アンテナ・まとめ RSS

ユース世代

岡山学芸館、選手権初優勝!岡山県勢で初!東山に一時追い付かれるも木村匡吾2ゴールで3-1勝利 全国高校サッカー選手権決勝(関連まとめ)

【高校サッカー】選手権決勝 岡山学芸館が県勢初の選手権制覇! 東山は一度追いつくも初優勝ならず  [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1673247779/
岡山学芸館2023選手権決勝.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/01/09(月) 16:02:59.13 ID:XRKtZEYK9.net

第101回全国高校サッカー選手権大会決勝が9日に行われ、岡山学芸館(岡山)と東山(京都)が対戦した。

 今大会の決勝は、どちらも初の決勝進出で初優勝を目指すチーム同士の対決となった。立ち上がりから両チームともにロングボールが多くなる慎重な入りとなった試合は、25分に今井拓人が右サイドをドリブルで駆け上がりグラウンダーで折り返すと、戻りながら対応した新谷陸斗がこれをクリアし切れず、ボールはそのままゴールの中へ。思わぬ形で岡山学芸館が先制に成功した。

 追いかける東山は44分、左サイド高い位置で仕掛けた北村圭司朗がマイナス方向に落とすと、駆け上がった真田蓮司がペナルティアーク付近から右足ダイレクトシュートを放ち、これがバーに当たりながらネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。

 後半に入り再び試合を動かしたのは岡山学芸館だった。52分、左サイドをオーバーラップした中尾誉が左足でクロスを上げると、木村匡吾が頭で叩き込み、勝ち越しに成功した。

 69分には東山の清水楓之介が強烈なシュートを放ったものの、ボールはGK平塚仁がセーブ。さらに74分には阪田澪哉がヘディングシュートでゴールに迫ったが、ボールは惜しくもクロスバーに跳ね返され、追いつくことはできなかった。

 すると、84分には右サイドのロングスローからボールが逆サイドへとこぼれると、待っていた木村が右足ボレーで合わせ、岡山学芸館はリードを2点に広げた。

 試合はこのまま終了。勝利した岡山学芸館が岡山県勢初の選手権制覇を成し遂げた。

【スコア】
岡山学芸館 3−1 東山

【得点者】
1−0 25分 オウンゴール/新谷陸斗(岡山学芸館)
1−1 44分 真田蓮司(東山)
2−1 52分 木村匡吾(岡山学芸館)
3−1 84分 木村匡吾(岡山学芸館)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c69672b742937cf91b59c0aff4d9144496e2545


※一部レスを追記しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:25 | 大阪 ☀ | Comment(15) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東山、PK戦の末に大津下し初の選手権決勝進出!GK佐藤瑞起がPK2本ストップ(関連まとめ)

【高校サッカー】東山がPK戦で大津を破り初の決勝進出…先制許すも松橋啓太のゴールで同点、GK佐藤瑞起が2本をセーブ [マングース★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1673077408/
東山2023選手権準決勝PK戦.jpg
1: マングース ★ 2023/01/07(土) 16:43:28.04 ID:cAdcjReQ9.net

◆第101回全国高校サッカー選手権 ▽準決勝 大津1−1(PK2−4)東山(7日、国立競技場)

東山が激戦を制して初の決勝進出を決めた。 先制点を奪ったのは大津だった。
前半39分に 井伊虎太郎がゴールをこじ開けた。そのまま前半を折り返すと後半も主導権を握ったが、東山も諦めなかった。後半18分には松橋啓太が同点ゴールを決めて1−1に追いついた。その後は一進一退の内容で試合が推移したが互いにゴールネットを揺らすまでには至らず。そのままPK戦に突入した。

福重良一監督「あと1試合できることが子どもたちのおかげ、感謝しています。チャンスの後に失点してしまったが、そのまま崩れることなくハーフタイムに話をしてしっかりと東山らしくサッカーしようと言った。PK戦では佐藤が活躍してくれてほんとうに感謝しています」GK佐藤瑞起「前半に失点してしまって僕らのチームは追いついてくれると信じていた。PKになったけど追いつくんだと信じていた。クラス、学校のみんなが来てくれた。

