アンテナ・まとめ RSS

浦和DF槙野智章、ホームタウン撤廃の賛同ツイートを釈明!浦和公式は異例のメッセージ(関連まとめ)

浦和DF槙野「不快な思いをさせて申し訳ない」前日のホームタウン制撤廃賛同ツイートを釈明
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a5385454215930a5f3562e7b64a9f58126114ea
槙野2021浦和キャプテン.jpg

 浦和レッズDF槙野智章が18日、「Jリーグのホームタウン制度撤廃」に賛同した自らのツイッター投稿について釈明している。

 槙野は17日、Jリーグが来季ホームタウン制を撤廃するという一部報道に対して、自身のツイッター(@tonji5)で肯定的な意見をツイート。「仕掛けたもん勝ち。このやり方こそ、アイデアを出し行動する事、チャレンジする事に意味がある。やらないクラブは置いてかれる」と見解を述べたところ、ネット上で批判の声を浴びていた。

 しかし、いち早く村井満チェアマンが声明を発表。報道を否定したうえで、「このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません」と主張した。

 これを受けて、槙野は「僕の言葉が足らず、日頃から熱く応援して下さっている一部サポーターやファンの方々に誤解を招き、不快な思いをさせて本当に申し訳なく思っています」と謝罪し、投稿の意図について釈明した。

「投稿した大前提として、僕も応援してくださるサポーターや地域の方々、支援してくださるスポンサー。それら全て含めたホームタウンが基盤にあってのJリーグだと思っています」

「そこはプロになりたいと強く願い、応援する側だった少年時代から1ミリもブレていません」

「僕は選手としての活動以外に、YouTubeなどの活動を通して、『サッカーファン以外にJリーガー達が知られていない現状』を知り、本当に悲しく感じていました」

「『愛する地元のクラブだから応援する!』日頃支えてもらっている、そんな想いに加え、色んな形で他チームの選手の魅力までもが、少しでもいいから一人でも多くの方に感じてもらいやすい環境になったら」

「好きな選手がいるから…テレビで見た、あのチームの熱い応援が好きだから、そんな沢山の魅力を、どんな形でも知ってもらう事でファンが増えていき、どんなキッカケでもいいから、スタジアムに足を運んでもらえたら、きっとJリーグの新しい未来につながるのでは…と思って、あの投稿をしました」

※浦和レッズ公式サイト インフォメーション

浦和レッズに関わるすべてのみなさまへ
https://www.urawa-reds.co.jp/static/info/179517.html

2021/10/18

いつも浦和レッズへのサポートありがとうございます。
私たちが存在できている理由は、浦和のまちのみなさまが私たちを支え続けて下さったからに他なりません。
今までも感謝の気持ちを胸に、みなさまと共に活動を行ってまいりました。
今後もホームタウンを中心とした考え方に変わりはなく、サッカーのまち浦和を誇りにおもい、この街のために闘ってまいります。
そして、サッカー百年の歴史を持つこの街の伝統を大切にしながら、みなさまと共に歩んでまいります。

浦和レッドダイヤモンズ 代表
立花洋一

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14213
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1634480696/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表MF伊東純也、ゲンクと2024年まで契約延長!ステップアップ移籍が取りざたされるも残留決断(関連まとめ)

【サッカー】伊東純也が2024年までヘンクとの契約を延長!ステップアップ移籍が取り沙汰されるも残留を決断 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1634556509/
伊東純也21-22初ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/10/18(月) 20:28:29.96 ID:CAP_USER9.net

ベルギー1部のヘンクは10月18日、所属する日本代表MF伊東純也との契約を2024年6月まで1年延長したことを発表した。

 いまや日本代表でもレギュラー格となった快足アタッカーは、2019年2月に柏レイソルからヘンクへレンタル移籍。翌20年3月に、23年6月までの3年契約での完全移籍が決定していた。

 在籍3年目の昨シーズンは、不動の右ウイングとしてゴールもアシストも二桁をマークするなど躍動。今夏のステップアップ移籍も取り沙汰されたが、残留を果たしていた。
 
 契約を全うすれば、今シーズンを含めてあと3年、青いシャツを纏うことになった伊東は、契約延長を伝えたクラブ公式ツイッターの動画で、「私はここが好きです」とコメントしている。

 ベルギーでも屈指のウインガーとなった28歳が、ヘンクでさらなる飛躍を遂げるのか。ますます期待が高まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ba492f283b9781e0678fa6f19057a6337140585



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:06 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC岐阜、MF柏木陽介への脅迫等の書き込みを警察に被害届提出「僕自身や家族は不安に感じておりました」(関連まとめ)

岐阜MF柏木に対して脅迫等を含む不適切な書き込み「僕自身や家族は不安に感じておりました」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9f739e860f1629921600f6e121ea7288bef251c
柏木岐阜.jpg


FC岐阜は18日、MF柏木陽介に対して、令和3年6月頃、インターネット上において、生命身体への脅迫等を含む不適切な書き込みがあり、同選手とクラブが相談の上、6月10日に所轄の警察に被害届を提出したことを発表した。

 柏木とクラブで今後の対応を協議した結果、今後このようなことが起こらないように状況を発表したという。クラブは「当該投稿内容は、当クラブの選手個人に対して行われたもので、個人やクラブとしては極めて卑劣な内容であり到底許されるものではありません」と声明を発表。

 そして、「Jリーグ及びJクラブでは、差別や暴力のない世界を目指して定期的に各種の啓発活動を実施しているにも関わらず、その中でこのような事案が発生したことは誠に残念であります。当クラブとしましては、今後も同種の事案に対しては毅然と対応していくとともに、差別や暴力のない社会の実現に向けて取り組んで参ります」と続けている。

 また、柏木本人もクラブを通じて、「インターネット上に書き込みされた事案で僕自身や家族は不安に感じておりました。この度、容疑者が警察の捜査により特定されたことから、今後は安心して生活することができますのでご報告させていただきます。このような行為は絶対に許されるものではありませんので、人を傷つけるような書き込みが無くなるように願っています。最後になりますが、この場を借りて、通報して頂いた方に御礼を申し上げます」とコメントしている。

【サッカー】<FC岐阜>MF柏木陽介への脅迫など不適切書き込みで警察に被害届提出!「極めて卑劣な内容で到底許されない」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1634544840/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【訃報】元日本代表の浅岡朝泰さんが59歳で死去 ソウル五輪予選に出場

【訃報】元サッカー日本代表 浅岡朝泰さんが死去 59歳 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1634530305/
浅岡朝泰日本鋼管.jpg

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/10/18(月) 13:11:45.30 ID:CAP_USER9.net

10/18(月) 13:02
デイリースポーツ
 
 日本サッカー協会は18日、元サッカー日本代表選手の浅岡朝泰さんが10月6日に亡くなったことを発表した。59歳だった。

 葬儀はすでに親族のみで執り行われた。

 浅岡さんは1962年4月6日生まれ、東京都出身。右ウイングとして俊足を生かしたドリブルと正確なクロスを武器に、筑波大、日本鋼管、読売クラブでプレー。1992年に右足靱帯断裂し翌年に現役引退した。日本代表では1987年から1989年にかけて8試合出場した。

 2004年に大腸がんを患い、2007年まで闘病生活を行っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fc6abc99b28925b5c378011ba85da6267458793



サッカー元日本代表の浅岡朝泰氏、59歳で死去 ソウル五輪予選にも出場
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e84050c557b74a7c9a1af06b1b48ef97baa5ef2

日本サッカー協会は18日、元日本代表の浅岡朝泰(あさおか・ともやす)氏が10月6日に死去したと発表した。59歳だった。葬儀は親族のみで執り行われた。

 東京都出身の浅岡氏は筑波大を経て、1985年から日本鋼管サッカー部で活躍。87年には日本代表に選出され、ソウル五輪予選など計8試合に出場した。FW、MF、DFとして88年から読売クラブでプレーしたが、92年に右足じん帯を負傷し、93年に現役を引退した。

 2003年には帝京大可児高の総監督に就任したが、04〜07年に大腸がんのため闘病生活を送った。その後はFC堺の監督などを務めた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジョルカ、10人のソシエダに劇的決勝ゴール許し0-1敗戦…久保建英は負傷欠場

10人ソシエダがロベーテの劇的弾で8戦無敗! 久保不在のマジョルカ下して首位に浮上《ラ・リーガ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/933c320fe92a724ba1dcf025170de0b3f6f5d2e4
ロベーテ21-22第9節マジョルカ戦ゴール.jpg

ラ・リーガ第9節、レアル・ソシエダvsマジョルカが16日にアノエタで行われ、ホームのソシエダが1-0で勝利した。なお、マジョルカのMF久保建英は負傷のため招集外となった。

マドリードの2強と勝ち点17で並ぶ3位のソシエダ。前節は最下位のヘタフェに今季初勝ち点を献上する痛恨のドローとなったものの、目下5勝2分けの7戦無敗と好調を維持。今節ではエースのオヤルサバルを負傷で欠くも、メリノやイサク、ヤヌザイらがスタメンに名を連ねた。

一方、12位のマジョルカ(勝ち点11)では久保が、ヒザのケガによって引き続き欠場。前節のレバンテ戦で5試合ぶりの白星を挙げたチームは、その試合から若干のメンバー変更を敢行。前線はアンヘルの1トップに、2列目は右からイ・ガンイン、ダニ・ロドリゲス、アマトという顔ぶれとなった。

試合は立ち上がりから地力で勝るホームチームが押し込む展開となる。イサクのパワフルな縦への仕掛けを起点に、ヤヌザイらが攻撃にアクセントを加えていく。16分にはボックス内でロベルト・ナバーロに決定機も、ここはシュートを大きくふかす。

最初の決定機をモノにできなかったソシエダは、徐々に守り慣れてきたマジョルカの守備に苦戦。33分にはヤヌザイの左CKをボックス中央のメリノが左足で合わせて枠に飛ばすが、ここはGKマノロ・レイナの好守に遭う。

その後、前半終了間際にイサクがゴールネットを揺らすも戻りオフサイドでゴールが認められなかったホームチームにアクシデントが発生。前半序盤にカードをもらっていたムニョスがルイス・デ・ガラレタを遅れて蹴ってしまい、2枚目のカードで退場となった。

スコアはイーブンも数的不利で試合を折り返したソシエダはハーフタイムに2枚替えを敢行。ロベルト・ナバーロとゲバラを下げてムニョスに替わる右サイドバックのゴロサベル、スビメンディを投入した。

一方、前半の守勢から打って変わって後半は数的優位を生かして押し込む入りとなったマジョルカ。54分にはガラレタからの浮き球パスをボックス中央で受けたアンヘルが胸トラップからの反転シュートでゴールネットを揺らすが、ここはトラップの際のオフサイドを取られる。

押し込む形まで持ち込むものの、最後の精度、アイデアを欠くマジョルカは、セビージャやフェル・ニーニョ、アブドン、ムブラと前線のタレントを中心にメンバーを入れ替えて攻撃の活性化を図る。だが、ホームチームの集中した守備を前に完全に攻撃が停滞した。

その後、0-0のまま試合は最終盤を迎えるが、最後の最後に思わぬ形から劇的決勝点が生まれる。90分、ボックス手前でスビメンディから足元にパスを受けたロベーテが鋭い右への持ち出しから右足を振ると、DFが懸命に出した足にディフレクトしたシュートに対して、GKレイナがはじき出すことができず、ゴールネットに吸い込まれた。

そして、数的不利を撥ね返して最後の最後にゴールをこじ開けたソシエダが、8戦無敗を継続して首位に浮上した。一方、後半のパンチ力不足と最後のレイナのプレーが悔やまれるマジョルカは連勝はおろか、10人相手に痛恨の敗戦となった。

【RCD】久保建英応援スレ part671【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1634115538/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元仏代表DFエブラ、バロンドール候補に物申す「ふさわしい人物は2人しかいない」

【サッカー】「メッシに与えるのはうんざり」元仏代表DFエブラ、バロンドール候補に物申す!「ふさわしい人物は2人しかいない」 [伝説の田中c★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1634470074/
エブラ解説.jpg
1: 伝説の田中c ★ 2021/10/17(日) 20:27:54.22 ID:CAP_USER9.net

 現地時間11月29日に発表される仏誌『France Football』が主催するバロンドール候補のなかで、元フランス代表DFパトリス・エブラは「うんざり」している候補者がいるようだ。

 欧州メディア『Eurosport』によれば、ユナイテッドのレジェンドOBであるエブラは、同胞の後輩や、そのチームメイトが獲得するべきだと考えているという。

 バロンドールの候補者には、リオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、クリスチアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)らの名前が挙がっており、有力候補者だとみられている。だが、こうしたスター選手に対して、特にメッシに対して、エブラは「ふさわしくないと思う」とコメントしたという。

「去年、彼は何を獲得したんだ? 確かに、コパ・アメリカでは戴冠した。だが、バルセロナでは何をしたんだ」
 
 そして、本当にふさわしい選手として、プレミアリーグのチェルシーに所属する2名の名前を挙げている。

「チェルシーのエヌゴロ・カンテとジョルジーニョ以外にふさわしい人物がいるか? 昨年の功績でふさわしいのは彼らのみだ。有力候補だか何だか知らないが、メッシに(バロンドールを)与えるのはいい加減うんざりだ」

 メッシは、アルゼンチンを1993年以来となるコパ・アメリカ制覇に導き、大会最優秀選手賞を受賞した。また、バルセロナではラ・リーガの得点王、コパ・デル・レイの戴冠に貢献している。一方、カンテとジョルジーニョはチェルシーの昨季チャンピオンズ・リーグ優勝を成し遂げた際に主力として活躍。さらに、ジョルジーニョはイタリアのEURO2020制覇にも貢献している。

 果たして6回のバロンドール受賞を果たしたメッシが再び栄誉を手にするのか、それともエブラの挙げたような別の選手が輝くのか。11月29日の発表は、世界中のフットボールファンの注目を集めそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2360e19540827330be233693ed46a772974cfb92



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IOC、W杯隔年開催案に懸念を表明…反対の理由は「他スポーツへの影響」

【サッカー】<国際オリンピック委員会(IOC)>W杯の隔年開催案「懸念」表明!反対の理由として「他スポーツへの影響」... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1634454321/
IOC本部.jpg
1: Egg ★ 2021/10/17(日) 16:05:21.00 ID:CAP_USER9.net

国際サッカー連盟(FIFA)が提案するW杯(World Cup)の隔年開催案に対して、国際オリンピック委員会(IOC)が16日、他スポーツへの影響などを理由に懸念を示した。

 イングランド・プレミアリーグのアーセナル(Arsenal)を指揮し、現在FIFA内部で働いているアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)氏らが推し進めている計画は、欧州サッカー連盟(UEFA)や南米サッカー連盟(CONMEBOL)のほか、監督や識者からも激しい批判が出ている。

 そしてIOCも隔年開催案に異を唱え、多くのスポーツ連盟が反対していると話した。

「IOC理事会は、サッカーの競技スケジュールを変え、W杯を2年ごとに開催するというFIFAの計画を注視している」

「他スポーツの国際連盟、各国のサッカー連盟、クラブ、選手、選手会、指導者も、多くがFIFAの収益を増やそうという計画に強い疑念と懸念を示している」

 IOCは反対の理由として、「他スポーツへの影響」や「女子サッカーのさらなる振興の阻害」、選手の健康に対する「今以上の大きな負担」を挙げ、「IOCもこうした点を懸念しており、サッカー界の利害関係者や国際スポーツ連盟、大規模大会の主催者が呼びかけた、選手の代表らを含めた幅広い協議が必要だという呼びかけを支持する。こういったことはどう見ても行われていない」と続けた。

 FIFAはW杯だけでなく、欧州選手権(UEFA Euro)やコパ・アメリカ(Copa America)といった大陸選手権についても、隔年開催にしたいと考えている

AFP 10/17(日) 9:46
https://news.yahoo.co.jp/articles/9458c83bd18ec0d03a7bf6e8d6ec9f674728cd6d



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、前半だけで5得点!上位レバークーゼンを5-1粉砕!レヴァンドフスキは早くも公式戦15点目

前半だけで圧巻の5発!容赦ないバイエルンが3位レヴァークーゼン粉砕…レヴァンドフスキが早くも公式戦15点目
https://news.yahoo.co.jp/articles/e980eb10c5daacd2c4053f137c075e07615e5913
レヴァンドフスキ21-22第8節ゴール.jpg

ブンデスリーガは17日に第8節が行われ、レヴァークーゼンとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。

直近公式戦5連勝のレヴァークーゼンと、前節フランクフルトに敗れる(1-2)まで8連勝を達成したバイエルンによる一戦。互いにここまで勝ち点16を稼ぎ、前節勝利したドルトムント(勝ち点18)を追う両者による注目のビッグマッチとなった。

試合序盤はアウェイのバイエルンが強烈なプレスで相手を押し込む。すると4分、キミッヒのFKからファーのウパメカノが折り返し、最後はレヴァンドフスキがヒールで押し込んだ。2試合ゴールがなかったエースだが、公式戦(11試合)のゴール数を早くも「14」まで伸ばした。

先制したバイエルンは、その後も縦パスから一気にスピードを上げた攻撃でボックス内へ侵入していく。19分にはザネのミドルシュートがポストを叩き、21分にはデイヴィス、22分にはゴレツカのシュートがGKフラデツキーを襲った。

すると30分、自陣からのビルドアップでワンタッチパスを多用しながら一気に前進。最後はデイヴィスのドリブルから、レヴァンドフスキが押し込んだ。エースが早々にドッペルバック(1試合2得点)を達成。勢いは止まらず、CKからジューレのシュートをミュラーがうち太ももに当ててゴールイン。さらに35分、37分とニャブリが続く。容赦なくレヴァークーゼンを攻め続け、前半だけで5点差をつけて突き放す。しかし40分、バイエルンはデイヴィスが負傷交代。スタニシッチがピッチに入った。

前半で圧倒されたレヴァークーゼンは、後半頭からパウリーニョに代えてタプソバを投入。なんとか一矢報いようとするが、53分のデミルバイの決定機はGKノイアーが立ちはだかる。それでも55分、ヴィルツのラストパスに抜け出したシックがネットを揺らし、反撃の狼煙を上げる。

しかしバイエルンは主導権を渡さない。64分には、チャンピオンズリーグを意識してかレヴァンドフスキとミュラーを下げ、ムシアラとコマンを投入する。試合のコントロールに入り、72分にはジューレに代えてリチャーズがピッチに立った。

レヴァークーゼンは87分、右サイドを強引に突破したアドリのパスからアラリオがネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールに。結局このままスコアは動かず、バイエルンが5-1で上位対決を制した。

この結果、10連覇を目指す絶対王者が勝ち点19で首位に立った。一方公式戦の連勝がストップしたレヴァークーゼンは勝ち点16のままとなっている。

■試合結果
レヴァークーゼン 1-5 バイエルン・ミュンヘン

■得点者
レヴァークーゼン:シック(55分)
バイエルン:レヴァンドフスキ(4分、30分)、ミュラー(34分)、ニャブリ(35分、37分)

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 312
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1634135585/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、ファティ鮮烈同点弾&コウチーニョ弾などバレンシアに3-1逆転勝利!アグエロが新天地の公式戦デビュー(関連まとめ)

バルセロナが難敵バレンシアを撃破!今季初先発の新10番A・ファティが1ゴール&PK奪取の活躍、さらにアグエロが公式戦デビュー
https://news.yahoo.co.jp/articles/b66abc988cd22f3ecc20c4120f69027c43c9f692
ファティ21-22第9節ゴール.jpg

17日のラ・リーガ第9節、カンプ・ノウでのバルセロナ対バレンシアは3-1でバルセロナの勝利に終わった。

ラ・リーガ過去4試合での勝ち点獲得数が5のバルセロナと2のバレンシア。どちらも調子を落としていたが、インターナショナルウィーク明けのこの一戦ではバルセロナがアンス・ファティ今季初先発でジョルディ・アルバが復帰し、バレンシアも不調時にはいなかったガジャとソレールが戦列に戻ってきた。どちらも、この試合で復調の兆しを見せたいところである。

先制点を決めたのはバレンシアだった。5分、コーナーキックでジョルディ・アルバがクリアし損ねたボールから、ペナルティーエリア手前のガジャが左足を一閃。強烈なアウトサイド回転のかかったボールは、GKテア・シュテーゲンの手に当たりながらも枠内に転がっている。

ガジャとともに復活の雄叫びを上げたバレンシアだが、バルセロナも復帰組が躍動。J・アルバとA・ファティが位置する左サイドからバレンシアの守備を切り崩し、13分に同点弾を獲得した。A・ファティがメンフィスとのワン・ツーによって内に切れ込み、ペナルティーエリア手前から右足を振り抜くと、地を這うボールが枠の右隅に収まっている。バルセロナはさらに39分、A・ファティがペナルティーエリア内でガジャに倒されたとの判定でPKを奪取。キッカーのメンフィスがシュートを決め切り、スコアをひっくり返して前半を終えている。

後半、バルセロナは49分にワンタッチプレーの連続からA・ファティがフィニッシュに持ち込んだが、これはGKシレッセンの好守に阻まれる。一方のバレンシアはソレール、ゲデスが立て続けにフィニッシュに持ち込んだものの、前者のシュートはポスト、後者のものはT・シュテーゲンの好守に阻まれている。

クーマン監督は59分に1枚目の交代カードを切り、アンス・ファティとの交代でコウチーニョを投入。また71分にはインサイドハーフのガビと右サイドバックのセルジ・ロベルトも下げてニコとミンゲサをそれぞれのポジションに据えた。その後、バレンシアの攻撃にも苦しんだバルセロナだったが、85分にJ・アルバのボール奪取から速攻を仕掛け、デストの折り返したボールをコウチーニョが押し込んでリードを2点に広げた。クーマン監督はその直後、デストを下げて負傷から復帰したアグエロをついにバルセロナの公式戦でデビューさせた。

終了間際、バルセロナはバレンシアの意地の攻撃を防ぎつつアグエロらが追加点を狙ったが、結局3-1のまま終了のホイッスルを迎えた。2戦ぶり白星のバルセロナ(1試合未消化)は勝ち点15で暫定7位に位置。バレンシアはここ5試合勝利から見放されて9位につけている。

【スコア】
バルセロナ 3−1 バレンシア

【得点者】
0−1 5分 ホセ・ルイス・ガヤ(バレンシア)
1−1 13分 アンス・ファティ(バルセロナ)
2−1 41分 メンフィス・デパイ(PK/バルセロナ)
3−1 85分 フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)

》╋||||《Blaugrana F.C.バルセロナ37》╋||||《
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1632967175/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:41 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュツットガルトDF伊藤洋輝、リーグ戦で初のフル出場!現地メディアが高評価「周囲を納得させた」

ブンデスで初のフル出場を果たしたシュツットガルト伊藤洋輝を、現地メディアが高評価!「周囲を納得させた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/08061076af2e9a9a9a020407edc23d2318d54a6d
伊藤洋輝21-22第8節.jpg

 現地時間10月16日に行なわれたブンデスリーガ第8節で、シュツットガルトはボルシアMGと敵地で1対1のドロー。所属する遠藤航と伊藤洋輝がともに先発出場を果たしている。

 これまで何度か起用されていた伊藤だが、この日が初のフル出場。試合後はピッチに座りこみ、攣りかけた足を伸ばす仕草を見せるほど、疲労困憊だった。

 この先発起用は、ヴァルデマール・アントンの新型コロナ感染が発覚したことにより巡ってきたチャンスでもあった。現地紙『Stuttgarter Nachrichten』の評価では、遠藤は「2.5」、伊藤には平均値の「3」を与えられた(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)。急きょ抜擢されたDFについては、このような寸評が添えられている。

「日本人に与えられたミッションは、最も難しいものだった。アントンの抜けた穴を埋め、3バックの司令塔になる必要があった。驚くべきことに、彼は、DF面ではその仕事をよくこなした。空中戦での勝利は100%。ただ、セーフティなパスと、攻撃への推進力をもっと高めることが求められる」
 
 現地紙『Zeitungsverlag Waiblingen』も伊藤に「2.5」を付与。「3.5」の遠藤はよりも、高評価だった。

「アントンの代わりにDFラインの中央に入り、スイス代表のブレール・エムボロに手を焼いた。だが、彼は試合の入りから落ち着いた良い印象を与え、そのプレーで周囲を納得させた。全体的に良いデュエル勝利率(62%)、しかしパス成功率は低かった(29%)」(『Zeitungsverlag Waiblingen』)

 その伊藤は、試合後に自身のSNSを更新。「1ポイントゲット」という英文とともに試合中の写真を投稿すると、現地サポーターから「良いプレーだった、ヒロキ」「よくやったよ」「素晴らしいパフォーマンスだった」といった声が寄せられている。

 課題は指摘されているものの、アウェーで上位チームからの勝点1奪取に貢献した伊藤。その存在感は間違いなく高まっている。

※ややレスは少なめですが、ご容赦ください

VfB Stuttgart 伊藤洋輝part1
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1626575084/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)