アンテナ・まとめ RSS

2014年10月28日

内田篤人、シャルケとの契約延長が決定的!独メディア報じる(関連まとめ)

【サッカー】シャルケ内田篤人の契約延長が決定的 ドイツメディアが報じる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414446549/
内田青ユニデフォルト.jpg

1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 06:49:09.29 ID:???0.net

GOAL 10月28日(火)3時30分配信
内田の契約延長が決定的 ドイツメディアが報じる

シャルケに所属する日本代表DF内田篤人の契約延長が決定的になったようだ。ドイツ『レヴィアシュポルト』が伝えている。

 シャルケは25日のブンデスリーガ第9節で、レヴァークーゼンに敗れた。『レヴィアシュポルト』は27日、 「うんざりする週末の後、シャルケにポジティブなニュースが入った。人気選手の一人が『ロイヤルブルーズ』に残ることになる」 と伝えている。

 これはもちろん、以前からクラブとの契約延長交渉が話題になっていた内田のことだ。
内田はシャルケとの契約が今シーズンいっぱいまでとなっていたため、以前からクラブと交渉をしてきた。 10月2週に行われた会談では、取引がまとまらなかったものの、前進があったものと見られている。

『レヴィアシュポルト』は、契約期間について言及していないが、すでに選手側はホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター) と合意に至っている模様。正式発表は時間の問題となっているようだ。

なお、内田同様、契約満了まで1年を切っているFWクラース・ヤン・フンテラールも、近日中に新契約にサインする見込みとのことだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000039-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:11 | 大阪 晴れ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

独紙、清武弘嗣をベスト11に選出!細貝萌は2得点に絡み独複数紙で高評価2(関連まとめ)

【サッカー】独ビルト紙、清武をベストイレブンに選出 好評価の「2」 細貝萌は、ビルト紙、キッカー誌ともに2と高い評価
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414413432/
清武2014第9節ゴール後ガッツ.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 21:37:12.89 ID:???0.net

24〜26日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで27日付の大衆紙ビルトは、 清武弘嗣(ハノーバー)を今節のベストイレブンに選んだ。ドルトムント戦で直接FKを決めて勝利に貢献した。

最高が1、最低が6の評価で、清武にはビルト紙が2、専門誌キッカーは3・5をつけた。 ハンブルガーSV戦で攻守に活躍した細貝萌(ヘルタ)は、ビルト紙、キッカー誌ともに2と高い評価を受けた。(共同)

http://www.sanspo.com/soccer/news/20141027/bun14102719270004-n1.html

ブンデスリーガ公式日本語
http://www.bundesliga.com/jp/news/

動画 ブンデスリーガ
http://www.ballball.com/ja-jp/league/german-bundesliga/latest-news/

ビルト紙
http://www.bild.de/sport/startseite/sport/sport-home-15479124.bild.html

キッカー誌
http://www.kicker.de/

ブンデス第9節:日本人選手の採点、結果 キッカー誌
http://www.kicker-japan.com/



細貝2014第9節ドリブル.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:11 | 大阪 晴れ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1優勝は浦和かG大阪か?優勝争いどちらが優位?

【サッカー】浦和かG大阪か? Jリーグ優勝争いどちらが優位?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414381232/
倉田阿部2014開幕握手.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 12:40:32.25 ID:???0.net

 2014年のJ1優勝争いがいよいよ佳境を迎えている。第30節で首位浦和はアウェーで鹿島と1−1で引き分けたことで、FC東京を2−1で下した2位G大阪が接近した。

 首位浦和 58 +22

 2位G大阪55 +24

 3位鹿島 51 +21

 4位川崎 51 +14

(数字は勝ち点、得失点差の順。鹿島と川崎は得失点差による)

 上位は以上のような状況になった。

 なんと言っても、浦和とG大阪は11月22日に埼スタでの直接対決を残しているのが大きい。MF柏木が「一騎打ちになったんじゃないか」と話すように浦和の選手からはG大阪を意識した発言が出始めている。

 浦和とG大阪、どちらが優位なのだろうか。J1は残り4試合。浦和関係者はこんな言葉を漏らした。「ガンバは最後、徳島なんですよね」。 すでにJ2降格が決まっている徳島とG大阪とを比べれば、どうしてもG大阪に分があると言わざるをえない。浦和としてみれば、最終節までに決着をつけたいところだ。

 浦和は横浜M、G大阪、鳥栖、名古屋の順に対戦する。浦和はペトロビッチ監督が就任した12年以後、横浜Mに2勝3敗、G大阪と2勝1敗、鳥栖と2勝3敗、名古屋と4勝1敗と横浜Mと鳥栖を若干苦手にしている。 直接対決を万が一落とすと、06年以来8年ぶりとなる優勝が難しくなる。

 一方のG大阪は仙台、浦和、神戸、徳島の順番で対戦する。長谷川健太監督はJ2に落ちていた13年から指揮を執っている。今後対戦するチームとの前半戦での対戦成績は以下の通り。

 仙台△0−0

 浦和●0−1

 神戸○5−1

 徳島○3−0

 浦和に勝てば、逆転優勝の可能性が相当に高まる。

 浦和の不安要素は今季チームトップの12得点を挙げているFW興梠慎三が鹿島戦で負傷交代したこと。 右足を痛めたとみられ、試合後は自力で歩きながらも右足を引きずっていた。骨折の可能性も否定できないため、27日にも受ける検査の結果が待たれる状況だ。

 現時点で浦和の勝ち点差3のアドバンテージはほぼないと言っていい。2クラブのマッチレースが始まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00000024-dal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:59 | 大阪 晴れ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和に大きな痛手!エース興梠慎三が右足腓骨骨折で離脱(関連まとめ)

【サッカー/Jリーグ】J1首位の浦和に痛手、興梠慎三が右腓骨骨折で離脱
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414397303/
興梠浦和座る.jpg

1: かばほ〜るφ ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 17:08:23.66 ID:???0.net

J1首位の浦和に痛手…チーム内得点王の興梠慎三が右腓骨骨折で離脱

浦和レッズは27日、FW興梠慎三が右腓骨骨折と診断されたことを発表した。 今シーズン中の復帰を目指して治療していくとクラブは併せて発表している。

興梠は26日の鹿島アントラーズ戦に先発出場したが、試合終盤の86分に負傷交代していた。 今季はリーグ戦全30試合に先発出場し、チームトップとなる12得点を挙げている。 J1の得点ランクでも5位タイで、リーグ戦首位に立つ浦和の攻撃陣をけん引していた。

浦和は現在、リーグ戦残り4節で2位ガンバ大阪に勝ち点3差をつけて首位だが、 終盤戦を迎えるチームに大きな痛手となった。

Yahoo!ニュース(SOCCER KING 10月27日(月)15時32分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00245391-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:07 | 大阪 晴れ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊紙、本田圭佑に及第点6を採点「前半は活発にスムーズにプレー」

伊紙、フル出場の本田に及第点「前半は活発に、スムーズにプレー」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00245377-soccerk-socc
本田2014第8節横顔.jpg

セリエA第8節が26日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランは、フィオレンティーナと対戦し、1−1で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを評価。フル出場した本田には「6」が与えられた。

 同紙は、本田のプレーについて「前半は80メートルを長く、活発に、スムーズにプレーできていたが、後半は低いラインに引きずりこまれ、抜け出せなくなった」と記している。

 なお、ミランにおける最高評価はオランダ代表MFナイジェル・デ・ヨングの「7」、最低評価はイタリア代表DFマッティア・デ・シリオの「5」。また、フィオレンティーナの最高評価は、スロベニア代表MFヨシップ・イリチッチに与えられた「7」となっている。

AC Milan #10 本田圭佑 Part1472
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1414361426/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:35 | 大阪 晴れ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、サンチェス無双2ゴールでサンダーランドに完勝!リーグ4戦ぶりの白星(関連まとめ)

A・サンチェスが2得点のアーセナル、リーグ戦4試合ぶりの勝利
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00244871-soccerk-socc
サンチェス2014第9節ゴール.jpg

アーセナルは25日、プレミアリーグ第9節でサンダーランドの本拠地スタジアム・オブ・ライトに乗り込み、2−0で快勝した。

 前節のハル戦で、終了間際のダニー・ウェルベックの同点弾により辛くも2−2の引き分けに持ち込んだアーセナルは、ここまで2勝5分け1敗で7位に付けている。ただ、3日前に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のアンデルレヒト戦では終盤の2得点で2−1と逆転勝利を収めた。その試合のスタメンから2選手を変更。出場停止のジャック・ウィルシャー、アーロン・ラムジーに代わってアレックス・オックスレイド・チェンバレンとミケル・アルテタを起用した。そしてベンチには1月にひざを負傷したセオ・ウォルコットが入った。

 前節の大敗を払拭するべくサンダーランドが激しく球際へ寄せる立ち上がりとなったが、徐々に地力に勝るアーセナルがポゼッションを高めていく流れとなった。そのアーセナルは自陣に引くサンダーランドの守備ブロックの前でボールを回すのみとなっていたものの15分、ボックス手前左からウェルベックが際どいミドルシュートを放ってサンダーランドゴールに迫る。

 その後も、アーセナルは4−2−3−1のトップ下に入ったアレクシス・サンチェスと右サイドのチェンバレンの仕掛けで打開を図る。一方、サンダーランドは1トップのスティーブン・・フレッチャーが孤立してなかなかシュートに持ち込めない状況が続いた。

 しかし、こう着状態で試合が推移していたなか30分、アーセナルがサンダーランドの軽率なミスを突いてスコアを動かす。ウェズ・ブラウンのバックパスミスをかっさらったA・サンチェスが独走してGKヴィト・マノーネと1対1となると、冷静にチップキックシュートでゴールに流し込んだ。

 前半終盤にかけてもボールを保持して主導権を握るアーセナルは、33分にサンティ・カソルラがミドルシュートで、36分にカラム・チャンバースがGKマノーネを強襲するシュートを放ち、追加点に迫ったが、さらなるゴールは奪えず前半を1−0で終えた。

 選手交代なく迎えた後半だったが、ポジェ監督は開始5分にS・フレッチャーに代えてコナー・ウィッカムを投入。するとその直後、ジャック・ロッドウェルがヘディングで枠内シュートを浴びせるも、GKヴォイチェフ・シュチェスニーの好守に阻まれてしまった。この選手交代によって良い流れになるかと思われたサンダーランドだったが、自陣での軽率なミスを頻発し、ペースを引き寄せることはできない。

 65分にセバスティアン・ラーションが強烈なミドルシュートを放ったものの、GKシュチェスニーにセーブされ、攻め手のないサンダーランドは74分に2枚代えを敢行。アダム・ジョンソンとロッドウェルに代えてジョジー・アルティドールとジョルディ・ゴメスを投入し、3枚の交代カードを使いきった。アルティドールはウィッカムと2トップを組み、4−4−2の布陣となった。

 そのサンダーランドの攻撃を受け止めるアーセナルは80分、久々にゴールに迫る。キーラン・ギブスの負傷によって左サイドバックに移っていたナチョ・モンレアルのクロスをウェルベックがヘッドで合わせたが、シュートはバーの上を越えていった。終盤はオープンな展開となるなか、アーセナルがより多くのフィニッシュに結びつける展開となる。そして追加タイム2分にGKマノーネがバックパス処理を誤ったところをA・サンチェスが突いて突き放した。2−0で快勝したアーセナルが、リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。

(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
サンダーランド 0−2 アーセナル

【得点者】
0−1 30分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
0−2 92分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)

※少し遅い記事ですがお許しください

【Gunners】 Arsenal F.C.【part849】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1413901857/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:19 | 大阪 晴れ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ファン・ペルシの劇的同点弾で首位チェルシーとドロー(関連まとめ)

【サッカー/プレミア】第9節 ファン・ペルシーがロスタイム劇的同点弾!マンU1-1チェルシー[10/26]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414346586/
ペルシ2014第9節同点弾.jpg
1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 03:03:06.63 ID:???0.net

2014年10月26日(日)

キックオフ:25:00 / 試合会場:オールド・トラフォード

マンチェスター・ユナイテッド 1-1 チェルシー
(前半0-0)

 得点者(マンチェスター・ユナイテッド):
  ロビン・ファン・ペルシー(後半49分)

 得点者(チェルシー):
  ディディエ・ドログバ(後半8分)

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625838


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:07 | 大阪 曇り | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、フル出場もマインツはヴォルフスブルグに完封負け…今季初黒星(関連まとめ)

【サッカー/ブンデス】第9節 岡崎またまた不発!チームは今季初黒星 ヴォルフスブルク3-0マインツ[10/26]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414341228/
岡崎第9節アピール.jpg
1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 01:33:48.45 ID:???0.net

フル出場の岡崎にゴール生まれず、マインツが完封負け…今季初黒星

SOCCER KING 10月27日(月)1時19分配信

ブンデスリーガ第9節が26日に行われ、ヴォルフスブルクと日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツが対戦した。 岡崎は前節のアウクスブルク戦に続き、1トップで先発出場を果たした。

3連勝中のヴォルフスブルクは勢いそのままに、ホームでの勝利を目指す。 一方、今シーズン未だに負けなしのマインツは、確実に勝ち点3を獲得し上位追走を狙う。

立ち上がりは、マインツが積極的にゴール前までボールを運ぶが、決定機を活かすことはできない。 12分、右サイドからのロングパスをペナルティエリア内左で受けたイヴィツァ・オリッチがヘディングシュートを放つが、 ゴールラインぎりぎりのところでロリス・カリウスがキャッチする。 3分後、セットプレーからヴォルフスブルクに先制点が生まれる。 CKからのクロスにフリーで抜け出したナウドがヘディングで合わせゴール左隅に叩き込んだ。

25分、岡崎がペナルティエリア内左の深い位置からヘディングで中央に落とす。サミ・アラギが右に流したところに走り込んだフィリップ・ジュリチッチがスライディング気味に右足シュートを放つが、相手GKの正面に飛んでしまう。

追加点を狙い果敢に攻めるヴォルフスブルクは39分、イヴァン・ペリシッチからのパスをペナルティエリア内左で受けたルイス・グスタヴォが左足でダイレクトシュートを放つも、 これはゴール右に逸れる。 44分にもグスタヴォがミドルシュートを放ったが、枠を捉えることができない。

ヴォルフスブルクの1点リードで迎えた後半、縦パスに抜け出したオリッチがドリブルでゴール前まで持ち込み左足を振り抜いたが、得点には至らず。 対するマインツは56分、アラギがドリブルで抜け出しシュートを放ったが、ポストのわずか左に逸れる。

59分、ヴォルフスブルクがCKを獲得する。ファーサイドへのクロスにナウドが再びヘディングで合わせると、さらにカリウスの手前でペリシッチがヘディングでコースを変え、 ボールはネットに吸い込まれた。 ヴォルフスブルクがリードを広げたところで、マインツはユヌス・マッリ、ク・ジャチョル、ハイロを一気に投入する。

75分、マインツがゴール正面やや左の位置でFKを獲得する。 ヨハネス・ガイスが直接狙ったが、相手GKの好セーブに阻まれる。 77分、裏に抜け出したマキシミリアン・アーノルドのシュートはゴールポストに直撃。 両チームの激しい攻防が続く。

すると87分、途中出場したジュニオール・マランダがペナルティエリア内右に侵入。 相手DFをかわしながら、逆サイドにグラウンダーのパスを通すと、ダニエル・カリジュリがダイレクトで合わせダメ押しのゴール。 試合は3−0で終了し、ヴォルフスブルクが4連勝を飾った。 岡崎がフル出場したマインツは、今シーズンの無敗がストップした。

次節、ヴォルフスブルクは日本代表DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと、マインツはブレーメンと対戦する。

【スコア】
ヴォルフスブルク 3−0 マインツ

【得点者】
1−0 15分 ナウド(ヴォルフスブルク)
2−0 59分 イヴァン・ペリシッチ(ヴォルフスブルク)
3−0 87分 ダニエル・カリジュリ(ヴォルフスブルク)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00245146-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:29 | 大阪 曇り | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング