アンテナ・まとめ RSS

日本代表

本田圭祐の名言トップ10! 9位に「持ってるなと」

【サッカー】<本田圭佑>名言トップ10選出!9位は「持ってるな」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591097883/
本田圭祐俺は持ってる.jpg
1: Egg ★ 2020/06/02(火) 20:38:03.79 ID:U0Hdzy839.net

10年6月、W杯南アフリカ大会1次リーグのカメルーン戦の前半39分、先制ゴールを決めイレブンに抱きついて喜ぶ本田

<本田圭佑の言葉〜(2)>

日本代表として3大会連続でワールドカップ(W杯)に出場した本田圭佑(33=ボタフォゴ)は、強烈なリーダーシップを発揮しながら世界の頂点を目指してきました。時には言葉で仲間や、世論を動かしながら「W杯優勝」を公言。日刊スポーツでは密着取材を続けてきた元担当記者が「本田の名言 トップ10」を独断と偏見で選出。その発言の背景を振り返ります。第2回は9位、CMにもなった、あのフレーズです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「昨日が(24歳の)誕生日だったので(運を)持ってるなと」

2010年6月、W杯南アフリカ大会の1次リーグ初戦、カメルーン戦で得点し、チームは白星発進。まさに、岡田ジャパンの救世主となった試合後の発言。

大会直前に岡田監督の抜てきを受け、ほとんど経験のない1トップで起用された。すると、自身のW杯初戦でまさに“1発回答”。決勝弾で、チームに勢いをつけた。

その後もデンマークとの第3戦で長距離無回転FK弾を決めるなど、大ブレークで日本は決勝トーナメントに進出。帰国時の丸いサングラス、金髪とその強気な発言、頼りになるここ一番での活躍ぶりで、完全にサッカー界の新たな象徴となり、ここから本田の時代が始まった。

しかし、本田もまだまだだったのか、その強烈なキャラクターが災いしたのか、この「持ってる」は、同年末に意外な形で“持っていかれて”!? しまう。

この年の新語・流行語大賞は早大斎藤佑樹投手(現日本ハム)の「何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているかを確信しました…それは仲間です」だった…。

ただ、その後の活躍もあってか2012年にはサングラスをかけ、真っ白なスーツ姿の本田を起用したアサヒフードアンドヘルスケアのタブレット「ミンティア」のCMが大々的に展開され「俺は持ってる」のフレーズは、お茶の間にも浸透していった。

CMそのままの姿で登場し、本田のものまねでブレークしたお笑い芸人、じゅんいちダビッドソンの活躍にもつながるという、予期せぬ相乗効果? もあった。

いちサッカー選手から圧倒的な知名度を得てスターへと立場をかえていく、ターニングポイントになった発言ともいえる。

無類の勝負強さを表現するような「持ってる」は、その後もW杯のたびに発揮され続ける。14年ブラジル大会、18年ロシア大会まで、W杯3大会連続で得点とアシストを記録するという偉業を成し遂げた。

本人は全く興味を示さないが、4度目のW杯、22年カタール大会でもやっぱり「持ってる」となる可能性も、ゼロとは言いきれない。(続く)

6/2(火) 16:00 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/590adf1efe5c15ceb84537a4e2549eb6ac98c2b6

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200602-26020418-nksports-000-6-view.jpg


※10位は「オレの守備のことばかり言うのが日本らしい。それより、オレがシュートを1本も打っていないことを指摘してほしい」でした

本田の名言トップ10選出 10位は「守備の…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe8f6c2267638aaedc741847ddc5c506ced84c5b
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペインメディア、「キャプテン翼」日本人選手のベスト11を選出!布陣3-6-1で中盤は三杉、岬、翼ら豪華タレント

【サッカー漫画】「キャプテン翼」日本人選手ベストイレブンをスペインメディアが選出! 中盤は三杉、岬、翼ら豪華タレントが勢揃い [jinjin★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590590274/
キャプテン翼ワールドユース編.jpg
1: jinjin ★ 2020/05/27(水) 23:37:54.87 ID:bUPvClUy9.net

3-6-1の最強布陣?
「キャプテン翼」日本人選手ベストイレブンをスペインメディア選出

守護神は“SGGK”こと若林 3バックは松山、石崎、次藤が並ぶ


日本が誇る世界的な人気サッカー漫画「キャプテン翼」は、スペインでも多くのサッカー少年を魅了し、現在ヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらに影響を与えてきた。英サッカーサイト「90min」スペイン語版がその名作で特集を組み、ベストイレブン企画を実施。日本人選手の“最強メンバー”が選ばれた。


スペインでは現地に馴染みやすいようにキャラクター名も改変されているが、ここでは原作の日本人名を採用。中盤に人材豊富なことを反映した3-6-1システムが組まれた。


まず守護神は、スーパー・グレート・ゴールキーパー「SGGK」こと若林源三が選出。記事では、その能力を「すごい反射神経の持ち主で、すべてのボールを止め、事実上得点することができないGKだった。シュートがパワフルだろうと良いコースに飛ぼうと関係なく、彼は難なく止め、ボールを手に収めて自分の存在を主張していた」と紹介。 基本的にペナルティーエリア外からはゴールを許さないのがアイデンティティーだ。

そしてDFでは、小学生時代から主人公・大空翼の盟友であり良き理解者でもある、ガッツあふれる顔面ブロックがトレードマークの石崎了が1人目としてノミネート。 「物語の序盤では動きがぎこちなかったが成長を続け、守備陣で欠かせない存在の1人になっていく。シリーズで最もカリスマのあるキャラクターの一人」と、存在感の大きさが触れられていた。

2人目は体格に優れた九州男児、次藤洋が選ばれた。テクニックに優れたタイプの選手が多いが、そのなかでのフィジカル系には「指ひとつで相手を止め、高さでは対抗する存在がいないディフェンダー。自チームに強く岩のようなセンターバックがいることは決して悪いことではない」と、その価値が認められた。


続いて「守備陣の最後となる」と紹介されたのが、「ピッチのあらゆるポジションでプレー可能な」松山光だ。小学生時代のトップ下から、ボランチやセンターバックと確かにポリバレントな描写がされている。そして、そのパーソナリティーは「犠牲的な仕事ができるこの選手にとって最も大事なのは、あらゆる個人よりもチーム」と称された。


中盤は三杉、岬、大空翼ら豪華タレントが勢揃い

6人が選出された中盤のトップバッターは、“ガラスのエース”こと三杉淳。持病の心臓病により短時間のプレーしかできないのが小学生時代からのストーリーだが、「それが自チームを引っ張るのになんの障害にもならなかった。ゲームの先を読む能力、戦術力、テクニック、インテリジェンス、目標達成のスピリッツを備え、あらゆるポジションでプレーすることができた」と絶賛。
オフサイドトラップの描写は大きなトピックだった。

2人目は「ワールドユース」編の冒頭でイタリアに渡って夢を叶えようとする「中原中の12番」こと葵新伍だ。入団テストを受けられるという詐欺に遭い生活費をだまし取られて、オレンジを使ったリフティングで日銭を稼ぐという描写もあったが、紆余曲折あって名門インテルの下部組織に入団。

「ピッチ内外で謙虚さを前面に出すキャラクター」と触れられているが、“直角フェイント”を駆使した突破力が魅力の選手で、“プリンチペ・デル・ソーレ(イタリア語で太陽の王子)”というニックネームも付いた。

続いたのは「最高のパートナーで、お互いに完璧なまでに理解し合っている」と大空翼とのコンビが称えられる、永遠のゴールデンコンビこと岬太郎。 その能力は「チームメイトとの連携力に優れ得点力もある」とされたが、やはり負傷の多い描写が印象にも強い。

そして、主人公の大空翼も当然の選出。
「議論の余地なくリーダーとなり、誰もが羨むテクニックと生まれながらの得点力、逆境に耐える能力、素晴らしいフィジカルを有し、あらゆるライバルに打ち勝つ存在になる。変化をかけたシュートが彼の得意技」と、絶対的な中心であることが認められている。


全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200526-00263806-soccermzw-socc

スペインメディア選出
キャプテン翼ベストイレブン
キャプテン翼ベスト11スペインメディア版.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表の通訳ダバディ氏の父親、死去…フランスの著名な作詞・作曲家

仏の著名作詞・脚本家が死去 ジャンルー・ダバディー氏
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c51a86094ff31cd0e51966705e2fdd78a3ac914

ジャンルーダバディ.jpg

 フランスメディアによると、フランスの作詞家で脚本家のジャンルー・ダバディー氏が24日、パリの病院で死去した。81歳。死因は明らかにされていないが、新型コロナ感染ではないという。

 38年パリ生まれ。ミッシェル・ポルナレフさんらフランスの歌手のヒット曲などの歌詞を作ったほか、フランソワ・トリュフォー監督の「私のように美しい娘」(72年)など映画の脚本家としても活躍。08年にフランス語の純化などを目的とした学術団体アカデミー・フランセーズ会員に選ばれた。

 サッカー日本代表のトルシエ元監督のアシスタントを務めたフローラン・ダバディーさんの父親。(パリ共同)

トルシエとダバディ.jpg

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12983
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1590322011/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:03 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本サッカー協会、反町技術委員長が所信表明「日本サッカーの発展を考えてやってきた」

反町技術委員長が所信表明「日本サッカーの発展を考えてやってきた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000137-dal-socc
反町技術委委員長.jpg

 日本サッカー協会は21日、反町康治新技術委員長体制となって初の技術委員会をオンライン上で開催した。

 2001年にJ2新潟で監督となってから19年間、新潟、北京五輪に出場したU-23代表、湘南、そして松本と指導者として現場に立ち続けてきた。技術委員長就任の経緯については「どこのチームでも、日本サッカーの発展を考えてやってきたつもり。(技術委員長を)受けたのは、そういう思いがベースになっているというのもあります。日本が(W杯で)ベスト16から上にいけないという状況も感じていた。何か手伝えることがあればと思った」と語った。

 ただ正式就任した3月下旬は既に新型コロナウイルスの影響下。「生の人間にもあっていないこの2カ月だった」と振り返り「われわれにとって、こういうインドアでずっとというのはね。余計な肉もたまり、ストレスもたまる」と苦笑い。緊急事態宣言が解除されている地域も増えてきており「外でできるのはありがたい。サッカーでは再び芝生の匂いがかげるのはありがたいこと」と話した。

 だが、コロナの影響でW杯アジア2次予選を戦うA代表と、1年間の延期が決まった東京五輪に出場するU-23代表の今後の活動は不透明。今は2つの代表を兼任する森保監督と、電話やウェブ上でコミュニケーションを取っている状況という。兼任体制について、反町委員長の考え方を問われると「すべての試合は見えていないが、彼(森保監督)も言っている縦軸(世代間融合)、横軸(幅広い選手の招集)という部分。全員が日本人のスタッフでやっていることで、下からの突き上げは激しくなっている」と見解を示した。

 今後、W杯のアジア最終予選と延期された五輪代表の活動日程が重なることも予想され、兼任体制を続けることがより困難になる場合もあるが「田嶋会長も言っていたが、何とも言えない。日程が分からない。重ならない可能性もあるし、重なる可能性もある。仮定の話をしてもしかたない。今日の技術委員会でもそういった話に至っていない」と語っていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12979
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1590059965/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画有】久保建英、高萩洋次郎が絶賛!「余裕で日本代表の中心」広島黄金世代が推す次代の日本代表!川辺駿、菅原由勢、大迫敬介らが挙がる(関連まとめ)

【久保は異次元】サンフレッチェ黄金世代が激白「次の日本代表はお前だ!!」【&ミシャサッカーで活躍しそうな選手】
https://www.youtube.com/watch?v=QT7orL91aM8
代表選手たちが推薦!次代を担う日本の宝.jpg

  


各選手が次代の日本代表を背負うと思う選手(敬称略)

MF青山敏弘…MF川辺駿
FW佐藤寿人…DF菅原由勢
DF千葉和彦…GK鈴木彩艶
GK西川周作…GK大迫敬介
MF高萩洋次郎…MF久保建英
DF森脇良太…DF橋岡大樹

高萩:僕は唯一この中のメンバーでやってる久保君、久保選手ですよ。やっぱり。間違いないです。
李 :何が違うの?洋次郎からみて
高萩:何でもできるんで。ドリブルのコースとタッチのボールの置く位置とか。
  :全部正解、ドリブルが。
千葉:間違いない
森脇:練習から凄いの?
高萩:練習から凄い
李 :凄いわ。洋次郎がそこまで言うって。なに、今まで見た中で1番?
高萩:そうですね
李 :日本代表でどんな存在になってほしい?
高萩:余裕で中心じゃないっすか
千葉:どこなの?彼のベストポジションは?
高萩:右じゃないですか?
千葉:4−2−3−1の3の右
高萩:うん

【RCD】久保建英応援スレ part 197【Mallorca】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1588902144/
【RCD】久保建英応援スレ part 198【Mallorca】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1589972303/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:38 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川淵三郎氏「オシムって言っちゃったね」サッカー、あの時の一言

【サッカー】<あのときの一言>「オシムって言っちゃったねえ」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590045927/
オシムっていっちゃったね.jpg
1: Egg ★ 2020/05/21(木) 16:25:27.84 ID:mxIzS5+79.net

<サッカー、あのときの一言〜21>

名場面に名言あり。サッカー界で語り継がれる記憶に残る言葉の数々。「あの監督の、あの選手の、あの場面」をセレクトし、振り返ります。

「オシムって言っちゃったねえ」。06年W杯ドイツ大会から帰国したその足で行われた総括会見で、疲労マックスの(?)川淵三郎会長は口を滑らせた。後任監督の五輪代表との関わり方を問われたときだった。「(五輪代表)監督はあくまで反町。スーパーバイザー的な立場、総監督として『オシム』が…あっ、オシムって言っちゃったねえ」。交渉中だった当時J1のジェフユナイテッド市原・千葉監督の名前を、うっかり漏らしてしまった。

その後会長は「うそをついて取り消すのも…。どうするかねえ」と取り乱し、会見は一時中断。千葉の社長に電話で謝罪するなどして、約10分後に再登壇した際には「広報部長から『史上最大の失言』と言われた」としょんぼりしていたという。とはいえ、困り顔で「聞かなかったことにはならないだろうねえ」と話す会長に、会場の報道陣からは笑いが漏れた。世間から好意的に受け取られたのも、本人の人柄ゆえかもしれない。

5/21(木) 16:00 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa7084d52c7845375737b4f7d74f0e6f1b279c9c

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200521-25210201-nksports-000-4-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:02 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭祐、W杯の記憶に刻まれる26人のカルトヒーローに選出!「南アフリカで魔法の足によって…」

【サッカー】<本田圭佑>「C・ロナウドに変身」“W杯26人のカルトヒーロー”に選出!「魔法の足によって…」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589893361/
本田圭祐南アW杯デンマーク戦.jpg
1: Egg ★ 2020/05/19(火) 22:02:41.94 ID:+sfINtUf9.net

サッカーの長い歴史の中では、4年に一度の大舞台であるワールドカップ(W杯)でインパクトを残し、一躍スーパースターへと飛躍した選手が数多くいる。英メディア「GIVE ME SPORT」は、「W杯の記憶に刻まれる26人のカルトヒーロー」と見出しを打ち、日本代表で長く活躍したMF本田圭佑(ボタフォゴ)の名前も挙げている。

【動画】「C・ロナウドに変身」と世界衝撃! 元日本代表MF本田圭佑、2010年W杯デンマーク戦で決めた“30m無回転FK弾”
https://www.football-zone.net/archives/262376/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=262376_6

 2018年のロシアW杯ではフランスが優勝を収め、22年にはカタールで開催予定のW杯が控えている。これまでの大会でも数多くのスター選手が誕生してきたが、「GIVE ME SPORT」は「W杯の記憶に刻まれる26人のカルトヒーロー」と見出しを打って特集している。

 取り上げられたのは、いずれもW杯で強烈なインパクトを残し、母国に歓喜をもたらした選手ばかりだ。1990年大会で6ゴールを奪って得点王となり、その後Jリーグのジュビロ磐田でも活躍した元イタリア代表FWサルバトーレ・スキラッチ、元鹿島アントラーズで94年大会のブラジル代表優勝に貢献したFWベベット、2002年日韓W杯でアジア勢初の4強進出に貢献し、Jリーグでもプレーした元韓国代表FWアン・ジョンファン、10年大会で得点王に輝きセレッソ大阪にも在籍した元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン、そして14年大会で日本戦を含めて6ゴールを奪って得点王に輝き、この大会をきっかけにレアル・マドリード移籍を勝ち取ったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスなど、日本とも縁の深い選手も取り上げられている。

 そんな錚々たる26人のリストに、本田も名を連ねた。

「日本のスターは3度の大会でゴールを記録しているため、本田にとってはフェアな選出だろう。彼がこのリストの座を勝ち取ったのは、2010年でのパフォーマンスだ。本田は南アフリカで、魔法の足によって世界を立ち上がらせた。デンマーク戦で披露したナックルボールのFKで得点し、クリスティアーノ・ロナウドに変身した」

 本田は2010年に行われた南アフリカW杯のグループリーグ第3戦、デンマーク戦で約30メートルの距離から無回転のブレ球FKを叩き込み、3-1の勝利に貢献していた。あれから約10年の月日が経過したが、W杯での一撃は海外メディアにも確かなインパクトを与えているようだ。

5/18(月) 7:20 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f978620808f2cbf63ad3a736018cef1cbdfc643

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg1GoslnjK7kK6XTiSObg5BA---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20200518-00262376-soccermzw-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国代表DF、日本代表MF橋岡大樹へのカンフーキックを謝罪!昨年E-1選手権で危険なプレー「あるまじき行為でした」

【サッカー】中国代表DF、日本代表MF橋岡に衝撃カンフーキックで公開初謝罪「あるまじき行為でした」 [久太郎★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589452303/
橋岡と中国ジャン・ジーポン.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/05/14(木) 19:31:43.78 ID:rdTdVJtE9.net

昨年12月のE-1選手権で危険プレー、中国代表DFジャン・ジーポンがMF橋岡大樹に謝罪
 昨年12月のE-1選手権で日本が中国に2-1と勝利した一戦で、MF橋岡大樹(浦和レッズ)の頭に危険な飛び蹴りを見せたDFジャン・ジーポンがテレビ番組に出演し、「あるまじき行為でした」と公開謝罪した。香港紙「明報」が報じている。

【動画】「あるまじき行為でした」と公開謝罪! 中国代表DF、日本代表MF橋岡大樹の後頭部に「カンフーキック」をお見舞いした衝撃シーン

 衝撃のプレーが生まれたのは、19年12月10日に行われたE-1選手権初戦の日本対中国戦だ。国内組で臨んだ日本は前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の代表初ゴールで先制し、後半25分にCKからDF三浦弦太(ガンバ大阪)が追加点。試合終了間際に1点を返されるも2-1で逃げ切った。

 その一戦で戦慄が走ったのは前半31分だ。右サイドでロングボールを受けようとした橋岡に対し、中国代表DFジャン・ジーポンが左足を大きく振り上げる“カンフーキック”を後頭部に見舞った。当時、香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「日本の若者は乱暴なプレーの標的となった」と伝えている。

 それから約半年が過ぎ、テレビ番組に出演したジャン・ジーポンは自身のプレーを振り返り、「とても危険なものだった」と回想。「橋岡大樹選手に会ったら、何を話したいか?」と聞かれると、「橋岡選手、こんにちは。中国代表のジャン・ジーポンです」と改めて自己紹介しつつ、次のように謝罪の意を示している。

「試合後に映像を見て、危険だと思いました。あるまじき行為でした。幸いにも怪我をしなかったことに安堵しています。そうでなかったら、自分を責め、恥じていたと思います。謝罪いたします。また機会があれば、その時はお手柔らかにお願いします」

 記事では「中国代表のジャン・ジーポンが、“カンフーキック”事件で橋岡大貴に初謝罪したのは5カ月後」と伝えており、公開謝罪に注目が集まっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00261730-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW柳沢敦、QBK(急にボールが来たので)について「1年以上そう言われていた事は知らなかった」

【サッカー】「急にボールが来たので」 柳沢敦、『QBK』について「1年以上そう言われていたことは知らなかった」 [シャチ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589181045/
柳沢QBK瞬間.jpg
1: シャチ ★ 2020/05/11(月) 16:10:45.95 ID:1sjHUp5p9.net

<サッカー、あのときの一言〜11>

「急にボールが来たので」。06年6月18日。W杯ドイツ大会1次リーグ第2戦のクロアチア戦でそれは起こった。後半6分。FW柳沢敦がDF加地亮からの右クロスをゴール前で右足アウトサイドで合わせた。相手GKは加地につられゴールは無人。だが、シュートは右に外れ、試合は0−0のドローに終わった。

試合後、柳沢は「うまくいかなかった。インサイドで蹴れば、また違った結果になったかも」と振り返り、言った。「急にボールがきたので」。あの時、加地のクロスはシュート性の強いもの。サッカー関係者には「サッカーを知っている人だったら難しいプレー」と語る人もいた。だが、舞台はW杯。それも1次リーグ第1戦で敗れていた日本にとって絶対に落とせない試合だった。インターネット上の掲示板では言葉の頭文字をつなげ「Q(急に)B(ボールが)K(来た)」と表現されるなど、ファンの脳裏にも残るシーンとなった。

大会直後は「W杯のことは振り返りたくない過去のことです」と口を閉ざした柳沢だったが、時間がたつにつれてあの場面に触れるようにもなった。この言葉については「そう言ったかは記憶にないんだよね。まあ言ったから、そう出てるんだろうけど」と振り返り、「QBK」については「1年以上そう言われていたことは知らなかった。(ネットは)あまり見ないようにしてた部分もある。見たくなかった」と話した。

17年にはJリーグの企画に登場し、当時の日本代表監督だったジーコ氏にあの場面を謝罪したこともあった。ジーコ氏は「謝ることは何もないよ。ああいうことは、サッカーにはつきものだから」と優しく返した。忘れられがちだが、あの時、柳沢は大会直前の練習で右太もも裏に軽い肉離れを負い、急ピッチで調整していた。同年3月には右足小指を骨折しており、メンバー入りもギリギリ。ジーコ氏もそれはわかっており「果たして間に合うかどうかという状況だったけど、ヤナギは精神力でリカバリーして、間に合わせてくれた。だから、こっちが感謝したいくらいだよ」と語った。そして、後輩選手たちにその経験を伝えるよう付け加えた。

現在、柳沢は古巣鹿島のユースチームのコーチを務めている。ジーコ氏の言葉にもあるように、きっといつの日か、同じ舞台で後輩たちがその悔しさを晴らしてくれるだろう。


5/11(月) 16:00配信

日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b6a96243dfa5b709069c98b3ac51fa2fa01164f




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW柳沢敦、日本史上最高レベルの「パスを呼び込む才能」 日韓W杯では身体能力もエグかった

【サッカー】日本史上最高レベルの「パスを呼び込む才能」 日韓W杯では“身体能力”もエグかった [砂漠のマスカレード★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589048369/
柳沢と宮本.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/10(日) 03:19:29.24 ID:xZopHZdz9.net

【歴代名手の“私的”技術論|No.2】柳沢敦(元日本代表FW):日韓W杯を見返して驚かされた“上手さ”だけではない能力
2002年の日韓ワールドカップを戦ったFW柳沢敦【写真:Getty Images】

2002年日韓ワールドカップの日本代表の試合を見直してみた。といっても数年前のことなのだが、日本が初めて出場した1998年フランス大会から順番に見返していった。

3戦全敗だった98年大会のチームは、なかなか技巧的だった。中田英寿、名波浩、山口素弘のMFトリオが上手い。FWへクサビを入れ、レイオフしたボールをサイドへ散らす攻撃は、ハマると鮮やかだった。

4年間をワープして02年、初戦のベルギー戦(2-2)を見て驚いてしまった。

4年前にあった技巧的なパスワークは影も形もなく、パスは3本とつながらない。中盤をすっ飛ばしてのFWへのロングボールばかり。まるでヨーロッパ下部リーグの試合のようではないか。こんなんだったっけ?

この試合は現地で見ている。その時も少し蹴りすぎだとは思っていたが、こんなに酷い内容だったとは当時は感じていなかった。あれから20年近く経過しているし、98年から02年までの過程を飛ばして見たからだろう。
日本とベルギーはともにグループリーグを突破してベスト16へ進んでいる。どちらも弱いチームではなかった。

ロングボールばかりのラフな展開と感じたのは、4年間でサッカーが変化していたからである。

フランス大会では中田英が、ドリブルでスペースを突き進む姿が何度も見られた。グイグイ持ち出していく推進力は素晴らしかったのだが、4年後のベルギー戦ではそんなプレーはほとんど見られなかった。
中田英が劣化したのではなく、4年間でサッカーが変化していたのだ。ドリブルで突き進むようなスペースがない。やろうとしても奪われるか、ファウルで潰されるか。陣形はコンパクトになり、中盤のスペースはなくなり、試合の基調が潰し合いになっていた。

互いにコンパクトで密集した中盤をつなぐのは難しい。そこでトップへのロングボールを多用していたわけだ。思い返せば、フィリップ・トルシエ監督は最初からそのつもりでチームを作っている。

「10〜15秒の攻防が200回あるのが現代のサッカーだ」(トルシエ監督)

ガンガンぶつかり合って、ボールを奪ったら可能な限り直接的に相手ゴールへ向かう、いわゆるダイレクトプレー志向がはっきりしていた。
トルシエがかなり極端な戦術志向の持ち主だったのは確かだが、当時のサッカー自体が全体にそんな感じだったのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/11c831315d397edde026eb92d41c144a7e01110c
5/9(土) 20:10配信


2: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/10(日) 03:20:02.04 ID:xZopHZdz9.net

柳沢がいなかったら…ベルギー戦の攻撃は成立しなかった

この試合を見返して、もう一つ驚かされたのが柳沢敦だ。

自分よりはるかに大きなベルギーのDFを相手に、ロングボールの競り合いで優位に立っていた。ジャンプ力、フィジカルコンタクトの強さ、ポジショニングのアジリティー……驚異の身体能力だった。こんな選手だったっけ?

当時の柳沢の印象と言えば「上手いFW」だ。

受けの名手で、鋭角的なプルアウェイで難なくマークを引きはがしてパスを受けていた。動くタイミングも素晴らしく、早すぎず遅すぎず。パスの出し手とタイミングが合わない時は、動きを止めずに連続的に受けるための場所を作っていく。この受けの能力が抜群なので、それだけシュートチャンスも多くなる。その割には決定力がいま一つだったのが玉に瑕だったが、自分の動きでラストパスを呼び込む才能は日本史上で最高レベルだったと思う。

鹿島アントラーズではそうした洗練された受けの技術で勝負していたので気づかなかったのだが、02年のベルギー戦を見返してみると身体能力がエグい。もし柳沢がいなかったら、ベルギー戦の攻撃はまったく成立していなかっただろう。

相棒の鈴木隆行も体が強く、この試合では印象的な同点ゴールを決めている。小野伸二からの縦パス1本だった。5秒ごとにぶつかり合うような試合展開、互いに1本か2本のパスでフィニッシュへ結びつけようとする。ディフェンスラインの裏はどちらも空いているが、その手前は詰まっていて、4年前のように手数をかけるための場所がない。一発狙いのやり合いは、トルシエ監督が言っていた「15秒×200回」そのものだった。

98年の日本代表は日本らしかった。今で言うなら「ジャパンズウェイ」だった。02年は全然日本らしくはない。ただ、たぶんトルシエ監督は正しかった。

ヨハン・クライフは「結果が出るまでは狂人扱いされるもの」と言っていたが、トルシエもその意味では天才型の監督だったかもしれない。ただし、結果が出ても天才とは評価されていないので、やっぱり変人のほうが近いのだろう。


3: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/10(日) 03:20:18.28 ID:xZopHZdz9.net

鹿島と大きく異なる環境で能力を発揮したポテンシャルは相当なもの

バヒド・ハリルホジッチ監督が日本を率いた時、「トルシエと似ている」という感想を持った人も多かった。だが、ハリルホジッチは勝利至上主義者だが、トルシエはむしろ自分至上主義という違いがある。トルシエは時代の流れを汲み取ったスタイルを日本に植え付けているが、その後率いたマルセイユでも同じことをやっているので、あれが彼のスタイルなのだ。

日本代表史上でも例外的なぐらいフィジカルを基盤としたスタイルは、その前とも後とも関連性がない。日本サッカー協会による強化の場当たり主義、消極的勝利至上主義をよく表していたといえる。

ともあれ、鹿島とはだいぶ違う環境でも能力を発揮していた柳沢のポテンシャルは、やはり相当なものがあったと改めて思った。敗れたトルコ戦(決勝トーナメント1回戦/0-1)では首を痛めて欠場した。トルシエ監督は三都主アレサンドロと西澤明訓の初コンビ起用のギャンブルに出て、ものの見事に失敗したのだが、柳沢が健在だったら、もしかしたら歴史は変わっていたかもしれない。少なくとも、あの時のチームでは替えのきかない存在だった。




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザック元日本代表監督、日本人の課題を指摘「フィジカル面とズル賢さが不足している」

【サッカー】<ザッケローニ氏>日本人選手の“表裏一体”な特徴を指摘!「2つの要素が不足していた。フィジカル面の構築とずる賢さだ」 [Egg★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589031222/
ザックジャパン2014敗戦.jpg
1: Egg ★ 2020/05/09(土) 22:33:42.73 ID:Or4F8T8d9.net

アルベルト・ザッケローニ氏は4年間にわたり日本代表を指揮したが、当時のチームが抱えていた課題について、「2つの要素が不足していた。フィジカル面の構築とずる賢さだ」とイタリアメディアで振り返っている。

 ACミランやインテル、ユベントスなどセリエAのビッグクラブを率いた経験を持つザッケローニ氏は、2010年に日本代表に就任。初陣となった国際親善試合でアルゼンチンを1-0で撃破した。

11年1月のアジアカップでも優勝を達成し、ワールドカップ(W杯)出場権の獲得にも成功するが、肝心の本大会では1分2敗と未勝利でグループリーグ敗退を喫した。

 日本代表ではテンポの速いパスワークとサイドを起点とした攻撃的なサッカーを目指したザッケローニ氏だが、イタリア地元メディア「トゥット・ウディネーゼ」は「近年まで過小評価されていた日本サッカー」と取り上げ、ザッケローニ氏のコメントを紹介。「日本は強かった」と振り返りつつ、当時のチームが抱えていた問題を語っている。

「2つの要素が不足していた。フィジカル面の構築とずる賢さだ。その点において抜け目のなさが欠けており、彼ら自身も望んでいなかったんだ。例えば当時(2013年)のコンフェデレーションズカップのイタリア戦(3-4)でゴールを決められたのは、選手たちがタッチラインへ水を飲みに行っていたからだ。日本はその状況でも待っている。他の場所では、そのようなアドバンテージを得たら利用するのが普通だ」

 ザッケローニ氏は当時の日本代表の課題を振り返っており、スポーツマンシップを備えているが故に、勝利を掴むための試合巧者な部分に関しては欠けている印象があったようだ。いかなる時も正々堂々と対戦する日本人の姿勢は褒められるべきものだが、試合の勝敗の観点で言えば、その特徴は表裏一体なのかもしれない。

5/8(金) 19:50配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200508-00260876-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200508-00260876-soccermzw-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリルホジッチ元日本代表監督、日本に応援メッセージ「美しい季節が訪れる事を期待しましょう」

【サッカー】<元日本代表監督◆ハリルホジッチ氏のメッセージ>親愛なる日本の皆様へ/美しい季節が訪れることを期待しましょう [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588982465/
ハリル上向き.jpg
1: Egg ★ 2020/05/09(土) 09:01:05.15 ID:Or4F8T8d9.net

元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(67)=現モロッコ監督=が8日までに関係者を通じてスポーツ報知に、新型コロナウイルス感染拡大が続く日本に向けたメッセージを寄せた。同じくコロナ禍の影響を受けるフランスの自宅にいる同氏は、励ましの言葉と、不要不急の外出を控える大切さを訴えながら「美しい季節が訪れることを期待しましょう」と終息を願った。
●「ハリルからの手紙」元日本代表監督は優しいおじいちゃん…当時の監督番記者が読み解く

ハリル氏の思いを元サッカー担当の斎藤成俊デスクが「読み解く」。

日本への思いがあふれるメッセージだった。ハリル氏はロシアW杯まで2か月に迫った2018年4月に解任された。当然、恨みつらみもあったが、最後の会見では「私は日本の永遠のサポーターです」と述べた。 その言葉通り、今回、関係者を通じてお願いしたメッセージを、わずか1日で届けてくれた。

 独裁的」「エキセントリック」などが、多くの人が抱く同氏のイメージだろう。確かに、試合に臨むうえでは選手たちに強い口調で接し、常に何かに怒っていた。 その指導法が、選手とのコミュニケーション不足という理由で解任に至った原因にもなった。しかし、人間ハリルホジッチは、優しい“おじいちゃん”そのものだった。

忘れられないのが、16年4月14日に発生した熊本地震への関わりだ。テレビで流れる映像に心を痛めたハリル氏は翌月の5日、望んで被災地を訪れた。
「ひとりの人間としても代表監督としても来ないといけないと思った」。避難所では激励の言葉をかけ続け、当初見学のみとされた子供たちのサッカーに急きょ参加して、ワイシャツに汗が染みるのも気にせずプレーした。 県庁で「くまモン」のピンバッジを贈られると「被災者のことを忘れないで試合をする。ロシアW杯にも持って行きたい」と、その後の公式戦では必ずスーツの胸元につけ、一緒に戦った。

 苦境に立ったとき、とにかく我慢が必要だと訴えるのは、現役引退後に勃発したボスニア紛争の経験からだろう。内戦反対の姿勢だったハリル氏は、命を狙われた。 危険を感じ現在国籍を持つフランスに逃れたが、ボスニア・ヘルツェゴビナの自宅や経営していたカフェ、ブティックなど「全て破壊され、盗まれました」。ほぼ無一文での再出発。 耐え抜いたフランスでの日々の先に、指導者として成功が待っていた。だからこそ今回、日本人の自制心を信じ、不要不急の外出自粛を求めた。

休日には奥さんと京都、広島、沖縄を訪れるなど日本の景色を愛したハリル氏は、メッセージの最後を「美しい季節が訪れることを期待しましょう」と結んだ。 フランス北部リールにある自宅の庭には1本の桜の木がある。ハリル氏は世界、そして日本に、満開の桜で彩られたような明るい日々が戻ってくることを心から願っている。(14〜18年サッカー担当・斎藤 成俊)

◆ハリルホジッチ氏のメッセージ

  親愛なる日本の皆様へ

 日本の皆様にメッセージを送れること大変嬉しく思います。

 新型コロナウイルスはいまだに全世界を恐怖と不安に陥れていますがフランスのマクロン大統領も言っているように、この戦いは戦争でもあり、戦いに勝たなくてはいけません。

 日本の皆様は規律正しく、和を尊重する文化と伝統があります。国民が一体となって団結し、諦めない気持ちでいることが大切であろうと思います。

 フットボールにおいても全世界同じ状況で、サポーターもプレーヤーも試合を観ること、プレーすることを待ち焦がれていると思いますが、まだもう少しの辛抱が必要です。

 しっかりと危険性を認識しながら、無駄に外出することなく、美しい季節が訪れることを期待しましょう。

5/9(土) 6:00配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-05080232-sph-socc

写真
ハリル復興.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:04 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)