アンテナ・まとめ RSS

ジュビロ磐田、J2降格が決定…1年でJ2逆戻り…クラブ史上3度目となる降格 G大阪との残留争い直接対決に0-2敗戦(関連まとめ)

磐田のJ2降格が決定…遠藤保仁5戦ぶり先発起用もG大阪の2ゴールに沈む
https://news.yahoo.co.jp/articles/320bdf834316ac3e5c124865395ed2534247f8a6
磐田2022J1第33節降格決定.jpg

[10.29 J1第33節 G大阪 2-0 磐田 パナスタ]

 ジュビロ磐田のクラブ史上3度目となるJ2降格が決まった。

 J1第33節が29日に開催され、18位の磐田は敵地で17位ガンバ大阪に0-2で敗戦。1試合を残してJ2自動降格圏内の17位以下が確定した。

 勝ち点4差で迎えた残留争いの直接対決。引き分け以下で降格が決まる磐田は、古巣G大阪とのアウェー戦が移籍後初となるMF遠藤保仁を5試合ぶりに先発起用した。

 磐田はボールを握るG大阪の攻勢を受ける中、前半29分にGK東口順昭のミスを突いて波状攻撃を仕掛けるが、決め切ることはできない。

 対するG大阪は前半41分に決定機を迎える。FW宇佐美貴史がペナルティエリア内左でドリブルを仕掛けてクロスを入れ、GK三浦龍輝に弾かれると、そのこぼれ球にゴール前のMF小野瀬康介が反応。しかし、左足のシュートはクロスバーを越え、0-0で前半終了となった。

 後半もG大阪がゴールに迫る一方で、磐田もチャンスを増やしていく。後半12分に遠藤が右足でミドルシュートを放つも、枠外へ。同14分には遠藤ら複数人が絡んだパスワークから、ペナルティエリア内右のMF鈴木雄斗がワンタッチで折り返す。フリーで中央へ顔を出した遠藤が右足で合わせるが、シュートはクロスバーの上に外れた。

 すると後半21分にG大阪が均衡を破る。MF食野亮太郎がバイタルエリアでMF山本悠樹のパスを受け、DF大井健太郎をかわし切らずに左足で股抜きシュート。ゴール右に吸い込まれ、今夏の復帰加入後2得点目を挙げた。

 さらに後半28分、MF齊藤未月がヘディングでつないだボールにボックス内中央のFWパトリックが反応。オーバーヘッド気味に右足で合わせてネットを揺らし、2戦連発となる今季5得点目を記録した。

 苦しい展開となった磐田は最後までゴールを奪えず、0-2でタイムアップ。最終節を前に1年でのJ2降格が決定した。8月以来の2連勝を飾ったG大阪は、残留圏内の15位に浮上している。

【サッカー】J1第33節 磐田J2降格 川崎×神戸、横M×浦和、湘南×鳥栖、清水×鹿島、名古×F東、京都×C大、広島×札幌、福岡×柏等 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1667030400/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:42 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、FWロドリゴとDFミリトンが市民権獲得!ベリンガムの来夏獲得に前進か

レアル、ロドリゴ&ミリトンがスペイン市民権を取得! 来夏の目玉ベリンガム獲得に前進か
https://news.yahoo.co.jp/articles/280395ce1ae29b7b0dfe19eaaa7f1501b9aca681
ロドリゴ-ベリンガム-ミリトン.jpg


 レアル・マドリードのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスと同代表DFエデル・ミリトンが、スペインの市民権を取得したようだ。28日、スペイン紙『アス』が報じている。

 報道によると、今年の9月にスペイン市民権を取得済みだったブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに続き、2選手の取得手続きも完了したとのこと。これによって、R・マドリードのEU圏外枠を占めていた3枠が全て空くこととなった。

 ラ・リーガの規定では、1チームに3人までEU圏外の国の選手をチームに登録することが可能となっている。このため、今夏獲得を狙っていたとされ、結局アーセナルに移籍したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスや、買い戻しオプション付きの完全移籍でレアル・ソシエダに移った日本代表MF久保建英などをスカッドに含めることは叶わなかった。

 しかしながら、この冬からはその制限が無く、市場で自由に動くことが可能に。『アス』は以前からのターゲットである、ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの獲得を来夏、レアル・マドリードは目指すとしている。

 今夏までは制限に苦しんだレアル・マドリード。“鎖から解放”された「白い巨人」の補強に注目が集まる。

◆◇El Blanco Real Madrid 1224◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1666699281/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:03 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元神戸MF田中英雄、39歳で現役引退…所属のティアモ枚方が発表「田中英雄に関わってくれた、全ての人に感謝」

【選手情報】田中 英雄選手 現役引退のお知らせ
https://www.fctiamo.net/2022/10/16386
田中英雄2021.jpg

いつもティアモ枚方への温かいご支援・ご声援を誠にありがとうございます。


この度、当クラブに所属する田中 英雄選手が2022シーズンを持ちまして現役を引退することとなりましたのでお知らせ致します。


(田中 英雄選手のプロフィール)
【名前】田中 英雄
【ポジション】MF
【背番号】6
【生年月日】1983/3/1
【身長/体重】173cm/65kg
【出身地】熊本県
【加入年度】2019年
【サッカー歴】大津高校 → 鹿屋体育大学 → ヴィッセル神戸 → 京都サンガF.C. → ヴィッセル神戸 → テゲバジャーロ宮崎 → カマタマーレ讃岐 → FC ティアモ枚方


【田中 英雄選手のコメント】

今シーズンで現役生活を引退する決断をしました。

気づけば本格的にサッカーを始めて30年が経ち、大学卒業後プロサッカー選手として17年間プレーすることができました。

人生の中でサッカーは特別な存在でサッカーを通して、楽しさ、苦しさ、辛さなどさまざまな経験ができ、サッカーがたくさんの人に出会わせてくれたり、色々な場所へ連れて行ってくれたりと、サッカーが僕を1人の人間として成長させてくれました。

共に闘った仲間、監督、コーチ、トレーナー、ドクター、スタッフなどたくさんの人達、そして、ファン、サポーターの存在、支えがあったからこそ、長い間サッカー選手を全うすることができました。まだシーズンは残っているので、現役生活を最後まで闘い尽くし、次の道を考えたいと思います。

田中英雄に関わってくれた、全ての人に感謝…。
そして、ありがとう!


2022,10,28
田中英雄


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15030
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1666947199/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1残留争いが佳境 磐田は29日の試合に勝っても自動降格決定の可能性あり

J1残留争いが佳境 磐田は29日に勝っても自動降格決定の可能性あり 残り2節
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ca6d697e587e38d5cd4e512d494e27dec100d8e
磐田試合前.jpg

 サッカーJ1の来季残留争いが佳境を迎える。残り2節。29日には第33節の9試合が行われるが、J2降格圏に沈んでいる17位・G大阪と18位・磐田戦(15時、パナスタ)の直接対決はどちらにとっても負けられない一戦となる。

 勝ち点29の磐田は、引き分け以下で自動降格が決まる。

 また、勝って勝ち点を32に伸ばしても、勝ち点35の13位・湘南が引き分け以上で、勝ち点34の14位・京都、勝ち点34の15位・福岡、勝ち点33の16位・清水がそろって勝てば自動降格が決まってしまう。

 勝ち点33の17位・G大阪も敗れた場合、他クラブ次第で16位以下が確定する可能性がある。

 13位・湘南、14位、京都、15位・福岡は勝つと3クラブとも勝ち点37以上に。G大阪は敗れた場合、最終節に勝っても勝ち点36止まりとなるため、16位以下が確定してしまう。

 勝っても他クラブの結果次第で自動降格となる磐田はまさに崖っぷち。G大阪もJ1残留に前進するためには、勝ち点3が欲しい。G大阪と勝ち点で並んでいる16位・清水も条件は同じだ。勝ち点39の12位・札幌を含めて、7クラブにJ2降格の可能性があるサバイバルレース。残り2節でどんな結末が待っているのか。

 ◆J1順位表(12位以下)

12位 札幌  39

13位 湘南  35

14位 京都  34

15位 福岡  34

16位 清水  33

17位 G大阪 33

18位 磐田  29

※数字は勝ち点。28日現在

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15030
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1666947199/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABEMA、日本代表W杯メンバー発表会見を11/1午後2時から生中継!26人が発表

【サッカー】ABEMA『W杯日本代表メンバー発表会見』11月1日午後2時からノーカット生中継 26人が発表 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1666937768/
日本代表アメリカ戦前先発.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/10/28(金) 15:16:08.47 ID:2zNEl2u/9.net

10/28(金) 15:13配信
オリコン

『FIFA ワールドカップ カタール 2022』日本代表メンバー26名の発表の模様ノーカット生中継が決定

 サッカーW杯カタール大会の全64試合を無料中継するABEMAが、11月1日午後2時より『日本代表メンバー発表会見 FIFAワールドカップ』をノーカット生中継することを発表した。

 日本代表に選出されるメンバーは26人。史上初のベスト8入りを目標に掲げる森保一監督は、どのような布陣で挑むのか。そして、予想外の“サプライズ”選出は起こるのか。2018年から日本代表監督を務め、多彩な選手を見守ってきた森保監督によるメンバー選出に、注目が集まる。

 なお、ABEMAでは全64試合を登録不要で無料で見れるほか、開催期間中には、リアルタイムでは見られなかった試合のフルマッチ映像を好きな時に何度でも無料で見ることができる「見逃しフルマッチ配信」や、毎試合の名場面を試合直後から楽しむことができる「ハイライト」も無料で視聴できる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221028-00000403-oric-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1bdb9acb4837805314e6c40c291a59a2161a9f44



※一部内容に誤りがございましたので、内容を訂正いたしました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:44 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】中村憲剛氏、道標だった中村俊輔の引退に思い語る「たまらなく嬉しかったのは…」

“道しるべ”だった中村俊輔の引退にいま、中村憲剛が思うこと「たまらなく嬉しかったのは…」「俊さんとの対戦は憂鬱、なのに楽しい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7961711a1d00c05b0504e9b8692f3ad733b3ea4
中村憲剛と中村俊輔.jpg

率直な思いがあふれ出た。

 今シーズン限りでの引退を発表した中村俊輔さんについて、中村憲剛さんに語ってもらった。日本代表でチームメイトとしてプレーし、Jリーグではタイトルを争った。高いレベルでしのぎを削り、ポジションやプレースタイルに重なり合うところのあるふたりには、彼らだからこそ分かり合えるものがあったのだろう。

同じ苗字ゆえの憧れ「はるか遠い存在でした」
 僕にとっての俊さんは、ずっと追いかけていた存在でした。

 最初にそのプレーを見たのは、俊さんが3年時の高校選手権です。「桐光学園の中村」と言えば、ユース代表でも活躍していた全国区の選手で、一方の僕は都立高校の1年生。立場はまったく違っていたけれど、苗字が同じというのは僕のなかで思いのほか大きくて。たぶんみなさんが考える以上に、大きなものでした。

 俊さんが横浜マリノスに入団してからも、プレーはよく見ていました。参考にするというよりも、ただただ「すげえなあ」と唸るばかりなのですが、苗字が同じということで一方的な親近感を抱いていて、なおかつ自分と同じように、身体能力で勝負するタイプではないので、ポジショニングやボールの持ち方、パスを出すタイミングなどはホントに見ていました。

 僕が中央大学を卒業してプロ入りした当時、俊さんはF・マリノスからセリエAのレッジーナへ移籍していました。自分もプロ選手になることはできたけれど、当時の川崎フロンターレはJ2で、俊さんは日本代表でも中心選手になっていて。はるか遠い存在でしたね。

 同じステージに初めて立つことができたのは、2007年3月でした。僕はイビチャ・オシムさんの監督就任とともに日本代表に選ばれるようになったのですが、06年夏のチーム結成当初は海外のクラブでプレーする選手は招集されていませんでした。この07年3月のタイミングで、俊さんとタカさん(高原直泰)が、初めて合流してきたのです。

 初対面は日本代表が投宿するホテルでした。フロアでばったり会ったのです。高校生の頃から追いかけてきた俊さんに、「中村くんだよね。フロンターレの試合、見ているよ」と言われて、「マジですか!」と興奮したのをいまでもはっきり覚えています。

 代表活動期間は、僕ではない選手に対する俊さんのアドバイスに、こっそり聞き耳を立てたこともあります。どんなことを考えているのか、どうしてそういうプレーを選択したのかといった思考に、触れたかったのです。「これがこうだからこうで、こうなるとパスが出せるじゃん」といった俊さんの話を聞いて、「その感覚、分かる」という自分がいると、喜びが全身を駆け巡ったものです。俊さんの考えに共感できることが、たまらなく嬉しかった。

続きはこちらから↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7961711a1d00c05b0504e9b8692f3ad733b3ea4?page=2

【中村俊輔】ていうかゼロから。自分のニスタを捨てる必要がある1377
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1666793839/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、左肩負傷も軽傷の模様「全然大丈夫。痛みが引けば次戦も間に合う」

久保建英、左肩負傷で途中交代も「痛みが引けば次戦も間に合う」大事をとって前半で交代
https://news.yahoo.co.jp/articles/12a450b8eaa3805afdc4f3b6235ce166190b3e0f
久保建英22-23EL第5節02.jpg

 【ニコシア(キプロス)27日=豊福晋】日本代表MF久保建英が所属するRソシエダードは、欧州リーグ第5節でオモニアと対戦し、2―0で勝利した。先発出場の久保は左肩を痛め前半のみで交代した。

*  *  *

 欧州リーグ4戦全勝で首位を走るソシエダはアウェーでオモニアと対戦した。今季はFW起用が続く久保だが、この日のポジションは4―3―3の右ウイング。右サイドから縦に仕掛け、再三ゴールに迫った。前半8分にはエリア内でシュート、同17分にも相手からボールを奪いエリアの外から左足で狙ったがわずかにゴール右へ。MFシルバ、FWソルロートが負傷で不在の中、積極的に前を向いた。

 不運だったのは前半33分のアクシデントだ。右サイドのライン際で相手DFと競り合い倒れ、しばらく起き上がれなかった。左肩にテーピングを巻いてピッチに戻り、その後もドリブルで決定機を演出するなど奮闘も、大事をとって前半で交代。久保は試合後「全然大丈夫です。痛みさえ引けば日曜日のベティス戦も間に合うと言われた」と語り、3日後のリーグ戦を見据えた。

【Real】久保建英応援スレ part924【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1666900621/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町田FW鄭大世、38歳で現役引退を表明「悠然と胸を張ってスパイクを脱ぎます」(関連まとめ)

鄭大世が現役引退…”不屈のストライカー”が38歳でピッチに別れ「悠然と胸を張ってスパイクを脱ぎます」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce51cc29eca601e3e06b6e6c7d2adb39c1478835
鄭大世2022町田.jpg

 FC町田ゼルビアは28日、同クラブ所属の元北朝鮮代表FW鄭大世(チョン・テセ)が2022シーズンをもって現役を引退することを発表した。

 鄭大世は1984年3月2日生まれの現在38歳。朝鮮大学校を経て2006年に川崎フロンターレに加入し、プロキャリアをスタートさせた。加入初年度は途中出場が多かったものの、翌2007シーズンから徐々に出場機会を増やしFWの主軸に定着。屈強なフィジカルと強力なシュートを武器に得点を量産し、川崎Fに在籍した約4年半で公式戦通算64ゴールを挙げた。

 2010年夏に当時ブンデスリーガ2部だったボーフムに完全移籍で加入。ホーム開幕戦でいきなり2ゴールをマークするなど、加入直後から存在感を放った。このシーズン、チームはプレーオフの末に1部昇格を逃したものの、鄭大世自身は10ゴールを記録する活躍を見せた。2012年1月にはブンデスリーガのケルンに移籍。しかし、ここでは力を発揮することができず、約1年間の在籍で11試合出場ノーゴールという成績に終わった。2013年1月には韓国の水原三星ブルーウィングスに移籍。約2年半の在籍で85試合に出場して28ゴールを記録した。

 2015年夏に清水エスパルスに完全移籍で加入。約5年ぶりとなるJリーグ復帰を果たした。13試合で4ゴールを挙げる活躍を見せたが、チームはこの年J2降格の憂き目に遭った。2016シーズンは抜群の得点力でチームを牽引。26得点で明治安田生命J2リーグの得点王に輝き、1年でのJ1復帰に大きく貢献した。J1復帰初年度となった2017シーズンはチームの主将に就任。明治安田生命J1リーグで10得点を挙げ、チームのJ1残留に貢献した。

 2018シーズン以降は徐々に出番を減らし、2020シーズン途中にはアルビレックス新潟にレンタル移籍で加入した。契約満了に伴い2020シーズン限りで清水を退団。2021シーズンからは町田でプレーしていた。昨シーズンは公式戦33試合出場5ゴール、今シーズンは34試合出場6ゴールという成績を残した。

 また、2007年6月にデビューを飾った北朝鮮代表としては33試合に出場し15ゴールを記録。FIFAワールドカップ南アフリカ2010への出場も果たした。

 現役引退に際し、鄭大世はFC町田ゼルビアのクラブ公式サイトを通じてコメントを発表している。

「裏山の鶯の鳴き声で目を覚ます。そんな清々しい朝を迎えてた町田での2年間。最後の最後まで。本当に最後の試合まで苦しかった。これを遅くに書き上げた後に夢で、外されてるのに怒鳴られる夢でうなされ、朝思わず加筆した。現実もそんな日常だった」

「全て伏線だと言い聞かせ、この”痛みや苦しみ”は自分だけの花を咲かせるためだと愚痴りながらも、食らいついた。自分と、周りが思う今の質の差にも薄々気がついてたが年甲斐もなく、まだできる!とギラついてたけど、変わることはなかった。苦しさは変わらずで、こんな歳でも、悔しくて何度も泣いた。でも喜びは、喉が裂けるほど咆哮したあの頃とは、もう違う」

「同世代に勇気づけられ、ひと回り下に慰められた。歳の半分以下の選手たちと鎬を削った。幼き頃、買ってもらったユニの袖のJリーグのエンブレム。太くなった腕の袖のそれを見るたびに、胸が熱くなった。何年も前から、今日が最後かもと毎試合トイレに篭り嗚咽を漏らして泣いてた。酸いも甘いも味わい、綺麗事だと思ってたあの言葉も、今なら素直な気持ちで言える。 『みんなのおかげ』」

「こんな性格じゃなかったらもっといい景色が見えたかも? こんなエゴイストだからここまでこれた? 違う。みんなの支えで今がある。後悔や、人としての失敗は数え切れないけどはっきりと言える。これが『ベスト』」

「砂埃舞う大学都リーグ3部からのし上がった、最高に痛快なサッカー人生。多くをサッカーからもらい、今は心が満たされてる。あの頃想像もできなかった舞台で夢中で走った17年間に、終了の笛を吹き、終止符を打つ。悠然と胸を張ってスパイクを脱ぎます。エゴイストなくせに馬鹿みたいに繊細で感情的な、こんな僕に関心を持ってくれてありがとうございました」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15029
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1666866142/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:03 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪DF山中亮輔、左眼窩底骨折と左鼻骨骨折で全治2カ月…負傷後もルヴァン決勝フル出場

C大阪・山中亮輔 左眼窩底骨折&左鼻骨骨折で全治2カ月 負傷後もルヴァン決勝フル出場
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1c4ff1fb7aa4c14e1c6f0474343e8b2eef9eaac
山中2022C大阪.jpg

 J1C大阪は28日、元日本代表DF山中亮輔(29)が12日のFC東京戦(味スタ)で左眼窩底骨折と左鼻骨骨折を負ったことを発表した。手術は25日に行い、全治2カ月と診断された。

 山中はFC東京戦で顔面を負傷し、前半途中で交代。22日のルヴァン杯決勝・広島戦(国立)では前日練習にフェースガードをつけて参加。重傷を負いながらも決勝は左サイドバックとしてフル出場した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15029
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1666866142/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2千葉、FWリカルド・ロペスらブラジル人3選手の退団を発表(関連まとめ)

10位フィニッシュ、J2千葉がブラジル人3選手の契約満了を発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/787fdf8ef62810c73ea873640c149c93140ea3ea
千葉2022外国人退団3選手.jpg


ジェフユナイテッド千葉は27日、ブラジル人3選手との契約満了を発表した。

退団が決まったのは、FWチアゴ・デ・レオンソ(29)、FWリカルド・ロペス(31)、DFダニエル・アウベス(20)となっている。

チアゴ・デ・レオンソは、ブラジルや中国などでプレー。広州城から今シーズン加入。明治安田生命J2リーグで27試合に出場し4得点を記録していた。

リカルド・ロペスもブラジルや中国、そして韓国でプレー。上海海港から今シーズン加入すると、明治安田J2で10試合に出場もゴールはなかった。

ダニエル・アウベスは、パウメイラスから今季期限付き移籍で加入。明治安田J2で12試合に出場した。

3選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FWチアゴ・デ・レオンソ
「ジェフユナイテッド市原・千葉、クラブ関係者、チームのスピリットであるファンの皆さんに感謝致します」

「今後共に歩む事は叶いませんが、このクラブはいつも私の心の中にあります。皆さんに神の祝福がありますように」

◆FWリカルド・ロペス
「短い期間でしたが、このクラブが大好きになりました。正直、寂しい気持ちでいっぱいですが、ジェフが必ず昇格出来る様祈っています。本当にありがとうございました」

◆DFダニエル・アウベス
「一つのサイクルが終わります。プロ1年目、このクラブでプレーする幸せを感じることが出来ました」

「新しい扉を開いてくれたジェフユナイテッドに感謝致します。クラブに関わる皆様、信頼、支えて頂いたこと、本当にありがとうございました」
移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15028
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1666784728/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋FWシュヴィルツォク、ドーピング違反で4年間の活動停止処分 AFCが正式に処分発表(関連まとめ)

名古屋、FWシュヴィルツォクの4年間の活動禁止処分を発表。昨季ドーピング違反が発覚で暫定的に活動停止、AFCが正式な処分を決定
https://news.yahoo.co.jp/articles/85a02566168d484f909deba7c31c90376f7908af
シュヴィルツォク2021名古屋.jpg

名古屋グランパスは28日、活動停止中のFWヤクブ・シュヴィルツォクについての発表を行った。

発表内容は、昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ準々決勝・浦項スティーラーズ戦後に実施されたドーピング検査の処分内容について。

同試合後のドーピング検査にて、シュヴィルツォクから採取された検体(A検体)から禁止されている物質が検出され、また同時に採取された別の検体(B検体)においても禁止されている物質が検出されていた。

アジアサッカー連盟(AFC)は規律・倫理委員会による最終決定が下されるまで、全てのサッカー関連活動(全ての国内外や親善試合、公式行事など)への参加を暫定的に停止する処分を下していた。


そして、AFCはシュヴィルツォクに対する正式な処分を決定。すべてのサッカー関連活動(国内および国際試合、親善試合、公式戦を含む)に関し、4年間の活動禁止処分を下したとのことだ。

当該活動禁止期間は、同選手に対し、暫定処分が決定された2021年12月9日から起算される。

なお、シュヴィルツォクとクラブとの契約については、弁護士を通じて選手と協議中である模様。

シュヴィルツォクは、21年7月にピアスト・グリヴィツェ(ポーランド)から完全移籍で加入。リーグ戦14試合に出場して7得点、ACLでは2試合3得点を記録していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15029
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1666866142/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:49 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守田英正、CLでの交代は大事を取っての交代か?「疲れと、硬くなる感じが合って…」

スポルティング・守田英正「孫興民の迫力とプレミアのレベルを経験した」 違和感の右足ふくらはぎは大事をとって途中交代
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6807969b1a75fb6ae705986e32d090d486ab021
守田22-23CL第5節競り合い.jpg

◆欧州チャンピオンズリーグ ▽1次リーグD組第5節 トットナム 1−1 スポルティング・リスボン(26日、英ロンドン・トットナムホットスパーズスタジアム)

 欧州各地で欧州CL1次リーグが8試合行われ、日本代表MF守田英正(27)が所属するスポルティング・リスボンはアウェーで強敵トットナムと対戦。守田は3−4−3の左ボランチで先発した。しかしチームが1点をリードした後半16分に右足のふくらはぎに違和感を感じて交代した。

 試合は後半、トットナムが押せ押せの展開となり、ついに後半35分、左サイドからのCKにDFベンタンクールが頭を合わせて1−1の同点。ホームチームはここからさらに押し上げ、ロスタイムの最終分に主将ケインのゴールで勝ち越したと見られたが、このゴールはVARの結果オフサイドで無効となり、1−1のドローで終了。この結果、D組はさらに大混戦となり、4チーム全てに決勝トーナメント出場の可能性を残して11月1日の最終節に突入することになった。以下は守田との試合後の一問一答

 ー右足を痛めた?

 「(右のふくらはぎが)ちょっと疲れと、硬くなる感じがあったので、やめておいたという感じです」


 ー接触があったわけではない?

 「そうですね、特に。これといった(接触の)場面はなかったと思います」

 ー試合は最後、トットナムが追い込み、ベンチから見ていても落ち着かなかったと思うが?

 「やっぱりアウェー、そういう展開になると、巻き返すのは難しい。流れも相当良くなかった。まあ、なんとか耐えて、勝ち点1を取れたのは良かった」

 ー前半は手応えがあったと思うが?

 「自信を持ってボールを持つこと。そこにこだわって怖がらないようにということは、90分を通してやらなくてならない。僕も何回もミスがありましたし、そこは今後の課題かなと思います。押し込まれた時に、陣地を奪い返す守備だけにならないような戦い方を意識しないといけないと思いました。あとは(トットナムの)セットプレーが相当強かったので、そこが難しかった」

 ー相手がパワフルだった?

 「そうですね。相手の強みがセットプレーだったと思いますし、それを引き出させないような闘い方を意識はしたつもりですが、それでもこのくらい押し込まれた。だから難しい中でも先制点が取れたのは前向きで良かったと思います」

 ーイングランドのアウェーゲームはどうだった?

 「やっぱり、客席は近くて雰囲気はいいですし、ただ特に何がどうとは思わなかったですけど(笑)」

  ー血がたぎるような思いはしなかった?

 「それはやっぱりチャンピオンズリーグなので、相手も強いですし、それを分かった上でやっているので。もちろんそういう気持ちを持ちながらやっていますけど、必要以上に自分を大きく見せようとかはないので。いつも通りにやれたんじゃないかと思います」

 ーイングランドの激しさはどう感じた?ケインとやり合う場面もあったが?

 「やっぱり強いな、速いなというのは思いました。それに1人の守備範囲が本当に広い。一人一人の守備範囲が広いと、それがチーム全体としても守れる範囲が当然大きくなるし、それでいて周りの選手が守備になりすぎない。それが体力の温存にもつながると思うんで。その範囲の広さをすごく感じました」

 ー後半、トットナムがギアを1段上げた感じになったが?

 「あの展開(トットナムが追い上げる)になってしまうと、アウェーでは難しいなと正直感じました。僕が入ってプレーしていても、あの時間(試合終盤)、ずっと押し込まれていたんじゃないかと思う」

 ー決勝トーナメント進出の可能性はあるが?

 「当然、グループ戦を突破したいですし、今回、フランクフルトが勝ったんですよね?そうなると結構混戦で、最後まで分からないので。でも次(フランクフルトとの直接対決)はホームなので、しっかり勝って突破できるように頑張りたいと思います」

 ー今日はボランチの位置からチャンスがあれば最前線まで飛び出し、中盤でも左右に開いて広範囲でのポジション取りをしていたが、それは練習から行っているのか?

 「ある程度、動き方、タイミングの取り方というのは(チーム内で)共有している部分がある。しかし最後のプレーの選択のポジションの取り方は、僕に任せてもらっている。最終的には自分の判断。まあ流れの中で選手がどこに動くかというのはある程度分かっているので、それに合わせて、流れの中で動くという感じです」

 ー前半はなかなかボールが入ってこなかったが、もどかしさは感じた?

 「僕がいいポジション取れた時に入ってこなかったこともありましたが、逆に僕が高い位置を取りすぎて、少しチームのボールの循環が悪くなったこともあった。逆にいいポジションを取っている選手にはボールを出してあげたいと思った。それは相手にとっても嫌だし、僕たちがやろうとしているサッカーにも通じると思う」

 ープレミアの強豪と戦って手応えは? ここはやれる、ここは足りないと感じた点は?

 「やれるなと思うところは…。といってもミスをしていたので、まあそれも気持ち次第ですけど、ボールを持って相手を見るような姿勢と選択はもっとできていると思っていたが、(この相手になると)できないところもあった。あとフィジカルなところで、競り合い一つとっても、セカンドボールも、そこを一つ勝つかどうかで展開が大きく変わる。僕はボランチでそういうところを求められているので、その強度、守備範囲の広さ、そこはもっと追求していきたいと思いました」

 ー同じアジア人としてトットナムの孫興民の存在をどう感じた?

 「もう説明する必要がない選手。特長もはっきりしていますし。今日も何十メートルもスプリントをしたと思いますが、やっぱりボールを持った時の迫力だったり、周りの選手が持った時に走り出す迫力はずば抜けているなと思った。まあ(孫興民を含めて)プレミアのトップ選手とやれたのは、プレミアのレベルや強度を知るいい機会で、すごくいい経験になったと思います」


守田英正 part.3
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1646569737/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)