アンテナ・まとめ RSS

「オフサイドはなぜ反則か」59年間の変遷の中で100年近くも不変のルール

【サッカー】「オフサイドはなぜ反則か」59年間の変遷の中で100年近くも不変のルール [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652844164/
オフサイド副審南米.jpg
1: 征夷大将軍 ★ 2022/05/18(水) 12:22:44.56 ID:CAP_USER9.net

サッカー批評 5.18
https://soccerhihyo.futabanet.jp/articles/-/93181

■厳しかった最初のオフサイドルール
さて、オフサイドは1863年、159年前にサッカーが誕生したときから存在するルールだが、当時と現在ではだいぶ変貌している。最初のルールにはこう書かれていた。

「ある選手がボールより前に出たら、即座に『アウト・オブ・プレー』になり、彼はできうる限り早くボールより後ろに戻らなければならない」

1863年の最初のルールでは、「オフサイド」ではなく「アウト・オブ・プレー」すなわち「プレーから除外」という表現だった。「オフサイド」という言葉が一般化するのはしばらくたってからのことである。

この文面からわかるように、現在のような「後方から2人目の相手選手より前に出ていたらオフサイドポジション」というような生やさしいものではない。ボールより前はすべてオフサイドポジションという厳しいものだったのだ。

この当時のオフサイドルールは、現在のラグビーを見るとイメージをつかみやすいかもしれない。ラグビーではボールより前に出てしまった選手はすべて「オフサイド」の状態なので、いったんボールの後ろまで戻らなければ、攻撃だけでなく守備もできない。

おもしろいことに、現代のラグビーでは攻撃より守備時にオフサイドの反則が起きやすい。戻りながらボールのところに突っ込んでいく選手が意外に多いのだ。それに対し、たとえば前方に向かって高くけり上げられたボールを追った選手がキックの瞬間にボールより前にいたかどうかには、あまり神経質ではないように見える。ラグビーにもサッカーのビデオアシスタントレフェリー(VAR)のような制度はあるが、こうしたオフサイドの判定に使われるのを、私は見たことがない。

■最初の重要なオフサイド改革
さて、この「初期オフサイドルール」は実に短命だった。わずか2年数か月後、1866年の2月には、大幅な制限緩和が断行される。「ボールより前にいる選手」は「アウト・オブ・プレー」なのだが、そこに「相手ゴールとの間に3人以上の相手選手がいる場合」にはこの限りではない、すなわち反則にはならないとされたのである。

このルール改正こそ、ラグビーとあまり代わらなかったサッカーを独自の競技にした最初の重要な改革だった。新しいオフサイドルールにより、前にいる選手にパスを渡すことができるようになったからだ。イングランドでは相変わらず下げたボールを受けた選手が力いっぱい前にけり、何人もでそれを追うという「キックアンドラッシュ」戦法が続けられたが、スコットランドではショートパスをつないで相手ゴールに迫る戦法が生み出され、大きく戦術を進化させた。

この後、「自分の前に何人いるかなんて数えられないから、いっそのことオフサイドをなくしてしまおう」という案や、「いや、初期のルールに戻そう」という提案、そしてまた、「1人制オフサイド」の提案など、さまざまな意見が出された。しかし基本的には、1925年に「2人制」に変わるまで、「3人制オフサイド」の時代は60年間の長きにわたって続くのである。

小さな修正が1907年にあった。スコットランドから提案のあった、「オフサイドになるのは相手陣のみ」という改正である。最初は「ハーフライン近くで待ち構えるFWばかりになってしまうのではないか」と反対されたが、この改正も、現代につながるサッカーらしさを生むのに大いに役立った。

■戦術に最大の影響を与えたルール改正
1925年の「2人制オフサイド」は、1世紀半のサッカー史のなかで、戦術に最も大きな影響を与えたルール改正だったかもしれない。これによって戦術の多彩さが生まれ、サッカーが真に魅力のある現代的なスポーツになっていくのである。

変化は劇的だった。1924/25シーズンのイングランド・リーグ1部から3部南・北まで4ブロック全1848試合の総得点4700(1試合平均2.5点)が、1925/26シーズンには同じ試合数で6373ゴール(1試合平均3.5点)へと飛躍的に増えたのだ。守備陣にとっては、悪夢のようなルール改正だった。

以後の「重要なマイナーチェンジ」には、1990年の「並びはOK」と、2005年の「手はオフサイドにならない」がある。以前のルールが、攻撃側と相手ゴールラインの間に少なくとも2人の相手選手がいなければならかったが、1990年の改正では少なくとも2人の相手選手より相手ゴールラインに近くなければオフサイドにはならないことになった。また、手では得点できないので、手だけが後ろから2人目の相手より前に出ている場合には、オフサイドとはならなくなった。

だが「2人制」という基本は、1925年からもう100年近くも変わっていない。(以下略)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪MF乾貴士、今夏に退団の可能性も…出場停止処分明けも練習参加せず(関連まとめ)

C大阪・乾貴士、出場停止処分明けも練習に参加せず…今夏に退団の可能性も
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ad8b299b94ff54aecc759962008fb2c4dbf6df3
乾2022C大阪.jpg

C大阪は17日、公式戦6試合の出場停止処分が明けた元日本代表MF乾貴士(33)に関して、いまだ全体練習に合流していないことを明かした。ルヴァン杯1次リーグ・大分戦(18日・昭和電ド)に向けたオンライン取材の前にクラブ広報が対応し、「練習には参加していません。合流できるようにコンディションを上げている状況です」と説明した。

 乾は先月5日の柏戦で途中交代を命じられた際、サポーターの前で暴言を吐くなど不服な態度を示し、試合後にチームの規律・秩序を乱す言動が問題視され処分を受けた。以降はチームと時間をずらして個人で調整。処分は14日の名古屋戦までだったが、今も練習時間はずれたままで、クラブ側の説明には疑問が残る点もある。

 処分前に謹慎中だった時期も含め、公式戦8試合を欠場している乾。現時点で合流のメドは立っておらず、今の状況が長期化すれば最悪の場合、今夏に退団となる可能性も出てきた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14683
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1652781238/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、声出し応援エリアと応援席の導入を発表!ルヴァン杯鹿島戦やJ2東京V×岩手戦の2試合が対象

Jリーグ、声出し応援エリア&応援席の導入を発表 ルヴァン杯、J2「東京V×盛岡」の2試合対象
https://news.yahoo.co.jp/articles/028952cb258edc42efbf4bc7c25fb37cd5443b56
Jリーグ2022.jpg

政府の基本的対処方針に基づき実施、6月上旬〜7月にかけて数試合で運営検証
 Jリーグは5月17日、「声出し応援エリア/声出し応援席」を段階的に導入していくことを決定したと発表した。政府の基本的対処方針に基づき実施し、6月上旬〜7月にかけて数試合で運営検証を行ったうえで、その後、希望するすべてのクラブが声出し応援エリアを導入できるよう進めるとしている。

 Jリーグではこれまで、新型コロナウイルス感染症対策としてスタジアムでの声出し応援が禁じられてきた。一方で、世界的な傾向として声出しを解禁しているケースがあり、4月中旬から5月頭にかけて東南アジアで行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)では声援が認められていた。

 そうした流れのなかで、Jリーグは「声出し応援エリア/声出し応援席」を段階的に導入していくことを発表。対象試合は、開催地の自治体に相談、情報共有を行い現時点で2試合が決定しており、6月4日、または11日に県立カシマサッカースタジアムで行われるルヴァンカッププレーオフステージ、同12日に味の素スタジアムで行われるJ2リーグ第21節東京ヴェルディ対いわてグルージャ盛岡となっている。

■「声出し応援エリア/声出し応援席」対象試合

Jリーグ YBCルヴァンカッププレーオフステージ(開催日:6月4日、または11日)
鹿島アントラーズ vs 未定 @県立カシマサッカースタジアム

明治安田生命J2リーグ第21節(開催日:6月12日)
東京ヴェルディ vs いわてグルージャ盛岡 @味の素スタジアム

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14682
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1652703237/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ブライトンDFククレジャの獲得に関心!移籍金約48億円を準備か

マンC、ブライトンDFククレジャに関心…移籍金約48億円を準備か
https://news.yahoo.co.jp/articles/b99ebdfdb2a18db72a656ba5d0aa8cd701e53117
ククレジャ笑顔.jpg

マンチェスター・Cが、ブライトンに所属するスペイン代表DFマルク・ククレジャに関心を示しているようだ。17日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在23歳のククレジャはバルセロナの下部組織出身で2017年にトップチームデビュー。エイバル、ヘタフェでのプレーを経て、昨年8月にブライトンに加入した。今シーズンはここまで公式戦38試合に出場し、1ゴール2アシストを記録。選手、サポーターの両方でチーム内の年間最優秀選手に選ばれるなど、主力選手として活躍している。

 そんなククレジャに対し、左サイドバックの補強を画策しているマンチェスター・Cが関心を示しているという。報道によると、ブライトンは昨年夏にヘタフェから1540万ポンド(約25億円)で同選手を獲得していることから、マンチェスター・Cはその倍額となる3000万ポンド(約48億円)を準備して同選手の獲得を狙っているようだ。

 すでに今夏にはドルトムントからノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが加入することが決定しているマンチェスター・C。果たしてククレジャを獲得することもできるのだろうか。

BLUEMOONマンチェスターシティ 472citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652625293/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:38 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ボローニャDFヒッキーの獲得に迫る?ブレントフォードが有利との報道も

アーセナル、冨安と元同僚の19歳左SBヒッキー獲得へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5dc6e7d2d4a1a26648f9a8b79fd98b3d1b2534b
ヒッキーボローニャ.jpg


アーセナルが、ボローニャのスコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(19)の獲得に迫っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

セルティックの下部組織にも在籍していたヒッキーは、2018-19シーズンにハーツでトップチームデビュー。2020年夏にバイエルンからのオファーもあった中、より多くのプレー時間が望めるボローニャへの移籍を決断した。

加入直後から左サイドバックのレギュラーに抜擢されたが、新型コロナウイルス感染と肩の負傷で活躍は長く続かず、1年目は公式戦12試合の出場に。だが、今季はここまでセリエA35試合に出場しており、5ゴール1アシストと数字上でも上々の成績を残す。

アーセナルでは、4月初旬から左サイドバックの主力だったDFキーラン・ティアニーが左ヒザのケガで離脱中。代役を務めるDFヌーノ・タヴァレスは実力不足が指摘されており、ここ数試合は逆サイドのDF冨安健洋やMFグラニト・ジャカが同ポジションで先発された。

ヒッキ―は右サイドでも起用可能で、今季は右サイドハーフで4試合、右サイドバックで1試合に出場した記録がある。右サイドバックでレギュラーを勝ち取った冨安もケガが少ないとは言えないため、チームの課題を一気に解決できる人材と言える。

『カルチョメルカート』によると、すでにクラブ間合意しているようで、移籍金は2400万ユーロ(約32億5000万円)+アドオンとなるとのこと。19歳にはミランやニューカッスルも関心を示していたとされている。


アーセナルが狙うボローニャ若手SB、移籍先はプレミアリーグの他クラブに?
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ec9486b191ad2115dd98af07a4fd6f3c09a93b9

アーセナルが獲得を狙っているとも報じられていたボローニャのスコットランド代表DFアーロン・ヒッキーだが、移籍先はプレミアリーグの他クラブになる可能性もあるのかもしれない。ブレントフォードが争奪戦をリードしているとも報じられている。

 現在20歳のヒッキーは、昨季加入したボローニャで現アーセナルの日本代表DF冨安健洋ともチームメートとしてプレー。2年目の今季は不動のレギュラーに定着し、セリエAで35試合に出場して5得点を挙げるなど活躍をみせている。


 ナポリやニューカッスルなどのほか、アーセナルもヒッキーの獲得に関心を示しているクラブのひとつと噂され、一部ではアーセナルが同選手と合意に達したとの報道もあった。だが英紙『タイムズ』は、アーセナルとの合意は事実ではないと伝えている。

 さらに同紙は、現在ヒッキーの争奪戦で優位に立っているのはブレントフォードであるとも報道。移籍金1300万ポンド(約21億円)での獲得に向けて他クラブをリードする状況だとしている。

 守備陣の負傷者続出でメンバー構成に苦慮しているアーセナルとしては、新たな選手を加えて層を厚くしたいところではあるだろう。だが期待の若手SBを手に入れるのはそう簡単ではないようだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1839】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652734070/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和、フェイエノールトFWリンセンと獲得合意へ!オランダメディア「あとは時間の問題」

【浦和】リンセン獲得合意へ「あとは時間の問題」。フェイエノールト“移籍前提”でチーム作り着手
https://sakanowa.jp/topics/58889
リンセン21-22フェイエノールト手を振る.jpg

 オランダ・エールディビジ(1部)フェイエノールト・ロッテルダムに所属するFWブライアン・リンセン(Bryan Linssen)が、噂されてきたJ1リーグの浦和レッズへの移籍に向けて「合意に近づいている」という。オランダメディア『Rijnmond』が5月17日に報じた。また『FCアップデート』は「決定は時間の問題だ」と強調している。

 フェイエノールトは15日、FCトゥベンテに1-2で敗れて今季国内リーグの全日程を終了。残す今季の公式戦は、日本時間26日のUEFAカンファレンスリーグのASローマ戦のみとなっている。

 リンセンはトゥベンテ戦、66分から途中出場。その直後に逆襲の1点が生まれている。国内リーグは最近9試合のうち先発は2試合のみだったが、それでも34試合・13得点・8アシストを記録。カンファレンスリーグやカップ戦など含め公式戦通算52試合・17得点・10アシストと抜群の成績を残している。

『Rijnmond』は今回、リンセンの浦和移籍について「近づいている」と報じ、「31歳のストライカーは小野伸二の古巣である日本での冒険を熱望している。フェイエノールトと提携している浦和レッドダイヤモンズは、リンセンが1年契約を残しているため移籍金を支払うことになる」と、基本的には合意に向かっているということだ。

 フェイエノールトは、ベルギーのKRCゲンクからレンタル中であるシリル・デセルスに買い取りオプションを付帯している。しかし400万ユーロ(約5億3000万円)を支払って獲得するかは未定だという。

 一方、アヤックス・アムステルダムとの契約満了によりフリーになるダニーロの獲得を検討。『FCアップデート』は「彼をリンセンの後釜として考えているかは分からないものの、獲得希望の最上位に来ているようだ」と伝える。

 アタッカー陣が複数人リストアップされるなど、すでにリンセン退団を見据えたチーム作りも動き出しているようだ。

 今季デ・カイプを最も盛り上げた一人である、あらゆる面で一級品のストライカーが、ついに浦和に来るのか――。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14683
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1652781238/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【南野最高や!】南野拓実、絶妙同点ゴール!リバプールはサウサンプトンに2-1逆転勝利!首位マンCと勝ち点1差で最終節へ(関連まとめ)

【サッカー】南野が同点弾! リヴァプール、サウサンプトンに逆転勝利…マンCと勝ち点「1」差で最終節へ [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652823727/
南野21-22第37節ゴール.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2022/05/18(水) 06:42:07.56 ID:CAP_USER9.net

プレミアリーグ第37節が17日に行われ、リヴァプールが敵地でサウサンプトンと対戦した。

 首位マンチェスター・Cとの勝ち点差が「4」のリヴァプールは、この試合に勝利することで差を縮め、最終節で逆転優勝を狙う。FAカップ決勝戦から中2日の影響もあって、この日は大幅なターンオーバーを敢行。
ロベルト・フィルミーノ、ジェイムズ・ミルナーらが先発入りし、南野拓実は今季のプレミアリーグ初スタメンを飾っている。ルイス・ディアスやチアゴ・アルカンタラはベンチからのスタートとなった。

試合は13分に均衡が破れる。ミルナーがディオゴ・ジョッタに縦パスを付けるも、サウサンプトンのリアンコが鋭い読みで潰し切る。中央でパスを受けたネイサン・テラが左へ展開し、ネイサン・レドモンドがドリブルをスタート。カットインから右足を振り抜くと、強烈なシュートが突き刺さり、サウサンプトンが先手を取った。

