヘディングシュート。これがゴール左に決まり、ついに逆転に成功した。このまま試合は終了。バイエルンは開幕3連勝を記録。ボルシアMGは板倉の今季2点目で先制したが、開幕から3試合勝ち星無しとなった。

■試合結果

ボルシア・メンヒェングラットバッハ 1-2 バイエルン・ミュンヘン

■得点者

ボルシア・メンヒェングラットバッハ:板倉滉(30分)
バイエルン・ミュンヘン:リロイ・ザネ(58分)、マティス・テル(87分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/176299ec7fd9cb5e1b033066c96784981355b915



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古橋亨梧、スーパーゴール!宿敵レンジャーズとの一戦で前田大然と共に勝利に貢献

【サッカー】古橋亨梧が今季最初の”オールドファーム”で決勝弾!セルティックがレンジャーズとの大一番制す [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693745988/
古橋23-24第4節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/09/03(日) 21:59:48.29 ID:YudsZRMT9.net

スコティッシュ・プレミアシップ第4節でレンジャーズとセルティックが対戦した。

今季最初の“オールドファーム”では古橋亨梧と前田大然が先発。岩田智輝、旗手怜央はベンチ外となった。

開始早々にレンジャーズがネットを揺らすが、オフサイドで取り消しに。28分にレンジャーズがまたもチャンスを得る。セルティックDFから高い位置でボールを奪うと、最後はケマル・ルーフが左足で叩き込む。しかし、その前にファウルがあったとしてレンジャーズの先制点は認められない。

すると、前半終了間際に古橋亨梧がワンチャンスを活かす。GKジョー・ハートのゴールキックをDFは弾き返すが、それをダイレクトでマット・オライリーが裏へと供給する。これに反応した古橋が右足ボレーでゴール左へ突き刺し、大きな先制点を記録した。

後半からレンジャーズは攻撃的なカードを切ってゴールへ迫る。対するセルティックは66分にリエル・アバダを下げ、76分には古橋も途中交代させている。

一方で前田はフル出場。攻撃だけでなく、精力的な守備でもレンジャーズを食い止め、試合は0-1のまま終了。セルティックがダービーを制している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bcda864ff57f44e2ea34557c9b1b4084164a8d44



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上田綺世、絶妙ターンから移籍後初ゴール!フェイエノールトは5-1大勝

【サッカー】上田綺世、フェイエノールトで公式戦初ゴール!華麗な反転から左足でフィニッシュ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693745861/
上田綺世23-24第4節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/03(日) 21:57:41.06 ID:YudsZRMT9.net

フェイエノールトの日本代表FW上田綺世が加入後初ゴールを挙げた。

フェイエノールトは3日、エールディヴィジ第4節でユトレヒトと対戦。今夏に加入した上田は開幕から4試合連続でベンチスタートとなった。

開始8分で先制したフェイエノールトは直後に追いつかれるも、28分に勝ち越して前半終了。後半開始早々に3点目を奪ったフェイエノールトは55分に上田を投入する。すると71分に待望の瞬間が訪れる。

中央からスルーパスを受けた上田は華麗に反転しながらGKと1対1に。左足でGKの肩口を抜き、ネットを揺らした。上田にとっては公式戦初ゴールとなっている。

なお、フェイエノールトはその後も1点を奪い、5-1と大勝。開幕から2勝2分けで無敗をキープした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad5ca7fd7ba930b49d40391989fd2a933ffc32cf



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:23 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅野拓磨、豪快ゴール&技有ボレー弾で2得点!ボーフムはアウクスブルクと2-2ドロー

【サッカー】ボーフムFW浅野拓磨が日本代表合流前に圧巻の2ゴール! 豪快弾&技ありボレー弾で勝ち点獲得に貢献 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693670232/
浅野23-24第3節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/03(日) 00:57:12.41 ID:YudsZRMT9.net

ボーフムの日本代表FW浅野拓磨がアウクスブルク戦で2ゴールを挙げた。

開幕から1分け1敗のボーフムは、2日に行われたブンデスリーガ第3節でアウクスブルクと対戦。敵地での一戦、前半35分に先制点を奪われたボーフムだが、ハーフタイム前に浅野が同点弾を挙げる。

【動画】浅野が豪快ゴール&技あり弾!

48分、ボックス手前からマキシミリアン・ビッテクがシュートを放つと、これがクロスバーに直撃。ゴール前に浮いたボールにいち早く反応した浅野がハーフボレー気味のシュートをゴール右上に豪快に突き刺す。浅野はこれがDFBポカール1回戦のビーレフェルト戦に続く今季2ゴール目で、リーグ戦では今季初ゴールとなった。

迎えた後半、62分に失点して再びビハインドを背負ったボーフムだが、またも浅野がチームを救う。正面からケビン・シュテーガーが出した浮き球パスに対し、オフサイドぎりぎりで飛び出した浅野が、ゴールエリア左付近でボレー。右足外側でファーを狙ったこのシュートが見事にゴール右へと決まり、浅野のこの日2ゴール目でボーフムが再び追いついた。

その後、両チーム共に勝ち点3を目指すが、そのまま2-2で終了。日本代表合流前に2ゴールを挙げた浅野の活躍もあり、敵地でボーフムが勝ち点1を持ち帰った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc172e421e1d9f18075e832de7f7ade8eae274fd



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【南野絶好調】南野拓実、絶妙スルーパスでアシスト!モナコはRCランスに3-0快勝しリーグアン首位浮上(関連まとめ)

【サッカー】好調の南野拓実、今季3アシスト目で勝利に貢献! モナコはRCランスに3発快勝で首位浮上 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693701364/
南野23-24第4節祝福.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/03(日) 09:36:04.45 ID:YudsZRMT9.net

リーグ・アン第4節が9月2日に行われ、モナコとRCランスが対戦した。

 ここまで2勝1分と好スタートを切ったモナコ。その中心には南野拓実が君臨しており、3試合で3ゴール2アシストを記録している。今節ホームに迎えるRCランスは昨季リーグ・アンで2位と躍進したものの、今季はここまで1分2敗と波に乗り切れていない。南野は開幕戦から4試合連続のスターティングメンバー入りを果たしており、3試合連続ゴールにも期待がかかる。

 試合は立ち上がりからモナコのペースで進む。23分には南野にチャンス。敵陣右サイドでのボールダッシュから、前を向いたウィサム・ベン・イェデルが横へ流すと、ペナルティエリア手前から南野が左足を振り抜く。強烈なミドルシュートは枠を捉えたものの、GKブライス・サンバに弾き出された。

 だが、モナコはこのプレーで左コーナーキックを獲得。カイオ・エンリケが左足でクロスボールを送ると、ファーサイドで競り勝ったウィルフレッド・シンゴがヘディングシュートを叩き込み、好調のモナコが先手を取った。

 勢いに乗ったホームチームは続く36分、自陣右サイドでヴァンデルソンがボールを奪うと、中盤でパスを受けたモハメド・カマラが右サイドへ繋ぐ。フリーでボールを持った南野が中央へ運び、門を通すスルーパスを送ると、斜めの動きでペナルティエリア右に顔を出したアレクサンドル・ゴロヴィンがダイレクトでゴールネットを揺らした。ゴロヴィンが今季初得点を記録。南野はこの試合でもアシストという形でゴールに絡み、モナコは2点をリードしてハーフタイムに突入した。

 後半に入ってもモナコは止まらない。59分、左コーナーキックを獲得すると、C・エンリケが左足で中央を狙ったボールを供給。フリーで走り込んだギジェルモ・マリパンがファーサイドへ流し込み、モナコが決定的な3点目を記録した。

