アンテナ・まとめ RSS

五輪代表

【動画有】中村俊輔、東京五輪日本代表を語る「林大地は最先端のFW」「久保君はどんどん突っ掛ける所が好き」

《メディア情報 》 8/1(日)TBSスポーツ情報番組 「S☆1」内サッカーコーナー「スーパーサッカー」に中村俊輔選手が出演!
https://www.yokohamafc.com/2021/07/31/s10801/
俊輔語る林大地.jpg

《メディア情報 》 8/1(日)TBSスポーツ情報番組 「S☆1」内サッカーコーナー「スーパーサッカー」に中村俊輔選手が出演!

お知らせクラブトップチーム
2021.7.31 Sat

8/1(日)24時放送のTBSスポーツ情報番組 「S☆1」内サッカーコーナー「スーパーサッカー」に中村俊輔選手が出演します。

ぜひご覧ください。


番組概要
■放送局:TBSテレビ


■番組名:TBSスポーツ情報番組
「S☆1」内サッカーコーナー「スーパーサッカー」


■放送日時:8月1日(日) 24時〜

※8月2日(月)0時となります。


■出演選手:中村俊輔


■番組サイト:https://www.tbs.co.jp/s-1/

俊輔語る林大地02.jpg

【中村俊輔】ていうか『焼肉連れていってください』 1345
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1627129213/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(23) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本代表MF三笘薫、スペイン戦にむけ闘志燃やす「悔しい思いをしている」「自分の武器を出していきたい」

【サッカー】「悔しい思いをしている」…静かに闘志燃やす三笘薫、スペイン戦で本領発揮なるか [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1627942740/
三笘東京五輪練習.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2021/08/03(火) 07:19:00.44 ID:CAP_USER9.net

ここまで本領を発揮するまでには至っていない。しかし、あと2試合残されている。
U-24日本代表MF三笘薫(川崎F)は「チャンスが来たとき、どれだけ良いパフォーマンスを出せるかに集中している」と静かに闘志を燃やしている。

事前合宿を負傷で出遅れたことも影響し、東京五輪本大会での出場はグループリーグ第2節メキシコ戦の10分、準々決勝ニュージーランド戦の30分に限られている。
そのニュージーランド戦でも「自分自身として、自分の特長を出すことがなかなかできなかった。満足いくプレーはできなかったし、
得点を期待されている中で、結果を残せなくて悔しい思いをしている」と唇を噛んだ。

「まだ試合にもあまり出られていない。コンディションを含めてもっともっと上げていきたい」

 準決勝で対戦するU-24スペイン代表とは、本大会前のキリンチャレンジ杯で対戦して1-1で引き分けている。
「(日本は)ここまで守備が安定して少ないチャンスをモノにしているシーンが多い。
ボールを握ったときにどれだけ相手に迫れるかというところで、自分の武器を出していきたい」と意気込みを示した。

J1リーグで示す圧倒的な存在感をピッチ上で披露し、チームに勝利を、五輪史上初の決勝進出をもたらすゴールを奪いたいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fd90c44d058c3f2aec0eead65fa2ba4f5b3381ac




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:48 | 大阪 ☔ | Comment(39) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、サンプドリアもNz戦の奮闘を称賛「歴史を記す助けになっている」「よくやったキャプテン」

「歴史を記す助けに」吉田麻也の奮闘を、サンプドリアも称賛!「よくやった、キャプテン」【東京五輪】
https://news.yahoo.co.jp/articles/2eda6f7864b8ed963d79a3f2de5c6d99853db9f3
吉田麻也五輪指示.jpg

 2大会ぶりの五輪準決勝進出を決めた最後のキッカーを努めたのは、オーバーエイジ枠で出場する経験豊富なベテラン主将だった。吉田麻也の活躍を、所属クラブも喜んでいる。

 7月31日の東京五輪男子サッカー準々決勝で、日本代表はニュージーランド代表と対戦し、PK戦の末にベスト4進出を決めた。延長戦を含む120分間をスコアレスで終えると、PK戦では谷晃生のセーブと相手のミスでリード。日本は4人全員が決め、準決勝に駒を進めた。

 決めれば突破確定という大事な1本を、冷静なキックで確実に決めたのが吉田だ。所属のサンプドリアは、インスタグラムの公式アカウントで、吉田が谷らチームと喜ぶ写真を投稿。英語で「よくやった、キャプテン」と吉田を称賛した。吉田もハートマークの絵文字で“感謝”している。
 
 また、英語版公式ツイッターでも同じ画像で日本の準決勝進出を伝えると、さらに吉田単独の画像を投稿。「この男は、このキャプテンは、母国のために歴史を記す助けとなっている」とたたえた。

 吉田は2020年冬にサウサンプトンからサンプドリアに移籍。新型コロナウイルスの影響とロックダウンで難しい船出を強いられたが、堅実なパフォーマンスでクラウディオ・ラニエリ監督の信頼をつかんだ。守備の国イタリアで奮闘し、昨季途中に契約延長を勝ち取っている。

 ラニエリが退任したサンプドリアは、新シーズンから昨季までパルマを率いたロベルト・ダベルサ監督が就任した。吉田はキャプテンとして日本を悲願のメダルに導き、新たな指揮官にアピールできるだろうか。

吉田麻也 part1
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1602739993/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本DF橋岡大樹、Nz戦奮闘!従兄弟の橋岡優輝は走り幅跳びで決勝進出「2人でメダルを取れたら」

橋岡大樹、初先発で“守役”ガッチリ!いとこの優輝は走り幅跳び決勝進出の快挙「2人でメダルを取れたら」
https://www.sanspo.com/article/20210801-XHASOFXZUJLFJPD3QPZ3VTSW5Y/?outputType=theme_tokyo2020
橋岡Nz戦.jpg


東京五輪第9日・サッカー 男子準々決勝、日本0−0ニュージーランド=PK4−2(31日、カシマスタジアム)男子の準々決勝で、日本はニュージーランドと対戦し、延長を終えて0―0からのPK戦を4―2で制した。DF橋岡大樹(22)=シントトロイデン=は今大会初先発。いとこで陸上男子走り幅跳びの橋岡優輝(22)=富士通=も決勝に進み、いとこ同士でメダル獲得に挑む。

開始早々、相手の肘が腹部を直撃。もんどりうって倒れたDF橋岡は立ち上がると、その後は120分間フル出場。無失点に貢献した。

「勝利に貢献できたことはうれしい。酒井選手がいないから負けたと言われるのは嫌だった」

オーバーエージ(OA)枠のDF酒井が累積警告で出場停止となったため、今大会初めて右サイドバックで先発。そして、いとこで1学年上の橋岡優輝はこの日、陸上男子走り幅跳び予選に出場した。2013年に東京五輪招致が決定したときに「一緒に出よう」と語り合った2人が夢を実現した。


小さいころは、ともに陸上大会に出場。「僕の方が足が速かったんですけどね」と当時を懐かしみ、「今は優輝の方が注目されているけど、僕も注目されないといけない。刺激を受けている」と力を込める。

「いとこ同士で五輪に出るというのはなかなかない。お互いに刺激し合って、2人でメダルを取れたらいい」

橋岡優輝練習着.jpg

※走り幅跳びの橋岡優輝選手
◆PK戦 レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1627730921/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:39 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nz代表、感謝のメッセージをロッカールームに残す「素晴らしい時間を過ごせました。」

【サッカー五輪】U-24ニュージーランド代表、ロッカールームにメッセージ残す「素晴らしい時間を…」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1627817421/
Nz代表PK戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/08/01(日) 20:30:21.91 ID:CAP_USER9.net

東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー準々決勝でU-24日本代表と対戦し、PK戦で敗れて大会を終えることになったU-24ニュージーランド代表は、試合後のロッカールームに日本へのメッセージを残した。日本代表公式ツイッターアカウントが1日に明らかにしている。

