アンテナ・まとめ RSS

五輪代表

パリ五輪OA候補、遠藤航と守田英正がリスト入り 板倉、町田らCB陣は難航

【サッカー】パリ五輪オーバーエージ遠藤航、守田英正のボランチ候補リスト入り判明 板倉、町田らCB陣は難航 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1716583099/
遠藤と守田.jpg
1: 久太郎 ★ 2024/05/25(土) 05:38:19.63 ID:qhRATxzV9.net

今夏のパリ五輪に出場するU−23日本代表が、最大3枠の活用を模索する24歳以上の特別枠オーバーエージ(OA)の予備登録リストに、遠藤航(31=リバプール)と守田英正(29=スポルティング)が入っていることが24日、分かった。日本協会と欧州の関係者によると、クラブとの最終交渉次第だが、どちらか一方のOA入りは濃厚という。

 この日、山本NDはOA枠について「現段階で全く決まっていない」と述べるにとどめたが、遠藤は、リバプールが来季からスロット新監督を迎える中、個人としてはリスト入りを承諾したという。日本初の3大会連続五輪出場が懸かる。遠藤とともにA代表で不動のボランチ守田も浮上し、同様に前向きという。一方で田中(デュッセルドルフ)はブンデスリーガの昇降格プレーオフに進出したこともあり、難しい模様だ。

 ボランチ陣のメドは立った一方、センターバックは難航している。最有力だった板倉(ボルシアMG)と町田(サンジロワーズ)は今夏移籍の可能性が高くなり、流動的になった。谷口(アルラヤン)からは協会に断りの連絡が入ったという。今季、負傷を繰り返しながらプレミア最終節まで優勝を争った冨安(アーセナル)も状況は厳しく、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出る伊藤洋(シュツットガルト)は可能性が消えているという。

 また、久保の招集断念に備えて前線のOA起用も探ってきたが、協会の交渉力が乏しく、堂安(フライブルク)ら複数選手の所属から断られていたことも明らかになった。56年ぶりメダルへ不可欠な3枠を使い切れない可能性も出てきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e02f1d1fc1c6b8ae260f4081fb5b814a210a161



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、パリ五輪不参加へ 山本ND「クラブと話し、現時点で招集できない」鈴木唯人も招集不可の見込み

ソシエダMF久保建英がパリ五輪不参加へ「クラブと話し、現時点で招集できない」。FW鈴木唯人も招集不可の見込み
https://news.yahoo.co.jp/articles/2cd8738ff0fc418a58644e33195a959673d6e9da
久保と鈴木唯人.jpg

JFA(日本サッカー協会)は24日、6月の2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦う日本代表メンバーを発表した。森保一監督とナショナルチームダイレクターを務める山本昌邦氏が会見に出席し、ソシエダMF久保建英のパリ五輪招集について言及した。

3月の北朝鮮代表との連戦を連勝して最終予選に進出した日本は、6月6日に敵地で第5節のミャンマー代表戦、11日にホームで第6節のシリア代表戦をそれぞれ行う。

その中で、今年7月に開催されるパリ五輪の世代である久保とブレンビーIFのFW鈴木唯人を来月にU-23日本代表の親善試合も控える中で今回、A代表に招集。五輪代表との兼ね合いについて問われた山本氏は「サムライブルーが最優先なのは基本中の基本です。久保と鈴木を(今回A代表に)招集しましたが、A代表が最終予選に向けて良い準備をするうえで力になれる選手を招集しています」と口にし、「鈴木と久保は長い時間をかけてU-23招集についてクラブと継続的に、時間をかけて丁寧にやり取りしてきました。鈴木と久保はFIFAルールでIW(インターナショナルウィンドウ)以外は招集できない。クラブと話している中で、現時点では(五輪に)招集できませんので最終予選に備えることになりました」と語り、現時点でパリ五輪は不参加となることを明言した。

現在22歳の久保は今シーズン、ソシエダで公式戦40試合に出場して7ゴール5アシストを記録。同じく22歳の鈴木もデンマーク1部のブレンビーIFで公式戦31試合に出場して11ゴールと好調を維持していた。

【Real】久保建英応援スレ part1253【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1716288470/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤田譲瑠チマ、U23アジア杯大会MVP受賞!準決勝で2アシスト、主将として牽引(関連まとめ)

【サッカー】U-23日本代表の藤田譲瑠チマがU-23アジアカップMVP受賞! 準決勝で2アシスト、主将として牽引 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1714760139/
藤田2024U23アジア杯優勝.jpg

1: 久太郎 ★ 2024/05/04(土) 03:15:39.16 ID:q9VL+ANe9.net

U-23日本代表は現地時間3日、U-23アジアカップ決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、1-0で勝利してアジアの頂点に立った。試合後、大会の各賞が発表され、大会MVPに藤田譲瑠チマが輝いた。

準決勝でU-23イラク代表を下してパリ五輪出場権を獲得した日本。この世代のアジア最強の座をかけてウズベキスタンと相まみえた。前半にほとんどチャンスがつくれなかった日本だが、0-0のまま迎えた後半アディショナルタイム1分、山田楓喜のミドルシュートで先制。その後、関根大輝のハンドでPKを与えてしまうも、これをGK小久保玲央ブライアンがストップ。1-0で勝利し、優勝を決めた。

試合後、大会の各賞が発表され、フェアプレー賞はウズベキスタン代表に。最優秀ゴールキーパーはウズベキスタンのアブドゥバヒド・ネマトフが選ばれた。得点王は4ゴールを挙げたイラク代表のアリ・ジャシムが獲得。そして、最優秀選手賞は優勝した日本を主将として牽引した藤田譲瑠チマが戴冠を果たした。

ベルギーのシント=トロイデンVVに所属する22歳MFの藤田は今大会、5試合に出場。準決勝のU-23イラク代表戦で2アシストを記録したほか、決勝トーナメントに入って現チームで初となる選手だけのミーティングの実施を決めるなど、主将としてチームをまとめあげた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c0109d10ad1b806d4dfb093d14711210bef609f



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本、アジア1位通過でパリ五輪はD組に!南米王者パラグアイ、マリ、イスラエルと同組

【サッカー】U23日本代表、アジア1位でパリ五輪はD組 南米王者パラグアイ、マリ、イスラエルと同組 [阿弥陀ヶ峰★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1714759103/
U23日本代表2024ウズベキスタン戦前.jpg
1: 阿弥陀ヶ峰 ★ 2024/05/04(土) 02:58:23.96 ID:KoWbhlx89.net

<U−23アジア杯カタール大会:日本1−0ウズベキスタン>◇3日(日本時間4日)◇決勝◇ドーハ
 日本(B組2位)が、大会2連覇を狙ったウズベキスタン(D組1位)に後半追加タイム弾で競り勝って優勝した。2016年大会以来8年ぶり、この大会ではアジア初となる2度目の頂点に立った。
 今夏のパリ五輪(オリンピック)最終予選を兼ねた大会。これで7月24日開幕の本大会は1次リーグD組に入ることが確定。南米王者パラグアイ、アフリカ3位マリ、欧州4位イスラエルと同組になった。

【パリ五輪サッカー男子1次リーグ組み合わせ】

▼A組 フランス、米国、アフリカ4位ギニアとアジア4位インドネシアの大陸間プレーオフ(5月9日)勝者、ニュージーランド

▼B組 アルゼンチン、モロッコ、イラク、ウクライナ

▼C組 ウズベキスタン、スペイン、エジプト、ドミニカ共和国

▼D組 日本、パラグアイ、マリ、イスラエル
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ba2d121b824dd376a5eec45c40eb5340216c0fa



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(18) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、U23アジア杯優勝!大岩剛監督「選手たちがよくやってくれた」ファン・サポーターへ「また我々の背中を押してほしい」まとめその3(関連まとめ)

「選手たちがよくやってくれた」見事なアジア制覇のU-23日本代表、大岩剛監督がファン・サポーターへ「また我々の背中を押してほしい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/94560432336324e5b0f1312e9559a2321d03c03b
大岩監督2024U23アジア杯優勝.jpg


U-23日本代表の大岩剛監督が、AFC U23アジアカップの優勝を喜んだ。

3日、AFC U23アジアカップ決勝が行われ、U-23日本代表はU-23ウズベキスタン代表が行われた。

2016年以来2度目の優勝を目指す日本と、2018年以来2度目の優勝を目指すウズベキスタン。2年前の前回大会は準決勝で対戦し、ウズベキスタンが2-0で勝利していた。

アジア王者を懸けた戦い。今大会無失点のウズベキスタンを相手に日本は前半はシュート1本という苦しい展開に。後半立ち上がりに攻め込むも、その後は押し込まれていくこととなった。

ゴールレスで90分が終了。長いアディショナルタイムに入った中で、日本は相手陣内でのボール奪取から最後は山田楓喜が左足ミドルを決めて先制。このまま勝利かと思われたがその後にウズベキスタンにPKを与えるも、GK小久保玲央ブライアンがビッグセーブ。1-0で日本が勝利し、見事に優勝を掴んだ。

試合後、フラッシュインタビューに応じた大岩監督は「非常に厳しい試合で、選手たちが非常に良く頑張ってくれたと思います」と優勝を喜んだ。

選手たちに対しては「選手だけじゃなく、スタッフ含めて全員で戦ってきましたので、大いに喜んでパリ・オリンピックに向かいたいです」と語った。

苦労も絶えなかった大会だったが「全部です。苦労しました。本当に選手たちがよくやってくれました」と、大変な戦いの連続だったと振り返った。

最後に、現地に多く集まったファン・サポーター、そして日本からも深夜に声援を送ってくれたファン・サポーターへメッセージを送った。

「国民の皆さんに非常に心配させたり、ヒヤヒヤさせたりしたと思いますけど、アジアチャンピオンとしてパリ・オリンピックに向かいますので、また再度我々の背中を押していただければ大変嬉しいです。よろしくお願いします」

この勝利で日本はアジア1位となり、パリ・オリンピックではグループDに入ることに。パラグアイ、マリ、イスラエルと対戦することが決まった。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16426
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1714757541/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:00 | 大阪 | Comment(8) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本、ウズベキスタンに勝利し優勝!山田楓喜が値千金の決勝弾「苦しかった時も諦めずにやってきた結果」U23アジア杯決勝 まとめその2(関連まとめ)

アジア王者に導く決勝弾! 山田楓喜「苦しかった時も諦めずにやってきた結果」「パリ五輪も優勝まで突っ走りたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa79b77050cca884d415f0aa70f1649a02a2b0b5
山田2024U23アジア杯決勝ゴール.jpg

U-23日本代表の山田楓喜が、U-23ウズベキスタン戦後のフラッシュインタビューに応じた。

準決勝でU-23イラク代表を下してパリ五輪出場権を獲得した日本は、4大会ぶり2度目のアジア制覇を目指してウズベキスタンと対戦。試合は今大会無失点のウズベキスタンの堅守に苦戦し、前半をシュート1本で終えると、後半に入っても序盤以降はウズベキスタンに主導権を握られる。それでも後半アディショナルタイム1分に途中出場の山田が左足でゴールネットを揺らす。その後、ハンドによるPKを献上するものの、GK小久保玲央の好守もあり、1点を守り切った日本がアジア制覇を成し遂げた。

試合後、チームをアジア制覇に導くゴールを決めた山田は、ベンチから戦況を見守っていた中、「前半も後半始まってからも間延びしているなと見ていてわかった」と語り、「間で受けたら自分が前向いてシュート打てるなというのはイメージできていたので、それがまんまと出ました」とゴールシーンを振り返る。

「今までずっと積み上げてきたものが、こういう大きな舞台でしかも優勝を決める試合で、自分の持ち味を出せたというのは、今までの日々の練習、苦しかった時も諦めずにやってきたというのがこういうところで出てきた結果だと思うので、素直に嬉しいです」と少し涙ぐみながら喜びをあらわに。

最後にファン・サポーターに向けて「カタールまですごく声援が届いていましたし、あれだけ多くのサポーターが来てくれているので、自分たちの力になりました」と感謝の言葉を口にし、「パリも自分たちのスタイルを貫いて優勝まで突っ走りたいです」とパリ五輪に向けて意気込みを語った。


△●○●△△●●●京都サンガ1265 ○○○○○○○○○○
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1714056395/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:00 | 大阪 | Comment(10) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本代表、ウズベキスタンとの決勝戦スタメン発表!細谷真大や佐藤恵允ら先発 U23アジア杯(関連まとめ)

【サッカー】U-23日本代表の決勝スタメン発表! 2度目アジア制覇に王手…2年前敗れたウズベキスタンとの雪辱戦へ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1714745175/
U23日本代表2024イラク戦前.jpg
1: 久太郎 ★ 2024/05/03(金) 23:06:15.15 ID:tx1m0eXC9.net

U-23日本代表は3日、U23アジアカップ決勝でU-23ウズベキスタンと対戦する。日本時間4日午前0時半(現地時間3日午後6時半)のキックオフを前にスターティングメンバーが発表された。

 すでにパリオリンピック出場を決めているU-23日本代表は、4大会ぶり2度目の優勝に王手をかけた。対するウズベキスタンは3大会ぶり2度目の優勝を狙う。日本は2年前のU23アジア杯準決勝でウズベキスタンに敗れており、決勝がリベンジマッチとなる。


[日本]
▽先発
GK 1 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)
DF 4 関根大輝(柏)
DF 5 木村誠二(鳥栖)
DF 22 高井幸大(川崎F)
DF 21 大畑歩夢(浦和)
MF 8 藤田譲瑠チマ(シントトロイデン/Cap)
MF 7 山本理仁(シントトロイデン)
MF 17 松木玖生(FC東京)
MF 10 佐藤恵允(ブレーメン)
FW 9 藤尾翔太(町田)
FW 19 細谷真大(柏)
監督
大岩剛

https://news.yahoo.co.jp/articles/97906875ad3a3cb668bcbe863b1891a55f1df7d3



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:35 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ五輪OA枠、DF板倉滉が濃厚!最終候補に田中碧、谷口彰悟、町田浩樹(関連まとめ)

【サッカー】パリ五輪のOA枠は板倉滉が濃厚 最終候補に田中碧、谷口彰悟、町田浩樹 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1714514244/
板倉日本代表.jpg
1: 久太郎 ★ 2024/05/01(水) 06:57:24.53 ID:VsYsed6i9.net

パリ五輪に出場するU―23日本代表のオーバーエージ(OA)枠としてボルシアMGのDF板倉滉(27)が招集されることが30日、濃厚となった。日本協会関係者が明かした。五輪で年齢制限のないOA枠は3枠。MF田中碧(25=デュッセルドルフ)、DF谷口彰悟(32=アルラヤン)、DF町田浩樹(26=サンジロワーズ)も最終候補となった。

 日本協会は1〜2月のアジア杯期間中、A代表の各選手にOA枠出場の意思を○、×、Δで確認するアンケートを実施した。板倉は東京五輪に続く2大会連続出場を熱望したもよう。一方でDF冨安健洋(アーセナル)やMF三笘薫(ブライトン)はクラブ事情やコンディション面を考慮し、招集を見送ることが決定した。

 今回のU―23アジア杯では5試合3失点。好セーブを連発したGK小久保を中心に1試合ごとに成長しているが、全てヘディングで失点するなど、ハイボールに課題を残したのも事実。長身で空中戦に強く、的確なコーチングに優れる板倉や町田らが加わることで解消をもくろむ。

 今後のプランも見えてきた。6月には国際Aマッチウイークを利用して、A代表も含めた強豪国との対戦を計画しているという。OAの3選手もそこで融合する可能性が高い。本大会は日本協会に選手の拘束力はなく、今後は各クラブとの交渉を進め、最強の大岩ジャパンでパリに乗り込む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e18ec3e8914b8e5dbfdb049b60b8366f09e7279c




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ五輪OA枠、板倉・谷口・町田らが有力候補 攻撃陣は久保らパリ世代欧州組の招集交渉へ(関連まとめ)

パリ五輪本大会はOA3人フル活用、板倉、谷口、町田らが有力候補 攻撃陣は久保らパリ世代欧州組の招集交渉へ【U−23サッカー】 [阿弥陀ヶ峰★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1714469896/
板倉と谷口.jpg

1: 阿弥陀ヶ峰 ★ 2024/04/30(火) 18:38:16.15 ID:794fyuOq9.net

サッカー男子のU―23日本代表がパリ五輪の出場権を獲得したことで、今後の焦点は24歳以上のオーバーエージ(OA)を含む本大会のチーム編成へ移っていく。大岩剛監督は規定上限のOA3人をフル活用する意向で、日本協会側に候補リストをすでに提出済み。メキシコ五輪以来、56年ぶりのメダル獲得へ、守備陣に経験豊富なA代表組をOAとして迎え入れ、攻撃陣はMF久保建英(22)=ソシエダード=らパリ世代の欧州組の招集に向け、水面下で交渉は始まっている。

関係者によると、主な補強ポイントはセンターバックで、DF板倉滉(27)=ボルシアMG=とDF谷口彰悟(32)=アルラヤン=のW杯経験者2人に加え、鹿島時代に大岩監督の下でプロの土台を築いたDF町田浩樹(26)=サンジロワーズ=らがOAの有力候補に挙がっているという。

ただ、板倉と町田に関しては、今夏の補強ターゲットとしてビッグクラブに注目されており、移籍が絡む場合は交渉の難度がより高くなる可能性がある。

今大会は所属クラブの方針で招集できなかったGK鈴木彩艶(21)=シントトロイデン、チーム立ち上げ期からエースとして活躍してきたFW鈴木唯人(22)=ブレンビー=は欧州組の中でも優先候補になる。FW斉藤光毅(22)=スパルタ、昨季のJリーグベストヤングプレーヤー賞に輝いたMF三戸舜介(21)=同、FW小田裕太郎(22)=ハーツ、FW福田師王(20)=ボルシアMG=らもリストに名を連ねているとみられる。

登録メンバーは最終予選から5人減の18人。五輪本大会といえども、日本協会側に選手を招集する拘束力はないため、山本昌邦ナショナルチームダイレクターら日本協会側の交渉手腕がチーム編成に大きな影響を及ぼすことになる。

中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fcfc37bfeb969f5455056952a4ef87339f9db86f




パリ五輪OA候補に板倉、冨安、町田、伊藤洋、遠藤らDF陣「世界で勝つため」守備を最重要視
https://news.yahoo.co.jp/articles/29a05beb784830f22e34c0d6027b702cd75403ed

 サッカーU−23日本代表が、パリ五輪出場を決めた場合は24歳以上の特別枠オーバーエージ(OA)最大3枠を行使し、候補にセンターバック(CB)板倉滉(27=ボルシアMG)冨安健洋(25=アーセナル)のA代表レギュラーコンビを挙げていることが29日、分かった。

 左サイドバック(SB)もこなせる町田浩樹(26=サンジロワーズ)伊藤洋輝(24=シュツットガルト)もリストアップ。A代表主将のMF遠藤航(31=リバプール)も動向を探る。前線は23歳以下にするプランを模索。強い出場意欲を持つMF久保建英や、昨秋10番を背負った鈴木唯人ら欧州組を本大会は結集させる意向で、五輪メダル56年ぶりの獲得へ交渉を継続する。

    ◇  ◇  ◇  

 最強ジャパンへ、日本協会は昨年からOA枠の人選を進めてきた。パリ五輪アジア最終予選の結果を待ってからでは遅い。突破と本大会の両にらみで、守備陣を中心に優先順位を議論してきた。大岩剛監督(51)も昨秋の段階で「リストを出さなければいけないタイミングなので、こちらも準備している。我々のウイークはハッキリしている。隠すつもりもない」と行使する意向を明言したほどだ。

 関係者によると、CB出身の大岩監督はチームづくりでディフェンスを最重要視。「世界で勝つためには守備」を掲げ、候補としてA代表で不動の板倉と冨安の名が挙がった。前回21年の東京五輪でも活躍した2人は欧州5大リーグの強豪で、より磨かれており、経験が安定感に直結するCBでは日本最上級。指揮官の「皆さんが期待しているような名前は当然リストにある」の言葉とも合致する。

 同じ守備陣の町田と伊藤もリストに入っている。ともに左SBを兼務できることが魅力。登録人数が予選の23人から本戦で18人に絞り込まれる中、複数ポジションをこなせるかどうかは近年の五輪で必須要素で、特に町田は鹿島時代に大岩監督の薫陶を受けている。

 世界屈指のボランチとなった遠藤を招集する案もある。リバプールで世界屈指の過密日程に向き合う男の選出は容易ではないが、森保ジャパンの主将は今や欧州で顔が利く存在。リオデジャネイロ、東京に続く日本史上初の3大会連続五輪が実現すれば、一気にセンターラインが増強される。東京で吉田麻也がA代表と五輪の主将を兼ねた例もある。

 一方、障壁となるのはクラブとの交渉だ。選手の移籍が絡むと難易度が増す。板倉や町田は今夏のビッグクラブ挑戦がささやかれており、招集の拘束力がない五輪に向けて、協会欧州駐在員であるA代表とU−23の各代表担当者がコミュニケーションを取り続けている。

 移籍があった場合、選手には新天地の定位置争いが待つ。五輪、W杯の後にクラブで冷遇された例も珍しくない。8年前のリオ五輪では、有力候補だったMF清武弘嗣が欧州リーグ王者のセビリアに移籍。水面下で断られた。遠藤も、今夏はクロップ監督の後任の信頼を勝ち得る立場になる。

 東京五輪のOA枠は5月20日に発表された。6月にはOA込みの海外遠征プランがあり、最終予選が異例の5月までずれ込んだ今回は、出場権の獲得と交渉が同時に最終局面を迎える。

 ○… 攻撃陣は23歳以下のパリ世代を育てる方針という。既にA代表で主力を張る久保は、飛び級で参戦した東京五輪で全6戦に出場して3得点も、メキシコとの3位決定戦に1−3で敗れて号泣した。「次こそメダル」の思いが強く、A代表最優先のため1度も大岩ジャパンには参加できていないが、同じ01年生まれ以降の仲間と雪辱したい構えだ。 協会は3月までのA代表期間中に、久保の意思確認を終えており、結果は出場を希望。大岩監督も「行きたいと本人も言っている。あとはクラブ。理解してくれるかどうか」と明かしており、うわさされるRソシエダードからのビッグクラブ移籍が鍵を握りそうだ。 10番を背負ってきた鈴木唯は、ブレンビーで直近6試合6得点4アシスト。斉藤光毅、三戸舜介のスパルタ組やボルシアMGの福田獅王も含め、今回の最終予選に招集できなかったアタッカー陣を本大会では並べられるよう交渉を進める。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本代表、パリ五輪出場権獲得でOA枠が早くも話題に「呼ぶなら大迫」 浦和・中島翔哉を推す声も(関連まとめ)

【サッカー】日本代表 パリ五輪切符獲得で早くもOA枠が話題「呼ぶなら大迫」 浦和・中島翔哉を推す声も [阿弥陀ヶ峰★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1714420254/
大迫2024神戸.jpg

1: 阿弥陀ヶ峰 ★ 2024/04/30(火) 04:50:54.81 ID:794fyuOq9.net

◇Uー23アジア杯準決勝 日本2―0イラク(2024年4月29日 ドーハ)

大岩ジャパンがパリ五輪切符を獲得した。サッカー男子パリ五輪最終予選兼U―23アジア杯カタール大会は29日(日本時間30日)、準決勝が行われ、U―23日本代表はU―23イラク代表を2―0で下し、96年アトランタ大会から8大会連続となる五輪出場権を獲得した。

日本が五輪切符を獲得したことでネット上では早くも本大会メンバーのオーバーエイジ(OA)枠について願望の声が続々。「オーバーエイジのファーストチョイスはFWになるのかな?中盤3枚はそのまま見たい」「オーバーエイジはDFラインに1人、中盤に1人、FWに1人入れたい」「オーバーエイジはCFとCBだな」など、その多くがFWに関するものだった。

OA枠候補のFWとしては「オーバーエイジは上田綺世」「上田が無理ならジャーメインありかも」「OA枠はジャーメインを呼ぶべき」「呼ぶならやっぱりFW大迫でしょ」「オリンピックは大迫をオーバーエイジで呼んだ方がいいのでは」といった声が上がった。

その他のOA枠候補としては「香川先生をお願いします」「中島翔哉をもう一度代表で見てみたい」「中村敬斗をオーバーエイジで見てみたい」「吉田麻也がまたオーバーエイジで行くか!?」「DFリーダーに板倉を熱望」「2列目特に右WGとして堂安がいいのでは」と様々な名前が浮上。中には「このチームにオーバーエイジは必要ないと思う」という意見もあった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/698f277f88057b96f2fcc50ef4e8853f95779685




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(34) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本、イラク下しパリ五輪出場権獲得!主将・藤田譲瑠チマは圧巻2アシスト「まだまだ強くなれる」まとめその3(関連まとめ)

【U23日本代表】2アシストのMF藤田譲瑠チマ主将「最低限」のパリ切符「まだまだ強くなれる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bd9e9feef44e55dcd75d8954fc1dc409ec69f4a
藤田2024U23アジア杯準決勝ドリブル.jpg


<U−23アジア杯カタール大会:日本2−0イラク>◇29日(日本時間30日)◇準決勝◇ドーハ

 日本(B組2位)がイラク(C組1位)に完勝し、今夏のパリ五輪(オリンピック)出場を決めた。8大会連続12度目。アジア最終予選(3・5枠)を兼ねた大会の、勝てば出場権が確定する一戦で、前半にFW細谷真大(22=柏レイソル)とMF荒木遼太郎(22=FC東京)が得点を奪い、決勝進出を果たした。

 MF藤田譲瑠チマ主将(22=シントトロイデン)が2アシストを記録。どちらの得点もお膳立てした。1点目は、前線からペナルティーエリア内へ抜け出す細谷に浮き球のパスをピタリ合わせた。2点目は荒木に中央からスルーパスを供給した。

 主将の重圧も抱えながらパリに導いた背番号8の一問一答は次の通り。

 −今どんなお気持ちですか

 はい、オリンピックの出場権獲得は自分たちにとって最低限の目標だったので、まずはそれを達成できてうれしく思います。でも、自分が狙っているのはやっぱりアジアの頂点なので、次もしっかり勝てるように、いい準備ができたらいいなと思います。

 −準決勝。この試合に勝てばパリ五輪の出場が決まるという難しい試合だったと思います。どんなことを考えながら試合に入りましたか

 はい。タフなゲームになることは分かっていたので、しっかり準備することだったり、気持ちの面でも相手に負けないように、強く強い気持ちで入ろうっていうのは準備していました。

 −その中で2得点、キャプテンのアシストから生まれました。それぞれどのようなことを考えてあの得点シーンは生まれたんでしょうか

 はい。1点目に関しては真大がずっと動き出しをするのは見ていたので、自分にチャンスがあったら狙おうって意識があったので、そのワンチャンスでうまくパスを出せて良かったなと思います。2点目に関しても荒木がいい動き出ししてくれたので、自分はただ通すだけだったので。本当に2人に感謝したいです。

 −あらためて、立ち上げからこのチームに長く関わってこられたと思います。今、主将としてどのような気持ちがこみ上げてきていますか

 本当にこのチームも強くなったと思いますし、まだまだ強くなれると思うので、自分を中心に、もっとレベルを上げていければいいなと思ってます。

 −次はアジアの頂点を懸けた決勝戦です。どんな試合、どんなプレーをサポーターの皆さんに向けて届けたいですか

 はい。いつも通り自分たちは全力でプレーして、試合をコントロールできるように。アグレッシブにサッカーできたらいいなと思います。

 5月3日(日本時間4日午前0時30分)の決勝では、準決勝第1試合でインドネシアを2−0で下し、初の五輪切符を手にしたウズベキスタンと対戦する。

◆◇◆ 横浜F・マリノス part2180 ◆◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1714205293/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 🌁 | Comment(11) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本、イラクに勝利しパリ五輪出場決定! 荒木遼太郎は今大会初ゴール「今までやってきたことが全て出て最高です」U23アジア杯準決勝 まとめその2(関連まとめ)

逆転代表入りでパリ五輪に導く初ゴール! 荒木遼太郎「今までやってきたことが全て出て最高です」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6fec8b5b0c726e3c98ea36852208451336818b19
荒木2024U23アジア杯イラク戦ゴール.jpg


[4.29 U23アジア杯準決勝 日本 2-0 イラク ドーハ]

 逆転での代表入りを掴み取った22歳のパリ世代初ゴールは、パリ五輪出場を決定づける値千金の追加点となった。

 U-23日本代表MF荒木遼太郎は1-0で迎えた前半42分、MF藤田譲瑠チマのワンタッチスルーパスに絶妙なタイミングで抜け出すと、最後はGKの動きを見ながらゴール右隅にシュート。「チマからいいボールが来たので冷静にGKを見ながら流し込むだけだった」と自画自賛の一撃を沈めた。

 今年3月までは約2年間にわたり、パリ五輪世代の活動で招集外。ところが今季期限付き移籍で加入したFC東京で6試合5ゴールの大活躍を見せ、逆転での予選メンバー入りを果たすと、準々決勝カタール戦で決勝アシスト、この日はゴールという結果で存在意義を示してみせた。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた荒木は「自分を犠牲にしてでも、足をつってでも走って、日本のために戦いたいと思っていた」とこの一戦にかける覚悟を振り返りつつ、自身の活躍での五輪出場決定に「今までやってきたことが全て出て最高です」と喜びを語った。

鹿島アントラーズPart3032
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1714319285/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:00 | 大阪 🌁 | Comment(0) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)