アンテナ・まとめ RSS

日本代表MF遠藤航、軽傷の模様 シュツットガルト公式が次戦の出場に「危ぶむ必要はなさそう」

離脱が懸念された遠藤航だが…シュトゥットガルト公式、次戦への出場を「危ぶむ必要はなさそう」
https://news.yahoo.co.jp/articles/050dafa95c6d714e7ac891480cb557e87613330d
遠藤航22-23第8節.jpg

シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航は離脱を強いられるほどの負傷を負っていないようだ。

主将・遠藤は1日に敵地で行われたブンデスリーガ第8節ヴォゥルフスブルク戦にDF伊藤洋輝らとともに先発出場。2-2のスコアで迎えた63分、攻撃参加した際に足を痛めた模様で座り込み、プレー続行不可能に。自身で歩いて退いたものの、心配の声があがっていた。

だが、負傷は今後の出場に支障がない程度の模様。クラブが2日に公式ウェブサイトに掲載したヴォルフスブルク戦のマッチレポートの中で、遠藤について「今のところ、ウニオン・ベルリン戦への出場を危ぶむ必要はなさそうだ」と伝えている。

なお結局、ヴォルフスブルク戦を2-3で落としたシュトゥットガルトは今季リーグ戦5分け3敗の成績で16位に低迷。9日の次節では首位を走るウニオンをホームに迎える。

VfB Stuttgart 遠藤航 Part.7
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1664637960/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフ千葉、ザムフィール元監督の死去を発表…1999年から1年間指揮(関連まとめ)

千葉、ザムフィール元監督の逝去を発表…1999年から約1年間指揮
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea4d669f62b69798798dab792205534ca5991fbf
ザムフィール監督千葉.jpg

ジェフユナイテッド千葉は3日、1999年7月から2000年途中までの約1年にわたり監督を務めていたニコラエ・ザムフィール氏が9月14日に逝去(享年77歳)したことを発表した。

 千葉はクラブ公式サイトで「在任中はクラブの発展のために多大なるご尽力をいただきました。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と伝えている。

 ルーマニア人のザムフィール氏はルーマニアオリンピック代表コーチや当時ブルガリア2部リーグのヴィディンで指揮官などを歴任。千葉では1999年7月から約1年間を指揮した。Jリーグでは38試合で13勝2分23敗、ヤマザキナビスコカップでは4試合で1勝2分1敗の通算成績を残した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14985
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1664710415/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォルヴァーハンプトン、ラージ監督の解任を発表…今季リーグ戦わずか1勝で降格圏18位に低迷

降格圏のウルヴス、ラージ監督の解任を発表…リーグ戦8試合でわずか1勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe885f3ae035bb711cb2bbdd1aa6e51177aa9027
ラージ監督ウルブス.jpg

 ウルヴァーハンプトン(ウルヴス)は2日、ブルーノ・ラージ監督の解任を発表した。

 現在46歳のラージ監督はプロ選手としての経歴はなく、20代からベンフィカの下部組織などで指導者としてのキャリアを歩み始めた。シェフィールド・ウェンズデイやスウォンジーでアシスタントコーチを務めた経験もある。2019年1月から2020年夏にかけてベンフィカのトップチームを率いた後、2021年6月にウルヴスに就任した。

 初年度となった2021−22シーズンでは今年1月のプレミアリーグ月間最優秀監督に選出されるなど、リーグ戦は15勝6分け17敗、勝ち点「51」で10位フィニッシュを果たした。しかし、今シーズンは8試合終了時点で1勝3分け4敗、勝ち点「6」で降格圏内の18位に低迷。10月1日に第9節ウェストハム戦に0−2で敗れたことが引き金となり、今季のプレミアリーグにおける解任第3号となった。

 なお、後任は未定となっており、8日に行われる次戦のチェルシー戦などに向けては、コーチのスティーブ・デイビス氏やジェームズ・コリンズ氏が暫定的に指揮を執ることも発表されている。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 42
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1663486622/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ベンゼマのPK失敗が響きオサスナと1-1ドロー…公式戦連勝は「9」でストップ

レアルの公式戦連勝は「9」でストップ…オサスナとドロー、ベンゼマが痛恨のPK失敗
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba38a500264c0ad9cc828322b0da6dc71acb0708
ベンゼマ22-23第7節PK失敗.jpg

 ラ・リーガ第7節が10月2日に行われ、レアル・マドリードがホームにオサスナを迎えた。

 昨シーズンはラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)を獲得する充実のシーズンとなったが、今季のレアル・マドリードも開幕から公式戦9試合全勝と驚異的な“強さ”を見せている。インターナショナルマッチウィークを終えて迎える今節、スターティングメンバーには“エース”のカリム・ベンゼマがケガから復帰した。一方で、“守護神”としてレアル・マドリードの強固な守備形成に貢献していたGKティボー・クルトワが左坐骨の神経痛と診断され、GKアンドリー・ルニンがゴールマウスを守ることに。ルカ・モドリッチ不在のインサイドハーフにはダニ・セバージョスが入った。

 試合は序盤からレアル・マドリードがボールを保持する様相となるも、オサスナも鋭いカウンターでシュートチャンスを作り出す。28分、左サイド高い位置をとったアブデサマド・エザルゾウリが横のモイ・ゴメスへと繋ぎ、最後はホン・モンカヨラが強烈なミドルシュート。これはGKルニンの正面へ。続く33分にはレアル・マドリードのコーナーキックを自陣で奪うと、左サイドをモイ・ゴメスが独走。中央への折り返しをキケ・ガルシアが触ってコースを変え、エザルゾウリが右足で狙うも、シュートは枠を外れた。

 対するレアル・マドリードは38分、オサスナのゴールキックをオーレリアン・チュアメニが弾き返すと、そのボールにヴィニシウス・ジュニオールが反応。左サイドを突破してアウトサイドでクロスボールを送ると、ファーサイドに膨らんだベンゼマがダイレクトボレーを狙う。ボールはゴールの左へ。

 均衡が破れたのは42分。右コーナーキックを獲得したレアル・マドリードは、ボックス手前で待っていたセバージョスへボールを繋ぎ、そのまま左サイドへ展開する。内向きでボールを持ったヴィニシウスがクロスボールを送ると、直接ゴールに吸い込まれ、レアル・マドリードが先手を取った。

 後半に入るとオサスナが試合を振り出しに戻した。50分、ペナルティエリア手前の右寄りでボールを持ったウナイ・ガルシアがアーリークロスを送ると、ボック内で反応したキケ・ガルシアがバックヘッドを狙う。ふわりとしたヘディングシュートはGKルニンの頭を超えてゴールに吸い込まれ、オサスナが同点ゴールを挙げている。

 同点となったレアル・マドリードはベンゼマ、ヴィニシウス、ロドリゴを中心にゴールに迫るも、なかなか2点目を挙げることができない。それでも76分、中盤でボールを持ち運んだエドゥアルド・カマヴィンガのアーリークロスにベンゼマが反応。後ろから相手DFに押され、ペナルティエリア内でファウルを獲得した。ダビド・ガルシアにはレッドカードが提示されている。PKキッカーはベンゼマ自身が務めることに。昨シーズンの対戦でPKを2度ストップされたGKセルヒオ・エレーラ相手に強めのシュートを放ったものの、クロスバーに嫌われて勝ち越しゴールとはならなかった。

 続く81分には右サイドからのパスを引き出したロドリゴがボックス内で前を向き、相手選手のクリアが当たって前に転がったボールにベンゼマが反応。落ち着いてネットを揺らしたものの、わずかにオフサイドポジションにいたことが確認されて得点は認められない。

 その後、レアル・マドリードは今季初の公式戦出場となるマリアーノ・ディアスを投入。前の人数を増やしたものの、最後まで勝ち越しゴールは挙げられなかった。試合はこのままタイムアップを迎え、レアル・マドリードの公式戦連勝記録は「9」でストップしている。

 次節、レアル・マドリードはミッドウィークのCLを挟んで、8日に敵地でヘタフェと対戦する。一方、オサスナは7日にバレンシアをホームに迎える予定だ。

【スコア】
レアル・マドリード 1−1 オサスナ

【得点者】
1−0 42分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
1−1 50分 キケ・ガルシア(オサスナ)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4−3−3)
GK:ルニン
DF:カルバハル(86分 マリアーノ)、リュディガー、アラバ、メンディ(74分 ミリトン)
MF:チュアメニ(54分 カマヴィンガ)、セバージョス(54分 バルベルデ)、クロース(74分 アセンシオ)
FW:ロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウス

◆◇El Blanco Real Madrid 1220◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1663919686/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金沢、3位岡山に3-1快勝しJ2残留が決定!東京Vは染野先制弾など仙台に快勝!秋田は熊本に勝利!千葉は水戸に勝利 J2第39節日曜(関連まとめ)

【サッカー】J2第39節日曜 熊本×秋田、仙台×東京V、水戸×千葉、金沢×岡山、山口×岩手 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1664694335/
金沢J2第39節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/10/02(日) 16:05:35.81 ID:CAP_USER9.net

熊本 1−2 秋田
[得点者]
03'茂 平   (秋田)
52'藤山 智史 (秋田)
84'粟飯原 尚平(熊本)
スタジアム:えがお健康スタジアム
入場者数:5,428人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/100205/live/#live

仙台 0−2 東京V
[得点者]
76'染野 唯月(東京V)
88'阪野 豊史(東京V)
スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:11,187人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/100201/live/#live/

水戸 0−1 千葉
[得点者]
77'櫻川 ソロモン(千葉)PK
スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:5,476人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/100202/live/#live/


金沢 3−1 岡山
[得点者]
19'杉浦 恭平   (金沢)
29'ヨルディ バイス(岡山)
52'オウンゴール  (金沢)
90+1'嶋田 慎太郎 (金沢)
スタジアム:石川県西部緑地公園陸上競技場
入場者数:3,697人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/100203/live/#live/

山口 2−2 岩手
[得点者]
16'高井 和馬 (山口)
22'和田 昌士 (岩手)
30'高井 和馬 (山口)
90+6'ブレンネル(岩手)
スタジアム:セービング陸上競技場
入場者数:3,859人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/100204/live/#live/

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


PO圏内の3チームが揃って黒星! 金沢はJ2残留が決定【明治安田J2第39節】
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d69635fa1ac7a0f828e87983f62e6573297b951

2日、明治安田生命J2リーグ第39節の5試合が各地で行われた。

シーズンが深まるにつれて堅守に磨きがかかる4位のロアッソ熊本は、直近6試合で無敗と好調をキープ。今節は15位のブラウブリッツ秋田をホームに迎え撃った。

だが、今節は開始早々の3分に先制を許すと、後半立ち上がりにも自陣でのミスから追加点を献上。84分に粟飯原のゴールで1点を返すも、同点には至らず。1-2で手痛い黒星を喫した。

12位の東京ヴェルディは、なんとかプレーオフ圏内に踏みとどまりたい6位のベガルタ仙台のホーム、ユアテックスタジアムに乗り込んだ。

0-0のまま迎えた76分、東京Vはショートコーナーの流れから最後はゴール前で染野がヘディングシュートを叩き込み、待望の先制点をゲット。さらに88分には、途中出場したばかりの阪野が追加点を決めて0-2。仙台の反撃をねじ伏せ、アウェイで白星を飾っている。

10位のジェフユナイテッド千葉はアウェイで13位の水戸ホーリーホックと対戦。千葉は90分を通してシュート4本に終わるなど、なかなか攻撃の糸口を掴めない展開が続く。

それでも77分に得たPKのチャンスは、キッカーの櫻川ソロモンが冷静にネットへ突き刺す。虎の子の1点を守り抜いた千葉が0-1で勝利し、3試合ぶりの勝ち点3を挙げた。

3位のファジアーノ岡山はアウェイでツエーゲン金沢と対戦。19分に杉浦のゴールで金沢に先制を許すも、29分にPKから同点に。ヨルディ・バイスのキックは金沢GK白井にセーブされるも、弾かれたボールを自らネットに流し込んだ。

だが、1-1で迎えた後半立ち上がりの52分にそのヨルディ・バイスが痛恨のオウンゴールを献上。すぐさま反撃を開始するも、なかなかネットを揺らせず。アディショナルタイムに金沢に試合を決定づける3点目を奪われ、3-1で敗戦となった。なお、勝利した金沢はJ2残留が決定している。

