アンテナ・まとめ RSS

Jリーグ注目の外国人選手、争奪戦になりそうな選手の去就も未定「移籍すれば勢力図は大きく変わる」

【サッカー】<Jリーグ>“動向注目”の助っ人たち..争奪戦になりそうな選手の去就も未定「移籍すれば勢力図が大きく変わる」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638847066/
ユンカー浦和正面.jpg
1: Egg ★ 2021/12/07(火) 12:17:46.97 ID:CAP_USER9.net

川崎の連覇で幕を閉じたJ1リーグ。長いシーズンの疲れを癒す間もなく、各クラブはすでに来季へ向けた戦力整備並びに補強に動いている。そこで注目したいのが、助っ人選手たちの動向である。母国ブラジルからの複数オファーが取り沙汰されていた川崎のFWレアンドロ・ダミアンの残留は決定したが、他にも「移籍すれば勢力図が大きく変わる」助っ人たちは多くいる。


「残留熱望」の報道も移籍の噂が消えないのが、浦和のデンマーク人FWキャスパー・ユンカーだ。今年5月にJデビューから公式戦4試合連続ゴールを決めた“救世主”ストライカー。優れたスピードと得点感覚、高い戦術眼と献身性も持ち合わせ、サポーターからの人気も非常に高い。その中で神戸からの高額オファー提示やヨーロッパの複数クラブから関心を寄せられているとされたが、果たしてどうなるか。来季も無事にレッズのユニフォームに袖を通すのだろうか。

 神戸の司令塔として活躍するスペイン人MFサンペールにも、欧州リーグ復帰の可能性が取り沙汰されている。バルセロナ時代の“先輩”イニエスタからの直電で2019年に神戸に加入。当時は度重なる故障の影響でトップフォームを崩していたが、来日後はラ・マシアで培った技術と戦術眼で数々のパスを繰り出し、試合出場を続ける中で完全に調子を取り戻した。年齢的には来年1月に27歳で、選手として脂が乗る時期。神戸としては不可欠な戦力であり、残留へ向けて全力を尽くしたいが、最終的には本人の意志に委ねられる。

 同じ神戸では、ブラジル人FWドウグラスの動向も注目される。「弾丸ヘッド」に代表される強靭なフィジカルと高い得点能力を持つ大型ストライカー。2010年の来日以降、徳島、京都、広島、清水、神戸とJ5クラブを渡り歩き、21試合7得点だった今季も含めて通算9シーズンで計89得点(J1で53得点、J2で36得点)をマークした実績を持つ。ただ、現在は大型補強を続けるチームの中で重要度は低くなっている。今季までとされる契約を延長しなければ、他クラブが放っておかないだろう。

アエラ 12/7(火) 10:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/8683d0f2c74167dd13241b2a5e93bc933a5cdbf5

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211206-00000008-sasahi-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=453&exp=10800


2: Egg ★ 2021/12/07(火) 12:17:55.37 ID:CAP_USER9.net

すでに退団が決まったのが、名古屋のFWガブリエル・シャビエルだ。2017年7月に当時J2だった名古屋に加入すると、シーズン後半戦16試合で7得点15アシストの大活躍。翌年以降も、テクニカルかつ正確無比な左足を駆使し、ピッチ上の魔術師として多くのチャンスを作り出した。まだ28歳。堅守第一のフィッカデンティ監督の下では出番を失ったが、他クラブで攻撃に専念できる役割を与えれば、再び光り輝くことができる。今季推定年俸1億円とされる金銭面をクリアできれば、触手を伸ばすJクラブは必ずある。そして必ず活躍するはずだ。

 J2降格組では、横浜FCのFWサウロ・ミネイロが注目のタレントだ。 J1最下位に沈んでいたチームを救うべく今夏に加入すると、強靭なフィジカルと爆発的なスピードを武器に出場11試合で4得点をマーク。結局、 J1残留に導くことはできなかったが、DFラインの裏への巧みな抜け出し、そして左右両足からの強烈なシュートと、個人としては能力の高さを見せた。24歳と若く、Jリーグでのさらなる成長も可能。より多くのパスが供給されるクラブに移籍すれば、得点王争いにも加われる可能性を秘めている。

 守備のタレントに目を向けると、J2降格が決まった仙台の元ポーランド代表GKスウォビィクの去就が不透明だ。2019年の夏に来日して以降、ゴール前で常に“違い”を見せてビッグセーブを連発。今季もチーム自体は低迷したが、スウォビィク自身は好パフォーマンスを披露した。個人としての能力はJ屈指のレベルにあり、年齢もまだ30歳。契約は今冬までとされ、GK問題を抱えるクラブにとっては、確実に「失点減」につながる人材として獲得候補にリストアップされるはずだ。

 さらに注目なのがセンターバック陣で、鳥栖のブラジル人DFエドゥアルドが人気銘柄。2013年に来日し、鳥取、栃木、柏、川崎、松本、鳥栖と渡り歩いた中で評価を高めてきた左利きのセンターバックで、現在28歳。高いビルドアップ能力とリーダーシップを誇り、強烈なFKも搭載する。鳥栖の主将として来季の契約を残している状況ではあるが、多くのJクラブから関心を寄せられる存在であり、本人が新たなチャレンジを希望し、国内の他クラブに移籍することは十分に考えられる。


3: Egg ★ 2021/12/07(火) 12:18:11.61 ID:CAP_USER9.net

さらにJ2降格クラブに所属する大分のDFトレヴィザンも、注目すべき存在。身長185センチの高さがあり、エドゥアルドと同じ左利き。そして3バックの中央でのプレーが可能。ブラジルU−20代表の経験も持ち、現在24歳という若さも魅力だ。今季、来日1年目ですぐにJリーグに順応しており、チームが苦しむ中でも確かな能力を示した。エドゥアルド以上の争奪戦に発展する可能性もある。

 そのトレヴィザン以上に若いブラジル人センターバックが、徳島に今季途中加入した22歳のDFカカだ。身長187センチの高さだけでなく、優れたスピードを有し、鋭い読みも披露。加入後即、レギュラーとして試合出場を続け、能力の高さを垣間見せた。報道では4年契約とされるが、今季のプレーを見た他のJクラブが触手を伸ばし、カカのみが“J1個人残留”し、他クラブで新たな守備の要になるかもしれない。

 その他、福岡のFWジョン・マリ、FWブルーノ・メンデス、DFサロモンソン、FC東京のMFアダイウトンなどの去就も不透明。G大阪からの退団が決まったFWチアゴ・アウベスも他クラブならばチャンスはある。来季への準備を進めるJ各クラブにとって、外国人選手はチームの戦力をアップさせる特効薬であり、Jリーグでの実績、日本での生活経験がある選手は“ハズレ”が少なく、より計算を立てやすい。そして、彼らの決断次第でJリーグの勢力図が変化することは、間違いない。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW久保竜彦、日テレ『深イイ話』に出演!地方移住で超のんびりライフ

【サッカー】<元日本代表“ドラゴン”久保竜彦ファミリー>地方移住で超のんびりライフ 日テレ『深イイ話』で密着 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638764767/
久保竜彦釣り.jpg
1: Egg ★ 2021/12/06(月) 13:26:07.52 ID:CAP_USER9.net

サッカー元日本代表・久保竜彦氏が、5日放送の日本テレビ系バラエティー『人生が変わる1分間の深イイ話』(毎週月曜 後9:00)に出演。テレワークの普及により、いま話題の地方移住。現役時代、愛称“ドラゴン”で親しまれた元エースストライカーの久保氏も移住を選んだその一人。久保ファミリーが選んだのは、山口県光市。番組では瀬戸内海に面した海岸沿いの一軒家で暮らす超のんびりライフに密着。コーヒー作りから畑作業まで現役時代に、あまり見せることがなかった久保の素顔に迫る。

 さらに、2021年版住みたい田舎ランキングでトップ10入りした自治体で、唯一の離島が長崎県五島市。来年の朝ドラの舞台になるなど、注目の地方自治体だが、一体、なぜいま移住希望者たちの中で五島市が大人気なのか。スタッフは、長期間にわたり五島市に住み込み、移住者に密着取材する。

 和食居酒屋を切り盛りする女性は、45歳のときに五島市へ移住した。東京生まれ、東京育ちの彼女が五島市へ移住した背景には、驚きの理由があった。また、市内で学童保育で働く男性は、大阪を中心に活動しているフリースタイルラップ集団に所属していた元メンバーで、子どもたちにラップを教えながら移住生活を満喫する。個性豊かな移住者たちが語ってくれた、五島市の魅力とは…。

 さらに、日本47都道府県に居住して地域に密着した芸能活動を行い、笑いの力で地域活性化を手伝う「よしもと住みます芸人」から、今回は、九州・沖縄地区を代表して6組の住みます芸人(もっこすファイヤー、野良レンジャー、嫁恐竜、カイキンショウ、パイナップルつばさ、ありんくりん)が登場し、地元自慢アピールを繰り広げる。

 スタジオゲストにはSnow Manの阿部亮平と深澤辰哉。このほか、後藤輝基(フットボールアワー)、佐々木久美(日向坂46)、島崎和歌子、吉田明世も登場する。

オリコンニュース 12/6(月) 7:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/04049c67fbd51204a56446b4db9886eb090846cd

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211206-00000323-oric-000-23-view.jpg?pri=l&w=640&h=362&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズ、大宮DF馬渡和彰に獲得オファー!徳島時代にロドリゲス監督から指導受ける(関連まとめ)

浦和、大宮DF馬渡和彰に獲得オファー
https://news.yahoo.co.jp/articles/4fceef024eb08b102b170d07b2bfdb60c036477e
馬渡大宮.jpg

 浦和がJ2大宮のDF馬渡和彰(30)に獲得オファーをしたことが5日、分かった。

 右足の正確なクロスやサイド突破を武器に右サイドバック(SB)を中心にプレー。今季は41試合に出場し、大宮のJ2残留に貢献した。

 プロ入りから8年間でJ1〜3の計7クラブを渡り歩いた豊富な経験を持つ。徳島時代の17年には浦和のリカルド・ロドリゲス監督(47)の指導を受けた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14303
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638703245/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリノスMF水沼宏太、湘南・京都が獲得オファー!今季先発わずか1試合もランキング2位の9アシスト(関連まとめ)

湘南が横浜MF水沼獲り、高精度のクロス武器 先発わずか1試合もランキング2位の9アシスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/64102a00c5b2f4f25d9cc18c3152e70d386eff1d
水沼2021横浜FM.jpg

湘南が来季の新戦力として横浜のMF水沼宏太(31)の獲得へ正式オファーを出していることが4日、分かった。水沼は高精度のクロスが最大の武器。今季はJ1での先発はわずか1試合ながら、途中出場から確実に結果に絡んでアシストランキング2位の9アシストを記録した。

 複数の関係者によると今季限りで契約が満了する横浜も既に延長オファーを提示しているが、湘南が土壇場での残留から来季の浮上に向けて補強に動く。


J1昇格の京都、横浜M・水沼宏太に獲得オファー
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1f0d12bd92bb1306330cce081ac0f3ede6edeee

 来季J1に昇格する京都が来季の新戦力として、横浜MのMF水沼宏太(31)に獲得オファーを送っていることが5日、複数の関係者の話で分かった。湘南との争奪戦になっている。水沼は今季で契約満了となるが、横浜Mは今夏から契約延長を提示するなど慰留に努めており、去就が注目される。

 水沼は19年にC大阪から横浜Mに完全移籍した。2年目の今季は36試合に出場。先発は1試合だったが、サイドから繰り出すクロスの精度は健在で9アシストを記録した。

◆◇◆ 横浜F・マリノス part1985 ◆◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638593239/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛FC、元日本代表MF山瀬功治の退団を発表「現役を続ける意思だけは変わりません」

【サッカー】<MF山瀬功治(愛媛FC)>今季限りで退団!「現役を続ける意思だけは変わりません」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638782892/
山瀬2021愛媛ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2021/12/06(月) 18:28:12.67 ID:CAP_USER9.net

愛媛FCは6日、MF山瀬功治の契約満了を発表した。

 北海高から00年に札幌に加入した山瀬は03年に浦和に移籍すると、その後、横浜FM、川崎F、京都、福岡を渡り歩き、19年から愛媛でプレー。在籍3年目を迎えた今季は27試合1得点を記録していた。

 山瀬はクラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「今シーズンをもちましてチームを退団することになりました。3年前、なかなかチームが決まらなかった自分に、選手としてプレーする機会を与えてくださった愛媛FCには感謝しかありません。共に戦うチームメート、背中を後押ししてくださるファン、サポーター、愛媛FCに関わるすべての方々のおかげで、本当に充実した3年間を過ごすことができました。また、プライベートでも多くの方にお世話になりました。美味しい食べ物、素敵な街並み、暖かい人柄、夫婦ともども愛媛のことが大好きです。本当にありがとうございます。

 僕個人としては、この3年間持てる力の全てをチームに注いできたつもりですし、やってきたことに何ひとつ悔いはありません。ただ、プロサッカー選手として生きている以上、常に向上心を持ち少しでも上手くなりたい、他の選手に負けたくない、という意識で日々過ごしているので、年齢による衰えや将来性が大きな判断材料になる事は十分承知の上ですが、それらの要素を覆すほどの力をクラブに示せなかったことは悔しいです。

 今後のことはまだ何も決まっていませんが、現役を続ける意思だけは変わりません。 前回同様、厳しい道になるでしょうが自分らしく歩みたいと思います。 3年間、本当にありがとうございました」

ゲキサカ 12/6(月) 18:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ca6b850f08fbb660a1f4953601c80e10a683cc

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211206-45377283-gekisaka-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、ウズベキスタン戦22名を発表!神戸FW武藤嘉紀が復帰!鹿島MF荒木、C大阪・瀬古、西尾ら4人が初選出(関連まとめ)

【サッカー】日本代表 C大阪・瀬古、西尾ら4人初選出 神戸・武藤が復帰 国内組22人を発表 [愛の戦士★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638861171/
荒木武藤小柏.jpg
1: 愛の戦士 ★ 2021/12/07(火) 16:12:51.09 ID:CAP_USER9.net

デイリー 12/7(火) 16:00

 日本サッカー協会は7日、国際親善試合ウズベキスタン戦(来年1月21日、埼玉スタジアム)に臨む日本代表メンバー22人を発表し、長友佑都(35)=FC東京、大迫勇也(31)=神戸らが選ばれた。

 瀬古歩夢(21)西尾隆矢(20)=ともにC大阪、小柏剛(23)=札幌、荒木遼太郎(19)=鹿島=の4人が初選出され、武藤嘉紀(29)=神戸=は2019年アジア杯以来となる代表復帰となった。

 W杯カタール大会アジア最終予選B組の中国戦(来年1月27日)とサウジアラビア戦(同2月1日)に向けた強化試合となる。国内組は4日のリーグ最終節、19日の天皇杯決勝を終えるとオフ期間に入るため、森保一監督(53)が最終予選直前のコンディション調整や強化を目的として、試合開催を要望していた。

 日本代表メンバーは以下の通り

 GK 権田修一(清水)谷晃生(湘南)

 DF 長友佑都(FC東京)佐々木翔(広島)酒井宏樹(浦和)谷口彰吾(川崎)山根視来(川崎)中谷進之介(名古屋)瀬古歩夢(C大阪)西尾隆矢(C大阪)

 MF/FW 大迫勇也(神戸)稲垣祥(名古屋)江坂任(浦和)武藤嘉紀(神戸)脇坂泰斗(川崎)相馬勇紀(名古屋)前田大然(横浜M)旗手怜央(川崎)小柏剛(札幌)上田綺世(鹿島)渡辺皓太(横浜M)荒木遼太郎(鹿島)

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が26位で、最終予選進出を逃したウズベキスタンは84位。対戦成績は日本の7勝3分け1敗。直近の対戦は2019年1月17日のアジア杯1次リーグで、武藤嘉紀(神戸)と塩谷司(広島)がゴールを決めて2−1で逆転勝ちした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e02b419b2ea0eeed0a90f18cdc3fca7947926dc0
神戸・武藤嘉紀
https://i.imgur.com/GG8ZZOP.jpg


3: 名無しさん@恐縮です 2021/12/07(火) 16:13:57.46 ID:JPTAiI1n0.net

<GK>
権田修一(32=清水)
谷晃生(21=湘南)
<DF>
長友佑都(35=東京)
佐々木翔(32=広島)
酒井宏樹(31=浦和)
谷口彰悟(30=川崎F)
山根視来(27=川崎F)
中谷進之介(25=名古屋)
瀬古歩夢(21=C大阪)
西尾隆矢(20=C大阪)
<MF・FW>
大迫勇也(31=神戸)
稲垣祥(29=名古屋)
江坂任(29=浦和)
武藤嘉紀(29=神戸)
脇坂泰斗(26=川崎F)
相馬勇紀(24=名古屋)
前田大然(24=横浜)
旗手怜央(24=川崎F)
小柏剛(23=札幌)
上田綺世(23=鹿島)
渡辺皓太(23=横浜)
荒木遼太郎(19=鹿島)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:42 | 大阪 ☔ | Comment(16) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、仙台GKスウォビィクの獲得が決定的!権田修一を調査も清水J1残留でスウォビィクに集中(関連まとめ)

東京 仙台GKスウォビィクの獲得決定的 権田修一調査も清水J1残留
https://news.yahoo.co.jp/articles/5fdae651db58f0c0f8e15e0e8ca05702bf47ec36
クバ仙台激励.jpg

FC東京が、ベガルタ仙台の元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィク(30)を獲得することが5日、決定的となった。

今季リーグ37試合に出場。仙台はJ2降格となったが、攻め込まれる試合が多い中でも再三の好守を披露していた。東京はGKが来季に向けた補強の最優先事項。かつて所属していた清水エスパルスの日本代表GK権田修一(32)も獲得候補とし、調査していた。しかし清水がJ1に残留したこともあり、スウォビィクに白羽の矢を立て一気に動いた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14303
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638703245/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王者・川崎、横浜FCのMF瀬古樹(23)を獲得へ!条件面でほぼ合意(関連まとめ)

川崎F 横浜FC・瀬古獲得、技術高いボランチ 契約残すも移籍金準備
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f71d3f045a83921abb4590f1485ae9c39338318
瀬古樹2021横浜FC.jpg

 川崎Fが来季の新戦力として横浜FCのMF瀬古樹(23)を獲得することが5日までに分かった。瀬古は高い技術を誇るボランチで、20年に明大から横浜FC入り。1年目から主力として活躍し、2年目の今季もチームはJ2降格となったが、33試合に出場し1得点をマークした。横浜FCとは契約を残しているものの、川崎Fは移籍金を準備。条件面でほぼ合意に達しているという。3連覇を目指す来季へ大きな補強となった。


☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1494〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638601905/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:46 | 大阪 ☔ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、川崎MFシミッチを期限付き移籍で獲得へ(関連まとめ)

FC東京が川崎のMFシミッチを獲得 1年の期限付き
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c0e52f57043caf3208b30a8d7d51b91691d2d0e
シミッチ2021川崎.jpg

 FC東京が川崎のMFジョアン・シミッチ(28)を1年の期限付きで獲得することが6日、分かった。U―21ブラジル代表歴を持つボランチで、今季は25試合に出場し、川崎のリーグ優勝に貢献。左足から繰り出される精度の高い縦パスが持ち味で、来季から指揮を執る見通しで、攻撃的なサッカーを目指すアルベルト・プッチ・オルトネダ氏(53)の戦術に適している。

 また、J2降格が決まった仙台から元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィク(30)の獲得も決定的に。古巣復帰を望んでいた清水の日本代表GK権田修一(32)もリストアップしていたが、合意には至らなかった。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14307
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638794790/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、顔踏まれるもカード無しで物議…アーセナルはグレイ決勝弾許しエバートンに1-2逆転負け(関連まとめ)

【サッカー】冨安の顔面を相手選手が足裏で踏む! VARチェックもカード無しに物議…アーセナルは逆転負けで連敗 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638828039/
冨安21-22第15節審判訴え.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/12/07(火) 07:00:39.44 ID:CAP_USER9.net

[12.6 プレミアリーグ第15節 エバートン 2-1 アーセナル]

 プレミアリーグは6日に第15節を行った。DF冨安健洋が所属するアーセナルは敵地でエバートンと対戦し、1-2で敗戦。冨安は右サイドバックでフル出場している。

 前節はマンチェスター・Uに敗戦を喫したアーセナル。再びのアウェー戦で、8試合未勝利で3連敗中のエバートンの本拠地に乗り込んだ。4-2-3-1の布陣を敷き、冨安は右サイドバックで起用されている。

 序盤から攻勢を強めるエバートンにアーセナルは守勢。冨安は攻守に奔走も、前半28分にアクシデントが発生する。

 冨安はサイドライン際でエバートンMFアランと競り合うと、直後にはDFベン・ゴドフリーに勢いあまって顔面を強く踏まれてしまう。だが、プレーは続行。その後、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がチェック。顔に鋭い切り傷を負った冨安は審判に訴えるも、相手に対してカードも出なかった。『スカイ』も「VARチェックもレッドカードはない」とその行為の代償がなかったことを指摘している。

 エバートンは前半44分、FKを獲得すると、鋭い弾道にゴール前のFWリシャルリソンがヘディングシュート。ゴールに流し込むが、VARの介入によりオフサイド判定。ゴールは認められなかった。

 すると、チャンスが少なかったアーセナルが先制に成功。前半アディショナルタイム2分過ぎ、左サイドのDFキーラン・ティアニーがクロスを上げ、最後はMFマルティン・ウーデゴーアがダイレクトでゴールへ。2試合連続ゴールで先制点を奪った。

 前半を1-0で折り返したアーセナル。後半に入ると、後半13分に再び肝を冷やす。エバートンはMFアブドゥライェ・ドゥクレのパスを受けたリシャルリソンがPA右からシュートを決め切る。だが、またしてもVARのチェックでオフサイド判定。2度目の幻のゴールとなった。

 だが、エバートンは後半35分に待望の同点ゴール。PA手前からMFデマライ・グレイが右足シュート。山なりのボールをGKアーロン・ラムズデールに触れられると、クロスバーを直撃する。しかし、こぼれ球をリシャルリソンがヘディングシュート。エースが三度目の正直で試合を振り出しに戻した。

 勝ち越したいアーセナルは、終盤にFWアレクサンドル・ラカゼットを下げて、ベンチスタートのFWピエール・エメリク・オーバメヤンが途中出場。しかし、決め切れない。

 すると、最後にエバートンがスコアを動かす。後半アディショナルタイムにグレイがPA手前からミドルシュート。ゴール右ポストに当てながらゴールに流し込み、逆転に成功した。

 試合はそのまま終了。エバートンは2-1で9試合ぶりの勝利を手にし、アーセナルは開幕連敗以来の2連敗となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8089d4e1f4e3353613a00bba106d913c6fe2cff2



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:28 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)