アンテナ・まとめ RSS

独代表GKノイアー「W杯敗退は日本戦のせい…2、3点差で勝てると思った」

【サッカー】「W杯敗退は日本戦のせい…2、3点差で勝てると思った」 ドイツ守護神ノイアーが悔しがる [尺アジ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1675558648/
ノイアー2022W杯.jpg

1: 尺アジ ★ 2023/02/05(日) 09:57:28.67 ID:fulrEjkO9.net

昨年末のワールドカップで日本代表に敗れるなどしてグループステージ敗退に終わったドイツ。

当初は開催地カタールの人権問題に抗議するためのOne Loveキャプテンマークを着用する予定だったが、FIFAから制裁処分を科される可能性が浮上したため、急遽口を塞ぐポーズに変更した。

あのポーズをした直後の日本戦は前半にPKで先制するも、後半30分と38分の連続失点で1-2で敗戦。

最終的な戦績は1勝1分1敗だったが、得失点差でグループステージ敗退となった。

そうしたなか、ドイツ代表のキャプテンであるマヌエル・ノイアーは『The Athletic』でこう話していたそう。

「国からのサポートは比較的少なかった。2010年大会の熱量と比べたら…あれはものすごかった。

これまでにないほど政治的な問題が注目された。

大会前のオマーンでのキャンプ以降、我々は重荷を背負わされることになった。

今から思えば、もっとサポートがあってもよかったかもしれない。そうすれば、よりスポーツに、日本戦に集中できたはずだ」


「(急遽方針転換を余儀なくされた後は)サッカーに集中した。

日本戦は素晴らしいスタートを切り、前半は支配できていた。

ピッチ上では誰もその話題(政治的問題)は頭になかった。『このままいければ、2-0か3-0で勝てる』と感じていた。

(グループステージ敗退となったのは)

日本戦の後半のせいだ。言葉にできないほど酷かった。

(1-1だった)スペイン戦はとてもよかったし、今W杯でのベストのひとつと言われた。

(2-4で逆転勝ちした)コスタリカ戦はOKだった。結局、得失点差で敗退してしまった」

政治的問題に揺れたことでサポートが少なかったと感じているようだ。


そのうえで、今大会で敗退になったのは日本戦の後半があまりに酷過ぎたからだと結論づけていた。

2023/02/04 12:30
Qoly

https://qoly.jp/2023/02/04/6hvkswnz-iks-1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(44) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、17位ウルブスに0-3完敗…新年4戦未勝利と苦境続く(関連まとめ)

【サッカー】泥沼リバプールが躍動ウルブスに敵地で3失点完敗…新年4戦未勝利と苦境続く [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1675532978/
ウルブス22-23第22節.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2023/02/05(日) 02:49:38.18 ID:ONw4cSGy9.net

プレミアリーグ第22節、ウォルバーハンプトンvsリバプールが4日にモリニュー・スタジアムで行われ、ホームのウルブスが3-0で勝利した。

新年以降、2敗1分けと3戦未勝利が続き9位に甘んじるリバプールは、今年に入ってFAカップ2試合で対戦した17位のウルブスを相手に新年リーグ初勝利を狙った。

クロップ監督は1-2で敗戦したFAカップのブライトン戦から先発2人を変更。負傷のコナテに代えてマティプ、エリオットに代えてヌニェスを起用した。

立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたウルブスが不調のリバプールを圧倒する意外な形で試合はスタートする。まずは5分、右サイドで相手の背後を取ったファン・ヒチャンがボックス右で速い折り返しを入れると、ニアでDFマティプに当たってコースが変わったボールが左ポストを内側を叩いてゴールラインを割った。

アグレッシブな姿勢が幸運なオウンゴールに繋がり、勢いを増すホームチーム。さらに12分には相手陣内右サイドで得たFKの二次攻撃からゴール前で混戦を生むと、キルマンのシュートは相手DFのブロックに阻まれるが、こぼれ球に反応したドーソンが豪快な右足シュートを突き刺し、ウルブスデビュー戦での値千金のゴールとした。
一方、瞬く間に2点のビハインドを背負う最悪の入りとなったリバプールは、失点直後にヌニェスの強烈なシュートでゴールに迫るが、これはGKジョゼ・サの好守に阻まれる。

これをキッカケに反撃態勢に入りたいところだったが、勢いづいたウルブスの攻勢をなかなか止められない。26分にはマティプの中途半端な守備対応の隙を突かれてマテウス・ヌネスにボックス内への侵入を許すが、ここはGKアリソンのビッグセーブで事なきを得る。
その後もメリハリの利いた守備、シンプルにハイラインの背後を狙うウルブスがペースを握る。右ハムストリングの負傷でファン・ヒチャンがアダマ・トラオレとの交代でピッチを去るアクシデントこそあったものの、リバプールにほぼ何もさせない完璧な内容で試合を折り返した。

低調なパフォーマンスに終始した前半45分を受け、複数のメンバー変更も予想されたが、クロップ監督は前半と同じメンバーを後半のピッチに送り出す。

その起用に応えたいアウェイチームの選手たちは立ち上がりから果敢にゴールを目指す。51分にはボックス内でナビ・ケイタ、ロバートソンと連続でシュートを放つが、いずれも相手守備のブロックに遭う。

以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開していくが、サラー、ガクポ、ヌニェスのアタッカー陣がなかなか良い形でフィニッシュに持ち込めない。

対して後半は守勢が続くウルブスは60分、クーニャとサラビアを下げてモウティーニョとヒメネスを投入。キープ力と守備のクレバーさが光るベテランに試合を落ち着かせる役割を託す。

すると、この交代策がホームチームに決定的な3点目をもたらした。71分、モウティーニョが高い位置での2度のプレスでバイチェティッチからボールを奪って背後のスペースを狙うアダマ・トラオレに完璧なスルーパスを供給。そのままボックス右に運んだスペイン代表からの折り返しを、最後はゴール前に走り込んだネヴェスがワンタッチで流し込んだ。

これで敗色濃厚となったリバプールは、エリオットやオックスレイド=チェンバレンをピッチに送り込んで一矢報いるゴールを目指したが、相手のほぼ2倍の22本のシュートはほとんど枠を捉えることができず。

そして、このままクリーンシートで試合を締めくくったウルブスがFAカップのリベンジを達成する3-0の完勝。一方、敵地で完敗のリバプールはまたしても新年初勝利を逃してリーグ4戦未勝利と泥沼の状況が続く。

https://web.ultra-soccer.jp/news/ampview?news_no=436810



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(34) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、C大阪復帰の記者会見 森島社長背負ったエース番号「8」に「大きなものに」(関連まとめ)

【C大阪】古巣復帰の香川真司が入団会見 森島社長背負ったエース番号「8」に「大きなものに
https://news.yahoo.co.jp/articles/528ff17d3fc99b1985689520420fca99504f1cea
香川2023C大阪復帰記者会見.jpg

 セレッソ大阪に12年半ぶりの復帰が決まった元日本代表MF香川真司(33)が5日、東京都内で記者会見に出席。森島寛晃社長(50)から背番号「8」のユニホームを手渡され、「自分がその番号を大きなものしていければ」と語った。

 香川は、スーツ姿で登場し「このたびはセレッソ入団記者会見にお集まりいただき、ありがとうございます。短い時間ではありますが、今の自分の思いを伝えたいと思います」と第一声。続いて森島社長が登壇し「これからセレッソのユニホームを着て、どういった活躍をしてくれるか、どのように勝利に導いてくれるか、ワクワク感でいっぱいです」と笑顔で話した。

 その後、森島社長からユニホームを香川に渡す形で、背番号「8」が発表された。

 香川はこれを受け「歴史のある、ずっと森島さんが背負われていて、また僕自身も背負わせていただき、その番号を背負いながら戦える(思いを)喜びに変えるだけ」と決意表明。森島氏が現役時代に着けたクラブエース番号への覚悟を示した。

 また、移籍の理由については「22年のワールドカップ(W杯)まで、そこまではヨーロッパと決めていて、そのあとはどう感じるか」とし、C大阪側の長期戦に及んだ熱意にこたえた思いを語った。

 高校時代にC大阪へと導いてくれた小菊昭雄監督(47)が、現在はチームの指揮をとる。

 これには「長い信頼関係を築いてきましたが、でも、選手と監督の関係」とし、古巣での再出発にあたっての思いを吐露。

 「横一列、競争の激しさは体験しているし、だからこそもっと飛躍していきたい。成長していきたい。日々のトレーニングに高みを目指しながらやっていきたい」と語った。

 これまでベルギー1部シントトロイデンに在籍。21歳だった10年6月以来となる、Jリーグ及び古巣への復帰になった。今回の移籍に関して、初めてコメントする香川の会見には、多くのメディアが集まり、注目を集めていた。

 チームは4日に宮崎キャンプを打ち上げ、香川は大阪市内で練習が再開される7日にも合流する可能性が高い。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15443
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1675532200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅野拓磨、独走ゴールで今季ブンデス初得点!ボーフムはホッフェンハイムとの下位対決に5-2大勝(関連まとめ)

【サッカー】浅野拓磨が快足飛ばし今季初ゴール!ボーフムも下位直接対決で快勝 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1675529958/
浅野22-23第19節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/02/05(日) 01:59:18.27 ID:73uFhJay9.net

ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、16位ボーフムは14位ホッフェンハイムとの下位直接対決に挑んだ。浅野拓磨は右サイドで先発している。

【動画】浅野拓磨、ボーフムで今季初ゴール!

22分、クリストファー・アントウィ=アジェイが左サイドをパスで抜け出すと、クロスにフリーとなっていたフィリップ・ホフマンが合わせ、ボーフムが先制点を奪う。

30分にも追加点。アジェイの左サイドからの折り返しをフィリップ・フェルスターが左足で丁寧に流し込み、2-0とする。2点をリードしたボーフムは40分に3点目。高い位置でアジェイからボールを受けた浅野がドリブルで仕掛ける。シザースでDFを抜き去ると、最後は左足でGKの股間を抜いて今季初ゴールを挙げた。

後半開始早々に1点を失ったボーフムだが、69分にコーナーキックからマソヴィッチが合わせ、4-1とする。

77分にはホッフェンハイムが再び1点を返すが、83分にモーリッツ・ブロシンスキーが右足でゴール左に沈め、5-2とする。直後に浅野は交代となった。

5-2で試合は終了し、ボーフムは3試合ぶりの白星となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6052ed0142c1de6ec19d2777191a410858658916
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、英地元紙が絶賛!「ブライトンの宝石。技術的にも最高」決勝ヘッド弾で3戦連発

【サッカー】またもヒーローに!三笘薫、ブライトン地元メディアで絶賛の嵐「宝石。技術的にも最高」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1675559074/
三笘22-23第22節ゴール02.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/02/05(日) 10:04:34.94 ID:73uFhJay9.net

ボーンマス戦で決勝点を奪った三笘薫は、ブライトン地元メディアでも絶賛を集めている。

【動画】止まらない三笘薫、今度は終盤のヘディング弾で3戦連発!

レスター戦(2-2)では見事なミドルシュートを沈め、リヴァプールとのFAカップ4回戦(2-1)では芸術的なタッチから後半アディショナルタイムに決勝点を奪っていた三笘。絶好調の日本代表ウインガーは、4日に行われたボーンマス戦でも先発入り。するとスコアレスで迎えた87分、ジェレミ・サルトミエントのクロスを頭で押し込み、これが決勝点に。ブライトンに1-0の勝利をもたらしている。

これで公式戦では3試合連続ゴール、さらに2試合連続で劇的な決勝点を奪った三笘。地元メディアも大活躍の25歳MFを絶賛している。

『Sussex World』は、10点満点中「9」とチーム最高評価。「ブライトンが手にした宝石だ。常に最も可能性を感じる選手であり、決勝点にふさわしい。スロースタートではあったものの、徐々に調子を取り戻し、何度も相手DFをかわした。技術的にも最高だ」と手放しで称賛している。

また『Sussex Live』もチーム最高タイとなる「8」と評価した。寸評では「前半の1/4はボーンマスに攻撃できないエリアでプレーさせられたが、後半になるにつれてほぼすべてのチャンスで相手を苦しめることに成功。そしてこの日の主役は見事なヘディングシュートを沈め、勝利に貢献している」と賛辞を送った。

これでプレミアリーグ今季5ゴール目となった三笘。その5ゴールはすべて直近7試合で決めているなど、ここまで6位と好調のブライトンを牽引する活躍を見せている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/27bcae095cd40a832b97ff38b794be4303548d4a




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:04 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ラッシュフォード決勝弾などC・パレスに2-1競り勝ち!カゼミロが一発退場も逃げ切り公式戦4連勝

マンUが公式戦4連勝、リーグ3戦ぶりの白星に! カゼミーロ退場もパレス相手に逃げ切り成功
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1eb9294c9957a08a08657ce7d44bad292db7e67
ラッシュフォードとブルーノ22-23第22節.jpg

 プレミアリーグ第22節が4日に行われ、マンチェスター・Uとクリスタル・パレスが対戦した。

 公式戦8試合を消化した怒涛の1月を終え、好調のマンチェスター・Uが更なる躍進を掲げて2月の戦いに臨む。プレミアリーグでは前節のアーセナル戦を終盤の失点で2−3と落としたものの、その後のFAカップで5回戦進出を決めると、カラバオ・カップ(EFLリーグカップ)ではノッティンガム・フォレストを2戦合計5−0で下して決勝戦へと駒を進めた。公式戦4連勝、そしてプレミアリーグでは3試合ぶりの勝利を目指す一戦は、ホームに現在12位のクリスタル・パレスを迎える。

 マンチェスター・Uは前回の公式戦、カラバオ・カップ準決勝セカンドレグのノッティンガム・フォレスト戦からスターティングメンバーを2名変更。ダビド・デ・ヘアとマーカス・ラッシュフォードがスタメンに復帰し、今冬の移籍市場最終日でレンタル移籍加入が決まったマルセル・サビツァーはベンチスタートとなっている。一方、クリスタル・パレスは前節のニューカッスル戦から3名を入れ替え。“デッドライン・デー”にアーセナルからレンタル移籍で加入したアルベール・サンビ・ロコンガ、シュトゥットガルトから完全移籍で加入したナウイロ・アハマダは共にベンチからのスタートとなった。

 試合は開始早々に動く。4分、マンチェスター・Uは左サイドでボールを受けたマーカス・ラッシュフォードのパスからルーク・ショーがペナルティエリア左に侵入。折り返しはDFにブロックされたものの、こぼれ球を拾ったラッシュフォードが再びクロスボールを狙う。このボールが相手のハンドを誘発し、マンチェスター・UがPKを獲得した。このPKをブルーノ・フェルナンデスが冷静に仕留め、マンチェスター・Uが先手を取っている。

 その後もマンチェスター・Uが押し込む展開が続く。27分、B・フェルナンデスのスルーパスからラッシュフォードが右足を振り抜くも、GKビセンテ・グアイタに弾き出される。31分には高い位置でボールを奪ったラッシュフォードがペナルティエリア手前から狙ったが、シュートはクロスバーの上へと外れた。前半はこのままマンチェスター・Uの1点リードで終了している。

 後半に入るとマンチェスター・Uが勝利を大きく手繰り寄せる追加点を記録。62分、アーロン・ワン・ビッサカのパスをダイレクトではたくと、ボールを受けたアレハンドロ・ガルナチョが横へ運んでボールを繋ぐ。ショーがダイレクトでグラウンダーのクロスボールを送ると、最後はラッシュフォードが押し込んだ。ラッシュフォードのプレミアリーグ2試合連続、公式戦通算19ゴール目でマンチェスター・Uがリードを広げている。

 しかし、直後の70分にはマンチェスター・Uにアクシデント。右サイドでボールを受けたアントニーに対するジェフリー・シュルップのファウルから、両チームが入り乱れる事態に。カゼミーロがウィル・ヒューズを止めようとした際に首を絞めてしまい、オンフィールドレビュー(OFR)の結果カゼミーロが退場処分となった。マンチェスター・Uは1人少ない状態での戦いを強いられることとなっている。

 76分には左コーナーキックがファーサイドに流れたところをシェイク・ドゥクレがダイレクトで繋ぎ、最後はシュルップがダイレクトでゴールネットを揺らす。数的優位となったクリスタル・パレスが1点を返した。

 マンチェスター・Uは81分、プレミアリーグデビュー戦となるサビツァーを送り出す。87分にはハリー・マグワイア、ヴィクトル・リンデロフを送り込んだ。試合最終盤は数的優位となったクリスタル・パレスに押し込まれたものの、試合はこのままタイムアップ。マンチェスター・Uが公式戦4連勝、プレミアリーグに限定すると3試合ぶりの白星を飾った。

 マンチェスター・Uはこの後リーズとの“連戦”が控えている。8日にホームで第8節延期分のリーズ戦を戦い、12日には次節開催の一戦として、敵地で行われるリーズ戦に臨むスケジュールだ。一方、クリスタル・パレスは11日に三笘薫が所属するブライトンをホームに迎える。

【スコア】
マンチェスター・U 2−1 クリスタル・パレス

【得点者】
1−0 7分 ブルーノ・フェルナンデス(PK/マンチェスター・U)
2−0 62分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
2−1 76分 ジェフリー・シュルップ(クリスタル・パレス)

† Red Devils Manchester United 1728 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1675520221/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上田綺世、反転スーパーゴールでチームを救う劇的同点弾!リーグ戦得点数は「10」に(関連まとめ)

【サッカー】上田綺世、3戦連発弾は起死回生の同点ゴールに!リーグ戦得点数は10に [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1675531700/
上田綺世22-23第24節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/02/05(日) 02:28:20.67 ID:73uFhJay9.net

セルクル・ブルッヘのFW上田綺世が3試合連続のゴールを挙げた。

セルクル・ブルッヘは4日、ジュピラーリーグ第24節でスタンダール・リエージュと対戦。終盤の81分にPKで先制され、セルクル・ブルッヘは敗色濃厚となったが、エースの上田がチームを救う。

アディショナルタイム、左サイドのロングスローから上田がエリア内で受けると、振り向きざまに右足を振り抜く。これがゴール左に突き刺さり、起死回生の同点弾となった。試合は1-1で終了し、ブルッヘは4試合負けなしとしている。

また、上田は3戦連発で、リーグ戦得点数を「10」としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a0fdcf8973777968525adfe35697f0e9b7f2064d



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:24 | 大阪 ☀ | Comment(27) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【主人公・三笘】三笘薫、劇的決勝ヘッド弾で3戦連続ゴール!ブライトンはボーンマスに1-0勝利(関連まとめ)

【サッカー】三笘薫が土壇場でまたしても大仕事!87分に圧巻の3戦連発弾をヘッドで叩き込み、ブライトンを1−0勝利に導く [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1675529833/
三笘22-23第22節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/02/05(日) 01:57:13.99 ID:73uFhJay9.net

 現地時間2月4日に開催されたプレミアリーグ第22節で、三笘薫を擁する7位のブライトンは、降格圏の18位に沈むボーンマスとホームで対戦した。


 出場した直近の6試合で4ゴールを挙げている三笘は、定位置の左サイドハーフに入り、公式戦8試合連続で先発。今冬の移籍を嘆願しながら、結局は残留となったカイセドは、ベンチスタートとなった。

 好調のブライトンは13分に、ショートカウンターを発動。ユニオンSGでも三笘と共闘していたウンダフが、ゴール至近距離から立て続けに3度シュートを放つも、ポストに阻まれるなどし、いずれもモノにできない。

 それまで人数をかけた徹底マークに遭い、前を向けずにいた日本代表MFには、35分に見せ場が到来。ペナルティエリア深くでボールを持つと、鋭い切り返しで相手をかわし、高速クロスを上げるが、得点には繋がらない。

 三笘はさらに44分には、エリア左端で切り替えした後に右足を一閃。しかし、相手のブロックに阻まれる。
 
 69%の支配率を記録したものの、思うように攻撃をさせてもらえず。スコアレスで折り返すと、後半開始早々に三笘が右アウトサイドで、意表を突いたラストパスをエリア内に送り込むが、ウンダフが触る寸前でGKネトにキャッチされる。

 1点が遠いホームチームは、57分に2枚替えを敢行し、注目のカイセドと、サルミエントを投入する。これにより、新たにピッチに入ったその2人と、先発のエストゥピニャンを合わせ、エクアドル代表が3人同時にプレーすることになった。

 その後はオープンな展開となるなか、カウンターなどからチャンスを作るが、ボーンマスの堅守は崩せない。

 それでも87分、三笘が直近のリバプール戦に続き、土壇場でまたしても大仕事をやってのける。左サイドからのクロスに上手くヘッドで合わせ、ゴールに流し込んだ。絶好調の背番号22はこれで公式戦3試合連発となった。

 試合はこのまま1−0でタイムアップ。三笘の値千金弾でブライトンが劇的勝利を収めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/24d14ed8d27446b1a873dd3afd87e89fccf4a3bf



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:24 | 大阪 | Comment(36) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、5カ月ぶりの敗戦…ダイシ監督初陣のエバートンに0-1で敗れる 冨安健洋は終盤途中出場(関連まとめ)

首位アーセナル、5か月ぶりの黒星…ダイシ監督初陣のエヴァートンを崩せず今季2敗目
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab76833d24fc902c1bc2550d4706cbed259cf39d
タウコウスキ22-23第22節ゴール.jpg

アーセナルは4日、プレミアリーグ第22節でエヴァートンとのアウェー戦を迎えた。

1試合消化の多い2位のマンチェスター・シティに5ポイント差をつけて首位に立つアーセナルが、19位に沈むエヴァートンと対戦。アーセナルでは冨安健洋がベンチスタートとなり、サカやウーデゴール、マルティネッリらが先発した。

試合序盤からボールを保持するアーセナルが能動的に攻め、先月末に就任したダイシ監督体制初戦のエヴァートンが堅守速攻を狙う展開となる。いつもどおり相手をショートパスで揺さぶろうとするアーセナルだが、エヴァートンの守備網をなかなか崩せず。30分にはボックス右で外のサカからパスを受けたエンケティアが仕掛けてシュート。しかし、これは枠を捉えることができない。

すると、33分にはエヴァートンに決定機。相手の連係ミスからハーフウェーライン付近でボールを奪ったオナナが一気にボックス左へ侵入してクロス。アーセナルにとって危険なグラウンダークロスを入れたが、わずかに味方には合わない。

対するアーセナルは43分、左サイドからのクロスに合わせたサカがゴール左を捉えるボレーシュートを放つも、GKが触れられなかった中でゴール右へカバーリングに入っていたコーディの好クリアに遭う。互いにチャンスを活かせなかった前半はそのまま0-0のまま終了した。

迎えた後半も前半と同様の展開になるが、エヴァートンも互角の戦いを見せる。アーセナルのアルテタ監督は59分に新戦力のトロサール、そしてデビュー戦となるジョルジーニョを投入したが、直後にスコアを動かしたのはエヴァートンだった。60分、右CKにファーサイドで合わせたタルコフスキがヘッド。このシュートがゴール右へ決まり、エヴァートンが先制する。

終盤にかけて、より勢いを増したエヴァートンに対して、アーセナルはなかなか主導権を掌握できない。終盤には冨安も投入した首位チームだが、最後までエヴァートンの守備を崩し切ることができず、そのまま0-1で敗戦。FAカップ4回戦のマンチェスター・シティ戦に続く公式戦連敗で、リーグ戦では9月4日に行われた第6節のマンチェスター・ユナイテッド戦以来、5カ月ぶりの黒星で今季2敗目となった。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part2051】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1675519744/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:53 | 大阪 ☀ | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソシエダFWセルロート、相棒・久保建英を「こんなに良い選手とは思わなかった」

「こんなに良い選手とは思わなかった」躍動する久保建英を相棒のノルウェー代表FWが激賞!「強いチームに入ってレベルが上がったんだ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/dca70a2df19bbe53164760a354e48364495a8f14
久保とセルロート.jpg

 レアル・ソシエダに所属するノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロトが、ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』に2月3日付けで掲載されたインタビューの中で、相棒の久保建英についても語っている。

 今シーズンは多くの試合で久保と2トップを組み、抜群の連係を見せている大型FWは、「良きパートナーであるクボには驚かされた?」と質問を受けると、こう回答している。
 
「昨シーズンの彼のことを覚えていて、良い選手なのは知っていたけど、こんなに良いとは思わなかった」
 
 レンタル2年目を迎えた27歳は、「昨シーズン前半の僕のように、多くのプレーヤーに同じことが起こる。このチームはすべてが異なるんだ。非常に強力なグループだから、レベルが上げるのが普通だ。良い選手だった久保も、強いチームに入ってレベルが上がったんだ」と続けている。

 ここまでチームトップの8ゴールで、昨シーズンの4点を大きく上回る活躍を見せている主砲は、ゴール量産の理由をこう述べている。

「昨シーズンはもっとサイドでドリブルをしていたが、今はゴールと(相手の)危険なプレーを生み出すのに集中するのが僕の唯一の使命だ。走りすぎて得点するエネルギーがなくなってしまうこケースがよくあったからね。クボ、(ミケル)オジャルサバル、(モハメド=アリ)チョがハードワークをしてチャンスを作ってくれるし、僕はそれをフィニッシュするためにここにいる」

 敵の脅威となっているセルロトと久保の凸凹コンビは。3位躍進の原動力のひとつだ。


【Real】久保建英応援スレ part986【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1675381137/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:06 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンCペップ監督、DFカンセロの代役確保に動かず「議論したが、3分で終わった」

ペップ、カンセロの代役確保に動かず…「議論したが、3分で終わった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0d50a9ddefdedefe7b2fc7f28cdcb790f42c1d4
カンセロ22-23マンC.jpg

ポルトガル代表DFジョアン・カンセロが退団したマンチェスター・シティだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督が現有戦力だけでカバー可能と自信をのぞかせた。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。

2019年夏にシティ入りしたカンセロ。傑出した攻撃力に両サイドバックをこなせる柔軟性のほか、スペイン人戦術家の下で“カンセロロール”と称される複雑なタスクを完璧をこなしてみせ、一時は世界最高の攻撃的サイドバックとの評価も受けた。

だが、今季が進むにつれ、DFリコ・ルイスの台頭ぶりや、DFナタン・アケのサイドバック起用が機能して、出番が減少。降って沸いたような移籍報道から一気に話が進み、今冬のデッドラインデイに買取オプション付きのローン移籍が決まった。

裏での確執がこの移籍の引き金にとの報道もなされ、この冬にカンセロを失ったグアルディオラ監督だが、代わりは獲得せず。グアルディオラ監督によると、議論こそしたものの、早々に補強せずで結論に至ったようだ。

「話こそしたが、3分で終わった。(スポーツディレクターの)チキ(・ベギリスタイン)に『誰かいる?』って聞いたら、『いない』と言われたんだ。だから、私は『じゃあ、待とう』と言ったのさ。マーケットに出て、大金を投じるのはできる。だが、それをせず、残り数カ月のシーズンを過ごす方が良かった。夏になれば、また考える」

BLUEMOONマンチェスターシティ 509citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1675140375/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:06 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、2026年W杯の出場の可能性閉ざさず「サッカーを楽しめる間は諦めずに頑張るつもり」

【サッカ】メッシ、26年W杯出場の可能性閉ざさず [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1675473651/
メッシ22W杯ガッツポーズ.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2023/02/04(土) 10:20:51.46 ID:dhVycAR99.net

[3日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で悲願の優勝を果たしたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)は、2026年に米国、カナダ、メキシコで共催される次回W杯に出場する可能性を閉ざさなかった。

メッシはカタール大会前、権威あるバロンドール(サッカー専門誌フランス・フットボールが選ぶ最優秀選手賞)を7回も受賞、クラブと代表で40近いタイトルを手にし、史上最高の選手と評価されることも多かったが、W杯のトロフィーには手が届いていなかった。

自身最後のW杯と定めて臨んだ今大会で、決勝のフランス戦では2ゴールに加えてPK戦でも成功させ、アルゼンチン優勝の原動力となったメッシ。母国メディア「Ole」に対し、「年齢を考えると、26年大会に出場するのは難しいだろう」としつつも、「サッカーをするのが大好きなので、自分が良いコンディションでサッカーを楽しめると感じる間は諦めずに頑張るつもりだ。次のW杯までは長い期間があるが、私のキャリアがどうなるか次第」と語った。

アルゼンチンのリオネル・スカロニ監督は先月にスペインのラジオ局で「メッシは次のW杯に出場できると思う。彼が何を望むか、それまでの間に何が起きるか、彼が手応えを感じられるかで大きく左右されるが、可能性は常にある。彼はピッチで幸せを感じていて、われわれにとっても良いことだ」と述べた。

メッシはW杯通算13ゴールを記録し、元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼの保持する歴代最多得点記録まであと3つ。カタール大会では7ゴールを決めており、26年W杯に出場すれば記録を更新できる可能性がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/472deb3a1f349183c2f166d0b5fc7acac9a826d2



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)