 試合はこのままタイムアップ。前節ナント戦を引き分けで終えたものの、ホーム開催の今節はモナコがしっかりと白星を飾り、開幕からの成績を3勝1分とした。南野は85分までプレー。3試合連続ゴールとはならなかったが、アシストを含めてゴール前でしっかりと仕事を果たした。今節はマルセイユが引き分けたため、モナコはこの時点で首位に浮上することが決まっている。一方、RCランスはこれで2連敗。4試合を終えた段階で未勝利と苦しい状況が続いている。

 この後、リーグ・アンを含む欧州各国リーグは代表戦の開催に伴う中断期間に突入。次節は17日に行われ、モナコは敵地でロリアンと、RCランスはホームでメスと、それぞれ対戦する。

【スコア】
モナコ 3−0 RCランス

【得点者】
1−0 24分 ウィルフレッド・シンゴ(モナコ)
2−0 36分 アレクサンドル・ゴロヴィン(モナコ)
3−0 59分 ギジェルモ・マリパン(モナコ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9f83b7769e3e948d2841fb38c3837ddde961e39



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(27) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、絶妙決勝ゴールで移籍後初得点!ラツィオは王者ナポリに2-1勝利(関連まとめ)

【サッカー】鎌田大地、3試合目にして嬉しい移籍後初ゴール!ラツィオが昨季王者ナポリ下し今季初勝利 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693701321/
鎌田23-24第3節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/03(日) 09:35:21.61 ID:YudsZRMT9.net

セリエAは2日に第3節が行われ、ナポリとラツィオが対戦した。

開幕連勝スタートとなった昨季首位ナポリと、連敗スタートとなった昨季2位ラツィオ。対象的な両者が、スタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナで激突した。ナポリでは、エースFWオシムヘンやクヴァラツヘリアらが先発。一方のラツィオでは、鎌田大地が3試合連続でスタメン入りしている。

【セリエA:最新順位表】ラツィオは何位?

試合は序盤からホームの大歓声を浴びるナポリが主導権を握り、ラツィオは耐える時間が長く続く。ナポリの厚みのある波状攻撃に苦しむが、それでも失点は許さない。すると30分、一瞬の隙を突く。フェリペ・アンデルソンが右サイドを突破すると、ボックス内で相手の間を通すパス。これをニアに飛び込んだルイス・アルベルトが華麗なヒールで流し込んだ。アウェイチームが大きな先制点を奪う。

失点を許したナポリだったが、すぐさま反撃する。32分、右からのクロスは一度阻まれたものの、ボックス手前にこぼれたボールをジエリンスキがシュート。相手に当たってコースが変わったボールがネットに吸い込まれた。昨季王者が同点に追いついた。その後もナポリが試合を優勢に進めながら、前半を折り返す。

後半序盤もナポリペースが続いていたが、52分に再びラツィオが勝ち越しに成功する。決めたのは、鎌田だった。フェリペ・アンデルソンが相手陣内でボールを奪ってカウンターを発動。右サイドからクロスを送り、ルイス・アルベルトがスルーしたボールを受け取った日本代表MFは、難しい体勢から逆足でシュートを突き刺した。今夏に加入した鎌田にとって、これが嬉しい移籍後初ゴールとなっている。

その後も試合展開は変わらない中、鎌田は65分にお役御免に。移籍市場最終日に加わったゲンドゥージと交代した。するとラツィオは67分、スローインを受けたゲンドゥージがスペースへパスを送り、走り込んだザッカーニがそのままGKとの一対一を冷静に制す。しかし、このゴールはVARレビューの結果オフサイドでノーゴールに。その後も73分にゲンドゥージがネットを揺らしたが、これもノーゴール判定に変わっている。

結局ラツィオは終始ナポリに主導権を握られたものの、一瞬の隙を突いて奪った2つのゴールを最後まで守りきり、2-1で勝利。昨季王者相手に、待望の今季初勝利を飾った。一方のナポリは、今季初黒星となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8950a45da4a7badf5ab90b035a150728e4b868bc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:20 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、ドリブルから1アシスト!18歳FWファーガソン圧巻ハットでブライトンはニューカッスルに3-1快勝(関連まとめ)

【サッカー】18歳のファーガソンがハットトリック!三笘薫も1アシストのブライトンがホームでニューカッスルを粉砕 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693679578/
三笘とファーガソン23-24第4節.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/03(日) 03:32:58.54 ID:YudsZRMT9.net

現地時間2日、イングランド・プレミアリーグは第4節が行われ、三笘薫の所属するブライトンはホームのAMEXスタジアムにニューカッスルを迎えた。

前節、ウェストハム相手に完敗を喫したブライトン。三笘も上手く抑え込まれる結果となったが、マーチ、グロース、エストゥピニャンらとともにこの試合でも先発メンバーに名を連ねた。ニューカッスルも前節は10人のリヴァプールに逆転負けを喫する悔しい結果となったが、左サイドバックを入れ替えただけでリヴァプール戦とほぼ変わらないメンバーで臨んだ。、

立ち上がりに圧力をかけたニューカッスルは、3分に高い位置でボールを奪い、エリア内右からトナーリが折り返したボールをイサクが合わせるもゴール右へと外れる。

出鼻をくじかれたブライトンだが、徐々に本来のペースを取り戻すと、三笘も高い位置でボールを受けてチャンスを作り出す。16分、カウンターから左サイドを駆け上がった三笘がボールを受けて自ら仕掛けるも、得意のカットインシュートはDFにブロックされた。

流れがブライトンに傾きつつあった27分、ペナルティーエリアの外でボールを受けたGKポープに対して三笘がチェイスすると、ミスキックをエストゥピニャンが拾ってエリア内左で三笘に預ける。三笘の折り返しはブロックされるが、クリアボールを拾ったギルモアが強烈なシュートを放つ。たまらずGKポープがはじいたボールをファーガソンが押し込んでブライトンが先制する。

リードした後も優位に試合を進めるブライトンにおいて、三笘はニューカッスルの速いプレスに対してもボールを失わず、チームのボール保持に貢献。ニューカッスルもジョエリントンが惜しいシュートを放つなど反撃に出るものの、1点ビハインドで試合を折り返した。

後半は1点を追うニューカッスルがボール保持で上回るものの、自陣でのパスが多く、なかなかブライトンのゴール前に侵入することができない。58分にはトナーリ、アルミロン、ジョエリントンを下げてロングスタッフ、アンデルソン、カラム・ウィルソンを投入して点を取りに行く。

しかし、次の1点を奪ったのはホームのブライトン。65分、ギルモアからの縦パスを受けたファーガソンがペナルティーエリア手前から右足で狙うと、狙い済まされたミドルシュートがゴール右へと吸い込まれ、ブライトンが2-0とリードを広げる。

さらに70分、ペナルティーエリア手前で三笘とスイッチしたファーガソンが左足を振り抜くと、DFに当たって若干コースの変わったシュートが決まり、18歳のハットトリックでブライトンが3-0と突き放した。

苦しい状況に追い込まれたニューカッスルは74分にイサクとターゲットを下げてバーンズとラッセルズを投入するも、すでに大きく傾いてしまった流れは引き戻せない。ブライトンはダフード、ミルナー、ララーナといった経験のある選手を投入して試合を終わらせにかかる。

ニューカッスルはアディショナルタイムにロングパスからC・ウィルソンが抜け出して一矢報いたものの、反撃もそこまで。今季初のクリーンシートこそならなかったものの、ブライトンがホームで完勝し、敗れたニューカッスルはこれで3連敗となった。

■試合結果
ブライトン 3-1 ニューカッスル

■得点者
ブライトン:ファーガソン(27分、65分、70分)
ニューカッスル:C・ウィルソン(90+2分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e23c4f68f8fdeac6bbc2e19367c8d20ec1399760



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:12 | 大阪 | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)