アンテナ・まとめ RSS

海外の日本人選手

冨安出場停止のボローニャ、バーニ劇的決勝弾でブレシアに逆転勝利!今季3度目の連勝で9位浮上

冨安は累積警告で出場停止…ボローニャは終盤の逆転弾で連勝達成、9位浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-43477801-gekisaka-socc
バーニ2020第22節ゴール.jpg

[2.1 セリエA第22節 ボローニャ2-1ブレシア]

 セリエAは1日に第22節を行った。DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでブレシアと対戦し、2-1で勝利。冨安は累積警告のため出場停止となっている。

 1月25日の前節・SPAL戦(○3-1)では4試合ぶりに勝利を収めたボローニャ。冨安は終盤に警告を受け、今節は出場停止となっていた。4バックの冨安の位置にはDFイブラヒマ・エムバイェが起用されている。前半9分にはFWニコラ・サンソーネが自ら負傷を訴え、今冬加入のFWムサ・バローを出場させる。

 ボローニャは前半33分に失点。エムバイェがPA内で相手選手を倒してしまい、PKを献上する。FWエルネスト・トッレグロッサに決められ、先制点を奪われた。しかし同43分に同点に追いつく。MFロベルト・ソリアーノのサイドチェンジから右サイドのエムバイェが折り返し、最後はFWリッカルド・オルソリーニが相手選手を背負いながら右足シュートを決めた。

 前半を1-1で折り返すと、後半はボローニャがチャンスを量産も得点には結びつかない。すると後半44分に待望の逆転弾。左CKの跳ね返りをバローが左サイドから再びクロスを上げる。ボールはそのままファーサイドに流れていくと、最後はDFマッティア・バーニが右足で押し込んだ。

 ボローニャが終盤の得点で2-1の逆転勝利。今季3度目の連勝を達成し、11位から9位に順位を上げている。7日の第23節では敵地でローマと対戦する。

Bologna FC 冨安健洋 Part9
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579000724/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルサB安部裕葵、右脚太腿を負傷…精密検査へ(関連まとめ)

バルサB安部裕葵、右足ハムストリングを負傷
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-43477826-gekisaka-socc
安部裕葵2020第23節負傷02.jpg

 バルセロナは2日、バルセロナBに所属するFW安部裕葵が右足ハムストリングを負傷したことを発表した。今後、怪我の詳細を調べるために精密検査を受けるという。

 バルセロナBは2日、セグンダ・ディビシオンB第23節でプラットと対戦。10月27日のサバデル戦以来、13試合ぶりのベンチスタートとなった安部は、後半23分から途中出場したが、34分にドリブルで相手をかわした際に右腿を抑えて倒れ込んでしまう。その後、チームドクターの力を借りて、両肩を支えられて足が地面につかないようにしながらピッチを後にした。

 昨年7月に鹿島アントラーズから加入した安部は、ここまで20試合で4ゴールを記録。前節まで12試合連続でスタメン出場していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12796
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1580605829/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:56 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、カットインから絶妙ゴール!今季3点目で8戦連続フル出場!ハノーファーは2-2ドロー(関連まとめ)

原口元気、鋭いカットインから今季3点目! 8試合連続のフル出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-43477796-gekisaka-socc
原口元気2020第20節ゴール.jpg

[2.1 ブンデスリーガ2部第20節 ノーファー 2-2 ビースバーデン]

 ブンデスリーガ2部は1日、第20節を行い、日本代表MF原口元気が所属するハノーファーはホームでビースバーデンと対戦し、2-2で引き分けた。原口は同点ゴールを挙げ、今季3点目をマーク。8試合連続でフル出場を果たした。

 ハノーファは前半37分、CKの流れから先制を許したが、0-1で迎えた後半38分だった。DFフェリペからパスを呼び込んだ原口は左サイドを持ち上がり、スピードを上げて鋭くカットイン。相手をかわしてPA左手前の位置で右足を振り抜き、ゴール左下隅に突き刺した。

 試合を振り出しに戻したハノーファはその5分後、今度は右サイドを崩した流れからFWセドリック・トイヒャートがゴールを挙げ、一気に逆転に成功。しかし、終了間際に失点し、試合は2-2の引き分けに終わった。

◆Hannover96 原口元気9◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1564163370/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:17 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【柴崎完全復活】柴崎岳、地元メディア大絶賛!「完璧な試合を演じた」「個の力を見せつけた」ゲームメイク力で破竹の6連勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】デポルティボ柴崎岳、6連勝を呼ぶゲームメイク力を現地高評価 「個の力を見せつけた」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580617686/
柴崎2020第26節拍手.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/02/02(日) 13:28:06.19 ID:FKVdckt79.net

マーカーを分散させて決勝点をお膳立てしたほか、決定機を作るスルーパスも披露
 日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボは現地2月1日、リーガ・エスパニョーラ2部第26節ラス・パルマス戦に2-1の勝利を飾り、リーグ戦6連勝を飾った。そのなかでゲームメイクした柴崎も、地元紙でおしなべて高い評価を受けている。

 試合は前半17分にセットプレーからFWサビン・メリノがニアサイドを打ち破ってデポルティボが先制に成功。後半に入って12分にオウンゴールで同点とされたものの、その7分後に左サイドからのクロスにゴール中央に柴崎が放り込んでマーカーの集中を分散させると、ファーサイドのMFエネコ・ポペダが合わせて決勝ゴールをゲットした。

 柴崎はこの決勝点の前にも球足の長いスルーパスでメリノの決定機を演出するなど、持ち味を見せた。スペイン紙「AS」の選手採点では、スペード3つが満点の中でスペード2つの評価を受けており、地元紙「ラボス・デ・ガリシア」では10点満点中7点の評価。「彼はスタメンだったが、後半に入ってから彼がゲームメイクする試合となった。メリノにとってこの日2ゴール目がほぼ可能であったはずの、個の力を見せつけた」と、ゲームメーカーとして輝きを放ったと評価している。

 暫定ではあるものの、デポルティボはこの勝利で15位に浮上。また昇格プレーオフ圏内の6位のフエンラブラダと勝ち点差7にまで復調してきた。そのなかで柴崎のコンスタントな活躍があるのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00244403-soccermzw-socc


「完璧な試合を演じた」「素晴らしいプレー」柴崎岳を地元メディア絶賛!デポル破竹の6連勝をけん引
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010013-goal-socc

デポルティボMF柴崎岳は、現地メディアから再び高い評価を受けている。

1日に行われたリーガ2部第26節で、ラス・パルマスと対戦したデポルティボ。前半早い時間にリードを奪うと、後半同点に追いつかれるも、74分にボベダが決勝点。2-1で勝利を飾った。

これでリーグ戦6連勝と、破竹の勢いを見せるデポルティボ。柴崎は中盤底の位置で4試合連続のフル出場を果たし、攻撃のタクトを振るった。その活躍に、地元メディアは高い評価を与えている。

『ラ・ボス・デ・ガリシア』は、柴崎を「7」と採点。「元気なく試合をスタートさせたが、後半からそのパフォーマンスは勢いづいた。メリーノに2点目のゴールをほぼ決めさせる素晴らしいプレーを実現した」と、徐々に存在感を増していったと綴っている。

また『リアソール.org』は、「7.1」と評価。「日本人は(指揮官)フェルナンド・バスケスのもとで勢いを増している。この中盤のMFはまたもフィジカルをみなぎらせて、ピッチのあらゆる場所に顔を出している。実際のところ、彼の足から2-0となるはずのチャンスが生まれている。終盤には相手のプレーを止めて、ファンにもっと応援するよう求めた場面があった。とても完璧な試合を演じた」と、絶賛している。

先日にはバスケス監督から「パーフェクトだよ。彼はどんな監督にとっても、大きな評価を与えるべき選手なんだよ。以前にどうであったのかは知らないが、才能がある選手には、どうしたって才能がある」と絶賛を受けていた柴崎。序盤戦はチームと共に苦しんでいたが、完全復活を遂げたようだ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:34 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮市亮、ドリブル突破から先制アシスト!ザンクトパウリは遠藤航フル出場のシュツットガルトと1-1ドロー(関連まとめ)

【サッカー】宮市亮が先制点アシスト! 遠藤航との日本人対決はドロー決着
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580569266/
宮市と遠藤2020第20節.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/02/02(日) 00:01:06.18 ID:FKVdckt79.net

 ブンデスリーガ2部は1日、第20節を行い、MF宮市亮が所属するザンクト・パウリはホームで日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトと対戦し、1-1で引き分けた。

 宮市は右ウイング、遠藤はボランチの位置で先発し、日本人対決が実現した。0-0で迎えた後半11分、右サイドで1対1を突破した宮市はマイナス方向にクロスを入れ、FWヘンク・フェールマンの先制点をアシストした。

 シュツットガルトも押し返し、後半37分にFWマリオ・ゴメスが左足でゴールを挙げ、試合を振り出しに戻した。宮市と遠藤は揃ってフル出場。試合は1-1のドロー決着に終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-43477794-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、途中出場し積極シュートも…マジョルカはバジャドリードに敗れ公式戦3連敗

久保建英途中出場のマジョルカ、残留争いのライバルに敗れ公式戦3連敗…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010004-goal-socc
久保建英2020第22節.jpg

現地時間1日、スペイン・リーガエスパニョーラは第22節が行われ、久保建英の所属するマジョルカはホームのソン・モイスにバジャドリーを迎えた。

勝点18で17位のマジョルカと、勝点22で16位のバジャドリーによる残留争い直接対決。リーガでは2試合連続途中出場の久保はこの試合でもベンチからのスタートとなった。

前節、レアル・マドリー相手に0-1と惜敗したものの、守備で苦しめたバジャドリーがこの試合でもその堅守を発揮。マジョルカはボールを回しながら攻めどころを窺うものの、思うようにシュートチャンスを作ることができない。

一方、バジャドリーもファイナルサードの精度を欠き、互いにチャンスの少ない拮抗した展開に。迎えた28分、左サイドを深くえぐったルーマー・アグベニューの折り返しを、ペナルティーエリア内左で受けたダニ・ロドリゲスがボレーで捉え、ゴール右隅へと決める。ホームのマジョルカが先制したかに思われたが、これはVARの結果、ルーマーのドリブルがラインを割っていたことが分かり、ノーゴールの判定となる。

惜しくもノーゴールとなったが、ネットを揺らしたマジョルカが徐々に試合のペースを握り始める。クチョ・エルナンデス、ラゴ・ジュニオールがバジャドリーゴールを脅かすが、レアル・マドリーを苦しめた堅守を崩すには至らず、スコアレスで後半を迎える。

後半も前半同様に拮抗した展開が続く中、試合が動いたのは56分。右サイドを抜けたセルジ・グアルディオラの折り返しは一旦はブロックされるも、再び拾ってペナルティーエリア右から折り返す。シュート性のクロスをエネス・ユナルが頭で合わせ、バジャドリーが先制する。

1点ビハインドを背負うこととなったマジョルカは、早くもベンチが動く。58分、ダニ・ロドリゲスに代わって久保が投入される。

右サイドの位置に入った久保は67分、カウンターから右サイドに開いてボールを受けると、縦に仕掛けてゴール前に折り返す。これをクチョ・エルナンデスが受けたところでエリア内で倒れるが、ここはシミュレーションを取られてイエローカードが提示される。

74分、ペナルティーエリア内でボールを受けた久保が、左足でシュート。しかし、窮屈な体勢からのシュートはGKの正面に飛んでしまう。83分には、右サイドからの折り返しをペナルティーエリア手前で受け、カットインして左足を振り抜く。しかし、これはゴール右へと外れる。

徐々にゴールへの期待感が高まっていくマジョルカだが、時間も少なくなってくる中で、バジャドリーは堅守を維持しながら時間を使っていく。アディショナルタイムは5分と長めに取られたが、最後までバジャドリーの牙城を崩すことができなかったマジョルカが公式戦3連敗を喫することとなった。

■試合結果
マジョルカ 0-1 バジャドリー

■得点者
マジョルカ:なし
バジャドリード:ユナル(56分)

【RCD】久保建英応援スレ part164【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1580398499/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【エジプト王サラー】リバプール、サラー2得点など4-0大勝し怒涛の16連勝!南野拓実は決定機決めきれず初ゴールならず(関連まとめ)

途中出場の南野拓実、シュートミスで初ゴールの絶好機を逸する…4発圧勝のリヴァプールは16連勝達成
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010003-goal-socc
南野2020第25節トラップ.jpg


リヴァプールは1日、プレミアリーグ第25節でサウサンプトンをホームのアンフィールドに迎えた。

リーグ戦15連勝でプレミアリーグ初優勝へ邁進中のリヴァプール。クロップ監督は、水曜日に行われた前節、2-0で勝利したウェスト・ハム戦からオリギに代えてファビーニョを起用する1点を変更した。サディオ・マネが離脱している前線の一角には、オックスレイド=チェンバレンが入り、南野拓実はベンチスタートとなっている。

一進一退の序盤戦を経て、先にゴールへ迫ったのはリヴァプールだった。20分、前線へのフィードをボックス正面のオックスレイド=チェンバレンが落とすと、ボールを拾ったサラーが仕掛けてシュート。これが枠を捉えたが、DFのブロックに遭って先制点とはならない。

対するサウサンプトンも27分に反撃。正面のバイタルエリアでボールを受けたジェネポが素早く前を向いて右足を振る。強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、ややコースが甘かったためGKアリソンに弾かれた。

逆に31分には再びリヴァプールに好機。前線に残っていたファン・ダイクがボックス左でスルーパスを受けて正面に侵入。態勢が悪い中、ヒールキックでシュートに持ち込んだが、間合いを詰めてきたGKマッカーシーにブロックされた。

前半は要所のハイプレスでリヴァプールを苦しめたサウサンプトンが好勝負に持ち込み、0-0で終了。それでも、迎えた後半は序盤にホームチームが試合を動かす。47分、ボックス左から中央に仕掛けたオックスレイド=チェンバレンが鋭いシュートをニアサイドに突き刺す。オックスレイド=チェンバレンの2試合連続弾で、リヴァプールが試合の均衡を崩した。

これで勢いを手にしたリヴァプールは、続く61分に追加点。アレクサンダー=アーノルドのクリアボールから左サイドで抜け出したフィルミーノが折り返しのボールを入れる。最後は正面で合わせたヘンダーソンがネットを揺らし、リヴァプールが2-0とした。

さらに、72分にはヘンダーソンのスルーパスに抜け出したサラーが冷静にGKとの一対一を制して3点目。そして、クロップ監督は81分にワイナルドゥムに代えて南野を投入する。

左ウイングのポジションに入った南野は86分、右サイドから中央へ仕掛けたサラーが折り返したボールを正面で合わせるも、やや被り気味に侵入していたケイタが気になったのか、このダイレクトシュートを枠に飛ばせず、初ゴールの絶好機を逸してしまう。

その後、アディショナルタイムにはサラーがダメ押し弾を挙げたリヴァプールは、シャットアウトでの快勝でリーグ戦16連勝を達成している。

■試合結果
リヴァプール 4-0 サウサンプトン

■得点者
リヴァプール:オックスレイド=チェンバレン(47分)、ヘンダーソン(60分)、サラー(72分、90+1分)
サウサンプトン:なし

サラー2020第25節ゴール.jpg

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1201 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1580573815/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:52 | 大阪 | Comment(24) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、ボタフォゴのポケモン風歓迎動画が話題に!150万回超の再生数

本田加入のボタフォゴ「歓迎」動画が話題に 130万回超の再生回数
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00000052-dal-socc
本田ボタフォゴ加入02.jpg

 サッカー元日本代表のMF本田圭佑が31日、自身のツイッターでブラジルのボタフォゴ入団を報告。これを受け、ボタフォゴも公式サイトやツイッターなどで本田の入団を発表した。

 ボタフォゴのツイッターには、本田を歓迎するユニークな動画も掲載された。動画は携帯ゲーム機の画面に映る「GAME PLAY」の文字とともにスタート。続けて「私はボタフォゴ」の日本語、サッカーボールがゴールに吸い込まれる瞬間やポケモンに似たイラストなども登場。その後、ボタフォゴのユニホームを着た本田のイラストに、英語で「ようこそ、ボタフォゴの世界へ」などとメッセージがつづられた。動画は注目を集め、公開から12時間で再生回数は130万回を超えている。

 本田は自身のツイッターに動画を投稿。ブラジルの公用語であるポルトガル語で「やあ、元気ですか?僕はケイスケ・ホンダです。はじめまして。僕はボタフォゴでプレーします。リオデジャネイロでお会いしましょう!ではまた。ありがとう。バイバイ」と挨拶した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12793
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1580478279/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:02 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、サンプドリア移籍が正式決定!半年間のレンタル移籍 古巣サウサンプトンは感謝のメッセージ「長年にわたる献身的な働きに感謝」(関連まとめ)

【サッカー】吉田麻也のサンプドリア加入が決定!古巣セインツは感謝のメッセージ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580510651/
吉田サウサンプトン拍手.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 07:44:11.04 ID:6nqEW9yl9.net

サンプドリアは、サウサンプトンから吉田麻也を期限付きで獲得したことを発表した。

2012年にVVVフェンロからサウサンプトンに加入した吉田。 これまで7シーズン半にわたりセント・メリーズ・スタジアムで活躍した日本代表DFだが、今シーズンは出番が激減する。 0-9で大敗した昨年10月末のレスター・シティ戦以降、プレミアリーグのピッチに立ったのはわずかに5分のみとラルフ・ハーゼンヒュットル監督の信頼を失い、ベンチを温める日々が続いていた。

これを受け、今冬の移籍市場で吉田の退団が浮上。 それでも移籍市場終盤まで大きな動きはなく、残留する可能性も囁かれていた中、デッドラインデーとなる31日、ついにサウサンプトンから離れることが決定する。

現在セリエAで16位と残留争いに巻き込まれるサンプドリアが吉田の加入を発表。 「会長のマッシモ・フェレーロとサンプドリアは、マヤ・ヨシダを期限付きで獲得したことを報告する」と公式ウェブサイトで声明を出した。なお、契約期間は2020年6月30日までで、買い取りオプションが付帯しているようだ。

一方、サウサンプトンも公式ウェブサイトで「サウサンプトンの全員がマヤの長年にわたる献身的な働きに感謝している。これから数カ月、さらに先の成功を祈っている」と掲載。最後に「セント・メリーズにいつでも帰って来て、マヤ」と綴っている。

サウサンプトンでの7シーズン半で公式戦通算194試合に出場した吉田は、レスターを“奇跡のプレミアリーグ優勝”に導いたクラウディオ・ラニエリ監督の下、初挑戦となるセリエAの舞台で活躍を見せることができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00010001-goal-socc
2/1(土) 7:19配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:39 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】吉田麻也、セリエAサンプドリアにレンタル移籍へ!クラブ間合意と一斉報道(関連まとめ)

【サッカー】サウサンプトン吉田、サンプドリア(セリエA )移籍で合意か 半年間のレンタルと両国メディア報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580489154/
吉田拍手.jpg
1: 豆次郎 ★ 2020/02/01(土) 01:45:54.20 ID:k9zWygAf9.net

Football ZONE web
2/1(土) 1:33配信
サウサンプトン吉田、サンプドリア移籍で合意か 半年間のレンタルと両国メディア報道

セリエA 16位と低迷するサンプドリアの守備の立て直し役として期待

 日本代表DF吉田麻也が、今季終了までの期限付き移籍でセリエAのサンプドリアへ移籍することで合意した模様だ。イタリアと英国、双方のメディアが報じている。

 イタリアではサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」、英国からは衛星放送局「スカイ・スポーツ」が、吉田の移籍合意を報じた。吉田は今季、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンで出場機会を失う状況で、冬の移籍市場で新天地を求める可能性が報じられていた。

 欧州では冬の移籍市場の最終日となった現地時間1月31日の夕方に差し掛かった時点でイタリアと英国のメディアから報じられただけに、このままメディカルチェックなどで問題がなければ正式契約に至る可能性は高いと見られる。

 サンプドリアは今季、21試合で勝ち点20と苦戦。16位と残留争いに巻き込まれている。33失点の守備陣の補強として、プレミアリーグで長くキャリアを積んだ吉田に白羽の矢が立ったと言えそうだ。

 セリエAでは今季から日本代表DF冨安健洋がボローニャでプレーしている。吉田がイタリアでプレーするとなれば、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらとの丁々発止のせめぎ合いが見られることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00244192-soccermzw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200201-00244192-soccermzw-000-1-view.jpg


吉田麻也、“期限最終日”にイタリア1部サンプドリアに移籍へ! 伊移籍専門記者が報じる
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00069335-sdigestw-socc

8年間在籍したサウサンプトンから移籍か
 イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、イタリア・セリエAのサンプドリアへ移籍することになりそうだ。

 欧州主要リーグの移籍市場最終日である1月31日、スポーツチャンネル『Sky Sports』が「サプライズ! サンプドリアがヨシダをいただく」と報道。移籍専門記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏も吉田のイタリア行きを伝えており、残り数時間で契約が交わされる可能性が高そうだ。

 サンブドリアは今シーズン、ここまで16位と低迷が続いている。指揮を執るのは昨年10月に就任したクラウディオ・ラニエリ監督。そう岡崎慎司が所属していたレスターを奇跡の優勝に導いた名将だ。

 残留のために守備陣の再構築に迫られており、プレミアリーグ10節のレスター戦で0-9の大敗を喫した後は、ベンチウォーマーとなっていた吉田に白羽の矢が立った格好だ。

 出番を求め、8年を過ごしたサウサンプトンを離れるのではないかと囁かれてはいたが、ここまでは具体的な動きは表面化していなかった。

 サンブドリアはかつて元日本代表FWの柳沢敦がプレーしたことで知られている。移籍期限は残り数時間。吉田はクラブ史上ふたりめの日本人プレーヤーとなるのか。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:08 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】本田圭佑、ブラジル1部ボタフォゴ加入が決定!クラブ公式が発表

【サッカー】本田圭佑がブラジル・ボタフォゴ入団! 初の南米大陸
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580479949/
本田横向き.jpg
1: 豆次郎 ★ 2020/01/31(金) 23:12:29.42 ID:ITK27ywO9.net

日刊スポーツ
1/31(金) 23:05配信
本田圭佑がブラジル・ボタフォゴ入団 初の南米大陸

昨年12月にフィテッセ(オランダ)を退団したMF本田圭佑(33)のボタフォゴ(ブラジル)入りが、事実上決まった。

新天地は地球の裏側に。優勝を公言しながら1次リーグで1勝もできず敗退した屈辱の2014年ワールドカップ(W杯)の舞台、ブラジルとなる。

サッカーの「王国」から、公言する東京五輪出場&金メダル獲得を目指すことになる。

本田は29日朝に、ツイッターで「数日以内に移籍先を決めます」とつぶやき、新天地が注目されていた。

2008年にJ1の名古屋グランパスから、VVVフェンロ(オランダ)に移籍。その後、CSKAモスクワ(ロシア)−ACミラン(イタリア)−パチューカ(メキシコ)−メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)−フィテッセ(オランダ)でプレーしてきた。

2005年にプロになって14年、8クラブ、7カ国目となる新たな所属先は、初の南米大陸に。

ブラジルでは、ボタフォゴの本田獲得を巡る報道が過熱。24日に都内で取材に応じた本田は「私の代理人となる兄がボタフォゴとコンタクトを取っているのは知っている」「自分に興味を持ってくれることはうれしい。ボタフォゴは偉大なクラブ」などと話していた。

◆ボタフォゴFR 1894年創設。ブラジル・リオデジャネイロの本拠地「ニウトン・サントス・スタジアム」は収容4万6831人。同国1部リーグ優勝1度、国内杯優勝1度、リオデジャネイロ州選手権優勝20度など、多くのタイトルを獲得している王国の名門。過去には「バイシクル・シュート」を初めて打ったといわれるレオニダスや、ベベットらブラジルの名選手も在籍。本田の前にACミランで背番号10を背負い、本田在籍時にミラン監督も務めた元オランダ代表のセードルフもプレーした。チームカラーは白と黒。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-01310537-nksports-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200131-01310537-nksports-000-3-view.jpg


本田圭佑、ブラジル1部ボタフォゴ加入決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-01310304-sph-socc

 ブラジル1部ボタフォゴは31日、元日本代表MF本田圭佑(33)の獲得を発表した。本田も自身のツイッターでポルトガル語を使って加入を報告した。本田は昨年12月にオランダ1部フィテッセをわずか1か月半で退団して以来フリーに。目標であるオーバーエージ枠での東京五輪出場を目指して、新天地を探していた。

 ボタフォゴ移籍合意については、ブラジル紙「ランセ」が28日に報道。本田もツイッターで「数日以内に移籍先を決めます」とつぶやいていた。

 期待も大きい一方で、現地メディアの中には33歳のベテランの実力に懐疑的な見方もある。スポーツ電子版「90min」は29日付で、「ボタフォゴの本田獲得にファンの期待が集まっているが、彼の選手としてのピークは2014年までで、ミランでも精彩を欠いた。その後は、パチューカ、メルボルン・ビクトリーなど中堅クラブを渡り歩いており、期待外れに終わるリスクもある」と辛口。これまで数々の逆境を乗り越えてきた本田の“サッカー王国”での新しい挑戦が始まる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:40 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、日本代表DF昌子源を獲得へ!Jリーグでの再起を検討(関連まとめ)

【サッカー】<ガンバ大阪>DF昌子源(トゥールーズ)を獲得へ…海外挑戦にひと区切りつけJでの再起検討
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580420003/
昌子源トゥールーズ練習着.jpg
1: Egg ★ 2020/01/31(金) 06:33:23.52 ID:pi0TxtjV9.net

 G大阪が日本代表DF昌子源(27)の獲得を目指し、フランス1部トゥールーズに完全移籍での獲得オファーを出したことが30日、分かった。昌子は負傷に苦しんだ約1年の海外挑戦にひと区切りをつけ、Jリーグでの再起の検討。中学時代まで下部組織に在籍したG大阪が、守備の要として獲得を熱望し交渉に入っている。18年ロシアW杯で日本代表の主軸を担ったセンターバックが、5年ぶりのタイトルを目指すG大阪に加わる可能性が高い。

 日本屈指のセンターバックがJリーグ復帰を決断する可能性が高まった。今季フランスで足首や太ももの負傷を繰り返していた昌子は、コンディション面の問題を解決するために日本での再起を検討。獲得オファーを出したG大阪とトゥールーズ間では、完全移籍へ向けた交渉が前向きに進められているという。

 昨冬に鹿島からトゥールーズに完全移籍し、すぐにレギュラーポジションを奪うなど順調なスタートを切った。昨季は半年間でリーグ戦18試合に出場し、19年4月にはフランス代表FWエムバペらを擁する世界的強豪・パリSGとの対戦も経験。「世界最高峰の選手と対戦できる機会は、なかなかない。いろいろなトライができた」と話すなど、ハイレベルな環境でさらなる成長を目指していた。しかし今季は負傷に苦しみ、リーグ戦出場はわずか1試合。昨年9月の出場を最後に、ベンチ外の日々が続いていた。

 一方でG大阪は昨季、残留争いに巻き込まれ、最終的には7位まで浮上したが4年連続の無冠に終わった。48失点は10位。3シーズン目の指揮となる宮本恒靖監督(42)の下、今季はタイトル獲得を至上命題とする中で、リーダーシップと実力を兼ね備えたセンターバックの補強を模索。オファーを出した川崎DF奈良竜樹は鹿島と競合の末に敗れるなど、補強は順調に進まない中で、起死回生の一手として昌子にオファーを出した。すでにチームは沖縄キャンプ等で開幕に向けた準備を進める一方、最大の案件に全力を注いでいる。

 神戸市出身の昌子はかつて、G大阪ジュニアユースに所属していた。同期のFW宇佐美貴史らとともにプレーしたが、中学3年時に退団。米子北高を経て鹿島でプロとしてのスタートを切り、日本代表へ上り詰めた。フランス移籍以降は負傷の影響もあり、昨年6月を最後に日本代表から遠ざかっているが、コンディションさえ戻れば実力に疑いはない。

 昌子は育ててくれた鹿島への恩義を強く感じているが、今回はチーム編成とのタイミングが合わず、具体的な動きに至っていない。東京五輪のオーバーエージ候補にも挙がるなど、DF吉田麻也(サウサンプトン)に次ぐ次世代のDFリーダーとしての資質も兼ね備えた27歳。欧州での苦い経験も糧に“古巣”再建に挑むことになりそうだ。

 ◆昌子 源(しょうじ・げん)1992年12月11日、神戸市生まれ。27歳。フレスカ神戸でサッカーを始め、G大阪ジュニアユースを経て米子北高へ進学。11年に鹿島入り。対人守備、スピード、フィード力を備えたセンターバック。18年ロシアW杯では日本代表の主力として16強進出に貢献。19年1月にフランス1部トゥールーズに移籍。フランス1部19試合0得点、J1通算157試合8得点、国際Aマッチ18試合1得点。180センチ、73キロ。

1/31(金) 4:00 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-01300231-sph-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200131-01300231-sph-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:38 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)