優勝に向けて負けられないリヴァプールも即座に反撃。18分、ツィミカスのフリーキックからフィルミーノが頭でネットを揺らすも、オフサイドの判定。19分には南野がペナルティエリア手前から右足で狙うも、シュートはGK正面へ。

 徐々に攻撃のリズムが出て来たリヴァプールは26分、右サイドでボールを持ったジョー・ゴメスが中央のジョッタをめがけたクロスボールを供給。ワントラップしたジョッタの落としに反応したのは南野。右足から放たれたシュートがニアサイドを撃ち抜き、リヴァプールが試合を振り出しに戻した。

その後はリヴァプールが試合の主導権を握り、徐々にシュートの本数を増やしたものの、逆転には至らず。前半はこのまま1−1で終了した。

 後半に入ってもリヴァプールが押し込む展開に。48分、ツィミカスが左サイドを突破してクロスを送ると、中央のジョッタがワントラップからシュート。
これはわずかに枠を外れた。55分にはフィルミーノのスルーパスからハーヴェイ・エリオットが狙うも、枠を捉えられない。

ゴールを脅かすシーンを増やしながらも、リヴァプールはなかなか2点目が奪えない。それでも68分、ツィミカスの左コーナーキックがニアの選手に当たって変化したところに、ジョエル・マティプが反応。ヘディングシュートで遂にゴールをこじ開け、リヴァプールが逆転に成功した。

 その後は巧みな試合運びで危ない場面を作らせず、試合はこのままタイムアップ。FAカップ決勝戦からスタメン9名を変更しながらも、サウサンプトン相手に逆転勝利を飾った。南野拓実はフル出場を果たしている。

リヴァプールは首位との勝ち点を「1」に縮めて最終節へ。25日に行われる今季のリーグ戦ラストマッチで、リヴァプールはアンフィールドにウルヴァーハンプトンを迎える。一方、サウサンプトンは敵地でレスターと対戦する。

【スコア】
サウサンプトン 1−2 リヴァプール

【得点者】
1−0 13分 ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
1−1 27分 南野拓実(リヴァプール)
1−2 67分 ジョエル・マティプ(リヴァプール)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0069be6a0ed3afde45176c56b2539bddc62214c0



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシー、売却は一転して破談の可能性…アブラモビッチ氏が寄付を確約せず 来季リーグから除外も

【サッカー】チェルシー売却が一転して破談か アブラモビッチ氏が寄付を確約せず…来季リーグから除外も [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652793445/
アブラモビッチ試合後.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/05/17(火) 22:17:25.43 ID:CAP_USER9.net

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーの売却が一転して破談となる可能性が浮上してきた。

 チェルシーはこれまでオーナーを務めてきたロシア人オーナーのロマン・アブラモビッチ氏から、米大リーグでドジャースの共同オーナーを務めるトッド・ボーリー氏らの投資グループに売却することを決定。注目を集めた名門の売却話は一件落着かと思われた。

 しかし、ここに来て事態が急展開を見せている。英放送局「スカイ」などが一斉に「チェルシーの買収はプレミアリーグの承認と政府からの特別ライセンスの発行が必要で、それは今後2週間で行われると予想されているが、取引に近い関係者は『それがまだ確実に行われるとは限らない』と警告している」と報道。今回の売却話が水泡と帰す可能性が出てきたのだ。

 議論になっているのが売却益の行き先だ。ウクライナ侵攻に対する経済制裁によりアブラモビッチ氏の資産は凍結されているものの、売却益の使途については依然として権限を有しており、売却方針の発表の際に総買収費用のうちクラブへの投資を除いた25億ポンド(約4030億円)をウクライナ支援のため慈善団体などに寄付するとの意向を示した。

 英国政府はその条件のもとで売却を承認する方針だったが、同局によると「政府当局者が、売却を承認するために必要な特別ライセンスが、月末の締め切り前に発行されるかどうかについて疑問を持っている。大臣は25億ポンドの売却益の行き先について、アブラモビッチに保証を求めているが、その返答がいまだに来ていないと語っている」。アブラモビッチ氏が寄付を翻意した可能性が出てきており、もし自らの資産に加えようとする動きがあれば、政府は到底容認できないというわけだ。

 アブラモビッチ氏の真意は定かではないが、このまま政府に寄付を確約する保証≠提示しなければ、タイムリミットは5月末。その期限を過ぎれば、少なくとも来季に向けて売却がまとまらなくなり「締め切り前に取り決めが行われなければ、チェルシーは来季の各大会から除外される可能性がある」と指摘。プレミアリーグなどに来季出場できない最悪の事態もありえる。

 プーチン大統領の盟友とされるアブラモビッチ氏は各国で資産を凍結されて苦しい状況にあるだけに売却益を確保したいところかもしれないが、このままではチェルシーに深刻な危機をもたらすことになりそうだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/8cf966566c03d6ca6bc22b2a412a60943a2ae16c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秀岳館高校、サッカー部の段原監督が退職 暴行容疑のコーチは懲戒免職

【高校サッカー】秀岳館高校サッカー部の段原監督が退職 暴行容疑のコーチは懲戒免職 [ニーニーφ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652791255/
サッカー脚.jpg
1: ニーニーφ ★ 2022/05/17(火) 21:40:55.90 ID:CAP_USER9.net

秀岳館高校サッカー部を巡る一連の問題を受け、段原一詞監督が責任を取って退職。
部員への暴行容疑で書類送検された男性コーチが、懲戒免職処分となったことが複数の関係者への取材で分かりました。

秀岳館高校サッカー部では4月、男性コーチがサッカー部の寮内で部員に対し蹴ったり殴ったりする動画が流出。
男性コーチは、暴行容疑で書類送検されています。
さらに段原一詞 監督は動画が流出した後、サッカー部のミーティングで動画を撮影するなどした部員たちを名指しして「加害者」と呼び、「完全な被害者は俺」などと発言。

その日の午後、部員たちがSNSのサッカー部の公式アカウントで一連の騒動について謝罪する動画が掲載されましたが、これについても段原監督が部員たちに対しマスクを外し、名前を名乗るよう指示したとして現在警察の捜査を受けています。
複数の関係者によりますと、段原監督は一連の責任を取り退職願を提出、学校側が受理したということです。
また、暴行容疑で書類送検された男性コーチについては、学校が懲戒免職処分にしたということです。

テレビ熊本

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d77166d40bc3335c629826c3d2f183becb8d061



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:07 | 大阪 ☁ | Comment(17) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルMFジャカ、CL圏外5位転落でチームに喝「心の準備ができていないのなら家にいるべき」

アーセナルMFジャカ、CL圏外5位転落の不甲斐ない結果に喝 「心の準備ができていないのなら家にいるべき」
https://news.yahoo.co.jp/articles/12084701662f06564d6685eb837fef8a2c4fa4a9
ジャカ21-22第37節試合後.jpg

ニューカッスルに0-2で敗れ、CL出場圏外の5位へ後退
 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルは現地時間5月16日、プレミアリーグ第37節でニューカッスルに0-2で敗れ、5位に転落した。スイス代表MFグラニト・ジャカは不甲斐ない結果を受けて、「心の準備ができていない選手は家にいればいい」と厳しいコメントを残した。英メディア「フットボール・ロンドン」が報じている。

 前節、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う直接のライバルであるトッテナムとの「ノースロンドン・ダービー」で敗れていたアーセナル。2016-17シーズン以来6シーズンぶりとなるCL出場のためには一戦も落とせない状況だったが、ニューカッスルとのアウェーゲームは前半途中にDF冨安が負傷交代となるアクシデントに見舞われた。

 そして後半10分にイングランド代表DFベン・ホワイトのオウンゴールで先制を許すと、終了間際にも追加点を許す展開で敗戦。同日の試合でバーンリーを下したトッテナムに4位の座を明け渡した。再び4位に浮上するためには、最終戦のエバートン戦の勝利が最低条件となる。

 痛恨の黒星を受け、アーセナルのMFジャカはチームに対して厳しいコメントを残している。

「正しい言葉を見つけるのは難しい。前とは違うところを見せるためにここへ来たのに、僕らは最初から90分までピッチに立つに値しなかった。(重要な試合でどうして低調なパフォーマンスに終わったのか?)どうしてこうなったのかは分からない。僕には説明できない。僕らはゲームプランを遂行することができなかった。監督の言うことを聞かず、自分たちのやりたいようにやった結果がこれだ。これではチャンピオンズリーグどころか、ヨーロッパリーグでさえ戦う資格はない。受け入れがたい結果だ」

 アーセナルではチームキャプテンも経験しているジャカは、選手たちの試合に臨む姿勢に問題があったとも語っている。

「試合に対する心の準備ができていないのであれば、家にいるべきだ。単純なことだ。年齢は関係ない。35歳でも10歳でも18歳でも、緊張して準備ができていないようならベンチか家にいればいい。ここにいる必要はない。この試合は我々にとって最も重要な試合だと分かっていたから、プレーするためにここにいる。このようなパフォーマンスは受け入れられない。本当に悲しくて、残念だ。アーセナルをサポートしてくれる人たちには本当に申し訳ない」

 不甲斐ない戦いで崖っぷちに立たされたアーセナル。ジャカの言葉に選手たちは奮い立つのか。最終戦でのパフォーマンスに注目だ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1839】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652734070/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏代表FWエムバペ、レアル・マドリード移籍で合意!CL決勝後に公式発表へ

フランス代表FWエンバペ、レアル・マドリー移籍で合意。CL決勝後に公式発表へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/161d74026bf3f0f3c9467b6ca261e3e1148bc076
エムバペ2022PSG.jpg

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペとレアル・マドリーが今夏の移籍に関して基本合意した。『GOAL』の取材でわかった。

2017年夏のモナコからのレンタル移籍を経て翌シーズンにPSGに完全移籍したエンバペは、これまでに同クラブで公式戦216試合に出場して168ゴールを記録。ロシア・ワールドカップで世界王者にもなったヤングスターは、4度のリーグ・アン制覇に貢献するなど、世界最高級のストライカーに成長した。

しかし、PSGとの契約は今季限りとなっており、去就が注目の的に。エンバペ自身は先日、「もうすぐわかるだろう。ほとんど決まっている。僕の決断は、そうだね、ほとんど決まっているんだ」と話していた。

『GOAL』の情報では、エンバペはレアル・マドリーとの契約に合意。4カ月にわたる交渉の末にエンバペと合意したレアル・マドリーは現在、契約のディテールに関して最後の調整に入っている。公式発表に関しては、チームがチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向けて集中していることもあり、28日に行われるリヴァプールとのファイナル後、6月上旬となる可能性が高い状況だ。

◆◇El Blanco Real Madrid 1187◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652643599/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国が開催辞退のアジアカップ、日本開催浮上…JFA田嶋会長が可能性示唆(関連まとめ)

【サッカー】中国が開催辞退したアジアカップの日本開催浮上 田嶋会長が可能性を示唆 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652779735/
アジアカップ.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/05/17(火) 18:28:55.81 ID:CAP_USER9.net

 中国が開催を辞退した来年のアジアカップ(6〜7月)を日本が代替開催する可能性が出てきた。

 中国は10都市で開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により断念し、開催権の返上を発表したばかり。17日に取材に応じた日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「日本でやってもらえないかという話は来ている。同じ日程でやれないかと」と非公式ながら日本協会に代替開催の打診が来ていることを明らかにした。

 ただ、アジアカップはA代表による大規模な大会となるため、費用や会場の確保などクリアすべき問題が多い。「(財政面で)持ち出しになるならやらない。補てんするという約束があるならやりたいが」と指摘した。

 それでも「欧州の選手も来られるので盛り上がる」とアジア圏最大のサッカーの大会だけに、課題がクリアできれば前向きに検討する姿勢。さらに「また20年ぶりに共催とかも」と日韓共催の選択肢も示した。

 カタールW杯後の新たな日本代表が臨む最初の国際大会がホームでの開催となるのか。大きな注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c7df5afecccc2db6d02f3e91b50e840a5a783dc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)