アンテナ・まとめ RSS

五輪代表

U22日本代表、パレスチナ下しアジア大会GL連勝で首位通過!谷内田哲平が2戦連続FK弾で1-0勝利!両チーム退場者で10人vs10人も点差守り切る

【サッカー】U22日本代表がアジア大会GL連勝で首位通過! 谷内田哲平が2戦連続FK弾、両チーム退場者で10人vs10人も点差守り切る [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695648525/
谷内田2023アジア大会第2節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/25(月) 22:28:45.62 ID:f1stKrlL9.net

[9.25 アジア大会GL第2節 U-22日本1-0パレスチナ 杭州]

 第19回アジア競技大会は25日にグループリーグ第2節を行い、パリオリンピック世代のU-22日本代表はパレスチナと対戦し、1-0で勝利。前半22分、MF谷内田哲平(京都)が初戦に続くFKからのゴールを決めた。2連勝の日本はグループ首位通過が決定。28日の決勝トーナメント初戦でグループA3位のミャンマーと対戦する。

【画像】U-22日本代表が笑顔のオフショット

 日本が属するグループDは3チームの構成。日本は初戦でカタールに3-1で勝利しており、またパレスチナとカタールが0-0で引き分けたため、日本はすでに上位2チーム以上を確定させて決勝トーナメント進出が確定していた。首位通過を狙うべく、パレスチナ戦に臨む。

 初戦から先発を2人し、MF山内翔(筑波大/神戸内定)とMF小見洋太(新潟)を起用。4-3-3の布陣で、GK藤田和輝(栃木)、4バックは左からDF奥田勇斗(桃山学院大/C大阪内定)、DF山崎大地(広島)、DF馬場晴也(札幌)、DF吉田真那斗(鹿屋体育大/横浜FM内定)。アンカーに山内、インサイドハーフは谷内田とMF西川潤(鳥栖)。前線3枚は左から小見、FW内野航太郎(筑波大)、MF松村優太(鹿島)となった。

 日本は序盤から攻め立てる。前半13分、谷内田の左CKをニアサイドの吉田が頭で合わせるが、クロスバーに直撃。同18分には内野がインターセプトから敵陣内に入ろうとしたところ、キャプテンDFモハメド・サレハに倒される。決定的な得点機会の阻止で主審がサレハにレッドカード。日本は数的優位に立つ。22分には谷内田が初戦に続く2試合連続でFKを沈め、日本が先制に成功した。

 しかし、日本も前半27分に山内が2度目の警告で退場処分となる。両チーム10人の同数に戻り、谷内田が中盤の底に入った。前半はそのまま1-0のリードで折り返した。

 後半に入ると、試合の流れは停滞しながらも、両者ゴールに迫る。後半14分にはパレスチナの攻撃を受けるが、GK藤田が好反応でピンチを防いだ。同15分には奥田が左サイドからアーリークロスを上げ、内野がヘディングシュート。しかし、ゴール枠内を捉えなかった。

 後半21分に日本は2枚替え。西川と小見を下げ、FW鮎川峻(大分)、MF日野翔太(拓殖大/鳥栖内定)が出場する。同31分には内野と松村に代えて、MF佐藤恵允(ブレーメン)とMF角昂志郎(筑波大)が投入された。終了間際には谷内田を下げ、MF松岡大起(グレミオ)が入った。

 パレスチナも0-1で敗戦した場合は2位確定でグループ突破を決められるため、互いにリスクを負わない戦い方で90分が終了。日本が1-0で勝利し、グループ首位通過を決めた。日本は日本時間28日午後8時半、決勝トーナメント1回戦でミャンマーと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/536988a6c5cecc7605c4d3f353bf7e9ae3d6f6f2



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、カタールに3-1快勝!アジア大会を白星スタート(関連まとめ)

【サッカー】パリ五輪世代・U-22日本代表第2陣がアジア大会GL初戦で勝利! 谷内田FK弾、大学生FW内野2点目、山崎ダメ押しでカタール撃破 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695217616/
U22日本2023アジア大会カタール戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/20(水) 22:46:56.62 ID:W3KJJigh9.net

[9.20 アジア大会GL第1節 U-22日本3-1カタール 杭州]

 第19回アジア競技大会は20日にグループリーグ第1節を行い、パリオリンピック世代のU-22日本代表はカタールに3-1で勝利。開始早々にMF谷内田哲平(京都)がFKで先制点。前半25分にFW内野航太郎(筑波大)が2点目を決める。後半に接戦から1点を返されるが、後半43分にDF山崎大地(広島)が3点目で試合を決めた。

【画像】U-22日本代表が笑顔のオフショット

 9月上旬にU23アジアカップ予選を勝ち抜いたU-22日本代表は、メンバーを全員入れ替え、“第2陣”でアジア大会に臨む。初戦カタール戦では4-3-3の布陣を敷き、GKは藤田和輝(栃木)、4バックは左からDF奥田勇斗(桃山学院大/C大阪内定)、山崎、DF馬場晴也(札幌)、DF吉田真那斗(鹿屋体育大/横浜FM内定)。アンカーはMF松岡大起(グレミオ)、インサイドハーフはMF西川潤(鳥栖)と谷内田。前線3枚は左からMF佐藤恵允(ブレーメン)、内野、MF松村優太(鹿島)となった。

 開始15秒、西川がPA手前でファウルを受けてFKを獲得する。ボールの前に谷内田と西川が並ぶと、谷内田が右足キック。綺麗な放物線を描いた弾道がゴール左隅に突き刺さり、日本が早々に先制点を手にした。

 さらに、日本は前半25分に追加点を挙げる。中盤の松岡が縦にパスを出し、ボールを受けた西川が反転しながら素早く左足キックでPA右に浮き球パスを放つ。待ち構えた内野はトラップが少し大きくなるも、すかさず右足を伸ばしてワンタッチ。追加招集の大学1年生FWの得点で、2-0と点差を広げた。

 日本は守備時に4-4-2となり、西川が内野と前線からプレス。谷内田がボランチの位置まで下がり、松岡と壁を作る。カタールの攻撃には、J1で経験を積む馬場と山崎が対応。カウンターの場面こそ作られるがゴールは割らせず、前半は2-0のまま折り返した。

 後半は相手にボールを握られる展開が続き、後半9分にはサイドからのクロスに強烈なヘディングシュートでゴールを脅かされる。しかし、GK藤田が好反応でセーブし、ゴールを守り切る。日本は同14分に3枚替え。西川、松岡、谷内田を下げ、MF重見柾斗(福岡大/福岡内定)、MF山内翔(筑波大/神戸内定)、MF日野翔太(拓殖大/鳥栖内定)が投入される。山内がアンカーで、重見と日野がインサイドハーフに入った。

 投入から1分後、松村が右サイドでボールを持ち、一気にスピードを上げる。折り返しに日野が右足ダイレクトで合わせるが、ボールはクロスバーを直撃。ダメ押しの3点目とはならない。日本は後半29分に内野に代えて、MF角昂志郎(筑波大)が出場。松村が左ウイング、角が右ウイングに移動し、佐藤が最前線に入った。

 しかし、試合を決め切れない日本はカタールの反撃を食らう。後半34分、アブドゥラ・アル・スラッチに中盤からロングシュートを打たれると、高めの弾道はそのままゴール枠内を捉える。藤田はクロスバーぎりぎりのところをはじき出せずに、ボールはゴールラインを割り、2-1と点差を縮められた。

 日本は後半41分に吉田を下げ、DF関根大輝(拓殖大/柏内定)が入る。同43分にはセットプレーから待望の3点目。日野が中盤からFKを右足で蹴り、敵陣PA内で相手選手がクリアしきれず。ゴール前にこぼれたボールを山崎が押し込み、3-1と勝利を決定づけた。

 そのまま逃げ切りに成功し、日本は初戦を3-1で勝利。日本が所属するD組は3チームでのグループリーグとなっており、25日の第2戦ではパレスチナと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7df4f1813a51c48d390323e7bfe668fe856ae337



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジア大会、本番直前に同組のシリアとアフガニスタン代表が出場辞退…残るC組2チームの無条件GL突破確定で規定変更の可能性も

【サッカー】アジア大会直前に“同組”2か国が出場辞退…残るC組2チームの無条件GL突破確定で規定変更の可能性も [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695030039/
アジア大会マスコット.jpg

1: 征夷大将軍 ★ 2023/09/18(月) 18:40:39.30 ID:oakAZF7s9.net

ゲキサカ23/9/18 16:59
https://web.gekisaka.jp/news/world/detail/?392246-392246-fl

20日から中国で開催されるアジア大会の男子サッカー競技だが、開幕直前にシリア代表とアフガニスタン代表の棄権が決まったようだ。複数の中国メディアが18日に伝えている。

現地報道によると、シリアが先に不参加の意思を表明した後、アフガニスタンも経費の問題や選手の確保が難航したことを原因に出場を辞退することを決めたという。両国はともにC組でグループリーグを戦う予定だったため、ウズベキスタンと香港の2チームだけがC組として大会に挑むことに。声明は出ていないが、既に公式サイトではC組からシリアとアフガニスタンの表記が消されている。

同組の2か国が棄権したことを受け、土壇場で大会規定が変更される可能性もあるようだ。もともとは各組の2位以上に加え、3位のうち成績上位4チームが決勝トーナメントに進出できる。しかし、C組は2チームのみとなったため、ウズベキスタンと香港は試合を行わずにGL突破が確定してしまった。

『新浪体育』は開幕が直前に迫っていることから、GLの組み合わせを再編成する対応は行わないことが決定したと伝えている。一方、他組は1回戦総当たり方式のところをC組に限って2回戦制にすることが決まった模様。それでもC組の両チームは試合結果に関わらず決勝トーナメントに進出できることから、大会主催者はその妥当性を含めてアジアサッカー連盟(AFC)と協議することが報じられており、「2位以上と3位の成績上位4チーム」のGL突破条件に調整が入る可能性もあるとされている。

なお日本はD組に入っていて、パレスチナとカタールが同居している。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ五輪最終予選、国際Aマッチー期間外でも海外組を召集の方針

来年4月のパリ五輪最終予選、国際Aマッチデー期間外でも海外組招集の方針…反町委員長が明かす
https://news.yahoo.co.jp/articles/0fca2ef08bba8d6478438edf500738707ef17d08
反町技術委員長.jpg

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長は14日、千葉市内で技術委員会後に取材に応じ、来年4〜5月にU―23日本代表が出場するパリ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア杯(カタール)について、海外組を含むベストメンバーを招集する方針を語った。

 大岩剛監督が率いるU―22日本代表は12日に、五輪1次予選を兼ねたU―23アジア杯予選(バーレーン)D組を1位通過。同アジア杯の出場を決め、8大会連続の五輪出場を目指す。

 同大会は国際Aマッチデー期間外のため、選手招集に拘束力がなく、所属クラブとの交渉となる。海外組の招集について聞かれた反町委員長は「そういう方向でやるのは間違いない。大岩監督のリクエストに応えられるようにするのは我々の仕事なので、しっかりとクラブとコミュニケーションを取った中で最善の構成にするしかない」と語った。

 同アジア杯予選では、GK鈴木彩艶、MF藤田譲瑠チマ(ともにシントトロイデン)、MF斉藤光毅(スパルタ)、鈴木唯人(ブレンビー)ら海外組8人が招集された。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15873
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1694680915/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、藤尾決勝ゴールでパレスチナ下し2連勝!前戦から10人先発変更 パリ五輪一次予選のGL首位キープ (関連まとめ)

【サッカー】先発10人変更のU-22日本代表がパレスチナ撃破で連勝! 藤尾翔太の決勝弾でパリ五輪一次予選のGL首位キープ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1694294007/
藤尾2023アジア予選パレスチナ戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/10(日) 06:13:27.09 ID:dvVqRnci9.net

[9.9 U23アジア杯予選GL第2戦 日本1-0パレスチナ マナーマ]

 パリオリンピック世代のU-22日本代表は9日、AFC U23アジアカップ カタール2024予選のグループリーグ第2戦でU-22パレスチナ代表と対戦し、1-0で勝利。前半23分にFW藤尾翔太(町田)が先制ゴールを決め、この得点が決勝点となった。グループ単独首位に立った日本は、12日の第3節でバーレーンと対戦する。

【画像】U-22日本代表が笑顔のオフショット

 初戦のパキスタン戦で勝利した日本は、グループ首位を目指して連勝を狙う。対するは、同じく初戦で開催国バーレーンに勝利したパレスチナ。4か国のグループリーグを首位で終えると、来年4月にカタールで行われるパリ五輪最終予選を兼ねるU23アジア杯への出場が決定。中2日の2試合目も連勝すれば、首位に大きく近づくことになる。

 日本は初戦のパキスタン戦からスタメンを10人変更。GK鈴木彩艶(シントトロイデン)はそのままで、フィールドプレーヤーを全員入れ替えた。4-3-3の布陣で、4バックは左からDF中野伸哉(G大阪)、DF木村誠二(FC東京)、DF高井幸大(川崎F)、DF畑大雅(湘南)。アンカーにMF川崎颯太(京都)、左インサイドハーフにMF鈴木唯人(ブレンビー)、右インサイドハーフにMF山本理仁(シントトロイデン)、前線3枚は左からMF平河悠(町田)、藤尾(町田)、MF小田裕太郎(ハーツ)となった。

 開始早々に鈴木彩が蹴ったボールが相手のゴール枠内を捉えるも、相手GKのセーブで得点はならず。その後はボール保持はするものの、相手の4-4-2のブロックに苦戦。前半21分に山本の左CKを高井がヘディングシュートで合わせるが、相手のブロックに遭った。

 危ない場面を作りながらも、冷静に縦パスを狙った日本が前半23分に均衡を破る。最後方の高井から縦パスが出ると、中継した山本がトラップからすばやく再び縦へ。小田がボールの勢いを止めずにそのままPA右に入り込み、折り返したボールを藤尾が右足ダイレクト。高めの弾道でゴールに突き刺し、先制ゴールを挙げた。

 その後も拮抗状態が続く。日本は前半30分、山本が自ら得たFKをPA手前から左足キック。縦回転のかかったボールは惜しくもクロスバーに直撃する。同45分には山本が右CKを左足で蹴り込むと、内巻きのボールを木村がドンピシャのヘッドで合わせる。しかし、相手GKの好セーブに阻まれた。

 猛暑の体力消耗に気をつけながら慎重に試合を運び、日本はそのまま1-0で前半を終えた。ハーフタイムに両者交代はなかった。

 後半も日本は我慢の時間が続く。敵陣近くまで攻め立てて、CKをチャンスを作るが、追加点は奪えない。1点を追いかけるパレスチナ後半11分に2枚替えをし、同28分にも2枚替え。日本は29分に鈴木唯と山本を下げ、MF三戸舜介(新潟)とMF藤田譲瑠チマ(シントトロイデン)が入る。三戸は左インサイドハーフに、藤田は右インサイドハーフに配置された。

 新たなリズムで攻勢を強める日本は後半32分、川崎の縦パスをPA手前の平河が落とし、三戸が右横につなぐ。藤田がPA手前から強烈なミドルを放つが、相手GKにセーブされる。こぼれ球を平河がワンタッチで狙うも、惜しくもゴール枠外に外れた。

 日本は後半37分にも2枚替え。小田と中野に代えて、MF山田楓喜(京都)とDF内野貴史(デュッセルドルフ)が入る。畑が左SBに移動し、内野は右SBへ。山田は小田の位置に入った。42分には藤尾を下げ、FW細谷真大(柏)が出場した。

 日本は手堅くも追加点は奪えず、90分間を通して余裕を持てないまま、試合はそのまま1-0で終了。連勝達成でグループ首位に立った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/770af81b74b3e3910fcfc422cf3a0176f6d8dbbd



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、細谷&三戸2ゴールなどパキスタンに6-0完勝!パリ五輪をかけたU23アジア杯出場に一歩前進(関連まとめ)

【サッカー】U22日本代表がパキスタンに6発大勝! パリ五輪をかけたU23アジア杯出場に一歩前進 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1694045548/
三戸2023U22アジア予選ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/09/07(木) 09:12:28.99 ID:4HjuGXjH9.net

パリ五輪世代のU−22日本代表が7日、バーレーンで行われている「AFC U23アジアカップカタール2024予選」でU−22パキスタン代表と対戦した。

 今大会は、来年に控えたパリ・オリンピックに繋がる重要な大会となっており、予選を勝ち抜くと出場権を得られる「AFC U23アジアカップカタール2024」で3位以内の成績を収めることにより、パリ・オリンピック本大会行きの切符を掴むことができる。初戦となるU−22パキスタン代表戦では、斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム/オランダ)や松木玖生(FC東京)らのほか、今夏にベルギーへと渡った鈴木彩艶(シント・トロイデン/ベルギー)、藤田譲瑠チマ(シント・トロイデン/ベルギー)などが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は、序盤からペースを握った日本がスコアを動かす。12分に右サイドでCKを獲得すると、山田楓喜(京都サンガF.C.)が放ったボールに鈴木海音(ジュビロ磐田)が頭で合わせ、幸先よく先制に成功した。勢いに乗る日本は44分、藤田からのパスを松木が中盤で受けると、ドリブルで持ち運びペナルティエリアに走り込んできた三戸舜介(アルビレックス新潟)へとパス。左足で振り抜いたシュートはゴール右に吸い込まれ、2点差にリードを広げた。

 前半アディショナルタイムには、右サイドから内野貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)がクロスを上げると、斉藤が頭で折り返したボールに細谷真大(柏レイソル)がボレーで合わせ3点目を獲得する。さらに51分には、松木が獲得したPKを細谷が沈めてチームの4点目を奪うと、59分にも藤田がPKを決めてリードを5点に広げる。結局、64分にも三戸が得点を挙げ、最終的には日本が6−0で大勝。AFC U23アジアカップカタール2024予選の初戦を白星で飾った。

【スコア】
U−22日本代表 6−0 U−22パキスタン代表

【得点者】
1−0 11分 鈴木海音(ジュビロ磐田)
2−0 44分 三戸舜介(アルビレックス新潟)
3−0 45分+2 細谷真大(柏レイソル)
4−0 51分 細谷真大(柏レイソル)
5−0 59分 藤田譲瑠チマ(シント・トロイデン/ベルギー)
6−0 64分 三戸舜介(アルビレックス新潟)

▼U−22日本代表(4−2−3−1)
GK:鈴木彩艶
DF:内野貴史、鈴木海音、西尾隆矢、大畑歩夢(85分 中野伸哉)
MF:藤田譲瑠チマ、松木玖生(77分 山本理仁)、山田楓喜(77分 小田裕太郎)、三戸舜介(77分 鈴木唯人)、斉藤光毅
FW:細谷真大(77分 藤尾翔太)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed44f0388d8901f788d66b951b6478bc9df4807




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表FW佐藤恵允、独1部ブレーメンに加入が決定!明治大から異例の海外移籍「貪欲にチャレンジしたい」(関連まとめ)

【サッカー】明治大4年・U-22日本代表FW佐藤恵允、独1部ブレーメン加入発表 大学から異例の海外移籍「貪欲にチャレンジしたい」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1689668601/
佐藤恵允U22.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/07/18(火) 17:23:21.19 ID:76n5eJze9.net

明治大学サッカー所属、U-22日本代表のパリ五輪世代
 明治大学は7月18日、体育会サッカー部4年のFW佐藤恵允が、ドイツ1部ヴェルダー・ブレーメンに加入すると発表した。同選手は「初の海外挑戦で、不安なこともありますが臆することなく貪欲にチャレンジしていきたいと思います」と意気込みをコメントしている。

【動画】大学から異例のドイツ1部移籍! 佐藤恵允が大学時代に見せた無双プレーの瞬間

 明治大の10番を背負う佐藤は、大岩剛監督率いるパリ五輪世代のU-22日本代表メンバーにも名を連ね、昨年9月、今年3月の欧州遠征ではドイツ戦、ベルギー戦で2試合連続ゴールを決めるなど好アピール。来年の五輪本大会メンバー入りも視野に入る逸材だ。

 大学から異例の海外移籍が決まった佐藤は「学校関係者、仲間、家族に深く感謝を伝えたいです」とし、「初の海外挑戦で、不安なこともありますが臆することなく貪欲にチャレンジしていきたいと思います」と、意気込みを示している。

 選手コメントは以下のとおり。

「2023年シーズンよりヴェルダー・ブレーメンに加入することが決まりました。この長い歴史と伝統あるクラブで自分の夢 であったプロサッカー選手になることを実現し、プレーできることを非常に嬉しく思います。また、この内定に際し、今まで 関わってくださった皆様、学校関係者、仲間、家族に深く感謝を伝えたいです。明治大学体育会サッカー部は7月 末をもって退部することになりますが、部を離れても明治魂を忘れることなく全力で挑戦していきます。 チームの一員として、最高のパフォーマンスを発揮し、共に成功を追い求めるために全力を尽くします。初の海外挑戦で、不安なこともありますが臆することなく貪欲にチャレンジしていきたいと思います」

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b8b8f5f5353930e519f8f9f3f7365dd27a7b1ac



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:58 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、イングランド撃破!山本理仁&松村優太のゴールで2-0勝利!欧州遠征(関連まとめ)

【サッカー】パリ五輪世代のU-22日本代表が山本理仁&松村優太のゴールでイングランドに2-0で勝利! オランダ戦に弾み [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1686432927/
U22日本代表2023.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/06/11(日) 06:35:27.46 ID:GFxk/+gH9.net

パリ・オリンピックを目指すU-22日本代表は10日、U-21イングランド代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。

9月にアジア予選を兼ねたAFC U-23アジアカップを戦う日本。イングランドは、今月から開催されるU-21欧州選手権に参加するチーム。プレミアリーグでもプレーする錚々たるメンバーが名を連ねた。

日本はGKに小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)、ディフェンスラインに奥田勇斗(桃山学院大学)、鈴木海音(ジュビロ磐田)、木村誠二(FC東京)、加藤聖(V・ファーレン長崎)、中盤に藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)と山本理仁(ガンバ大阪)、三戸舜介(アルビレックス新潟)、平河悠(FC町田ゼルビア)、鈴木唯人(ストラスブール)、小田裕太郎(ハート・オブ・ミドロシアン)が先発した。

対するイングランドは、MFエミール・スミス・ロウ(アーセナル)やMFハーヴェイ・エリオット(リバプール)、FWアンソニー・ゴードン(ニューカッスル)、MFオリヴァー・スキップ(トッテナム)、FWノニ・マドゥエケ(チェルシー)などが先発出場した。

前半はイングランドがペースを握ることに。ボールをポゼッションしながらゲームをコントロール。マドゥエケがビッグチャンスを迎えたが、GK小久保に防がれる。8分には遠目からのロブショットを放つも、小久保がヘディングでクリア。その後は、セーブでゴールを許さない。

イングランドのペースで試合は進む中、日本はなかなかチャンスを作れず。セットプレーからチャンスは作ったが、ゴールを奪えなかった。

0-0で迎えた後半、日本がチャンスを作っていく。55分にはCKから木村がヘッドもゴールならず。ただ、59分にはミドルシュートのこぼれ球を山本が詰めて日本が先制する。

さらに75分には途中出場の松村優太(鹿島アントラーズ)が追加点。日本はゴールを許さず、2-0でイングランドに勝利。次はオランダとの試合に臨む。

U-21イングランド代表 0-2 U-22日本代表
【日本】
山本理仁(後14)
松村優太(後30)

>>2以降に続く


2: 久太郎 ★ 2023/06/11(日) 06:35:40.84 ID:GFxk/+gH9

>>1
◆U-22日本代表メンバー
GK
23.小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)
DF
2.奥田勇斗(桃山学院大学)
→82分 内野貴史(デュッセルドルフ)
4.鈴木海音(ジュビロ磐田)
→82分 関根大輝(拓殖大学)
5.木村誠二(FC東京)
21.加藤聖(V・ファーレン長崎)
→82分 今野息吹(法政大学)
MF
8.藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)
→82分 松岡大起(グレミオ・ノヴォリゾンチーノ)
7.山本理仁(ガンバ大阪)c︎
→69分 重見柾人(福岡大学)
14.三戸舜介(アルビレックス新潟)
→69分 松村優太(鹿島アントラーズ)
13.平河悠(FC町田ゼルビア)
→61分 佐藤恵允(明治大学)
10.鈴木唯人(ストラスブール)
→82分 西川潤(サガン鳥栖)
FW
19.小田裕太郎(ハート・オブ・ミドロシアン)
→61分 藤尾翔太(FC町田ゼルビア)

◆U-21イングランド代表
1.カール・ラッシュワース(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)
→45分 アンソニー・パターソン(サンダーランド)
→90分 ジェームス・トラフォード(マンチェスター・シティ)
3.ルーク・トーマス(レスター・シティ)
→60分 ジェームズ・ガーナー(エバートン)
4.チャーリー・クレスウェル(リーズ・ユナイテッド)
→75分 レヴィ・コルウィル(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)
5.テイラー・ハーウッド=ベリス (マンチェスター・シティ) c︎
→75分 ジャラッド・ブランスウェイト (エバートン)
7.ノニ・マドゥエケ(チェルシー)
→60分 キャメロン・アーチャー(アストン・ビラ)
8.トミー・ドイル(マンチェスター・シティ)
9.エミール・スミス・ロウ(アーセナル)
→60分 ジェイコブ・ラムジー(アストン・ビラ)
10.ハーヴェイ・エリオット(リバプール)
11.アンソニー・ゴードン(ニューカッスル)
→60分 モルガン・ギブス=ホワイト(ノッティンガム・フォレスト)
16.マックス・アーロンズ(ノリッジ・シティ)
→75分 ルイス・ホール (チェルシー)
18.オリヴァー・スキップ(トッテナム)
→60分 カーティス・ジョーンズ(リバプール)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ五輪予選を兼ねるU23アジア杯組合せが発表!日本はバーレーン、パレスチナ、パキスタンと同組(関連まとめ)

【サッカー】24年パリ五輪予選抽選会 日本は苦手中東勢のバーレーン、パレスチナが入る死の組に [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1685003746/
2022U22日本代表.jpg

1: 征夷大将軍 ★ 2023/05/25(木) 17:35:46.35 ID:e6f7NWQB9.net

アジアサッカー連盟(AFC)は25日、2024年パリ五輪の予選を兼ねるU―23アジアカップ1次リーグの組み合わせ抽選会を開催し、悲願の金メダルを目指す大岩ジャパンは苦手の中東勢が2チーム入る死の組≠ニなった。

U―23アジアカップは1次リーグを9月4日から同12日に行い、各組1位、2位の上位4チーム、開催国カタールの16チームが来年4月開幕の決勝トーナメントに進出。パリ五輪のアジア枠は3・5で、4位に入ったチームは大陸間プレーオフにまわる。

まずは1位での突破を目指す中、大岩ジャパンはバーレーン、パレスチナ、パキスタンと同じD組に入った。バーレーンは中東の強豪で1次リーグ開催国でもあり、日本が苦手とする中東アウェーでの戦いを強いられる。さらにパレスチナもアンダー世代が強化されており、不気味な存在だ。

パリ五輪で金メダルを目指す大岩ジャパンにとっては、いきなり厳しい戦いが待ち受けていそうだ。

東スポWEB
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/264329
5/25




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、ベルギーに2-3惜敗…佐藤恵允2戦連発&鈴木唯人圧巻ゴールで一時追い付くも終盤の失点で敗れる(関連まとめ)

【サッカー】U-22代表、ベルギーに2−3惜敗。佐藤の2戦連発弾、鈴木唯の圧巻ショットで2点ビハインド追いつくも終了間際に失点 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1679965237/
鈴木唯人2023U22日本代表ベルギー戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/03/28(火) 10:00:37.95 ID:iVrCO7P59.net

 U-22日本代表は現地時間3月27日、国際親善試合でU-22ベルギー代表とスペインのムルシアで対戦。2−3で敗れた。

 大岩剛監督が率いる日本のスタメンは以下のとおり。4−2−3−1で、GKに小久保玲央ブライアン、4バックは右から中村拓海、西尾隆矢、鈴木海音、加藤聖、ダブルボランチは川ア颯太と藤田譲瑠チマ、2列目は右から松村優太、鈴木唯人、平岡大陽、1トップは木村勇大というラインナップだ。

 立ち上がりからペースを握りたかった日本だが、開始5分に先制を許す。縦パスをカットされると、その流れからラマザニの鋭いミドルでゴールを割られる。

 その後もベルギーのスピードとパワーにやや後手を踏み、組み立てで苦戦。前線の木村や鈴木唯にパスが入っても、相手の強度の高い守備の前に思うようにチャンスを作れない。

 20分にはピッチ中央でバックパスを奪われると、中央から崩されてフェルテッセンの一撃をくらう。

 2点のビハインドを負った日本は果敢に反撃を試みる。敵陣のエリアまでボールを運ぶシーンをいくつか作るものの、あと一歩が足りず、得点には至らない。前半は0−2で折り返す。
 
 迎えた後半、細谷真大や佐藤恵允を投入するなど4人を入れ替えた日本はさらに攻勢を強め、相手ゴールに迫る。そして54分、1点を返す。

 右CKを木村誠二がヘッドで後方に流し、ファーで待つ佐藤が右足シュートをねじ込む。3日前に2−2で引き分けたU-22ドイツ代表戦でも同じような形で佐藤が得点しており、得意なパターンでネットを揺らしてみせた。

 さらに64分、日本が同点に追いつく。敵陣中央の右エリアで藤田からのパスを受けた鈴木唯がそのままドリブルで持ち運び、ペナルティエリアに入ったところで右足を強振。力強いショットで試合を振り出しに戻した。

 前半とは打って変わり、躍動感あふれる戦いぶりを見せる大岩ジャパン。だが、86分、左サイドを崩されて、最後はファエセンに決められる。このゴールが決勝点となり、日本は惜しくも敗れた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b60f51be0b46fe2827addfc48c7fd2afb76dc44


※一部内容を追記しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:44 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、佐藤恵允&細谷真大ゴールでドイツと壮絶な打ち合いの末2-2ドロー!GK鈴木彩艶が好守連発(関連まとめ)

【サッカー】U-22日本代表、U-22ドイツと壮絶打ち合いの末にドロー! 失点から佐藤恵允、細谷真大の2発で逆転も追いつかれる [豆次郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1679685147/
佐藤恵允と細谷真大2023U22ドイツ代表戦.jpg
1: 豆次郎 ★ 2023/03/25(土) 04:12:27.82 ID:cKsEDkPN9.net

3/25(土) 4:09配信
ゲキサカ
U-22日本代表はU-22ドイツと壮絶打ち合いの末にドロー! 失点から佐藤恵允、細谷真大の2発で逆転も追いつかれる

[3.24 国際親善試合 U-22日本 2-2 U-22ドイツ フランクフルト]

 パリ五輪を目指すU-22日本代表は24日、ドイツ・フランクフルトで欧州遠征の親善試合初戦・U-22ドイツ代表戦を行い、2-2で引き分けた。27日にはスペイン・ムルシアでU-22ベルギー代表と対戦する。

 日本は4-3-3の布陣を敷き、GKは鈴木彩艶(浦和)、4バックは左からDF加藤聖(長崎)、DF木村誠二(FC東京)、DF西尾隆矢(C大阪)、DF内野貴史(デュッセルドルフ)。ボランチ2枚はMF川崎颯太(京都)とMF山本理仁(G大阪)。2列目は左からMF佐藤恵允(明治大)、MF鈴木唯人(ストラスブール)、MF山田楓喜(京都)。1トップはFW細谷真大(柏)が入った。

 序盤から押し込まれる展開だった日本だが、前半40分にPKを与えて失点を喫する。しかしその3分後にすかさず同点に追いつく。前半43分、鈴木唯の左CKを西尾が逸らし、最後は佐藤が頭で押し込んで同点ゴール。前半は1-1で後半に折り返した。

 後半開始早々、日本が試合をひっくり返す。後半1分に佐藤が前線で奪い切ると、PA左から折り返す。待ち構えた細谷が冷静に押し込み、2-1と逆転に成功した。だが、またしても即座にスコアが動く。日本は後半4分にサイドの突破を許してゴールを決められる。再び2-2と振り出しに戻った。

 後半14分、日本は2枚替え。川崎と山田を下げ、MF藤田譲瑠チマ(横浜FM)とMF松村優太(鹿島)が投入された。同31分には4枚替え。細谷、佐藤、山本、加藤に代えて、FW西川潤(鳥栖)、FW木村勇大(京都)、MF田中聡(コルトレイク)、DF今野息吹(法政大)が入る。今野が左SB、田中は藤田とボランチでコンビを組み、2列目は左から木村、鈴木唯、松村。1トップに西川が入った。

 日本は後半41分にさらに2枚替え。内野、鈴木唯を下げ、DF中村拓海(横浜FC)とMF平岡大陽(湘南)が投入された。反撃の隙をうかがいながら守勢を保った日本は、そのまま試合終了。欧州遠征の初戦は2-2で痛み分けに終わった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ff163c3ab9fde9e6de5cbf7f04bec16f1531e95



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:30 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、3月欧州遠征メンバーを発表!ドイツやベルギーと対戦へ パリ五輪世代(関連まとめ)

【サッカー】U-22日本代表、3月の欧州遠征に臨むメンバー発表! ドイツ&ベルギーと対戦へ [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1678945158/
2023U22日本代表世代.jpg
1: 征夷大将軍 ★ 2023/03/16(木) 14:39:18.95 ID:RAjXHpfO9.net

日本サッカー協会(JFA)は16日、3月に行われる欧州遠征に臨むU−22日本代表メンバーを発表した。

 パリ五輪世代のU−22日本代表は3月の国際親善試合で、同24日にU−22ドイツ代表と、同27日にはU−22ベルギー代表と対戦する。なお、U−21日本代表は19日に集合。海外クラブ所属選手たちは20日に現地で合流し、28日に現地で解散する予定となっている。

 メンバーには小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)や斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム)、鈴木唯人(ストラスブール)ら海外組5名に加え、西尾隆矢(セレッソ大阪)や藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)、細谷真大(柏レイソル)などの国内組18名が選出された。

 発表されたメンバー23名は以下の通り(※は海外クラブ所属で20日に現地で合流予定の選手)。

▼GK
23 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)※
12 佐々木雅士(柏レイソル)
1 鈴木彩艶(浦和レッズ)

▼DF
22 内野貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)※
2 中村拓海(横浜FC)
3 西尾隆矢(セレッソ大阪)
5 木村誠二(FC東京)
21 加藤聖(V・ファーレン長崎)
15 畑大雅(湘南ベルマーレ)
4 鈴木海音(ジュビロ磐田)

▼MF
20 松村優太(鹿島アントラーズ)
17 本田風智(サガン鳥栖)
9 山田楓喜(京都サンガF.C.)
6 川ア颯太(京都サンガF.C.)
18 斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム/オランダ)※
10 鈴木唯人(ストラスブール/フランス)※
7 山本理仁(ガンバ大阪)
8 藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)
16 田中聡(コルトレイク/ベルギー)※
19 平岡大陽(湘南ベルマーレ)
14 三戸舜介(アルビレックス新潟)

▼FW
11 細谷真大(柏レイソル)
13 西川潤(サガン鳥栖)

SOCCER KING 3/16
https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20230316/1748385.html



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:35 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)