 ニュージーランドは7月31日に茨城カシマスタジアムで開催された準々決勝で日本と激突。グループリーグでの結果や開催国であることなどから日本の圧倒的優位が予想された一戦ではあったが、120分間を0-0で終えてPK戦にまでもつれ込む接戦となった。


 今大会の初戦ではU-24韓国代表を破って五輪初白星を挙げ、初の準々決勝進出を果たすなど、ニュージーランドにとっては世界に向けて力を示すことができた大会となった。日本に敗れる結果には終わったが、感謝と激励のメッセージを残して爽やかに大会を後にしている。

 ロッカールームのホワイトボードに残されたメッセージは、「ありがとう鹿島 東京2020 素晴らしい時間を過ごせました。日本代表の幸運を祈っています。頑張れ! ニュージーランドフットボール」というもの。日本語と英語で同様のメッセージが残されていた。

 激戦を制して準決勝進出を果たしたU-24日本代表は、3日の準決勝でU-24スペイン代表と対戦。メダル獲得の決まる決勝進出に向け、ニュージーランドからの期待も背負って戦うことになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fdc9c1a645cb9afac9f72073f416fa6b9e779594

Nzメッセージ.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:05 | 大阪 ☀ | Comment(28) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nz代表、日本に延長PK戦の末に敗退も母国メディアは賛辞「これ以上のことはできない」「夢が潰えたのは残念だが、それが続いたことは夢のようだ」

【サッカー】「これ以上のことはできない」PK戦で苦杯もNZメディアは自軍に賛辞!「夢が潰えたのは残念だが…」 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1627743014/
Nz代表日本戦試合後.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2021/07/31(土) 23:50:14.44 ID:CAP_USER9.net

「世界の舞台で見せた最高のパフォーマンスのひとつと言える」

U-24日本代表は7月31日、東京五輪の準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦。立ち上がりから押し込み、再三決定機を迎えるも、延長戦を含む120分では得点を奪えず。勝負の行方はPK戦に委ねられると、GK谷晃生の好守も飛び出し、4人目までに相手は2本失敗。対して日本は全員が成功させ、激闘をモノにした。

この結果に、ニュージーランド紙『The New Zealand Herald』は、悔しさを滲ませながらも、史上初めて決勝トーナメントまで進んだ自軍を称えている。

「アウトサイダーとして見られていたニュージーランドは、準々決勝で驚異的な力を発揮したが、最終的にPK戦で敗れてしまった。しかし、Oly Whites(五輪チームの愛称、フラ代表はAll Whites)は、これ以上のことはできなかったと、胸を張って旅立つことだろう。50分でキャプテンのウィンストン・リードを失ったにもかかわらず、2010年のワールドカップや、2017年にウェリントンで行なわれたペルー戦のように、世界の舞台で見せた最高のパフォーマンスのひとつと言えるだろう」

対戦相手の日本についても冷静に分析。その用意周到さを強調している。

「日本はグループリーグで、フランスを4-0で破ったのをはじめ、全ての試合で勝利し、非常に印象的だった。何か月もかけてキャンプを行ない、何年もかけて準備をしてきた彼らは、レアル・マドリー(久保建英)、サンプドリア(吉田麻也)、ボローニャ(冨安健洋)、シュツットガルト(遠藤航)、PSV(堂安律)などから選手を集めていたのだ。そして気温27度の暑さに加えて湿度82%という過酷な条件も待ち受けていた。夢が潰えたのは残念だが、それが続いたことは夢のようだ」

オセアニアの雄の夢を打ち砕いた日本は、この勢いのままヨーロッパの雄も叩くことができるか。スペインとの準決勝は8月3日、埼玉スタジアムで20時キックオフだ。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=95394
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/95394_ext_04_0.jpg_1627740372.webp?v=1627741289


※一部編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:03 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、NZ戦を解説「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」

【男子サッカー】「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」本田圭佑がNZ戦を解説! [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1627732401/
本田圭佑振り返る.jpg
1: 征夷大将軍 ★ 2021/07/31(土) 20:53:21.93 ID:CAP_USER9.net

サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=95371
7/31(土) 20:47

 本田圭佑は7月31日、自身がCEOを務める会社などが運営している音声コンテンツサービス「NowVoice」で、東京五輪の男子サッカー準々決勝、日本とニュージーランドの一戦のライブ解説を配信している。

 PK戦に突入した戦いに、本田はこう解説している。

「格下は格下。だけどニュージーランドは強いチーム。戦術ひとつでこれだけ戦える。無駄がないから、最後になってもここまでプレスをかけに来れている」と評価。

 後半から1列前に上げた旗手怜央の攻撃シーンを見ると、「決めてないけどジャンプの選手抜群やね」「13番旗手さん?メッチャ攻撃的やん」という驚きも。

 81分の上田綺世のシュートには、「あのシチュエーションは堂安さん次第」「GKよう止めたやん。アレ止める?コースも凄い良かった。ちょっと左に蹴っていれば」とアツくなる場面も。

 直後に攻撃に出た場面では、「疲れてんのかな久保さん」と久保の疲労を気に掛ける場面も。「でも久保さんは代えられない」と日本の至宝に期待を寄せている。
 
 延長から投入された三笘薫についてはこう評価した。

「ここまで使えなかったということは、何かあると思う。コンディションが良くないのかも」もしくは、「森保さんが凄い策士だったら、ここから凄い活躍をするかも。相手も疲れているから普通に活躍するかもしれないよね。あのドリブルはちょっと止められないかも」

「日本が思ったよりも繋げていない」として、「森保さんから要請が来たらこれから教えに行くよ」と饒舌に解説している。

 久保建英のカウンターのシーンでは、「良い!結果論やから、あそこは打っていくの良い」「久保さんもう少し右足も上手いかと思ったけど」と同じ左利きの本田ならではのエールを送っている。

 延長後半のピンチのシーンでは、「ナイス麻也!これ勝ったら麻也MVPやね」と大興奮。

「今日はもう内容とかはいい。相手の監督を褒めるしかない」「あとは勝てばいい」と日本の勝利を願った。

 突入したPK戦では「誰でも良い。結果論」「わからへん」とし、「ここまで来たら運よ。運以外のなにものでものない」とPK戦論を語る。

 さらに、「PK戦は失うものが何もないからニュージーランドのほうが有利」とするものの、「緊張してもGKショボかったら決めれるし、ナイス」「GK動くの速いな。みんな見てから蹴る系だったら、余裕かも」「ナイス!ナイス!ナイスキーパー」とし、2本リードを奪った状況では、「もうここまでくれば勝ちや!リラックスしてるから負けない」と勝利を確信。

「良し!」と勝利を喜び、今日のMVPに吉田麻也を選出した。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー東京五輪ベスト4が決定!日本×スペイン、ブラジル×メキシコが準決勝で対戦へ(関連まとめ)

【サッカー】東京五輪準決勝カードが決定!日本はスペイン、前回王者ブラジルはメキシコと激突 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1627736666/
東京五輪4強.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2021/07/31(土) 22:04:26.44 ID:CAP_USER9.net

東京五輪男子サッカー競技のベスト4が出揃った。

東京五輪準々決勝は31日に開催。U-24日本代表はU-24ニュージーランド代表と対戦。PK戦の末に下し、2大会ぶりのベスト4進出を決めた。
一方で、スペインとコートジボワールの戦いは激闘に。90分間を2-2で終え、ラファ・ミルのハットトリックなどで延長戦の末に5-2とスペインが勝利している。

また、前回王者ブラジルはエジプトを相手に攻めあぐねるも、1-0と辛勝。準決勝では韓国を6-3と一蹴したメキシコとの対戦が決まっている。

準決勝の組み合わせは以下の通り。

8月3日(火)
17:00 メキシコvsブラジル [カシマ]
20:00 スペインvs日本 [埼玉]

https://news.yahoo.co.jp/articles/84b88eee30954b37ac5ebc0496964ac6ba9d50c7?tokyo2020



※各試合については別途まとめます。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:26 | 大阪 ☀ | Comment(23) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本、PK戦制し五輪準決勝進出!殊勲のGK谷晃生「『川口能活コーチにヒーローになって来い』と送り出してもらった」まとめその4(関連まとめ)

殊勲の守護神・谷晃生、「川口能活コーチにヒーローになって来い」と送り出してもらった
https://news.yahoo.co.jp/articles/b53547ae29d7d9482d24eb82b28463918ba8e25e
日本NZ戦勝利02.jpg


東京オリンピック(五輪)2020でU-24日本代表は31日、U-24ニュージーランド代表と茨城カシマスタジアムで準々決勝を戦い、延長PK戦の末、2012年ロンドン五輪以来となる準決勝進出を決めた。

グループAを大会唯一の3連勝で終えた日本は、U-24韓国代表などと同居したグループBを2位通過したニュージーランドと対戦。スタメンには、3戦連続ゴールの久保建英(レアル・マドリード)、背番号10の堂安律(PSV)、フランス戦から復帰した冨安健洋(ボローニャ)が顔を並べた。オーバーエイジ(OA)では吉田麻也(サンプドリア)と遠藤航(シュツットガルト)が先発するも、酒井宏樹(浦和レッズ)は累積警告によりメンバー外。右サイドバックには、橋岡大樹(シントトロイデン)が初先発した。

互いに集中した緊張感あふれる一戦は、スコアレスのまま90分が終了し、延長戦でも決着がつかず。勝敗はPK戦に持ち越された。本大会全試合にフル出場していたGK谷晃生(湘南ベルマーレ)が、ニュージーランド2人目のキッカー、リベラト・カカーチェのシュートをセーブし勝利を導いた。

背番号12の守護神が試合後のフラッシュインタビューに応じた。

開口一番「ホッとしています」と笑顔を見せた谷。PK戦の前に川口能活GKコーチと話していたことについて問われると、「相手のキッカーの情報を紙に書いて、バーっと見ていたんですが、覚え切れないというか。でも、能活さんに最後『お前の判断でお前が自信を持ってやれば絶対止められる。ヒーローになってこい』と言って送り出してもらった」と答えた。幾多の修羅場を経験してきた川口GKコーチの存在が、大きな後ろ盾となっていた。

拮抗した難しい展開の中でピンチもあったが、DF陣含め全員が集中して無失点で120分を終了。「難しいゲームになりましたが、守備がゼロで追われたことが、PK戦での勝ちにつながった」と振り返る。そして来る準決勝・スペイン戦に向けて最後にこう結んだ。

「難しいゲームになると思いますが、自分がしっかり仕事をしてチームを勝利に導けるように。今日から切り替えて最善の準備をしたいと思います」

難敵・ニュージーランドを破った日本は8月3日、埼玉スタジアムでスペイン代表と準決勝を戦う。


ガンバ大阪 Part3277
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1627429823/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:43 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本、Nz下し東京五輪準決勝進出!堂安律「守備陣に助けられたので、次は攻撃陣が助けられるような活躍をしたい」まとめその3(関連まとめ)

堂安律「金メダルしか頭にない、次はオフェンス陣が活躍したい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/63e5945806d000295e0d14bb07c76151aa3ada4c
堂安2021五輪NZ戦.jpg


<東京オリンピック(五輪):サッカー・日本0−0(4PK2)ニュージーランド>◇男子準々決勝◇31日◇カシマスタジアム

日本が12年ロンドン大会以来の準決勝進出を決めた。ともに無得点で迎えたPK戦を4ー2で制した。

120分間でゴールを決められなかったMF堂安は試合後「PK勝ちというのは僕たちが期待していた勝利ではないですけど、120分間戦って、途中出場の選手もチームのために戦ってくれて、ワンチームで総合力で勝つことができた」と喜び「僕たちは金メダルしか頭にないので、次も勝って決勝にコマを進めたい。今日はGK谷を筆頭にディフェンス陣に助けられたので、次はオフェンス陣がディフェンス陣を助けてあげられるような活躍がしたい」と準決勝のスペイン戦へ意気込みを示した。

堂安律 part12
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1624022319/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:28 | 大阪 ☁ | Comment(31) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U24日本、PK戦の末にNz下し東京五輪準決勝進出!久保建英はスペイン戦に闘志燃やす「120%、150%の力でチームを勝たせたい」まとめその2(関連まとめ)

久保建英、スペイン戦にメラメラ闘志「120%、150%の力でチームを勝たせたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/474e25610d6c70aec6abf383a992367707d5f06b
久保2021五輪NZ戦.jpg

[7.31 東京五輪準々決勝 U-24日本 0-0(PK4-2) U-24ニュージーランド カシマ]

 8月3日の準決勝で対戦するスペインに対して、U-24日本代表MF久保建英が並々ならぬ闘志を燃やした。

 グループリーグの戦いを唯一の3連勝で勝ち上がった日本にとっても、決勝トーナメントの戦いは容易ではなかった。120分を0-0で終えると、GK谷晃生のストップなどで何とかPK戦をものにして、勝ち上がりとなった。

 試合後のインタビューに答えた久保も「すごくうれしいですね。谷晃生選手がチームを救ってくれて、チーム一丸となって勝ててうれしい」とホッとした表情をみせると、「今日は攻撃陣がチームの助けになれなくて、守備陣に迷惑をかけてしまった。チーム一丸となってPKで勝てたので、最低限の結果かなと思います」と続けた。

 準決勝の相手はスペインに決まった。久保にとってもスペインは、現在も拠点を置く特別な国。「グループリーグが始まる時から準決勝は普通に行けばスペインだろうなと思っていた」と十分に意識していたことを明かすと、「自分の中で一つひとつと話していたけど、ここ(スペイン戦)に100%の力で行こうと思っているし、120%、150%(の力)でチームを勝たせたいと思います」と力強く話した。

「どうせ2試合やるなら最後、最終日にしっかり決勝の舞台で戦いたい。次の試合も全力でぶつかりたいと思います」

【LaLiga/五輪代表】久保建英応援スレ part605
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1627731296/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:18 | 大阪 ☁ | Comment(33) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神様仏様谷様】日本、ニュージーランドとの延長PK戦の死闘制し東京五輪準決勝進出!PK戦でGK谷晃生がビッグセーブ!まとめその1(関連まとめ)

U-24日本代表、ニュージーランドとの死闘制して東京五輪ベスト4進出! PK戦で守護神・谷晃生セーブに最後は主将・吉田麻也
https://news.yahoo.co.jp/articles/49e7f7e6bdd89d7088cf57a7081630d8971c12d9
日本NZ戦勝利.jpg


U-24日本代表は31日、東京オリンピック(五輪)2002の準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦した。

“死の組”とも評されたグループAを大会唯一の3連勝で終えた日本。準々決勝では、U-24韓国代表などと同居したグループBを2位で通過したニュージーランドと対戦した。

スタメンには、ここまで3戦連続で先制点を奪取している久保建英を引き続き先発起用。背番号10の堂安律、フランス戦から復帰した冨安健洋もスタートからピッチに立った。

また、オーバーエイジ(OA)では吉田麻也と遠藤航がスタメンとなったが、酒井宏樹は累積警告によりメンバー外。右サイドバックのポジションでは橋岡大樹が選ばれた。

試合は開始早々の2分、右サイド浅い位置で獲得したFKからクロスが跳ね返されると旗手怜央が距離のある位置から右足でシュート。枠を捉えなかったもののまずは日本がファーストシュートを放つ。

立ち上がりからテンション高く中盤でボールを奪い合う両チーム。ボールを繋いで攻めあがろうとする日本に対してニュージーランドは高い位置からプレスをかけて自由にやらせてくれない。

それでも10分には右CKの流れからボックス右で久保からのパスを受けた林大地が中央に折り返し。枠に飛べば得点というところでファーの遠藤が合わせたが打ち上げてしまう。

ボールを動かしながら幾度か高い位置まで攻め込む日本だったがニュージーランドは久保を徹底マークして良い形を作らせず。押し込まれることはないものの得点機もなかなか訪れない。

31分にボックス右で久保がボールを持つとニュージーランドDF2枚がつくが右足でグラウンダーのクロス。堂安が右足で合わせたが枠を右に外れた。

反対に35分にはボックス中央で右サイドからのクロスに反応したクリス・ウッドに右足でシュートを放たれるが枠を外れて難を逃れる。日本が主導権を握りつつも一進一退の攻防が続き、スコアレスのまま折り返しを迎えた。

後半開始早々にニュージーランドにアクシデントが発生。守備の要である主将のウィンストン・リードが負傷により交代を余儀なくされ、52分にカラム・マッコワットが投入される。

なかなか攻め切れない中で後方でのミスも散見される日本。うまくカバーすることで失点にはつながっていないが、55分にはニュージーランドのプレスを受けた冨安がディフェンスラインでボールを失いかけるなどヒヤリとさせられる場面も作られた。

選手交代を機にニュージーランドが3バックから4バックに変更したことでボールを奪うことが出来なくなる日本。後半半ばにかけては足元の繋ぎとハイボールを効果的に織り交ぜるニュージーランドがボックス内に侵攻する回数を増やしていく。

流れを変えたい日本は69分に二枚替えを敢行する。林と相馬勇紀に変えて上田綺世と中山雄太を起用。中山を左SBに入れて旗手を一列前に上げて攻守のバランスを整える。

73分にはボックス手前中央でボールを持った田中碧が左足でミドルシュート。鋭いシュートを浴びせたものの枠を越えていく。さらに74分にもボックス左の久保が左足を振り抜いたがGKマイケル・ウードに阻まれた。

再びペースを握る日本は76分にもチャンスを作る。右サイド深い位置から橋岡がクロスを供給すると旗手がヘディングシュート。しかし、これも枠を捉えない。82分には堂安のクロスに至近距離で上田が合わせたがGKウードに阻まれてしまう。結局、90分間で決着はつかずにベスト4進出をかけた争いは延長戦に突入していく。

日本は延長前半スタート時に田中と旗手に代えて板倉滉、そしてドリブラーの三笘薫を送り出して打開を託す。日本は意図的に左サイドで三笘が勝負を仕掛けられる体制を整えて攻め込もうとする。

ニュージーランドも集中したプレーを続ける中で101分にはボックス右の久保がGKウードの股下を狙ってシュートを放つもののセーブされる。直後にもドリブルでボックス手前中央まで運んだ堂安が左足を振り抜いたが枠を外れた。

0-0で迎えた延長戦後半には堂安に代えて三好康児を投入。日本は続々と攻撃的な選手を起用することで得点を奪いにいく。しかし、互いに死力を尽くした120分間でも決着がつくことはなく結果はPK戦に委ねられる。

そして、ニュージーランド先行で始まったPK戦では日本とニュージーランドの1人目までが共に成功したが、2人目のリベラト・カカーチェのシュートをGK谷がセーブ。日本の2人目である板倉が落ち着いて沈めると、ニュージーランドの3人目のクレートン・ルイスが大きく外す。日本の3人目の中山が決めて大きくリードすると、ニュージーランドの4人目には決められたが、勝負が決まる4人目を務めた吉田が左下隅に決めて日本が競り勝った。これにより、日本は2大会ぶりのベスト4進出を果たしている。

勝ち上がった日本は、3日に埼玉スタジアム2002で行われる準決勝でU-24スペイン代表と対戦する。

■試合結果
U-24日本代表 0-0(PK:4-2) U-24ニュージーランド代表

■得点者
日本:なし
ニュージーランド:なし

【速報】東京五輪 サッカー 日本、ニュージーランドに勝利 準決勝進出 [Anonymous★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1627731540/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:16 | 大阪 ☁ | Comment(72) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)