アンテナ・まとめ RSS

日本代表

元日本代表DF柱谷哲二氏、ドーハの悲劇語る イラク戦で投入して欲しかったのは「北澤」「武田が悪いわけじゃないけど…」

【サッカー】柱谷哲二が語るドーハの悲劇。 イラク戦で投入してほしかった選手の名は
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580511735/
柱谷ドーハの悲劇.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 08:02:15.44 ID:6nqEW9yl9.net

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第12回オフトジャパンの快進撃とドーハの悲劇〜 柱谷哲二(3)

1993年10月、アメリカW杯最終予選に向けての日本代表メンバー22名が発表になり、初のW杯出場を目指す日本代表を応援しようと国内の熱が高まっていた。Jリーグが開幕し、日本中がサッカー一色になり、その勢いが日本代表にも伝播したのだ。

W杯最終予選前に、国内でアジア・アフリカ選手権が開催された。

この大会前、日本代表のキャプテン・柱谷哲二は、肝機能を低下させるウイルス性の風邪のために8月上旬から1カ月ほど入院生活を送った。コートジボワールとの試合の時は復帰して2週間しか経過しておらず、ぶっつけ本番だったのだ。

ハンス・オフト監督からは「前半だけ出ろ」と言われたので、そのつもりでプレーした。試合は直前のスペイン合宿で露呈した守備の脆さがなくなり、相手を封じ込めた。前半0−0で終わり、「交代だな」と思い、ロッカーでオフトを探した。

「チェンジと言われると思ってオフトの顔を見ていると、ぜんぜんこっちを見ないんですよ。目を合わせないまま結局後半もゴーになり、出ることになった。 延長までやってカズ(三浦知良)がゴールを決めて勝だったんだけど、ゼロに抑えたことで自分はできる、これならやれるなっていう自信がついた」

ただ、柱谷の病気は完治したわけではなく、37度2分の微熱がつづき、体の節々に痛みを感じた。アメリカW杯最終予選のカタール・ドーハに入ると、暑さの影響で熱が下がらず、それまで肝臓に負担がかかると飲用しなかった薬を飲み、試合に臨んだ。

アメリカW杯最終予選のサウジアラビア戦は0−0のドローに終わった。続くイラン戦、日本は1−2で敗れて早くも土壇場に追いやられた。

「サウジはいちばん力があるチームなので、ドローはまあしょうがないという感じだった。でも、次のイランに負けたのは誤算だった。ロッカーでラモス(瑠偉)が『向こうがユニフォームを泥だらけにして必死に戦っているのに、俺たちは誰のユニフォームが汚れている?これで勝てるわけねぇーだろ』って怒っていた。そのとおりだなって思ったね」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00885040-sportiva-socc
2/1(土) 6:00配信


2: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 08:02:44.73 ID:6nqEW9yl9.net

イランは、ラモスを徹底的にマークして潰し、左サイドバックに入った三浦泰年のサイドを集中的に攻撃してきた。その結果、柱谷曰く「最悪のゲーム」をして勝たなければいけない試合を失った。ホテルに戻っても敗戦のショックが続いていたが、中山雅史と都並敏史が盛り上げてくれた。

「その時、3つ勝てばいいじゃんって気持ちを切り替えた。そもそも最終予選は全勝が目標だった。2つは取り損ねたけど、あと全勝すればなんとかなる。オフトも気持ちを切り替えて、次の北朝鮮戦でシステムを4−3−3にした。勝負に出たなって思いましたね」

長谷川健太を右のウイングに置き、サイドを徹底的に突くことでチームに勢いと流れが生まれた。北朝鮮戦に3−0で勝ち、韓国戦もカズの決勝ゴールで、1−0で勝利した。この時点で日本は得失点差でサウジアラビアを抜いてグループ首位。最終戦のイラク戦に勝てば、W杯初出場が決まることになった。

「韓国に勝って、カズやみんなが泣いて、俺も一瞬、グっときたけど、ラモスの顔を見たら厳しい表情をしていたんでハッとしたよ。すぐに、『テツ、まだ終わってないよ。これからだよ』って言われた。たしかに自分たちは、韓国に勝つためにここに来たわけじゃない。韓国戦はW杯に行くための通過点にすぎない。ただ、そのことをラモス以外は、あまりわかっていなかったと思う」

韓国に勝ってもW杯に行けるわけではない。まだ何も決まっていないのに、決まったかのように泣いて喜ぶ選手たちに、ラモスは違和感を覚えたのだろう。
その日からイラク戦までメディアはもちろん、チームメイトも遠ざけるようになった。

「イラク戦までの2日間、ラモスはほとんどしゃべらなかった。なんで話をしないのかなって不思議だったけどね。ベンチにひとりで座って、独りごとを言っていた。集中していたのか、ビビっていたのかわからないけど、俺は普通にしていればいいのにって思った。そういう行動をとることでイラク戦が特別な試合だとみんな意識してしまうし、実際そうなった感があったからね」

柱谷は大事な試合だと理解していたが、あくまで最終予選の1試合というスタンスで、余計なプレッシャーを自ら掛ける必要がないと思っていたのだ。

イラク戦のキックオフ前、柱谷は、それまで中2日で試合をこなしてきた疲れが蓄積されたせいか、疲労困憊だった。


3: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 08:03:20.03 ID:6nqEW9yl9.net

試合は、カズの先制ゴールでリードした。

だが、イラクは大量点を取ればW杯出場の可能性が残されていたため、失点しても怯むことなく攻撃を仕掛けてきた。日本は受け身に回り、勢いに押される展開になった。

ハーフタイムに入ると、選手は自分の近いポジションの選手と意見をぶつけ始めた。ロッカールーム内に大きな声が響き、いつもの静寂と冷静さが失われていた。

「シャラップ!!」

オフトが怒鳴ると、ロッカールームは水を打ったように静まり返った。そして、ホワイトボードに「GO TO USA 45MIN」と書いた。オフトの指示は、それだけだった。

「ヨッシャー!」

柱谷は大きな声を出して気合いを入れ、再び戦場へと向かった。だが、気持ちはファイティングポーズを取っていたが、肉体的には生気が失われていた。

「後半、自分の視野がどんどん狭く、暗くなっていったんです。体が本当にキツくて、声を出し続けていないと倒れるんじゃないかっていう状態だった。同点に追いつかれたゴールは俺がかぶったからだけど、いつもボールに触れているはずなのに跳べていない。普段できていることが、その時はできていなかった。自分の体が消耗して、もうありえない状況だった」

柱谷に視野が戻ってきたのは、中山雅史がゴールを決めたあとだった。その後もイラクの怒涛の攻撃を受けたが、柱谷は闘志の炎を必死に燃やし、踏ん張っていた。

「北澤(豪)を入れてくれ!!」

柱谷とラモスが大きな声で叫んだ。

「4−3−3だったんだけど、イラクに攻められていたんで、北澤を入れて中盤を4枚にしてほしかった。北澤が入れば守備が計算できるから。でも、オフトは武田(修宏)を入れた。武田が悪いわけじゃないけど、この時、初めてオフトが自分たちの考えとズレた采配をした」

なぜ、武田なのか......。

この時、柱谷はその理由を考えようとも思わなかったが、数年後、監督になり、ひとつの答えが見てきたという。

「オフトは3点目を取りに行ったんじゃないかな。イラクは前掛かりになっていたので、後ろはスカスカだった。そこにスピードのある武田を入れて3点目を入れて試合を終わらせる。自分が監督になった時、そういう考え方もあるなって思った。でも、当時の現場は『えっ3点目? 2−1でいいよ。北澤入れてくれよ』って感じだった」


5: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 08:04:13.54 ID:6nqEW9yl9.net

柱谷とラモスは、電光掲示板の時計を確認し、レフェリーを見た。

レフェリーが「ワンモアプレー」と言い、柱谷は次がラストであることを確認した。次にボックス内の守備を確認した。中央を締めており、ボールが入っても跳ね返せる自信があった。イラクのCKがショートコーナーになった。「カズ行け!」と叫んだ刹那、そこから柱谷は地獄に突き落とされたのである。

「もう真っ白だよね。同点にされてから、まだ時間があるとか言われたけど、できねえよ、そんなもん(苦笑)。悔しくて泣いて、周囲もみんなそんな状態だった。ただ、サポーターに挨拶しないといけないと思い、ひとりで行くかって思ったらみんながついて来てくれた。この時、キャプテンやってよかった。みんなに信頼されていたんだなって思ったね」

松永成立はバスの中でも泣き続け、部屋に戻ると森保一もベッドで泣いていた。 柱谷も、頭の中で最後の失点シーンが何度もリプレイされ、涙した。しばらくすると、ホテル内からW杯出場を決めた韓国の選手団の歓喜の声が聞こえてきた。

サッカーの神様に見放された、あまりにも悲しい夜だった。

それから......柱谷はパウロ・ロベルト・ファルカン監督の日本代表でもキャプテンを任され、加茂周監督になってからもしばらくキャプテンマークを巻いた。 「闘将」と言われ、日本代表では72のキャップを刻んだが、98年に引退した。

オフト時代のキャプテンは柱谷にとって、かけがえのない大事な時間だったという。

「代表のキャプテンになる前は、ラモスのことが言えないぐらい人のことなんて考えてこなかったし、自己中心的だったけど、代表のキャプテンになってから変わったね。自分のすべきことを整理して、ひとつずつこなしていった。そうしてダイナスティで優勝した時は本当にうれしかった。キャプテンはしんどい役割が多いけど、いちばんうれしいのは優勝した時最初にカップを持てるところ。キャプテンとしてチームを引っ張り、優勝したからこそ、自分がやってきたことが正解だったと思えるんでね」

柱谷は、オフトの時のキャプテンは、自分なりに手応えを感じていた。だが、その後はキャプテンとしてうまくいかないと感じていたという。


6: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 08:04:45.96 ID:6nqEW9yl9.net

「オフトの時は、ラモスとかわがままな選手をうまくとまとめていくことができたけど、ファルカンの時は若い選手と噛み合わないと思ったし、加茂さんの時もそうだった。 やっぱりそのチームに合う、合わないがあると思うよ、キャプテンにも。

井原(正巳)は、俺とは違うキャプテンシーでフランスW杯に行ったし、(長谷部)誠は3回もW杯に出ている。 誠は浦和レッズ時代に3年間教えていたけど、当時からキャプテンに向いていた。 オフトはいくつかの選手のグループの中間に立ち、常にバランスを取ってくれと言っていた。 誠はそれが20歳ぐらいからできていた。上の選手とも若い選手とも話ができていたからね」

柱谷は、そう言って表情を崩した。

昨年、ドーハでは同部屋で、いろんな話をした森保が日本代表監督になった。そして、苦い思い出となったドーハから30年後に、同じ場所で行なわれるカタールW杯を目指して戦うことになる。まるで運命の巡り合わせのようだ。

「森保は、どこかで壁が来るかもしれないけど、まずはW杯予選を乗り越えてもらって、カタールのW杯でベスト8の壁を越えてほしい。そのために俺らは協力を惜しまない」

森保はオフト時代、ラモスに怒鳴られても中央にパスを出さなかった芯の強さとブレない心を持つ。監督になってもそれが変わらない。だからこそ、柱谷は楽しみにしている。

あいつならできるよ、と。

(おわり)




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザッケローニ氏、日本代表監督の復帰を否定「日本に行くとしたら旅行」

【サッカー】ザッケローニ氏、日本代表復帰を否定「行くとしたら旅行で」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579940146/
ザッケローニ笑顔.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/01/25(土) 17:15:46.09 ID:K+rJ6QHQ9.net

 かつて日本代表を率いたイタリア人指揮官アルベルト・ザッケローニ氏が、日本復帰の可能性を否定した。現地時間24日、イタリア『TMWラジオ』で語っている。

 U-23アジア選手権のグループリーグ敗退で森保一監督の解任論が浮上している日本代表。一部メディアは、ザッケローニ氏の電撃復帰があるのではないかと報じた。

 しかし、ザッケローニ氏にその考えはない様子。同メディアに対して「(日本で)生活面でもプロの面でも、ポジティブな経験をさせてもらった」としつつ、「3月に日本に戻るという報道を読んだが、否定させてもらうよ。行くとしたら旅行でだね」と語り、監督として日本に戻ることはないとした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200125-00359346-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダバディ氏「トルシエ監督はプールに落とされた怒ってました(笑)」

【サッカー】<ダバディ氏>日韓サッカーW杯の裏話暴露!トルシエ監督、選手にプールへ落され怒り
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579796593/
ダバディプール前.jpg
1: Egg ★ 2020/01/24(金) 01:23:13.66 ID:9Q6hjDlT9.net

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200123-00000380-oric-000-3-view.jpg

2002年サッカーW杯日韓大会で日本代表を指揮したフィリップ・トルシエ監督のアシスタント(通訳)を務めたフローラン・ダバディ氏が、日本代表のベースキャンプ地だった袋井市にあるホテル「葛城北の丸」を18年ぶりに訪問。その様子が、25日放送の静岡朝日テレビの情報番組『とびっきり!しずおか土曜版』(前9:30〜後1:00)で放送されることが24日、わかった。

 大会前から選手、スタッフと北の丸で6週間にわたる合宿生活を送っていたダバディ氏。18年の時を経て、再び北の丸に足を踏み入れた理由は、今年から自身が出演している番組コーナー「教えて!#ハッシュ旅」(>>1枚のインスタ写真を手がかりに聞き込みで、その場を訪ねて、インスタと同じ写真を撮る)のスタート地点にしたことから。ダバディ氏は「超懐かしいよ〜。入口から続く石畳、スタッフの方々が出迎えてくれるおもてなしも、当時のままでした」としみじみ。

 選手全員が飛び込んだというプールを見て「グループリーグが終わって、リラックスするために庭でバーベキューパーティーをしたんですよ。でも、途中から選手たちが続々とプールに飛び込んで、松田直樹さんが中田英寿さんを落としたりして大盛り上がりでした。気付いたら、全選手23人がプールにいて、トルシエ監督まで落とされていました。監督は『私に何をする。みんな私の子どもたちじゃないのか』と怒っていました。私は逃げ回っていて、落とされることはありませんでしたが」と笑いながら当時の裏話を展開した。

 「葛城北の丸」は、袋井市の北部にあるヤマハが経営するリゾートホテル。大規模な本格的木造建築と広大な庭園を有するホテルで、隣接する葛城ゴルフ倶楽部は名門コースとして知られている。トルシエ監督は、代表合宿地に選んだ理由について「サムライたちが心身を休める場所として最適だから」と説明していた。

1/23(木) 22:33配信 オリコンニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000380-oric-ent



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年NHKサッカーテーマソング、マンウィズの新曲「Change the World」に決定

【音楽】マンウィズ、新曲が2020年NHKサッカーテーマソングに決定
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577330354/
man-with-a-mission.jpg

1: muffin ★ 2019/12/26(木) 12:19:14.17 ID:t8EXJdTi9.net

https://natalie.mu/music/news/361104
2019年12月26日

 MAN WITH A MISSIONの新曲「Change the World」が、2020年のNHKサッカーテーマソングに決定した。

 「Change the World」は元日放送の「天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権・決勝」を皮切りに、Jリーグや天皇杯などの国内大会、日本代表が出場する試合やヨーロッパを中心とした海外サッカーなど、NHKのサッカー中継や関連番組で使用される。Jean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)は今回のタイアップについて、「世界中ガ熱狂スルコノスポーツヲ、曲ニシテ奏デルコトデ応援デキル喜ビヲ噛ミ締メテオリマス」とコメントしている。

♦MAN WITH A MISSION Jean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)コメント
美シクモ厳シクソシテ圧倒的ナドラマヲ魅セテクレルサッカー。
好キデ良カッタ。
世界中ガ熱狂スルコノスポーツヲ、曲ニシテ奏デルコトデ応援デキル喜ビヲ噛ミ締メテオリマス。
2020年ハ日本スポーツ界全体モ盛リ上ガル一年。
サッカーデマタ心ガ震エル瞬間ニイッパイ出会エソウデス。

https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0901/manwithamission_art201909.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、韓国に敗れE-1優勝逃す…主将・佐々木翔「厳しい前半だった」まとめその4(関連まとめ)

韓国に屈しカップ掲げられず…キャプテン佐々木翔「厳しい前半だった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-43475506-gekisaka-socc
日本2019E-1韓国戦敗戦.jpg

[12.18 E-1選手権 日本0-1韓国 釜山]

 キャプテンとして壇上に立つ表情は厳しかった。引き分け以上で3大会ぶり2度目の優勝が決まる一戦で開催国の韓国に完敗。アジアのライバルに大会3連覇を許した日本代表DF佐々木翔(広島)は「なかなか厳しい前半だった」と試合を振り返った。

 序盤から出足の速い韓国に対し、球際でも圧倒され、試合のリズムをつかめなかった。両ウイングバックが最終ラインに吸収される5バック状態となり、攻撃に出ようにも人数が足りない。「中盤のゾーンに運んだときに失うシーンが多かったし、一発を狙って失うシーンも多かった」。シュートまで持ち込める場面もほとんどなく、防戦一方のまま前半28分に失点した。

「僕たちが保持する時間が少なかったし、相手にボールを持たれる時間が長かった。押し込まれたところからもう一回押し込むところが足りなかった」。試合後は出場4チームの代表者がステージに上がり、表彰を受けた。日本は今大会のキャプテンを任された佐々木がその役目を担ったが、手にしたのは表彰盾のみ。優勝カップを掲げることはできなかった。

↑↑↑サンフレッチェ広島Part1890↑↑↑
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1576573626/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:23 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、韓国に0-1敗戦…MF田中碧「PA内に侵入するにはチームとして突き詰めないと」まとめその3(関連まとめ)

定まらなかった攻撃の狙い…MF田中碧「チームとして突き詰めないと」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191218-00235336-soccermzw-socc
田中碧e-1第3節.jpg


[12.18 E-1選手権 日本0-1韓国 釜山]

 攻撃の形が定まらないままタイムアップを迎えた。ボランチの位置でフル出場した日本代表MF田中碧(川崎F)は「どうやって自分たちがボールを運ぶのか、そのルートをより早く見つけ出さないといけない」と現状への危機感を語った。

 今大会では3-4-2-1のシステムを採用した森保ジャパン。ピッチにバランスよく選手が配置されるため、プレーの選択肢は多くなるのは利点だが、戦術や選手のかみ合わせによっては相手に脅威を与えられないパスコースも多くなるのが難しいところだ。

 韓国戦では前半に決定機を作れず、ハーフタイムにMF相馬勇紀を投入。左サイドでフリーの相馬に何度もパスが出るも、日本の勝負どころではないクロス攻撃一辺倒になる時間が続いた。その後、MF大島僚太の投入で再び中央攻撃が活性化したが、攻撃の狙いを共有しにくい流れとなった。

「自分たちがどうやって敵のゴールに迫るかというのがクロスだけになっていたし、それだけだとやっぱり運の要素もある。どうやって相手のPA内に侵入していくのはかはもっとチームとして突き詰めないといけないし、相手のボールをどこで奪うのか、奪ってからどこにつなげていくのかも、もっと整理しないといけないし、引き出しを自分が増やしていかないといけない」。

 そう振り返った田中は試合の入り方に問題点があったと指摘。「特に立ち上がりに相手がすごくプレッシャーをかけてきて、トゥーロンのブラジルの時もそうだったけど、そこに対して慣れるまでに時間がかかる。その時間に押し込まれて、その時間に失点してというタイムラグがある。それを理解するまでの時間を短くしないといけない」と課題を述べた。

☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1361〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1576642618/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:15 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、韓国に0-1敗戦…前半、鈴木武蔵が強烈シュートも決めれず まとめその2(関連まとめ)

森保J、無得点で6年ぶり優勝逃す 宿敵・韓国が3大会連続&初の開催国V
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000208-spnannex-socc
鈴木武蔵2019E-1第3戦競り合い.jpg

◇E―1選手権 日本0―1韓国(2019年12月18日 韓国・釜山アシアド)

 サッカーの男子日本代表は18日、東アジア王者を決めるE―1選手権(韓国・釜山)最終戦の韓国戦に臨み、0―1で敗戦。通算2勝1敗で2013年以来3大会ぶり2度目となる優勝を逃し、韓国に3大会連続5度目の優勝を許した。8度目の大会開催で開催国が優勝するのは初めて。日本は女子のなでしこジャパンが前日17日に韓国を破って2010年以来4大会ぶり3度目の優勝を果たしたばかり。初の男女アベック優勝に期待が高まったが、実現しなかった。

 引き分けでも優勝が決まる日本は5―0で勝利した14日の香港戦から先発10人を入れ替え、2―1で勝った10日の中国戦後とほぼ同じメンバー。中国戦後に負傷離脱したMF橋本拳人(26=FC東京)の代わりにはMF田中碧(21=川崎F)が入り、唯一2試合連続で先発メンバーに名を連ねた。

 だが、前半9分にはセットプレーからあわや失点…とヒヤリとさせ、同15分にはDF三浦弦太(24=G大阪)のロングボールを受けたMF鈴木武蔵(25=札幌)が巧みなトラップから右足シュートを放ったが、決められず。同25分には韓国のCKをG大阪のDF金英権(キム・ヨングォン、29)と競り合ったDF畠中槙之輔(24=横浜)がクリアしたボールがそのままネットに吸い込まれそうになり右ポストに助けられるシーンもあった。

 そして迎えた前半28分だった。MF黄仁範(ファン・インボム、23)にペナルティーエリア手前の中央から左足で豪快に決められ、失点。0―1で前半を終えた日本は後半17分にはボランチのMF井手口陽介(23=G大阪)に代えて香港戦で試合をコントロールし、2点に絡んだMF大島僚太(26=川崎F)を投入して局面の打開を図った。

 後半33分にはシャドーの位置に入っていたMF鈴木武蔵(25=札幌)に代え、今季Jリーグ得点王&MVPのMF仲川輝人(27=横浜)も投入したが、追いつくことはできなかった。2年前のE―1選手権でも1―4の惨敗を喫している宿敵・韓国にまたも敗れ、初のタイトル獲得を逃した森保ジャパン。年内最終戦を落とし、15勝3分け5敗で2019年を終えた。

秒刊コンサドーレ3207日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1576660347/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:48 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、後半出場の相馬・大島がチャンス作るも1点遠く韓国に0-1敗戦…韓国がE-1選手権優勝 まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】日本代表、日韓戦で敗れ男女ダブル優勝ならず! 韓国が優勝 東アジアE-1選手権
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576671660/
相馬2019E-1選手権韓国戦クロス.jpg
379: 豆次郎 ★ 2019/12/18(水) 21:23:56.21 ID:DBbxSxnZ9.net

>>1
GOAL12/18(水) 21:21配信
日本、19年ぶりにアウェイで韓国に敗北…森保ジャパン初タイトルならず

日本代表は18日、韓国で開催しているEAFF E-1サッカー選手権2019で韓国代表と対戦した。


日本はE-1選手権で中国(2-1)、香港(5-0)を相手に2連勝。ライバルの韓国も連勝を果たしているが、得失点差の関係で引き分けでも優勝を決めることができる状況でこの一戦を迎えた。

日本のスタメンは中国戦のメンバーが軸に。負傷離脱したMF橋本拳人の代役にはMF田中碧が入り、井手口陽介とのダブルボランチを構成したが、それ以外は中国戦と変わらず。初ゴールを狙うFW上田綺世が最前線に入ったほか、MF森島司やFW鈴木武蔵らを起用して3-4-2-1で試合をスタートさせている。

対する韓国は、MFナ・サンホ(FC東京)やDFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)といった現役Jリーガーを先発で送り出した。また、GKには元神戸のキム・スンギュが入り、GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)のほか、過去にJリーグ経験があるDFパク・チュホ(蔚山現代)とMFキム・ボギョン(蔚山現代)らがベンチスタートとなっている。

試合最初のチャンスを迎えたのは韓国だった。9分、右CKの場面でキッカーのチュ・セジョンが蹴り込んだボールにキム・ミンジェが頭で合わせる。強烈なシュートだったが、辛くもバーに跳ね返されて日本は難を逃れた。

日本は序盤から続く韓国の強烈なプレスに苦しみ、なかなか前に進むことができない。それでも14分には前線でロングボールを収めた鈴木がボックス内で右足を振り抜いたが、枠を外れる。

なかなか状況を好転させられない日本は25分にも右CKから韓国にチャンスを作られる。クロスに対して競り合いにいった畠中槙之輔が飛び上がると、ボールが後頭部付近に当たってゴールの方向へ。右ポストに救われる形でオウンゴールは回避したものの、嫌な時間が続く。

すると28分、韓国が決定機をものにする。ボックス手前中央でボールを受けたファン・インボムがチェックをかわして左足を一閃。強烈なシュートをネットに突き刺した。韓国ホームで行われている一戦、会場は大きな歓声に包まれる。

その後は韓国がやや引き気味となるが、日本はシンプルな繋ぎの部分でのミスが目立ってしまいショートカウンターを幾度も浴びる。点差を広げられこそしなかったものの、同点に戻すことができないまま0-1のスコアで試合の折り返しを迎えた。

打開したい日本はハーフタイム中に選手交代を敢行。左サイドに入っていた遠藤渓太に代えて、相馬勇紀を投入する。

後半に入ってから前に重心が掛けられるようになってきた日本だったが、韓国もカウンターからナ・サンホが立て続けにシュートを浴びせて反撃。ややオープンな展開のなかで攻防が繰り広げられる。

韓国のプレスが弱まり徐々に日本がボール保持率を増加させてきた62分、日本は井手口に代えて大島僚太を送り出す。ボランチは田中碧と大島の川崎フロンターレコンビが務めることに。

それでも決定機を掴めずにいると、68分にまたしても日本はピンチを迎える。FKの場面でチュ・セジョンがボックス内にボールを蹴り込むと反応したのはキム・ジンス。シュートは枠を外れたものの、フリーでのヘディングを許した。

森保監督は78分に最後のカードを切り、鈴木に代えて今シーズンの明治安田生命Jリーグ最優秀選手の仲川輝人に得点を託す。直後にはイ・ジョンヒョプに抜け出されてシュートを放たれたが、ボールはわずかに枠を外れる。

結局、試合は前半からスコアが動かないまま終了。韓国が2017年の前回大会以来、最多5度目の優勝を飾っている。対する日本は、韓国の地では2000年4月26日のフィリップ・トルシエ監督時代のソウルでの0-1敗北以来、約19年ぶりに日韓戦で敗れたことに。さらに、森保監督体制初タイトルも逃している。

■試合結果
韓国代表 1-0 日本代表

■得点者
韓国:ファン・インボム(28分)
日本:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00010037-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191218-00010037-goal-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(41) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、E-1韓国戦スタメン発表!田中碧が香港戦に続き先発!(関連まとめ)

【サッカー】日本代表スタメン発表 韓国戦、田中碧が香港戦に引き続き先発! いざ、運命の日韓戦へ!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576661505/
日本代表2019E-1中国戦前.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/12/18(水) 18:31:45.54 ID:DBbxSxnZ9.net

フットボールチャンネル
12/18(水) 18:28配信
【日本代表スタメン発表】韓国戦、田中碧が香港戦に引き続き先発! いざ、運命の日韓戦へ!
 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の第3戦、韓国代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

【写真で見る】一番かっこいいのは…? 日本代表歴代ユニフォーム一覧

▽GK
1 中村航輔

▽DF
4 畠中槙之輔
5 三浦弦太
19 佐々木翔

▽MF
22 橋岡大樹
7 遠藤渓太
8 井手口陽介
17 田中碧
14 森島司
9 鈴木武蔵

▽FW
13 上田綺世

 初戦の中国代表戦と第2戦の香港代表戦で連勝を飾っている森保ジャパン。第3戦の相手は開催国の韓国代表となる。日本代表はこの試合で引き分け以上の成績を収めることができれば優勝が確定する状況だ。文字通りの重要な一戦となる。

 スタメンは中国代表戦のメンバーが基本。最前線には上田綺世が起用されるようで、シャドーには森島司と鈴木武蔵が入るだろう。香港代表戦から引き続き出場を果たすのは田中碧。キャプテンは佐々木翔が務める。

 昨日、なでしこジャパンは韓国代表に1-0と勝利を収め、見事優勝を飾った。史上初となる男女ダブル優勝への期待が高まる中、森保ジャパンはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191218-00337834-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:09 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小川航基、A代表デビュー戦でハット達成!平山相太以来3人目

【サッカー】「エースは自分だ」小川航基(水戸)がA代表デビュー戦で圧巻ハット!!平山相太以来史上3人目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576326924/
小川2019E-1第2戦試合後.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 21:35:24.76 ID:dH4axsNY9.net

[12.14 E-1選手権 日本5-0香港 釜山九徳]

東京五輪のエースは俺だ。日本代表FW小川航基(水戸)が代表デビュー戦でハットトリックを達成した。「とりあえずホッとしたというのが一番大きい」。3-6-1の1トップで先発デビュー。格下相手の一戦とはいえ、FWとしてきっちり結果を残した。

前半7分にMF菅大輝の史上32人目となる代表デビュー戦ゴールで先制すると、同15分にもFW田川亨介の初ゴールで追加点。前半26分には田川からパスを受けたFW小川航基が鋭い反転から右足ミドルをねじ込み、史上33人目の代表デビュー弾を叩き込んだ。

「速いバスをもらえば一発で前を向いたらバイタルが空くかなと思っていた。狙いどおりです」。この1点で勢いに乗った。前半アディショナルタイムにはMF相馬勇紀の右クロスがファーサイドに流れたボールを菅が折り返し、小川が右足のトゥーキックで流し込んだ。4-0で折り返した後半13分、左CKのショートコーナーからMF大島僚太のクロスをヘディングシュート。5-0と突き放すゴールでハットトリック達成となった。

「FWは1点取ればノッてくる。もっと取れれば良かった」。A代表デビュー戦でのハットトリックは10年1月6日のアジア杯予選・イエメン戦(○3-2)で平山相太が3ゴールを決めて以来、史上3人目の快挙。
「(東京五輪世代の)エースは自分だというのをみんなに認めてもらえるようにもっともっと頑張っていきたい」。東京五輪世代のエース候補が怒涛のゴールラッシュでアピールした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-43475255-gekisaka-socc
12/14(土) 21:30配信

https://i.daily.jp/soccer/2019/12/14/Images/d_12960382.jpg
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/12/20191212_ogawa_getty.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:28 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、香港に5-0大勝!札幌FW菅が絶妙ボレー弾など1G1Aの活躍 まとめその4(関連まとめ)

左サイドの菅、パワーも運動量も魅力的/永島昭浩
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-12140869-nksports-socc
菅2019E-1第2戦.jpg

<東アジアE−1選手権:日本5−0香港>◇14日◇韓国

香港との力関係があったから一概にほめられないが、日本は左サイドの菅がよかった。1点目のシュートを打っている場面は長友に近いイメージ。パワフルで運動量があって、気分がプレーに乗っていくのが見ている人に分かるのもいい。例えばこれが韓国に見せられるか。そこでも左サイドを支配できるのであれば、五輪だけでなくA代表でも楽しみになる。

全体で気になったのは敵陣ゴール付近まで球を運ぶ点では中国戦より改善されたが、その際の人のバランスが悪い。サイドに多い場合で4、5人もいて、たとえ局面を打開したとしてもゴール前に1人しかいない。非効率な攻撃を仕掛け、球を奪われれば即カウンターからの失点危機に直面していたはずだ。

注目された仲川は、スピードを生かすスペースがなかった。だから守備でリズムを作ろうとして、攻撃までの余裕がなかった。次回に期待したい。(日刊スポーツ評論家)

秒刊コンサドーレ3205日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1576326376/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、香港に5-0大勝!大島僚太2アシスト・相馬勇紀が躍動 まとめその3(関連まとめ)

小川が史上3人目偉業に大島が躍動!若き日本代表が香港に5発大勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00010038-goal-socc
大島2019E-1第2戦.jpg


日本代表は14日、韓国で開催しているEAFF E-1サッカー選手権2019で香港代表と対戦した。

10日に行われた開幕節では、FW鈴木武蔵、DF三浦弦太の得点により中国代表に2-1で勝利した日本。香港戦に向けてはその試合からスタメンを総入れ替えし、今シーズンの明治安田生命J1リーグ得点王&最優秀選手の仲川輝人、ベストヤングプレーヤーに輝いた田中碧らが代表デビューを飾った。

布陣は引き続き3-4-2-1で、ゴールマウスに大迫敬介、ディフェンスラインに右から渡辺剛、田中駿汰、古賀太陽、中盤に相馬勇紀、大島僚太、田中碧、菅大輝、2シャドーに仲川輝人、田川亨介、1トップに小川航基が配された。このうち、大島、仲川以外の9名が東京五輪世代となっている。

日本は立ち上がり、仲川が精力的にボールを引き出す右サイドを中心に攻め込んでいく。すると8分、仲川のボックス右での仕掛けからボールが浮き上がり、香港DFの頭でのクリアも中途半端に。これを見逃さなかった菅がボックス左で左足を振り抜き、強烈なボレーシュートをネットに突き刺す。

早いタイミングで先制した日本はその後も押し込みつつ試合を進行。中盤では大島を中心としてボールを回し、追加点の機会を探っていく。すると14分、左CKの場面でキッカーの大島がインスウィングのボールを蹴り込み、田川が下がりながら上手く頭で合わせる。これが決まり、早々に香港を突き放していく。

その後、幾度も大島が中盤の位置からパスでチャンスを創出。25分には相手陣内中央右でボールを受けた大島がボックス内に浮き球のスルーパスを供給。すると田川がフリーで抜け出したがダイレクトシュートは枠を外れる。

チャンスを逸した直後の26分、ボックス手前中央でボールを持った小川が前を向いて右足を強振。ゴール左下隅を射抜いてさらに差を広げる。さらに、前半終了間際にも小川が菅のシュートのこぼれ球を押し込み、スコアを4-0とした。

香港も時折カウンターから反撃を繰り出そうとするが、日本の3バックがしっかりとシャットアウト。一方的な展開のまま前半を終える。

後半に入っても日本が主導権を握る。50分には左CKの場面でショートコーナーから仲川と連係しつつボックス左に侵入。そのまま香港DFの股を抜くシュートを放ったが、これはGKツェ・タクヒムに阻まれる。56分に今度は香港に決定機。FKの流れからこぼれ球に反応したチェン・チンルンが左足を振り抜くとボールはバーを掠める。日本はヒヤリとさせられるシーンを作られた。

それでも日本はすぐに嫌な雰囲気を吹き飛ばす。左サイドでボールを持った大島がクロスを上げると、中央に構えていたのはまたしても小川。頭で確実にボールを捉え、代表デビュー戦ながらハットトリックを達成した。なお、代表デビュー戦でのハットトリックは1930年の若林竹雄氏、2010年の平山相太氏に続き、史上3人目となる。

危なげない戦いを続けている日本は67分に最初のカードを切り、田中碧に代えて畠中槙之輔を送り出す。畠中は3バックの中央に入り、田中駿汰はボランチを務める。

ややトーンダウンしてきた後半半ば、前半から厳しいマークに苦しむ仲川が個人技での打開を図るがなかなか実らない。81分には田中駿汰の精度の高いスルーパスに抜け出した田川がボックス内で一対一を迎えたが、シュートは枠の外。日本は直後にさらに選手を入れ替え、小川に代えて上田綺世を送り出す。

すると、日本は6点目こそ奪えなかったものの最後まで香港に何もさせずに試合をクローズ。大差のスコアで連勝を飾った。優勝を争う開催国・韓国との最終戦は18日に行われる。

■試合結果
日本代表 5-0 香港代表

■得点者
日本:菅大輝(8分)、田川亨介(14分)、小川航基(26分、45分+1分、58分)
香港:なし

☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1360〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1576200970/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:58 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)