アンテナ・まとめ RSS

2019年09月07日

冨安健洋、ムバッペらと共に欧州若手選手トップ10入り!

【サッカー】<怪物DF冨安健洋はどこまでいく?>ムバッペらと“ワンダーボーイTOP10”入り
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567783719/
冨安健洋ボローニャ.jpg

1: Egg ★ 2019/09/07(土) 00:28:39.83 ID:tqTWdTYe9.net

https://imgc.eximg.jp/cv/resize?i=https%3A%2F%2Fs.eximg.jp%2Fexnews%2Ffeed%2FTheWorld%2FTheWorld_253643_e226_1.jpg&t=jpeg&q=70

評価がアーノルド、グエンドウジら超えていた

まだ開幕からそれほど時間が経っていないが、英『TalkSport』が「欧州のワンダーボーイTOP20」なる企画を組んでいる。 これはデータサイト『WhoScored』の評価点をベースに、今季開幕から最も優れたパフォーマンスを見せている若手選手No.1を決めるというものだ。

例えば19位にはリヴァプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルド(7.22点)、16位バルセロナFWカルレス・ペレス(7.29点)、15位チェルシーFWタミー・エイブラハム(7.30点)、 13位マンチェスター・ユナイテッドDFアーロン・ワン・ビサカ(7.32点)、11位アーセナルMFマッテオ・グエンドウジ(7.35点)と、ビッグクラブで活躍する若手たちがズラリと顔を揃えている。

そのランキングで10位に入ったのが、ボローニャでプレイする日本代表DF冨安健洋だ。冨安の評価点は7.36点となっており、同メディアも開幕からの数試合で有望なところを見せたと評価している。 本職ではない右サイドバックでの起用だが、冨安は初セリエAで見事な働きを披露している。

アーセナルのグエンドウジといえば先日のトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーで抜群のパフォーマンスを見せていたが、それをも上回る評価点が冨安につけられているのは見事と言うしかない。
冨安はすっかり欧州ワンダーボーイたちの仲間入りを果たしたのだ。

冨安より上の順位を見ても、すでに世界的に名が知られた若手たちの名前が並ぶ。

9位:フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ/7.39点)

7位:ハメド・ジュニオール・トラオレ(サッスオーロ/7.55点)

7位:メイソン・マウント(チェルシー/7.55点)

6位:ヴィクター・オシムヘン(リール/7.56点)

5位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/7.57点)

4位:ノルディ・ムキエレ(ライプツィヒ/7.58点)

3位:ホッセム・オーアル(リヨン/7.67点)

2位:クリスティアン・クアメ(ジェノア/7.74点)

1位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/8.28点)


冨安が今のパフォーマンスを継続すれば、シーズン終了後の評価は驚くほど上がっているはずだ。ボローニャより上のクラブを目指す道も見えてくるはずで、今後も冨安のプレイから目が離せない。

2019年9月6日 11:30
https://www.excite.co.jp/news/article/TheWorld_253643/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小林祐希、ベルギー1部ベフェレン加入が正式決定!2年契約(関連まとめ)

【サッカー】日本代表MF小林祐希、ベルギー1部のベフェレン加入が決定!2年契約を締結
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567779027/
小林祐希ベフェレン加入.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/06(金) 23:10:27.26 ID:VgMJWUsd9.net

 ジュピラー・プロ・リーグのワースラント・ベフェレンは6日、日本代表MF小林祐希を獲得したことを発表した。2年契約を締結している。

 小林は1992年生まれの27歳。東京ヴェルディの育成組織出身で、2011年にトップチームデビューを果たした。2016年8月にジュビロ磐田からエールディヴィジのヘーレンフェーンに完全移籍。在籍した3シーズンでリーグ戦92試合に出場していた。

 小林は今年3月、自身のインスタグラムでシーズン終了後のヘーレンフェーン退団を表明。同選手はスペインかイタリアでのプレーを目標にしていると報じられていたが、新天地に選んだのはベルギーだった。

 新天地となるベフェレンは現在、リーグ戦6試合を終えて1分け5敗の勝ち点「1」で最下位に沈んでいる。過去には、2017-18シーズンにMF森岡亮太が在籍していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00976878-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:21 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

小林祐希、ベルギー1部ベフェレン加入が決定的!メディカルチェック後に正式決定へ!森岡亮太が以前所属(関連まとめ)

小林祐希、ベルギー1部ワースランド・べフェレン入りが決定的に!メディカル通過で加入へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00010014-goal-socc
小林祐希日本代表.jpg

日本代表MF小林祐希は、ベルギー1部のワースランド・べフェレン加入が近づいているようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が報じた。

現在27歳の小林は、3年間過ごしたオランダのヘーレンフェーンとの契約が今夏に満了。数週間前にはアメリカのシンシナティが獲得に乗り出しているとも報じられていたが、ここに来て欧州に残る運びとなった。

報道によれば、小林は、以前MF森岡亮太もプレーしたこともあるワースランド・べフェレンで6日にもメディカルチェックを受けるとのこと。それを通過すれば、同クラブと「複数年契約」を結ぶことになるという。

ワースランド・べフェレンは現在ジュピラー・リーグの最下位に低迷。巻き返しを図るため、欧州移籍マーケットが閉幕を迎えた数日後に、ヘーレンフェーンではリーグ戦92試合に出場した小林の獲得を決意したようだ。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12225
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1567749714/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西野朗監督率いるタイ代表、ベトナムと0-0ドロー!チャナティップ躍動もゴールならず(関連まとめ)

【サッカー】タイ代表・西野朗監督、初陣飾れず。チャナティップ躍動もベトナムと引き分け
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567692269/
西野監督タイ代表初戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/05(木) 23:04:29.29 ID:vWVSQFzm9.net

【タイ 0-0 ベトナム 2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選】

 2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選のタイ代表対ベトナム代表の一戦が現地時間5日、タイ・タンマサート大学スタジアムで行われ、0-0で引き分けに終わった。

 7月に前日本代表監督の西野朗氏を新監督として招聘したタイ。準備期間が少なくぶっつけ本番に近い形で迎えたベトナム戦で、西野監督はJリーグ所属のチャナティップ、ティーラトン、ティティパンの3人を先発出場させた。

 前日会見で「ストライカーを探すのが大変」と嘆いていた西野監督。この試合では本来はMFのティティパンをトップで起用する奇策に出る。だが、前半はそれほど攻撃は機能せず、ボールは保持するもアタッキングサードを崩せなかった。決定機はほとんどなく0-0で折り返す。

 後半、ホームの大声援を受けたタイが攻勢に出る。チャナティップを起点に次々とチャンスをつくる。しかし、ゴールに迫る場面も多くあったが、結局ネットは揺れず。スコアレスドローで試合は終了した。

 最終予選進出を目指すタイにとって、東南アジアのライバル・ベトナムとの試合は負けられない戦いだった。ホームでの引き分けは手痛い。チャナティップはトップ下で躍動し、終了間際にはあわやという場面もあったが、ゴールをこじ開けるまでには至らなかった。

「得点力不足を感じる」と試合前に弱点を語っていた西野監督。その発言通りの試合となってしまった。

【得点者】
なし

(取材・文:植田路生【タイ】)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190905-00337238-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

酒井宏樹が語る、フランスリーグで日本人が苦戦する理由「身体能力がえげつない」

「身体能力がえげつない」「間合いがドイツ、フランスで全く違う」マルセイユ酒井宏樹が痛感、フランスで日本人が苦戦する理由
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567652828/
酒井宏樹マルセイユ19-20.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/05(木) 12:07:08.57 ID:aKiXwEoc9.net

【インタビュー第2回】ハノーファー時代の経験と比較 「間合いがドイツ、フランスで全く違う」

日本代表DF酒井宏樹は、フランスの名門マルセイユでプレーして4シーズン目を迎えた。 2012年から欧州サッカーへの挑戦をスタートさせている酒井は、以前プレーしたドイツ・ブンデスリーガと現在戦うリーグ・アンの違いに言及。 それは日本人選手が、フランスで苦戦する遠因にもなっていることを感じさせた。

酒井は03年の中学入学と同時に柏レイソルU-15に加入。
U-18を経て09年にトップ昇格を勝ち取った。
そして3年半のプレーを経て、12年夏にドイツのハノーファーへ移籍。4シーズンプレーした後、マルセイユへ移籍した。

ブンデスリーガとリーグ・アン。欧州5大リーグに数えられる二つのリーグの違いについて、酒井は端的な言葉で指摘する。

「間合いがドイツ、フランスで全く違う」

割合として、欧州でもゲルマン民族系の白人選手が多いブンデスリーガと、 アフリカ系移民を含む黒人選手が多く含まれるフランスでは、その特性がマッチアップした時の違いとして表れるのだという。

「(欧州での経験でプレーの)幅は広がりましたね。免疫というか、いろいろなアタッカーに対して。 白人、黒人では間合いが全く違うし、日本人、アジアとも全く違う。ディフェンダーにとっては良かったと思いますね。 僕のディフェンスはどれが正解かその人次第ですが、なるべく向こうの長所を出さないように考えます」

過去にフランスで活躍した日本人というと、まずは元日本代表MF松井大輔(元ル・マンほか/現・横浜FC)の名前が挙がる。 それに加え、同DF中田浩二(元マルセイユ)や同MF廣山望(元モンペリエ)、同MF梅崎司(元グルノーブル/現・湘南ベルマーレ) といった選手たちもフランスでのプレー経験を持つが、ドイツのドルトムントでリーグ連覇を達成した日本代表MF香川真司(現サラゴサ)や、 イタリア・セリエAの名門ローマで優勝を経験した元日本代表MF中田英寿のように、センセーショナルな活躍をした日本人選手という意味では、なかなか名前を挙げるのが難しい。 現在は酒井のほかに日本代表DF昌子源(トゥールーズ)と同GK川島永嗣(ストラスブール)もプレーしているが、日本人選手がフランスで苦戦する理由を酒井は次のように語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190905-00215129-soccermzw-socc
9/5(木) 10:40配信


3: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/05(木) 12:09:28.17 ID:aKiXwEoc9.net

「“よーい、ドン”で絶対に勝てないのは、たまに切なくなりますね」
「身体能力がえげつない。日本人がどれだけ身体能力がないのかと、僕を含め日々感じていますよ。 “よーい、ドン”で絶対に勝てないのは、たまに切なくなりますね。 それでも松井さんたちが切り拓いてくれた道なので、僕も(昌子)源も(川島)永嗣さんもそれを継ぐことができるように、後の選手に残せるように頑張りたいですね」

酒井がこう話したように、全く同じ条件でプレーをスタートすると身体能力の差で相手に上回られてしまうというのは、日本人選手にとって非常に厳しい環境だと言える。 準備段階やプレーの予測、読みといった部分で差を埋めていくしかないが、試合のなかではどうしてもその身体能力が強調される場面がある。 そうした事実は、フランスのチームに加入するか否かの時点でのクラブの評価、加入後のポジション争いにも影響を与えるのだろう。

また、「発音は本当に難しいですね」と酒井が話すフランス語と日本語の違いもまた、その難易度を高めていると言えるのかもしれない。欧州各国へ選手の“輸出国”となりつつある日本だが、その第一線で戦い続ける酒井の言葉からは、 フランスがいまだハードルの高い国であることが示されたと言えるだろう。




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:43 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西野タイ代表監督、ベトナム戦に向け記者会見「得点力不足。ストライカーを探すのは大変」

【サッカー】タイ代表・西野朗監督、思わず弱音を吐露「得点力不足。ストライカーを探すのは大変」。今日初陣ベトナム
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567638869/
西野監督2019ベトナム戦前記者会見.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2019/09/05(木) 08:14:29.42 ID:05gs8aak9.net

前日本代表監督で、タイ代表の新監督に就任した西野朗氏は4日、タイ・タンマサート大学スタジアムにおいて、5日の2022年カタールワールドカップ二次予選・ベトナム戦に向けた公式会見に臨んだ。

 西野監督は冒頭で「タイ代表監督として最初のゲームになる。招聘してきれたことに感謝する。限られた準備期間だったが、全力を尽くしたい」と意気込みを語った。
そして、「一人ひとりのポテンシャルは想像以上。若い選手の中にはまだまだ可能性のある選手がたくさんいる」と一定の手応えを感じているようだった。

 ただ、「アジアや世界を見据えた中でまだまだ(試合を)やっていない。経験がない」とタイ代表をとらえている。また、「先輩への気遣いを感じる。
同じレベル、同じ代表チームで選考しているし、それはダメ、チャンスがないよ(と言った)。A代表では自分を主張するプレーをしないといけない」と年長者に遠慮する特性は弱点ととらえている。

タイ代表初陣がいきなりベトナム戦。東南アジアのライバル相手にホームで落とすわけにはいかず万全を期したいところだが、いかんせん準備期間が短い。思わず弱音ともとれる本音を吐露した。

「タイ代表に限らず世界的に見られることだが、得点力不足を感じる。国内リーグではセンターFWは外国人選手。経験のある選手でさえ横(サイド)に置かれている。
今回ストライカーを探すのは大変だった。全員で向かわないといけないが答えは出ていない。全員でアグレッシブに入る必要がある」

 監督に就任してまだ1ヶ月半。対するベトナムは韓国人の朴恒氏iパク・ハンソ)監督が2年間指揮をとっている。
チームの成熟度では雲泥の差があり、地元メディアも大方が厳しい戦いになることを予想している。

 ベトナムの主将クエ・ゴック・ハイはタイのストロングポイントに「新しく優秀な監督を招いた」と警戒心をあらわにした。

「勝負師」と名高い西野監督は、これまでもいくつもの厳しい戦いをものにしてきた。タイ代表の初陣で、その真髄を発揮することができるか。

https://www.footballchannel.jp/2019/09/05/post337062/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、スペイン2部ウエスカ加入が決定!1年契約+延長OP付き!クラブ公式が発表(関連まとめ)

マラガと契約解除の岡崎慎司、新天地はウエスカに決定!延長オプション付きの1年契約締結
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00010000-goal-socc
岡崎2019日本代表練習.jpg

マラガでは選手登録できず、1カ月余りで退団
今夏に加入したばかりのマラガを退団した日本代表FW岡崎慎司は、同じくリーガ2部のウエスカへの加入が決定した。

オーナーのアブドゥラ・アル=タニ氏による怠慢な資金繰りに苦しむマラガは、リーガ・エスパニョーラが敷くサラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸)の上限を上回っていることで、新加入選手のMFホセ・ロドリゲス、そして岡崎を選手登録できない状況が続いていた。選手登録の期限は現地時間2日の23時59分までとなっているが、マラガは選手の放出が思うようにいかず、岡崎を登録できないまま期限を越える可能性が高まっていた。

2日にはスペインのツイッタートレンドランキングでも一時期「Okazaki」が1位に入るなど、その去就に大きな注目が集まっていた岡崎。そうした中、マラガは7月30日に契約したばかりの岡崎と契約解除を発表していた。

これで無所属になることが決定し、新天地に注目が集まっていた日本代表FWだが、4日にウエスカへの加入が正式に決定。同クラブの発表によると、岡崎は1年間の延長オプションが付帯した1年契約を結んでいる。

また、ウエスカは公式ウェブサイトで岡崎のクラブと代表での経歴を紹介し、攻撃陣の活性化とともに「クラブ初のアジア人プレーヤーとして、ウエスカのイメージと名前を地元以外にも広める存在」として期待しているようだ。

混沌と化すマラガを離れ、ウエスカに新天地を求めた岡崎。紆余曲折がありながらも、代表ウィーク明けにはようやく新たなクラブで今季初出場を果たすことができそうだ。

【サッカー】岡崎、スペイン2部ウエスカへ=欧州サッカー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567638496/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:28 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

冨安健洋、セリエAの守備語る「より細かく…」他、ファン投票で2戦連続MVPに選出(関連まとめ)

【サッカー】ボローニャ移籍の冨安健洋が語るセリエAの守備「より細かく、強く言われる」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567548396/
冨安2019第2節02.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/04(水) 07:06:36.75 ID:BeW9NiZN9.net

セリエA仕込みの守備を見せる。
今夏、シントトロイデンからボローニャへ移籍した日本代表DF冨安健洋。
新天地では開幕から公式戦3試合連続フル出場中だが、そのポジションは右サイドバックということもあり 、「練習から感覚を取り戻さないといけない」とセンターバックへの順応も急ぐ。

とはいうものの、「イタリアのサイドバックは逆サイドにボールがあるとき、かなり絞る。 クロス対応もするし、そういう意味では(センターバックと)似ているところもある」と大きな不安はない。

カテナチオという言葉や“ウノゼロの美学”として1-0勝利が称賛されるサッカー文化でも知られるイタリアサッカーだが、「サイドバックをやっているけど、かなり絞るし、自分の内側を通させないというのは厳しく言われる。 体の向きも、マークの付き方も細かく言われるし、日本で言われてきたことをより細かく、強く言われている感じ」と率直な印象を口にする。

シーズンは開幕したばかりだが、「ベルギーでやっていたときと比べると、1試合終わったときのダメージがかなり違う」と、その強度にも違いを実感している。 「インテンシティーが高いし、1試合に懸ける思いも、選手だけでなく、サポーターも含めて熱が違うなというのはホーム開幕戦で思った」。 ホーム開幕戦となった前節のSPAL戦は同じエミリア地方に拠点を置くダービーマッチということもあり、その重みは特別だったようだ。

東京五輪世代の20歳は森保ジャパンにおいてすっかりフル代表の常連となり、定位置をつかんでいる。6月のコパ・アメリカも全3試合にフル出場。 それでも「一番最初に比べたら違うとは思うけど、周りのことを気にしてとかはない。
今後そういう余裕が出てきたらいいなと思う」と、昨年9月のA代表初招集から変わらぬ初々しさも残す。

そんな冨安にとって初めて迎えるW杯アジア予選。 セントラル方式の集中開催となることが多いアンダー世代のアジア予選と異なり、 W杯予選は長丁場のホーム&アウェー方式で行われる「緊張感も違うと思うし、気候も違う。そこに合わせていかないといけないけど、気を張りすぎないことも大事。メリハリを付けてやっていきたい」と、あくまで自分らしく、自然体で挑むつもりだ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-43471226-gekisaka-socc
9/3(火) 21:39配信


【サッカー】ボローニャ冨安健洋、2戦連続ファン選出MVP!断トツ51.79%の得票率に地元から称賛
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567589703/

1: 久太郎 ★ 2019/09/04(水) 18:35:03.63 ID:OZSK7j149.net

開幕2試合連続で右サイドバックとしてフル出場 攻撃でもテクニックを披露する
 ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、初挑戦のセリエAで開幕から2試合連続でフル出場を果たした。現地時間8月30日のリーグ第2節SPAL(1-0)のチームMVP投票が行われ、決勝点を挙げたイタリア代表MFロベルト・ソリアーノや、アシストしたイタリア人FWリッカルド・オルソリーニを上回り、断トツの51.79%の得票率で2戦連続MVPに輝いた。

 冨安はベルギー1部シント=トロイデン2年目の2018-19シーズンに大きく飛躍。リーグ戦27試合1得点をレギュラーとして君臨し、日本代表にも定着した。そして、今年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)参戦後にイタリア1部ボローニャへ完全移籍を果たした。

