アンテナ・まとめ RSS

2019年04月21日

トーレス、鳥栖4戦連続無得点も「攻撃は間違いなく良くなってる」(関連まとめ)

【サッカー】<サガン鳥栖>4戦連続無得点 3連敗で最下位抜け出せず..フェルナンドトーレスは「攻撃は間違いなく良くなっている」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555828217/
トーレス2019第8節.jpg

1: Egg ★ 2019/04/21(日) 15:30:17.45 ID:go9TGE+R9.net

 ◆明治安田生命J1第8節 松本1−0鳥栖(20日・サンプロアルフィン)

 サガンのゴールはいつになったら見られるのか…。最下位のサガン鳥栖はアウェーで松本に0−1で敗れ、4試合連続無得点で今季2度目の3連敗を喫した。8試合を消化しても、リーグワーストのチーム総得点1という深刻な得点力不足は変わらない。大分トリニータはアウェーでG大阪に1−1で引き分け、連勝は2でストップ。勝ち点16で前節の3位から4位に後退した。

【データ】鳥栖の今季成績

 深刻な決定力不足はいつになれば解消されるのか。鳥栖は松本の堅守を崩せず、リーグ戦4試合連続無得点。3連敗で最下位を抜け出せず、カレーラス監督は「相手のチャンスは多くなかったが、彼らは生かし、こちらは多くのチャンスを生かせなかった」と嘆いた。

 前半10分、高いバウンドのボール処理を誤ったのをきっかけに先制点を許した。その後、金崎、クエンカが攻撃を組み立て、何度か好機を生み出した。結局無得点でも、フェルナンドトーレスは「攻撃は間違いなく良くなっている。あとは決めるだけというところに来ている」と懸命に前を向いた。

 前節の川崎戦で敗れた後、竹原社長は不振について「クラブの責任もあるし、厳しい言い方をしたらファンの責任もある」と発言。18日のメディア非公開サポーターミーティングで釈明した。クラブが揺れる中、この日も長野県の松本まで足を運んだサポーターは懸命に声援を送った。だがチームが応えられない。

 松本にある松商学園高出身で、思い出の地でJ1通算250試合出場を果たした高橋義は「応援してくれている皆さんの思いは伝わっている。いい試合より勝つ試合を見せたい」と誓う。カレーラス監督が目指す攻撃的サッカーとは程遠い結果が続くが、不穏で重い空気を打破するには、どんな形でも白星をつかむしかない。

4/21(日) 11:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00010014-nishispo-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、「C・ロナウド2世」ジョアン・フェリックス獲得に156憶円を準備か?ユベントスも獲得に動く

19歳の“クリロナ2世”にペップがご執心!? シティは契約解除金156億円を準備。気になる競合相手は…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00010003-sdigestw-socc
ジョアン・フェリックスEL2019準々決勝第1戦ハット.jpg

本人は自身のアイドルとのプレーを希望か?
 長谷部誠が所属するフランクフルトとのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第1レグで、大会最年少記録となる19歳153日でのハットトリックを達成して以降、ベンフィカに属するジョアン・フェリックスの株は天井知らずで伸び続けている。

 攻撃的かつ技術力にも秀でていることから同胞のクリスチアーノ・ロナウドとも比較され、今夏の移籍マーケットで人気銘柄となること間違いなしの19歳だけに、すでに数々のビッグクラブが関心を寄せている。その顔触れは、レアル・マドリーやバルセロナ、ユベントスなど、錚々たるものだ。

 そんななか、ポルトガルのテレビ『TVI』の番組「Mais Bastidores」の報道として、スペイン紙『AS』が伝えたところによると、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も、フェリックス獲得にご執心で、すでに引き抜きに向けた動きを画策しているという。

 報道によれば、グアルディオラ監督は、来シーズンに向けた補強の一環として、クラブの上層部にフィリックスがほしいと伝えたという。その意向にそぐうべく、シティもフェリックスとベンフィカの契約解除金1億2000万ユーロ(約156億円)を支払う準備を進めているようだ。

 一方で、フェリックスは自身アイドルでもあるC・ロナウドとのプレーを望んでいるとも言われ、ユーベの動きも注目されている。

『AS』によると、ユーベのファビオ・パラティチSDは、すでにベンフィカのルイス・フェリペ・ヴィエイラ会長とコンタクトを取っており、7500万ユーロ(約97億5000万円)のオファーを出したという。ただ、この条件はベンフィカに断られたそうだ。

 残り5節となったポルトガル・リーグで、同勝点のポルトとタイトルを争っているベンフィカ。そのなかで、デビューシーズンながら11得点を記録しているフェリックスは、優勝という置き土産を残して、ビッグクラブへとステップアップを踏むのだろうか。

 仮に全世界が注目する超逸材が移籍を決意した場合、その行先は、アイドルとのプレーか、はたまたカリスマ指揮官の下なのか、それとも――。今後、さらなる激化が予想される争奪戦に注目だ。

BLUEMOON マンチェスターシティ 323cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1555685537/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FC、17歳・斉藤光毅スーパーゴールなど千葉に3-1逆転勝利!水戸は岐阜下し無敗で首位キープ!鹿児島は琉球に勝利し開幕戦以来の勝利 J2第10節昼(関連まとめ)

【サッカー】J2第10節昼 鹿児島×琉球、山形×山口、横浜FC×千葉、金沢×柏、岐阜×水戸 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555830017/
水戸2019第10節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/21(日) 16:00:17.83 ID:Uh4yMuST9.net

鹿児島 1−0 琉球
[得点者]
90+2'五領 淳樹(鹿児島)

スタジアム:白波スタジアム
入場者数:4,521人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042101/livetxt/#live


山形 0−1山口
[得点者]
82'佐々木 匠(山口)PK

スタジアム:NDソフトスタジアム山形
入場者数:6,713人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042102/live/#live


横浜FC 3−1 千葉
[得点者]
30'工藤 浩平(千葉)
57'イバ   (横浜FC)
82'田代 真一(横浜FC)
85'斉藤 光毅(横浜FC)

スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:6,143人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042103/live/#live


金沢 0−0 柏
[得点者]
なし
スタジアム:石川県西部緑地公園陸上競技場
入場者数:7,685人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042104/live/#live


岐阜 0−1 水戸
[得点者]
53'前 寛之(水戸)

スタジアム:岐阜メモリアルセンター長良川競技場
入場者数:5,196人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042105/live/#live

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


6: 久太郎 ★ 2019/04/21(日) 16:01:34.60 ID:Uh4yMuST9.net

>>1
17歳FW斉藤光毅が圧巻のダメ押しゴール…横浜FCが逆転勝利!! 千葉は工藤の“9年ぶり弾”も空砲に

[4.21 J2第10節 横浜FC 3-1 千葉 ニッパツ]

 J2は21日に第10節を開催し、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FCとジェフユナイテッド千葉が対戦。前半30分にMF工藤浩平の得点で千葉が先制するが、後半12分にFWイバの得点で追い付いた横浜FCが同37分にDF{{田代真一}]のゴールで勝ち越すと、同40分にFW斉藤光毅がダメ押しゴールを奪い、3-1の逆転勝利を収めた。

 ホームの横浜FCは14日の第9節大宮戦(●1-2)から先発5人を入れ替え、FW戸島章、MF松浦拓弥、MF中山克広、MF渡邊一仁、DF北爪健吾らを先発起用。一方、アウェーの千葉は第9節岡山戦(△0-0)から先発3人を入れ替え、FWクレーベ、MF為田大貴、MF矢田旭らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 立ち上がりに好機を生み出したのはホームの横浜FCだった。前半12分、千葉のパスミスを中盤でカットした北爪がドリブルでPA内まで運ぶが、右足から放ったシュートはGK佐藤優也の守備範囲に飛んでしまう。さらに同19分にはDFカルフィン・ヨン・ア・ピンのフィードから左サイドを駆け上がった中山が折り返したものの、反応した戸島はフィニッシュまで持ち込めず。同26分にはDF川崎裕大の浮き球のパスから最終ライン裏を突いた戸島が右足シュートを放つがゴールマウスを捉え切れなかった。

 なかなか攻撃の形を作れない千葉だったが、前半30分に一瞬の隙を突いて先制に成功する。ショートコーナーから為田がPA内に送ったボールを受けたMF矢田旭のシュートは相手選手にブロックされたものの、こぼれ球に反応した工藤が巧みなループシュートで沈めてスコアを1-0とした。工藤の千葉で奪ったリーグ戦のゴールは10年8月28日のJ2第24節岡山戦以来となった。

 前半40分には横浜FCがゴールを脅かすが、北爪のクロスから放った戸島のダイビングヘッドは好反応を見せた佐藤優に阻まれてしまった。1-0と千葉がリードしたまま後半を迎えると、横浜FCは渡邊に代えてFWイバをピッチへと送り込む。さらに同9分には松浦に代えてFW斉藤光毅を投入して状況を打開しようと試みる。

 すると後半12分に千葉のミスから横浜FCが同点ゴールを奪取する。左サイドからDFエベルトが送ったバックパスがズレてゴールに向かうと、ゴールマウスを離れていた佐藤優が必死に戻ってスライディングでクリア。しかし、こぼれ球を拾った戸島がゴール前に送ったボールをイバが蹴り込んで試合を振り出しに戻した。

 その後は両チームともにゴールを脅かす場面を作り出すが、相手の粘り強い守備に遭って勝ち越しゴールを奪うには至らず。しかし後半37分、右サイドからMFレアンドロ・ドミンゲスが送ったクロスをDF田代真一がヘディングで叩き込み、横浜FCが勝ち越しに成功。さらに同40分には左サイドでボールを受けた斉藤がDF新井一耀と1対1を迎える。巧みに足裏でボールを運んだ斉藤はゴールラインぎりぎりを突破すると、角度のない位置からネットを揺らし、横浜FCが3-1の逆転勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-43466173-gekisaka-socc


25: 久太郎 ★ 2019/04/21(日) 16:03:24.94 ID:Uh4yMuST9.net

>>1
水戸が首位&開幕無敗キープ!!MF前寛之が岐阜ゴールをこじ開ける

[4.21 J2第10節 岐阜0-1水戸 長良川]

 J2第10節が21日に開催され、暫定2位の水戸ホーリーホックは敵地で21位FC岐阜と対戦し、1-0で勝利を収めた。後半8分にMF前寛之が決勝ゴールを記録。2連勝で開幕10戦無敗(6勝4分)とし、前節からの首位をキープした。

 ボールを支配する岐阜に対し、水戸は奪ってからの素早い攻撃でチャンスを構築。拮抗した展開が続いたが、後半8分にスコアが動いた。

 PA手前右でボールを受けた前が中央へ切れ込み、左足でシュート。PA内で固まっていた選手に当たってコースが変わり、ゴール左に吸い込まれる。前の8試合ぶりとなる今季2得点目で水戸が先制した。

 追いかける岐阜は後半30分に決定的なチャンスを迎える。MF風間宏矢がボール奪取から前方につなぎ、受けたFW粟飯原尚平が鋭いターンで複数のDFを振り切ってPA内左へ。GK松井謙弥もかわしてゴールライン際から倒れながら左足でシュートを放つが、惜しくもサイドネットの外側に当たった。
 
試合は水戸が1点をリードしたままタイムアップ。岐阜は4連敗を喫し、7試合勝ちなし(2分5敗)となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-43466174-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:53 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関根アシストから鎌田ゴール!鎌田は今季15得点目!シント・トロイデンは豊川先発のオイペンと1-1ドロー

【サッカー】<鎌田大地>今季15ゴール目! 試合はドローに終わるも、シント=トロイデンはプレーオフ25試合連続無敗を達成!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555798551/
関根鎌田冨安2019PO第5節.jpg

1: Egg ★ 2019/04/21(日) 07:15:51.33 ID:go9TGE+R9.net

現地時間4月20日、ベルギーリーグのプレーオフ2(PO2)の第5節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はアウェーでオイペンと対戦。1-1で引き分けた。

 プレーオフ2(PO2)は、レギュラーシーズンの7〜15位と2部の3チームを加えた計12チームをA、Bのふたつのグループに分け、6チームが総当たり戦を実施。日程を終えた後、プレーオフ2Aとプレーオフ2Bの1位同士が対戦し、勝者にはヨーロッパリーグ(EL)予選の参戦権を賭けたプレーオフ1チーム(4位)との対戦権が与えられる。

 ここまで3勝1分でPO2のAグループの首位に立つSTVVは、6位のオイペンと対戦。鎌田大地、関根貴大、遠藤航、冨安健洋が先発し、木下康介はベンチスタートとなった。対するオイペンは豊川雄太が先発している。

 鎌田は開始早々に関根との連携からDFの裏に飛び出るなど積極的に攻勢を仕掛ける。20分を過ぎたころには遠藤とのパス交換からFWママドゥ・シラの好機をおぜん立て。41分には自らがペナルティエリア右からシュートぎみのクロスでファーのゴール左隅を狙うが、惜しくも枠から外れた。

 後半49分、サイドチェンジのフィードをペナルティエリア左外で受けた関根が、ドリブルでエリア内に侵入。DFとGKを引き付けておいて、マイナスのパスを中央に送る。それをフリーとなっていた鎌田が受け、冷静にゴールに押し込んで、アウェーで先制に成功する。

 だが54分に、ゴール前の混戦からアレクシス・デ・サールがオイペンのカストロ・モンテスにボールを奪われ、そのままモンテスが豪快なミドルシュートでネットを揺らされ、1-1と振り出しに戻している。

 勝利が欲しいSTVVだが、69分、CKからのプレーでDFジョルジ・テイシェイラが、腕でボールをはじくプレーで一発レッド。オイペンにPKが与えられたが、今日がラストゲームとなる38歳主将ルイス・ガルシアがこれをポストに当てるミス。STVVは九死に一生を得る。

 そこで、CB中央が退場となってしまったSTVVは、ボランチの遠藤のポジションを下げて3バック中央に配置。さらに、10人と数的不利な状況ながらも、攻撃的なポジションのヨアン・ボリ、エルトン・アコラトスを相次いで投入。守備を固めながらも、1点を奪いに出る。

 人数が少ないSTVVは、オイペンの息の合った攻撃には苦しめられたが、全員守備、そして遠藤、冨安ら急造の最終ラインとGKルーカス・ピラードの好セーブでしのぎ切った。

 さらに、鎌田は今季の総ゴール数を総計15ゴールに伸ばし、ベルギーリーグの得点ランキングで暫定3位に浮上。プレーオフ中のゴールもシーズン中に換算されるため、得点王の可能性をまだ残している。

 他会場でPO2A2位のオーステンデも引き分けたため、STVVが首位をキープ。次節は現地時間4月28日、アウェーでベールスホットと対戦する。

4/21(日) サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=57505

写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57505_ext_04_0_1555792097.webp?v=1555792572



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、バイエルン戦で途中出場 10人のブレーメンは敵地で健闘も0-1敗戦 

バイエルンが1点を守り首位をキープ! 10人のブレーメンは敵地で健闘も2019年初黒星。大迫勇也は途中出場
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00057490-sdigestw-socc
ブレーメン2019第30節.jpg

GKパブレンカの好守が光ったが…
 ブンデスリーガ第30節、首位バイエルンのホームに乗り込んだ7位のブレーメンは、0-1で敗北した。ブレーメン所属の大迫勇也は途中出場している。

 ロベルト・レバンドフスキとワントップに置く4-2-3-1のバイエルンに対し、ブレーメンはマックス・クルゼ、ミロト・ラシチャの2トップを擁した4-3-1-2の布陣で立ち向かう。ブレーメン指揮官フロリアン・コーフェルトはバイエルン相手に特別な戦術を用いるのではなく、ブレーメンらしい戦い方を選んだ。

 序盤は中盤の攻防が激しく、お互いにチャンスらしいチャンスは訪れない。だが、30分を過ぎたあたりからバイエルンが少しずつ敵陣に駒を進め始め、セルジュ・ニャブリが度々好機を創出する。だが、ブレーメンGKイジー・パブレンカの守る牙城を崩すには至らない。

 前半をスコアレスで折り返した両チーム。バイエルンはさらに攻勢を強めてブレーメンのゴールに再三襲い掛かるが、ニャブリやキングスレー・コマンの好機はパブレンカの好セーブが阻む。57分のレバンドフスキがゴール前でフリーとなったシュートも手に当てて跳ね返した。

 しかし58分、ミロシュ・ヴェリコッビッチがニクラス・ジューレとの競り合いで2枚目のイエローカードを提示されて退場処分に。ここまで好守で乗り切ってきたブレーメンに数的不利という試練が課せられた。

 ブレーメンは、防戦一方となった73分、ラシチャに代えて大迫勇也を投入する。だが直後の75分、ジューレにミドルシュートを決められ、0-1でリードを許す。エリア外から放たれたジューレのシュートは、味方に当たって軌道が変化し、これまで好セーブを連発していたパブレンカの逆を突くコースを描くという不運も重なった失点となった。

 82分にはクラウディオ・ピサーロを投入したブレーメンは、ひとり少ない状況で守備に追われながら好機を窺う。だが大迫やポサーロがボールに触る機会が少なく、なかなか前へ運べない。守備は粘り強く、ギリギリのところでバイエルンの前線にゴールを許さなかったが、1点を取り返せずに試合は終了。
 
 この勝利でバイエルンはリーグ首位をキープ。ブレーメンは2019年初の敗北を喫してひとつ順位を下げ、暫定8位となっている。ヨーロッパリーグ出場権を与えられる5位ボルシアMGとの勝点差は5、EL予選参加権を与えられる6位レバークーゼンとのポイント差は2となっている。

 両者は現地時間4月24日に、DFBポカール準決勝を戦う。ブレーメンは果たして、リベンジを果たすことができるだろうか。

大迫勇也 80
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1548856458/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、強烈ヘッドでトルコ初ゴール!ガラタサライ勝利に貢献し復帰戦に花を添える

【サッカー】「サムライが決めた!」長友佑都が鮮やかなヘッドでトルコ初ゴール!復帰戦に花を添える!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555783322/
長友2019第29節トルコ初ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/04/21(日) 03:02:02.12 ID:v6HtUs049.net

4/21(日) 2:41配信
「サムライが決めた!」長友佑都が鮮やかなヘッドでトルコ初ゴール!復帰戦に花を添える!

 復帰戦に自ら花を添えたのが、ガラタサライの長友佑都だ。

 現地時間4月20日、トルコのシュペル・リギの第29節が行なわれ、2位のガラタサライは11位のカイセリスポルと対戦。故障明けの長友は、6試合ぶりに左SBで先発した
 
 1−1で迎えた42分、エムバイ・ディアネのPKで勝ち越した直後の、前半アディショナルタイムだった。このPKに繋がるハンドで敵のDFチアゴ・ロペスが退場したこともあり、長友がエリア内に進入すると、マリアーノのクロスに完璧なヘッドで合わせ、今シーズン初ゴールをゲット。ガラタサライ移籍後、初得点でもあった。


 リードを2点に広げるこのゴールには、「ガラタサライのサムライが決めた!」、「あんたが大将!」、「クレバーな選手だ」といった称賛の声が集まっている。
 試合はこのまま3−1で終了し、ガラタサライは2位をキープしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00057494-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190421-00057494-sdigestw-000-2-view.jpg



長友佑都、復帰戦で躍動。トルコ移籍後初ゴール!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00318474-footballc-socc

【ガラタサライ3-1 カイセリスポル トルコ1部第29節】

 トルコ1部リーグ第29節が現地時間の20日に行われ、DF長友佑都が所属する2位ガラタサライが11位カイセリスポルと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 長友は今年2月24日のベレディエスポル戦で相手と接触し左膝を負傷。後十字靱帯損傷と診断されていたが、この試合で戦列復帰。左サイドバックで出場し、リーグ戦5試合ぶりの先発となった。前半ATに移籍後初ゴールを決めるなど、復帰戦で躍動した。

 試合はいきなり動く。15分、ガラタサライはカイセリスポルのクラヴェツに先制ゴールを決められた。だが、すぐにガラタサライが同点に追いつく。16分、バイタルエリア中央でボールを受けたフェルナンドが右足で強烈なシュートを放つも、GKがセーブ。だが、これをディアニェが押し込み、ガラタサライが早くも同点に追いついた。

 37分、ペナルティエリア手前までドリブルで持ち込んだマルコンがシュートを放つと、ペナルティエリア内でティアゴの手に当たり、ハンドの判定に。このプレーでティアゴにイエローカード。すでに1枚イエローカードをもらっていたティアゴは2枚目となり、退場となった。ガラタサライは前半で一人多い状況となった。このPKをディアニェが決め、ガラタサライが逆転に成功した。

 そして、前半AT、ガラタサライにチャンスが訪れる。中央から右サイドに展開したガラタサライはマリアーノが中央へクロスを供給。これをファーサイドから走り込んできた長友がフリーでヘディングシュート。これがゴール右に突き刺さり、ガラタサライは3点目となった。長友は今季初ゴール。インテル時代の2014年以来のゴールとなった。

 さらに57分、長友はコーナーキックのこぼれ球をペナルティエリアからやや離れた位置で拾うと、一人かわしドリブル。そのまま強烈なミドルシュートを放つが、惜しくもゴール右に外れた。

 2点のリードを奪っているガラタサライはその後も試合を優位に進めていく。カイセリスポルもチャンスを作るが、一人少ない状況もあり、攻め手に欠けてしまう。だが72分、左サイドにいたクチェルが中央にクロス。これがそのままゴール方向に行き、右ポストに当たると、クラヴェツの下へ。クラヴェツに対して長友が寄せ、シュートはミートせず。ムスレラがキャッチし、難を逃れた。

 試合はこのまま終了し、ガラタサライが3-1で勝利を収めた。勝利したガラタサライは公式戦8試合負けなしとなった。リーグ戦では勝ち点を59に伸ばし、暫定で首位イスタンブールと勝ち点差2した。

【得点者】
15分 0-1 クラヴェツ(カイセリスポル)
16分 1-1 ディアニェ(ガラタサライ)
37分 2-1 ディアニェ(ガラタサライ)
45+4分 3-1 長友佑都(ガラタサライ)

※一部、追記編集し直ししました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、3ヵ国制覇達成!プレミア、リーガ、セリエAを制した史上初の選手に!ユベントスはセリエA記録更新し8連覇(関連まとめ)

【サッカー】C・ロナウドが大記録! ユーベ優勝で史上初…英・西・伊の“三ヶ国制覇”を達成
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555783719/
クリロナ3ヵ国3冠.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/21(日) 03:08:39.04 ID:v6HtUs049.net

4/21(日) 2:52配信
C・ロナウドが大記録! ユーベ優勝で史上初…英・西・伊の“三ヶ国制覇”を達成

【ユベントス 2-1 フィオレンティーナ セリエA第33節】

 現地時間20日にセリエA第33節の試合が行われ、ユベントスはフィオレンティーナと対戦し2-1の勝利をおさめた。この結果、ユベントスのセリエA優勝が決定。それに伴い、ユベントスに所属する34歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが大記録を作り出している。


 試合開始して6分、左サイドから守備を崩され、最後にこぼれ球をフィオレンティーナのニコラ・ミレンコビッチに押し込まれて失点。26分にも相手にゴールを許したが、オフサイドの判定によりノーゴールに。

 すると37分、コーナーキックからユベントスのアレックス・サンドロが頭で合わせて同点ゴールを決める。続く53分には、C・ロナウドの折り返しから相手のオウンゴールが生まれてユベントスに追加点。結局、リードを守り切ったユベントスが2-1の勝利をおさめている。

 C・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド在籍時に、2006/07シーズン、2007/08シーズン、2008/09シーズンのプレミアリーグで3回優勝を経験している。レアル・マドリー在籍時には2011/12シーズンと2016/17シーズンの2回に渡ってリーガエスパニョーラで優勝を果たした。そして今回、ユベントスでもリーグ優勝を果たし、イングランドとスペイン、イタリアの異なる三ヶ国のリーグで優勝を果たした史上初の選手となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00318388-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190421-00318388-footballc-000-1-view.jpg



【サッカー】ユーヴェ、セリエA記録更新の史上初8連覇! 5試合残して最速タイで優勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555783216/

1: 豆次郎 ★ 2019/04/21(日) 03:00:16.75 ID:v6HtUs049.net

4/21(日) 2:51配信
ユーヴェ、セリエA記録更新の史上初8連覇! 5試合残して最速タイで優勝

 セリエA第33節が21日に行われ、ユヴェントスとフィオレンティーナが対戦。2−1でユヴェントスはホームで勝利を収めて、セリエA記録更新となる8連覇を達成した。

 ユヴェントスは勝ち点「84」で首位に位置し、この試合で引き分け以上を果たせば優勝が決まる。しかし、チャンピオンズリーグのアヤックス戦2試合とセリエA第32節のSPAL戦の直近3試合で勝利を挙げることができていない。一方のフィオレンティーナは前節、ボローニャ戦でスコアレスドロー。勝ち点「40」で10位につけている。

 試合は6分にフィオレンティーナが先制する。ニコラ・ミレンコヴィッチがペナルティエリア右でフリーになっていたフェデリコ・キエーザにスルーパスを送ると、キエーザはワンタッチでゴール前に折り返す。GKヴォイチェフ・シュチェスニーがボールを弾くが、こぼれ球をミレンコヴィッチが押し込み、フィオレンティーナが先制に成功した。

 果敢に攻めるフィオレンティーナは11分にはカウンターを起点にキエーザが縦にドリブルで持ち上がると右サイドのケヴィン・ミララスにパス。ミララスはミドルシュートを放つが枠をとらえられない。

 20分、再びカウンターからジョバンニ・シメオネとキエーザが前線に走ると、シメオネがゴール前のキエーザにクロス。しかし、レオナルド・ボヌッチが止める。

 追いつきたいユヴェントスは21分、カンセロからベルナルデスキに渡り、ベルナルデスキが仕掛けてシュートを放つと相手選手に当たりわずかに枠の右に逸れる。

 25分、ミララスのグラウンダー性のクロスにシメオネが左足で押し込む。2点目かと思われたが、オフサイド判定となり追加点とはならない。

 ユヴェントスは37分に右CKを獲得。キッカーのミラレム・ピアニッチがクロスを供給するとアレックス・サンドロが飛び込んでヘディングで合わせる。このシュートはゴール右に流れ込み、ユヴェントスは同点に追いついた。

 43分、キエーザがペナルティエリア外からミドルシュートを放つとクロスバーに直撃。跳ね返ったボールは枠内にわずかに入らず追加点とはならない。

 後半に入り、53分に試合が動く。クリスティアーノ・ロナウドが右サイドを突破すると、ベルナルデスキを狙ってゴール前に折り返す。ボールはフィオレンティーナDFヘルマン・ペッセージャに当たってゴールに吸い込まれ、ユヴェントスは逆転に成功した。

 64分、エムレ・ジャンが高い位置でボールを奪取するとゴール前にクロスを入れ、ボヌッチからC・ロナウドに渡ると、C・ロナウドがそのままシュート。相手DFに当たり、こぼれ球をピアニッチがミドルシュートで狙うがGKに弾かれる。

 65分にユヴェントスはピアニッチに代えてロドリゴ・ベンタンクールを投入。フィオレンティーナはこの日1ゴールを挙げているキエーザを下げた。

 追いつきたいユヴェントスは89分、ブライアン・ダボが右サイドからシュートを放つがシュチェスニーがキャッチ。ユヴェントスは試合終了間際の猛攻を守り切る。

 このまま試合は終了してユヴェントスは2−1でフィオレンティーナに逆転勝利を果たした。

 この結果、ユヴェントスのセリエA優勝が決定して、前人未到の8連覇を達成。5試合を残して最速タイでの優勝となった。

【スコア】
ユヴェントス 2−1 フィオレンティーナ

【得点者】
6分 0−1 ニコラ・ミレンコヴィッチ(フィオレンティーナ)
37分 1−1 アレックス・サンドロ(ユヴェントス)
53分 2−1 オウンゴール(ユヴェントス)

【スターティングメンバー】
ユヴェントス(4−3−3)
シュチェスニー;A・サンドロ、ボヌッチ、ルガーニ、カンセロ;マテュイディ、ピアニッチ(65分 ベンタンクール)、ジャン;ベルナルデスキ(74分 キーン)、C・ロナウド、クアドラード

フィオレンティーナ(4−3−3)
ラフォン;ハンツコ、チェッケリーニ、ペッセージェ、ミレンコヴィッチ;B・ダボ、ヴェルトゥ、ベナッシ(73分 ジェルソン);キエーザ(65分 ムリエル)、シメオネ、ミララス

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00930087-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190421-00930087-soccerk-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

マンC、18歳フォーデン先制ヘッド弾でトッテナムに1-0辛勝もCL敗戦のリベンジ達成!次節マンチェスター・ダービーへ

18歳の逸材がプレミア初ゴール!リベンジ果たしたシティ、次節マンチェスター・ダービーへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-43466148-gekisaka-socc
フォーデンマンC2019第35節ヘッド.jpg

[4.20 プレミアリーグ第35節 マンチェスター・C 1-0 トッテナム]

 プレミアリーグは20日、第35節を行った。エティハド・スタジアムでは2位マンチェスター・シティと3位トッテナムが対戦。ジョゼップ・グアルディオラ監督がその才能に惚れ込む、MFフィル・フォーデンのプレミア初ゴールが決勝点となり、シティが1-0で逃げ切った。

 両者はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝で激突。9日の第1戦はトッテナムが1-0で先勝し、17日の第2戦はシティが4-3で勝ったものの、2戦合計4-4のアウェーゴール差でトッテナムが勝ち抜けた。

 再びエティハドにトッテナムを迎えたシティは、先発を3人変更。DFビンセント・コンパニとDFバンジャマン・メンディ、MFダビド・シルバに代え、DFジョン・ストーンズとDFオレクサンドル・ジンチェンコ、18歳MFフィル・フォーデンを起用した。対するトッテナムは5人変更。GKパウロ・ガッサニーガとDFダビンソン・サンチェス、DFフアン・フォイス、DFベン・デイビス、MFエリック・ダイアーが先発に名を連ねた。

 試合は3日前と同じように早々にスコアが動いた。前半5分、右サイドのMFベルナルド・シウバが縦に仕掛けるとみせかけ、中央へカットイン。PA右手前から上げたクロスをFWセルヒオ・アグエロが丁寧に頭で落とし、フォーデンがプレミア初ゴールを決め、シティが先制に成功した。

 1点ビハインドのトッテナムは、MFクリスティアン・エリクセンが多彩なパスでチャンスを生み出し、前半14分には自らドリブルで持ち込んでシュートも放った。さらにFWソン・フンミンもスピードをいかした力強い突破をみせ、シティに対抗した。35分には、シティにアクシデント発生。MFケビン・デ・ブルイネがシュートを放った際に左足を痛め、MFフェルナンジーニョとの交代を余儀なくされた。

 後半もシティのペースで試合は進むが、5バックを敷いたトッテナムの守りを崩せず、追加点を奪えない。後半21分にアグエロを下げてMFリロイ・サネを投入。FWラヒーム・スターリングが中央に移り、サネが前線左に入った。対するトッテナムも交代カードを切り、16分にMFビクター・ワニアマ、24分にDFダニー・ローズを入れ、まずは同点を目指した。

 シティは後半26分、PA左からサネが中央へ折り返し、やや後方のボールをスターリングが左足で合わせる。しかし、GKガッサニーガに右足で止められ、ゴールネットを揺らせず。終盤はトッテナムに攻め込まれる時間もあったが、そのまま1-0で逃げ切り勝利。シティが首位に浮上し、24日に行われるマンチェスター・ユナイテッドとのマンチェスター・ダービーに弾みをつけた。

BLUEMOON マンチェスターシティ 323cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1555685537/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:32 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎、香川勇気ヘッド2発など栃木に3-1快勝!福岡は木戸・松田ゴールで愛媛に勝利!岡山は仲間1G1Aで徳島に逆転勝利 J2第10節土曜夜(関連まとめ)

【サッカー】J2第10節土曜夜 栃木×長崎、愛媛×福岡、岡山×徳島 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555761419/
香川勇気試合後.jpg

※写真は暫定です
1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 20:56:59.89 ID:EOX+EgIH9.net

栃木 1−3 長崎
[得点者]
08'香川 勇気 (長崎)
22'香川 勇気 (長崎)
40'呉屋 大翔 (長崎)
90+2'大黒 将志(栃木)PK

スタジアム:栃木県グリーンスタジアム
入場者数:3,947人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042010/livetxt/#live


愛媛 1−2 福岡
[得点者]
14'木戸 皓貴 (福岡)
17'松田 力  (福岡)
75'吉田 眞紀人(愛媛)
スタジアム:ニンジニアスタジアム
入場者数:2,681人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042011/live/#live


岡山 2−1 徳島
[得点者]
07'清武 功暉  (徳島)
45+2'イ ヨンジェ(岡山)
75'仲間 隼斗  (岡山)

スタジアム:シティライトスタジアム
入場者数:7,720人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042012/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


2: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 21:00:35.03 ID:EOX+EgIH9.net

>>1
2発香川と呉屋が連発!長崎が今季初の連勝!!栃木はまたホームで勝てず

[4.20 J2第10節 栃木1-3長崎 栃木グ]

 V・ファーレン長崎が敵地で栃木SCを3-1で下した。J2に降格してきた長崎だが、今季初の連勝。栃木は2戦ぶりの敗戦で5戦勝ちなし。ホーム戦も2分3敗と勝ちがない状態。昨季終盤もホームでの勝利はなく、最後の勝利は昨年8月18日の福岡戦まで遡ることになる。

 開始8分で長崎が先制した。MF大竹洋平が蹴った左CKをDFイ・サンミンがそらすと、ファーサイドでDF香川勇気が押し込む。さらに前半22分には同じく左CKから今度は香川が直接頭で合わせる。相手に当たってコースが変わったこともあり、ゴールネットが揺れた。

 そして左SBの香川が2ゴールで2試合連続ゴールを決めれば、前節の岐阜戦で移籍後初ゴールを決めたFW呉屋大翔も黙っていない。前半40分、イ・サンミンが出した浮き球に反応すると、GKとの1対1を冷静に制した。

 後半に入ると栃木も反撃に出るが、3点差で余裕のある長崎を崩し切ることができない。ようやく後半アディショナルタイム、MF{{西谷和希のパスでエリア内に入ったMF西谷優希が倒されてPKを獲得。FW大黒将志が決めて1点を返したが、反撃はこれが精一杯だった。

 2ゴールの香川は「開幕からなかなか上手くいっていなかったけど、ホームに帰って勝って、3連勝で波に乗っていきたい」と話した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-43466142-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:56 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲府、曽根田決勝ゴールで京都に1-0勝利し暫定首位浮上!新潟は吉永新監督初陣も東京Vと1-1ドロー J2第10節土曜昼(関連まとめ)

【サッカー】J2第10節土曜昼 東京V×新潟、甲府×京都 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555743808/
曽根田2019第10節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 16:03:28.95 ID:EOX+EgIH9.net

東京V 1−1 新潟
[得点者]
05'レオナルド(新潟)
65'端戸 仁 (東京V)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:6,085人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042008/live/#live



甲府 1−0 京都
[得点者]
84'曽根田 穣(甲府)

スタジアム:山梨中銀スタジアム
入場者数:8,162人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/042009/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


6: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 16:09:05.59 ID:EOX+EgIH9.net

>>1
新潟、吉永新監督初陣も3試合連続ドロー…東京Vは端戸が同点弾

[4.20 J2第10節 東京V 1-1 新潟 味スタ]

 J2リーグは20日、第10節1日目を行い、味の素スタジアムでは東京ヴェルディとアルビレックス新潟が対戦し、1-1で引き分けた。14日付で片渕浩一郎前監督を解任し、吉永一明新監督を迎えた初陣となったが、ドロー発進。3試合連続の引き分けとなった。

 ホームの東京Vは13日に行われた第9節の琉球戦(1-1)から先発2人を入れ替え、MF梶川諒太、FWネマニャ・コイッチが復帰した。
 一方、新潟は前節の山形戦(1-1)から3人を変更。開幕から全試合フルタイム出場だったDF渡邊泰基が初めて先発から外れ、DF広瀬健太が初スタメン。MFシルビーニョ、FWレオナルドが先発に復帰した。

 新潟は4-4-2のフォーメーションを採用し、先発復帰したブラジル人コンビが2トップを形成。広瀬がセンターバックに入り、DF新井直人は左サイドバックを担った。新生アルビは序盤から攻め込み、いきなり試合を動かした。

 前半5分、右CKのチャンスに古巣戦のMF高木善朗が右足でニアサイドに蹴り込むと、DF大武峻が競ったボールがファーサイドに抜ける。ゴールライン際でMF渡辺皓太に当たったボールが目の前にこぼれると、MFシルビーニョが冷静に右足で押し込み、幸先良く先制に成功した。

 1点ビハインドの東京Vは今節も継続してMF井上潮音をアンカーに据えた4-1-4-1を採用し、インサイドハーフにMF渡辺皓太とMF佐藤優平。右にMF梶川諒太、左にMF小池純輝が入った。ボール保持率は東京Vが上回るものの、新潟の攻勢が続く。

 前半22分、左サイドバックを務める新井が深い位置までえぐり、相手をかわしてクロスを供給。27分には大武のパスを受けたMF渡邊凌磨が鋭い右足ミドルでゴールを強襲したが、これはわずかに右へ。東京Vは途中から小池と梶川、佐藤と渡辺が位置を替えたが、流れを引き寄せられず、無得点で前半を終えた。

 後半開始と同時にコイッチを下げ、MF端戸仁がピッチに入る。端戸はそのまま1トップに入り、一転して東京Vが攻め込む時間帯が続いた。すると采配が的中し、後半20分、高い位置でDF広瀬健太のパスミスを奪った端戸がそのままエリア内に侵入。GKとの1対1を冷静に制し、左足シュートをゴール右隅に突き刺した。

 追いつかれた新潟は押し返し、シルビーニョがミドルレンジからシュートを狙うが、枠内に飛んだシュートはGK上福元直人が続けてセーブ。後半37分にはレオナルドがPA左隅からクロスを入れ、ファーの高木がヘッドで叩いたが、決定的なシュートはわずかにゴール左へ。そのままタイムアップを迎え、1-1で引き分けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-43466118-gekisaka-socc


采配的中! 曽根田V弾の甲府が京都を下して暫定首位
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-43466120-gekisaka-socc


[4.20 J2第10節 甲府1-0京都 中銀スタ]

 J2第10節が20日に行われ、5位ヴァンフォーレ甲府はホームで7位京都サンガF.C.を1-0で下した。後半39分に途中出場のMF曽根田穣が決勝ゴールを記録。3試合ぶりに勝ち点3を積み上げ、暫定ながら首位に浮上した。

 前節の水戸戦(1-2)で今季初黒星を喫した甲府は前半22分、右サイドのFWピーター・ウタカからのクロスが流れ、ファーのMF横谷繁が右足でシュートを打つと、京都DF上夷克典の手に当たったとしてPKを獲得する。

 前半23分にPKキッカーを務めたのは、チーム2位の3得点を記録しているFWドゥドゥ。しかし、キックの直前に軸足を滑らせてしまい、右足のシュートはゴール右上に外れてしまった。

 その後も攻勢を続け、前半41分にはチームトップの5得点を挙げているFWピーター・ウタカが強烈なミドルシュートを放つも、GK清水圭介がセーブ。前半はスコアレスで終了となった。

 ハーフタイム明けからも積極的に攻め込む甲府。後半13分にFW佐藤洸一、ウタカが相手と競り合い、PA内中央にこぼれたボールにドゥドゥが反応する。だが、右足で倒れながら打ったシュートは枠外に飛んだ。

 さらに後半15分、ウタカの縦パスを受けたドゥドゥがPA内中央から左足でシュート。しかし、うまくミートできずにゴール右へ外れる。攻めあぐねる展開の中、伊藤彰監督は同35分に最初の交代カードを切り、ウタカを下げて曽根田を投入。この采配が見事に的中した。

 後半39分、曽根田がドゥドゥとパス交換を試み、相手に防がれるも、こぼれ球に佐藤が反応。PA内左にフリーで走る曽根田につなぐと、受けた曽根田は倒れながら右足で流し込み、先制点を奪う。負傷明けの曽根田は8試合ぶりとなる今季3ゴール目をマークした。

 この1点を守り抜いた甲府が完封勝利。京都は3試合ぶりの黒星で連勝が2でストップした。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:15 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、遠藤保仁同点弾で追い付き大分と1-1ドロー!大分はオナイウ阿道が2戦連続ゴール J1第8節夕2(関連まとめ)

【サッカー】J1第8節夕2 G大阪×大分 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555750897/
遠藤2019第8節シュート.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 18:01:37.56 ID:EOX+EgIH9.net

G大阪 1−1 大分
[得点者]
25'オナイウ 阿道(大分)
71'遠藤 保仁  (G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:17,727人

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


19: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 18:04:36.97 ID:EOX+EgIH9.net

>>1
大分、オナイウ阿道が2戦連発も勝ちきれず…G大阪は連敗ストップ

明治安田生命J1リーグ第8節のガンバ大阪vs大分トリニータが20日にパナソニックスタジアム吹田で開催された。

ここまで2勝5敗のG大阪と、5勝2敗と好スタートを切っている大分が相まみえた。3連敗のG大阪は、0−1で敗れた前節の浦和レッズ戦から4カ所を変更。鎖骨骨折で離脱した藤春廣輝のほか、小野瀬康介、アデミウソン、ファン・ウィジョに代えて菅沼駿哉、田中達也、藤本淳吾、渡邉千真を起用した。一方の大分は、2−0で勝利したベガルタ仙台戦から星雄次と三平和司に代わって高山薫とオナイウ阿道がスタートからピッチに立った。

オ・ジェソクと田中の両ウイングバックに渡邉を1トップとする3−4−2−1を採用したG大阪だが、序盤にアクシデントに見舞われる。18分、足首を捻った渡邉がプレー続行不可能に。宮本監督は、今季リーグ戦初先発ながら無念の交代となった渡邉の代わりにファン・ウィジョを送り出す。

そんな中、先制したのは大分だった。25分、松本怜が入れた鋭いクロスに対してGK東口順昭がパンチング。しかし、クロスに飛び込んでいたオナイウ阿道の肩付近に当たったボールが跳ね返ってネットを揺らす。G大阪の選手たちはハンドを主張したが、判定は覆ることなく、オナイウ阿道の2試合連続となるゴールが認められた。

ハーフタイムにかけてはG大阪がペースを握ったものの決定打を欠くと、大分リードのまま後半へ。田中に代えてアデミウソンを投入して積極的に前へ出たG大阪は53分、左サイドから切れ込んだファン・ウィジョがゴールエリア左付近まで侵攻してシュート。しかし、これは枠を捉えることができない。

さらに宮本監督は59分、藤本を下げて小野瀬を送り出す。そこから攻勢をかけると、67分には遠藤保仁の落としから、ボックス右手前の小野瀬がミドルシュート。しかし、これはGK高木のファインセーブに阻まれる。さらに69分には、CKの流れからファン・ウィジョが放った強烈なミドルシュートがバーに弾かれ、同点弾とはならない。

それでも、G大阪は71分に追いつく。ペナルティアーク手前の遠藤が相手のクリアボールをダイレクトで叩いてシュート。これが鈴木義宜にディフレクトしたことでコースが変わり、そのままネットを揺らした。

その後、よりゴールに迫ったのは大分だったが、G大阪も粘り強い対応を続けて耐える。結局、試合はそのまま1−1で終了。両者が勝ち点を分け合っている。G大阪は逆転こそできなかったものの、リーグ戦の連敗を3試合でストップした。

■試合結果
ガンバ大阪 1-1 大分トリニータ

■得点者
G大阪:遠藤保仁(71分)
大分:オナイウ阿道(25分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00010020-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:15 | 大阪 | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、北川パーフェクトカウンター弾でC大阪下し2連勝!鹿島は安部負傷も犬飼先制ヘッドで仙台に勝利 J1第8節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第8節夕 清水×C大阪、鹿島×仙台 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555747136/
北川2019第8節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 16:58:56.00 ID:EOX+EgIH9.net

清水 1−0 C大阪
[得点者]
82'北川 航也(清水)

スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:11,028人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042004/live/#live


鹿島 1−0 仙台
[得点者]
66'犬飼 智也(鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:16,844人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042006/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


11: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 17:02:06.53 ID:EOX+EgIH9.net

>>1
清水、北川航也3戦連続弾で2連勝。鹿島はセットプレーの1点で仙台下す

明治安田生命J1リーグ第8節の試合が20日に各地で開催されている。15時キックオフの試合では清水エスパルスとセレッソ大阪、鹿島アントラーズとベガルタ仙台がそれぞれ対戦した。

 前節のダービー勝利で待望の今季初白星を挙げ、最下位を脱出した清水。その勢いを持続したいところだが、C大阪にボールを支配され我慢を強いられる展開に。

 だが82分、驚異的なカウンターから清水に先制点が生まれる。GK六反勇治からのボールを受けたエウシーニョが右サイドに抜け出し、相手GKを引きつけてエリア内へ速いボールを送ると、並走して駆け上がっていた北川航也がゴール左の角度のない位置から右ポスト内側への難易度の高いシュートを成功させた。

 エースのリーグ戦3試合連続、ルヴァン杯含めて4試合連続となるゴールが決勝点となり、清水は初勝利から2連勝。C大阪は2連敗となった。

 鹿島対仙台戦もスコアレスで前半を折り返したが、後半にセットプレーから試合が動く。66分、鹿島の左CKから永木亮太が上げたクロスに犬飼智也が飛び込み、強烈なヘディングをゴール右に突き刺した。犬飼は鹿島での2年目でリーグ戦初ゴール。

 6分間の長いアディショナルタイムを耐え抜き、そのまま1-0で鹿島が今季4勝目。仙台は2連敗を喫し、降格圏の17位を抜け出すことができていない。 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190420-00318421-footballc-socc


※一部編集ミスがございましたので、修正いたしました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:57 | 大阪 | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング