アンテナ・まとめ RSS

森保日本代表監督、鈴木優磨の招集の可能性に「候補としては見ている」

【サッカー】日本代表の森保監督がFW鈴木優磨の招集の可能性について言及「候補としては見ている」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652765741/
鈴木優磨鹿島.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/17(火) 14:35:41.59 ID:CAP_USER9.net

 日本代表の森保一監督が、今季好調で注目が集まっているFW鈴木優磨(26=鹿島)の招集の可能性について言及した。

 鈴木はベルギー1部シントトロイデンから鹿島に復帰した今季、リーグ戦の全13試合で先発して6ゴールと大活躍している。

 17日に取材に応じた森保監督は、今季目立っている鈴木とDF佐々木旭(川崎)の2人について「候補としては見ている」とリストアップしていると説明。「最終的に招集するかどうかは分からないが、普段の視察などでも見ている選手たちであるとはお答えできる」と招集に関して明言こそ避けたが、有力選手として注目をしていると明らかにした。

 カタールW杯に向けては「これまで未招集の選手を招集していくということは確率的には少ない」と新戦力の登用に慎重な姿勢を見せてはいるが、一方で「できるだけ多くの選手をしっかり見ていく。漏れがないようにスタッフ全体で見てきている。それはこれからも続けていく」とギリギリまで扉を開ける方針も示した。

 抜群の決定力を誇る鈴木にはかねて待望論が高まっているだけに、今後の活躍次第で抜てきがあるのか注目が集まる。

東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/392a6f2d28e4c634adb5571f7bd5040074c13280



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪MF乾貴士、謹慎解除も調整不足で全体合流の目途立たず(関連まとめ)

セレッソ大阪・乾貴士 謹慎解除も調整不足で全体合流のめど立たず
https://news.yahoo.co.jp/articles/aac2a50068bda12046983fdd60b0da19c50575f4
乾2022C大阪.jpg

 C大阪が17日、4月5日の柏戦で交代を命じられた際にサポーターの前で暴言を吐くなど不服な態度を示し、4月17日福岡戦から6試合の出場停止処分となっていたMF乾貴士(33)に関しての現状を発表した。

 会見に応じたクラブ広報は、前節14日名古屋戦をもって処分は解けたとしながらも、コンディションの調整不足で全体トレーニングには合流できておらず、個人でのトレーニングを続けている状況と説明。全体への合流時期のめども立っていないとした。

 個人トレーニングも、全体とは時間をずらして行っており、サポーターの前に姿を現すのはもう少し先になりそうだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14682
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1652703237/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:45 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、独代表MFギュンドアンが今季限りで退団か

ギュンドアン、マンチェスター・シティ退団か
https://qoly.jp/2022/05/17/gundogan-to-leave-man-city-iks-1
ギュンドアン21-22マンC.jpg

今季もUEFAチャンピオンズリーグ優勝に届かなかったマンチェスター・シティ。

フェルナンジーニョが今季限りで退団する一方、アーリング・ハーランドの加入がほぼ決まっている。

『Daily Mail』によれば、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンも今季限りでチームを去る見込みだそう。

ギュンドアンは2016年にジョゼップ・グアルディオラ監督の初補強選手としてシティに加入。31歳になった彼の契約は2023年6月末までとなっている。

クラブ側は夏に話し合いを行うと主張しているが、すでにギュンドアンには契約延長がないことを通知しているという。

シティでは毎試合出場できる保証はないために、この夏に新しいクラブを探しても構わないと伝えられたとのこと。ただ、喧嘩別れではなく、友好的なものだとされている。

BLUEMOONマンチェスターシティ 472citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652625293/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:01 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナFWデンベレ、バイエルンが獲得に興味か?バルサとの契約は今季限り

バイエルンがデンベレに関心? バルサで復活した男のドイツ復帰はあるか
https://news.yahoo.co.jp/articles/281b87d39baf1218cf4a7b2c62137023f21054d3
デンベレ21-22.jpg

今季限りでバイエルン退団が噂されているセルジュ・ニャブリとロベルト・レヴァンドフスキ。攻撃陣の後釜としてリヴァプールのサディオ・マネの名前が挙がっているが、他にもリーガで輝きを放ちながらフリーでの獲得が可能な男が候補となっている。

それがバルセロナのウスマン・デンベレだ。前半戦は怪我で離脱を繰り返して出場できず、今季限りの契約は更新されない方向で考えられていた。しかしシャビ・エルナンデス監督が起用を続けると、高いパフォーマンスを発揮する。

リーガ・エスパニョーラでは20試合で1得点ながら13アシストを記録しており、スピードとドリブルをいかしたチャンスメイクで大きな武器となる。ピエール・エメリク・オバメヤンやフェラン・トーレスといった新加入選手たちと連携面で相性の良さを見せて結果につなげている。

そんなデンベレに対し、バルセロナは来季も戦力として計算。契約延長の意向を示しており、新たな契約を結ぶ可能性が高まっていた。そんななか、スペイン紙『MARCA』がバイエルンが関心を示していることを報道。ドイツでのプレイ経験もあり、ドルトムント時代に輝きを放っていたデンベレの獲得を目指しているという。

バルサでシャビ・エルナンデス監督の下、自身のポテンシャルを大きく発揮したデンベレ。バルサもデンベレとの契約が延長しそうな状況下でまさかの横やりとなったが、快速アタッカーの選択はどうなるのか。

》╋||||《Blaugrana F.C.バルセロナ42》╋|||| 《
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652407265/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京VのMFバスケス・バイロン、日本国籍取得を決断「僕もいずれは日本人に」(関連まとめ)

「僕もいずれは日本人に」 東京VのMFバスケス・バイロンが日本国籍取得の決断でファン歓喜「宝になる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e1e68561c5bcc6dd39f7b81a95ff6cbd9d20ee2
バスケス・バイロン2022東京V.jpg

22歳の誕生日に「個人的な報告」
 東京ヴェルディに所属するMFバスケス・バイロンが22歳の誕生日を迎えた5月16日、日本国籍取得を決断したと報告した。

 チリで生まれ、チリ国籍を持っているバイロンは小学校3年生の時に家族で来日。埼玉で4年生から本格的にサッカーを始めた。名門・青森山田高校に進学し、1年時からメンバー入り。卒業後はいわきFCに入団し、2020年にチリ1部CDウニベルシダ・カトリカへ期限付き移籍した。だが、新型コロナウイルスの影響もあり、いわきへ復帰。今季から東京Vに完全移籍で加入した。今季はここまで14試合4得点している。

 そんななか、バイロンは5月16日に公式ツイッターを更新。日本国籍取得に向けて動きだすことを報告している。

「今日で22歳になりました 今年から東京ヴェルディでプレーをしてますが、チームに点やアシストで貢献できるようもっと努力します!全員で本気で昇格を目指して闘います 個人的な報告をします。日本国籍取得する事を決断しました 僕もいずれは日本人になるので皆さん今後とも宜しくお願いします!」

 これにファンからは「日本の宝になります」「とても難しく素晴らしい決断」「日本代表目指して更なる飛躍を期待します」と喜びの声が溢れていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14681
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1652617355/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、右SBで先発出場も前半負傷交代…アーセナルはニューカッスルに0-2完敗しCL圏外の5位転落(関連まとめ)

【サッカー】アーセナル、ニューカッスルに敗れ5位転落…冨安健洋は39分に負傷交代 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652734550/
冨安21-22第37節.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/17(火) 05:55:50.33 ID:CAP_USER9.net

現地時間16日、イングランド・プレミアリーグは第37節が行われ、冨安健洋の所属するアーセナルは敵地セント・ジェームズ・パークでニューカッスルと対戦した。

【スコア・スタッツ】ニューカッスル対アーセナル

5位トッテナムとのノースロンドン・ダービーに敗れ、1ポイント差に迫られてしまった4位アーセナル。しかし残り2試合勝てば自力でチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるため、まずはこのニューカッスル戦での勝利が重要となってくる。

右サイドバックで先発した冨安は、相手のキーマンであるサン=マクシマンと頻繁にマッチアップ。ボールを持ってガンガン仕掛けてくる相手に、冨安は立ち上がりから守備での対応に追われる。36分には高い位置でボールを奪い、ペナルティーエリア左でボールを受けたサン=マクシマンがカットイン。冨安をかわして右足を振り抜くも、これはGKラムズデールがはじいてCKへと逃れた。

するとこのCKを跳ね返した直後、冨安が右のもも裏を痛めて座り込んでしまい、そのままセドリックとの負傷交代を余儀なくされた。

互いに無得点で迎えた後半、立ち上がりに空中戦での競り合いでシェアが脳震盪を起こし、ラッセルズと交代。脳震盪での交代のため、ニューカッスルの交代枠は消費されない。

後半もニューカッスルの勢いに押されるアーセナルは53分、スミス・ロウに代えてマルティネッリを投入。しかし55分、左サイドを抜けたジョエリントンの低く速いクロスにカラム・ウィルソンが反応。カットに入ったホワイトが伸ばした足に当たったボールがそのままゴールに転がり、ニューカッスルがオウンゴールにより先制する。

前半から相手にペースを握られ、先制を許してしまったアーセナルは62分、ヌノ・タヴァレスを下げてラカゼットを投入。73分にはガブリエウに代えてペペを投入し、攻撃的な布陣で点を取りに行く。すでに前日の試合でトッテナムが勝利しているため、このまま敗れれば最終節を前に順位が逆転することとなってしまう。

焦るアーセナルはなかなかシュートチャンスを作れず、逆にニューカッスルはカウンターのチャンスを増やしていく。80分にはカウンターからDFと2対1という状況を迎えるが、マーフィーのシュートはGKラムズデールがはじき出した。

85分には厚みのある波状攻撃からロングスタッフのスルーパスにC・ウィルソンが抜け出すもGKラムズデールが飛び出してブロック。しかしこのこぼれ球をギマランイスが押し込み、ニューカッスルが大きな追加点を挙げる。

こうなると苦しいアーセナル。攻撃の枚数は増やしたものの、効果的なパスを前線に供給できず、決定機らしい決定機を最後まで作れないまま、敵地で敗戦。最終節を前にトッテナムに順位をかわされ、5位に転落することとなった。

■試合結果
ニューカッスル 2-0 アーセナル

■得点者
ニューカッスル:OG(55分)、ギマランイス(85分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b4b5833a8ac995a1a74a40a8db1f850298e1525



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:21 | 大阪 | Comment(26) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J史上初の信州ダービー、1万3000人超集結に驚きの声「まるでJ1」「最高の雰囲気」

【サッカー】「J3とは思えない」 J史上初の「信州ダービー」、1万3000人超集結に驚きの声「まるでJ1」「最高の雰囲気」 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652696482/
信州ダービー2022第9節02.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2022/05/16(月) 19:21:22.31 ID:CAP_USER9.net

J3リーグ・第9節でAC長野パルセイロと松本山雅FCによる「信州ダービー」が、Jリーグの舞台で初めて開催。試合はスコアレスドローで終わったなか、下部カテゴリーながら1万3000人超の観客が詰めかけたスタジアムに、ファンからは「J3とは思えない観客数」「まるでJ1」との声が上がっている。

信州ダービーは地域リーグ時代から開催され、長野市と松本市を本拠地とする両クラブの対戦は、地元ファンの間で盛り上がりを見せてきた。そんな注目の一戦が5月15日、Jリーグの舞台で初めて開催。試合は序盤から激しい攻防が繰り広げられる白熱の展開となるも、互いにチャンスをモノにできず、スコアレスドローでの決着となった。

そんな一戦で話題となったのが、スタジアムに駆け付けた来場者数だ。公式発表によると、試合が行われた長野Uスタジアムには、1万3244人のファンが集結。1万5000人超を収容する同スタジアムはファンで埋め尽くされ、サッカー専用スタジアムということもあり、下部リーグとは思えないムードが醸成されていた。

この光景にファンからは驚きの声が続々。ハイライト映像を公開したJリーグ公式YouTubeチャンネルのコメント欄には「観客が多くて見応えがいい」「J3で13000人はえぐい」「J3とは思えない観客数」「最高の雰囲気」「まるでJ1」との声が並び、熱気包まれたシーンに熱視線が注がれていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/257fcd5c2a06b50b9f92e5a2e07d3cfa7bbda058



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英雄となった遠藤航、ドイツの自宅前にかかれた子供の落書きが粋だと話題に「LEGENDO」(関連まとめ)

遠藤航、ドイツの子供が自宅の前に残した“粋すぎる路上落書き”が話題「涙出るやん」
https://news.yahoo.co.jp/articles/aec56999c0794618e75bf76daa3ce7566f280c4e
遠藤航21-22最終節試合後.jpg


最終節で1部残留を決める決勝ゴール
 海外サッカー・ドイツ1部ブンデスリーガのシュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航は、現地時間14日の最終節ケルン戦に先発出場。1部残留を決めるには勝つしかないゲームで、1-1の同点で迎えた後半アディショナルタイムに決勝ゴールを決めた。その後、自宅に戻ったところで現地の子供たちからセンスあふれる“メッセージ”を贈られたと明かし、日本のファンからも「涙出るやん」「粋な計らい」と反響が集まっている。

 1-1で迎えた後半アディショナルタイム、終了目安まで残り3分を切ったところで迎えたCKで、遠藤は倒れこみながらもヘディングシュートで得点。引き分けなら入れ替え戦に回っていたチームを、逆転での1部残留に導いた。現地ファンを熱狂させていたが、現地の子どもたちにも祝福されていたようだ。

 遠藤は自身のツイッターに「昨日家に帰ったら近所の子供達が僕の家の前に書いてくれてました」と記し、路上に“落書き”された英語の写真を公開。チョークのようなもので「LEGEND(レジェンド)」をもじり「LEGENDO」と可愛らしく記されていた。赤で「LEG」、白で「ENDO(エンドー)」と分けられており、誰に向けて書かれたものかも分かる。

 これには日本のファンも反応。「近所のお子さんセンスあるな」「なんて素敵なんでしょうね」「なにこれ素敵」「涙出るやんこんなの」「めちゃめちゃセンスあるやん笑」「近所の子供粋な計らいしてくれてる笑」などとコメントが集まっていた。

【サッカー】シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」 [豆次郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652543887/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、ユベントスが獲得に興味か?今季退団のキエッリーニの後継者に(関連まとめ)

冨安健洋、ユベントスが獲得に興味か 元伊代表DFの後継者と伊報道も“高額移籍”が懸念「市場価値は爆上がりしている」
https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc858d7855e322b74c8278fe7660920b37471db
冨安21-22第36節ドリブル.jpg

ファン人気も高く「代わりの利かない『ガナー』」
 イングランド1部アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋に、わずか1年でイタリアに復帰する可能性が浮上している。イタリアメディア「カルチョメルカート」が、2シーズン連続でリーグ優勝を逃したユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、強い希望を持っていると報じている。

 冨安は2021年夏の移籍市場最終日にボローニャからアーセナルへ移籍。開幕3連敗を喫していたチームで先発に抜擢されると、安定したパフォーマンスでレギュラーの座をつかみ取った。現在、アーセナルは来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの真っただ中にいるが、右サイドバックを主戦場に、左サイドバックでも安定したプレーを見せている冨安が果たした役割は大きい。

 アーセナルで自身の居場所を切り開いた冨安だが、イタリアの名門ユベントスは、今季限りでクラブを退団する元イタリア代表DFジョルジオ・キエッリーニの後継者として、冨安の獲得を目指しているという。

 記事では、「移籍市場では数多くの選択肢があるが、ユベントスはアッレグリ監督のために、最善の代役を選択する見込みだ。日本人のセンターバックである冨安健洋は、監督にとっての理想的な存在だ」と紹介している。

 その一方で、「彼を売却した昨年の市場価格である2500万ユーロ(約34億円)からは爆上がりしている。ユベントスへの移籍は高額になるため、経営的にも負担となる。加えて、冨安はロンドンの人々の信頼と共感を勝ち取った。代わりの利かない『ガナー』となっている。そのため、わずか1年でのセリエA復帰の実現には、疑問が残る」と、実現には大きなハードルがあることを指摘している。

 世界屈指の名門から求められる存在となった冨安。アーセナルが来季のCL出場権を得ることができれば、アーセナル残留を選択する可能性はさらに高まることになりそうだが、加入時にリーグ最下位にいたクラブは、CL出場権を手にすることができるだろうか。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1837】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652539383/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(34) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主力温存のレアル、GKルニンがPKストップなど躍動しカディスと1-1ドロー!カディスは降格圏に転落

主力温存マドリーは控えGKルニン躍動でドロー! 善戦カディスはPK失敗と最終盤判定響き降格圏転落…《ラ・リーガ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/e48d8d9edb2ff06b5ec01bd952aa8bc54377ab6a
ルニン21-22第37節セーブ.jpg


ラ・リーガ第37節、カディスvsレアル・マドリーが15日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、1-1のドローに終わった。

今シーズンのラ・リーガですでに優勝を決めているマドリー(勝ち点89)は前節、最下位のレバンテを相手にヴィニシウスのキャリア初のハットトリックの活躍などで6-0の圧勝。主力温存で敗れたマドリード・ダービーの敗戦をきっちり払しょく。28日に控えるリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向け仕切り直しに成功した。

そのレバンテ戦から中2日のアウェイゲームでは、残留圏内ギリギリにいる17位のカディス(勝ち点37)との対戦となった。アンチェロッティ監督はこの一戦に向け先発5人を変更。サスペンションのモドリッチに加え、守護神クルトワ、ベンゼマとヴィニシウスに完全休養を与えた一方、クロースやカゼミロ、ミリトンを起用。3トップは右からアセンシオ、マリアーノ、ロドリゴという並びとなった。

右サイドバックにバジェホ、左サイドバックにルーカス・バスケスを配して左肩上がりの変則的な[4-3-3]の布陣で臨んだマドリー。立ち上がりは、より勝ち点がほしいホームチームの攻勢を受ける形となったが、早々にゴールをこじ開ける。

開始5分、相手陣内左サイドのタッチライン際でボールを受けて仕掛けたロドリゴが複数のDFの間を見事なドリブル突破ですり抜けてボックス内に侵入。GKと交錯する寸前で折り返すと、ゴール前に飛び込んだマリアーノがワンタッチで合わせた。

ロドリゴの鮮やかな仕掛けから生まれたマリアーノの今季ラ・リーガ初ゴールによって幸先よくリードを手にしたマドリー。以降は再び前に出てくる相手の攻撃を受け止めながら、鋭いカウンターで追加点を目指す。12分にはバルベルデの見事な中央突破から仕掛けたカウンターで、ボックス内でのマリアーノとのパス交換からアセンシオにシュートチャンスも、ここはGKレデスマのセーブに遭う。

一方、カディスもルイス・エルナンデスのロングスローや縦に速い攻めからファリやルーカス・ペレスが際どいフィニッシュの場面を作り出し、ゴールの匂いをさせる。

以降は行ったり来たりの状況が続いたが、クーリングレイクを経た30分過ぎからホームチームが攻勢に転じていく。36分にはファリのスルーパスに完璧に抜け出したイドリシがボックス内でGKと一対一を迎えるが、ここはGKルニンのビッグセーブに阻まれる。

しかし、直後の37分にはペナルティアーク付近でクリアボールを奪ったソブリーノがそのままボックス中央に持ち込んで右足を振る。そして、DFミリトンの背中にディフレクトしたボールがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らした。

さらに、切り替えの部分や連携で緩さが見受けられるマドリーに対して、カディスは以降も果敢に逆転ゴールを目指していくが、絶好のカウンターチャンスでルーカス・ペレスからネグレドへのラストパスがずれるなど、仕留め切ることはできなかった。

1-1のイーブンで折り返した試合は後半もカディスが優勢に進めていく。前半のように決定機まで持ち込めないが、左サイドのイドリシ、スピノを起点に相手の深い位置でプレーする回数を増やしていく。

そういった中、60分にはカディスに逆転のチャンス。ロングボールを収めたルーカス・ペレスのスルーパスに抜け出したネグレドがボックス内でGKルニンと交錯。この接触プレーでPKが与えられる。しかし、ネグレドが右を狙って蹴ったシュートはルニンが見事な左手のセーブで阻止した。

控え守護神が自ら与えたPKを帳消しにする好守で1-1のイーブンを維持したマドリーは、直後の64分に3枚替えを敢行。バジェホ、バルベルデ、ロドリゴを下げてセバージョス、カルバハル、アザールを投入した。だが、この3枚替えでも流れは変わらない。

一方、PK失敗も引き続き良い形で攻められているカディスは、70分にイドリシの左クロスからネグレドに名誉挽回のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離で放ったヘディングシュートは再びGKルニンのビッグセーブに阻まれた。

マドリーは81分にマリアーノを下げて21歳の長身FWラタサをトップチームデビューさせた中、リスクを冒して前に出る相手を徐々に引っくり返す場面を増やし、後半アディショナルタイムにはセバージョスの鋭いシュートで2点目に迫る場面も作り出した。

その後、試合最終盤にはマジョルカリードの一報が入り、残留圏内維持には勝ち点3が必須となったホームチームがより前がかった攻めを見せる。そして、後半ラストプレーのセットプレーの流れではボックス内でファリがDFカルバハルに倒される。スタジアム、ピッチ上の選手たちはPKを主張してヒートアップしたが、マテウ・ラオス主審はVARルームとコミュニケーションを取ることなく試合終了のホイッスルを吹く。

中継映像ではVARの介入の可能性を窺わせるやり取りがあったものの、ラオス主審はそのまま試合を終わらせ、カディスの選手たち、スタンドの観客は状況を全く把握できぬまま呆然自失の状態でホーム最終戦を終えることになった。

この結果、マドリーはアザールの復帰やラタサのデビューなど幾つかの収穫を得て今季アウェイ最終戦を終えることに。一方、善戦も勝ち点3獲得に至らなかったカディスはマジョルカと勝ち点で並ばれた結果、当該成績で降格圏の18位に転落。今節、降格が決定したアラベスを相手に運命の最終戦に臨むことになった。

◆◇El Blanco Real Madrid 1186◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652284188/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、ミラン優勝に向け荒ぶりチームバスのフロントガラスを割る

【サッカー】ミラン優勝に向けて荒ぶるイブラ、“掌底”でチームバスのフロントガラス割る [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652670672/
イブラ21-22バスガラス割る.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/16(月) 12:11:12.16 ID:CAP_USER9.net

 ミランの2010-11シーズンぶりのセリエA優勝が近づいている。試合に向かうバスに乗っていたFWズラタン・イブラヒモビッチは、サポーターのエールを前に、フロントガラスに掌底。勢いあまってガラスにヒビを入れてしまった。

【動画】イブラが掌底でフロントガラス割る


 首位を走るミランは今節にも優勝決定の可能性が浮上。まずはアタランタ戦の勝利を目指し、本拠地サンシーロに向かった。すると、ミランサポーターがチームバスを囲むハプニング。11年ぶり優勝を懸けて試合に挑む戦士たちをエールで後押しした。

 そこで、バスの運転席近くまで現れたのは、チームの大黒柱イブラヒモビッチだ。両手でサポーターを煽ると、サポーターもそれに応えて大声援を挙げる。イブラヒモビッチは思わず、フロントガラスに手をつき、右の手のひらを数度打ちつけた。すると、さすがのカンフーマスター。フロントガラスが耐えきることができず、手のひらサイズのヒビが入ってしまった。

 またしても伝説を作ったイブラヒモビッチを目の当たりにして、サポーターのボルテージも最高潮。しかし、バスを囲んで同様にフロントガラスを叩いてみるが、誰一人そのガラスに傷をつけられる者はいなかったという。

 この勢いのまま、ミランはアタランタに勝利。しかし、2位インテルも勝利を収めたため、優勝決定は最終節に持ち込まれた。最終節でミランはサッスオーロに引き分け以上となれば、優勝が決定する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ba81be04d57e15c07b8f31d989a88ac5fd48770
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、先制ゴールで今季8得点目!ユニオンSGはアンデルレヒトに勝利し2位確保 来季CL出場権獲得(関連まとめ)

【サッカー】ユニオンSG三笘薫が今季8ゴール目!アンデルレヒト撃破で2位確保。来季CL予選出場権獲得 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652669609/
三笘21-22PO第5節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/16(月) 11:53:29.49 ID:CAP_USER9.net

ユニオン・サン=ジロワーズMF三笘薫が、アンデルレヒト戦で今シーズン8ゴール目をマークした。

15日に行われたジュピラーリーグのプレーオフ1第5節で、ユニオンSGは敵地でアンデルレヒトと対戦。三笘は前節に続き、左ウィングバックのポジションで先発出場した。

すると、三笘が開始早々から試合を動かす。キックオフから2分足らずでジャン・ティエリ・アマニのお膳立てからネットを揺らし、ユニオンSGに先制点をもたらす。なお、これが日本代表MFにとって4月末のアンデルレヒト戦以来4試合ぶりとなる今シーズン公式戦8ゴール目となった。

リードを奪ったユニオンSGが優勢に試合を進める中、後半早々にはデニス・ウンダフにも得点が生まれてリードを広げる。試合終盤にはアンデルレヒトに退場者が出て数的優位に立つと、このまま2-0で勝利した。

昇格組ながらレギュラーシーズンを1位で終えたユニオンSG。プレーオフ1ではクラブ・ブルージュに3連覇こそ許したものの、この試合の勝利で最終節を残して2位を確保。これにより、来シーズンのチャンピオンズリーグ3次予選からの出場権を獲得している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d35ae925646c2bdb18fb4fd5185ba912e32a064



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:37 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)