 元日本代表MF中田英寿氏に次ぐ、ボローニャ史上2人目の日本人選手となったなか、開幕から2試合連続でスタメン出場。前節同様に右サイドバックに入ったSPAL戦では、持ち前の守備だけでなく、マーカー2人の間を縫うダブルタッチや“裏街道”を繰り出すなど攻撃でもテクニックを見せ、1-0の勝利に貢献した。

 ボローニャ公式ツイッターは、「また彼! タケヒロが2回連続でMVP。すばらしい、トミ!」とSPAL戦のチームMVP選出を発表。結果は冨安が51.79%と断トツで、アシストしたFWオルソリーニが19.64%、決勝点のMFソリアーノが17.86%だったという。

 投稿のコメント欄には「この男は2試合でどれだけ私たちに満足をもたらしたことか」「素晴らしい」といった海外からの称賛のほか、日本人ファンからも「日本の誇りや」という喜びの声も上がっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00214942-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:21 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナB安部裕葵、欧州CLのAリストに登録(関連まとめ)

【サッカー】バルセロナBの安部裕葵がCL(チャンピオンズリーグ)のAリスト登録!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567552982/
安部裕葵2019バルサ入り.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/09/04(水) 08:23:02.08 ID:Dl7UOL9I9.net

2019年09月04日08時11分
バルセロナB所属のU−22日本代表MF安部裕葵(20)が、チャンピオンズリーグのAリストに登録されたとスペイン紙ムンド・デポルティボ(電子版)が3日に報じている。

バルセロナは3日、UEFA(欧州サッカー連盟)に選手登録リストを提出したが、バルセロナBの安部、アラウホ、サルサネダスがそろってAリストに記載されていた。背番号はそれぞれ37、33、34となっている。

同紙によるとその理由は、3選手が年齢21歳以下で3年以上クラブの下部組織に在籍していなければならないというBリストに入る要件を満たしていなかったためであるという。

安部は今夏、アラウホは昨シーズン、バルセロナBに入団し、サルサネダスはすでに22歳となっているためBリストに入る資格がなかった。

Aリストには最大25選手を登録できるが、トップチーム全21選手と安部を含むBチーム3選手の計24選手で構成されている。一方、各試合の試合前日の深夜0時までに提出すればよいBリストは、要件を満たしたBチームの選手で構成されることになる。(高橋智行通信員)

https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/amp/201909040000093.html
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/201909040000093-w1300_0.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:13 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、契約解除したマラガに感謝「これからもマラガの成功を願っています」

岡崎慎司がマラガに感謝「成功を願っています」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-09030848-nksports-socc
岡崎マラガ練習02.jpg

スペイン2部マラガとの契約を解除したFW岡崎慎司(33)が、自身の公式ツイッターを更新した。

「自分が選んだ道に後悔はないし、マラガのクラブ、ファン、チームメイト、スタッフは自分を家族の一員にしてくれた。本当に居心地が良かった。短かったけど、僕はこの時間を忘れないし、チャンスがあればマラガのためにまたプレーしたいと思う。これからもマラガの成功を願っています。ありがとう」

岡崎は7月30日にマラガと1年契約を結んだが、マラガはリーグが規定する選手年俸総額の上限を超えていたため選手登録が滞っていた。岡崎はリーグ開幕から3試合連続で登録外だった。9月2日の夏季移籍期限までに他の選手を放出するなどして財政問題を解決できなかった場合、契約を解除して新たな所属を探す合意があったという。

≠Malaga Club de Futbol≠ 岡崎慎司 ★147
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1563612178/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

冨安健洋、ライバルの代理人が脱帽「彼は強すぎて文句も付けられない」「現実を認めなければならない」(関連まとめ)

【サッカー】ボローニャ冨安健洋にライバルの代理人が脱帽「彼は強すぎて文句も付けられない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567510028/
冨安2019第2節ドリブル.jpg

