アンテナ・まとめ RSS

川崎、ジェジエウ劇的AT決勝ヘッド弾で横浜FMとの上位対決に勝利!鳥栖は宮代&垣田弾で磐田に快勝!札幌はゴールラッシュで湘南に5-1大勝 J1第24節(関連まとめ)

【サッカー】J1第24節日曜夜 川崎×横浜FM、鳥栖×磐田、湘南×札幌 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659873954/
ジェジエウ2022J1第24節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/08/07(日) 21:05:54.02 ID:CAP_USER9.net

川崎 2−1 横浜FM
[得点者]
25'レアンドロ ダミアン(川崎)
45+3'仲川 輝人    (横浜FM)
90+9'ジェジエウ    (川崎)
スタジアム:等々力陸上競技場
入場者数:20,704人
https://www.jleague.jp/match/j1/2022/080702/live/#live/

鳥栖 2−0 磐田
[得点者]
43'宮代 大聖(鳥栖)
85'垣田 裕暉(鳥栖)
スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:7,655人
https://www.jleague.jp/match/j1/2022/080703/live/#live/

湘南 1−5 札幌
[得点者]
09'駒井 善成(札幌)
14'興梠 慎三(札幌)
41'宮澤 裕樹(札幌)
69'田中 駿汰(札幌)
72'青木 亮太(札幌)
79'阿部 浩之(湘南)
スタジアム:レモンガススタジアム平塚
入場者数:9,568人
https://www.jleague.jp/match/j1/2022/080704/live/#live/

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


21: 久太郎 ★ 2022/08/07(日) 21:12:17.99 ID:CAP_USER9.net

>>1
川崎フロンターレが劇的すぎる99分弾で首位マリノス撃破!ジュビロ磐田は再び降格圏に【J1第24節結果】

明治安田生命J1リーグ第24節の試合が7日に各地で開催された。19時キックオフのカードとしては3試合が行われている。

 試合消化が遅れているとはいえ連覇に黄信号が灯りつつある川崎フロンターレは、首位を走る横浜F・マリノスをホームに迎えての重要な一戦。前半25分には山根視来が右サイドからダイレクトで折り返したクロスにレアンドロ・ダミアンが頭で合わせて先制点を奪う。

 だが前半アディショナルタイムにはカウンターから仲川輝人が決めて横浜FMも同点に追いつく。そのままドローに終わるかと思われたが、ラストプレーとなった後半アディショナルタイムの99分にはジェジエウが強烈なヘディング弾で決勝ゴールを叩き込み、川崎Fが劇的勝利で優勝戦線に残る大きな1勝を挙げた。

 湘南ベルマーレ対北海道コンサドーレ札幌戦は勝ち点25で並ぶチーム同士が下位脱出を狙う一戦。アウェイの札幌が前半からゴールラッシュを繰り出し、駒井善成、興梠慎三、宮澤裕樹が決めて3点をリードして折り返す。

 後半にも田中駿汰、青木亮太がゴールを重ねて札幌は大量5得点。湘南は阿部浩之が何とか一矢を報いるにとどまり、札幌が6試合ぶりの白星を大勝で飾った。

 サガン鳥栖対ジュビロ磐田戦は、前半に宮代大聖、後半に垣田裕暉のゴールで2点を奪った鳥栖が5試合ぶりの白星。敗れた磐田は暫定で降格圏の17位に後退している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/19b829d7a13343a1344cf045b74d61e191ebca7f


※一部タイトルに誤りがございました事を謝罪します。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:35 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、カルリーニョス先制弾&サンタナ弾でFC東京に2-0快勝!暫定15位浮上 J1第24節(関連まとめ)

【サッカー】J1第24節日曜夕 FC東京×清水 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659870096/
カルリーニョス2022J1第24節日曜.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/08/07(日) 20:01:36.01 ID:CAP_USER9.net

FC東京 0−2 清水
[得点者]
58'カルリーニョス ジュニオ(清水)
85'チアゴ サンタナ    (清水)
スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:20,577人
https://www.jleague.jp/match/j1/2022/080701/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


6: 久太郎 ★ 2022/08/07(日) 20:04:17.08 ID:CAP_USER9.net

>>1
清水がFC東京を撃破、降格圏脱出に弾み! カルリーニョス先制弾、またまた山原アシストからサンタナ弾

[8.7 J1第24節 FC東京0-2清水 味スタ]

 J1リーグは7日に第24節を行った。FC東京と清水エスパルスの対戦は、清水が2-0で勝利。敵地で3試合ぶりの白星を手にし、降格圏脱出に弾みをつけた。

 7位・FC東京は前節に上位のサンフレッチェ広島と対戦し、先制を許すが、2-1で逆転勝利。今季3度目の連勝を果たした。メンバー変更は2人。GKヤクブ・スウォビィクとFWアダイウトンが復帰した。4-3-3の布陣を敷き、GKはスウォビィク、4バックは左からDFバングーナガンデ佳史扶、DF森重真人、DF木本恭生、DF長友佑都が並ぶ。アンカーはMF東慶悟、左インサイドハーフはMF松木玖生、右インサイドハーフはMF安部柊斗。前線3枚は左からFW三田啓貴、FWディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトンとなった。

 一方、降格圏内に沈む17位・清水は前節のサガン鳥栖戦で打ち合いの末に3-3のドロー。ビハインドの状況から勝ち点1を手にした。中6日が開き、先発は6人が変わった。4-4-2の布陣で、GKは権田修一、4バックは左からDF山原怜音、DF鈴木義宜、DF立田悠悟、DF原輝綺が入る。ボランチ2枚はMF松岡大起とMF白崎凌兵。左サイドは加入後初先発のMF乾貴士、右サイドは前節に続いてMFヤゴ・ピカチュウとなり、2トップはFWカルリーニョス・ジュニオとFWチアゴ・サンタナが入った。

 清水は両サイドの乾とピカチュウが起点となり、効果的な攻撃を仕掛ける。前半20分には山原からの縦パスをT・サンタナが収め、さらに右横にパス。最後はピカチュウが右足ミドルを放つが、惜しくもゴール左外に外れた。同28分には松岡が中盤から右足ミドル。これもわずかにゴール右外に逸れていった。

 FC東京は前半38分にセットプレーから決定機。三田が左CKを蹴り、PA中央の森重が頭で合わせると、相手選手に当たる。こぼれ球をアダイウトンが左足ボレーでゴールに流し込んだ。だが、シュートコース上の東がオフサイドの位置にいたため、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックによりノーゴールとなった。

 前半をスコアレスで折り返し、両者ハーフタイムでの交代はなし。得点がほしい清水は後半13分、FW北川航也らがビブスを脱ぎ、投入の準備を始めた。すると、その直後に均衡が崩れる。

 清水は後方のパスから右サイドのピカチュウが前に流し、原が反応。マークをはがしながら突破し、右サイドの深い位置からクロスを上げる。PA中央のカルリーニョスが頭で叩き込んだ。先制した北川らはビブスを着直し、交代はいったん保留となった。

 先に交代カードを切ったのはFC東京。後半15分、東と三田が下がり、MF塚川孝輝とFWレアンドロが入る。一方、清水も同18分に2枚替え。白崎とカルリーニョスに代えて、改めてMFホナウドとFW北川航也が投入された。

 FC東京は後半19分、鋭いカウンターから左サイドのアダイウトンがグラウンダーのパス。D・オリヴェイラは反応しきれず、鈴木のブロックに遭う。清水は同20分、敵陣付近でボールを刈り取る。ボールを収めた北川のパスをT・サンタナが受け、PA中央から左足シュート。しかし、枠を捉えられない。

 清水は後半29分、攻撃を牽引した乾とピカチュウを下げる。FW後藤優介とMFベンジャミン・コロリが入った。FC東京もその3分後、安部とアダイウトンに代えて、FW紺野和也とFWルイス・フェリッピが出場した。

 後半40分、再びスコアが動く。山原が左サイドから山なりのクロスを上げると、ゴール前のT・サンタナがヘディングシュート。エースの今季9点目で2-0と点差が開いた。山原は前節の2アシストに続き、再び得点を演出してみせた。

 清水が逃げ切り、そのまま2-0で試合終了。3試合ぶりの勝利で暫定15位と降格圏を抜け出した。FC東京は今季2度目の3連勝とはならなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/782b0bb2b53ef77515f397213191260a744e28ec



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、DFマリにヴェローナがオファー!MFトレイラはガラタサライに移籍へ!

アーセナル退団濃厚のDFマリにヴェローナもオファー…決断は間もなくか
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9698ea5c84d75e16c8eb33197c9eed28a0ec3da
マリ21-22.jpg

アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリを巡り、争奪戦が展開されるようだ。6日、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が、自身の『Twitter』で伝えている。

 報道によると、マリを巡り、ヴェローナも獲得オファーを提出したとのこと。すでに興味を示しているモンツァの買い取り義務付きオファー(来シーズンのセリエA残留で自動的に買い取りになるとのこと)とは異なり、ヴェローナは今夏での完全移籍での獲得という条件でオファーしたようだ。

 また、ロマーノ氏曰く「決断は間もなく」とのことで、「この夏にアーセナルを100パーセント離れる」ことも事実であると報じている。

 現在28歳のマリは、ミケル・アルテタ体制最初の移籍市場で獲得されたセンターバック。2020年冬にフラメンゴから加入し、主にバックアッパーとしてチームを支えた。2022年冬にウディネーゼへとローン移籍し、昨シーズンのセリエAでは22試合に出場していた。

 アーセナルのCB陣が強化されたこともあり、ノースロンドンでは出番が限られそうなマリ。昨季後半に続くイタリア行きで、自分の価値を証明することとなるのか。

ガラタサライがメルテンス&トレイラを確保! 交渉開始を発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/a53b1eb9f6623eb84150287d9f7a955f324a1dc3
トレイラ21-22.jpg

ガラタサライがベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)、アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(26)を確保した。

同クラブは6日、2選手との交渉開始を発表。両者は条件面で合意に至っており、同日夜にはイスタンブール入りし、メディカルチェックを受診した後に契約書にサインする見込みだ。

先日にナポリ退団が発表されたメルテンス。9シーズンにわたって在籍し、公式戦出場は通算397試合。クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録し、点取り屋としてはもちろん、チャンスメイクにも秀でた希代のストライカーとして長らく活躍した。

35歳とキャリア晩年を迎えているが、実績十分の実力者に対してはユベントスやインテル、マルセイユ、アヤックスといった各国の強豪との関連が伝えられたが、新天地はトルコ屈指の名門に。

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、メルテンスはガラタサライと年俸400万ユーロ(約5億5000万円)の1年契約で合意。同契約には1年の延長オプションが含まれているという。

一方、トレイラは2018年夏にサンプドリアからアーセナルへ加入したものの、ミケル・アルテタ監督の信頼を得られず。2シーズン連続でアトレティコ・マドリー、フィオレンティーナへのレンタル移籍に出ていた。

フィオレンティーナが買い取りを断念したことで、一旦アーセナルに復帰したトレイラだったが、ノースロンドンでの構想外という扱いは変わらず、移籍が既定路線となっていた。

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は600〜700万ユーロ(約8億2000万〜9億6000万円)+アドオンとなり、トレイラは2025年までの3年契約にサインする見込みだという。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1878】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1659733238/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、F・デヨング獲得失敗に備えナポリMFファビアン・ルイスをリストアップもPSGが獲得間近 テンハーグ監督「フレンキーが欲しいか?適材適所な選手だが…」

マン・U、デ・ヨング獲得失敗に備えF・ルイスをリストアップ。テン・ハーグ「フレンキーが欲しいか?適材適所な選手だが…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb520a410fbc906dcd1d68531a460ba888b5e05a
ファビアン・ルイスとデヨング.jpg

マンチェスター・ユナイテッドが、フレンキー・デ・ヨングの獲得失敗に備えて新たなMFをリストアップしたことが『GOAL』の取材によって明らかとなった。

今夏、マンチェスター・ユナイテッドは、新指揮官に就任したエリック・テン・ハーグ監督の教え子であるデ・ヨングの獲得を狙い続けている。財政事情的に同選手を売却をしたいバルセロナとは、5500万ポンド(約89億円)の移籍金で合意しているが、選手本人が残留を希望しているため未だに移籍が成立していない状況が続いている。

MFの獲得は最優先事項だとしていたが、新たな選手を迎えることなく新シーズンを迎えたテン・ハーグ監督。デ・ヨングの理想的な代役としてナポリMFファビアン・ルイスに目を向けているとのことだ。

現在26歳のルイスは、ナポリの大黒柱的な存在で、スペイン代表としても15試合に出場している。

テン・ハーグ監督は補強について「どんな選手でもいいというわけではなく、適切な選手が必要だ。もし、適切な選手でないなら、(他の選手と)契約することはない。我々は適切な選手を必要としている」と言及。「以前にも言ったが、チームはまだ強化を模索している」と続け、更なる補強の可能性を否定しなかった。

また、デ・ヨングの獲得について聞かれたテン・ハーグ監督は、以下のように話している

「フレンキーが欲しいか?適材適所な選手だが、他のクラブと契約している選手についてコメントすることはできない」

「今のチームで働き、今のチームで選手を育てていくんだ。今この瞬間も、その(補強を望んでいるMFの)ポジションの選手たちがいて、本当によくやってくれているんだ」

ナポリMFファビアン・ルイスが一転PSG行きへ! 新SDが極秘プランを温め、取引は成立寸前
https://news.yahoo.co.jp/articles/a47793482084da45b198efc4aa89683374d93f31

 ナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイスの新天地が決定しそうだ。7日、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自身の『Twitter』で伝えている。

 同氏によると、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が成立寸前とのこと。今夏からPSGのスポーツディレクター(SD)に就任したルイス・カンポスが同選手に大きな興味を示しており、極秘プランで数週間に渡り契約締結に向けて動いていたようだと報じている。

 また、契約年数や移籍金などの詳細は明かされていないものの、ロマーノ氏が移籍成立間近であるサインとして使う「Here we go!」は発出寸前であるとロマーノ氏本人が言及している。

 現在26歳のファビアンは、ベティスの下部組織出身。エルチェへのローン移籍を経て、2018年夏にナポリへと移籍した。昨シーズンはセリエAで32試合に出場し、7ゴール4アシストをマークしている。

 レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドなどからも興味を示されていたファビアン。急転直下、新天地は「花の都」パリとなるのだろうか。

† Red Devils Manchester United 1659 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1659545566/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、復帰に向けて前進!アーセナルU21チームで45分間プレー(関連まとめ)

アーセナル冨安健洋、復帰に向け一歩前進! U−21チームで45分間プレー
https://news.yahoo.co.jp/articles/05443e5fb5f07143a17a640682e89678bb36e8f0
冨安21-22ドリブル.jpg

 アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋が、同クラブのU−21チームの一員として今季の実戦初出場を果たした。

 昨シーズン終盤に負ったケガによる離脱が続いていた冨安。今オフもチームのトレーニングやアメリカツアーには帯同していたものの、プレシーズンマッチには1分たりとも出場することはなく、回復と調整に努めていた。

現地時間5日に行われたクリスタル・パレスとのプレミアリーグ開幕戦でもメンバー外となっていた冨安だが、現地時間6日に行われた試合に出場し、実戦復帰を果たしたようだ。

 冨安はアーセナルのU−21チームの一員として、6日のプレミアリーグ2(プレミアリーグ各クラブのリザーブチームやアカデミーが所属するリーグ)のマンチェスター・U戦にDFの一角としてスタメン出場。前半45分間のみの出場となったものの、今季初となる実戦出場を果たした。

 試合は今夏にアーセナルに加入したブラジル人FWマルキーニョスらのゴールで、アーセナルが3−1で勝利を収めている。なお、アーセナルのミケル・アルテタ監督もこの試合を視察した模様だ。

 トップチーム復帰に向けて一歩前進した冨安。今後も実戦でのプレーを重ね、コンディションを調整していくこととなりそうだ。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1878】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1659733238/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、レネ・ヴァイラー監督との契約解除を発表 クラブ初の欧州出身監督も、ここ5戦未勝利で4位転落(関連まとめ)

【サッカー】鹿島アントラーズ、ヴァイラー監督の契約解除を発表…クラブ初の欧州出身監督も、ここ5戦未勝利で4位転落 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659849858/
ヴァイラー横顔.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/08/07(日) 14:24:18.35 ID:CAP_USER9.net

鹿島アントラーズは7日、レネ・ヴァイラー監督と双方合意のもと契約を解除することとなったことを発表した。

クラブによると、フットボールにおける現状と今後の方向性について協議した結果、契約を解除する運びになったという。

また、ドラガン・ムルジャコーチ、マヌエル・クレクラーフィジカルコーチについても、契約解除のうえ退任となることが決定したとのこと。

スイス人のヴァイラー監督は今季から鹿島の監督に就任。これまでブラジル路線を敷いていた鹿島にとって、クラブ初の欧州出身監督として白羽の矢が立っていた。

しかし、現在リーグ戦は直近5試合勝ちなしと低迷中。6日の広島戦も0-2と敗れ、2位からACL圏外となる暫定4位に転落していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf51cdb95bd1adeeafb3b87ee5ace656a49ce23c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古橋亨梧、今季初ゴール!セルティックは3-1快勝し開幕2連勝!前田大然は前半のみで交代、旗手怜央と井手口陽介は負傷欠場(関連まとめ)

【サッカー】古橋の今季初ゴールなどでセルティックが連勝スタート!前田は前半のみで交代、負傷が報じられた旗手と井手口はベンチ外 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659801974/
古橋22-23第2節ゴール.jpg

1: ゴアマガラ ★ 2022/08/07(日) 01:06:14.95 ID:CAP_USER9.net

8月6日にスコットランド・リーグの第2節が行なわれ、日本人4選手が所属するロス・カウンティと敵地で対戦。古橋亨梧はCF、前田大然は左ウイングで先発した一方、負傷が報じられた旗手怜央と井手口陽介はベンチ外となった。

開幕戦ではアバディーンを2ー0で下したセルティックは11分、ペナルティエリア手前でボールを持った古橋が思い切りよく左足を振り抜くも、大きくクロスバーの上を越える。さらに26分には、ジョッタのクロスから前田がヘディングシュート。しかし、枠を捉えきれない。

古橋と前田はそれぞれ37分と前半アディショナルタイムにも、エリア左からシュートを放つが、いずれもGKレイドローに阻まれる。

スコアレスで折り返したアウェーチームは、後半の頭から前田に代えてアバダを投入。すると、直後の48分だった。ジョッタの折り返しから古橋が押し込み、ついに先制に成功する。昨シーズンは怪我もありながら、公式戦20ゴールを挙げた27歳の日本代表FWは、待望の今シーズン初ゴールとなった。

ただ、リードも束の間、58分にイアコビッティにゴールを許し、同点に追いつかれる。

 セルティックはその後、昨シーズンのリーグ得点王ギアクマキスも送り込み、攻勢をかけるなか、迎えた84分にイェンツが値千金の勝ち越し点を奪取。
勢いに乗ると、90+1分にはアバダのダメ押し点が生まれ、終わってみれば3―1で快勝。

リーグ連覇に向けて、幸先よく連勝スタートを切った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=114593



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、独開幕戦で鮮烈ゴール!フライブルクの4-0快勝に貢献!板倉滉は同点弾アシストしBMGの逆転勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】堂安律もゴールのフライブルクが快勝発進。板倉アシストのボルシアMGは逆転勝利 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1659801608/
堂安律22-23開幕戦ゴール.jpg

1: ゴアマガラ ★ 2022/08/07(日) 01:00:08.82 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第1節が6日に行われ、堂安律や板倉滉といった日本人選手たちが各地で先発のチャンスを得た。

プレシーズンからゴールを挙げるなど好調を維持するフライブルクの新戦力・堂安律。アウクスブルクとの第1節では右サイドハーフで先発した。前半をスコアレスで折り返すと、後半開始直後にフライブルクが攻勢に出る。
46分、ミヒャエル・グレゴリチュがヘディングシュートを決めて先制。さらにその1分後、グリフォがゴール右からのやや距離があるFKをファーサイドに決めてみせ、
あっという間にリードを2点に広げる。61分にはセットプレーからマティアス・ギンターにもゴールが生まれて0-3に。

すると、堂安にもついにゴールが生まれる。78分、ゴール前の混戦で受けた堂安が得意の左足でゴール右に決め、4点目を奪った。
堂安はDFBポカール1回戦から公式戦2試合連続得点となっている。堂安はこのゴール直後に交代となったが、フライブルクは4-0と快勝を収めた。

板倉滉がCBで先発したボルシアMGはホッフェンハイムと対戦。前半19分にホッフェンハイムDFが退場処分を受けて数的優位となったボルシアMGだが、25分に失点。
右サイドからクロスを受けたアンドレイ・クラマリッチが横に流すと、ロベルト・スコフが左足で叩き込んだ。

しかし、42分にボルシアMGが反撃。ヨナス・ホフマンのコーナーキックをファーサイドで板倉が折り返す。これをラミー・ベンセバイニがバイシクルシュートでゴール右隅に決め、ボルシアMGが同点に追いついた。

後半はアルザーヌ・プレアがゴールを脅かすなど攻勢に出るボルシアMG。板倉も高いポジションを取って攻撃に加わっていく。すると71分、プレアのスルーパスにマルキュス・テュラムが抜け出して左足でフィニッシュ。
逆転弾を挙げ、一歩前へ出る。78分にはショートコーナーから最後はニコ・エルベディが決めてダメ押し。ボルシアMGが開幕戦を3-1と勝利で飾った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/640edc320a0c207030a5201094850ad301d2e2e1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、ヴァイラー監督を解任濃厚…後任は岩政大樹コーチが最有力(関連まとめ)

鹿島がレネ・バイラー監督を解任へ…5戦未勝利で4位転落 後任は岩政大樹コーチが最有力
https://news.yahoo.co.jp/articles/2b113b7182993fdc401b77819c59f9039d466e90
ヴァイラー監督鹿島拍手.jpg

◆明治安田生命J1リーグ ▽第24節 鹿島0―2広島(6日・カシマ)

鹿島が0―2で広島に敗れ、今季初の連敗を喫した。終盤に広島MF川村拓夢(22)にJ1初得点を奪われ、終了間際にも失点。5試合連続未勝利で4位に後退した。

 鹿島がレネ・バイラー監督(48)を解任することが6日、濃厚になった。後任は、岩政大樹コーチ(40)が最有力候補。チームはこの日、広島に敗れ、今季初の連敗で5試合連続未勝利(3分け2敗)で4位に後退。ここ4試合1得点と得点力に苦しみ、守備でもショートカウンターからの失点が改善されない。関係者によると、監督交代が検討されているという。

 クラブ初のスイス人監督として今季就任した同監督は、縦に速いサッカーを志向し、一時は首位に浮上した。だが、J得点ランクトップの10得点を挙げたFW上田綺世(23)が今夏、ベルギー1部サークル・ブリュージュに移籍。得点源を失った上、消耗するサッカーで夏場に入ってから苦戦が続いていた。強化責任者の吉岡宗重フットボールダイレクターは試合後、「結果が出ていないことは事実。クラブ全体で結果が出るように改善していきたい」と話した。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14877
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1659785527/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:37 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ヌニェス1G1A&サラー弾で追い付き昇格組フラムと2-2ドロー…開幕戦は白星ならず

リヴァプール、新戦力ヌニェス&サラーがゴールも勝ちきれず…昇格組フラムに苦戦でドロースタート
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d4bc10c4bfc57fd62f53a15a09413e0a979da5c
ヌニェス22-23開幕戦ゴール.jpg

リヴァプールは6日、プレミアリーグ開幕節でフラムとのアウェー戦を迎えた。

昨季1ポイント差でマンチェスター・シティの後塵を拝したクロップ体制8年目のリヴァプールと、昨季チャンピオンシップを制覇して1シーズンでプレミアリーグに返り咲いたフラムが対戦。リヴァプールはルイス・ディアス、サラー、フィルミーノの3トップで入り、新戦力のヌニェスをベンチスタートとした。

試合序盤、アンドレアス・ペレイラを中心とした仕掛けで積極的な入りを見せたフラムに押されたリヴァプールだが、これを食い止めると徐々に試合を主導権を掌握し始める。しかし、フラムも気圧されることなく対抗すると、縦に早いダイナミックなアタックで、より勢いをもって相手ゴールに迫る。

すると、32分にフラムがスコアを動かす。右サイド深くからテテがクロスを入れると、ファーサイドのミトロヴィッチがヘッド。このシュートがGKアリソンの守るゴールを破り、ホームサポーターの声援を背にするフラムが先制してみせた。

一方、ビハインドを背負ったリヴァプールは39分にボックス左で仕掛けたルイス・ディアスがシュートに持ち込むも右ポストに嫌われ、1点ビハインドのままハーフタイムを迎える。

迎えた後半序盤、リヴァプールのクロップ監督は、ロベルト・フィルミーノと負傷した模様のチアゴを下げて、新戦力のヌニェスとエリオットを送り出す。

それでも、57分にゴールへ迫ったのはフラム。中盤でマークをずらしながらパスで崩すと、最後はボックス右でフリーとなったケバノが右足一閃。鋭いシュートをファーに飛ばしたが、左ポストに弾かれて2点目とはならない。

すると、最大7500万ユーロの移籍金で補強したリヴァプールの新戦力が仕事を果たす。ボックス右で仕掛けたサラーの折り返しに正面のヌニェスが右足ヒールキック。巧みに合わせたシュートでリヴァプールが同点に追いつく。

だが、フラムもこれで気落ちをせずに前に出ると、71分にボックス内で仕掛けたミトロヴィッチがファン・ダイクに倒されてPKを獲得。このチャンスをミトロヴィッチ自らが確実に活かして、フラムが再度リードを手にする。

だが、再び同点弾を狙うリヴァプールが、81分にエースの一撃で追いつく。アレクサンダー=アーノルドのクロスから正面のヌニェスが触ると、最後はサラーが流し込み、2-2とする。

その後、逆転弾を狙うリヴァプールだが、アディショナルタイムのヘンダーソンのミドルシュートもバーに弾かれ、3点目を獲得できずに試合終了。ドローで勝ち点1でのシーズンスタートとなった。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1457 〓〓

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1659791583/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)