アンテナ・まとめ RSS

2019年02月27日

鹿児島県、「大迫勇也」スタジアム誕生へ!南さつま市が命名権を授与

【サッカー】<大迫スタジアム>誕生へ!「OSAKO YUYA stadium」に変わる!地元の鹿児島・南さつま市
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551241277/
加世田陸上競技場.jpg
1: Egg ★ 2019/02/27(水) 13:21:17.95 ID:z0iuo95a9

 鹿児島県南さつま市の加世田運動公園陸上競技場の名前が、同市出身のサッカー日本代表大迫勇也選手(28)にちなんで「OSAKO YUYA stadium」に変わることになった。市が大迫選手の今後の帰省に合わせて競技場の命名権を贈り、その授与式から5年間名前を変更する。

 大迫選手は南さつま市のスポーツ少年団でサッカーを始め、鹿児島城西高校、鹿島アントラーズなどを経てドイツのブレーメンに所属。昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会では、日本の決勝トーナメント進出に貢献した。

 市は、こうした活躍で市民栄誉賞と、副賞の命名権を贈ることを決めた。

2019年2月27日 06時48分
http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2019022701000892.html

写真http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/images/2019022701000902.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

香川真司、絶妙スルーパスで移籍後初アシスト!ベシクタシュはフェネルバフチェに3点差追い付かれ3-3ドロー(関連まとめ)

【サッカー】キレキレ香川真司が移籍後初アシスト!ベシクタシュは白熱のダービーで3点差追いつかれドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551125431/
香川2019第23節祝福.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/02/26(火) 05:10:31.48 ID:sq+m5Lln9.net

シュペルリグは25日に第23節が行われ、ベシクタシュとフェネルバフチェが対戦した。

トルコの強豪同士によるダービーマッチ。ベシクタシュの本拠地ボーダフォン・アリーナで行われた一戦で、今冬加入した香川真司は移籍後初の先発出場を飾った。

すると香川は早速魅せる。10分、FKで良質なクロスを送ると、これがギョヌルの先制点に繋がる。その後もドリブルで相手を翻弄してチャンスを演出し、危険な位置でファールを獲得するなど存在感を放つ。チームはその後、18分にユルマズのPKで追加点を挙げる。

キレキレの香川は前半アディショナルタイム、移籍後初アシストを記録。ハーフェーライン付近で相手のパスミスを見逃さずに拾うと、そのままダイレクトパス。完全に抜け出したユルマズがネットを揺らし、ベシクタシュは3点をリードして前半を折り返す。

劣勢のフェネルバフチェだが、55分にザイツが1点を返す。その後両チームの控え選手らがもみ合うなど、試合はヒートアップしていく。すると62分、ヴァルブエナのFKからチフプナルがネットを揺らした。この試合3度目のビデオ判定が行われたがゴールはそのまま認められ、フェネルバフチェが1点差に詰め寄る。

反撃に出るフェネルバフチェは67分、ついに同点に追いつく。ボックス外でボールを受けたアリ・カルディは、左足を勢い良く振り抜く。無回転気味の強烈なボールがネットに突き刺さった。

流れを失ったベシクタシュは74分に大ベテランのクアレスマを投入するなど、状況の打開を図る。互いにビッグチャンスを迎えるが勝ち越し点を奪えない。徐々に存在感を失っていた香川は、84分に交代となった。

試合はこのまま終了。白熱のダービーマッチは、3-3のドローに終わった。ベシクタシュは3位を維持。フェネルバフチェは14位に浮上した。

■試合結果
ベシクタシュ 3-3 フェネルバフチェ

■得点者
ベシクタシュ:ギョヌル(10分)、ユルマズ(18分、前半AT)
フェネルバフチェ:ザイツ(55分)、チフプナル(62分)、アリ・カルディ(67分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00010002-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:43 | 大阪 | Comment(33) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

長谷部誠、神になる!独誌、ニーチェ引用し「神は死んで無い。神は日本人だった」(関連まとめ)

【サッカー】<神は日本人だった> 進化を続けるリベロ長谷部誠をドイツ誌が絶賛!監督「マコトの場合は、ワインと同じだね」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551081462/
長谷部誠2019ガッツポーズ.jpg
1: Egg ★ 2019/02/25(月) 16:57:42.89 ID:Vl0DVKbs9.net

長谷部がリベロとして起用されるようになり、フランクフルトの成績も右肩上がり

フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は、ドイツ12年目のシーズンを迎えている。35歳にして、キャリア最高とも言えるシーズンを過ごしていると評価されるなか、現地時間24日付のドイツの有名サッカー雑誌「11FREUNDE」が長谷部を特集し、「神は日本人だった」と称賛した。

 “神は死んだ”とはドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの言葉で、同誌はニーチェが19世紀末の社会を分析した末に、ニヒリズム(虚無主義)に辿り着いたと紹介。「キリスト教文明が自らの基盤を追放し共生原理を破壊した状況で、将来が陰鬱なものに見えていた」と綴ると、今季開幕時のフランクフルトもそこまで劇的とは言えないまでも、似たような状況にあったと表現した。

 実際、今季のフランクフルトはニコ・コバチ監督がバイエルンへと移り、そのドイツ王者と対戦したスーパーカップでは0-5と完敗。アディ・ヒュッター新監督が採用した4-2-3-1システムはなかなか奏功せず、ブンデスリーガ3試合を終えて勝ち点3と苦しんだ。長谷部は開幕戦を体調不良で欠場すると、第2節はベンチ外、第3節は90分間出場なしと、一時は構想外に陥ったかと懸念する声も上がった。

 しかし、ヒュッター監督は第4節RBライプツィヒ戦(1-1)から前任者の使っていた3バックにシステムを戻すと、守備の“重鎮”である長谷部をリベロとして投入。長谷部はそこから筋肉の問題で欠場した3試合を除いて国内リーグですべてフル出場を果たしており、昨年11月にはアジアサッカー連盟(AFC)から「アジア最優秀年間国際選手賞」に選出されたほか、ウィンターブレイク中にはドイツ誌「キッカー」から「前半戦最高のCB」にも選ばれた。

ヒュッター監督は長谷部を上等のワインと比較「年を重ねるほど良くなる」

 視野の広さと身体能力の強さを武器に“リベロ2.0”として活躍する長谷部について、ヒュッター監督は「チームの絶対的なキープレーヤー」と信頼を寄せ、「マコトの場合は、ワインと同じだね。年を重ねるほど良くなる」と絶賛。上等のワインと比較し、年齢が上がるにつれ、パフォーマンスが素晴らしくなると述べた。

 チームメイトのドイツ人DFマルコ・ルッソも、長谷部がAFCから賞を受けたと知った際に「凄いね。45歳で彼はもう一度受賞すると思うよ」と語り、今後も長きにわたって活躍するだろうと期待を述べている。

「11FREUNDE」は「フランクフルトでは誰もがその言葉に即座に同意するだろう。キャリア最高のフォームを見せているマコト・ハセベと一緒なら、フランクフルトの将来は輝かしいものに見える」と言及。ニーチェの言葉を引き合いに、「神は死んでいない。その逆だ。神はほんの35歳。そして彼は日本人だった」と、長谷部に最大限の賛辞を送っている。

 6位をキープするフランクフルトで、日本が誇る“神”がどこまで進化を続けるのか楽しみだ。

2019.02.25 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190225-00172493-soccermzw-socc

写真
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/02/20190225_makoto-hasebe.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

乾貴士、リーガ100試合達成!交代時に観客から拍手受けるも、アラベスはセルタと0-0ドロー(関連まとめ)

【サッカー】乾貴士がリーガ通算100試合達成!! 積極プレーもスコアレスドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550950590/
乾2019第25節ドリブル.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/24(日) 04:36:30.35 ID:c39u2+km9.net

2/24(日) 4:23配信
乾貴士がリーガ通算100試合達成!! 積極プレーもスコアレスドロー

[2.23 リーガ・エスパニョーラ第25節 アラベス0-0セルタ]

 リーガ・エスパニョーラは23日、第25節を各地で行い、MF乾貴士所属のアラベスはホームでセルタと対戦した。後半30分までプレーした乾はこの試合でリーガ通算100試合出場を達成。試合は両チームともに決定力を欠き、スコアレスドローで終えた。

 乾は2015年夏、フランクフルトからエイバルに移籍し、スペインでのキャリアをスタート。同年9月23日、第5節で待望のデビューを飾ると、所属3シーズンで89試合を積み重ねた。今季はベティスに移籍した後、出番は8試合にとどまったが、今冬から期限付き移籍したアラベスでこの日、3試合目の出場を果たした。

 乾はこれまでと同じ4-3-3の右ウイングでプレー。前半24分、FWジョニーのワンタッチパスを受け、果敢な右足シュートを放つなど序盤から積極的な姿勢を見せた。その後はさらに2本のシュートを放ち、良好なコンディションを感じさせたが、得点に絡めないまま後半30分にピッチを退いた。

 ホームのサポーターからは大歓声と拍手が送られ、新天地での信頼を勝ち取っている様子。前節終了時まで6位だったチームはこの日、勝利すれば5位浮上のチャンスもあったが、最後まで得点を奪えずにスコアレスドロー。他会場の結果次第で7位転落の可能性が出てきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-31742286-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190224-31742286-gekisaka-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥川雅也、ドイツ移籍後初ゴールなど1G1Aの活躍!キールの3-1快勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】奥川雅也、ついにドイツの地で初ゴール!負傷明け先発復帰でいきなり活躍
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550927986/
奥川2019第23節ゴール.jpg

1: pathos ★ 2019/02/23(土) 22:19:46.47 ID:Yvv5UEba9.net

ボーフム相手に初ゴール

ホルシュタイン・キールに所属するMF奥川雅也は23日のブンデスリーガ2部第23節ボーフム戦でドイツでの初ゴールをマークした。

昨夏にレッドブル・ザルツブルクからのレンタルで加わっている奥川。今月10日の第23節マクデブルク戦(1-1)で太ももに肉離れを負い、当面の離脱を強いられると伝えられていた奥川。数日前から全体練習に復帰すると、ボーフム戦では左ウィングで2試合ぶりにスタメン復帰を果たした。

そして、この試合の41分、奥川は味方のシュートのこぼれ球を押し込んでチーム3点目をマーク。これまでドイツの地では数々のチャンスに絡むもゴールやアシストを記録がなかった同選手だが、公式戦11試合目でついに初ゴールに成功した。

なお、キールは前半を3-0で折り返している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010041-goal-socc


奥川雅也がドイツ初ゴール! 先制点にも絡むなど加入9戦目で結果を出し、キールの5位浮上に貢献!!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00054554-sdigestw-socc

2月23日、ブンデスリーガ2部の第23節が行なわれ、ホルシュタイン・キールの奥川雅也が自身の初ゴールを含めて2ゴールに絡む活躍を見せ、ボーフム相手に3-1の勝利に貢献した。
 
 まず30分、右サイドで縦パスを落とすと、これは相手のボーフムのバウムガルトナーに拾われるも、ミューリンクがうまく奪ってドリブルで運び、先制ゴールを奪った。
 
 そして2-0のリードで迎えた42分、セッラがゴール前に入れたシュート性のクロスをGKリーマンが弾いたところを反応良く詰め、追加点をチームにもたらした。
 
 昨夏にオーストリアのレッドブル・ザルツブルクからレンタルでキールに加入した奥川は、ここまでリーガ8試合に出場し、FWとして随所で印象的なプレーを見せてきたものの、なかなかゴールに絡むことができずにいたが、負傷が癒えて3試合ぶりに先発出場を果たした今節、ようやく目に見える結果を残した。
 
 産みの苦しみを乗り越えたことで、奥川ここから得点を積み重ねていくことができるか、非常に楽しみになってきた。
 
 なお、前節終了時点で7位だったキールは、勝点6差の8位ボーフムの敵地で3-1の勝利を飾り、暫定で5位まで浮上。次節は2位のウニオン・ベルリンと対戦する。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:19 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

本田圭佑、絶妙スルーパスでダービー戦チームを救うアシスト!10人のメルボルンVはメルボルンシティと1-1ドロー

【サッカー】<本田圭佑>12試合ぶりの先発で同点アシスト! メルボルン・ヴィクトリーは数的不利で勝点1奪取も3位転落..
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550919708/
本田圭佑2019第20節競り合い.jpg
1: Egg ★ 2019/02/23(土) 20:01:48.55 ID:qgHJPegq9.net

2月23日、オーストラリア・Aリーグの第20節が行なわれ、メルボルン・ヴィクトリーとメルボルン・シティの一戦は1-1の引き分けに終わった。
 
 直近2戦未勝利の2位ヴィクトリーが6位のシティをホームに迎えたダービーマッチ。前節、交代出場から同点PKを決め、約2か月ぶりのゴールを記録した本田圭佑は、実に12試合ぶりの先発出場を果たした。
 
 定位置とも言える中盤右サイドで試合開始を迎えた本田は、立ち上がりは右に張り付いてプレーするが、8分に中央へポジションを移してドリブル突破を試みる。数人をかわした後にペナルティーエリア手前で止められるも、この試合最初の仕掛けにマーベル・スタジアムの観衆も大いに沸いた。
 
 試合は静かな展開が続いたが、15分に大きな動きを見せる。シティのマクラーレンが縦パスに抜け出し、エリアに侵入したところで背後からニーダーマイアーに寄せられて転倒。主審はシティにPKを与えるとともに、ニーダーマイアーに対してレッドカードを掲げたのだ。
 
 ヴィクトリーはマクラーレンにPKを決められて先制を許しただけでなく、残り時間を10人に戦うという大きなハンデを背負う羽目に……。しかも守備の代役を投入するため、カンソバをベンチに下げることとなり、攻撃力の低下を余儀なくされることとなった。
 
 その後、シティはボールを支配しながらたびたび相手ゴールに迫り、23分にバッカス、24分にはベレンガーが際どいシュートを浴びせる。さらに前半アディショナルタイムには、グリフィスがエリア外からの強烈なダイレクトシュートで右ポストをヒットした。
 
 一方、ヴィクトリーはひたすら我慢を強いられることに。本田はポジションを左サイドまで移したりして状況打破を試み、FKを獲得してチャンスを作るも、味方にラストパスは通らず。守備では、21分にはシティのカウンターを止めようとして相手選手を倒し、警告を受けた。
 
 後半、点を取らなければならないヴィクトリーは長身FWトイボネンを投入し、立ち上がりから積極的な仕掛けを見せる。
 
 攻め続けながら迎えた50分、本田のスルーパスで抜け出したバーバルセスが、角度のないところからGKと右ポストのわずかな隙間を射抜いて同点ゴールを決めた。
 
 勢いづいたヴィクトリーは、前半とは打って変わり、敵陣でもスムーズにボールを繋ぐなど、数的不利を感じさせないプレーを披露。前線でボールをキープするトイボネンのパスを受けてSBが上がったりと、縦の連係も機能する。
 
 とはいえ、シティもこのまま劣勢に陥ることはなく、反撃に転じて再三ゴール前までボールを運ぶ。62分には、ブラッタンがクロスバーを叩くエリア外からのシュートを放った。
 
 一進一退の攻防が展開されるなか、徐々に数的優位のシティがボールを保持する時間が長くなっていくが、ヴィクトリーはほとんどの選手がゴール前に戻って壁を形成し、相手の決定的なプレーを許さない。
 
 77分、本田はルクスとの交代でベンチに下がる。自身の通算記録を6ゴール4アシストに伸ばした彼には、ホームの観衆から大きな拍手が贈られた。
 
 試合は終盤に入り、攻勢のシティは80分、混戦のなかからヴィドシッチがフリーでシュートを放つが、ゴールマウスを捉えられない。その後も多くのクロスを相手ゴール前に送り、シュートを放つも、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。
 
 ヴィクトリーは耐え切って勝点1を奪取。状況を考えれば御の字の結果ともいえるが、一方で同点とした後の攻勢の時間帯で次の1点が奪えなかったことには、悔いを残した。
 
これで3戦未勝利となり、シドニーFCに抜かれて3位転落となったヴィクトリーは次節、3月2日にニューカッスル・ジェッツをホームに迎える。

2/23(土) 19:54配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00054532-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、来季アヤックス移籍か?アヤックスからCLレアル戦に招待され、選手宿泊先のホテルで食事も

【サッカー】<堂安律>新天地はアヤックス確定か…CLレアル戦に招待、選手宿泊ホテルでの食事も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550876776/
堂安律2019笑顔.jpg
1: Egg ★ 2019/02/23(土) 08:06:16.17 ID:PdQOUTXp9.net

フローニンゲンMF堂安律は、来季アヤックス移籍が濃厚なのかもしれない。
オランダ『テレグラフ』紙によると、先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のレアル・マドリー戦に、招待されていたようだ。

昨季フローニンゲンに加入し、オランダで存在感を放つ堂安。今季も日本代表の活動で離脱した時期を除き、全試合にフル出場。4ゴール2アシストを記録するなど、チームの絶対的な存在となっている。
堂安の目覚ましい成長を受け、多くのビッグクラブが関心を示しており、昨季の段階でマンチェスター・シティがオファーを出したとも言われている。その他国内強豪PSVなどがオファーを検討しているとも伝えられている。

しかし、新天地はアヤックスになるのかもしれない。『テレグラフ』紙によると、堂安はヘーレンフェーンの18歳DFキク・ピエリーとともに、アヤックス本拠地ヨハン・クライフ・アレーナで行われたレアル・マドリー戦(1-2)に招待されていたようだ。また、試合前にはアヤックスの選手が滞在するホテルで食事をとることが許可されたという。だが、日本代表MFは土壇場でホテルでの観戦を選択したようだ。

さらに堂安に関しては、昨年12月に行われたグループリーグ第6節バイエルン戦(3-3)にも招待されていたという。今季欧州の舞台で躍進を見せるアヤックス。来季は、20歳の日本代表MFがCLの舞台で輝きを放つ場面を見ることができるのかもしれない。

2/23(土) 7:49配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010007-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190223-00010007-goal-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:48 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

長谷部所属フランクフルト×インテル、南野所属ザルツブルク×ナポリ!ELラウンド16組合せが決定!(関連まとめ)

【サッカー】ELラウンド16の組み合わせ決定! 長谷部フランクフルトと南野ザルツブルクがセリエAの強豪と激突
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550838249/
南野と長谷部EL.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/22(金) 21:24:09.10 ID:mFVIRtud9.net

2/22(金) 21:21配信
ELラウンド16の組み合わせ決定! 長谷部フランクフルトと南野ザルツブルクがセリエAの強豪と激突

2018−19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が22日にスイスで開催され、8カードが決定した。


21日にラウンド32が終了し、アーセナルやチェルシー、ナポリ、インテル、セビージャ、バレンシアといった強豪のほか、長谷部誠が所属するフランクフルトと南野拓実が所属するザルツブルクが16強入りを決めた。

注目のラウンド16抽選会、優勝候補筆頭のチェルシーはディナモ・キエフと激突。アーセナルはレンヌと8強を争う。また、長谷部が主力を務めるフランクフルトは、イタリアの強豪であるインテルと対戦。南野が在籍するザルツブルクは、同じくセリエAで2位につけるナポリと相まみえる。日本人2選手の所属クラブがいずれも強敵と戦うことになった。

ラウンド16のファーストレグは3月7日、セカンドレグは14日に開催。なお、決勝は5月29日にアゼルバイジャン・バクーのバクー・オリンピックスタジアムで開催される

【ELラウンド16組み合わせ】
チェルシー(イングランド)vsディナモ・キエフ(ウクライナ)
フランクフルト(ドイツ)vsインテル(イタリア)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)vsベンフィカ(ポルトガル)
ナポリ(イタリア)vsザルツブルク(オーストリア)
バレンシア(スペイン)vsFCクラスノダール(ロシア)
セビージャ(スペイン)vsスラビア・プラハ(チェコ)
アーセナル(イングランド)vsレンヌ(フランス)
ゼニト(ロシア)vsビジャレアル(スペイン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010028-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、先発デビューでループシュート放つもバー直撃に…ゲンクはスラビア・プラハに1-4大敗しEL敗退(関連まとめ)

【サッカー】伊東純也はホロ苦デビュー…ゲンク、大敗でELベスト16進出ならず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550787108/
伊東2019EL32第2戦デビュー戦.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/02/22(金) 07:11:48.99 ID:mFVIRtud9.net

2/22(金) 7:00配信
[2.21 EL決勝T1回戦第1戦 ゲンク1-4スラビア・プラハ]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第2戦が21日に行われ、日本代表FW伊東純也の所属するゲンク(ベルギー)はホームでスラビア・プラハ(チェコ)と対戦し、1-4で敗れた。今冬に柏から期限付き移籍した伊東は右サイドハーフで先発出場し、待望の新天地デビュー。90分間プレーしたが、得点には絡めず、チームも2試合合計1-4で敗退となった。

 第1戦をスコアレスで終えていた両チーム。第2戦は思わぬ形で動いた。前半10分、ゲンクのFWレアンドロ・トロサールが、PA外に飛び出してボールを処理しようとしたGKオンドジェイ・コラールシュからボールを奪い、すぐさま左足でシュート。これが無人のゴールに転がり込み、ゲンクが先制した。

 だが、スラビア・プラハは早い時間に追いつく。前半23分にMFヤロミール・ズムルハルが左サイドからクロスを送ると、GKダニー・ブコビッチに触られたボールをファーのDFブラディミール・ツォウファルがヘッドで押し込んだ。

 アウェーゴール差により、このままでは敗退となるゲンク。反撃を試みる中、後半6分に相手のプレッシャーを受けたGKブコビッチが右足を痛めて治療を行う。

 大事には至らずにプレーを再開させたが、同9分に相手の左クロスをキャッチしようとした際に味方DFと交錯すると、こぼしたボールをMFイブラヒム・トゥラオレに蹴り込まれ、逆転ゴールを許す。GKブコビッチはこのプレーで負傷退場し、ゲンクはアクシデントで3枚の交代枠を使い切ることになった。

 さらに苦しい展開は続く。後半19分にFKのこぼれ球をFWミラン・シュコダに頭で押し込まれると、同24分にはCKから再びシュコダにヘディングを決められ、3点のビハインドを負った。

 伊東は突破からのクロスや裏への飛び出しで打開を図る。後半45分にはPA内右に抜け出して右足でループ気味のシュートを放つが、惜しくもクロスバーに当たり、試合はそのまま1-4で終了。国内リーグで首位を独走するゲンクは大敗でELから去ることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-31091418-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190222-31091418-gekisaka-000-1-view.jpg


※一部追記しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:54 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

