アンテナ・まとめ RSS

アフリカで衝撃タックル…GKがFWに顔面キック 海外反響「生涯出場停止にすべき」

【サッカー】<アフリカで生まれた恐怖の“衝撃タックル”>「生涯出場停止にすべき」海外驚愕「狂気」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635251492/
エルフニ.jpg

1: Egg ★ 2021/10/26(火) 21:31:32.05 ID:CAP_USER9.net

アフリカのCAFチャンピオンズリーグ予選で生まれたタックルが話題

写真   
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211026-00347812-soccermzw-000-1-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l

アフリカのクラブナンバーワンを決める大会、CAFチャンピオンズリーグの予選が現地時間25日に行われ、チュニジアのエスペランス・チュニスはリビアのアル・イテハド・トリポリと対戦し1-0の勝利を収めた。この試合で相手GKムアド・アラフィが退場となった衝撃タックルが話題となっている。

【動画】「暗殺未遂」と話題…アフリカで生まれた恐怖の“危険タックル”の瞬間
https://www.football-zone.net/archives/347812/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=347812_6



 前半はスコアレスで折り返したものの、後半18分に1点を先制したエスペランス・チュニスは、さらに猛攻を仕掛けチャンスを作る。同30分には決定的なチャンスを作ったところで衝撃的な出来事が起こる。

 エスペランス・チュニス中盤の選手が裏に走り出したFWハムドゥ・エルフニに浮き球のパスを供給。エルフニが胸でコントロールしようとした瞬間、GKアラフィが飛び出してきて交錯。アラフィは目測を誤ったのかボールを蹴るのではなく、スパイクの裏でエルフニの顔を思い切り蹴る形となった。

 このプレーについてエスペランス・チュニスは公式ツイッターを更新。動画付きで「エルフニが受けた暗殺未遂のタックル動画は世界中に駆け巡った。残念ながらこれはアフリカのサッカーに悪い印象を与える」と綴った。この投稿に「狂気、信じられない」「生涯出場停止にすべき」と批判のコメントが寄せられた。

 相当な衝撃を受けたエルフニはプレー続行不可能となり交代を余儀なくされ、病院に搬送された。クラブによると、幸いなことに重傷ではなかったことが発表された。
 
フットボールゾーン 10/26(火) 20:40
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f669ec29fdbfaf1dfc8acdb349d4c71a5e140bc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:08 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルグアイ代表FWスアレス「南米に戻りたくない。アジアか米国に行きたい」

【サッカー】ルイス・スアレス「南米戻りたくない、アジアか米国行きたい」 [数の子★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635245641/
スアレス21-22アトレティコ.jpg
1: 数の子 ★ 2021/10/26(火) 19:54:01.02 ID:CAP_USER9.net

昨季バルセロナからアトレティコ・マドリーへと移籍し、34歳ながらもリーガで活躍を続けているルイス・スアレス。


彼は今回『ESPN』のインタビューで、かつてウルグアイ代表で同僚だったDFディエゴ・ルガーノとのトークセッションを行ったとのこと。

その中で今後のキャリアについてのトークを行い、南米に戻ってプレーすることにはあまり前向きではないと話したという。

ルイス・スアレス

「トップに立つために努力したことをとても大切にしているし、いいイメージを残している。

36〜37歳で南米に戻ったら、人々は27〜30歳のスアレスのパフォーマンスを期待するだろう。

もしそのレベルのパフォーマンスが出せなくても、『彼は昔のように走れないね、ゴールも決められないね』と批判されないほうがいいよね。

そのような悪いイメージを残さないために、別の場所で自分自身のプレーを楽しみたい。南米で感じるプレッシャーなしにね。

南米よりは、アメリカかアジアか、あるいは37歳でも楽しめる場所で続けたい」

https://qoly.jp/2021/10/26/luis-suarez-wants-to-play-in-asia-or-usa-kgn-1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、欲しい攻めの姿勢 求められるのは「2連勝」 11月シリーズで「抜擢したい」選手は?長友の後継者候補は?

【サッカー】<日本代表>欲しい“攻めの姿勢” 求められるのは「2連勝」 11月シリーズで「抜擢したい」選手は?長友の後継者候補は? [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635170406/
日本代表2021豪州戦.jpg
1: Egg ★ 2021/10/25(月) 23:00:06.19 ID:CAP_USER9.net

2022年カタールW杯アジア最終予選。オーストラリア相手に劇的勝利を収めて息を吹き返した日本代表は、11月にベトナム戦(11日)、オマーン戦(16日)のアウェー2連戦に向かう。

求められるのは「2連勝」。そこで重要なポイントになるのが、森保一監督がどのシステムを採用し、誰をスタメンとしてピッチに送り出すかである。

 2対1で勝利したオーストラリア戦では、システムを「4−2−3−1」から「4−3−3」に変更。田中碧、守田英正、遠藤航の中盤が機能し、両サイドが高い位置を保つことでピッチ上の“窮屈さ”が解消された。そして何より“勝利”したことは大きな自信になる。この流れを維持し、自信を確信に変えるためにも、引き続き「4−3−3」を採用すべきだろう。1トップを務めた大迫勇也が負傷離脱し、10月の2試合で不在だった久保建英、堂安律の2人も復帰の見通しは立っていないという状況下において、4つのポジション、「1トップ」、「左ウイング」、「左サイドバック」、「インサイドハーフ」に新たな選手を抜擢し、さらなる進化を追い求めてもいいはずだ。

まず「1トップ」。大迫が負傷から復帰できる可能性も残されてはいるが、本大会を見据えた場合にも世代交代は必要不可欠なポジションだ。候補としては、古橋亨梧、オナイウ阿道のほか、上田綺世、前田大然、さらに鈴木優磨、江坂任らの名前が挙がり、南野拓実を起用することも可能だ。だが、「ゴールの実績」を重視するならば、やはりセルティックで出場&得点を続ける古橋に任せたい。これまでは左MFや途中出場で1トップに入ることはあったが、最も能力を生かせるのは中央であり、最初からピッチに立てばパフォーマンスも変わってくる。

 能力的には鈴木も試す価値があるが、これまで森保監督が頑なに招集せず、東京五輪組はまだ経験不足(これまでに積ませておくべきだったが……)。オナイウは有効な一手になり得るだろうが、数少ないパワー型FWは切り札としてベンチに置いておきたい。南野は所属先のリバプールでの出場機会の少なさがマイナス。ストライカーならば、古橋のように常時出場の中でゴールへの嗅覚と感覚を研ぎ澄ませておかなくてはならない。
 
アエラ 2021/10/25 18:00
https://dot.asahi.com/dot/2021102500012.html?page=1

写真
https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2021102500012_1.jpg?update=20211025151259&width=850&fit=bounds


2: Egg ★ 2021/10/25(月) 23:00:33.54 ID:CAP_USER9.net

続いて「左ウイング」。オーストラリア戦では南野が務めて先制ゴールをアシストしたが、「4−3−3」の左ウイングに求められる縦への突破力という面では物足りない。本来ならば中島翔哉を候補に入れたいが、この数年はキャリアが停滞。ようやくこの10月に約8カ月ぶりに公式戦のピッチに戻ってきたばかりで代表復帰は時期尚早だ。それよりも“旬”で魅力的なタレントが、今夏からベルギーのユニオンSGでプレーする三笘薫である。その傑出した能力はJリーグの舞台で証明済み。不完全燃焼に終わった東京五輪でも、最後のメキシコ戦で見せた得点は間違いなく世界レベルだった。

そして今季、チームの戦術的理由もあって出番が限られていたが、10月16日のリーグ戦で「2点ビハインドで1人少ない」という中で後半から途中出場してハットトリックを決めて逆転勝利に導く離れ業。錆び付かないドリブルの切れ味と高い決定力を見せ付けた。従来の「4−2−3−1」の左MFだと守備のタスクが多くドリブルのスタート位置も低くなってしまうが、「4−3−3」の左ウイングならば三笘のアタッキング能力を存分に発揮できる。南野を先発起用して「途中から三笘」という戦法もあるが、より大きな変化を求めるならば「スタメン三笘」で勝負したい。

 さらに「左サイドバック」だ。森保ジャパンに限らず、長らく日本代表の不動のスタメンだった長友佑都だが、すでに35歳となった。闘志と運動量は健在だが、この最終予選では守備面での連携ミスが散見されて批判の声が高まっている。そこで、候補となるのが中山雄太だ。ボランチを本職にしながら五輪でも左サイドバックを務めた万能型。縦へのスピードは不足しているが、三笘を左ウイングで起用するならば、その後ろに陣取る左サイドバックに必要なのは、突破力ではなく的確なポジショニングからの安定した守備と正確な繋ぎである。サイドに張る役目は三笘に任せ、中山には「偽サイドバック」としてボランチ的な動きを求めたい。「ウイング三笘&偽サイドバック中山」は、日本の左サイドの効果的な解決策となる可能性を秘めている。


3: Egg ★ 2021/10/25(月) 23:01:10.19 ID:CAP_USER9.net

最後に「インサイドハーフ」だ。11月に戦うベトナム、オマーンの戦い方と力関係を鑑みた時、サウジアラビア戦、オーストラリア戦よりも日本のボール支配率は間違いなく上がるはずだ。その際、遠藤、田中、守田の守備重視の中盤よりも攻撃的な仕掛けが必要になる。特に引いた相手から点を奪い取るためには、相手DFとMFのライン間でボールを受け、ボックス内で勝負できる人材が必要だ。

そこで守田に代わって先発に抜擢したいのが、ベルギーのアントワープに所属する三好康児である。高いテクニックとインテリジェンスを持ち、狭いスペースでプレーが可能な攻撃型MF。トップ下やサイドでのプレーが多いが、横浜FM在籍の一時期はインサイドハーフとしても優れたプレーを見せていた。課題のフィジカル面も、素早い状況判断が重要なインサイドハーフとしてならば気にならない。

 また、久保、堂安が不在だとピッチ上に左利きがいなくなることも理由のひとつ。ボールに触るだけで「自然とリズムが変わる」左利きの実効性は高く、攻撃陣に1人は欲しい。三好、守田の他には柴崎岳、もしくは南野や原口元気を起用する方法や森岡亮太を招集する手段もあるが、周囲との組み合わせを考えても「川崎ユース出身」&「左利き」の三好が最適なのではないか。

 最終予選は、残り6試合。オーストラリア戦で執念と一体感を見せた森保ジャパンだが、依然としてグループ4位で予断を許さない状況が続き、11月のアウェー2連戦で2連勝を狙う上で必要なのは“攻め”の姿勢だ。「未知数」や「経験不足」を理由に新たな戦力を起用しないのは、監督の「臆病さ」でもある。オーストラリア戦で満足していては、未来はない。さらなる変化と進化を、今、求めたい。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1広島、新スタジアムの基本設計完成を報告!約30,000の座席…2023年一部開業、全体開業は2024年を予定

【サッカー】<サンフレッチェ広島>新スタジアムの基本設計完成を報告!約30,000の座席…2全体開業は2024年を予定 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635236075/
広島新スタ予定.jpg
1: Egg ★ 2021/10/26(火) 17:14:35.29 ID:CAP_USER9.net

サンフレッチェ広島は25日、新サッカースタジアムの基本設計が完成したことをクラブ公式ツイッターで報告した。

 クラブ公式ツイッターでは、広島市のホームページ内で発表された『サッカースタジアム等整備事業の基本設計』を引用する形で、以下のように新サッカースタジアムの基本設計完成を報告している。

「2024年開業予定の新サッカースタジアムの基本設計が完成し、広島市のホームページに公開されました」

「詳細は、広島市のホームページ内<都市整備局スタジアム建設部>ページをご覧ください」

『サッカースタジアム等整備事業の基本設計』によると、新サッカースタジアムは広島県広島市中区基町の中央公園広場を所在地とし、約30,000の座席数を有する。フィールドは天然芝で、Jリーグやアマチュアだけでなく国際試合の開催にも対応可能。

スポーツイベント(ラグビー・スポーツ教室・ヨガ教室等)などにも対応できる、複合的な機能を併せ持つ施設となる。

広場エリアも併設され、全体的なコンセプトとしては「開かれた回遊型スタジアムパーク」「スタジアムパークがつなぐ『交歓の環』」「みんなのシンボルとなる『希望の翼』」を掲げている。南側の平和記念公園や東側の広島城といった周辺施設をつなぐペデストリアンデッキが新設され、地域に開かれたスペースになる模様だ。

 2022年1月から3月には工事が開始され、2023年末にスタジアムが完成予定。2023年1月から3月には一部が開業となり、全体開業は2024年7月から9月を予定している。

サッカーキング10/26(火) 15:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc298b2ee2229140a92de8ecd4190827f2685bf

【画像】広島の新サッカースタジアム、基本設計が完成
https://pbs.twimg.com/media/FCibw8jUcAEb3BC?format=jpg&name=small



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ家本政明審判、C大阪×横浜FM戦での得点に「誤解を生む切り抜き写真が横行してます」論争を巻き起こした判定に持論

家本レフェリー「誤解を生む切り抜き写真が横行してます」論争を巻き起こした判定に持論
https://news.yahoo.co.jp/articles/2cc0ac3cda0bdbb9ae15743c9568361ef839f9a5
家本審判VARチェック.jpg

 プロフェッショナルレフェリーの家本政明氏が25日に自身のツイッター(@referee_iemoto)を更新し、論争を巻き起こした得点シーンについて言及した。

 話題となっているのは、24日にヨドコウ桜スタジアムで行われたJ1第33節・セレッソ大阪対横浜F・マリノス(2-1)の前半21分の場面。C大阪MF藤田直之のスルーパスからFW松田力がPA内左に持ち運ぶと、中央へのパスをFW加藤陸次樹が右足で流し込み、最終的に決勝ゴールとなる2点目を挙げた。

 だが、加藤がオフサイドだったのではないかとして、ピッチに線を引いた画像がSNS上で出回るなど、判定を巡ってさまざまな意見が飛び交っている。

 同試合でVAR担当だった家本氏は25日のツイートで「誤解を生む切り抜き写真が横行してますが、蹴った瞬間とラインを引く位置が間違ったものばかりです」と指摘。「それと日本ではオフサイドチェックが『3Dライン』ではないので、空中にある体部分が『微妙に』出ているように見えたとしても『疑わしきは罰せず』で、現場の判断をフォローする決まりになってます」と説明している。

 その一方で、続くツイートでは「とはいえ、『これ絶対オフサイド!○○でてるし』とか『微妙ってなんだよ!微妙じゃなく完全にでてるし』と感じられる方のお気持ちも意見もよくわかりますし、尊重いたします」と理解も示した。

C大阪2021第33節オフサイド判定02.jpg

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14221
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635071200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、初陣カンボジア戦は4-0快勝!高校年代MF松木&甲田も得点(関連まとめ)

U―22日本代表”初陣”カンボジア戦4―0快勝 高校年代MF松木&甲田も得点 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635228129/
U22日本代表2021カンボジア戦前.jpg

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/10/26(火) 15:02:09.91 ID:CAP_USER9.net

10/26(火) 14:57配信
スポーツ報知

カンボジア戦に挑んだU―22日本代表(日本サッカー協会提供)

◆U―23アジア杯予選 ▽K組 日本4―0カンボジア(26日、福島・Jヴィレッジ)

 U―22日本代表はU―23アジア杯予選初戦となるカンボジア戦で4―0と大勝した。追加招集のMF松木玖生(青森山田高)が開始早々に先制し、MF甲田英将(名古屋ユース)が加点。後半に入っても攻撃の手を緩めることなくFW細谷真大(柏)、MF中村仁郎(G大阪ユース)がダメ押し点を挙げた。来年6月開催予定の本大会(ウズベキスタン)出場をかけ、中1日の28日には香港と戦う。カンボジアが4―2で香港に勝っているため、次戦引き分け以上で1位通過が決まる。

 パリ五輪世代を中心に、キャプテンを務めたMF松井蓮之ら”オーバーエージ枠”3選手が先発出場。冨樫剛一監督が「よりゴールを意識して取り組んできた」と話していた通り、前半から積極的に仕掛ける姿勢が光った。前半10分、右CKのこぼれ球を飛び級選出の松木が押し込んで先制。前半終了間際には右サイドから何度も突破を見せていた同じく高校年代の甲田がDF角田涼太朗のパスを持ち込み突き刺した。

 後半には「2試合で3得点」と量産を宣言していた1トップの細谷がスルーパスに抜け出し3点目。途中出場の右MF中村も得点でアピールした。守備陣もピンチは少なかったものの集中して無失点で抑え、完封勝利を収めた。パリ五輪代表チーム発足後初の国際大会だったが、白星で飾った。

 先発メンバーは、GK佐々木雅士、DF山原怜音、角田涼太朗、加藤聖、チェイス・アンリ MF松井蓮之、佐藤恵允、田中聡、松木玖生、甲田英将 FW細谷真大

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211026-10261079-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ebfedd48081ea2b3bbd42ee1da997d5b7b1e2b



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:47 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎FWレアンドロ・ダミアン、ブラジル復帰を母国メディアが予想「ブラジルに戻る可能性が高い」

「ブラジルに戻る可能性が高い」 川崎助っ人FW、契約満了後の動向に母国注目
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c610460eb6bf3e28be6395372ca7d9b9ee16a23
レアンドロ・ダミアン2021指示.jpg

L・ダミアンを「海外で成功している」元フラメンゴの選手として母国メディアが紹介
 川崎フロンターレの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンは、今季リーグ2位の17ゴールを挙げ、首位を走るチームを牽引している。2022年1月1日で契約が切れるとも海外メディアで報じられるなか、ブラジルメディア「UOL」は「来年1月にブラジルのビッグクラブに戻る可能性が非常に高い」と伝えている。

 2012年のロンドン・オリンピックで得点王(6得点)に輝いたL・ダミアンは、19年に名門インテルナシオナルから川崎へ完全移籍で加入。来日2年目の昨季リーグ戦で13得点(34試合出場)をマークしてリーグ制覇へ貢献すると、今季もここまで17得点(30試合出場)を挙げる活躍を見せている。

 ブラジルメディア「UOL」は「海外で成功している元フラメンゴの選手7人」と見出しを打ち、「ブラジルは才能の輸出大国だ。国内のビッグクラブに在籍する選手の大半は、海外移籍の可能性を見据えた契約にサインしている。ブラジルを離れたあともヨーロッパやアジアでキャリアを続けているのは今や通例だ」と特集を組んだ。

 記事では、ヴィニシウス・ジュニオール(ブラジル代表FW/レアル・マドリード/21歳)、ルーカス・パケタ(ブラジル代表MF/リヨン/24歳)、ジェルソン(ブラジル代表MF/マルセイユ/24歳)、グスタボ・クエジャール(コロンビア代表MF/アル・ヒラル/29歳)、エンヒキ・ドゥラード(ブラジル人FW/河南嵩山龍門/32歳)、ラファエル・ヴァス(ブラジル人DF/アル・ホール/33歳)の名前が挙がったほか、2016〜17年にブラジルの名門フラメンゴに所属していたL・ダミアンの“その後”に注目している。

「フラメンゴでは12カ月だけ在籍し、2017年には州チャンピオンとなった。ダミアンは日本移籍でトップフォームを取り戻した。川崎フロンターレですでに5つのタイトルを獲得し、公式戦50ゴール以上をマーク。今季もリーグ2位の得点数を挙げ、もう一つのチャンピオントロフィーを掲げようとしている。アジアでの成功と年末までの契約により、来年1月にブラジルのビッグクラブに戻る可能性が非常に高い」

 ブラジルメディア「TNT SPORTS BRAZIL」は先日、「ダミアンは日本でのプレーを一番に希望している」「ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、さらにはアメリカのサッカーリーグであるMLSのクラブからもオファーを受けている」と伝えていたが、日本で充実のキャリアを過ごす32歳のストライカーは、どのような決断を下すだろうか。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14222
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635162006/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナファン、クーマン監督の車を襲撃!車のボネットを叩き「今すぐ出ていけ!」クラブは公式批難

【サッカー】<過熱したバルサファン>「今すぐ出ていけ!」クーマン監督の車を襲う暴挙!サポーターの暴走をクラブが公式非難 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635151771/
クーマン21-22クラシコ敗戦.jpg

1: Egg ★ 2021/10/25(月) 17:49:31.98 ID:CAP_USER9.net

「今すぐ出ていけ!」といった暴言を吐く者も…

 2021-22シーズンにおける最初のエル・クラシコが10月24日にカンプ・ノウで行なわれ、ホームのバルセロナはレアル・マドリーに1‐2で敗れた。

【動画】「今すぐ出ていけ!」「車から出てこい」クーマンの車を取り囲んだファンが暴挙に出た瞬間
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=100062 




 この敗戦にバルセロナのファンの間では失望が広がり、怒りの声が上がっているようだ。

 だからといって、暴力に訴える行為は決して許されるものではない。英メディア『SportBible』は、「クラシコ後にロナルド・クーマン監督の車がバルサファンに襲撃された」と伝えている。

「バルサの指揮官は大きなプレッシャーにさらされていた。ファンの間では怒りの対象となり、激怒したサポーターはスタジアムから出るクーマンの車を取り囲んだ。動画には、アウディのボンネットを叩く者、ボンネットに乗り上げてセルフィ―を撮影する者、窓ガラスをたたき、『今すぐ出ていけ!』『路上に出ろ!』といった暴言を吐く者の様子が収められている」

 幸いにもクーマン監督は冷静に対処し、車で走り去ることに成功したが、この行為に対して、バルセロナは緊急声明を発表。「監督がカンプ・ノウを去る際に経験した暴力的・軽蔑的な行為を公式に非難する。このような不幸な出来事が二度と起こらないように安全対策と規律対策を講じる」と糾弾している。

 バルセロナは、27日にラージョ・バジェカーノと、30日にはアラベスとの試合を控えている。リーグ戦で9位と苦しむチームは、浮上のきっかけをつかむことができるだろうか。
  
サッカーダイジェスト 10/25(月) 17:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3913e8808f344785bbb06c62b1da053620e0573

【サッカー】<レアル・マドリード>クラシコ4連勝!バルサは終了間際にアグエロ弾も反撃及ばず...【ラ・リーガ第10節】 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1635109327/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンフレッチェ広島、城福浩監督の退任を発表…残りシーズンは沢田ヘッドコーチが指揮(関連まとめ)

広島が城福監督の退任を発表…残りシーズンは沢田ヘッドコーチが指揮
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd846f823159c5c83591eb41f19e871a250cef45
城福監督拍手広島.jpg

 サンフレッチェ広島は26日、城福浩監督(60)が25日をもって退任したことを発表した。本日のトレーニングから今季終了まで、沢田謙太郎ヘッドコーチ(51)が指揮を執ることも併せて報告している。

 城福氏は2018年シーズンから広島の指揮官に就任し、同年のJ1リーグ戦を2位でフィニッシュ。その後のシーズンは6位、8位と続き、就任4年目の今季はここまで33試合11勝12分10敗(勝ち点45)で10位となっていた。

 退任にあたり、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「このたび、サンフレッチェ広島の監督を退任することになりました。約4年間、良いときも苦しいときもありましたが、常にチーム一丸となって戦う姿勢を貫いてくれた選手、スタッフ、そしてどんなときでも心強いサポート、温かい応援をしてくださったファミリーの方々に深く感謝申し上げます」

「今年、積み上げてきた成果を残り5試合ファミリーの皆さんにお見せしたい、そして喜びを分かち合いたいと思っていましたので、シーズン最後まで一緒に戦うことができなくなったことは大変残念ではありますが、来年以降、チームがさらなる高みにいくこと、そして来る新スタジアムでのシーズンで優勝を争うチームになることを信じております」

「4年間、本当にありがとうございました」

以下、クラブ発表プロフィール

●城福浩
(じょうふく・ひろし)
■生年月日
1961年3月21日(60歳)
■出身地
徳島県
■選手歴
1983年〜1989年:富士通サッカー部(JSL2部)
■指導歴
1993年〜1995年:富士通サッカー部コーチ
1996年:富士通サッカー部監督
1999年:FC東京育成普及部長、ナショナルトレセンコーチ
2000年〜2006年:FC東京育成部
2001年:U-20日本代表テクニカルスタッフ
2002年:U-14日本選抜監督
2002年〜2003年:U-15/16日本代表監督
2005年〜2007年:U-15/16/17日本代表監督
2007年:FC東京強化部
2008年〜2010年:FC東京監督
2012年〜2014年:ヴァンフォーレ甲府監督
2016年:FC東京監督
2017年:日本サッカー協会 関東地域統括ユースダイレクター兼ナショナルトレセンコーチ、S級/A級ジェネラルライセンスインストラクター
2018年〜2021年:サンフレッチェ広島監督
■戦績
2018年:J1リーグ戦34試合17勝 6分11敗(2位)
2019年:J1リーグ戦34試合15勝10分 9敗(6位)
2020年:J1リーグ戦34試合13勝 9分12敗(8位)
2021年:J1リーグ戦33試合11勝12分10敗(10位)
J1通算:135試合56勝37分42敗

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14222
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635162006/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:10 | 大阪 ☀ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、スールシャール監督の続投を公式表明…一方でコンテ氏がマンU監督就任に前向き

衝撃の大敗から一夜…マンチェスター・U指揮官スールシャールが続投へ

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d867c8c4cc4ed919217204080be6a22e992272b
スールシャール監督腕組み.jpg

マンチェスター・ユナイテッドはオーレ・グンナー・スールシャール監督が続投することを明らかにした。クラブ公式サイトが発表している。

今夏にクリスティアーノ・ロナウド、ラファエル・ヴァラン、ジェイドン・サンチョを加える大型補強を敢行しながらも低調な戦いを見せていたユナイテッド。24日にはオールド・トラッフォードでリヴァプールを迎え撃ったが、0-5と歴史的な大敗を喫した。前半だけで4失点を許し、現地では「スールシャールを解任しろ!」という言葉もトレンドとなっていた。

そんな中で、クラブは公式ツイッターで「オーレは反撃のために、次の3試合に目を向けている」と記し、続投を示唆。スールシャール監督も3試合に向けて「前を向いていかなければならない」とコメントする。

ホームでの5失点でチームに与えたショックは計り知れないが、指揮官は精神面を整えることが復活につながると話す。

「私たちは、心の持ち方を整理し、次のトレーニングセッションと次の試合に正しい心構えで臨むようにしなければならない。マンチェスター・ユナイテッドは、これまでにも厳しい時期、困難な時期があったが、常に立ち直り、挑戦してきた」

さらに、スールシャール監督は「この状況を乗り越えて、パフォーマンスを高め、結果を出し、シーズンの終わりにはどこまで行けるかを見てみたい」と先を見据えた。

コンテがマンU指揮官に興味か…なお、監督就任には条件も
https://news.yahoo.co.jp/articles/bfd262ee2ebca069c04bbb63b4a3f92b770195a3
コンテ監督インテル.jpg

昨季限りでインテル指揮官を退任したアントニオ・コンテ氏が、マンチェスター・ユナイテッドの時期監督に就任することに前向きなようだ。英紙『ミラー』が伝えている。

 今夏、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWジェイドン・サンチョ、DFラファエル・バランらを補強したマンチェスター・U。開幕5戦を4勝1分として好スタートを切ったと思われたが、その後は1分3敗と失速し、24日の第9節リバプール戦ではオールド・トラフォードで0-5の大敗を喫した。

 4勝2分3敗の勝ち点14の勝ち点14で7位。首位チェルシーとは早くも勝ち点8差をつけられてしまった。オーレ・グンナー・スールシャール監督への批判が高まる中、後任候補として、プレミアリーグをチェルシーで1度、セリエAをユベントスで3度、インテルで1度制し、実績十分のコンテ氏の名前が挙がっているようだ。

 コンテ氏とともにジネディーヌ・ジダン氏が次期監督候補と主張するジャーナリストのダンカン・キャッスルズは、『リーチズ・ザ・トランスファー・ウィンドウ』というポッドキャストで「トップレベルで実績を残した監督という意味では、明らかな候補者が2人いる。彼らは現在仕事をしておらず、マンチェスター・Uは違約金なしで獲得できるだろう」と話している。

 しかし、コンテ氏が監督を務める場合、条件があるようで「アントニオ・コンテは次のクラブを選ぶときには、欧州CLで優勝できるクラブを望んでいる。コンテは、自分が世界のサッカー界で最高の監督の一人であることを証明したいとずっと思っている。そのためには欧州CLを制覇しなければならないと考えているんだ」という。

 コンテ氏は、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇という彼の野望と、マンチェスター・Uの首脳陣の考えが合致する場合に限り、マンチェスター・Uの監督になりたいと考えているようだ。

※記事投稿時に既に去就が決まっていた場合はお詫びいたします。

† Red Devils Manchester United 1574 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1635125950/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☔ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)