アンテナ・まとめ RSS

マンU、マルシャルがセビージャにレンタル移籍へ!選手が減給に応じる

セビージャがマルシャルのローン移籍実現に自信…選手が減給に応じる
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5f3ffdeac906a7758ec25bd035e4f6ebddbbfbe
マルシャル21-22マンU.jpg

セビージャがマンチェスター・ユナイテッドのアントニー・マルシャル獲得に自信を持つようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

オーレ・グンナー・スールシャール監督に代わりラルフ・ラングニック監督がマンチェスター・Uを指揮する中、マルシャルはコンディション不良などの影響もあり、先日のウェスト・ハム・ユナイテッド戦で初出場を飾ったばかり。しかし、チーム内での序列は変わらないとされており、依然として残り1週間となった今冬の移籍市場での移籍を望むと考えられている。

昨年12月にマルシャルはラングニック監督に対して出場機会が少ないことから今冬の退団の意思を伝えたことがわかっていた。さらに、アストン・ヴィラ戦で同選手がメンバー入りを拒んだと指揮官は公言し、その後選手側がそれを否定するなど、両者の関係性に問題が生じたことも伝えられていた。

そんな中、週末にセビージャとマルシャルの代理人が交渉の席を設けた様子。当初、セビージャは週給25万ポンド(約3800万円)とされるフランス代表FWのサラリーの半分を負担する意思しか示さなかったため、マンチェスター・Uにオファーを拒まれていたが、今回の話し合いの中で、選手がローン移籍期間の減給に応じることが決まったようだ。

しかし、クラブ間の交渉は依然としてまとまっていない。マンチェスター・Uは当初から500万ポンド(約8億円)のレンタル料に加え、同選手のサラリーの負担を求めており、交渉は継続中のようだ。

マンU仏代表FWマルシャルがセビリア期限付き移籍 英メディアが合意報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5f3ffdeac906a7758ec25bd035e4f6ebddbbfbe

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)が、スペインリーグのセビリアに今季終了までの期限付きで移籍することになった。英ガーディアン電子版が両クラブが合意したと報じた。

セビリアがマンチェスターU側に500万ユーロ(約6億5000万円)を支払い、マルシャルの給与も全額負担するという。

マルシャルは今季わずか8試合の出場で1得点にとどまっており、出場機会を求めて移籍を希望していた。

† Red Devils Manchester United 1608 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642869401/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこジャパン、成宮2ゴールなどベトナムに3-0快勝!2連勝でグループステージ突破 女子アジア杯(関連まとめ)

【サッカー】<なでしこジャパン>ベトナムに3−0快勝! 2連勝でグループステージ突破が決定【女子アジアカップインド2022】 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643057994/
なでしこ2021女子アジア杯ベトナム戦.jpg

1: Egg ★ 2022/01/25(火) 05:59:54.70 ID:CAP_USER9.net

AFC女子アジアカップインド2022・グループC第2節が24日に行われ、ベトナム女子代表と日本女子代表(なでしこジャパン)が対戦した。

 池田太新体制で初となる主要国際大会に臨むなでしこジャパン。大会3連覇とFIFA女子ワールドカップ オーストラリア&ニュージーランド2023の出場権獲得を目指すなでしこジャパンはミャンマー女子代表を5−0で下した初戦からメンバーを8人入れ替えてベトナム戦に臨んだ。

 試合は序盤からなでしこジャパンが主導権を握る展開に。しかしボールは保持するもののベトナムの守備に苦しみなかなかネットを揺らすことができない。23分にはセットプレーからなでしこにチャンス。右サイドのCKが流れ左サイドで待ち構えた成宮唯のもとにこぼれたが、これは力も入りゴールにはならない。

 すると38分、カウンターの芽を摘みつつ攻勢に出るなでしこジャパンがついに試合を動かした。左サイドでボールを受けた高橋はながクロスを供給。これは相手GKがはじいたが、こぼれ球を成宮が詰め、なでしこジャパンが先制に成功した。

 1点リードで迎えた後半立ち上がりになでしこジャパンが追加点を手にした。50分、左サイドからのFKに田中美南が頭で合わせ枠内を強襲。これはGKに阻まれるも熊谷紗希が押し込んで良い時間帯にリードを2点に広げた。

 さらに58分、またもセットプレーからなでしこジャパンが点を重ねる。田中がニアに敵を引き連れ空いたスペースをボールが通過。逆サイドにいた成宮が冷静に沈め試合を決定づける3点目となった。

 その後もなでしこジャパンはベトナムを完全にシャットアウト。チャンスも作らせず試合は締め、なでしこジャパンは2連勝となった。次節は27日に行われ、なでしこジャパンは韓国女子代表と、ベトナム女子代表はミャンマー女子代表と対戦する。

【スコア】
ベトナム女子代表 0−3 日本女子代表

【得点者】
0−1 38分 成宮唯(なでしこジャパン)
0−2 50分 熊谷紗希(なでしこジャパン)
0−3 58分 成宮唯(なでしこジャパン)

【スターティングメンバー】
日本女子代表(4−4−2)
GK:田中桃子
DF:清水梨紗(55分 宝田沙織)、熊谷紗希(56分 宮川麻都)、高橋はな、乗松瑠華
MF:成宮唯、遠藤純、猶本光(63分 長野風花)、隅田凜
FW:田中美南(77分 植木理子)、菅澤優衣香(45分 宮澤ひなた)

サッカーキング 1/25(火) 0:53
https://news.yahoo.co.jp/articles/1907fcfeed45b927a10d524d6682b1b404215782

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220125-01612170-soccerk-000-2-view.jpg?exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:30 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ソシエダFWイサクに補強ターゲット変更か?ヴラホヴィッチはユベントス移籍を希望

アーセナル、前線大型補強のターゲット変更か。フィオレンティーナFWはユベントス選ぶ
https://news.yahoo.co.jp/articles/40010fdc9c1dfb5efb24aeacbdccb0ba513bf686
イサク21-22ソシエダ.jpg

新たな大物ストライカーの獲得を目指しているアーセナルだが、メインターゲットを変更することになるのかもしれない。レアル・ソシエダのスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクの獲得に動くとも報じられている。

 キャプテンの座を剥奪されたピエール=エメリク・オーバメヤンや、契約満了が迫るアレクサンドル・ラカゼットなどの去就が不透明なこともあり、FWの補強を必要としているアーセナル。特にフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホヴィッチの獲得を熱望していることが報じられ続けてきた。


 だがヴラホヴィッチ本人はアーセナルへの移籍に消極的なようだ。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ヴラホヴィッチはユベントスへの移籍のみを希望しており、すでにユベントスとの契約が個人合意に達したとも報じている。

 英『アスレティック』が伝えたところによれば、アーセナルは以前から関心を示していたFWの一人であるイサクにターゲットを変更することも見込まれるという。昨季のラ・リーガで17得点を挙げるなど活躍し、バルセロナなどからの関心も噂され続けている長身ストライカーだ。

 イサクとソシエダの契約には9000万ユーロ(約116億円)の契約解除金が設定されており、満額を支払うのであればすぐにでも獲得は可能。だがアーセナルは金額の引き下げも試みる見通しだと報じられている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1769】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642952903/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1名古屋、GKランゲラックが開幕微妙…長谷川監督「間に合っても終盤の終盤という感じ」新型コロナ影響

GKランゲラック開幕微妙…「間に合っても終盤の終盤という感じ」新型コロナ影響【J1名古屋】
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa25e8beaaec0ed8f11f0608f8ccbc924805bfa8
ランゲラックサムズアップ.jpg

 サッカーJ1の名古屋は24日、沖縄県南風原町で春季キャンプをスタート。初日の練習後、長谷川健太監督(56)は未合流のGKランゲラック(33)がリーグ開幕に間に合うかどうか微妙であると明かした。

 長谷川監督はいまだ合流できていないFWマテウスとランゲラックについて「マテウスに関しては順調にいけばキャンプには間に合うが、ランゲラックに関しては微妙」と見通し、特にランゲラックは「(開幕に)間に合っても本当に終盤の終盤という感じ。(キャンプに)呼ぶか呼ばないかは状況を見ながら考えたい」とした。

 名古屋は10日に日本人選手のみでチームが始動。17日にMFレオシルバ(36)、18日にDFチアゴ(31)が合流した。今季J1の初戦は2月19日の神戸戦(豊田ス)となっている。

◇集え!!名古屋グランパスファン part 2506◇
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1642904306/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:43 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルFWベンゼマ、試合中に窃盗団が自宅に侵入…今回が2回目

【サッカー】<FWベンゼマ(レアル・マドリード)>悪夢再び!窃盗団が試合中の留守宅に侵入...今回が2回目 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643015640/
ベンゼマ21-22第22節.jpg
1: Egg ★ 2022/01/24(月) 18:14:00.29 ID:CAP_USER9.net

スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマが23日のアラベス戦を戦っているころ、自宅に窃盗団が押し入ったという。

 スペイン紙20ミヌトスなどによると、窃盗団は庭からベンゼマの自宅へ侵入。当時家には誰もおらず、けが人などはいなかったが、金品の被害は明らかになっていない。ベンゼマは2019年2月、バルセロナと対戦している時にも同様の形で窃盗被害に遭っており、今回が2回目となる。

 スペイン国内ではこれまでにレアル・マドリード、バルセロナ、アトレチコ・マドリード所属の複数選手が同様の手口で金品を奪われる事例が頻発した時期があり、今回再発した格好になる。

ディリースポーツ 1/24(月) 18:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/851a8fe1dfb8874edbf323e286b31c09ca64bd70

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220124-00000108-dal-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=588&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:17 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デンマーク代表MFエリクセン、ブレントフォード加入へ!昨夏EUROで心停止 ICD装着でもプレー可能なプレミア復帰迫る

エリクセン、ICD装着でもプレー可能なプレミア復帰が迫る…ブレントフォードと半年契約へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1aef518028df0bc3d61cb7dc89bebee74c0c378b
エリクセン2021EUROデンマーク代表.jpg


現在フリーのMFクリスティアン・エリクセンが、ブレントフォード加入に近づいているようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えた。

昨夏のEURO2020初戦フィンランド戦にデンマーク代表としてプレーしたエリクセンだが、前半終盤に心停止を起こしてピッチに倒れ込んだ。迅速な措置により、幸い大事には至らなかったが、植え込み型除細動器(ICD)の装着を余儀なくされた。その後トレーニングできるほどまでに回復し、現在ピッチへの復帰に向けて準備を進めている。

先日のインタビューでは、カタールで行われる2022年ワールドカップに出場することが夢と語るなど現役続行への意欲を示したエリクセン。しかし、イタリアではICD装着下でプレーすることは許可されておらず、2020年冬に加入したインテルから先月に退団。現在フリーとなっている。

そんなデンマーク代表司令塔の新天地として、先日から報じられているのがブレントフォード。今シーズンにプレミアリーグ昇格を果たし、ここまで14位と健闘する同チームには、デンマーク人選手が複数在籍するほか、デンマーク人のトーマス・フランク監督がチームを指揮している。

そして『スカイスポーツ』によると、ブレントフォードはエリクセンと6カ月の契約締結に近づいているようだ。現在、クラブは同選手がプレーできるコンディションであるか確認中で、また労働許可の申請も必要となるようだ。

エリクセンは7カ月前に心停止を起こし、ICDを着用することから通常の新加入選手よりもより徹底したメディカルチェックが必要となり、さらにプレミアリーグに登録される前にクラブの心臓専門医からの許可が必要に。イングランドではICD装着下でのプレーは禁じられていないが、仮に同選手の登録が許可されれば、プレミアリーグ史上最初の選手となる。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 38
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1634896941/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2琉球とJ3沼津、ベトナム1部サイゴンからベトナム人選手2名ずつ期限付き移籍で加入「私にとってJリーグでの大きな挑戦」

J2琉球が提携クラブからベトナム人2選手を期限付きで獲得! 「私にとってJリーグでの大きな挑戦」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1a6ca1a78d15a8f7680e8eac9e51f43474267bf
サイゴンFC01.jpg

J2のFC琉球は1月24日、ベトナム1部リーグのサイゴンFCから、MFブー・ホン・クアンとMFファム・バン・ルアンの期限付き移籍での加入を発表した。

 かねてよりアジア事業展開をビジョンに掲げてきた琉球は昨年2月、サイゴンFCとアジアストラテジックパートナーシップ契約を締結。サイゴンFCが推薦するベトナム人選手の受入れなどの人的交流を主な目的としていた。

 そして今シーズン、ともに22歳のベトナム人プレーヤー2名をレンタルで獲得。加入にあたりブー・ホン・クアンは、「大変うれしく思っております」と喜びのコメントを発表している。
 
「FC琉球にもお礼を申し上げます。たくさんのことを早く学び、チームに溶け込めるように頑張ります。来日したら、FC琉球のために一生懸命練習し、試合でプレーできることを目指します。ベトナムに帰国した後、サイゴンFC並びにベトナム代表にも貢献できるように常に向上心を持っていたいです」

 また、U-23ベトナム代表でもあるファム・バン・ルアンは、「一日も早くチームに溶け込み、日本語を学び、文明的で友好的な国である日本の文化を吸収したい。これは私にとってはJリーグでの大きな挑戦となります。自分の課題を克服し、サッカー人生においてベトナム代表としてプレーするという私の夢を叶えるために、勇気を持って努力したい」と力強い意気込みを語っている。

沼津がベトナムクラブから2選手のレンタル加入を発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a7f1db4a432ca6aa945b882ef51283bc0e1f50b

アスルクラロ沼津は24日、ベトナムのサイゴンFCからMFブイ・ゴック・ロン(20)とFWグエン・バン・ソン(20)の期限付き移籍加入を発表した。

両選手は来日後、メディカルチェックを経て、正式に契約を結ぶ見込み。現時点で来日時期こそ未定だが、両選手は沼津入り内定を受け、クラブを通じてコメントしている。

◆ブイ・ゴック・ロン
「はじめまして。ブイ・ゴック・ロンです。この度、アスルクラロ沼津と仮契約ができて、大変嬉しく思っております。このような貴重な機会を与えてくださいましたサイゴンFCチャン・ホア・ビン会長をはじめ、いつもそばに寄り添い、育てて信頼してくれたチーム全員に深く感謝しております」

「また、日本での練習やプレーを受け入れてくださったアスルクラロ沼津にお礼を申し上げます。アスルクラロ沼津に加入した際には、チームの一員としてファンの皆様の期待に応えられるよう、ベストを尽くします」

「なお、自分自身の目標もあります。まず、アスルクラロ沼津に合流し練習やプレーができるようになったら、日本のスポーツ文化等についてもっと知識を吸収し、心を込めてアスルクラロ沼津のためにプレーしたいと思います」

「ベトナムに帰国したら、自分のベストを尽くして練習、試合に臨み、サイゴンFCに貢献したいと思います。またベトナム代表チームに貢献できる機会があれば、それは私にとって素晴らしいことです」

「最後になりますが、チームメンバー並びにベトナムと日本のファンの皆様に挨拶したいと思います。お会いできる日を楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします」

◆グエン・バン・ソン
はじめまして。グエン・バン・ソンと申します。日本でアスルクラロ沼津と仮契約する機会をいただきまして、大変うれしく思っております。サイゴンFCの一員としてサッカーをする環境を備えていただき、それに海外での練習や出場の機会を与えてくださったサイゴンFCチャン・ホア・ビン会長に、大変感謝しております」

「これは私のサッカー人生では今まで想像もしなかった夢がようやく叶いました。また、サイゴンFCで自分自身を成長させ、ピッチ上で自分の情熱を追求し続けることができ、とてもありがたく思っております。また、アスルクラロ沼津にもお礼を申し上げます。多くのことを早く学び、チームに溶け込めるように頑張ります」

「将来アスルクラロ沼津で一生懸命練習してレギュラーになれるように頑張りたいと思います。ベトナムに帰国した後、サイゴンFC並びにベトナム代表にも貢献できるように常に向上心を持っていたいです。コロナの流行で大変な時期ではありますが、試合に出場した際に力を発揮できるように常に真剣にトレーニングに取り組んでいきます」

「日本のサッカーに触れるのは2回目ですが、Jリーグを経験するのは初めてです。試合に出場して主に攻撃面でチームの勝利に貢献していく心構えはありますので、一日も早く、静岡に行ける日が待ち遠しいです。母国と環境や気候が違っている日本へ行くのが私にとっては新しい挑戦です」

「すべてが新しくなるわけですが、だからといって落胆することはありません。自分自身を成長させ、良いプレーをするために練習に励みたいと思います。アスルクラロ沼津のメンバー並びにベトナムと日本のファンの皆様に挨拶したいと思います。お会いできる日を楽しみにしています」
移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14463
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1642992833/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、終盤にF・デヨング決勝ゴールでアラベスに1-0辛勝…公式戦4戦ぶりの白星

冴えないバルサ、終盤のF・デ・ヨング弾でアラベスに辛勝…公式戦4戦ぶりの白星
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7e853a89af9f68bd121027d8349336334d19134
Fデヨング21-22第22節ゴール.jpg

 ラ・リーガ第22節が23日に行われ、アラベスとバルセロナが対戦した。

 スーペルコパ・デ・エスパーニャ、コパ・デル・レイで激戦を戦い、それぞれタイトルへの道を閉ざされたバルセロナ。この日は負傷したアンス・ファティや出場停止のガビらに加え、「胃の不調」を訴えて招集に応じなかったウスマン・デンベレらが欠場。フェラン・トーレスやアブデッサマド・エザルゾウリ、ペドリらが先発した。

 序盤からボールを握るバルセロナは13分、ペドリからのピンポイントクロスにルーク・デ・ヨングがボレーシュートで合わせるも、シュートは枠を捉えることはできず。その後はバルセロナが攻めあぐねる時間が続くと、45分には高い位置でボールをカットしたアラベスが決定機を迎えるも、ゴール前に迫ったペレ・ポンスのシュートはマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの手に収まった。

 後半もポゼッションを握るのはバルセロナ。63分にはペドリの蹴ったFKにL・デ・ヨングが飛び込むも、右足で合わせたボールはGKに弾かれた。その後はほとんどゴールに迫るシーンを作れないバルセロナは、78分にホセルのヘディングシュートで冷や汗をかかされるも、試合はそのままスコアレスで終盤へ進む。

 すると迎えた87分、ジョルディ・アルバがDFラインの裏へ浮き球のパスを送ると、反応したF・トーレスがダイレクトでゴール前に折り返し。これをフリーのフレンキー・デ・ヨングが右足で流し込み、ついにブロックを崩したバルセロナが先制ゴールを奪った。

 試合はこのまま終了。見せ場の少ない試合を演じた両チームだったが、最終的に決勝点を奪いきったバルセロナが公式戦4試合ぶりとなる勝利を手にした。

 次節、アラベスは7日にアウェイでエルチェと、バルセロナは6日にホームでアトレティコ・マドリードと対戦する。

【スコア】
アラベス 0−1 バルセロナ

【得点者】
0−1 87分 フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)

【DAZN】ラリーガ★11
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1642953898/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミランとユベントス、セリエA上位対決は0-0ドロー…共に得点奪えず痛み分け(関連まとめ)

ミランとユヴェントスの上位対決はドロー…両チーム得点奪えず痛み分け
https://news.yahoo.co.jp/articles/f713b1a57be954a8dcab5fc48f3a291b27a4751a
ミランとユーべ21-22第23節.jpg

 セリエA第23節が23日に行われ、ミランとユヴェントスが対戦した。

 ミランは現在勝ち点「48」で2位につけており、勝ち点「53」の首位インテルを追走。ミランは前節のスペツィア戦から先発選手を5名交代。ユヴェントスは勝ち点「41」で5位に位置している。ユヴェントスも先発メンバーを5名変更し、ミランとの上位対決に臨んだ。

 試合は12分、ユヴェントスが最初のチャンスを作る。マヌエル・ロカテッリから浮き球のパスを受け取ったフアン・クアドラードは、右サイドから中央に切り込む。クアドラードはDFアレッシオ・ロマニョーリをかわして左足を振り抜くが、惜しくも枠の右に外れた。

 ミランは20分、ラファエル・レオンが左サイドから中央にボールを運ぶと、ジュニオール・メシアスとのワンツーによりエリア内に侵入。レオンはゴール正面から右足でシュートを放つが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーが防いだ。

 後半に入ると51分、ユヴェントスは右サイドからデ・シリオがクロス。このボールをアルバロ・モラタが頭で合わせるが、惜しくも左にずれた。

 その後も得点は動かず、ミランとユヴェントスの一戦はスコアレスドローで終了。両チーム勝ち点「1」を分け合う形となった。ミランは公式戦2試合勝ち無しとなり、ユヴェントスは公式戦3連勝で止まった。

【スコア】
ミラン 0−0 ユヴェントス

【DAZN】セリエA Part.2
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1642105003/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、再負傷で数週間の欠場へ…アルテタ監督が状態を説明

