アンテナ・まとめ RSS

ジーコ氏、鹿島時代の絶妙FK弾7つを自身のSNSに投稿!海外ファンから反響「彼は天才だった」

【サッカー】「彼は天才だった」 “神様”#ジーコ が回顧、鹿島時代の“超絶FK弾”映像に海外反響 #はと [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602305610/
ジーコ鹿島FK.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/10(土) 13:53:30.76 ID:CAP_USER9.net

公式インスタグラムに鹿島時代に決めた7つの直接FKの映像を公開

 1993年のJリーグ創設以降、数多くの世界的名手が来日しプレーしたが、アマチュア時代から日本サッカーに携わり、その発展に尽力した人物といえば、多くの人が元ブラジル代表MFジーコ氏の名前を挙げるだろう。選手としてはもちろん、Jリーグ最多優勝を誇る鹿島アントラーズの礎を築いた哲学は、何ものにも代えがたい功績と言える。そんな“サッカーの神様”ジーコ氏が、自身の公式インスタグラムを更新。鹿島時代に決めた7つの直接FKの映像を公開し、反響を呼んでいる。

 卓越したテクニックと得点力を誇ったジーコ氏は、母国の名門フラメンゴで長年プレーし、ブラジル代表としても1978年、82年、86年とワールドカップに3度出場。セレソンの10番を背負ったスーパースターは、91年に鹿島の前身である住友金属に加入し、“常勝軍団”の礎を築いて94年に引退した。日本代表監督などを経て、現在は鹿島のテクニカルディレクターを務めている。

 そんな伝説の司令塔は先日、自身の公式インスタグラムに住友金属時代の1991-92シーズン、日本サッカーリーグ(JSL)2部の試合で決めた直接FK10連発の動画を投稿。世界に名だたる元ブラジル代表の10番がプレーするとは思えないようなグラウンドで、次々と華麗なFKを叩き込む映像が反響を呼んでいた。

 そして今回は、Jリーグ創設後に鹿島の10番として決めた7つの直接FKの映像を公開。93年の開幕時には40歳になっていたジーコ氏だが、その技術はまったく錆びついていない。改めて説明するまでもなく、スピード、コース、そしてGKとの駆け引きも含めて超一流のゴールばかり。特に6本目に紹介されているベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)戦の一撃では、完全に逆を取られた元日本代表GK小島伸幸氏(現ザスパクサツ群馬GKコーチ)が、呆然と立ち尽くす姿が印象的だ。

華麗なFKの数々に海外ファンも感嘆 「信じられない」「センセーショナル」
 そして最後の7つ目の映像は、伝説となっている1993年開幕戦の名古屋グランパスエイト(当時)戦でのゴール。クロスバーに当たってゴールラインを越えたシーンを覚えているファンも多いはずだ。ジーコ氏は記念すべきこの試合で、Jリーグ史上初のハットトリックを達成し歴史にその名を刻んでいる。

 この動画が公開されると、コメント欄では母国ブラジルなどの海外ファンが反応。「センセーショナル」「最高!」「スペシャリスト」「彼は天才だった」「信じられない」など、ジーコ氏の鮮やかなFK弾に感嘆の声を上げていた。

 一つひとつの言動に、日本サッカーへのメッセージが込められていたジーコ氏。日本の地で決めた、天才司令塔の代名詞と言える華麗なFKの数々は、長い年月が経っても決して色褪せることはないだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/29b5f57f52553a951ec5c6449617aae91e25ce8d
https://amd.c.yimg.jp/amd/20201010-00287234-soccermzw-000-1-view.jpg
https://www.football-zone.net/archives/287234/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=287234_6




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首位・川崎、仙台に苦しみながらも1-0勝利し9連勝!浦和は汰木劇的決勝ゴールで鳥栖に勝利!J1第21節夜(関連まとめ)

【サッカー】J1第21節夜 川崎×仙台、鳥栖×浦和 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602327645/
小林悠2020第21節.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 20:00:45.99 ID:CAP_USER9.net

川崎 1−0 仙台
[得点者]
41'小林 悠(川崎)

スタジアム:等々力陸上競技場
入場者数:8,263人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101014/live#live


鳥栖 0−1 浦和
[得点者]
90+3'汰木 康也(浦和)

スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:8,574人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101018/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


23: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 20:05:29.71 ID:CAP_USER9.net

>>1
首位川崎フロンターレはベガルタ仙台下し9連勝。浦和レッズは劇的ゴールで連敗ストップ【J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節の全9試合が21日に各地で開催された。首位を走る川崎フロンターレは9連勝を達成している。

 川崎は18時キックオフの試合でベガルタ仙台と対戦。18分には小林悠のシュートが惜しくも右ポストを叩くなど前半から優位に試合を進めると、41分には三笘薫のスルーパスで抜け出した小林の今季12点目となるゴールで先制した。

 51分には今季2度目の先発出場を果たした中村憲剛の直接FKが惜しくもクロスバーを直撃。58分にも小林のシュートが左ポストに弾かれるなど追加点のチャンスは逃し、終盤には仙台に押し込まれる時間もあったが、1-0で逃げ切って9連勝を飾った。

 18時キックオフのもう1試合ではサガン鳥栖と浦和レッズが対戦。42分には浦和が決定機を迎えたが、エリア内左での突破からシュートに持ち込んだ関根貴大の強烈な一撃は惜しくもクロスバーに跳ね返された。

 一方の鳥栖は64分、エリア内でドリブル突破を図った林大地が岩波拓也に倒されてPKを獲得。だが林が自ら放ったシュートはGK西川周作にわずかに触られたあと左ポストを叩いてゴールならず。

 0-0のまま後半アディショナルタイムを迎えた93分、浦和は敵陣内でのボール奪取からマルティノスが右サイドに持ち込んでクロスを上げ、飛び込んだ汰木康也が値千金の決勝ゴール。3試合連続無得点での3連敗を止める大きな1勝を挙げた。

 早い時間帯に行われた試合では、暫定2位のFC東京、同3位のセレッソ大阪がそれぞれガンバ大阪、名古屋グランパスとの上位対決に敗れた。この結果川崎Fは、FC東京より2試合を多く残して勝ち点15差、C大阪とは試合数で並んで勝ち点17差をつけている。

▼J1第21節
 札幌 2-1 湘南
 FC東京 0-1 G大阪
 清水 2-3 広島
 名古屋 1-0 C大阪
 柏レイソル 4-3 神戸
 鹿島 3-2 横浜FC
 横浜FM 4-0 大分
 川崎F 1-0 仙台
 鳥栖 0-1 浦和

https://news.yahoo.co.jp/articles/571d7e2c7aca9890f40dc98a61475942645470db>>1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:19 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏FWオルンガ、今季20ゴール目到達し得点王レース独走!今節2ゴールで21得点(関連まとめ)

【サッカー】柏オルンガが得点王レース独走! 無双の今季20ゴール目に称賛「まじでバケモン!」 #はと [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602316785/
オルンガ2020第21節ゴール02.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/10(土) 16:59:45.20 ID:CAP_USER9.net

前半20分、クリスティアーノのクロスをヘディングで押し込んで今季20点目を記録

 柏レイソルは10日、J1リーグ第21節でヴィッセル神戸と対戦。FWオルンガが今季20点目を含む2ゴールの活躍で、前半だけで3点のリードを奪っている。

柏は前半20分、FW江坂任のパスを受けたMFクリスティアーノが右サイドの敵陣深くからクロスを供給。ペナルティーエリア内でこれに反応したオルンガは、相手DF。大ア玲央のマークをはねのけ、倒れ込みながらヘディングシュートを放ち、先制点を決めた。オルンガは得点王レースを独走する20ゴール目となった。

 DAZN公式ツイッターは、「帰ってきたクリスティアーノがオルンガの今季20ゴール目をアシスト!先制ゴールを抱き合って祝う」と速報。あまりにハイペースのゴール量産ぶりに、「オルンガまじでバケモン!」「まじでやばい」「トップレベルに理不尽ゴール(笑)」とファンからも驚きの声が上がっている。

 柏は前半終了間際に江坂、オルンガが追加点を決めて、前半だけで3点をリード。三浦淳寛新監督の体制となって無傷の3連勝中である神戸を圧倒している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a18227b2474c5824a2903acdd7f7ce1e8b112bf
https://amd.c.yimg.jp/im_siggUZxh0HM.OtplNwiTFV5qUg---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20201010-00287452-soccermzw-000-5-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、0-2から横浜FCに3-2大逆転勝利!小泉慶が劇的決勝ゴール!横浜FMはエリキ2ゴールなど大分に4-0完勝!J1第21節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第21節夕 鹿島×横浜FC、横浜FM×大分 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602320323/
小泉2020第21節.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 17:58:43.14 ID:CAP_USER9.net

鹿島 3−2 横浜FC
[得点者]
02'瀬沼 優司 (横浜FC)
13'松尾 佑介 (横浜FC)
58'エヴェラウド(鹿島)
88'オウンゴール(鹿島)
90+3'小泉 慶 (鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:5,671人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101011/live#live



横浜FM 4−0 大分
[得点者]
55'松原 健       (横浜FM)
65'ジュニオール サントス(横浜FM)
75'エリキ        (横浜FM)
87'エリキ        (横浜FM)

スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:3,675人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101015/live#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


13: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 18:01:03.71 ID:CAP_USER9.net

>>1
鹿島、2点差から逆転で横浜FC下す。マリノスは大分トリニータに4発快勝

明治安田生命J1リーグ第21節の試合が10日に各地で開催されている。16時キックオフの試合としては鹿島アントラーズ対横浜FC、横浜F・マリノス対大分トリニータの2カードが行われた。

 アウェイで鹿島と対戦した横浜FCは開始わずか1分あまりで先制点。左サイドで獲得したFKから手塚康平がクロスを入れ、ファーポストに流れたボールを瀬沼優司が押し込んだ。


 さらに前半13分、CKから一旦クリアされたボールを左サイドで松尾佑介が拾い、カットインから右足シュートを突き刺して横浜FCが追加点。37分にはマギーニョのヘディングがポストを叩くなど3点目は逃したが、2-0のリードで前半を折り返した。

 後半には鹿島が反撃に転じ、58分にはファン・アラーノのクロスに合わせたエヴェラウドのゴールで1点差に詰め寄る。終盤の88分には右CKからのクロスにエヴェラウドが頭で合わせたボールが混戦を生み出し、DFのオウンゴールで2-2の同点に。

 そしてアディショナルタイムに入った93分、鹿島は再び右からのCK。エリア内でこぼれたボールを荒木遼太郎が低い横パスで折り返し、最後は中央の小泉慶が右足で合わせて勝ち越しゴール。2点差から逆転に成功した鹿島が3-2の勝利を収めた。

 ルヴァン杯敗退も含めて2連敗、3試合白星のなかった横浜FMは大分をホームに迎えた一戦を前半スコアレスで折り返す。だが55分、クリアボールに反応した松原健が浮き球にダイレクトボレーで合わせて古巣相手のスーパーゴールで先制点を奪った。

 これで勢いに乗った横浜FMは65分にも前線でのボール奪取からジュニオール・サントスが決めて追加点。さらに交代出場のエリキが75分に今季10点目、87分に11点目のゴールを挙げ、後半だけで4点を奪った横浜FMが4-0で快勝を飾る結果となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e41f4632c7049efda33b21815d920da726d0ba5f



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏、オルンガ&江坂2ゴールで神戸との打ち合いに4-3勝利!神戸は田中順也2ゴールも追いつけず三浦体制初黒星 J1第21節昼2(関連まとめ)

【サッカー】J1第21節昼2 柏×神戸 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602316928/
オルンガ2020第21節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 17:02:08.55 ID:CAP_USER9.net

柏 4−3 神戸
[得点者]
20'オルンガ       (柏)
39'江坂 任       (柏)
44'オルンガ       (柏)
52'江坂 任       (柏)
60'田中 順也      (神戸)
75'田中 順也      (神戸)
87'アンドレス イニエスタ(神戸)PK

スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
入場者数:2,515人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101012/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


7: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 17:03:14.56 ID:CAP_USER9.net

>>1
両チーム計7ゴールの乱打戦は柏が制す! 三浦体制初黒星で神戸の連勝はストップ

[10.10 J1第21節 柏4-3神戸 三協F柏]

 勝ち点33で7位柏レイソルと、同32で9位のヴィッセル神戸が三協フロンテア柏スタジアムで対戦。打ち合いとなった一戦は、柏が4-3で勝利している。

 前節・横浜FC戦(○3-0)、3日前のルヴァン杯準決勝・横浜FM戦(○1-0)では、2試合連続無失点、連勝で10月をスタートしている柏。横浜FM戦のスタメンから3選手を変更し、公式戦6試合ぶりとなる4バックでスタートした。

 トルステン・フィンク監督退任以降、4連勝の神戸。中5日となる前節・横浜FM戦(○3-2)からは1人入れ替えて、DF大崎玲央が先発入り。連勝中の4試合で5ゴールと好調のFW古橋亨梧、同4戦3発のMFアンドレス・イニエスタらが並んだ。


 得点力は4位(柏、38得点)と3位(神戸、39得点)の両チーム。立ち上がりから支配率を高めるのは神戸だった。10分、敵陣でボールを奪い返すと、MF山口蛍のスルーパスから抜け出たイニエスタが左足で狙うも、GKキム・スンギュがしのぐ。セットプレーからもチャンスをつくり、イニエスタの左CKからFW郷家友太が合わせたが、GKキム・スンギュの好セーブに阻まれた。

 そんな展開の中、先制したのは柏だった。20分、自陣からボールをつないでいくと、FW江坂任が右サイドのMFクリスティアーノにあずける。クリスティアーノのクロスをFWオルンガがヘディングシュート。エースの3戦連発、20ゴール目で柏が先制した。

 神戸はイニエスタが高い位置で起点となり、柏ゴールにせまる。柏DFの裏へボールを供給していくが、柏守備陣がシュートも許さない。それでも、イニエスタはFWドウグラスとのワンツーでペナルティエリアに進入すると、右足を強振。シュートは惜しくもゴールポストに嫌われてしまう。

 守備の時間が長くなっていた柏だが、最終ラインからボールをまわしてチャンスをうかがうと、MF三原雅俊のスルーパスにDF川口尚紀が抜け出し中央にクロス。ニアのクリスティアーノは合わせきれなかったが、中央で江坂がつめて、リードを2点に広げた。

 さらに終了間際の44分、DF三丸拡の縦パスからMF神谷優太が切り込んでシュート。こぼれ球をオルンガが押し込んで3-0として前半を終えた。

 スローインの流れからルーズボールを三原が江坂へとつなぐと、ペナルティエリア外から背番号10は左足を一閃。これがゴール右隅に刺さり、4点目が決まった。

 4点を追うことになった神戸は、DF菊池流帆、FW田中順也を入れて3-4-3にシフト。直後にはイニエスタが右のMF西大伍へ展開し、最後は田中がクロスに合わせて1点を返した。

 神戸のシステム変更にともなって、柏はDF山下達也を投入して3バックで応戦。前掛かりにな神戸に対し、山下が最終ライン中央で声を張り上げて対応していく。

 雨足が強まってくる中でもショートパスで崩しにかかる神戸は、MF酒井高徳がイニエスタのパスに抜けると、酒井のクロスを中央で再び田中があわせて、スコアは2-4となった。

 さらに後半42分には、ドウグラスがDF古賀太陽に倒されて得たPKをイニエスタが成功させて、1点差まで詰め寄る。

 終盤にはイニエスタのFKから田中がシュートを放ったが、柏守備陣がブロックして4点目を許さない。神戸は懸命の攻めを見せ、アディショナルタイムには柏のDF高橋峻希が退場となる中、最後まで追いつけないまま試合終了。三浦新監督就任以降、初めての黒星となり、連勝は「4」でストップした。

 勝利した柏は14試合ぶりの4ゴール。ホームで1か月ぶりに白星を挙げて、勝ち点を36にのばした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/59347bdf9c9dd819a315cc93248cebf8eaac6131



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島、森島絶妙FK弾など清水に3-2勝利!G大阪はFC東京下し19年ぶり味スタで勝利!札幌は金子2発で湘南に勝利!名古屋はマテウス劇的決勝ゴールでC大阪に勝利 J1第21節昼(関連まとめ)

【サッカー】J1第21節昼 札幌×湘南、FC東京×G大阪、清水×広島、名古屋×C大阪 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602313234/
森島2020第21節.jpg


1: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 16:00:34.05 ID:CAP_USER9.net

札幌 2−1 湘南
[得点者]
36'金子 大毅(湘南)
42'金子 拓郎(札幌)
55'金子 拓郎(札幌)

スタジアム:札幌厚別公園競技場
入場者数:2,859人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101010/live#live


FC東京 0−1 G大阪
[得点者]
41'アデミウソン(G大阪)PK

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:8,166人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101013/live#live


清水 2−3 広島
[得点者]
13'森島 司       (広島)
49'ジュニオール ドゥトラ(清水)
51'レアンドロ ペレイラ (広島)
75'川辺 駿       (広島)
86'後藤 優介      (清水)

スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:3,024人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101016/live#live


名古屋 1−0 C大阪
[得点者]
90+1'マテウス(名古屋)

スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム
入場者数:7,861人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101017/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


10: 久太郎 ★ 2020/10/10(土) 16:02:40.87 ID:CAP_USER9.net

>>1
10番MF森島司の神FKなど3得点! 広島が清水との打ち合い制して2連勝

[10.10 J1第21節 清水2-3広島 アイスタ]

 J1第21節が10日に行われ、11位サンフレッチェ広島は敵地で17位清水エスパルスを3-2で下した。前半13分にMF森島司が先制ゴールを決め、後半4分に清水のFWジュニオール・ドゥトラに同点弾を献上したが、同6分にFWレアンドロ・ペレイラ、同30分にMF川辺駿がそれぞれゴール。同41分に清水のFW後藤優介に移籍後初得点を許したものの、1点差で逃げ切り、2連勝を飾った。

 雨中の一戦は衝撃のゴールで幕を開ける。前半13分、広島がPA後方やや左でFKのチャンスを迎えると、キッカーを務めたのは背番号10の森島。右足で放った無回転シュートが横っ飛びしたGK西部洋平から逃げるようにゴール右隅に突き刺さる。森島の3試合ぶりとなる今季4得点目でアウェーの広島が先制した。

 ところが前半26分にアクシデント。FW永井龍が相手に寄せた際に負傷して起き上がれなくなり、担架で運び出される。広島は同28分にFWドウグラス・ヴィエイラを緊急投入。その後は清水に攻め込まれたが、ゴールを許さずに1点リードで前半を折り返した。

 雨が強くなった後半は立ち上がりから激しい展開となる。後半4分、清水の右CKの流れからDF六平光成がグラウンダーのクロスを送ると、ニアのJ・ドゥトラが右足でシュート。GK林卓人に触られたボールが転がりながらゴールラインを割る。J・ドゥトラは2戦連発弾で今季3点目とした。

 しかし、広島はすぐに勝ち越しゴールを奪う。後半6分、PA右外のFKからキッカーの森島が右足でクロスを供給。ファーに流れたボールを途中投入のL・ペレイラが左足で豪快に蹴り込み、今季9ゴール目を記録した。

 飲水タイム明けの後半30分には追加点を奪取。右サイドの途中出場MF浅野雄也がドリブルで前進し、内側から追い越してきた川辺にスルーパスを出す。PA内右に走り込んだ川辺は右足のダイレクトシュートでニアを破り、今季2得点目をマークした。

 清水は後半41分、PA内右のDF奥井諒のクロスから、ファーの後藤がダイビングヘッドを決めて2-3とする。後藤は出場20試合目で待望の加入後初ゴール。途中出場コンビで1点差に迫った清水だったが、そのままタイムアップとなり、4連敗を喫した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4a3462ebec950d053e32ece32a53b2dbd5fcc64



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、エジルとの契約解除の交渉か?既にELメンバー登録外に 英紙報道

アーセナル、“高給取り”エジルとの契約解除を希望 放出に向けて再交渉と英紙報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/4825e6836969af205dd49953ca0dbf4481ebcf68
エジル19-20.jpg


半年以上公式戦での出番がなく、完全に構想外の状況に置かれる
 アーセナルは元ドイツ代表MFメスト・エジルとの契約解除を望んでいるようだ。人件費削減のためにクラブ最高給取りのエジルを放出するための交渉を再開すると英紙「デイリー・メール」が報じている。

 エジルはミケル・アルテタ監督の下で出番を得られず、今年3月のウェストハム戦を最後に公式戦出場から遠ざかっている。今季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)に臨む25人の登録メンバーから外れたことが明らかになったほか、プレミアリーグの選手登録からも外れる可能性も浮上するなど完全に構想外の状況だ。

 アーセナルはそんなエジルと途中での契約解除を望んでいるという。新型コロナウイルス禍での財政難もあって人件費削減に取り組むクラブは、週給3500万ポンド(約4800万円)とクラブ最高額のサラリーを手にする背番号10を放出したい考えのようだ。

 記事によれば、アーセナルはエジルとの合意を取り付けるために2週間に渡って交渉を行ってきたというが、エジルは契約内の残りの給与1300万ポンド(約18億円)の受け取りを望んでおり、交渉は失敗に終わっていたようだ。

 しかし、1月以降の賃金請求から高額年俸のエジルを取り除きたい方針のアーセナルは、別のオファーを準備して再びエジルと交渉を行うと伝えられている。

 アーセナルで蚊帳の外に置かれた状態のエジル。半年以上も公式戦出場から遠ざかっているが、このままチームを去ることになってしまうのだろうか。

※後程、下の記事が出ましたので追記します。

EL登録外のエジル、アーセナルと契約解除の意思はなしか…出場機会確保に集中
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1505637524ff173b27717963570476ce80adda3

元ドイツ代表MFメスト・エジルに、来年まで残るアーセナルとの契約を途中で解除する意思はないようだ。『ESPN』が伝えている。

週給35万ポンド(約4800万円)と高額な給与を受け取るエジルだが、コロナ禍による中断以降は公式戦で1分も出場していない。昨季FAカップ決勝でもメンバー外となり、チームに帯同もしていなかった。今夏の移籍も騒がれたが、契約満了までの残留を宣言。SNSではコンディションが整っていることをアピールしているものの、アルテタ監督の信頼を失っていると見られる。

そして先日、アーセナルはエジルをヨーロッパリーグ・グループリーグの登録メンバー25名から外したことが発覚。また、20日にはプレミアリーグの登録リストを提出するが、非ホームグロウン選手の関係でこちらでも登録外になるとの見方が強まっている。そんな中一部メディアは、アーセナルとエジルが契約を解除するために交渉を開始したと伝えていた。

しかし『ESPN』によると、アーセナルとエジルの間で契約解除に向けた交渉は行われていないという。選手は、アルテタ監督の下で再び出場機会を得ることに集中しているようだ。今後数カ月間の間にノースロンドンでのキャリアを復活できると期待していると、同メディアは伝えている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1546】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1602089033/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東1部・東京23FC、悪質肘打ち問題の元Jリーガー・木島徹也を契約解除…クラブ代表も引責辞任

「悪質エルボー」問題、東京23FCが元Jリーガー・木島徹也を契約解除 クラブ代表は引責辞任...「深くお詫び申し上げます」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ad5ff99805a074e8f8da81674624acb0832e96d
木島徹也東京23FC.jpg

 関東サッカーリーグ1部の「東京23FC」に所属するキャプテンの木島徹也選手(37)が、試合開始直後に相手の顔に肘打ちをした問題で、クラブは2020年10月9日、木島選手を契約解除したと発表した。

 発表によれば、肘打ちは故意だったという。

■「極めて当然の戦術的な会話」に過剰反応

 カマタマーレ讃岐などに所属経験もある元Jリーガーで、今期から東京23FCに加入した木島選手。

 問題のプレーは、10月4日のブリオベッカ浦安戦で飛び出した。試合開始のホイッスルが鳴ると、ボールを持っていない相手めがけて猛突進した。直後、相手の顔面に肘をぶつけた。

 この場面を見たサポーターらからは「これは本当に何が起きたんだ?」との驚きや、「これはかなり悪質じゃない?」と非難の声があがり、クラブ側に説明を求める声が殺到していた。

 クラブの9日の発表によれば、本人や他の選手にヒアリングしたところ、キックオフ前の相手選手との「極めて当然の戦術的な会話」に過剰反応し、肘を出してしまったという。

 相手チームには謝罪し、関東リーグにも報告したところ、「理事会協議案件」となった。本日付で木島選手とは契約解除し、西村剛敏クラブ代表は引責辞任、原野大輝ゼネラルマネージャーは3か月の減俸処分とする。

 クラブは「この度は各方面の皆様方に多大なるご迷惑をお掛け致しましたこと、改めて深くお詫び申し上げます」と謝罪し、「クラブ所属全選手・スタッフに対し、フェアプレーに対する意識を更に高めるべく緊急ミーティングを開催いたしました。今後も継続して啓発、教育活動を継続して参ります」と誓った。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13284
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1602223723/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(25) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンゼマ、C・ロナウドを語る「模範的だった。多くを学んだ」「僕は彼のためにプレースタイルを変えなければならなかった」

【サッカー】ベンゼマが告白「C・ロナウドのためにプレースタイルを変えなければならなかった」 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602242154/
Cロナとベンゼマ.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/09(金) 20:15:54.16 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリーに所属するFWカリム・ベンゼマが、自身のキャリアにFWクリスティアーノ・ロナウドが及ぼした影響について語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

 ベンゼムは2009年にリヨンからレアルに加入。同年、マンチェスター・ユナイテッドからC・ロナウドもレアルに加わり、9シーズンに渡って共にプレーした。

「彼(C・ロナウド)がいたからサッカーをちゃんと観始めたんだ。彼の動きを観察して、彼がやったことをコピーしようと試みた」

「だけど彼のような選手は他にはいなかった。彼のことは本当に尊敬していた」

「スピードのある選手は他にもいるが、ちゃんとボールコントロールができてスキルもあるという選手はいない」

「彼が得点しかできない選手だと考える人もいる。だが、彼にはすべてができた」

「ストライカーには、多くのことをどうやってこなすのかを知る必要がある。得点だけじゃなくてね。そして彼はその模範だった」

「彼とジネディーヌ・ジダンからは多くを学んだよ」

 ベンゼマのC・ロナウドに対する献身的な姿勢は、レアルが成功した大きな要因となった。二人が在籍している間にレアルはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で三連覇を果たしている。

「彼は得点するためにいた。だから僕は彼のためにプレースタイルを変えなければならなかった。自分も得点したいという気持ちはひとまず横においてね」

 現在、ベンゼマはレアルの第3キャプテンになっている。

「ジダン監督はすごく助けてくれる。ピッチ上でもピッチ外でもね。彼が監督になってからもそうだし、彼がカルロ・アンチェロッティのアシスタントのときもそうだった」

「彼は僕らを落ち着かせてくれる。得点したり失点したりしても、どなったり叫んだりすることはない」

https://news.yahoo.co.jp/articles/102671988c3c7f61a3512cbcde0b9096f5c34077
https://amd.c.yimg.jp/amd/20201009-43536276-gekisaka-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:30 | 大阪 ☔ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、1年ぶりの実戦はカメルーンと0-0ドロー!守備陣が奮闘!吉田麻也。システム変更など「非常に大きな強化になった」まとめその4

約1年ぶりの実戦でクリーンシートのDF吉田麻也、システム変更やカメルーンとの対戦は「非常に大きな強化になった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6b31ddae90896a57b7bfcdbba466c13089bde93
吉田2020カメルーン戦.jpg


9日、国際親善試合の日本代表vsカメルーン代表がオランダ・ユトレヒトで行われ、0-0の引き分けに終わった。

約1年ぶりの実戦となった日本代表。2019年に行われたコパ・アメリカのチリ代表戦以来の先発出場となったDF吉田麻也(サンプドリア)が試合後に取材に応じた。

久々の実戦ながら、前半は[4-2-3-1]、後半は[3-4-2-1]と2つのシステムを試した日本代表。吉田は2つのシステムで戦ったことについて「3バックについては監督もずっとやりたいと話されていましたし、試合前にも試そうかという話はしていたので、準備はしていました」と頭の中にはあったとコメント。「久しぶりの代表ということもあって、良かった点もたくさんあったと思いますけど、もっともっと擦り合わせなければいけない部分もあったと思います」とし、久々で難しい部分もあったと語った。

一方で「ただ、こういうフレンドリーマッチを開催できて、しかもなかなか日本代表が対戦できない非常に良いコンディションのアフリカのチームと対戦できたことは意義があったと思います」とコメント。「最初のプレーから非常に良いチームだと感じたので、とても意義のある試合だったと感じました」とコンディションが整っているアフリカ勢との対戦が貴重な場だったと語った。

しかし、試合はチャンスがありながらもゴールを決め切れずにゴールレスドローに。その点での課題については「強い相手と戦っていく中で、本大会だったりと考えると、チャンスをそんなに多く作れない中で、数少ないチャンスを生かせることが大事だと思います」とコメント。自分たちの守備については「後ろは今日はできましたけど、苦しい試合をゼロで抑えて少ないチャンスを待つということが大事です。実際に今日も少なかったですけど、チャンスはあったので、そこを決め切れればというのもあります」と語り、まずは自分たちが無失点に抑えることで勝利を呼び込みたいと語った。

そのカメルーン代表との一戦はとても重要だったと語る吉田。「久々の代表でコンビネーションだったりやり方だったり、チームと全く違うやり方という選手もいると思います。そういう中で2つのフォーメーションを試す、新しい選手を試せた、強い相手とできたということは、チームとしては非常に大きな強化になったと思います」とし、大きな意義があったとコメント。「個人的には約1年ぶりの日本代表の試合で、本当に楽しかったですし、あっという間に90分が終わりました」と、自身は楽しんでプレーできたと感想を述べた。

前半と後半では、システム変更に伴い戦い方が変わった日本。「前半は相手もしっかりボールを回してビルドアップする良いチームだったので、前半は攻撃陣はフィジカル的にインテンシティが高くなってしんどかったかなと思います」と吉田が前半を振り返った。

一方、「逆に後半は前から行ったことによって、後ろがスライドする距離が長くなったり、マンマークの時間が長くなって大変だったんですけど、よく修正して良い形で後半巻き返せたと思います」と後半を評価。「高い位置でボールを奪ってフィニッシュまで持っていくのは3バックの特徴だと思うので、そこはもう少しできたら良かったです」と意欲を燃やした。

また「まだまだ3バックに関しては、全体的に動きの質を変えていかないといけないですし、4バックでうまくいかなかった時にこういったオプションを持っているということは、チームとして幅ができると思います」とし、両方のシステムで戦えるようになるべきだとコメント。「3バック、4バックにこだわるというか、大きくテーマを2つに割るというよりは、臨機応変にやりたいと思います」とし、「ザックさんの時は3バック、4バックが際立ってしまって上手くいかなかったというのがあるので、そこを上手く使えるようになりたいです」と過去の経験からも、両方の良さをしっかりと出したいと語った。

今回は全員がヨーロッパでプレーしている日本代表。史上初の出来事となるが、アフリカ勢と渡り合えることが普通になりつつある。吉田は、「後ろは経験がある選手が多くて、冨安が今まさに新たにチャレンジしていると思いますけど、酒井宏樹に関してはフランスはアフリカの選手が多いので、慣れているなと感じました」と最終ラインの出来を振り返った。また、「僕も長くヨーロッパでやって色々なタイプの選手とやっていますし、冨安も良い経験を踏んでの試合だったので、落ち着いて対応できたと思います」とし、21歳ながら守備を任されている後輩を褒めた。

しかし、反省はあるようで、「こういう相手とやっても十分戦えるんだなと思いましたけど、もう少し連携を良くしたいです。3バックで大事なのは、両ウイングの選手がいかに前に行けるか、逆サイドがどう絞るかが大事だと思うので、そこはもう少しうまくできたら、効率的にボールを奪えると思います」とし、すでに修正に向けたプランが立っているようだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13286
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1602250927/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:27 | 大阪 ☔ | Comment(16) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、欧州遠征初戦はカメルーンと0-0ドロー!1試合限定参加の大迫勇也「結果欲しかった」けど「楽しみ」 まとめその3(関連まとめ)

大迫不発で離脱「結果欲しかった」けど「楽しみ」も
https://news.yahoo.co.jp/articles/c37a9b657b237eb482633de7528f2b20aad144a9
大迫2020カメルーン戦シュート.jpg


<国際親善試合:日本0−0カメルーン>◇9日◇オランダ・ユトレヒト

【ユトレヒト(オランダ)=エリーヌ・スウェーブル通信員】FIFAランキング28位の日本は、20年初の国際Aマッチで同53位のカメルーンと対戦し0−0の引き分けに終わった。

チーム事情で1試合限定の参加となったFW大迫勇也(30=ブレーメン)は、「前半はなかなか守備がはまらずに、そこで力を使ってしまった印象で、そこから前に行く力がなかった。後半はクリアにできて、そこから行くようになったので、あとは結果がほしかった」と、ピッチ上での修正ができた一方、求めていたゴールという結果を残せなかったことを悔やんだ。

自身にとっては昨年9月以来の代表戦だった。「もちろん1年以上空いた中でのゲームなので、最初は距離感とかに問題があったと思うけど、時間がたつにつれてよくなったと思うし、やればやるだけよくなると思うので、楽しみ。もっと個人としてのレベルをアップしていければいいかなと思う」と、ドイツに課題を持ち帰った。


鹿島アントラーズPart2754
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1601971556/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:41 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、カメルーンと0-0ドロー!伊東純也はWBで後半出場し好機演出 まとめその2(関連まとめ)

【日本代表】伊東純也がウイングバックで好機演出! 外したFW大迫「あれは決められた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e962d8998832428d41b6720cc76045422ee7788
伊東2020カメルーン戦クロス.jpg


◆国際親善試合 ▽日本 0―0 カメルーン(9日、オランダ・ユトレヒト)

 森保ジャパン、約10か月ぶりの試合で3バックをテストした。先発はこれまでのベースだった4―2―3―1でスタートしたが、カメルーンの落ち着いたボール回しに主導権を握られる展開に。前線からの守備でボールをひっかけ、MF南野がシュートまで持ち込むシーンはあったが、FW大迫を絡めて攻撃を構築するシーンはわずかだった。

 後半開始から左サイドバックのDF安西に代え、スピードスターのMF伊東を投入した。3バックを左から冨安、吉田、酒井の3人とし、両ワイドには右に伊東、左に原口を配置。2シャドーに南野、堂安を並べた。伊東は右サイドで幅を取り、得意のドリブルからサイド攻撃を展開。後半4分にはサイドを突破して中央の大迫に合わせたが、シュートは枠外に。大迫は「あれは決められるチャンスでした。そこは突き詰めていかないと」と悔しがった。

 森保監督は後半20分には堂安に代えて久保、同26分には南野に代えて鎌田を投入。流れの中で最大のチャンスは、同36分。右サイドに流れた鎌田の折り返しを大迫がスルー、中央で原口が合わせたが、シュートはGK正面を突いた。後半ロスタイムには、伊東が単騎ドリブル突破からファウルを得てFKを獲得。これを左足で久保が狙ったが、GKの好セーブに阻まれた。

 試合を振り返った大迫は「前半はなかなか守備のところではまらず、力を使ってしまった。後半はそこがクリアになり、出ていけるようになった。あとは結果が欲しかった。前の選手がしっかり結果を出せれば。単純だけど、そこに尽きる。悔しさが残る」と試合を振り返っていた。

KRC ヘンク 伊東純也【IJ】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1599667580/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:32 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)