1: ゴアマガラ ★ 2019/09/03(火) 20:27:08.07 ID:GGVxQAjL9.net

ボローニャに所属するDFイブラヒマ・エムバイェの代理人ジュゼッペ・アッカルディ氏が2日、地元メディア『E’tv Rete 7』の番組『スポルト・トゥデイ』に出演し、日本代表DF冨安健洋に驚きを示した。

24歳のセネガル人DFは2015年冬にインテルからボローニャに加入。ボローニャでの5シーズン目を迎えた昨シーズンは右サイドバックでレギュラーを務めた。しかし今夏、シント=トロイデンから20歳の冨安が加わったことで、エムバイェは控えへと回り、今シーズンはまだ公式戦での出場機会を与えられていない。

それでも選手の代理人であるアッカルディ氏は、「(移籍市場で)問い合わせや要望はあったが、クラブも選手も一緒に前進していくつもりだ」と説明。
セネガル人DFがボローニャ残留を決めたことを明かした。今後は、ここまでコッパ・イタリア3回戦やセリエAの2試合で先発出場し、高い評価を得ている冨安とのポジション争いが待ち受けている。だがセネガル人選手の代理人は、冨安との実力差を認め、脱帽した。

「トミヤス?現実を認めなければならない。日本人選手は本当に強い。これでは(スポーツディレクターのリッカルド)ビゴンに文句をつけることもできないよ(笑)。 勝ちたいのであれば、相手を知り、それから勝負を挑まなければならないだろう。イブラヒマはレギュラーの座を取り戻したいのであれば、かなりの努力をしなければならない。だが将来、2人が同時にプレーする可能性もないとは言えない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00010018-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:02 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、マラガと契約解除が決定!サラリーキャップの登録問題が解消されず1カ月で退団 スペイン2部ウエスカが獲得打診(関連まとめ)

【サッカー】岡崎慎司、混沌マラガをわずか1カ月で退団!契約解除を発表…フリー移籍が可能に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1567464692/
岡崎マラガ練習02.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/03(火) 07:51:32.17 ID:QYnrTqdo9.net

マラガでは選手登録できず

日本代表FW岡崎慎司は、今夏加入したばかりのマラガを退団することが決定した。

オーナーのアブドゥラ・アル=タニ氏による怠慢な資金繰りに苦しむマラガは、リーガ・エスパニョーラが敷くサラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸)の上限を上回っていることで、
新加入選手のMFホセ・ロドリゲス、そして岡崎を選手登録できない状況が続いている。
選手登録の期限は現地時間2日の23時59分までとなっているが、マラガは選手の放出が思うようにいかず、岡崎を登録できないまま期限を越える可能性が高まっている。

スペインのツイッタートレンドランキングでも「Okazaki」が4位に入るなど、その去就に注目が集まっていた岡崎。
そうした中、マラガは7月30日に契約したばかりの岡崎と契約解除に至ったことを発表した。

なおマラガは、給与が高額な岡崎を放出したことにより、マンチェスター・シティからFWロレンツォ・ゴンザレスを1シーズンの期限付き移籍で獲得したことを発表している。

混沌とするマラガを離れた岡崎。
契約解除したことによって、フリー移籍が可能となったが、新天地はどこになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00010005-goal-socc
9/3(火) 7:08配信


岡崎慎司 マラガと契約解除 7月に1年契約で移籍したばかり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000104-spnannex-socc

7月にスペイン2部マラガに加入したばかりのFW岡崎慎司(33)がクラブから契約解除になったことが3日、分かった。クラブが公式サイトを通じて発表した。

 地元のマルカ紙(電子版)によると、クラブがリーグの規定する選手年俸総額の上限を超えているため、岡崎を登録できなかった。

 昨季限りでイングランド・プレミアリーグのレスターを退団した岡崎は、7月31日に1年契約でマラガに加入。リーグ開幕からベンチ外が続き、スペイン1部から降格してきたウエスカがマラガ側に岡崎の獲得を打診してきたとも伝えられていた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング