アンテナ・まとめ RSS

バルセロナ、クーマン監督を次節カディス戦次第で解任か?スペイン紙報じる(関連まとめ)

【サッカー】バルセロナ・クーマン監督、次節カディス戦の結果しだいで解任か 地元紙 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1632225435/
クーマン監督21-22第5節.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/09/21(火) 20:57:15.41 ID:CAP_USER9 BE:259677112-2BP(0).net

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
9/21(火) 20:53配信
日刊スポーツ

ロナルド・クーマン(ロイター)

バルセロナのロナルド・クーマン監督(58)が、次節カディス戦の結果しだいで解任される可能性があると、スペイン紙ムンド・デポルティボが報じた。

クーマン監督は0−3で完敗した14日欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのバイエルン・ミュンヘン戦後、ラポルタ会長を含むクラブ首脳陣と会談。グラナダ、カディス、レバンテとのリーグ3連戦を指揮する猶予が与えられていた。

しかし20日のグラナダ戦でふがいないドローに終わり、状況が一変。23日カディス戦で周囲を納得させるような結果を出せない場合、26日のレバンテ戦を前に解任される可能性が出てきたという。

またバルセロナの地元ラジオ局RAC1は、クーマン監督が解任された場合、新監督は前監督のやり方を引き継ぐのではなく、チームを刷新し、一から作り上げることができる人物が求められるだろうとしている。(高橋智行通信員)

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210921-39210997-nksports-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebe4e2f4d0a119d5fb1595dccd2de53b8a68c90f



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:04 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、22日の保有元レアル・マドリード戦は温存か?ガルシア監督が示唆「中盤より前はローテーション」

久保建英は保有元のレアル戦お休み≠ゥ…絶好のアピール機会失う
https://news.yahoo.co.jp/articles/5196a259843c98b10e2833e43cb91e513b5bf7b4
久保21-22第5節02.jpg


 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(20)が、22日(日本時間23日)に敵地で行われる同レアル・マドリード戦でお休み≠ニなる可能性が出てきた。

 マジョルカのルイス・ガルシア監督は、19日のビリャレアル戦後の会見で「チームは回復しながら戦っていかなければならない。DF陣はわからないが、中盤より前は間違いなくローテーションして選手を替えていくことになる。2部だった昨シーズンもやっていたし、1部に昇格した今シーズンもやっていく」と予告した。

 トップ下や右ウイングを主戦場とする久保はここまで5試合で4先発するなどフル稼働しており、その対象になる可能性がある。しかも1部残留を目標とするチームは、負ける確率の高いRマドリード戦で主力を休ませて、26日のホーム・オサスナ戦にフレッシュな主力で臨んで確実に勝ち点を取りにいく思惑があってもおかくしない。

 もちろんベンチからの途中出場もあり得るが、先発に比べて出場時間が少ないのは明らか。来季の復帰に向けても将来のホームスタジアムで猛アピールしたいところだが、チームの主力だからこそ、かえって望みがかなわなくなってしまいそうだ。

【RCD】久保建英応援スレ part655【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1632102419/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FMマスカット監督、指笛疑惑を否定「決して真実ではない」(関連まとめ)

J1横浜マスカット監督、自身への指笛疑惑に反論「決して真実ではない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/17a85ad7a25cc31289ec3923a8ddef64e3a36cbd
マスカット監督マリノス.jpg

横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督(48)が20日、オンライン取材に応じ、自らに向けられている“指笛疑惑”について語った。

問題視されているのは、18日の名古屋グランパス戦(豊田ス)でカウンターを浴びた、前半26分の場面。名古屋FWシュヴィルツォクがロングボールに抜け出した場面で、「ピーッ」と笛のような音が鳴ったため、オフサイドの判定が出たととらえた両チームの選手たちは、一瞬足を止めた。シュヴィルツォクがすぐにプレーを再開して突破を試みたが、横浜DFに阻まれて、名古屋のカウンターは不発に終わっていた。

その瞬間の副審や主審の動きは中継映像には映っていないが、オフサイドを示す動作や笛を鳴らした様子は見受けられない。音の発生源は定かではない。名古屋ベンチのスタッフ陣が横浜ベンチを指さして主審に抗議する姿が映っていたことから、横浜ベンチから笛のような音が鳴ったのではないか? との疑惑が持ち上がっていた。

マスカット監督自身も、自身に疑惑がかかっていることは承知しており、この件について質問を受けると「メディアなどからいろんな声が聞こえてくるが、決して真実ではない」と否定した。

難しい判断を迫られる審判の仕事をリスペクトしているとした上で、「明らかに自分だとか、ベンチメンバーがそのような行為をしたならば言うが、それはない。彼らも審判団も(音の出どころが)見えていない。誰がやったか分からない。臆測で何かを言うことはない」と話した。

8月28日の鹿島戦(日産ス)、9月11日の広島戦(Eスタ)でも、相手のチャンスの場面で笛のような音が鳴っていることが、中継映像から確認できる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が採用されているJ1では「オフサイドディレイ」の原則があるため、審判団はオフサイドかどうか疑わしい場面でプレーを止めずに、プレーが途切れた後にVARの協力を得て、事後にオフサイドの判断することが多い。

笛のような音がどこから発せられたのか、現時点で断定はできない。ただ、重大な得点機会の損失につながりかねないため、検証の必要があるのではないだろうか。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14165
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1632197882/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1柏、FWペドロ・ハウルがまさかの移籍…メキシコ1部フアレスへ期限付き移籍「心から感謝しています」

柏FWペドロ・ハウル、メキシコ1部フアレスへ期限付き移籍「心から感謝しています」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6ddbaf7533e832e45a6bdc3e5b71e687ebaa780
ペドロ・ハウル2021柏.jpg

柏レイソルに所属するFWペドロ・ハウルが、フアレス(メキシコ1部)へ期限付き移籍することが決定した。21日、クラブが発表している。

 現在24歳のハウルは、3月にボタフォゴ(ブラジル)から完全移籍で柏へ加入。明治安田生命J1リーグで8試合に出場すると、第20節湘南ベルマーレ戦では2ゴールを挙げる活躍でチームの勝利に貢献した。

 期限付き移籍が決定したハウルは、柏のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「私がレイソルに来た初日から、柏サポーターの皆様から常に応援をしてもらったことを心から感謝しています。来日してから色々な困難がある中、私はいつもこのユニホームを着る際にチームやサポーターのために全力で闘いました。レイソル関係者の全ての人々のことを一生忘れません。遠くからチームの健闘をずっと祈っています」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14165
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1632197882/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、ユニオンSG監督と同僚が高く評価「彼の能力は申し分ない」現地メディアも称賛「偉大な選手になる」

【サッカー】<三笘薫>ユニオンSGの指揮官&同僚が高く評価! 現地メディアも称賛「偉大な選手になる」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1632059952/
三笘21-22第8節.jpg
1: Egg ★ 2021/09/19(日) 22:59:12.29 ID:CAP_USER9.net

現地時間9月18日、ベルギー・リーグ第8節が行なわれ、ユニオン・サンジロワーズはホームにズルテ=ワヘレムを迎え、2-1で勝利を収めた。

 試合開始早々に相手チームに退場者が出て、80分間近くを数的有利な状況で戦ったユニオンSGにおいて、三笘は72分から出場。2トップの一角を務め、前線の攻撃に走り回った。カウンターから50メートル近くをドリブルで駆け上がる姿なども見せて奮闘し、加入後初の勝利を手にしている。

 現地メディア『WALFOOT』は、「この試合では間違いなくミトマとソリノラ・マテューが停滞していたチームを活性化させた」と称賛している。

「ここまで好調をキープしてきた価値観と指針を失っていた。数的有利にもかかわらずホームでの有利性はほとんど感じられなかった。このまま自己満足で試合を終えていたかもしれない。だが、新加入のミトマとソリノラが前線で躍動し、勝利を引き寄せたのだ。今日の見せ場のないゲームのなかで、つかの間のリード、そして後半の場面だけが記憶に残った」
 
 ちなみに、現地メディア『LES SPORT』によれば、フェリーチェ・マッツ監督は「左ウイングが得意な彼とは話し合いをしていて、いくつかのポジションを流動的にこなすこともできる。私が採用するシステムでは、複数のポジションで起用する可能性がある」と語っていたという。その言葉通り、デビュー戦となったヘンクでは2列目中央、ワヘレム戦では2トップでと異なるポジションでの投入となった。

「彼の能力は申し分なく、仲間たちもその能力を認め、感銘を受けている選手もいる。デビュー戦でもわずかな時間だが自分の才能を示し、相手にとって危険な存在だった。彼は途中出場でも見事に使命を果たしている」

 また、同僚のルーカス・ビラールも三笘について「偉大な選手になるためのすべての資質を備えている」とコメントしたという。

「最初の数メートルをすさまじいスピードで突き進み、テクニックにも優れている。率直に言って、トッププレーヤーだ。グループにもうまく溶け込んでいて、時間は必要だが、ともにパフォーマンスをすることでより能力が発揮できるようになるはずだ」

 ユニオンSGは中2日を経た21日に国内カップ戦の5回戦をレブベーケFCと戦い、26日には三好康児が所属するアントワープとの対戦も控えている。三笘の出番も再び期待できそうだ。

9/19(日) 20:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/59142ddc9021b9d2a03b6f5ad8b0003377300c29


写真 https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210919-00098271-sdigestw-000-5-view.jpg?w=640&h=426&q=90&exp=10800&pri=l




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DF伊藤洋輝、ブンデス初先発!シュツットガルトは敗戦もマタラッツォ監督は「守備的に上手くプレーした」

ブンデス初先発のDF伊藤洋輝にシュツットガルト指揮官「上手くプレーした」、早々の交代は戦術的なものと説明
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e7120c5c9d52109748c9d1f50a50455ed5360c8
伊藤21-22第5節.jpg

シュツットガルトのペッレグリノ・マタラッツォ監督が、ブンデスリーガで初先発したDF伊藤洋輝について言及した。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。

シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ第5節でホームにレバークーゼンを迎えた。

開幕戦でグロイター・フュルトに5-1で快勝したシュツットガルトだったが、その後の3試合では1分け2敗。開幕戦以来の勝利を目指した。

しかし、立ち上がりから2失点を喫すると、そのまま1-3で敗戦。4試合勝利から見放されている。

初先発となった伊藤は60分に交代。3試合連続の出場となったものの、チームは勝利を収められず。マタラッツォ監督は伊藤のプレーについて評価した。

「早い段階でパスゲームに緊張感を感じていたと思う。しかし、その後、彼は自分自身を安定させ、守備的に上手くプレーした」

一方で、60分と早い時間帯に伊藤を交代させたことについてはパフォーマンスとは関係ないと明言。相手を考えた戦術的な変更による交代だと語った。

「ムサ・ディアビのようなスピードのあるプレーヤーと、最終ラインの戦いになる」

「彼は優れたビルドアップができ、相手の裏に浮き球のパスを送るなど、試合を加速させることもできる」

「伊藤洋輝に対する決定ではなく、ディアビとパスカル・シュテンツェル対して、コンスタンティノス・マヴロパノスをピッチに立たせるという判断だった」

決してパフォーマンスの悪さからの交代ではないとしたマタラッツォ監督。今後も高いパフォーマンスを見せ、信頼を得られるだろうか。

※レス少なめですが御容赦ください


VfB Stuttgart 伊藤洋輝part1
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1626575084/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広州FC、親会社の中国恒大集団が破綻で崩壊の危機…2013年と2015年にACL優勝

アジアNo.1にもなった広州FC、中国の大手不動産会社「恒大集団」の破綻で崩壊の可能性
https://news.yahoo.co.jp/articles/24cf2f6da1851395b4a92b5231b5d50ac4b0db71
広州FC2020.jpg

中国サッカー界を牽引してきた広州FCだが、クラブ崩壊の危機に陥っている。

広州恒大として知られていたが、今シーズンから中国サッカー協会の規定により企業名をチーム名に入れられないことから名称を広州FCに変更していた。

その親会社は、中国最大手の不動産開発会社である「恒大集団」。2010年にチームを傘下に入れ、広州恒大として活動していた。

かつては“爆買い”として世界中に名を知らしめた中国スーパーリーグ。その中でもトップを走っていたチームは、ヨーロッパで活躍していた選手たちを補強。パラグアイ代表FWルーカス・バリオスやイタリア代表FWアレッサンドロ・ディアマンティ、FWアルベルト・ジラルディーノ、ブラジル代表MFパウリーニョ、コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスなどを順次獲得していた。

また、指導者にも世界的な選手を連れてきており、ユベントスやイタリア代表を率いたマルチェロ・リッピ氏や元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏、元ブラジル代表監督であるルイス・フェリペ・スコラーリ氏らを招へい。買収した翌年の2011年から7連覇を含む中国スーパーリーグを8度制覇。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年に優勝するなど、アジアでもトップクラブに成り上がっていった。

レアル・マドリーやミラン、バイエルンなどとも提携するなど、ビッグクラブへと近づいていっていた広州FCだが、親会社である「恒大集団」が経営破綻に近づいているという。

創業者の許家印氏が、一代で大企業へと成長させた「恒大集団」。2010年以降は不動産以外にも電気自動車やインターネット業界へも進出。現在の年商は7000億元(約12兆円)を超えている。

2020年の売上高も7232億元(約12兆3000億円)、利益は314億元(約5300億円)とされているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延が不動産業界を直撃。不動産価格が下がったことを受け、金融における流動性リスクが起こったため、破綻に追い込まれてしまった。

中国『Sup China』の報道によれば、今年の初めの時点で負債総額は8700億元(約14兆8000億円)にものぼっているとのこと。中国政府へと救済を求めており、広東省はクラブの10〜15%の株式を引き継ぐことを目指しており、国営企業がクラブの残りの部分を買収することになるという。

一時期のようなビッグネームはチームに所属していないが、帰化をして中国代表としてプレーするFWアラン、FWアロイージオ、DFティアス・ブラウニングらは所属。しかし、チームは高給の選手を放出し、資金調達に動くとのこと。また、賃金が未払いとなっていることから、多くの選手が中国から離れようと考えているとのことだ。

中国では、2020シーズンの中国スーパーリーグ王者である江蘇FC(かつての江蘇蘇寧)が破綻し、チームを解散。江蘇FCも“爆買い”で鳴らしたクラブだったが、インテルのオーナーでもある蘇寧電器グループの経営も不振となっていた。

この先どのような形になるのかは現時点では不明。しかし、中国サッカー界のみならず、中国の産業界にも厳しい時代が舞い込んでいるようだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14164
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1632057768/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、ピケFW起用にクロス54本…アラウホ劇的同点弾でグラナダとドロー クーマン監督「今のバルサは8年前と違う。今日はティキ=タカできる選手いなかった」

【サッカー】<バルセロナ>ピケ擁する“新トリデンテ”で土壇場ドローも…ファン困惑「恥ずかしい」「ばかげている」「最高のジョーク」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1632193365/
バルセロナ21-22第5節同点弾.jpg

1: Egg ★ 2021/09/21(火) 12:02:45.75 ID:CAP_USER9.net

バルセロナは20日、ラ・リーガ第5節で本拠地カンプ・ノウにグラナダを迎え、1-1で引き分けた。開始早々に先制ゴールを許したが、後半45分にDFロナルド・アラウホが同点弾を奪取。土壇場で今季リーグ戦初黒星を回避したものの、その戦い方が物議を醸している。

 相手を押し込み続けた前半を0-1で終えたバルセロナは、ハーフタイム明けから長身のFWルーク・デ・ヨングを投入。後半30分にはベンチスタートのDFジェラール・ピケをピッチへ送り、L・デ・ヨングとのツインタワーを形成した。

 それでもゴールを奪えずにいると、アラウホも前線に上げ、3人をターゲットにクロスを放り込み続ける。そして後半45分、MFフレンキー・デ・ヨングからのロングボールをアラウホが落とし、ピケのキープからPA内右のMFガビがクロス。最後はアラウホが豪快なヘディングでこじ開けた。

 このバルセロナらしくない攻撃スタイルに、試合中からSNS上のファンは戸惑いを隠せず。イギリス『デイリー・スター』は「バルセロナがジェラール・ピケをストライカーとして起用し、ファンは大騒ぎ」と題した記事で、その声をいくつか紹介している。

「これはバルセロナにとって恥ずかしいことだ。クーマンはコーチングについて何も知らない。この人はピケをセンターFWにしている」

「クーマンはピケをベンチスタートとした後、9番として起用した。バルセロナは間違いなくこのゲームで負けている。彼らの監督は混乱した人間だ」

 他にも「このようにスタイルを失うのは、ばかげている」「ルーク・デ・ヨングと一緒に攻撃するピケ…」「今日、ピケがストライカーとしてプレーしたことを歴史は忘れないだろう!」「ピケがストライカーだなんて、最高のジョークだよ」といった厳しい意見が飛んだ。

 先日のUEFAチャンピオンズリーグのバイエルン戦(●0-3)以降、解任論が高まるロナルド・クーマン監督は、この試合でさらに逆風を強めてしまったようだ。

9/21(火) 7:46 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa961d6eb4f9b61872a66a56efa9f323167045d9

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210921-45044511-gekisaka-000-6-view.jpg?w=640&h=480&q=90&exp=10800&pri=l




クロス54本のパワープレーでグラナダとドロー…クーマン「今のバルサは8年前と違う。今日はティキ=タカできる選手いなかった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6373ba6e58afb21bbf7121f22c78ac4e3b354b9c

20日のラ・リーガ第5節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのグラナダ戦を1-1で引き分けた。ロナルド・クーマン監督は試合後、チームが勝ち点1獲得のために奮闘したことについて、ある程度の満足感を得ているようだ。

試合開始早々にグラナダの先制点を許したバルセロナは、その後グラナダの堅守を前に苦戦。するとクーマン監督は後半、FWルーク・デ・ヨング、DFジェラール・ピケを途中出場させてDFロナルド・アラウホとともに前線に並べる異例の3トップを形成させる。執拗なクロス攻撃を仕掛けると、90分にアラウホが同点ゴールを記録している。

試合後、クーマン監督はスペイン『モビスタール・プルス』とのフラッシュインタビューで次のようにコメントした。

「試合前は勝つことを考える。ホームであるならば、なおさらね。だが、自分たちのひどい立ち上がりが試合を難しくしてしまった。私たちは力強く試合に入れず、相手は得点後、2分の段階から時間稼ぎをし始め、より守備的になってスペースを与えてくれなかった」

「私たちは試合が進むに連れて良くなっていった。戦い方を変化させて、サイドからクロスを放っていった。もっとゴールがほしかったが、勝ち点1でも満足しなくてはならない。私たちは引き分けに値した。チームは専心していたし、一丸となって野心を見せたことを強調しなくてはならない。それは観客が後押しをしてくれたおかげでもあるね」

バルセロナがこの試合で上げたクロスの数は、じつに54本。彼らのボールをつないでいくスタイル、ティキ=タカと最も距離を置いた一戦だったのかもしれない。

「今は不在の個人技に優れた選手たちにも依存していることだ。招集リストを見てみてほしい。私たちにはティキ=タカをするための選手たちがいなかった。だから、すべきことをしたということなんだよ。まず自分たちのスタイルがあるべきだが、今日は変化が必要だった。サイドからクロスを送る必要に迫られていたとしたら、私たちは良いパフォーマンスを見せていた」

「バルサの基本システムは4-3-3だ。私たちはそれで前半をプレーして、その後に変化を加えた。ベンチにはストライカーがおらず、引き分けるか勝利をつかむためには違う方法、つまりピケとアラウホを前線に置く必要があった」

「私たちは勝利のためにできる限りのことをした。それは強調すべきだし、バルサのフットボールじゃない、ということではないんだよ。今のバルサは、8年前のバルサとも違うのだから」

【DAZN】ラ・リーガ Part.2
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1632167179/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ポグバ退団ならミランMFケシエを獲得か?バルサやPSGなども興味

マンU、今季リーグ戦7アシストのポグバ退団ならミランMFケシエ獲得か
https://news.yahoo.co.jp/articles/28c81c006055a22afb1fefd8a590808767d848b4
ケシエとポグバ21-22.jpg


 マンチェスター・Uはフランス代表MFポール・ポグバがフリーで移籍した場合、ミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエを獲得候補としているようだ。20日、スペインメディア『ムンド・ディポルティーボ』が報じている。

 マンチェスター・Uと2022年までの契約を結んでいるポグバは今シーズン、リーグ戦5試合で7アシストと好成績を残している。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入で残留の可能性が増したと報じられる一方で、来夏フリーで退団する可能性もある。バルセロナやパリ・サンジェルマンがポグバに興味を示しているようだ。

 ポグバがフリーでチームを退団した場合の後継者として浮上しているのがケシエだ。昨シーズンはリーグ戦で13ゴールの活躍。ミランの2位フィニッシュとチャンピオンズリーグ本戦出場に大きく貢献した。契約はポグバ同様2022年までとなっており、同選手も来夏フリーで獲得できる可能性が大きい。

 仮にマンチェスター・Uがケシエ獲得に乗り出した場合でも、その獲得競争は熾烈を極めそうだ。昨夏にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの獲得に失敗したバルセロナや、同選手に2倍の給料を提示して結局ワイナルドゥムを獲得したパリもケシエに興味を示しているという。また、トッテナムやリヴァプール、ユヴェントスの名前も挙がっており、引く手あまたのケシエの動向が注目される。

† Red Devils Manchester United 1560 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1632064048/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、DFカルバハルが再び負傷…容態明かさずスペイン紙は1カ月離脱と予想

バレンシア戦負傷交代のカルバハル、ベイル同様にプライバシー権行使で容態を明かさず…約1カ月離脱との報道も
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5d3e9a0e9b58c8f9e8429010d4f4b36f6d3de38

カルバハル21-22第5節負傷.jpg


19日のラ・リーガ第5節、敵地メスタージャでのバレンシア戦(1-2)で負傷交代を強いられたDFダニ・カルバハルだが、クラブ側からメディカルレポートは伝えられないようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

カルバハルはバレンシア戦で右足ふくらはぎを痛めて25分にMFルーカス・バスケスと交代。翌日に検査を受けたが、MFガレス・ベイルと同様にプライバシーの権利を行使して、クラブ側から負傷の内容を伝えることを拒否した模様だ。ただ『マルカ』は、同選手の離脱期間が1カ月程度になることを示唆している。

カルバハルは昨季36試合を欠場するなど、怪我に苦しむ日々が続いている。またレアル・マドリーはカルバハル以外の右サイドバックの選手が、昨季よりコンバートされたL・バスケスが存在しない。ただL・バスケスはバレンシア戦で失点の原因になるなど不安も拭えず、今後DFナチョ・エルナンデスが同ポジションで起用される可能性もささやかれる。

◆◇El Blanco Real Madrid 1133◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631741222/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)