アンテナ・まとめ RSS

2019年05月05日

豊川雄太、先制ヘッドなど2得点で勝利に貢献!昨季超える今季9得点目

【サッカー】<豊川雄太(オイペン)>2得点で勝利貢献!昨季超える通算9得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557019858/
豊川2019PO7節.jpg

1: Egg ★ 2019/05/05(日) 10:30:58.97 ID:epZaWX1E9.net

<ベルギーリーグ:オイペン3−2オーステンデ>◇下位プレーオフA組◇4日◇オイペン

オイペンFW豊川雄太が2得点を挙げ、今季9得点として昨季の7得点を上回った。

ホームのオーステンデ戦で2試合ぶりに先発し、前半32分に右からのFkに頭を合わせて均衡を破った。2月16日のアウェーでのオーステンデ戦以来11試合ぶりにゴールネットを揺らし、昨季の7得点を超える今季8得点目をマーク。1−1の同点となった後半20分にはPKを右足でゴール左へ突き刺し、今季9得点目を挙げて勝ち越し点を奪った。1試合2発は今季初。

チームは同32分にPKを献上して同点に追いつかれたが、その1分後にFWムサクニがPKを決め、3−2で競り勝った。

豊川はフル出場した。

6試合ぶりの勝利を挙げたオイペンは2勝1分け4敗の勝ち点7でA組最下位。

5/5(日) 8:36配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-05050032-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

酒井宏樹、体を張って先制アシストも…マルセイユはストラスブールと1-1ドロー EL圏遠ざかる(関連まとめ)

【サッカー】酒井宏樹、先制アシストも逃げ切れず痛いドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556946182/
酒井宏樹2019第35節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 14:03:02.26 ID:MbO8E2lG9.net

<フランスリーグ:ストラスブール1−1マルセイユ>◇3日◇ストラスブール

DF酒井宏樹が所属するマルセイユはGK川島永嗣が所属するストラスブールとアウェーで1−1で引き分けた。

後半2分、縦パスからのカウンター攻撃で右サイドバックで先発した酒井が右へ流れたFWバロテリと交差して中央へ走り込み、バロテリのパスを受け相手DFを背負いながら落としたボールをFWジャーメインが流し込んで先制。しかし、同20分にDFラミのファウルでPKを献上。MFマルタンのキックはGKマンダンダがセーブしたが、こぼれ球をDFララに押し込まれて同点に追いつかれた。

酒井はフル出場。川島はベンチ入りしなかった。

マルセイユは16勝7分け12敗の勝ち点55で暫定5位。欧州リーグ圏の4位サンテティエンヌとは暫定で4差となり痛いドローとなった。ストラスブールは10勝16分け9敗の勝ち点46で暫定9位。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-05040029-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、欧州復帰の可能性!メルボルンからの4億円オファーを断り欧州クラブ移籍か

【サッカー】本田が欧州復帰の可能性 メルボルンVの約4億円の年俸を蹴って欧州のクラブへ移籍か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556918251/
本田圭佑2019メルボルン試合後.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/05/04(土) 06:17:31.28 ID:8kjI0NS99.net

5/4(土) 4:00配信
オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーMF本田圭佑(32)が今夏、欧州に復帰する可能性があることが3日、分かった。20年東京五輪を年齢制限外のオーバーエージ枠で日本代表として戦い、金メダルを獲得するという最大の目標のため、より高いレベルでのプレーを求めているようだ。セリエAの名門ACミランに所属した16−17年シーズン以来、3季ぶりに欧州に舞い戻る可能性が出てきた。


その動きを裏付けるようにこの日、オーストラリアの有力メディアFOXスポーツ電子版が去就について、コメント入りの記事を掲載。その中で「まだ来シーズン、どこでプレーするのか決めていない。ただ、1年だけ在籍するということは分かっていたこと。誰も驚かず、誰もがっかりしないでほしい」と退団を示唆した。

もともと契約は今季限り。ミランを退団しパチューカ(メキシコ)に移籍した時から、1年契約を貫く。出身地を「アース(地球)」と表現し、移籍金に縛られず“身軽”な立場で、世界をまたにかけ、実質的なカンボジア代表監督も務めている。欧州の有力エージェントによれば、すでに欧州各国リーグの複数クラブから、オファーが舞い込んでいるという。

クラブは契約更新を望んでおり、残留すれば破格の年俸360万ドル(約4億円)を再び手にできる見込みだが、南半球での挑戦はひと区切りとするようだ。08年に欧州に渡り12年目。新天地にオランダ、ロシア、イタリア以外を選べばメキシコ、オーストラリアも加え実に6カ国目となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-05031307-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:34 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

長谷部誠、中盤起用でフル出場 フランクフルトはチェルシーとホームで辛くも1-1ドロー EL準決勝第1戦(関連まとめ)

【サッカー】フランクフルト、ホームで耐え抜きチェルシーと辛くもドロー…セカンドレグに望み/EL準決勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556830568/
長谷部2019EL準決勝第1戦.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/05/03(金) 05:56:08.53 ID:t+0V0BJu9.net

5/3(金) 5:54配信
フランクフルト、ホームで耐え抜きチェルシーと辛くもドロー…セカンドレグに望み/EL準決勝
ヨーロッパリーグ(EL)準決勝ファーストレグが2日に行われ、フランクフルトとチェルシーが対戦した。


フランクフルトはELではホーム戦11試合負けなし。要塞と化したコメルツバンク・アレナでチェルシーから勝利を狙う。セバスティアン・アレが負傷、アンテ・レビッチが出場停止という厳しい状況で、ゴンサロ・パシエンシアが先発。長谷部誠は最終ラインではなく、アンカーとしてのポジションに入った。チェルシーはエデン・アザールがベンチからのスタートとなり、ウィリアン、ペドロ・ロドリゲス、オリヴィエ・ジルーが最前線で起用されている。

試合は地力で上回るチェルシーがじわりじわりとフランクフルトに圧力をかけるが、先手を取ったのはホームクラブ。ショートカウンターから左へ展開すると、フィリップ・コスティッチが低いクロス。これをルカ・ヨヴィッチが頭でファーへと流し込み、巧みなシュートでゴールを陥れた。

それでも、チェルシーが押し返し、43分にはロフタス=チークが長谷部を振り切ってシュートを放つ。これはゴール左へと惜しくも外れるが、フランクフルトはどんどんとラインを押し下げられていく。

すると前半終了間際、コーナーキックのこぼれ球から最後はペドロがゴール右隅へとシュートを突き刺し、同点に。

後半に入ると、チェルシーの一方的なペースに。ウィリアンやロフタス=チークが次々と仕掛けてシュートチャンスを作る。長谷部もウィリアンへのスライディングからイエローカードを受けてしまう。

さらに、チェルシーは62分にアザールを投入し、畳み掛けにくる。防戦一方のフランクフルトはゴンサロ・パシエンシアを入れ、前線に起点を作ろうと試みる。

その後もチェルシーペースで進むが、GKケヴィン・トラップの好守もあり、フランクフルトは何とか耐えていく。するとダニー・ダ・コスタのクロスにパシエンシアが飛び込み、見せ場を作ると、コーナーキックにフリーでダビド・アブラームが合わせる。しかし、シュートは枠を捉えられない。

最後はフランクフルトがホームの歓声を受けながら、勝ち越し点を奪いに行きつつ、90分間が終了。1-1で次週のセカンドレグを迎えることとなった。

■試合結果
フランクフルト 1-1 チェルシー
■得点者
フランクフルト:ヨヴィッチ(23分)
チェルシー:ペドロ(45分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010002-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190503-00010002-goal-000-1-view.jpg


ヨビッチ先制弾のフランクフルト、チェルシーにAG許すも耐えてドロー…長谷部はボランチ出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-43466570-gekisaka-socc

[5.2 EL準決勝第1戦 フランクフルト1-1チェルシー]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は2日、準決勝第1戦を行い、MF長谷部誠所属のフランクフルト(ドイツ)はホームでチェルシー(イングランド)と対戦し、1-1で引き分けた。長谷部はボランチの一角でフル出場。第2戦はチェルシーのホームで9日に行われる。

 先手を取ったのはホームのフランクフルトだった。前半23分、ボール奪取から得意のショートカウンターに転じると、MFフィリプ・コスティッチがドリブルで持ち出し、左サイドからクロスを供給。待ち構えたFWルカ・ヨビッチが低い姿勢から頭でそらし、先制に成功した。

 チェルシーは前半残り10分から攻撃の圧力を強め、反撃を実らせた。45分、右CKの流れから相手を引き付けたMFルベン・ロフタス・チークがエリア内でラストパス。MFペドロ・ロドリゲスが右足トラップからコンパクトに左足を振り抜き、守備網の間を抜いてゴール左下隅に突き刺した。

 1-1で折り返した後半立ち上がりはフランクフルトが攻め込まれ、長谷部は警告を受ける。後半15分、チェルシーはPA手前の位置でFKを獲得し、DFダヴィド・ルイスが右足で直接狙ったキックはクロスバーを直撃。後半16分にはウィリアンを下げてMFエデン・アザールを投入して押し込んだが、チャンスに決めきれなかった。

 終盤にフランクフルトも押し返し、攻め上がった長谷部を起点にチャンスをつくる。後半36分、長谷部が展開したパスを受けたDFダニー・ダ・コスタが右サイドからクロスを供給。FWゴンサロ・パシエンシアが飛び込んだが、ミートしなかった。

 最後までチェルシーの猛攻に耐えたフランクフルト。5分間の追加タイムもスコアは動かず。第1戦は1-1の引き分け。チェルシーはアウェーゴールを得て、ホームで第2戦に臨む。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:20 | 大阪 | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

レスター・ロジャース監督、岡崎慎司の退団明言「レジェンドとして去る」本人も既に退団表明(関連まとめ)

レスター指揮官、岡崎の退団を明言「レジェンドとして去る」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000209-spnannex-socc
岡崎2019レスター.jpg

イングランド・プレミアリーグ、レスターのブレンダン・ロジャース監督(46)が2日、会見でFW岡崎慎司(33)が今季限りで退団することを明言した。

 2015年にマインツから加入した岡崎は、6月で4年契約が満了。本人は3月に契約を延長せず退団する意向を示していた。ロジャース監督は「シンジはチャンピオンとしてクラブを去る。また、クラブ史のレジェンドとしてレスターを去る」と2015〜16年の奇跡のプレミアリーグ初優勝などへの多大な貢献を称えた上で「この件については彼と話をしたが、ストライカーとしてプレーできる欧州のクラブに移りたいとのことだった」と本人の希望を明かした。

 「シンジの笑顔、情熱、質の高いプレーは素晴らしく、レスターの偉大な歴史において大きな役割を果たした。今シーズンは、残り2試合ある。チームが可能な限り強くシーズンを終えられるよう我われを助けたいと、シンジも思ってくれている。彼は感謝の意を示されるだろう」と12日の今季最終節チェルシー戦で、ホームのサポーターから温かく送り出されると予想した。

岡崎慎司がレスター退団明言「僕はMFではないと」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-05011079-nksports-socc

レスターに所属するFW岡崎慎司(33)が、4月30日付の地元メディア「レスター・シェア・ライブ」で、今季限りでのクラブ退団を明言した。

今季リーグ戦20試合に出場も、先発はわずか1試合と思うような出場機会を得られていない岡崎は、インタビューで「レスターを去ることにしました」と、4シーズン在籍したクラブから退団することを表明した。

クラブとの契約も今季終了まで。退団の理由について「レスターでの役割は、間違いなくストライカーではなかった。2列目のMFとして見られていると感じています。だが、本職のMFを見て、彼らの技術はとても高い。僕はMFではないと感じた。来季はストライカーとしてプレーできる場所で挑戦したいと強く思い、退団することを決めました」とコメント。ストライカーとして勝負をするために移籍を決意したとしている。

移籍1年目の2015−16年シーズンは「試合に出るためには、(ストライカーではなく)守備と攻撃をつなげる役割をこなした」と、リーグ戦36試合に出場して5得点と主力として試合に出続けた。「それが僕の人生における初タイトルをもたらした」。優勝した「ミラクル・レスター」のレギュラーとして活躍した。

それでも「ある程度、(優勝して)達成感はあったが、満足感は思っていたよりも大きくなかった」と、当時の心境を話した。その理由は「僕自身、FWとして加入したが、実際はMFのようなプレーをしていた」だからだという。当時は「それを強みと(周りに)思われていた。だが、(自分自身は)危機感を感じていた。ストライカーは得点で判断される。最終的にはゴール数で優れたストライカーか、そうでないかを判別されるから」と、当時から不安を感じていたことを明かした。

33歳での移籍。新たな場所に移籍したとしても、若手とは違い、結果(得点)を求められる。厳しい戦いが待ち受けることになるが「僕は33歳だが、ゼロから始める時。ベテランと言われる年齢だと理解しているが、(自身としては)それを(ベテランだと)感じていない」と話した。最後に「(ベテランに求められる)リーダーシップを発揮する前に、ゴールスコアラーとして自身の存在を証明したい」を締めくくり、新天地での活躍に思いをはせていた。

【サッカー】<岡崎慎司>レスター退団明言!「僕はMFではないと感じた。来季はストライカーとしてプレーできる場所で挑戦したい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556711256/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:26 | 大阪 | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

堂安律、吉田所属サウサンプトンが獲得に興味 伊メディア報じる

【サッカー】<堂安律>吉田麻也の同僚に?サウサンプトンが獲得に興味とイタリアメディアが報じる...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556697370/
堂安フローニンゲン.jpg
1: Egg ★ 2019/05/01(水) 16:56:10.42 ID:tXm0+FVL9.net

今夏にステップアップ移籍はあるのか?

森保ジャパンのレギュラーに成長した堂安律には、以前から取り沙汰されていたオランダの強豪に加え、プレミアリーグのクラブも興味を示しているようだ。

 現地時間4月30日、イタリアの移籍専門メディア『Calcio Mercato』は、現在エールディビジのフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律に対して、「(オランダの2強)アヤックスとPSVに加えて、プレミアリーグのサウサンプトンが獲得を望んでいる」と報じた。

 オランダで2年目を過ごしている堂安は、フローニンヘンの主力として崩しの切り札となっている。今シーズンはここまで4ゴールと、得点は昨シーズンの9点と比べて減っているものの、評価はまったく下がっていないようだ。
 

 日本代表DFの吉田麻也が所属するサウサンプトンは、かねてから攻撃力不足が指摘されており、今夏の移籍市場でのアタッカーの補強は不可欠といわれている。

 補強リストには以前から日本人選手の名前も含まれているとされ、今冬にはポルティモネンセに所属していた中島翔哉に獲得オファーを出していたとの報道もあった。

 その堂安は、前節のズウォーレ戦にトップ下で先発し、1アシストを記録。試合は悪天候で延期されたうえに逆転負けを喫したが、チャンスを創出した堂安を現地メディアも高い評価を与えた。

 シーズンは後半戦はアジアカップの疲れもあり不調が囁かれていたが、フローニンヘンの指揮官の堂安への信頼はいささかも揺らいではいない。

 リーグ戦は残り2試合。5月12日にフォルトゥナ・シッタルト、15日にエメンと対戦する。現在リーグ9位で、4〜7位が戦うヨーロッパリーグ出場権を懸けたプレーオフに出場できる可能性もわずかながら残されている。

 この限られた時間で自らの価値を証明すれば、堂安のプレミアリーグ入りが現実味を帯びてくるかもしれない。

5/1(水) 16:44配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00057939-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥川雅也、今夏移籍か?複数クラブからオファーとの報道も ザルツブルクは売却の方針

【サッカー】奥川雅也、所属元ザルツブルクは今夏の売却を画策…「複数クラブからオファー」とも
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556682594/
奥川2019第31節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/05/01(水) 12:49:54.62 ID:rl42M3BK9.net

直近8試合で5ゴール決める活躍を披露
ブンデスリーガ2部ホルシュタイン・キールでプレーするFW奥川雅也は、今夏に新クラブに向かうことになるかもしれない。ドイツ『シュポルトバザー』が伝えた。

昨夏にレッドブル・ザルツブルクからの1年間のレンタルで加わった奥川は、27日に行われたブンデスリーガ2部ザンドハウゼン戦で2ゴールを挙げ、ドイツで自身初の“ドッペルパック”(1試合2得点)を達成。前半戦は筋肉系の負傷もあり公式戦7試合(先発出場は4試合)の出場にとどまったが、2月頭からは公式戦10試合に先発出場し、直近の8試合では5ゴールを記録するなど勢いを見せている。

『シュポルトバザー』によると、キールはそんな奥川の残留を希望しているとのこと。クラブのファビアン・ヴォールゲムートSD(スポーツディレクター)は同選手については具体的に触れていないものの、期限付きで加入している選手たちについて「もちろん、ポジティブな形で成長を見せている選に関しては何が可能なのかを調査している」と語った。しかし、レンタル先で活躍するプレーヤーたちを「所属クラブが返してほしいと考える」とも認め、レンタルの延長もほぼ不可能と見られる。

一方で、ザルツブルクは奥川を来シーズンの構想に入れているわけではなく、2020年までの契約を残す同選手の今夏の売却を考えているようだ。同メディアでは、ザルツブルクからキールに送り出されている奥川とMFマティアス・ホンサクの「2人に対して、それぞれにすでに複数クラブからオファーが届いているようだ」と伝えられている。

契約最終年に入る奥川だが、ザルツブルクにとって今夏は一定の移籍金を得られる最後のマーケット。新天地はどこに決まるのだろうか、早くも注目が集まるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00010014-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

長谷部誠、ブンデス公式が「失点阻止プレー特集」ベスト5を紹介! 「ハセベは何度もチームを救ってきた」 懐かしのGK姿も

【サッカー】「ハセベはファンタスティック」ブンデス公式が長谷部誠の”失点回避プレー”ベスト5を紹介! 懐かしのGK姿も…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556590056/
長谷部2019第31節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/30(火) 11:07:36.61 ID:w5MVHqs09.net

「ハセベは何度もチームを救ってきた」
 ブンデスリーガは残り3試合。長谷部誠が所属するフランクフルトは、熾烈な4位争いを繰り広げている。

【MOVIE】長谷部のブンデスでの”失点回避”プレーベスト5&GK姿はこちら
  



 第31節を終えて、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場圏内の4位を維持しているが、5位のボルシアMG、6位のレバークーゼンとの勝点差は3ポイントと決して予断を許さない状況だ。

 そんななか、ブンデスリーガ公式が長谷部に関するあるダイジェスト動画を編集して投稿した。これまでに長谷部がフランクフルトで披露した「ゴールラインぎりぎりのところで失点を防いだプレー」をまとめた動画だ。

 いずれもゴール前でGKがかわされ、ゴールががら空きになり、万事休すか――といった場面で披露された”失点回避”プレーを、とくに優れたプレー「ベスト5」をランキング形式で紹介。いかに長谷部がチームの守備に貢献してきたのかが伝わってくる動画となっている。

 冒頭では「長谷部は最終ラインの”砦”となるディフェンダーである。彼はこのチームのレスキュー・ミッションに成功し、何度もチームを救ってきた」とその功績を讃えている。

 そして、絶体絶命のピンチに、長谷部は見事な読みでゴール前に滑り込み、ゴールに吸い込まれそうなシュートを、鋭い読みと身体を張ったプレーで防いでみせるのだ。

 その姿には、当時実況と担当したアナウンサーたちも「ゴールじゃなかった! なんて読みだ、長谷部がそこに居た!」、「長谷部の素晴らしいライン前の守備」、「入るはずだったゴールは長谷部によって”ナシ”にされた!」と、興奮気味に称賛を送っている。

 ちなみに、動画のラストにはオマケとして、ヴォルフルブルク時代に臨時でGKを務めた際の映像も収録されており、ファンを喜ばせている。

 そしてこの動画には日本人ファン以外にも、現地ファンも多く称賛のコメントを寄せた。

「長谷部に心からのリスペクトを」
「彼はブンデスリーガにおける、僕のお気に入りの選手だ」
「プレーの読みが素晴らしい。ポジショニングもファンタスティックだ」
「もっと評価されるべきだ! それに、日本人で初めてブンデスでGKとしてプレーしたのは彼だ(笑)」

 フランクフルトは5月5日にはブンデスリーガ第32節のレバークーゼン戦が控えている。

 2日にはヨーロッパリーグ準決勝第1レグのチェルシー戦を挟むハードスケジュールのなか、4位以内を維持できるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00010004-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、プーマ社と10年10億円契約!ナイキから変更!20歳の選手では日本人選手史上最高クラスの大型契約

【サッカー】堂安律、10年10億円!プーマ社と日本選手史上最高クラス超大型契約 ナイキから“移籍”
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556581597/
堂安フローニンゲン.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/30(火) 08:46:37.40 ID:fewBKvS29.net

4/30(火) 5:00配信
 サッカー日本代表MF堂安律(20=フローニンゲン)がプーマ社とスパイクなど用具提供契約を結ぶことが29日までに分かった。これまではナイキ社のスパイクを履いていたものの、新たな契約内容は年間1億円以上の10年契約になる見込み。20年東京五輪、そして22年W杯カタール大会へ向けた期待の大きさを示すかのような大型契約だ。


 プーマは先日、同じく日本代表のMF遠藤航(シントトロイデン)とのサプライ契約を結んだばかり。20歳の選手としては日本サッカー史上最高クラスの待遇だ。ミズノ社と契約している元日本代表MF本田圭佑(メルボルンV)ですら大台を突破したのは、10年南アフリカW杯でブレークした24歳の時が初めて。日本サッカー界全体でも、1億円を超える選手は数少ない。

 堂安は18年9月11日の親善試合コスタリカ戦でA代表デビュー。1月のアジア杯では、同大会の日本代表史上最年少得点を決めるなど6試合で2得点を決めた。瞬く間に主力に定着し、準優勝に貢献。フローニンゲンでは今季リーグ27試合4得点を挙げ、今夏のステップアップも視野に入れている。

 1日からは元号が平成から令和に変わる。今回の契約内容は、新たな時代を迎える日本サッカー界のけん引役としてふさわしい。

 《Cロナは生涯契約》年間1億円を超える用具メーカーとの契約は本田やアディダスの香川ら、日本代表の顔クラスに限られる。海外ではC・ロナウド(ユベントス)が16年にナイキ社と総額約1117億円で生涯契約、リオネル・メッシ(バルセロナ)は17年にアディダスと年間約30億円で、キャリア終了までの契約を結んでいる。また、NBAレイカーズのレブロン・ジェームズは15年にナイキ社と総額約1117億円で生涯契約を結んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000002-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:56 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

関根貴大、絶妙同点弾でベルギー初ゴール!鎌田大地2アシスト!シント・トロイデンは2-2ドロー

【サッカー】ベルギー1部、シントトロイデンの関根貴大が初得点! 中位プレーオフで引き分け
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556493230/
関根ベルギー初ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/29(月) 08:13:50.85 ID:gd910mu/9.net

4/29(月) 7:47配信
共同通信

 【シントトロイデン(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグの中位プレーオフで28日、シントトロイデンの関根貴大がホームのベールスホット・ウィルレイク戦にフル出場し、1―2の試合終了間際に同点ゴールを挙げた。今季初得点。シントトロイデンの日本勢は鎌田大地、冨安健洋、遠藤航もフル出場。木下康介は出番がなかった。チームは2―2で引き分けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000018-kyodonews-socc


シント=トロイデン、関根貴大の加入後初ゴールで黒星回避…鎌田は2アシスト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00010004-goal-socc

日本人4選手が先発
シント=トロイデンは関根貴大ら日本人選手たちの活躍で、プレーオフ2での無敗と首位をキープしている。

ジュピラーリーグ・プレーオフ2第6節で28日、シント=トロイデンは節ベールスホット・ウィルレイクと対戦。前節に続き冨安健洋、遠藤航、鎌田大地、関根と日本人4選手が先発した。

試合は2点ビハインドとなったが、66分に鎌田のスルーパスから反撃の1点が生まれると、アディショナルタイムには関根が鎌田とのワンツーから左足でネットを揺らす。試合は2-2で終了した。

後半には鎌田のPK失敗もあったが、関根の加入後初ゴールでシント=トロイデンは何とか勝ち点1を獲得。残り4試合で、依然としてプレーオフ2の首位をキープしている。

※管理人の編集ミスで表示に異常がありましたが、先ほど修正いたしました。謹んでお詫びいたします。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:06 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、絶妙ワンツーアシスト!リャイッチのゴール演出!ロングパスでチャンスメイク連発しベシクタシュの4-1大勝に貢献

ベジクタシュ香川、絶妙ワンツーでチーム4点目アシスト! リーグ6連勝で首位猛追
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00185645-soccermzw-socc
香川2019第30節.jpg


アンカラギュジュ戦に途中出場の香川、失点直後にMFリャイッチのゴールを演出
 日本代表MF香川真司の所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間28日、ホームでアンカラギュジュと対戦した。香川はベンチスタートとなったなか、ベジクタシュは4-1の快勝。後半途中に投入された香川はチーム4点目をアシストするなど、軽快な動きを見せて勝利に貢献している。

 試合は前半8分にエースFWブラク・ユルマズの強烈なシュートが決まり、ベジクタシュが先制。内容的に圧倒しているわけではないものの、アンカラギュジュにビッグチャンスは与えないようにリスク管理をしながら試合を進め、前半を1点リードのまま折り返した。

 すると後半9分にMFビダが相手GKのミスからボールを拾い、無人のゴールに蹴り込み追加点を奪取し、さらに同18分にはユルマズがPKを落ち着いて決めてリードを3点に広げることに成功している。そして直後の同19分、MFギュベン・ヤルチンに代わって香川が投入され、トップ下に入った。

 後半34分にはPKから1点を返されたベジクタシュだが、大崩れすることはなく立て直すと、同35分に香川が得点を演出する。左サイドから切れ込んだMFアデム・リャイッチからパスを受けた香川は、ワンタッチで正確なリターンパス。香川のアシストによってディフェンスラインの裏に抜け出したリャイッチが、落ち着いてネットを揺らした。

 その後も香川は前線でチャンスをうかがい、後半44分にはゴール前のこぼれ球を拾おうと猛チャージを見せたが、DFのカバーリングによって防がれた。後半アディショナルタイムに入っても攻撃的な姿勢を貫いたベジクタシュだが、追加点は生まれず。4-1のまま試合終了となった。

 これでリーグ6連勝となったベジクタシュは、首位のバシャクシェヒルと勝ち点3差の3位につけている。残り4試合での逆転優勝の可能性も、徐々に現実味を帯びてきた。

※海外サッカー板などでスレッドが立ちましたら、後程追記します

【DAZN】ベシクタシュ×アンカラギュジュ
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1556465966/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:19 | 大阪 | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

長谷部誠、公式戦20戦連続フル出場も フランクフルトは10人のヘルタと0-0ドロー

長谷部は2019年“皆勤”公式戦20試合フル出場も…チームは失速スコアレス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-43466398-gekisaka-socc
長谷部2019第31節競り合い.jpg

[4.27 ブンデスリーガ第31節 フランクフルト0-0ヘルタ]

 ブンデスリーガは27日、第31節を行い、MF長谷部誠が所属するフランクフルトはヘルタ・ベルリンと0-0で引き分けた。長谷部はリベロの位置で先発し、公式戦20試合連続でフルタイム出場を続けている。

 長谷部を中心とした守備陣は序盤のピンチを凌いだが、攻撃陣は前半32分、FKの流れからのチャンスを生かせなかった。ヘルタは後半35分にDFルーカス・クリュンターが退場。フランクフルトは数的優位に立ったが、最後までゴールをこじ開けられなかった。

 試合は0-0のドロー決着。ここにきてUEFAヨーロッパリーグ(EL)との過密日程を戦った疲労の色が見えるフランクフルト。リーグ戦は直近3試合未勝利(1分2敗)となった。

【Eintracht Frankfurt】 長谷部誠_86 【SGE】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1555885737/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:26 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング