アンテナ・まとめ RSS

海外の日本人選手

南野拓実、仏1部モナコへの移籍が正式決定!2026年までの4年契約(関連まとめ)

【サッカー】南野拓実、新天地はモナコに決定! 2026年までの4年契約でリヴァプールから移籍 [豆次郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656431273/
南野カラバオ杯トロフィー.jpg
1: 豆次郎 ★ 2022/06/29(水) 00:47:53.19 ID:CAP_USER9.net

6/29(水) 0:31
配信
theWORLD(ザ・ワールドWeb)

リーグ・アンのモナコが日本代表FW南野拓実をリヴァプールから獲得したことを発表した。すでに各紙で報じられていたが、公式HPにて正式に発表されている。

来季からモナコへの加入が決定した南野。公式発表によると、2026年までの4年契約とのこと。モナコは今季のリーグ・アンで20勝9分9敗とパリ・サンジェルマン、マルセイユに次ぐ3位でシーズンを終えた。

今季の南野は出場機会が少ないながら、チャンスで結果を残してきた。プレミアリーグでは、11試合に出場して3得点に終わったが、カラバオカップでは5試合4得点1アシストを記録。FAカップでも4試合で3ゴールを決め、トップクラスのFWがひしめくリヴァプールで公式戦2桁得点を達成した。

来季はシーズン途中にFIFAワールドカップが開催されるという変則的なシーズンとなるが、モナコで出場機会を得て主力となり、W杯を戦う日本代表にも生かすことができるだろうか。モナコの南野にも注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b6e0ce5902d21c24871651ad7e97cb381482049



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表DF板倉滉、プレミア複数クラブが興味でマンCの要求額高騰か?ボルシアMGとの交渉は難航

【サッカー】板倉滉、プレミア複数クラブも注目でマンCの要求額高騰?有力と伝えられたボルシアMGとの交渉は難航か [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656378158/
板倉2022-06日本代表.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/06/28(火) 10:02:38.53 ID:CAP_USER9.net

日本代表DF板倉滉に対してマンチェスター・シティが求める移籍金は現時点ボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)の予想を超えているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

昨夏期限付きでシャルケに送り出され、同クラブのブンデスリーガ1部復帰に大きく貢献した板倉。財政状況が厳しい同クラブは600万ユーロ(約8億5000万円)と見られる買い取りオプションの行使を断念すると、ボルシアMGを始めとするブンデスリーガ複数クラブやスコットランド王者のセルティック、プレミアリーグ昇格を決めたフラムやボーンマスからの興味が伝えられていた。

しかしながらその中で新天地として最有力視されたボルシアMGだが、マンCが求める移籍金が予想額500万ユーロ(約7億1000万円)を超えており、交渉はスムーズに進んでいない模様。『ビルト』によれば、プレミアリーグ複数クラブも板倉に興味を示しているため、マンCはさらなる移籍金の上昇に期待しているという。また、この件でボルシアMGのダニエル・ファルケ新監督は友好的な関係を持つジョゼップ・グアルディオラ監督とも接触していることが明かされている。

なお、シャルケ残留が実現しなかった板倉本人は同紙曰くボルシアMGを「第一選択肢」と見ているとのこと。マンCは“最高入札者”との取引にこどわるのだろうか、今後注目したいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/85c9185de77c1ace9e6767f0ec915b5817cb2b15




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故、ソシエダは久保建英の完全移籍にこだわるのか?移籍金を払ってでも避けたいウーデゴーの二の舞

なぜソシエダは久保建英の完全移籍にこだわるのか。移籍金を払ってでも避けたいウーデゴーの“二の舞”「懲らしめられた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/17757158f37c6f700d76b64e21460620e063a729
久保2022マジョルカ半袖.jpg

 久保建英のレアル・ソシエダからの関心は、現地スペインでも注目を集めている。

 スペインでの3シーズン目を終えた久保は、いったん保有元のレアル・マドリーに戻る形となるが、戦力という意味でもEU圏外選手枠という意味でも居場所がないため、今夏のマドリー復帰は絶望的な状況だ。

 そんななか、昨夏と2年前の夏にも久保の獲得に動いていたソシエダが3度目の正直で再びオファー。ただ、完全移籍を望んでいるバスクの名門に対し、マドリーはレンタルでの譲渡を望み、まだ交渉がまとまっていない、というのが大方の見方だ。

 その逆ならまだしも、なぜソシエダは移籍金がかかる完全移籍を望んでいるのか。スペイン紙『LAVANGUARDIA』によれば、2019年夏に同じくマドリーからソシエダへ貸し出されたノルウェー代表MFマーティン・ウーデゴー(現アーセナル)の一件が関係しているという。

「(久保の)契約は数日で決する問題かと思われたが、早く決めらなかったのは、サン・セバスチャンのクラブ(ソシエダ)が、レンタル移籍よりも買取を好んだためだ。それは、ウーデゴーのことで懲らしめられたからだ。ノルウェー人は2年間のローンで契約したが、マドリーは最初のシーズンの後、わずかなカネで彼を連れ去って行った」


“神童”と持てはやされ、16歳でメガクラブの大争奪戦の末にマドリーと契約したウーデゴーは、オランダで武者修行をした後、2年レンタルで加入したソシエダで躍動。1年目で6位躍進の原動力となった。

 するとマドリーは2年のローンを短縮して、1年でウーデゴーを連れ戻してしまった。ソシエダとしては、ややキャリアが停滞していた逸材をブレイクさせたにもかかわらず、すぐに手放すことになってしまったため、その二の舞を避けたいのだ。

 逆に言えば、移籍金を払ってでも手に入れたいほど、久保のポテンシャルに確信を持っているとも言えるかもしれない。

【Real】久保建英応援スレ part822【sociedad ?】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1656253331/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:39 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅野拓磨、古巣パルチザンとの裁判に勝訴 FIFAがパルチザンに未払い給与9ヶ月分の支払い命じる セルビア紙報じる

浅野拓磨が古巣パルチザンに“勝訴”と報道。泥沼化した電撃退団騒動の結末は?
https://news.yahoo.co.jp/articles/460cd1cfd5a046e0e2ddbfa30c4891659da8dd98
浅野パルチザン.jpg

 ボーフムの日本代表FW浅野拓磨は、古巣であるセルビアのパルチザンに対して“勝訴”したようだ。セルビア『ダナス』が得た情報として27日付で伝えている。


 浅野は2020/21シーズンのリーグ得点王争いを演じるなど、セルビアの強豪クラブであるパルチザンの主力として活躍。だがシーズン終盤に契約を解除し、その後ボーフムに加入することになった。


 浅野側は契約解除の理由としてパルチザンから度重なる給与未払いなどがあったと主張。一方で、本来であれば他クラブへ移籍する際に得られたはずの移籍金を失う形となったパルチザン側は一方的で不当な契約解除であると訴えていた。

 だがセルビアメディアが伝えたところによれば、国際サッカー連盟(FIFA)の法廷による判断として、浅野側の勝訴という決断が下されたようだ。パルチザンに対し、浅野への金銭支払いが命じられたと伝えられている。

 パルチザンが浅野に支払う金額は約45万ユーロ(約6400万円)。在籍時の年俸は60万ユーロ(約8600万円)だったとされており、その約9ヶ月分にあたる金額ということになる。

※レス少なめですが御容赦ください

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14787
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1656244236/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U21日本代表MF斉藤光毅、オランダ1部スパルタに期限付き移籍が決定!昨季はベルギー2部ロンメルでプレー(関連まとめ)

【サッカー】U21日本代表MF斉藤光毅が蘭1部へ スパルタ・ロッテルダムが期限付き移籍加入を発表! [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656158903/
斎藤光スパルタ加入.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/06/25(土) 21:08:23.32 ID:CAP_USER9.net

スパルタ・ロッテルダム(オランダ1部)は25日、ロンメルSK(ベルギー2部)からU−21日本代表MF斉藤光毅が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2022−23シーズン終了までの1年間となる。

【画像】スパルタが斉藤の加入を発表

 斉藤は所属する株式会社グロボル・フットビズ・コンサルティングを通じて、次のようにコメントしている。

「いつも応援ありがとうございます。この度、スパルタ・ロッテルダムへ期限付き移籍することになりました。1日1日を大切にしながら、チームの幹になれるような存在になりたいと思います。自分らしく、楽しみながらプレーをして、少しでも多くの方々に自分のプレーを見てもらえるように全力で頑張ります!引き続き、応援よろしくお願いします!」

 現在20歳の斉藤は、横浜FCの育成組織出身。2018年7月に16歳でトップチームデビューを果たし、同クラブで公式戦通算67試合に出場した。2020年11月にシティ・フットボール・グループの傘下であるロンメルへの完全移籍が決まり、2025年夏までの契約を締結。2021−22シーズンは公式戦22試合に出場し、6ゴール2アシストをマークした。

 また、世代別の日本代表でも活躍。2018年にAFC U−19選手権、2019年にFIFA U−20ワールドカップポーランドに参加した。現在は2024年のパリ五輪を目指すU−21日本代表の一員として活動し、先日まで行われていたAFC U−23アジアカップウズベキスタン2022にも参加。斉藤は全6試合に出場し、日本の3位入賞に貢献した。

 スパルタは1888年に創設されたオランダ最古のプロサッカークラブ。6度のトップリーグ優勝と3度のKNVBベーカー(カップ戦)優勝を誇っている。21世紀に入ってからは1部と2部を行き来しているが、2021−22シーズンのエールディヴィジは18チーム中14位で終えて残留を達成した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/ad03b0413377756face775d372445adbb38e6ec1




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:09 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、トッテナム移籍の可能性 フランクフルトは移籍金16.5億円以下で放出認める?

日本代表MF鎌田大地が移籍金16億円でトットナム移籍か ゲッツェの加入で「現金化」優先
https://news.yahoo.co.jp/articles/77c8a08e8f4e489f60c8f150d41efd3a6c10143a
鎌田21-22フランクフルト.jpg

ドイツ1部Eフランクフルトの日本代表MF鎌田大地(25)がイングランド・プレミアリーグのトットナムに移籍する可能性があると、英メディア「HITC」が伝えている。

 今季Eフランクフルトの欧州リーグ(EL)制覇に貢献した鎌田は今夏の移籍がささやかれており、昨夏からトットナムが興味を示しているという。すでにEフランクフルト側は適切な金額のオファーがあれば、移籍を妨げない方針を打ち出しており、鎌田の動向が注目されている。

 そんな中、同メディアは、ドイツメディアの報道を元にし、Eフランクフルトは格安で鎌田を放出する構えという。「この夏、トットナムの関心がある中でEフランクフルトは鎌田大地に1000万ポンド(約16億5000万円)未満で移籍を認めると主張する」と伝えている。

 Eフランクフルトは来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場に向けてオランダ1部PSVアイントホーフェンからドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを獲得した。契約が2023年夏まででポジションが同じ鎌田と契約を更新し、多額の資金を使うよりも今夏に売却し「現金化」を優先するとみられている。

 鎌田は日本代表の活動中に「Eフランクフルト以上を探すのはより一層難しくなる」と語っていたが、同メディアは「鎌田はイングランドを夢見ている」とプレミアリーグでのプレーを熱望していると報じており、今後の動向が気になるところだ。

Frankfurt 鎌田大地 part22【祝・UEL制覇】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1653212996/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英を欲しがる強豪レアル・ソシエダのチーム事情

久保建英が欲しくて欲しくて仕方ない強豪レアル・ソシエダのチーム事情
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8d81d036b883743e0b012eeb203c3b67f202781
久保マジョルカ21-22半袖.jpg

久保建英の移籍先候補として再び浮上しているのがレアル・ソシエダだ。近年、ロベルト・オラベSDとイマノル・アルグアシル監督がそれぞれフロント、現場のトップに君臨する双頭体制を確立し、昨シーズンはラ・リーガを6位でフィニッシュ。3年連続でヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得した。

 戦術に目を向けると、バルセロナのそれを連想させるポゼッションを基調にした攻撃的なサッカーがR・ソシエダの代名詞。ただ昨シーズンは、少し様相が異なった。ラ・リーガの38試合で得点40、失点37という数字が示すように、前線の得点力が減少。代わりにチームを支えたのが守備陣だった。

 そんな中、今夏、主に右ウイングで起用されていたふたりのアタッカー、アドナン・ヤヌザイ(契約満了)とポルトゥ(ヘタフェにレンタル)がすでに退団。FWのアレクサンダー・セルロトと攻撃的MFのラフィーニャもレンタル期間の満了に伴い、それぞれ所属元のRBライプツィヒとパリ・サンジェルマンに返却した。

 さらにエースのミケル・オジャルサバルを筆頭に、アンデル・バレネチェア、カルロス・フェルナンデス、マルティン・メルケランス(ラージョからレンタルバック)と、怪我で昨シーズン、長期欠場を余儀なくされたアタッカーを数多く抱えている。

 その昨シーズンは、終盤にダビド・シルバが活躍を見せ、それがELの出場権獲得に繋がったが、36歳のベテランだ。フル稼働は期待できない。実際、20年夏の加入以来、故障による欠場を繰り返している。

 その一方で、R・ソシエダはスペイン屈指の育成クラブでもあり、現在のBチームにもFWのホン・カリカブル(19歳)、攻撃的MFのロベルト・ナバーロ(20歳)にロベルト・ロペス(22歳)と逸材が揃うが、トップチームでどこまで活躍できるかは未知数だ。
 
 つまりメンバーが揃っているようで、その実、不確定要素が少なくないのだ。

 現地紙『マルカ』は、R・ソシエダが5年契約の完全移籍で久保の獲得を狙っていると報じているが、その背景には、新たな攻撃の核を必要としているそうしたチーム事情があり、“エムバペ2世”の異名をとるモアメド=アリ・チョ(アンジェ)を今夏に獲得したのも、その一環に他ならない。ちなみにR・ソシエダは昨夏も、2年前の夏も、久保の獲得に動いている。

 R・ソシエダはチームの実力的にも、ELに参戦するという点でも、久保が2020−2021シーズンの前半戦に所属したビジャレアルと似ている。そのビジャレアルでは出場機会に恵まれず、冬にヘタフェに所属先を切り替え、後日、本人が「選択ミスだった」ことを認めていた。

 しかしR・ソシエダ一筋で指導歴を築いてきたアルグアシルは、年々現実路線への傾倒が強まっているビジャレアルのウナイ・エメリとはまた異なる監督だ。戦力的なニーズにも合致し、久保獲得に向けての本気度も高く、そして長年、攻撃的なサッカーが育まれた環境を持つR・ソシエダ。久保の新たな移籍先として、魅力的な選択肢であるのは間違いない。

【Real】久保建英応援スレ part820【sociedad ?】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1656036348/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:57 | 大阪 ☀ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、セリエA初昇格のモンツァが獲得オファー!ベルルスコーニ氏がオーナー

【サッカー】サンプドリア退団見通しの吉田麻也移籍先に来季昇格のモンツァが浮上 オーナーはベルルスコーニ元首相 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655892575/
吉田2022サンプドリア横顔.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2022/06/22(水) 19:09:35.13 ID:CAP_USER9.net

 サッカーのイタリア・セリエAのサンプドリアを退団する見通しとなっている日本代表DF吉田麻也(33)の移籍先に、来季セリエAに昇格するモンツァが浮上したと地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトが22日に報じた。

 かつてACミランのオーナーを務めたベルルスコーニ元首相が保有するモンツァは、今季セリエB4位で昇格プレーオフを制し、クラブ史上初の1部昇格を決めた。現在は守備陣の補強を進め、今月30日でサンプドリアとの契約が満了し、移籍金が発生しない吉田に白羽の矢を立てたという。また、イル・セコロ紙はモンツァが既に吉田側に来季の契約条件を提示したと報じた。

 吉田に関してはサンプドリアのランナ会長が16日に現地メディアに「移籍市場の最初のステップは守備。我々は吉田を失うことになる。契約を更新しない」と発言。Jリーグの複数クラブや中東のクラブも吉田獲得に関心を示しているが、吉田自身は欧州でのプレーを希望している。

 吉田は日本代表合宿中の13日に行われたオンライン取材で「試合に出なきゃいけない。レベルを落とすのは簡単。僕の願いとしてはレベルの高いところでプレーしたい」と話し、去就が注目されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf86732e422f5a0665230700fcad6b14f2522417


吉田麻也にセリエA初昇格モンツァが正式オファー かつて本田圭佑を獲得した名物コンビが熱望

https://news.yahoo.co.jp/articles/be7c9461f7b660bc69a56aeb22367e94576657e3

 今夏の去就に注目が集まっている日本代表DF吉田麻也(サンプドリア)に、初昇格を果たしたイタリア1部モンツァが獲得へ正式オファーを出した。

 吉田を巡ってはパフォーマンスの低下が指摘されており、6月末で契約が切れるサンプドリアは退団が確実視されている。

 Jリーグの複数クラブが関心を寄せる中、サンプドリア専門メディア「サンプニュース24」は「契約が満了する吉田麻也がセリエAに残る可能性がある。すでに興味深いオファーを受けており、それはモンツァだ」と報じた。

 モンツァは長年ACミランのオーナーを務めたベルルスコーニ元首相が現在は保有。CEO(最高経営責任者)はアドリアーノ・ガッリアーニ氏で、ACミラン時代にMF本田圭佑を獲得して強固な信頼を寄せた名コンビ≠セ。

 今季2部にあたるセリエBの4位で昇格プレーオフを制し、クラブ史上初めて1部昇格を達成。1部で戦える人材として、経験豊富な吉田に白羽の矢を立てたようだ。

 吉田は6月の代表合宿中に去就について「やっぱり高い所に身を置きたい。サッカー選手としてシンプルな願い」と欧州を優先したい希望を語っており、今季戦ったイタリアのクラブからのオファーは渡りに船。電撃決着となるか注目が集まる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、レアル・ソシエダがレンタルでの獲得を狙う!過去2年も獲得に動く(関連まとめ)

【サッカー】久保建英の移籍先にレアル・ソシエダが浮上か 将来的な大ブレーク狙えると久保を高評価 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655937027/
久保2022-06日本代表.jpg

1: 首都圏の虎 ★ 2022/06/23(木) 07:30:27.15 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF久保建英(21)の来季のプレー先としてレアル・ソシエダがレンタルでの獲得を狙っていると、スペイン紙アス電子版が22日に報じた。

 同紙によると久保は来季、Rマドリードのメンバー入りを望んでいるが、少なくとも来年まで空く可能性の低いEU圏外枠の問題もあり、4季連続の期限付き移籍が濃厚となっている。

 このような状況のため、Rマドリードは久保をより攻撃的でポゼッションサッカーに優れたチームに加入させることを希望しており、その移籍先候補としてRソシエダが浮上している。同クラブは過去2年も獲得に動いてきたものの、交渉は成立しなかった。

 同紙によるとRソシエダのスポーツディレクターを務めるロベルト・オラベ氏が久保を高く評価。今後の成長や将来性を信じており、最終的に大ブレークして素晴らしい選手になると確信しているという。そのため今夏再び、Rマドリードと久保の代理人に対して、来季の去就に関する問い合わせをしたという。

 Rソシエダは今季のスペインリーグを6位で終え、来季の欧州リーグ出場権を獲得している。そのためこの期限付き移籍が実現した場合、久保はビリャレアル時代のようにヨーロッパの舞台でプレーすることが可能となる。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/616fabb4c020e9e590c962de5ec00782ec034e46



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:34 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、フランクフルト退団か?地元紙「寸前の所まで来ている」「プレミアはアジア人にとって究極の舞台」(関連まとめ)

【サッカー】やはり鎌田大地はフランクフルト退団へ?地元メディア予想「プレミアはアジア人にとって究極の舞台」 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655865818/
鎌田21-22フランクフルト.jpg

1: 首都圏の虎 ★ 2022/06/22(水) 11:43:38.66 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトMF鎌田大地は、今夏の移籍の可能性が高まっているようだ。

2021-22シーズンはヨーロッパリーグでチームトップの5ゴールを記録し、優勝の立役者となった鎌田。しかしフランクフルトとの現行契約は残り1年と迫っており、その去就は不透明に。本人は「来季はチャンピオンズリーグがあるし、フランクフルト以上(のクラブ)を探すのはより難しくなると思う」と語っているが、クラブ側はオファー次第で売却する意向を示している。

そして地元メディア『Frankfurter Rundschau』は「まさに今、退団しようとする鎌田」とし、移籍に近づいていることを伝えている。

「中盤のディレクターである鎌田大地は、(移籍)寸前の所まで来ている。日本人が憧れる場所、プレミアリーグはアジア人にとって究極の舞台だ。25歳の彼にはもう1年契約が残っているので、アイントラハトは1000万ユーロ(約14億円)近い金額を受け取るだろう」

「まだ何も決まっていない。だが、鎌田も嫌がることはないはずだ。クラブ側もある条件下ではそうなるだろう」

先日には元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの獲得を発表したフランクフルト。同ポジションの補強を成功させた後、鎌田を放出することになるのだろうか。以前にはリーズやトッテナムからの関心も伝えられていたが、去就には大きな注目が集まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc62d9b9827fc31ebaff1d474521100d4c8c6f2

関連
【サッカー】フランクフルト、元ドイツ代表MFゲッツェの獲得を正式発表!2025年までの契約を締結 [久太郎★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1655864824/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、仏1部モナコ移籍へ!リバプールとモナコがクラブ間合意(関連まとめ)

【サッカー】モナコ、南野拓実獲得へリヴァプールと合意!移籍金25億円で争奪戦制す [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655851280/
南野カラバオ杯トロフィー.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2022/06/22(水) 07:41:20.88 ID:CAP_USER9.net

個人条件やメディカルチェック待つのみ

フランス、リーグ・アンのモナコがリヴァプールFW南野拓実の獲得へ向け、合意に至った。『GOAL』の取材により、明らかとなっている。

2020年冬にザルツブルクからリヴァプールに加入した南野。前線にワールドクラスの選手を揃えるチームの中で限られた出場機会しか得られず、半年間のローン移籍を経験した同選手だが、昨シーズンは公式戦10ゴールを挙げる活躍を見せて、国内カップ戦2冠に貢献した。

その南野にはリーズ・ユナイテッドやサウサンプトン、アタランタなどが興味を示していたが、争奪戦はモナコが制した模様。移籍金1800万ユーロ(約25億9000万円)で合意に至り、個人的な条件をまとめ、メディカルチェックを待つのみとなった。

移籍金に関しては、今週行われた交渉の結果、1500万ユーロ+300万ユーロのパフォーマンス関連のボーナスで合意。リヴァプールの当初の希望額よりやや低いが、2020年1月の加入時に支払った移籍金のほぼ倍額となったことから、好条件とみられている。

南野は日本代表での取材対応時に去就に関して「試合に出場して最高のコンディションでワールドカップを迎えたいと思っています。かつレベルアップしないといけないと感じました。それらを踏まえて色々決断できたら」と話していた。2022-23シーズンはフランスのリーグ・アンでその牙を磨くこととなりそうだ。

なお、モナコはフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル、ドイツ代表FWケヴィン・フォラントらを擁し、2021-22シーズンはリーグ・アン3位でフィニッシュ。新シーズンはチャンピオンズリーグプレーオフから出場し、本戦を目指すこととなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6f20db01b1d63244dc9654a2fd4a95287647e1c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:52 | 大阪 🌁 | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、セリエAアタランタが移籍先候補に浮上!仏1部モナコが本命

リバプール南野の移籍先候補にアタランタ浮上 本命は仏1部モナコ、英紙報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc2731b5707be5c429fa76d51f21b5a5d8440c26
南野21-22リバプール拍手02.jpg

 リバプールの日本代表FW南野拓実(27)の移籍先候補にセリエAのアタランタが浮上したと英紙リバプール・エコーなどが18日に報じた。本命はこれまで通りフランス1部モナコとし、アタランタは同1部リヨンとともに南野獲得に関心を示していると指摘するにとどめた。

 英紙デーリー・メールは、モナコが南野の移籍希望先としている。南野に関してはプレミアリーグのリーズやウルバーハンプトンなども獲得に意欲的と報じられている。

Liverpool FC南野拓実 310タキ
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655540510/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:19 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)