アジアの渡り鳥・伊藤壇(43)、現役最後の地は「グアム」に!「平成とともに現役を終えたい」

【サッカー】<「アジアの渡り鳥」43歳・伊藤壇>終着駅はグアム「平成とともに現役を終えたい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550724573/
伊藤壇.jpg

1: Egg ★ 2019/02/21(木) 13:49:33.72 ID:arzr8a0K9.net

アジアの20の国と地域でプレーした札幌出身のプロサッカー選手・伊藤壇(43)が、“終着駅”をグアム島(米国)に決めた。グアムリーグ・NAPAローヴァーズの入団が決まり、23日の初戦へ向けて現地で調整を積んでいる。アジアを渡り歩いて21国・地域目。「これで最後。平成とともに現役を終えたい」と、引退の覚悟を決めた。

 2017年5月に東ティモールから帰国後、所属先が決まらずに苦しんだ。今年1月には台湾チームとの契約間近に白紙となり、伊藤は「年齢にも需要がなくなってきた」と明かす。心が折れかけても、「もう1か国やるまで辞めないと言ってきた」。知人のつながりで関係者を紹介してもらい、アジア予選に出場するグアムを最終拠点に決めた。

 「アジアの渡り鳥」の異名を持つ伊藤は、1998年にJFLの仙台でキャリアをスタート。01年に日本を飛び出し、「初めに掲げたのが10か国は海外にしがみつく。ただ、16か国でプレーしたドイツ人がいると聞いて、超えたいと思った」。気づけば日本を除き、区切りのいい20リーグ目となり、これまでのキャリアをギネスブックにも申請する予定だ。

 ある国ではゴール前に牛が寝ていたり、逆サイドの芝をヤギが食べていたりしたこともあった。「初めはこんな所でサッカーなんかできるか、なんて思っていた」と伊藤は笑うが、そんな環境でもまれたことで精神的にタフになった。「最後はヘロヘロになってゴールではなく、“まだ行けるんじゃないか”と思わせるくらいで終わりたい」。19年に及ぶ長旅は、いよいよ終わりが近づいた。(清藤 駿太)

 ◆伊藤 壇(いとう・だん)1975年11月3日、札幌市生まれ。登別大谷高から仙台大に進学後、98年にJFLブランメル仙台(現J1仙台)入り。戦力外となり一時帰郷したが、01年のシンガポールクラブ入団から20の国と地域を渡り歩き、「アジアの渡り鳥」の異名を持つ。ポジションはMF。174センチ、71キロ。右利き。

2/21(木) 13:31配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000252-sph-socc

写真
https://www.hochi.co.jp/photo/20190220/20190220-OHT1I50168-T.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:01 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

岡崎慎司、トルコ1部フェネルバフチェが獲得に乗り出す!トルコ紙「来夏に獲得する意志があるようだ」(関連まとめ)

【サッカー】<トルコ紙>岡崎慎司のフェネルバフチェ入りの可能性を報じる!「来夏に獲得する意志があるようだ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550655168/
岡崎2018レスター.jpg
1: Egg ★ 2019/02/20(水) 18:32:48.37 ID:LKekads89.net

現在トルコの1部リーグでは、ガラタサライの長友佑都、ベジクタシュの香川真司のふたりがプレーしている。とりわけ、今冬に加入した香川は移籍直後のデビュー戦で2ゴールを挙げ、現地で人気急上昇中だ。

 トルコ国内で日本人選手への関心が高まっているなか、元日本代表FWの岡崎慎司にもトルコ・リーグに参戦する可能性が浮上した。現地トルコ紙『Haberturk』は、現在プレミアリーグのレスターに所属している岡崎について、「フェネルバフチェには来夏に獲得する意志があるようだ」と報じている。

 岡崎は現在、レスターで出番に恵まれていない。そのため、今冬の移籍市場で新天地へ移るのではと噂されていた。

 実際に、1月の移籍市場がオープンした直後には、同じプレミアリーグのハダースフィールドから具体的な獲得オファーがあったという。しかし、これは金銭面で条件が折り合わず、レスター側が拒否したと報じられている。

