アンテナ・まとめ RSS

五輪代表

東京五輪、サッカーOA枠は吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航が最有力!「死の組」突破へ守備力を重視(関連まとめ)

【サッカー】東京五輪OA枠は吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航が最有力候補…「死の組」突破へ守備力を重視 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1619552166/
吉田酒井遠藤日本代表.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2021/04/28(水) 04:36:06.79 ID:CAP_USER9.net

東京五輪に出場するU―24日本代表のオーバーエージ(OA)枠に、DF吉田麻也(32)=サンプドリア=、酒井宏樹(31)=マルセイユ=、MF遠藤航(28)=シュツットガルト=が最有力候補に挙がっていることが27日、関係者の話で分かった。森保一監督(52)は五輪1次リーグ(L)の組み合わせを受け、OAの選考を本格化。現状でこの3人を優先的に考えているという。

 森保監督は3人まで起用できるOAに「A代表の主軸で絶対的な戦力(個の力)」「チームを引っ張る存在」を求め、人選を進めてきた。吉田は2008年北京五輪に出場し、12年ロンドン五輪にはOAで参戦。主将として4強に導いた。森保ジャパンでも主将としてリーダーシップを発揮している。また、酒井は2度のW杯に出場。A代表で中堅世代の遠藤も16年リオ五輪に主将で臨み、18年ロシアW杯を経験し、森保ジャパンでは欠かせない存在になった。共通するのは世界と渡り合える守備力。そして、若手の手本となる立ち居振る舞いができる点だ。

 日本は1次Lで南アフリカ、メキシコ、フランスと対戦する。特にメキシコ、フランスは攻撃力があり、突破するためには守備力が求められる。当初は攻撃の底上げを期待し、候補に名を連ねていたFW大迫勇也(30)=ブレーメン=は戦術的理由などで、序列を下げざるを得なかったという。

 五輪では所属クラブに派遣義務がなく、招集は交渉となる。3人についても同様で、交渉などを総合的に見極めて選考を進めていく。森保ジャパンの守備力を支える3人が、金メダル獲得のために招集される可能性が高まってきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/18d1da9e8650f118f780086d72eea456e3207adb
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210428-04271173-sph-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森保監督、東京五輪OA枠は「A代表でコアなメンバー」「経験値高く支えてくれる選手」

【サッカー】森保監督 五輪OA枠は「A代表でコアなメンバー」「経験値高く支えてくれる選手」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1618998010/
森保監督代表会見.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/04/21(水) 18:40:10.24 ID:CAP_USER9.net

 サッカーU−24日本代表と女子代表なでしこジャパンが出場する東京五輪の組み合わせ抽選会が21日、スイス・チューリッヒで行われた。7大会連続11度目出場の開催国日本は1次リーグA組に入り、強豪国がそろう南アフリカ、メキシコ、フランスと同組になった。7月22日に味の素スタジアムで、南アフリカと開幕戦を行う。

 抽選を受けて森保一監督が会見に応じた。

 「厳しいグループだと思います。非常に力のあるグループとの対戦。1戦1戦われわれの持っている全てをぶつけていかないといけないと思っています。目標はグループリーグ突破ではない。勝ち抜いて目標に達するにはどのグループでどの対戦国となっても気持ちは変わらない」と抽選会を終えての感想を述べた。

 森保監督はオーバーエージ(OA)枠の採用を明言し、その候補像を語った。「絶対的な戦力になり得る選手だと思っています。A代表でコアなメンバーとして戦っている選手と考えていますし、より経験値が高く、試合を安定して戦える、オリンピックエージの選手が思いきって戦えるチームを支えてくれる選手をOAと考えていきたい。チームの状況を見て最終的に決めたいですね」と明かした。

 さらに「基本的にはオリンピックエージの選手には、『OAも含めて18人の日本代表の選考に入っている』と話していますし、より安定して闘うためにもOAは必要と考えています」と話した。

 男子の1次リーグ各組は以下の通り。

 【A組】日本、南アフリカ、メキシコ、フランス

 【B組】ニュージーランド、韓国、ホンジュラス、ルーマニア

 【C組】エジプト、スペイン、アルゼンチン、オーストラリア

 【D組】ブラジル、ドイツ、コートジボワール、サウジアラビア

 キックオフ時間を含めた競技スケジュールについては確定後、あらためて公表される。試合は東京、札幌、宮城、鹿島、埼玉、横浜で開催。男子決勝は8月7日に横浜国際総合競技場で、女子決勝は8月6日に国立競技場で行われる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f42f7dd87ffbb6cbd9df63d1b219c4f4eaf29006
4/21(水) 18:28配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 | Comment(17) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京五輪サッカー、男子日本代表はフランス・南アフリカ・メキシコと同組

【東京五輪】サッカー組み合わせが決定!男子はフランス・南アフリカ・メキシコと同組 [れいおφ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1618997432/
U-24日本代表2020コロンビア戦.jpg
1: れいおφ ★ 2021/04/21(水) 18:15:31.17 ID:CAP_USER9.net

東京オリンピックのサッカー男女の組み合わせ抽選会が21日にスイスで行われ、男子の日本代表はグループAで、フランス、メキシコ、南アフリカと同組になりました。
一方の女子の日本代表はグループEで、イギリス、カナダ、チリと同組になりました。

【サッカー男子の組み合わせ】

◇グループA
日本、南アフリカ、メキシコ、フランス

◇グループB
ニュージーランド、韓国、ホンジュラス、ルーマニア

◇グループC
エジプト、スペイン、アルゼンチン、オーストラリア

◇グループD
ブラジル、ドイツ、コートジボワール、サウジアラビア


【サッカー女子の組み合わせ】

◇グループE
日本、カナダ、イギリス、チリ

◇グループF
中国、ブラジル、ザンビア、オランダ

◇グループG
スウェーデン、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド


男子は、各組上位2チームが決勝トーナメントへ進出し、決勝戦は8月7日に行われます。
女子は、各組上位2チームと3位のなかで成績上位2チームが決勝トーナメントへ進出し、決勝戦は8月6日に行われます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f58c7f776b3c5907e8b0152038bb173bcc28c6e



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:56 | 大阪 | Comment(11) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京五輪日本代表OA枠、大迫勇也と吉田麻也が確実!残る1枠は柴崎岳か遠藤航か

【サッカー】五輪代表オーバーエージ枠に大迫勇也と吉田麻也 残る1枠は柴崎岳か遠藤航 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1617833667/
大迫と吉田.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/04/08(木) 07:14:27.10 ID:CAP_USER9.net

東京五輪日本代表が活用し、6月の活動から早期合流させる年齢制限外のオーバーエージ(OA)枠に、FW大迫勇也(30=ブレーメン)とDF吉田麻也(32=サンプドリア)を起用することが確実であることが7日、分かった。残る1枠はMF柴崎岳(28=レガネス)、MF遠藤航(28=シュツットガルト)の二者択一となっている。

A代表でも不動の1トップとして最前線に立つ大迫はポストプレーの安定感が際立つ、日本で唯一無二の存在。2列目で起用見込みのMF久保建英(19=ヘタフェ)、MF堂安律(22=ビーレフェルト)といったタレントと、すでにA代表でも共闘。大黒柱の役割を担う。

A代表の主将、吉田も大迫と同様に“当確”。08年北京、12年ロンドンに続き自身3度目、OAでは2度目となる。3月のA代表の活動には五輪世代のDF冨安健洋(22=ボローニャ)との連係をさらに深めるべく、日本協会は移動にチャーター機を用意するなどしてチームに合流させた。同時期に活動したU−24の練習を冨安とともに視察する予定もあった。結果的に視察は実現はしなかったが、A代表のセンターバック2人を五輪で起用できれば最終ラインは盤石となる。

最後の1枠は一時、柴崎がリードしていた。19年6月の南米選手権(ブラジル)では五輪世代が主体のA代表に加わるなどした。ここにきて遠藤の評価が急上昇。3月の代表戦でも存在感を放った。前回16年リオデジャネイロ五輪には主将で出場しており、本大会の経験もある点も心強い。

過去にOA候補としてDF昌子、DF植田らが検討された時期もあった。今後、所属クラブとの調整、けがなど未知数な部分はあるものの、4人までの絞り込みにメド。自国開催の五輪での金メダル獲得へ、A代表で不動のレギュラーたちが6月にそろって合流することになる。

https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202104070000853.html
2021年4月8日4時0分



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(31) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ三笘薫はアルゼンチンを抜けなかったのか。内田篤人の見解は?「久保くんと違うのは…」

【サッカー】なぜ三笘薫はアルゼンチンを“抜けなかった”のか。内田篤人の見解は?「久保くんと違うのは…」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1617408172/
三笘と内田.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/04/03(土) 09:02:52.52 ID:CAP_USER9.net

佐藤寿人氏も三笘と久保のパフォーマンスを比較

 元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNの冠番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』のなかで、U-24アルゼンチン代表と2試合を戦ったU-24日本代表について言及した。

 東京五輪でのメダル獲得を目指すU-24日本代表は、3月26日に行なわれた初戦を0−1で落したものの、北九州で行なわれた3日後の第2戦では林大地(サガン鳥栖)の先制ゴールと板倉滉(フローニンヘン)のヘッド弾2発で3−0の快勝。南米の強豪を相手にリベンジを果たしている。

 内田氏はまず初戦について、「アルゼンチンが南米っぽいなぁ、と。シンプルに裏をとってきて、ゴリゴリ前に出て、球際でガシャガシャやって…それで終わっちゃった」と分析。続く2戦目は「(日本が)改善されて、逃げずに下がらずに前へ出て、守備も安定していた。点が入れば落ち着くよね」と評価した。
 
 今回の2連戦で注目を集めたのが、Jリーグで“無双状態”にある三笘薫(川崎フロンターレ)と19歳にして五輪代表の主軸を担う久保建英(ヘタフェ)の初共演だ。

 内田氏から、「三笘選手と久保くんはどうでした?」と問われたゲストの元日本代表FW佐藤寿人氏は、次のように印象を語った。

「Jリーグでほとんど止められることがない三笘選手が、あれだけボールを奪われた。逆にこれで彼がどう進化していくのかすごく楽しみ。久保選手はボールを取られることは少ないですし、仕掛けたらほぼほぼ外せる」

 すると、内田氏はその理由について「慣れだと思うんですよね」と切り出し、こう続けている。

「久保くんは外国人慣れしているから、南米だろうがヨーロッパだろうか、(ボールを奪いに)来たら、こんな感じねってパパーンと(抜ける)。三笘くんの場合は…Jリーグでやるのと海外の外人とやるのは違うから。どっちが上とかじゃなくて質が違う」

 そして、佐藤氏に同調し、「(この試合を受けての)リアクションが大事ですよね」と締めくくった。

 アルゼンチン戦を経て、三笘がどんな成長を見せるのか。再開後のJリーグでのプレーにますます注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


https://news.yahoo.co.jp/articles/44d3e311ad79ff8635d5c38eeb5eadf28ca53746
4/2(金) 17:46配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(15) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本、アルゼンチンとの2戦目は3-0快勝!瀬古歩夢、芸術先制アシストは「自分の直感で出しました」まとめその4(関連まとめ)

【U24日本代表】瀬古歩夢、アルゼンチン撃破の芸術的先制アシストは「直感」 おしゃれ度満点の右アウト
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2f539c24a07a4559c37eb063c41cae31741448f
瀬古20-21アルゼンチン戦第2戦.jpg


◆国際親善試合 ▽U−24日本代表 3―0 U−24アルゼンチン代表(29日、ミクニワールドスタジアム北九州)

 U―24日本代表は、U―24アルゼンチン代表に3―0で快勝し、0―1で敗れた第1戦(26日)のリベンジを果たした。

 先発したDF瀬古歩夢(20)=C大阪=が先制点をアシストした。前半44分、右アウトサイドにボールを乗せ、最前線のFW林大地(23)=鳥栖=をめがけて縦にロングパス。センターバックの間を通し、林の右足にピタリとつけ、先制点をお膳立てした。美技のパスで先制点を引き出した瀬古は「センターバックの間はアウトかけた方が(良い)。大地も右利きなので、トラップしやすいかなと感じながらやったのはあります。自分の直感で出しました」と振り返った。

 守備でも、東京五輪で優勝候補の一角とされるアルゼンチン代表を無失点に抑えた。「(五輪まで)数か月しかない中で、結果にこだわらないと。今日(強豪相手に)体感できたことで、より五輪への思いは、チーム全体で強くなった」と自信を膨らませた。「日本での(五輪)開催で金メダルが目標になる。より個人のレベルアップをしていかないととより感じた」と収穫を口にした。

セレッソ大阪(1585)@公公公
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1616662869/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:20 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【田中碧無双】U24日本、アルゼンチンとの第2戦は3-0快勝!田中碧は中盤を支配「自分の感覚とチームのプレーが合っていた」まとめその3(関連まとめ)

フル出場で中盤を支配…田中碧「自分の感覚とチームのプレーが合っていた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/13fe3a645a02a647803e06c6cf03a6d4ab151249
田中碧20-21アルゼンチン戦第2戦指示.jpg

30日、U-24日本代表は『SAISON CARD CUP 2021』でU-24アルゼンチン代表と対戦し、3ー0で勝利を収めた。この試合にフル出場を果たしたMF田中碧(川崎フロンターレ)が、試合後の取材に応じている。

 田中は2020年1月に行われた試合でレッドカードを受け、今月26日に行われた試合を出場停止で欠場。この状況を踏まえ「1試合しか出れないなかで呼んでもらって、自分はこの試合のために準備していたのでそれなりのパフォーマンスしなきゃいけないと思っていました。僕自身にもプレッシャーはかけていたし、いろんな記事を見て期待されていることも感じていたので。そしてチームが勝つことがアピールにもなるので、結果はもたらせたのではないかと思います」と語った。

 今回の試合で中盤のコンビを組んだのは、ともに川崎フロンターレの下部組織でプレーした経験もあるDF板倉滉だったが「楽しみでもありましたし、滉くんにとっても久しぶりのボランチだったと思うので、滉くんらしくやってもらうことが良い方向につながると思いました。まだまだ課題もたくさんありましたけど、まずは3点とって勝ててよかったです」とコメント。また試合を通して大きな声で指示をしていたことについては「自分が中央に立ってる中で、最近は上から見てる感覚じゃないですけど、それを伝える方が自分自身もやりやすいので。声で味方を動かしてゲームを作れたんじゃないかなと思います」と語った。

 また、中盤でのゲームコントロールについては「常に縦を狙いながら裏や幅を広げたり使ったりできましたし、守備に関しても行くところと行かないところがはっきりできました。声も含めてチームのラインコントロールも、自分の感覚とチームのプレーが合っていたと思います。欲を言えば、オリンピックの厳しい戦いが続くと、力が残っていないことも無きにしも非ずだと思うので、自分たちがボールを握る時間も増やせれば良かったと思います」と、自身の感覚を口に。

 そして南米の強豪アルゼンチンと戦った印象については「そんなに圧は感じなかったというかまだまだやれると感じました。個の力は要所要所に感じましたが、お互い代表チームでオーガナイズされていなかった印象です。組織的な目で見たら日本もまだまだやれると思いますが、個人個人にフォーカスしたら差は感じるので、そこは埋めていかないといけないと思います」と、今後の課題とともに語った。


☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1440〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1616814418/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:03 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表、林大地絶妙先制ゴールなどアルゼンチンとの第2戦を3-0快勝!林「すごく嬉しい」アシストの瀬古歩夢に感謝 まとめその2(関連まとめ)

「FWなので決めきるのが責任」アルゼンチン撃破の立役者、林大地がほっと胸をなでおろす。アシストの瀬古にも感謝
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc59ef36f7f59b7449ba15b64164f6a5323344aa
林大地20-21アルゼンチン戦第2戦ゴール.jpg

U-24日本代表は3月29日、国際親善試合でU-24アルゼンチン代表と北九州スタジアムで対戦した。

 立ち上がりから日本が押し込むなかで、スコアが動いたのは44分。瀬古歩夢のロングフィードに林大地が抜け出すと、GKとの1対1を落ち着いて制してネットを揺らした。これで勢いに乗った日本は68分と73分、ともに久保建英のCKからゲームキャプテンを務めた板倉滉がドンピシャヘッドでゴール。勝利を大きく手繰り寄せる追加点を挙げた。

 守っては危なげなく無失点でゲームを締めた日本は、結局3-0で快勝。中2日で迎えた再戦で痛快なリベンジを果たした。
 
 先制点を奪い、勝利の立役者となった林は、試合後のインタビューで開口一番「すごく嬉しい」と一言。顔をほころばせると、続けて「歩夢からすごい良いボールが来て、その前も味方がすごい繋いでいた。FWなので決めきるのが責任なので、ゴールっていう形で表わせたのが良かったかなと思う」と、アシストの瀬古をはじめ、チームメイトに感謝するとともに、ゴールを決めきれたことにほっと胸をなでおろした。
 
