アンテナ・まとめ RSS

2017年06月23日

吉田所属サウサンプトン、マウリシオ・ペジェグリーノ氏が来季監督の見通し…昨季はアラベスで指揮

サウサンプトン 新監督にペジェグリーノ氏の見通し 地元紙報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000168-spnannex-socc
ペジェグリーノ監督.jpg

日本代表DF吉田麻也(28)が所属するサウサンプトンの新監督に、アルゼンチン人のマウリシオ・ペジェグリーノ氏(45)が就任する見通しになったと23日、地元紙デーリー・エコーが伝えた。

 サウサンプトンは、元アヤックス監督のフランク・デブール氏(47=オランダ)とも面談を行ってきたが、ペジェグリーノ氏と契約間近になったという。契約交渉は細部を残すのみで、早ければ週明けにも就任が発表される見通し。

 現役時代はセンターバックだったペジェグリーノ氏は、バルセロナ、バレンシア、リバプールなどでプレー。引退後はバレンシアの指揮官を務めたほか、今季はアラベスを率いてスペイン国王杯決勝に進出した。若手育成に定評があることも、サウサンプトンは重視したという。

 14日に解任されたクロード・ピュエル監督(55=フランス)の後任候補には、前ドルトムント監督のトーマス・トゥヘル氏(43=ドイツ)、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏(64=イタリア)らの名前も挙がっていた。

Southampton FC 吉田麻也 part83
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1496379113/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:18 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖、鎌田大地のフランクフルト移籍で基本合意!竹原社長「彼にとっていいキャリアのスタートになると思う」(関連まとめ)

【サッカー】<サガン鳥栖>鎌田移籍でフランクフルトと基本合意!移籍金は約3億円とみられる「彼にとっていいキャリアのスタート」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498215843/
鎌田大地2017鳥栖02.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 20:04:03.40 ID:CAP_USER9.net

サッカー・J1鳥栖の竹原稔社長は23日、MF鎌田大地(20)がドイツ1部リーグのフランクフルトに完全移籍することについて、両クラブ間で基本合意したことを明らかにした。

 移籍金は約3億円とみられる。竹原社長は「彼にとっていいキャリアのスタートになると思う」と話した。鳥栖は同日、韓国・Kリーグの蔚山からDF鄭昇●(23)の加入を発表した。(●は火へんに「玄」。チョンスンヒョン)

6/23(金) 19:50配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00050126-yom-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:09 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、豪州代表FWバーンズの退団を発表「全てが良い思い出」(関連まとめ)

東京FWバーンズ今月末退団「新たなチャレンジを」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01844796-nksports-socc
バーンズFC東京.jpg

FC東京は23日、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズ(29)が今月末に退団すると発表した。

 契約が満了する30日まで練習に参加し、新たな移籍先を探すという。この日、小平グラウンドでサポーターにも別れを告げたバーンズは「今季途中でFC東京を離れることは寂しく、残念です。良い時ばかりではなかったけど、この2年間は素晴らしい日々を送れた。新たなチャレンジをする時が来たので、今後を楽しみにしたい」とコメントした。

 バーンズは15年7月、オーストラリアAリーグのウェリントン(ニュージーランド)から加入。14−15年シーズンの同国リーグMVPに輝いた実績を引っ提げて早々に出番をつかみ、7月25日の鹿島戦でJリーグ初得点。8月2日のドイツ遠征フランクフルト戦でもゴールを決めた。「すべてが良い思い出だけど、加入して最初の2カ月が特に記憶に残っている。ドイツでの点も、鹿島でのヘディングでの点も、それ以外の点も、すべてのゴールを覚えているよ」と感慨深そうに振り返った。

 しかし、チームが大型補強した今季は仲間に押し出され、J1リーグ戦の出場はなし。ルヴァン杯とJ3リーグ東京U−23(23歳以下)での出場(4試合)にとどまっていた。J1通算は26試合3得点だった。

 来季については、母国のニューカッスルが興味を示しているとも伝えられているが「まだ分からないけれど、ポジティブに考えているよ。どこでもプレーできる自信はある」。日本に残る選択肢もあるか聞かれると「もちろん。こっちに来てみて、Jリーグはアジアでも本当にレベルの高いリーグだと分かったし、東京という街も、ほかのオーストラリアの街と比べても素晴らしかった」と愛着を示した。

 代表では、8月31日にW杯ロシア大会アジア最終予選の日本−オーストラリア戦(埼玉)が控える。「また会えますか?」と言葉をかけられると「日本で試合できることを楽しみにしているよ」と笑顔を見せた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9146
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1498151406/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリエA昇格のSPAL、ピカチュウやジョン・レノン獲得を狙う

【サッカー】ピカチュウやジョン・レノン獲得狙う セリエA昇格のSPAL
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498146726/
ピカチュウ選手.jpg

1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 00:52:06.70 ID:CAP_USER9.net

来季セリエA昇格クラブ、「ピカチュウ」や「ジョン・レノン」獲得を狙う?

6/22(木) 22:09配信

フットボールチャンネル

 来シーズンのイタリア・セリエAで、「ピカチュウ選手」がプレーすることになる可能性もあるかもしれない。 2部からの昇格を決めたSPALが、ブラジルの珍名選手の獲得に関心を抱いていると報じられている。

 移籍の噂が伝えられているのは、ブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマに所属する25歳のDFヤーゴ・ピカチュウ。本名はグライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボアという名前だが、選手としては「ピカチュウ」の登録名でプレーしている。

 もちろんこの名前は、「ポケットモンスター」に由来している。だが本人がつけたニックネームではなく、過去のインタビューによれば、「コーチにそう呼ばれたんだ。背が低く、すばしっこかったからね」ということだという。

 21日付の伊紙『ラ・ヌオーヴァ・フェッラーラ』は、来季からのセリエA昇格を決めたSPALがそのピカチュウの獲得に関心を持っていると報じた。SPALは右サイドバックを探しており、その候補の一人だとみられている。別の候補としては、ブラジルのクルゼイロに所属する「ジョン・レノン」選手もいるとして、こちらも名前が注目されている。

 だが、ヴァスコがピカチュウの移籍金として要求する額は安くはなく、獲得には困難が伴う見通しだとも伝えられている。今季初めてプレーするブラジル全国選手権1部でここまで6試合2得点を記録するなどの活躍により、移籍市場での価値は高まっているようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00218463-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:44 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、リオ五輪韓国代表DFチョン・スンヒョンの獲得を発表(関連まとめ)

鳥栖がリオ五輪韓国代表DF獲得
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01641150-gekisaka-soccチョン・スンヒョンリオ五輪.jpg


 サガン鳥栖は23日、韓国Kリーグの蔚山現代からDFチョン・スンヒョン(23)を獲得することで基本合意したと発表した。

 チョンは延世大から15年に蔚山に入団。16年夏に行われたリオデジャネイロ五輪には韓国代表の一員として参加。4試合すべてに先発出場していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9146
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1498151406/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:22 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、来季どこでプレー?テネリフェが昇格逃しても1部でプレーする可能性も

【サッカー】<柴崎岳>来季どこでプレーする?1部 中堅クラブが手を挙げ、好条件のオファーを提示してくる可能性は十二分にある
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498167737/
柴崎2017PO準決勝拍手.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 06:42:17.98 ID:CAP_USER9.net

昇格決定なら2年の契約延長が既定路線か。

 リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ決勝、ヘタフェ戦(第1レグ)で、決勝点をアシストするなど絶好調をキープしている。スペイン国内における柴崎岳の声価は、日増しに高まっている。
 
 大一番の第2レグを前に気になるのが、日本代表MFの去就だ。テネリフェとの現行契約は6月30日まで。はたして来シーズンはどこでプレーするのだろうか。
 
 6月上旬に地元紙『eldorsal』が報じたのが、テネリフェと2年の契約延長で基本合意に達したというもの。「チームが1部昇格を決めた場合、自動的に契約が延長されるオプション」だと報じた。

レギュラーシーズン終盤に定位置と信頼を勝ち取り、プレーオフに入ってから1得点・1アシストを記録、攻撃の急先鋒として存在を誇示している。テネリフェとしてはたとえ昇格を逃したとしても、チームに留めおきたい重要戦力だろう。
 
 とはいえ、スペインの国内メディアが連日報道しているように、柴崎の評価はうなぎ登り。テクニックとアジリティーを高次元に兼備する好タレントで、リーガ・エスパニョーラのスタイルにも完全にフィットしたと見られている。全国紙の『MARCA』はプレーオフ決勝第1レグの後に、「誰もが欲しがる人材だ」と評した。
 
 昨年末のクラブワールドカップ決勝、レアル・マドリー戦での大活躍が記憶に新しく、もともとスペインでの知名度は低くない。にわかに移籍市場でもその名が上がるようになっているのだ。
 
 もしテネリフェが第2レグでヘタフェに逆転され、来シーズンも2部で戦うことになったら──。もちろん、柴崎が2部でのプレーを継続する現実的な選択肢は否定できない。ただ、6月30日で契約満了となり、移籍金ゼロで獲得できる25歳の有望株を、リーガ1部のクラブが放っておくだろうか。中堅クラブが手を挙げ、好条件のオファーを提示してくる可能性は十二分にある。
 
 いずれにせよ、結論が出るのはファイナルゲームが終わってからだ。みずからの去就にも大きく関わる運命の第2レグは、日本時間の6月25日午前4時キックオフだ。

サッカーダイジェスト6/23(金) 5:53配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00027088-sdigestw-socc

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:41 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】G大阪、堂安律のオランダ・フローニンゲンへの電撃移籍を発表!1年間の期限付き移籍(関連まとめ)

G大阪・堂安、フローニンゲン移籍 飛躍誓う「死にものぐるいで」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000101-spnannex-socc
堂安G大阪ポーズ.jpg

G大阪のUー20代表MF堂安律(18)がオランダ1部フローニンゲンに移籍することが23日、決定した。1年間の期限付き移籍で、年俸は30万ユーロ(推定金額)。この日、堂安は吹田スタジアムで記者会見を行った。

 フローニンゲンは昨季リーグ8位。リーグ5位の55得点を挙げるなど攻撃力に定評のあるチームで、15〜16年シーズンはクラブ初の欧州リーグ出場も果たした。来季は欧州カップ戦には出場できないが、18〜19年の出場を目指し、Uー20W杯で4試合3得点を挙げた日本の若き至宝に白羽の矢を立てた。

 G大阪は慰留に努めたが、本人の意思が固く、最終的に容認。堂安は「タイミングで行くのは申し訳ないが、その中でも後押ししてくれたスタッフには感謝している。死にものぐるいで1年間、やっていきたい」とさらなる飛躍を口にした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9146
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1498151406/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:17 | 大阪 ☁ | Comment(19) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツとチリ、1-1ドローで突破持ち越し!サンチェスが代表歴代最多得点者に!豪州とカメルーンもドロー コンフェデ杯(関連まとめ)

【サッカー】<FIFAコンフェデ杯>ドイツとチリは痛み分け…豪州はカメルーンとドロー!またも勝ちきれず
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498166935/
サンチェス2017コンフェデ杯ドイツ戦ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 06:28:55.12 ID:CAP_USER9.net

◆ドイツとチリはドローで突破お預け…A・サンチェスが代表歴代最多得点者に

FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB第2節が22日に行われ、ドイツ代表とチリ代表が対戦した。

 ドイツは初戦でオーストラリアに3−2で競り勝ち、チリはカメルーンに2−0で快勝。白星スタートの両チームは、今節勝利すればグループステージ突破が決まる。

 ドイツはスタメンを4名変更し、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、DFマティアス・ギンター、DFニクラス・ズーレ、MFエムレ・ジャンがスタメン入り。初戦でゴールを決めたキャプテンのMFユリアン・ドラクスラー、MFラース・シュティンドル、MFレオン・ゴレツカも名を連ねた。

 チリは初戦でベンチスタートだったエースのFWアレクシス・サンチェスと出番がなかったMFパブロ・エルナンデスが先発出場。ガリー・メデルや、初戦で得点したMFアルトゥーロ・ビダルとMFエドゥアルド・バルガスらが引き続きスタメンに入った。

 試合は開始6分、チリは高い位置からプレスをかけたビダルが相手DFのボールをカット。こぼれ球拾ったA・サンチェスがビダルとのワンツーでペナルティエリア内左に抜け出し、左足シュートをゴール左隅に突き刺した。A・サンチェスは通算38点目でチリ代表歴代最多得点記録を更新した。

 先制後もゴールに迫るチリは20分、バルガスがエリア手前から強烈な右足シュートを放つが、これはクロスバーに弾き返された。

 ドイツは41分、エリア内左に走り込んだヨナス・ヘクターがジャンからのスルーパスをダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んだシュティンドルが右足で合わせて、試合を振り出し戻した。

 追い付かれたチリは前半アディショナルタイム1分、A・サンチェスが左サイドから切り込み、エリア手前中央で右足を振り抜くと、シュートは枠の左隅を捉えるが、GKテア・シュテーゲンの好セーブに阻まれた。

 前半は両チームが1点ずつ決めたが、後半に入るとお互い決め手を欠き、スコアが動かないままタイムアップ。ドイツとチリは勝ち点1を分け合い、グループステージ突破は最終節に持ち越しとなった。

 グループB最終節は25日に行われ、ドイツはカメルーンと、チリはオーストラリアと対戦する。

【スコア】
ドイツ 1−1 チリ
 
【得点者】
0−1 6分 アレクシス・サンチェス(チリ)
1−1 41分 ラース・シュティンドル(ドイツ)

FIFA
http://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334884/index.html

サッカーキング 6/23(金) 5:10配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00603687-soccerk-socc


3: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 06:29:24.82 ID:CAP_USER9.net

◆豪州、今大会初白星ならず…主将のPK弾で追いつきカメルーンとドロー

FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB第2節が22日に行われ、カメルーン代表とオーストラリア代表が対戦した。

 カメルーンは初戦でチリと対戦し、0−2で敗戦。対するオーストラリアも世界王者のドイツに一歩及ばず、2−3で敗れており、黒星スタートとなった両チームの対決となった。

 試合は前半終了間際に動く。最終ラインのミシェル・ンガドゥ・ンガジュイが前線へロングボールを供給。反応したアンドレ・フランク・ザンボがペナルティエリア内右に走り込み、右足で触ると、ボールは飛び出したGKの頭上を越してゴールネットを揺らし、カメルーンが先制に成功した。

 1点ビハインドで折り返したオーストラリアだが、60分に追いつく。アレックス・ガーズバックが相手エリア内でエルネスト・マブカに倒され、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による判断も経てPKを獲得。キッカーを務めたキャプテンのマーク・ミリガンが、ゴール左隅に決めて同点に追いついた。

 逆転したいオーストラリアは70分にトミ・ユリッチを下げて、ティム・ケーヒルを投入した。勝ち越しを狙うカメルーンは78分、右サイドからのクロスにエリア内中央のヴァンサン・アブバカルが頭で合わせるが、シュートはクロスバー上に外れた。

 オーストラリアは後半アディショナルタイム1分、左サイドからのクロスに、ジャクソン・アーヴァインがニアに飛び込むが、わずかに合わず、シュートまで持ち込めなかった。試合はこのまま1−1でタイムアップ。両チームとも今大会初白星を挙げられず、勝ち点1獲得にとどまった。

 グループB最終節は25日に行われ、カメルーンはドイツと、オーストラリアはチリと対戦する。

【スコア】
カメルーン 1−1 オーストラリア
 
【得点者】
1−0 45+1分 アンドレ・フランク・ザンボ(カメルーン)
1−1 60分 マーク・ミリガン(PK)(オーストラリア)

FIFA
http://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334880/index.html

サッカーキング 6/23(金) 2:16配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00603686-soccerk-socc


4: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 06:29:32.04 ID:CAP_USER9.net

◆ニュージランド以外の7チームに可能性…コンフェデ杯はGL突破チームが決まらないまま最終節へ

コンフェデレーションズ杯は22日にグループリーグ第2節が終了。準決勝に進出するチームが決まらないまま最終節に突入することとなった。

 グループAはポルトガルとメキシコがそれぞれ勝利をおさめ、勝ち点を『4』に伸ばした。一方、2連敗となったニュージランドの敗退が決まった。第3節はメキシコが勝ち点3の開催国ロシア、ポルトガルはニュージランドと対戦する。

 一方のグループBは2試合ともに1-1で引き分けに終わった。この結果、チリとドイツが勝ち点4でグループリーグ突破に王手をかけ、オーストラリアとカメルーンは勝ち点1で最終節の勝利が絶対条件となった。第3節はドイツがカメルーン、チリがオーストラリアと準決勝進出をかけて戦う。

 なお、グループリーグ第3節はグループAが24日、グループBが25日に開催される。

■[グループA]
1.メキシコ(4)+1
2.ポルトガル(4)+1
3.ロシア(3)+1
4.ニュージーランド(0)-3

第3節
(6月24日)
メキシコ 24:00 ロシア [カザン]
ニュージーランド 24:00 ポルトガル [サンクトペテルブルク]

■[グループB]
1.チリ(4)+2
2.ドイツ(4)+1
3.オーストラリア(1)-1
4.カメルーン(1)-2

第3節
(6月25日)
ドイツ 24:00 カメルーン [ソチ]
チリ 24:00 オーストラリア [モスクワ]

ゲキサカ 6/23(金) 5:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01641149-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:16 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独紙、長谷部誠を絶賛「ベッケンバウアーのようなリベロとして働いた」「彼が居なければ3バックの意味をなさなかった」

【サッカー】<“カイザー・長谷部”がいないとダメ!>独紙が日本の主将を大絶賛!「彼がいないと3バックの意味ない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498150684/
長谷部2017フランクフルト練習着.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 01:58:04.49 ID:CAP_USER9.net

リベロとして機能

シーズン終盤は苦しい戦いとなってしまったが、ニコ・コバチ率いるフランクフルトは今季ブンデスリーガで印象的な戦いを見せてくれ

中でも特徴的だったのは、日本代表MF長谷部誠を3バックの中央に据えるシステムだ。 シーズン途中から採用したこのシステムは見事にフィットし、一時はヨーロッパリーグ出場権を狙える位置にまで順位を上げることができた。

地元紙『Frankfurter Neue Presse』も長谷部のことを絶賛しており、「コバチは長谷部の正しいポジションを発見した。 長谷部は基本的にヘスス・バジェホ、ダビド・アブラハムとともに3バックの中央でプレイし、これがフィットした。彼はフランツ・ベッケンバウアーのようなリベロとして動いた」と伝えている。

長谷部の本職は中盤だが、その統率力と冷静な状況判断はリベロの役割に合っていた。センターバックを任せるにはサイズに不安もあったはずだが、コバチのコンバートは見事だったと言える。

その効果は守備面だけでなく、ビルドアップでも効果があっもともとボランチを務める長谷部は最終ラインに下がったことでプレッシャーを回避しやすくなり、そこからシンプルにボールを散らすことが可能となった。

同メディアは「長谷部はフリーマンだった。彼にプレッシャーがかからないようになっていたので、彼は3バックの中央から攻撃の第1歩となるパスを出せた」と分析している。

ただ残念だったのは、長谷部が3月のバイエルン戦で膝を痛めてシーズンを終えてしまったことだ。その頃よりチームの勢いには陰りがあったが、同メディアは「長谷部がいなければリベロを含む3バックは意味をなさなかった」と伝えており、守備を統率する男の離脱を嘆いている。

その長谷部は復帰へ向けて着々と準備を進めており、すでにボールを使ったトレーニングを再開するところまできている。同メディアも来季再びリベロ・長谷部が見られることを期待しており、これまでと変わらずフランクフルトにとって重要な存在となりそうだ。

THE world 6/22(木) 18:40配信
http://www.theworldmagazine.jp/20170622/01world/germany/137675

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170622-00010019-theworld-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ローマMFサラー獲得を公式発表!昨季は公式戦19ゴールの活躍(関連まとめ)

【サッカー】<リヴァプール>ローマからエジプト代表MFモハメド・サラーの獲得を発表!移籍金はクラブ最高額52億円
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498169094/
サラー2017リバプール入団05.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 07:04:54.80 ID:CAP_USER9.net

リヴァプールは22日、ローマからエジプト代表MFモハメド・サラーを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 クラブは「長期契約」と発表しているが、イギリスメディア『BBC』によると、5年契約を締結した模様。背番号は「11」で、同番号を着けていたブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは「9」に変更となった。

 また、ローマの発表によると、移籍金は4200万ユーロ(約52億円)に加え、パフォーマンス次第で最高800万ユーロ(約10億円)が追加されるという。4200万ユーロは現在のレートで換算すると約3700万ポンドとなり、イングランド代表FWアンディ・キャロル(現ウェストハム)加入時の3500万ポンド(約50億円)を超えてリヴァプール史上最高額の移籍金となった。

 サラーは「加入できてとても興奮しているし、とても嬉しいよ。100パーセントの力で全てをクラブに捧げるつもりだ。このクラブのために何かを勝ち取りたいんだ。とてもいい選手が揃っている素晴らしいチームだ。昨シーズンの試合を見ていたけど、全員が勝利のために100パーセントを出していた」とコメントした。

 現在25歳の同選手は2014年にバーゼル(スイス)からチェルシーに加入したが、その後はレンタル移籍でフィオレンティーナやローマで過ごした。2016年夏にローマへ完全移籍すると、今シーズンは公式戦41試合に出場し、19ゴールを挙げる活躍を見せた。

サッカーキング6/23(金) 6:06配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00603742-soccerk-socc

写真
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2017/06/GettyImages-699918758.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:06 | 大阪 ☁ | Comment(28) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟、ブラジル人FWタンキ獲得内定を発表!メキシコ2部で10ゴール 群馬でもプレー

【サッカー】<最下位のアルビレックス新潟>タンキを完全移籍で獲得!…メキシコ2部で10発の大型FW
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498130640/
タンキ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/
2017/06/22(木) 20:24:00.77 ID:CAP_USER9.net

アルビレックス新潟は22日、メキシコ2部のカフェタレロス・デ・タパチューラに所属するブラジル人FWドウグラス・タンキが完全移籍で加入することが内定したと発表した。背番号は「11」。

ドウグラス・タンキは1993年生まれの23歳。身長188センチメートルの大型FWで、ブラジル国内のクラブを渡り歩いた後、2015年にはザスパクサツ群馬に加入して明治安田生命J2リーグで4試合出場1ゴールを記録している。2016−17シーズンはカフェタレロス・デ・タパチューラに所属し、メキシコ2部リーグで28試合出場10ゴールを記録している。

加入内定にあたり、ドウグラス・タンキは以下のようにコメントしている。

「新潟に来ることができて非常に嬉しく思います。チームの状況はよく理解していますが、チームメイトとともに、力を合わせて目標を達成できるようにがんばっていきたいと思います。アルビレックス新潟のサポーターの皆様、引き続き素晴らしいサポートをいただけますよう、お願いいたします」

なお新潟は、ドウグラス・タンキの特徴を「強じんなフィジカルを活かして重戦車のようにゴールに突き進むストライカー。利き足の左足はもちろん、右足、ヘディングから繰り出すパワフルで正確なシュートが持ち味で、高い決定力で得点源となる」と紹介している。

新潟は今季、明治安田生命J1リーグ第15節を終えて2勝2分け11敗、勝ち点「8」で最下位に低迷。次節は25日、鹿島アントラーズとのアウェイゲームに臨む。

6/22(木) 19:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00603613-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170622-00603613-soccerk-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪州代表、ミリガンPK弾でカメルーンに追い付き1-1ドロー 8/31日本とアジア最終予選で対戦(関連まとめ)

日本の“ライバル”豪州はカメルーンに先制許すもミリガンのPKで追いつく
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01641147-gekisaka-socc
ミリガン2017コンフェデ杯カメルーン戦PK.jpg

[6.22 コンフェデ杯GL第2節 カメルーン1-1オーストラリア サンクトペテルブルク]

 コンフェデレーションズ杯は22日、グループリーグ第2節2日目を行い、B組のオーストラリア代表(アジア代表)はカメルーン代表(アフリカ代表)と対戦し、1-1で引き分けた。ともに初戦を落とし、あとがないチーム同士の対決は痛み分け。25日の最終節でオーストラリアはチリ、カメルーンはドイツと対戦する。

 8月31日のW杯アジア最終予選で日本代表と対戦するオーストラリアは19日のドイツ戦(2-3)から先発2人を変更し、FWロビー・クルーズ、DFアレックス・ガースバックが今大会初先発を飾った。システムは変わらず3-4-2-1で、GKマット・ライアン、3バックは右からDFミロシュ・デゲネク、DFトレント・セインズバリー、DFベイリー・ライト。中盤では、ドイツ戦はシャドーの一角だったMFアーロン・ムーイがポジションを下げ、MFマーク・ミリガンとダブルボランチを組んだ。右ウイングバックはFWマシュー・レッキー、左ウイングバックはガースバック。前線はFWトミ・ユーリッチを最前線に置き、FWトム・ロギッチとクルーズがシャドーの位置に入った。

 オーストラリアは左ウイングバックで今大会初先発となった20歳のガースバックが積極的に高い位置を取るが、その背後のスペースをカメルーンの俊足FWクリスティアン・バソゴグが突く。前半32分にはガースバックの左クロスからこぼれ球をレッキーが左足で狙うが、ゴール上へ。なかなかフィニッシュまで持ち込めないオーストラリアに対し、カメルーンは個人技とコンビネーションを織り交ぜた多彩な攻撃で徐々にオーストラリアを押し込んだ。

 たびたびオーストラリアゴールに迫りながら最後の精度を欠き、チャンスを生かせずにいたカメルーンだが、前半アディショナルタイム、自陣からのロングパス1本にMFアンドレ・ザンボ・アンギッサが反応。中盤から飛び出し、PA内に走り込むと、前に出てきたGKよりも一瞬早く追いつき、右足のチップキックで無人のゴールに流し込んだ。

 1点ビハインドで前半を折り返したオーストラリアは後半立ち上がりから攻勢に出る。しかし、後半最初の決定機はカメルーン。後半12分、右サイドのスペースにスルーパスが通り、バソゴグがマイナスに折り返したボールをフリーのFWバンサン・アブバカルが右足で狙ったが、わずかにゴール左へ。追加点の絶好機を逃すと、オーストラリアは直後の後半14分、ガースバックがPA内でDFエルネスト・マブカに倒され、PKを獲得した。

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判断を待ち、判定が下るまでに時間を要したが、主審はあらためてPKを宣告。キッカーを務めたミリガンはきっちりゴール左隅に流し込み、1-1の同点に追いついた。後半20分、クルーズに代えてFWジェームス・トロイージを投入したオーストラリアは同25分にもユーリッチに代えて国際Aマッチ99試合目の出場となるFWティム・ケーヒルをピッチに送り込む。同34分には最後のカードを切り、ロギッチに代えてMFジャクソン・アーバインを投入した。

 終盤はカメルーンが再びオーストラリアを押し込んだが、後半33分、右クロスに飛び込んだアブバカルのダイビングヘッドはわずかにクロスバーを越える。結局、互い最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、1-1の引き分けに終わった。これでオーストラリア、カメルーンはともに1分1敗の勝ち点1で最終節に臨むことになった。

FIFA Confederations Cup Russia 2017★9
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1498149541/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:48 | 大阪 | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング