アンテナ・まとめ RSS

バルセロナ、マンCのスペイン代表FWフェラン・トーレス獲得に向け交渉中?ペップ監督は条件次第で移籍を容認か

バルサ、F・トーレス獲得へマンCと交渉中? ペップも条件次第で移籍を容認か
https://news.yahoo.co.jp/articles/8fde332b511811fcb0f46c02577564aeb9cbecf6
フェラン・トーレス21-22マンC.jpg

 バルセロナは、マンチェスター・Cに所属するスペイン代表FWフェラン・トーレスの獲得に動いているのかもしれない。27日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 シャビ・エルナンデス新監督を迎えたバルセロナは、チームを刷新すべく来年の1月に選手の補強を画策している模様。そして今回の報道によると、シャビ監督はF・トーレスを高く評価しており、すでに2週間ほど前からマンチェスター・Cと交渉を開始しているという。

 現在21歳の同選手は、バレンシアの下部組織出身。2020年に5年契約でマンチェスター・Cへ加入すると、ここまでジョゼップ・グアルディオラ監督の下で公式戦43試合に出場し16得点を記録。また、スペイン代表としてもすでにフル代表でプレーしており、21試合出場12得点を記録する活躍を見せている。

 一方、グアルディオラ監督はF・トーレスの移籍に関して「完全移籍で適切な価格であれば」容認しているとも併せて報じられた。バルセロナはマンチェスター・CのFWラヒーム・スターリングの獲得に迫っているとも報じられていたが、果たして今後の移籍市場ではどのような動きが見られるのだろうか。

BLUEMOONマンチェスターシティ 442citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1637763851/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、ウズベキスタンと1/21に親善試合!W杯最終予選中国&サウジ戦前の調整に

【サッカー】<日本代表>来年W杯最終予選前の1月21日にウズベキスタン代表と親善試合! テレビ放送は調整中 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638172883/
ウズベキスタン代表2021.jpg

1: Egg ★ 2021/11/29(月) 17:01:23.01 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)は11月29日、日本代表が来年1月21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦することを発表した。

これまでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の6試合を消化し、年内の公式戦を終えた日本。2022年には1月27日に中国代表、2月1日にサウジアラビア代表との最終予選を予定している。

そして、その重要な連戦の前となる1月21日にはウズベキスタンとのキリンチャレンジカップ2022を埼玉スタジアム2002で戦うことが決定。ウズベキスタンはアジア2次予選でサウジアラビアなどと同組となり、グループ2位で敗退していた。

なお、日本にとって2021年6月のセルビア代表戦以来となる親善試合、ウズベキスタン戦のテレビ放送は調整中。キックオフの時刻はナイトゲームで調整中としている。

■キリンチャレンジカップ2022 概要
対戦カード:日本代表 vs ウズベキスタン代表
日時:2022年1月21日(金)ナイトゲームで調整中
会場:埼玉スタジアム2002
テレビ放送:調整中

GOAL  11/29(月) 16:21
https://news.yahoo.co.jp/articles/b141deb9ecf422510f96a80cd574f9b4a698b822

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211129-00010019-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、3戦連続フル出場し独メディアで高評価「3度目のトップパフォーマンス」

【サッカー】<37歳長谷部誠>公式戦3試合連続フル出場で現地メディアも称賛!「よくできました」の評価「3度目のトップパフォーマンス」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638154897/
長谷部21-22第13節拍手.jpg
1: Egg ★ 2021/11/29(月) 12:01:37.44 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトのMF長谷部誠が現地メディアから高評価を与えられている。

フランクフルトは28日、ブンデスリーガ第13節でウニオン・ベルリンと対戦。長谷部は2試合連続でセンターバックとして先発した。チームは終盤のゴールで2-1と競り勝ち、リーグ戦3連勝を飾っている。

公式戦3試合連続フル出場の長谷部は地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』では「よくできました」の評価。寸評ではこのように称賛されている。

「8日間で3試合目、もうすぐ38歳、3度目のトップパフォーマンスを見せてくれた。後ろからのパスでゲームを形成し、時折中盤にドリブルで入り、スペースを作る。遊び心のあるクラスで6人の選手をほぐし、唯一の負担を軽減して助けた」

また、同じくフル出場の鎌田大地については「よくボールを持ち、よくアイデアを出し、多くの攻撃を仕掛けた。時々、ボールがあまりにも不正確に来るので、ラストパスが足りなかった」と記された。

GOAL 11/29(月) 11:46
https://news.yahoo.co.jp/articles/9afef9b550a3cefe42e0c857df62402ed3f3cf06

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211129-00010014-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ギュンドアン&フェルナンジーニョ弾で4位ウエストハムに2-1勝利!大雪の上位対決を制し3連勝

大雪の上位対決を制したのはマンC、ギュンドアン&フェルナンジーニョ弾で3連勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/b11c5650f37c1f23ca7fe175a06a915f5a4bee56
ギュンドアン21-22第13節ゴール.jpg


[11.28 プレミアリーグ第13節 マンチェスター・C 2-1 ウエスト・ハム]

 プレミアリーグは28日、第13節を行い、2位マンチェスター・シティが4位ウエスト・ハムをホームに迎え、2-1の勝利を収めて3連勝を飾った。

 雪降る中、始まった試合は前半16分にマンチェスター・Cがゴールを脅かす。しかし、MFイルカイ・ギュンドアンのCKからDFエメリク・ラポルトが放ったヘディングシュートはポストを叩いてしまう。さらに直後のプレーではFWラヒーム・スターリングのパスからPA内に侵入したFWリヤド・マフレズがネットを揺らすも、これはオフサイドの判定に取り消されてしまった。

 試合途中から大雪となるが、前半33分にマンチェスター・Cが試合を動かす。DFジョアン・カンセロのサイドチェンジを右サイドで受けたマフレズの折り返しを、ゴール前のギュンドアンが押し込んでスコアを1-0とした。

 雪が止んだ後半は1-0からスコアが動かずに進むが、終了間際の同45分にFWガブリエル・ジェズスのラストパスをMFフェルナンジーニョが丁寧に蹴り込み、マンチェスター・Cがダメ押し。その後、ウエスト・ハムに1点差に詰め寄られるも、逃げ切ったマンチェスター・Cが2-1で上位対決を制した。

BLUEMOONマンチェスターシティ 442citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1637763851/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1昇格の京都、ルビンカザンMF斉藤未月やC大阪FW豊川雄太、山形FWマルティノスらの獲得を目指す(関連まとめ)

京都、ロシア1部ルビン・カザン斉藤未月の獲得目指す チョウ貴裁監督、湘南時代のまな弟子
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb2f0d97492300266a64599d497ea69e23bea7bc
齊藤未月ルビンカザン.jpg

 京都がロシア1部ルビン・カザンのMF斉藤未月(22)の獲得を目指していることが28日、分かった。

 斉藤は豊富な運動量とボール奪取力を誇る。湘南時代にチョウ監督の指導を受け、18歳から主力としてプレー。20年末にルビン・カザンへ期限付き移籍した。ロシアでは今年2月に負った大けがや、外国人枠の影響もあって出場機会を得られない状況が続いており、京都はJ1を戦う来季の戦力として国内復帰の可能性を探っている。また、鹿島MF永木亮太(33)、C大阪FW豊川雄太(27)、FC東京GK林彰洋(34)らの獲得も目指しており、来季も指揮を執ることが確実なチョウ監督の下で準備を進めている。


J2京都 山形FWマルティノス獲得へ J1復帰で積極補強 C大阪FW豊川にも触手
https://news.yahoo.co.jp/articles/d9504cba342dda6e57aaf575d77c1b07c54b93fb

12年ぶりにJ1へ復帰した京都が、来季の新戦力としてJ2山形のキュラソー出身FWマルティノス(30)の獲得に乗り出していることが28日、分かった。既に正式オファーを提示しているという。

