アンテナ・まとめ RSS

2018年02月04日

【小ネタ】香川真司、忍者姿で踊る面白動画をSNS投稿!ロイス、バチュアイ、ソクラテスと共に踊りファン爆笑

ドルトムントに忍者ブーム!? 香川真司、“Ninja”動画公開でファン爆笑「おもしろすぎ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180204-00010003-soccermzw-socc

香川忍者00.jpg


パパスタソプーロスが一人だけ“くノ一姿” 「パパ女の子(笑)」
 ドルトムントのMF香川真司が4日にツイッターを更新し、自身と同僚の顔がはめ込まれた忍者のアニメーション動画を公開。軽やかな踊りに加え、“ある人物”が一人だけ「くノ一」に加工されるなど、ユニークな映像にSNS上は笑いに包まれている。

 香川は現地時間2日の敵地ケルン戦(3-2)で7試合連続スタメン出場。冬の移籍市場最終日に獲得を決めた新戦力のベルギー代表FWミシー・バチュアイがデビュー戦で2得点と爆発するなか、先制点のシーンでは相手を引きつけて4試合ぶりの勝利に貢献した。

 香川は4日に自身のツイッターを更新。「BVB Ninja」と一言添えられたのは、香川、バチュアイ、ドイツ代表FWマルコ・ロイス、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスの顔がはめ込まれた忍者のアニメーションだ。音楽に合わせて、手裏剣を投げたり、城の屋根を走り足で移動したりと忍者の代名詞とも言える動きのほか、軽快なダンスを踊るなどユニークな仕上がりとなっている。

 さらに香川、ロイス、バチュアイが青の装束姿なのに対し、パパスタソプーロスはなぜか丈の短いピンクの装束を着た“くノ一”仕様。投稿の返信欄には「パパ女の子(笑)」「おもしろすぎ」と爆笑の絵文字付きコメントが寄せられるなど、反響を呼んでいる。

 現地時間1月27日の本拠地フライブルク戦(2-2)で香川が芸術的なジャンピングボレーを決めた際にも、ドルトムントは公式ツイッターで「SHINJI KAGAWA NIPPON NINJA」と一撃必殺の忍者の技にたとえて称賛。香川が存在感を高めるなか、“忍者ブーム”が起こっているのかもしれない。

香川忍者02.jpg

香川忍者01.jpg

香川忍者03.jpg

香川忍者04.jpg

香川忍者05.jpg

香川忍者06.jpg

香川忍者07.jpg

香川忍者08.jpg

【BVB09】Borussia Dortmund 810【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517605400/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、無回転28mFKでスーパーゴール!2戦連続ゴールで今季公式戦9得点目も…パチューカは退場者出し2-3逆転負け

本田2戦連発、豪快28メートルFK弾で9得点目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00116747-nksports-socc
本田パチューカ2018後期第5節.jpg

<メキシコリーグ:パチューカ2−3モレリア>◇3日◇パチューカ

 パチューカFW本田圭佑が強烈なFK弾で2試合連続のリーグ戦6得点目、公式戦通算9得点目を決めたが、チームは2−3で競り負けた。

 パチューカは前半19分、MFグティエレスが25メートルの左足ミドルシュートを鮮やかに決めて先制。しかし、同40分にセットプレーから失点して同点に追いつかれ、同ロスタイムにはMFエルナンデスがスパイクの裏を見せたタックルで一発退場。数的不利となった後半6分、自陣右からのクロスにFWレスカーノにフリーで抜け出されて左足で勝ち越し点を奪われた。

 この窮地を救ったのが本田の左足。同15分、ゴールほぼ正面28メートルの地点でFKを獲得。狙いすましたこん身の無回転左足キックは壁5枚の右を突き抜け、飛びついた相手GKの手も吹き飛ばしてゴール右へ突き刺さる豪快な同点弾となった。

