アンテナ・まとめ RSS

元マンUの英代表コール氏「今のマンUに行きたいと思える選手がいるだろうか」ハーランド獲得に必要な要素を言及(関連まとめ)

【サッカー】OBのコール氏「今のマンUに行きたい選手がいるだろうか」…欠けている決定的な要素とは [伝説の田中c★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614855538/
ハーランドとコール.jpg

1: 伝説の田中c ★ 2021/03/04(木) 19:58:58.28 ID:CAP_USER9.net

 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表FWのアンディ・コール氏が、現在の古巣クラブには世界最高の選手を呼び込める魅力はないだろうと指摘した。イギリス『ミラー』が伝えている。

 ユナイテッドは今夏、ドルトムントに所属するFWアーリング・ホーランドの獲得に動くとみられるが、コール氏はライバルのマンチェスター・シティをはじめとした他のビッグクラブの方が加入実現の可能性が高いと考えているようだ。

「ホーランドのような選手を獲得するためには、何かしら惹きつけるための材料が必要だ。優勝する可能性の高さとかね。ああいう選手にはいろいろな選択肢があるだろう。シティやリバプール、チェルシー、レアル・マドリー、バルセロナなどがそうだ」

「もし自分が選手でそういうクラブから誘いを受けたとしたら、その中から今のユナイテッドに行こうと本当に思えるだろうか? 私はユナイテッドを愛しているが、今はクラブの名前だけでやっていくことはできないと思う。特にああいうレベルの選手を獲得しようとするときはね」

「私がユナイテッドと契約したときとは違う。正直に言えば、当時は誰もがユナイテッドに行きたがっていた。今は2021年の話をしている。果たして誰もがユナイテッドに行きたいと思っているだろうか? 私はそうは思わない」

 ユナイテッドはUEFAヨーロッパリーグ(EL)やリーグカップ、コミュニティ・シールドを制した2016-17を最後にタイトルから見放されている。選手に高待遇を与えられる資金力こそ備えているが、現役プレーヤーにとっては報酬よりも成功の方が重要だとコール氏は言う。

「サッカー選手としてのキャリアは短い。誰もが優勝を渇望している。人々はお金の話ばかりするが、トップクラスの選手はそんなことを考えていない。彼らは優勝することを考えている。究極的には、キャリアが終わった時に何を勝ち得たかで判断されるからだ」

 現在プレミアリーグで首位シティと勝ち点12差の2位につけるユナイテッド。このまま大差で独走優勝を許せば、来季のタイトル獲得にも説得力を持たせることはできない。コール氏は、有力選手を迎えるには「素晴らしいセールスマンになる必要がある」と移籍市場での不利を強調した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0563865597a82413cb17ae1492edd73858bae658



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:23 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】中村俊輔、元横浜FM天野貴史氏に送った言葉「試合数は関係ない。10年間在籍したことが凄い」

“愛されキャラ”の小兵、13年のプロ生活は「奇跡」 俊輔の言葉には「涙が出そうに」
https://news.yahoo.co.jp/articles/65325dc3b7533ea81b40027bfa42d6f753a27cda
天野貴史と中村俊輔.jpg

【元プロサッカー選手の転身録】天野貴史(元横浜FMほか)前編:仲間から愛された男の引退秘話
 世界屈指の人気スポーツであるサッカーでプロまでたどり着く人間はほんのひと握り。その弱肉強食の世界で誰もが羨む成功を手にする者もいれば、早々とスパイクを脱ぐ者もいる。サッカーに人生をかけ、懸命に戦い続けた彼らは引退後に何を思うのか。「Football ZONE web」では元プロサッカー選手たちに焦点を当て、その第2の人生を追った。
 
 今回の「転身録」はかつて横浜F・マリノスなどに所属した天野貴史。横浜の下部組織時代は年代別代表にも選ばれ、トップチームでは中村俊輔(現・横浜FC)や松田直樹、中澤佑二ら日本代表選手たちともプレーした。その後、ジェフユナイテッド千葉、AC長野パルセイロを経て2017年のプレーを最後に引退を決意。その後はピッチから離れ、自動車業界の営業職という道を選択した。チームメートやファンから愛された、かつてのムードメーカーは今、日本一の営業担当を目指している。前編では現役生活への思いをお届けする。(取材・文=藤井雅彦)

   ◇   ◇   ◇

 2018年3月、ひとりのJリーガーが静かにスパイクを脱いだ。男の名前は天野貴史。身長163cmの小兵サイドバックだ。

 横浜FMの育成組織出身として2005年にトップチーム昇格を果たすと、トリコロールの一員として計10年間プレーした。2014年に期限付き移籍で在籍したジェフユナイテッド千葉で1年間、そしてJ3のAC長野パルセイロで2年間の、合わせて13年間を全力で駆け抜けた。

 引退が大々的に語られなかったのは、数字だけを切り取ると目立った実績を残したとは言い難いからだろう。Jリーグ通算89試合(うちJ1は45試合)という個人記録には意味と価値があるとはいえ、同じ世界で上には上がいるのも事実。日本代表や五輪代表という肩書きを持った経験もない。

それでも“アマ”の愛称でチームメート、スタッフ、そして関係者の全員に愛された天野は、チームのムードメーカーとして欠かせない役割を果たしてきた。沈んだ空気を蘇らせ、暗く落ち込んだチームを明るく照らすのは、いつも天野の役目だった。

 いじられキャラクターとしてのエピソードには事欠かない。トレーニングを終えて駐車場に向かうと、愛車には毎日のように異変が起きていた。誕生日プレゼントが入った紙袋がサイドミラーにかけられ、屋根の上に飾られていたことも。手荒い祝福は先輩たちから受け取った愛情だ。

 現役引退を決意した直後、天野は胸を張って言い切った。

「全力でやり切りました。悔いは一切ありません。僕がプロとして13年間プレーできるなんて誰も想像していなかったはず。これは奇跡だと思うんです」

中村俊輔からかけられた言葉「最高に嬉しくて涙が出そうに」
 その理由は、ユースからトップチームに昇格した時期やチーム事情によるところが大きい。

 プロ入りした2005年といえば、横浜FMがJリーグを2連覇した直後である。主力に名を連ねる選手は松田、奥大介、久保竜彦、中澤ら日本を代表する面々で、助っ人外国人も含めてリーグ屈指のレベルと層の厚さを誇った。

 トレーニングについていくのがやっとだった。所属選手が30人いたら、30番目からのスタートだったことは自覚している。

「奇跡を奇跡で終わらせないために、毎日を全力で生きました。レベルの高い練習に必死になって食らいついて、練習で1本でもいいクロスからアシストできたら飛び上がるくらい嬉しかった。先輩に『アマ、ナイスボール!』と言われるのが気持ち良くて、それが次の日のモチベーションになりました。ピッチ外では実力のない自分のことをたくさんイジってくれました。そのおかげでマリノスの選手として10年間プレーできた。だって10年間でリーグ戦出場45試合ですよ?(苦笑)

 こんなに在籍できたことが反対に凄いことかもしれない。退団することが決まった時に、尊敬するシュンさん(中村俊輔)が『試合数は関係ない。10年間在籍したことが凄い』と言ってくれたんです。最高に嬉しくて、涙が出そうになりました」

 記録よりも記憶に残る選手――。天野にはそんな言葉がぴったり当てはまる。

 2015シーズンいっぱいで横浜FMを契約満了となった天野は、J3の長野に新天地を求めた。J1の名門クラブに10年間在籍した実績はチームメートと一線を画していた。期待値は高く、重要な戦力として見込まれての加入だった。

 しかし2年間の在籍中に、J2昇格を果たすことはできなかった。すると模範となる人間性や明るいキャラクターがどれだけ重宝されていても、チームトップクラスの高額年俸が足枷となってしまう。チームとして結果を出せなければ、自身の立場が危うくなることは百も承知。こうして長野に別れを告げ、新たなチーム探しが始まった。

 年を越しても所属チームが決まらない状況に、焦りが募る。苦しかった当時を回想する表情に、サッカー選手への未練がほんの少しだけ見え隠れしたのは気のせいだろうか。

「J3やJFLのチームで、条件を気にしなければ所属先があったかもしれません。ただ先の将来を考えた時に、その選択は難しかった。奥さんは『やりたいことをやってほしい』と言ってくれました。でも自分の中には葛藤があって、それから現役へのこだわりと並行して“引退”の二文字をリアルに考え始めました」

天野貴史サラリーマン.jpg

本文の続きはこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/65325dc3b7533ea81b40027bfa42d6f753a27cda?page=3

【中村俊輔】ていうかW杯や欧州CLで今のプレーできる?1331
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1614269068/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:02 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1清水、2021年選手キャッチフレーズ発表!立田悠悟「新世代のハイタワー」奥井諒「ヘナトじゃないよイーニョだよ」(関連まとめ)

清水選手の新シーズンキャッチフレーズが決定…ロティーナ新監督は「静かなるコンキスタドール」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec2c41306bddcb2705be921a149ff56b0a03ecee
清水2021.jpg

 清水エスパルスは5日、2021シーズンの選手のキャッチフレーズが決定したことを発表した。

 ロティーナ監督新体制で新シーズンを始動させた清水は、開幕節で鹿島アントラーズに逆転勝利。ルヴァン杯初戦はサンフレッチェ広島とスコアレスドローとなり、上々のスタートを切っている。ロティーナ新監督のキャッチフレーズは「静かなるコンキスタドール」。新加入選手も、来日後に決定となるDFウィリアム・マテウス以外はキャッチフレーズが付けられている。


清水キャッチコピー01.jpg

清水キャッチコピー02.jpg

以下、2021シーズン清水選手のキャッチフレーズ一覧
1 GK大久保択生“ゴール前のビッグウォール”
2 DF立田悠悟“新世代のハイタワー”
3 DFウィリアム・マテウス※来日後に決定
4 MF原輝綺“天性のポジショニング”
5 DFヴァウド“オレンジ戦士”
6 MF竹内涼“オレンジマエストロ”
7 MF片山瑛一“フィールドの賢者”
8 MF石毛秀樹“王国の誇り 日本の夢”
9 FWチアゴ・サンタナ“インペラドール”
10 FWカルリーニョス・ジュニオ“すべてはゴールの為に…”
11 MF中山克広“空間を切り裂くドリブラー”
13 MF宮本航汰“奇跡の才能 オレンジの魔法使い”
14 FW後藤優介“ゴールを狙うキラービー”
16 MF西澤健太“クレバーなゲームコンダクター”
17 MF河井陽介“新時代のバンディエラ”
18 DFエウシーニョ“サイドを切り崩すハリケーン”
19 FWディサロ燦シルヴァーノ“ボックス内を支配するジョカトーレ”
20 MF中村慶太“魅惑のドリブラー”
21 DF奥井諒“ヘナトじゃないよイーニョだよ”
22 MFヘナト・アウグスト“攻守のボーダーポインター”
23 MF鈴木唯人“フィニッシュを求める創造主”
25 GK永井堅梧“威圧感あるブースター”
26 MF滝裕太“新世代のオレンジファンタジスタ”
27 FW指宿洋史“屈強のgoleador(ゴレアドール)”
29 DF福森直也“繰り出せ!光芒一閃(こうぼういっせん)のビルドアップ”
30 FW金子翔太“切り裂けダンシングゴールハンター”
34 MFノリエガ・エリック“輝け!清水のインティ”
36 FW栗原イブラヒムジュニア“正真正銘のパワーストライカー”
37 GK権田修一“ピッチに轟く(とどろく)闘魂 守護神”
40 MF成岡輝瑠“煌めく(きらめく)インスピレーションプレー”
50 DF鈴木義宜“ブレない魂”
監督 ロティーナ“静かなるコンキスタドール”


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13669
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1614915766/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和DF藤原優大、プロデビュー戦で眼窩底骨折し手術…全治4週間の離脱へ(関連まとめ)

プロデビュー戦で負傷…浦和がDF藤原優大の負傷状況を発表、青森山田出身ルーキー
https://news.yahoo.co.jp/articles/72883cd0075b5b4ba75a9c9523ae1c2a35026d67
藤原優大2021浦和デビュー戦.jpg

 浦和レッズは5日、DF藤原優大の負傷状況を発表した。

 藤原は今季青森山田高から加入。2日のルヴァン杯グループステージ第1節湘南戦でプロデビューを飾ったが、試合終盤に接触プレーで顔面を打撲。5日に手術を行い、左眼窩底骨折で全治まで約4週間と診断された。

 クラブ発表によると、試合後、病院受診および精密検査で脳震とうは否定され、脳に器質的な問題がないことを確認。翌日に再度専門医を受診し、脳に異常のないことを再確認しているという。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13669
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1614915766/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前園真聖氏「いじめ、カッコ悪い」25年ぶりに復活!ネットいじめ防止の啓発動画を放映へ

【サッカー】前園真聖氏の「いじめ、カッコ悪い。」が25年ぶりに復活!ネットいじめ防止へ新映像放映へ [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614838237/
前園ネットいじめ.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/03/04(木) 15:10:37.56 ID:CAP_USER9.net

3/4(木) 15:00
スポニチアネックス

前園真聖氏の「いじめ、カッコ悪い。」が25年ぶりに復活!ネットいじめ防止へ新映像放映へ
いじめ防止映像に出演した前園氏
 「いじめ、カッコ悪い。」が25年ぶりに復活する!Jリーグは元日本代表の前園真聖氏(47)を起用したSNSによる誹謗中傷防止のための啓発動画を4日の法務省、全国人権擁護委員連合会、公益財団法人人権教育啓発推進センターの3社主催による「インターネットと人権・オンラインフォーラム〜心ない投稿、コメントで人を傷つけないために〜」にて初公開する。

 近年、SNSの普及などによる誹謗中傷が社会問題化。スポーツ界も例外ではなくクラブや選手に対する誹謗中傷が大きな問題となっている。Jリーグではこの問題の抑制、心を痛めている選手、ファン、サポーターを守るための啓発映像「ネットいじめ、カッコ悪い。」を制作した。

 メッセンジャーには96年、CMでの「いじめ、カッコ悪い。」のフレーズが、大きな反響を呼んだ前園氏を起用。21年のJリーグ全試合会場の大型ビジョンやJリーグ公式ユーチューブチャンネルにて放映される予定となっている。

 新映像での前園氏は「いじめ、カッコ悪い 25年前、そう言った あれから25年 今もいじめはなくならない SNSでの誹謗中傷、ヘイト、人種差別 匿名で見えないところから誰かを叩いたり、誰かを泣かせたり。何度でもいう。ネットいじめはサイテーだよ。カッコ悪いよ。」と呼びかけている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f7d48101eb81f61635282c553555b7a64a2ff41d


  

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、FWマリアーノが負傷…CF不在でアトレティコとのダービー戦へ

レアル、FWマリアーノが負傷…ストライカー不在でアトレティコと対戦か

https://news.yahoo.co.jp/articles/bda013714e0bfa7f15c8e8ada7d1890513ec4797
マリアーノ20-21レアル.jpg

 レアル・マドリードは4日、ドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスの負傷について発表した。

 マリアーノは医療部門の検査を複数受けた結果、左足外閉鎖筋の負傷と診断された。復帰については、今後の回復状況を見守ることになるという。なお、スペイン紙『マルカ』によると、けが人が続出する今季のレアル・マドリードにおいて、マリアーノは42件目の負傷となるようだ。

 レアル・マドリードは7日に行われるリーガ・エスパニョーラ第26節で、勝ち点差「5」の首位アトレティコ・マドリードと戦う。しかし、元フランス代表FWカリム・ベンゼマも負傷により同試合の出場は不透明な状況にあり、レアル・マドリードはストライカー不在で“マドリード・ダービー”に臨む可能性がある。そのため、ジネディーヌ・ジダン監督はチャンピオンズリーグのアタランタ戦と同様、スペイン代表MFイスコを“ゼロトップ”に配置するシステムをタイトルがかかった大一番でも採用することになるかもしれない。

 レアル・マドリードの下部組織で育ったマリアーノは現在27歳。2017年夏にリヨンへと完全移籍したが、同クラブで活躍し、1年でレアル・マドリードに復帰していた。今季はここまで公式戦15試合に出場して1得点を挙げている。

◆◇El Blanco Real Madrid 1098◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1614695279/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、練習に復帰!6日のシェフィールド戦で出場の可能性

離脱中の南野拓実はトレーニングに復帰「見た感じは良さそう」、週末に復帰の可能性
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea157ff65858138bb5b0b10ff4f5840667a12003
南野サウサンプトンボール持つ.jpg

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、ケガ人の状態について報告した。

現在プレミアリーグで9試合未勝利と苦しい時期が続いているサウサンプトン。シーズン序盤の好調ぶりがウソのような不調に陥っている。

今冬にはリバプールから日本代表FW南野拓実をレンタル移籍で獲得すると、その南野はすでに2ゴールを記録しているが、チームとしては結果が出ていない状況だ。

さらに、その南野を含めケガ人を多く抱えているサウサンプトン。6日にはプレミアリーグ第27節のシェフィールド・ユナイテッド戦を控えている中、ケガ人の状態について語った。

「ケガ人のニュースだが、これまでのところ数人の選手がトレーニングに復帰している。イブラ(イブラヒマ・ディアロ)、タキ(南野拓実)、カイル(・ウォーカー=ピータース)だ」

「彼らはトレーニングしている。試合で起用できるかどうかは確認する必要がある。ただ、見た感じは良さそうだ。週末には選択肢がいくつか増えるかもしれない」

南野を含めてトレーニングに復帰している選手がいる一方で、まだまだ復帰ができない選手についても言及している。

「ムサ(・ジェネポ)は、ここに来て以来ケガの時期が長い。週に3試合は難しい。負荷の管理は注意を払わなければならない」

「セオ(・ウォルコット)はすべての筋肉系のケガの中で最悪な状態だった。インターナショナルブレイクの後、彼が戻ってくることを願っている。今シーズンは良い影響を与えていた」

降格圏の18位フルアムとの勝ち点差は7という状況。そろそろ白星が欲しく、最下位相手の試合となるが南野の復帰はあるだろうか。

【聖闘士タキ】Southampton FC 南野拓実 70タキ
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1614163656/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、仏代表FWラカゼットと近く延長交渉へ

ラカゼットとアーセナル、近く契約延長交渉へ!
https://news.yahoo.co.jp/articles/b83a639538d11c7fc3c3ebabe12253204204d7c0
ラカゼット20-21首に手.jpg

アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(29)がもうじき契約の延長交渉に臨むようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

2017年夏にリヨンから加入したラカゼット。今季もここまで公式戦30試合に出場して11得点3アシストの数字を収め、プレミアリーグだとチーム最多の9得点を記録しているが、2022年までの契約状況もあり、今夏移籍の憶測が取り沙汰されている。

移籍先候補としてアトレティコ・マドリーやローマ、そしてモナコの名が挙がり、動向に注目が集まるフランス人ストライカーだが、ミケル・アルテタ監督は7日に敵地で予定するバーンリー戦に先駆けた会見で、まもなくの契約延長交渉を示唆した。

「彼には我々との契約がある。先週も本当に良い働きをしてくれた」

「ああいうプレーこそが彼に求めていること。私も本当に満足している」

「彼との契約に関する話し合いはまもなく行われるだろう。どうなるかはそれからだ」

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1608】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1614520364/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、マウント決勝弾許しチェルシーに0-1敗戦…クラブ史上初のホーム5連敗で7位後退

マウント鮮烈弾でチェルシーが苦手アンフィールド攻略! リバプールはクラブ史上初のリーグ戦ホーム5連敗の屈辱…《プレミアリーグ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/540dd6e54dda3e76cc58223f080c7572e50be902
マウント20-21第29節シュート.jpg

プレミアリーグ第29節、リバプールvsチェルシーが4日にアンフィールドで行われ、アウェイのチェルシーが0-1で勝利した。

現在、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内と2ポイント差の6位に位置するリバプール(勝ち点43)。アウェイで行われた前節のシェフィールド・ユナイテッド戦では、最下位相手に2-0の快勝。リーグ戦の連敗を「4」でストップすると共に、5戦ぶりの白星を挙げた。リーグ戦4連敗中のアンフィールドに難敵を迎えた今回の一戦ではブレイズ戦から先発2人を変更。GKアドリアン、フィリップスに代わって守護神アリソン、ファビーニョが復帰し、長期離脱明けのジョタがベンチに戻ってきた。

一方、そのリバプールと1ポイント差で5位に位置するチェルシー(勝ち点44)は前節、マンチェスター・ユナイテッドとの接戦を0-0のドローで終えた。この結果、トゥヘル新体制移行後の無敗を9試合に伸ばすも、リーグ戦では2試合連続ドローと足踏みが続く。昨季王者のホームに乗り込んだ一戦ではユナイテッド戦から先発3人を変更。ハドソン=オドイ、コバチッチ、ジルーに代えてリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、ヴェルナーを起用した。

共に並びや戦い方に変化を加えることなく真っ向勝負で臨んだ重要なシックスポインターは、いずれも前からある程度圧力をかけて相手のビルドアップをけん制。さらに、局面を変える背後への長いボールを意識的に使うなど、比較的似たアプローチでゴールを目指していく。開始6分にはロングボールに抜け出したロバートソンが起点となり、サラーからのリターンパスを受けてボックス手前からファーストシュートを放つが、これは枠の左に外れる。

対するチェルシーも10分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったチルウェルからの斜めの浮き球パスに反応したヴェルナーがペナルティアーク付近でうまく収めて右足を振り抜くが、これは惜しくも枠の右に外れた。さらに、16分にはアスピリクエタが無理な体勢でゴール前に入れた浮き球のパスにオフサイドラインぎりぎりで飛び出したヴェルナーにGKと一対一のビッグチャンスが訪れるが、ここはGKアリソンにうまく詰められて浮き球のシュートはセーブされた。

15分を過ぎて以降はチェルシーがボールの主導権を握った中、24分にはリバプールゴールに迫る。自陣中央でジョルジーニョが出した浮き球のフィードに完璧なタイミングで抜け出したヴェルナーがボックス外に飛び出したGKアリソンを浮き球でかわして無人のゴールへシュートを流し込む。だが、VARのレビューの結果、わずかながらオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。

一方、一瞬の隙を見せてピンチを招いたもののVARに救われる格好となったリバプールは、このプレーをキッカケに気持ちを引き締めて押し返していく。28分にはサラーの浮き球の斜めのパスに完璧に抜け出したマネがGKとの一対一のビッグチャンスも、ここはファーストタッチがうまくいかずにシュートまで持ち込めない。

その後、互いに遅攻では相手の強度の高い守備を上回れず、中盤での潰し合いが目立ち、立ち上がりからの狙いである背後へのボールから散発的にチャンスを作りかける拮抗した状況が続く。しかし、その均衡をチェルシー生え抜きの若手MFが個人技で破る。

42分、自陣でのアスピリクエタのヘディングのクリアを拾ったカンテが左サイドのスペースを狙うマウントへ正確なフィードを送り届ける。そして、ボックス左角で内に切り込んだマウントがDFファビーニョを振り切って鋭い右足のシュートをゴール右下隅の完璧なコースに突き刺し、アウェイチームが最高の時間帯に先制点を奪った。

1点ビハインドで試合を折り返したリバプールはよりアグレッシブな後半の入りを見せる。48分にはボックス右でフィルミノが浮き球で出したパスがカンテの上げた腕に当たるが、ここはボールとの距離の問題か、ノーファウルの判定に。直後の50分には右CKの場面でアレクサンダー=アーノルドのクロスをゴール前のファビーニョが頭で合わすが、これはわずかに枠の左に外れる。

一方、立ち上がりの劣勢を凌いだチェルシーは54分に後半最初の決定機を作り出す。相手を押し込んでの二次攻撃からボックス左でフリーとなったチルウェルがシュート。GKアリソンに弾かれたボールを中央で回収したツィエクがすかさず左足でシュートするが、アリソンの脇を抜けたボールはDFロバートソンの決死のゴールカバーにはじき出された。

ロバートソンのビッグプレーで2失点目を免れるも、徐々に攻撃が手詰まりとなったホームチームは62分、サラーとカーティス・ジョーンズを下げてオックスレイド=チェンバレンと、昨年12月初旬以来の戦列復帰となる切り札のジョタを同時に投入。この交代でマネが右サイドに移り、ジョタが左サイドに入った。

選手交代で流れを引き寄せたいリバプールだったが、チェルシーの分厚い守備を前になかなか危険なところにボールを入れられず、決定機はおろか後半半ばを過ぎても枠内シュートすら放てない苦境が続く。

一方、ツィエクに代えてプリシッチを最初のカードとして切って堅守速攻の色合いを強めるチェルシーは77分、マウントからのスルーパスに抜け出したヴェルナーに2点目のチャンスが訪れるが、ボックス左で放ったシュートはGKアリソンの絶妙な飛び出しに阻まれ、試合を殺すことができない。

その後、両チームは80分に同時に選手交代を敢行。リバプールはチアゴを下げてミルナーを、チェルシーは殊勲のマウントに代えてコバチッチと、互いに中盤にバイタリティをもたらすプレーヤーをピッチへ送り出す。

85分にはリバプールの左CKの流れからボックス左で見事な仕掛けを見せたフィルミノの際どいクロスからゴール前のこぼれにオザン・カバクが詰めるも、押し込めない。さらに、こぼれ球をアレクサンダー=アーノルドが折り返してワイナルドゥムがヘディングで合わすが、ようやく放った最初の枠内シュートはGKメンディに難なくキャッチされた。

その後、決死の猛攻を見せたリバプールだったが、最後まで集中力を切らさないチェルシーの守備をこじ開けることはできず。そして、5戦未勝利の苦手アンフィールドで勝ち切ったチェルシーがトゥヘル体制での公式戦無敗記録を2桁にのせると共に、3試合ぶりの白星で暫定4位に浮上した。

一方、敗れたリバプールはクラブ史上初となるアンフィールドでのプレミアリーグ5連敗という屈辱と共に、7位に転落することになった。

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1313 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1614605031/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☔ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島永嗣、18戦連続フル出場!モナコ戦の完封勝利に貢献

【サッカー】川島永嗣、クリーンシートでモナコ戦の勝利に貢献。ストラスブールは4試合負けなし [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1614853262/
川島ストラスブール指示.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/03/04(木) 19:21:02.52 ID:CAP_USER9

 フランス・リーグアン第28節、ストラスブール対モナコが現地時間3日に行われた。ストラスブールが1-0の勝利を収めた。

 ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣は18試合連続の先発出場。クリーンシートでチームの勝利に貢献した。


 ストラスブールは前半に最大のピンチを迎える。左サイドのスローインからの落としにウィサム・ベン・イェデルが右足ダイレクトボレー。強烈なシュートを川島が弾き、味方がクリア。フランス代表FWの完璧なタイミングでのシュートを川島がセーブし、ピンチを防いだ。

 すると後半AT、川島の奮闘に味方が応える。センターライン付近でボールを拾ったフレデリク・ギルベールがドリブルで相手陣内に侵入。そのまま左足でシュートを放つと、ボールはゴール右に吸い込まれた。

 試合はこのまま終了。ストラスブールがモナコに1-0の勝利を収め、リーグ戦4試合負けなしとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/56d9edd76e4fedaf6b031b0e3426f47aa4c3a237


川島18戦連続フル出場 モナコ相手に完封勝利貢献
https://news.yahoo.co.jp/articles/d69f179d6d7f4582c5bb209eac612304e7200c95

<フランスリーグ:ストラスブール1−0モナコ>◇3日◇ストラスブール

GK川島永嗣が所属するストラスブールはホームで上位のモナコを1−0で下し、3試合ぶりの勝利を挙げた。

引き分け寸前の後半ロスタイム、自陣でこぼれ球を拾ったDFギルバートがドリブルで駆け上がり、そのまま中央から左足ミドルシュートを突き刺した。

川島は18試合連続でフル出場し、完封勝利に貢献した。

ストラスブールは9勝6分け13敗の勝ち点33で14位。モナコは17勝4分け7敗の勝ち点55で4位。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)