 マルティノスは7月に仙台を契約解除となり、8月に山形入りした。左利きで懐の深いドリブルが持ち味。加入後は11試合に出場したが、先発1試合で無得点にとどまっている。今季で契約満了になるという。

 京都は積極的な補強に乗り出すとみられ、J1C大阪のFW豊川雄太(27)にも獲得を打診しており、今後は正式オファーに発展する可能性もある。20年に加入した豊川は来季もC大阪との契約を残している。今季限りで浦和を退団する元日本代表DF槙野智章(34)やボール奪取能力に優れたJ2秋田MF稲葉修土(28)らにも関心を寄せている。また、今季J2得点ランク2位の21得点を挙げているFWピーター・ウタカ(37)の去就は流動的になっているという。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14285
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638107043/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:02 | 大阪 ☀ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ヴィニシウス劇的ゴラッソ弾でセビージャとの上位対決に2-1逆転勝利!公式戦6連勝でリーグ首位キープ

レアルがセビージャとの上位対決を制す! ヴィニシウス決勝弾で公式戦6連勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/b74b42943914f26da623a4228fed52e54c1bef5c

ヴィニシウス21-22第15節ゴール.jpg

 ラ・リーガ第15節が28日に行われ、レアル・マドリードとセビージャが対戦した。

 レアル・マドリードは13試合を消化して9勝3分け1敗の勝ち点「30」で首位に立つ。一方セビージャは13試合消化で勝ち点「28」を獲得して3位につけており、上位対決が実現した。

 試合は12分、セビージャが先制する。セビージャが左コーナーキックを獲得し、マルコス・アクーニャがクロスを供給。ラファ・ミルがヘディングで合わせると、ボールはゴール左に決まり、セビージャが先制に成功した。

 14分、セビージャが高い位置でボールを奪うと、ラファ・ミルがエリア右からシュートを放つ。このシュートはGKティボー・クルトワがセーブ。30分にはルーカス・オカンポスが相手選手をドリブルでかわしてミドルシュートを撃つが、惜しくもクロスバーに当たる。

 レアル・マドリードは32分、エデル・ミリトンがロングシュートを放つと一度GKに弾かれたものの、詰めていたカリム・ベンゼマが押し込みゴール。レアル・マドリードが同点に追いついた。

 後半に入ると58分、カゼミーロのパスを受けたマルコ・アセンシオがドリブルで相手選手をかわして、エリア外からシュート。しかしこのシュートは枠の左に飛ぶ。レアル・マドリードは70分、カウンターの流れからヴィニシウス・ジュニオールが縦にボールを運んで、シュートまで持ち込むが、枠を捉えられない。

 レアル・マドリードは87分、ミリトンのロングパスを受けたヴィニシウスが左サイドから中央に切り込み、右足を振り抜く。このシュートはゴール右上に突き刺さり、レアル・マドリードが逆転に成功した。

 このまま試合は終了し、レアル・マドリードが2−1でセビージャとの上位対決を制し、公式戦6連勝を飾った。

 次節、レアル・マドリードはアスレティック・ビルバオとホームで対戦し、セビージャはビジャレアルとホームで対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2−1 セビージャ

【得点者】
0−1 12分 ラファ・ミル(セビージャ)
1−1 32分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
2−1 86分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)

◆◇El Blanco Real Madrid 1145◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1637708954/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、首位チェルシーと1-1ドロー!サンチョ2戦連発で先制も、ジョルジーニョPK弾で追い付かれる

サンチョの2戦連発弾でマンUに先制を許すも…チェルシーはジョルジーニョの汚名返上のPKでドローに持ち込む
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b38598abf2525f9e5acd3f8bde86b424d4b15fe
サンチョとフレッジ21-22第13節ゴール.jpg

 11月28日に開催されたプレミアリーグ第13節で、勝点29で首位のチェルシーと、同17で9位のマンチェスター・ユナイテッドが前者のホームで対戦。ルカク(チェルシー)とC・ロナウド(ユナイテッド)の両エースは、共にベンチスタートとなった。

 立ち上がりから押し込んだのは、直近の公式戦10試合で9勝と好調のチェルシーだ。開始4分には、ハドソン=オドイが相手DFリンデロフと入れ替わって上手く抜け出し、決定機を迎えるが、ゴール至近距離から放ったシュートはGKデ・ヘアの好守に阻まれる。

 中盤以降もホームチームが圧倒的にゲームを支配。リーグ戦ここ7試合でわずか1勝のユナイテッドは守備に終始し、耐える時間が続く。

 チェルシーは31分、リュディガーがエリア手前から強烈なミドルシュートを放つが、デ・ヘアの手をかすめ、クロスバーを叩いた。
 
 スコアレスで折り返すと、50分に劣勢だったユナイテッドが均衡を破る。敵陣での相手MFジョルジーニョのトラップミスからサンチョがフリーで抜け出し、最後はGKメンディとの1対1を落ち着いて制し、ゴールへ流し込んだ。

 今夏にドルトムントから加入したイングランド代表FWは、23日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のビジャレアル戦(〇2-0)での移籍後初ゴールから2戦連発となった。先制したアウェーチームは、62分に満を持してC・ロナウドを投入する。

 だが、次に得点を奪ったのは、1点ビハインドのチェルシーだった。67分にチアゴ・シウバがワン・ビサカに足を蹴られて得たPKを、痛恨のミスで失点に絡んだジョルジーニョがきっちり決めた。

 昨シーズンのCL王者は一気に逆転を目指し、82分にはついにルカクをピッチに送り込む。負傷で戦列を離れていたベルギー代表FWは、先月20日のCLマルメFF戦(〇4-0)以来の公式戦出場となった。

 しかし、その後は互いにチャンスを作りながらも勝ち越し点を奪えず。注目の一戦は、1-1のドローに終わった。

† Red Devils Manchester United 1592 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638115631/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:04 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、3アシストの大活躍!PSGはサンテティエンヌに3-1逆転勝利!セルヒオ・ラモスが仏デビュー!

S・ラモスが先発で待望のPSGデビュー!…メッシ3アシスト、10人のサンテティエンヌに逆転勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/19d60b1f6d6da8c77a41668d977fea3f7b2649ba

メッシ21-22第15節アシスト.jpg


 リーグ・アン第15節が28日に行われ、サンテティエンヌとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

 24日のチャンピオンズリーグでマンチェスター・Cに敗れたPSGは、同試合から先発を4人変更。同試合で加入後初のメンバー入りを果たしたセルヒオ・ラモスがスタメンに名を連ね、待望のデビューを果たした。

 PSGは6分、敵陣深い位置でのボール奪取から決定機を迎え、最後はリオネル・メッシの折り返しをネイマールが押し込む。しかし、ネイマールのオフサイドで得点は取り消される。

 PSGが攻めあぐねるなか、23分にサンテティエンヌが先制する。コーナーキックのこぼれ球を回収したワフビ・ハズリは、ペナルティエリア手前から浮き球パスをゴール前に供給。これに合わせたティモテー・コロジエチャクのシュートは相手GKジャンルイジ・ドンナルンマにセーブされるが、こぼれ球をデニス・ブアンガが押し込んだ。

 45分、サンテティエンヌに退場者が出る。スルーパスに抜け出したキリアン・エンバペへのスライディングタックルで、コロジエチャクにレッドカードが提示された。

 この場面でフリーキックを獲得したPSGは、キッカーのメッシが柔らかい浮き球を中央へ供給。マルキーニョスが頭で合わせてゴール右下に流し込んだ。試合は同点で折り返す。

 押し込み続けたPSGは79分に逆転する。ペナルティエリア手前で相手をかわしたメッシが浮き球でスルーパスを供給し、アンヘル・ディ・マリアがペナルティエリア右に抜け出す。ディ・マリアは相手GKとの一対一を制してゴールに流し込んだ。

 84分、PSGにアクシデントが発生する。ネイマールがイヴァン・マソンのスライディングタックルを受けた際に左足首をひねり、担架に運ばれてピッチを後にした。

 後半アディショナルタイム1分、PSGがコーナーキックの流れから試合を決定づける3点目を獲得する。メッシが左サイドから折り返すと、攻め残っていたマルキーニョスが頭で押し込んだ。

 試合はこのまま終了し、メッシの3アシスト、マルキーニョスの2ゴールなどでPSGが勝利した。サンテティエンヌは5試合ぶりの黒星、PSGはリーグ戦4連勝となった。次節、サンテティエンヌは12月1日にブレストと、PSGは同日にニースと対戦する。

【スコア】
サンテティエンヌ 1−3 パリ・サンジェルマン

【得点者】
1−0 23分 デニス・ブアンガ(サンテティエンヌ)
1−1 45+2分 マルキーニョス(PSG)
1−2 79分 アンヘル・ディ・マリア(PSG)
1−3 90+1分 マルキーニョス(PSG)

【PSG】Paris Saint-Germain part54
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1635825311/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、初アシストなどを英紙絶賛!MOMにも選出「アーセナルでのベストゲーム」(関連まとめ)

【サッカー】冨安健洋、初アシスト&堅守で英紙も絶賛、MOM選出も。「アーセナルでのベストゲーム」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638099388/
冨安21-22第13節02.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/11/28(日) 20:36:28.83 ID:CAP_USER9.net

 アーセナルは現地時間27日に行われたプレミアリーグ第13節の試合でニューカッスルと対戦し、ホームで2-0の勝利を収めた。先発フル出場で1アシストを記録するなど勝利に貢献した日本代表DF冨安健洋は現地英国メディアから高い評価を受けている。

 未勝利で最下位に沈むニューカッスルに対し、アーセナルは56分にブカヨ・サカのゴールで先制。66分には右サイドの冨安がゴール前に送った浮き球にガブリエウ・マルティネッリがボレーで合わせて追加点を奪い、無失点勝利で5位を守った。


 英紙『イブニング・スタンダード』では冨安に対して10点満点で「8」とチーム最高タイの高採点をつけ、この試合の「スターマン」に選出。「アーセナル加入以来ベストゲームのひとつだった。守備では素晴らしいブロックが何度かあり、2点目に絶妙なアシストも供給した」と評している。

『サン』紙でも同じくチーム最高タイの採点「8」。「アラン・サン=マクシマンに対して良い守備をしていた。守備は今回も固く、右サイドで常にオーバーラップの意欲も見せ、マルティネッリの得点に絶妙なボールを送った。前半終了間際には決定的なインターセプトも」と寸評を添えた。

 英『iニュース』も採点「8」をつけて「おそらくこのクラブで彼のベストゲーム」と称賛。『スカイ・スポーツ』でも、チーム最高ではないが「7」と高めの評価をつけている。

 クラブ公式サイトでは得点者の2人とMFアルベール・サンビ・ロコンガとともに今節のマン・オブ・ザ・マッチ候補として投票対象に選出。また公式SNSでも冨安のスタッツを紹介して賛辞を送るなど、様々な形でこの試合でのパフォーマンスが高評価を受けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0672b3c74b951f09e99b0ae2493eaa22757b7a4d



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:20 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーランド、ブンデス通算50ゴール達成!50試合目での到達はブンデス史上最速記録

【サッカー】<FWアーリング・ハーランド(21=ドルトムント)>ブンデスリーガ通算50ゴールを達成!わずか50試合で到達は最速... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638056984/
ハーランド21-22アウェー.jpg
1: Egg ★ 2021/11/28(日) 08:49:44.19 ID:CAP_USER9.net

ドルトムントのFWアーリング・ハーランドが最速でブンデスリーガ50ゴールを達成した。

ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第13節でヴォルフスブルクと対戦。負傷明けのハーランドは5試合ぶりにメンバー入りすると、2-1と逆転した後の73分にピッチに入る。ファーストタッチでシュートに至ると、81分にはクロスに飛び込んで追加点をマーク。今季のリーグ戦では10ゴール目を挙げ、3-1の勝利に貢献した。

2019年12月にドルトムントに加入したハーランドはブンデスリーガ通算50ゴール目に。50試合での達成となり、ブンデスリーガで最速の記録となった。また、ハーランドよりも若くして(21歳4か月6日)達成した選手もいない。

ドルトムントはハーランド不在の間にチャンピオンズリーグでグループステージ敗退が決定。早期敗退により、ハーランドの将来についての憶測が広まっていた。

GOAL 11/28(日) 7:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6eeb8a814edb09aa5e19ca57212da8ba6857684

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211128-00010008-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=422&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:17 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1神戸、札幌MF金子拓郎の獲得に動く可能性!今夏に続いて再び獲得に乗り出す見込み(関連まとめ)

神戸 札幌MF金子拓郎の獲得動く可能性 悲願のACL優勝へ補強
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1174d7264ec92418f673f7fd2b7f2914232be5c
金子2021札幌ドリブル.jpg

ヴィッセル神戸が北海道コンサドーレ札幌MF金子拓郎(24)の獲得に動く可能性が高くなったことが27日、分かった。来季のACL出場権を得られる3位を確定させたことで、悲願のACL優勝に向けた戦力補強の第1弾になる。

178センチ、68キロの金子は前橋育英を経て、日大4年時に札幌で特別指定でデビュー。次期日本代表候補に期待される左利きのアタッカーで、今季ここまで全37試合に出場し、チーム日本人最多7得点を記録している。札幌との来季契約を残す金子には高額な移籍金が発生するが、資金力のある神戸は今夏に続いて再び獲得に乗り出す見込み。慰留を図る札幌を含めて他の複数クラブも関心を示すものの、正式交渉になれば神戸が有利とみられる。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14281
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638028490/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ジョタ2ゴールなどサウサンプトンに4-0完勝!南野拓実は終盤途中出場

ジョッタ2発&ファン・ダイクの14か月ぶり弾などで、リバプールがサウサンプトンに4発大勝!南野は81分から出場
https://news.yahoo.co.jp/articles/202d24a90428ed933c276d93f85b5d4f7363c1db
ジョタ21-22第13節ゴール.jpg

 11月27日に開催されたプレミアリーグ第13節で、3位のリバプールは13位のサウサンプトンと、本拠地アンフィールドで対戦。直近のチャンピオンズ・リーグのポルト戦では、フル出場で快勝に貢献した南野拓実はベンチスタートとなった。

 リーグ最多の35得点を挙げているリバプールは開始2分、いきなり試合を動かす。ロバートソンの絶妙なラストパスをジョッタが右足で流し込んだ。

 続けて12分にはFKからマネがヘッドで叩き込むが、オフサイドとなり、得点は認められない。

 23分には敵陣でブロヤにスローインをカットされると、一気にペナルティエリア内まで持ち運ばれシュートを浴びるも、守護神アリソンの好守で難を逃れる。

 迎えた32分には、ホームチームは貴重な追加点を奪取。サラーのパスをまたもやジョッタが流し込んだ。来週に25歳の誕生日を迎えるポルトガル代表FWは、これでリーグ戦7ゴール目となった。

 さらに38分にもチアゴが絶妙な個人技からの豪快な一撃で、もう1点を加えたリバプールは、前半を3-0で終える。
 
 後がないサウサンプトンは、後半開始と同時に2枚替えを敢行するも、勢いの止まらないレッズは変わらず主導権を握り続け、52分にはCKから古巣対戦となったファン・ダイクがボレーで合わせ、4点目を奪う。膝靭帯断裂で昨シーズンをほとんど棒に振ったオランダ代表DFは、昨年9月のリーズ戦以来、1年2か月ぶりのゴールとなった。

 その後リバプールは、59分にオクスレイド=チェンバレン、67分にミルナー、そして81分に南野を投入。昨シーズン後半はサウサンプトンへ期限付き移籍していた日本代表FWは、ファン・ダイク同様、古巣との顔合わせとなった。

 結局、スコアはこのまま動くことなく4-0で終了。サウサンプトンに大勝したリバプールは、公式戦3連勝となった。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1375 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638027050/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)