アンテナ・まとめ RSS

【小ネタ】NHKサラメシ、J1福岡の男子チアリーダー米岡宝さんが出演!Jリーグ史上初の男性チアリーダー(関連まとめ)

サラメシ
https://www.nhk.jp/p/salameshi/ts/PVPP6PZNLG/episode/te/G5G44GNXQG/
米岡宝福岡.jpg

今季J1昇格となったアビスパ福岡。そのチアリーダーの中にJリーグ史上初の男性チアリーダーがいる。バトントワリングの世界大会でメダルを獲得したこともある技術でチームを応援する男性チアリーダーのランチを拝見!▽

サラメシチアリーダー01.jpg

サラメシチアリーダー02.jpg








サラメシ シーズン10(35)
https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/livenhk/1614676047/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:16 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸、増山朝陽同点ヘッド弾など大分に3-1逆転勝利!浦和と湘南は0-0ドロー…ルーキー藤原優大が試合後に担架で運ばれる ルヴァン杯第1節(関連まとめ)

【サッカー】ルヴァン杯第1節 湘南×浦和、大分×神戸 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614686277/
増山2021ルヴァン杯第1節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/03/02(火) 20:57:57.83 ID:CAP_USER9.net

湘南 0−0 浦和
[得点者]
なし
スタジアム:レモンガススタジアム平塚
入場者数:3,022人 ※観客数は上限5000人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2021/030202/live/#live


大分 1−3 神戸
[得点者]
20'藤本 一輝(大分)
44'増山 朝陽(神戸)
51'中坂 勇哉(神戸)
81'田中 順也(神戸)

スタジアム:昭和電工ドーム大分
入場者数:3,320人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2021/030201/live/#live



ルヴァン杯順位表
https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/


神戸が敵地で鮮やかな逆転勝ち!大分に先制許すも増山朝陽のゴールを皮切りに3発快勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/c91e5a2c8ac225a2f2a8b6ca835728f208c8efb0

ルヴァンカップは3月2日、各地で2試合を開催。昭和電工ドーム大分では、大分トリニータ対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、アウェーの神戸が3対1で逆転勝利を収めた。

 試合は20分、大分がカウンターから右サイドを突き、最後は松本からのクロスを藤本一輝が頭で合わせネットを揺らす。ホームの大分が先制する。

 しかし、徐々に反撃に移った神戸も前半終了間際に同点に追いつく。44分、右CKからのボールを増山朝陽がヘディングシュートでネットを揺らし、1-1のタイスコアとして前半を折り返した。

 後半に入ると、神戸が攻勢をかけ、51分には先制点の増山からのクロスを高卒ルーキーの櫻井辰徳がヘディングシュート。これはGKの好守に阻まれるも、こぼれ球を中坂勇哉が押し込み、逆転に成功する。

 神戸はさらに81分にも田中順也が追加点を挙げ、3-1としてこのままタイムアップ。神戸がルヴァンカップ初戦を敵地での逆転勝利でモノにした。


高卒ルーキーの藤原ら4人がJデビューも、浦和は決定機を決め切れず湘南とスコアレスドロー

https://news.yahoo.co.jp/articles/2bb3efcad800a6e16260adbafd8c435eff459863

浦和レッズは3月2日、ルヴァンカップのグループステージ第1節で湘南ベルマーレと対戦。0−0で試合を終えた。

 開幕したリーグ戦から中2日とあって、メンバーを大幅に変えて臨んだ両チーム。4−2−3−1システムを採用した浦和はGKに鈴木彩艶、最終ラインには右から柴戸海、藤原優大、槙野智章、福島竜弥を配置。2ボランチには金子大毅と武田英寿、2列目は右から大久保智明、伊藤涼太郎、田中達也、1トップには武藤雄樹が入った。鈴木、藤原、福島、大久保の4人が公式戦デビューとなった。

 一方、ホームで浦和を迎え撃った湘南は、開幕節からスタメンを総入れ替え。システムは3−4−2−1。GKは富居大樹、3バックは右から池田昌生、大野和成、舘幸希。右ウイングバックに古林将大、左ウイングバックに毛利駿也、アンカーにオリベイラ、インサイドハーフには茨田陽生、三幸秀稔が入り、2トップは平松昇、原直生が組んだ。

 浦和は立ち上がりこそ伊藤涼のパスからチャンスを作っていったが、次第に湘南にペースを握られる。7分には三幸、19分には池田、さらに27分のFKでは平松の鋭いシュートを浴びた。

 キャプテンマークを巻いた槙野と高卒ルーキー藤原を中心に守ってはいたものの、組み立てがなかなかうまくいかず、決定的なチャンスと言えば、10分の田中のドリブルシュートくらいだった。

 後半に入っても湘南にペースを握られる。56分には茨田のクロスからあわや失点という場面を作られるなど、押し込まれる時間帯が続いた。
 
 徐々にテンポが生まれたのは70分頃。大久保に代わり伊藤敦樹、伊藤涼に代わり杉本が投入されると(伊藤敦がボランチ、武田が右サイドハーフ、武藤がトップ下、杉本が1トップの形に)、パスワークが活性化していく。

 72分には左サイドのクロスから武田がシュートチャンスを得ると、77分には山中のクロスから再びゴールに迫った。

 さらに84分には右サイドを抜け出した田中のクロスに途中出場の汰木康也が反応。しかし、これはシュートに至らなかった。

 終盤にはお互いにチャンスを立て続けに作ったが、結局決め切れずにスコアレスドロー。勝点1を分け合った。また後半途中に相手と接触した藤原が試合後に担架で運ばれるシーンも。容体が不安視される。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:31 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟DF長谷川巧、左ひざ前十字靭帯損傷で手術…全治8カ月の離脱

新潟DF長谷川巧が手術、左ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月
https://news.yahoo.co.jp/articles/b054e5bed5b48741b814c41d469d58ee6cc9baa6
長谷川巧新潟練習.jpg

アルビレックス新潟は2日、DF長谷川巧の手術を発表した。

クラブの発表によると、長谷川は2月5日のトレーニング中に負傷。左ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、2月18日に関連病院で手術を行ったとのことだ。

なお、全治は約8カ月の見込みとなっており、今シーズンの大半を欠場することとなった。

新潟下部組織出身の長谷川は、2017年にトップチーム昇格。2018年7月からザスパクサツ群馬に育成型期限付き移籍。2019年から期限付き移籍でツエーゲン金沢に加わり、今シーズンから復帰していた。

アルビレックス新潟 Part1830
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1614648124/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】中村俊輔と小野伸二、2人の天才が再会!J公式写真にファン反応「泣けるショット」

中村俊輔&小野伸二、2人の“天才”が再会 J公式写真にファン反応「泣けるショット」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed24314c313eb0d6717900f7009f6a87e3845a90
中村俊輔と小野伸二2021開幕戦00.jpg

J1リーグ開幕戦で対戦、中村と小野が“グータッチ”をかわした瞬間に脚光

 北海道コンサドーレ札幌は27日、J1リーグ開幕戦でホームに横浜FCを迎え、5-1と快勝した。この試合では横浜FCの元日本代表MF中村俊輔と札幌の同MF小野伸二の“天才”対決が注目を集めたなか、Jリーグ公式インスタグラムは札幌ドームで再会した瞬間の1枚を公開すると、ファンから「泣けるショット」「すてき!」などの声が上がっている。

 アウェーの横浜FCは、今季から「10番」を背負う中村が先発メンバーに名を連ね、開幕スタメン最年長記録(42歳8カ月3日)を更新。一方、今季1年半ぶりに札幌へ復帰した41歳の小野もベンチ入りした。

 試合は立ち上がりから目まぐるしく動き、開始4分で札幌がMF駒井善成とMF金子拓郎のゴールで2点をリード。前半29分に横浜FCの新加入FWクレーベに1点を返されるものの、さらに2点を追加して前半を折り返した。

 横浜FCの中村はハーフタイムでベンチ退いた一方、その後も攻勢を仕掛けた札幌が後半32分に追加点を奪って5-1とすると、同41分に小野が途中出場し、復帰戦を大勝で飾った。2人のピッチ上での対戦は叶わなかったものの、試合会場で“再会”を果たしていた。

 Jリーグ公式インスタグラムは「日本サッカーを牽引してきた2人のレジェンドがJ1の舞台で再会」と綴り、1枚の写真を投稿。練習着姿の中村と小野が“グータッチ”をかわした瞬間を捉えたものだった。小野は残念ながら後ろ姿だったものの、微かに見える表情は中村とともに笑顔。2人の“天才”は、40歳を過ぎてからのJ1での再会の瞬間を噛み締めているようだった。

 この投稿にファンも反応。「萌える」「泣けるショットですね」「すてき!」「最高!」などのコメントが寄せられていた。中村と小野がJ1の舞台で再び顔を合わせるのは、12月4日の今季最終節。その時までに2人の天才は、どんなプレーでファンを魅了してくれるだろうか。

【中村俊輔】ていうかW杯や欧州CLで今のプレーできる?1331
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1614269068/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安・奥川所属ビーレフェルト、ノイハウス監督を解任…堂安は感謝のメッセージ「僕を信じてくれて…」(関連まとめ)

堂安&奥川所属のビーレフェルトが指揮官を解任…堂安はドイツ語で惜別メッセージ「信じてくれて…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c63f4de513f16eb9883b1e37222833e2b98ca000
ノイハウス監督.jpg

日本代表FW堂安律とMF奥川雅也が所属するビーレフェルトは1日、クラブ公式サイトでウーヴェ・ノイハウス監督の解任を発表した。また、2日には堂安が自身のInstagramで元指揮官にメッセージを送っている。

 今シーズンから1部で戦っている“昇格組”ビーレフェルトは、現在リーグ戦2連敗中。1月20日の第17節シュトゥットガルト戦(3〇0)以降、5試合白星から遠ざかっている(1分4敗)。降格圏内の17位・マインツと勝ち点1差の16位と、1年での2部出戻りも現実味を帯びてきている。この状況を受けて、クラブはノイハウス監督の解任を決断した。

 堂安は、自身のInstagramでドイツ語を用いてノイハウス監督への感謝の気持ちを綴った。

「DANKE, dass du immer an mich geglaubt und mir diese Möglichkeit geschenkt hast.(いつも僕を信じてくれて、この機会を与えてくれてありがとう)」

 ビーレフェルトは7日、本拠地での第24節ウニオン・ベルリン戦を控えている。

Arminia Bielefeld 堂安律応援スレ Part17
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1602917139/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャプテン翼、あなたが一番好きな必殺シュートは?

【キャプテン翼】ドライブシュート、スカイラブハリケーン――あなたが一番好きな必殺シュートは? [幻の右★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614594835/
ドライブシュート.jpg
1: 幻の右 ★ 2021/03/01(月) 19:33:55.86 ID:CAP_USER9.net

 サッカーを題材とした漫画『キャプテン翼』。個性あふれるキャラクターたちによって、これまで数々の“必殺シュート”が誕生してきました。過去に必殺シュートをマネしたプロサッカー選手がいるなど、世界中で多大な影響を与えています。

【画像:ランキング26位〜1位を見る】

 そこで今回は、『キャプテン翼』の必殺シュートから一部を紹介します。

●ドライブシュート
 ドライブシュートは、大空翼が中学生時代に習得した必殺シュートです。もともとは翼の代名詞ともいえる必殺シュートでしたが、他にもファン・ディアス、三杉淳といった選手が使用しています。

 ボールに強烈な縦回転を加えることでゴール手前で急降下する「ドライブシュート」は実際に使われている技でもあり、数ある必殺シュートの中でも再現しやすいシュートです。

●雷獣シュート
 雷獣シュートは、地面を蹴りつけた反動を利用して、強烈な破壊力を生み出す必殺シュートです。高い威力と、低空から浮き上がるような弾道が特徴的。日向小次郎が開発し、のちに他の選手も使用するようになりました。

 タイガーショットをも上回る威力で、大木を真っ二つに割るシーンは読者に強烈なインパクトを残しました。

●スカイラブハリケーン
 スカイラブハリケーンは、立花兄弟によるコンビプレーです。兄弟のどちらかがピッチ上で射出台となり、もう1人が上に乗りドッキング。お互いの屈曲した足を一気に伸ばすことで、空高くジャンプするという大技になります。

 代表戦では次藤洋が発射台となり、立花兄弟がツインシュートを放つ「スカイラブツインシュート」が生み出されました。作品を語るうえで欠かせないコンビプレーのひとつです。

●あなたが『キャプテン翼』で一番好きな必殺シュートは?
 『キャプテン翼』では、個性的なシュートが多数登場し、あっと驚く技にわくわくしてしまいますよね。あなたが好きな必殺シュートはなんですか?

ねとらぼ
3/1(月) 19:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/cbc0b556b0d1a3ea121656b0249977ddfe6ae3d1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:35 | 大阪 ☔ | Comment(11) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「今日はミナミノがいなかった」南野欠場のサウサンプトン、エヴァートンに敗戦…ハーゼンヒュットル監督は南野不在を嘆く(関連まとめ)

「今日はミナミノがいなかった」サウサンプトン指揮官が4試合2ゴールの“エース”不在を嘆く
https://news.yahoo.co.jp/articles/a23444967bfef663f8d1a061ed796196ab3cf096
サウサンプトン20-21第26節敗戦.jpg

サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、南野拓実の不在を嘆いた。『スカイスポーツ』が伝えている。

サウサンプトンは1日、プレミアリーグ第26節でエヴァートンと対戦。南野は前節リーズ戦で負傷したことで欠場。試合は前半にリシャルリソンに先制点を許すと、これが決勝点となり、セインツは0-1と敗れた。

ハーゼンヒュットル監督は試合後、「いいスタートではなかった」と序盤のパフォーマンスを悔やんだ。

「上手く守れていなかったし、リヴァプール戦でも同じようなゴールがあった。セットプレーからいくつかのチャンスがあったが、得点することができなかった。ファイナルサードでの1対1、ラストパスなどが今のところ上手くいっていない」

攻撃の最終局面での詰めの甘さを指摘した指揮官は「我々が最後に決めた2ゴールはどちらもミナミノだったし、今日は彼がいなかった。ゴールがなければ試合に勝つのは難しい」ともコメント。サウサンプトンにとって南野不在は大きな打撃となっているようだ。

南野は負傷でメンバー外、サウサンプトンはエバートンの牙城崩せず…9戦連続で未勝利に
https://news.yahoo.co.jp/articles/040f29f45fe19678732cb92ca3b23d5df313279c

[3.1 プレミアリーグ第26節 エバートン 1-0 サウサンプトン]

 プレミアリーグは1日に第26節を行い、FW南野拓実が所属するサウサンプトンはエバートンと対戦し、0-1で敗戦。リーグ戦9試合で未勝利(8敗1分)が続いている。南野は負傷によりメンバー外となった。

 7位エバートンが不調にあえぐサウサンプトンから勝利を奪った。試合は前半9分に動く。GKジョーダン・ピックフォードが後方からロングボールを入れ、FWドミニク・カルバート・ルーウィンが頭で競り合い、MFギルフィ・シグルズソンが収める。シグルズソンのスルーパスにFWリシャルリソンが反応し、GKフレイザー・フォースターをかわしながらゴールに流し込んだ。

 その後もエバートンの猛攻が続くも、追加点を奪えない。一方、サウサンプトンも終盤にかけてエバートンのゴールを脅かすが、その牙城は崩せずに試合終了。1-0で守り切ったエバートンは連勝を達成し、サウサンプトンは1月4日の勝利から約2か月白星から遠ざかっている。

【聖闘士タキ】Southampton FC 南野拓実 70タキ
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1614163656/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、今夏ハノーファー退団へ…1部ケルン移籍も?ハノーファーが年俸上限設定し今後の新契約は困難に

原口元気の退団が避けられない”辛い現実”…ハノーファー、今後の契約は年俸に上限金額を設定
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0a74c898962db6ee2511618e686f34f8159229b
原口20-21第23節ゴール.jpg

ブンデスリーガ2部ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気が、来季も同クラブに残る可能性は皆無に等しいようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じている。

原口は2月27日に行われる第23節グロイター・フュルト戦で今季5ゴール目をマーク。またもチームの攻撃に欠かせない存在として大きな価値を示した。だが、試合は2-2と引き分けに終わり、昇格プレーオフへの出場権が得られる3位フュルトとの差は9ポイントのまま。1部昇格の可能性が消えつつある。

そして、ハノーファーが今夏まで契約を結ぶ原口を引き止める見込みも、もはや消滅したようだ。クラブのマルティン・キンド会長は以前、「昇格しない限り残留は考えられないと伝えられた」と、本人から来季に1部でのプレーを希望していることを伝えられたと認めていた。しかしながら、原口の退団がやむを得なくする理由はほかにもあるという。

『キッカー』の報道によれば、2部にとどまる可能性の高いハノーファーは選手との契約において、今後、年俸の上限金額を40万ユーロ(約5160万円)に設定するとのこと。記事では現行契約において年俸が120万ユーロ(約1億5480万円)と推定される原口と新契約を結ぶのは無理があると指摘され、クラブ側とって背番号10の退団は「辛い現実」として伝えられていた。


※概要:誤訳御免でお願いします
この記事自体は一カ月ほど前のものです
ハノーファーが2部残留の場合、ケルンは夏にフリーで原口元気の獲得を望む
https://www.express.de/sport/fussball/1--fc-koeln/bei-klassenerhalt-fc-hofft-im-sommer-auf-abloesefreien-japaner-37977212?cb=1614650147712

「liga2-online.de」によると、ハノーバー96の原口元気(29)がケルンの補強リストに載っています。攻撃的なMFの原口は、今シーズンの17試合で9ゴール(4ゴール、5アシスト)に関与しており※現在は5ゴール、6アシスト、ブンデス1部で再びプレーしたいという野心を持っています。

現在ケルンGMホルスト・ヘルトは、2018年夏に原口元気をハノーファーに連れてきました。ハノーファーが1部昇格せずをケルンが2部降格しない場合、ケルンは原口選手の夏市場での獲得を望んでいます。

ハノーファーは原口との契約は6月で失効し、ブンデス1部に復帰した場合のみ契約延長したいと考えています。

※管理人:ヘルト氏は元シャルケSDのヘルト氏です。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13664
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1614588934/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、ヴィニシウス同点弾で追い付くもソシエダと1-1ドローで連勝ストップ…首位アトレティコと勝ち点差は5に広がる

レアル・マドリー、ソシエダ戦ドローで連勝が4でストップ…次節対戦の首位アトレティコとの勝ち点差は「5」に広がる
https://news.yahoo.co.jp/articles/885788d8147363a690052e38404bf12f00adceb6
ヴィニシウス20-21第25節ゴール.jpg

1日のラ・リーガ第25節、レアル・マドリーはホームのアルフレド・ディ・ステファノでのレアル・ソシエダ戦1-1で引き分けた。

今季のマドリーにとって、勝負をかけるべき1週間がやってきた。このレアル・ソシエダ戦に勝利し、7日に行われる次節マドリー・ダービーでアトレティコ・マドリーを下すことができれば、ついに首位の座を奪還することができる。アトレティコが1試合未消化とはいえ、ラ・リーガ連覇の道が開くことになる。

マドリーは負傷離脱中のベンゼマの代わりにイスコとマリアーノのどちらを起用するのかに注目が集まったが、ジダン監督はヴィニシウスをベンチに置いて両選手を同時起用。GKクルトワ、DFルーカス・カルバハル、ヴァラン、ナチョ、メンディ、MFモドリッチ、カセミロ、クロース、FWアセンシオ、マリアーノ、イスコをスタメンとして、4-3-3システムを使用した。

前半、マドリーは組織立った守備によってソシエダの決定機を許さず、ボールを奪うとクロース、モドリッチ、イスコの技術を生かして勢いよく相手ゴールに迫っていった。21分にはモドリッチ&L・バスケスで右サイドを崩し切り、送られたクロスからマリアーノがヘディングシュートを放ったものの、これはクロスバーを直撃。そのこぼれ球からクロースが放ったミドルは枠をわずかに外れた。マドリーはその後も優勢に試合を進めていったが、いつものように決定力不足が響いたことで、スコアレスのまま折り返しを迎える。

そうして迎えた後半の立ち上がりは、一転してソシエダが強度あるプレーでマドリーゴールへと迫り、55分に先制点を獲得。シルバのサイドチェンジのボールを受けたモンレアルのクロスから、ファーのポルトゥがやや距離のあるヘディングシュートを決め切った。ソシエダはさらに58分、今度はポルトゥのグラウンダーのクロスにイサクが滑り込んだが、これはわずかに合わず追加点をチャンスを逸する。マドリーにとっては、九死に一生を得た形となった。

ジダン監督は61分に交代カードを切り、イスコ、アセンシオ、マリアーノを下げてロドリゴ、ウーゴ・ドゥロ、ヴィニシウスを投入。前線3枚を一気に新しくする。その2分後にはCKの流れからL・バスケスのクロスにカセミロが頭で合わせたものの、ボールはわずかに枠を外れた。

マドリーはその後、ヴィニシウスのドリブル突破などを起点としてゴールの可能性を模索するものの、ソシエダの堅守を崩し切ることができない。ジダン監督は76分にモドリッチを下げて、負傷明けのバルベルデもピッチに立たせる。終盤に入っても攻めあぐね続けたマドリーだったが、しかし89分にようやく同点に追いつく。バルベルデのヒールパスから右サイドを突破したL・バスケスがグラウンダーのクロスを送り、ヴィニシウスが枠内にシュートを沈めた。

マドリーは逆転を目指して後半アディショナルタイムも攻め続けたが、結局は勝ち点1を分け合っている。ラ・リーガの連勝が4でストップしたマドリーの勝ち点は、これで53に。同節にビジャレアルを下した首位アトレティコとの勝ち点差は5に広がり、セビージャに勝利したバルセロナには勝ち点で並ばれ、得失点差で2位の座を奪われた。

◆◇El Blanco Real Madrid 1097◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1614119636/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島永嗣、17戦連続フル出場!首位リール戦の守備を仏紙称賛「日本人GKが脅威を撃退」

【サッカー】「日本人GKが脅威を撃退」17戦連続出場の川島永嗣、首位リール戦の好守に仏紙注目 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614598630/
川島永嗣20-21第26節指示.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/03/01(月) 20:37:10.94 ID:CAP_USER9.net

敵地で首位リールと1-1、GK川島はフル出場で勝ち点1獲得に貢献
 フランス1部ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣は現地時間2月28日、リーグ・アン第27節の首位リール戦に先発出場。アウェーでの1-1ドローに貢献したなか、試合中に見せたセーブシーンが現地メディアで「日本人ゴールキーパーが脅威を撃退」と伝えられている。

【動画】「日本人GKが脅威を撃退」 ストラスブールGK川島、首位リール戦で冷静なセーブを見せた瞬間
https://www.football-zone.net/archives/310412/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=310412_6

 今季の川島は開幕2試合に先発後、8戦連続で出場なし。だが第11節モンペリエ戦(3-4)で9試合ぶりにゴールマウスを守ると、そこから今節のリール戦まで17試合連続でフル出場を続けている。今月20日で38歳となるベテラン守護神は、フランスでワールドクラスの選手を相手に日々奮闘しているが、今節は首位を走るリールとのアウェーゲームに臨んだ。

 パリ・サンジェルマン(PSG)、リヨン、モナコと熾烈な上位争いを繰り広げるリールに対し、ストラスブールは前半36分にFWリュドビク・アジョルクが先制点を奪う。失点したことで攻勢に出るホームのリール。同42分、リールは左CKから193センチのオランダ人DFスベン・ボトマンが打点の高いヘディングシュートを見舞うも、ゴール上部に飛んだボールを川島が右手で触り枠外にそらした。

 このプレーをフランス紙「ル・フィガロ」は、「日本人ゴールキーパーが脅威を撃退」と速報。フランス紙「レキップ」も、「カワシマが右手でクロスバーの上へ落ち着いてそらす」と伝えている。

 その後も耐え続けたストラスブールだったが、後半41分にリールDFジョゼ・フォンテに同点弾を決められ1-1のドロー。惜しくも敵地での金星を逃したものの、シュート14本を放たれ、70%近いボールポゼッションを許した試合で川島は最後の砦として奮闘していた。

 第27節終了時点で16位のストラスブールは、2部との入れ替え戦に回る18位ニームと勝ち点「5」差。1部残留へ向けて、ベテラン守護神・川島の活躍に注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b6161e57bcd45cba4b3b8e7370a047eee6344f4



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)