アンテナ・まとめ RSS

2014年04月17日

マンUファン「ルーク・ショーに3000万ポンドは高過ぎると思うが…」マンUのショー獲得の噂に賛否両論(海外の反応関連まとめ)

マンUイングランド代表DFショー獲得か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000069-nksports-socc
ルーク・ショー2014サウサンプトン.jpg

マンチェスターUが、サウサンプトンのイングランド代表DFルーク・ショー(18)を獲得する可能性が高まったと、英デーリーメール紙(電子版)が15日、報じた。

 移籍金は3000万ポンド(約52億5150万円)で、モイズ監督の今夏最初の契約になる見通しだという。

 ただ、ショーがもともとチェルシーファンで、8歳の時には同クラブのサッカースクールに通っていたことから、チェルシーが獲得のライバルだとした。

ソース・参考サイト
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:22 | 大阪 | Comment(33) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

広島、石原直樹が大車輪の活躍で2ゴール!2点差追い付き北京とドロー!ACL決勝T進出の可能性残す

広島、2点差から石原2発でドロー 自力突破の可能性残す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000029-goal-socc

石原ACL2014第5節ゴール.jpg

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第5節の北京国安対サンフレッチェ広島戦が16日行われ、2−2の引き分けに終わった。

前節アウェーでのFCソウル戦は目を疑うようなジャッジで勝利を逃すことになった広島。Jリーグでは3連勝を収めて首位浮上と好調だが、この試合は前半から一方的な守勢に回ることになる。

前線にゲロン、ウタカの強力アタッカーを擁する北京は立て続けに広島ゴールに襲いかかる。11分にはスルーパスを受けたウタカが抜け出し、最後はゲロンがネットを揺らしたが、ここはウタカがオフサイドだった。

その後も北京の優勢は続き、広島は自陣に釘づけ。前半だけで11本を数えたCKや、危険な位置からのFKで何度もゴールを脅かされる。

38分にはCKからのボールに、ファーポストのゲロンがオーバーヘッドキックでジャストミートしたが、ボールはGK林の腕の中に収まる。42分にもゲロンがニアを狙った強烈なシュートがわずかにポスト外へ。広島は反撃の糸口が見えないまま45分を終えさせられた。

後半に流れを変えたかった広島だが、55分にはついに北京の勢いに押し切られてしまう。ウタカのシュートには林が反応したが、ボールはゴール前に詰めていたシャオ・ジアイーの胸に当たってゴールへ。カバーに入った山岸が掻き出したが、その前にゴールラインを割っており北京の先制点となった。

さらにその6分後には北京が綺麗な形から追加点を奪う。右サイドでサイドチェンジを受けたゲロンがエリア内に走り込んだシャオ・ジアイーに預け、ヒールでの巧みなリターンを受けてそのままシュート。前半から優勢な北京が一気に2点を奪い、これで勝負は決まったかに見えた。

森保監督は山岸に代えて、今季ACLでもJリーグでも出場のなかった清水を投入。この采配がピタリと的中する。67分、スルーパスを受けた清水が左サイドに抜け、中央に低いボールを送ると、DFとGKに当たったボールがこぼれたところに詰めていた石原が押し込んで1点差。

さらに71分、またも清水と石原のラインからゴールが生まれる。清水が2人に挟まれながらもドリブルで突破して左サイドに持ち込み、クロスに石原が飛び込んで2点目。2日前に第一子が誕生したばかりの石原の連続ゴールで広島が試合を振り出しに戻した。

勝負を決める3点目をめぐり、その後も両チームは激しい攻防を繰り広げる。80分には石原が角度のない位置からあわやハットトリックかというシュートを右ポストへ。終盤は北京が押し込んだが広島が耐え抜き、そのまま2−2で貴重な勝ち点1を手にした。

同じグループの試合では、FCソウルが終了間際の決勝点でセントラルコースト・マリナーズに1−0の勝利。この結果グループFはFCソウルが勝ち点8で首位、ほか3チームが勝ち点6で並ぶ。広島は最終節、ホームでのセントラルコースト戦に勝てば自力でグループを突破することができる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:03 | 大阪 | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10人のC大阪、浦項に敗れ苦しい状況でACL最終節へ…南野が一発レッドで退場

C大阪、浦項に敗れ決勝T進出厳しく…南野、前半で痛恨の一発レッド!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000121-spnannex-socc
南野2014ACL第5節レッド.jpg

◇ACL1次リーグ C大阪0―2浦項(2014年4月16日 ヤンマー)

 サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)は16日、各地で1次リーグ第5戦が行われ、E組のC大阪はホームで首位・浦項(韓国)に0―2で敗れ、決勝トーナメント進出が厳しくなった。通算成績1勝2分け2敗となったC大阪の勝ち点は5のまま。一方、浦項は勝ち点を11とし、1次リーグ突破が決まった。

 DFゴイコ・カチャル(27)とDF扇原貴宏(22)を累積警告による出場停止で欠くC大阪は、ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(34)と日本代表FW柿谷曜一朗(24)が2トップを組み、左MFに南野拓実(19)、右MFに杉本健勇(21)を配置する4―4―2システムで勝利が絶対条件の大事な1戦に臨んだ。

 だが、前半24分、相手の左スローインから守備陣が裏を取られ、最後はシュートのこぼれ球に詰めていたMFイ・ミョンジュに右足で押し込まれて1点を失うと、同41分にはC大阪をまさかの事態が襲う。

 南野が相手MFソン・ジュンホの足に対してスパイクの裏を見せてスライディングしたとして一発退場。今月7日から行われた国内組による日本代表候補合宿にも招集され、5月12日に発表されるワールドカップ(W杯)ブラジル大会メンバー入りの期待もかかる若きアタッカーを欠いたチームは、前半途中から数的不利での戦いを強いられることになった。さらに判定に異議を申し立てたポポヴィッチ監督(46)も退席処分。C大阪にとって極めて苦しい展開となった。

 後半からFWフォルランに代えてDF染谷悠太(27)を投入したC大阪は、染谷をアンカーとして中盤の底に置き、柿谷の1トップに変更してスタート。試合の指揮はグルイッチ・ヘッドコーチ(51)が執った。

 だが、後半13分には杉本が左足ミドルで狙うもゴールにはならず、20分にはFWキム・ソンデに決められて0―2とさらにリードを広げられた。25分には柿谷に代えてFW永井龍(22)を投入。数的不利を覆す逆転勝利を狙ったが、0―2のまま試合は終了した。

 その結果、勝ち点11とした浦項は1次リーグ突破が決定。敗れたC大阪は23日にアウェーで行われる山東魯能(中国)との最終戦に、いちるの望みを託すことになった。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:05 | 大阪 | Comment(31) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンUファン「香川の退団はマタにとって命取りになる」香川真司、ハムシクとのトレードの噂が浮上(海外の反応関連まとめ)

香川がナポリへ?ハムシクとのトレード話浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00134463-gekisaka-socc
香川ハムシク.jpg

日本代表MF香川真司のナポリ行きの可能性が報じられた。『HITC SPORT』など複数メディアは、スロバキア代表MFマレク・ハムシクの獲得を目指すマンチェスター・ユナイテッドが、3100万ユーロ(約44億円)と言われる移籍金の代わりに、1500万ユーロ(約21億円)プラス香川のトレードを画策していると報じている。

 ハムシクは近年のナポリの躍進を支えている。しかし、昨季は11得点17アシストを見せていたハムシクも、今季は6得点9アシストにとどまるなど、ラファエル・ベニテス監督の下で思うような結果が残せていない。

 ただハムシクには、昨季までの恩師、ワルテル・マッツァーリ監督が率いるインテルも興味を示しているようで、こちらもMFマテオ・コバチッチらとのトレードを含め、検討しているものとみられる。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:49 | 大阪 | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルファン「ポドルスキはライオンだった」アーセナル、ウエストハムに勝利し4位に浮上!CL権確保に望み繋ぐ!(海外の反応関連まとめ)

アーセナルがウエスト・ハムからリーグ戦5試合ぶりの勝利を挙げる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00134459-gekisaka-socc

ポドルスキ2014第24節ゴール.jpg

[4.16 プレミアリーグ第34節 アーセナル3-1ウエスト・ハム]

 プレミアリーグは16日、第34節の1試合を行い、FW宮市亮の所属するアーセナルがウエスト・ハムとのロンドンダービーに臨んでいる。4位のエバートンを勝ち点2差で追う5位のアーセナルは、1-1で迎えた後半に2ゴールを加えて3-1で勝利。3月17日のトッテナム戦(1-0)以来、リーグ戦5試合ぶりの勝利を挙げている。なお、負傷中の宮市はベンチ外となっている。

 17シーズン連続の欧州CL出場に望みをつなげたいアーセナルだが、序盤からウエスト・ハムに圧力を掛けられる。それでも29分にはパスカットしたMFサンティ・カソルラのスルーパスを受けたFWオリヴィエ・ジルがPA内に入り決定機を迎えたが、左足アウトサイドで浮かしたシュートは、GKアドリアンに阻まれた。

 なかなか得点が入らずに、不穏な空気の流れるエミレーツスタジアムで、先手を取ったのはアウェーチームだった。前半40分、MFアントニオ・ノチェリーノがPA内で粘り強くシュートに持ち込み、ブロックされたボールに食らいつくと、ゴール前の混戦からこぼれたボールをMFマシュー・ジャービスがヘッドで押し込み、ウエスト・ハムが1点をリードする。

 アーセナルも前半のうちに同点に追いつく。ビルドアップの段階で手詰まりになったウエスト・ハムからボールを奪うと、サンティ・カソルラがFWルーカス・ポドルスキにパスを通す。これをポドルスキが左足で確実に仕留め、アーセナルが試合を振り出しに戻して前半を折り返した。

 後半に入り主導権を握ったアーセナルは、10分にCKが一度は跳ね返されたが、DFトマス・ベルメーレンが前線にロングボールを送る。ウエスト・ハムのDFが被ったところをジルが絶妙なトラップを見せ、GKアドリアンの股間を抜くシュートを決めて逆転に成功した。同16分にもアーセナルは、ポドルスキが直接FKからゴールを狙ったが、GKアドリアンにセーブされる。同19分にもMFトマシュ・ロシツキが前方につないだボールを受けたサンティ・カソルラが強烈なシュートを放ったが、わずかに左へ切れて行った。

 ウエスト・ハムもシンプルにFWアンディ・キャロルの高さを生かそうとするが、得点にはつなげられない。すると後半33分にはポドルスキが左足で豪快にゴールネットを揺らして、勝利を決定付けるゴールを決めた。

 このままアーセナルが3-1で勝利。勝ち点を67に伸ばし、1試合消化の少ないエバートンを抜き、暫定4位に浮上している。

ソース・参考サイト
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:43 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、独代表MFギュンドアンとの2016年までの契約延長を発表!

ドルトムント、ギュンドアンの契約延長を発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000042-goal-socc

ギュンドアン契約延長2014.jpg

ボルシア・ドルトムントは15日、MFイルカイ・ギュンドアン(23)の契約延長を発表した。

今シーズン、負傷に悩まされたギュンドアンは、これまでの契約が2015年までとなっていた。そのため、今シーズン終了後の移籍が噂になっていたが、新しく2016年までの契約を交わしている。

ギュンドアンはクラブの公式サイトで、「本当に感謝している。僕のクラブは、このスペシャルなチームの一員で居続ける機会をくれた」とコメント。

ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は「特殊なケガを抱える状況の彼と契約延長できたことを我々は喜んでいる。次のシーズン、彼が完全なポテンシャルを取り戻すことを願っている」と語った。

ギュンドアンに対しては、バイエルン・ミュンヘンやマンチェスター・ユナイテッドが関心を持っていたと言われている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:22 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、ヴォルフスブルグ破りドイツ杯決勝進出!レバンドフスキが100ゴール目達成!

[DFB杯]レアル、バイエルン連破のドルトムントが公式戦4連勝で2季ぶり決勝へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000013-nksports-socc
レバンドフスキ2014ドイツ杯準決勝.jpg

[4.15 DFBポカール準決勝 ドルトムント2-0ボルフスブルク]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は15日、準決勝を行い、ドルトムントはホームでボルフスブルクと対戦し、2-0で快勝した。優勝した11-12シーズン以来、2シーズンぶりの決勝進出を決めたドルトムント。今季のブンデスリーガはすでにバイエルンの優勝が決まり、欧州CLでも準々決勝で敗退したが、ドイツスーパー杯に続く2冠となる今季最後のタイトル獲得へ王手をかけた。準決勝もう1試合、バイエルン対カイザースラウテルン(2部)は16日に行われる。

 ドルトムントは前半12分、カウンターからFWロベルト・レワンドフスキが右サイドのスペースに展開。MFマルコ・ロイスがマイナスに戻し、MFヘンリク・ムヒタリアンが中に切れ込みながら左足ミドルをゴール右隅にねじ込み、先制点を奪った。

 1点ビハインドを負ったボルフスブルクも前半21分、スルーパスに抜け出したMFケビン・デ・ブルイネが決定機を迎えるが、GKロマン・バイデンフェラーが好セーブ。同42分にはDFクリスティアン・トレーシュの右クロスに合わせたMFジュニオール・マランダのヘディングシュートが左ポストを叩いた。

 すると直後の前半43分、ドルトムントが追加点を奪う。MFミロシュ・ヨイッチのスルーパスを受けたロイスが中央に流し、レワンドフスキが左足でシュート。豪快にゴールネットを揺らし、2-0とリードを広げた。来季からバイエルンに移籍することが決まっているレワンドフスキにとって、これがドルトムントでの公式戦通算100ゴール目。得点後はユニフォームをまくり上げ、アンダーシャツに書かれた「100」の数字を誇示した。

 後半は2点を追うボルフスブルクが反撃に出る。しかし、後半11分、デ・ブルイネの右クロスに合わせたFWイビツァ・オリッチのヘディングシュートはゴール左へ。同30分には左クロスからフリーのマランダが右足ボレーで合わせたが、枠を捉えられなかった。後半36分、右FKに合わせたマランダのシュートもバイデンフェラーがビッグセーブ。こぼれ球に詰めたMFルイス・グスタボのシュートもバイデンフェラーが体を張って押さえ、ゴールを死守した。

 守護神が好守を連発し、2-0で逃げ切ったドルトムントはこれで公式戦4連勝。8日の欧州CL準々決勝第2戦レアル・マドリー戦(2-0)、12日のバイエルン戦(3-0)に続いて公式戦3試合連続の完封勝利をおさめ、5月17日にベルリンで行われるファイナルの舞台に駒を進めた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:26 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

川崎、中村憲剛の絶妙ゴールで貴州に完勝!退場者2名出す荒れた試合を制しACL3勝目!

中村憲剛が決勝点、川崎がACLで3勝目…アウェーで貴州に完封勝利
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00182492-soccerk-socc
中村憲剛ACL2014貴州戦ゴール02.jpg

AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が15日に行われ、グループHでは中国の貴州人和と川崎フロンターレが対戦した。

 第4節までを終えて2勝2敗の勝ち点6、3位で迎えた川崎は、敗れればグループ敗退が決まる貴州とのアウェーゲームに臨む。試合が動いたのは37分、右サイドから森谷賢太郎が中央へグラウンダーパスを送ると、金久保順がDFと競り合いながら潰れ、こぼれ球を中村憲剛が決め、川崎が先制する。

 後半に入り、貴州が押し込む時間が増える。川崎は70分に右サイドからグラウンダーのパスが送られると、ゴール前の金久保にチャンスが訪れるが、シュートはGKにセーブされた。80分には川崎に追い風。貴州の主将スン・ジハイが2度目の警告を受けて退場になり、数的優位となる。アディショナルタイムには貴州MFズヴェズダン・ミシモヴィッチも退場に。試合はそのまま終了し、川崎が1−0で勝利した。

 同日行われたグループHのもう1試合では、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズがアウェーで蔚山現代に2−0で勝利。W・シドニーと川崎が勝ち点9、蔚山が勝ち点7で最終節を迎えることになった。また、勝ち点4の貴州のグループ敗退が決まった。22日に行われる最終節で、グループ突破を懸けて川崎は蔚山とホームで対戦。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。

【スコア】
貴州人和 0−1 川崎

【得点者】
37分 中村憲剛(川崎)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:35 | 大阪 | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング