アンテナ・まとめ RSS

2019年02月20日

【小ネタ】香川真司、ロナウジーニョする 他、トルコ各紙が次節ダービー戦の先発を予想「日出国の男で決まりだ」

「日出ずる国の男で決まり!」トルコ各紙が香川真司の次節ダービー先発に太鼓判!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00054309-sdigestw-socc
香川練習ベシクタシュ笑顔.jpg

1月末の移籍期限ぎりぎりで加入して早や3週間。いよいよベジクタシュの日本代表MF香川真司がスタメン出場を果たしそうだ。

 先週金曜日のトルコ・シュペルリギ第22節で、ベジタクシュはマラティヤスポルと対戦。これを2−1でモノにして3連勝を飾り、香川も62分から登場して溌溂としたプレーを披露したわけだが、チームにとっては手痛い失態もあった。70分だ。決勝点を決めたトップ下のセルビア代表MFアデム・リャイッチが、興奮してコーナーフラッグを壊してしまい、イエローカードを提示されてしまう。累積警告で次節(2月25日)のイスタンブール・ダービー、フェネルバフチェ戦に出場できなくなったのだ。

 この緊急事態を受けて、トルコ・メディアは香川の先発出場を強く推している。

 全国紙『Milliyet』は「ダービーでは、晴れてシンジ・カガワの出番となるだろう。セノール・ギュネス監督は過去3戦でのカガワの出来に満足感を示しており、そのアシスト力と攻撃時の存在感を高く評価している。日出ずる国から来た男で決まりだ」と言い切る。一方で、「最終判断は(試合前日の)日曜日に下される」としたうえで、「再開されるトレーニングでまだ連携面など不安が残ると判断されれば、ムスタファ・ペクテメクがスタートの11人に名を連ねるかもしれない」とも予測している。

 
 さらに、スポーツ紙『Sporx』も「普通に考えればカガワの先発が現実的だ。リャイッチの大きな穴を的確に埋められるのは彼しかいない」と記載し、香川本人による「僕はいつも90分プレーできるように準備している」とのコメントも添えた。ただこちらも「指揮官の期待に応えられなさそうなら、オウズハン・オズヤクプが代役を担うだろう」と含みを持たせている。

 現在3位のベジタクシュに対して、今季ここまで12位と低迷しているフェネルバフチェ。だが彼らが国内屈指の超名門であることに変わりはなく、舞台は熱狂の度合いが尋常ではないイスタンブール決戦だ。トルコ移籍後初となるダービーマッチで、香川はスタメンデビューを飾るのか。本拠地ボーダフォン・パークの4万大観衆も、特大の期待を寄せているだろう。

※都合により、画像を変更しました

【ベシクタシュJK】香川真司part10 【黒い鷲】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1550363814/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:17 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACL、グループ組合わせが決定!2年連続優勝の日本勢からは4クラブ(鹿島・広島・浦和・川崎F)が本大会出場!注目のグループは?(関連まとめ)

【サッカー】2年連続日本勢が優勝のACL。今季もJから4クラブ(鹿島・広島・浦和・川崎F)が出場!注目のグループは?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550617249/
ACL2019日本勢4クラブ.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/20(水) 08:00:49.36 ID:lt4/yD1W9.net

2/19(火) 22:18配信
2年連続日本勢が優勝のACL。今季もJから4クラブが出場!注目のグループは?

AFCチャンピオンズリーグ2019(ACL)は19日にプレーオフが行われ、鹿島アントラーズとサンフレッチェ広島がそれぞれ勝利。本戦への出場権を獲得した。この結果、今季のACLはJ1王者の川崎フロンターレ、天皇杯覇者の浦和レッズ、広島、鹿島の4クラブが出場することが決まった。


ニューカッスル・ジェッツに4-1で勝利した鹿島は、同じくプレーオフでハノイを4-1で粉砕した山東魯能(中国)とともにE組に入った。

PK戦にまで及ぶプレーオフを制し、3年ぶりの本戦出場を決めた広島は、本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーと同組に入った。広島とメルボルンの一戦は3月12日に広島で、5月22日にメルボルンで開催。本田がACLの舞台で日本に凱旋することが決まった。

また、川崎Fが所属するH組の残り1枠には韓国の蔚山現代が入った。2年連続でJリーグ勢が優勝しているACL。長く険しい道のりの末にアジアの頂点に立つのは果たしてどのクラブか。

Jリーグ勢のグループ組み合わせは以下の通り。

■グループE
慶南FC(韓国)
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
鹿島アントラーズ
山東魯能(中国)

■グループF
広州恒大(中国)
大邸FC(韓国)
メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
サンフレッチェ広島

■グループG
浦和レッズ
北京国安(中国)
全北現代(韓国)
ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

■グループH
シドニーFC(オーストラリア)
川崎フロンターレ
上海上港(中国)
蔚山現代(韓国)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010034-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190219-00010034-goal-000-4-view.jpg

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:57 | 大阪 ☀ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニエスタ、夫婦で大阪・心斎橋筋商店街を訪問!SNSに2ショットを投稿

【サッカー】<イニエスタ>大阪・心斎橋筋商店街に出没!大阪の街を堪能 カラフルな私服で妻と2ショット公開
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550612983/
イニエスタ心斎橋.jpg

1: Egg ★ 2019/02/20(水) 06:49:43.01 ID:LKekads89.net

チームのオフ日にインスタグラム更新、大阪の有名商店街で妻との記念ショットを投稿
 
J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今季Jリーグ2シーズン目を迎えるなかで昨季以上の活躍が期待されている。日本での生活にも慣れ始めたなか、19日に自身の公式インスタグラムを更新。大阪を代表する商店街のひとつ「心斎橋筋商店街」で妻との私服2ショットを公開している。

2002年にスペインの名門バルセロナでトップチームデビューを果たしたイニエスタは、ラ・マシア(バルセロナの下部組織)の最高傑作と称されるなど台頭。以降はコンスタントに出場を重ね、バルセロナ一筋で16シーズンにわたってプレーした。

昨夏のロシア・ワールドカップ後に神戸への移籍が決まり、7月のリーグ第17節湘南ベルマーレ戦の後半途中からピッチに立ってJリーグデビュー。8月の第21節ジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールをマークし、最終的に14試合3ゴールの結果を残した。

今季はスペイン代表とバルセロナで共闘した経験を持つFWダビド・ビジャが加わり、在籍3年目の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを含めた海外助っ人トリオに大きな注目が集まっている。そんななか、イニエスタはチームのオフを利用し、妻のアンナ・オルティスさんとともに大阪に足を運んだようだ。

公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動的に削除される動画・写真)に妻との2ショットをアップ。橙色のアウターと同じ色が入ったシューズを着用したイニエスタが、有名な商店街のひとつである心斎橋筋商店街のアーケード街をバックに妻と記念撮影をしている。これまでも一家揃って様々な場所に赴いているが、大阪の街を堪能したようだ。

22日にJリーグ開幕戦を控え、敵地でセレッソ大阪と対戦する。新戦力ビジャを組み込んだ新生神戸のお披露目となるなか、司令塔のイニエスタはどのようなプレーを見せるのか注目が集まる。

2/20(水) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00171375-soccermzw-socc

写真
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/02/Iniesta.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、25本シュートもリヨンと0-0ドロー!スアレスが24時間無得点に…CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

【サッカー】スアレスが“24時間”無得点…バルセロナ、決勝T初戦はスコアレスドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550613380/
メッシ2019CL決勝T1回戦第1戦.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/20(水) 06:56:20.55 ID:lt4/yD1W9.net

2/20(水) 6:53配信
スアレスが“24時間”無得点…バルセロナ、決勝T初戦はスコアレスドロー

[2.19 欧州CL決勝T1回戦第1戦 リヨン0-0バルセロナ]

 UEFAチャンピオンズリーグは19日、決勝トーナメント1回戦第1戦を各地で行い、バルセロナ(スペイン)は敵地でリヨン(フランス)と対戦した。試合はお互いにチャンスをつくったが、スコアレスドローで終了。第2戦は3月13日、バルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われる。

 ホームのリヨンはフランス代表MFナビル・フェキルが出場停止。一方のバルセロナは直近のリーガ・エスパニョーラで先発を回避していたDFネウソン・セメド、DFクレマン・ラングレ、MFイバン・ラキティッチ、FWルイス・スアレスが休養を経た状態でスタメンに入った。

 最初の好機はバルセロナ。前半4分、ゴール正面20m弱からのFKをFWリオネル・メッシが蹴ったが、浮かせたボールは枠外。リヨンは同5分にMFホッセム・アワール、同9分にMFマルタン・テリエが強烈なシュートを放つも、いずれもGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが驚異的な反応で防いだ。

 その後は拮抗した展開が続き、互いに決定機をつくることができない。バルセロナは前半38分、的確なボール回しからメッシの浮き球スルーパスがFWウスマン・デンベレに通ったが、中央へ折り返したボールはスアレスに通らず。そこからはカウンターの応酬もありつつ、前半をスコアレスのまま終えた。

 ハーフタイムが明けてもしばらくはボールが中盤を行き来し、ゴール前での見せ場は少なめ。リヨンは後半16分、左サイドをMFメンフィス・デパイが突破し、鋭いクロスを送ったがここもテア・シュテーゲンが横っ飛びでセーブ。バルセロナは同18分、PA内に切れ込んだスアレスのシュートが相手守備陣に防がれた。

 後半22分、バルセロナはデンベレに代わってMFコウチーニョを投入。同25分、左サイドを駆け上がったDFジョルディ・アルバの折り返しにスアレスが左足で合わせたが、ボールは大きく枠を外れた。スアレスは欧州CLのアウェーゲームでは2015年9月以降、出場時間1440分間以上にわたって無得点が続いている。

 バルセロナは後半36分、相手との接触で出血が見られたDFセルジ・ロベルトに代わってMFアルトゥーロ・ビダルを入れて最後の攻勢に出る。しかし同41分、メッシの折り返しにMFセルジオ・ブスケツがダイレクトで狙ったが、GKの好守に阻まれた。

 バルセロナは後半44分、中盤でボールを受けたメッシが単独ドリブルで敵陣に攻め込み、ゴール前20m強の位置でFKを獲得。ところがメッシのキックは壁に当たってゴールには至らず。アディショナルタイムの3分間でも互いにゴールは決まらず、0-0のままタイムアップを迎えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-30401371-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190220-30401371-gekisaka-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:03 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、リバプールの猛攻を耐え敵地で0-0ドロー!両者とも4カ月ぶりに無得点 CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

【サッカー】バイエルンがアンフィールドでの猛攻を耐え抜く。リヴァプールは痛いスコアレスに/CL決勝T1回戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550613236/
サラー2019CL決勝T1回戦第1戦シュート.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/20(水) 06:53:56.02 ID:lt4/yD1W9.net

2/20(水) 6:51配信
バイエルンがアンフィールドでの猛攻を耐え抜く。リヴァプールは痛いスコアレスに/CL決勝T1回戦

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが行われ、リヴァプールとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。


ヴィルヒル・ファン・ダイクを累積警告で欠くリヴァプールは、最終ラインにファビーニョを起用し、中盤にはジョーダン・ヘンダーソン、ナビ・ケイタ、ジョルジニオ・ワイナルドゥムが入った。そしてウィルス性の問題により、メンバー外の可能性も伝えられていたロベルト・フィルミーノはスタメン入りしている。

一方、バイエルンはトーマス・ミュラーが累積警告で、レオン・ゴレツカが足首の負傷でメンバー外。中盤にはハビ・マルティネス、チアゴ・アルカンタラ、ハメス・ロドリゲスが並んだ。

序盤からバイエルンがゆったりとボールを回しながら、リヴァプールが虎視眈々とプレスを掛けに行くタイミングをうかがっていく。

それでも、小さな波が徐々に試合を動かしていく。バイエルンはセルジュ・ニャブリのクロスから相手DFのクリアがゴールへと向かうが、アリソンが胸でセーブ。さらにGKアリソンのミスからキングスレイ・コマンがシュートを狙うなど、敵地アンフィールドで見せ場を作っていく。

しかし、リヴァプールが徐々にセカンドボールを拾い始め、そのカウンターの威力を発揮する。シュートを放ち、そのこぼれ球からサディオ・マネが決定機を迎えるなど、ゴールの匂いが増していく。

バイエルンは守備陣の粘り、そして最後のフィニッシュの精度に助けられる形で、前半をスコアレスで終えることに。

後半に入っても、決定機こそないものの、リヴァプールがスピードを持ってバイエルンゴールへ迫るシーンが多くなっていく。それでも、前半同様バイエルンが気迫の守りを見せ、均衡した時間帯は長くなる。

そこでユルゲン・クロップ監督は動き、ケイタに代えてジェームズ・ミルナー、フィルミーノに代えてディヴォック・オリジを投入する。一方のバイエルンは第5子が生まれたばかりのフランク・リベリがピッチへ。ニコ・コバチ監督は35歳のベテランに試合の行方を託す。

なおもペースはリヴァプールだが、ハメス・ロドリゲスら攻撃陣の守りに加え、この日はマッツ・フンメルスが驚異の存在感を発揮。あと一歩でパスを通さず、決定機を作らせない。

試合は結局スコアレスドローで終了。リヴァプールは大得意のアンフィールドで勝利を逃した一方で、バイエルンもアウェーゴールはなし。どちらにも可能性が残された中、ミュンヘンでのセカンドレグへと向かう。

■試合結果
リヴァプール 0-0 バイエルン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010003-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190220-00010003-goal-000-1-view.jpg



リヴァプール、4カ月ぶりにホーム無得点…バイエルンとスコアレスドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00908920-soccerk-socc

 リヴァプールは、出場停止のDFフィルジル・ファン・ダイクに代わって、MFファビーニョがセンターバックで先発出場。病欠が心配されたFWロベルト・フィルミーノもスタメンに名を連ねた。一方のバイエルンは、DFジェローム・ボアテングが病欠でFWトーマス・ミュラーは出場停止。それでも負傷が報じられたMFキングスレイ・コマンが先発メンバーに入った。

 リヴァプールは12分、モハメド・サラーがロングボールに反応し、ペナルティエリア中央に走り込んで左足で合わせるが、GKマヌエル・ノイアーにキャッチされる。一方のバイエルンは直後の13分、セルジュ・ニャブリが右サイドを突破して鋭いクロスを供給。すると反応した相手DFジョエル・マティプのクリアがゴール方向へ飛ぶが、これは至近距離にいたGKアリソンに直撃しゴールには至らなかった。

 オウンゴールを免れたリヴァプールがその後は攻勢を仕掛け、24分にはサラーがエリア右フリーでヘディングシュート、33分にはサディオ・マネがエリア中央でこぼれ球に反応するが、どちらも枠を捉えず。40分にもマティプが折り返しに合わせたが、得点にはつながらなかった。

 後半に入ってバイエルン59分、ニャブリがエリア前中央から強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の右。リヴァプールは83分、エリア手前のマティプがこぼれ球をダイレクトで狙うが、シュートはクロスバー上に大きく外れた。

 試合このままスコアレスで終了。リヴァプールは昨年10月7日のマンチェスター・C戦(0−0)以来、約4カ月ぶり今シーズン2度目のホーム無得点。バイエルンも昨年10月6日のボルシアMG戦以来、約4カ月ぶりに無得点で終わった。セカンドレグは3月13日にバイエルンのホームで行われる。

【スコア】
リヴァプール 0−0 バイエルン

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4−3−3)
アリソン;A・アーノルド、マティプ、ファビーニョ、ロバートソン;ワイナルドゥム、ヘンダーソン、ケイタ(76分 ミルナー);サラー、フィルミーノ(76分 オリジ)、マネ

バイエルン(4−3−3)
ノイアー;キミッヒ、ズーレ、フンメルス、アラバ; J・ロドリゲス(88分 R・サンチェス)、J・マルティネス、チアゴ;ニャブリ(90+1分 ラフィーニャ)、レヴァンドフスキ、コマン(81分 リベリー)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:36 | 大阪 🌁 | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ポスト・ペレは誰か?」ブラジルメディアが調査!ネイマール11位、ジーコ4位、栄えある1位は?

【サッカー】<“ポスト・ペレ”の世論調査を海外メディア実施!>ネイマールはトップ10外、ジーコは4位!栄えある1位は?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550571647/
ポストペレブラジル代表.jpg

1: Egg ★ 2019/02/19(火) 19:20:47.02 ID:7M6QdW8Q9.net

 “サッカーの王様”ペレは、ブラジルの英雄として語り継がれている。スポーツ専門テレビ局「ESPN」ブラジル版は、「ポスト・ペレは誰か」という世論調査を実施。16万票が集まった結果、1位には“フェノメノ”(怪物)の異名を取った元ブラジル代表FWロナウドが輝き、現代表で10番を背負うFWネイマール(パリ・サンジェルマン/PSG)は11位に終わった。

 ネイマールは先日、キャリア10周年を記念するブラジル雑誌「プラカール」によって、“ペレ以来最高のブラジル選手”と称された。雑誌の発刊後、「ESPN」ブラジル版は「ポスト・ペレは誰か」と題して世論調査を行っている。

 最終的に16万票が集まったなか、1位にはバルセロナやインテルで活躍したロナウドが選出。2位は自慢のテクニックを生かしたドリブルでサポーターを沸かせたFWロナウジーニョ、3位は“世界最高のストライカー”とも呼ばれるFWロマーリオが入った。

 また、かつてJリーグでプレーし、現在はJ1鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務めるMFジーコが4位。日韓ワールドカップ(W杯)でロナウド、ロナウジーニョとともに“3R”を形成したMFリバウド(5位)、ミランで輝きを放った“貴公子”ことMFカカ(7位)らが続いた。

 注目のネイマールは、8位の“その他”を上回れず11位止まり。近年のW杯で大きなインパクトを残せず、批判の対象になっている影響もあって厳しい結果となってしまった。

 ESPNブラジル版が行った「ポスト・ペレは誰か」の投票結果は以下の通り。

1位:ロナウド(FW)
2位:ロナウジーニョ(MF)
3位:ロマーリオ(FW)
4位:ジーコ(MF)
5位:リバウド(FW)
6位:ソクラテス(MF)
7位:カカ(MF)
8位:その他(カフー/DF、ベベット/FW、ロベルト・カルロス/DF)
9位:ファルカン(MF)
10位:カレカ(FW)
11位:ネイマール(FW)

2/19(火) 15:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00171137-soccermzw-socc

写真 https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/02/20190218_romarioronaldinhoronaldozicorivaldo.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:05 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

広島、延長PK戦の末にタイ・チェンライ下しACLプレーオフ突破!本田圭佑所属のメルボルンVと同組に(関連まとめ)

PKに泣き、PKに笑う!広島が死闘を制して3年ぶりのACL本戦出場!本田所属のメルボルンと同組に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010032-goal-socc
広島2019ACLPO勝利.jpg

AFCチャンピオンズリーグ2019のプレーオフが19日に行われ、サンフレッチェ広島がタイのチェンライ・ユナイテッドと対戦した。

3年ぶりのACL本戦出場を懸けてホームにチェンライを迎えた広島は、新布陣の3-4-2-1でスタート。3季ぶりに復帰した野津田岳人が先発入りしたほか、19歳のGK大迫敬介、20歳の松本泰志ら東京五輪世代の若手もスタメンに入った。1トップには皆川佑介を抜擢。エースのパトリックはベンチスタートとなった。

試合は序盤から広島が相手陣内に押し込む展開。9分に皆川のシュートが相手のハンドを誘い、PKを獲得。これを皆川自身が蹴り込んだが、GKに防がれて絶好のチャンスを逃した。

30分には野津田のCKにエミル・サロモンソンがフリーでヘディングシュートを放つも、あと少しのところで枠をとらえられず。圧倒的に試合を支配しながらも、前半は無得点で終了した。

後半に入り、さらに攻勢を強める広島は70分、サロモンソンのパスを受けた柴崎晃誠がPA手前からシュートを放つ。しかしこれはGKのビッグセーブに阻まれてしまう。直後のCKでも荒木隼人が右足で合わせたが、シュートは無情にもクロスバーを直撃。手が届きそうで、なかなかゴールを奪うことができない。その後、皆川を下げてパトリックを投入したものの90分で決着はつかず。延長戦に突入した。

延長に入り、疲労の度合いが高まってペースダウンした広島だが119分、途中出場の東俊希がPA左からクロスを入れると、柴崎がシュート。これがDFに当たり、こぼれたボールにパトリックが押し込んでゴールネットを揺らした。ついに均衡を破ったかに思われたが、主審はオフサイドの判定として、ゴールは認めなかった。

結局、120分でも勝敗はつかず。本戦出場権のゆくえはPK戦に委ねられることになった。

PKでは広島が初めの3人が成功し、チェンライは1人が失敗。4人目の川辺駿が決めると、勝利の状況で、川辺が失敗。しかし、5人目の松本泰志がきっちり決めて試合終了。PKに及ぶ死闘を制した広島が、3年ぶりのACL本戦出場を決めた。

苦戦の末、本戦出場を決めた広島は、グループステージでF組に入る。同グループには本田圭佑擁するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、広州恒大(中国)、大邱FC(韓国)が入っている。

広島は3月5日にアウェイで広州恒大との初戦に臨む。

■試合結果
広島 0(PK4-3)0 チェンライ・ユナイテッド

【関連記事】

【サッカー】<ACLプレーオフ>サンフレッチェ広島、冷や汗…PK辛勝3年ぶり本戦出場、本田圭佑所属メルボルンVと同組激突へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550580556/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:33 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、伊藤翔の移籍後初ゴールなどACLプレーオフを4-1快勝!3年連続ACL本戦出場が決定(関連まとめ)

アジア王者の鹿島、新加入の伊藤翔弾などでPOを4発快勝!3年連続9回目の本戦出場が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010030-goal-socc
伊藤翔2019ACLPOゴール.jpg

AFCチャンピオンズリーグ2019のプレーオフが19日に行われ、鹿島アントラーズがオーストラリアのニューカッスル・ジェッツを4-1で破り、本戦への出場権を獲得した。

昨季の明治安田生命J1リーグで3位に入り、ACLプレーオフへの出場権を獲得していた鹿島は、ホームに初の本戦出場を目指すニューカッスル・ジェッツを迎えた。先発には今季から10番を背負う安部裕葵が入ったほか、新加入の伊藤翔もスタメンに名を連ねた。

試合は序盤から鹿島ペースで進む。18分、レオ・シルバがPA手前から低い弾道のシュートを放つと、これにセルジーニョがPA内で触って角度を変えたが、相手GKに触られてしまう。それでも詰めていた伊藤がこぼれ球に反応し、幸先よく先制点を奪った。

しかし24分、鹿島はニューカッスル・ジェッツの反撃を受ける。PA手前で細かなパスをつなぐと、最後は10番のロナルド・バルガスがシュート。これがDFに当たって角度が変わる形でゴールに吸い込まれ、鹿島が同点弾を許した。

追いつかれた鹿島だったが、焦る素振りは一切なかった。この日、右サイドバックに入った安西幸輝がクロスを供給すると、ファーサイドで山本脩斗がヘディングシュート。これが決まり、鹿島が32分に勝ち越しに成功する。

前半を1点リードで折り返した鹿島は68分、セルジーニョの仕掛けから、レオ・シルバがパスを受けると、PA内でファウルを受けてPKを獲得。このPKをセルジーニョが左足できっちり決めて2点差に広げた。

最後は、セルジーニョが後半アディショナルタイムに加点して勝負あり。鹿島がホームで4-1と勝利し、3年連続9回目の本戦出場を決めた。鹿島は、慶南FC(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、山東魯能(中国)と同じE組に入った。グループステージ初戦は3月5日に開催。ホームでジョホール・ダルル・タクジムと対戦する。

■試合結果
鹿島 4-1 ニューカッスル・ジェッツ

■得点者
鹿島:伊藤翔(18分)山本脩斗(32分)セルジーニョ(68、90+1分)
ニューカッスル:ロナルド・バルガス(24分)

【サッカー】<ACLプレーオフ>アジア連覇を狙う鹿島アントラーズが4発快勝で本戦出場決定!伊藤翔が移籍後初ゴール
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550577330/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:21 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水DF立田悠悟、丸坊主で気合!「人生左右する大事な1年」(関連まとめ)

清水立田が覚悟の丸刈り「人生左右する大事な1年」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-90000633-nksports-socc
立田丸刈り01.jpg

前日までなびいていた茶髪がない。19日、J1清水DF立田悠悟(20)が丸刈りで取材場所に現れた。23日の広島戦で開幕する今季の抱負、来年の東京五輪出場など聞きたいことがたくさんあったけど、髪形だけで熱い思いが伝わってきた。いざ、口を開いても次々目標があふれる。生まれも育ちも清水のプロ3年目は、うれしいほど欲張りだ。

  ◇  ◇  ◇

−いよいよ開幕。髪形にはビックリです

「気合を入れるためです。昨日(18日)自分でやりました。丸刈りはたぶん幼稚園以来だと思います。日焼けのあとがあって恥ずかしいですけど、自分では悪くないかと。今年は副キャプテンになったので、自分の言動に責任がある。覚悟の表れだと思ってもらえればいいです」

−副将に選ばれ、立場も変わった

「監督に言われて正直ビックリしましたが、その場で返答しました。去年はみんなについていくだけで必死でしたが、そんなことも言ってられない。リーダーシップをとれる選手にならないといけないと思います。来年は(東京)オリンピックもあるし、海外でもプレーしたい。先を考えた時に今年は自分のサッカー人生を左右する大事な1年だと思っています」

−プロ1年目はリーグ戦出場がなかった。昨季は25試合に出場。着実にステップアップしている

「1年目は何もできず、練習でも泣きそうでした。ただ、その経験は大きかったです。あの悔しさがあったから、練習から意識高くやり続けて試合にも出られるようになった。とにかく、欲が出てきました。もっとうまくなりたい、試合に出て勝ちたい、海外に行きたい、日本代表に入りたい。その欲があるから成長できるチャンスだと思うし、今はサッカーをやっていて楽しいです」

−今季の活躍が来年の東京五輪につながる。どんなプレーを

「オリンピックは絶対に出たいし、海外でプレーしたい。同年代(冨安健洋や堂安律)は海外でやっているし、今は危機感と焦りしかないです。今年は全試合フル出場が目標。できるだけ無失点試合を増やすことが目に見える結果だと思うし、そこを追及してやりたい」

−清水生まれで、下部組織出身。次代のクラブを担う存在として期待されている

「自分が主力メンバーとしてリーグ優勝したい。ユース上がりの僕らが活躍することで下の世代には刺激になるし、その役目を担っていると思います。来年のオリンピックと将来海外でやるためにも本当に勝負の1年。開幕が待ち遠しいです」【取材・神谷亮磨】

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11611
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1550513457/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AbemaTV、DAZNとパートナーシップ締結!J2町田の試合やJリーグのダイジェストや見所番組の放送を予定

【サッカー】<DAZN×AbemaTVがパートナーシップ締結!>“スポーツ界を盛り上げる”理念に共鳴
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550559846/
abema×dazn.jpg

1: Egg ★ 2019/02/19(火) 16:04:06.76 ID:JLC6jiKx9.net

スポーツ専門配信チャンネルのDAZNと、無料インターネットテレビ局のAbemaTVが、パートナーシップを締結したことを19日、発表した。DAZNで展開していたコンテンツの一部をAbemaTVで放送開始する。

 DAZNはJリーグ全戦をはじめ、海外サッカー、プロ野球、モータースポーツ、テニスなど幅広いスポーツコンテンツを配信。AbemaTVも大相撲や格闘技、ゴルフ、フィギュアスケートなどのスポーツコンテンツを配信しており、双方が“スポーツ界を盛り上げる”という理念に共鳴した。

 第1弾として、24日にホーム開幕戦を迎えるJリーグ・J2のFC町田ゼルビアのホーム試合をAbemaTVの「SPORTSチャンネル」にて生中継することが決定した。その他にも、Jリーグ試合のダイジェストや見どころなどを紹介する番組の放送なども予定している。

 AbemaTVを運営するサイバーエージェントの藤田晋社長は「DAZNとの動画サービスの垣根を超えた取り組みを通して、AbemaTVの視聴者でもある多くの若者世代をはじめ幅広い年齢層の方に、スポーツが生む感動や熱狂を届け、スポーツ界活性化の一助となることを目指してまいります」とコメント。

 DAZN Groupジャパンのエグゼクティブ・バイスプレジデントのマーティン・ジョーンズ氏も「魅力あるコンテンツをプラットフォームの枠を超え、また無料で視聴いただけるよう展開することは、ファンの裾野を広げ、スポーツ業界全体の活性化につながると信じています」と相互の発展に期待を寄せている。

2/19(火) 15:44配信 オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000352-oric-ent



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニエスタ、日本のサポーター文化に感銘「彼らは負けても喝采を送ってくれるんだ」食事にラーメンや蕎麦など取り入れる

【サッカー】<イニエスタ>日本のサポーター文化に感銘!「彼らは負けても喝采を送ってくれるんだ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550503844/
イニエスタ2018.jpg

1: Egg ★ 2019/02/19(火) 00:30:44.56 ID:7M6QdW8Q9.net

ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、日本で充実した日々を過ごせているようだ。
昨夏に、ここまでの全キャリアを過ごしてきたバルセロナを離れて、Jリーグに挑戦したイニエスタ。スペイン紙『マルカ』の日曜版『プリメーラ・プラナ』とのインタビューに応じた同選手は、日本行きを選択した理由について次のように述べている。

「あれだけ要求が厳しく、激しい日々を過ごしたのだから、もっと個人や家族を大事にできる生活を探していた。でも日本、ひいてはアジアのフットボールを推進する野心的なプロジェクトの一員になることも望んでいた」

イニエスタは来日当初こそ、文化的な違いにとまどいを覚えたようだが、神戸での生活を気に入っている様子だ。
「僕たちはしっかりと適応した。これだけ文化が違うから、最初の数ヶ月こそ厳しいものだったけどね。神戸には海も山もあって、バルセロナに似ている町だ。人々は優しく、敬意を払ってくれる」

また、スペインの辛辣なサポーター文化に慣れてきたイニエスタは、日本サポーターの振る舞いに感銘を受けたという。
「サポーターは敗戦を違う形で受け入れる。彼らは負けても喝采を送ってくれるんだ。それに、もし自分について悪く話していたとしても理解はできない。日本語だからね」

言語に関して冗談も飛ばしたイニエスタではあるが、妻のアンナさんとともに毎週日本語のレッスンを受けているなど、言葉の壁を取り払う努力も怠らない。
また食事のメニューにはラーメン、蕎麦、寿司と、日本食も取り入れているという。

神戸は先に元スペイン代表FWダビド・ビジャも獲得。イニエスタは「ダビドの加入で、攻撃面の効果性は間違いなく改善される。グアヘ(ビジャの愛称、少年の意)とは、ピッチ内外でいつだって理解し合ってきた」と、
バルセロナ、スペイン代表でともに過ごした戦友がチームに力になることを確信している様子。さらに「大きな野心を持って今季に臨むよ。成長するという目標とともに」とも語り、ビジャと一緒に神戸を成功へ導く意欲を示している。

2/18(月) 23:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000035-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190218-00000035-goal-000-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、久保裕也先発のニュルンベルクと0-0ドロー…5戦未勝利(関連まとめ)

ドルトムント、ニュルンベルクとドローで5戦未勝利に…久保裕也は先発出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00908468-soccerk-socc
久保裕也2019第22節競り合い.jpg

ブンデスリーガ第22節が18日に行われ、ドルトムントとニュルンベルクが対戦した。ニュルンベルクの久保裕也はスタメンで出場し、85分までプレーしている。

 ドルトムントは現在ブンデスリーガで首位を走っているが、直近の公式戦では4試合連続で白星から遠ざかっている。一方のニュルンベルクも、リーグでは15戦未勝利で最下位に沈んでおり、12日にはミヒャエル・ケルナー前監督の解任を発表。指揮官交代後初の公式戦となった。

 試合は序盤からドルトムントが主導権を握るも、ニュルンベルクが体を張った守りでゴールを許さない。28分にはニュルンベルクが反撃に転じるも、ハノ・ベーレンスが放った強烈なヘディングシュートはドルトムントのGKロマン・ビュルキに防がれ得点ならず。

 一方のドルトムントも猛攻を仕掛ける。34分にマリオ・ゲッツェがミドルシュートを狙うと、44分にはジェイドン・サンチョのコーナーキックをゲッツェが頭で合わせる。しかし、ゴールを奪うには至らない。前半はスコアレスで終了した。

 後半に入っても試合は依然としてドルトムントペース。しかし、ニュルンベルクも最後まで集中を切らさない。85分にはユリアン・ヴァイグルのスルーパスに抜け出したパコ・アルカセルが右足で狙うも、枠を捉えきれず。試合はこのままタイムアップ。首位と最下位の一戦は、勝ち点1を分け合う結果となった。

 次節、ドルトムントは24日にホームでレヴァークーゼンと、ニュルンベルクは23日に敵地でデュッセルドルフと対戦する。

【スコア】
ニュルンベルク 0−0  ドルトムント

【スターティングメンバー】
ニュルンベルク(4−1−4−1)
マテニア;ヴァレンティーニ、ミュール、エヴェルトン、ライボルト;ペトラーク;久保裕也(85分 パラシオス)、レーヴェン(77分 バウアー)、ベーレンス、ペレイラ;ズレリャーク(66分 イシャク)

ドルトムント(4−2−3−1)
ビュルキ;ヴォルフ、ヴァイグル、ザガドゥ、ディアロ;ヴィツェル、デラネイ(80分 ラーセン);サンチョ、フィリップ(63分 パコ・アルカセル)、ゲレイロ;ゲッツェ

【BVB09】Borussia Dortmund 896【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1550091741/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(33) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング