アンテナ・まとめ RSS

板倉滉、2試合連続ゴール!シャルケはHSVと1-1ドローでブンデス2部暫定4位(関連まとめ)

【サッカー】また決めた!シャルケCB板倉滉が2試合連続ゴール! 土壇場でドローに持ち込む [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639906644/
板倉21-22第18節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/12/19(日) 18:37:24.49 ID:CAP_USER9.net

[12.18 ブンデスリーガ第2部18節 ハンブルガーSV 1-1 シャルケ]

 ブンデスリーガ2部は18日、第18節を行い、日本代表DF板倉滉が所属するシャルケはハンブルガーSVと対戦し、1-1で引き分けた。板倉は14試合連続で先発し、2試合連続ゴールを挙げている。

 前節の後半アディショナルタイムに移籍後初ゴールをマークした板倉は、この日も0-1で迎えた終了間際にネットを揺らした。後半42分、FWマリウス・ビュルターのCKの流れから、こぼれ球に反応した板倉が右足で押し込み、同点ゴール。土壇場で1ー1の引き分けに持ち込んだ。上位直接対決は痛み分けに終わり、HSVは暫定3位、シャルケは同4位に位置している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/db3fb91b69beddf49602ced87b2c494c7f7bfaa2




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:39 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、ガビ1ゴール1アシストなど若手躍動しエルチェに3-2勝利!公式戦4試合ぶりの白星

ニコの2戦連発弾でバルセロナが薄氷の公式戦4試合ぶり白星! ジュグラ&ガビにもプリメーラ初弾《ラ・リーガ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3a3ed6709fa345517e495504723bfc0c93cbaf6
ガビ2021初ゴール.jpg

ラ・リーガ第18節、バルセロナvsエルチェが18日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが3-2で勝利した。

現在、トップ4圏内と5ポイント差の8位に低迷するバルセロナ(勝ち点24)は、16位のエルチェ(勝ち点15)を相手に公式戦4試合ぶりの白星を目指した。

チャンピオンズリーグ(CL)敗退からのバウンスバックを図った前節のオサスナ戦ではニコ・ゴンサレス、アブデのカンテラーノ2人にプリメーラ初ゴールが生まれたが、2度のリードを守り切れずに痛恨のドローとなった。また、15日には心不整脈で離脱が続いていたアグエロが志半ばでの現役引退を発表。チームの苦境に追い打ちをかける悲しい知らせとなった。

週明けにセビージャとの強豪対決を控える中、チャビ監督はオサスナ戦から先発4人を変更。サスペンションのピケやユムティティ、ニコ・ゴンサレスに代えて負傷明けのジョルディ・アルバ、ラングレ、エリック・ガルシア。さらに、ルーク・デ・ヨングに代えて前節途中出場でトップチームデビューを飾ったばかりの22歳FWフェラン・ジュグラがスタメンに抜擢された。

2021年最後のカンプ・ノウでのゲームで勝利がほしいバルセロナは、開始直後にガビの浮き球パスに抜け出したジュグラがいきなりゴールネットを揺らすが、ここは惜しくもオフサイド判定で初ゴールとはならず。

以降は後ろに重心を置き堅守速攻の構えを見せるアウェイチームの粘り強い守備に苦戦し、攻撃が停滞し始める。しかし、その停滞感を初スタメンの22歳が見事に払しょくして見せる。

16分、左CKの場面でキッカーのデンベレが右足インスウィングのボールを入れると、ゴール前で競り勝ったジュグラのヘディングシュートがゴール右隅に決まった。

今年7月にエスパニョールBからバルセロナBに加入したジュグラのプリメーラ初ゴールで先制に成功したホームチームは、今度は17歳の生え抜きMFが魅せる。

19分、相手陣内中央でラングレから足元にパスを受けたガビがヒールを使った鮮やかなターンで前を向きドリブル突破。ペナルティアーク付近で2人目のDFをかわしてボックス内へ侵入すると、右足のグラウンダーシュートを放つ。左ポストの内側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らし、見事なゴラッソでジュグラに続き待望のプリメーラ初ゴールを挙げた。

前節のニコとアブデに続きジュグラとガビにプリメーラ初ゴールが生まれたバルセロナは、ここ数試合の反省を生かしてゲームコントロールに重きを置きつつ、前に出てきた相手の背後を狙って3点目を目指していく。

28分にはデンベレのラストパスに抜け出したジュグラが際どい枠内シュートでドブレーテに迫ると、以降は左サイドで果敢に仕掛けるアブデを起点に幾度も決定機を創出。だが、最後の精度を欠いてなかなか決め切れず。ハーフタイム直前の44分にもアブデの折り返しにボックス中央で反応したガビにドブレーテのチャンスも、ここは相手DFのブロックに阻まれた。

後半も引き続き試合をコントロールするバルセロナだが、幾つかの決定機を決め切れずに相手の心を折ることができない。

逆に、心身ともに脆弱なチームは前半に自分たちが見せた畳みかける攻撃をエルチェに見せつけられることに。まずは62分、エルチェのロングカウンターからボジェに右サイドのテテ・モレンテに大きな展開を許すと、ボックス内で仕掛けたテテ・モレンテにDFラングレが付き切れずに豪快に右足を振られると、これがゴール左隅に突き刺さる。

さらに、直後の63分には自陣でのパスミスをカットされた流れからカウンターを浴びると、右サイドのゴールライン際でテテ・モレンテが浮き球で上げたクロスを大外でドフリーにしたペレ・ミジャにダイビングヘッドで叩き込まれ、わずか2分間で2点のリードを追いつかれた。

これで勝ち越しには3点目が必要となったバルセロナは、直後の66分にガビのクロスのこぼれ球に反応したゴール前のジュグラに絶好機も、ここはボレーシュートを枠に飛ばせない。

その後、チャビ監督は70分過ぎにジュグラとフレンキー・デ・ヨングを下げてニコとリキ・プッチを続けて投入。最前線にガビを置く“ゼロトップ”の形での戦いに。交代直後にはアブデの仕掛けからニコにいきなり決定機も、2度の枠内シュートはDFパラシオスのゴールカバーとGKバディアのセーブに遭う。

それでも、諦めずに攻勢を強めるホームチームは85分、若き力が三度魅せる。相手陣内左サイドでデンベレとパス交換したガビがそのままボックス内に侵入し、マイナスの折り返しを供給。これにボックス中央で反応したニコが体勢を崩しながらも右足の強烈なシュートをゴール左上隅に突き刺し、値千金の2試合連続ゴールとした。

その後、6分が加えられた後半アディショナルタイムを含め、残り時間を何とか凌いだバルセロナが、引き続きゲーム運びに大きな課題を残しながらも、若き力の台頭によって公式戦4試合ぶりの白星を手にした。


》╋||||《Blaugrana F.C.バルセロナ27》╋||||《
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1639238431/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、名古屋DF木本恭生を完全移籍で獲得発表「タイトル獲得のために全力で」(関連まとめ)

FC東京、ルヴァンVの名古屋からDF木本恭生を獲得!「タイトル獲得のために全力で」
https://news.yahoo.co.jp/articles/107b7c830ec345296762cc320a7da30f601a437c
木本2021名古屋.jpg


FC東京は19日、名古屋グランパスからDF木本恭生(28)の完全移籍加入を発表した。

静岡県出身の木本は静岡学園高校から福岡大学へ進学。卒業後の2016年にセレッソ大阪でプロ入りを果たすと、主力としてCBや守備的MFで活躍していた。今季からは5年間在籍したクラブを離れ、即戦力として名古屋に移籍すると、公式戦48試合1ゴールを記録。センターバックだけでなく、ボランチでも起用されていたが、1年での退団となった。

FC東京へ移籍が決定した木本は、両クラブを通じてコメントをしている。

◆名古屋グランパス
「一年間という短い間でしたがありがとうございました。納得がいくシーズンにはできませんでしたが、たくさんのことを考え、学ぶことの多い一年間でした。この経験を今後に活かしていきたいと思います」

「最後にファミリーのみなさんとルヴァンカップ優勝を成し遂げたこと最高の思い出です。
一年間ありがとうございました!」

◆FC東京
「名古屋グランパスから完全移籍で加入することになりました木本恭生です。東京でチャレンジする機会を与えていただいたことに感謝しています。タイトル獲得のために全力で取り組んでいきます!よろしくお願いします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14353
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1639877541/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝説のサッカーPK戦を覚えているか?海外にも衝撃を与えたゼロックス杯での9人連続失敗

伝説のサッカーPK戦を覚えているか? 海外にも衝撃を与えたゼロックス杯での9人連続失敗 イニエスタもクレイジーと絶賛 [牛丼★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639826251/
イニエスタ2019ゼロックス杯PK戦.jpg

1: 牛丼 ★ 2021/12/18(土) 20:17:31.32 ID:CAP_USER9.net

衝撃的なPK戦となった2年前のFUJI XEROX SUPER CUP 2020を、『ESPN』が再び取り上げている。

2020年2月8日、埼玉スタジアム2002で行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2020。15年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた横浜F・マリノスと初めて天皇杯を制したヴィッセル神戸の一戦は、打ち合いの末に3-3で90分を終えてPK戦に突入した。

両チーム2人目までが成功したが、以降は予想だにしていなかった展開に。先行横浜FMの3人目、FWエジガル・ジュニオが止められたのをきっかけに、引きずられるように互いが失敗の連続。横浜FMの7人目、FW遠藤渓太まで9人連続で失敗するという、異色のPK戦となった。

神戸の7人目、MF山口蛍がようやく決めて試合終了。PKスコア2-3で神戸が初の大会制覇を成し遂げた。

2020年12月には、同一企業による協賛では世界で最長のサッカースーパーカップとしてギネス世界記録にも認定された同大会。2022年大会はパートナー契約会社の社名変更に伴い、「FUJIFILM SUPER CUP」と新たな名を冠して開催される。

2022年大会は2月中旬に開催予定。19日に行われる天皇杯決勝、浦和レッズvs大分トリニータの勝者がJ1王者である川崎フロンターレの相手として参戦する。

9人連続失敗のPK戦にイニエスタも驚き「クレイジーな展開」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?297452-297452-fl
動画
https://youtu.be/fgvH2NmHvtI

https://news.yahoo.co.jp/articles/612e6767bc34d28e4bf26aa6272af16a1010d144



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、金明輝監督が退任へ…「パワハラ判定」の結果を待たず本人判断 新監督は外部からの招聘に動く(関連まとめ)

鳥栖 今季限りで金監督退任へ、新監督は外部からの招へいに動く
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5a5b19bacd78f5e59abe1da55b3c17858bb4567
金明輝監督腰に手.jpg

 J1鳥栖の金明輝(キン・ミョンヒ)監督(40)が今季限りで退任することが18日、分かった。

 複数の関係者によると、金監督側がクラブ側に退任を申し入れ、話し合いを重ねた結果合意に至ったという。近日中に正式発表される。

 金監督は選手らへの継続的なパワハラ行為があったとする告発文がJリーグに届いた問題で、リーグが独自調査に着手。調査結果の通達は来月以降になる見通しで、自身の去就が来季のチーム編成に大きな影響を与えることを危惧した金監督が退任を決意したという。

 5日のシーズン終了報告会で、鳥栖の福岡淳二郎社長は金監督の去就について「Jリーグからの判断を待っているところ」と話すにとどめた。一方で今季7位とチームを躍進させた指揮官を「苦しいシーズンを覚悟していたが期待以上の結果だった」と評価し続投に期待を寄せていた。

 今季のはじめ、主力の多くが移籍し予算規模も小さい鳥栖は、多くの関係者から降格候補にあげられた。それでも開幕3連勝で弾みをつけると上位をキープ。鋭い攻守の切り替えで主導権を握り勝利を重ねた。

 また、前線を主戦場にしていた仙頭をボランチに起用、守備的なポジションだった酒井宣福を最前線に再コンバートし活躍を導くなど金監督の選手の適性を見抜く力や起用法、育成、再生を促す指導力への評価は高い。

 クラブの財政が厳しい中、すでに小屋松は柏、樋口は鹿島、酒井は名古屋、山下はFC東京に来季の加入が決まるなど多くの主力が大量流出。加えて指揮官の退任はクラブにとって大きな痛手となる。

 新監督は外部からの招聘に動いており、大幅な入れ替わりが予想される来季の戦力も未知数。J1で11年目の来季も鳥栖は試練に立ち向かう。 


鳥栖金明輝監督が退任へ 「パワハラ判定」の結果を待たず本人判断
https://news.yahoo.co.jp/articles/20300742aa8c6db8dd6c8144c74baf475380c602


J1サガン鳥栖の金明輝監督(40)が今季限りで退任することが19日、分かった。近日中に正式発表される。後任は未定。

クラブとしては、主力を引き抜かれる中での今季7位の手腕を評価して、来季続投の方針だった。だが、金監督が選手に行ったとされるパワーハラスメント行為に関して、現在Jリーグ独自の調査結果待ちの状況。関係者によると、自身の進退の遅れがチーム編成に影響することを考慮した上での本人の退任判断だという。

金監督の去就に関しては、福岡淳二郎社長(66)が5日のファン感謝イベント後取材に応じ、来季続投可否は、Jリーグによる「パワハラ判定」の結果次第との考えを示していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14351
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1639819769/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:02 | 大阪 ☁ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【槙野劇場】浦和、天皇杯優勝!槙野智章劇的ATヘッド弾で大分に2-1勝利し8度目の制覇!ACL出場決定(関連まとめ)

浦和が前身含め通算8度目の天皇杯制覇…101年の歴史で最多タイ! 今季退団・槙野智章の後半AT弾で大分破る
https://news.yahoo.co.jp/articles/3041995b6c297a4408f9e0c0c499ba50a45fa65a
槙野2021天皇杯決勝ゴール.jpg

天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会は19日、決勝の浦和レッズvs大分トリニータが国立競技場で行われた。

勝てばAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を手にすることができる天皇杯。明治安田生命J1は浦和は6位で3位以上のACL圏には届かず、大分は18位で降格を喫する結果となっていた。

リカルド・ロドリゲス監督率いる浦和は、今季限りでの退団を発表している槙野智章と宇賀神友弥をベンチに置き、引退を発表した阿部勇樹をメンバー外とすることを決断し、江坂任やキャスパー・ユンカー、小泉佳穂らを送り出してタイトルを目指した。

一方、大分はこれまでチームの躍進をけん引した片野坂知宏監督にとっての最後の試合。J3から歩んだ6年間の集大成に向け、伊佐耕平や小林成豪、下田北斗らを送り出している。

試合は立ち上がりこそ中盤で攻防が繰り広げられたが、比較的優勢だった浦和が6分に先制点をもぎ取る。右サイドの関根貴大が個人技で突破してボックス右から中央マイナス方向に折り返し。待ち構えていた江坂が丁寧にミートしてネットを揺らした。

その後も浦和のペースで試合が進行していくが、大分も前半半ばごろから高い位置まで入り込むシーンを目立たせる。浦和のディフェンスラインは落ち着いてボックス内への侵攻を阻むものの奪った後のカウンターでも簡単にはシュートまで持ち込めない。

1点を追う大分は徐々にボール保持時間を伸ばしていくが浦和のブロックを崩すことができず。左右への揺さぶりや裏へのボールを織り交ぜていくものの中盤の強度で押されて決定機までが遠い。

反対に43分には右サイドを抜け出したユンカーが鋭いフェイントでボックス右に侵攻。大分DFとの接触により転倒してシュートを放てなかったがノーファウルと判定されている。

浦和がリードして折り返した一戦は互いに選手交代なしでハーフタイムが終了。後半は大分がより強度の高い入りを見せ、46分に町田也真人がボックス中央から右足を振り抜いたものの枠を外れた。

比較的攻勢を保っている大分が得点を奪えずにいる70分に浦和が決定機を作る。カウンターから関根のスルーパスを受けた江坂がフリーでボックス左に抜け出す。しかし、一対一ではGK高木駿がファインセーブを見せて1点差を保った。大分は直後に小林成豪に代えて野村直輝、浦和はユンカーに代えて宇賀神を投入する。

その後も両チームにとって一方的な展開とはならなかったが、互いに交代策を駆使する中で槙野らを起用した浦和が前半のリードを守ったまま終盤まで推移する。

しかし、ドラマは終了間際の90分に待っていた。ボックス手前左でボールを持った下田がインスウィングのクロスを蹴り込むと反応したのはペレイラ。頭で確実にボールを捉えて土壇場の同点弾とした。

それでも浦和も執念の得点を後半ATに決め切る。93分、右CKが跳ね返されたところに反応した柴戸海がボックス手前中央から左足を一閃。ゴール前の槙野が頭で軌道を変えて勝ち越し弾を奪い切った。

試合は直後に終了。今季クラブに別れを告げることを発表していた槙野の一撃により浦和が2018年以来3年ぶりの大会制覇を果たし、2022シーズンのACL出場権を手にした。

また、浦和は前身の三菱重工時代も含めてこれで通算8度目の優勝。慶應BRBと並んで史上最多タイに躍り出ることとなり、Jクラブとしては単独で最多となっている。

■試合結果
浦和レッズ 2-1 大分トリニータ

■得点者
浦和:江坂任(6分)、槙野智章(90+3分)
大分:ペレイラ(90分)

【サッカー】<天皇杯・決勝>浦和レッズ優勝!後半45分に追いつかれるも.. . アディショナルタイムに槙野が勝ち越し弾..大観衆57785人! [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639897113/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:23 | 大阪 ☁ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、ギリシャ1部PAOKを退団…契約解消に合意 負傷続きで公式戦12試合にとどまる

【サッカー】<香川真司>PAOK(ギリシャ1部)退団…「双方同意の上でパートナーシップを解消することを決定しました」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639861595/
香川21-22PAOK.jpg
1: Egg ★ 2021/12/19(日) 06:06:35.73 ID:CAP_USER9.net

PAOK(ギリシャ1部)は18日、クラブに所属するMF香川真司との契約を解除したことを発表した。

 現在32歳の香川は2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍。マンチェスター・Uを経て2014年にドルトムントに復帰すると、その後ベシクタシュとレアル・サラゴサでプレーした。

 香川は今年1月にPAOKに加入すると、その後負傷が続き、公式戦12試合の出場に留まっていた。PAOKは公式サイトを通じて、「双方同意の上でパートナーシップを解消することを決定しました」と、香川との契約を解除したことを発表した。

サッカーキング 12/19(日) 5:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d8889c2fe6d79a2099e44b36178f202913f4b92

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211219-01598897-soccerk-000-1-view.png?fmt=jpeg&q=85&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥川雅也、2戦連続ゴール!強豪ライプツィヒ戦2-0快勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】ビーレフェルト奥川雅也が鋭い左足ショットで2戦連発!今季ブンデス5ゴール目で強豪ライプツィヒ撃破に貢献 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639845306/
奥川21-22第17節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/12/19(日) 01:35:06.11 ID:CAP_USER9.net

 現地時間12月18日に開催されたブンデスリーガ第17節のRBライプツィヒ戦で、ビーレフェルトの奥川雅也が2試合連続ゴールを決めた。

 トップ下で先発した奥川は、57分に1点を先制して迎えた75分、敵陣でボールを奪取したクリューガーからパスを受けるとワントラップから左足を一閃。鋭いシュートを突き刺してみせた。
 
 25歳のアタッカーは、これが前節のボーフム戦に続いて2戦連発で、今シーズンのリーグ戦5点目(公式戦6点目)。70分に退場者を出していただけに、貴重な追加点となった。

 試合はこのまま2‐0で終了。敵地で強豪を破ったビーレフェルトが連勝を飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


https://news.yahoo.co.jp/articles/ffca8ca1d7e3218a5a0ba2cc778ee0bf41653199



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、絶妙ゴールなど2得点に絡む活躍で3-2逆転勝利に貢献!ユニオンSGはセルクル・ブルージュ下し4連勝(関連まとめ)

【サッカー】三笘薫が今季5点目を奪い、逆転勝利の立役者に! 首位ユニオンSGがセルクル・ブルージュを破り4連勝 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639856115/
三笘ウニオンSGドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/12/19(日) 04:35:15.65 ID:CAP_USER9.net

2点のビハインドをひっくり返す
 現地時間12月19日、ベルギー・リーグ第20節が行なわれ、三笘薫が所属するユニオン・サン=ジロワーズはセルクル・ブルージュをホームに迎えた。

 三笘は左ウイングバックで4試合連続の先発。サポーターが詰めかけたホームスタジアムでの一戦は熱気に包まれたなか開始された。

 しかし8分、24分とカウンターから失点を喫し、前半を0-2とリードされた状態で折り返す。

 三笘は左ウイングバックの位置から攻守によく絡むが、なかなかフィニッシュまで結びつかない。そんななか、57分にCKを処理したGKモリスからのフィードに反応した三笘が、素早く前線に展開し、右サイドにはたく。


 これに後半出場のモリスが反応し、右サイドからクロスを上げる。一度はDFに弾かれたものの、こぼれたところに詰めていた三笘がダイレクトシュート。ボールはポスト上に当たりながらもゴールに吸い込まれた。

 三笘の今シーズン5得点目で1点差に詰め寄ったユニオンSGは、さらに攻勢を強める。75分には左サイドから三笘がゴールラインすれすれまで切り込み、マイナスのパス。中央の味方が蹴りこんだシュートは守備網に阻まれるが、狭い場所での攻防が続いた末、ボックス内に上がっていたニーウコープが押し込み、同点とした。

 さらに90分、右サイドのヴァンゼイルが放り込んだクロスを、セルクル・ブルージュDFジェスパー・ダーランドがカットしてGKに戻そうとしたが、パスが逸れるという痛恨のミス。ボールはGKの横をすり抜け、ゴールに吸い込まれた。

 結果、スコアを3-2とし、劇的な逆転勝利で勝点3を得たユニオンSGは、首位をキープ。三笘は2ゴールに絡む活躍でチームの4連勝に貢献している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/88f18a6b48bd7c16e05d91abc07cb4464d856667



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、守備でみせるも負傷交代 アーセナルはマルティネッリ2発などリーズに4-1大勝し3連勝(関連まとめ)

【サッカー】冨安が負傷交代…アーセナル、マルティネッリ2発など3発快勝で3連勝 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639855550/
冨安21-22第17節座る.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/12/19(日) 04:25:50.96 ID:CAP_USER9.net

 プレミアリーグ第17節が18日に行われ、リーズとDF冨安健洋が所属するアーセナルが対戦。冨安は加入後14試合連続の先発となり、64分までプレーした。

 試合は16分、アーセナルが先制に成功する。アレクサンドル・ラカゼットが敵陣のエリア内でボールを奪うと、拾ったガブリエウ・マルティネッリが右足を振り抜く。このシュートはゴール右に決まり、アーセナルが先制した。

 アーセナルは28分、ジャカが相手のパスをカットして自陣からスルーパス。左サイドのマルティネッリが裏に抜けて受け取ると、エリア内まで上がり、シュートまで運ぶ。マルティネッリはGKとの1対1を制して、アーセナルが追加点を獲得した。

 さらに42分、ブカヨ・サカが右サイドから中央にドリブルで切り込む。サカはラカゼットを経由してエリア左でボールを持つと、左足でシュート。ボールはゴール左下に流れ、アーセナルが3点目を決めた。

 後半に入ると62分、冨安が右足を抑えてピッチに座り込み、セドリック・ソアレスと交代した。

アーセナルは68分、サカがジャカとのワンツーでエリア左に侵入すると、サカは左足でシュートを撃つ。しかし、このシュートは惜しくも枠を捉えられない。

 リーズは74分、ジョー・ゲルハートがエリア内でベン・ホワイトに倒されてPKを獲得。キッカーを務めたハフィーニャはゴール右に決め、リーズが1点を返した。

 アーセナルは83分、カウンターの流れからマルティン・ウーデゴールが縦にボールを運ぶと、エミール・スミス・ロウにラストパス。スミス・ロウが流し込み、アーセナルが4点目を決めた。

 このまま試合は終了。アーセナルが1−4でリーズを下して、リーグ戦3連勝を飾った。次節、リーズはリヴァプールとアウェイで対戦し、アーセナルはノリッジとアウェイで対戦する。

【スコア】
リーズ 1−4 アーセナル

【得点者】
0−1 16分 ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)
0−2 28分 ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)
0−3 42分 ブカヨ・サカ(アーセナル)
1−3 74分 ハフィーニャ(リーズ)
1−4 84分 エミール・スミス・ロウ(アーセナル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e1f865eeff343b014c6f7b8959ca777d63b3b68



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:02 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)