アンテナ・まとめ RSS

堂安律、右足鮮烈ゴールなど全3得点に絡む活躍でブンデス公式MOMに選出!遠藤航出場のシュツットガルト戦で3-0快勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】堂安律が今季3点目!全3ゴールに絡む大活躍でビーレフェルトが快勝 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611206094/
堂安20-21第17節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/01/21(木) 14:14:54.67 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第17節、ビーレフェルトvsシュツットガルトが20日に行われ、3-0でビーレフェルトが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は89分までプレーし、シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。

前節ホッフェンハイム戦をゴールレスドローとした15位のビーレフェルト(勝ち点14)は、堂安が開幕から17試合連続でスタメンとなった。

一方、前節ボルシアMG戦をラストプレーのPK弾で2-2の引き分けに持ち込んだ10位シュツットガルト(勝ち点22)は、ワマンギトゥカとニコラス・ゴンサレスを出場停止で欠く中、堂安同様に遠藤も開幕から17試合連続でスタメンとなった。

徐々にポゼッションを高めて押し込む展開としたシュツットガルトが16分に最初の決定機。ソサの左クロスをボックス中央で受けたカラジッチがシュートに持ち込んだが、GKの守備範囲だった。

その後も最前線のカラジッチを中心にゴールチャンスが訪れたシュツットガルトだったが、27分に先制したのはビーレフェルト。左サイドからのラーセンのグラウンダーのボールに堂安がニアサイドに飛び込み、流れたところをファーサイドのクロスが決めた。

ハーフタイムにかけてもシュツットガルトが押し込む展開としたものの、チャンスを生み出せず、ビーレフェルトが1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半、開始2分にビーレフェルトがリードを広げる。堂安が右サイドから右足で入れたクロスがケンプフのオウンゴールを誘った。

理想通りの試合展開としたビーレフェルトは58分、堂安のセンタリングのルーズボールにクロスが押し込みにかかるも、GKの好守に阻まれる。

3点目とはならなかったビーレフェルトだったが、GKオルテガの好守もあって2-0のリードを保つと86分、堂安に今季3ゴール目が生まれる。ドリブルでボックス右に侵入した堂安が右足でグラウンダーのシュートをゴール左に流し込んだ。堂安が全3ゴールに絡んだビーレフェルトがシュツットガルトに快勝としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f48670cc9adfd40231ee6ba64d84a300af16b6f5



堂安律、勝利に導く活躍でリーグ公式でMOMに!独誌では今季2度目のベストイレブン入り
https://news.yahoo.co.jp/articles/604a6c617c61fa2d57eaee587c612c834bb2accc

アルミニア・ビーレフェルトは現地時間20日に行われたブンデスリーガ第17節でシュトゥットガルトをホームに迎え、3-0で今シーズン最多点差での勝利を記録。2点に直接的に絡んだ日本代表MF堂安律は、ブンデスリーガの公式ウェブサイトでマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれるなど高い評価を得ている。

この試合でスコアが動いたのは27分。相手ペナルティーエリア内に侵入の堂安も反応した左サイドのDFヤコブ・ラウルセンのクロスにFWファビアン・クロースが合わせ、ビーレフェルトが先制。後半立ち上がりには、今度は堂安が右サイドから鋭いクロスを送り込むと、これが相手DFのオウンゴールを誘い、リードが2点に。堂安はさらに86分にはステップ・オーバーからチーム3点目を決め、自身今季3発目で勝利を決定づけた。

そして、リーグの公式ウェブサイトはそんな堂安をこの試合のMOMに選出。「リツ・ドウアンはクロスでマーク=オリヴァー・ケンプフのオウンゴールを誘発すると、3-0は自らマーク。ドリブルに長けている日本人は、それぞれビーレフェルト最多となるシュート数(3本)、スプリント(34回)を記録した」と記された。

また、ドイツ誌『キッカー』での評価は同誌ではMOMとなったGKシュテファン・オルテガ(「1.5」)に次ぎ、先制弾のクロースと並ぶ2位タイの「2」。この3人はともに第17節のベストイレブン入り。オルテガは今季初めて、堂安とクロースは2度目の選出となった。一方、シュトゥットガルト側でフル出場した日本代表MFの遠藤航だが、この一戦でのパフォーマンスは「3.5」と評され、チーム最高タイの評価となっている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪、DFマテイ・ヨニッチの中国・上海申花への完全移籍を発表!ブラジル人DFチアゴの獲得も発表(関連まとめ)

セレッソ大阪、DFマテイ・ヨニッチが上海緑地申花へ完全移籍。ブラジル出身DFチアゴを獲得
https://news.yahoo.co.jp/articles/1f0153096c5a59e8382dfff2950a5c411e065e7e
ヨニッチ2020C大阪.jpg

 セレッソ大阪は21日、DFマテイ・ヨニッチが中国の上海緑地申花へ完全移籍、ブラジルのセアラーSCからDFチアゴが完全移籍で加入することを発表した。クラブ公式サイトで伝えられている。

 ヨニッチは2016年に仁川ユナイテッドからC大阪へ移籍。昨季はリーグ戦34試合に出場2得点を記録した。ヨニッチはクラブ公式サイトを通じて「親愛なるセレッソ大阪とファンの皆様、突然のことで皆様を驚かせてしまい申し訳ありません。私のサッカー人生の中でセレッソの一員になれた事は最高な出来事でした。皆様が自分を必要としている事は誰よりも分かっていますが、家族と相談し、年齢的にもこれが最後のチャンスと思い、新しい環境で自分を試したい、という決意に至りました。私を必要とし熱心に話をしてくれたセレッソには本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」などとコメントしている。


 また、C大阪はブラジルのセアラーSCから30歳DFチアゴが完全移籍で加入することを発表。過去にはブラジルのアトレチコ・ミネイロやバイーアなどでプレーした。

 なお、チアゴは日本政府による新型コロナウイルス感染拡大防止対策の新規入国制限措置のため、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て正式契約になる予定である。

チアゴ・パグヌサット.jpg

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13589
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1611203624/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:59 | 大阪 | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ベルナルド鮮烈決勝ミドル弾などアストンヴィラ2-0快勝!リーグ戦6連勝

マンチェスター・Cがリーグ戦6連勝で暫定首位へ!B・シウバが巧みな決勝弾
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac0352a47058df094cda706b091419ed63895b80
ベルナルド20-21第18節ゴール.jpg

プレミアリーグ第1節延期分が20日に行われ、3位マンチェスター・シティと11位アストン・ヴィラが対戦した。

マンチェスター・Cはケヴィン・デ・ブライネ、ベルナルド・シウバ、イルカイ・ギュンドアン、ラヒーム・スターリング、フィル・フォーデンらが先発。試合は押し込みながらもスコアレスで前半を終え、59分にはガブリエウ・ジェズス、72分にはリヤド・マフレズを投入し、攻勢をかける。

それでも79分、センターフォワードに入っていたベルナルド・シウバが見事な技術を見せる。ロドリのパスを受けたシウバは巧みなコントロールから左足でフィニッシュ。ゴール左に鋭いシュートを突き刺し、先制点をもたらす。

さらに、試合終了間際にはハンドで得たPKをギュンドアンが正面に沈め、勝負あり。マンチェスター・Cが2-0で勝利している。

マンチェスター・Cはリーグ戦6連勝で暫定首位に浮上。レスター・シティと勝ち点で並んでいる。

※この後、マンUがフルハムに勝利し、マンCは2位となりました

■試合結果
マンチェスター・シティ 2-0 アストン・ヴィラ
■得点者
マンチェスター・C:ベルナルド・シウバ(79分)、ギュンドアン(90分)

BLUEMOONマンチェスターシティ 390citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1610977240/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元オランダ代表FWフンテラール、古巣シャルケに復帰!「シャルケはブンデスリーガにいるべきクラブだ」

レジェンド・フンテラールが3年半ぶりにシャルケ復帰「自分の役割を果たしたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a53c24f78132fba23ca91c14303eb5f4d74d963b
フンテラールシャルケアヤックス.jpg

シャルケは19日、アヤックスから元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラールが復帰することを発表した。

先日、今シーズン終了後の現役引退を発表したフンテラール。現役ラストシーズンながら、公式戦14試合で7ゴールをマークするなどの活躍を見せる37歳の元オランダ代表FWだが、キャリアに幕を下ろす前に2010年から7年間を過ごした古巣シャルケへの復帰を決めた。

契約は今季終了までで、背番号は21を着用することに。フンテラールは「順位を上げるためには、試合に勝ってゴールを決めなければならない。クラブが上位に留まるために自分の役割を果たしたいと思っている。シャルケはブンデスリーガにいるべきクラブだ」と意気込みを語った。

シャルケではこれまで240試合で126ゴール35アシストを記録してきたフンテラール。ブンデスリーガ最下位に沈むチームを救うことはできるのだろうか。

※やや遅いニュースですがご容赦ください

《Royal Blues》 ◇◇◇ Schalke 04 §004 ◇◇◇
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1596926002/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

檀崎竜孔、豪州1部ブリスベン・ロアー移籍後初ゴール!今季札幌から期限付き移籍

MF檀崎竜孔、ブリズベン・ロアーで初ゴール! 同僚FW工藤壮人もデビュー
https://news.yahoo.co.jp/articles/efd14003e8286acd2489e1cb0d8b499a62bdd08a
檀崎2021豪州初ゴール.jpg

 オーストラリア1部Aリーグが20日に行われ、ニューカッスル・ジェッツとブリズベン・ロアーが対戦。ブリズベン・ロアーのMF檀崎竜孔が加入後初得点を記録した。

 背番号「10」を背負う檀崎は試合開始6分、ペナルティエリアの外でボールを受けると、思い切って右足を振り抜く。ボールは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールの左上へと吸い込まれた。檀崎は出場3試合目にして、公式戦初得点を記録した。

 檀崎のゴールで先制したブリズベン・ロアーは38分に追いつかれ、檀崎は60分までプレー。その直後の61分に勝ち越すと、逃げ切りに成功して今季2勝目を挙げた。なお、ブリズベン・ロアーのFW工藤壮人は85分から試合に出場し、デビューを果たしている。

 現在20歳の檀崎は、青森山田高校から北海道コンサドーレ札幌に加入。昨年11月から2021年6月30日までの契約でブリズベン・ロアーへと期限付き移籍している。昨年12月29日に行われたメルボルン・シティ戦で先発出場し、オーストラリアでのデビューを飾っていた。

秒刊コンサドーレ3380日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1610945474/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ポグバ絶妙決勝ミドル弾でフルハムに2-1逆転勝利!リーグ戦首位キープ

マンチェスター・Uが首位キープ…ポグバの鮮やかミドル弾でフルアムに逆転勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea8fe52db524020b4caf42c51b0d8b5b7c1a8489
ポグバ20-21第18節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第18節が20日に行われ、フルアムとマンチェスター・Uが対戦した。

 マンチェスター・Uは17日にリヴァプールとの首位攻防戦をスコアレスドローで終わり、リーグ戦12試合無敗(9勝3分)で首位をキープ。今節は、7試合未勝利(5分2敗)で18位のフルアムとのアウェイゲームに臨んだ。

 試合は開始5分、ホームのフルアムが先制。アンドレ・フランク・ザンボ・アンギサがセンターライン付近からスルーパスを送ると、ペナルティエリア右に抜けたアデモラ・ルックマンがGKダビド・デ・ヘアとの一対一を冷静に沈めて先制点を奪った。

 だが、マンチェスター・Uは21分、ブルーノ・フェルナンデスが左サイドからクロスを入れると、GKアルフォンス・アレオラの弾いたボールをエディンソン・カバーニが左足で押し込んで同点に追いついた。

 1−1で折り返した試合は、65分にマンチェスター・Uが逆転に成功した。エリア前右のポール・ポグバが相手のプレスが緩んだところで左足一閃。鮮やかなミドルシュートはゴール左隅に突き刺さり、勝ち越しゴールとなった。

 試合はこのまま終了し、マンチェスター・Uが逆転勝利。勝ち点40に伸ばし、勝ち点38のマンチェスター・C(1試合未消化)とレスターを抜いて首位の座をキープした。次節、マンチェスター・Uは27日にホームでシェフィールド・Uと、フルアムは同日にアウェイでブライトンと対戦する。

【スコア】
フルアム 1−2 マンチェスター・U

【得点者】
1−0 5分 アデモラ・ルックマン(フルアム)
1−1 21分 エディンソン・カバーニ(マンチェスター・U)
1−2 65分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1507 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1611178920/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木優磨、2戦連続2ゴール!今季12得点目でシント・トロイデンの2連勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】鈴木優磨が2戦連続2ゴールで今季12点目! シント・トロイデンは2連勝 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611205711/
鈴木優磨20-21第25節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/01/21(木) 14:08:31.81 ID:CAP_USER9.net

シント・トロイデンに所属するFW鈴木優磨が、20日に行われたジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第25節のコルトレイク戦で2ゴールを記録した。

 先発出場した鈴木は14分にPKキッカーを務めると、ゴール左を狙ったボールは相手GKに防がれてしまう。しかし、相手GKが先に前へと出ていたことで蹴り直しに。キッカーを務めた鈴木は再びゴール左を狙い、ポストに当たりながらゴールへと吸い込まれ、先制ゴールを挙げた。

 さらに、前半終了間際には左サイドからの折り返しにニアに入ったイロンベ・ムボヨがスルー。フリーとなった鈴木が左足で流し込み、追加点を記録した。前節のルーヴェン戦に続いて2試合連続2ゴールで、今季通算では12ゴール目となり、得点ランキング3位に浮上した。

 同試合にはGKシュミット・ダニエルも先発出場し、好セーブを連発。シント・トロイデンは2−0で勝利し、2連勝を飾っている。なお、DF松原后、FW中村敬斗、FW伊藤達哉はベンチ外だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6b64aa303cc342836872b2f9b2cb983c42313d6



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:48 | 大阪 | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、スペイン紙が絶賛「ヘタフェを変えた」ボルダラス監督「タケの貢献に満足している」

「彼のデュエルは最大の見物」スペイン紙は前週に続き久保建英を称賛「ヘタフェを変えた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/89ee539fb9da1c89e10e289e4cebc5b7dec4d3ab
久保20-21第19節02.jpg

20日に行われたラ・リーガ第19節のウエスカ戦で、移籍後初先発を果たした日本代表MF久保建英だが、現地紙からの評価は上々だ。

[4-2-3-1]の2列目の右に入った久保は、80分までプレー。ゴールにはならなかったものの、2本のFKやヘディングシュートなど、右サイドから見せ場を作った。

そんな久保に対し、スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、「先発デビューとなった久保と(カルレス・)アレーニャはアスロネス(濃青、ヘタフェの愛称)を変えた」と評しながら2点の評価。これは決勝点を挙げたMFマウロ・アランバッリの3点に続き、チームでも上位だった。

また、スペイン『アス』の採点(3点満点)でも久保は2点。こちらもアランバッリの3点に続き、上々の評価だった。また個人の寸評では「注目に値する。フィジカル面で限界がやってきた時に交代となった。前半でのスペクタクルなテクニック。(ハビ・)ガランと彼のデュエルは最大の見物だった」とその技術を絶賛。

久保加入後2連勝となったヘタフェは、25日に第20節でアスレティック・ビルバオとアウェーで対戦する。

ヘタフェ監督「久保はFKの素晴らしいキッカーだ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f93badd42350e92c7d2a612d2d844fa357e02970

ヘタフェは20日、スペインリーグ第19節で岡崎慎司が所属するウエスカとホームで対戦し、1−0で勝利した。試合後、ホセ・ボルダラス監督(56)が記者会見に出席し、メディアの質問に答えていた。

ボルダラス監督は、仮にシーズン開幕時に久保建英とアレニャが加入していた場合にチームの順位がどうなっていたかを問われ、笑顔を見せながら、「我々は彼らの加入に満足しているし、我々と過ごしたのが本当にわずかな時間であるにもかかわらず、大きな貢献をしてくれている。彼らは大きなポテンシャルを備えているので、我々はとても満足しているよ」と返答していた。

久保がFKを蹴った理由については、「彼はFKをとてもうまく蹴ることができる選手だ。我々は今週を通じて、さらには試合前、そのことについて話し合った。我々にはカルレス(アレニャ)やマウロ(アランバリ)もいる。私はその特徴を見て、彼はFKの素晴らしいキッカーであり、我々に貢献できると考えたんだ。FKを何本か、とてもうまく蹴っていたよ」と説明した。

久保のウエスカ戦の評価については「私は彼と話していたし、彼は大きな熱意を持ってここにやって来た。彼に自分のプレーや才能、彼が備えている1対1の能力を伸ばすように伝えていた。前半はあまりペナルティーエリア内や中央のゾーンに進入していなかったので、後半はもう少し中に入るように指示を出したんだ。彼が攻撃面で我々に貢献してくれたのでとてもうれしいよ。そしてダミアン(スアレス)をサポートするため、守備のタスクで身を粉にしてくれたし、本当にうまくフィットしていた」と称賛した。

システム変更の理由については「アレニャの特徴を考慮し、我々はその決断を下したんだ。我々にはこれまで、チームメートとうまく連係し、素晴らしいラストバスを出せるあのような特徴の選手がチームにいなかった。彼は今日、とても難しい試合の中、我々を大いに助け、貢献してくれた。チームは時によって、選手に応じてシステム変更を決定することがある」と明かしていた。

【Getafe】久保建英応援スレ part498
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1611163105/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:16 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、10人の3部アルコヤーノに延長戦の末に逆転負け…国王杯は3回戦敗退

レアル、10人の3部相手に延長戦で逆転負け…国王杯3回戦で衝撃の敗退
https://news.yahoo.co.jp/articles/afb35c5335ae96631bd9234acb2eae5b3393c442
アラルコヤーノ20-21国王杯3回戦レアル戦得点.jpg


 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)3回戦が20日に行われ、レアル・マドリードはアウェイでアルコヤーノ(3部相当)と対戦した。

 7シーズンぶりの優勝を目指すレアルは、トップチームで初出場のGKアンドリー・ルニンやDFビクトル・チュストなど控え組を中心に起用。試合序盤から苦戦したものの、45分にペナルティエリア前左のマルセロがクロスを入れると、エデル・ミリトンが頭で叩き込んで先制点を挙げた。その後はレアルの1点リードのまま終盤を迎えたが、アルコヤーノは80分に左CKでファーに流れたボールをホセ・ソルベスが押し込んで同点に追いついた。

 試合はこのまま延長戦に突入。すると延長後半の110分、相手MFラモン・ロペスが2枚目のイエローカードを受けて退場となる。3部相手に数的優位も得たレアルだが、115分に痛恨の失点。アルコヤーノはカウンターから最後はフアナンがクロスに合わせて値千金の逆転ゴールを奪った。

 勝ち越しを許したレアルは、10人の格下相手に最後まで得点を奪うことができず、試合はこのままタイムアップ。レアルはまさかの3回戦敗退を喫し、大金星を挙げたアルコヤーノが4回戦に駒を進めた。

【スコア】
アルコヤーノ 2−1 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 45分 エデル・ミリトン(レアル・マドリード)
1−1 80分 ホセ・ソルベス(アルコヤーノ)
2−1 115分 フアナン(アルコヤーノ)

◆◇El Blanco Real Madrid 1092◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1610977779/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:25 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村俊輔、横浜FCの10番背負うも「俺には荷が重いんじゃないですか」

【J1】「荷が重いんじゃ…」横浜FC・中村俊輔が背番号10を背負った舞台ウラ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b0d6f30e616d860f4d3da72af7686d536878b99
中村俊輔2021初練習.jpg

J1横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(42)が背番号10を背負うことになった舞台裏を下平隆宏監督(49)が明かした。

 日本代表やJ1横浜Mなどで背番号10を背負っていた中村だが、昨季の背番号は46。しかし、20日のオンライン取材で指揮官は「意向としてはクラブが託した方が強い。強化部の方から、特にGM(服部健二氏)の方から俊輔に関しては10番を背負ってほしいという話をした」と説明した。

 その上で「『本人は最初、俺には荷が重いんじゃないんですか』みたいなことはあったらしいが『やっぱりこのクラブで10番をつけられる存在っていうのは俊輔しかいないから』ということでしっかり話をして、本人も納得して10番をつけた」と語った。

 中村が背番号10を背負うのは、J2磐田に所属していた2019年以来、2年ぶり。チームが目標とするトップ10入りへ、イレブンをけん引することはできるか。

【中村俊輔】ていうかメシア101328
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1610878817/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、ヘタフェ初先発で躍動し勝利に貢献!ヘタフェはウエスカ下し2連勝!岡崎慎司は終盤途中出場(関連まとめ)

久保が初先発で前半躍動、岡崎は終盤に途中出場…ヘタフェがウエスカ破り連勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/15683a8266ab9402abc86541f1ff73beab9008cd
久保建英20-21第18節ヘタフェ.jpg

 リーガ・エスパニョーラ第19節が20日に行われ、ヘタフェとウエスカが対戦した。ヘタフェのMF久保建英は移籍後2試合目で初のスタメン入りを果たし、2列目の右サイドで80分までプレー。ウエスカのFW岡崎慎司は3試合連続のベンチスタートで79分に途中出場し、約1分間ながら日本人対決が実現した。

 ヘタフェは前節のエルチェ戦で4試合ぶりの勝利を収め、第18節を終えて5勝5分7敗(1試合未消化)で13位。昇格組のウエスカは3連敗中で5試合勝利から遠ざかっており、これまで1勝9分8敗で最下位に沈んでいる。

 試合はアウェイのウエスカが先にチャンスを作り、11分にダニ・エスクリチェが相手最終ラインをうまく飛び出し、巧みなトラップから左足を振り抜いたが、これは左ポストをかすめる。13分にはラファ・ミルがエリア左から狙ったが、シュートはGKルベン・ジャニェスにキャッチされた。

 一方のヘタフェは久保が積極的に攻撃に絡む。17分に久保のパスを受けたアラン・ニョムがエリア前左からミドルシュート。直後の18分には久保がエリア前右のFKで直接ゴール右を狙ったが、どちらもGKアルバロ・フェルナンデスにセーブされた。

 主導権を握るヘタフェは28分、エリア前中央のマウロ・アランバリがこぼれ球を右足ダイレクトで叩いたが、シュートは惜しくも左ポストに直撃。35分には右サイドのエリア脇でFKを得ると、再び久保が直接狙ったが、これはGKフェルナンデスにキャッチされた。

 後半に入って59分、ヘタフェはアランバリがエリア前中央からダイレクトシュートを放ったが、GKフェルナンデスの好セーブに阻まれる。それでも70分、敵陣中央のカルレス・アレニャがエリア右へスルーパスを送ると、走り込んだアランバリがGKの股を抜くシュートを突き刺して、ヘタフェが先制に成功した。

 1点を追うウエスカは後半アディショナルタイム3分、エリア前中央のミケル・リコがセカンドボールをダイレクトで叩くと、シュートは相手選手に当たってコースが変わったが、GKジャニェスに阻まれた。直後のCKの流れで、ゴール前の混戦からホルヘ・プリードが押し込んでゴールネットを揺らす。しかし、混戦の際に味方のハンドがあったため、無念のノーゴール判定となった。

 試合はこのままタイムアップ。ヘタフェが1点を守って勝利し、今シーズン初の連勝。ウエスカは4連敗を喫し、6試合未勝利(1分5敗)となった。次節、ヘタフェは25日にアウェイでアスレティック・ビルバオと、ウエスカは23日にホームでビジャレアルと対戦する。

【スコア】
ヘタフェ 1−0 ウエスカ

【得点者】
1−0 69分 マウロ・アランバリ(ヘタフェ)

【DAZN】ラ・リーガ Part.3
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1611166700/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:32 | 大阪 | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)