アンテナ・まとめ RSS

日本代表GK川島永嗣(38)、ストラスブールと2年契約延長「ここからがまたスタート」

【サッカー】38歳日本代表GK川島永嗣がストラスブールと2年契約延長 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1623498126/
川島永嗣ストラスブール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/06/12(土) 20:42:06.88 ID:CAP_USER9.net

 フランス1部のストラスブールは12日、今季限りで満了だった日本代表GK川島永嗣との契約を2023年6月まで延長したと発表した。18年夏に加入した川島は、3シーズン目となる今季リーグ戦24試合に出場。15位での1部残留に貢献した。

 現在日本代表活動に参加している38歳の川島は自身のSNSで「このたびストラスブールと2年契約延長をしました。このクラブで自分の挑戦を続けられること、そしてクラブからの信頼に心から感謝しています。ここからがまたスタート。ストラスブールというクラブと共に夢を共有し、叶えるために全力を尽くしていきたいと思います」と改めて抱負を記した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f14eece4e45cf01be6d8ea8c990a130d72aecf0




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1清水、フラメンゴMFロナウドの獲得が決定的!2年半の契約へ

清水、フラメンゴのブラジル人MF獲得が決定的に!2年半契約を締結へ
https://football-tribe.com/japan/2021/06/12/216398/
ロナウドバイーア.jpg

 清水エスパルスがフラメンゴを退団するブラジル人MFロナウドの獲得に迫っているようだ。ブラジル『メルカート・フットボール』が報じた。

 同メディアによれば、フラメンゴとの現行契約が今月末に失効するロナウドは契約満了で同クラブを退団するという。今年2月にはクルゼイロが獲得に動いたロナウドに対して、フルミネンセが順調に交渉を進めていたようだ。

 しかし、選手自身が国外でのプレーを希望したことこともあり、清水からのオファーを受諾した模様。そして、2年半契約を締結するとのことだ。

 2013年にフラメンゴの下部組織に加入したロナウドは2015年にトップチームへ昇格。アトレチコ・ゴイアニエンセへのレンタル移籍を経験すると、直近2シーズンはバイーアでプレー。昨季は本職の守備的MFだけでなく、セントラルMFとしてカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA26試合に出場して3アシストを記録していた。

しみじみ清水エスパルス2138
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1623247065/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:19 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表FWオナイウ阿道、セルティック移籍の可能性?恩師ポステコグルー監督が就任 スコットランド紙報じる(関連まとめ)

セルビア戦で日本代表デビューのオナイウ阿道、恩師を追ってスコットランドの名門に移籍? 現地紙が報じる
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2b9f5ae773e53483f92e66b0b75ced184870f93
オナイウ2021セルビア戦.jpg

6月11日、国際親善試合でセルビア代表と対戦した日本代表は、後半早々に伊東純也が挙げたゴールを守り切り、1-0で勝利を収めた。

 前半は主導権を握った日本だったが、前半はセルビアの堅守に苦戦。その空気を変えたのが、後半から登場した横浜F・マリノスに所属するオナイウ阿道だ。25歳のストライカーはCFとして屈強なセルビアDFを背負い、ポストプレーで日本のアタッカー陣を牽引。得点こそオフサイドで取り消しとなったが、代表デビュー戦で鮮烈なインパクトを残した。

 そんなオナイウについて、スコットランド紙『Glasgow Live』が、11日付で「セルティックに移籍する可能性がある」と報じた。

 スコットランド1部のセルティックといえば先日、横浜を率いていたオーストラリア人のアンジェ・ポステコグルー監督の就任が発表された名門だ。
 
「横浜のストライカー、アド・オナイウはポステコグルーのターゲットになるかもしれないと言われている。新たに始まる政権下で、新たなボスは、クリスファー・アーエ、オドソンヌ・エドゥアール、ライアン・クリスティらが契約の最終年を迎えていることから、今夏に補強を必要としており、未来の戦力確保が命題となっている」(『Glasgow Live』)

 そんななかで白羽の矢が立ったのが、オナイウだという。今シーズンは16試合に出場し、10ゴールをマーク。これはJリーグの日本人選手としてはトップの数字だ。

 セルティックでは三笘薫(川崎)や古橋亨梧(神戸)、町田浩樹(鹿島)も獲得候補としてリストアップされていたようだが、チームの状況とポステコグルー監督就任によって、オナイウが頭一つ分抜きん出ており、「潜在的なターゲットとなっている」としている。

 果たしてオナイウはかつての恩師を追って海を渡ることになるのだろうか。今後の動向が注目される。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13870
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1623337154/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表、ジャマイカに4-0完勝!横内監督は3戦でGK4選手を使い分ける「それぞれが甲乙つけ難い」まとめその4(関連まとめ)

「それぞれが甲乙つけ難い」3試合で4選手を使い分けた守護神争いに横内監督が悲鳴!「代表に来ても計算できる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4536e53c124900687d103160ed7c1bccfb3f5a6
U24日本代表GK4人.jpg


 U-24日本代表を率いた横内昭展監督から嬉しい悲鳴が聞こえてきた。

 東京五輪を目指すU-24日本代表は6月12日、国際親善試合のジャマイカ代表戦を豊田スタジアムで行ない、4-0で勝利を収めた。

 32分の久保建英のゴールにはじまり、遠藤航、上田綺世、堂安律とタレントたちが次々と得点を奪った攻撃陣もさることながら、試合後に横内監督は、「どういった相手にでも勝ってゼロで終わるということ、先に点を取ってゼロで終わるということが非常に収穫だったと思います」と完封した守備も称賛した。

 オーバーエイジの吉田麻也、遠藤、酒井宏樹の3選手が加わったことで飛躍的に安定感を増したのは言うまでもないが、ここにきてその安定感を担保しながらも熾烈なメンバー争いに発展しているのがGKだ。

 6月に行なわれた3試合では、3日のA代表戦で大迫敬介と沖悠哉を前後半で使い分け、5日のガーナ戦では1試合を通して谷晃生を起用。さらにこの日のジャマイカ戦では前半に谷、後半は鈴木彩艶にスイッチしている。

 指揮官はGKたちについて、「この4人に関してはJリーグでほぼレギュラーポジションを取っている選手。近年オリンピック代表でそういう感じは少なかったと思う」と振り返るほどハイレベルな守護神争いになっているという。
 
 実際に大迫は広島で19試合、谷は湘南で、沖も鹿島で17試合に出場し、消化試合に差があるものの、代表招集までのJリーグ全試合に出場している。また、18歳の鈴木はここ5試合のみの出場ながら、ポジション争いをしているライバルは、3月にA代表にも招集されていた西川周作だ。

 それぞれのクラブで充実の時を過ごす4選手に「そういう意味では各クラブで経験を積んできている選手たちなので、ある程度みんな、代表に来ても計算できるプレーをやってくれる。本当に4人それぞれが甲乙つけ難いプレーを今回の活動でもやってくれたなと思います」とこの代表活動中もハイパフォーマンスを続け、メンバー選考に向けて頭を悩ませているという。

 7月22日から始まる東京五輪本番に向けて、6月中には最終メンバーを発表するというU-24日本代表。A代表と兼任する森保一監督に代わって5、6月の代表活動で指揮を執った横内昭展監督は、「骨格はある程度見えてきたと思います。スタッフ、監督含めて、見直しながら考えていきたい」とし、「森保監督とA代表の活動を終えてから、話をしながら決めていきたい」と本番前の大仕事に取り掛かるという。

ΨΨΨ湘南ベルマーレ 610th Big WaveΨΨΨ
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1622753282/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:59 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表、ジャマイカに4-0完勝!OA遠藤航は絶妙ゴール決め手応え「イン巻きは意外と得意」まとめその3(関連まとめ)

「イン巻きは意外と得意」遠藤航が会心芸術弾に笑み浮かべ手応え!A代表相手に「最大の目標」もクリア
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a487c261059b54329fde0b298189b2ef5992a11

遠藤航2021ジャマイカ戦ゴール.jpg

 U-24日本代表は6月12日、豊田スタジアムでジャマイカ代表と対戦した。

 東京五輪メンバー発表前最後の強化試合は、オーバーエイジの吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航の3人を先発起用した日本が立ち上がりから主導権を握り、32分に右サイドからのカットインでペナルティエリア内に侵入した久保建英が、左足を振り抜き先制点を奪った。

 20歳の一撃で勢いに乗ったホームチームは、ここから怒涛のゴールラッシュ。42分に遠藤が絶妙なコントロールシュートでネットを揺らすと、ハーフタイムを挟み57分に上田綺世、64分に堂安律が立て続けにゴールを奪い、リードを4点に広げた。

 結局、日本は危なげなくそのまま4-0で勝利。北中米のA代表を一蹴した。
 
 試合後、チーム2点目を挙げた遠藤航がフラッシュインタビューに対応。得点シーンを「イン巻きは意外と得意なので決められて良かった」と笑みを浮かべながら振り返ると、「相手はA代表だったが、しっかり自分たちのサッカー見せて勝利することが最大の目標だったので、しっかり4点獲って、後ろは0で抑えて、最後まで集中力切らさずやれたので良かった」と、任務遂行にも手応えを示した。

 U-24代表の6月シリーズはこの試合で終了。いよいよこの後、最終メンバー18人が発表され、残す強化試合は本大会直前に行なわれるU-24ホンジュラス代表戦(7月12日)、U-24スペイン代表戦(7月17日)のみとなる。

 リオ五輪にもキャプテンとして全試合に出場した経験豊富な28歳は、今後に向け「まだ少しミスは多いと思うし、もうちょっと攻撃の形は作れたかなという印象はあるし、相手が落ちたなかで、自分たちが少し足を止めた場面もあるので、そこは最後までやり切らないといけない。まだまだ改善できると思う」と語る。快勝を収めたなかで見つかった小さな綻びを改善しつつ、悲願の金メダルへ邁進したい。

VfB Stuttgart 遠藤航 Part.4
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1617603687/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:05 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表、ジャマイカに4-0完勝!上田綺世が華麗ループ弾!三笘絶妙スルーパスを決めきる!「良いパスが来たので…」まとめその2(関連まとめ)

上田綺世、華麗ループ弾は「良いゴールだった」。U-24日本代表での連係は「最初に比べたら…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/389f76f74470d09d74d5eb3e7a50147bb4a6814e
上田2021ジャマイカ戦ゴール.jpg


【U-24日本 4-0 ジャマイカ 国際親善試合】

 U-24日本代表は12日、ジャマイカ代表との国際親善試合に臨んだ。

 東京五輪メンバー発表前最後の試合で、攻撃陣が爆発した。32分に久保建英がゴールを奪うと、その10分後に遠藤航が追加点。後半には上田綺世、堂安律にもゴールが生まれ、最終スコア4-0でスタジアムを後にすることになった。

 後半頭からの出場ながら三笘薫のスルーパスに抜け出し、1得点と結果を残した上田は「薫くんからいいパスが来たので決めるだけでした。薫くんとは昔からやっていますし、ドリブルで一人二人抜けるっているのはわかっていたので、それを待ってタイミングよく抜け出せたんじゃないかなと思います」と自身のプレーを振り返った。


 上記のシーンでは、GKとの1対1をループシュートで制した。それについて上田は「自分のシュートだったり抜け出しの幅を増やすということを自分なりに励んでいるので、それが出た良いゴールだったんじゃないかなと思います」とコメント。また、2列目との連係面については「この活動の最初に比べたら合うようになっているし、最後のゴールシーンとかもそれが出たと思う」と話した。

 これでU-24日本代表の今月の試合は終了。あとは、東京五輪メンバー発表を待つだけである。上田は「自分の出せるものは出せたつもりですし、みんなもこの活動で出し切れたと思うので、あとは待つだけ。選ばれても選ばれなくても自分のキャリアは続くので、良いパフォーマンスを出し続ける準備をしたいと思います」と東京五輪に向けてコメントを残した。

鹿島アントラーズPart2814
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1622972929/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:05 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【強いぞ!日本】U24日本代表、久保スーパー股抜き先制ゴールなジャマイカA代表に4-0快勝!遠藤航、上田、堂安もゴール まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】ジャマイカに4得点! U24日本代表、五輪メンバー発表前ラストマッチを白星で飾る [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1623479110/
久保2021ジャマイカ戦ゴール.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2021/06/12(土) 15:25:10.81 ID:CAP_USER9.net

 12日、国際親善試合U−24日本代表対ジャマイカ代表が行われた。

 5日のU−24ガーナ代表戦から1週間ぶりとなる今回の試合は、今月下旬に予定されている東京オリンピックのメンバー発表前のラストマッチ。オーバーエイジ(OA)のDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航の3選手やMF堂安律、MF久保建英などといった選手が先発出場を果たした。

 最初のチャンスは11分、ジャマイカ代表の横パスをピッチ中央でカットしたMF三笘薫が得意のドリブルで相手ペナルティエリア内へ進入。スピードに乗った三笘は対峙した相手GKをかわそうとするが、そのGKに防がれてしまう。U−24日本代表はその直後、三笘のラストパスを受けたFW前田大然が相手ペナルティエリア中央から右足でシュートを放つが、相手DFのブロックに遭う。

 19分にもDF旗手怜央から斜めのボールを受けた久保が、敵陣ペナルティエリア左から左足でミドルシュート。ニアサイドに鋭く放たれたボールは、ゴール左のポストを叩き得点には至らない。22分にはCKの流れから遠藤がミドルシュートを放つも、相手GKのセーブに防がれる。29分にはMF田中碧からのパスを敵陣ペナルティエリア中央で受けた堂安が、ワントラップから左足でシュートを放つも、これも相手GKのセーブに防がれる。

 なかなか点を奪えない展開となるが、飲水タイムの直後にU−24日本代表が先制点を決める。32分、酒井からのスローインを相手DFラインの裏で受けた久保が敵陣ペナルティエリア右から細かいタッチのドリブルで中央へ進入すると、左足を振り抜きシュートを放つ。ボールは相手DFとGKの股を抜け、ゴールネットを揺らした。久保の2試合連続となるゴールでU−24日本代表がリードを奪う。

 このまま前半が終了するかと思われた42分、U−24日本代表は敵陣ペナルティエリア付近でボールを保持すると、最後は遠藤がゴール左から右足でコントロールシュート。カーブのかかったボールは美しい弧を描き、ゴール左へと吸い込まれた。スコアは2−0となり、前半は終了となる。

 迎えた後半、途中出場のFW上田綺世がシュートチャンスを迎える。51分、遠藤とのパス交換で敵陣ペナルティエリア右へと抜け出した上田が、右足でニアサイドへシュート。しかしボールは右ポストに阻まれ、ゴールには至らない。

 それでも57分、自陣からの縦パスを受けた三笘が前を向き相手DFを剥がすドリブルを見せると、前線で動き出した上田へピッチ中央から絶妙なスルーパス。上田は対峙した相手GKの位置を見極めると、柔らかなループシュートでゴールネットを揺らした。U−24日本代表のリードは3点となる。

 攻撃の手を緩めないU−24日本代表は、64分にも追加点を記録する。久保のパスで抜け出した途中出場のMF相馬勇紀が、敵陣ペナルティエリアへ進入すると相手GKをもかわす。ボールは角度のないへと流れてしまうが、相馬が中央へパスを送ると待っていた堂安がゴールへ流し込んだ。堂安の2試合連続ゴールでスコアは4−0。

 その後スコアは動くことなく、結局そのまま試合終了のホイッスルを迎えた。4−0で勝利したU−24日本代表は、東京オリンピックのメンバー発表前ラストマッチを勝利で飾っている。

【スコア】
U−24日本代表 4−0 ジャマイカ

【得点者】
1−0 32分 久保建英(U−24日本代表)
2−0 42分 遠藤航(U−24日本代表)
3−0 57分 上田綺世(U−24日本代表)
4−0 64分 堂安律(U−24日本代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/474e2c5b1b9ccc14cda7e537cab59ad646ada11e



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:56 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、日本代表を離脱…クラブ事情のため 歴代最長タイW杯予選7戦連続ゴール継続中

【サッカー】南野拓実が日本代表を途中離脱「クラブ事情のため」、歴代最長タイW杯予選7戦連続ゴール継続中 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1623463164/
南野2021セルビア戦.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/06/12(土) 10:59:24.87 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)は12日、日本代表メンバーのMF南野拓実が途中離脱したことを発表した。


 JFAによると、南野の離脱は「クラブ事情のため」。昨シーズン途中からサウサンプトンにレンタルされていたが、その期間も終了し、現在はリバプールに戻っている。

 日本代表は15日にW杯アジア2次予選でキルギスと対戦。7日のタジキスタン戦ではゴールを挙げ、W杯予選7試合連続ゴールは継続中。本田圭佑と並ぶ歴代最長タイの記録となっているが、本田も欠場を挟んだ出場試合での得点記録のため、南野の記録に影響はないとみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1575d98095d877688da3167ceca29b86c5a55de0
6/12(土) 10:55配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表、ジャマイカ戦スタメン発表!堂安、久保、三笘らやOA枠3名が先発

【サッカー】U-24日本代表、ジャマイカ戦のスタメンが発表! OA3名や久保建英らベストメンバーで東京五輪最終サバイバルへ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1623469275/
U24代表練習ジョギング.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/06/12(土) 12:41:15.36 ID:CAP_USER9.net

国際親善試合・U-24日本代表vsジャマイカ代表のキックオフに先駆けて、日本のスターティングメンバーが発表された。

【テキスト】U-24日本 vs ジャマイカ|最新情報・テキスト速報予定!

7月下旬に始まる東京五輪に向けて、強化を進めてきた日本。直前の7月12日にはU-24ホンジュラス代表戦、17日にはU-24スペイン代表戦も予定されているが、メンバー選考前ではこの6月シリーズが最後の活動となる。

オーバーエイジ(OA)を除く15枠(OAを含んで18枠)という熾烈な本大会登録メンバー争いを続けてきたこの世代の選手たち。12日に豊田スタジアム(愛知)で行われるジャマイカ戦は、その最後の試合となる。

本大会までの準備期間中に指揮を執る横内昭展監督(本大会は森保一監督)は、前日会見で選手選考について「明日が終わってから森保監督と話して決めていきたい」と語り、吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航のOA3選手のみが既定路線であることを明かしている。また、ジャマイカ戦のスタメンについては「全員が良い準備をしている」と具体的な言及を避けていた。

そして、ジャマイカ戦ではOA選手の3名が揃って先発入り。また、これまでもこの世代の中心選手として活躍が期待されてきた久保建英や堂安律らもスタートリストに入り、もう一人のアタッカーには三笘薫。4-2-3-1と見込まれる布陣の中でボランチでは田中碧が遠藤航とのコンビを組む。

ディフェンスラインでは、吉田や酒井らとともにA代表でも主軸を担ってきた冨安健洋が負傷離脱したが、町田浩樹が名を連ねた。

東京五輪に向けた最終サバイバル、ジャマイカ戦は12日の13:35にキックオフを迎える。日本のスタメン、控え選手は以下の通り。

■日本代表 先発メンバー
▽GK
23 谷晃生(湘南ベルマーレ)

▽DF
5 町田浩樹(鹿島アントラーズ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス→浦和レッズ)
20 旗手怜央(川崎フロンターレ)
22 吉田麻也(サンプドリア/イタリア)

▽MF
6 遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
7 三笘薫(川崎フロンターレ)
10 堂安律(ビーレフェルト/ドイツ)
11 久保建英(ヘタフェ/スペイン)
17 田中碧(川崎フロンターレ)

▽FW
25 前田大然(横浜F・マリノス)

■日本代表 控えメンバー
▽GK
1 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
24 鈴木彩艶(浦和レッズ)

▽DF
2 菅原由勢(AZ/オランダ)
15 古賀太陽(柏レイソル)
27 橋岡大樹(シント=トロイデン/ベルギー)
28 瀬古歩夢(セレッソ大阪)

▽MF
3 中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
8 三好康児(アントワープ/ベルギー)
14 相馬勇紀(名古屋グランパス)
18 食野亮太郎(リオ・アヴェ/ポルトガル)
21 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン/ドイツ)

▽FW
9 林大地(サガン鳥栖)
26 上田綺世(鹿島アントラーズ)

監督 横内昭展

https://news.yahoo.co.jp/articles/4dcb35af643f8fcccb761bb31db927f13afdd8c9



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:02 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア代表、インモービレ&インシーニェ弾などトルコに3-0完勝!EURO2020開幕戦を白星スタート(関連まとめ)

【サッカー】UEFA EURO2020開幕戦 イタリア×トルコ 結果 [数の子★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1623445442/
イタリア代表EURO2020開幕戦勝利.jpg

1: 数の子 ★ 2021/06/12(土) 06:04:02.87 ID:CAP_USER9.net

【トルコ代表 0-3 イタリア代表/UEFAユーロ2020・グループA第1節】

 ユーロ2020(欧州選手権)グループリーグA組第1節、トルコ代表対イタリア代表が現地時間11日にスタディオ・オリンピコ(イタリア)で行われた。

 ついに幕を開けた4年に1度の祭典。そのファーストゲームで、シェノール・ギネシュ監督率いるトルコ代表は4-1-4-1のフォーメーションを採用。ハカン・チャルハノールやユスフ・ヤズジュ、ブラク・ユルマズといった選手が先発に名を連ねている。

 一方のイタリア代表は4-3-3を採用。チーロ・インモービレ、ロレンツォ・インシーニェ、ドメニコ・ベラルディが前線3枚に並び、マルコ・ヴェラッティ不在の中盤はジョルジーニョ、ニコロ・バレッラ、マヌエル・ロカテッリの3人で形成されることになった。


 試合は立ち上がりからイタリア代表のペースで進む。ボール支配率を高め、相手を押し込んだ。

 しかし、トルコ代表もチャーラル・ソユンク、メリフ・デミラルのセンターバックコンビを中心に粘り強く対応。相手に得点を与えず、0-0で前半を終えることになった。

 試合が動いたのは53分だった。右サイドからベラルディがクロスを上げると、これをデミラルがクリアしきれずオウンゴール。イタリア代表が先制に成功した。

 さらにアッズーリは66分、レオナルド・スピナッツォーラが放ったシュートのこぼれ球にインモービレが詰め2点目。そして79分にはインシーニェにもゴールが生まれ、トルコ代表を大きく突き放した。

 試合はこのまま3-0で終了。イタリア代表は90分間でシュート数24本、被シュート数2本を記録するなど、まさにトルコ代表を圧倒した。

 次節、イタリア代表はスイス代表と、トルコ代表はウェールズ代表とそれぞれ対戦する。

【得点者】
53分 0-1 オウンゴール(トルコ)
66分 0-2 チーロ・インモービレ(イタリア)
79分 0-3 ロレンツォ・インシーニェ(イタリア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/40999a496e18b2773247f0c099499970fe5f4220



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:23 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、セルビアに1-0勝利!DF谷口彰悟は決勝点をアシストし完封勝利に貢献「最初のロングボールの競り合いで…」まとめその4(関連まとめ)

セルビア完封&決勝点アシスト! DF谷口彰悟が示した対応力「最初のロングボールの競り合いで…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7cfd0fcfe7eb71fa7b38e369bb0fce746498a06b
伊東と谷口2021セルビア戦ゴール.jpg


[6.11 キリンチャレンジ杯 日本1-0セルビア ノエスタ]

 強度も対応力も十分に通用することを証明した。日本代表DF谷口彰悟(川崎F)が屈強なセルビア人選手に仕事をさせない堅固な守備を見せ、クリーンシートに貢献した。

 90分間を通じて隙のない守りができたカギとなったのは、立ち上がりのファーストプレーだった。相手は高さも体格も日本人より一回り大きいセルビア。「始まってみないとわからなかった」(谷口)と言うように、キックオフからしばらくは手探りだったが、「最初のロングボールの競り合いで相手が体をぶつけてきた時に強さを感じた。そこで、跳ぶタイミングを変えながらできた」というクレバーぶり。タイミングをずらして跳ぶ頭脳プレーで、「体格の良い選手に対してやらせないということはある程度できた」と胸を張った。

 Jリーグ最強・川崎Fの中心選手として、国内組の意地を代表して見せた90分でもあった。「国内組、海外組と分かれるが、僕らにもできることは間違いなくある。それはトレーニングからも感じている。練習から激しくやっていることが今日の試合につながっている」と言う。

 攻撃でも見せた。後半の立ち上がりに得た右CKのチャンス。キッカーの鎌田大地が右足で供給したクロスに対してニアで頭を合わせてフリック。コースの変わったボールを、ファーに入った伊東純也が右足で蹴り込んで先制した。サイズの大きなセルビアに対して、練習から取り組んできた形だった。

「選手の特徴が分かってきたし、周囲も僕の特徴を分かってくれるようになってきた。自分もやれるという自信を持てている。セルビアは欧州でも力のあるチーム。強気にやれたのが良かった」。

 7月に30歳の誕生日を迎えるが「まだ自分で可能性を制限せずがんばっていきたい」。そう言って精悍な表情をいっそう引き締めた。

(取材・文 矢内由美子)

☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1457〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1623239568/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:51 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、セルビアに勝利!鎌田大地は攻守に存在感も「前半は納得いくゲームではなかった」まとめその3(関連まとめ)

「リスクを避け過ぎ」攻守に存在感の鎌田大地、前半の課題は「何のために前からプレスに行っているかわからない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a355e3497ce6e99f0f63089ba607cf0d31eae3e4
鎌田2021セルビア戦パス.jpg


日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)が、セルビア代表戦を振り返った。

11日、キリンチャレンジカップ2021の日本代表vsセルビア代表の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で日本が勝利した。

前半はセルビアの堅い守備の前になかなかチャンスを作れなかった日本。一方で、相手にもチャンスを作らせず、0-0のまま後半へと入る。

すると立ち上がり3分、右CKから鎌田がクロスを入れると、ニアで谷口彰悟(川崎フロンターレ)がフリック。これをファーサイドで伊東純也(ヘンク)が蹴り込み、日本が先制。その後は追加点のチャンスもありながらもゴールを奪えず、1-0で勝利を収めた。

国際親善試合ながら、今回のシリーズで最も力のある相手であるセルビアに前半は苦しめられた日本。鎌田は「前半からもっとしっかりプレーをしようとするべきだったと思いますし、後半はうまく修正できたと思います」とコメント。しかし、「良いチームではあると思いますが、世界のトップと比べるともっと普通にできないとダメだと思います」と語り、前半からしっかりと戦える必要があったとした。

また「今日の前半は全然納得いくゲームではなかったし、少しレベルが上がったチームに対して勇敢にボールをつけたり運んだりしないといけない」と、消極的なプレーが多かったとし、「ボールを取った瞬間もっと早くファーストボールを前につけないと。もっと早くつければビッグチャンスになると思う」と、高い位置でボールを奪った後のプレーが足りないとした。

その点では「ボールを取って落ち着いてしまうとスピーディーな攻撃ができないので、まだまだそこはチームとして向上しないといけないし、要求しないといけないです」と、改善が必要だと語った。

後半はチャンスも作れ、試合内容も改善したが変えた点については「特に変えてはいないですが、選手のみんなの意識が変わりましたし、DFからボランチにうまくつけたり、ボランチが前を向いてボールを捌けていたかなと。そこは意識が前半から変わったと思います」と、選手個々の意識が変化したとコメント。「セットプレーでうまく点を取れて、2点目がオフサイドかはわからないですが、良い展開が作れました」と振り返り、「前半ああいった試合をすると後半体力が持たないと思いました。前半はもっと良くすべきだったと思います」と後半の内容を評価しながらも、前半の闘いぶりを改善しないといけないと語った。

これまでも何度も、早いタイミングや相手を背負っていても前につけて欲しいと語っていた鎌田。この試合では前半特にそのシーンがなかったが「今のサッカーの主流というか、現代フットボールは前から良いプレスをして、できるだけ時間をかけずにゴールを取るのが主流です」と語り、「あれだけ前から良いプレスをかけて、良い奪い方をして、攻撃したいと前から守備に行っているので、あれで前から行ってボールを取ってから落ち着くと、何のために前からプレスに行っているかわからないです」と高い位置でボールを奪う事を今一度考えるべきだと語った。

また「ヨーロッパではインターセプトの瞬間を意識して、チームとしてこうするというのを常にミーティングだったりで選手に意識させていて、あそこで1トップに良いボールが入れば、2列目の選手が前を向いてスプリントができます」とコメント。「僕につけろというわけではなく、前線の選手に対してつけることで後半はチャンスになっていたので、後半は目指しているサッカーができたと思います」とし、後半のようなサッカーを前半からトライするべきだったと振り返った。

前半が良くなかった理由については「距離感は悪くなく、(南野)拓実くんもよく間に顔を出してくれて、良い関係性ができていました」と距離感が問題ではないとのこと。「後半と違うのは、ボランチがどうこうというよりは、みんながリスクを避け過ぎていて、後半になると僕に当てて僕がボランチを使ったり、縦に入れることで相手を難しくできていたので、前半からもっとするべきだった」と、リスクを冒さないプレーが多すぎたと分析。「後ろや横にパスを出すとプレスがどんどんハマっていってしまうので、プレーする勇気が足りなかったと思う」と、メンタリティとして強い相手でも恐れずにパスを出して相手が嫌がる事をすべきだと語った。

☆Full Power☆サガントス第795幕☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1622850866/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:14 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)