 岡崎自身は、移籍市場が閉じる前日、1月30日に「あと半年レスターで勝負する」と宣言し、残留を選んだ。

 だが同紙は、フェネルバフチェも今冬に岡崎の獲得に乗り出していたと伝え、「(同じレスターからレンタル中の)FWイスラム・スリマニと同じ条件でオカザキをレンタルする計画を立てていたが、これはまとまらなかった」と報じた。

 トルコの複数メディアは、フェネルバフチェ側の関係者が岡崎に興味を持っていることを認め、来夏に再びオファーをする意志があると伝えている。

 岡崎は、レスターと2019年6月末までの契約を結んでいる。今冬の移籍を見送ったことで、来夏には移籍金フリーで移籍が可能となる。

 慣れ親しんだイングランドを離れ、トルコに渡るのか。今後の詳報が待たれるところだ。

2/20(水) 18:19配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00054378-sdigestw-socc


※管理人:一部内容に不適切なレスの表記があり、ユーザーの皆様をご不快にしてしまってた事をお詫び申し上げます。先ほど該当箇所の内容については編集し直しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(21) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】香川真司、ロナウジーニョする 他、トルコ各紙が次節ダービー戦の先発を予想「日出国の男で決まりだ」

「日出ずる国の男で決まり!」トルコ各紙が香川真司の次節ダービー先発に太鼓判!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00054309-sdigestw-socc
香川練習ベシクタシュ笑顔.jpg

1月末の移籍期限ぎりぎりで加入して早や3週間。いよいよベジクタシュの日本代表MF香川真司がスタメン出場を果たしそうだ。

 先週金曜日のトルコ・シュペルリギ第22節で、ベジタクシュはマラティヤスポルと対戦。これを2−1でモノにして3連勝を飾り、香川も62分から登場して溌溂としたプレーを披露したわけだが、チームにとっては手痛い失態もあった。70分だ。決勝点を決めたトップ下のセルビア代表MFアデム・リャイッチが、興奮してコーナーフラッグを壊してしまい、イエローカードを提示されてしまう。累積警告で次節(2月25日)のイスタンブール・ダービー、フェネルバフチェ戦に出場できなくなったのだ。

 この緊急事態を受けて、トルコ・メディアは香川の先発出場を強く推している。

 全国紙『Milliyet』は「ダービーでは、晴れてシンジ・カガワの出番となるだろう。セノール・ギュネス監督は過去3戦でのカガワの出来に満足感を示しており、そのアシスト力と攻撃時の存在感を高く評価している。日出ずる国から来た男で決まりだ」と言い切る。一方で、「最終判断は(試合前日の)日曜日に下される」としたうえで、「再開されるトレーニングでまだ連携面など不安が残ると判断されれば、ムスタファ・ペクテメクがスタートの11人に名を連ねるかもしれない」とも予測している。

 
 さらに、スポーツ紙『Sporx』も「普通に考えればカガワの先発が現実的だ。リャイッチの大きな穴を的確に埋められるのは彼しかいない」と記載し、香川本人による「僕はいつも90分プレーできるように準備している」とのコメントも添えた。ただこちらも「指揮官の期待に応えられなさそうなら、オウズハン・オズヤクプが代役を担うだろう」と含みを持たせている。

 現在3位のベジタクシュに対して、今季ここまで12位と低迷しているフェネルバフチェ。だが彼らが国内屈指の超名門であることに変わりはなく、舞台は熱狂の度合いが尋常ではないイスタンブール決戦だ。トルコ移籍後初となるダービーマッチで、香川はスタメンデビューを飾るのか。本拠地ボーダフォン・パークの4万大観衆も、特大の期待を寄せているだろう。

※都合により、画像を変更しました

【ベシクタシュJK】香川真司part10 【黒い鷲】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1550363814/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:17 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング