アンテナ・まとめ RSS

浦和、モーベルグ&ユンカー2発などジョホールに5-0完勝!ACLベスト8進出(関連まとめ)

【サッカー】ACLラウンド16 浦和レッズが準々決勝へ!JDTに大勝でベスト8進出 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1660913700/
モーベルグ2022ACLラウンド16ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/08/19(金) 21:55:00.82 ID:CAP_USER9

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・ラウンド16のJDT対浦和レッズが19日に行われた。試合は5-0で浦和レッズが勝利を収めた。

【JDT 0-5 浦和レッズ ACLラウンド16】

 立ち上がりはマレーシアのJDTがアグレッシブにきたが、試合の主導権を握ったのは浦和レッズだった。7分、ゴール前での競り合いで相手GKが松尾佑介に遅れ気味にファウル。浦和レッズはPKを得る。これをアレクサンダー・ショルツが冷静に決めて先制点を奪った。


 先制点のあとで大暴れしたのはダヴィド・モーベルグ。19分、直接FKのチャンスで完璧なコースに見事なシュートを叩き込むと、39分にもモーベルグ。きれいな崩しから鮮やかにゴールネットを揺らし、浦和レッズは前半だけで3点のリードを得る。

 後半に入るとこのペースは続かなかったが、JDTに反撃の糸口を与えず、3点差を維持。84分には途中出場のキャスパー・ユンカーがダメ押しゴールを決めると、アディショナルタイムにもユンカーが決めて、5-0で浦和レッズが完勝した。

【得点者】
8分 0-1 アレクサンダー・ショルツ(浦和)
19分 0-2 ダヴィド・モーベルグ(浦和)
39分 0-3 ダヴィド・モーベルグ(浦和)
84分 0-4 キャスパー・ユンカー(浦和)
90+1分 0-5 キャスパー・ユンカー(浦和)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c084398f584aaf2f09ad596bf3841c8f72d0bd4



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:28 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪MF原川力、左肩関節脱臼で手術…全治6か月の離脱へ(関連まとめ)

C大阪MF原川力が左肩関節脱臼で手術…全治6か月
https://news.yahoo.co.jp/articles/94f16009e080a2108d66fe75f3b049a4e28cd7ed
原川力2022C大阪.jpg


 セレッソ大阪は19日、MF原川力が6日に行われたJ1第24節のヴィッセル神戸戦で負傷し、18日に手術を受けたことを発表した。診断の結果は、左肩関節脱臼。全治までは6か月を要すると伝えている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14902
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1660882180/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、カゼミロ獲得が確実!移籍金総額約96億円、4年契約の延長OP付きで合意へ(関連まとめ)

【サッカー】マンチェスターU カゼミロ獲得が確実に ブラジル代表MFと4年契約へ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1660899032/
カゼミロ21-22レアル.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/08/19(金) 17:50:32.37 ID:CAP_USER9.net

サッカーのイングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドがスペイン1部の強豪レアル・マドリードからブラジル代表MFカゼミロ(30)を獲得することが確実になった。19日、移籍市場に詳しいイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じた。4年契約で延長オプション付き。移籍金は6000万ユーロ(82億2000万円)に1000万ユーロ(13億7000万円)のアドオンが付くという。

 マンチェスターUは今後、数時間以内に契約が締結されるよう取り組んでおり、Rマドリードと最終合意に至った後、48時間以内にメディカルチェックを行う予定だという。

 カゼミロは中盤の要として、Rマドリードで数々のタイトル獲得に貢献。ブラジル代表としても今秋のW杯カタール大会で活躍が期待されている。

 マンチェスターUは開幕したばかりの2022−23シーズンで開幕2連敗を喫し、第2節を終えて、最下位と苦しい戦いが続いている。今夏にフランス代表MFポグバ、元セルビア代表MFマティッチら中盤の選手が複数移籍しており、補強が急務となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7cd931e577c12a2150849e101ae6a6ebf5e90390



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪の松田新監督、ベッカム所属時代のマンU映像で戦術落とし込み「どれだけ気持ちを持って戦えるか」(関連まとめ)

G大阪・松田新監督「どれだけ気持ちを持って戦えるか」ベッカム所属時のマンU映像で戦術落とし込み
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d7df952193cc78cbc7a904a4a2938a8d89d597f
松田監督G大阪.jpg


 片野坂知宏前監督との契約解除を受け、新たにG大阪の指揮官に就任した松田浩新監督(61)が19日、初めて取材に応じた。あす20日に“初陣”広島戦(Eスタ)。J1での指揮は08年の神戸以来14年ぶりだが「何とか役に立ちたいと思っている。やれることを全てやる」と所信表明し、J1残留へ意気込んだ。

 17日の就任からわずか3日間。「多くのことは落とし込めなかった」というが「やろうとしているサッカーの大枠のところ、局面ごとにどう試合を進めていくか」などを元イングランド代表MFデビット・ベッカムが在籍していた時のマンチェスターU(1992〜2003年)の映像を見せながらミーティングと練習で共有した。オーソドックスな4―4―2システムが今後はベースになると見られ、最終調整日のこの日はセットプレー戦術を確認したという。

 J2降格圏17位に沈むチームに、何よりも植え付けたいのはメンタルだ。「戦術以上にどれだけ戦える気持ちを持っていられるか」。1点ビハインドの展開で「負けるかも」と考えるのではなく1点を取りにいく姿勢。1点リードの展開で「勝てる」と心の緩みが出ない雰囲気。「今を生きると言う言葉があるが“今”を大事にしていけば結果は自ずと出る」と話した。

 残り10試合。GK東口順昭は「ガラッと変わると思う。明日の試合が大事。一歩目を良い形で進めることができれば自信になる」と広島戦からの巻き返しを誓った。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14902
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1660882180/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ブラジル代表FWアントニー獲得を再挑戦もアヤックスは拒否

ユナイテッド、アントニーに再挑戦もアヤックスが門前払い…代替案にPSVガクポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/15068790da14d8784e2000db3c7fd5673c525c3b
アントニー.jpg

今夏のマーケットが終盤に差しかかり、補強の手を強めるマンチェスター・ユナイテッドだが、以前から噂されるアヤックスからブラジル代表FWアントニー(22)の獲得は難しそうだ。

ここまでDFタイレル・マラシア、DFリサンドロ・マルティネス、MFクリスティアン・エリクセンを獲得したユナイテッドだが、プレミアリーグでまさかの開幕2連敗。先が思いやられる結果でなりふり構っていられず、補強の動きにも噂レベルながら拍車がかかっている。

そんな赤い悪魔は二の足を踏むコネクター役にレアル・マドリーでプレーするブラジル代表MFカゼミロの獲得話が唐突に浮上して、実際にその動きが前進中とされるが、同時に今夏の早い段階から関心が取り沙汰されるアントニーにも再チャレンジしているといわれている。

そして、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、ユナイテッドは17日に移籍金8000万ユーロ(約109億7000万円)のオファーを打診したが、アヤックスは拒否。今後もプッシュし続けるか否か不明で、獲得の可能性は現時点で希薄だという。

なお、ユナイテッドはほかのターゲットとして、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポをあげている模様だ。


† Red Devils Manchester United 1670 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660741134/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カターレ富山、上海海港の元中国代表MF陳彬彬を期限付き移籍で獲得内定を発表(関連まとめ)

富山、上海海港MF陳彬彬が期限付き移籍加入内定! 元中国代表の24歳WG
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba487ae295c96b97419b9388cc7fcbba53d13879
陳びんびん上海.jpg

カターレ富山は19日、中国スーパーリーグの上海海港から元中国代表MF陳彬彬(チェン・ビンビン/24)の期限付き移籍加入内定を発表した。加入期間は2022年12月31日まで。背番号は「37」をつける。

陳彬彬は上海海港のアカデミー育ちで、2017年にトップチームデビュー。主戦場は左ウィンガーで、2018年6月を最後に遠ざかる中国代表でも2試合のキャップ数を持つ。

今季もここまで中国スーパーリーグ2試合でプレーするなか、Jリーグ挑戦を果たす陳彬彬。入国後のメディカルチェックを経て、合流予定の富山を通じて意気込みを語った。

「中国の上海海港から来ました陳彬彬です。新しいプロキャリアをカターレ富山で始められることをとても嬉しく思っております。自分の特徴を発揮し、チームの勝利に数多く貢献できるようがんばります! 日本の皆さん、応援よろしくお願いします」

なお、富山は「身体能力が非常に高く、瞬間的な起動と爆発力は中国国内の同世代選手の中でも高いレベルにある。スピードがあり、1対1の突破も強くクロスにも質がある」とプレーの特長を紹介している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14901
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1660825140/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ブラジル代表MFギマランイス獲得に興味…マンU移籍報道のカゼミロの後釜に

カゼミーロにマンU移籍が浮上のレアル、ニューカッスルMFが理想的な後釜?
https://football-tribe.com/japan/2022/08/19/250005/
ギマランイスブラジル代表.jpg

 レアル・マドリードが、ニューカッスル・ユナイテッドに所属するブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス(24)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

 2015年夏にポルトからレンタルバックして以降、ボール奪取能力の高さを武器にUEFAチャンピオンズリーグ3連覇など数多くのタイトル獲得に貢献してきたブラジル代表MFカゼミーロにユナイテッド移籍の可能性が浮上しているマドリード。ユナイテッドは5年契約を用意しており、クラブ間交渉が行われているとみられている。

 そうしたなか、今夏にフランス代表MFオーレリアン・チュアメニを獲得したものの、マドリードはカゼミーロの理想的な後釜として同胞であるギマランイスに注目しているという。しかし、エディ・ハウ監督は同選手を必要不可欠と考えており、ニューカッスルは獲得時にリヨンへ支払った移籍金5200万ユーロ(約71億3000万円)をはるかに上回る金額を要求するようだ。

 長短のパスを織り交ぜたゲームメイク能力の高さが売りのギマランイスは今冬にオリンピック・リヨンからニューカッスルへ完全移籍すると、途中加入ながらプレミアリーグ17試合で5ゴールを記録し、クラブの残留に貢献。今季もここまでリーグ戦2試合にフル出場している。

◆◇El Blanco Real Madrid 1210◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660540193/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルMFカゼミロ、マンU移籍は移籍金96億円でスピード決着へ!19日にもメディカルチェックの可能性

カゼミーロ、レアル→マンU“96億円スピード移籍”で22日リバプール戦出場も 19日メディカルチェックへ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e81f1277051f3b7a6cf8e4ebebb52ede69d79ea6
カゼミロマンU噂.jpg

獲得に動き出してから、わずか3日でのスピード決着を見るか
 イングランド1部マンチェスター・ユナイテッドは、今夏の移籍市場で中盤の補強を目指していた。すでに2022-23シーズンのプレミアリーグは開幕したが、スペイン1部レアル・マドリードに所属するブラジル代表MFカゼミーロの獲得に近づいているようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 昨シーズン限りでフランス代表MFポール・ポグバやセルビア代表MFネマニャ・マティッチが退団したユナイテッドは、今夏の移籍市場でセントラルハーフの補強を目指していた。しかし、バルセロナのオランダ代表MFフレンキ・デ・ヨング、ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオとの交渉はまとまらず。その間に新シーズンは開幕し、クラブは開幕2連敗を喫して、国内リーグ戦で最下位に沈んでいる。

 そうした状況のなかで、ユナイテッドが目を付けたのが、力強いプレーでレアルの中盤を支え、これまでリーガ・エスパニョーラを3度、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を5度制する原動力となったカゼミーロだった。ユナイテッドは獲得に動き出してから、わずか3日間でレアルにオファーを提示。ブラジル代表MFは、世界最高峰のクラブの1つで、最も多額の金額を得られる選手になることに前向きだという。

 記事では、2025年6月までレアルとの契約を残すカゼミーロが、19日にもクラブの許可を得たうえで、メディカルチェックを受ける可能性が指摘されている。移籍金は7000万ユーロ(約96億円)近くになると見られており、16日に始まったばかりの移籍劇は19日中にも決着を見る可能性があるようだ。

 ユナイテッドは22日にリバプールとの大一番を控えているが、英紙「デイリー・エクスプレス」によれば、この試合でカゼミーロがデビューする可能性もあるという。長期にわたって交渉を続けてきたデ・ヨングの獲得に至らなかったユナイテッドだが、カゼミーロの移籍は異例のスピード決着を見るだろうか。


† Red Devils Manchester United 1670 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660741134/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールMFケイタ、今夏退団を希望か?クラブは放出の意思なく延長を希望

リヴァプールMFケイタ、今夏の退団を希望か…出場機会の少なさに不満?
https://news.yahoo.co.jp/articles/75fe05dbc7b6949152c3e81166ffb4b5ff1c0ff4
ケイタ21-22リバプール.jpg

 リヴァプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタが今夏の移籍を検討しているようだ。17日、ドイツメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在27歳のケイタは2018年7月にライプツィヒからリヴァプールに加入。これまで公式戦通算117試合の出場で11ゴール7アシストを記録しているものの、常にスタメンとして起用されることはなく。今シーズンもここまでプレミアリーグ2試合での出場機会はまだない。

 現行契約が2023年6月30日までとなっているケイタだが、定期的な出場機会を望んでおり、リヴァプールでの現状に不満を抱えているという。そこで今夏の移籍を希望している模様で、移籍先を探していることが伝えられている。なお、古巣のライプツィヒが同選手に関心を示しているようだ。

 中盤に多くの負傷者を抱えるリヴァプールとしてはケイタを放出するのであれば代役を獲得する必要があることから、同選手の移籍には消極的となっているようだが、果たして同選手は今夏の移籍市場でリヴァプールを離れることになるのだろうか。

今夏移籍噂のケイタだが、リヴァプールに放出の意思はなし…新たに4年契約を提示へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/0336ca0fcce565dad9a5c2f868600b8ab435f9a5

リヴァプールは、今夏の移籍市場でMFナビ・ケイタを放出するつもりはないことが『GOAL』の取材で明らかとなった。

2018年に5200万ポンドの移籍金で加入したケイタ。スティーブン・ジェラードの背負った背番号8を着用するギニア代表MFだが、これまで度重なる負傷で期待された出場機会を確保することができず。今季もプレミアリーグ開幕から2試合で出番がない状況が続いている。

ドイツ国内の報道では、ケイタはこの状況に不満を持っていると伝えられている。また現行契約は残り1年を切っており、古巣RBライプツィヒなど複数のクラブが興味を持っているという。

しかし『GOAL』の取材では、リヴァプール側に放出の意思がないことがわかった。今季以降も残留させることを望んでおり、現在は代理人と新契約に関して交渉中。今月上旬にも話し合いが行われるなど、両者の関係性は良好な状況だ。仮にケイタが不満を抱いているとしても、クラブ側にその意志は一切伝わっていない。また負傷者が続出する状況で売却する可能性は限りなく低いと予想される。

むしろリヴァプールとしては、ユルゲン・クロップ監督の全面的なサポートを受け、ケイタを今季のベストメンバーの一員と考えたい模様。そのためにも、4年契約を提示するつもりのようだ。


〓〓 Liverpool FC 〓〓 1460 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660616147/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:48 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、レアルMFカゼミロ獲得に現実味?本人は前向き、クラブ間交渉も進展か(関連まとめ)

ユナイテッドのカゼミロ獲得に現実味? 選手本人前向きでクラブ間交渉も進展か
https://news.yahoo.co.jp/articles/0997376ef67312697b19b762aafd6c3334a0e017
カゼミロ21-22レアル手を振る.jpg

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロ(30)獲得交渉に進展が出てきているようだ。

プレミアリーグで開幕2連敗を喫し、最下位に沈んでいるユナイテッド。今夏の移籍市場ではホールディングMF獲得が優先事項の一つとなっていたが、ここまでターゲットにしている選手をことごとく逃している。獲得に近づいていたとされるフランス代表MFアドリアン・ラビオに関しては、高額なサラリーを要求されたことで破談に。再び振り出しに戻った。

現在、クラブはブライトンのエクアドル代表MFモイゼス・カイセドという現実的なターゲットの獲得に関心を示す一方、レアル・マドリーの中盤を長年支えるワールドクラスの獲得に動いている模様だ。

スペイン『アス』やイギリス『The Athletic』など複数メディアが報じるところによれば、ユナイテッドとマドリーは今週初めに同選手の獲得交渉を本格化。ユナイテッドの幹部がマドリードに渡り、すでに会談を行ったという。

現時点でクラブ間、個人間のいずれでも合意には至っていないが、現在は6000万ポンド(約97億3000万円)の移籍金で交渉が行われている模様だ。

一方、マドリーと2025年まで契約を残すカゼミロに関しては、オールド・トラッフォード行きに前向きな姿勢を示している模様。ユナイテッドが掲示する現行給与の2倍以上のオファーに関しては信ぴょう性は怪しいものの、選手自身が移籍に関心を示していることは確かなようだ。

一方、マドリーに関してはフェデリコ・バルベルデ、エドゥアルド・カマヴィンガ、そして今夏加入したオーレリアン・チュアメニと中盤に若手選手を揃えており、来夏にはドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの獲得にも動く構えで、カゼミロの意向次第では適切なオファーが届いた場合、放出に踏み切る可能性もあるという。

また、カゼミロの流出の可能性を考慮してニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスら代役候補の確保に動く可能性も伝えられている。

これまでユナイテッドが獲得に固執してきたバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングと比較すると、カゼミロとエリク・テン・ハグ監督の採用する戦術の相性は微妙なところ。ただ、同選手の加入によって同胞MFフレッジがセレソンで見せるハイパフォーマンスをクラブチームでも披露できる可能性も高く、その選手としての能力の高さに加えて、プラスアルファをもたらすことも期待される。

† Red Devils Manchester United 1670 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660741134/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)