J3降格圏の21位に低迷するいわてグルージャ盛岡は、アウェイで14位のレノファ山口と対戦。高井のゴールで先制を許して迎えた22分に和田の強烈ミドルで同点とするも、30分に再び高井にネットを揺らされる。

試合は山口の1点リードで終盤まで進み、岩手は敗戦も覚悟した中、終了間際に同点ゴールが生まれる。90+6分、右CKの流れから最後はブレンネルがボックス内でヘディングシュートし、山口DFに当たりながらもネットに吸い込まれた。2-2のドローに終わり、お互いに勝ち点1を分け合う結果となった。

◆明治安田生命J2リーグ第39節
▽10/2(日)
ロアッソ熊本 1-2 ブラウブリッツ秋田
ベガルタ仙台 0-2 東京ヴェルディ
水戸ホーリーホック 0-1 ジェフユナイテッド千葉
ツエーゲン金沢 3-1 ファジアーノ岡山
レノファ山口FC 2-2 いわてグルージャ盛岡

▽10/1(土)
モンテディオ山形 1-1 アルビレックス新潟
ザスパクサツ群馬 1-0 大宮アルディージャ
ヴァンフォーレ甲府 0-1 栃木SC
徳島ヴォルティス 3-2 FC町田ゼルビア
FC琉球 0-1 横浜FC
大分トリニータ 3-1 V・ファーレン長崎
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、相棒セルロートとの連携で1G1A「すごく信頼している」

「すごく信頼している」 久保建英、相棒セルロートとの“連係弾”に言及「ゴールすることだけを考えてた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5825aad61b79d2c7616203490cc80b43703111f3
久保とセルロート22-23第7節.jpg

後半39分のゴールは、カウンターからセルロートがパスを出して久保がフィニッシュ
 スペイン1部レアル・ソシエダは、現地時間10月2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節ジローナ戦で5-3と壮絶な打ち合いを制した。ノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートが2ゴール1アシスト、日本代表MF久保建英が1ゴール1アシストと2トップが機能。久保は試合後、「セルロートをすごく信頼している」と語っている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」がコメントを伝えた。

 前線の一角で先発出場となった久保は前半8分、元スペイン代表MFダビド・シルバのスルーパスを受け、左サイドから左足でクロスを供給。ファーサイドでノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートが合わせ、鮮やかに先制点を奪った。

 レアル・ソシエダは前半23分にジローナのスペイン人FWロドリゴ・リケルメにペナルティーエリア外からゴール左上隅に強烈なミドルシュートを突き刺され、同点に追い付かれる。さらに、同27分にもクリアが甘くなったところからジローナのスペイン人DFアルナウ・マルティネスにヘディングシュートを決められて逆転を許した。

 しかし、前半42分にセルロートが浮き球を胸トラップ&左足ボレーでニアをぶち抜いて同点とし、2-2で前半を折り返す。

 壮絶な打ち合いは後半も続く。同3分、ジローナはカウンターからアルゼンチン人FWバレンティン・カステジャーノスがペナルティーエリア外から右足シュートを放ち、勝ち越しゴールが生まれる。

 レアル・ソシエダも後半5分、久保が左サイドからドリブルで持ち込んで左足シュート。わずかに右に外れてゴールがならなかったが、同21分に右サイドからのセットプレーでスペイン代表MFブライス・メンデスのキックがそのままゴールへ流れ込んで追い付いた。

 さらにレアル・ソシエダは後半25分、シルバを起点にゴール前に持ち込み、スペイン人MFマルティン・スビメンディが勝ち越し弾。さらに、後半39分にはカウンターからセルロートのパスを受けた久保が豪快な左足シュートを決め、5-3で壮絶な打ち合いを制した。

「ムンド・デポルティーボ」紙によれば、レアル・ソシエダがアウェーで5ゴールを記録するのは2016年以来のこと。過去3試合でセルロートは4ゴール、そのうち3ゴールは久保がアシストしたものとなっている。

 記事では、「議論の余地のない相性」とホットラインについて触れ、「僕は彼のことをよく理解しているし、彼も僕のことをよく理解している。僕はセルロートをすごく信頼している。走ってディフェンダーを引き付けることは分かっていた。パスを受けた時にはゴールすることだけを考えていた」と久保のコメントを紹介していた。

【Real】久保建英応援スレ part904【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1664741107/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、1G1Aの大活躍も…まさかの一発退場に スタッド・ランスはトロワに追い付かれ2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー】伊東純也が1G1A!…も、まさかの1発退場に。スタッド・ランス、90分に同点弾許しトロワとドロー [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1664723077/
伊東純也22-23第9節ゴール.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2022/10/03(月) 00:04:37.99 ID:CAP_USER9.net

開幕8試合中5試合で退場者を出すなど、17位に低迷するスタッド・ランス。4試合ぶりの勝利を目指し、トロワと相見えた。

スタッド・ランスは伊東純也が先発入りを果たしている。

アウェイのスタッド・ランスは12分、連携からエリア内に侵入すると、スルーパスが伊東へ。右サイドから伊東はクロスを入れ、バロガンが合わせて先制に成功した。

後半に入った早々の51分、スタッド・ランスのビルドアップでGKディウフがミス。こぼれ球を押し込まれて振り出しに戻る。

直後の54分、スタッド・ランスはフリップスの右からのクロスを詰めたのは伊東。伊東の3ゴール目が決まり再び勝ち越す。

しかし、2分後に悲劇が。相手ボールを奪いにいった伊東の足裏が相手の膝に直撃したとしてレッドカードが提示。これでスタッド・ランスは9試合中6試合でレッドカードを受けることに。

その後、スタッド・ランスはトロワの猛攻をなんとか凌ぎ続けるも、90分に同点弾を許して試合終了。勝ち点3を目前で逃すこととなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fa5f73ee9bfb6c7f818fb93aa3922e3422722608



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【世界よ!これが久保建英だ】久保建英、絶妙1ゴール1アシスト!ソシエダはジローナとの乱打戦に5-3勝利(関連まとめ)

【サッカー】ソシエダ久保建英が1ゴール・1アシストと躍動!強烈左足弾で今季2点目、計8発の乱打戦勝利をもたらす [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1664735301/
久保22-23第7節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/10/03(月) 03:28:21.29 ID:CAP_USER9.net

 現地時間10月2日に開催されたラ・リーガの第7節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダが昇格組のジローナとアウェーで対戦した

 日本代表のドイツ遠征帰りの久保は、リーガでは3試合連続のスタメン入り。主戦場となっている2トップの一角に入った。

 試合はいきなり動く。開始8分、左サイドでシルバのスルーパスを受けた久保が、ダイレクトでグラウンダーの絶妙なクロス。相棒のセルロトが右足でネットを揺らし、先制点を挙げる。日本代表MFは、ヨーロッパリーグのオモニア・ニコシア戦、前節のエスパニョール戦に続き、これが公式戦3試合連続のアシストとなった。

 幸先よくリードを奪ったソシエダだが、23分にリケルメに強烈なミドルシュートを決められると、その4分後にも、セットプレーの流れからアルナウ・マルティネスにヘッドを叩き込まれ、逆転を許す。

しかし42分、左サイドの久保→メリーノ→スビメンディと渡り、浮き球のパス。これをセルロトが胸トラップから左足のボレーでゴールに突き刺し、振り出しに戻す。


 後半開始早々の48分、アウェーチームはカウンターから敵のFWカステジャノスに持ち込まれ、ミドルシュートで再び勝ち越し点を献上する。

 直後の50分、久保がドリブルでエリア内に切れ込み、左足でシュート。しかし、惜しくも枠を外れる。59分にもシルバのパスを受け、左サイドを抉ってクロスを送り込むも、中で合わせることができない。

 迎えた66分、メンデスが送り込んだFKがそのままネットを揺らし、同点に追いつく。

 さらに71分、久保も絡んだ左サイドのパスワークから、最後はシルバのクロスをメリーノが落としたボールをスビメンディが詰めて、逆転ゴールを奪う。

 80分には、前線で久保が競り合い、こぼれ球を拾ったセルロトがフリーでシュートを放つも、ポストに当ててしまう。

 迎えた85分、カウンターからセルロトのパスをエリア内左サイドで受けた久保が左足を一閃。強烈なシュートを逆サイドに突き刺し、今季2点目を奪う。

 88分で交代した久保の1ゴール・1アシストの活躍で、ソシエダが5−3の勝利を飾っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce5509522b25980898bf0f51bdb59a719615e896



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:51 | 大阪 | Comment(31) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【怪物ハーランド】マンC、ハーランド3G2A&フォーデン3Gの大活躍でマンUとのダービー戦に6-3大勝(関連まとめ)

ハーランドとフォーデンが圧巻のハットトリック!シティがマンチェスター・ダービーに6発圧勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3fa40d7ad13ff6c860384b43bff1db67fec8f50
ハーランドとフォーデン22-23第9節ゴール.jpg

現地時間2日、イングランド・プレミアリーグは第9節が行われ、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドによる「マンチェスター・ダービー」が行われた。

ハーランド、フォーデン、グリーリッシュが前線に並ぶシティに対し、ユナイテッドはラッシュフォードの1トップをブルーノ・フェルナンデス、アントニー、サンチョがサポートする形。クリスティアーノ・ロナウドはベンチスタートとなった。

立ち上がりからホームのシティが圧倒的にボールを支配し、ユナイテッドゴールを脅かしていく。早くもクリアが精一杯の状況となったユナイテッドを尻目に、シティは8分、ペナルティーエリア左でボールを受けたベルナルド・シウヴァがダイレクトで折り返すと、ニアサイドに走り込んだフォーデンが左足で合わせ、幸先よく先制する。

その後もギュンドアンのFKが右のポストを叩くなどユナイテッドゴールを脅かすシティは32分、デ・ブライネのミドルシュートから左CKを獲得。デ・ブライネの左CKをハーランドが頭で合わせると、ゴールライン上でマラシアがクリアしたかに思われたが、ラインを割っておりシティが追加点を挙げた。

さらに37分、ペナルティーエリア手前右でボールを受けたデ・ブライネがGKとDFの間にクロス気味のスルーパスを通すと、エリア内左に走り込んだハーランドが滑り込みながら合わせ、シティが3-0とリードを広げた。

40分に両チームに負傷者が出て、シティはウォーカーに代えてゴメスを投入し、ユナイテッドはヴァランに代えてリンデレフを投入。それでも試合の流れは変わらず、44分にはカウンターからデ・ブライネが持ち上がり、左のハーランドに展開すると、ペナルティーエリア左からゴール前に折り返す。逆サイドを走っていたフォーデンがゴール前で合わせ、シティが前半だけで4-0とした。

ボールポゼッションが62%、シュート数はシティの15本に対しわずか3本と前半圧倒されたユナイテッドは後半、マラシアに代えてショーを投入。すると56分、エリクセンからの大きなサイドチェンジを受けたアントニーがカットインして左足を振り抜くと、カーブのかかった強烈なシュートがゴール左へと吸い込まれ、ユナイテッドが1点を返す。

ここから盛り返したいユナイテッドは59分にラッシュフォードとマクトミネイを下げてマルシャルとカゼミーロを投入。しかし64分、デ・ブライネからのパスをペナルティーエリア左で受けたゴメスの折り返しを、ゴール前のハーランドがダイレクトで合わせてハットトリックを達成し、5-1と再び4点差に。

さらに72分、ハーランドのスルーパスを受けたフォーデンもハットトリックを達成し、6-1とリードは5点差に広がった。

勝利を決定付けたシティは75分、ギュンドアン、デ・ブライネ、グリーリッシュ、フォーデンを下げてラポルト、パルマー、アルバレス、マフレズを投入。意地を見せたいユナイテッドは84分、フレッジのシュートのこぼれ球をマルシャルが頭で押し込んで6-2とすると、89分にはPKを獲得。このPKをマルシャルが自ら沈め、6-3と3点差に詰め寄った。

しかしユナイテッドの反撃もそこまで。6ゴールを挙げたシティがダービーを制し、首位アーセナルとの勝ち点差を維持した。

■試合結果
マン・C 6-3 マン・U

■得点者
マン・C:フォーデン(8分、44分、72分)、ハーランド(34分、37分、64分)
マン・U:アントニー(56分)、マルシャル(84分、90+1分PK)

BLUEMOONマンチェスターシティ 492citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1664715091/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:41 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、レバンドフスキ絶妙ゴールでリーガ6戦連発の9得点目!マジョルカに苦しみながらも1-0勝利

レヴァンドフスキがリーガ6戦連発で今季9得点目! バルサ、苦しみながらもマジョルカに勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe5b108597827c062cb452c43a96493ea57c9ff2
レバンドフスキ22-23第7節ゴール.jpg

 ラ・リーガ第7節が10月1日に行われ、バルセロナが敵地でマジョルカと対戦した。

 開幕戦のラージョ・バジェカーノ戦をスコアレスドローで終えたバルセロナだったが、その後はラ・リーガで5連勝を記録。チャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンに敗れて今季の公式戦初黒星を喫したものの、シャビ・エルナンデス監督の下で安定して勝ち点を積み重ねている。一方、マジョルカはここまで2勝2分2敗とまずまずの成績。まだ序盤ではあるものの、降格圏からはしっかりと勝ち点差をつけている。

 バルセロナは9月のインターナショナルマッチウィークで最終ラインに負傷者が続出。ジュール・クンデ、ロナルド・アラウホに加えて、最終ラインで起用された経験のあるフレンキー・デ・ヨングまでもが戦線を離脱した。エクトル・ベジェリンもケガを抱えており、この日はジェラール・ピケが第5節カディス戦以来、今季2度目のスタメン入り。右サイドバックは、左利きのアレハンドロ・バルデが務めた。アンス・ファティは左ウイングで今季初スタメンを飾っている。

 最初にチャンスを作ったのはバルセロナ。20分、左サイドでジョルディ・アルバからのパスを受けたファティが、ワンフェイクから門を通す縦パスを供給する。左サイドから持ち運んだロベルト・レヴァンドフスキは、鋭い切り返しから右足でフィニッシュ。ファーサイドを狙った一撃がネットを揺らし、バルセロナが先手を取った。

 その後はマジョルカの堅守が光り、バルセロナはなかなか決定的なチャンスを作り出すことはできない。すると36分、マジョルカにもチャンスが到来。ボックス右でボールを持ったアントニオ・サンチェスのクロスボールを走り込んだハウメ・コスタが合わせるも、シュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに防がれた。前半はこのままバルセロナの1点リードで終了する。

 後半に入るとマジョルカが前への圧力を強める。51分、ボックス右のスペースに侵入したアントニオ・サンチェスが自らフィニッシュ。これはテア・シュテーゲンがわずかに触り、枠の外へ。61分にはバルセロナ。ロングボール1本で右サイドを抜け出したウスマン・デンベレがマイナスに折り返すと、フランク・ケシエがミドルシュートを狙う。この一撃は枠を外れた。

 バルセロナはマジョルカの堅い守備の前になかなかシュートチャンスを増やせない。マジョルカは89分にイ・ガンインがチャンスを迎えたが、角度のないところから狙った右足シュートはわずかにゴール左へ。結局試合はこのままタイムアップ。バルセロナは攻めあぐねる時間帯が多かったものの、レヴァンドフスキのラ・リーガ6試合連続9ゴール目で、連勝を「6」に伸ばした。一方、マジョルカは狙い通りに試合を進めたものの、レヴァンドフスキの1発に泣く形となっている。

 次節、バルセロナはミッドウィークのCL・インテル戦を挟み、9日にセルタをホームに迎える。一方、マジョルカは10日に敵地でエルチェと対戦予定だ。

【スコア】
マジョルカ 0−1 バルセロナ

【得点者】
0−1 20分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ)

ラ・リーガ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1664650775/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旗手怜央、絶妙決勝ミドル弾で今季初ゴール!古橋亨梧も先制弾で今季7得点目!セルティックは2-1勝利し首位キープ(関連まとめ)

【サッカー】古橋亨梧の今季7点目に旗手怜央の初ゴール!セルティック、日本人選手躍動で首位キープに成功 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1664639690/
旗手怜央22-23第9節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/10/02(日) 00:54:50.17 ID:CAP_USER9.net

スコティッシュ・プレミアシップは1日に第9節が行われ、セルティックはマザーウェルと対戦した。

前節セント・ミレン相手に(0-2)今季初黒星を喫し、開幕から続いたリーグ戦の連勝が「6」でストップしたセルティック。本拠地セルティック・パークでの勝利を取り戻したい一戦となったが、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央はともにスタメン入りを果たした。

試合序盤から前田がスペースに飛び出してチャンスを作るなど、セルティックは主導権を握る。すると15分に先制。決めたのは、エースFW古橋だった。リーグ戦では2試合得点がなかったが、代表ウィーク明けに早速ネットを揺らしている。なお、日本代表FWはこれで今季リーグ戦8試合目にして7ゴールに到達した。

しかし、セルティックは36分にCK対応のミスから失点。追いつかれたまま前半を折り返す。さらに後半序盤もピンチが続くなど、苦しい展開となる。

それでも64分、セルティックが勝ち越しに成功。決めたのは旗手だった。CKからボックス左脇付近でパスを受けると、シュートコースを作ってボックス外から強烈なミドルシュートを突き刺した。嬉しい今季初ゴールで、チームに勝ち越し点をもたらす。

セルティックはその後、終盤に退場者を出したが、リードを守りきって2-1と勝利。今季リーグ戦7勝目を挙げ、勝ち点21で首位をキープしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00e13237d42b35d5d5baebc2fa1c2595bf5fdde3



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2水戸、秋葉忠宏監督の今季限りでの退任を発表「また戻ってこられるような指導者に」(関連まとめ)

水戸の秋葉忠宏監督が今季限りで退任へ「また戻ってこられるような指導者に」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f1df05967ade532c466bd7e40789d95be7120cb
秋葉監督2022水戸マスク.jpg

水戸ホーリーホックは2日、秋葉忠宏監督(46)が今季限りで退任することを発表した。

現役時代はアルビレックス新潟で200試合以上の出場記録を持つ秋葉監督は、2009年に当時神奈川県社会人リーグに所属していたSC相模原で選手兼監督として指導者キャリアをスタート。2010年に現役を引退し、監督業一本に絞った。

その後はザスパクサツ群馬の監督や、世代別の日本代表コーチを経て、2020年から以前ヘッドコーチを務めた水戸の監督に就任。1年目はJ2リーグ9位、2年目が10位でフィニッシュさせた。

今シーズンはリーグ戦39試合を消化した時点で16位。残留をほぼ確実なものとしているが、今季限りで袂を分かつことになったようだ。

「日頃より水戸ホーリーホックを応援してくださるファン・サポーター、パートナー企業、ホームタウンを始めとするホーリーホックファミリーのみなさん、いつもありがとうございます」

「この3年間、たくさんのことにトライさせてもらい、色々な別れや新しい出会いを経験し、充実した時間を過ごさせていただきました。ファン・サポーター、パートナー企業、フロント、全てが近いファミリー感がとても好きです」

「クラブが大きくなっていこうとしている様子が目に見えて伝わってきていたからこそ、ホーリーホックファミリーと一緒に歩んでいく時間がすごく楽しく感じられました」

「でも、だからこそ選手たちが良くやってくれている中で結果を出すことができず、新しい景色にたどり着けなかったことを本当に申し訳なく感じています」

「それと同時に、この厳しい世界の中でもっと選手の成長を手助けできる、結果を引き出せる指導者になりたいと思い、精進し修行をし、またこのクラブに戻ってこられるような指導者になりたいと思います」

「今の水戸ホーリーホックの規模からしたら、J2に居続けること自体が当たり前でありません。みなさんの力がないと、J2に居続けることも新しい景色を見ることもできないと思います」

「今以上に大勢の方を巻き込み、大勢の方に支援してもらい繋がることで、一緒に感動や喜びを共有し新しい景色へたどり着けるクラブになることを期待しています」

「水戸ホーリーホックは、自分にとって指導者として本格的にキャリアをスタートさせた思い入れのあるクラブです。名実ともにJ1昇格に値するクラブへと歩んでいくことをいつまでも応援しています」

「残り3試合、最後まで水戸ホーリーホックらしく、アグレッシブで超攻撃的で獰猛なチームだと示せるようにしっかりとしたものをお見せしたいと思いますので、一緒にフットボールを楽しみながら、エキサイティングで心揺さぶる瞬間を共有していただければ嬉しく思います」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14984
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1664639514/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)