 しかし、同29分にPKで再び勝ち越し点を奪われて2−3で敗れ、後期の成績は1勝1分け3敗となった。

 本田は後期開幕から5試合連続でフル出場。前半はトップ下、10人となった後半は2列目の右でプレー。後期は前節まで2得点3アシストを好調を維持していたが、この試合でも結果を出し、代表復帰へ猛烈なアピールを続けている。

【サッカー】<本田圭佑>直接FKで2戦連発ゴールも…数的不利のパチューカは逆転され連敗/リーMX
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517713417/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:38 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、途中出場で流れ変えるも…レスターはヴァーディ先制弾も追い付かれスウォンジーと1-1ドロー

マハレズ欠場のレスターは降格圏クラブに痛恨ドロー! 岡崎は途中出場で流れを変えるも…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180204-00035319-sdigestw-socc
岡崎2018第26節競り合い.jpg

前半は相手をシュート0本に抑えきるも…。
 2月2日(現地時間)、プレミアリーグ第26節、8位レスターと18位スウォンジーの一戦が行なわれた。
 
 4日前に行なわれた前節のエバートン戦を1-2と落としていたレスター。迎えた今節は、ターンオーバーを採用したうえ、今冬の移籍市場でマンチェスター・シティに移籍できなかったことに不満を抱き、練習を無断欠席したリャド・マハレズが欠場したことでメンバーのテコ入れを敢行した。
 
 それにより、注目の日本代表FWの岡崎慎司はリバプール戦(プレミア21節)以来のベンチスタート。代役にはケレチ・イヘアナチョを配置され、その他にはアンドレ・シウバとフォウセニ・ディアバテという今冬に獲得した新戦力がプレミア初先発を飾った。
 
 フレッシュな顔ぶれを揃えたレスターは、開始直後からスウォンジーを押し込むと、17分に2トップの連携から均衡を破る。
 
 ハリー・マグワイアの楔のパスを受けたイヘアナチョがドリブルでバイタルエリアまで持ち込んでから鮮やかなダブルタッチからゴール前へスルーパスを供給。これに抜け出したジェイミー・ヴァーディーが相手GKとの1対1を冷静に制した。
 
 岡崎の代役であるイヘアナチョの個人技からゴールを奪取したホームチームは、その後も精力的な動きを披露。30分にはゴール前に抜け出したウィルフレッド・ディディがネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドを取られてノーゴール判定となった。
 
 攻守両面で相手を上回るパフォーマンスを維持し続けたレスターは、スウォンジーに反撃の糸口を掴ませず、なんとシュート0本に抑えてハーフタイムを迎えた。
 
 試合の主導権を完全に握られたスウォンジーだったが、後半開始直後からプレッシングを強め、ボールの保持に成功。そして、ようやく来たファーストシュートの機会をモノにする。53分、左サイドからのキ・ソンヨンのCKをペナルティーエリア内でフリーとなっていたフェデリコ・フェルナンデスが頭で叩き込んだのだ。
 
 相手を封殺した前半とは打って変わって、出鼻を挫かれた後半のレスターは、試合序盤から飛ばした影響が出たのか、ちぐはぐな動きが目立つようになる。セカンドボールもことごとく拾われ、65分を過ぎてからはポゼッション率も覆され、試合のムードは完全に一転していた。
 
 何とか停滞ムードを取っ払いたいレスターは、80分に右SBのダニー・シンプソンを下げて岡崎を投入。するとこれが一応の効果を見せる。
 
 残り時間10分足らずの局面で、ようやくピッチに送り出されたサムライFWは、初動からフルスロットルで奮闘。これにチームも看過され、突如としてスウォンジーDF陣を自陣に釘付けにする分厚い攻撃を展開するようになったのだ。
 
 しかしながら、ラストパスの精度を欠いたレスターでは、スウォンジーのゴールを脅かすことはできず。結局、試合は1-1のドローで終了した。
 
 前節に続いてチームきってのチャンスメーカーであるマハレズを欠いた中で試合に挑んだレスター。だが、クリエイティブさと繊細さを欠いた攻撃陣に本来の恐さはなく迫力不足が否めなかった。
 
 いまだ4日連続でチームから行方をくらましているマハレズとの関係修復への道は閉ざされた状態にある。その状況下で迎える次節の対戦相手は、渦中のクラブというべき首位マンチェスター・Cだ。
 
 はたして、運命の一戦までにレスターは、マハレズと和解してチームに復帰させられるだろうか。
 
≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★141
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517666215/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

乾貴士、セビージャ戦で追加点の起点に!エイバルはセビージャを5-1粉砕し歴史的勝利(関連まとめ)

【サッカー】<エイバル>大量5ゴールで4試合ぶりの白星! 乾貴士は先発フル出場で歴史的勝利に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517666860/
乾とオレジャナ.jpg

1: Egg ★ 2018/02/03(土) 23:07:40.27 ID:CAP_USER9.net

リーガ・エスパニョーラ第22節が行われ、FW乾貴士が所属するエイバルがセビージャと対戦した。

試合開始早々得点が動く。1分、敵陣左サイドでボールを持ったキケ・ガルシアがそのままペナルティエリア内へ侵入すると強烈なシュートを突き刺し、貴重な先制点を奪った。ここからエイバルのゴールラッシュが始まる。

17分、左サイドでボールを受けた乾が、オーバーラップしてきたホセ・アンヘルへパス。左足のアウトサイドで上げたクロスに、ファーサイドで待っていたファビアン・オレジャーナがダイレクトで蹴り込んで2点目を決めた。
その後PKで1点を返されるものの、32分にイバン・ラミスが追加点を決め、エイバルが2点をリードしたまま前半を折り返した。

後半に入ってもエイバルの勢いは止まらない。61分にオレジャーナが、緩くなった相手DF同士のパス交換を狙ってボールを奪うと、そのままGKとの1対1を冷静に決めチーム4点目を奪った。

さらにFKで1点を奪ったエイバルは、終始安定した試合運びを披露し、最終スコア5−1で4試合ぶりの白星を獲得した。なお、エイバルはセビージャ相手に歴史上初めての勝利を収めている。
先発出場し前半からチャンスを作り続けた乾は、フル出場でチームに貢献している。

【スコア】
エイバル 5−1 セビージャ

【得点者】
1−0 1分 キケ・ガルシア(エイバル)
2−0 17分 ファビアン・オレジャーナ(エイバル)
2−1 22分 パブロ・サラビア(セビージャ)
3−1 32分 イバン・ラミス(エイバル)
4−1 61分 ファビアン・オレジャーナ(エイバル)
5−1 83分 アナイツ・アルビージャ(エイバル)

2/3(土) 22:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00710771-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180203-00710771-soccerk-000-view.jpg



乾貴士もゴールに絡む。エイバル攻撃陣躍動、大量5発でセビージャ粉砕
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180203-00254465-footballc-socc


【エイバル 5-1 セビージャ リーガエスパニョーラ第22節】

 リーガエスパニョーラ第22節の試合が現地時間3日に行われ、エイバルとセビージャが対戦した。

 ここ3試合で2分け1敗と白星から遠ざかっていたエイバルは、ホームで勝利を収めて上位をうかがいたいところ。乾貴士は14試合連続となる先発で出場し、左サイドに入った。

 開始からわずか37秒、そのエイバルに先制ゴールが生まれる。前線左サイドへと送られたロングボールにキケが反応し、そのまま自ら持ち込んで強烈な左足シュートを突き刺した。

 さらに17分、乾の積極的な仕掛けが起点となってエイバルに追加点。エリア内左サイドへとドリブルで侵入した乾がホセ・アンヘルにマイナスのボールを送り、ホセ・アンヘルが反転して上げたクロスにファーサイドでオレジャーナが合わせた。

 セビージャも反撃に転じ、20分にはダニ・ガルシアのハンドを誘ってPKを獲得。これをサラビアが決めて1点差に詰め寄る。

 それでもエイバルは攻撃の手を緩めず、23分には波状攻撃から乾のシュートがわずかに左へ。32分には左CKからホセ・アンヘルがクロスを上げ、DFラミスが強烈なヘディングを突き刺した。

 後半になってもエイバル攻撃陣は躍動し、乾も左サイドから積極的に攻撃に関与。61分にはセビージャの最終ラインでの横パスをインターセプトしたオレジャーナがそのままGKをかわし、自身2点目のゴールを蹴り込んだ。

 83分には直接FKからアルビージャがシュートを突き刺して5点目。今季2度目となる大量5得点を奪ってセビージャを粉砕し、エイバルが4試合ぶりの勝ち点3を手に入れた。乾はフル出場を果たしている。

【得点者】
1分 1-0 キケ(エイバル)
17分 2-0 オレジャーナ(エイバル)
21分 2-1 サラビア(セビージャ)
32分 3-1 ラミス(エイバル)
61分 4-1 オレジャーナ(エイバル)
83分 5-1 アルビージャ(エイバル)

【サッカー】<エイバル>大量5ゴールで4試合ぶりの白星! 乾貴士は先発フル出場で歴史的勝利に貢献
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1516954098/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:48 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、トルコ生活で戸惑いも?「問題があるなら1つだけ。渋滞が多い事」

【サッカー】<トルコ移籍の長友>カルチャーショック?「問題があるなら1つだけ…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517633039/
長友ガラタサライ入り.jpg
1: Egg ★ 2018/02/03(土) 13:43:59.87 ID:CAP_USER9.net

トルコのガラタサライに移籍した日本代表DF長友佑都が2日に自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、チーム練習に合流したことを報告した。

 長友は1月31日、7シーズン過ごしたインテルを離れ、ガラタサライへの期限付き移籍を決断。さっそくチーム初合流を果たし、「みんな暖かく迎えてくれて、最高の雰囲気でした!練習も楽しかったなー」と感想を綴ると、「チーム内は英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、トルコ語など飛び交っていて勉強になるし、コミュニケーションとるの楽しすぎる」と新しい環境に溶け込む意欲を示した。

 トルコ移籍には元同僚の後押しもあったようだ。「移籍前、このチームでプレーしたスナイデル、フェリペ・メロとも話したけど、このクラブと街を絶賛していた。迷わず行けと」。

 ただ、イタリアからトルコへ生活の拠点を移すにあたって戸惑いもあったようで「問題があるなら1つだけ。渋滞が多いことだと。笑」と冗談交じりに告白。その後、本拠地を視察した様子の写真を掲載し、「美しいスタジアム」と新天地での戦いに期待感を強めた。

2/3(土) 13:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-01650169-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島永嗣、痛恨の6失点…酒井宏樹、左SBで先発のマルセイユがメスとの乱打戦に6-3勝利(関連まとめ)

【サッカー】<GK川島永嗣(メス)>屈辱の今季最多6失点!.....フランス日本人対決は酒井宏樹に軍配
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517608093/
川島2018第24節.jpg

1: Egg ★ 2018/02/03(土) 06:48:13.31 ID:CAP_USER9.net

【マルセイユ 6-3 メス リーグアン第24節】

 現地時間2日に行われたリーグアン第24節のマルセイユ対メスは、6-3でホームのマルセイユが勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹とメスのGK川島永嗣がともにフル出場し、日本人対決が実現している。

 最下位ながら最近調子を上げているメスだが、3位につけるマルセイユは強敵だった。

 開始6分、マルセイユはサンソンがペナルティエリアに侵入すると、ゴール前で転倒。これが飛び出してきた川島に対するブロックのような形となり、すぐに立ち上がったサンソンはそのままゴールネットを揺らした。

 マルセイユはその3分後にトバンのゴールでリードを広げると、その後はメスが持ち直していく。しかし、点差を詰めることはできない。

 すると前半終了間際にトバンが3点目を奪い、メスの良い流れを断ちきってハーフタイムに入った。

 後半に入ると、リードはさらに広がる。49分にトバンのクロスからジェルマンが決めて4点差になると、56分にはトバンがハットトリック達成。メスの守備は崩壊し、川島は厳しい仕事を強いられる。

 73分にメスが1点を返すも、75分にはマルセイユがミトログルのゴールで再び差を5点に。終盤はマルセイユの守備に緩みが生じて、メスが2点を返したものの、結果に影響はなし。6-3でマルセイユが勝利を収めた。

【得点者】
6分 1-0 サンソン(マルセイユ)
9分 2-0 トバン(マルセイユ)
45分 3-0 トバン(マルセイユ)
49分 4-0 ジェルマン(マルセイユ)
56分 5-0 トバン(マルセイユ)
73分 5-1 モレ(メス)
75分 6-1 ミトログル(マルセイユ)
84分 6-2 モレ(メス)
90分 6-3 ニアネ(メス)

2/3(土) 6:37配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180203-00254384-footballc-socc


酒井宏樹をマルセイユ指揮官が賛辞「みんな彼のことが好きさ…私が一番大好きだけどね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000007-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180203-00254384-footballc-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、ロシアW杯後にパチューカ退団の可能性

【サッカー】本田圭佑 W杯後にパチューカ退団か メキシコ紙が伝える
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517565885/
本田圭佑2017パチューカ叫ぶ.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/02/02(金) 19:04:45.44 ID:CAP_USER9.net

2/2(金) 19:01配信
本田圭佑 W杯後にパチューカ退団か メキシコ紙が伝える

 メキシコリーグ、パチューカの日本代表MF本田圭佑が、6月のロシアワールドカップ後に退団する可能性があるという。メキシコの有力紙エクセルシオールが伝えている。

 記事によると、今冬市場で移籍オファーがあったとされる本田自身が去就について「いくつかの選択肢がある。まだ何も決めていないが、あるオプションの中で決めなければならない。今はワールドカップのことだけを考えている」と話したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000105-dal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、CKで2戦連続アシスト!頭部を激突し負傷交代 デュッセルドルフ4連勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<原口元気>CKで決勝点アシストも、負傷交代で宇佐美貴史にバトンタッチ。デュッセルドルフは4連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517600539/
原口2018第21節競り合い.jpg
1: Egg ★ 2018/02/03(土) 04:42:19.00 ID:CAP_USER9.net

【得点者】

2分 1-0 ホフマン(デュッセルドルフ)

http://www.kicker.de/news/fussball/2bundesliga/spieltag/2-bundesliga/2017-18/21/3828070/livematch_fortuna-duesseldorf-13_sv-sandhausen-1604.html
現地時間2日に行われたブンデスリーガ2部第21節でデュッセルドルフはホームにザントハウゼンを迎え、1-0で勝利した。
原口元気は先発出場で後半立ち上がりまでプレーし、1アシストを記録。宇佐美貴史は負傷した原口に代わって50分から出場した。

先発出場した原口は、前節同様結果を残す。開始2分、右からのCKを原口が右手を挙げてからニアへ送ると、ホフマンが強烈なヘディングで合わせてゴール。幸先良く先制した。

しかし、1点リードで折り返した後半開始直後にトラブル発生。空中戦でジャンプした原口が相手選手と頭同士で激突し、両者がピッチに倒れ込んだ。
しばらく治療は続き、原口は49分に自身の足で歩いてピッチの外へ出たが、プレーを続けることはできず、宇佐美と交代した。

デュッセルドルフは75分に大きなピンチを迎えるが、キスターのPKはGKヴォルフがセーブ。同点弾を許さない。

結局、開始2分に決まったゴールが決勝点となり、デュッセルドルフが勝利。2位ニュルンベルクとの勝ち点差を暫定で6とした。

2/3(土) 4:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180203-00254375-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180203-00254375-footballc-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、決勝点の起点になり攻守に奮闘!バチュアイ2ゴールでドルトムントはケルンに3-2勝利!大迫勇也は風邪で欠場(関連まとめ)

新加入バチュアイ2発でドルトムントが4試合ぶり勝利…敵地で最下位ケルンを下す/ブンデスリーガ第21節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000040-goal-socc
香川2018第21節ドリブル.jpg

■ブンデスリーガ第21節

ケルン 2−3 ドルトムント

得点者

ケルン:ツォラー(60分)、メレ(69分)

ドルトムント:バチュアイ(35分、62分)、シュールレ(84分)

現地時間2日、ブンデスリーガ第21節ケルンvsドルトムントが行われた。

ここまで勝ち点13で最下位に沈むケルンにとっては、ホーム戦でなんとか勝ち点3を取得したいところ。一方、6位ドルトムント(勝ち点31)も上位争いに踏みとどまるうえで、負けられない状況となっている。この試合ではドルトムントの香川真司が先発出場。一方のケルン大迫勇也は風邪と報じられていたこともあり、メンバー外となっている。

試合は序盤から地力で勝るドルトムントのペースで進む。香川はCK時にキッカーを務め、7分にはエメル・トプラクのシュートをお膳立てするなど、攻撃面で存在感を発揮した。

15分には左サイドからのクロスに香川がダイレクトで合わせるも、バーに嫌われゴールチャンスを逸すシーンもあった。

最初にネットが揺れたのは35分のこと。左サイドからジェレミ・トルヤンがクロスを入れ、ゴール前で待ち構えていた新加入FWミヒー・バチュアイが押し込んでドルトムントが先制した。

前半終了間際の44分には、再びトルヤンからバチュアイの流れでゴールを決めるも、バチュアイがオフサイドポジションだったとVAR判定によってゴールが認められず。試合はドルトムントの1点リードでハーフタイムを迎えた。

ドルトムントは追加点を奪うことができずにいると、ケルンの反撃がここで実を結ぶ。60分、ケルンはカウンターを仕掛け、ドミニク・ハインツがシュートを放つ。GKロマン・ビュルキが弾いたルーズボールをシモン・ツォラーが頭で押し込み、ケルンが1−1の同点に追いついた。

だがその2分後、ドルトムントはビュルキのロングフィードが起点となり、前線のバチュアイがポストワークでクリスティアン・プリシッチに落とす。相手DFのクリアミスもあり、プリシッチが裏にパスを通すと、相手GKとの一対一のチャンスに、バチュアイは冷静にネットを揺らした。これでスコアは2−1と再びドルトムントがリードする展開に。

ホームで負けられないケルンは、69分にCKのチャンスからDFホルヘ・メレが頭でねじ込み、スコアを2−2とする。

またしても追いつかれたドルトムントは84分にカウンターを展開。香川が起点となり、アンドレ・シュールレがバイタルエリアで前を向くと右足でシュートを放つ。相手DFの足に当たってコースが変わり、そのままゴール左側へと吸い込まれ、スコアは3−2に。シュールレはこれが今シーズン初ゴールとなった。

試合はこのまま3−2でフルタイムを迎え、ドルトムントが敵地で勝ち点3を奪取。これが4試合ぶりの勝ち星で、年明け初勝利となった。ドルトムントは勝点を34に伸ばし、暫定ながら2位に浮上している。一方のケルンは勝ち点13で最下位のまま変わらず、残留争いに向けて厳しい状況となっている。

バチュアイ2018第21節ゴール.jpg

※芸スポ分追記しました

【BVB09】Borussia Dortmund 810【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517605400/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:59 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

乾貴士、ビジャレアルが獲得に関心!今季終了後の移籍を検討!スペインサイト報じる(関連まとめ)

【サッカー】<乾貴士(エイバル)>来季ビリャレアル移籍が浮上! スペインサイト報じる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517478191/
乾2017エイバルゴール.jpg

1: Egg ★ 2018/02/01(木) 18:43:11.12 ID:CAP_USER9.net

サッカースペイン1部リーグ、ビリャレアルが同リーグ・エイバルの日本代表MF乾貴士(29)の獲得に関心を深めていることが1日、分かった。スペインを中心としたサッカーのポータルサイト、ゴール・デジタルが伝えている。

 記事によると、乾はエイバルとの今シーズン中の契約延長を拒否。シーズン終了を待って他のスペインリーグのチームへ移ることを検討中だという。新チームの有力候補と考えられるのがビリャレアルで、選手の特徴、複数ポジションでプレーできる点を高評価しているという

2/1(木) 17:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000117-dal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180201-00000117-dal-000-9-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:19 | 大阪 ☔ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、ザルツブルクと3年4億円で契約延長!近日中にも正式発表へ

【サッカー】<南野拓実>3年4億円でザルツブルクと契約更新! 近日中にも発表へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517434404/
南野ザルツブルク.jpg

1: Egg ★ 2018/02/01(木) 06:33:24.78 ID:CAP_USER9.net

オーストリア1部ザルツブルクのMF南野拓実(23)が3年総額4億円(推定)で契約の延長に合意したことが31日、分かった。

クラブ関係者が明かした。ザルツブルク側は今夏で契約満了する南野に対して延長を熱望、評価の高さが“大型オファー”となって表れた格好だ。近日中にも発表される。

 今季の南野は昨年7月のリーグ開幕戦でゴールを記録も、8月20日に右膝を負傷し、約2カ月の離脱。それでも11月5日、ザンクトペルテン戦で2得点を決め、復活ののろしを上げた。昨季まで2年連続の2桁得点をマークするなど既にチームに欠かせない存在となっている。本人は将来的にはステップアップの移籍を視野に入れるが、当面はザルツブルクで実力を磨く。

 3日にはリーグ戦が再開。15日には欧州リーグ決勝トーナメント1回戦レアル・ソシエダード戦も控える。15年以後、日本代表からは遠ざかるが、欧州トップレベルとの戦いが続く欧州リーグは絶好のアピール機会。日本代表が3月に予定している欧州遠征、そして、6月のW杯ロシア大会への滑り込みを狙う。

2/1(木) 6:30配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000034-spnannex-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、先発出場も…エバートンがウォルコット2発でレスターに2-1勝利 7試合ぶり白星

エバートンがウォルコット2発で岡崎先発のレスター撃破!7戦ぶり白星飾る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-01650103-gekisaka-socc
岡崎2018第25節キープ.jpg

プレミアリーグは31日、第25節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でエバートンと対戦し、1-2で敗れた。岡崎は後半13分までプレーした。

 MFリヤド・マフレズの移籍報道に揺れたレスターは、直近のFA杯4回戦ピーターバラ戦からスタメンを9人変更。FWジェイミー・バーディや岡崎、MFマーク・オルブライトン、GKカスパー・シュマイケルらが先発で起用された。一方でマフレズはメンバーから外れた。

 レスターは前半10分に決定機。ショートコーナーからオルブライトンが左クロスを供給し、MFウィルフレッド・エンディディがヘディングシュートを放つ。しかし、これはクロスバーを叩き、絶好のチャンスを逃した。すると、25分に先制点を許してしまう。エバートンは右サイドでMFギルフィ・シグルドソンがボールを奪うと、中央に折り返したボールをFWセオ・ウォルコットが右足で押し込み、1-0とした。

 さらにエバートンは前半39分、右サイドの浅い位置からFWウェイン・ルーニーがゴール前に放り込む。DFマイケル・キーンがヘディングでつないだボールをPA右からウォルコットが右足で合わせ、2-0とリードを広げた。

 苦しい展開となったレスターは後半25分、PA内でエンディディがルーニーに倒されてPKを獲得。バーディがゴール左に沈め、反撃の狼煙を上げる。32分には、右CKからDFハリー・マグワイアが相手に引っ張られながらも右足で合わせる。GKが弾いたボールをFWケレチ・イヘアナチョが右足シュートもクロスバーに嫌われ、追いつくことができなかった。

 試合は1-2でタイムアップ。レスターは4試合ぶりの黒星を喫した。一方のエバートンは12月18日の第18節スウォンジー戦以来、7試合ぶりの白星となった。

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★140
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517060157/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング