アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

マンC、プレミア優勝に王手!アグエロ絶妙先制ゴールなどC・パレスに2-0勝利

マンCがプレミア優勝に王手! 前半苦戦も…アグエロ弾など後半2発でパレス撃破
https://news.yahoo.co.jp/articles/e533f1bffcd1c625b6853acfa8731f211655902b

アグエロ20-21第34節ゴール.jpg


 プレミアリーグ第34節が1日に行われ、13位クリスタル・パレスと首位マンチェスター・Cが対戦した。

 マンチェスター・Cは4月28日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝パリ・サンジェルマン(PSG)戦で2−1の逆転勝利。セカンドレグを3日後に控えるなか、同試合からはスタメンを8枚変更して試合に臨んだ。先発継続はエデルソン、ジョアン・カンセロ、ロドリの3人。4−4−2をベースのフォーメーションとし、2トップにはセルヒオ・アグエロとガブリエル・ジェズスが並んだ。

 試合開始からボールを握る展開が続くマンチェスター・Cだが、クリスタル・パレスのコンパクトな守備を崩すのに苦労。17分、アイメリク・ラポルテの浮き球パスに抜け出したラヒーム・スターリングがドリブルでゴール前に切り込みシュートに持ち込んだが、、カバーに駆けつけた相手DFタイリック・ミッチェルに妨害されて枠を外れる。

 クリスタル・パレスは28分に決定機。ペナルティエリアの右からジョエル・ウォードがグラウンダーで折り返すと、ボールは相手DFに当たってゴール前にこぼれる。反応したクリスティアン・ベンテケが振り向き様に右足を振り抜いたが、相手GKエデルソンにブロックされた。

 マンチェスター・Cは36分、フェルナンジーニョの浮き球に抜け出したG・ジェズスがダイレクトで押し込んだが、オフサイドでゴールは認められない。前半はお互いに得点が生まれず、スコアレスで折り返した。

 攻めあぐねていたマンチェスター・Cは、57分にクリスタル・パレスのゴールをこじ開ける。バンジャマン・メンディが低くて速いアーリークロスを送ると、中央で受けたアグエロはコントロールから右足一閃。アウトサイドにかけた強烈な一撃をゴール左上に突き刺した。さらに59分、ペナルティエリアの手前でルーズボールを回収したフェラン・トーレスが左足でゴール左下隅に流し込み、マンチェスター・Cがあっという間にリードを2点に広げる。

 マンチェスター・Cは62分、加速で相手を剥がしたスターリングがペナルティエリアの左から左足を振ったが、左のポストに阻まれる。64分にはコーナーキックの流れからラポルテが押し込もうとしたが、ブロックに阻まれて枠を外れる。

 マンチェスター・Cは落ち着いた試合運びで2点のリードを守り切り、優勝に王手をかけた。2日に行われるプレミアリーグ第34節で2位マンチェスター・Uがリヴァプールに敗れれば、マンチェスター・Cは2年ぶり7回目のトップリーグ優勝が決定する。クリスタル・パレスは3連敗となった。

 クリスタル・パレスは次節、8日にアウェイでシェフィールド・Uと対戦する。マンチェスター・Cは4日のCL準決勝セカンドレグPSG戦を挟んで、8日にホームでチェルシーと対戦する。

【スコア】
クリスタル・パレス 0−2 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 57分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
0−2 59分 フェラン・トーレス(マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 409citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619872897/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:11 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルグアイ代表FWカバーニ、一転マンU残留へ!英BBC報じる

カバーニ、一転してユナイテッド残留へ! 英『BBC』報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/5365aeaf78160e573b33caca6de4921082c03196
カバーニ20-21EL準決勝第1戦.jpg

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が一転して残留するようだ。

イギリス『BBC』によると、カバーニは長らく公の場で残留の願望を口にしているオーレ・グンナー・スールシャール監督の説得を受け入れ、来季もオールド・トラフォードにとどまる様相。単年契約に付帯する1年間の延長オプションを行使する形で合意間近だという。

カバーニは昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)と契約満了となり、ユナイテッド入り。徐々に本領を発揮して、ポストワークや前線からのチェイシングといった献身的な働きとともに、ここまで公式戦33試合の出場で12得点5アシストの数字を残している。

ただ、その活躍の裏で南米でのプレー意向により、今季終了後のユナイテッド退団が取り沙汰され、幼少期からの憧れともいわれるアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズが有力な移籍先に浮上。カバーニの父親もイングランドでの不幸せを主張している状況だった。

また、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏も自らのツイッター(@FabrizioRomano)を通じて、カバーニがユナイテッドとの契約延長にオープンな姿勢であることを主張。まだサインに至っていないが、まもなく提案の受け入れが見込まれているという。

† Red Devils Manchester United 1528 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619762183/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、FWルーカス・バスケスとDFセルヒオ・ラモスが残留へ!契約延長に向け前進

レアルFWルーカス・バスケス、契約延長条件の大幅改善で残留濃厚に
https://news.yahoo.co.jp/articles/a450bc2a569105413c03fa0736faf45bd175cc10
ルーカス・バスケスレアル.jpg


今年6月30日で契約が切れるレアル・マドリードのスペイン人FWルーカス・バスケス(29)の去就について、金銭面で折り合いがつかず退団濃厚と伝えられていたが、最近の話し合いの結果、残留に大きく近づいていると、スペイン紙アスが30日に報じている。

Rマドリードの下部組織出身のルーカスは今季故障者続出の中、今月のクラシコで左膝後十字靱帯(じんたい)捻挫で今季絶望のけがを負うまで、ジダン監督の重要な戦力のひとりになっていた。今季の公式戦成績は34試合2得点7アシストで、チームで8番目に出場時間の多い選手になっている。

ルーカスは今季初め、クラブから契約延長オファーを受けていた。その内容は、年俸はこれまでと同じ手取り約350万ユーロ(約4億5500万円)から、新型コロナウイルスの影響を受けた財政面を考慮し10%カットするというものだった。ルーカスは自身の価値が低く見積もられていると感じ、現在に至るまでその条件を拒否してきた。

一方、右サイドの攻撃から守備に渡るあらゆるポジションでプレーしてきたそのポリバレントな能力が高く評価され、すでにバイエルン・ミュンヘンとパリ・サンジェルマンからオファーが届いている。

同紙によると、最近、クラブ内でジダンのプランにおけるルーカスの重要性が見直され、先日行われた契約延長交渉の中、Rマドリードはルーカスに対して、年俸手取り500万ユーロ(約6億5000万円)の3年契約、さらに設定された目標達成次第で1年延長という大幅に改善した条件の契約延長オファーを提示したとのことだ。

これは今年7月1日で30歳の誕生日を迎えるルーカスのプロキャリアにおいて、最後の素晴らしい契約になるだけでなく、16歳で入団した最愛のクラブにとどまるという願いがかなうことを意味しており、残留が濃厚になったと言えるだろう。(高橋智行通信員)

セルヒオ・ラモス、一転レアルと契約更新へ!給与減に合意か
https://qoly.jp/2021/04/30/sergio-ramos-closer-to-sign-with-real-madrid-kgn-1
セルヒオ・ラモスレアル.jpg

今季限りでレアル・マドリーとの契約が満了を迎える状態となっているスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。

クラブ側も彼を放出することで人件費を削減することができ、それを補強に回すという方針であると伝えられていた。

しかしながら、今回『ABC』が伝えたところによれば、この両者は現在契約更新に向けて一歩踏み出すことができたという。

レアル・マドリーは現在新型コロナウイルスの影響、新スタジアムの建設によって経済的に大きなダメージを負っている。

そのため選手に対しては給与の削減を求めている状況で、セルヒオ・ラモスは今回その要求に従って賃金引き下げを受け入れる意思を示したという。

もちろんまだまだ調整しなければならない状況ではあるが、契約はまだ終了したわけではなく、交渉は確実に進んでいるそう。両者ともに実は急いでおらず、リラックスした状況であるとのこと。

なお契約期間については、セルヒオ・ラモスが2年を求めており、レアル・マドリー側が1年を要求しているとのことだ。

※管理人:管理人の編集ミスで、スレッドの内容が一時的に見えない状態になっておりました。謹んでお詫び申し上げます。

◆◇El Blanco Real Madrid 1107◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619500154/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、カバーニ残留に全力尽くす意向…スールシャール監督は説得続ける

マンU、カバーニ残留に「全力尽くす」。指揮官の説得が続く
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3a19af7937318614a15bfc2dfd5f8dff2a35578
カバーニ20-21マンU.jpg

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、FWエディンソン・カバーニの残留に全力を尽くす意向だ。同指揮官のコメントを英『スカイ・スポーツ』などが現地時間29日に伝えた。

 34歳のカバーニは、ユナイテッドとの契約が今季で満了する。クラブは契約延長を望んでいるが、本人は家族の近くで過ごすことを考えており、南米復帰を希望しているものとみられる。


 そのカバーニは29日に行われたヨーロッパリーグのローマ戦で2ゴールを挙げるなど活躍。残留を願う声はさらに強くなっているところだ。

 スールシャール監督は試合後、カバーニについて次のように語った。

「エディンソンは見事だった。私は彼に完全に満足している。彼はゴールハンター以上の存在だ。長い間プレーしてきて、冷静さもある」

「彼は私の気持ちを知っている。もう一年一緒にやりたいと思っていることは知っている。私はベストを尽くすよ。決勝に行ってうまくやれば、彼がもう一年やろうと思ってくれるのではないかと考えている」

 ユナイテッドに貴重な経験をもたらしているカバーニ。南米へ戻るという意思は揺らぐのだろうか。

† Red Devils Manchester United 1527 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619360568/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:27 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、メッシ先制弾もグラナダに1-2逆転負け…首位浮上のチャンスを逃しスペインリーグ優勝争いは混戦に

【サッカー】リーガ第33節 バルセロナが首位浮上のチャンス逃す…メッシ先制弾もグラナダに逆転負けで3位変らず [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1619724517/
バルサ20-21第33節敗戦.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/04/30(金) 04:28:37.21 ID:CAP_USER9.net

 リーガ・エスパニョーラ第33節が29日に行われ、バルセロナとグラナダが対戦した。

 1試合未消化のバルセロナは、首位のアトレティコ・マドリードと勝ち点2ポイント差、2位のレアル・マドリードとは同じ勝ち点「71」で3位に位置。勝てば首位浮上となる今節は、8位のグラナダをホームに迎えた。

 試合は、立ち上がりから主導権を握ったバルセロナが先制に成功した。23分、アントワーヌ・グリーズマンがペナルティエリア前でリオネル・メッシからパスを受けると、華麗なターンで1人かわしてラストパス。エリア左に走り込んだメッシが左足シュートをゴール右隅に突き刺し、先制点を挙げた。

 その後も攻撃の手を緩めないバルセロナは、36分にセルヒオ・ブスケツの浮き球パスからメッシがエリア右に抜け出して左足シュート。直後のCKではサミュエル・ユムティティがヘディングシュートを放ったが、どちらも得点には結びつかなかった。

 後半に入っても攻勢のバルセロナは47分、イライクス・モリバの折り返しを受けたグリーズマンが右足で狙ったが、シュートは枠を捉えず。53分にはフレンキー・デ・ヨングのクロスをエリア右フリーのセルジ・ロベルトが右足ボレー。だが、これも枠を捉えず、バルセロナは追加点が遠い。

 すると逆にグラナダがわずかな隙を突いて同点に追いついた。63分、ルイス・スアレスが敵陣中央からスルーパスを送ると、DFオスカル・ミンゲサは惜しくも対処しきれず。こぼれ球を拾ったダルウィン・マチスがエリア左に抜け出し、冷静に左足シュートを沈めて同点ゴールを奪った。

 追いつかれたバルセロナは66分、ロナルド・クーマン監督が抗議によりレッドカードを受けて一発退場となった。試合が再び動いたのは79分、アドリアン・マリンが左サイドからクロスを送ると中央フリーのホルヘ・モリーナが頭でゴール右隅に流し込み、グラナダが逆転に成功した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、バルセロナはホームでまさかの逆転負けを喫し、首位浮上の絶好のチャンスを逃した。一方のグラナダはバルセロナのホームで初勝利を飾った。次節、バルセロナは5月2日にアウェイでバレンシアと、グラナダは同日にホームでカディスと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1−2 グラナダ

【得点者】
1−0 23分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1−1 63分 ダルウィン・マチス(グラナダ)
1−2 79分 ホルヘ・モリーナ(グラナダ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2058258dee422d4ca05162b0746a9c60aa400b90
4/30(金) 3:53配信

https://stworld.jp/area_guide/images/es_images/es_map.png

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115218
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジャレアル、アーセナルに2-1先勝!両者退場者出す荒れた新旧アーセナル監督対決はエメリ監督がリード EL準決勝第1戦

ビジャレアルがアーセナルに先勝…双方退場者を出す荒れた“新旧アーセナル指揮官対決”はエメリがリード
https://news.yahoo.co.jp/articles/43ee66c8d7667d337e50e5e25a495879be5d3cc4

トリゲロス20-21EL準決勝第1戦ゴール.jpg

現地時間29日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝ビジャレアルvsアーセナルの第1戦がエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた。

ウナイ・エメリvsミケル・アルテタと新旧アーセナル指揮官対決となったこの一戦は、開始5分にいきなりスコアが動く。

ビジャレアルMFサムエル・チュクウェゼが右サイドからカットインを仕掛け、中に折り返す。そのボールにマヌ・トリゲロスが合わせてビジャレアルが開始5分で先制ゴールをマークした。

29分にはCKの場面でジェラール・モレノが頭で触れてコースが変わり、ファーに飛び込んだ主将ラウール・アルビオルがダイレクトで押し込んでビジャレアルのリードが2点に広がった。

2−0でエンドが変わり、アウェーのアーセナルはさらに厳しい状況へと追い込まれる。57分、アーセナルMFダニ・セバージョスが伸ばしてきた相手の足をスパイクで踏みつけたとして、2枚目のイエローカードで退場処分に。残り30分ほどアーセナルは10人で戦うことを余儀なくされた。

数的不利となったアーセナルだが、ようやく1点を返すことに成功する。71分にトリゲロスがペナルティエリア内でファウルをしたとしてアーセナルにPKが与えられ、ニコラス・ぺぺがこのチャンスをきっちりものにして、スコアを2−1とした。

80分にはビジャレアルDFエティエンヌ・カプエが2度目の警告で退場処分となり、試合は10人vs10人の戦いとなる。

試合はそのままスコアは動かず、2−1でホームのビジャレアルが先勝した。第2戦は現地時間5月6日、エミレーツ・スタジアムで行われる。

UEFAヨーロッパリーグ準決勝第1戦
ビジャレアル 2−1 アーセナル

得点者
ビジャレアル:トリゲロス(5分)、アルビオル(29分)
アーセナル:ぺぺ(73分)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1626】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619728377/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ブルーノ&カバーニ2ゴールなどローマに6-2先勝!EL決勝に向け大きく前進 EL準決勝第1戦

後半5得点のゴールショー!…マンUが6発大勝、ローマは敗戦もアウェイ2得点
https://news.yahoo.co.jp/articles/30cd6381fa31ba3625ae3022326b651658a5584c
ブルーノとカバーニ20-21EL準決勝第1戦.jpg

 ヨーロッパリーグ(EL)準決勝ファーストレグが29日に行われ、マンチェスター・Uとローマが対戦した。

 マンチェスター・Uは2シーズン連続の準決勝進出。ローマは前身大会のUEFAカップ時代に準優勝した1990−91シーズン以来となる30年ぶりのベスト4入りを果たした。両チームの対決は13年ぶりで、対戦成績はマンチェスター・Uが4勝1分1敗で勝ち越している。なお、ローマのクリス・スモーリングとヘンリク・ムヒタリアンにとっては古巣対決。2017年のEL決勝ではスモーリングのアシストからムヒタリアンが得点し、マンチェスター・Uの優勝に貢献していた。

 試合は開始9分にホームのマンチェスター・Uが先手を取った。ポール・ポグバが左サイドからドリブルで中央に切り込み、ペナルティエリア前のエディンソン・カバーニにパス。これをカバーニはワンタッチでエリア左へつなぐと、走り込んだブルーノ・フェルナンデスが冷静にループシュートを沈めて先制点を決めた。

 しかし、マンチェスター・Uは13分、自陣エリア内で相手のクロスをブロックしにいったポグバが不運なハンドによりPKを献上。ローマは15分、このPKをロレンツォ・ペッレグリーニがゴール左隅に突き刺して同点に追いついた。さらにローマは34分、ムヒタリアンがエリア左へ絶妙なスルーパスを送り、抜け出したペッレグリーニが折り返すと、ゴール前のエディン・ジェコが合わせて逆転ゴールを決めた。

 だが、ローマは前半の内に3人目の負傷交代を強いられる。開始5分にジョルダン・ヴェルトゥが負傷したため、代わりにゴンサロ・ビジャールを投入。28分にはGKパウ・ロペスの負傷によりGKアントニオ・ミランテを送り出し、37分にもレオナルド・スピナッツォーラが交代を余儀なくされ、ブルーノ・ペレスがピッチに入った。

 マンチェスター・Uは1点ビハインドのまま折り返したが、後半に入って怒涛のゴールショーを見せる。立ち上がりの48分、カウンターから最後はB・フェルナンデスがエリア前からラストパスを送り、エリア中央に走り込んだカバーニが右足ダイレクトでゴール右上隅に叩き込み、同点ゴールを挙げた。

 追いついたマンチェスター・Uは64分、左サイドのルーク・ショーからポグバ、B・フェルナンデスがつなぎ、エリア右フリーのアーロン・ワン・ビッサカがシュート。これはGKミランテにセーブされたが、こぼれ球をゴール前のカバーニが押し込んで勝ち越しに成功した。

 さらにマンチェスター・Uは73分、カバーニがエリア内でスモーリングに倒されてPKを得ると、キッカーのB・フェルナンデスがゴール左上に決めて追加点。55分には、B・フェルナンデスのクロスをポグバが頭で合わせて5点目を挙げた。

 3点リードを得たマンチェスター・Uは86分、カウンターで左サイドのカバーニが逆サイドへパスを送ると、これを受けたメイソン・グリーンウッドがダメ押しゴールを決めた。試合はこのまま終了し、マンチェスター・Uがホームで大勝。ローマは敗れたものの、アウェイゴール2点を記録した。

 セカンドレグは5月6日にローマのホームで行われる。

【スコア】
マンチェスター・U 6−2 ローマ

【得点者】
1−0 9分 ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・U)
1−1 15分 ロレンツォ・ペッレグリーニ(PK/ローマ)
1−2 34分 エディン・ジェコ(ローマ)
2−2 48分 エディンソン・カバーニ(マンチェスター・U)
3−2 64分 エディンソン・カバーニ(マンチェスター・U)
4−2 71分 ブルーノ・フェルナンデス(PK/マンチェスター・U)
5−2 75分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
6−2 86分 メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1527 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619360568/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:57 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルDFカルバハル、今季5度目の負傷離脱か…スペイン紙「今シーズンに別れを告げる」

カルバハルが今季5度目の負傷離脱か…コロナ&負傷明けのS・ラモスは合流完了
https://news.yahoo.co.jp/articles/8dee612e909e58bac9069f1a13703ffc3835efd3
カルバハル20-21負傷交代.jpg


レアル・マドリーのDFダニエル・カルバハルが再び長期離脱を強いられるようだ。マドリード拠点のスペイン大手紙『マルカ』は29日、負傷の再発により「今シーズンに別れを告げる」と報じている。

 カルバハルは今季これまでに4度の負傷離脱を経験。今月21日のラ・リーガ第31節カディス戦で右ハムストリング負傷から復帰したばかりだった。記事によると、カルバハルは復帰3試合目となったUEFAチャンピンズリーグ準決勝チェルシー戦で再び負傷が再発した模様。29日のトレーニングに参加しなかったという。

 R・マドリーの右サイドバックでは、すでにDFルーカス・バスケスも戦線を離脱しており、本職はDFアルバロ・オドリオソラしか残っていない状況。ラ・リーガ次節のオサスナ戦(5月1日)、ミッドウィークの欧州CLチェルシー戦(4日)は今季わずか4試合の先発にとどまっている25歳に命運が託されそうだ。

 一方で『マルカ』は、コロナ感染と負傷で離脱していたDFセルヒオ・ラモスが復帰する可能性を伝えている。ラモスはすでに29日の練習に合流しているといい、センターバック起用が続いていたDFナチョ・フェルナンデスが右SBに回るという選択肢を指摘。チェルシーとの欧州CL第2戦での復帰に期待を寄せている。

◆◇El Blanco Real Madrid 1107◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619500154/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田・長谷部同僚FWアンドレ・シウバ、レアルが獲得競争に参戦!ヨビッチとのトレード画策か?マンUやドルトムントなども興味

レアルがアンドレシウバ獲得レース参戦と地元紙 ヨビッチと“トレード”
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ccd415eb0d645d5873f73c230871c9d95bab4bf
アンドレシウバフランクフルト.jpg

レアル・マドリードが、アイントラハト・フランクフルトのポルトガル代表FWアンドレシウバ(25)の獲得を狙っているとスペイン紙アス電子版が28日、報じた。現在Eフランクフルトに期限付き移籍させているセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)を完全移籍させ、“トレード”の形で獲得するつもりだという。
アンドレシウバは今季、公式戦31試合で26得点9アシスト。過去最高のシーズンを送っており、ブンデスリーガ4位のEフランクフルトで重要な役割を果たしている。

しかしアンドレシウバは来季ビッグクラブへの移籍を望んでおり、アトレチコ・マドリード、ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示している。そんな中、Rマドリードも獲得レースに参戦した形だ。

ヨビッチのRマドリードとの契約は25年6月30日までだが、ジダン監督の構想には入っていないため、クラブが放出を検討している。現在考えられているのが、Rマドリードがアンドレシウバの移籍金として4000万ユーロ(約52億円)を支払い、Eフランクフルトはヨビッチの移籍金に2000万ユーロ(約26億円)を払うというもの。Rマドリードの方が2000万ユーロ多くEフランクフルト側に支払うことになる。

アンドレシウバはスペインサッカーを経験済み。18−19年シーズンにACミランから期限付きでセビリアに移籍し、公式戦40試合で11得点3アシストを記録した。(高橋智行通信員)

Eintracht Frankfurt 鎌田大地 part12
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1618406738/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:51 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルDFマルセロ、地方選挙の選挙管理委員に選ばれCLチェルシー戦第2戦は欠場の可能性

地方選挙が理由で…レアルDFマルセロ、CLチェルシー戦セカンドレグ欠場の可能性
https://news.yahoo.co.jp/articles/acab6f7c6e692a2699e42550cf9af735d2ca952b
マルセロ20-21CL準決勝第1戦.jpg

 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグのチェルシー戦を欠場する可能性があるようだ。スペイン紙『エル・ムンド』が28日に報じた。

 レアル・マドリードは27日にホームで行われたファーストレグでチェルシーと1−1のドローで終わった。セカンドレグは5月5日にイギリス・ロンドンで行われる。マルセロはファーストレグに先発出場したが、セカンドレグは意外な理由で欠場を強いられる可能性があるようだ。

 チームは敵地でのセカンドレグに向けて、前日の5月4日にマドリードからロンドンに移動する予定。しかし、マルセロは5月4日にマドリードで行われる地方選挙の選挙管理委員に選ばれたため、投票所での作業に参加しなければいけないという。試合前日にチームとともに移動することができなくなり、チーム合流が試合当日になるため、欠場となる可能性があるようだ。

 スペインでは選挙の際、選挙人名簿に登録されている人が無作為に選ばれ、投票所での任務に招集されるという。ブラジル出身のマルセロは、2007年からレアル・マドリードに所属し、2011年にスペイン国籍を取得。他のスペイン人と同様に招集される可能性があり、今回は不運にもチェルシー戦前日というタイミングで選ばれたようだ。

 正当な理由があれば、投票所での作業は免除されるようだが、現時点でレアル・マドリードの訴えは選挙委員会に却下された模様。それでも、同じポジションのフランス代表DFフェルランド・メンディが負傷離脱によりセカンドレグの出場も不透明のため、クラブはマルセロを試合に出場させるために申し立てを続けるようだ。

 なお、過去にも同様の事例があり、2019年11月にレバンテのスペイン人GKアイトール・フェルナンデスが試合日と同じ日に投票所での任務に選ばれていた。だが、当時はクラブの訴えが受け入れられ、免除となったアイトールは無事にアウェイでのアスレティック・ビルバオ戦に出場していた。

◆◇El Blanco Real Madrid 1107◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1619500154/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:07 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、レバンドフスキが今夏移籍の可能性?代理人が複数クラブと接触か

バイエルンの最強ストライカーが今夏移籍も? 代理人が複数クラブと接触か
https://news.yahoo.co.jp/articles/f56fc3aa4b2d2e0300784604a3706ef0f88e7c0b
レヴァンドフスキ20-21ドルトムント戦ゴール.jpg

 バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、今季限りで他クラブへ移ることもあり得るのだろうか。ドイツ『スカイ・スポーツ』が移籍の見通しを報じたとしてスペイン紙『アス』が伝えている。

 2014年にボルシア・ドルトムントからバイエルンに加入して以来、レバンドフスキは記録的なペースでゴールを量産。今季ブンデスリーガではすでに自己最多の36得点を挙げ、ドイツで6度目の得点王をほぼ手中に収めるとともに、ゲルト・ミュラー氏の保持する年間40得点の最多記録にも挑戦している。


 バイエルンとの契約は2023年まで残しており、クラブ幹部もレバンドフスキの存在を理由にボルシア・ドルトムントのFWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得に動く可能性を否定するなど、来季以降もエースの座は揺るがないように思える。だが他クラブにとっても、もし可能ならばもちろん獲得したいと考える選手だろう。

 実際に、欧州の複数のトップクラブがレバンドフスキの獲得を試みる動きを見せていると報じられている。代理人のピニ・ザハビ氏はすでにいくつかのクラブと接触しているとされており、バイエルンもその動きを把握はしているとのことだ。

 長年の主力だったDFダビド・アラバやDFジェローム・ボアテングの退団が決まり、RBライプツィヒから33歳の若手監督ユリアン・ナーゲルスマンを迎えるなど、バイエルンは変化の時を迎えようとしている。レバンドフスキの移籍がそれに続く可能性もあるのだろうか?

【6冠王者】FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 306
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1618650476/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、メッシ残留&ネイマール復帰へ!米企業と650億円の大型スポンサー契約秒読み(関連まとめ)

【サッカー】メッシ残留&ネイマール復帰へ バルセロナが650億円のスポンサー契約秒読み [数の子★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1619605412/
メッシとネイマールバルサ.jpg
1: 数の子 ★ 2021/04/28(水) 19:23:32.77 ID:CAP_USER9.net

スペイン1部バルセロナが米国企業と5億ユーロ(約650億円)という巨額のスポンサー契約を結ぶ見込みとなった。

 スペインのラジオ局「エルチリンギート」は「ラポルタ会長が米国企業と5億ユーロのスポンサーシップの正式契約まで非常に近づいている」と報道。具体的な企業名は触れられていないが、交渉は細部を詰める段階で正式発表まで秒読み段階のようだ。

 バルセロナにとってはまさに救世主だ。新型コロナ禍の影響で昨季の赤字が9700万ユーロ(約126億円)に上るなど財政事情がひっ迫。そうした状況で今回の巨額スポンサー契約がまとまればクラブの収益構造は大きく改善する。

 もちろん、今夏の移籍市場でも積極的に動ける。同局はスポンサー契約の目的について「FWリオネル・メッシ(33)との契約を更新し、FWネイマール(29=パリ・サンジェルマン)にサインするためだ」と指摘。まずは残留交渉を行っているメッシの契約延長に全力を注ぐ構え。スペインメディア「フィチャージェスネット」によると、バルセロナは年俸3000万ユーロ(約39億円)の2年契約プラス1年オプションの内容でオファーを提示した。

 さらにメッシ側は攻撃陣の補強を要望しており、盟友のネイマール復帰へ向けてバルセロナがPSG側と交渉を本格化させる方針だ。また、補強資金の見通しが立ったことで、ドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(20)の獲得にも本腰を入れる。

 欧州スーパーリーグ(ESL)の頓挫で窮地に陥ったバルセロナだが、ラポルタ新会長の“剛腕”がクラブの未来を切り開きそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/amp/articles/09b8af2dc9be173b72453029104aa030c397d3a8




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)