アンテナ・まとめ RSS

2017年06月20日

元U-16日本代表候補FW三国ケネディエブス、CBへ大胆コンバート

【サッカー】<青森山田>怪物FWが怪物DFに?元U-16日本代表候補FW三国ケネディエブスがCBへ大胆コンバート
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497929342/
三国ケネディエブス青森山田.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 12:29:02.66 ID:CAP_USER9.net

[6.19 東北高校選手権決勝 青森山田高 3-0 尚志高 岩手県営運動公園陸上競技場]

ビックリコンバートだった。青森山田高の元U-16日本代表候補FW三国ケネディエブスが6月15日から19日にかけて行われた東北高校サッカー選手権大会においてCBへと本格的に転向。大会初戦でDFとして公式戦初先発を果たすと、決勝までの4試合をCBとして戦い抜いた。

これまでも相手のパワープレー対応などで試合終盤にストッパーとして入ることはあった。192cmの長身は“防空要員”として十分に計算できるからだ。高円宮杯プレミアリーグEASTの市立船橋高戦などで実際にそうした起用もあった。

だが、試合終盤にスポットでCBに入るのと、スタートからCBとして入るのではまったく違う。三国も「最初は難しかった」と笑うが、この驚きのコンバートは監督命令というわけではない。「自分から言いに行った」結果だった。

言いに行ったのは春休みの遠征の途上だった。「このままFWをやっていてもプロになれないと思ったし、何かを変えたかったんです」と言う。黒田剛監督を始めとする首脳陣の回答は「そこまで言うなら、やってみろ」。春からCBとしてのトレーニングが始まった。

CBは小学校3年生くらいまでやっていた記憶があると言うものの、戦術的な対応を含めたCBとしての動きは「完全な素人」(正木コーチ)。
DF小山内慎一郎主将にCBの心得を聞きに行ったり、OBの日本高校選抜DF橋本恭輔(現新潟医療福祉大)にも、電話でディフェンスラインのアップダウンのタイミングなど動き方について質問攻めにしたと言う。
「本気でDFとしてやるつもり」と言うように、一つの手本と観たボアテングの動画を何度も観るなど個人的な努力も続けてきた。

迎えた東北大会は「DF三国ケネディエブス」が公式戦で起用できるレベルなのかが問われる戦いだった。「前に跳ね返すヘディングのほうが得意」という武器は最終ラインで確かに生きて、準決勝までの3試合は「インターセプトも結構上手くいった」(三国)という手ごたえのあるプレーを見せた。

ただ、決勝の尚志は小さな選手がドリブル勝負を挑んでくるような展開が多く、苦戦を強いられるシーンも目立った。また正木コーチが「行くところと行かないところの判断」を課題に挙げたように、不用意に飛び込んでピンチを招くシーンもあった。

それでも、全体としてはDFとしての“可能性”も十分に感じる内容だった。長身に加えてリーチの長さは確かな武器で、ゴール前でも足を伸ばしてシュートブロックに対応できる点は確かな強みだ。

判断に加え、後方からのビルドアップも課題だが、「ロングキックは新しい蹴り方を練習している」と言うように、こちらも修行中。昨年は夏に右足半月板を負傷して長期離脱を余儀なくされ、高校サッカー選手権も応援に回らざるを得ず、「悔しかったし、うらやましかった」という悔恨を残した。それだけにリベンジを誓った今季、出場機会が限定される現状を打破するために、DFへの転向を望んだ。

もちろん、DFだからポジション奪取が簡単だとは思っていない。むしろCBの難しさを実感する中で、小山内や蓑田広大の両CBの壁の高さも分かってきた。
だがそれでも、「今年中に二人を食ってポジションを奪う」という目標は外さない。AチームではFW兼用CBとなりそうだが、正木コーチは「駆け引きのところが課題だったので、CBの心理を知ることがFWでのプレーにも生きてくる可能性はある」と別の期待も込めながら、三国ケネディエブスの進化を待ちたい考えだ。

「192cmの体は教えて伸ばせるものではないし、身体能力も持っている。日本サッカーの宝になり得る選手」(正木コーチ)であることは間違いない。DFとしてのタレントがあるかは未知数のところもあるが、本人が自ら望んだチャレンジである。青森山田にとっても、この男の成長は今後の大きなカギとなりそうだ。

6/20(火) 12:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-01641058-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170620-01641058-gekisaka-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

イングランド、U20W杯優勝!GKウッドマンがPK阻止のビッグセーブ!ベネズエラ下し初の栄冠に

【U20サッカー】イングランドがベネズエラ下しU20W杯初優勝!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497182089/
イングランド2017U20W杯優勝.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/06/11(日) 20:54:49.22 ID:CAP_USER9.net

決勝戦

ベネズエラ 0-1 イングランド

35' カルヴァート・ルイン

http://www.livescore.com/soccer/world-cup-u20/play-off/venezuela-u20-vs-england-u20/1-2513385/


得点王 オルソリーニ(イタリア) 5点

得点ランキング
http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/marc.cgi?wy&2017



【U-20W杯】イングランドがベネズエラ破り初優勝! 守護神のPKセーブなどで1点を守り切る

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170611-00026701-sdigestw-socc

 韓国で開催されているU-20ワールドカップは6月11日、水原ワールドカップ競技場で決勝が行なわれ、イングランドが1-0でベネズエラを下し、初優勝を飾った。

 試合は序盤から互いにゴールを目指す激しい攻防となったが、35分にイングランドが先制。敵の守備網を強引に突破したキャルバート=ルーウィンがねじ込み、ゴールネットを揺らした。

 イングランドの1点リードで迎えた後半は、さらにアグレッシブな展開となり、ともに決定的なチャンスを作り出す。52分、ベネズエラはソテルドのスルーパスに抜け出したコルドバが1対1を迎えるが、イングランドGKウッドマンが好守で得点を許さない。54分にはCKからエレーラが強烈なヘディングシュートを放つも、これもウッドマンが好セーブでゴールを死守した。

 その直後、イングランドはオノマーがクロスバー直撃のミドルシュートでベネズエラゴールを脅かす。

 そしてベネズエラにビッグチャンスが訪れたのは79分。イングランドがペナルティエリア内でファウルを犯し、ベネズエラにPKが与えられた。これを蹴るのはエースのペニャランダ。しかし、ペニャランダのシュートは、GKウッドマンが伸ばした左手に阻まれ、リバウンドを押し込むこともできず、得点には至らない。イングランドは大ピンチを凌いだ。

 終盤もピンチの連続となったイングランドだが、守護神のウッドマンが再三の好セーブでゴールを許さない。結局1-0でイングランドがリードを守り切り、初の栄冠に輝いた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

U20イタリア、10人となるも延長戦の末にザンビアに3-2逆転勝利!U20W杯ベスト4進出

【サッカーU20W杯】10人のイタリアが延長戦の末ザンビアに逆転勝利、ベスト4進出!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496658859/
イタリア代表2017U20W杯ザンビア線.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/06/05(月) 19:34:19.62 ID:CAP_USER9.net

イタリア 3-2 ザンビア

0-1 4' ダカ

(43' ジュゼッペ・ペッツェッラ退場)

1-1 50' オルソリーニ  
1-2 84' F・サカラ
2-2 88' ディマルコ
3-2 111' ヴィード  

http://www.livescore.com/soccer/world-cup-u20/play-off/italy-u20-vs-zambia-u20/1-2507904/

準決勝
ウルグアイ vs ベネズエラ
イタリア vs (イングランド or メキシコ)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:53 | 大阪 ☀ | Comment(1) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

U20イタリア、優勝候補筆頭フランスを撃破!U20W杯ベスト8進出!

【サッカー/U20W杯】イタリアが優勝候補筆頭のフランス下しベスト8進出!
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496323552/
U20イタリア勝利.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/06/01(木) 22:25:52.75 ID:CAP_USER9.net

メキシコ 1-0 セネガル

フランス 1-2 イタリア

アメリカ 6-0 ニュージーランド

http://www.livescore.com/soccer/world-cup-u20/play-off/

ベスト8
ベネズエラ - アメリカ
ポルトガル - ウルグアイ

イタリア - ザンビア
メキシコ - イングランド


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:21 | 大阪 ☁ | Comment(10) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

U20日本、ベネズエラに敗れ16強敗退 内山監督「選手は120分、死闘を頑張った」まとめその3(関連まとめ)

U-20内山監督、16強敗退に声震わせ選手の奮闘讃える 「残念。選手は120分、死闘を頑張った」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00010022-soccermzw-socc
内山監督2017U20W杯.jpg

ベネズエラ戦後に試合を振り返った内山監督 「良い時間帯もできたが…」
 U-20日本代表は、2003年UAE大会以来となるU-20ワールドカップ8強進出は果たせなかった。

「残念です。選手は120分、こういう死闘のゲームになると思ったものを頑張ってくれたし、ここまでの過程も良く頑張ってくれた」

 16強ベネズエラとの延長120分間の死闘の末に0-1で敗れたU-20日本代表の内山篤監督は試合後に声を震わせた。

 ドイツ、メキシコらと同居したグループBで3連勝の首位突通過を決めた南米の雄相手に、日本は堂々たる戦いぶりを見せた。前半28分にはMF堂安律がゴール右25メートルの直接FKをバーに当てるなど惜しいシュートもあった。

「立ち上がりの失点を修正して後半に持ち込むという意味では良い時間帯もできたが、残念です」

 グループリーグ3試合では序盤に失点を許すことが多かったが、個人技に優れるベネズエラの攻撃を最後の最後で封じていた。後半18分に15歳で飛び級選出のFW久保建英を満を持して投入。日本は勝負に打って出たがゴールは遠かった。そして、延長後半2分にセットプレーから主将MFエレーラに決勝点を許してしまった。

浮き彫りとなった「日本全体の課題」
「ゲームコントロール含め、色々な状況は世界に来ないと分からない。もう一歩のところ、ここだというところのミスは日本全体の課題だが、数少ないチャンスの中での精度が高まればゴールにつながると思う。選手はよく頑張ってくれた」と内山監督は選手の奮闘を讃えた。

 大会4試合は1勝1分2敗に終わり、ゴール前の精度という課題が浮き彫りとなった。5大会ぶりの出場を果たした若き侍たちは、この死闘と悔しさを糧にさらなる進化を遂げられるだろうか。

☆☆☆柏レイソルスレッドPart1539☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1495973578/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:01 | 大阪 | Comment(12) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U20日本、延長後半に失点しベネズエラに敗れる…U20W杯ベスト8進出ならず まとめその2(関連まとめ)

U20日本、120分の激闘の末にベネズエラに敗れる…延長後半に被弾で準々決勝進出ならず/U20W杯
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000026-goal-socc久保君2016U20W杯ベネズエラ戦.jpg


■U20W杯 R16 ベネズエラ 1-0(延長) 日本
ベネズエラ:エレーラ(108分)
日本:なし

FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017のラウンド16が30日に行われ、U-20日本代表はU-20ベネズエラ代表と対戦した。試合は延長戦の末にベネズエラが1-0で日本を下し、準々決勝に駒を進めた。5大会ぶりに同大会に出場した日本は、ベスト16に終わった。

日本は南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと同居したグループステージを1勝1分け1敗で終えた。グループD3位の日本は各組3位の成績上位4カ国に入り、決勝トーナメント進出を果たしている。ラウンド16で対戦するベネズエラは、ドイツやメキシコらと同じグループBを10得点、無失点の3連勝で突破した強豪国。日本にとっては厳しい戦いになることが予想された。

日本はイタリア戦のスタメンから3名を変更。先発メンバーはGK小島亨介、DF藤谷壮、冨安健洋、中山雄太、杉岡大暉、MF市丸瑞希、原輝綺、堂安律、三好康児、FW岩崎悠人、木彰人の11名となった。木は今大会初先発となる。一方、ベネズエラはマラガでプレーするMFアダルベルト・ペニャランダや、らがスタメンに名を連ねた。

試合は序盤からベネズエラが積極的にゴールへ迫る。5分、左サイドで藤谷のパスをカットしたペニャランダがペナルティエリア内に進入してシュートまで持ち込んだが、ここは枠を外れた。

さらに18分、ペナルティエリア内右でジェフェルソン・ソテルドからボールを受けたロナルド・エルナンデスが、やや角度のないところからシュートを放ったが、ここはGK小島が弾いてCKに逃れた。

序盤のピンチを凌ぎ切ると、前半の途中から日本が徐々にチャンスを作る。29分、ペナルティエリア手前右でFKを獲得すると、キッカーの堂安が左足で直接シュート。壁を越えたボールがベネズエラのゴールを襲ったが、ここは惜しくもクロスバーを直撃。先制点にはつながらなかった。さらに33分、右サイドの市丸がアーリークロスを入れると、ファーサイドから岩崎が飛び込んだが、ヘディングシュートは枠の上に外れてしまった。このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

日本は54分に三好を下げて遠藤渓太を投入する。直後の58分、堂安がペナルティエリア内にスルーパスを通すと、エリア内に抜け出した木がGKとの一対一から右足シュートを放ったが、ここはウイケル・ファリニェスがビッグセーブでここを凌いだ。

さらに日本は63分、木を下げて15歳の久保建英を投入。76分には市丸を下げて板倉滉をピッチに送り込んだ。しかし、その後は両チームともに決定的な場面を作れず、後半アディショナルタイムに突入する。アディショナルタイム2分に右CKを獲得すると、堂安のクロスを中山が合わせたが、ここは枠の右に外れてしまった。スコアレスで90分が終了し、試合は前後半15分の延長戦に突入した。なお、今大会は新ルールが採用され、延長戦から4人目の交代が認められている。

延長前半立ち上がりの96分、日本は左サイドを突破した遠藤の折り返しに岩崎が飛び込んだが、シュートまでは持ち込めない。遂に均衡が崩れたのは108分。ベネズエラが左CKを獲得すると、ロナルド・ルセナのクロスからヤンヘル・エレーラがヘディングシュートを決め、ベネズエラが先制に成功する。

リードを許した日本は4人目の交代として田川亨介を岩崎に代えて投入した。しかし、このままベネズエラが0-1で逃げ切り、ベスト8に進出した。

■言いたい放題FC東京 2767■
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1495954066/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:53 | 大阪 | Comment(4) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U20日本代表、ベネズエラに延長戦の末に0-1で敗れる…U20W杯をベスト16で終える まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】U20W杯、日本がベネズエラに0-1で敗北
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496140511/
堂安2016U20W杯ベネズエラ戦.jpg

1: チキン ★@\(^o^)/ 2017/05/30(火) 19:35:11.24 ID:CAP_USER9.net

U20代表、14年ぶり8強ならず 延長戦でベネズエラに屈する
スポニチアネックス 5/30(火) 19:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000143-spnannex-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:57 | 大阪 | Comment(12) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

U20日本代表、決勝Tの1回戦はベネズエラと対戦!30日17時キックオフ

【サッカー】<U-20W杯>ラウンド16進出の日本代表、無失点で3連勝のベネズエラ代表との対戦が決定!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495900582/
ベネズエラ2017U20代表.jpg

1: @Egg ★@\(^o^)/ (★) 2017/05/28(日) 00:56:22.78 ID:CAP_USER9.net

▽U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。

▽この結果、グループDで3位となったものの、他グループの3位チームと争う決勝トーナメント進出枠を確保し、ベスト16入りが決定。この結果、グループBを首位で通過したU-20ベネズエラ代表と対戦することが決まった。

▽ベネズエラは、U-20メキシコ代表、U-20ドイツ代表、U-20バヌアツ代表とグループBで同居。初戦のドイツ戦を2-0で制すると、第2節でバヌアツに7-0で勝利。最終節でもメキシコ相手に0-1で勝利し、グループステージ3試合を10得点無失点で突破している。

▽その他、ラウンド16では開催国のU-20韓国代表と逆転でグループステージ突破を決めたU-20ポルトガル代表の対戦が決定。日本と同じ3位チームながら決勝トーナメント進出を決めたU-20コスタリカ代表はグループAを首位で通過したU-20イングランド代表と対戦する。

◆U-20W杯 ラウンド16
▽5月30日(火)
《17:00》
U-20ベネズエラ代表 vs U-20日本代表
《20:00》
U-20韓国代表 vs U-20ポルトガル代表

▽5月31日(水)
《17:00》
U-20ウルグアイ代表 vs 3位(B/E/F)
《20:00》
U-20イングランド代表 vs U-20コスタリカ代表
U-20ザンビア代表 vs 3位(A/B/F)

▽6月1日(木)
《16:30》
U-20メキシコ代表 vs グループF・2位
《20:00》
グループE・1位 vs U-20イタリア代表
グループF・1位 vs グループE・2位

超ワールドサッカー / 2017年5月28日 0時16分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_277941/

写真
https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/webultrasoccer/webultrasoccer_277941_0-enlarge.jpg

FIFA ベネズエラ
http://www.fifa.com/u20worldcup/teams/team=1889507/index.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:56 | 大阪 ☁ | Comment(6) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、負傷の小川航基のユニフォーム掲げる「あいつの分まで頑張る」(関連まとめ)

「あいつの分まで頑張る」…日本を救った堂安律、負傷離脱の小川に捧ぐ2得点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00591942-soccerk-socc
堂安2017U20W杯イタリア戦ゴール03.jpg


FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第3節が27日に行われ、U−20日本代表とU−20イタリア代表が対戦した。

 立ち上がりの3分、7分といきなり2失点を喫した日本だったが、22分に遠藤渓太のクロスから堂安律が決めて1点差とする。後半に入り50分、再び堂安が個人技でゴールネットを揺らし同点に追いつく。試合は2−2で終了。日本は勝ち点4でグループステージを3位となり、決勝トーナメント進出が決定した。

 試合後、2得点を挙げた堂安律がインタビューに応えている。

 率直な感想を問われると、開口一番「ホッとしています」と話した堂安。「立ち上がりはうまく入れず2失点してしまったんですけど、うまく立て直せて同点にすることができて良かったです」と続けた。

 1点目の場面について「遠藤選手がいいボールをくれたので、自分はなんとか足を伸ばしました」とコメント。そして、得意のドリブルで奪った同点弾については「あれは自分の特長なんで、ゴールできて良かったです」と振り返った。

 その2点目のゴールの後は、離脱が決定した小川航基のユニフォームを掲げた。「今まで一緒に戦ってきた仲間なんで、あいつの分まで頑張るという気持ちでピッチに立ったので、決勝トーナメントに行けてホッとしています」と心境を明かした。

 決勝トーナメント1回戦に向けては「また厳しい戦いが続くと思いますけど、しっかりとケアして次の試合に臨みたいと思います」とコメントしている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9054
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1495885063/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、FIFA公式が絶賛「暗闇に光を灯した」「スペシャルだった」「華麗な足裁きで翻弄」

【サッカー】U20代表 FIFA公式サイトが堂安律を称賛「スペシャル」「華麗な足さばき」「暗闇に光を灯した」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495892791/
堂安2017U20W杯イタリア戦ゴール04.jpg

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/05/27(土) 22:46:31.29 ID:CAP_USER9.net

「ハーフタイムを前に赤字を半分にした」。

[U-20ワールドカップ・グループステージ3節]日本 2-2 イタリア/5月27日/全南
 
 グループDの第3戦、日本とイタリアの激闘は2−2のドローに終わった。FIFA公式サイトがまず立てたのが、以下の3つの見出しだ。
 
「堂安律の踏ん張りで、日本が0−2から盛り返す」
「日本はベスト3位のひとつに確定し、ラスト16に進む」
「イタリアが開始10分で2発を叩き込む」
 
 称えたのは、日本の健闘だ。「得失点差で優位なイタリアは、開始10分で2点のリードを奪う理想的な展開。2位通過をほぼ手中に収めたかに思われた」と書き綴り、「だが、堂安律が暗闇に光を灯した。遠藤渓太の鮮やかなクロスを点で合わせ、キーパーのアンドレア・ザッカーニョの股間を抜いたのだ。ハーフタイムを前に赤字を半分にした」と表現した。
 
 さらに、「堂安はスペシャルだった。3人のイタリア人ディフェンダーがガンバ大阪の男の華麗な足さばきに翻弄された」と、50分の同点弾を報じた。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170527-00026186-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:50 | 大阪 ☀ | Comment(9) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U20日本、堂安2発でイタリアと2-2ドロー!守備の柱・中山雄太「試合の入りがまだまだ甘い」まとめその3(関連まとめ)

【U-20】3戦連続の先制点献上… 守備の柱・中山雄太は「試合の入りがまだまだ甘い」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170527-00026189-sdigestw-socc
中山2017U20W杯イタリア戦.jpg


[U-20ワールドカップ・グループステージ最終戦]日本 2-2 イタリア/5月27日/韓国・天安
 
 堂安律の会心の2ゴールによって、3位でグループステージ突破を決めた日本だが、一方で3試合連続の先制点を献上してしまったディフェンス面に関しては、いまだ不安の残る試合となってしまった。
 
 イタリア戦後、2試合連続でゲームキャプテンとして試合に臨んだ守備の柱である中山雄太は、「目標のグループリーグ突破を達成できたことに対して、嬉しく思います」と語ったうえで、試合を振り返って次のように述べている。
 
「早い段階で失点してしまったり、自分たちが苦しい状況にしてしまったなかでの試合運びは大変でした。結果として追いつけましたけど、課題の残る試合だったと思います」
 
 初戦の南アフリカ戦と同様、早い時間帯での失点を喫し、窮地に立たされた点は決勝トーナメントへ向けての大きな反省材料となるだろう。中山も「上に上がるためには失点を減らさないといけないですし、そのためにも試合の入りというところでまだまだ甘い部分がある。もう一度全員が気を引き締めていかないと、また苦しい状況で戦うことになると思う」と話しており、立ち上がりの戦い方が上位進出へのポイントになりそうだ。

☆☆☆柏レイソルスレッドPart1538☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1495803578/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:50 | 大阪 ☀ | Comment(0) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

U20日本、イタリアに追い付き2-2ドロー!遠藤渓太の絶妙クロスが反撃の狼煙に!まとめその2(関連まとめ)

U−20日本、W杯ベスト16進出! 堂安が躍動、2点差追いつきイタリアとドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00593289-soccerk-socc
堂安2017U20W杯イタリア戦ゴール02.jpg

FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第3節が27日に行われ、U−20日本代表とU−20イタリア代表が対戦した。

 4カ国ずつが6組に分かれて戦っている同大会のグループステージ。上位2チームに加え、3位の中から成績上位4チームの計16チームが決勝トーナメントへ駒を進めることとなる。

 日本は勝利、もしくは2点以上を奪っての引き分けなら決勝トーナメント進出が決定し、敗れた場合は他グループの結果次第という状況。一方のイタリアは引き分け以上ならグループステージ突破が決まる。

 日本の先発メンバーにはGK小島亨介、DF初瀬亮、冨安健洋、中山雄太、杉岡大暉、MF市丸瑞希、原輝綺、堂安律、遠藤渓太、FW岩崎悠人、田川亨介の11名が名を連ねた。

 試合は早い時間に動く。3分、浮き玉のパスで左サイドの裏に抜け出したアンドレア・ファビッリが鋭いボールを蹴り込むと、ゴール前に入ったリッカルド・オルソリーニがダイレクトで合わせ、イタリアが先制に成功した。

 さらに直後の7分、右サイドでFKを得たイタリアは、フランチェスコ・カッサータがゴール前ではなくペナルティエリア内右に柔らかいパスを出す。このボールに反応したジュゼッペ・パニコが右足のシュートをゴール左に流し込み、リードが2点に広がった。

 早い時間に2失点を喫した日本だが、その後は落ち着きを取り戻し、ボールを保持する時間が長くなる。そして迎えた22分、左サイドの遠藤が右足でゴール方向へ向かうクロスを供給すると、フリーで抜け出した堂安がダイレクトで合わせ、1点を返した。

 同点ゴールを狙う日本は41分、エリア手前右でパスを受けた市丸が左足ミドルを放つ。低い弾道のシュートは枠の右下を捉えたが、ここはGKのセーブに阻まれた。前半はこのまま2−1で折り返す。

 後半立ち上がりの50分、日本はエリア手前右の堂安がドリブルを仕掛け、3人のDFをかわしながらゴール前に侵入。左足で狙ったシュートがDFに当たりながらゴールへ転がり込み、試合は振り出しに戻った。

 その後は互いに失点をしないために慎重な試合運びとなり、なかなか決定機が生まれないまま時間が進む。結局スコアが動かないままタイムアップを迎え、試合は2−2の引き分けに終わった。

 この結果、イタリアは2位で決勝トーナメントへの進出が決定。また、3位となった日本も、すでに最終節を終えているA組3位のアルゼンチン、B組3位のドイツの成績を上回ったため、グループステージ突破が決まった。

 日本は決勝トーナメント1回戦でU−20ベネズエラ代表、もしくはU−20イングランド代表と対戦する。

【スコア】
U−20日本代表 2−2 U−20イタリア代表

【得点者】
0−1 3分 リッカルド・オルソリーニ(イタリア)
0−2 7分 ジュゼッペ・パニコ(イタリア)
1−2 22分 堂安律(日本)
2−2 50分 堂安律(日本)

☆Passion+One☆サガントス第582幕☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1495470821/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:24 | 大阪 ☀ | Comment(2) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング