アンテナ・まとめ RSS

Jリーグ、2021年ベストイレブンを発表!王者川崎から最多7名、名古屋2名、得点王前田大然、イニエスタらが選出(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ>ベストイレブンが発表! 最多は川崎Fの7名、イニエスタが2年ぶり選出 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638786956/
川崎2021ベストイレブン選出.jpg
1: Egg ★ 2021/12/06(月) 19:35:56.98 ID:CAP_USER9.net

6日の『2021Jリーグアウォーズ』にて、2021シーズンのベストイレブンが発表された。

2021シーズンは、明治安田生命J1リーグにおいて川崎フロンターレが連覇を達成。最終順位では、2位・横浜F・マリノス、3位・ヴィッセル神戸が続いた。

そして、ベストイレブンにはダブル得点王に輝いた川崎Fのレアンドロ・ダミアンと横浜FMのFW前田大然らが選出。クラブ別では、川崎Fが7名で圧倒的な最多となった。

また、神戸からはMFアンドレス・イニエスタが2年ぶりに選出され、ゴールキーパーではJリーグ連続無失点記録を樹立した名古屋グランパスGKランゲラックが選ばれた。

■2021シーズン ベストイレブン
▽GK
ランゲラック(名古屋グランパス)

▽DF
ジェジエウ(川崎フロンターレ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)

▽MF
家長昭博(川崎フロンターレ)
アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)
稲垣祥(名古屋グランパス)
脇坂泰斗(川崎フロンターレ)

▽FW
レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)
前田大然(横浜F・マリノス)
旗手怜央(川崎フロンターレ)

GOAL 12/6(月) 19:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/86eb30c782104401cb26b780cd3b3195e2088caa

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211206-00010029-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎FWレアンドロ・ダミアン、JリーグMVPを初受賞!今季得点王にも輝き2冠(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ最優秀選手賞>レアンドロ・ダミアンが初戴冠! 川崎Fの連覇に貢献、得点王と2冠 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638788398/
レアンドロダミアン2021J1MVP.jpg

1: Egg ★ 2021/12/06(月) 19:59:58.80 ID:CAP_USER9.net

2021シーズンのJリーグアウォーズが6日に開催され、最優秀選手賞(MVP)は川崎フロンターレの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが初受賞した。

【随時更新】2021Jリーグアウォーズ|各賞一覧

川崎Fでの3シーズン目を迎えたL・ダミアンは今シーズン、明治安田生命J1リーグ35試合に出場して23ゴールをマークし、川崎Fの連覇に貢献。前田大然(横浜F・マリノス)と並んで得点王を戴冠しており、最優秀選手賞との個人2冠となった。

また、L・ダミアンはアシスト数でもリーグ3位の「8」を記録。4月と11月・12月の月間MVPも受賞しており、第7節から首位をキープし続けた川崎Fにとって欠かすことができないストライカーとして活躍した。

川崎Fの選手がJリーグ最優秀選手賞を受賞するのは、2018シーズンの家長昭博以来、3年ぶり。クラブとしては中村憲剛(2016)、小林悠(2017)と合わせて4選手目となった。

GOAL 12/6(月) 19:56
https://news.yahoo.co.jp/articles/65918635df70994814ab4e8458c8278fc15111f9
 
写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211206-00010030-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:58 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和退団の槙野智章、J1神戸やJ3岐阜が獲得オファー!複数のクラブが獲得に興味(関連まとめ)

【サッカー】<元日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)>神戸、J3岐阜が獲得オファー!他にも複数のクラブが獲得に興味..争奪戦がぼっ発 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638741291/
槙野浦和退団2021.jpg
1: Egg ★ 2021/12/06(月) 06:54:51.52 ID:CAP_USER9.net

神戸、J3岐阜が今季限りで浦和を退団する元日本代表DF槙野智章(34)に獲得オファーしたことが5日までに分かった。複数の関係者が明かしたもので既に条件面などを提示し、本格交渉をスタートした。今季も出場31戦2得点。今冬の移籍市場の目玉とも言える槙野の争奪戦がぼっ発した格好だ。

 来季の神戸は悲願のリーグ制覇とACL優勝をもくろむ。国際試合を含む日程を戦う上でDF強化は急務だ。槙野と言えば17年にACLを制覇。元ブラジル代表フッキ(上海上港)を封じたACLでの強さは圧巻だった。時にはFWも務める「DFW」で自他ともに認める「お祭り男」。イニエスタ、大迫勇也、武藤嘉紀らに槙野が加われば布陣もさらに豪華さが増す。

 一方、岐阜はJ3ながら神戸に勝るとも劣らぬ破格な条件面を提示しているという。チームを強化する熱意にあふれ、来年にJ2昇格、2年後にはJ1昇格という明確な将来ビジョンを掲げ、槙野はその中心として期待される。広島、浦和、日本代表でともにプレーした盟友のMF柏木陽介も在籍。槙野の持つ明るさ、サッカーへの熱量はチームに変革をもたらすはずだ。

 他にも複数のクラブが獲得に興味を示し、争奪戦は激化の様相を見せる。槙野自身、新天地を選ぶ基準は「カテゴリーよりも、いかに自分が必要とされているかが大切」と話す。ちょうど1カ月前、浦和から契約満了を通達され、涙にくれた槙野だが、4日の最終節名古屋戦では魂のプレーと明るさも戻った。一躍、今冬の「主役」に踊り出てきた。

スポニチ 12/6(月) 5:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/8fc43e292bdb5a2c847190200d55693c7b214bf2

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211206-00000112-spnannex-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=522&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1福岡、磐田FWルキアンに獲得オファー!今季J2得点王に輝きJ2優勝、J1昇格の原動力(関連まとめ)

福岡 J2磐田FWルキアン獲り 前線での突破力&決定力アップへ今季J2得点王に白羽の矢
https://news.yahoo.co.jp/articles/da84eee0d945d2ca9b169a6c3e086afbe3920159
ルキアン2021磐田.jpg

J1福岡がJ2得点王に輝いた磐田のFWルキアン(30)の獲得に乗り出していることが5日、分かった。

 ルキアンは今季41試合に出場し、高いフィジカルとスピードを生かし、攻撃の要として22得点を挙げてJ2の得点王に輝いた。磐田のJ1昇格とJ2優勝の原動力となった。

 一方、福岡は今季、“昇格1年で降格”を繰り返してきた負の歴史に終止符を打つJ1残留を果たし、過去最高順位の8位で終えた。今季の37失点はリーグ7位と守備面の健闘は光ったが、得点はリーグ12位の42得点だった。長谷部茂利監督も「最後の質とクオリティー」とゴールを決めきる個の能力の課題を口にしており、前線での突破力と決定力を上げる期待の戦力として、J2得点王に白羽の矢が立った。

磐田・ルキアン アビスパ福岡から獲得オファー
https://www.chunichi.co.jp/article/378420

 ルキアン選手に、J1のアビスパ福岡から獲得のオファーが入っていることが分かった。移籍を視野に、交渉が進行中とみられる


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14303
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638703245/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ベルナルド絶妙2ゴールなどワトフォードに3-1快勝!7連勝しリーグ首位浮上

マンC、ワトフォード下して首位浮上&7連勝! B・シルヴァが2ゴールの活躍
https://news.yahoo.co.jp/articles/ad194e898fb7613c11c5009ccf5bca1343050803
ベルナルド21-22第16節ゴール.jpg


 プレミアリーグ第15節が4日に行われ、ワトフォードとマンチェスター・Cが対戦した。

 試合開始4分にスコアが動く。ベルナルド・シルヴァが左サイドに開いたフィル・フォーデンに展開すると、フォーデンがクロスを上げる。ラヒーム・スターリングが頭で押し込み、マンチェスター・Cが先制に成功した。

 マンチェスター・Cは31分、カウンターの流れからイルカイ・ギュンドアンがB・シルヴァとのワンツーでペナルティエリア内まで侵入。ギュンドアンがエリア内からシュートを放つとGKにセーブされたものの、こぼれたボールをB・シルヴァが流し込み、マンチェスター・Cが追加点を決めた。

 後半に入ると63分、フォーデンのショートパスを受けたB・シルヴァが、エリア右から左足を振り抜く。このシュートはゴール左に決まり、マンチェスター・Cが3点目としてワトフォードとの差を広げた。

 ワトフォードは75分、クチョ・エルナンデスがエリア右からシュートを撃つと、一度は左ポストに弾かれるが、クチョ・エルナンデスが再度押し込みゴール。ワトフォードが1点を返す。

 このまま試合は終了して、マンチェスター・Cが3−1でワトフォードに勝利。この結果、マンチェスター・Cは公式戦7連勝を飾り首位浮上を果たした。

 次節、ワトフォードはブレントフォードとアウェイで対戦し、マンチェスター・Cはホームでリーズと対戦する。

【スコア】
ワトフォード 1−3 マンチェスター・C

【得点者】
4分 0−1 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
31分 0−2 ベルナルド・シルヴァ(マンチェスター・C)
63分 0−3 ベルナルド・シルヴァ(マンチェスター・C)
74分 1−3 クチョ・エルナンデス(ワトフォード)

BLUEMOONマンチェスターシティ 443citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638366715/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、ケシエ先制ゴールなど最下位サレルニターナに2-0勝利!セリエA首位浮上

ミランが2連勝! 前半のリードを守り切り、サレルニターナに2発快勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/90461d71e55ea5ff7576cfa826d637dc60dfdd47
ケシエ21-22第16節ゴール.jpg

セリエA第16節のミラン対サレルニターナが4日にサン・シーロで開催された。

勝ち点35で2位につけ、首位ナポリを1ポイント差で追うミランと、勝ち点8で最下位、6試合ぶりの勝利を狙うサレルニターナが相まみえた。

前節ジェノアに勝利して連敗を脱出し、勢いに乗りたいミランは、開始早々に先制点を決める。5分、左サイドをドリブルで抜け出したレオンがグラウンダーでマイナスのクロスを入れる。エリア内で反応したケシエが左足で流し込み、幸先の良いスタートを切った。

しかし、15分にはミランにアクシデント。リーグ戦初先発となったペッレグリが負傷し、クルニッチと交代。それでも、ロッソネロの攻勢は変わらない。18分、ペナルティエリア右でディアスのパスを受けたサレマーカーズが左足を振り抜いて追加点を奪う。

その後、ミランは立て続けにチャンスを作るも、ゴールネットを揺らすことなく2-0で前半を折り返した。

後半、突き放したいミランは72分にディアスが1対1の局面を迎えるも、GKベレルに阻まれる。80分にも相手のミスから展開し、エリア内でフリーとなったディアスに決定機が生まれたが、シュートはゴール右に逸れた。まずは1点を返したいサレルニターナはカウンターからチャンスをうかがうも、ロマニョーリを筆頭とするミランの守備陣を崩すことはできない。

結局、終始危なげない試合運びで前半のリードを守り切ったミランがリーグ2連勝を記録。先日、ひざの手術を受けて長期離脱が発表された守備の大黒柱ケアーに捧げる勝利となった。

※この後ナポリがアタランタに敗れ、3位後退。ミランは首位に浮上しました。

■□■□╋ AC MILAN パート761☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1636985079/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2大宮、大口スポンサーのNTTドコモが撤退の可能性(関連まとめ)

【サッカー】J2大宮 残留も続くいばら道、大口スポンサー・ドコモ来季撤退も [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638757012/
大宮2021最終節勝利.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/12/06(月) 11:16:52.74 ID:CAP_USER9.net

 ◇明治安田生命J2最終節 大宮3―1群馬(2021年12月5日 NACK)

 J2大宮は前半7分に先制されたが、3ゴールを奪うなど逆転勝ち。終盤には今季で引退するDF河本も出場させて守り抜き、J2残留が決定した。霜田監督は「今日は結果が全て。絶対に大丈夫と言い続けてきたが、ホッとした」と振り返った。


 開幕から下位に低迷し、てJ3降格のピンチ。5月に監督交代で何とか乗り切ったが、来季も厳しい状況は続く。霜田監督の続投は決まったが、関係者によると、看板や胸スポンサーなどを務めるNTTドコモが、スポンサー契約を更新しない可能性があるという。そうなれば大幅減収で、来季予算が3割程度下方修正されることになり、補強などに影響が出そうだ。大宮はJリーグの中でも潤沢な資金を持つクラブとして知られてきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c32f06e2c490de53b598465dc28be7172727751



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、ドルトムントとの打ち合いに3-2勝利!レバンドフスキが2得点し首位キープ

激闘のデア・クラシカーを制したのはバイエルン!ドルトムントとの打ち合い制し首位堅持
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e110134c87a59dfcb7d9e39a465af15603aab73
レヴァンドフスキ21-22第14節ゴール.jpg


現地時間4日、ドイツ・ブンデスリーガ第14節では首位バイエルンと2位ドルトムントによる「デア・クラシカー」が行われた。

ドルトムントのホーム、ジグナル・イドゥナ・パルクで行われるドイツ頂上決戦。1ポイント差で迎えた大一番は、ハーランド、ベリンガム、ゲレイロが復帰しほぼベストの布陣を揃えた2位ドルトムントに対し、首位バイエルンはゴレツカが復帰したもののキミッヒが間に合わず、代役にはトリッソが起用された。

公式戦では対ドルトムント戦6連勝中のバイエルンだが、ドルトムントも勝てば首位奪取となるホームゲームで負けるわけにはいかない。開始わずか5分、リスタートから左サイドでボールを受けたベリンガムがゴール前にクサビのパスを入れると、受けたブラントがアルフォンソ・デイヴィスを冷静にかわし、GKノイアーを破ってドルトムントが幸先よく先制する。

しかし、バイエルンもすぐさま反撃。9分、フンメルスのパスをミュラーがカットし、空中に浮いたボールをミュラーとフンメルスが競り合う。このこぼれ球を奪ったレヴァンドフスキがそのままゴール右へとシュートを突き刺し、あっという間にバイエルンが試合を振り出しに戻した。

追いついたバイエルンは22分、GKコーベルからのパスを受けたジャンの不用意な横パスをエリア内でコマンが奪い決定機。しかし、シュートはフンメルスが滑り込んでブロックしCKへと逃れた。

徐々にバイエルンに押される展開となるドルトムントは29分、カウンターからクリアボールをハーランドが落とすと、ロイスからのリターンを受けスピードに乗ったドリブルでエリア内左に侵入。得意の形からシュートを放つが、必死に食らいついたウパメカノの寄せもあり、これはゴール右へとわずかに外れる。

拮抗した展開のまま1-1で試合を折り返すかに思われた前半終了間際、トリッソのサイドチェンジを受けたA・デイヴィスがペナルティーエリア左から折り返すと、ゴール前でゲレイロがクリアしたボールが目の前にいたフンメルスに当たってこぼれ球となる。これを拾ったコマンが右足を振り抜くと、DFに当たってホップしたシュートがゴール上へと突き刺さり、バイエルンが逆転に成功した。

ミス絡みで逆転を許したドルトムントだが、後半立ち上がりに同点に追いつく。48分、右クロスをウパメカノが処理しきれず、こぼれ球を拾ったベリンガムがエリア内左で待つハーランドへ。右足ダイレクトで放たれたシュートがゴール右へと吸い込まれ、ドルトムントが同点に追いついた。

60分にダフートを下げてメイレンを投入したドルトムントに対し、バイエルンは65分に負傷明けのゴレツカとサネを下げてニャブリとムシアラを投入。一進一退の激しい攻防が続く中、66分には空中戦を競り合ったウパメカノとブラントが頭同士で激突。さらにブラントは頭を地面に打ちつけてしまい、両チームの選手がすぐに医療班を要請。試合が一時中断され、ブラントはストレッチャーで運び出され、代わりにヴォルフを投入し、ウパメカノはピッチに戻った。

しかし再開直後、今度はシュートブロックに入ったリュカ・エルナンデスが足をひねってしまい、ジューレとの交代を余儀なくされる。さらに74分には、ニャブリの右CKをフンメルスが頭でクリア。これをA・デイヴィスが押し込むもゴール上へと大きく外れる。ドルトムントのゴールキックで再開かと思われたが、VARのチェックが入り、フンメルスのクリアが頭ではなく手であったのではないかという審議に。最後はオンフィールドレビューで主審自ら確認し、バイエルンにPKが与えられる。

このPKをレヴァンドフスキがGKコーベルに読まれながらも沈め、バイエルンが勝ち越しに成功する。

追いつきたいドルトムントは82分にハーランドとゲレイロを下げてシュルツとティゲスを投入。一方のバイエルンも88分にコマンを下げてニャンゾウを投入し逃げ切りを図る。アディショナルタイムはブラントの治療時間などがあったため10分と長めに取られ、ホームの大歓声を受けたドルトムントが猛攻を仕掛ける。

しかし、これを集中した守備で耐えしのいだバイエルンが首位攻防となったデア・クラシカーを制し、首位をキープ。対ドルトムント戦の連勝を「7」に伸ばした。

■試合結果
ドルトムント 2-3 バイエルン

■得点者
ドルトムント:ブラント(5分)、ハーランド(48分)
バイエルン:レヴァンドフスキ(9分、77分PK)、コマン(44分)

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 314
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638336538/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1札幌・野々村芳和社長、Jリーグ次期チェアマンに内定か?J公式は報道について「Jリーグが発表したものではありません」(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ>次期チェアマンとしてJ1札幌社長の野々村芳和氏(49)に一本化!6代目にして初めての元Jリーガー [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638740039/
野々村社長2021.jpg
1: Egg ★ 2021/12/06(月) 06:33:59.29 ID:CAP_USER9.net

Jリーグが、次期チェアマンとしてJ1札幌社長の野々村芳和氏(49)に一本化したことが5日、複数の関係者の話で分かった。村井満チェアマン(62)が来年3月、任期満了で退任することを受け、9月から役員候補者選考委員会で候補者の選定が行われていた。新チェアマンは来年1月に発表され、野々村氏の就任が決まれば、6代目にして初めての元Jリーガー、歴代最年少での就任となる。

 * * *

 四六時中、サッカーのことを考えている。そう評していいほど、野々村氏は13年の札幌社長就任以降、クラブ運営に心血を注いできた。14年には自らオーストラリアに出向き、元日本代表MF小野伸二を加入させるなどして注目を高め、スポンサーを増やしてきた。「車の中で過ごす時間が一番長い」の言葉通り、電話を手に一人車内で考え、最良の策を練るのが日常だった。

 札幌だけでなく、リーグのあり方にも常々言及してきた。昨年2月にコロナ感染が広がり始めた頃、楽観視する向きがある中で「これは簡単な話ではない。対策を早く打たないと大変なことになる」と、キャンプ地・熊本から急きょ空路で東京へ行き、リーグに進言。予言者・ノストラダムスならぬ、「野々村ダムス」と呼ばれた行動力を持つ。

 就任時、3億円に満たない強化費のJ2クラブをJ1に定着させた手腕は、リーグの更なる活性化に生きるはずだ。(前札幌担当・砂田 秀人)

スポーツ報知 12/6(月) 5:0
https://news.yahoo.co.jp/articles/78f0d6478bc9db2282fbd54e317ab42403b979bd

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211206-12051227-sph-000-1-view.jpg?pri=l&w=542&h=640&exp=10800


札幌・野々村芳和社長、Jリーグ新チェアマンに内定…初のJリーガー&歴代最年少で就任
https://news.yahoo.co.jp/articles/233cebf42091e9beb809449f357321da1ac2e039

 Jリーグが、次期チェアマンとしてJ1札幌社長の野々村芳和氏(49)に一本化したことが5日、複数の関係者の話で分かった。村井満チェアマン(62)が来年3月、任期満了で退任することを受け、9月から役員候補者選考委員会で候補者の選定が行われていた。新チェアマンは来年1月に発表され、野々村氏の就任が決まれば、6代目にして初めての元Jリーガー、歴代最年少での就任となる。

 Jリーグのトップに初めて元Jリーガーが就く。野々村氏の次期チェアマン就任が事実上、内定した。「Jリーグ役員候補者選考委員会」が同氏を推挙することで一本化した。来年1月末の理事会に諮られ、承認されれば、同3月に新体制が発足。野々村氏は、川淵三郎氏、村井満氏の54歳を大幅に下回る49歳でチェアマンに就任することになる。

 関係者によると、同委員会はJリーグ内部、外部問わず数十人の候補者をリストアップ。人間性、経営者としてふさわしい人材を求めて、厳格な書類審査、面談を行ったという。最終的にJリーグの木村正明専務理事、プロ野球楽天の元社長の島田亨氏(USEN―NEXTホールディングス取締役副社長)ら数人の中から、野々村氏が選ばれた。

 野々村氏は95年に慶大から市原(当時)入り。岡田武史監督に請われて移籍した札幌では主将を務めた。01年に引退後は札幌のアドバイザー、13年からは社長に就任。限られた資金の中で、J1、2を行き来していたクラブをJ1中堅まで引き上げ、地元から愛されるクラブを作り上げた。

 次期チェアマンを待ち受ける課題は多い。長引くコロナ禍によるクラブの経営問題。そして、日程問題も避けては通れない。代表や国際大会との兼ね合いで、Jリーグのシーズンを現在の春秋制から秋春制に移行しなければ、選手、クラブ、リーグの日程に不具合が出てくることが予想される。選手、経営者として成果をあげてきた野々村氏。若く、刷新されるJリーグのトップとして手腕が期待される。

 ◆野々村 芳和(ののむら・よしかづ)1972年5月8日、静岡・清水市(現静岡市)生まれ。49歳。清水東高から慶大を経て、95年にJリーグ市原に加入。2000年にJ2札幌に移籍し、同年のJ1昇格に貢献。01年は主将を務め同年オフに現役引退。ポジションはMF。J1は118試合6得点、J2は36試合2得点。02年から札幌のチームアドバイザーを務め、13年に社長に就任した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:54 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、フレッジ決勝ミドル弾でC・パレスに1-0勝利!ラングニック体制初戦を白星で飾る

マンUがラングニック初陣で白星! フレッジの決勝点でC・パレス撃破
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0ffaa8ae66b36cd6aef9abce2580b05537198d2
フレッジ21-22第16節ゴール.jpg

プレミアリーグ第15節が5日に行われ、マンチェスター・Uとクリスタル・パレスが対戦した。

 マンチェスター・Uでの初陣となったラルフ・ラングニック暫定監督は、マイケル・キャリック監督代行の指揮下で勝利した2日の前節アーセナル戦と同じスターティングイレブンを起用。そんなホームチームは、3分にショートコーナーで最初の決定機を迎える。左コーナーキックから細かくつなぎ、最後はペナルティエリア手前からアレックス・テレスがミドルシュートを放ったが、惜しくも枠を捉えられない。

 効果的なプレッシングで試合を支配するマンチェスター・Uは24分、ジェイドン・サンチョの折り返しにフレッジが合わせて強烈なシュートを放つが、ジェームズ・トムキンスのブロックに阻まれる。

 後半アディショナルタイム1分にはスコット・マクトミネイとのワンツーパスでペナルティエリア中央に侵入したディオゴ・ダロトが左足でゴール左上を狙うが、これは枠の外。クリスタル・パレスの守備に苦しんだマンチェスター・Uは前半のうちに先制点を奪えず、試合はスコアレスで折り返す。

 マンチェスター・Uは68分、右サイドの深い位置で獲得したフリーキックをA・テレスが直接狙うが、これはクロスバーに阻まれる。対するクリスタル・パレスは75分に決定機。タイリック・ミッチェルの右コーナーキックをトムキンスが頭で折り返し、右ポストの手前でジョルダン・アイェウが合わせたが、シュートは惜しくも枠の左へと外れる。

 試合の均衡が破れたのは77分、マンチェスター・Uが待望の先制点を獲得する。ダロトの折り返しを受けたメイソン・グリーンウッドは、ペナルティエリア右でボールをキープし、ペナルティエリア手前のフレッジに落とす。フレッジは利き足とは逆の右足でダイレクトシュートを放つと、ボールは緩やかな弧を描いてゴール左上に吸い込まれた。

 この1点が決勝点となり、マンチェスター・Uがラングニック監督の初陣を白星で飾った。マンチェスター・Uは2連勝、クリスタル・パレスは3連敗となった。

 マンチェスター・Uは8日にチャンピオンズリーグでヤング・ボーイズと戦い、11日にプレミアリーグでノリッジと対戦する。クリスタル・パレスは次節、12日にエヴァートンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 1−0 クリスタル・パレス

【得点者】
1−0 77分 フレッジ(マンチェスター・U)


† Red Devils Manchester United 1596 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638714358/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)