来てくれたからには絶対いい思いをさせてあげたかった。 僕たちは日本一になるためにやってきた。勝って日本一になりたい」

1/7(土) 16:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c158648492ee38bd6afa9833cfefb0fd07ad386


東山が初の決勝進出! 大津に先制されるも後半に追いつき、PK戦で勝ち抜く【準決勝】
https://news.yahoo.co.jp/articles/f202990a52cff518824f7ca4e48adf86fd6fae25

 PK戦では、先攻の大津の2人目と4人目のキックを、東山GK佐藤が見事にセーブ。キッカー4人全員が決めた東山が初の決勝進出を決めた。1月9日の決勝では、同じく初の決勝進出を果たした岡山学芸館(岡山)と初優勝を懸けて激突する。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 🌁 | Comment(5) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山学芸館、PK戦の末に神村学園を下し初の決勝進出!全国高校サッカー選手権準決勝(関連まとめ)

【高校サッカー準決勝】岡山学芸館が神村を破り初の決勝進出!岡山県勢史上初の優勝に王手、3対3の激闘の末PK戦制する [マングース★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1673068912/
岡山学芸2023選手権準決勝PK戦.jpg
1: マングース ★ 2023/01/07(土) 14:21:52.53 ID:bpXCqFCR9.net

第101回全国高校サッカー選手権は7日、準決勝の2試合が国立競技場で行われ、初のベスト4入りを果たした岡山学芸館(岡山)が神村学園(鹿児島)をPK戦(4−1)で制し、岡山県勢初の優勝に王手をかけた。

決勝は9日に行われる。

◆岡山学芸館(岡山)3ー3(PK:4−1)神村学園(鹿児島)

開始早々の前半6分に岡山の田口裕真(2年)が左サイドからのクロスに合わせ先制のゴール。だが37分には神村の福田師王(3年)に2試合連続となるゴールを決められ、前半は1ー1の同点で折り返した。
 
後半は神村のフリーキックでキャプテン大迫塁(3年)が直接狙い、ディフェンダーに当たってわずかにコースが変わるも逆転ゴールを挙げた。しかしその2分後、岡山の今井拓人(3年)がキーパー手前でパスを受け、振り向きざまにシュートを放ち2ー2の同点に。後半24分に神村はコーナーキックから中江小次郎(3年)のヘディングで勝ち越しに成功したが、岡山が後半28分、岡本温叶(3年)のミドルシュートで再び同点に追いついた。
終盤もお互いに譲らず決着はPK戦へ。

【PK戦 岡山学芸館4−1神村学園】

1人目 岡山・岡本〇、神村・大迫〇
2人目 岡山・木村〇、神村・西丸×
3人目 岡山・山田〇、神村・福田×
4人目 岡山・井上〇

1/7(土) 14:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b91418708a9fdd81ea920a2ffba3aba3b5e0f503



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 🌁 | Comment(11) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神村学園、福田師王決勝ゴールで青森山田に逆転勝利しベスト4進出!東山はPK戦の末に日体大柏下し4強進出 全国高校サッカー選手権準々決勝(関連まとめ)

【高校サッカー】選手権準々決勝 神村学園、青森山田を撃破!大津、東山、岡山学芸館も4強入り [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672816323/
福田師王2023選手権準々決勝試合後.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/01/04(水) 16:12:03.06 ID:RFG+55iJ9.net

 1月4日、第101回全国高校サッカー選手権の準々決勝が行われ、4強が決定した。

 名門・国見(長崎)にPK戦の末に勝利した前回王者の青森山田(青森)とボルシアMG内定のFW福田師王とセレッソ大阪内定のMF大迫塁を擁する神村学園(鹿児島)の一戦は福田の逆転弾により2-1で神村学園が勝利し準決勝進出を決めた。夏冬連覇を目指す前橋育英(群馬)と対戦した前回大会準優勝の大津(熊本)はPK戦の末に勝利した。

【フォトギャラリー】準々決勝試合風景

 2年連続8強のセレッソ大阪入団内定のMF阪田澪哉を擁する]東山(京都)と柏レイソル加入内定のFWオウイエ・ウィリアム擁する初出場の日体大柏の一戦はスコアレスのままPK戦に突入。これを制した東山が国立への切符を手にした。また、佐野日大(栃木)と対戦した岡山学芸館(岡山)は4-0で快勝し初の4強入りを決めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/53f7f7fb360014a8daef55e6cc27314b65047b14



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:01 | 大阪 ☀ | Comment(4) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山学芸館、佐野日大に4-0完勝し初のベスト4進出!大津はPK戦の末に前橋育英下し4強進出 全国高校サッカー選手権準々決勝(関連まとめ)

【高校サッカー】選手権準々決勝 岡山学芸館が初のベスト4進出! 前橋育英はPK戦の末に大津に敗れる [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672808321/
岡山学芸館2023選手権準々決勝.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/01/04(水) 13:58:41.02 ID:RFG+55iJ9.net

 第101回全国高校サッカー選手権大会準々決勝の試合が4日に各地で開催された。12時5分キックオフのカードとしては2試合が行われた。

【決勝トーナメント表】第101回全国高校サッカー選手権大会 <組み合わせ>

 夏のインターハイ王者である前橋育英(群馬)は、前回大会準優勝の大津(熊本)と対戦した。両者1歩も譲らない一進一退の攻防が続く中、後半に小池直矢が退場。数的不利となった前橋育英はなんとかPK戦に持ち込んだが、5人全員が決めた大津が勝利してベスト4に駒を進めた。


 岡山学芸館(岡山)対佐野日大(栃木)は、12分に岡山学芸館が先制すると、53分と72分に追加点を奪取。さらに試合終了間際にはPKを決め、佐野日大を4-0で下して初の準決勝進出を決めた。

 12時5分キックオフで行われた準々決勝2試合の結果は以下の通り。

岡山学芸館(岡山)4-0 佐野日大(栃木)
前橋育英(群馬)0-0(PK4-5)大津(熊本)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fda43230142dc9431ffd8eadcd9c06a7c2fe417c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森山田、PK戦の末に国見下し8強進出!神村学園と対戦へ!前橋育英は昌平に勝利し大津と対戦!全国高校サッカー選手権3回戦(関連まとめ)

8強出揃う…準々決勝では青森山田vs神村学園、前橋育英vs大津など実現/第101回全国高校サッカー選手権3回戦
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ac7414e02f1fab43a7b8881a338f79f14e75243
青森山田2023選手権3回戦.jpg

 第101回全国高校サッカー選手権3回戦が2日、関東各地の会場で開催された。

 夏冬連覇を目指す前橋育英は、昌平との強豪校対決で2−1の逆転勝利。準々決勝では、日本文理に3−0で勝利した前回準優勝の大津と対戦する。

 日体大柏は柏レイソル加入内定のオウイエ・ウイリアムの先制弾を守り切って飯塚を撃破。初出場同士の対決を制して8強にコマを進めた。その日体大柏と準々決勝で対戦するのは東山。開始1分で先制すると、後半にリードを広げて高川学園を破り、2大会連続となるベスト8進出を果たした。

 残りの4試合は、いずれもPK戦までもつれる激闘となった。前回王者の青森山田は国見と対戦。前半終了間際に先制すると、後半に追いつかれる。それでも、PK戦では途中出場のGK鈴木将永が活躍し、青森山田が名門対決を制した。

 日大藤沢vs神村学園は、清水エスパルス加入内定の森重陽介のゴールで日大藤沢が先制したものの、神村学園がすぐに追いつく。試合は1−1で終了し、ボルシアMG加入内定の福田師王らキッカー5人全員が成功した神村学園がベスト8に進んだ。

 佐野日大は“優勝候補”履正社の猛攻を耐え凌ぎ、PK戦を制して準々決勝進出。岡山学芸館と國學院久我山の一戦はスコアレスドローに終わり、岡山学芸館がPK戦の末に初の8強入りを果たした。

 国立競技場で戦える4強の座をかけた準々決勝は、1月4日に等々力陸上競技場と浦和駒場スタジアムで開催される。3回戦の全結果と準々決勝の組み合わせは以下の通り。

【試合結果】
日大藤沢(神奈川) 1−1(PK戦:3−5) 神村学園(鹿児島)
佐野日大(栃木) 1−1(PK戦:5−4) 履正社(大阪)
日体大柏(千葉) 1−0 飯塚(福岡)
昌平(埼玉) 1−2 前橋育英(群馬)
青森山田(青森) 1−1(PK戦:4−2) 国見(長崎)
岡山学芸館(岡山) 0−0(PK戦:5−3) 國學院久我山(東京A)
高川学園(山口) 0−2 東山(京都)
日本文理(新潟) 0−3 大津(熊本)

【準々決勝の対戦カード】
青森山田 vs 神村学園
佐野日大 vs 岡山学芸館
東山 vs 日体大柏
前橋育英 vs 大津


【高校サッカー選手権】前橋育英、日体大柏などが8強進出! 注目の神村学園は準決勝かけて王者・青森山田と激突へ [マングース★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672644700/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の王者・前橋育英、昌平に逆転勝利!神村学園、佐野日大はPK戦の末に勝利 日体大柏は飯塚に勝利 選手権3回戦(関連まとめ)

【高校サッカー】選手権3回戦 夏の王者・前橋育英を逆転で昌平を撃破! 初出場の日体大柏、神村学園、佐野日大もベスト8への切符を掴む [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672635537/
前橋育英2023選手権3回戦勝利.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/01/02(月) 13:58:57.22 ID:ugr0pSk29

[高校選手権3回戦]1月2日(月)

 1月2日、第101回全国高校サッカー選手権・3回戦の第1試合4ゲームが開催され、まずは前橋育英、日体大柏、神村学園、佐野日大の4チームが準々決勝進出を決めた。

 昌平vs前橋育英の優勝候補対決は、いきなり開始3分に動く。昌平は相手GKが飛び出しところをFC東京内定のMF荒井が右足ミドルで蹴り込んで先制。するとその10分後、前橋育英は裏へ抜け出したFW山本が同点弾を挙げてすぐさま追いつく。実力伯仲の攻防戦が繰り広げられた。

 次の1点を奪ったのは前橋育英だった。後半10分、右サイドをえぐったMF小池のグラウンダーのクロスをMF青柳が落ち着いてゴールに流し込んで逆転に成功。上州のタイガー軍団はこのリードを最後まで守り抜き、2−1で準々決勝に駒を進めた。

 初出場同士の顔合わせとなった日体大柏vs飯塚は、前半19分、日体大柏の柏内定FWオウイエが相手のパスをカットして持ち込んで均衡を破る。その後は攻撃力が持ち味の両チームらしく互いに激しく攻め合うも決め切れず。終盤の飯塚の猛攻を凌ぎ切った日体大柏が1−0で競り勝っている。

 日大藤沢vs神村学園はスコアレスのまま後半へ。迎えた11分、日大藤沢は清水内定のエースFW森重がCKから打点の高いヘッドでゴールをこじ開ける。だが神村学園も負けていない。その4分後にDF大川が味方のシュートのコースを変えて同点ゴールとした。試合は引き分けのままPK戦へ。神村学園が5−3でこれを制した。

 同じく後半になってゲームが活性化したのが履正社vs佐野日大だ。後半2分、佐野日大がロングスローの流れからDF青木が押し込んで先手を取ると、同20分、履正社はエリア内で個人技を見せた川崎内定MF名願が豪快に同点弾をねじ込んだ。こちらも決勝点は生まれずにPK戦へ突入。佐野日大が5−4でモノにして凱歌を上げた。
 
3回戦・第1試合の結果は以下の通りだ。

【1月2日/3回戦・第1試合】
神村学園(鹿児島) 1(5PK3)1 日大藤沢(神奈川)
佐野日大(栃木) 1(5PK4)1 履正社(大阪)
日体大柏(千葉) 1-0 飯塚(福岡)
前橋育英(群馬) 2-1 昌平(埼玉)

構成●高校サッカーダイジェスト編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2887368e942cdaf42ddac026bb0b21232f0ae0d



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:57 | 大阪 ☁ | Comment(3) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国見、2戦連続PK戦で勝利し17大会ぶり2回戦突破!大津も浜松開誠館とのPK戦で勝利!履正社は大量6得点で大勝 全国高校サッカー選手権2回戦(関連まとめ)

【サッカー】全国高校サッカー選手権 国見が17大会ぶりの2回戦突破。履正社は大量6得点で大勝 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672470712/
国見2022選手権2回戦PK戦勝利.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/12/31(土) 16:11:52.11 ID:+qZOoAS/9.net

第101回全校高校サッカー選手権大会2回戦の試合が31日に各地で開催された。14時10分キックオフのカードとしては8試合が行われた。

【決勝トーナメント表】第101回全国高校サッカー選手権大会 <組み合わせ>

 12年ぶり24回目の出場の国見(長崎)は、尚志(福島)と対戦した。


 国見は試合序盤から尚志に押し込まれる時間が続いたが、80分間集中した守備でゴールを死守。無失点に抑え、1回戦に続きPK戦を制して17大会ぶりの2回戦突破を決めた。

 その他、履正社(大阪)は盛岡商(岩手) に6-0、東山(京都) は聖和学園(宮城)4-0、前橋育英(群馬)は四国学院大学香川西(香川)に6-1の大勝を収めた。

 14時10分キックオフで行われた2回戦8試合の結果は以下の通り。

近大和歌山(和歌山) 1-3 國學院久我山(東京)
明桜(秋田) 0-1 飯塚(福岡)
浜松開誠館(静岡) 1-1(PK3-4) 大津(熊本)
尚志(福島) 0-0(PK3-4) 国見(長崎)
日大藤沢(神奈川) 2-1 米子北(鳥取)
盛岡商(岩手) 0-6 履正社(大阪)
東山(京都) 4-0 聖和学園(宮城)
前橋育英(群馬) 6-1 四国学院大学香川西(香川)

https://news.yahoo.co.jp/articles/08a35e1cea1a2d94cd7d73813adbbfe3d83eeb91



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:03 | 大阪 ☀ | Comment(4) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神村学園、福田師王の独走ドリブルゴールなど山梨学院に競り勝ち!前大会王者青森山田が2回戦突破!日本文理は終了間際に決勝弾 全国高校サッカー選手権2回戦(関連まとめ)

【サッカー】全国高校サッカー選手権 前大会王者青森山田が2回戦突破。日本文理は終了間際に決勝弾 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672464235/
福田2022選手権2回戦シュート.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/12/31(土) 14:23:55.80 ID:+qZOoAS/9.net

第101回全校高校サッカー選手権大会2回戦の試合が31日に各地で開催された。12時5分キックオフのカードとしては8試合が行われた。

 前大会王者の青森山田(青森)は、2年ぶり17回目の出場の広島皆実(広島)と対戦した。
 青森山田は試合開始から主導権を握ったが、広島皆実の堅守を崩せず前半はスコアレスで終了した。だが、後半開始早々に敵陣ペナルティーエリア左脇でFKを得ると、インスイングのボールに頭で合わせて先制点をゲット。追加点を奪うことはできなかったが、前回王者が1-0で勝利を収めた。

 その他、日本文理(新潟)対成立学園(東京)は、後半アディショナルタイムに日本文理が決勝点を決めて1-0で勝利。昌平(埼玉) は近江(滋賀)に3-1、高川学園(山口)は富山第一(富山)に2-0でそれぞれ勝利を収めた。

 12時5分キックオフで行われた2回戦8試合の結果は以下の通り。

青森山田 1-0 広島皆実
山梨学院 2-3 神村学園
佐野日大 1-0 奈良育英
鹿島学園  2-3 岡山学芸館
高川学園 2-0 富山第一
丸岡 0-2 日体大柏
昌平 3-1 近江
成立学園 0-1 日本文理

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a4ef2f8ae48128b18b2fe750e33cf900612cfcc


【高校サッカー】「バケモンすぎる」神村学園のエース福田師王が魅せた衝撃弾にファン驚愕!「ちょっと笑っちゃうくらい凄かった」 [マングース★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672466878/

1: マングース ★ 2022/12/31(土) 15:07:58.31 ID:71qI7agK9.net

解説の城も「うわー、強い!凄い!きた!きた!」

[高校選手権2回戦] 山梨学院2−3神村学園/12月31日(土)/等々力陸上競技場

「なんだこれ…」「えぐすぎい」など驚嘆の声!

卒業後のドイツ1部ボルシアMG入団が確定している“絶対エース”の豪快な一撃が衝撃を与えた。

今大会初戦となった神村学園(鹿児島)は山梨学院(山梨)と対戦。前半36分のMF笠置潤の得点で、1−1に追いついた直後の同38分だった。

FW福田師王は縦パスを受けると、マークしていた相手ディフェンダーを反転して振り切り突進。そのままペナルティエリア内に侵入すると、左足を振り抜いてゴールに突き刺した。ハイレベルなプレーに、試合を生中継していた日テレジータスで解説を務めた元日本代表FWの城彰二氏も「うわー、強い!凄い!きた!きた!」とコメント。ゴールシーンを高校サッカー日テレ公式のツイッターが公開すると、ファン・サポーターからは「ヤバいわ」「バケモンすぎる」「なんだこれ…」「福田師王えぐすぎい」「すんげえ」「ちょっと笑っちゃうくらい凄かった」などの声が上がった。
試合は、神村学園が3−2で勝利。
1月2日に日大藤沢(神奈川)と米子北(鳥取)の勝者と対戦する3回戦へ駒を進めた。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6449298
12/31(土) 13:56 Yahoo!

https://i.imgur.com/iv6AwHC.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「和製ハーランド」森重陽介、圧巻ヘッド2発!清水内定の198cm 日大藤沢の2回戦進出に貢献 全国高校サッカー選手権(関連まとめ)

【高校サッカー】日大藤沢 1m98の“和製ハーランド”森重が圧巻ヘッド2発!後半途中からCBで二刀流披露 [マングース★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672295606/
森重陽介2022選手権1回戦.jpg
1: マングース ★ 2022/12/29(木) 15:33:26.42 ID:mBKtwL9y9.net

◇第101回全国高校サッカー第2日・1回戦 日大藤沢2―0西原(2022年12月29日 等々力)

1メートル98の長身を誇る日大藤沢のエースFW森重陽介(18)が、圧巻のヘディング2発でチームを勝利に導いた。前半13分に右クロスを右足で合わせ、DFに当たって跳ね返ったボールを自ら頭で押し込み先制。後半3分には右クロスに対し2人のDFに囲まれながらも、一際高い打点で再びネットを揺らした。後半14分からはセンターバックに移り、FWとDFをこなす“リアル二刀流”を披露。

その1分後に右ふくらはぎがつって同17分に交代となったが、試合後は「つっただけ。次も問題ない」と強調し、「チームの目標は優勝。個人としてもどんどん点を取っていきたい」と先を見据えた。J2清水入りが既に内定。背番号19は「去年、XLのサイズがあった唯一のユニホームだった」との理由で選択し、さらに体が大きくなった今年は「3XL」という規格外のストライカーだ。

中学時代はセンターバックほか、サイドバックでもプレーしていたようで、長身ながら高い足元の技術を誇る。プロ入り後は「FWで勝負したい」という森重。好きなチームは英プレミアリーグのマンチェスターC。
「毎試合、1点は取りたい。アシストだったり、点につながるプレーしていきたい」。“和製ハーランド”が神奈川県勢初の選手権制覇へとチームをけん引する。

https://i.imgur.com/uk2DwYH.jpg

12/29(木) 15:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3e0c3640e82cf09845665ae8505e28315c4b58a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(21) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国高校サッカー選手権、組み合わせが決定!12大会ぶり国見は北海と対戦!夏の総体覇者の前橋育英は日章学園と対戦(関連まとめ)

【高校サッカー】【高校サッカー】12大会ぶり国見は北海と初戦 総体V前橋育英は日章学園 組み合わせ決定 [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669017514/
青森山田2021年選手権大会優勝.jpg
1: 征夷大将軍 ★ 2022/11/21(月) 16:58:34.55 ID:fAKZNouB9

国高校サッカー選手権(12月28日開幕)の組み合わせ抽選会が21日、都内で行われた。新型コロナウイルスの感染対策のため、オンラインによる抽選となった。

12大会ぶり24回目の出場となった名門・国見(長崎)は、1回戦となる初戦で北海(北海道)と対戦。夏の全国総体覇者の前橋育英(群馬)は、日章学園(宮崎)と、独創的なセットプレーを武器にする立正大淞南(島根)は、日本文理(新潟)との対戦が決まった。

日刊スポーツ2022年11月21日15時50分
https://www.nikkansports.com/soccer/news/202211210000905.html

トーナメント表
https://www.nikkansports.com/soccer/photonews/photonews_nsInc_202211210000905-0.html


2022高校サッカー選手権組み合わせ.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U19日本代表、U18スペイン代表を撃破!数的不利で松木玖生と中井卓大でダブルボランチ形成(関連まとめ)

【サッカー】U-19日本代表がU-18スペインを撃破! 熊取谷が先制点、数的不利でキャプテン松木&ピピ中井がダブルボランチ形成 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1668946722/
松木U19日本代表.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2022/11/20(日) 21:18:42.91 ID:yXj6NvvL9.net

[11.19 国際親善試合 U-19日本 1-0 U-18スペイン スペイン]

 U-19日本代表は19日、欧州遠征の第2戦でU-18スペイン代表と対戦し、1-0で勝利。MF熊取谷一星(明治大)が決勝ゴールを挙げた。

17日のU-19スロバキア代表戦は3-2で勝利した日本。第2戦のU-18スペイン代表では先発を6人変更。布陣も3-4-2-1から4-3-3に変えた。GKは若林学歩(大宮)、4バックは左からDF松田隼風(水戸)、DF田中隼人(柏)、DF菊地脩太(長崎)、DF屋敷優成(大分)。中盤3枚はアンカーにMF福井太智(鳥栖U-18)で、
インサイドハーフにMF中井卓大(レアル・マドリー)とMF松木玖生(FC東京)。前線3枚は左から熊取谷、FW熊田直紀 (FC東京U-18)、MF甲田英將(名古屋)が入った。キャプテンマークは松木が巻いている。

前半13分、日本が先制点を奪う。後方からパスを受けた松田がゴール方向へドリブル。PA付近で奪われるが、熊田、甲田、屋敷が最前線から即時奪回を試みる。甲田が奪い切ってPA右の深い位置から折り返すと、ニアサイドに詰めた熊取谷がワンタッチでゴールに流し込んだ。

 1-0とリードした日本だが、前半終了間際に福井が2度目の警告を受けて退場処分。ハーフタイムには田中、松田、甲田に代わってDF諏訪間幸成(筑波大)、DF中野伸哉(鳥栖)とMF永長鷹虎(川崎F)が投入された。布陣を4-4-1に変更し、永長は右サイドハーフに入り、松木と中井がボランチでコンビを組んだ。

日本は後半11分に2枚替え。中井と松木が下がり、MF山根陸(横浜FM)とMF佐野航大(岡山)がボランチの位置に入る。同23分には熊取谷、熊田、屋敷が下がり、DF西久保駿介(千葉)、MF保田堅心(大分U-18)、FW坂本一彩(G大阪)が途中出場。西久保は右SB、保田はボランチ、坂本は1トップで起用。佐野は左サイドハーフに移動した。

 数的不利の中でも拮抗状態に保つ日本は、大きなピンチを迎えずに守備で高い集中力を発揮。逆に、後半35分には敵陣内でチャンスも作る。右CKの流れから永長がこぼれ球を拾い、敵陣内でカットイン。左足シュートはブロックされるが、
こぼれ球を保田が右サイドにつなぐ。佐野のダイレクトクロスを諏訪間がヘディングシュートも、わずかにゴール上に逸れていった。

後半38分には菊地が下がり、DF高井幸大(川崎F U-18)が入る。終盤は緻密な守備ブロックと、少ない人数でのカウンターで逃げ切りに成功。1-0で勝利を収めて連勝を果たした。21日には遠征最終戦でU-19フランス代表と対戦する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/061dc5eee027bb0b39d1ecffbefaefe67fc67b32



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)