アーセナル冨安健洋は“数週間”の欠場へ…アルテタが状態を説明
https://news.yahoo.co.jp/articles/462efab3db66f06d2dcb2ad9ba32c074ade9d885
冨安21-22アーセナル正面ドリブル.jpg


アーセナルのミケル・アルテタ監督は、冨安健洋の状態について明かした。

昨夏にボローニャからアーセナルに加入して以降、ここまで好パフォーマンスを披露する冨安。しかし、昨年末からコンディションが整わず、離脱と復帰を繰り返す。先日のリヴァプールとのカラバオカップ準決勝セカンドレグにフル出場するも、精彩を欠いた同選手は23日のバーンリー戦を欠場した。

1月末のワールドカップアジア最終予選の日本代表に選出されるも、招集を見送ることが決まった冨安の状態について、アルテタ監督はスコアレスドローに終わったバーンリー戦後に言及した。

「トミヤスはケガを負っていたが、リヴァプール戦でこのポジションでプレーできる選手が1人もいなかった。彼は本当にプレーしたがっていたし、90分をプレーした。そして、再び痛みを感じたようだ」

また、離脱期間について「彼は数週間離脱する」と明かした同指揮官は、冨安が日本に帰国せず、イングランドで治療と調整を続けることについては「現時点で、彼には回復する必要があり、彼が考えていることは適切な治療を受けることだけだ。彼の状態を見て、できる限り早期に起用したい」と話している。

なお、今週末のプレミアリーグ第23節終了後からインターナショナルブレイクに突入する。アーセナルの次戦は2月10日のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦だ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1769】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642952903/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、終盤モドリッチPK弾&ミリトン劇的同点ヘッド弾で2点差追い付きエルチェと辛くもドロー

レアル・マドリード、エルチェと辛くもドロー…終盤に2点差追いつく
https://news.yahoo.co.jp/articles/22ade012f7f70492f4cd42b68ae133b8ca0e05e2
ミリトン21-22第22節ゴール.jpg

 ラ・リーガ第22節が23日に行われ、レアル・マドリードとエルチェが対戦した。

 両者は20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦でも対戦し、延長戦の末にレアル・マドリードが準々決勝に進出した。同試合からレアル・マドリードは先発メンバーを7枚入れ替え、エデン・アザールらがスタメンに名を連ねた。

 序盤から主導権を握るレアル・マドリードだが、なかなか決定機を生かすことはできない。32分にはヴィニシウス・ジュニールが倒されてPKを獲得するが、キッカーのカリム・ベンゼマがまさかの失敗。枠を外してしまい、先制とはならなかった。

 すると42分、エルチェが先制する。左サイドからフィデル・チャベスがピンポイントのクロスを送ると、ゴール前のルーカス・ボジェが頭で合わせて押し込んだ。前半はエルチェの1点リードで折り返す。

 追いかける展開のレアル・マドリードは58分にアクシデントが発生する。ベンゼマが左のでん部を押さえながらピッチを後にし、ルカ・ヨヴィッチと交代した。

 早く追いつきたいレアル・マドリードはトニ・クロースとの交代でロドリゴを投入するなど攻勢を強めるが、なかなかエルチェの守備を崩し切ることはできない。71分にはペナルティエリア左でルカ・モドリッチのパスを受けたヴィニシウスが右足を振り抜くが、シュートを枠に飛ばすことはできない。

 耐える時間が続いていたエルチェは、76分に大きな追加点を獲得する。敵陣中央で相手2枚をはがしたボジェのパスにペレ・ミジャが抜け出し、ペナルティエリア右に侵入。右足を振り抜いてゴール左下隅に突き刺した。

 3点が必要となったレアル・マドリードは78分、ルーカス・バスケスの右コーナーキックにカゼミーロが頭で合わせるが、クロスバーに嫌われる。それでも82分、相手のハンドでPKを獲得。キッカーを務めたモドリッチは相手GKの逆を突いてゴール右に流し込み、まずは1点を返す。

 さらに後半アディショナルタイム2分、レアル・マドリードが試合を振り出しに戻す。左サイドからヴィニシウスが折り返すと、攻撃に参加していたエデル・ミリトンが頭で押し込んだ。

 試合は引き分けに終わり、レアル・マドリードの公式戦連勝は「5」で止まった。エルチェはリーグ戦3連勝を逃したが、4戦無敗となった。

 レアル・マドリードの次戦は2月3日に行われ、コパ・デル・レイ準々決勝でアスレティック・ビルバオと対戦する。エルチェは次戦、2月5日のリーグ戦でアラベスと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2−2 エルチェ

【得点者】
0−1 42分 ルーカス・ポジェ(エルチェ)
0−2 76分 ペレ・ミジャ(エルチェ)
1−2 82分 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
2−2 90+2分 エデル・ミリトン(レアル・マドリード)

◆◇El Blanco Real Madrid 1156◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642956977/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、GKアリソンが好守連発しC・パレスに3-1勝利し2連勝!南野拓実は60分から途中出場

リヴァプールが2連勝、パレスの反撃かわして3発勝利…南野拓実は60分から出場
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f20ad34b01b3746a11dcdd4219d62fcf30e5428
ファビーニョ21-22第23節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第23節が23日に行われ、クリスタル・パレスとリヴァプールが対戦した。リヴァプールのFW南野拓実はベンチスタートとなり、60分から出場した。

 試合は8分にリヴァプールが先制する。左コーナーキックからアンドリュー・ロバートソンがアウトスイングのボールを供給すると、飛び込んだフィルジル・ファン・ダイクが頭で合わせ、強烈なシュートをゴール左に突き刺した。

 リヴァプールは32分にリードを広げる、ロバートソンがボックスの外からピンポイントの浮き球をペナルティエリア右に供給。胸で収めたアレックス・オックスレイド・チェンバレンは、左足を振り抜き冷静にゴールへと流し込んだ。

 42分、クリスタル・パレスに絶好機が訪れる。ピッチ中央で空いてのミスパスを回収したマイケル・オリーズが相手DFの背後にスルーパスを通し、ジャン・フィリップ・マテタが抜け出す。ペナルティエリア右からシュートを放つが、飛び出してきた相手GKアリソンのセーブに防がれて枠には飛ばなかった。前半はリヴァプールが2点のリードで折り返す。

 クリスタル・パレスは46分に決定機。ペナルティエリア右で仕掛けたオリーズの折り返しにゴール前でコナー・ギャラガーが合わせたが、ヘディングは枠を捉えることができない。48分にはオリーズのクロスをジェフリー・シュラップが頭で折り返し、ゴール前のオドソンヌ・エドゥアールがかかとでシュートを放つが、アリソンに防がれる。

 55分、クリスタル・パレスが1点を返す。ピッチ中央でルーズボールを回収したシュラップは、針の穴を通す絶妙のスルーパスを相手DFの背後に供給。抜け出したマテタは並走していたエドゥアールへのラストパスを選択し、エドゥアールは冷静にゴールへ流し込んだ。

 息を吹き返したクリスタル・パレスは、57分にもリヴァプールのゴールを脅かす。出足の鋭い守備で相手のカウンターの芽を摘み取ったヨアキム・アンデルセンは、そのままペナルティエリア手前まで持ち運ぶ。左足を振り抜きゴール左下を狙ったが、シュートはわずかに枠を外れた。

 後半は拮抗した展開が続くなか、クリスタル・パレスは83分にもリヴァプールのゴールに迫る。アンデルセンが自陣からロングフィードを供給し、オリーズが抜け出す。オリーズはループ気味のシュートでゴールを狙ったが、間一髪のところで相手GKアリソンにクリアされてネットを揺らせない。

 すると試合終盤、リヴァプールはディオゴ・ジョッタが相手GKビセンテ・グアイタに倒されPKを獲得する。キッカーを務めたファビーニョは相手GKの逆を突いてゴール右下に突き刺し、89分にリヴァプールが勝利に大きく近づく。

 試合はこのまま終了し、クリスタル・パレスは2試合ぶりの黒星でリーグ戦3試合未勝利となった。リヴァプールはリーグ戦2連勝となり、1試合消化の多い首位マンチェスター・Cとの勝ち点差を「9」に縮めた。

 次節、クリスタル・パレスは2月9日にアウェイでノリッジと、リヴァプールは同10日にホームでレスターと対戦する。

【スコア】
クリスタル・パレス 1−3 リヴァプール

【得点者】
0−1 8分 フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)
0−2 32分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
1−2 55分 オドソンヌ・エドゥアール(クリスタル・パレス)
1−3 89分 ファビーニョ(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1388 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642947577/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:40 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)