アンテナ・まとめ RSS

2019年02月18日

堂安律、アヤックスOBがステップアップ移籍に太鼓判「オランダのトップクラブでプレーするに値すると確信している」

【サッカー】<堂安律>アヤックスOBがステップアップ移籍に太鼓判!「トップクラブでプレーする準備は整っている」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550481491/
堂安律2019第22節.jpg

1: Egg ★ 2019/02/18(月) 18:18:11.62 ID:hNsywLFn9.net

「今のエールディビジで優れた選手のひとり」

現地時間2月17日に開催されたオランダ・エールディビジ第22節、フローニンヘン対フェイエノールトの一戦は、1−0でホームのフローニンヘンが勝利した。

 日本代表MFの堂安律は先発出場。26分、GKのクリアボールを堂安がドリブルで運び、左サイドを駆け上がったミムン・マヒにパス。モロッコ代表FWは、さらに外側をオーバーラップしていた新加入のトマス・ブルンスにつなぐと、そこからのクロスが敵のオウンゴールを誘った。

 フローニンヘンはこの1点を守り切り、強豪フェイエノールトを倒す大金星を挙げている。この快挙はオランダ・メディアもこぞって報じ、堂安もホームスタジアムを埋めたサポーターとともに喜びを分かち合った。

 そんななか、オランダのサッカー専門メディア『VOETBAL ZONE』は、この試合を見守っていた元オランダ代表DFピーター・ボエブ氏に取材を敢行。かつてアヤックスやフィテッセでプレーし、指導者としてズウォーレなどの監督を歴任したボエブ氏は、「堂安はエールディビジでプレーする選手のなかでも、非常に優秀な選手のひとり」とコメントしている。

「“少年”は非常にクリエイティブで、ボールを保持する力も優れている。彼のテクニックはフェイエノールトの守備陣にとっては厄介なものだったことは間違いないので、できればゴールが見たかったところだね。それでも、彼の市場価値はさらに高まるだろうし、素晴らしい才能の持ち主だ。堂安は十分にオランダのトップクラブでプレーするに値すると確信しているよ」

 だが、移籍に関してネックとなるのは「”カネ”だろう」とボエブ氏は指摘している。

「問題は、彼を獲得するために必要なカネを支払うことができるのは誰か。金額は分からないが、堂安にはすばらしい”値札”が付いているんだろう。おそらく、アヤックスが彼を獲得することは難しくないが、フェイエノールトには不可能なのではないかな」

 また、堂安のプレースタイルについてはひとつ、アドバイスを残している。

「彼にボールが頻繁に集まることによって、チームにとってチャンスは増えるだろう。だが、堂安はアウトサイドでキープするプレーをやりすぎているので、もっとDFラインの間で仕掛けるようなプレーをするべきだと思った。そうすれば彼の資質、クオリティはさらに良くなるはずだ」

 今シーズン初の3連勝を達成し、リーグ9位に浮上したフローニンヘン。次節は現地時間2月23日に、リーグ最下位のNACとホームで対戦する。

2/18(月) 17:56 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=54287

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/54287_ext_03_0_1550476951.webp?v=1550480332



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:41 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、上位フェイエノールト戦で躍動!フローニンゲンの3連勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】堂安、得点の匂いプンプンもノーゴール…フローニンゲンはフェイエノールト下して今季初3連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550418622/
堂安律2019第22節.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/18(月) 00:50:22.85 ID:CMvTnTDE9.net

2/18(月) 0:24配信
堂安、得点の匂いプンプンもノーゴール…フローニンゲンはフェイエノールト下して今季初3連勝

[2.17 エールディビジ第22節 フローニンゲン1-0フェイエノールト]

 オランダ・エールディビジは17日に第22節を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンがフェイエノールトをホームに迎え、1-0の完封勝利を収めた。堂安は2試合連続フル出場を果たし、3試合連続ベンチスタートとなった板倉に出場機会は訪れなかった。

 前半18分に堂安に決定機が訪れる。右サイドから切れ込むとFWカイ・シーハイスにボールを預けて自らはゴール前に走り込む。シーハイスのリターンパスにフリーで反応するが、至近距離から放った左足シュートはGKケネット・フェルメイルにストップされてしまう。さらに同20分には再びシーハイスとのワンツーからフィニッシュまで持ち込むも、シュートはフェルメイルの守備範囲に飛んでしまった。

 しかし前半26分、ハーフウェーライン付近でボールを受けた堂安が前線まで運んで左サイドのMFミモウン・マヒに展開。大外を駆け上がってパスを呼び込んだMFトマス・ブルンスの折り返しがDFスベン・ファン・ベークのオウンゴールを誘い、ホームのフローニンゲンが先制に成功した。

 1-0のまま後半を迎えてもフローニンゲンペースは変わらず、後半12分には右サイドから切れ込んだ堂安が左足で狙うも、ボールはフェルメイルの手中に収まってしまう。さらに同13分には自陣から持ち上がった堂安が、一気の加速で相手選手2人を置き去りに。そのままPA内まで持ち込んだが、フィニッシュの場面で足を滑らせてシュートをジャストミートさせることはできなかった。

 その後もフローニンゲンに追加点こそ生まれなかったものの、フェイエノールトの反撃を許さずに1-0のまま逃げ切って今季初の3連勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-29622510-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190218-29622510-gekisaka-000-3-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、C大阪のセレクションを受けるも落ちていた TBS情熱大陸に出演(関連まとめ)

<情熱大陸>世界が注目する次世代エース!サッカー堂安律の野望に密着
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000002-maiall-ent

堂安情熱大陸食事03.jpg

昨年9月に日本代表デビューし、絶妙な攻撃センスと強烈な左足シュートで瞬く間にエースへの道を切り開いてきた堂安律が、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、2月17日夜11〜11時半)に登場する。

 先日のアジアカップでは惜しくも決勝で敗れたものの、森保ジャパンの中軸として将来の日本代表を背負う存在の堂安。172センチと小柄ながら、鋭いドリブルと絶妙なコース取りでゴールを狙う姿がサッカー界のかつてのスーパースター「マラドーナ」を彷彿とさせることから、ついたニックネームは「マラドーアン」。誰かの仕掛けに呼応してタイミング良く飛び出したり、相手の嫌がる場所へ強引に仕掛けるセンスはまさに絶品で、現在所属するオランダのFCフローニンゲンでも主力選手として圧倒的なパフォーマンスを見せている。

 プレーもさることながら、多くのファンをひきつけるのはその言動だ。長友佑都のような明るく物怖じせず海外チームにもすぐ溶け込む社交性と、本田圭佑のような強気なメンタルも併せ持つ。プロとして身に付けるモノや髪型、ファッションにもこだわりを見せる。

 インタビューでは「世界中のどこ歩いてもバレるような選手になりたい」と大物ぶりも発揮。そんな彼が日本での代表戦を終えオランダの自宅に帰るまでの姿に密着する。世界のビッククラブが注目す20歳がカメラの前で漏らした本音とは?

 サムライブルーの若きエースが見据える野望に迫る。

<プロフィル>プロサッカー選手/堂安律(どうあん・りつ) 1998年、兵庫県生まれ。3兄弟の三男として生まれ、兄の影響でサッカーを始める。名門・ガンバ大阪のジュニアユースに入団し、中学2年生の時には全国大会で史上初の三冠を達成。高校2年生でトップチームに同行し2015年5月にACLのFCソウル戦で公式戦デビュー。17年6月に19歳でオランダ・FCフローニンゲンに移籍。1年目からレギュラーとして活躍し、18年9月に日本代表に初選出。たまの休日には2時間かけて首都アムステルダムまでドライブし、日本食を食べるのが大好きだという20歳。オランダ・フローニンゲン在住。

堂安情熱大陸C大阪セレクション01.jpg

堂安情熱大陸C大阪セレクション02.jpg

※小学4年生の時にC大阪のセレクションを受けるも、落ちたそうです。その悔しさをバネに練習を頑張ったそうです。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11608
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1550384202/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:17 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

豊川雄太、2戦連続ゴールで今季7得点目!オイペンの連敗止める貴重な同点ゴール(関連まとめ)

【サッカー】ジュピラー・プロ・リーグ第26節豊川雄太が2戦連発。ここ4試合で3得点と好調 26試合7得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550350930/
豊川2019第26節ゴール.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/17(日) 06:02:10.42 ID:8F7pZytI9.net

【オーステンデ 1-1 オイペン ベルギー1部第26節】

現地時間16日に行われたベルギー1部リーグ第26節でオイペンはオーステンデと対戦し、1-1で引き分けた。
豊川雄太は先発出場で80分までプレー。1ゴールを記録している。

前節シント=トロイデン戦で1ゴールを挙げた豊川は1点ビハインドで迎えた78分に同点弾を記録。
2試合連続得点で1-1に追いついた。

その後、オイペンは退場者を出しながらも相手に勝ち越しゴールを許さず。勝ち点1を加えている。
3連敗中だったオイペンは、4試合ぶりの勝ち点獲得となった。

豊川はリーグ戦ここ4試合で3得点。今季の得点数を7に伸ばしている。

【得点者】
35分 1-0 ダーセ(オーステンデ)
78分 1-1 豊川雄太(オイペン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309781-footballc-socc
2/17(日) 5:56配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/bel/bel-11154516.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/ranking/
得点ランキング

https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/standings/
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10024713
成績



豊川雄太が今季7ゴール目!オイペンの連敗を止める貴重な同点弾を記録
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00010005-goal-socc

オイペンのFW豊川雄太が2試合ぶりに得点を奪い、今季7ゴール目を記録した。

リーグ戦3連敗中のオイペンは16日、ジュピラーリーグ第26節でオーステンデと対戦。豊川は10試合連続で先発した。

1点ビハインドの77分に豊川が待望の瞬間を奪える。ルイス・ガルシアのコーナーキックから最後は豊川が見事なシュートをゴール隅に沈め、同点弾を手にした。豊川は2試合ぶりのゴールとなっている。

試合はそのまま1-1で終了し、オイペンは連敗を3でストップ。豊川はゴールを奪った直後の80分に途中交代している。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:02 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、好スルーパスで決勝点の起点に!カタールデビュー戦で勝利に貢献

中島翔哉がカタールデビュー戦で決勝弾の起点に!!アルドゥハイルは完封勝利で暫定首位
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-29284006-gekisaka-socc
中島アルドゥハイル加入.jpg

[2.16 カタール・スターズリーグ第16節 アルドゥハイル1-0アルサイリヤ]

 カタール・スターズリーグ第16節が16日に行われ、MF中島翔哉の所属するアルドゥハイルはホームでアルサイリヤと対戦し、1-0で勝利した。今冬に加入した中島は先発で新天地デビュー。後半25分の決勝ゴールに絡み、同44分までプレーした。

 中断期間が明け、後半戦に突入したカタール・スターズリーグ。3日にポルティモネンセからの完全移籍が発表された中島は背番号10を着け、ユベントスから加入したモロッコ代表DFメフディ・ベナティアとともにスタメン入りした。

 首位アルサッドを勝ち点2差で追いかけるアルドゥハイルは前半をスコアレスで終了。後半9分にはFWユセフ・エル・アラビがPA内中央から左足で強烈なシュートを見舞うが、クロスバーを直撃する。それでも同25分、中島が敵陣中央からスルーパスを送ると、PA内右でMFエジミウソン・ジュニオールがGKとDFを引きつけて折り返し、最後はユセフ・エル・アラビが右足で無人のゴールに押し込んだ。

 デビュー戦で仕事を果たした中島は後半44分に途中交代。1-0で逃げ切ったアルドゥハイルはこの後に試合を行うアルサッドを抜き、暫定で首位に浮上した。次節は23日に開催され、敵地でアルガラファと対決する。


【サッカー】<中島翔哉>カタール1部デビュー!先発出場でクロス供給
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550329680/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

川島永嗣、夫婦で2ショット!バレンタインデーにホームメイドパスタを作りSNSに投稿

【サッカー】<GK川島永嗣>“手打ちパスタ”公開!「形は微妙だったけど(笑)」 夫婦2ショットも反響「私も食べたいです!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550239036/
川島夫妻.jpg

1: Egg ★ 2019/02/15(金) 22:57:16.14 ID:7UihB2XJ9.net

バレンタインデーに「ホームメイドパスタを作る」 仲睦まじい夫婦ショットを投稿

フランス1部ストラスブールに所属するGK川島永嗣が自身の公式インスタグラムを更新し、バレンタインデーの14日に「ホームメイドパスタを作る」と手作り料理を紹介。

さらに夫婦2ショットも投稿し、「美味しそう」「美男美女」と反響を呼んでいる。

昨夏のロシア・ワールドカップで日本代表の正守護神として君臨した川島はベスト16進出に貢献。契約満了に伴いFCメスを退団し、大会後の8月末にストラスブールと1年契約を結んだ。いまだ未出場が続くものの、定位置奪取を目指して新天地で研鑽を積んでいる。

そんな川島が15日に自身の公式インスタグラムを更新。14日のバレンタインデーに手料理を振る舞った様子を報告した。「Happy Valentine’s Day!! 今日はホームメイドパスタを作る」と記すと、パスタを作っている姿から完成した料理の写真4点をアップ。手打ちパスタを家族に振る舞い、「最終的な形は微妙だったけど(笑)味はまずまず!!」だったようだ。最後の5点目では仲睦まじい夫婦2ショットを投稿している。

返信欄では「料理してる姿も頼もしくて素敵です」「すごく美味しそうなパスタ」「私も食べたいです!」と称賛のコメントが多く並んだ一方、「素敵な夫婦ですね」「美男美女、羨ましい!」という声も上がった。 ストラスブールではベンチ外の試合も多く、熾烈なポジション争いを演じている川島。シーズン終盤戦に突入するなか出場機会を得られるのか。35歳のベテランGKの奮起に期待が集まる。

2/15(金) 20:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00170658-soccermzw-socc

写真
https://www.instagram.com/p/Bt4TshWAkDa/



川島パスタ作成.jpg

川島パスタ作成02.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、決勝ゴールの起点に!途中出場しベシクタシュの3連勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<香川真司>途中出場で決勝弾の起点に!ベシクタシュ3連勝!/トルコ・スュペル・リグ第22節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550259621/
香川2019第22節.jpg

1: Egg ★ 2019/02/16(土) 04:40:21.88 ID:+AVtgYGb9.net

現地時間15日、トルコ・スュペル・リグは第22節が行われ、香川真司の所属するベシクタシュは敵地でマラティアスポルと対戦した。

香川の加入後、2連勝で3位に浮上したベシクタシュ。4位マラティアスポルとの上位対決に、香川はベンチからのスタートとなった。

立ち上がりから上位対決らしい拮抗した試合展開の中、地力で上回るベシクタシュが徐々にチャンスの数を増やしていく。決定機は30分、右サイドを抜けたブラク・ユルマズの折り返しを、ゴール前でアデム・リャイッチが受ける。しかし、トラップを浮かしてしまい、放ったボレーはGKに当たってゴール左へと外れる。

39分には、試合の大勢を左右する出来事が起こる。レンスに対して後ろから足をかけたアデム・ビュユクにイエローカードが提示されるが、ここでVARが発動。よく見ると足裏で故意に蹴っており、レッドカードへとジャッジが変更される。

これで数的優位を得たベシクタシュは、スコアレスのまま迎えた後半、立ち上がりから積極的にマラティアゴールへと攻め込んでいく。49分、ジャネル・エルキンの左CKがニアサイドでそらされ、ゴール前のアティバ・ハッチンソンが押し込んで攻勢のベシクタシュが先制する。

そして62分、ギュヴェン・ヤルチュンに代わって香川が投入される。さらにリードを広げることが期待されたが、直後にマラティアスポルが同点に追いつく。65分、素早いリスタートでロングパスに抜け出したオメル・シシュマノールが一瞬の隙を突いてネットを揺らした。

まさかの同点に追いつかれたベシクタシュは68分、レンスに代えてリカルド・クアレスマを投入。すると直後の70分、香川のパスを左サイドで受けたエルキンのクロスを、ニアサイドのリャイッチが流し込んで勝ち越しに成功する。しかしリャイッチは喜びのあまりゴールパフォーマンスでコーナーフラッグを折ってしまい、イエローカードを貰ってしまう。これにより次節フェネルバフチェとのダービーを欠場することに…。

勝ち越しゴールに絡んだ香川はその後もトップ下の位置で比較的自由に動き回りながらボールを引き出し、攻撃のリズムを作り出していく。75分には、香川のサイドチェンジをエリア内左でフリーとなっていたクアレスマが受け、落としをリャイッチがシュートもDFがブロックした。

90分には、香川のサイドチェンジから、右サイドのクアレスマのクロスにゴール前フリーで合わせたのは香川。しかし、ヘディングはゴール右へと外してしまい、移籍後3ゴール目はお預けに。リードは広げられなかったものの、ベシクタシュは1点差を守り切り、香川加入後3連勝を飾った。

■試合結果
マラティアスポル 1-2 ベシクタシュ

■得点者
マラティアスポル:シシュマノール(65分)
ベシクタシュ:ハッチンソン(50分)、リャイッチ(70分)

2/16(土) 4:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00010000-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190216-00010000-goal-000-view.jpg


※都合により記事投稿が遅れて申し訳ございません。
※一部編集し直しました

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:04 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

南野拓実、独1部ボルシアMGの獲得リスト入り!独キッカー誌報道(関連まとめ)

【サッカー】南野拓実、名門ボルシアMGの獲得リストに名前が! ドイツの老舗サッカー専門誌が報じる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550222620/
南野ザルツブルクゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/02/15(金) 18:23:40.29 ID:fSmGF0TU9.net

2/15(金) 18:11配信
南野拓実、名門ボルシアMGの獲得リストに名前が! ドイツの老舗サッカー専門誌が報じる

ヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントに参加しているレッドブル・ザルツブルクの南野拓実に、移籍の噂が浮上している。

 約1か月にわたるアジアカップを終えてチームに合流した南野は、現地2月14日に行なわれたクラブ・ブルージュとの第1レグに85分から出場。1-2とリードされた状況で投入され、精力的にボールを追いかけるプレーを見せたが、追加点は奪えず。敵地でのドロー、そして勝利に貢献することはできなかった。

 ホームでの第2レグは2月21日に予定されており、ザルツブルクはベスト16進出を賭けて戦う。アジアカップ後の調整のため第1レグでは先発起用が見送られたものの、ザルツブルクの地元紙『Salzburger Nachrichten』は、「ELで日本人初のハットトリックを記録したストライカーはチームに必ず必要とされるだろう」と、スタメン起用の可能性を示唆している。

 そんななか、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』が、「ブンデスリーガのボルシアMGの来夏の獲得リストに南野拓実の名前がある」と報じた。

 ブンデスリーガで現在3位と好調を維持しているボルシアMG。前線で点取り屋として活躍しているトルガン・アザール(今季9ゴール)は、この冬は残留したものの、バイエルン・ミュンヘン、トッテナムなどが興味を示しているとされ、移籍の噂が絶えない。また、ドイツ代表のDFマティアス・ギンターには、アーセナルとトッテナムが熱視線を送っていると言われている。

 蛇足だが、チーム内トップの10ゴールを挙げているアラサンヌ・プレアには今冬、中国超級リーグの大連一方から5000万ユーロ(約65億円)という仰天オファーが届いたが、これを断ったとクラブSDが明かすなど、来夏の移籍市場を賑わせるであろう選手を多く擁している。

 つまり、来夏には多くの主力が離脱する可能性が高いボルシアMGの前線の補強策として、南野がリストアップされたということのようだ。

 森保ジャパンでは不動の主力として扱われている南野だが、ザルツブルクでは絶対的なレギュラーにはなりきれていない。同クラブとの契約は2021年6月末となっているが、はたして、来夏のブンデス挑戦は実現するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054177-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190215-00054177-sdigestw-000-4-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:34 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ELまとめ】長友佑都、絶妙クロスでアシストもガラタサライは敗戦!長谷部先発のフランクフルトはシャフタールと2-2ドロー!南野は途中出場も敗戦 スペイン勢は全勝!(関連まとめ)

【サッカー】<ガラタサライの長友佑都>ELのベンフィカ戦で1アシストを記録! チームはホームでの初戦を落とす
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550179506/
長友2019EL決勝T1回戦第1戦.jpg
1: Egg ★ 2019/02/15(金) 06:25:06.49 ID:7UihB2XJ9.net

右足センタリングで同点弾をお膳立て。

現地時間2月14日に開催されたヨーロッパリーグのラウンド・オブ32第1レグ、ガラタサライとベンフィカの名門対決は、2−1でアウェーのベンフィカが勝利した。ガラタサライの日本代表DF長友佑都は左SBでフル出場を果たしている。
 
先制したのは、アウェーのベンフィカだった。エリア内でハンドのファウルを犯したとの判定からPKが与えられ、これをエドゥアルド・サルビオがゴール左隅に突き刺した。ガラタサライがようやく同点弾をもぎ取り、本拠地トルク・テレコム・スタディウムが大歓声に包まれたのは54分、アシストしたのは長友だった。

左サイドの敵陣深くでスローインを得たガラタサライは、長友がこれを投げ、リターンされたボールを長友が右足で丁寧にゴール前に送り込む。これをCBのクリスティアン・ルインダマがヘッドで流し込んだ。この1点で勢いに乗ったガラタサライは、その後も攻めの姿勢を崩さず、押せ押せの展開となる。だが64分、前掛かりになったその裏のスペースを突かれ、ベンフィカFWハリス・セフェロビッチの見事な左足シュートで勝ち越し弾を奪われた。

ボールポゼッションは65%を超えていたガラタサライだが、4分のアディショナルタイムも生かすことができず、結局1−2でホームの第1レグを落とすこととなった。ベンフィカのホームで実施される第2レグは、現地時間2月21日に開催される。

2/15(金) 5:11配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054151-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190215-00054151-sdigestw-000-view.jpg



【サッカー】UEFA-EL ベスト32 1st 日本人所属クラブは苦戦…強豪が軒並み勝利するなか、アーセナルはBATEにまさかの敗戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550194635/
1: 久太郎 ★ 2019/02/15(金) 10:37:15.16 ID:poITXmMv9.net

2月14日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ32の第1レグが行なわれ、欧州各国で16の熱戦が展開された。
 
 ついに幕を開けたノックアウトステージ。グループステージを勝ち抜いた24チーム(各グループの上位2チーム)に加え、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループ3位8チームを加えた32チームが5月29日(決勝)まで続くトーナメントで頂点を争う。
 
 まず日本人選手だが、今回、参戦しているのは、フランクフルトの長谷部誠、レッドブル・ザルツブルクの南野拓実、CLから移行したガラタサライの長友佑都、そして今冬にヘンクに加入した伊東純也の4人。今月2日に入団が発表された伊東は、先週末の国内リーグに続いてベンチ外となり、欧州デビューはお預けとなっている。
 
 先発出場は長谷部と長友。前者は3バックの中央で守備を統率し、チームは7分にFKからヒンターエッガーのヘッド弾で先制したが、3分後にPKでシャフタール・ドネツクの同点を許す。その1分後、ステパネンコが2度目の警告を受けて退場となり、フランクフルトは数的優位を得た。
 
 ホームチームを押し込み続け、50分にはヨビッチのクロスをコスティッチがダイレクトで押し込んで勝ち越しに成功したフランクフルトだったが、ここからシャフタールの反撃を許し、67分にパスワークで守備を破られ、タイソンの同点ゴールを喫する。この時、長谷部はJ・モラエスに寄せたものの、ラストパスを止めることはできなかった。
 
 一方、長友も定位置の左SBとして攻守に躍動したが、ガラタサライは27分にPKでベンフィカに先制される。54分、長友のクロスからリュインダマがヘディングシュートを決めて追いつくも、64分にセフェロビッチに抜け出されて勝ち越され、先勝を許した。長友は先週末のリーグ戦に続いてのアシストを決めたが、チームは厳しい状況に追い込まれた。
 
 最後に南野は、ザルツブルクの今年最初の公式戦に85分から出場。17分に先制するも、81分にクラブ・ブルージュに逆転を許したチームを救うべく積極的な動きを見せたものの、同点ゴールが生まれることなく、アウェーマッチは敗戦に終わった。
 
 続いてその他の試合では、インテル、チェルシー、ナポリ、バレンシア、ビジャレアルといった強豪国のクラブは軒並み勝利を飾ったが、そのなかで唯一、格下相手の試合を落としたのがアーセナルだった。
 
 BATEボリソフ(ベラルーシ)とは昨シーズンもELで対戦し、その時は2戦とも勝利を挙げたアーセナルだが、今回は敵地でフラストレーションの溜まる90分間を過ごすことになった。
 
 前半終了間際にセットプレーからドラグンの先制ヘッドを浴び、後半は攻めながらもカウンターの脅威にさらされ、85分にラカゼットがマーカーに手を出して一発退場……まさに敵の術中に嵌ってしまった。
 
 最後に、今ラウンドで強豪同士の対戦となったのはラツィオ対セビージャ戦だが、ローマ・オリンピコでの一戦は、22分に速攻からサラビアのクロスをベン・ヤーデルが押し込んでアウェーチームが先制。セビージャはボールポゼッションでは下回るも、ラツィオの倍の14本のシュートを放ちながら、リードを守り切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054156-sdigestw-socc

ラピッド・ウィーン 0-1 インテル
スラヴィア・プラハ 0-0 ヘンク
FKクラスノダール 0-0 レバークーゼン
レンヌ 3-3 ベティス
オリンピアコス 2-2 ディナモ・キエフ
ラツィオ 0-1 セビージャ
BATEボリソフ 1-0 アーセナル
ガラタサライ 1-2 ベンフィカ
ヴィクトリア・プルゼン 2-1 ディナモ・ザグレブ
クラブ・ブルージュ 2-1 ザルツブルク
FCチューリヒ 1-3 ナポリ
マルメFF 1-2 チェルシー
シャフタール・ドネツク 2-2 フランクフルト
セルティック 0-2 バレンシア
スポルティングCP 0-1 ビジャレアル

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00309531-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表DF冨安健洋の移籍に「責任」!シント・トロイデンCOO村中氏に聞く

【サッカー】冨安の移籍に「責任」シントトロイデン村中氏に聞く
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550143004/
村中会長.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/02/14(木) 20:16:44.08 ID:zgjrbIQN9.net

<シントトロイデン村中悠介COOにインタビュー(上)>

ベルギー1部シントトロイデンが熱い! 17年11月に日本企業のDMMが経営権を取得し、同クラブに移籍したDF冨安健洋(20)、MF遠藤航(26)が日本代表の主力へと飛躍した。FW鎌田大地(22)も日本代表入りが期待されている。DMMが参入し、本格的なシーズン元年となる今季は、10日現在でリーグ5位(1部16チーム)と健闘している。クラブ経営を担うDMMの村中悠介COO(39)に、取得の経緯や今後の目標を聞いた。【取材・構成=岩田千代巳、浜本卓也】

DMMがシントトロイデンの経営権を取得したコンセプトは、日本の若い選手に海外の舞台に活躍の機会を与え、日本サッカーを強くすることにある。村中氏は、前東京GMでサッカーの現場を知り尽くす立石敬之CEOから「日本のサッカーを強くするには、選手も指導者も欧州の舞台で実際に実戦を積むことが必要」と提案を受け、その考えに賛同。経営のプロとして多角的にリサーチした上、事業としての収益化が見込めると判断し外国人枠がないベルギーの地で1歩を踏み出した。

現在はフランクフルトから期限付き移籍中のMF鎌田を含め6人の日本人選手を抱える。欧州に比べれば日本のサッカーは歴史が浅い中で、日本人選手が“助っ人”になることに、現地世論の反発はなかったのだろうか。

村中氏 あまりなかったですね。ベルギーの人たちは結果が出なかったら文句を言おうという主義。日本人の経営になり、新聞も『日本人オーナーが乗っ取って何かやる気だ』と書かれてもおかしくない状況の中で、それがなかったんですよ。トミ(冨安)は若かったし『若手を連れてきたかな』というぐらい。大地(鎌田)になると、ベルギーはブンデスリーガのリスペクトがすごくて『フランクフルトから来た選手』なんです。2部ですが関根も同じです。

シントトロイデンを買収するほぼ同時期に、オイペンにFW豊川、当時ワースランドベベレンのMF森岡、セルクル・ブルージュDF植田がベルギーでプレー。W杯ロシア大会での日本の善戦も追い風になった。

村中氏 (元日本代表の)鈴木選手が加入した当時は1人の点だったのが、たくさん散らばって『面』になってきた感じがします。みんな活躍して『日本人、いいじゃない』というのが今なのかなと。日本人選手の人気はすごく上がった気がしています。

>>2以降に続く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-40000045-nksports-socc


2: 久太郎 ★ 2019/02/14(木) 20:17:09.18 ID:zgjrbIQN9.net

>>1
日本が準優勝に終わったアジア杯では、シントトロイデンのDF冨安、MF遠藤が日本代表の主力として躍動した。当初の目的通り、日本人の若手選手が海外で経験を踏み力を付けている。村中氏は「若い選手が経験値を積み、今回の代表のように力が還元される。今のところは、元のコンセプトにはまりつつあるのかな」と手応えを口にする。

移籍もサッカービジネスの根幹だ。富安は評価額が7億円を超え、ブンデスなど他リーグから熱視線を浴びる注目株になった。そもそも、ベルギーは代表のFWルカク、GKクルトワらがビッグクラブへと羽ばたいた育成リーグでもある。村中氏は「ステップアップも応援する立ち位置」とした上で、移籍については慎重な姿勢を示す。単純なビジネスだけでなく、選手の未来を考えているからだ。

村中氏 日本人が海外挑戦しても体が小さいとか言葉など、いろんな問題で出られないのがあると思うんですよ。もちろん、本人の実力次第ですが(シントトロイデンは)少なくともコミュニケーションロスは少ないチームだと思っていますし、そもそも、そういう課題があるからこのチームをつくっている。次にステップアップする時、その先で出られなかったら同じ課題に向き合うことになる。そこまでを考えるのが僕たちのミッション。トミ(冨安)は東京五輪が控えているわけで。五輪前に僕らが夏にステップアップさせて試合に出ていなかったら…と考えると責任は重い。選択肢は選手はたくさんありますが、そこまでをしっかり僕らが考えないといけない。

早急な移籍には慎重だが、将来的には大きなビジョンがある。村中氏は、冨安が活躍する度に、プロ生活をスタートさせたJ2福岡のサポーターがSNSで「アビスパが育てた富安」など誇りを持って書くことを例に挙げこう続けた。「行って成功してるからすごく誇れるんですよ。トミがシントトロイデンからその先で出られなかったら書けない。出て活躍したらファンエンゲージメント(愛着)とクラブの格も上がる。出るからには活躍してほしいし、その勝算を見極めるのはCEOの立石と現地の強化のスタッフです」。

今冬の市場で、シントトロイデンのベルギー世代別代表DFキャスパーがクラブ史上最高の移籍金を残し上位のゲンクへと巣立った。村中氏は「中堅のクラブが、徐々に、トルコ、ブンデス、セリエ、プレミアにと年々繰り返されると格が上がるんですよ。そこも、チームの戦略に入ってくるのかなと。まだまだ道は長いですが」と見据える。フランクフルトで出場機会に恵まれなかったMF鎌田も、水を得た魚のようによみがえり、21試合12得点と活躍し、日本代表に近づきつつある。冨安、遠藤、鎌田は地元では今や有名人。地元が誇れる彼らの将来に、シントトロイデンの輝かしい未来がある。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、コパアメリカの不参加決定を受諾…ブレーメン・コーフェルト監督が明言

【サッカー】大迫勇也、コパ・アメリカ不参加決定を受諾…ブレーメン指揮官が明言
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550149194/
大迫勇也2019アジア杯.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/14(木) 21:59:54.63 ID:CVq88p879.net

2/14(木) 21:51配信
大迫勇也、コパ・アメリカ不参加決定を受諾…ブレーメン指揮官が明言

 ブレーメンは12日、クラブ公式日本語版ツイッターでフローリアン・コーフェルト監督のコメントを配信。日本代表FW大迫勇也を今夏のコパ・アメリカへ参加させない決定を下した件について、同選手が受け入れたことを明かした。

 ブレーメンの日本語版ツイッターによると、コーフェルト監督は「彼はコパ・アメリカへの不参加を理解を示し受け入れた。話し合いは選手の同意の下、JFA(日本サッカー協会)との密接な調整の上で行っている。代表への派遣の義務はなく、その為この様な決断を下した」 とコメントしたという。

 ブレーメンは12日、大迫を今夏のコパ・アメリカに参加させない決定を下したとクラブ公式HPで発表した。日本代表は6月にブラジルで開催される同大会について、大迫の招集を拒否する意向であることを正式に発表していた。マネージャーのフランク・バウマン氏が「我々はすでに日本サッカー協会(JFA)に通達した」と明かし、「もちろんユーヤは日本代表に貢献したいと思っているが、JFAとブレーメンは最も重要な日本人選手の1人を酷使しないように気をつけるべきだ」と話した。

 バウマン氏は「ユーヤはブレーメン移籍後、昨夏はワールドカップ、今冬はアジア杯によって、チームの重要な準備期間に参加できなかった」と指摘。クラブ公式サイトは「ユーヤ・オオサコが長期的かつ継続的にトップフォームを維持できるように、ブレーメンとJFAは協力していかなければいけない」と招集拒否の理由を伝えている。

 大迫はアジアカップからチームに復帰した後、背中の腱に炎症があることが判明。公式戦2試合の欠場を強いられた。10日のアウクスブルク戦後、コーフェルト監督は「彼が戻ってきたものの、プレーできない状態にあることに驚かされている」と不満を漏らしていた。バウマン氏も「ユーヤがアジア杯の準決勝と決勝でプレーでき、ケガを悪化させたわけではないのに、チーム合流後には万全な状態でなかったことに驚いている」とコメントしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00907173-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190214-00907173-soccerk-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

大迫勇也、コパ・アメリカは欠場か?ブレーメンが異例の声明

【サッカー】日本代表に激震…大迫勇也のコパ・アメリカ不出場が決定か。所属元ブレーメンが異例の声明
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550006687/
大迫勇也2019アジア杯.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/02/13(水) 06:24:47.69 ID:+3ybWnuG9.net

2/13(水) 6:11配信
日本代表に激震…大迫勇也のコパ・アメリカ不出場が決定か。所属元ブレーメンが異例の声明

ブレーメンは、FW大迫勇也のコパ・アメリカに向けた日本代表への招集を認めない構えを取った。クラブは12日、同選手の負傷に関する異例の声明で明かしている。

アジアカップ2019に日本代表として参加していた大迫。エースとして4試合4ゴールを挙げて、サムライブルーの準優勝に大きく貢献した。

大会終了後にクラブに帰還した大迫だったが、9日に行われたブンデスリーガ第21節アウクスブルク戦(4-0)を欠場。試合当日に背中の腱に問題を抱えていることが判明し、フロリアン・コーフェルト監督は同選手がアジアカップの決勝や準決勝に出場していたことについて、JFA(日本サッカー協会)に向けて苦言を呈していた。

そして、クラブは12日に公式ウェブサイトにこの件に関する声明を掲載。「ブレーメンはユウヤ・オオサコの負傷に関して戸惑いを覚えている」と題した文章で、フランク・バウマンSD(スポーツディレクター)の次のようなコメントを引用した。

「ユウヤがアジアカップの準決勝や決勝に出場することは可能で、その試合では負傷が悪化しなかったにも関わらず、合流後我々の下ではプレーできない状態になっていることにはかなりの戸惑いを覚えている」

「もちろん、この現状には満足することはできない」

「ユウヤはブレーメンに移籍してから、昨夏にはワールドカップ、そして冬にはアジアカップに出場したため、2度の準備及び回復期間をまったく利用することができなかった」

そしてクラブは、負傷とは関係なく大迫のコパ・アメリカへの出場を許可しない構えを取るという。「これについては日本の協会には既に伝えている。もちろんユウヤは自分の代表チームの助けになりたいと考えているが、協会もブレーメンも日本代表において最も大事な選手の1人が燃え尽きてしまわないために気を配らなければいけない」と強調した。

なおバウマンSDはドイツ誌『キッカー』に対して、この件について「協会(の立場)も理解できる。だがもちろんこれは批判でもある。代表チームでは物事を短期的にしか考えない。我々は選手の給料を支払い、長期的に考える」とコメント。「ユウヤは昨夏ワールドカップによって負担がより大きかった。そしてこの冬には休みがまったくなかった。当然、それが負傷の原因になったことは考えられる」と続けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010001-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190213-00010001-goal-000-2-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング