アンテナ・まとめ RSS

Jリーグ

日本代表、欲しい攻めの姿勢 求められるのは「2連勝」 11月シリーズで「抜擢したい」選手は?長友の後継者候補は?

【サッカー】<日本代表>欲しい“攻めの姿勢” 求められるのは「2連勝」 11月シリーズで「抜擢したい」選手は?長友の後継者候補は? [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635170406/
日本代表2021豪州戦.jpg
1: Egg ★ 2021/10/25(月) 23:00:06.19 ID:CAP_USER9.net

2022年カタールW杯アジア最終予選。オーストラリア相手に劇的勝利を収めて息を吹き返した日本代表は、11月にベトナム戦(11日)、オマーン戦(16日)のアウェー2連戦に向かう。

求められるのは「2連勝」。そこで重要なポイントになるのが、森保一監督がどのシステムを採用し、誰をスタメンとしてピッチに送り出すかである。

 2対1で勝利したオーストラリア戦では、システムを「4−2−3−1」から「4−3−3」に変更。田中碧、守田英正、遠藤航の中盤が機能し、両サイドが高い位置を保つことでピッチ上の“窮屈さ”が解消された。そして何より“勝利”したことは大きな自信になる。この流れを維持し、自信を確信に変えるためにも、引き続き「4−3−3」を採用すべきだろう。1トップを務めた大迫勇也が負傷離脱し、10月の2試合で不在だった久保建英、堂安律の2人も復帰の見通しは立っていないという状況下において、4つのポジション、「1トップ」、「左ウイング」、「左サイドバック」、「インサイドハーフ」に新たな選手を抜擢し、さらなる進化を追い求めてもいいはずだ。

まず「1トップ」。大迫が負傷から復帰できる可能性も残されてはいるが、本大会を見据えた場合にも世代交代は必要不可欠なポジションだ。候補としては、古橋亨梧、オナイウ阿道のほか、上田綺世、前田大然、さらに鈴木優磨、江坂任らの名前が挙がり、南野拓実を起用することも可能だ。だが、「ゴールの実績」を重視するならば、やはりセルティックで出場&得点を続ける古橋に任せたい。これまでは左MFや途中出場で1トップに入ることはあったが、最も能力を生かせるのは中央であり、最初からピッチに立てばパフォーマンスも変わってくる。

 能力的には鈴木も試す価値があるが、これまで森保監督が頑なに招集せず、東京五輪組はまだ経験不足(これまでに積ませておくべきだったが……)。オナイウは有効な一手になり得るだろうが、数少ないパワー型FWは切り札としてベンチに置いておきたい。南野は所属先のリバプールでの出場機会の少なさがマイナス。ストライカーならば、古橋のように常時出場の中でゴールへの嗅覚と感覚を研ぎ澄ませておかなくてはならない。
 
アエラ 2021/10/25 18:00
https://dot.asahi.com/dot/2021102500012.html?page=1

写真
https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2021102500012_1.jpg?update=20211025151259&width=850&fit=bounds


2: Egg ★ 2021/10/25(月) 23:00:33.54 ID:CAP_USER9.net

続いて「左ウイング」。オーストラリア戦では南野が務めて先制ゴールをアシストしたが、「4−3−3」の左ウイングに求められる縦への突破力という面では物足りない。本来ならば中島翔哉を候補に入れたいが、この数年はキャリアが停滞。ようやくこの10月に約8カ月ぶりに公式戦のピッチに戻ってきたばかりで代表復帰は時期尚早だ。それよりも“旬”で魅力的なタレントが、今夏からベルギーのユニオンSGでプレーする三笘薫である。その傑出した能力はJリーグの舞台で証明済み。不完全燃焼に終わった東京五輪でも、最後のメキシコ戦で見せた得点は間違いなく世界レベルだった。

そして今季、チームの戦術的理由もあって出番が限られていたが、10月16日のリーグ戦で「2点ビハインドで1人少ない」という中で後半から途中出場してハットトリックを決めて逆転勝利に導く離れ業。錆び付かないドリブルの切れ味と高い決定力を見せ付けた。従来の「4−2−3−1」の左MFだと守備のタスクが多くドリブルのスタート位置も低くなってしまうが、「4−3−3」の左ウイングならば三笘のアタッキング能力を存分に発揮できる。南野を先発起用して「途中から三笘」という戦法もあるが、より大きな変化を求めるならば「スタメン三笘」で勝負したい。

 さらに「左サイドバック」だ。森保ジャパンに限らず、長らく日本代表の不動のスタメンだった長友佑都だが、すでに35歳となった。闘志と運動量は健在だが、この最終予選では守備面での連携ミスが散見されて批判の声が高まっている。そこで、候補となるのが中山雄太だ。ボランチを本職にしながら五輪でも左サイドバックを務めた万能型。縦へのスピードは不足しているが、三笘を左ウイングで起用するならば、その後ろに陣取る左サイドバックに必要なのは、突破力ではなく的確なポジショニングからの安定した守備と正確な繋ぎである。サイドに張る役目は三笘に任せ、中山には「偽サイドバック」としてボランチ的な動きを求めたい。「ウイング三笘&偽サイドバック中山」は、日本の左サイドの効果的な解決策となる可能性を秘めている。


3: Egg ★ 2021/10/25(月) 23:01:10.19 ID:CAP_USER9.net

最後に「インサイドハーフ」だ。11月に戦うベトナム、オマーンの戦い方と力関係を鑑みた時、サウジアラビア戦、オーストラリア戦よりも日本のボール支配率は間違いなく上がるはずだ。その際、遠藤、田中、守田の守備重視の中盤よりも攻撃的な仕掛けが必要になる。特に引いた相手から点を奪い取るためには、相手DFとMFのライン間でボールを受け、ボックス内で勝負できる人材が必要だ。

そこで守田に代わって先発に抜擢したいのが、ベルギーのアントワープに所属する三好康児である。高いテクニックとインテリジェンスを持ち、狭いスペースでプレーが可能な攻撃型MF。トップ下やサイドでのプレーが多いが、横浜FM在籍の一時期はインサイドハーフとしても優れたプレーを見せていた。課題のフィジカル面も、素早い状況判断が重要なインサイドハーフとしてならば気にならない。

 また、久保、堂安が不在だとピッチ上に左利きがいなくなることも理由のひとつ。ボールに触るだけで「自然とリズムが変わる」左利きの実効性は高く、攻撃陣に1人は欲しい。三好、守田の他には柴崎岳、もしくは南野や原口元気を起用する方法や森岡亮太を招集する手段もあるが、周囲との組み合わせを考えても「川崎ユース出身」&「左利き」の三好が最適なのではないか。

 最終予選は、残り6試合。オーストラリア戦で執念と一体感を見せた森保ジャパンだが、依然としてグループ4位で予断を許さない状況が続き、11月のアウェー2連戦で2連勝を狙う上で必要なのは“攻め”の姿勢だ。「未知数」や「経験不足」を理由に新たな戦力を起用しないのは、監督の「臆病さ」でもある。オーストラリア戦で満足していては、未来はない。さらなる変化と進化を、今、求めたい。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1広島、新スタジアムの基本設計完成を報告!約30,000の座席…2023年一部開業、全体開業は2024年を予定

【サッカー】<サンフレッチェ広島>新スタジアムの基本設計完成を報告!約30,000の座席…2全体開業は2024年を予定 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635236075/
広島新スタ予定.jpg
1: Egg ★ 2021/10/26(火) 17:14:35.29 ID:CAP_USER9.net

サンフレッチェ広島は25日、新サッカースタジアムの基本設計が完成したことをクラブ公式ツイッターで報告した。

 クラブ公式ツイッターでは、広島市のホームページ内で発表された『サッカースタジアム等整備事業の基本設計』を引用する形で、以下のように新サッカースタジアムの基本設計完成を報告している。

「2024年開業予定の新サッカースタジアムの基本設計が完成し、広島市のホームページに公開されました」

「詳細は、広島市のホームページ内<都市整備局スタジアム建設部>ページをご覧ください」

『サッカースタジアム等整備事業の基本設計』によると、新サッカースタジアムは広島県広島市中区基町の中央公園広場を所在地とし、約30,000の座席数を有する。フィールドは天然芝で、Jリーグやアマチュアだけでなく国際試合の開催にも対応可能。

スポーツイベント(ラグビー・スポーツ教室・ヨガ教室等)などにも対応できる、複合的な機能を併せ持つ施設となる。

広場エリアも併設され、全体的なコンセプトとしては「開かれた回遊型スタジアムパーク」「スタジアムパークがつなぐ『交歓の環』」「みんなのシンボルとなる『希望の翼』」を掲げている。南側の平和記念公園や東側の広島城といった周辺施設をつなぐペデストリアンデッキが新設され、地域に開かれたスペースになる模様だ。

 2022年1月から3月には工事が開始され、2023年末にスタジアムが完成予定。2023年1月から3月には一部が開業となり、全体開業は2024年7月から9月を予定している。

サッカーキング10/26(火) 15:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc298b2ee2229140a92de8ecd4190827f2685bf

【画像】広島の新サッカースタジアム、基本設計が完成
https://pbs.twimg.com/media/FCibw8jUcAEb3BC?format=jpg&name=small



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ家本政明審判、C大阪×横浜FM戦での得点に「誤解を生む切り抜き写真が横行してます」論争を巻き起こした判定に持論

家本レフェリー「誤解を生む切り抜き写真が横行してます」論争を巻き起こした判定に持論
https://news.yahoo.co.jp/articles/2cc0ac3cda0bdbb9ae15743c9568361ef839f9a5
家本審判VARチェック.jpg

 プロフェッショナルレフェリーの家本政明氏が25日に自身のツイッター(@referee_iemoto)を更新し、論争を巻き起こした得点シーンについて言及した。

 話題となっているのは、24日にヨドコウ桜スタジアムで行われたJ1第33節・セレッソ大阪対横浜F・マリノス(2-1)の前半21分の場面。C大阪MF藤田直之のスルーパスからFW松田力がPA内左に持ち運ぶと、中央へのパスをFW加藤陸次樹が右足で流し込み、最終的に決勝ゴールとなる2点目を挙げた。

 だが、加藤がオフサイドだったのではないかとして、ピッチに線を引いた画像がSNS上で出回るなど、判定を巡ってさまざまな意見が飛び交っている。

 同試合でVAR担当だった家本氏は25日のツイートで「誤解を生む切り抜き写真が横行してますが、蹴った瞬間とラインを引く位置が間違ったものばかりです」と指摘。「それと日本ではオフサイドチェックが『3Dライン』ではないので、空中にある体部分が『微妙に』出ているように見えたとしても『疑わしきは罰せず』で、現場の判断をフォローする決まりになってます」と説明している。

 その一方で、続くツイートでは「とはいえ、『これ絶対オフサイド!○○でてるし』とか『微妙ってなんだよ!微妙じゃなく完全にでてるし』と感じられる方のお気持ちも意見もよくわかりますし、尊重いたします」と理解も示した。

C大阪2021第33節オフサイド判定02.jpg

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14221
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635071200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、初陣カンボジア戦は4-0快勝!高校年代MF松木&甲田も得点(関連まとめ)

U―22日本代表”初陣”カンボジア戦4―0快勝 高校年代MF松木&甲田も得点 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635228129/
U22日本代表2021カンボジア戦前.jpg

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/10/26(火) 15:02:09.91 ID:CAP_USER9.net

10/26(火) 14:57配信
スポーツ報知

カンボジア戦に挑んだU―22日本代表(日本サッカー協会提供)

◆U―23アジア杯予選 ▽K組 日本4―0カンボジア(26日、福島・Jヴィレッジ)

 U―22日本代表はU―23アジア杯予選初戦となるカンボジア戦で4―0と大勝した。追加招集のMF松木玖生(青森山田高)が開始早々に先制し、MF甲田英将(名古屋ユース)が加点。後半に入っても攻撃の手を緩めることなくFW細谷真大(柏)、MF中村仁郎(G大阪ユース)がダメ押し点を挙げた。来年6月開催予定の本大会(ウズベキスタン)出場をかけ、中1日の28日には香港と戦う。カンボジアが4―2で香港に勝っているため、次戦引き分け以上で1位通過が決まる。

 パリ五輪世代を中心に、キャプテンを務めたMF松井蓮之ら”オーバーエージ枠”3選手が先発出場。冨樫剛一監督が「よりゴールを意識して取り組んできた」と話していた通り、前半から積極的に仕掛ける姿勢が光った。前半10分、右CKのこぼれ球を飛び級選出の松木が押し込んで先制。前半終了間際には右サイドから何度も突破を見せていた同じく高校年代の甲田がDF角田涼太朗のパスを持ち込み突き刺した。

 後半には「2試合で3得点」と量産を宣言していた1トップの細谷がスルーパスに抜け出し3点目。途中出場の右MF中村も得点でアピールした。守備陣もピンチは少なかったものの集中して無失点で抑え、完封勝利を収めた。パリ五輪代表チーム発足後初の国際大会だったが、白星で飾った。

 先発メンバーは、GK佐々木雅士、DF山原怜音、角田涼太朗、加藤聖、チェイス・アンリ MF松井蓮之、佐藤恵允、田中聡、松木玖生、甲田英将 FW細谷真大

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211026-10261079-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ebfedd48081ea2b3bbd42ee1da997d5b7b1e2b



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:47 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎FWレアンドロ・ダミアン、ブラジル復帰を母国メディアが予想「ブラジルに戻る可能性が高い」

「ブラジルに戻る可能性が高い」 川崎助っ人FW、契約満了後の動向に母国注目
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c610460eb6bf3e28be6395372ca7d9b9ee16a23
レアンドロ・ダミアン2021指示.jpg

L・ダミアンを「海外で成功している」元フラメンゴの選手として母国メディアが紹介
 川崎フロンターレの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンは、今季リーグ2位の17ゴールを挙げ、首位を走るチームを牽引している。2022年1月1日で契約が切れるとも海外メディアで報じられるなか、ブラジルメディア「UOL」は「来年1月にブラジルのビッグクラブに戻る可能性が非常に高い」と伝えている。

 2012年のロンドン・オリンピックで得点王(6得点)に輝いたL・ダミアンは、19年に名門インテルナシオナルから川崎へ完全移籍で加入。来日2年目の昨季リーグ戦で13得点(34試合出場)をマークしてリーグ制覇へ貢献すると、今季もここまで17得点(30試合出場)を挙げる活躍を見せている。

 ブラジルメディア「UOL」は「海外で成功している元フラメンゴの選手7人」と見出しを打ち、「ブラジルは才能の輸出大国だ。国内のビッグクラブに在籍する選手の大半は、海外移籍の可能性を見据えた契約にサインしている。ブラジルを離れたあともヨーロッパやアジアでキャリアを続けているのは今や通例だ」と特集を組んだ。

 記事では、ヴィニシウス・ジュニオール(ブラジル代表FW/レアル・マドリード/21歳)、ルーカス・パケタ(ブラジル代表MF/リヨン/24歳)、ジェルソン(ブラジル代表MF/マルセイユ/24歳)、グスタボ・クエジャール(コロンビア代表MF/アル・ヒラル/29歳)、エンヒキ・ドゥラード(ブラジル人FW/河南嵩山龍門/32歳)、ラファエル・ヴァス(ブラジル人DF/アル・ホール/33歳)の名前が挙がったほか、2016〜17年にブラジルの名門フラメンゴに所属していたL・ダミアンの“その後”に注目している。

「フラメンゴでは12カ月だけ在籍し、2017年には州チャンピオンとなった。ダミアンは日本移籍でトップフォームを取り戻した。川崎フロンターレですでに5つのタイトルを獲得し、公式戦50ゴール以上をマーク。今季もリーグ2位の得点数を挙げ、もう一つのチャンピオントロフィーを掲げようとしている。アジアでの成功と年末までの契約により、来年1月にブラジルのビッグクラブに戻る可能性が非常に高い」

 ブラジルメディア「TNT SPORTS BRAZIL」は先日、「ダミアンは日本でのプレーを一番に希望している」「ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、さらにはアメリカのサッカーリーグであるMLSのクラブからもオファーを受けている」と伝えていたが、日本で充実のキャリアを過ごす32歳のストライカーは、どのような決断を下すだろうか。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14222
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635162006/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンフレッチェ広島、城福浩監督の退任を発表…残りシーズンは沢田ヘッドコーチが指揮(関連まとめ)

広島が城福監督の退任を発表…残りシーズンは沢田ヘッドコーチが指揮
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd846f823159c5c83591eb41f19e871a250cef45
城福監督拍手広島.jpg

 サンフレッチェ広島は26日、城福浩監督(60)が25日をもって退任したことを発表した。本日のトレーニングから今季終了まで、沢田謙太郎ヘッドコーチ(51)が指揮を執ることも併せて報告している。

 城福氏は2018年シーズンから広島の指揮官に就任し、同年のJ1リーグ戦を2位でフィニッシュ。その後のシーズンは6位、8位と続き、就任4年目の今季はここまで33試合11勝12分10敗(勝ち点45)で10位となっていた。

 退任にあたり、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「このたび、サンフレッチェ広島の監督を退任することになりました。約4年間、良いときも苦しいときもありましたが、常にチーム一丸となって戦う姿勢を貫いてくれた選手、スタッフ、そしてどんなときでも心強いサポート、温かい応援をしてくださったファミリーの方々に深く感謝申し上げます」

「今年、積み上げてきた成果を残り5試合ファミリーの皆さんにお見せしたい、そして喜びを分かち合いたいと思っていましたので、シーズン最後まで一緒に戦うことができなくなったことは大変残念ではありますが、来年以降、チームがさらなる高みにいくこと、そして来る新スタジアムでのシーズンで優勝を争うチームになることを信じております」

「4年間、本当にありがとうございました」

以下、クラブ発表プロフィール

●城福浩
(じょうふく・ひろし)
■生年月日
1961年3月21日(60歳)
■出身地
徳島県
■選手歴
1983年〜1989年:富士通サッカー部(JSL2部)
■指導歴
1993年〜1995年:富士通サッカー部コーチ
1996年:富士通サッカー部監督
1999年:FC東京育成普及部長、ナショナルトレセンコーチ
2000年〜2006年:FC東京育成部
2001年:U-20日本代表テクニカルスタッフ
2002年:U-14日本選抜監督
2002年〜2003年:U-15/16日本代表監督
2005年〜2007年:U-15/16/17日本代表監督
2007年:FC東京強化部
2008年〜2010年:FC東京監督
2012年〜2014年:ヴァンフォーレ甲府監督
2016年:FC東京監督
2017年:日本サッカー協会 関東地域統括ユースダイレクター兼ナショナルトレセンコーチ、S級/A級ジェネラルライセンスインストラクター
2018年〜2021年:サンフレッチェ広島監督
■戦績
2018年:J1リーグ戦34試合17勝 6分11敗(2位)
2019年:J1リーグ戦34試合15勝10分 9敗(6位)
2020年:J1リーグ戦34試合13勝 9分12敗(8位)
2021年:J1リーグ戦33試合11勝12分10敗(10位)
J1通算:135試合56勝37分42敗

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14222
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635162006/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:10 | 大阪 ☀ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前田大然、英メディアがセルティック移籍を予想「フルハシ同様の万能選手」ここまでリーグ戦31試合に出場し18得点

【サッカー】<前田大然>英メディアが高評価!「フルハシ同様の万能選手」ここまでリーグ戦31試合に出場し18得点 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635152378/
前田大然2021マリノス.jpg
1: Egg ★ 2021/10/25(月) 17:59:38.07 ID:CAP_USER9.net

またひとり、ニッポンのサムライが欧州へと羽ばたくのだろうか。

 横浜F・マリノスの前田大然の欧州移籍の話題が国内外で持ち上がっている。現在、同じく日本人ストライカーである古橋亨梧が活躍し注目を集めているセルティックが獲得に動いているというのだ。

 セルティック指揮官は横浜を率いていたアンジェロ・ポステコグルー。今年の6月の退任まで前田を指導していたことで、再び同じクラブで「師弟関係」を築いたとしても不思議ではない。

 英サッカーサイト『THE 4TH OFFICIAL』は「ポステコグルーが日本人ストライカーと再開、フルハシの前例に倣って」とのコラムを掲載。さらなる日本人選手獲得について見解を示している。

 その中では「クラブはもう一度、Jリーグの調査を行なう」としてセルティックが前田獲得の意思があることを伝えており、選手としての特徴を「フルハシ同様、マエダも左サイドからでも、セカンドストライカーとしてでも、完全な『9番』としても使える万能選手」と紹介し、アタッカーとしての才能を高く評価している。
 
 前田は今季、Jリーグ第2節の広島戦での2得点を皮切りにコンスタントにゴールを記録。ここまでリーグ戦31試合に出場し18得点、8月15日の大分戦ではハットトリックを達成するなど、ストライカーとして一気に成長を遂げたシーズンとなった。

 同記事でも前田のここまでの活躍を振りかえり、その上で「(2022年)1月、ポステコグルー監督との再会が訪れるかもしれない」「近々スコットランドに渡り『Kyogoal(キョウゴール:セルティックでの古橋の愛称)』と一緒にプレーするのではないか」と、前田の今冬のセルティック移籍を予想した。

 さらに、セルティックの攻撃陣の現状についても触れ、古橋のこれまでのパフォーマンスとともに、ジョアン・フェリペやギオルゴス・ジャコウマキスなどについても「夏に加わった選手たちの素晴らしい活躍」とチームへの貢献度を讃えている。

 一方で、スイス人FWのアルビアン・アジェティに対しては「フルハシが負傷欠場している間、チャンスを掴むことができなかった」と評した上で「マエダの加入は今後、セルティックの攻撃的プレーヤーたちの将来を危うくするだろう」と締め括った。

 地元メディアの記事は、前田の加入をポジティブに捉えている。セルティックでの新たな日本人ストライカー誕生の可能性は、決して低くなさそうだ。

10/25(月) 17:40 
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2c4686fe09cd97c81baa65d263467626c5e5ec7

写真 https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211025-00048138-thedigest-000-2-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:09 | 大阪 ☔ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田、インドネシア代表DFリュウジ・ウトモの獲得狙う!母親が日本人 闘莉王への憧れ公言 韓国2部全南も獲得狙う(関連まとめ)

磐田、インドネシア人DF獲得へ韓国2部と争奪戦か!闘莉王への憧れ公言
https://football-tribe.com/japan/2021/10/25/228659/

リュウジウトモ.jpg

 明治安田生命J2リーグで首位に立つジュビロ磐田は、インドネシア代表DFリュウジ・ウトモ(26)の獲得を狙っているようだ。23日、インドネシアメディア『Tribun WOW』が伝えている。

 インドネシア人の父親と日本人の母親の間に生まれたウトモは、インドネシア国内クラブの下部組織で頭角を現すと、2014年にジュビロ磐田のトレーニングに参加していたが、当時加入実現には至っていなかった。その後、2015年8月にバーレーン1部のアル・ナジマでプロデビュー。2016年にインドネシアに復帰すると、2017年にはインドネシア国内の古豪プルシジャ・ジャカルタへ加入。タイ2部のPTTラヨーンへのレンタル移籍をへて、2019年にプルシジャ・ジャカルタに復帰したものの出場機会を確保できず、今季はマレーシア1部のペナンFCへレンタル移籍。リーグ戦22試合終了時点で13試合に先発出場している。

 また、同選手は2017年3月開催の国際親善試合・ミャンマー戦でインドネシア代表デビューを果たしていたものの、それからはしばらく代表戦から遠ざかっていた。しかし、今月開催のアジアカップ・プレーオフ(ホームアンドアウェイ方式)の台湾戦に招集されると、2ndレグでフル出場している。

 この身長185cmをほこるウトモには、かつて練習生として招待した実績を持つジュビロ磐田が関心を寄せている模様。ただ、K2リーグ(韓国2部)の全南ドラゴンズも同じく興味を示しているため、争奪戦に発展する可能性があるようだ。

 なお、ウトモは攻撃型センターバックとしてプレースタイルを確立させており、昨年にはかつて日本代表の一員としてFIFAワールドカップでプレーした実績をもつ田中マルクス闘莉王への憧れをインドネシア国内メディアのインタビューで口にしていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14221
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635071200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和GK鈴木彩艶、ルヴァン杯ニューヒーロー賞を受賞!「大変光栄」準決勝進出貢献(関連まとめ)

浦和GK鈴木彩艶がルヴァン杯ニューヒーロー賞「大変光栄」準決勝進出貢献
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b8f8f27a96be8dc0b61a68da44bf33241361a71
鈴木彩艶2021浦和.jpg

Jリーグは25日、2021シーズンのYBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」が浦和レッズGK鈴木彩艶(19=ざいおん)に決定したと発表した。鈴木は同大会でグループステージ第1節から準決勝第2戦までの間、12試合中9試合にフル出場。チームの準決勝進出を後押しした活躍が評価された。GKの受賞は、01年の曽ケ端準(鹿島)以来、11シーズンぶり2人目。浦和の受賞選手は5人目となり、同クラブの受賞人数は歴代最多となる。

鈴木には賞金50万円、クリスタルオーナメント、ヤマザキビスケット社製品1年分が贈呈される。鈴木は「このたびは、ニューヒーロー賞を受賞でき、大変光栄に思います。この素晴らしい賞を受賞できたのも、チームメート、そして浦和レッズに関わるすべての方々のおかげだと思っています。チームとしては望んだ結果を得ることができませんでしたが、大会を通して、自分自身の成長につなげることができました。これからもチームの勝利に貢献できるよう、今年得た経験を大切にしながら日々のトレーニングからしっかりと努力していきたいと思います。また、今後はこの賞に恥じないようなプレーをしていきたいです。改めまして、コロナ禍にもかかわらず、たくさんのサポートをしてくれたファン・サポーター、大会関係者のみなさんに心から感謝いたします。近い将来、満員のスタジアムでプレーできることを楽しみにしています」とコメントした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14221
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1635071200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2京都、終盤バイス弾認められず山口と1-1ドロー!千葉は福満2発など東京Vに5-1大勝!琉球は松本に逆転勝利!J2第35節日曜(関連まとめ)

【サッカー】J2第35節日曜 水戸×岡山、東京V×千葉、町田×栃木、京都×山口、相模原×金沢、松本×琉球 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635062689/
福満J2第35節ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/10/24(日) 17:04:49.19 ID:CAP_USER9.net

水戸 1−1 岡山
[得点者]
90+2'松崎 快 (水戸)
90+4'石毛 秀樹(岡山)

スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:3,507人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102401/live/#live/


東京V 1−5 千葉
[得点者]
06'船山 貴之(千葉)
23'山下 諒也(東京V)
33'田口 泰士(千葉)
44'福満 隆貴(千葉)
47'福満 隆貴(千葉)
54'新井 一耀(千葉)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:3,508人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102402/live/#live/


町田 0−0 栃木
[得点者]
なし

スタジアム:町田GIONスタジアム
入場者数:3,542人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102403/live/#live/


京都 1−1 山口
[得点者]
47'宮吉 拓実(京都)
79'草野 侑己(山口)

スタジアム:サンガスタジアム by KYOCERA
入場者数:6,432人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102406/live/#live/


相模原 1−1 金沢
[得点者]
14'藤本 淳吾 (相模原)PK
90+3'杉浦 恭平(金沢)

スタジアム:相模原ギオンスタジアム
入場者数:4,147人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102404/live/#live/


松本 1−2 琉球
[得点者]
47'伊藤 翔 (松本)
72'金井 貢史(琉球)
78'風間 宏希(琉球)

スタジアム:サンプロ アルウィン
入場者数:6,728人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/102405/live/#live/


※新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


京都、10人の山口に勝ち切れず…最後はミスジャッジに泣く【明治安田J2第35節】
https://news.yahoo.co.jp/articles/bfdc882c4c84d232ee20431631a141c00bceca1b

明治安田生命J2リーグ第35節の6試合が24日に各地で行われた。

前日に試合のあった磐田が愛媛に引き分けたため、首位浮上のチャンスが巡ってきた2位の京都(勝ち点71)は、ホームに残留争い中の山口(勝ち点34)を迎えた。先にゴールに迫ったのは山口。16分の左CKのシーン、池上が右足でインスイングのクロスを上げると、ニアで高木が頭でフリックし、ファーサイドで渡部が飛び込むが、GKに止められ惜しくもゴールならず。

対する京都のチャンスもCKから。20分、荻原の右CKに川崎が合わせにいくが、上手く頭に当てられず、シュートはやや右に逸れた。34分には、波状攻撃からヨルディ・バイスのボレーシュートが飛び出すが、ここは相手に当たって枠に飛ばせず。

ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりに京都が試合を動かす。47分、飯田が自陣右サイドから斜めにパスを入れると、これは相手にカットされるが、その浮き玉を荒木がヘディングで前方へ。これで最終ラインを破った宮吉が、最後はボックス手前右からループシュートを決めて先制点を挙げた。

さらに、56分には山口の菊池が2枚目のイエローカードで退場に。これで大きく有利となった京都は、72分にウタカがビッグチャンスを迎えるが、GKも躱して放ったシュートは、ヘニキのスーパーブロックに遭ってしまう。

これで士気を高めたアウェイの山口は不利な状況から立ち上がる。79分、佐藤謙介の自陣右サイドからのロングボールに抜け出した草野がGKとの一対一を制して同点に。シンプルな攻撃で点を奪った。

実力差や数的状況を考えても負けられない京都。89分に相手のゴールキックを跳ね返し攻撃へ移行。左に開いたウタカへの展開から、折り返しをイスマイラが落として最後はヨルディ・バイスがボックス右からシュート。クロスバーに直撃し、下に跳ね返ったボールはバウンドして手前に戻ってノーゴールに。しかし、リプレイを見るとゴールラインを越えており、京都はミスジャッジに泣くこととなった。

結局試合は1-1で終了。京都と首位磐田の勝ち点差は2ポイントのまま変わらなかった。

水戸vs岡山の中位対決は劇的な幕切れに。ゴールレスで折り返した後半の立ち上がりに、岡山のミッチェル・デュークがイエローカードを受けると、55分にクロスに飛び込んだ同選手と、飛び出してきたGK小澤が交錯。このプレーで2枚目のイエローカードが提示され、退場となってしまった。

数的有利となった水戸は、その後は次々と岡山ゴールに迫るも、GK小澤の好セーブもあり、なかなかネットが揺らせない。それでもアディショナルタイムに入った92分、相手のクリアボールを高い位置で奪い返し、松崎がボックス右から右足でシュートを決めた。

待望のゴールで勝利を確信する水戸。しかし、その2分後の94分、岡山も相手のクリアボールをすぐに回収し、ボックス手前左でパスを受けた石毛が右足一閃。これがゴール左に突き刺さり、試合は劇的な形でドロー決着となった。

◆第35節
▽10/24(日)
水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山
東京ヴェルディ 1-5 ジェフユナイテッド千葉
FC町田ゼルビア 0-0 栃木SC
京都サンガF.C. 1-1 レノファ山口
相模原SC 1-1 ツエーゲン金沢
松本山雅FC 1-2 FC琉球

▽10/23(土)
モンテディオ山形 1-0 ザスパクサツ群馬
大宮アルディージャ 3-1 ギラヴァンツ北九州
ヴァンフォーレ甲府 2-1 V・ファーレン長崎
アルビレックス新潟 1-2 ブラウブリッツ秋田
ジュビロ磐田 2-2 愛媛FC
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪、乾貴士復帰後初ゴールなど横浜FMに2-1勝利し連敗ストップ!2位横浜FMは首位川崎と勝ち点差12に J1第33節日曜夜

【サッカー】J1第33節日曜夜 C大阪×横浜FM [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635076630/
乾2021第33節復帰後初ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/10/24(日) 20:57:10.10 ID:CAP_USER9.net

C大阪 2−1 横浜FM
[得点者]
06'乾 貴士  (C大阪)
21'加藤 陸次樹(C大阪)
43'實藤 友紀 (横浜FM)

スタジアム:ヨドコウ桜スタジアム
入場者数:9,635人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/102414/live/#live/


※新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


16: 久太郎 ★ 2021/10/24(日) 20:59:09.10 ID:CAP_USER9.net

>>1
乾貴士が10年ぶりのJ復帰弾! C大阪は2発逃げ切りで連敗ストップ、2位・横浜FMは痛恨黒星で首位と勝ち点12差

[10.24 J1第33節 C大阪2-1横浜FM ヨドコウ]

 J1リーグは24日に第33節を行った。セレッソ大阪と横浜F・マリノスの対戦は、C大阪が2-1で勝利。MF乾貴士の10年ぶりのJリーグでの得点とFW加藤陸次樹の追加点で、連敗をストップさせた。

 ルヴァン杯決勝、天皇杯準々決勝とカップ戦を勝ち残す12位・C大阪。4-4-2の布陣を敷き、GKはキム・ジンヒョン、4バックはDF松田陸、DF西尾隆矢、DF瀬古歩夢、DF丸橋祐介が並ぶ。ボランチ2枚はMF喜田陽とMF藤田直之。右サイドはMF坂元達裕、左サイドは乾を配置し、2トップはFW松田力と加藤が起用されている。

 一方、首位の川崎フロンターレを追いかける2位・横浜FM。王者は直前の試合でも勝利を収めており、勝ち点1も落とせない。4-2-3-1の布陣で、GKは高丘陽平、4バックはDF松原健、DFチアゴ・マルチンス、DF實藤友紀、DF小池龍太。ボランチ2枚はMF渡辺皓太とMF岩田智輝を配置。2列目は右がMF仲川輝人、トップ下がMF水沼宏太、左がMF前田大然で、1トップはFW杉本健勇が入った。

 前半6分から試合は動く。C大阪は、左サイドの乾が喜田とのワンツーでPA左に進入。細かいステップで相手守備陣を揺さぶり、右足シュートを放つ。すると、ボールはチアゴに当たり、軌道が変わってそのままゴールに吸い込まれた。乾は今夏にJリーグ復帰。2011年7月31日の鹿島アントラーズ戦以来となる10年ぶりのゴールとなった。

 さらに、C大阪は前半21分に流れるような追加点。キム・ジンヒョンからのフィードを、藤田が胸トラップで前方に落としながら素早くスルーパスを送る。松田力が反応してPA左から折り返すと、走り込んだ加藤がワンタッチで沈めた。

 その後もC大阪は、走力のある2トップを中心にチャンスを作る。一方、なかなか反撃に出られない横浜FMだが、前半43分に1点を返す。水沼の左CKを實藤がヘディングシュート。前半終わり際という良い時間帯に得点を奪い、1-2で前半を折り返した。

 ハーフタイムで両者ともに交代はなし。横浜FMは前田を中央に移動させ、2トップに変更。両サイドに水沼と仲川を置いた。徐々にリズムを掴むと、後半14分には右サイドでFKのチャンス。水沼が蹴り上げ、實藤が再びヘディングシュートを放つが、ミートせずにゴール上に外れた。

 C大阪は後半15分に選手交代。松田力が足を痛め、担架でピッチ外に退くと、MF清武弘嗣が出場する。そのまま2トップの一角でプレーをした。横浜FMも2枚替え。同26分に水沼と杉本を下げ、FWエウベルとFWレオ・セアラを投入。それぞれ同位置に入り、攻勢を強めていく。

 さらに、C大阪は2枚替え。後半32分に西尾と加藤が下げ、DF進藤亮佑とFW大久保嘉人を出場させる。さらに同39分には、横浜FMが仲川に代えてFW宮市亮を、C大阪は乾に代えて、FW豊川雄太が入った。

 そのまま試合は終了し、C大阪は2-1で連敗ストップ。一方、2位・横浜FMは首位・川崎Fと勝ち点12差となってしまった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9c6bff160e349a7318fd3a01d611a100690ce92



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:24 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎、L・ダミアン決勝ゴールで清水に1-0勝利!昨季を上回り、J1最多勝点記録を更新!J1第33節日曜夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第33節日曜夕 川崎×清水 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1635069475/
Lダミアン2021第33節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/10/24(日) 18:57:55.63 ID:CAP_USER9.net

川崎 1−0 清水
[得点者]
47'レアンドロ ダミアン(川崎)

スタジアム:等々力陸上競技場
入場者数:11,576人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/102413/live/#live

※新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


5: 久太郎 ★ 2021/10/24(日) 18:59:40.30 ID:CAP_USER9.net

>>1
大島僚太が復帰の川崎がL・ダミアン弾で清水に1-0勝利!昨季を上回り、J1最多勝点記録を更新!

L・ダミアンが前田大然に1ゴール差に迫る17得点目
J1リーグは10月24日、第33節の4試合を各地で開催。等々力陸上競技場で行われた、川崎フロンターレと清水エスパルスの一戦は、1-0でホームの前者が勝利を収めた。

 勝点81で首位のホーム川崎は、7月17日の前回対戦以来、大島僚太がベンチ入り。前節からは車屋紳太郎が外れ、谷口彰悟が入った。

 一方のアウェー清水は、勝点32で15位、残留争いに巻き込まれている。前節からの先発変更は二人。出場停止が明けた松岡大起が復帰したほか、ベンジャミン・コロリがスタートから起用された。

 試合は序盤からホーム川崎が攻め込む。GKを除く10人が敵陣に攻め上がり、ハーフコートでゲームを進め、サイドを攻略するが、決定機までは繋がらず。

 前半は清水に中央ではじき返され得点を奪えなかったが、後半立ち上がりに先制に成功する。脇坂泰斗からの鋭いパスはディフェンスに防がれる。しかし左サイドまで流れたボールをマルシーニョが受けて折り返すと、レアンドロ・ダミアンが相手ディフェンスを上手く外してシュートを流し込む。L・ダミアンはこれがリーグ戦3試合連続弾、得点ランキングトップの前田大然に1ゴール差と迫る今季17得点目となった。
 
 その後も攻め続けた川崎は、71分に小林悠と大島を投入。清水の反撃をジェジエウ、谷口彰悟のCBコンビを中心に上手く跳ね返し、相手ゴールに迫るものの、スコアは動かず。1-0で川崎が逃げ切りに成功した。

 この結果、7連勝となった川崎は勝点「84」に伸ばし、昨季に記録した勝点「83」を上回り、J1歴代最多勝点記録を更新した。連敗の清水は同32と変わらず。

 11月3日水曜日に行なわれる次節、川崎は10月27に天皇杯準々決勝の鹿島戦後に、ホームで浦和を迎え撃つ。清水は敵地でFC東京と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff69ebfbf5616d70990aea338221600b4797ca0c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)