 今後に向けては「一日一日を大切に、日々の積み重ねをしっかりして、過ごしていきたいと思う」と決意を示した。

 頼もしい23歳の存在が、東京五輪本番のサバイバルゲームをより激化させた。

☆Full Power☆サガントス第786幕☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1616762256/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:53 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【久保→板倉ライン最高や!】U24日本、アルゼンチンに2戦目は3-0快勝!林大地絶妙先制ゴール&板倉ヘッド弾2発でリベンジ成功 まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】U-24日本、アルゼンチンとの第2戦に3発完勝! 林先制弾&板倉2発で南米王者にリベンジ成功 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1617021559/
板倉20-21アルゼンチン戦第2戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/03/29(月) 21:39:19.85 ID:CAP_USER9.net

国際親善試合のU-24日本代表対U-24アルゼンチン代表が3月29日、北九州スタジアムで行なわれ、日本が3-0で勝利を収めた。

 日本は3日前の26日に行なわれた第1戦からスタメン9人を変更。前回に続き先発入りしたのは久保建英と板倉滉の2名となった。

 試合は立ち上がりから日本が積極果敢なプレッシングでペースを掴み、両サイドの相馬勇紀、食野亮太郎の積極的な仕掛けや久保のスルーパスなどからチャンスを窺う。一方、守備では町田浩樹、瀬古歩夢の両CBと田中碧、板倉のダブルボランチを軸にタイトな守備でアルゼンチンにつけ入る隙を与えない。

 すると44分、日本は瀬古のロングフィードに林大地が抜け出し、GKとの1対1を制してゴール右に突き刺す。日本が先制に成功した。前半は日本の1点リードで終了した。

 後半に入り、アルゼンチンも攻撃のテンポを上げて反撃を試みるが、日本は序盤の相手の攻勢を凌ぐと再びペースを掴む。そして68分、日本はCKのチャンスを得ると、久保のクロスに板倉が頭で合わせネットを揺らす。日本がリードを2点差に広げる。

 さらに73分にも再びCKから追加点。やはり久保のクロスから板倉が頭から飛び込み、アルゼンチンゴールに突き刺した。日本が南米王者を突き放す。

 結局、日本は3-0でアルゼンチンに完勝。第1戦の雪辱を果たし、1勝1敗で今回の親善試合を終えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/884af6c95e504084b2f9781cd6da5d08f9ca52c5




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:03 | 大阪 ☀ | Comment(33) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表、アルゼンチン戦の第2戦スタメン発表!1戦目から久保と板倉以外の9人を先発変更(関連まとめ)

【サッカー】U-24日本代表スタメン速報!1戦目から先発9人を入れ替え! 久保建英と板倉滉が引き続き出場へ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1617012082/
U-24日本アルゼンチン戦試合前2021.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/03/29(月) 19:01:22.87 ID:CAP_USER9.net

SAISON CARD CUP 2021、U-24アルゼンチン代表との2戦目に挑むU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。

▽GK
23 谷晃生

▽DF
4 板倉滉
15 町田浩樹
19 原輝綺
20 古賀太陽
22 瀬古歩夢

▽MF
14 相馬勇紀
17 田中碧
11 久保建英


▽FW
8 林大地
9 食野亮太郎

 横内昭展監督が送り出す11人は上記の通り。システムは1戦目に引き続き4-2-3-1が予想される。

 先週行われた1戦目からはスタメン9人を変更。林大地や食野亮太郎、相馬勇紀、前回は出場停止だった田中碧などが名を連ねている。久保建英と板倉滉は前回に引き続き先発入りとなっている。

 26日に行われたゲームではFWアドルフォ・ガイチの1点に沈んでしまったU-24日本代表。そこからの反省を活かし、U-24アルゼンチン代表にリベンジできるか。注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9a70aa308e756c8674f6c00d4e69abc201bc515



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:16 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表の鳥栖DF中野伸哉(17)、近い将来の海外挑戦を希望!目標はリバプールDFロバートソン(関連まとめ)

【サッカー】17歳でU-24日本代表招集の中野伸哉、海外挑戦希望明言「1年後に海外に行って、2〜3年後にはA代表に」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1616841667/
中野U24日本代表.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/03/27(土) 19:41:07.05 ID:CAP_USER9.net

目標はリヴァプールDF

U-24日本代表DF中野伸哉が、U-24アルゼンチン代表戦に向けたリモート取材に応じた。

久保の同世代は怪物だらけ!既にCL・ELで活躍するトッププレイヤーたち

3月のインターナショナルウィークでは東京オリンピックの本番を想定し、強豪U-24アルゼンチン代表との連戦に臨んでいるU-24日本代表。26日の第1戦では0-1で敗れており、29日の第2戦でリベンジを狙っている。

そんな中、今季サガン鳥栖でJリーグ開幕から6試合連続でスタメンに名を連ねるなど印象的な活躍を見せ、17歳でU-24日本代表に招集された中野伸哉がリモート取材に応じた。今回の合宿では最年少だが、「一番下というのもあって、みんなから可愛がられる存在です。U-24に初めてきて、レベルがみんな高くて、とてもやりやすいです」と印象を語った。

なお第1戦は90分間をベンチで見守ったが、「アルゼンチンの選手は個の能力が高い。日本も決定機は作れていたので、次の試合にその反省を生かしていきたいです」と語り、その上で自身の武器は「攻撃になったらどんどんオーバーラップして、アシストだったり、そういうところを武器にしたい」と言及。高校生初のオリンピック出場の可能性について問われると、「プレッシャーはないです」と明言した。

また、年齢の近い久保建英(19歳)との関係については「建英君から話しかけられて、その時に『敬語じゃなくていいよ』って。『俺も先輩に敬語じゃないから』って言われました。建英君だったり、海外でやっている選手を身近で見られたのは良いことです。僕も早く海外でやりたいと思います」と海外挑戦を視野に入れていることを明かしている。

また、海外組からの刺激については「海外組の選手はみんな練習から意識が高くて、プレー1つひとつのレベルが本当に高くて刺激を受けています」と言及。コロナ禍でコミュニケーションが難しい状況だが、「最初は(林)大地君が来ずに僕1人だったので、大地君が選ばれて心強いです。こっちに大地君が来てから色々紹介してくれて、馴染むのは早かったと思います」とサガン鳥栖チームメイトの存在への感謝も語っている。

東京オリンピック開催決定の際はまだ小学生だった中野伸哉だが、当時の心境について「全然意識していなくて、パリ世代で行ければいいかなと思って。でもこういう状況でJリーグで出させてもらって、U-24に呼んでもらって、そこから東京五輪を意識するようになりました」と回答。その上で「守備に行く、ボールを取りに行くところだったりは負けていない」と自身の強みを語った。

そして、今後の展望として「今年しっかりJリーグで活躍して、来年だったりに海外移籍して、そこでも活躍してA代表に選ばれたい」とし、「具体的には1年後に海外に行って、2〜3年後にはA代表に入って活躍したい。僕が目指す海外の選手はリヴァプールの(アンドリュー)ロバートソン選手です」と、目標の選手はプレミアリーグで今季も5アシストと大活躍のスコットランド代表DFの名前を挙げている

3/27(土) 18:25
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210327-00010019-goal-socc

国籍
日本の旗 日本
生年月日
2003年8月17日(17歳)
出身地
佐賀県佐賀市
身長
173cm
体重
63kg
選手情報
在籍チーム
サガン鳥栖U-18
ポジション
DF
背番号
6
利き足
左足



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 | Comment(17) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表、札幌MF田中駿汰が左でん部負傷で離脱 追加招集はされず(関連まとめ)

U24田中駿汰が左臀部負傷で離脱、追加招集行わず
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed347df5408ddd29aef3e10010d696112443b5b0
田中駿太U24日本.jpg

日本サッカー協会(JFA)は27日、U−24日本代表のMF田中駿汰(23=北海道コンサドーレ札幌)が、けがのためチームを離脱すると発表した。左臀部(でんぶ)の負傷だという。なお追加招集は行わない。

田中駿は26日の国際親善試合アルゼンチン戦で、ベンチ外となっていた。チームは29日に2度目の国際親善試合アルゼンチン戦(ミクスタ)を予定している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13713
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1616760690/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)