アンテナ・まとめ RSS

前田大然、英メディアがセルティック移籍を予想「フルハシ同様の万能選手」ここまでリーグ戦31試合に出場し18得点

【サッカー】<前田大然>英メディアが高評価!「フルハシ同様の万能選手」ここまでリーグ戦31試合に出場し18得点 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635152378/
前田大然2021マリノス.jpg
1: Egg ★ 2021/10/25(月) 17:59:38.07 ID:CAP_USER9.net

またひとり、ニッポンのサムライが欧州へと羽ばたくのだろうか。

 横浜F・マリノスの前田大然の欧州移籍の話題が国内外で持ち上がっている。現在、同じく日本人ストライカーである古橋亨梧が活躍し注目を集めているセルティックが獲得に動いているというのだ。

 セルティック指揮官は横浜を率いていたアンジェロ・ポステコグルー。今年の6月の退任まで前田を指導していたことで、再び同じクラブで「師弟関係」を築いたとしても不思議ではない。

 英サッカーサイト『THE 4TH OFFICIAL』は「ポステコグルーが日本人ストライカーと再開、フルハシの前例に倣って」とのコラムを掲載。さらなる日本人選手獲得について見解を示している。

 その中では「クラブはもう一度、Jリーグの調査を行なう」としてセルティックが前田獲得の意思があることを伝えており、選手としての特徴を「フルハシ同様、マエダも左サイドからでも、セカンドストライカーとしてでも、完全な『9番』としても使える万能選手」と紹介し、アタッカーとしての才能を高く評価している。
 
 前田は今季、Jリーグ第2節の広島戦での2得点を皮切りにコンスタントにゴールを記録。ここまでリーグ戦31試合に出場し18得点、8月15日の大分戦ではハットトリックを達成するなど、ストライカーとして一気に成長を遂げたシーズンとなった。

 同記事でも前田のここまでの活躍を振りかえり、その上で「(2022年)1月、ポステコグルー監督との再会が訪れるかもしれない」「近々スコットランドに渡り『Kyogoal(キョウゴール:セルティックでの古橋の愛称)』と一緒にプレーするのではないか」と、前田の今冬のセルティック移籍を予想した。

 さらに、セルティックの攻撃陣の現状についても触れ、古橋のこれまでのパフォーマンスとともに、ジョアン・フェリペやギオルゴス・ジャコウマキスなどについても「夏に加わった選手たちの素晴らしい活躍」とチームへの貢献度を讃えている。

 一方で、スイス人FWのアルビアン・アジェティに対しては「フルハシが負傷欠場している間、チャンスを掴むことができなかった」と評した上で「マエダの加入は今後、セルティックの攻撃的プレーヤーたちの将来を危うくするだろう」と締め括った。

 地元メディアの記事は、前田の加入をポジティブに捉えている。セルティックでの新たな日本人ストライカー誕生の可能性は、決して低くなさそうだ。

10/25(月) 17:40 
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2c4686fe09cd97c81baa65d263467626c5e5ec7

写真 https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211025-00048138-thedigest-000-2-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:09 | 大阪 ☔ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、アーセナル同僚ベンホワイトが称賛「みんなが彼のことを大好き」「本当に良くやっているよ」

【サッカー】<アーセナルのCBベン・ホワイト>“ナイスガイ”冨安健洋を称賛!「みんなが彼のことを大好き」「本当に良くやっているよ」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635151301/
冨安とベンホワイトタッチ.jpg
1: Egg ★ 2021/10/25(月) 17:41:41.61 ID:CAP_USER9.net

アーセナルのベン・ホワイトは、チームメイトの冨安健洋について語った。

今夏の移籍市場でボローニャからアーセナルに加入した冨安。当時開幕3連敗と低迷していたチームの中でいきなり右サイドバックとして先発の座をつかむと、ここまで6試合に出場して評価を高めている。

そんな日本代表DFと同様に今夏にアーセナルに加入して、ディフェンスラインで共闘するイングランド代表DFホワイトは『Stadium Astro』とのインタビューの中で冨安について問われ、自身の考えを明かした。

「彼がアーセナルでプレーしているとき、どれだけ良いパフォーマンスをしているかをみんなが知っているはず。彼はナイスガイだ。彼は加入してすぐにチームにフィットした。みんなが彼のことを大好きだし、彼はピッチの上でもやるべきことをやっている。本当に良くやっているよ」

冨安がデビューしたリーグ戦第4節以降、アーセナルは4勝2分けと調子を上げており、同選手はホワイトやガブリエウ、さらに新戦力の守護神アーロン・ラムズデールとともにその間3度のクリーンシート達成に貢献している。

GOAL 10/25(月) 14:00:
https://news.yahoo.co.jp/articles/2ece602271c20d2487f349e8489e0870df25e223

写真 https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211025-00010019-goal-000-1-view.jpg?w=640&h=360&q=90&exp=10800&pri=l



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田、インドネシア代表DFリュウジ・ウトモの獲得狙う!母親が日本人 闘莉王への憧れ公言 韓国2部全南も獲得狙う(関連まとめ)

磐田、インドネシア人DF獲得へ韓国2部と争奪戦か!闘莉王への憧れ公言
https://football-tribe.com/japan/2021/10/25/228659/

リュウジウトモ.jpg

 明治安田生命J2リーグで首位に立つジュビロ磐田は、インドネシア代表DFリュウジ・ウトモ(26)の獲得を狙っているようだ。23日、インドネシアメディア『Tribun WOW』が伝えている。

 インドネシア人の父親と日本人の母親の間に生まれたウトモは、インドネシア国内クラブの下部組織で頭角を現すと、2014年にジュビロ磐田のトレーニングに参加していたが、当時加入実現には至っていなかった。その後、2015年8月にバーレーン1部のアル・ナジマでプロデビュー。2016年にインドネシアに復帰すると、2017年にはインドネシア国内の古豪プルシジャ・ジャカルタへ加入。タイ2部のPTTラヨーンへのレンタル移籍をへて、2019年にプルシジャ・ジャカルタに復帰したものの出場機会を確保できず、今季はマレーシア1部のペナンFCへレンタル移籍。リーグ戦22試合終了時点で13試合に先発出場している。

 また、同選手は2017年3月開催の国際親善試合・ミャンマー戦でインドネシア代表デビューを果たしていたものの、それからはしばらく代表戦から遠ざかっていた。しかし、今月開催のアジアカップ・プレーオフ(ホームアンドアウェイ方式)の台湾戦に招集されると、2ndレグでフル出場している。

 この身長185cmをほこるウトモには、かつて練習生として招待した実績を持つジュビロ磐田が関心を寄せている模様。ただ、K2リーグ(韓国2部)の全南ドラゴンズも同じく興味を示しているため、争奪戦に発展する可能性があるようだ。

 なお、ウトモは攻撃型センターバックとしてプレースタイルを確立させており、昨年にはかつて日本代表の一員としてFIFAワールドカップでプレーした実績をもつ田中マルクス闘莉王への憧れをインドネシア国内メディアのインタビューで口にしていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14221
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635071200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板倉滉、4試合連続の完封勝利に貢献!独地元メディアで高評価「安定感があり、落ち着きのある存在」

板倉滉はフル出場で4戦連続完封勝利に貢献! 好調シャルケが暫定2位に浮上
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5baab6aa2e87b1db7204dcb3ad11ec3b7480a2f
板倉21-22第11節.jpg

[10.23 ブンデスリーガ2部第11節 シャルケ-ディナモ・ドレスデン]

 ブンデスリーガ2部は23日、第11節を行い、日本代表DF板倉滉が所属するシャルケはホームでディナモ・ドレスデンと対戦し、3-0で勝利した。板倉は6試合連続でフル出場。シャルケは3位から暫定2位に浮上している。

 好調シャルケが幸先よく試合を動かした。前半20分、MFラインホルト・ランフトルのシュート性のクロスはGKに阻まれたが、こぼれ球に反応したDFトーマス・アウエヤンが押し込み、先制ゴール。守ってはGKマルティン・フライスルのファインセーブもあり、1-0のまま試合を進めたシャルケは次の一点を奪った。

後半33分、右CKにニアサイドのFWマリウス・ビュルターが頭で合わせると、シュートはファーサイド隅へと突き刺さった。終了間際の90+4分にはDFマルチン・カミンスキがヘディングシュートでネットを揺らし、とどめの一撃。3-0で完封勝利をおさめたシャルケは4連勝。板倉は4試合連続のクリーンシート達成に貢献している。

※レーゲンスブルクがハノーファーに勝利し、得失点差でシャルケは今節3位となりました。

4試合連続無失点勝利のシャルケ。板倉滉は地元メディアで高評価「安定感があり、落ち着きのある存在」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7078459bc882d4aaea893997c3e59c30f74ed081

シャルケのDF板倉滉がまたも現地メディアで高い評価を得ている。

シャルケは23日、ブンデスリーガ2部第11節でディナモ・ドレスデンと対戦。板倉は7試合連続の先発出場を果たす。すると3-0の勝利に貢献し、チームは4試合連続の無失点勝利を達成した。

最終ラインの要として君臨する板倉について、地元メディア『RUHR 24』では「2.5」と高採点をつけ、以下のように評価した。

「この日本人はシャルケ04をうまく利用している。守備の中心人物であり、安定感があり、落ち着きのある存在だ。特に57分には、ペナルティエリア内へのクロスを足を伸ばしてインターセプトし、そのことを証明した」

4連勝で2位となったシャルケ。板倉の活躍もあり、一年での1部復帰へ向けて邁進している。

板倉滉 part3
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1624958371/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和GK鈴木彩艶、ルヴァン杯ニューヒーロー賞を受賞!「大変光栄」準決勝進出貢献(関連まとめ)

浦和GK鈴木彩艶がルヴァン杯ニューヒーロー賞「大変光栄」準決勝進出貢献
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b8f8f27a96be8dc0b61a68da44bf33241361a71
鈴木彩艶2021浦和.jpg

Jリーグは25日、2021シーズンのYBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」が浦和レッズGK鈴木彩艶(19=ざいおん)に決定したと発表した。鈴木は同大会でグループステージ第1節から準決勝第2戦までの間、12試合中9試合にフル出場。チームの準決勝進出を後押しした活躍が評価された。GKの受賞は、01年の曽ケ端準(鹿島)以来、11シーズンぶり2人目。浦和の受賞選手は5人目となり、同クラブの受賞人数は歴代最多となる。

鈴木には賞金50万円、クリスタルオーナメント、ヤマザキビスケット社製品1年分が贈呈される。鈴木は「このたびは、ニューヒーロー賞を受賞でき、大変光栄に思います。この素晴らしい賞を受賞できたのも、チームメート、そして浦和レッズに関わるすべての方々のおかげだと思っています。チームとしては望んだ結果を得ることができませんでしたが、大会を通して、自分自身の成長につなげることができました。これからもチームの勝利に貢献できるよう、今年得た経験を大切にしながら日々のトレーニングからしっかりと努力していきたいと思います。また、今後はこの賞に恥じないようなプレーをしていきたいです。改めまして、コロナ禍にもかかわらず、たくさんのサポートをしてくれたファン・サポーター、大会関係者のみなさんに心から感謝いたします。近い将来、満員のスタジアムでプレーできることを楽しみにしています」とコメントした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14221
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635071200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューカッスル買収のサウジ政府系ファンド、インテル買収に1300億円用意か

【サッカー】ニューカッスル買収で話題のサウジ大富豪 今度はインテルも“爆買い”か [伝説の田中c★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635074431/
サウジ皇太子とインテル.jpg
1: 伝説の田中c ★ 2021/10/24(日) 20:20:31.76 ID:CAP_USER9.net

 イングランド・プレミアリーグのニューカッスルを買収して話題のサウジアラビアの大富豪が、今度はイタリア1部インテルの買収に乗り出した。

 サウジアラビアのモハメド・ビンサルマン皇太子率いる同国の政府系ファンド「PIF」がニューカッスルを買収して大きな注目を集めているが、イタリアの名門にも触手を伸ばそうとしている。

 スペインメディア「ミオトラリーガ」は「PIFはニューカッスルを3億5000万ユーロ(約455億円)で購入し、すでに次の購入計画を準備している。それはインテルで合計10億ユーロ(約1300億円)を投資する用意がある」と報じた。

 インテルのオーナーである蘇寧グループは本業の経営難からすでにクラブを売却する方針を決定。売却先の有力候補としてPIFが急浮上してきたのだ。

「ビンサルマン皇太子は、イタリアのサッカー界でも地盤を築こうとしている。サウジの財政力はインテルを救うためにやって来て、成功すればビンサルマンは歴史の中で最も重要なクラブの一つであるインテルを引き継ぐ」と現在交渉中と指摘。「ファンは欧州で再び偉大になるために、この買収ができるだけ早く成功することを望んでいる」と絶大な資金力を誇るPIFがオーナーになることによって、ファンも欧州屈指の銀河系軍団が実現することに大きな期待を寄せているという。

 イングランドに続き、イタリアの名門の買収にも乗り出したサウジの爆買い皇太子。果たして次のターゲットは…。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e2f3642c782b3207400ffe9e2b012432fbf12bb



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2京都、終盤バイス弾認められず山口と1-1ドロー!千葉は福満2発など東京Vに5-1大勝!琉球は松本に逆転勝利!J2第35節日曜(関連まとめ)

【サッカー】J2第35節日曜 水戸×岡山、東京V×千葉、町田×栃木、京都×山口、相模原×金沢、松本×琉球 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635062689/
福満J2第35節ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/10/24(日) 17:04:49.19 ID:CAP_USER9.net

水戸 1−1 岡山
[得点者]
90+2'松崎 快 (水戸)
90+4'石毛 秀樹(岡山)

スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:3,507人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102401/live/#live/


東京V 1−5 千葉
[得点者]
06'船山 貴之(千葉)
23'山下 諒也(東京V)
33'田口 泰士(千葉)
44'福満 隆貴(千葉)
47'福満 隆貴(千葉)
54'新井 一耀(千葉)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:3,508人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102402/live/#live/


町田 0−0 栃木
[得点者]
なし

スタジアム:町田GIONスタジアム
入場者数:3,542人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102403/live/#live/


京都 1−1 山口
[得点者]
47'宮吉 拓実(京都)
79'草野 侑己(山口)

スタジアム:サンガスタジアム by KYOCERA
入場者数:6,432人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102406/live/#live/


相模原 1−1 金沢
[得点者]
14'藤本 淳吾 (相模原)PK
90+3'杉浦 恭平(金沢)

スタジアム:相模原ギオンスタジアム
入場者数:4,147人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102404/live/#live/


松本 1−2 琉球
[得点者]
47'伊藤 翔 (松本)
72'金井 貢史(琉球)
78'風間 宏希(琉球)

スタジアム:サンプロ アルウィン
入場者数:6,728人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102405/live/#live/


※新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


京都、10人の山口に勝ち切れず…最後はミスジャッジに泣く【明治安田J2第35節】
https://news.yahoo.co.jp/articles/bfdc882c4c84d232ee20431631a141c00bceca1b

明治安田生命J2リーグ第35節の6試合が24日に各地で行われた。

前日に試合のあった磐田が愛媛に引き分けたため、首位浮上のチャンスが巡ってきた2位の京都(勝ち点71)は、ホームに残留争い中の山口(勝ち点34)を迎えた。先にゴールに迫ったのは山口。16分の左CKのシーン、池上が右足でインスイングのクロスを上げると、ニアで高木が頭でフリックし、ファーサイドで渡部が飛び込むが、GKに止められ惜しくもゴールならず。

対する京都のチャンスもCKから。20分、荻原の右CKに川崎が合わせにいくが、上手く頭に当てられず、シュートはやや右に逸れた。34分には、波状攻撃からヨルディ・バイスのボレーシュートが飛び出すが、ここは相手に当たって枠に飛ばせず。

ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりに京都が試合を動かす。47分、飯田が自陣右サイドから斜めにパスを入れると、これは相手にカットされるが、その浮き玉を荒木がヘディングで前方へ。これで最終ラインを破った宮吉が、最後はボックス手前右からループシュートを決めて先制点を挙げた。

さらに、56分には山口の菊池が2枚目のイエローカードで退場に。これで大きく有利となった京都は、72分にウタカがビッグチャンスを迎えるが、GKも躱して放ったシュートは、ヘニキのスーパーブロックに遭ってしまう。

これで士気を高めたアウェイの山口は不利な状況から立ち上がる。79分、佐藤謙介の自陣右サイドからのロングボールに抜け出した草野がGKとの一対一を制して同点に。シンプルな攻撃で点を奪った。

実力差や数的状況を考えても負けられない京都。89分に相手のゴールキックを跳ね返し攻撃へ移行。左に開いたウタカへの展開から、折り返しをイスマイラが落として最後はヨルディ・バイスがボックス右からシュート。クロスバーに直撃し、下に跳ね返ったボールはバウンドして手前に戻ってノーゴールに。しかし、リプレイを見るとゴールラインを越えており、京都はミスジャッジに泣くこととなった。

結局試合は1-1で終了。京都と首位磐田の勝ち点差は2ポイントのまま変わらなかった。

水戸vs岡山の中位対決は劇的な幕切れに。ゴールレスで折り返した後半の立ち上がりに、岡山のミッチェル・デュークがイエローカードを受けると、55分にクロスに飛び込んだ同選手と、飛び出してきたGK小澤が交錯。このプレーで2枚目のイエローカードが提示され、退場となってしまった。

数的有利となった水戸は、その後は次々と岡山ゴールに迫るも、GK小澤の好セーブもあり、なかなかネットが揺らせない。それでもアディショナルタイムに入った92分、相手のクリアボールを高い位置で奪い返し、松崎がボックス右から右足でシュートを決めた。

待望のゴールで勝利を確信する水戸。しかし、その2分後の94分、岡山も相手のクリアボールをすぐに回収し、ボックス手前左でパスを受けた石毛が右足一閃。これがゴール左に突き刺さり、試合は劇的な形でドロー決着となった。

◆第35節
▽10/24(日)
水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山
東京ヴェルディ 1-5 ジェフユナイテッド千葉
FC町田ゼルビア 0-0 栃木SC
京都サンガF.C. 1-1 レノファ山口
相模原SC 1-1 ツエーゲン金沢
松本山雅FC 1-2 FC琉球

▽10/23(土)
モンテディオ山形 1-0 ザスパクサツ群馬
大宮アルディージャ 3-1 ギラヴァンツ北九州
ヴァンフォーレ甲府 2-1 V・ファーレン長崎
アルビレックス新潟 1-2 ブラウブリッツ秋田
ジュビロ磐田 2-2 愛媛FC
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯隔年開催案、A大会で出場逃した国だけで開催のB大会案も提案される

【サッカー】“B大会”開催案も飛び出したW杯隔年開催案の行方、“A大会”出場を逃した国だけで開催 [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635036813/
ワールドカップトロフィーとボール.jpg
1: 征夷大将軍 ★ 2021/10/24(日) 09:53:33.28 ID:CAP_USER9.net

FIFA(国際サッカー連盟)が前のめりに検討しているW杯の隔年開催案。加盟211協会で過去に出場経験があるのは78協会・地域に限られ、多くのチームにチャンスを与えるという大義名分はもっともらしい部分もある。とはいえ、開催間隔を短縮して大会数を増やしたからといって、予選で成績上位のチームに出場を限るのであれば顔ぶれが大きく変わるとも思えない。欧州と南米の主要大陸連盟や加盟国に加え、クラブや選手、監督など現場から反対の声が多く上がっている。日程やスポンサー確保などで主要な国際競技大会と競合する可能性もあって国際オリンピック委員会(IOC)も懸念を表明。その中でポルトガル・サッカー連盟のティアゴ・クラベイロ最高経営責任者(CEO)による発言が目を引いた。

 19日に行われた欧州サッカー連盟(UEFA)の会議でFIFAのインファンティノ会長に対して各加盟協会から反対の声が噴出した中、クラベイロ氏はW杯の“B大会”開催を提案したという。従来の“A大会”出場を逃した国だけで2年後に開催し、交互に行えば2年ごとのW杯隔年開催になる。欧州チャンピオンズリーグ出場を逃したチームによる欧州リーグをイメージすればいいのだろうか。

 “A大会”ほどの注目度はないだろうから、IOCや他の国際競技団体が懸念するほどの放映権料やスポンサー料への影響はないのではないか。厳密に言えば現行の「W杯」とはほど遠く、FIFAが目指しているのであろう収益アップには大してつながらないように思えるが、各大陸で出場権に一歩届かなかった国同士による真剣勝負は、ちょっと興味深い。優勝国を次回“A大会”に昇格させ、準優勝や3位にもプレーオフ出場権を与えるなど工夫すれば盛り上がるのではないかと思う。

 どこまで具体的な提案なのか不明ながら、インファンティノ会長は「アイデアは歓迎する。技術部門が精査し、検討しなければ」と回答。FIFAが求める収益力が高い隔年開催案とは異なる上に、結局は大陸選手権などとの調整も必要なため実現性が高いとも思えないが、競技力の底上げや振興という意味では意義があるはずだ。

 FIFAは12月20日に隔年開催案を話し合うグローバル・サミットの開催を決定。UEFA内で隔年開催が強行された場合のFIFA脱退を検討している協会が12を超えるという報道もある中、インファンティノ会長はコンセンサス重視の方針を示し、加盟協会の分断を招きかねない採決を行うか言及しなかった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で財政的な打撃を受けているのはクラブだけではなく、各国の協会も同様だろう。欧州有力クラブによるスーパーリーグ構想を含め、現状打破への動きはあってしかるべき。収益アップと改革の意義を両立させ、サポーターから理解を得ることも必要だが、何よりも過密日程や負担増加の影響を直接受ける選手ら現場の協力は欠かせない。インファンティノ会長は20日のFIFA理事会後に「会長としての役割は提案に耳を傾けて対話を進めること。決めるのは私ではなく、あなた方だ。異なる提案にドアは開かれている」と語ったという。

 加盟国が多い割にW杯出場枠が少ないアジア、アフリカ、北中米カリブ海の各大陸連盟を取り込めるのであれば、強行採決に持ち込んだ方が隔年開催実現は容易だが、UEFAのチェフェリン会長は「ひどい結果を引き起こすだろう」と警告している。“B大会”を含め、建設的な話し合いに期待したい。(記者コラム・東 信人)

スポニチ2021年10月24日 08:00
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2021/10/24/kiji/20211023s00002009352000c.html



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、スールシャール監督が解任間近か?リバプール戦で歴史的惨敗 18年モウリーニョ監督は48時間以内に解任

スールシャール解任秒読みか…マンU歴史的惨敗、18年モウリーニョは“48時間以内”
https://news.yahoo.co.jp/articles/895dd06bb5db9198dcb092a198003997f2ecc1be
スールシャール監督横顔.jpg

 マンチェスター・ユナイテッドはリバプール戦で歴史的惨敗を喫し、オーレ・グンナー・スールシャール監督の解任を求める声が高まっている。『ESPN』が伝えている。

 ユナイテッドは今夏、FWクリスティアーノ・ロナウドやFWジェイドン・サンチョ、DFラファエル・バランと大型補強を敢行し、プレミアリーグの優勝候補にも挙げられていたが、低迷が続いていた。

 スールシャール監督の采配に批判の声が集まっていたが、追い打ちをかけるように24日のリバプール戦に0-5で敗戦。前半だけでまさかの4失点と守備が崩壊すると、盛り返せず、本拠地オールド・トラッフォードで屈辱的な惨敗を喫した。

 リバプールのサポーターはスールシャール監督の続投を求めて「Ole Must Stay(オーレ絶対に続けて)」と皮肉的なチャントを歌った。一方、試合中にはツイッター上でも「#OleOut」(オーレ出て行け)がトレンドに。ユナイテッドのファンの間ではスールシャール監督の解任を求める声が高まっている。

 ユナイテッド監督時代のジョゼ・モウリーニョが2018年12月、リバプールに1-3で完敗した際は、48時間以内に解任さていた。当時はアンフィールドでの敗戦だったが、今回はオールド・トラッフォードでの惨敗とあって、それを上回る屈辱。記事では「スールシャールが続投して次のゲームを指揮した場合、それは監督に能力があるからではなく、ユナイテッドが適切な後任を見つけられなかったためだ」と厳しく指摘している。

これまでの神通力も通じずの5失点惨敗…スールシャール「率いて最も暗いの1日」「今はどん底」
https://news.yahoo.co.jp/articles/10cfbb41d3be37290c6db3997f99705677d54bb3

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が最悪の試合だと認めた。

24日に行われたプレミアリーグ第9節でリバプールと対戦したユナイテッド。ここ3試合のリーグ戦で勝利から遠ざかる状況を打破しようといまだ無敗の強敵をホームに迎え撃った。

改めてユナイテッド監督としての資質が問われ始めるスールシャール監督にとっても、雑音を掻き消す結果がほしいところだったが、前半だけで4失点と守備が大崩れしてしまった。

結局、後半も失点が続き、0-5で大敗。後半から出場のMFポール・ポグバが一発退場を強いられ、FWクリスティアーノ・ロナウドもゴールがVARで取り消されるなど、終始踏んだり蹴ったりだった。

これまでも進退が危ぶまれ始めると、なぜか勝ち出す神通力もなく、リバプールに力の差をまざまざと見せつけられたスールシャール監督。試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で振り返った。

「この選手たちを率いて最も暗いの1日ということ以外に何かを言うのは簡単じゃない。個人としても、チームとしても不十分だった。リバプールのようなチームを相手にあれほどのチャンスを与えるわけにいかないが、残念ながらそうなってしまった」

「全体のパフォーマンスが十分なものじゃなかったのは確か。我々はオープンスペースを作り、相手はチャンスを得て、それを確実にモノにした。我々は序盤のチャンスを生かせず、3失点目が試合を決定づけてしまったのだ」

「私の責任だ。コーチングスタッフは素晴らしい。試合に向けてのアプローチは私が決めたこと。両チームともにスペースがあったが、良い選手にそれを与えると、ゴールを決めるものだ。スパーズに1-6で敗れた昨季を振り返っても、今回の方がひどい」

「マンチェスターの人間としても、かなりひどい結果になってしまった。できるだけ早くこの状況から立ち直り、前に進んでいかなければならない」

この大敗劇で解任の可能性がさらに熱を帯びるが、48歳のノルウェー人指揮官は「グループとして良くなかったが、諦めるのは早い」と述べた。

「何も聞いていないから、もちろん、明日の仕事のことを考えている。今はどん底にいる。これ以上、ひどい気分になることなんてない。だが、これまでも言ったように、私は責任を受け入れる。今日の責任は私。これからも私だ」

「私は自分を信じている。このクラブで望むものに近づいているともね。取り組みや目にしたこと、成長、最近の結果が十分じゃないが、強い気持ちを持ち続ける必要がある。これまでの取り組みやコーチングスタッフ、選手たちを信じる」

† Red Devils Manchester United 1573 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1635093696/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:55 | 大阪 ☔ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、アラバ絶妙先制弾&バスケスAT弾でバルセロナに2-1勝利しクラシコ4連勝!アグエロが終了間際にゴールも一歩及ばず(関連まとめ)

【サッカー】レアル・マドリードがクラシコ4連勝! バルサは終了間際にアグエロ弾も一歩及ばず [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635092086/
アラバ21-22クラシコゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/10/25(月) 01:14:46.83 ID:CAP_USER9.net

 ラ・リーガ第10節が24日に行われ、バルセロナとレアル・マドリードが対戦した。

 公式戦通算247回目の“エル・クラシコ”は互角の戦いが続くなか、バルセロナは25分に絶好機が到来。ペナルティエリア左までドリブルで運んだメンフィス・デパイがグラウンダーで折り返し、ゴール前でセルジーニョ・デストが合わせる。しかし、シュートはクロスバーを大きく越えてしまう。

 すると32分、レアル・マドリードが先制する。自陣でボールを奪取したダヴィド・アラバは、ヴィニシウス・ジュニオールに一旦ボールを預けてそのまま前進。ヴィニシウスがロドリゴに展開すると、ロドリゴは左を攻め上がっていたアラバに託す。ペナルルティエリアまで侵入したアラバは左足を振り抜き、強烈な一撃をゴール右隅に突き刺した。なお、レアル・マドリードの選手が“エル・クラシコ”のデビュー戦で得点を記録したのは、アラバが21世紀で5人目となる。

 追いかける展開となったバルセロナは35分、右コーナーキックにジェラール・ピケが頭で合わせるが、わずかに枠の左へと外れる。バルセロナは1点のビハインドで折り返す。

 バルセロナは58分、エリア内でフレンキー・デ・ヨングと競ったトニ・クロースのハンドがあったと主張するが、バルセロナにPKは与えられない。主審への抗議でピケにイエローカードが提示される。

 レアル・マドリードは62分、フェルランド・メンディの浮き球パスに反応したルカ・モドリッチがペナルティエリア左に侵入し、浮き球で折り返す。中央のカリム・ベンゼマがボレーで合わせたが、シュートは相手GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに防がれる。72分にはメンディが左から送った低くて速いクロスを供給。ベンゼマは合わせられず、ファーで反応したフェデリコ・バルベルデの鋭いボレーシュートも枠を捉えられなかった。

 後半アディショナルタイム3分、バルセロナは攻撃に参加していたピケがペナルティエリア左のデパイに展開。グラウンダーで折り返すが、フィリペ・コウチーニョは合わせることができない。するとレアル・マドリードはこの場面からカウンターを展開。ルーカス・バスケスのスルーパスに抜け出したマルコ・アセンシオはペナルティエリア左まで運んで左足を振り抜く。このシュートは相手GKテア・シュテーゲンに防がれるが、こぼれ球をL・バスケスが押し込んだ。

 それでも試合終了間際、バルセロナが1点を返す。右サイドをえぐったデストの折り返しをセルヒオ・アグエロが押し込んだ。

 試合はこのまま終了し、一歩及ばなかったバルセロナはリーグ戦2試合ぶりの黒星で今季2敗目となった。レアル・マドリードはリーグ戦3試合ぶりの白星で今季6勝目となった。また、レアル・マドリードは1965年以来、約56年ぶりにリーグ戦の“エル・クラシコ”で4連勝となった。

 次節は27日に行われ、バルセロナはアウェイでラージョ・バジェカーノと、レアル・マドリードはホームでオサスナと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1−2 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 32分 ダヴィド・アラバ(レアル・マドリード) 
0−2 90+3分 ルーカス・バスケス(レアル・マドリード)
0−1 90+7分 セルヒオ・アグエロ(バルセロナ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/df7aefc480747919af7826747473d94d7116e01b



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、マンUを敵地で5-0粉砕!サラー圧巻ハットで10戦連続ゴール(関連まとめ)

【サッカー】リヴァプール、宿敵マンUに敵地で5発圧勝! ハットトリックのサラーは10戦連発! [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635096405/
サラー21-22第9節ハット.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/10/25(月) 02:26:45.62 ID:CAP_USER9.net

 プレミアリーグ第9節が24日に行われ、マンチェスター・Uとリヴァプールが対戦した。リヴァプールの南野拓実に出番は訪れなかった。

 イングランドを代表する名門同士による一戦。試合は開始5分にリヴァプールが先制する。流れるようなパス回しで相手のプレスを次々に回避し、相手の守備を完全に破壊。最後はモハメド・サラーのラストパスからナビ・ケイタがゴール右下に流し込んだ。

 リヴァプールは13分に追加点を獲得する。アンドリュー・ロバートソンがアーリークロスを送ると、対応した相手DFが2人重なり、こぼれ球をケイタが回収。ペナルティエリア右に展開すると、反応したトレント・アレクサンダー・アーノルドが高速のグラウンダークロスを供給する。これを中央のディオゴ・ジョッタが押し込んだ。

 27分、リヴァプールにアクシデントが発生する。ジェイムズ・ミルナーがピッチに足を取られて負傷し、カーティス・ジョーンズとの交代を余儀なくされた。

 それでも止まらないリヴァプールは38分に3点目。サラーがペナルティエリア手前で放ったシュートは相手DFにブロックされるが、こぼれ球を回収したケイタが右からグラウンダーで折り返し、サラーが押し込んだ。サラーは公式戦10試合連続での得点となった。

 さらに前半終了間際、リヴァプールがリードを広げる。左でロベルト・フィルミーノ、ロバートソンとつなぎ、ボールを引き取ったジョッタはペナルティエリア右に展開。フリーのサラーはダイレクトで合わせて、ゴール右下に流し込んだ。

 リヴァプールの4点リードで前半終了。なお、マンチェスター・Uが前半を0−4で終えるのは、プレミアリーグ史上初の出来事となった。

 リヴァプールは50分、ピッチ中央でのボール奪取からジョーダン・ヘンダーソンが右足アウトサイドキックで絶妙のスルーパスを供給。抜け出したサラーはチップキックで相手GKダビド・デ・ヘアとの一対一を制し、ハットトリックを達成した。

 サラーはアウェイチームの選手として『オールド・トラッフォード』でハットトリックを達成したプレミアリーグ史上初の選手となった。公式戦では2003年4月のチャンピオンズリーグでマンチェスター・Uと対戦したレアル・マドリードのロナウド氏以来の快挙となる。なお、サラーはプレミアリーグ通算107点目となり、元チェルシーのディディエ・ドログバ氏を抜いて同リーグのアフリカ人史上最多得点記録を樹立した。

 マンチェスター・Uは52分、マグワイアのスルーパスに抜け出したクリスティアーノ・ロナウドがネットを揺らす。しかし、オフサイドで得点は認められない

 すると59分、マンチェスター・Uはケイタへの危険なスライディングタックルでポール・ポグバにイエローカードが提示される。しかし、アンソニー・テイラー主審はオンフィールドレビューで映像を確認すると、カードの色を変えてポグバにレッドカードを提示した。ハーフタイムから途中出場したポグバが退場し、マンチェスター・Uは残り時間を数的不利で戦うことになった。一方、リヴァプールはケイタがこの場面で負傷し、担架に運ばれてピッチを後にした。

 数的有利のリヴァプールが押し込むなか、マンチェスター・Uは83分に決定機。右サイドで獲得したフリーキックからダロトがやまなりのボールを送ると、ファーのスコット・マクトミネイが頭で折り返し、ゴール前のエディンソン・カバーニが合わせる。しかし、シュートはロバートソンに当たってコースが変わると、クロスバーにも阻まれて得点とはならない。

 試合はこのまま終了し、マンチェスター・Uは2連敗でリーグ戦4試合未勝利。リヴァプールは2試合連続の5得点快勝で開幕からの無敗を維持した。次節、マンチェスター・Uは30日にアウェイでトッテナムと、リヴァプールは同日にホームでブライトンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 0−5 リヴァプール

【得点者】
0−1 5分 ナビ・ケイタ(リヴァプール)
0−2 13分 ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール)
0−3 38分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−4 45+5分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−5 50分 モハメド・サラー(リヴァプール)

https://news.yahoo.co.jp/articles/903527d241d7abb390e6e538c2e625c48ebf5c63



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:07 | 大阪 | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)